クルーズ船の風景

2024年4月23日 (火)

豪華で巨大なクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」が小樽港第3号ふ頭に寄港しました(2024年4月21日)

Otaru_20240421-144607

今年も4月から小樽港へのクルーズ船の寄港が始まってますが、4月21日(日)にはひときわ豪華で巨大なクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」(イギリス船籍、115,906トン)が、小樽港第3号ふ頭に寄港しました。

ダイヤモンド・プリンセスは4月21日(日)の朝8時に入港して、夕方17時にすでに出港しています。

ダイヤモンド・プリンセスは、これまでは勝納ふ頭に寄港していたのですが、今年は第3号ふ頭に寄港しました。

Otaru_20240421-143745

第3号ふ頭はかねてから行われていた岸壁の改修工事によって、今年度(2024年度)4月から14万トンクラスまでのより大型のクルーズ船の受け入れが可能となったんですよね。
クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

昨年(2023年)までは、6万トンを境に第3号ふ頭(6万トン未満)か勝納ふ頭(主に6万トン以上)かに受け入れふ頭が分かれていたのですが、これでほとんど第3号ふ頭で受け入れ可能になり、ダイヤモンド・プリンセスも第3号ふ頭に停泊しているというわけです。

Otaru_20240421-143819

第3号ふ頭では、昨年(2023年)春に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができ、大型バス専用駐車場が整備され、乗客の利便性も高まり、小樽市街地へのアクセスもより便利になっています。

Otaru_20240421-143945

今年はほとんどのクルーズ船が第3号ふ頭に停泊する予定になっていて、経済効果への好影響も期待されています。

さらに、先日3月25日には小樽国際インフォメーションセンターが旧おたるマリン広場にオープンしていて、小樽市は新しい観光拠点として、第3号ふ頭及び周辺区域において再開発事業を進めているんですよね。

こちらは、その小樽国際インフォメーションセンターの2階の屋上デッキからの眺めです。

Otaru_20240421-144539

第3号ふ頭で見るダイヤモンド・プリンセスは、より巨大に見えて、まるでふ頭からはみ出しているような、遠近感が狂ってしまったように感じます。

Otaru_20240421-144607

こちらは運河の一本海側の道路(小樽港縦貫線)の月見橋〜旭橋のあたりからの眺めです。

Otaru_20240421-162455

Otaru_20240421-162335

Otaru_20240421-162241

Otaru_20240421-162152

Otaru_20240421-162148

Otaru_20240421-162110

さらにこちらは、第3号ふ頭の隣の色内埠頭公園からの眺めです。

Otaru_20240421-161046

いや〜、大きい!長い!!

Otaru_20240421-161342

岸壁の改修工事は第3号ふ頭左側で行われ、そちらにクルーズ船が停泊しているのですが、ここに停泊すると船見坂の上からよく見えるんですよね。

ということで、最近、よく行っているのですが、今回もまた船見坂にいってきました。

Otaru_20240421-141759

今年度から、昨年までは見られなかった、より大型のクルーズ船が停泊している様子を、ここ船見坂から見られるようになったわけですが、ほんと巨大でやっぱり遠近感がおかしくなったような感覚になりますね。

Otaru_20240421-141716

Otaru_20240421-141802

ちなみに、第3号ふ頭の海に向かって右側に停泊すると、JR小樽駅前からクルーズ船を見ることができるのですが、残念ながらその機会は今後は減りそうですね。

※船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとても多いので写真撮影の際は要注意です。もちろん道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20240421-141655

ということで、小樽港第3号ふ頭に寄港したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の様子でしたが、より大きなクルーズ船も市街地に近い第3号ふ頭に寄港するようになったので、その非日常の巨大で豪華な姿を間近で見に行ってみるのもいいかもしれませんね。ほんと想像以上に大きいですよ。

※2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定されていて、詳しい寄港予定は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

【関連記事】
ニュースより/2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定(2024年3月現在)〜岸壁改修工事によって今年は第3号ふ頭に集中
ニュースより/小樽港第3号ふ頭及び周辺再開発関連〜小樽港クルーズターミナル/新観光船ターミナル/小樽国際インフォメーションセンター(2023年5月の記事)
※過去のダイヤモンド・プリンセスの記事から。
小樽港の勝納ふ頭に寄港した豪華クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」を見に行ってきました〜寄港5周年の潮太鼓大打演も実施
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (2)

