小樽の石垣のある風景

2020年9月30日 (水)

【石垣のある風景】住吉神社横の社ヶ丘の坂の上の道路脇に続く長い石垣

Otaru_20200820-133414

坂の街・小樽では、あちこちで石垣を目にするのですが、そんな石垣が気になって、このブログでも小樽の石垣のある風景と称して、時々、街歩きで見かけた気になる石垣の様子を投稿しています。

今回は住吉神社の横の急坂「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」の上の方で目に止まった石垣です。
※写真の撮影時期がまちなちなのでご了承を。

(2019年12月撮影)
Otaru_20191213-140935

道路脇の住吉神社側の丘に沿ってに続く石垣で、山側(坂の上側)のかなり高い石垣の始まりは、住宅の石垣のようなんですが、そこから坂の下の方に向かって、とにかく長く続いています。

Otaru_20191213-141013

※神社本殿後ろの小高い丘は、古い絵地図には「船上山(ふなかみやま)」と記されているそうです(参照:小樽市 :おたる坂まち散歩 第37話 社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか))。

こんなパナラマ写真も撮ってみました。
Otaru_20191213-141017

住吉神社の裏の高台の土砂崩れ防止のような感じでしょうか。

坂の途中の、住吉神社の境内に入る道があるのですが、その近くまで続いているんですよね。

(2020年8月撮影)
Otaru_20200820-133609

この石垣がいつからあるものなのかは分かりませんが、よく市内で見る建物の平地を確保するための石垣と違って、丘に沿って長く続いていたのが何だか目に止まった、社ヶ丘の坂の石垣の風景でした。

(2020年5月撮影)
Otaru_20200505-152238

Otaru_20200505-152242

【関連記事】
住吉神社横の坂道は「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」〜坂の上からの眺めが変わりました
住吉神社横の急な坂「社ヶ丘の坂(やしろがおかのさか)」
冬のちょっとした風景〜住吉神社横の社ヶ丘の坂から
住吉神社境内にある「木魂神社」

| | コメント (8)

2020年9月29日 (火)

富岡町のコープさっぽろみどり店の石垣に以前建っていた建物の写真(小樽市総合博物館Facebookページより)

Otaru_20191018-123314r

坂の街・小樽では、石垣があちこちで見られます。

このブログでも小樽の石垣のある風景と称して、時々、気になる石垣の様子を投稿しています。

その中でもコープさっぽろみどり店の立派な石垣は、本当に目に止まり、このブログでも以前、取り上げたことがあります。
【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景

Otaru_20170525-142115r

実は、9月の道新文化センターの講座のテーマが「小樽の石垣」で、改めて過去の石垣の記事や写真を確認したり、調べ物をしたりしていたんです。

すると、ここコープさっぽろみどり店の石垣の敷地に、以前建っていた建物の写真が、小樽市総合博物館のFacebookページに投稿されているのを見つけました。

まずは、その写真がこちら。

「小樽市総合博物館所蔵 兵庫コレクション」より
Otaru_scn_0006
※この写真は小樽市総合博物館の許可を得て掲載しています。コピー等による二次利用は禁止です。

写真は昭和50年代のものだそうで、この立派な屋敷がどういうものかまでは分からないのですが、博物館のFacebookページの投稿によると、この場所は大正末期の地図には「三菱社宅」と記入されていて、三菱銀行、三菱商事などの支店長宅などが並んでいたそうです。

ここコープさっぽろみどり店は、住所としては富岡町で、眺めの良いこの富岡町はかつての屋敷町で、明治後期から富裕層による大邸宅が多く建てられた地域でもあって、そのせいか結構あちこちに立派な石垣が残っていたりするんですよね。

そのFacebookページの投稿はこちらです。


ということで、富岡町のコープさっぽろみどり店の立派な石垣に、以前建っていた建物の写真を小樽市総合博物館のFacebookページで見つけて、掲載許可をいただいたので、当ブログにも記録として書き留めておきました。

Otaru_20170525-142209r

小樽市総合博物館 | Facebook

【関連記事で】
※石垣関連の記事はカテゴリー「小樽の石垣のある風景」にまとめています。

| | コメント (5)

2019年8月16日 (金)

