住吉神社

2020年9月18日 (金)

再び住吉神社の9月の花手水

Otaru_20200918-152430

住吉神社で秋の花手水が、9月11日(金)〜9月22日(火)の日程で行われていて、参拝に訪れた方々の目を楽しませています。

初日の11日に見に行って、その様子は「追加実施となった住吉神社の9月の花手水が始まっています〜花はガーベラがメイン」の記事で紹介したのですが、18日に再び様子を見に行ってきました。

花の飾り付けは、松ヶ枝町の小樽フラワー(@OtaruFlower)が行っているのですが、18日に水の入れ替えをして、花を足したそうです(メインのガーベラは品薄で少量だったので、他の花で補ったとか)。

Otaru_20200918-152421

見に行ったのは、その後なので、最初に見たときと花の様子というか、全体の雰囲気も変わりましたね。

Otaru_20200918-152448

Otaru_20200918-152437

もともと、花手水は花も徐々に散って減ってくるのもあって、日に日に花の様子が変化していくんですよね。それもまた味わいなのかな。

Otaru_20200918-152501

住吉神社の花手水は、7月4日から8月24日まで小樽フラワーが花の交換をしながら5種類の花を飾り、それがとても好評で継続の要望が多くあったとのことで、9月と10月の追加実施が決まったんですよね。

来月の日程は、10月9日(金)〜10月19日(月)の予定です。

現在の花手水は、9月22日(火)までの予定ですので、連休中に見に行ってみるのもいいかもしれませんね。

Otaru_20200918-152509

(木々も少しずつ秋の気配)
Otaru_20200918-152824

小樽フラワー | Facebook

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
追加実施となった住吉神社の9月の花手水が始まっています〜花はガーベラがメイン
住吉神社の花手水が継続の要望が多く9月と10月に各1回追加実施〜8月24日で終了した花手水の様子もまとめて

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

追加実施となった住吉神社の9月の花手水が始まっています〜花はガーベラがメイン

Otaru_20200911-173516

住吉神社秋の花手水が始まってます。

7月4日から8月24日まで、花の交換をしながら5種類の花が飾られた住吉神社の花手水。今年が初開催だったのですが、とても好評で継続の要望が多くあったとのことで、9月(第6回)と10月(第7回)に各1回の追加実施が決まっていたんですよね。

各月の開催日程は次のようになっています。
9月11日(金)〜9月22日(火)
10月9日(金)〜10月19日(月)

ということで、冒頭の写真ですが、9月11日からの花手水をさっそく見にいってきました。

Otaru_20200911-173606

花の飾り付けは、今回も松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)が行っています。

Otaru_20200911-173445

花はガーベラをメインに姫リンゴや菊、テマリソウなどが飾られているとのこと。

Otaru_20200911-173618

いや〜、今回も綺麗ですね。華やかですね。

Otaru_20200911-173632

けど、なんだか秋の気配も感じる色、飾り付けですね。

ガーベラといえば、7月4日に住吉神社の花手水として、初めて披露されたのがガーベラでした。

どうやらガーベラは、一番人気があったそうです。
以下は、小樽フラワーのTwitterからです。

ということで、追加実施となった住吉神社の9月の花手水の様子でした。

9月22日(火)まで、しばらく楽しめますね。

Otaru_20200911-173545

小樽フラワー - ホーム(Facebookページ)

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
住吉神社の花手水が継続の要望が多く9月と10月に各1回追加実施〜8月24日で終了した花手水の様子もまとめて

| | コメント (2)

2020年8月30日 (日)

住吉神社の花手水が継続の要望が多く9月と10月に各1回追加実施〜8月24日で終了した花手水の様子もまとめて

Otaru_20200705-145542

とても話題になって、とても素敵な風景を見せてくれた、住吉神社の花手水も8月24日で終了しました。

7月4日から始まって8月24日まで、10日おきに花の交換が行われて、計5種類の花手水が飾られ、その都度、訪れる人たちの目を楽しませてくれました。

花の飾り付け、交換は、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)によって行われて、本当に綺麗でしたね。

私もその5回の花手水を見に行って、このブログでも紹介しましたが、実は、住吉神社のサイトを見てみたら、今回初開催だった花手水がとても好評で、継続の要望が多くあったため、9月(第6回)と10月(第7回)に各1回追加実施することになったそうです。