2024年4月13日 (土)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港しました(2024年4月10日)〜前年まで勝納ふ頭に停泊していた大型クルーズ船

Otaru_20240410-150914

小樽港第3号ふ頭に4月10日(水)、クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、82,862トン)が寄港しました。

クルーズ船の小樽港への寄港として、2024年度2隻目となるウエステルダムは、4月10日(水)の朝7時に入港して、同日夕方4時にすでに出港しています。

それにしてもこのウエステルダムですが、とても大きくて、小樽港第3号ふ頭に停泊していると、なんだか遠近感というか、周囲の風景との距離感がおかしくなったように見えます。

Otaru_20240410-151204

Otaru_20240410-150945

実は、このウエステルダムは昨年は勝納ふ頭に停泊したんですよね。

第3号ふ頭はかねてから行われていた岸壁の改修工事によって、今年度4月から大型クルーズ船対応岸壁の供用が開始しとなり、14万トンクラスまでのより大型のクルーズ船の受け入れが可能となったんです。
クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

昨年までは、6万トンを境に第3号ふ頭(6万トン未満)か勝納ふ頭(主に6万トン以上)かに受け入れふ頭が分かれていたのですが、それがほとんど第3号ふ頭で受け入れ可能になったというわけです。なので、今年はほとんどのクルーズ船が第3号ふ頭に停泊する予定だそうです。

第3号ふ頭では、昨年(2023年)春に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができて大型バス専用駐車場が整備され、乗客の利便性も高まり、小樽市街地へのアクセスもより便利になるので、経済効果への好影響も期待されています。

また、先日3月25日には小樽国際インフォメーションセンターが旧おたるマリン広場に新しくオープンしていて、小樽市は新しい観光拠点として、第3号ふ頭及び周辺区域において再開発事業を進めているんですよね。

で、岸壁の改修工事後、今回のウエステルダムが、これまで第3号ふ頭では停泊できなかったより大型のクルーズ船の、第3号ふ頭初停泊となったんですよね。

第3号ふ頭こんなに大きなクルーズ船が停泊するのは初めて、というわけなんですが、いや〜、それにしても大きい。

Otaru_20240410-150923

新しくできた小樽国際インフォメーションセンターの2階の屋上デッキからも眺めてみました。

Otaru_20240410-151358

いや〜、ふ頭からはみ出しそうです。

Otaru_20240410-151408

こちらは運河の一本海側の道路(小樽港縦貫線)の月見橋〜旭橋のあたりからの眺めです。

Otaru_20240410-150315
(あっ、運河クルーズの船だ!!)

Otaru_20240410-150402

Otaru_20240410-150123

Otaru_20240410-150109

Otaru_20240410-145851

Otaru_20240410-145831

Otaru_20240410-145812

第3号ふ頭の海に向かって右側に停泊すると、JR小樽駅前からクルーズ船を見ることができるのですが、岸壁の改修工事は第3号ふ頭左側で行われ、より大型のクルーズ船はそちらに停泊するので、すると残念ながら小樽駅からはクルーズ船は見ることができないんですよね。

では、第3号ふ頭左側に停泊し場合はというと、今年最初に入港したル・ソレアルの時も見に行きましたが、船見坂の上からよく見えるんですよね。

ということで、今回も船見坂に行ってきました。

Otaru_20240410-144004

この船見坂からの風景においても、岸壁の改修によって、これまでこの場所に停泊したことなない規模のクルーズ船が、今回初めて停泊したわけですが、いや〜、これまでとはやはり存在感が違いますね。

Otaru_20240410-144006

なんだか、やっぱり周囲とのサイズ感が狂っている感じがしてしまいます。

Otaru_20240410-144011

※船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとても多いので、写真撮影の際は要注意で、もちろん道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20240410-144034

ちなみに、船見坂への途中の道からも、ちらちらとその巨大な姿が見え隠れしてました。Otaru_20240410-144926

ということで、小樽港第3号ふ頭に寄港したクルーズ船「ウエステルダム」の様子でしたが、以前は勝納ふ頭に寄港していたより大きなクルーズ船が、より市街地に近い第3号ふ頭に寄港するようになり、その豪華で巨大な非日常の姿を間近に見に行きやすくなりましたね。

