市立小樽文学館・美術館

2023年1月21日 (土)

小樽美術館ミュージアムショップ「小さな旅」が2023年2月1日(水)オープン

Otaru_20230119-133024

市立小樽美術館に、常設のミュージアムショップが開設されるというニュースを目にしたのが、昨年(2022年)の夏前のことでしたが、オープンは2023年2月1日(水)10:00です(運営は市立小樽美術館協力会)。

ミュージアムショップの名前は「小さな旅 JOURNEY WITH FRIENDS」です。

Otaru_20230119-132359

ショップ名は仲間との旅を意味する「小さな旅 JOURNEY WITH FRIENDS」と、美術館の中を巡るのもまるで小さな旅のよう、という意味もあるそうです。

場所は美術館正面入り口入ってすぐ右の、これまで普段は未使用の旧守衛室だった場所で、昨秋くらいから、看板が掲げられていました。

Otaru_20230119-133031

Otaru_20230119-133024

Otaru_20230119-132356

実は、外からは店舗改装工事の様子が全く分からず(というか、工事をしているかどうかも分からなかったです)、どうなっているのかな〜って思っていたのですが、もうすぐオープンなんですね。

ショップでは、小樽美術館収蔵作家や小樽にゆかりのあるアーティストの関連商品を扱うとのことです(一原有徳、白江正夫、中村善策、金子誠治、高野理栄子、末永正子、寺岡和子、八尾道子、さとう綾子ほか/チラシより)。ポストカードやアートパネル等があるようですよ。

(オープンを知らせるチラシ)
Otaru_20230119-132814

中には2階もあるそうで、1階がショップで2階は市民や作家たちが交流できるスペースにする予定だそうです。

オープンに合わせて、2023年2月4日(土)14:00~15:00に、小樽ふれあい観光大使でもある、平間さと子さんによるミュージアムコンサートが、小樽美術館1階ロビーで開催されます。入場無料とのことです。

ということで、市立小樽美術館ミュージアムショップ「小さな旅」が、2月1日(水)10:00にオープンです。楽しみですね。

Otaru_20230119-133137

※参照
市立小樽美術館…ミュージアムショップ「小さな旅」2023年2月1日10:00オープン | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
小樽美術館ミュージアムショップオープン ボランティア説明会(小樽ジャーナル)

※小樽市の昨年夏のTwitterより

【関連記事】
ニュースより/小樽美術館にミュージアムショップ開設〜来年(2023年)2月予定

| | コメント (2)

2022年11月 9日 (水)

小樽写真研究会「堂堂展vol.31」が小樽美術館で開催(11月13日まで)〜企画展「Deep 長橋・旭町」

Otaru_20221109-144732

市立小樽美術館の1階の奥にある市民ギャラリーで、小樽写真研究会による写真展「堂堂展vol.31」が開催されています。

開催期間は2022年11月9日(水)〜11月13日(日)で、開催時間は10:00〜17:00(最終日は16:00まで)。入場は無料です。

今回は11人の会員と、ゲストとして1名・1グループが参加しての展示となっています。

Otaru_20221109-144747

で、小樽写真研究会では「Deep」という企画で、小樽のある地区・町をテーマに、会員である著名な写真家さんたちが、町と向き合い、各自の視点で撮影した写真を展示していて、これが本当に興味深くて面白いんですよね。

で、今回の企画展「Deep」の町は「長橋・旭町」なんですね。

私も長橋の街歩きをしていて、印象的な場所とかあったりするのですが、“あっ、ここはあそこだ!!”っていう写真があったと思えば、“あれ!?ここはどこだろう?”と、とても気になる場所があったりして、ついつい見入ってしまうんです。

Otaru_20221109-231459

さらに、ギャラリーの右の一室では、自由テーマでの写真も展示されています。

小樽写真研究会「堂堂展vol.31」は、11月13日(日)までと期間が短いので、気になっている方はお見逃しなく。

Otaru_20221109-144555

※参考:小樽写真研究会 堂堂展Vol.31&Deep展(11/9~13 市民ギャラリー) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※前回の記事です。
小樽写真研究会「堂堂展vol.30」が小樽美術館で開催(12月12日まで)〜企画展「Deep 桜・若竹・船浜町・築港」

| | コメント (2)

