住吉神社

2024年5月16日 (木)

住吉神社の今年2回目の花手水が始まってます〜春らしいとってもカラフルな色合いで(2024年5月16日〜5月26日)

Otaru_20240516-145842

今年2回目となる、住吉神社の花手水が始まっています。

第2回の開催期間は2024年5月16日(木)〜5月26日(日)までとなっています。

2020年から始まった住吉神社の花手水ですが、毎年、毎回大好評で、いつも素敵な花の飾り付けをしてくれているのは、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)です。

毎回、どんな花が飾られるのか、みなさん楽しみにしていると思うのですが、今回は春らしいとってもカラフルな色合いになってますね。

Otaru_20240516-145844

小樽フラワーのSNSによりますと、カーネーション、ミニバラ、ガーベラ、スズラン…などなど、今回はいろんな花が飾られているそうです。

Otaru_20240516-145743

Otaru_20240516-145926

Otaru_20240516-145807

Otaru_20240516-145804

Otaru_20240516-145753

Otaru_20240516-145859

ガラスボウル内は胡蝶蘭、スイートピー、シースターとのことです。
Otaru_20240516-150105

Otaru_20240516-150153

Otaru_20240516-150044

Otaru_20240516-150201

とても華やかで今回も綺麗ですね。

そして、こちらはいつもの住吉神社の社殿前から振り返って見た風景です。Otaru_20240516-150300

もう終盤でしたが、境内では八重桜がまだ咲いていましたよ。
Otaru_20240516-150334

Otaru_20240516-150347

ということで、今年2回目となる住吉神社の花手水が5月16日(木)〜5月26日(日)の期間で開催しています。

今回もとても素敵ですので、住吉神社にちょっと足を運んでみてはいかがでしょうか。癒されますよ。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※X(旧Twitter):小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Facebook:小樽フラワー

※こちらは小樽フラワーのX(旧Twitter)より。

【関連記事】
※今年の住吉神社花手水の記事。
住吉神社の花手水が今年(2024年)も始まりました〜第1回目は桜との共演(4月27日〜5月6日)

| | コメント (0)

2024年4月28日 (日)

住吉神社の花手水が今年(2024年)も始まりました〜第1回目は桜との共演(4月27日〜5月6日)

Otaru_20240427-1434471

今年第1回目となる、住吉神社の花手水が始まっています。毎年大人気で、すっかりお馴染みとなっている住吉神社の花手水ですが、今年も開催してくれるんですね。

今年の第1回目の開催期間は、2024年4月27日(土)〜5月6日(月)までとなっています。

住吉神社の花手水は2020年から始まっていて、今年(2024年)で5年目となるんですが、毎年毎回、素敵な花の飾り付けをしてくれているのは、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)です。

昨年同様、第1回目はゴールデンウィークに合わせての開催ということで、この時期は住吉神社の桜と一緒に花手水を楽しむことができるんですよね。

さっそく私も初日の27日に見に行ったのですが、いや〜、今年も素敵です!!

Otaru_20240427-143450

この日は天気も良く(今シーズン初の夏日でした)、ゴールデンウィーク初日ということもあって花手水は大人気。たくさんの方が住吉神社に訪れていて、素敵な花手水を楽しんで写真撮影もしていました。

Otaru_20240427-142644

ガーベラをメインに、とても爽やかにカラフルですね。

Otaru_20240427-142636

Otaru_20240427-142658

Otaru_20240427-142713

Otaru_20240427-143147

Otaru_20240427-143239

あっ、桜もありますね。

Otaru_20240427-143259

そして、住吉神社の桜です。

Otaru_20240427-142816

見頃にはもうちょっとという感じでしたが、とても綺麗でした。

Otaru_20240427-143644

ということで、今年も住吉神社の花手水が始まりましたね。

第1回は5月6日(月)までと、ゴールデンウィーク中の開催期間なので、たくさんの方が楽しんでくれそうですね。

そうそう、住吉神社の公式サイトではすでに第2回の日程も発表になっていて、第2回は5月16日(木)〜5月26日(日)の予定となっています。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※Twitter:小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Facebook:小樽フラワー

※現在、社殿前石畳に電子ピアノが設置され、能登半島大震災の神社復興支援として「住吉神社ストリートピアノ~神様があなたの背中をそっと押していただけます~」が、4月27日から晴天の土曜・日曜日中心に執り行われ、復興支援資金を募っているとのことです。Otaru_20240427-142901