※2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定されていて、詳しい寄港予定は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

※参考:クルーズ船「ウエステルダム」…4/10小樽第3号ふ頭寄港(出港) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定(2024年3月現在)〜岸壁改修工事によって今年は第3号ふ頭に集中
ニュースより/小樽港第3号ふ頭及び周辺再開発関連〜小樽港クルーズターミナル/新観光船ターミナル/小樽国際インフォメーションセンター(2023年5月の記事)

※昨年は勝納ふ頭に寄港したウエステルダムの記事。
小樽港勝納ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港したので見にいってきました(4月20日)

※今年最初に寄港した「ル・ソレアル」の記事。
2024年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が小樽港第3号ふ頭に寄港しました(4月8日〜4月9日)

※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (2)

2024年4月 9日 (火)

2024年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が小樽港第3号ふ頭に寄港しました(4月8日〜4月9日)

Otaru_20240408-152157

2024年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」(フランス船籍、10,992トン)が、小樽港第3号ふ頭に寄港しました。

4月8日(月)の朝に入港したル・ソレアルは、4月9日(火)18時(予定)に出港します。

今回は小樽港第3号ふ頭の海に向かって左側の岸壁に停泊したということで、この位置に停泊すると船見坂の上からよく見えるんですよね。

ということで、船見坂に行ってきました。

Otaru_20240408-141716

船見坂の上から、ちょうど坂道の向こうにクルーズ船が見えて、これまた小樽らしい眺めです。

船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとても多いので、写真撮影の際は要注意です。もちろん、道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20240408-141638

Otaru_20240408-141649

ちなみに、第3号ふ頭の海に向かって右側に停泊すると、JR小樽駅前からクルーズ船を見ることができ、小樽駅から中央通りの向こう側に非日常的な大きさのクルーズ船が見える風景は、これまた海と街の近い小樽ならではの風景なのですが、今回の停泊はふ頭左側でしたね。

こちらは運河の一本海側の道路(小樽港縦貫線)の月見橋〜旭橋のあたりからの眺めです。Otaru_20240408-151747

Otaru_20240408-151954

Otaru_20240408-152243

第3号ふ頭はかねてから行われていた岸壁の改修工事によって、今年度4月から大型クルーズ船対応岸壁の供用が開始しとなり、14万トンクラスまでのクルーズ船の受け入れが可能となったんですよね。
クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

今回のル・ソレアルはトン数的に昨年もここ第3号ふ頭に停泊していますが、今後はこれまで勝納ふ頭でしか停泊できなかったより大型のクルーズ船もこちらの第3号ふ頭に停泊できるようになり、今年はほとんどのクルーズ船が第3号ふ頭に停泊する予定だそうです。

ただ、岸壁の改修工事は第3号ふ頭左側で行われ、大型のクルーズ船はそちらに停泊するので、そうなると小樽駅前からは残念ながら見ることができず、それはちょっと残念ですね。

とはいえ、第3号ふ頭では昨年(2023年)春に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができ、先日3月25日には小樽国際インフォメーションセンターが旧おたるマリン広場に新しくオープンしたので、第3号ふ頭周辺を中心として、より市内中心部への乗客の流れが期待されています。

Otaru_20240408-141645

ということで、小樽港第3号ふ頭に寄港した2024年最初のクルーズ船ル・ソレアルの様子でしたが、今年はこのル・ソレアルから始まって、ダイヤモンド・プリンセスやクイーン・エリザベスといった、よく知られたより大型の豪華クルーズ船も小樽に寄港するようなので楽しみですね。

2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定されていて、詳しい寄港予定は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

※参考:クルーズ船「ル・ソレアル」…4/8.9小樽第3号ふ頭寄港予定 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定(2024年3月現在)〜岸壁改修工事によって今年は第3号ふ頭に集中
※昨年も年度最初に寄港した「ル・ソレアル」の記事。
小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が寄港しました(4月10日〜4月11日)
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

小樽国際インフォメーションセンターが小樽港第3号ふ頭基部(旧おたるマリン広場)に2024年3月25日オープン

| | コメント (0)

2023年6月29日 (木)

勝納ふ頭に寄港したクルーズ船「コスタ・セレーナ」を水天宮から眺めてきました(6月19日)