これは、とても楽しみですね。秋にどのような花が飾られるでしょうかね。

※参照:住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト
※すいません、日程がいくつかのサイトでまちまちだったので、確認後掲載します。

ということで、9月と10月の花手水を楽しみにしつつ、7月から5回に渡って開催された花手水の様子をまとめて掲載しますね。

第1回:7月4日〜ガーベラ

Otaru_20200705-145511

Otaru_20200705-145506

Otaru_20200705-145550

※関連記事:住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます(ガーベラ)

第2回:7月14日〜胡蝶蘭

Otaru_20200714-160209

Otaru_20200714-160225

この時は夜間のライトアップもありました。
Otaru_20200714-202448

※関連記事:今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ(胡蝶蘭)

第3回:7月24日〜向日葵

Otaru_20200724-164418

Otaru_20200724-164351

Otaru_20200724-164514

※関連記事:住吉神社の花手水の花が交換〜7月24日からはヒマワリ

第4回:8月4日〜紫陽花

Otaru_20200804-174539

Otaru_20200804-173846

Otaru_20200804-173753

※関連記事:話題の住吉神社の花手水。8月4日からは紫陽花

第5回:8月14日〜ダリア

Otaru_20200814-144009

Otaru_20200814-144014

Otaru_20200814-144721

※関連記事:住吉神社の花手水、最後はダリア

手水舎には風鈴も飾られて、夏に涼しげで本当に綺麗でしたね。9月と10月も楽しみです。

※ちなみに、これまでの様子は、住吉神社のサイトにも花手水のページがあって紹介されています。
令和二年住吉神社花手水 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

小樽フラワー - ホーム(Facebookページ)

※関連ニュース:好評!花手水追加決定 小樽住吉神社 (小樽ジャーナル)

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

住吉神社の花手水、最後はダリア

Otaru_20200814-144014

住吉神社花手水(はなちょうず)、最後となる5回目の花の交換が8月14日(金)に行われました。

今回の花は、ダリアがメインになっています。

Otaru_20200814-144031

SNSを中心にとても話題になっている、この住吉神社の花手水は、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)が飾られているんですよね。

今回も綺麗ですね。

Otaru_20200814-144444

7月4日のガーベラを最初に、10日ごとに花を入れ替えて、7月14日から胡蝶蘭、7月24日からヒマワリ、8月4日に紫陽花、そして、最後となる今回8月14日からがダリアでした。

Otaru_20200814-144009

もともとは、8月4日の交換が最後の予定だったそうですが、一回だけ延長してくれたんですよね。
令和二年住吉神社花手水 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

次はどんな花が飾られるのかも、みなさん楽しみにしていたようですが、最後はダリアでした。

Otaru_20200814-144721

(あっ、奥にカラスが!!)
Otaru_20200814-144203

風鈴も心地よく鳴っていました。

Otaru_20200814-144814

前回の時に設置されていた、手水舎前の茅の輪はまだありました。
※関連ブログの参考記事:今さら聞けない、茅の輪くぐりってなに!?どうするの!?〜住吉神社の茅の輪をくぐってきました | ローカルブロガーのメモ帳

Otaru_20200814-144748

今回のダリアで、一連の花手水は最後とのことですが、ダリアはいつまで飾ってくれるのかな。少しずつ花の様子が変わっていくのも味わい深いようなので、機会があれば、もう一度見に行きたいです。

Otaru_20200814-144448

Otaru_20200814-144459

Otaru_20200814-144841

ということで、8月14日に5回目となる最後の花の交換が行われた、住吉神社の花手水、ダリアの様子でした。

※こちらは小樽フラワーのFacebookページから。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
話題の住吉神社の花手水。8月4日からは紫陽花
住吉神社の花手水の花が交換〜7月24日からはヒマワリ
今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ
住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます

| | コメント (2)

2020年8月 5日 (水)

話題の住吉神社の花手水。8月4日からは紫陽花

Otaru_20200804-173846

とても話題になっている住吉神社花手水(はなちょうず)。

8月4日(火)に第4回目となる、花の交換が行われました。

今回の花は、紫陽花でした。

Otaru_20200804-173733

色とりどりで綺麗ですね〜

Otaru_20200804-174539

この住吉神社の花手水には、毎回癒されてますが、紫陽花って、こんなに色んな色があるんですね。

この花手水は、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)が飾られているのですが、10日ごとに花を入れ替えていて、最初が7月4日からのガーベラ、7月14日からが胡蝶蘭、7月24日からがヒマワリ、そして、今回の紫陽花となっています。

