蘭島地区

2019年6月10日 (月)

小樽の西の端「蘭島駅」はとても静かな無人の駅

20190508-140817

5月に列車で蘭島に行ってきました。

蘭島駅は、小樽の西の端に位置する駅です。
小樽駅からですと、小樽〜塩谷〜蘭島駅となっていて、その先のお隣は余市駅となります。

ということで、今回は、蘭島駅の様子です。

20190508-140857  

無人の蘭島駅の様子

蘭島駅の駅舎は、国道5号線から少し入ったところにポツンとがあります。

20190508-145619

20190508-145656

20190508-141651

駅舎の改築年はわかりませんが、比較的新しいですね。そして、可愛いです。

20190508-141416

駅舎内には券売機も改札機もありませんが、窓口があります。ただ、人はおらず、閉まってました。

20190508-141539

以前、コメントをもらったのですが、ここは簡易委託駅といって、窓口でご近所の方が乗車券類の発売のみ行なっているそうですが、私は出会ったことがないんですよね。で、分類上はあくまで無人駅になるようです(参考:蘭島駅 - Wikipedia)。

そうそう、ドアは重りがついて手動で開けて自動で閉まる半自動です。

20190508-141421

上りと下りのホームは跨線橋が架かっているんですが、その跨線橋がとにかく渋いです

20190508-140955

20190508-141006

木がむき出しの階段です。

20190508-141018

20190508-141025

20190508-141049

跨線橋は渡る時に、そこからの風景を必ず眺めてしまうんですが、ここ蘭島駅の跨線橋からの眺めはこんな感じです。

まず、こちらが小樽駅方面。
20190508-141105

そして、こちらが余市方面。
20190508-141123

何もありませんが、まっすぐで、いい眺めで、ローカル線という雰囲気がぴったりですね。

横を流れるのは蘭島川です。

蘭島駅でのワンマン列車の乗り降り

20190508-140838

小樽から蘭島は、普通列車で乗車時間18分、片道260円(2019年5月現在)。本数はは1時間に1本あるかないかで、小樽駅からこちらの余市・倶知安方面は単線で、架線がない非電化区間なので、電車ではないんですよね(気動車というのかな)。

(2019年5月現在の運賃表)
20190508-150038

20190508-141426

ここを走るのはだいたいワンマン列車で、この場合、塩谷や蘭島の無人駅での乗降時は、進行方向一番前のドアだけが開いて、そこから乗り降りするということで、知らないとちょっと戸惑います。

20190508-140917

例えば、小樽駅から乗車の場合、駅で買った切符は、列車を降りる時に一番前にいる運転士に渡します。で、駅は無人なので改札とかもなく、駅舎を通らなくてもそのへんから出て行けちゃいます。

蘭島駅から乗車する際は、切符は売ってないので(窓口が空いていることがあるのかな!?)、乗車時に車内で整理券を取って、小樽駅下車の場合は改札窓口で整理券とともに清算します。

ちなみに、ホームには、乗降時に開く一番前のドアの位置を示す案内がありました。

20190508-141405

駅舎内には、ワンマン列車の乗り降りについて案内が掲示されてます。

20190508-141627

※ワンマン列車の乗り方・降り方について、こちらに詳しく書いたので、参考まで。
今さら聞けない、無人駅の塩谷駅と蘭島駅で列車を乗り降りするにはどうするの?〜余市・倶知安方面ワンマン列車の乗り方

蘭島駅の歴史について

ここでちょっと蘭島駅の歴史について。

明治36年(1903年)6月、函館を小樽を結ぶ路線の蘭島~小樽(小樽中央駅)間が部分開通しているのですが、その前年の明治35年(1902年)12月に、然別駅~蘭島駅間の開通によって蘭島駅が開業してます(明治36年開業という記述もあり)。

明治37年10月には函館から小樽までの全線が開通しているのですが、その時に一旦、駅名が「忍路」駅になってます(小樽中央駅は高島駅に)。

この時はまだ、すでにあった幌内鉄道(旧手宮線)とこちらは繋がっていなかったのですが、明治38年8月に2つの路線が繋がると(現在の小樽駅と南小樽駅間です)、同年12月に忍路駅が蘭島駅に、高島駅が中央小樽駅に改称されます。 

