新型コロナウイルス関連情報(小樽)

2022年1月31日 (月)

ニュースより/北海道全域にまん延防止等重点措置が適用。期間は1月27日〜2月20日まで【追記:3月6日まで延長後、さらに3月21日まで延長】

Otaru_20210813-144931_20220318031301

【追記】
北海道全域に適用されている、まん延防止等重点措置は、感染拡大が収まらず、2月20日(日)までの期間が、3月6日(日)まで延長となることが発表になりました。

さらに、依然として感染拡大は収まらず、期間は3月21日(日)まで再延長となりました。これで期間は2ヶ月近くとなります。長いです。

※参照:北海道におけるまん延防止等重点措置(令和4年1月27日~2月20日)(令和4年2月21日~3月6日)(令和4年3月7日~3月21日)について | 小樽市

※関連ニュース
・2022年3月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
まん延防止等重点措置 小樽市も3/21まで再延長(小樽ジャーナル)

(以上、2022年3月18日追記/以下は延長追記前の元記事になります)


Otaru_20210813-144931_20220131013601

やはり、この話題には触れずにはいられませんね。ニュースでご存知の通り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、北海道全域にまん延防止等重点措置が適用されました。

適用期間は、1月27日(木)〜2月20日(日)までとなっています。

北海道におけるまん延防止等重点措置(令和4年1月27日~2月20日)について | 小樽市

感染対策は、市民としてはこれまで通り、三密回避や人と人との距離の確保、マスクの着用、手指消毒、換気といったことに注意をしていくとこに変わりはありませんが、この措置に伴い、飲食店等に営業時短等の要請が出されてますね。

北海道飲食店感染防止対策認証店は、営業時間5:00〜21:00で酒類提供を11:00〜20:00にするか、営業時間を5:00〜20:00にして酒類提供を行わないかのどちらかとし、認証店以外の飲食店は、営業時間を5:00〜20:00として酒類提供は終日停止を求める、となっていますね。

要請に協力した事業者には、協力金を支給する対応がとられています。

お店には、同一グループの同一テーブルへの入店案内を4人以内とすることを求めています。

ただ、SNSを見ていると、市内の飲み屋などは、期間中休業するところも多いようです。

市の公共施設については、これまではこういう措置が取られた時は一律休館措置でしたが、今回は市立小樽図書館や美術館・美術館、小樽市総合博物館などは、通常通り開館しています(人数制限を実施する場合があるとのことです)。
※詳しくは小樽市HP内のこちら:市有施設の取り扱い等について(令和4年1月21日) | 小樽市

Otaru_20220125-162047_20220131013601

こういう国の措置は、小樽市としては、昨年8月にまん延防止等重点措置が適応され、8月末にそのまま緊急事態宣言(3回目)に切り替わり、それが9月いっぱいで解除されて以来でしょうか。

北海道におけるまん延防止等重点措置(令和4年1月27日~2月20日)について | 小樽市

それにしても、本当に小樽も他地域と同様に、1月に入ってから感染が一気に増えましたね。オミクロン株に置き換わり、感染「第6波」が拡大を続けています。

小樽の新型コロナウイルスの新規感染者は、ここ数日も40人前後が確認され、はっきりいって、ブログでその人数を細かくは追いきれません。

クラスターについては、1月最初の成人式後の飲食に関わるクラスター(感染者集団)が発生後、その後も潮見台小・中学校や花園小学校、市内建設関係事業所や医療機関とクラスターも多発しています(潮見台中は28日に収束したと発表がありました)。

また、市職員や病院関係でも陽性者が相次いで確認されていて、もうこうなったら、どこでだれが陽性になっても不思議でない状況ですね。

ちなみに、新成人の大人数飲食クラスターですが、成人式は午前と午後に分けて実施され、事前に抗原検査キットで陰性を確認してからの出席という対策をとったものだったんですよね。

ただ、成人式前後で、複数グループにて大人数の飲食が行われていて、そこで感染が拡大したようで、店舗ごとではなくて、全体で一つのクラスターと認定されました。このクラスターは1月24日いっぱいで収束したと、26日に発表されてます。

このブログでは、新型コロナウイルス関連のニュースについては、個人では追いきれなくて、大きな話題以外は取り上げてなかったのですが、さすがにこの1月の感染者急増とまん延防止等重点措置適用のニュースについては、書き留めておきました。