次はなんの花が飾られるんだろう、というのも皆さんの楽しみになっているようですね。

実は、当初は今回の花の交換で花手水は終了予定だったそうですが、第5回目としてもう一回、8月14日から10日間延長することになったそうです。

「住吉神社」公式サイトに、花手水のページができていて、書かれてました。
令和二年住吉神社花手水 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

お盆と重なる次は、どんな花が飾られるでしょうかね。楽しみですね。

そうそう、手水舎の周りに笹竹があって、短冊が結ばれてました。

Otaru_20200804-174850r

これは、「住吉神社天の川プロジェクト」(8月1日から10日まで)という、住吉神社による行事で、北海道の多くの地域は、8月7日が七夕なので、それに合わせてですね。今年初めての開催かな。

短冊は、社務所にて 一枚100円で頒布されているそうで、すでにたくさんの短冊が結ばれていました。

ということで、撮影スポットとしてもすっかり人気の住吉神社の花手水、第4回目となる、8月4日からの紫陽花の様子でした。

Otaru_20200804-173753

Otaru_20200804-174454

今回も、見上げると風鈴が心地よく鳴っていました。

Otaru_20200804-173820

あっ、手水舎前には茅の輪もありました。
※関連ブログの参考記事:今さら聞けない、茅の輪くぐりってなに!?どうするの!?〜住吉神社の茅の輪をくぐってきました | ローカルブロガーのメモ帳

Otaru_20200804-173930

小樽フラワー - ホーム(Facebookページ)

※小樽フラワーのツイッターをみてたら、なんとハートの紫陽花があったそうです。いや〜、気がつかなかったな〜
こちらがそのツイートです。

 

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

※関連ニュース:短冊に願いを! 小樽住吉神社天の川プロジェクト(小樽ジャーナル)

Otaru_20200804-174156

【関連記事】
住吉神社の花手水の花が交換〜7月24日からはヒマワリ
今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ
住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます

| | コメント (5)

2020年7月25日 (土)

住吉神社の花手水の花が交換〜7月24日からはヒマワリ

Otaru_20200724-164351

住吉神社花手水(はなちょうず)の花が、7月24日(金・祝)に交換されました。

今回はヒマワリでした。夏ですね。元気な笑顔になりますね。

Otaru_20200724-164514

まん丸のはテマリソウだそうです。

Otaru_20200724-164418

この花手水は、松ヶ枝町のバス停前にある、小樽フラワー(@OtaruFlowe)が飾られているんですよね。

手水に色とりどりの花々を浮かべて飾りつけるこの花手水は、最近は各地で人気になっているようで、ここ住吉神社の花手水もすっかり話題になってますね。

この日(7月24日)ももたくさんの方が撮影されていました。

花は小樽フラワーが10日ごとに入れ替えていて、最初が7月4日からのガーベラ、続いて7月14日からの胡蝶蘭、そして、今回がヒマワリとなっていて、次はどんな花が飾られるのか、というのも皆さんの楽しみになっているようですね。

Otaru_20200724-164346
(風で片方に集まるようです)

チリンチリンと、見上げると風鈴が心地よく鳴っていました。

Otaru_20200724-164507

横には、前回の胡蝶蘭の残りなのかな(?)が浮かべられてましたよ。

Otaru_20200724-164339

ということで、すっかり人気の撮影スポットともなっている住吉神社の花手水で、7月24日からのヒマワリの様子でした。

住吉神社の花手水は、8月のお盆の頃まで飾られるそうです。

Otaru_20200724-164721r

※こちらは小樽フラワーのFacebookページから。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ
住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

住吉神社の神輿殿の様子〜例大祭(7月14日〜16日)の3日間公開

Otaru_20200714-204229_20200716021701

7月14日(火)〜16日(木)の3日間といえば、市民から親しみを込めて“小樽まつり”とも呼ばれる、住吉神社の例大祭なのですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、神輿渡御や露店などは中止で、静かに行われています。

