市立小樽文学館・美術館

2021年12月 2日 (木)

小樽美術館で2022年冬に企画展「土肥美帆写真展 北に生きる猫」開催

来年2022年冬に市立小樽美術館にて、企画展「土肥美帆写真展 北に生きる猫」という、猫好きにはたまらない、写真家・土肥美帆さんの写真展が開催されます。私も楽しみで楽しみで。

会期は2022年1月22日(土)〜令和4年5月8日(日)と長期間の開催となっています。
※休館日は毎週月曜日(3月21日を除く)、2月15日、2月24日、3月22日-23日、 5月2日、5月6日の予定です。

※参照:企画展 土肥美帆写真展 北に生きる猫 | 小樽市

ポスターやチラシももうできているようですが、未入手なので、小樽市のTwitterの投稿から掲載しますね。

土肥美帆さんは、北海道生まれ、滋賀県草津市在住。2014年より北海道・小樽で生きる猫たちの姿を撮り続けているんですよね。多くの賞も受賞しています。

そして、小樽の漁港に生きる猫たち、それも雪の中の猫たちの姿を収めた写真集「北に生きる猫」を2018年11月に出版しているのですが、そこに写し出された雪の漁港でたくましく生きる猫たちの姿は、生命力にあふれていて、かわいいを通り越して、感動すら覚えるものでした。

その写真集については、このブログでも取り上げて、もちろん私も購入しました(記事はこちら:小樽の漁港に生きる猫たち、それも雪の中の猫たちの姿を収めた写真集「北に生きる猫」(土肥美帆さん))。

こちらが写真集「北に生きる猫」(河出書房新社)
Otaru_20190105_142531

さらに最近、土肥美帆さんの写真でSNSなどで話題になっているのが、漁師の猫・ビックフェイスキャット・ケンジ(ボス猫・ケンジ)のなんともほのぼのと癒される写真たちで、今回の写真展では、このボス猫・ケンジの写真にも会えるそうです!!

ちなみに、こちらはケンジのカレンダーです(もう売り切れてるようです)。
Otaru_20211011-214609

さらに、今回はギャラリートークもあるようです(参加したい!!)。

ということで、小樽美術館で2022年1月22日から開催される企画展「土肥美帆写真展 北に生きる猫」についてでした。

土肥さんの猫写真は、私も大ファンなので、必ず見に行こうと思ってますし、また、近づいたらお知らせしたいと思います。

※詳細は小樽市HP内のちらで(チラシへのリンクもあります):企画展 土肥美帆写真展 北に生きる猫 | 小樽市

市立小樽美術館・文学館
Otaru_20211120-154740

※観覧料:一般500円、高校生・市内高齢者(70歳以上)250円、中学生以下・障がい者無料。
※団体料金、文学館との共通観覧料など、詳しくは上記リンクから。

※こちらは土肥 美帆さんのInstagram(@big_face_cat_kenji)から。


※Twitter:土肥美帆@ケンジdeゲンキ(@miho885610)

【関連記事】
小樽の漁港に生きる猫たち、それも雪の中の猫たちの姿を収めた写真集「北に生きる猫」(土肥美帆さん)
小樽図書館で特別展「にゃんとも癒されるネコ展」開催中〜土肥美帆さんの写真集「北に生きる猫」の出版に合わせて開催

| | コメント (0)

2021年11月21日 (日)

小樽市在住の画家・横山文代さんの個展「横山文代油彩画展2021」が小樽美術館で開催しています

Otaru_20211120-221622

小樽市在住の画家・横山文代さんの個展が、市立小樽美術館で開催しています。

横山文代油彩画展2021《耀く瞬間(とき)・I、Ⅱ、Ⅲ》

Otaru_20211120-154656

日程は2021年11月17日(水)〜21日(日)9:30〜17:00(最終日15:00まで)ということで、すいません、この投稿の時点では、残すところ最終日の21日のみ(15:00まで)です。