(1月30日(日)の堺町通りのメルヘン交差点近く。人通りは少ない)
Otaru_20220130-145549

またしばらく、小樽の街が止まってしまいますが、何より、状況が悪化しませんよう、医療従事者の負担が過度に大きくなりませんよう、そして、1日でも早く状況が治りますよう、願っています。

※小樽市HPより
新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和4年1月) | 小樽市
新型コロナウイルス感染症情報 | 小樽市

※関連ニュース
・2022年1月28日付北海道新聞朝刊1面、小樽・後志欄(まん延防止等重点措置開始)
・2022年1月26日付北海道新聞朝刊1面(まん延防止等重点措置適用へ)
・2022年1月18・19・20・22・24・26・27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(クラスター関連、感染拡大について)
北海道全域まん延防止等重点措置 小樽市でも適用(小樽ジャーナル)
小樽市内新型コロナ感染 新規陽性41名を確認(小樽ジャーナル)

※小樽市新型コロナウイルス接種対策本部と小樽市保健所は、1月28日(金)に3回目のワクチン接種体制についての詳細を発表してます。
小樽市のワクチン接種の予約について | 小樽市
※参照:3回目ワクチン集団接種2/23開始 3月末で接種券約7万人(小樽ジャーナル)

【関連記事】
新型コロナウイルス関連情報(小樽)

| | コメント (0)

2021年10月 2日 (土)

ニュースより/9月30日で緊急事態宣言解除〜小樽市も飲食店は通常営業再開、市有施設も開館

Kinkyujitai_kaijyo_20210813-144931

ニュースでご存知と思いますが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、北海道にも出されてた緊急事態宣言が、9月30日(木)の期間をもって全面解除になりました(札幌市は引き続き「重点地域」に指定)。

特定措置区域に指定されていた小樽市も、酒やカラオケを提供する店への休業要請や、それ以外の飲食店への午後8時までの時短営業などが解除になり、これまで休館中だった市有施設も、これに合わせて10月1日(金)から一斉に開館しています。

市有施設の開館等について | 小樽市(※小樽市手宮洞窟保存館は休館中)。

(10月1日の市立小樽図書館)
Otaru_20211001-144021

ここまでの経緯としては、もともとは8月2日(月)〜8月31日(火)で、まん延防止等重点措置が札幌市を措置区域として北海道に適用され、その後に小樽市も8月14日から追加適用されました。

さらなる感染拡大を受けて、8月27日(金)〜9月12日(日)の期間で、北海道に緊急事態宣言が出され(適用中だったまん延防止等重点措置から切り替わった)、小樽は特定措置区域に指定。そして、この緊急事態宣言がが9月30日(木)まで延長になっていたんですよね。

つまり、小樽としては、8月14日から続いていた、まん延防止等重点措置、緊急事態宣言の措置が、1ヶ月半ぶりにようやく解除になったというわけです。

ただし、緊急事態宣言終了後の急激な人流の増加を抑え、早期の再拡大を回避するためにと、10月1日(金)~10月31日(日)の期間、秋の再拡大防止特別対策が講じられ、マスクの着用や手指消毒、飲食は4人以内などなど、変わらず感染対策が求められます。
北海道における秋の再拡大防止特別対策について(令和3年10月1日~10月31日) | 小樽市

まだまだ、感染対策は必要ですが、ひとまず、小樽市での新規感染者はだいぶ抑えられてきていて、少し日常が戻ってきそうです。イベントなども開催されそうですね。
新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年10月) | 小樽市
新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年9月) | 小樽市

市長からのメッセージ(令和3年10月1日) | 小樽市
小樽市公式ホームページ|自然と人が紡ぐ笑顔あふれるまち | 小樽市

※関連ニュース
・2021年9月30日・10月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
緊急事態宣言 小樽市も解除 施設・飲食店等営業再開へ(小樽ジャーナル)

【関連記事】
ニュースより/北海道に出されていた緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長〜小樽は引き続き特定措置区域
ニュースより/北海道に3度目の緊急事態宣言(8月27日〜9月12日)〜小樽は特定措置区域に
ニュースより/小樽市にまん延防止等重点措置が追加適用。期間は8月14日から8月31日まで
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