その静かな例大祭の様子は、こちらで詳しく紹介していますので、よければ。
今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ


で、上記投稿でも触れているのですが、社殿横の神輿殿が、例大祭期間の3日間、公開されています。

Otaru_20200714-161807_20200716021101

神輿5基と馬車1台が展示されています。

Otaru_20200714-161921_20200716021101

Otaru_20200714-161932_20200716021101

こちらは夜(21時まで)も公開されているんですよね。

そういえば、なかなかお神輿をじっくりみる機会ってなかったので、しっかりと見学させてもらってきました。

Otaru_20200714-204134_20200716021101

順番に写真を貼っていきますね。

Otaru_20200714-204409

Otaru_20200714-204414

(道内最大級の百貫神輿)
Otaru_20200714-204257

Otaru_20200714-204440

いや、綺麗ですね。

Otaru_20200714-204444

こちらが馬車。

Otaru_20200714-204247

Otaru_20200714-204458

ということで、神輿殿が公開は残すは7月16日(木)のみですが、機会があれば見に行ってみてください。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ

| | コメント (6)

2020年7月15日 (水)

今年の住吉神社の例大祭(小樽まつり)は神輿や露店が中止で静かです〜夜は副参道鳥居や花手水がライトアップ

Otaru_20200714-202943

7月14日(火)・15日(水)・16日(木)は、本来であれば、小樽まつりと呼ばれ、毎年多くの小樽市民が楽しみにしている住吉神社の例大祭なのですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のために、神輿渡御や露店などは中心になっています。

参拝は通常通りできるので、住吉神社に14日に行ってみました。

住吉神社の静かな例大祭/日中の様子

国道沿いの大鳥居前の奉納提灯は掲げられてます。

Otaru_20200714-161040

Otaru_20200714-160956

あっ、「悪疫退散」の提灯。
Otaru_20200714-160855

こっちは「除災招福」。
Otaru_20200714-160905

住吉神社のお祭りは、小樽まつりと呼ばれるだけあって、例年は本当にすごい人出で、露店は参道の両脇、さらには参道横の市道から横に入っていく道路沿いにずらりと並ぶんですが、今年は当然ですが静かです。

Otaru_20200714-161111

Otaru_20200714-161357

そんな中、今とても話題になっているのが、今年初めての試みとなる「花手水」です。

Otaru_20200714-160209

手水に色とりどりの花々を浮かべて飾りつけるこの花手水では、新型コロナウイルス感染防止として柄杓を撤去して、渡した竹を伝って水が流れ出ているので、そこで手指を清められます。

Otaru_20200714-160225

花の飾り付けは松ヶ枝町のバス停前にある小樽フラワー( (@OtaruFlower) / Twitter)が行っています。

実は最初は 7月4日からガーベラ500輪が飾られていたのですが、10日ごとに花を入れ替えるということで、例大祭に合わせて14日には胡蝶蘭に変わっています(※ガーベラの様子はこちら:住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます)。

華やかですね〜!!

Otaru_20200714-160202

そして、社殿ですが、正面が開放されてました。

Otaru_20200714-161738

しっかり参拝してきました。

Otaru_20200714-160432

横の神輿殿も開放されていて、中の様子を見学できました。

Otaru_20200714-161807

神輿5基と馬車1台が展示されています。

Otaru_20200714-161921

Otaru_20200714-161932

住吉神社の例大祭ということで、多くはありませんが、参拝に訪れる人たちの姿が結構見られました。

Otaru_20200714-160514

住吉神社の静かな例大祭/夜のライトアップ

さて、神輿や露店が中止で、静かな開催となった住吉神社の例大祭ですが、実は例大祭期間中は夜間にライトアップなどが行われているということで、実は14日の夜にも行ってきたんです。