蘭島といったら海水浴場

20190508-141247

で、蘭島といったら海水浴場ですよね。

明治36年6月に蘭島~小樽(小樽中央駅)間が部分開通してますが、その年には蘭島海水浴場が開業してるんですよね。

海岸沿いには、北海道海水浴場開設発祥之地の碑が建っています。

かつては海水浴客で駅がごった返したという蘭島駅、特に昭和40年〜昭和50年代くらいまでは、それは大変な混雑ぶりで、車が普及するまでは、蘭島駅から海水浴場まで長い列ができたとかで、臨時列車も出ていたようです。

20190508-150617

ちなみに、この日、蘭島駅に行ったわけですが、蘭島駅で乗り降りした時の利用客は私1人で、他には人影は見られず、静かなものでした。

20190508-141342

おわりに

20190508-140931

ということで、実は以前も蘭島駅の記事を書いたことがあったのですが、今回はよりじっくり蘭島駅を紹介してみました。

もうすぐ北海道も海水浴の季節ですが、現在はどのくらいの利用客がいるのでしょうかね。

※小樽市のHP内に海水浴場オープン情報が掲載されています。
小樽市 :海水浴場オープン情報

※参考
・「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス
・「鉄道と歩んだ街 小樽」発行:有限会社ウィルダネス
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
蘭島駅 - Wikipedia

【関連記事】
蘭島海水浴場の海岸近くに建つ「北海道海水浴場開設発祥之地」の碑
※以前の蘭島駅の記事はこちら。
可愛い駅舎の蘭島駅の様子〜かつては海水浴客で大混雑した駅ですね


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3)

2019年6月 9日 (日)

蘭島駅の横を流れる蘭島川とモチヤ沢橋

Otaru_20190508-142810

5月に列車で蘭島に行ったのですが、蘭島駅のすぐ横には川が流れてます。

蘭島駅のすぐ先には、その川にかかる橋があったので、そこまで行ってみました。

駅の横を流れるこの川は蘭島川

Otaru_20190508-142739

そして、ここに架かっている橋にはモチヤ沢橋という名前が付いてます。

Otaru_20190508-142742

Otaru_20190508-142750

(橋を渡って振り返ったところ)
Otaru_20190508-142921

蘭島川は、この先で右に曲がって蘭島海岸へと流れているんですが、地図を見ると、途中でモチヤ沢川(餅屋沢川)と合流していて、その“餅屋沢”という名称がついた橋なんですね。

こちらがモチヤ沢橋から見た下流方面。

Otaru_20190508-142759

Otaru_20190508-142844

水の流れがよく分からないくらい、ゆったりでした。

こちらがモチヤ沢橋の上流側で、左手に蘭島駅があります。

Otaru_20190508-142810

Otaru_20190508-142828

駅の近くということは、すぐ横を線路が走っているので、このモチヤ沢橋を渡る道路にむかうには線路を渡ることになり、そこには「餅谷沢踏切」という名前の踏切があります。

Otaru_20190508-142608r

その踏切については、当ブログでおなじみの“踏切のある風景”シリーズとして、こちらの記事で投稿してます(字が餅屋沢ではなくて、餅谷沢なんですよね)。
【踏切のある風景】蘭島駅のすぐ先にある「餅谷沢踏切」(あれ?字が餅屋沢でない!?)

ところで、この蘭島駅の横を流れる蘭島川ですが、地図を見ると駅の手前途中で分かれて蘭島の街中を流れる流れもあって、そちらにも蘭島川という名前がついてるんですよね(旧蘭島川という表記もありました)。

今回は資料を調べきれなかったのですが、蘭島川 - Wikipediaによると、街中を流れる方が、もともとの本流で、洪水防止の観点から河川改修が行われて、駅の横を流れる新河道が作られた、ということのようです(蘭島の方、間違っていたらご指摘ください!!)。

ちなみに、こちらが街中を流れるほうの蘭島川で、橋は旭涛橋からです。

Otaru_20190508-144411

Otaru_20190508-144420

Otaru_20190508-144438

こちらの橋は、名前は確認できませんでした。

Otaru_20190508-143359

Otaru_20190508-143410

Otaru_20190508-143413

ということで、以上、蘭島駅の横を流れる蘭島川とモチヤ沢橋の様子、そして、街中を流れるほうの蘭島川の様子でした。

※参考:蘭島川 - Wikipedia

小樽市 :小樽市津波ハザードマップ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

蘭島海水浴場の海岸近くに建つ「北海道海水浴場開設発祥之地」の碑

Otaru_20190508-143649

5月に列車で蘭島に行ったのですが、その際、蘭島の海にも行ってきました。

小樽の西のはずれに位置する蘭島海岸といえば、なんといっても蘭島海水浴場ですよね。小樽市民にはおなじみです。

現在も海水浴場として人気ですが、かつては、特に昭和40年〜昭和50年代くらいまでは、それは大変な混雑ぶりで、車が普及するまでは蘭島駅から海水浴場まで長い列ができたとか。その頃は少子化の現在と違い、人口も多く、夏のレジャーも多様化してませんでしたしね。