2022年11月 8日 (火)

小樽文学館で2つの企画展『月刊おたる』700号の軌跡/100年前の青春群像が開催してます(11月27日まで)

Otaru_20221014-164230r

市立小樽文学館では現在、展示室で2つの企画展、「ふるさとへの想い、手から手へ。-『月刊おたる』700号の軌跡-」と「100年前の青春群像」が同時開催されています。

Otaru_20221014-162647

まず、奥左の展示室の手前に展示しているのが「100年前の青春群像ー文芸誌『群像』で活躍した小樽の文学青年ー」で、こちらは、2022小樽市制100周年記念事業として開催されています。

会期は2022年10月8日(土)〜11月27日(日)までです。

Otaru_20221014-164215

大正期に小樽で刊行された「群像」の生原稿などを中心に、100年前の小樽の文芸文化について紹介する展示ということで、その趣旨について、小樽市HPに記載があるので引用しますね。

小樽市市制100周年を記念した特別展第2弾は、庁立小樽中学校の在校生の同人誌『群像』にはじまる100年前の文学青年たちの活動をご紹介します。
大月源二が表紙絵を描いた『群像』の他、『新樹』、『北方日本』、『クラルテ』など多彩な雑誌も取り上げます。
特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

※参考:「2022小樽市制100周年記念事業」について | 小樽市

Otaru_20221014-162754

Otaru_20221014-162746

Otaru_20221014-162900

そして、展示室の奥で開催されているのが、「ふるさとへの想い、手から手へ。-『月刊おたる』700号の軌跡-」です。

会期については、当初は10月8日(土)〜10月30日(日)までの予定だったのですが、好評につき11月27日(日)まで会期が延長になっています。

Otaru_20221029-104835

月刊おたるは、昭和39年(1964年)に創刊され、今年の10月号で通巻700号を迎えたんですよね。で、その歩みを紹介する展示ということで、その趣旨について、こちらも小樽市HPから引用します。

「郷土のために何か始めたい」。小樽の詩人・米谷祐司のそんな情熱から誕生した『月刊おたる』。

昭和39(1964)年7月、出版のことも社員のことも、何もかも手探り状態から始まった小さな郷土誌は、今や、東京の『銀座百点』に次いで全国で2番目に長く続いているタウン雑誌と称されるまでになりました。市民に愛され続け、今年の10月に700号を迎える『月刊おたる』の歩みをご紹介します。
ふるさとへの想い、手から手へ。 | 小樽市

伊藤整の対談記事はあったり、小樽ゆかりの画家が描いてきた、歴代の表紙絵の展示なんかもあります。

Otaru_20221014-163156

Otaru_20221014-163504

Otaru_20221014-163127

※関連ニュース
・2022年10月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2022年11月5日付北海道新聞朝刊サタデーどうしん(月刊おたる700号)

ということで、現在、文学館の展示室で同時に開催されている2つの企画展についてでした。どちらも会期は11月27日(日)までの開催です。

Otaru_20221029-104343

※小樽文学館の入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料です。
※その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:特別展・企画展のお知らせ | 小樽市 ※文学館の開館時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)となっています。
※11月の会期中の休館日は、毎週月曜日と11月4日(金)、11月24日(木)となっています。

Otaru_20221029-104304

小樽文学館
市立小樽文学館トップ | 小樽市

【関連記事】
ニュースより/「月刊おたる」が通巻700号〜道内最長の歴史を持つタウン誌

| | コメント (0)

2022年10月23日 (日)

市立小樽文学館の「おたるBook Art Week 2022」〜高山美香の偉人本フルコース

Otaru_20221014-162008t

すっかりこの時期恒例となったイベント「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2022」も、公式開催期間が10月23日(日)までということで、この投稿を書いている段階で、最終日を残すのみとなっています。

今年は市内14会場で開催しているのですが、先日、市立小樽文学館の展示「高山美香の偉人本フルコース」を見に行ってきました。

Otaru_20221014-163814

この展示では、「北海道書店ナビ」というWEBサイトから生まれた『本のフルコース』(佐藤優子著、2022年、コア・アソシエイツ)をもとに、人形作家・高山美香さんの偉人人形とそれを作るためのおすすめ本をコース料理に見立てて“前菜”から紹介しています。