Otaru_20230619-182502t

小樽港へのクルーズ船の寄港は、コロナ禍の影響で2020年、21年と全て中止となり、運行が再開された2022年も日本船籍に限ってでしたが、今年度は外国船籍の受け入れが再開され、以前のようにたくさんのクルーズ船が小樽港に寄港しています。

中でもこの6月は6隻のクルーズ船が寄港していて、特に下旬には6月18日(日)ダイヤモンド・プリンセス、6月19日(月)コスタ・セレーナ、6月21日(水)シーニック・エクリプス、6月25日(日)ハンセアティック・ネイチャー(初寄港)と続けてクルーズ船がやってきました。

そんな中、今月は私は港に見に行くことはできなかったのですが、唯一、少し前の6月19日(月)に勝納ふ頭に寄港したコスタ・セレーナ(イタリア船籍、114,261トン)を高台の水天宮から見てきました。

Otaru_20230619-174949

Otaru_20230619-174355

水天宮は、境内から一望する小樽港の眺めがとてもよいことで知られていますが、もちろん、勝納ふ頭に停泊しているクルーズ船の姿もよく見えるんですよね。

そのあまりの巨大さに、なんだか周囲との比率がおかしく感じたりもします。

今回は新日本海フェリーと並んで停泊していたのですが、新日本海フェリーも普段は近くで見るとかなり大きく見えるのですが、こうやって並ぶと、なんだか小さく見えてしまいます。

Otaru_20230619-174422

で、この日はコスタ・セレーナの出港の様子を見たくて、出港時間の18:00に合わせて水天宮に行ったんです。

タグボートのたていわ丸に誘導されて、ゆっくりとゆっくりとバックで進んでいきます。

Otaru_20230619-175123

Otaru_20230619-180547

Otaru_20230619-181047

Otaru_20230619-181148

Otaru_20230619-1812451

一旦止まって、今度は前進して、そして、灯台の間を通って外海へと行きました。

Otaru_20230619-182502

Otaru_20230619-182637

優雅ですね。

動画も撮ってきたので、掲載しますね。

ということで、勝納ふ頭に寄港したクルーズ船「コスタ・セレーナ」を水天宮から見てきた様子でしたが、水天宮から見ると、目の前で見るのとは、また違った臨場感がありますね。

それにしても大きい…

※クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市)。

※本格的にクルーズ船の寄港が再開された今年(2023年)は、のべ22隻のクルーズ船の寄港が予定されています。詳しい寄港予定情報は小樽市HPに掲載されてますが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学する時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

【関連記事】
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (0)

2023年5月28日 (日)

豪華客船「クイーン・エリザベス」が小樽港に初寄港(5月27日)〜その巨大で豪華な姿に圧倒されてきました

Otaru_20230527-170150

小樽港勝納ふ頭に5月27日(土)、有名な豪華客船「クイーン・エリザベス」(英国領バミューダ船籍、90,900トン)が小樽港に初寄港しました(当日朝に入港し、夕方にすでに出港しています)。

小樽港へのクルーズ船の寄港は、コロナ禍の影響で2020年、2021年と全て中止となり、運行が再開された2022年は日本船籍に限ってだったので、外国船籍クルーズ船の受け入れは今年が4年ぶりなんですよね。

そんな中で、今年度の予定が公表されてから話題になっていたのが、この「クイーン・エリザベス」でした。全長294m、幅32.25m、乗客定員2,081人という大型豪華客船です。

ということで、私も見に行ってきたのですが、いや〜、ほんと巨大で豪華で圧倒されました。

勝納ふ頭に近づいていくと、その姿が見えてくるんですが、遠くから見てもすでに大きくて、周囲との比率がおかしいです。

Otaru_20230527-171334

Otaru_20230527-170923

なんだか視界からもはみ出しそうな大きさです。

前方から。
Otaru_20230527-165408

Otaru_20230527-165546

Otaru_20230527-165634

Otaru_20230527-165722

Otaru_20230527-165745

Otaru_20230527-165801

Otaru_20230527-165919

Otaru_20230527-165934

もう船というか、横長の巨大ビルですね。

Otaru_20230527-170150

後方からです。
Otaru_20230527-170359

Otaru_20230527-170234

ということで、勝納ふ頭に寄港したクルーズ船クイーン・エリザベスの様子でした。歓迎式などもあったようですよ。

Otaru_20230527-165444

ちなみに、本格的にクルーズ船の寄港が再開された今年(2023年)は、のべ22隻のクルーズ船の寄港が予定されています。

クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市)。

詳しい寄港予定情報は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学する時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