私もその頃に蘭島海水浴場に行ってるんですが、あまり行列の記憶はないんですよね。ただ、海岸が混雑していた記憶はよくあります。

で、その蘭島海水浴場は歴史も古くて、海岸近くには「北海道海水浴場開設 発祥之地」が建っています。

Otaru_20190508-143728

つまり、蘭島海水浴場は北海道で最初の海水浴場ということ!?

碑文によると、明治35年(1902年)に地元の丸山三郎氏の多大な尽力により蘭島駅が開業となり、翌明治36年(1903年)7月に丸山三郎氏が鉄道・報道関係者多数を浜に招待し、海水浴場の発展のための協力をお願いしたことが、蘭島海水浴場の始まりとされている、とのことです。

Otaru_20190508-143708

丸山三郎氏は地元の水産加工業者で、駅の誘致に尽力したほか、海岸に休憩小屋などを作って海水浴場としたそうです。

ちなみに、明治36年6月に函館と小樽を結ぶ路線の蘭島駅~小樽駅(当時は小樽中央駅)間が部分開通していて、そのすぐ後に海水浴場が開設してるんですね。

蘭島駅は、その前年の明治35年12月に然別駅~蘭島駅間の開通によって開業してます(明治36年開業という記載もあり)。

この「北海道海水浴場開設発祥之地」の碑は、昭和58年(1983年)7月3日、蘭島海水浴場開設80周年を記念して建立されています。

Otaru_20190508-143655

Otaru_20190508-143800

Otaru_20190508-143740

この日は天気は良かったものの、さすがに海岸には人影はありませんでしたが、来月7月になって、海水浴場がオープンすれば、またこの蘭島海水浴場も賑わうでしょうね。

Otaru_20190508-143820

Otaru_20190508-143823

Otaru_20190508-143826

Otaru_20190508-143857

※蘭島海水浴場の令和元年の開設期間は、7月12日(金)〜8月25日(日)を予定しています(※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報 令和元年5月22日現在)

※参考
・「小樽散歩案内」(発行:有限会社ウィルダネス)
・「鉄道と歩んだ街 小樽」(発行:有限会社ウィルダネス)
蘭島海水浴場 - Wikipedia蘭島駅 - Wikipedia


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年5月31日 (金)

【踏切のある風景】蘭島駅のすぐ先にある「餅谷沢踏切」(あれ?字が餅屋沢でない!?)

Otaru_20190508-142620

先日、列車で蘭島に行ったのですが、駅のホームに降り立つと進行方向のすぐ先に踏切が見えました。

となれば、当ブログおなじみの“踏切のある風景”シリーズですね。

このブログでは、“踏切のある風景”として、小樽市内の踏切の写真を時々掲載しているのですが、踏切って名前が付いているんですよね。

今回の踏切は、蘭島駅から余市方面に向かってすぐのところにある踏切ですが、蘭島駅を降りてから、ちょっと迂回するように一旦国道5号線に出てから、その踏切に向かいました。

Otaru_20190508-142531

Otaru_20190508-142608

で、こちらがその踏切で、「餅谷沢踏切」という名前がついてました。

Otaru_20190508-142620

あれ、この近くの川についている名称“モチヤ沢川”の漢字は「餅屋沢川」なんですが、「屋」の字が「谷」になってますね。

餅屋沢というのは、正式な名称になっているようなので、こちらが正しいのでしょうが、すると餅谷沢は表記の間違い?(“餅谷沢”とネットで検索してもヒットしません)