ニュースより/北海道に出されていた緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長〜小樽は引き続き特定措置区域

Kinkyujitai_entyou_20210813-144931

ニュースの通り、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のために、北海道にも出されてた緊急事態宣言が、9月30日(木)まで延長になりましたね。小樽は引き続き特定措置区域です。

ちょっと、ここまでの経緯を書き留めておきますね。

もともとは、8月2日(月)〜8月31日(火)の期間で、まん延防止等重点措置が、札幌市を措置区域として北海道に適用され、その後に小樽市にも8月14日から追加適用されました。

さらなる新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、8月27日(金)〜9月12日(日)の期間で、北海道にも緊急事態宣言が出されました。北海道としては、適用中だったまん延防止等重点措置から、緊急事態宣言に切り替わったということで、小樽は特定措置区域に指定されました。

そして、今回ですね。9月12日(日)までだった緊急事態宣言が、9月30日(木)まで延長になったということです。特定措置区域だった札幌市、旭川市、石狩地方、そして小樽市がそのまま継続となります。

北海道における緊急事態措置について(令和3年8月27日~9月30日) | 小樽市

延長ですから、これまで通り、酒やカラオケを提供する店には休業を、提供のない飲食店は午後8時までの時短営業など要請されます。

市有施設も合わせて、9月30日(木)まで休館などが延長になります。
※参照:市有施設の休館等について | 小樽市

ということで、緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長になりました。小樽は引き続き特定措置区域です。

う〜ん、、厳しい状況が続きますね。

北海道における緊急事態措置について(令和3年8月27日~9月30日) | 小樽市
新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年9月) | 小樽市

新型コロナウイルス感染症について - 総合政策部政策局参事(北海道)

※関連ニュース:2021年9月10日付北海道新聞朝刊1面

【関連記事】
ニュースより/北海道に3度目の緊急事態宣言(8月27日〜9月12日)〜小樽は特定措置区域に
ニュースより/小樽市にまん延防止等重点措置が追加適用。期間は8月14日から8月31日まで
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

ニュースより/北海道に3度目の緊急事態宣言(8月27日〜9月12日)〜小樽は特定措置区域に【追記:9月30日まで延長】

Kinkyujitai_entyou_kai20210813-144931
※画像を差し替えました。

※緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長になりました。小樽は引き続き特定措置区域です。
※詳しくはこちら:ニュースより/北海道に出されていた緊急事態宣言が9月30日(木)まで延長〜小樽は引き続き特定措置区域
(2021年9月11日追記)

(以下は延長前の記事になります)


ニュースでご存知の通り、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、北海道にも緊急事態宣言が出されました。

期間は8月27日(金)〜9月12日(日)です。

現在、北海道はまん延防止等重点措置が適用中ですが、それが緊急事態宣言に切り替わることになるんですね。

北海道は昨年4〜5月、今年5〜6月に続いて3回目の緊急事態宣言となります。

広い北海道については特例で、前回の宣言と同様に、飲食店への休業要請などの強い措置は、全道一律でなく地域限定で行うことが認められていて、期間中、「特定措置区域」として札幌、石狩管内、旭川、そして、ここ小樽市が対象になっています。

※参照:北海道における緊急事態措置について(令和3年8月27日~9月12日) | 小樽市

特定措置区域では、酒やカラオケを提供する店には休業を、提供のない店や大型商業施設は午後8時までの時短営業を道が要請します。

ただ、小樽はこれまでのまん延防止等重点措置の措置区域にも入っているので、飲食店等には営業時間の午後8時までの短縮、酒類の提供停止などといった要請が、すでにされているんですよね。

そこから具体的に何が変わるのか、何が強化されるのか、市民にはよく分からない、というのが正直なところかもしれません。大型施設のウイングベイ小樽などの対応が、気になるところではありますね。

もちろん、密の回避や不要不急の外出や移動を控えるといった、感染拡大防止の対策の一層の徹底が要求されます。

実際に小樽市での新規感染者は増えていますし、クラスターも発生している状況なので、ここは改めて、感染防止対策を徹底したいと思います。

※参照:新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年8月) | 小樽市

Otaru_20210824-142218

それと、市有施設については、先日からの小樽市へのまん延防止等重点措置の適用時から休館していますが、今回北海道が「緊急事態宣措置」の適用を受けたことで、改めて2021年8月27日(金)〜9月12日(日)までの期間の休館を告知しています。