クイーン・エリザベス | 公式/キュナード・ライン|歴史と伝統を誇るラグジュアリー・クルーズライン
クイーン・エリザベス|客船紹介|クルーズ - 郵船トラベル株式会社

※参考ニュース
クルーズ船「クイーン・エリザベス」 小樽初寄港(小樽ジャーナル)
・2023年5月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
クルーズ船「クイーン・エリザベス」歓迎式(5/27 小樽勝納ふ頭) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20230527-171054

【関連記事】
※今年のクルーズ船の記事です。
小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「バイキング・オリオン」が寄港(5月2日〜5月3日)〜今回は小樽駅前からも見れました
小樽港勝納ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港したので見にいってきました(4月20日)
小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が寄港しました(4月10日〜4月11日)

※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (2)

2023年5月 4日 (木)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「バイキング・オリオン」が寄港(5月2日〜5月3日)〜今回は小樽駅前からも見れました

Otaru_20230503-144500

小樽港第3号ふ頭に5月2日(火)、クルーズ船「バイキング・オリオン」(ノルウェー船籍、47,842トン)が寄港しました。

2023年5月2日(火)の夕方に入港して、5月3日(水)夕方にすでに出港しています。

今回、バイキング・オリオンは第3号ふ頭の港に向かって右側に停泊したのですが、そうすると、その姿をJR小樽駅前からも見ることができるんですよね。

Otaru_20230503-112013

小樽駅前から緩やかに下りながら真っすぐ続く中央通りの先に、バイキング・オリオンの巨大な姿が見えるのですが、これは海が近くて、坂の街の小樽ならではの風景ですよね。

Otaru_20230503-112017

実は、今年度から第3号ふ頭に新しく旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができて稼働しているのですが、そのターミナルは第3号ふ頭の左側にあって、そのため今年最初となるクルーズ船ル・ソレアルは第3号ふ頭左側に接岸したのですが、そうすると小樽駅前からは見られないんですよね。

今後はクルーズ船は第3号ふ頭左側に停泊して、もう駅前からクルーズ船が停泊する風景が見られなくなるのかとも思ったのですが、右側にも停泊することがあるんですね。駅前からの風景は小樽ならではのものだったのでよかったです。

Otaru_20230503-112017-2

駅前から第3号ふ頭に向かって中央通りを歩いて行くと、その巨大な船体が少しずつ近づいてくるのですが、その光景はかなりインパクトがあります。

Otaru_20230503-142148

Otaru_20230503-143155

ちなみに、クルーズ船の小樽港での停泊ふ頭は、第3号ふ頭(6万トン未満)か勝納ふ頭(主に6万トン以上)になるのですが(参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市)、今回のバイキング・オリオンは47,842トンと第3号ふ頭に停泊する船としてはかなり大きいので、なんだか周囲との比率がおかしくなっているような圧巻の光景です。

Otaru_20230503-143418

Otaru_20230503-143415

Otaru_20230503-143552

Otaru_20230503-144429

Otaru_20230503-144458

第3号ふ頭までいくと、船の近くまで行けるということで、間近でも見学してきたのですが、近づくとほんと大きくて豪華ですね。

Otaru_20230503-143623

Otaru_20230503-143702

Otaru_20230503-143728

Otaru_20230503-143813

Otaru_20230503-143932

Otaru_20230503-143902

Otaru_20230503-143934

小樽港へのクルーズ船の寄港は、新型コロナウイルス感染症の影響で2020年、2021年と2年連続で全て中止となり、運行が再開された昨年2022年は日本船籍に限ってだったので、今年から再開になった外国船籍クルーズ船の受け入れは4年ぶりなんですね。

本格的にクルーズ船の寄港が再開された今年(2023年)は、のべ22隻のクルーズ船の寄港が予定されています。

詳しい寄港予定情報は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学する時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