長橋パイパスの手前で旧国道へ分岐する道路の歩道沿いに旧色内川護岸の石積を使用した花壇があった

Otaru_20190706-150301

国道5号線を稲穂町から長橋方面に向かうと、長橋パイパスに入る砂留トンネルの手前で、旧国道へ入る道路が国道5号線から左手に分岐して上って行きます。

先日、この分岐して旧国道へ入る上りの道路を、逆の長橋側から歩いて下っていたんです(街歩き途中でした)。

Otaru_20190706-150148

すると、国道を渡る砂留横断歩道橋のちょっと手前で、壁のこんなプレートが目に入りました。

Otaru_20190706-150215

この花壇の石垣は、長橋パイパス工事で撤去した旧色内川護岸(昭和33年度施工)の石積を記念として、使用しています。
北海道開発局
小樽開発建設部

その周囲を見ると、残念ながら、花壇はあまり整備されてはいなくて、雑草も伸び放題、といった感じでしたが…

Otaru_20190706-150301

その石というのはこちらでしょうかね。

Otaru_20190706-150315

色内川といえば、かつては長橋大通りの中央を流れていて、長橋十字街付近から国道5号線を通って、その先で小樽港へと流れていたんですが、現在は暗渠になっています。

(砂留横断歩道橋から国道5号線の港方面。この写真は2016年4月撮影)
Otaru_20160416-150220r
(ここを色内川が流れていたんですね)

長橋バイパスが開通したのは平成6年(1994年)ですが、色内川の暗渠化については、色々と調べてみると、昭和31年(1956年)から暗渠の工事が行われて、昭和33年(1958年)9月に暗渠化が完成したようです。

なので、先ほどのプレートの昭和33年度という年度は、その暗渠化の年のことかな。

Otaru_20160416-150315r

今回、たまたま普段は歩かないようなところを歩いて、このプレートを目にしたのですが、せっかくの小樽の歴史を知る、今となっては貴重な痕跡(石)となるので、なんとか花壇の整備を続けてもらいたいですね。

Otaru_20190706-150239

※参考
・新ねっとわーく小樽No.2「旧砂留町」(2014年9月)
・小樽なつかし写真帖第98号「街づくりが進むころ」(2012年9月)3ページ下の写真(暗渠前昭和31年)
中部地区 - 市立小樽図書館
大迫力の航空写真!時代の比較や新たな発見(小樽ジャーナル)
23 塩谷街道

【関連記事】
砂留地下歩道〜砂留トンネルの手前の壁から線路下をくぐる地下歩道:
長橋へ向かう国道5号線に架かる「砂留横断歩道橋」を渡る

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

【石垣のある風景】小樽駅近く、国道5号線沿いのコンビニの後ろにある高さも幅もある石垣

Otaru_20190112_124620


小樽はあちこちに石垣を見ることができます。

坂の街・小樽では、平らな敷地を確保するためと思うのですが、あちこちに石垣があって、もう坂の街に加えて、石垣の街といってもいいくらいですよね。

ということで、当ブログでも時々掲載する小樽の“石垣のある風景”シリーズです(って、特に正式にシリーズにはなってませんが…)。

今回は、JR小樽駅前から国道5号線に出て左に進み、船見坂の下を過ぎてすぐ左にある石垣の風景です。

Otaru_20190112_124453

手前が駐車場で、横にはセブンイレブンがあるのですが、かなりの高さで幅もある石垣です。

Otaru_20190112_124420

石垣の上には住宅が建っているのですが、これ、結構な高さなりますよね。

ちなみに、ここの住所は、石垣の上も下も稲穂3丁目になります。

Otaru_20190112_124649

普段から何気に見ている風景なんですが、なかなか立派な石垣ですよね。この石垣は、いつ頃からあるのかな、なんてことも、ちょっと気になりますね。

Otaru_20190102_161103

(雪のない時期の写真です。2016年4月撮影)
Otaru_20160416_144736

ということで、小樽駅近く、国道5号線沿いのコンビニの後ろにある、高さも幅もかなりある石垣の風景でした。

Otaru_20190112_124434

【関連記事】
※「石垣のある風景」関連記事(そろそろカテゴリーを作ろうかな)
【石垣のある風景】小樽市立病院の通りを挟んだ向かいにある石垣は旧小樽病院跡(現病院駐車場)
【石垣のある風景】見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子
【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景
【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

【石垣のある風景】小樽市立病院の通りを挟んだ向かいにある石垣は旧小樽病院跡(現病院駐車場)