場所は美術館1階奥の市民・多目的ギャラリーで開催していて、入場無料です。

Otaru_20211120-153027

横山先生は、2021年は4月、8月、9月と、札幌で北海道風景だけを取り上げた3つの個展を開催していて、今回はそれらに新作を加えて、一挙まとめて展示しているそうです(チラシより)。

小樽運河の北海製罐第3倉庫や忍路の海など、小樽市内の風景の他、道内外のとっても素敵な風景画が展示されています。

横山先生の絵は時々見る機会があって私も大好きで、今回はじっくりと鑑賞できたのですが、光と影の描写に、はっとさせられる感動があるんですよね。

同時に会場横の一室では、千歳と小樽の道新文化センターで開催している「横山文代のわくわく絵画教室」展も開催されていて、生徒さんたちの作品が展示されています。

Otaru_20211120-221539

ということで、「横山文代油彩画展2021」についてでしたが、会期は残すところ最終日の11月21日(日)のみですので、気になっている方はお見逃しなく。

Otaru_20211120-154739

※関連ニュース
横山文代油彩画展4年ぶりの開催 小樽美術館(小樽ジャーナル)
・2021年11月19日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

| | コメント (0)

2021年10月20日 (水)

市立小樽美術館・文学館の外壁補修工事が終了して、建物はすっかり綺麗になっています

Otaru_20211015-132921

夏前の6月から始まっていた、市立小樽美術館・文学館外壁補修工事が終了していて、美術館・文学館の建物はすっかり綺麗になっています。

昨年(2020年)に日銀通り沿いの正面外壁の修繕工事が、小樽を拠点に活動した水彩画家・故白江正夫さんの遺族による寄付によって行われ、それに続いて今回、旧手宮線跡地側の外壁補修工事が行われたんですよね(建物東側(海側)は、他の壁面に比べて劣化が進んでないことから、今回は改修しないそうです)。

※外壁工事の記事:市立小樽文学館・美術館が外壁補修工事中です

Otaru_20211015-132946

Otaru_20211015-133004

(昨年工事が行われた、日銀通り沿いの正面外壁)
Otaru_20211015-132848_20211020153301

この建物は旧小樽地方貯金局として1952年に建てられ、1978年に市立小樽文学館、1979年に美術館がそれぞれ開館しています。外壁工事は1987年に行われて、それ以来だそうです。

今回の外壁補修工事では、外壁は建築当初に近い色で塗装されたそうですよ。

市立小樽文学館美術館 外壁補修工事の完了について (動画配信あり) | 小樽市

外壁工事完了を記念して、文学館と美術館の歴史と思い出が詰まった動画が制作されています。

※参考:小樽文学館

Otaru_20211015-152225

【関連記事】
市立小樽文学館・美術館が外壁補修工事中です

| | コメント (0)

市立小樽文学館の「おたるBook Art Week 2021」(11月3日まで)〜虹色装幀展

Otaru_20211015-133735

この時期恒例のイベント「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2021」が、市内12会場で開催中です。今年で10回目を迎えます。

市立小樽文学館では「虹色装幀展」を開催しています。

Otaru_20211015-133721

会場ごとにイベントの会期が異なっていて、小樽文学館では10月12日(火)~11月3日(水)と、他より長い期間で開催しています。

開館時間は9:30~17:00(入館は16:30まで)で、休館日は月曜です。

展示場所は、2階の文学館入り口入ってすぐ右のカフェコーナー(JJ’s Cafe)で、ここは無料展示スペースとなります。

Otaru_20211015-133751

今回の虹色装幀展では、たくさんの本の装幀で虹を作っているんですね。

文学館のスタッフで展示されたということで、これは綺麗ですね。

Otaru_20211015-133742

他にも、小樽文学館の支援団体である、小樽文學舎で製作した本も展示していました。

Otaru_20211015-133812

Otaru_20211015-133831

Otaru_20211015-133758

小樽文学館

※参考
おたるBook Art Week 2021…3. 市立小樽文学館(10/12~11/3) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
おたるBook Art Week 12会場でスタート(小樽ジャーナル)