できれば、停泊ふ頭が第3号ふ頭の場合、左右どちらに停泊するかの情報もあると嬉しいですね。

Otaru_20230503-144349

ということで、第3号ふ頭に寄港したクルーズ船バイキング・オリオンの様子でした。

【関連記事】
ニュースより/小樽港第3号ふ頭に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができて2023年4月から稼働してます
※今年のクルーズ船の記事です。
小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が寄港しました(4月10日〜4月11日)
小樽港勝納ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港したので見にいってきました(4月20日)

※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (6)

2023年4月21日 (金)

小樽港勝納ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港したので見にいってきました(4月20日)

Otaru_20230420-120954

小樽港勝納ふ頭に4月20日(木)、クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、82,862トン)が寄港しました。

クルーズ船の小樽港への寄港は今シーズン(2023年)2回目で、勝納ふ頭に停泊したのは今シーズン初ですね。4月20日の朝に入港して、当日17:00にすでに出港しています。

新型コロナウイルス感染症の影響で小樽港へのクルーズ船の寄港は2020年、2021年と2年連続で全て中止となり、運行が再開された昨年2022年は日本船籍に限ってだったので、今年から再開になった外国船籍クルーズ船の受け入れは4年ぶりになるんですよね。

ちなみにクルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市)。

今回のウエステルダムのようなクルーズ船の中でも大型の船は、勝納ふ頭に停泊するんですよね。

私も当日、勝納ふ頭に見にってきました(勝納ふ頭に見に行くのは久しぶりかな)。

Otaru_20230420-120914

やはり大きいですね。

近くまで行くことができました。
Otaru_20230420-121003

けど、近づきすぎると写真に入りきりません。
Otaru_20230420-121037

少し離れて。
Otaru_20230420-121235

Otaru_20230420-121236

Otaru_20230420-121349

Otaru_20230420-121538

こちらは後方からですが、あまりに大きくて船という感じがしませんね。
Otaru_20230420-121650

Otaru_20230420-121748

ということで、勝納ふ頭に寄港したクルーズ船ウエステルダムの様子でした。

本格的にクルーズ船の寄港が再開された今年(2023年)は、のべ22隻のクルーズ船の寄港が予定されています。

詳しい寄港予定情報は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学する時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

【関連記事】
※今年最初の寄港はル・ソレアルでした。
小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が寄港しました(4月10日〜4月11日)」
※2019年に寄港したウエステルダムの記事です。
2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」が4月24日に勝納ふ頭に寄港しました

※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (0)

2023年4月12日 (水)

小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が寄港しました(4月10日〜4月11日)

Otaru_20230410-135807

小樽港第3号ふ頭に2023年最初のクルーズ船ル・ソレアル」(フランス船籍、10,992トン)が寄港しました。

2023年4月10日(月)の朝に入港して、4月11日(火)17時に出港しています。

小樽港へのクルーズ船の寄港は、2020年、2021年と2年連続で新型コロナウイルス感染症の影響で寄港が全て中止となり、運行が再開された2022年は日本船籍に限ってだったのですが(6隻が寄港)、今年から国の外国船籍クルーズ船の受け入れが再開されたということで、2019年以来4年ぶりの外国船籍の寄港となりました。

第3号ふ頭では、クルーズ船は港に向かって右側に停泊することが多いのですが、今回、ル・ソレアルは港に向かって左側に停泊していました。

関連のニュースがあったのですが、実は、岸壁の改修工事が進む第3号ふ頭に、新しく旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)が3月に完成し、今回のル・ソレアの寄港から稼働しているのですが、そのターミナルが第3号ふ頭左側にあるので、こちらに接岸しているようです。

この旅客船ターミナルは、税関・出入国審査・検疫(CIQ)機能をもつので、乗船客は下船もスムーズだったようで、その後乗船客らは、大型バスなどで観光に向かったそうですよ。
※関連ニュース:2023年4月11日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

ちなみに、今回第3号ふ頭まで行ってみたところ、旅客船ターミナルの前までは行ってもいいということで、ル・ソレアルも間近で見ることができました。

Otaru_20230410-140658

Otaru_20230410-140805

小樽港クルーズターミナルは乗船客以外立入禁止です。
Otaru_20230410-140831

Otaru_20230410-140854

Otaru_20230410-140928

Otaru_20230410-141002

ところで、これまで多かった第3号ふ頭右側に停泊すると、小樽駅前からまっすぐ続く中央通りの先にその巨大な姿を見ることができたのですが、今後はきっと左側に停泊することになるのでしょうから、駅前からのあの風景は見ることができなくなるのかな…