※参照:市有施設の休館等について | 小樽市

このブログでも展示などを紹介するのによく行っている、市立小樽文学館・美術館、小樽市総合博物館、市立小樽図書館なども、もちろん休館が続きます。※図書館は図書の予約貸し出しおよび図書の返却は受け付けています。

また、緊急事態宣言を受けて、民間施設でもすでに休業をお知らせしているところが出ていますので、施設利用を考えている方は要注意ですね。

例えば、小樽運河クルーズや小樽貴賓館旧青山別邸は、すでに運休・休館を発表していて、日本銀行旧小樽支店金融資料館は先日から休館しています。
小樽運河クルーズ
小樽貴賓館|北海道小樽市の観光名所
日本銀行旧小樽支店金融資料館webサイト

ということで、緊急事態宣言に北海道も追加されました。小樽は特定措置区域です。またしばらく、小樽の街が止まってしまいますね。せめて、期間内に自粛効果が現れて、状況が落ち着いてくれることを願ってます。

新型コロナウイルス感染症について - 総合政策部政策局参事(北海道)

小樽市公式ホームページ|自然と人が紡ぐ笑顔あふれるまち | 小樽市

※関連ニュース
・2021年8月26日付北海道新聞朝刊1面及び小樽・後志欄
3度目の緊急事態宣言 小樽市は特定措置区域(小樽ジャーナル)

【関連記事】
ニュースより/小樽市にまん延防止等重点措置が追加適用。期間は8月14日から8月31日まで
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に

| | コメント (0)

2021年8月15日 (日)

ニュースより/小樽市にまん延防止等重点措置が追加適用。期間は8月14日から8月31日まで

Otaru_20210813-144931

ニュースでご存知と思いますが、小樽市まん延防止等重点措置が追加適用されました。期間は、8月14日(土)から8月31日(火)までです。

北海道では8月2日(月)から8月31日(火)の間、まん延防止等重点措置期間となって、札幌市が措置区域となっていましたが、今回、小樽市と石狩管内が措置区域に追加されました。

これによって、小樽市でも新型コロナウイルス感染拡大防止のため、より一層強い対策がとられます。

日中も含めた不要不急の外出や移動、特に週末の外出自粛が求められ、市外の方に対しても、小樽市との不要不急の往来の自粛が要請されます。

また、飲食店等には営業時間の20時までの短縮、酒類の提供停止などといった要請がされます。そして、市の施設は原則休館ですね。

北海道におけるまん延防止等重点措置(令和3年8月2日~8月31日)について | 小樽市
市長からのメッセージ(令和3年8月13日) | 小樽市

確かに、7月の段階では、小樽の新型コロナウイルス感染状況は、だいぶ落ち着いていたと思うのですが、8月に入って感染者が増えていますよね。クラスターも発生しています。

観光スポットである小樽運河や堺町通りでは、賑わいが少し戻りつつあったのですが…。市内で開催中のイベントや、これから予定されているイベントなども、今後どのような対応となるのか気になるところです。

第11回小樽堺町ゆかた風鈴まつりで賑わう堺町通り。8月7日撮影)
Otaru_20210807-155804_20210815115701

そして、今回のまん延防止等重点措置適用に伴い、市有施設がまた休館になります。現在開催中の展示なども見られなくなるので、注意です。

このブログでもよく取り上げている、市立小樽図書館、市立小樽文学館・美術館、小樽市総合博物館本館・運河館といった施設は、8月15日(日) ~8月31日(火)の期間で休館します(その他、施設によっては8月14日(土)から休館してます)。

※市有施設の休館について、詳しくはこちらを参照してください。
市有施設の休館等について | 小樽市
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う市有施設の休館等について(小樽市HPより 8/13現在) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20210622-145250_20210815115701

そのほか、民間の施設も休むところが多いと思うので、利用予定の場合は確認したほうがいいですね。例えば、日本銀行旧小樽支店金融資料館は8月15日(日)から当面の間、臨時休館とのことです。
※参照:日本銀行旧小樽支店金融資料館webサイト