Otaru_20211015-132848r

本や本に関連する様々なアート作品などを展示する「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2021」の開催期間は、基本は10月11日(月)~10月24日(日)となっていますが、会場ごとに会期が異なるので注意してください。

(詳しくはパンフレットを)
Otaru_20211007-121037

入場は基本無料。飲食店の会場では鑑賞のみでもOKとのことで、10月24日(日)までに12会場全てを回ってフライヤーにスタンプを押してもらうと、パンフレット掲載のキャラクター「ホンモリ」をデザインした、オリジナルのキーホルダーがもらえるそうですよ

おたるBookArtWeek

【関連記事】
「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2021」が12会場で始まってます(まだ行ってませんが…)
市立小樽図書館の「おたるBook Art Week 2021」(10月24日まで)〜学年誌でタイムトリップ ぼくもわたしも昭和の子どもたち
小樽市総合博物館運河館の「おたるBook Art Week 2021」(10月24日まで)〜『きょうも星パン』駄菓子屋物語展

| | コメント (0)

2021年8月 4日 (水)

小樽文学館の無料展示スペースにてミニ企画展「ゲーセン物語展2」開催中(10月3日まで)

Otaru_20210721-150923

市立小樽文学館でミニ企画展「小樽・札幌ゲーセン物語展2」が開催中です。

期間は2021年7月17日(土)〜10月3日(日)と長期で開催されています。開館時間は9:30~17:00まで(入館は16:30分まで)

文学館の通常の展示見学には入館料が必要ですが、このミニ企画展に関しては、入って右手の無料展示スペースで開催されているので、これだけの見学であれば無料で見られます。

Otaru_20210721-145929

“ゲーセン物語展2”というくらいですから、以前“1”が開催されていたわけで、今年の1月から3月にかけて「ゲーセン物語展」が開催されていたんですよね。
※こちら:小樽文学館にてミニ企画展「ゲーセン物語展」が開催中です(3月28日まで)

それがやはり好評だったようで、観客として訪れた方の中から「自分も展示したいアイテムを持っている」という声が多く出たことを受けて、さらにバリエーションに富んだ展示品を集めた「パート2」を開催することになったそうです(パンフレットより)。

前回同様、展示がとても凝っていますね。

Otaru_20210721-150915

今回も実際に遊べるゲームが展示されていて(無料ですが、常識の範囲内で)、1週間ごとに基板を入れ替えて展示するそうです。ゲーム内容はこちらを参照してください。
小樽文学館(ミニ企画展「 小樽・札幌ゲーセン物語展2」)

Otaru_20210721-150936

そのほか、ゲームポスター・グッズ、冊子・雑誌類、ゲームCD・ビデオ類、かつてのゲーセン情報などの展示が行われています。

Otaru_20210721-150918

Otaru_20210721-151110

Otaru_20210721-151119

Otaru_20210721-151130

やっぱり当時のゲーセンというのは“文化”としても熱かったんですね。

Otaru_20210721-151138

ということで、小樽文学館で開催中のミニ企画展「小樽・札幌ゲーセン物語展2」は、10月3日までです。まだしばらく開催しているので、興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。

※8月以降期間中の文学館の休館日(パンフレットより)
毎週月曜日(8月9日・9月20日を除く)
8月10日(火)・11日(水)、9月21日(火)・22日(水)・24日(金) 祝日振替休館
8月17日(火)~20日(金)、9月28日(火)~10月1日(金) 展示替え休館 

Otaru_20210721-151218

市立小樽文学館トップ | 小樽市
小樽文学館
オタブン(市立小樽文学館)(@otabun_otaru)/Twitter

Otaru_20210709-152449

※参考:市立小樽文学館…企画展「小樽・札幌ゲーセン物語展Ⅱ」(7/17~10/3) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽文学館にてミニ企画展「ゲーセン物語展」が開催中です(3月28日まで)

| | コメント (0)