展示場所は、2階の文学館入り口入ってすぐ右の無料展示スペースです。

Otaru_20221014-162002

イベントの公式開催期間は10月10日(月・祝)~10月23日(日)なのですが、文学館のこの展示は10月13日(木)〜11月3日(木・祝)で開催していて、もうしばらく展示を見ることができます。

小樽文学館の休館日は毎週月曜日で、開館時間は9:30~17:00となっています。

展示「高山美香の偉人本フルコース」は無料で見られますが、その先の企画展示・常設展示を見るには入館料(一般300円)が必要です。

こちらが展示の様子です。

Otaru_20221014-162008

Otaru_20221014-162012

Otaru_20221014-162242

Otaru_20221014-162027

Otaru_20221014-163902

Otaru_20221014-163904

Otaru_20221014-162034

Otaru_20221014-162045

人形作家でイラストレーターの高山美香さんの、史実を調べ上げ細部までこだわっている、偉人の“ちまちま人形”は本当に味わい深くて、見入ってしまうんですよね。

Otaru_20221014-162115

「おたるBook Art Week 2022」も、この投稿を書いている段階で残すところ最終日のみですが、会場によって開催日時が違うので、事前にフライヤーなどで確認してから行ったほうがいいです。入場は基本無料で、飲食店の会場では鑑賞のみでもOKとのことです。

今年も各会場を巡るスタンプラリーが行われていて、全会場のスタンプを集めると、今回のフライヤーを制作した、小樽在住のイラストレーター、SARU1さんデザインのオリジナルステッカーがもらえるのですが、どうですか!?みなさんスタンプ集まりましたか?

Otaru_20221017-142754

ということで、市立小樽文学館のおたるBook Art Week 2022「高山美香の偉人本フルコース」の様子でした。

※イベントサイトはこちら:おたるBookArtWeek

おたるBookArtWeek | Facebook
おたるBook Art Week公式(@bookartOtaru)/Twitter

※参照
【無料スペース】おたるBook Art Week2022 高山美香の偉人本フルコース | 小樽市
小樽文学館

※参考
おたるBook Art Week 2022…⑥市立小樽文学館 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
・・5冊で「いただきます!」フルコース本 北海道書店ナビ

【関連記事】
「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2022」が市内14会場で開催中!!
小樽図書館の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜本のフルコースセレクション~選書はひとを映す鏡
小樽市総合博物館運河館の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜ミニ展示「文字から広がる宇宙」
ビアバー併設のゲストハウス「OTARU TAP ROOM」の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜写真集、旅行記、スクラップブックなどを展示
カトリック小樽教会富岡聖堂(初参加)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜久しぶりに富岡聖堂の素敵な様子も
サカノマチ喫茶室(初参加)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜船見坂のモーニングカフェで短歌展示など
プチジャルダン船見坂(初参加)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜船見坂の途中の花屋さん
(有)風土計画舎 片桐仏壇店の「おたるBook Art Week 2022」(10月22日まで)〜仏壇造りの技法を活かしてのペーパークラフトの世界を展示
梁川通りのJeans Shop LOKKI(ジーンズショップロッキ)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)
籠と猫 土の音・つちのね(初参加)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)〜中央市場ビル1棟の籠と猫グッズの店
中央市場ビル1棟の帆布バッグのお店「BASE-C96」の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)
豊川町の木工房「Tomo's carving」(トモズカービング)の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)
花園グリーンロード沿いの洋食台処「なまらや」の「おたるBook Art Week 2022」〜合言葉は「~つくりもの・ツクリゴト~」
花園十字街近くの古本屋・博信堂書店の「おたるBook Art Week 2022」(10月23日まで)

※昨年の市立小樽文学館の様子です。
市立小樽文学館の「おたるBook Art Week 2021」(11月3日まで)〜虹色装幀展

| | コメント (0)

2022年10月 3日 (月)

令和4年度第73回小樽市文化祭が小樽美術館などで開催してます(9月29日〜11月6日)