けど、この踏切に関しては、名称として表示されているので、ここでは「餅谷沢踏切」ということで進めますね。

こちらが餅谷沢踏切から見た、すぐ手前の蘭島駅側。
Otaru_20190508-142651

で、こちらが踏切近くから見た余市方面。
Otaru_20190508-142717

こちらが踏切を渡って振り返ったところ。
Otaru_20190508-143049

ちなみに、この餅谷沢踏切を渡ってすぐに、蘭島川が流れていて、モチヤ沢橋という橋が架かっています。

そして、これは、蘭島駅の跨線橋から余市方面を見たところ。すぐ先に餅谷沢踏切があります。

Otaru_20190508-141123r

ということで、今回の踏切のある風景”シリーズは、蘭島駅のすぐ先にある餅谷沢踏切の風景でした。

※参考:蘭島川 - Wikipedia

 

※踏切のある風景の記事は、カテゴリー「踏切・線路のある風景」にまとめています。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年5月30日 (木)

蘭島駅からすぐ「蘭島駅前公園」〜ここは児童公園No.59

先日、列車で蘭島に行ってきたのですが、蘭島駅の駅舎を出て右手に公園が見えたので行ってみると、児童公園の看板が立ってました。

蘭島駅前公園

Otaru_20190508-141903

となると、小樽の公園シリーズですね。児童公園No.59です。

蘭島駅前公園の住所は蘭島1丁目になります。

(駅を降りて右手の道の先に公園が見えます)
Otaru_20190508-141834

Otaru_20190508-141851

児童公園(街区公園)については、小樽市HPに公園一覧表があります(こちら:小樽市 :都市計画施設(公園一覧表))。

広場の奥にブランコ。

Otaru_20190508-141935

おっと、ベンチに立入禁止のテープが。壊れてる!?

Otaru_20190508-141948

公園は、フェンスを隔ててすぐに線路です。

Otaru_20190508-142012

蘭島駅前公園の名前通り、本当に蘭島駅がすぐですね(手前の建物はトイレ)。

Otaru_20190508-142049

ちなみに、こちらが蘭島駅の可愛い駅舎。
Otaru_20190508-145637

ということで、蘭島駅からすぐ近くにあった「蘭島駅前公園」の様子でした。

【関連記事】
今さら聞けない、無人駅の塩谷駅と蘭島駅で列車を乗り降りするにはどうするの?〜余市・倶知安方面ワンマン列車の乗り方


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年5月29日 (水)

今さら聞けない、無人駅の塩谷駅と蘭島駅で列車を乗り降りするにはどうするの?〜余市・倶知安方面ワンマン列車の乗り方

Otaru_20190508-150658

先日、小樽駅から列車で蘭島に行ってきました。

函館本線の余市・倶知安方面にある小樽市のJR駅はというと、塩谷駅蘭島駅がありますが、どちらも無人駅です。

塩谷や蘭島方面には、車やバスで行かれる方が多いでしょうから、小樽市民でも、住んでいる方以外はこの両駅を利用する機会はほとんどないのではないでしょうか。

では、この無人駅で列車を乗り降りするにはどうするの!?

ということで今回は、今さら聞けない、無人駅の塩谷駅と蘭島駅での列車の乗り方・降り方についてです(実は私も以前、久しぶりに乗車した際に、結構戸惑ったんです)。

塩谷駅
Otaru_20190508-135927

蘭島駅
Otaru_20190508-140817

ワンマン列車の乗り降りは一番前のドアで

Otaru_20190508-152641

小樽駅から余市・倶知安方面は単線で、架線がない非電化区間なので、電車でなくて気動車というのかな。列車と呼ぶ方が馴染みがあるかな。ちなみに、本数は1時間に1本あるかないかです。

で、小樽駅からこちらを走る普通列車は、だいたいワンマン列車のようですが、このワンマン列車の時に色々と戸惑うんですよね。

(「ワンマン 前乗・前降」の表示)
Otaru_20190508-134814

まずは何より、ワンマン列車では、乗降時は進行方向一番前のドアだけが開き、そこから乗り降りすることになるんですね。

なので、例えば降りるときに、一番前のドア以外は、待っていても開かないので、ワンマン列車に乗って塩谷駅や蘭島駅で降りるときは、前まで移動しないといけない、というわけです。