Otaru_20200714-202943

国道沿いの大鳥居前の奉納提灯に、明かりが灯ってますね。

Otaru_20200714-202732

参道は静かです。

Otaru_20200714-203324

階段を上ると、今年の4月にできた、社務所横から手水舎前までの階段を迂回する、副参道にできた33基の鳥居がライトアップされてます。

Otaru_20200714-203447

Otaru_20200714-203500

Otaru_20200714-203529

そして、その先の花手水もライトアップされています。

Otaru_20200714-202431

手水おけの底に水中ライトが設置されているそうです。

Otaru_20200714-202448

夜もまた、昼とは違った雰囲気で綺麗ですね。

そして、社殿です。

Otaru_20200714-203941

夜の神社って、なんだかちょっと神秘的ですね。

Otaru_20200714-204037

神輿殿は夜も開放されていました。

Otaru_20200714-204134

Otaru_20200714-204229

花手水目当ての方も多かったようですが、夜も結構、人がきてましたよ。

これらのライトアップなどは、例大祭の3日間、18時〜21時まで行われているとのことです。

おわりに

Otaru_20200714-161742

例年であれば、6月から7月にかけて、小樽はお祭りの季節で、毎週のように市内のどこかの神社で賑やかにお祭りが行われていて、中でも水天宮、龍宮神社、住吉神社の例大祭は、小樽三大祭りと呼ばれたりもしていて、その最後を飾るのが、ここ住吉神社の例大祭なんですよね。

今年は残念ながら、静かな例大祭となってしまいましたが、参拝もできましたし、来年を楽しみに、ですね。

Otaru_20200714-204020

ということで、以上、住吉神社の静かな例大祭の、昼と夜の様子でした。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

※参考ニュース:2020年7月10日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
※参考:小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
ニュースより/例年の小樽は6月から本格的なお祭りの季節ですが、今年の例大祭はほとんどが神事のみで神輿や露店は中止
小樽総鎮守の住吉神社に夏詣に行ってきました
今年の水天宮のお祭り(例大祭)は神輿や露店は中止で神事のみ〜境内と周辺はとても静かでした
龍宮神社で霊剣「流星刀」を観てきました〜6月21日の一般公開に長蛇の列(撮影禁止のため写真はありません)

※昨年の住吉神社の例大祭の様子です。
小樽総鎮守・住吉神社の例大祭(小樽まつり)に15日に行ってきました。百貫神輿の様子もちょっとだけ(2019年度)
小樽住吉神社例大祭の百貫神輿の様子をちょっとだけ(2019年)【動画あり】

| | コメント (6)

2020年7月 6日 (月)

小樽総鎮守の住吉神社に夏詣に行ってきました

Otaru_20200703-143003

先日、小樽総鎮守の住吉神社に行ってきました。

時々、住吉神社に立ち寄って静かな境内を散歩するんですが、国道5号線沿いの大鳥居から参道に入ると、両側には木々が立ち並び、まさに鎮守の森といった趣で、なんとも落ち着いた雰囲気が、歩いていて心地いいんですよね。

Otaru_20200703-143028

ちなみに、ここ住吉神社の森は、小樽市より保全樹林に指定されているんですよね(参照:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧)。

Otaru_20200703-143204

最初の階段を上って、参道を振り返って見たところ。
Otaru_20200703-143208

途中の社務所は、小樽市の歴史的建造物にも指定されています(参照:小樽市 :住吉神社社務所)。

Otaru_20200703-143222

Otaru_20200703-143235

その横からは、鮮やかな色の鳥居がずらりと並んでいるのが目に入ってきます。

Otaru_20200703-143309

住吉神社は2018年(平成30年)に鎮座150年を迎えて、その記念事業の一環として、今年の4月に、社務所横から手水舎前までの階段を迂回する副参道に、33基の鳥居が並んだんですよね。

Otaru_20200703-143257

Otaru_20200703-143325

Otaru_20200703-143347

Otaru_20200703-143348

2018年からの参道の改修工事では、参道に3箇所ある急な階段の幅が広がって歩きやすくなり、以前は玉砂利が敷き詰められていた、社務所前と手水舎前の参道が石畳へと改修されています。

Otaru_20200703-143249

実は、この日は7月3日で、手水舎はまだこの状態だったのですが…

Otaru_20200703-143433

翌日4日に、なんとこんな綺麗に手水に色とりどりの花々が浮かべられました。

Otaru_20200705-145506

これ、花手水(はなちょうず)といって、最近話題になりつつあるそうですね。

実は、このブログでも先行して投稿したのですが(こちらの記事:住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます)、実施期間は7月4日から8月14日までで、数回(第一回:7月4日、第二回:7月14日、第三回:7月24日、第四回:8月4日予定)の花交換を予定しているそうです。