Otaru_20221001-140227

芸術の秋ですね。令和4年度第73回小樽市文化祭が、9月29日(木)から開幕しています。

小樽では毎年秋に、この小樽市文化祭を開催していて、主に市立小樽美術館を会場にして、美術、書道、盆栽、生け花、写真、押し花などの公募展ほか、様々な芸術の展示・発表が順次開催されていくんですよね。

今年の小樽市文化祭の開催期間は、9月29日(木)〜11月6日(日)となっています。

Otaru_20221001-135555

Otaru_20221001-135601

 まずは、9月29日から小樽美術館で美術市展(公募)が10月9日(日)までの期間で始まっていて、その後、美術館では順次展示が開催されていきます。

Otaru_20221001-135605

Otaru_20221001-135646

Otaru_20221001-135742

Otaru_20221001-135803

各展示の開催期間については、小樽市HPやチラシに掲載されていて、美術館以外での開催もあります。
※詳細はこちら:令和4年度第73回小樽市文化祭 | 小樽市

ここでもざっと、会場と展示会の日程を掲載しておきますので参考まで。

【市立小樽美術館】
美術市展(公募):9月29日(木)〜10月9日(日)
書道市展(公募):10月13日(木)~10月16日(日)
書遊展:10月19日(水)〜10月23日(日)
盆栽展(公募):10月20日(木)〜10月23日(日)
小樽ユース展(公募):10月26日(水)〜10月30日(日)
合同華展:10月28日(金)〜10月30日(日)
写真市展(公募):11月1日(火)〜11月6日(日)
押し花アート展:11月1日(火)〜11月6日(日)
※11月4日(金)は美術館休館日です(基本月曜日が休館日です)。
※最終日の終了時刻は展示ごとに異なるので、小樽市HP参照願います。
※展示ごとに、美術館内の1階の多目的・市民ギャラリーや2階展示室などと、会場も異なります。

【生涯学習プラザ「レピオ」】
俳句大会(公募):10月30日(日) 午後0時30分から
短歌大会(公募):10月30日(日) 午後0時30分から
川柳大会(公募):10月30日(日) 午後1時から

【小樽市民会館(ステージ)】
小樽市文化祭 Dance&Ballet
11月3日(木・祝) 午後2時~午後4時(開場:午後1時30分)
※直江博子創作バレエ研究所、小林久枝バレエスタジオ、モダンダンス研究会

【小樽市民センター マリンホール(ステージ)】
小樽市文化祭 スペシャルライブステージvol.4
11月3日(木・祝) 午後1時~午後5時(開場:午後0時30分)
※浅草橋オールディーズナイト実行委員会

といったスケジュールで、コロナ禍で昨年、一昨年は規模を縮小しての開催だったのですが、今年は特にお知らせがないので、通常通り開催されているようですね。

展示やステージについては、入場無料となっているので、近くに立ち寄った際には、会場に出向いて鑑賞してみてはいかがでしょうか。

※美術館の文化祭以外の展示は有料になります。
Otaru_20221001-140441

※関連ニュース
令和4年度第73回小樽市文化祭 美術市展開幕!(小樽ジャーナル)

【関連記事】
令和3年度第72回小樽市文化祭が規模を縮小して開催中(10月14日〜11月3日)(2021年)
「第71回小樽市文化祭」は規模を縮小して開催中〜市立小樽美術館での作品展は10月18日(日)まで(2020年)
令和元年度第70回小樽市文化祭が市立小樽美術館などを会場に開催されています(2019年)

| | コメント (0)

2022年9月28日 (水)

小樽文学館で特別展「逓信・郵政建築展ー源流と発展ー」が開催中(10月2日まで)〜2022小樽市制100周年記念事業

Otaru_20220922-143450

市立小樽文学館では現在、旧小樽地方貯金局竣工70年記念特別展「逓信・郵政建築展ー源流と発展ー」が開催中です。

この展示は「2022小樽市制100周年記念事業」として開催されています。

会期は2022年8月6日(土)から開催されていて、終了が10月2日(日)までともう終盤です。

開館時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)となっています。

Otaru_20220922-124650

昭和27年(1952年)竣工で、今年70周年を迎えるという小樽文学館・美術館の建物は、旧小樽地方貯金局の建物で、当時の郵政省建築部の建築家・小坂秀雄の設計による歴史的建造物なんですよね。