※全部のドアが開く列車の場合は、どちらのドアも利用できるとのことです。

小樽駅で乗車して無人駅の蘭島駅(塩谷駅)で降りる

さて、今回は小樽駅から蘭島駅で降りたので、その様子をお伝えしますが、塩谷駅も一緒です。

まず、小樽駅から塩谷・蘭島を含む余市・倶知安方面はICカード乗車券が使えません。

Otaru_20190508-151211

なので、小樽駅で切符を買って、ワンマン列車に乗車します。

Otaru_20190508-134928

蘭島駅には、小樽駅から普通列車で乗車時間18分、片道260円(塩谷駅は乗車時間10分、片道220円)です(2019年5月現在)です。

列車は2両編成ですが、結構人が乗っているんですよね。

Otaru_20190508-134805

乗り降りする一番前のドア付近には、自動両替機が付いた運賃箱と整理券発券機がありますが、小樽駅から切符を買って乗車する時には、整理券は必要ありません。

Otaru_20190508-134906

で、蘭島駅での降り方ですが、今回は小樽駅から切符を買って乗車したので、駅到着に合わせて、乗降口となる進行方向一番前のドアまで行って、駅で買った切符を降りる時に、そこにいる運転士に渡します。これでOKです(今回は運賃箱には入れませんでした)。

Otaru_20190508-135936

あとは、駅は無人なので改札とかもなく、駅舎を通らなくてもそのへんから出て行けます。

Otaru_20190508-140838

無人駅の蘭島駅(塩谷駅)で乗車して小樽駅で降りる

では、無人駅の蘭島駅から乗車するにはどうするのか。

蘭島駅には券売機も(もちろん自動改札機も)ないので、切符を買うことはできません。

なので、勝手にホームに入って、ワンマン列車がきたら、一番前のドアから乗車します。

そして、乗車したら整理券発券機で整理券をとります!!(←ここ重要!!)
整理券が乗車証明書になるんですね。

Otaru_20190508-150658

今回は小樽駅で降りるんですが、運賃の清算は車内ではせずに、そのまま小樽駅の改札窓口にいって、窓口で整理券とともに清算します。

(運賃箱は利用しません。というか小樽駅到着前にカバーがかけられました)Otaru_20190508-151558

これら一連のワンマン列車の乗り降りについては、塩谷駅・蘭島駅に案内が掲示されてます。
※全部のドアが開く列車の場合は、整理券は必要ないとのことです。

Otaru_20190508-141627t

無人駅(蘭島駅)で乗車して無人駅(塩谷駅)で降りる

ちなみに、今回は降りてませんが、例えば無人駅の蘭島駅で乗車して、同じく無人駅の塩谷駅で降車する際はどうするかというと、ここで自動両替機付き運賃箱の登場です。

蘭島駅からの乗車時に整理券発券機で整理券をとるのは一緒です。

そして、塩谷駅で降りる際には、バスと同じようにデジタル式運賃表示器に表示された整理券番号の金額をその場で運賃箱に支払って降りればOKです。

Otaru_20190508-151657

おわりに

私自身が利用時にちょっと戸惑ったので、書き留めておきましたが、こういうのって、ひょっとしたら、観光客より小樽市民の方が知らないかもしれませんね。

ちなみに、小樽市の無人駅には朝里駅もあるのですが、同じ無人駅でも朝里駅には自動改札機や券売機が設置されています。

ということで、無人駅の塩谷駅と蘭島駅での列車の乗り降りする方法についてでした。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

可愛い駅舎の蘭島駅の様子〜かつては海水浴客で大混雑した駅ですね

Otaru_20170702_125109


先日、蘭島方面に行く機会があって、蘭島駅に寄ってきました。

小樽からだと、小樽〜塩谷〜蘭島〜余市という駅の順番ですね。

Otaru_img_3164


蘭島駅の様子

蘭島地区では、JRの函館本線は国道5号線の山側の比較的近くを走っていて、蘭島地区のちょうど中間くらいにJR蘭島駅があります。

国道5号線から入って行くと、小さくて可愛い蘭島駅がポツンと佇んでいるのが見えてきます。

Otaru_20170702_124627

Otaru_20170702_124755

駅舎はとても綺麗になってますね。

Otaru_20170702_125109

Otaru_20170702_124822

この日は日曜日だったのですが、辺りに人影はなく、駅舎の中に入ってみたことろ、がら〜んとしてました。

Otaru_20170702_124941

無人駅かな?と思ったら、横に窓口があるんですよね。

Otaru_20170702_124929

が、この日は窓口は閉まっていて、誰もいません。状態としては無人駅ですね。
券売機も改札機もありません。

Otaru_20170702_124944

蘭島駅 - Wikipediaによると、ここ蘭島駅は、駅の業務は委託された方が行なっている駅だそうですが(簡易委託駅というそうですね)、窓口が開いていることもあるのかな?