Otaru_20200705-145542

住吉神社は、7月14日〜16日は例大祭(通称“小樽まつり”)で、例年であれば大変な賑わいになるところですが、今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、神輿や露店などはなく、神事のみが行われる予定なんですよね。

そんな中、この花手水が行われて、住吉神社のサイトによると、例大祭期間中はライトアップもされるようですよ。
※参照:令和二年住吉神社例大祭 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

Otaru_20200705-145734

そして、社殿前まで上って、そこから振り返って見た、おなじみの眺めがこちら。

Otaru_20200703-143538

遠くにわずかですが海も見えます。この眺めはいいですね。

ところで、大鳥居前や社務所前にあったこの看板。

「夏詣」
Otaru_20200703-143014

夏詣とは、あまり聞き慣れない言葉ですが、看板に説明が書いてあります(書き起こしです)

我が国では、大晦日の「年越しの大祓」にて一年間の罪穢れを祓い清め、そして除夜の鐘を聞きながら新しき年を迎え、その年の平穏を願う「初詣」を行います。
それから半年後、季節は本格的な“夏”を迎えます。
祖先供養を迎えるこの時期、同じく半年間の罪穢れを祓い清める「夏越しの大祓」を経て、一年半ば、過ぎし半年への感謝と来たる半年への祈りを込めて、お近くの神社やお寺を詣でてみませんか。
住吉神社

Otaru_20200703-143017

初詣に対して、夏を迎えて6月30日に夏越大祓式が行われ、そこで、神社やお寺にお参りに行くというものなんですね。つまり、私は今回、夏詣に行ってきた、というわけですね。

この夏詣は、数年前に浅草神社から提唱されたそうで、7月7日までの期間行われているようですが、住吉神社はいつまでなのかな?

※関連ブログの関連記事(昨年の夏詣の様子)
今さら聞けない、夏詣ってなに?〜小樽総鎮守の住吉神社に夏詣に行ってきた | ローカルブロガーのメモ帳

Otaru_20200703-143850

ということで、以上、住吉神社の夏詣の様子でした。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

※参考:Home - 浅草神社 夏詣

【関連記事】
住吉神社の境内がすっかり綺麗になってます〜鎮座150年の記念事業による参道の改修工事などが終了

| | コメント (8)

住吉神社の花手水〜手水に色とりどりの綺麗な花が浮んでいます

SNSで目にしたのですが、住吉神社花手水(はなちょうず)が行われているとのことで、見に行ってきました。

Otaru_20200705-145542

いや〜、綺麗ですね。見事ですね。

Otaru_20200705-145511

で、花手水って!?

Otaru_20200705-145448

すいません、私は知らなかったのですが、花手水とは、こうやって神社やお寺の手水に色とりどりの花々を浮かべた飾りつけのことだそうです。

ネットで検索してみると、最近は、インスタグラムなどでも人気が出つつあるのだそうで、こういった花手水を行っている神社が全国にあるそうですね。

住吉神社の花手水は、7月4日に花が浮かべられたとのことです。

Otaru_20200705-145506

Otaru_20200705-145454

住吉神社といえば、7月14日〜16日は例大祭(通称“小樽まつり”)で、例年であれば大変な賑わいになるところ、今年は新型コロナウィルス感染拡大防止のため、他の神社の同様、神輿や露店などはなく、神事のみが行われる予定とのことです。

そんな中、この花手水が例大祭に合わせて実施され、住吉神社のサイトによると、例大祭期間中はライトアップもされるようですよ。
令和二年住吉神社例大祭 of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

Otaru_20200705-145734

花手水の実施期間は7月4日から8月14日までで、数回(第一回:7月4日、第二回:7月14日、第三回:7月24日、第四回:8月4日予定)の花交換を行う予定とのことですが、これ、お花屋さんの応援にもなるのかな!?

ちなみに、この住吉神社の花手水を知ったSNSというのは、松ヶ枝町のバス停前にある小樽フラワーのツイッター(@OtaruFlower)で、花手水についてはFacebookページにも掲載されています。

小樽フラワーが花の飾り付けをされたのですね。

Otaru_20200705-145550

第一回目(7月4日〜13日)は、ガーベラ500輪とのことで。以下は、小樽フラワーのFacebookページからです。

ということで、とても綺麗で癒される、住吉神社の花手水の様子でした。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

Otaru_20200705-150119

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)