Otaru_20220922-144616

以下は、小樽市HP内の特別展趣旨説明からの引用です。

昭和27(1952)年竣工で今年70周年を迎える小樽文学館・美術館(旧小樽地方貯金局)は、戦後の混乱期を経て逓信・郵政建築の復興を実現した歴史的建築です。
戦前の逓信省営繕課、その後裔であり昭和24(1949)年の2省分離後の郵政省建築部は、日本の公共建築を牽引してきました。吉田鉄郎、山田守、そして小樽地方貯金局設計者、小坂秀雄らが代表的建築家です。
彼らがめざした近代建築は合理主義・機能主義・そして世界で通用する国際主義を共通の理念としていました。後年にはその発展形として、日本の伝統的建築を昇華した「庇の建築」が生み出されます。この小樽地方貯金局、そして小樽郵便局庁舎を含め、全国の代表的逓信・郵政建築の歴史的意義をふり返り、建築家たちが追及した「公共の場のかたち」について考えます。
本展は、小樽市市制100周年と旧小樽地方貯金局70年を記念した特別展です。

特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

展示では、旧小樽地方貯金局、小樽郵便局をはじめ、全国の代表的逓信・郵政建築、そしてその建築家たちについてなどをパネルなどで紹介していて、とても興味深いです。今も「郵政建築」という呼び方があるのですね。

Otaru_20220922-143443

Otaru_20220922-143457

Otaru_20220922-143632

Otaru_20220922-143853

Otaru_20220922-144130

Otaru_20220922-144103

ということで、小樽文学館で開催中の旧小樽地方貯金局竣工70年記念特別展「逓信・郵政建築展ー源流と発展ー」は、10月2日(日)までともうすぐ終了ですので、気になっている方はお忘れなく。

※小樽文学館の入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料。
※その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

特別展・企画展のお知らせ | 小樽市
「2022小樽市制100周年記念事業」について | 小樽市

※参考:おたる文学散歩 第26話 | 小樽市

※小樽文学館・美術館(旧小樽地方貯金局)の建物
Otaru_20220922-144657

Otaru_20220922-144527

Otaru_20220922-144529

Otaru_20220922-144539

【関連記事】
市立小樽文学館・美術館の建物は旧郵政省小樽地方貯金局

| | コメント (2)

2022年8月27日 (土)

小樽文学館で「あがた森魚の近代キンダーロック~創業半世紀祭」開催中(無料展示。8月28日まで)

Otaru_20220819-164347

現在、市立小樽文学館の無料展示スペース・カフェスペースで「あがた森魚の近代キンダーロック~創業半世紀祭」の展示が行われています。

期間は2022年8月13日(土)〜8月28日(日)までということで、もうちょっと早く紹介できればよかったのですが、もうすぐ終了なんです。

開館時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)です。

デビュー50周年を迎えるあがた森魚さんに影響を与えた人物や同氏の作品などの資料を展示紹介していて、無料展示スペースでの展示なので、こちらは無料で見ることができます。

Otaru_20220819-164255

以下は、小樽市HPからの引用です。

1948年に留萌市で生まれたあがた森魚は、一歳頃小樽に転居し、小学3年生の春まで小樽で過ごしました。
本年が「赤色エレジー」で1972年にデビューして 50年の節目にあたるのを記念し、あがた森魚を構成してきた言葉、入船小学校で担任だった佐藤敬子先生はじめあがた森魚に影響を与えた様々な要素を展示します。
【無料展示スペース】あがた森魚の近代キンダーロック~創業半世紀祭 | 小樽市

Otaru_20220819-164404

Otaru_20220819-164415

Otaru_20220819-164420

Otaru_20220819-164501

Otaru_20220819-164506

ちなみにこの展示は、「あがた森魚デビュー50周年プロジェクト企画 あがた森魚小樽博覧会2022」の一環で、実はあがた森魚さんが先日まで小樽にきていて、すでに小樽でたくさんの関連イベントが開催されたんですよね。