実はこの日はバスで行ったので、帰りにJRで帰れればと蘭島駅にきてみたのですが、列車は1時間に1本あるかないかで、タイミングが合わずに断念(時刻表を写真で撮り忘れた…)。

せっかくなので、蘭島駅の様子だけでもと見てきたというわけです。

Otaru_20170702_125020

駅の跨線橋がまた味わい深い。
Otaru_20170702_125239

ちょうど列車がきました。
Otaru_20170702_125244

誰も降りなかった。

Otaru_20170702_125022


ちなみに運賃は蘭島〜小樽で260円です。

Otaru_20170702_124836

結局、この日はバスで小樽の市街地まで戻ったのですが、バスだと蘭島〜小樽駅前で380円でした(運賃は2017年7月現在)。


蘭島駅の歴史

ここで、蘭島駅の歴史をちょっと調べてみると…

明治35年(1902年)12月に、私鉄の北海道鉄道による函館駅と南小樽駅間の鉄道建設に際して、然別駅〜蘭島駅間が部分開通したことによって開業したのが最初のようです。

その翌年の明治36年(1903年)には、蘭島〜小樽(当時は小樽中央駅)間が開通してます。

ちなみに、明治37年(1904年)に駅名が蘭島→忍路となるも(この時、現在の小樽駅(当時小樽中央駅)が高島駅と改称)、その翌年の明治38年(1905年)には、忍路から再び蘭島と駅名が変わったそうです(高島駅は今度は中央小樽駅になりました)。

※小樽中央駅が小樽駅になるのは大正9年(1920年)のことで、それまでは現在の南小樽駅が小樽駅という名称だったんですよね。

※参考
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
蘭島駅 - Wikipedia
北海道鉄道 (初代) - Wikipedia


おわりに

ということで、蘭島駅についてでしたが、ご存知の方も多いと思いますが、かつて蘭島駅といえば、夏の海水浴シーズンには、蘭島海水浴場に訪れる乗客で大混雑だったんですよね。

今はもうそういうことはないようですが、それでもシーズンになると海水浴客で駅の利用客が増えるのでしょうね。

Otaru_20170702_125417

そうそう、今シーズン(2017年度)の蘭島海水浴場は、7月14日(金)にオープンして8月27日(日)まで開設される予定です。

※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報

Otaru_20170702_125449

【関連記事】
蘭島海岸のすぐ近くにある「蘭島神社」の様子
そろそろ小樽も海水浴シーズン〜小樽市HPに平成29年度海水浴場オープン情報が掲載されています


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

蘭島海岸のすぐ近くにある「蘭島神社」の様子

Otaru_20170702_123245


先日、忍路・蘭島方面に行く機会があったのですが、その際、蘭島神社に行ってみました。

国道5号線で蘭島地区に入って、最初の信号を蘭島の海岸方面に入って行くと、通りの右手にあります。

鳥居です。社殿は奥にありますね。
Otaru_20170702_123222

(海側から見たところ)
Otaru_20170702_123213

隣にあるのは蘭島保育園ですね。
Otaru_20170702_123235

鳥居をくぐると手水舎があって。
Otaru_20170702_123238

狛犬の先に社殿が建っています。

Otaru_20170702_123245

ん?この狛犬、ちょっと表情が変わってる!?
Otaru_20170702_123308

目と牙に色が付いてるからかな。

こじんまりとした神社ですが、その小さな社殿に近づいてみると、とても綺麗な彫刻の装飾が施されていますね。

Otaru_20170702_123324

Otaru_20170702_123352

Otaru_20170702_123404

Otaru_20170702_123412

神社も木々に囲まれてますが、背後は森ですね。

Otaru_20170702_123506

こちらの蘭島神社について、由緒などを調べようと思ったのですが…

実は、ネットやら所有している書籍を見ても、ここ蘭島神社については、詳しい記載を見つけることができませんでした(う〜ん、なんでだろう。もうちょっと調べてみようかな)。

Otaru_20170702_123300

例大祭については、2017年は6月17日(土)・18日(日)に行われています。


ところで、蘭島といえば、やっぱり海。海水浴場ですよね。

Otaru_20170702_122927r

今年の蘭島海水浴場は、7月14日(金)にオープンして、8月27日(日)まで開設される予定です。

※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