では、第3号ふ頭左側に停泊したクルーズ船は、どこからよく見えるかというと、よく知られているのが船見坂の上からなんですよね。

これまでも、たまに第3号ふ頭左側に停泊した際には、船見坂を上って眺めにいったりしましたが、今回もいってきました。

Otaru_20230410-134058

船見坂の上からだと、ちょうど坂の向こうに船が見えて、これもまた小樽らしい眺めです。

Otaru_20230410-134110

船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとても多いので、写真撮影の際は要注意です。もちろん、道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20230410-134156

そして、港の近くですと、運河の一本海側の道路(小樽港縦貫線)の月見橋〜旭橋のあたりから、いい感じで眺めることができます。

Otaru_20230410-140026

Otaru_20230410-140031

Otaru_20230410-135412

Otaru_20230410-135414

Otaru_20230410-135616

Otaru_20230410-135621

ということで、小樽港第3号ふ頭に寄港した2023年最初のクルーズ船ル・ソレアルの様子でした。

今年はこのル・ソレアルから始まり、英国の豪華客船「クイーン・エリザベス」(5月27日予定)などの初寄港6隻を含むのべ22隻のクルーズ船の寄港が予定されています。

詳しい寄港予定は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

ちなみに、クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市)。

※参考:国際クルーズ船寄港再開 仏船籍ル・ソレアル小樽港へ(小樽ジャーナル)

【関連記事】
ニュースより/2023年の小樽港へのクルーズ船寄港は22隻予定(2023年3月現在)〜外国船籍の国内運航が再開
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (2)

2022年8月30日 (火)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「にっぽん丸」が寄港〜8月下旬〜9月上旬にかけて連続で

Otaru_20220828-145016

小樽港第3号ふ頭に、クルーズ船「にっぽん丸」(22,472トン)が、8月下旬〜9月上旬にかけて連続で寄港しています。

すでに、2022年8月24日(水)に入港して8月25日(木)に出港、さらに8月28日(日)にも入出港しています。

この投稿を書いている時点での今後予定では、8月31日(水)・9月3日(土)・9月6日(火)にも、それぞれ入出港予定があります。
※詳しくはこちら:小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

これは、にっぽん丸のクルーズで、小樽港発着のコースが設定されているためなんですね。
※参考:【公式】にっぽん丸 オフィシャルサイト|商船三井客船株式会社

で、8月28日(日)に、第3号ふ頭にその様子を見てきました。

クルーズ船の小樽港での停泊ふ頭は、第3号ふ頭(主に6万トン未満のクルーズ船)か勝納ふ頭になるのですが、第3号ふ頭に停泊すると、その姿がJR小樽駅前から見ることができるんですよね。

ということで、まずは小樽駅からの眺めです。

Otaru_20220828-135032

小樽駅前から緩やかに下りながら真っすぐ続く中央通りの先に、にっぽん丸が見えます。

これも、海が近くて、坂の街の小樽ならではの眺めですね。

Otaru_20220828-135103

サイズ感がおかしく見えますよね。

そして、第3号ふ頭まで行って、改めてにっぽん丸の姿です。

Otaru_20220828-140612

Otaru_20220828-140741

Otaru_20220828-140841

現在、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から、接岸岸壁への立ち入りを関係者のみに制限しているので、近くまでは行けません。

Otaru_20220828-140841t

で、実はこの日(8月28日)、第3号ふ頭とお隣第2号ふ頭で、小樽市制100周年記念で港湾関係船舶の一般公開があったんですよね。
※関連記事:小樽市制100周年記念で港湾関係船舶の一般公開があったので見に行ってきました(8月28日)

なので、それらの船と一緒ににっぽん丸を見ることができました。

Otaru_20220828-140843

写真の右手手前に小樽市のひき船(タグボート)「たていわ丸」、奥の第2号ふ頭に海上自衛隊余市防備隊のミサイル艇「くまたか」、小樽海上保安部の巡視船「えさん」、上の写真では見えませんがふ頭の先端に水産庁の漁業取締船「白竜丸」が停泊しています。