Otaru_20220819-164233

トークイベントであったり、あがた森魚監督映画「佐藤敬子先生を探して」小樽先行上映会であったり、運河プラザ三番庫ホールでのライブに、市街地をあがた森魚さんが参加者と共に演奏しながら練り歩く音楽パレードもあったそうです。

これらも前もって紹介できればよかったのですが、実は私も、8月19日(金)に小樽市民センターマリンホールで上映された、映画「佐藤敬子先生を探して」を観に行ったんです。

(小樽市民センター)
Otaru_20220819-165143

個人の感想ですが、小学生の頃に大きな影響を受けた、担任の佐藤敬子先生を探す旅を通して、あがた森魚さんにとっての小樽を映し出すその映画は、とても興味深かったです。小樽で活躍されてきた方たちもたくさん登場してきて、その中でも重要な存在の蕎麦屋「藪半」の店主だった故・小川原格さんは、なんと小学校の時の同級生だそうです。

Otaru_20220819-164516

こうやって、あがた森魚さんが小樽を大切に思ってくれて、小樽でも活動してくれるのは、とても嬉しいですね。

イベント関連は終わってしまいましたが、残り期間わずかですが、文学館の「あがた森魚の近代キンダーロック~創業半世紀祭」の展示が開催中ですので、気になる方はお忘れなく。

※参考
【無料展示スペース】あがた森魚の近代キンダーロック~創業半世紀祭 | 小樽市
・2022年8月12・15日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄・16日付夕刊
・2022年6月14日付北海道新聞朝刊文化欄(あがた森魚さんデビュー50周年で活動加速)

【関連記事】
※あがた森魚さん関連の過去記事です。
ニュースより/あがた森魚さんが、通っていた入船小学校の11月の閉校式典後にコンサートを開催
あがた森魚さんのトーク&ライブが市立小樽文学館で11月14日(日)に開催されます

| | コメント (5)

2022年7月15日 (金)

小樽文学館で企画展「増殖する怪異ー朝里樹の仕事展」が開催中(7月31日まで)

Otaru_20220713-152128

市立小樽文学館では現在、企画展「増殖する怪異ー朝里樹の仕事展」が開催されています。

会期は2022年6月4日(土)〜7月31日(日)までで、開館時間は9:30〜17:00(入館は16:30まで)となっています。

※休館日は、毎週月曜日(7月18日(月・祝)を除く)と、7月19日(火)、7月20日(水)です。

公務員として働くかたわら、怪異妖怪研究家・作家として活動する、小樽市出身の朝里樹(あさざと・いつき)さんのこれまでの仕事を紹介する企画展ということで、執筆のために集めた参考資料や、怪異を紹介するパネルなどが展示されています。

Otaru_20220615-155554

以下は、小樽市HP掲載の、この企画展の趣旨についてです。

怪しい現象や存在、また不可思議な現象、存在である「怪異」。それらはいまも新たに生まれ語られています。怪異妖怪に取り憑かれ古今東西の怪異を収集・記録・発表する朝里樹のこれまでの仕事を、怪異妖怪にまつわる様々な話、イラスト、それを伝えてきた資料、収集した記録を発表するために新たに生まれた本を通して紹介します。
不思議で怪しい世界の案内人・朝里樹を辿る展覧会です。
特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

Otaru_20220713-153344

これ、好きな人にはかなり気になる企画展だと思うのですが、全然詳しくない私も、こういうのってなぜか見ていると、興味津々で引き込まれてしまい、気づけば展示の説明文をじっくり読んでたりしてました。

Otaru_20220713-153348

Otaru_20220713-154614

Otaru_20220713-153726
※写真撮影は基本OKとのことでしたが、一部撮影禁止表示のある展示物があるので注意です。

ということで、小樽文学館で開催中の企画展「増殖する怪異ー朝里樹の仕事展」は、7月31日(日)までの開催です。

※小樽文学館の入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料。
※その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

Otaru_20220713-152038

※関連ニュース
・2022年6月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
市立小樽文学館…企画展「増殖する怪異ー朝里樹の仕事展」(6/4~7/31) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