小樽文学館にて特別展「朝倉かすみ展」が開催中です(8月15日まで)

Otaru_20210721-145925

市立小樽文学館にて、小樽出身の作家、朝倉かすみさんの特別展「朝倉かすみ展」が開催中です。

2021年6月26日(土)からすでに開催されているのですが、期間は8月15日(日)までなので、もう終盤となっています。時間は9:30~17:00まで(入館は16:30分まで)です。

以下は小樽市HPの市立小樽文学館ページからの引用です。

朝倉かすみは小樽市生まれの小説家。小樽市立東山中学校を卒業、高校・短大時代は、石狩市で過ごす。
30歳のとき小説を書き始め31歳から創作教室に通い、43歳で作家デビューした。
 本展は、小樽をはじめ北海道を舞台にした作品も多く、優れた物語構成・巧みな比喩表現に定評がある朝倉かすみの作品から小樽を舞台にした「タイム屋文庫」「てらさふ」「ぼくは朝日」を中心に、いま最も活力ある作家の魅力を作品世界とともにご覧いただける展示です。
特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

Otaru_20210721-145803

すいません、私は文学には疎くて、朝倉かすみさんの作品は読んだことがないのですが、今回の展示では、例えば上記の「タイム屋文庫」からは作者の実家をモデルにした貸本屋を再現したり、「ぼくは朝日」からは小樽青少年科学館プラネタリウムを会場で再現したりと、かなり凝った展示となっています。

Otaru_20210721-145943

Otaru_20210721-150039

Otaru_20210721-150046

Otaru_20210721-150058

Otaru_20210721-150107

Otaru_20210721-150700

Otaru_20210721-150816

朝倉さんファンはもちろん、作品を直接知らなくても、朝倉さんと同年代を小樽で過ごした方であれば、かなり懐かしく楽しめるような展示かもしれませんね。

ということで、小樽文学館で開催中の特別展「朝倉かすみ展」は、8月15日(日)までです。

※関連事業として、8月7日(土)には、朝倉かすみさんを招いた記念講演「極私的日常生活行動地図(小樽編)」が、予約制であるそうです(無料。定員30名)。
詳しくは市立小樽文学館まで。
特別展・企画展のお知らせ | 小樽市(特別展 朝倉かすみ展)
オタブン(市立小樽文学館)(@otabun_otaru)/Twitter

Otaru_20210721-151223

※現在、入って右側の無料展示スペースではミニ企画展「小樽・札幌ゲーセン物語展2」が開催中ですので、一緒に楽しんでくるのもいいですね。

※残りの開催期間中の休館日は、8月10日(火)・11日(水)となります。
※小樽文学館の入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料。
その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:市立小樽文学館トップ | 小樽市

小樽文学館(企画展「朝倉かすみ展」)

Otaru_20210709-152449

※関連ニュース
市立小樽文学館特別展 朝倉かすみ展(小樽ジャーナル)
小樽文学館で「朝倉かすみ展」 作品の世界観を立体的・視覚的に紹介 - 小樽経済新聞
市立小樽文学館…企画展「朝倉かすみ展」(6/26~8/15) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【追記】こちらが再現された小樽青少年科学館のプラネタリウム。
Otaru_20210813-151258

Otaru_20210813-151314

Otaru_20210813-151449

Otaru_20210813-151704

Otaru_20210813-151338

Otaru_20210813-151720

| | コメント (0)

2021年7月 7日 (水)

小樽美術館で「心の原風景 北海製罐第3倉庫展」が開催(7/7~7/25)〜まだ見てないのでお知らせです【追記:期間延長】

今回は珍しくお知らせ記事なんですが、7月7日(水)から市立小樽美術館で気になる展示が開催します。

心の原風景 北海製罐第3倉庫展

市立小樽美術館1階奥の多目的ギャラリーで、7月7日(水)~7月11日 7月25日(日)の期間で開催されています。
※開催期間が延長になってます(2021.7.10追記)。