坂の街・小樽では、建物を建てる際に平らな敷地を確保するために、あちこちに石垣がありますよね。もう坂の街に加えて、石垣の街といってもいいくらいです。

ということで、久しぶりに小樽の“石垣のある風景”シリーズです(あっ、特に正式にシリーズにはなってませんが…)。

今回はこちらの石垣です。

Otaru_20181219_105417

ここは、小樽市立病院の通りを挟んだ向かいにある石垣で、この上は小樽市立病院の広い駐車場ですね。

この石垣のある坂道は、下って行くとその先にサツドラ小樽若松店のある交差点があって、その先には南樽市場がある通りです。

Otaru_20181219_105755

Otaru_20181219_105642

で、なかなか立派な石垣ですが、ここはもともと以前の小樽病院が建っていた場所なんですよね。

Otaru_20181219_105717

ちなみに、旧小樽病院があった頃は、この坂道から石垣を見るとこんな感じでした。
(2015年3月撮影)
Otaru_20150321_155321r

このすぐ上に建っていた、病院の施設のひとつだった建物がなんとも渋くて、よく見上げていたものです。
(2014年10月撮影)
Otaru_20141023140401

そして、現在の駐車場には、こんな感じで旧小樽病院が建っていたんですよね。
(2014年12月撮影)
Otaru_20141213154705

なんだか、ここに小樽病院があったなんで、もう忘れてしまいそうですね。

(現在の駐車場)
Otaru_20181219_105903

現在の小樽市立病院は、2014年12月1日に開院したのですが、さらにいうと、現在の小樽市立病院の場所には、2012年3月に閉校した、市内最古の小樽市立量徳小学校が建っていたんですよね。

Otaru_20181219_105849

小樽市立病院の正面玄関横には、量徳小学校の頃からあった“小樽教育発祥之地”の碑が残されています。

Otaru_20181127_105107

考えてみれば、ここ数年の間に、ここも随分と変わったということですね。

【関連記事】
12月1日からこの建物は“旧小樽病院の建物”と呼ばれることに
もうすぐ「旧小樽病院」となってしまう市立小樽病院の建物
新小樽市立病院が12月1日からいよいよ開院となりました
旧小樽病院の建物は解体が進み正面部分がなくなってました
小樽市立病院横には量徳小学校メモリアルガーデンが整備されています

※「石垣のある風景」関連記事
【石垣のある風景】見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子
【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景
【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月31日 (土)

勾配19%の旧色内小学校前の急な坂道を上って、勾配20%の急な浄応寺の坂を下る

Otaru_20180322_134200


小樽駅前の国道5号線を長橋・手宮方面に向かうと、稲北十字街と呼ばれる大きな交差点があり、ここを左折すれば国道の長橋方面、右折すると手宮方面に向かうメインの通りになるのですが、まっすぐ先には急な坂道が続いています。

Otaru_20180322_133151

Otaru_20180322_133326

この急な道は手宮方面へ抜ける坂道なんですが、先日(3月22日)、久しぶりにここを歩いて手宮方面へ向かいました。

Otaru_20180322_133715

ここの坂道の途中に勾配を表す標識が立っていて、19%の表示です。

Otaru_20180322_133753

ちなみに、有名な船見坂の上の方の標識で勾配15%ですから、それより急ということですね。

坂の途中には、さきほどからの写真にも写っている、壁面に青色を基調にした絵が描かれた建物が目に止まりますが、この建物は平成28年3月末で閉校した旧色内小学校の建物です。

Otaru_20180322_133846

坂道を上ってて旧色内小学校前までいくと、まだ、建物がどうなるのかは決まってないのでしょうかね、道路沿いの門には鎖が繋がれていて、建物に貼られたベニヤ板がなんとも寂しさを感じさせます。