※参考:小樽文学館

| | コメント (5)

2022年7月14日 (木)

小樽美術館市民ギャラリーにて「フォトrファイブ写真展」と「須貝恵美子が遺した心と視点展/道新文化センター日本画入門教室展」が開催中(7/18まで)

Otaru_20220713-153206r

市立小樽美術館の1階奥にある市民ギャラリーにて、写真展と絵画展が開催されています。

写真展は「フォトrファイブ写真展」で、絵画展は「須貝恵美子が遺した心と視点」展小樽道新文化センター「日本画入門」教室展です。

両展示共に、開催期間は2022年7月13日(水)〜7月18日(月・祝)までとなっています。

開館時間は10:00〜17:00(最終日16:00まで)で、市民ギャラリーは入場無料で鑑賞できます。

※参考:市民ギャラリー | 市立小樽美術館協力会

Otaru_20220713-152331

フォトrファイブ写真展

Otaru_20220713-153220

まず、フォトrファイブ写真展は、市民ギャラリーに入ってすぐ右手の一室で開催してます。

2013年にフォトrフォーを結成し、その後、メンバーが5名となりフォトrファイブとなって写真展などを開催しているそうで、7回目の写真展となる今回は、安房啓子さん、小林好江さん、宮崎裕幸さん、渡邊眞一郎さんの4名による作品が展示されています。

テーマは自由ということで、それぞれの個性溢れる写真が展示されています。

※参考
フォトrファイブ写真展 小樽美術館で開催(小樽ジャーナル)
アーティストバンク フォト r ファイブ(写真) | 小樽市

須貝恵美子が遺した心と視点展/道新文化センター日本画入門教室展

Otaru_20220713-153206

正面の広い市民ギャラリーの一室(多目的室)と、奥の右手の一室で開催されているのが、絵画展です。

小樽道新文化センター「日本画入門」教室展(岡惠子講師)ということで、岡講師と、生徒8名の作品を展示。併せて、その生徒だった古平町出身の須貝恵美子さんの遺作展「須貝恵美子が遺した心と視点」展を開催しています。

※参考:須貝恵美子遺作展と日本画入門教室展開催(小樽ジャーナル)

おわりに

ということで、市立小樽美術館の1階奥にある市民ギャラリーで「フォトrファイブ写真展」と「須貝恵美子が遺した心と視点」展/小樽道新文化センター「日本画入門」教室展が開催中です。

入場無料ですので、近くに行った際に、立ち寄ってみてはいかかでしょうか。7月18日(月・祝)までです。

Otaru_20220713-152052

| | コメント (0)

2022年7月 1日 (金)

小樽在住のアーティスト11名による「THEY展」が小樽美術館1階市民ギャラリーにて開催中(7月3日まで)

Otaru_20220624-142149

市立小樽美術館の1階奥にある市民ギャラリーにて、小樽在住のアーティスト11名による「THEY展」が開催しています。

開催期間は2022年6月29日(水)〜7月3日(日)までと、短期間なので注意です。

開館時間は10:00〜17:00(最終日16:00まで)で、市民ギャラリーは入場無料で鑑賞できます。

市民ギャラリーの両側の部屋を使って展示しています。

Otaru_20220701-151921

THEY展は、小樽のアーティストによるグループ展で、今回は「THEY展vol.7」ということで、7回目の開催なんですね(すいません、初めて見にいきました。)

Otaru_20220701-151707

今回参加している11名のアーティストはこちら(敬称略)。
上嶋秀俊、小川豊、加藤祐子、かつやかほり、菅原おりえ、saru1、鈴木比奈子、高橋一文、三宅悟、HiNA、村上勢子

それぞれに特徴的な素敵なアート作品が並び、とても興味深く楽しんで見てきました。

7月2日(土)14:00からは、会場でミニ音楽ライブが開催されるようですよ。

THEY展は、7月3日(日)までの開催なので、気になっている方はぜひ。

THEY展 | Facebook
THEY展(@they_museum) • Instagram

※参考:小樽在住アーティスト11名 THEY展vol.7開催(小樽ジャーナル)

Otaru_20220701-151622

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