時間は10:00〜17:00(最終日は16:00まで)で、入場は無料です。

Otaru_20210622-145545

本来であれば、すぐに実際に見に行ってから、その感想も含めてブログに掲載したいところなのですが、ちょっとすぐに行けそうになく、開催期間も短いので、先にお知らせ記事を書いてます。
※開催期間が7月25日まで延長になったので、余裕をもって見に行けますね(2021.7.10追記)。

現在、保全・活用に向けて検討が進められている北海製罐小樽工場第3倉庫に関連したものなので、なんだかとっても気になるんですよね。

今回のこの展示では、特別出品として運河保存運動の父とも言われ、デザイナーでもあった藤森茂男氏の作品を中心に、美術館収蔵の木嶋良治、鈴木傅、冨澤謙、大和屋巌などの作品を展示するとのことです。

作品に現れる、様々な北海製罐小樽工場第3倉庫の姿を見られるということで、改めて、第3倉庫の魅力と価値を再認識できる展示かもしれませんね。

ということで、美術館で開催の「心の原風景 北海製罐第3倉庫展」について、まだ行ってませんが、お知らせ記事として投稿しました。

あ〜、早く見に行きたい!!


《追記 2021.7.10》
見に行ってきました。藤森茂男氏の作品をはじめ、やはり運河における北海製罐第3倉庫は存在感があり、魅力がありますね。それに、まだ、艀が並ぶ時代の風景にも興味が惹かれます。

チラシも延長後の7月25日に変更になっていました。
Otaru_20210709-152018

※関連ニュース
・2021年7月9日付北海道新聞朝刊小樽・後志
絵画で知る第3倉庫の魅力 市立小樽美術館(小樽ジャーナル) 

【関連記事】
梁川商店街にて藤森茂男氏の魅力を伝える、小樽美術館「小樽運河・いまむかし」とのコラボ企画が開催中
これは気になる特別展「小樽運河・いまむかし」が市立小樽美術館で開催中

| | コメント (0)

2021年6月24日 (木)

市立小樽文学館・美術館が外壁補修工事中です

Otaru_20210622-145250

市立小樽文学館・美術館外壁補修工事中です。

少し前から建物周囲に足場が組まれて、現在はさらに建物が一部覆われています(写真は6月22日の様子)。

入り口に張り紙があったのですが、この外壁工事の期間は6月14日(月)〜9月末日予定となっているようですね。

Otaru_20210622-145454

工事期間中も文学館・美術館は開館しています。
※ただし、文学館は展示替えのため6月22日(火)〜6月25日(金)まで休館してます。

Otaru_20210622-145337

Otaru_20210622-145724

ところで、文学館・美術館の外壁工事といえば、昨年(2020年)に日銀通り沿いの正面外壁の修繕工事が、小樽を拠点に活動した水彩画家・故白江正夫さんの遺族による寄付によって行われて、外壁が綺麗になっているんですよね(→工事中だった市立小樽美術館の覆いがとれて綺麗な外壁が姿を現してます)。

Otaru_20210622-145306

で、今回の工事については、少し前の2021年4月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、正面外壁に続いて、建物の北側と西側(山側)の老朽化が激しいことから、市が大規模な改修工事を行うことにしたそうです。

Otaru_20210622-145411

Otaru_20210622-145427

Otaru_20210622-145437

Otaru_20210622-145250

(建物が覆われる前の足場が組まれた時の様子。6月15日撮影)
Otaru_20210615-155122_20210624020401

ちなみに、建物東側(海側)は、他の壁面に比べて劣化が進んでないことから、今回は改修しないそうです。

外壁工事は1987年に行われて、それ以来だそうですが、そもそもこの建物は、旧小樽地方貯金局として1952年に建てられ、1978年に市立小樽文学館、1979年に美術館がそれぞれ開館していて、すでに建設から69年が経っているんですね。