ということで、ここのことろ新型コロナウイルスの感染者が増えてきた小樽にも、まん延防止等重点措置が追加適用されてしまいました。

まだまだ厳しい状況が続きますね。せめて、期間内に自粛効果が現れて、状況が落ち着いてくれるといいのですが。

※参照ニュース
・2021年8月13日付北海道新聞朝刊1面、14日付道新朝刊1面&小樽・後志欄
小樽市 まん延防止等重点措置対象地域に追加(小樽ジャーナル)

※当ブログでは、普段は小樽での新型コロナウイルス関連情報の詳細は投稿してないのですが、今回のような大きな話題については、やはり掲載しないわけにはいきませんね。

【関連記事】
※最近のコロナ関連の記事から。
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に

| | コメント (0)

2021年6月28日 (月)

感染者が確認されて休業していた南樽市場と新南樽市場は再開してます

Otaru_20210626-162329

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言が6月20日(日)をもって解除となって、1週間経ちましたね。

感染症の発生状況は、現在はだいぶ落ち着いていて、新規感染者が0の日が続くこともあり、ワクチン接種では、高齢者対象にウイングベイ小樽の4階空きスペースを活用して、6月26日から集団接種が始まってます。

もちろん、まだまだ気を緩められる状況ではないのですが、こうやって、少しでも落ち着きを取り戻してくれるのは嬉しいですね。

さて、今回はこのブログでも取り上げた、南樽市場新南樽市場の感染者発生による休業のその後についてです。
※休業時の記事:南樽市場で感染者が確認されて6月23日まで休業してます〜クラスター発生の新南樽市場は6月17日まで閉鎖中

クラスターが発生して6月17日(木)まで閉鎖中だった新南樽市場は、クラスターは収束して6月18日(金)より営業を再開。

Otaru_20210321-152851r


従業員3名の感染が確認されて、6月10日(木)から6月23日(水)まで休業していた南樽市場(クラスターではありません)も、その後、新規感染者は出なくて、24日(木)から営業再開しています。

Otaru_20210626-162329

ということで、どちらの市場もその後に新規感染者が増えずに再開することができたようです。

私も早速、南樽市場に買い物に行ってきました。

市場は小樽市民にとっては身近で、再開を楽しみにしていた方も多しでしょうから、まだまだ大変な状況が続いてますが、まずは再開できてよかったですね。

新南樽市場公式HP
南樽市場(南小樽協同組合)トップページ/小樽市民の台所

※関連ニュース
・2021年6月25日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
ウイングベイ小樽で集団接種開始 初日に450人(小樽ジャーナル)
小樽市内新型コロナ 新規陽性1名・クラスター収束(小樽ジャーナル)

※北海道では、6月21日(月)〜7月11日(日)の間、札幌市を「措置区域」とする、まん延防止等重点措置期間となり、小樽市は、「経過区域」となって、飲食店等への営業時間短縮・酒類提供制限(営業時間は21時まで、酒類の提供は20時まで)等などが要請されています。
※参考:北海道におけるまん延防止等重点措置について | 小樽市

【関連記事】
南樽市場で感染者が確認されて6月23日まで休業してます〜クラスター発生の新南樽市場は6月17日まで閉鎖中
ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開

| | コメント (0)

2021年6月22日 (火)

ニュースより/緊急事態宣言解除も飲食店には制限要請〜公共施設・観光施設は再開

Otaru_20210129-151518_20210622022001

北海道に出されていた、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う緊急事態宣言は、6月20日(日)をもって解除となり、6月21日(月)からは札幌市を「措置区域」とするまん延防止等重点措置へと移行となりました。

で、小樽市はというと、措置区域ではないものの、緊急事態宣言下で特定措置区域とされていた石狩管内の市町村及び旭川市とともに「経過区域」となって、飲食店等への営業時間短縮・酒類提供制限(営業時間は21時まで、酒類の提供は20時まで)等などが要請されています。