Otaru_20220828-141046r

関係船舶の一般公開があった第2号ふ頭は、普段は立ち入り禁止なので、第3号ふ頭に停泊しているにっぽん丸を、第2号ふ頭側からという、普段では見ることのできない位置からも眺めることができました。これは貴重かも。

Otaru_20220828-141215

Otaru_20220828-141035

Otaru_20220828-141630r

さらには、港湾関係船舶の一般公開で、船内見学した白竜丸の船上からも眺めることができました。

Otaru_20220828-141924r

これまた貴重かも。

小樽港へのクルーズ船の寄港は、新型コロナウイルス感染症の影響によって、2019年を最後に、昨年、一昨年と2年連続でなかったので、今年が久しぶりの寄港再開となったんですよね。

今年最初の寄港が、7月9日(土)の「ぱしふぃっくびいなす」で、その後に予定されていた「飛鳥II」の寄港は中止になり、今回のにっぽん丸の一連の寄港で今年のクルーズ船の寄港は終了となります。

まだまだ、本格的な再開とはいきませんが、クルーズ船の姿をまた見られるようになりましたね。

Otaru_20220828-143627r

Otaru_20220828-145712

ということで、第3号ふ頭に寄港したクルーズ船「にっぽん丸」の様子でした。

※参考:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

【関連記事】
小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」が寄港(7月9日)〜小樽港へのクルーズ船の寄港が再開
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事は、カテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (2)

2022年7月10日 (日)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」が寄港(7月9日)〜小樽港へのクルーズ船の寄港が再開

Otaru_20220709-145932

小樽港第3号ふ頭に2022年7月9日(土)、クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」(26,594トン)が寄港しました。

新型コロナウイルス感染症の影響によって、2019年を最後に、昨年、一昨年と2年連続で小樽港へのクルーズ船の寄港がなかったので、3年ぶりの寄港再開(2年10ヶ月ぶりの寄港)となったんですよね。

寄港再開のニュースは6月にあって、このブログでも取り上げたのですが(こちら→ニュースより/クルーズ船の小樽港への寄港が再開へ)、今年最初の寄港が、このぱしふぃっくびいなすです。

クルーズ船の小樽港への寄港の際の停泊ふ頭は、第3号ふ頭(主に6万トン未満のクルーズ船)か勝納ふ頭になるのですが、第3号ふ頭に停泊すると、その姿がJR小樽駅前から見ることができるんですよね。

Otaru_20220709-143815

小樽駅前から緩やかに下りながら真っすぐ続く中央通りの先に、クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」の姿が見えます。

Otaru_20220709-143825

Otaru_20220709-143843

これもまた、海が近くて、坂の街の小樽ならではの風景ですよね。

駅前から中央通りを第3号ふ頭に向かって歩いて行くと、その巨大な船体が少しずつ近づいて、大きくなっていくんですが、その光景はなかなかインパクトがあります。

Otaru_20220709-144638

Otaru_20220709-145412

Otaru_20220709-145605

そして、第3号ふ頭基部まで行って、ぱしふぃっくびいなすの姿を見てきました。

Otaru_20220709-145718

Otaru_20220709-145804

Otaru_20220709-145836

迫力ありますし、綺麗ですよね。

Otaru_20220709-145928

Otaru_20220709-145932

ぱしふぃっくびいなすは、7月9日朝に入港し、同日19:00に出港していきました。

感染対策として、岸壁への立ち入りは禁止で、入港時には出迎えのイベントを行わず、関係者による見送りイベントだけを実施したようです。

今後は、「にっぽん丸」が8月24日から9月6日にかけて、5回の寄港を予定しています(いずれも第3号ふ頭)。小樽港クルーズ寄港情報は、小樽市HP内に詳しく掲載されていますので、2022年寄港予定の詳細を確認したい方は、こちらから。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

ということで、クルーズ船の寄港が再開し、小樽港第3号ふ頭に寄港した、クルーズ船「ぱしふぃっくびいなす」の様子でした。

※参考:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

※関連ユース:クルーズ客船“ぱしふぃっくびいなす” 小樽寄港(小樽ジャーナル)

【関連記事】
ニュースより/クルーズ船の小樽港への寄港が再開へ
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事は、カテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨・食料品店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