(文学館・美術館のプレート。旧手宮線沿いに掲示)
Otaru_20210615-150830

ということで、市立小樽文学館・美術館の外壁補修工事についてでした。

市立小樽文学館トップ | 小樽市
市立小樽美術館トップ | 小樽市

【関連記事】
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開

| | コメント (0)

2021年6月11日 (金)

休館で中止になった小樽文学館の企画展「後志インフラ文学展」がオンライン開催に

Otaru_20210510-163036t

市立小樽文学館は現在、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて休館中です(現在のところ6月20日まで)。

そのため、本来であれば、5月22日(土)~6月20日(日)の期間で開催予定だった企画展「後志インフラ文学展」が、そっくり中止になってしまいました。

文学館の企画展は、毎回、かなりつっこんだ興味深い展示がされていて、私もいつも楽しませていただいてますが、この「後志インフラ文学展」も、小樽開発建設部の協力のもと、構想4年の企画とのことで、かなり力を入れたいたようです。

で、文学館では、この「後志インフラ文学展」がこのままお披露目なく撤収されるのはもったいない!!と、展示をオンラインで開催することにしたそうです。

加えて、ギャラリートークもオンラインで開催されるということで、開催日時は6月12日(土)14:00~15:30の予定なのですが、こちらの申込み締め切りが6月11日(金)16時までと間近なんですよね。

ギャラリートークに興味のある方はまずはこちら、小樽文学館のサイトを。
小樽文学館
小樽市HP内にも詳細が掲載されています。
特別展・企画展のお知らせ | 小樽市

展示のオンライン開催は「後志インフラ文学展」のFacebookページと、YouTube動画が随時配信されているようです。
※オンライン開催のFacebookページ後志インフラ文学展 | Facebook
※YouTubeはこちら:後志インフラ文学展 - YouTube

展示内容については、私もまだ見ていないので、詳細は分かってないのですが、もともと見に行こうと思っていたので、せっかくオンライン開催をしてくれたので、ぜひ、見てみようと思っています。

(もともとのチラシ)
Otaru_20210510-163036_20210611025801

※関連ニュース
・2021年6月10日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽文学館の企画展、緊急事態宣言でオンライン開催 - 小樽経済新聞

| | コメント (0)

2021年5月10日 (月)

市立小樽文学館は5月8日(土)〜5月21日(金)の期間、館内整備及び展示替えのために臨時休館してます

Otaru_20210507-152912

毎回、興味深い企画展を開催している市立小樽文学館ですが、5月6日(木)〜5月21日(金)の期間、館内整備及び展示替えなどのために臨時休館してます。

街中にある文学館は、ふと立ち寄ったりする方も多かと思いますが、結構、期間が長い休館なので、注意ですね。

※参照:市立小樽文学館休館日のお知らせ | 小樽市

ちなみに、休館明けの5月22日(土)からの企画展は「後志インフラ文学展」となっています。

Otaru_20210510-163036

期間:2021年5月22日(土)~6月20日(日)
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30分まで)
小樽文学館の入館料は、一般300円・高校生・市内高齢者(70歳以上)150円、中学生以下無料。
その他、美術館との共通入館券や団体料金など、詳しくはこちら:市立小樽文学館 | 小樽市
※もともとの休館日は、毎週月曜日と祝日の翌日(ただし土・日の場合は休まず振替)となっています。

小樽文学館

Otaru_20210429-143608

そうそう、文学館と同じ建物には市立小樽美術館も入っていますが、こちらは5月は毎週月曜日の休館に加えて、5月10日(月)〜12日(水)が休館、それと5月18日(火)〜21日(金)は1・3階のみ開館となっています。
※参照:市立小樽美術館休館日のお知らせ | 小樽市

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