その期間は令和3年6月21日(月)〜7月11日(日)までとなっています。

北海道におけるまん延防止等重点措置について | 小樽市
(飲食店等の皆さまへ)まん延防止等重点措置への移行について(令和3年6月21日~7月11日) | 小樽市


そして、緊急事態宣言解除によって、休館していた市の公共施設も基本的には6月21日(月)から再開しています(月曜休館の施設は6月22日から)。

Otaru_20210615-155122

私がよく利用する施設では、小樽市総合博物館本館・運河館は6月21日(月)から、市立小樽図書館と市立小樽美術館・文学館は月曜休館なので6月22日(火)からの再開となっています。
※文学館は展示替えのため6月22日(火)〜6月25日(金)まで休館してます。

また、施設によっては6月30日(水)まで制限事項を設けいてるところもあって、段階的に利用条件を緩和していくようです。詳しくは市のHP掲載のこちらをどうぞ:市有施設の再開について | 小樽市

合わせて、休館・休業していた民間の観光施設、おたる水族館や天狗山ロープウェイ、日本銀行旧小樽支店金融資料館、小樽運河クルーズなども、制限をしながらも6月21日から営業を再開しています。

緊急事態宣言が5月16日からだったので(途中、延長がありました)、1ヶ月以上にわたって休館・休業だったんですよね。

まずは、各所営業再開できてよかったですが、通常運転にはもうちょっと時間がかかりそうですね。

※関連ニュース
・2021年6月20日・21日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2021年6月18日・19日付北海道新聞朝刊第1面、小樽・後志欄
小樽市の市有施設再開について(6/19現在) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
緊急事態宣言解除 小樽市内飲食店・公共施設再開へ(小樽ジャーナル)

※参考サイト
おたる水族館
【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場
日本銀行旧小樽支店金融資料館webサイト
小樽運河クルーズ

【関連記事】
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)

| | コメント (0)

2021年6月12日 (土)

南樽市場で感染者が確認されて6月23日まで休業してます〜クラスター発生の新南樽市場は6月17日まで閉鎖中

Otaru_20190523-152935r

本日は新型コロナウイルス感染関連の話題です。

南樽市場が全職員のPCR検査を実施したところ、3名の陽性があったと公表しました。
南樽市場(南小樽協同組合)トップページ/小樽市民の台所

このため、南樽市場は6月10日(木)から6月23日(水)まで休業となっています(クラスターではありません)。

南樽市場に関しては、小樽市が6月11日(金)の発表において感染確認の情報をHPに掲載しています。以下は、小樽市HPの6月11日発表時からの引用です。

また南樽市場で、従業員3名の感染が確認されました。
6月2日(水)から6月9日(水)までの間に同市場を利用された方で、発熱や咳などの症状がある方や体調に不安のある方は保健所に御相談ください。
なお、市場につきましては、6月10日(木)から6月23日(水)まで休業となっています。
新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年6月) | 小樽市

※記者発表の内容PDF:6月11日報道資料
新型コロナウイルス感染症情報令和3年6月11日分

一方、先日クラスターが発生した新南樽市場は、6月4日(金)から6月17日(木)まで閉鎖中です。
新南樽市場公式HP

新南樽市場の複数店舗で従業員8人の感染者を確認したと、小樽市から発表があったのが6月4日のことで、6月11日現在、感染者の合計は10人となっています。

Otaru_20210321-152851r

普段は新型コロナウイルス感染関連の詳細は投稿していないのですが、市民生活に深く関わる話題だったので、今回は掲載しました。

早くそれぞれの市場の感染が収束して、再開できるといいですね。

いつもの活気ある市場に、また買い物に行くのを楽しみにしています。

※参照
新型コロナウイルス感染症について | 小樽市
新型コロナウイルス感染症情報 | 小樽市

※関連ニュース
・2021年6月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(新南樽市場でクラスター)
小樽市内新型コロナ 新規陽性6名・変異株疑い1名(小樽ジャーナル)

【関連記事】
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)

| | コメント (0)

2021年6月 1日 (火)

ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大による北海道への緊急事態宣言は延長に(6月20日まで)

Otaru0601_20210129-151518

ニュースでご存知とは思いますが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、北海道に出されていた緊急事態宣言が延長になりましたね。

期間は6月20日(日)までです(5月16日から5月31日までの期間からの延長です)。

小樽市は札幌市を含めた石狩管内、旭川市と共に特定措置区域に指定されていましたが、それも引き続き維持されます。

なので、これまで通り、酒類やカラオケを提供する飲食店には休業要請、提供を行わない飲食店にも営業を午後8時までの時短要請がされています。

市立小樽図書館、市立小樽文学館・美術館、小樽市総合博物館などといった市有施設も引き続き休館となり、さらに、おたる水族館や天狗山ロープウェイ、日本銀行旧小樽支店金融資料館、小樽運河クルーズなども休館・休業を延長しています。