Otaru_20180322_133855

振り返ってみると、こんな感じです。
Otaru_20180322_133945

小樽の学校は高いところに建っていることが多いですが、ここ色内小学校もかなり急な坂道の途中に建っていたんですね。

(旧色内小学校前の坂道の上から振り返ったところ)
Otaru_20180322_134046

この旧色内小学校前の急な坂道を上りきると、道路はやや右に曲がりつつ、今度は旧な下り坂になります。住所はここから石山町になります。

Otaru_20180322_134058

ところで、この坂の上の左手には、平成14年(2002年)に閉校した、円形校舎が特徴的な旧石山中学校への入口があるのですが、現在は立ち入り禁止になってます。

Otaru_20180322_134112

今となっては貴重なその円形校舎が残っているうちに、写真とかを撮らせてもらいたいので、見学ツアーとかしてくれないでしょうかね。

さて、話を坂道に戻しますが、この下り坂も相当急で、ここにも勾配を表す標識が立っているのですが、なんと20%の表示です。

Otaru_20180322_134200

この急な坂道は「浄応寺の坂」と呼ばれています。

Otaru_20180322_134330

(途中から振り返ると、かなり急ですよね)
Otaru_20180322_134334

坂を下っていくと、左手に坂の名前の由来にもなっている「浄応寺」があります。

Otaru_20180322_134434

浄応寺の境内に入ると、急な坂道の途中に建っていたにもかかわらず、広い敷地に立派な本堂が建っています。

現在の本堂は、初代の本堂が大火で焼失した後、大正11年(1922年)に再建されたものだそうです。

(この日はまだ雪が積もってました)
Otaru_20180322_134355

(急な坂道の途中ながら境内は結構広いです)
Otaru_20180322_134357

この浄応寺の坂沿いは、とても立派な石垣で囲まれているのですが、この石垣によって境内の敷地が確保されているんですね。

Otaru_20180322_134512

(石垣は本当に立派です)
Otaru_20180322_134608

さて、また坂に戻りますが、今下りてきた浄応寺の坂を振り返るとこんな感じです。

Otaru_20180322_134704

ここを上るのは本当に大変そうですよね。ただ、今回は下ってきたのですが、これだけ急だと下るのも怖いくらいです。

そうそう、この浄応寺の坂を下ったところの交差点を左に曲がったところに、懐かしさを感じさせる趣ある建物が残ってます。

Otaru_20180322_134738

銭湯「日の出湯」の建物ですが、ここはもう数年前に廃業しているんですよね(閉店した年度などの詳細は不明でした)。

Otaru_20180322_134749

で、浄応寺の坂を下りきりました。

(振り返って見たところ)
Otaru_20180322_134847


ということで、勾配19%の旧色内小学校前の急な坂道を上って、勾配20%の急な浄応寺の坂を下ってきたわけですが、ここはかなり急な坂道ながら、山で隔てられている稲穂町側の市街地と手宮地区をつなぐ抜け道として、結構車の通りも多い道です。


※参考
小樽市 :おたる坂まち散歩 第14話 浄応寺の坂(前編) (じょうおうじのさか)
小樽市 :おたる坂まち散歩 第15話 浄応寺の坂(後編)

【関連記事】
※浄応寺には災害にまつわる話が残されているのですが、それについてはこちらの記事でどうぞ。
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る

※今回の坂に関連する過去に書いたその他の記事。
市街地の稲穂町から手宮方面へ抜ける「色内小学校前の坂」
(次の2つの記事はセットです)
手宮の浄応寺の坂を上って、色内小学校前の坂を下りてきた〜「浄応寺の坂」編
手宮の浄応寺の坂を上って、色内小学校前の坂を下りてきた〜「色内小学校前の坂」編

※その他の関連記事
稲北十字街の稲穂歩道橋と旧色内小学校制作の可愛い絵
市立小樽文学館にて開催中の企画展「小樽・坂道物語展」を見に行ってきました(9月6日まで)
「日の出湯」の建物が変わらず趣があって目に止まります


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

【石垣のある風景】見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子

Otaru_20171017_150958


坂の街・小樽には、平らな敷地を確保するためにあちこちに石垣があって、もう石垣の街といってもいくらいです。

ということで、久しぶりに小樽の“石垣のある風景”シリーズです(って、特に正式にシリーズにはなってませんが…)。


今回は、観光客で賑わう堺町通りから、山側の高台に向かう「見晴らし坂」を上っていくと、左手に見えてくるこちらの立派な石垣です。

(写真は10月17日撮影)
Otaru_20171017_150626

現在、マンションが建っているこの石垣の上には、かつて金物商の名取高三郎の邸宅が建っていたそうです。

どのような邸宅だったのかは分からないのですが、この高い石垣の上に立派な屋敷が建っていたのでしょうね

Otaru_20171017_150958

Otaru_20171017_150502

金物商として成功した、山梨県出身の名取高三郎ですが、その店舗となる旧名取高三郎商店の建物は、堺町通りの端の建つ、防火のための立派なうだつが目に止まる、現在の大正硝子館の建物です。

この名取高三郎の邸宅が建っていた石垣の向かいには、小樽市指定歴史的建造物の旧板谷邸の建物が建っています。

現在、旧板谷邸は和風の母屋と隣の洋館、そして奥に建つ石蔵が残るのみで、先日、建物隣の道路側にホテルがオープンして、当時の面影はほとんどなくなってしまいましたが、きっと豪邸だったのでしょうね。