もちろん、全道で不要不急の外出自粛要請もそのままです。

Otaru_20210528-163513

実際の感染者数は、緊急事態宣言が発令されてからも、残念ながらまだまだ高い水準で新規感染者数は推移しています(5月下旬から減少傾向にはあります)。
※参照:新型コロナウイルス対応緊急事態宣言の発令について | 小樽市(小樽市の一週間当たり新規陽性者数の状況)

当ブログでは新型コロナウイルス関連情報の詳細は書いていないものの、緊急事態宣言延長の話題については書き留めておきましたが、う〜ん、緊急事態宣言は5月いっぱいでの解除とはなりませんでしたね。

小樽も高齢者のワクチン接種が始まってますが、行き渡るのはもうちょっと先になりそうです。

まずは、この緊急事態宣言の延長で、なんとか落ち着きを取り戻してもらいたいところですが…

※参照:新型コロナウイルス対応緊急事態宣言の発令について | 小樽市

※関連ニュース
・2021年5月29日付北海道新聞朝刊1面、小樽・後志欄
緊急事態宣言延長 6/20まで休館・休業(小樽ジャーナル)

※関連サイト
小樽市公式ホームページ|自然と人が紡ぐ笑顔あふれるまち | 小樽市
新型コロナウイルス感染症について | 総合政策部政策局参事(北海道庁)

※参考サイト
おたる水族館
【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場
日本銀行旧小樽支店金融資料館webサイト
小樽運河クルーズ
小樽海上観光船| 小樽観光振興公社
小樽貴賓館|北海道小樽市の観光名所

【関連記事】
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に

| | コメント (0)

2021年5月25日 (火)

人影もまばらな日曜日(5月23日)の堺町通りと小樽運河

Otaru_20210523-150918

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、北海道に緊急事態宣言が5月16日(日)から5月31日(月)までの期間で出され、小樽はさらに特定措置区域に指定されています。

期間中は全道で不要不急の外出や移動を控える要請が出され、酒類やカラオケを提供する飲食店には休業要請が、提供を行わない飲食店にも営業を午後8時までにと時短要請があり、市の施設は休館、民間の観光施設なども多くが休館・休業しています。

では、実際の観光スポットはどうなっているのか、5月23日(日)に様子を見に、散歩がてら堺町通り小樽運河に行ってきました。

まずは堺町通りに。
Otaru_20210523-144946

Otaru_20210523-144919

Otaru_20210523-145044

昨年来、賑わっているとはとても言えない状況が続いてはいるものの、それでも人出が少し戻ってきたと感じる時期もあったんですよね。

しかし、この緊急事態宣言で、また観光スポットは人影もまばらになっていますね。

Otaru_20210523-145233

Otaru_20210523-145310

Otaru_20210523-150123

そして、小樽運河へ。
Otaru_20210523-150643

昨年の道や国からの緊急事態宣言の時と同じですね。繰り返しています。

Otaru_20210523-150701

Otaru_20210523-150918

Otaru_20210523-151050

Otaru_20210523-151148

まだ、小樽の感染者数は高い水準で推移しています。なんとか緊急事態宣言が延長されないように、5月31日(月)までに落ち着いてくれるといいのですが…

ということで、5月23日(日)の堺町通りと小樽運河の様子でしたが、不要不急の外出自粛要請もあるので、気軽に街歩きはできなくなりましたね。

(街中の都通りも人影はまばら…)
Otaru_20210523-153258

新型コロナウイルス感染症の市内発生状況(令和3年5月) | 小樽市

【関連記事】
ニュースより/新型コロナウイルス感染拡大で北海道に緊急事態宣言〜小樽市は特定措置区域に
※昨年のコロナ関連の記事より
いつもは観光客で大変な賑わいを見せる小樽運河や堺町通りから人影がほとんどなくなってます(2020年3月)
賑わいが少し戻ってきた7月の連休中の小樽運河と堺町通り(7月25日の様子)(2020年7月)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