堺町通りから見晴らし坂を上ってきたこの辺りは、かつては事業に成功した経済人の屋敷が建っていたことから、この見晴らし坂を「出世坂」と呼ぶ人もいるそうです。

(こちらが見晴らし坂)
Otaru_20171017_150840

(坂を上ると右に旧板谷邸、左に名取高三郎邸があった石垣)
Otaru_20171017_150907

(坂の上から見たところ)
Otaru_20171017_150511

ということで、今回の石垣のある風景は、見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子でした。


※この石垣は、2015年に小樽を取り上げて放送された「ブラタモリ」の中でも紹介されていました。
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【前編】《オープニングの小樽運河〜メルヘン交差点〜石造倉庫〜坂の上の高級住宅街》

※参考サイト
小樽市 :旧名取高三郎商店
創業者 名取高三郎 伝 - ナトリ株式会社 130周年特設ページ
※参考書籍:小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)(Amazonで「小樽散歩案内」を探す)

【関連記事】
冬の「見晴らし坂」から眺める
大正硝子館/旧名取高三郎商店
歴史的建造物の旧板谷邸が再び海宝楼としてオープン〜カジュアルフレンチ&イタリアンのお店です(食べには行ってませんが…)
歴史的建造物の旧板谷邸(現レストラン「海宝樓」)の隣にホテル「海宝楼倶楽部」が2017年10月にオープンしてます

※「石垣のある風景」関連記事
【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景
【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景

Otaru_20170525_142115


坂の街の小樽には、平らな敷地を確保するために、市内の至る所に石垣があって、もう石垣の街といってもいくらいですよね。

ということで、久しぶりに小樽の“石垣のある風景”シリーズです(って、まだシリーズにはなってないんですけどね…)。

今回の石垣は、コープさっぽろみどり店の石垣です。

小樽警察署の前の坂道を上って行くと、歩道橋のある交差点の右手にコープさっぽろみどり店があるのですが、これが本当に立派な石垣の上に建っているんですよね。

Otaru_20170525_142404

Otaru_20170525_142332

Otaru_20170525_142315

その富岡歩道橋の上から見ると、こんな眺めなんですが、いや〜、高さも幅(長さ)も見事です。

Otaru_20170525_142209

Otaru_20170525_142232

Otaru_20170525_142251

この上に建つコープさっぽろは、みどり店といっても住所は富岡町になるんですよね。

富岡町といえば坂にある街なので眺めが良く(というか、小樽はどこも坂がありますが)、かつて小樽が栄えた頃に、富豪による大邸宅が多く建てられた地区でもあるんですよね。

この石垣の上にもかつては立派なお屋敷が建っていたのかな〜と思いつつ、実は最近、ここコープさっぽろみどり店の場所に建っていた建物の古い写真をどこかで目にしたと思うのですが、う〜ん、どこで見たのか思い出せない…

その古い写真にも、この石垣が写ってたんですよね。

と、気になりつつ、今回はそれは見つけられなかったので、何か分かったら、この記事に追記しようと思います。

(冬の時の写真です)
Otaru_20170112_142807

Otaru_20170112_142844

【関連記事】
【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん

※石垣に触れている記事です。
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【前編】《オープニングの小樽運河〜メルヘン交差点〜石造倉庫〜坂の上の高級住宅街》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣

Otaru_20161208_145106


坂の街・小樽を歩いていると、なんとも気になる坂道や階段があって、このブログでも時々その様子を掲載してますが、よく見ると、石垣もあちこちにあるんですよね。

※写真の撮影時期がバラバラで、雪のない時期のものあるのでご了承を。

傾斜地に家を建てる平らな敷地を確保するために、市内の至る所に石垣があって、もう、石垣の街といってもいくらいです。

そんな市内の石垣の中でも、花園町のここ西病院の石垣は立派でよく知られています。

Otaru_20161014_150028

図書館前の水道局の横から国道5号線方面へと坂を下っていくと(嵐山通り)、小樽警察署から続く通り(第三大通り)との交差点の角に西病院が建っています。

交差するどちらの通りも坂道になっていて、第三大通り側の坂道沿いに、立派な石垣が見ることができます。

Otaru_20161014_145953

Otaru_20161014_150017

こちらはすぐ近くの妙見市場前から見たところです。
Otaru_20160907_152544_hdr

この西病院の石垣は、距離が長くてなかなか立派ですね。


さて、この西病院から、すこしだけ嵐山通りを水道局側に上るとすぐに、こちらは積み上げられた丸石が印象的な石垣が目に止まります。

Otaru_20161208_145014

実は、この時は勉強不足で知らなかったのですが、こちらの石垣の方が有名でした(というか、いわれがありました)。

現在は、この石垣の上の敷地にはマンションが建ってますが、ここはかつて、明治中期から大正時代に雑穀商で財をなし、小豆将軍と称された実業家・高橋直治の邸宅が建っていた場所だそうで、石垣はそのために作られたものだそうです。

この立派な石垣には、そんな歴史があったんですね。

それにしても、これだけの丸石を集めるのも大変だったでしょうね。
そして、その石垣が今も建物を支えているというのもすごいです。

この丸石の石垣については、ねっとわーく小樽No.29(2016年12月号)の「何これOtaru」のコーナーと書籍「小樽散歩案内」(発行:有限会社ウィルダネス)に掲載されていて、参考にさせていただきました。

また、先日、小樽の魅力をウェブサイトやFacebookページで発信する「おたるくらし」で、石垣についての興味深い記事が投稿されていましたので、興味のある方は、読んでみてください。
五楽園の石垣 | ここかしこが慕わしいまち

ということで、小樽には本当にあちこちに立派な石垣が残っているので、今後は“石垣のある風景”シリーズもいいかもしれませんね。

Otaru_20161208_145107

【関連記事】
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん
何気に目に止まったのは、水道局横の超短い坂道

※石垣に触れている記事です。
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【前編】《オープニングの小樽運河〜メルヘン交差点〜石造倉庫〜坂の上の高級住宅街》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2016年7月 8日 (金)

傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん

Otaru_20160626_135418r

先日、これまであまり歩くことのなかった富岡町を散歩してきたのですが、坂の街とも言われる小樽の中でも、富岡町は本当に多くの住宅が傾斜地に建てられているんですよね。

小樽の街を歩いていると、何気ない坂道や階段が、ふと気になったりするんですが、富岡町にもそんな箇所がたくさんありましたし、傾斜地に作る住宅地特有の石垣も、何だか目に止まりました。

まあ、そもそも坂の街小樽には、家を建てる平らな土地を確保するための石垣が市内の至る所で見られるので、富岡町だけではないのですが、街並として、何だか普段より目につきました。

ただ、いつもは気になる階段なんかを見つけると、その先が気になって、どうにも上りたくなるのですが、ここ富岡町の階段は、ほぼ各住宅の玄関への階段なので、上るわけには行きませんね。

Otaru_20160626_141818

今回歩いたのは富岡町の一部ですが、そんな富岡町の目に止まった階段や石垣を写真に撮ってきました。

Otaru_20160626_135418

Otaru_20160626_135553r

(こちらは下り坂)
Otaru_20160626_141919

Otaru_20160626_141849

建物がすでになくなって、立派な石垣だけが残っているところもありました。

Otaru_20160626_142603

Otaru_20160626_142040

Otaru_20160626_135133

ふと坂を見上げると、坂の両脇に家が建ち並ぶ風景が見られます。

Otaru_20160626_144821

そうそう、坂を上った先に日光院という高野山真言宗のお寺があるのですが、ここも石垣の上に建っていますね。

(この上に日光院が建ってます)
Otaru_20160626_142119

Otaru_20160626_142207

ここの後ろはもう山です。

Otaru_img_2049

※日光院についてはこんな記事も書いてます。
小樽駅の後方に見える坂の上の寺を目指してみた〜日光院

今回の富岡町の散歩で、たまたま場所が分かった小樽市指定歴史的建造物の旧島谷汽船(株)社長宅の建物も、立派な石垣の上に建っていました。

Otaru_20160626_135819r

ということで、ほんの一部ですが、富岡町で見かけた、気になる石垣と階段の様子でした。

傾斜地にあって眺めの良い富岡地区には、小樽が繁栄した明治から大正期に大邸宅が多く建てられたそうで、実際、今も歴史を感じさせる建物が見られました。そういう建物と石垣や階段、坂道が作る富岡町の街並は、なかなか興味深くて魅力がありますね。

【関連記事】
※今回の富岡町関連の記事。
富岡町の気になる坂道を上ってみたら、その先に歴史的建造物の旧島谷汽船社長宅が建っていた
富岡町の坂を上って西陵中学校まで行ってみた〜【補足】西陵中と松ヶ枝中との統合について

※最近の階段のある風景の記事から。
稲穂町の階段と手すりが何とも味がある坂道
相生町の気になる階段を上ってみたら空き地だったけど、振り返ってみたら…
趣きある東雲町の坂にも桜が咲いてました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)