Otaru_20240427-143026

【関連記事】
住吉神社の花手水が今年も開催されます!!〜第1回は2024年4月27日〜5月6日
※昨年(2023年)最初の4月の花手水の記事。
住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2023年第1回目は桜との共演(4月28日〜5月7日)

| | コメント (0)

2024年4月16日 (火)

住吉神社の花手水が今年も開催されます!!〜第1回は2024年4月27日〜5月6日

Otaru_20230428-173505r
(写真は昨年(2023年)4月の住吉神社の花手水の様子です)

毎年大人気ですっかりお馴染みとなっている住吉神社の花手水ですが、今年も開催してくれるそうです!!嬉しいですね。

今年度の開催のお知らせは、住吉神社の公式サイトに掲載されていて、毎年素敵な花の飾り付けをしてくれている松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)のSNSでも報告がありました。
小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

昨年(2023年)は4月から計10回開催されたのですが、やはり大変好評で今年もという要望が多かったようです。

住吉神社の花手水は2020年から始まっているので、今年(2024年)で5年目となるんですね。

で、今年の第1回の開催期間は2024年4月27日(土)〜5月6日(月)までとなっています。

昨年同様、ゴールデンウィークに合わせて4月の終わりからの開始で、住吉神社の桜と一緒に花手水を楽しむことができそうですね。

すでに第2回の日程も発表になっていて、第2回は5月16日(木)〜5月26日(日)の予定となっています。

Otaru_20230428-173457r

ということで、今年も開催してくれることになった住吉神社の花手水、まずは第1回が桜との共演となりそうで、ゴールデンウィークとも重なるので、たくさんの方に楽しんでもらえそうですね。私も楽しみです。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※X(旧Twitter):小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※Facebook:小樽フラワー

【関連記事】
※昨年(2023年)最初の4月の花手水の記事。
住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2023年第1回目は桜との共演(4月28日〜5月7日)
※こちらは昨年(2023年)最後の10月の花手水の記事。
住吉神社の今年最後となる10回目の花手水が始まってます〜黄色のひまわりと赤色のダリアをメインに(10月16日まで)

| | コメント (0)

2024年1月16日 (火)

住吉神社の鳥居が並ぶ副参道を歩く【動画あり】〜2024年1月7日の大雪の時の様子

Otaru_20240107-144033

小樽が記録的な大雪に見舞われた2024年1月7日(日)、住吉神社では毎年の行事、どんど焼きが行われていて、私も午後に行ってきたのですが、本当にすごい雪だったんですよね。

そんな大雪にも関わらず、たくさんの方が持ってきたしめ飾りなどを炎の中に投げ入れて、今年一年の無病息災などを願っていました。
※その時のどんど焼きの様子はこちらの記事で:住吉神社のどんど焼きに大雪の中行ってきました(2024年1月7日)

Otaru_20240107-142545

実はこの時、住吉神社の鳥居が並ぶ副参道を、大雪でどんな状況になっているだろうかと思いながら歩いてきたんです。そして、その様子を動画でも撮ってきたので、ここで合わせて掲載しますね。

ちなみに、住吉神社では、2018年の鎮座150年にあたっての記念事業として、参道の石段や石畳の大規模改修工事が行われたのですが、その一環として、社務所の横から手水舎へと階段を迂回するように33基の鳥居が並ぶ副参道が2020年4月に整備されました。

さらに、その後、手水舎の奥から社殿へ上る階段の途中に出る、16基の鳥居が並ぶ短めの副参道が、2022年5月に作られたんですよね。

住吉神社では「住吉神社参道等の整備」として、昨年(2023年)の第25回小樽市都市景観賞を受賞してます。

Otaru_20240107-143151

で、雪の副参道はどうなっていたかというと、まず、社務所の奥からの副参道には、入り口に向かって人が歩いて雪が踏み固められた道があったので、副参道を歩いた人がいるのかとその道を進んでいったら、あれ!?途中で道はなくなってる…。

Otaru_20240107-143128_20240116214601

さすがにこの大雪で、ここを通った人はいなかったようで、雪が積もったままで、途中までは足跡もありませんでした。ここの副参道には、階段の途中から入れるようにもなっていて、そこからは通った跡ががあったんですけどね。

Otaru_20240107-143229_20240116214601

Otaru_20240107-143331_20240116214601

そして、その上の手水舎からの短い方の副参道には、かろうじて、何人かの通った足跡がありましたよ。

Otaru_20240107-143343

Otaru_20240107-144554

では、その様子が分かる動画がこちらです。

ということで、小樽が記録的な大雪に見舞われた1月7日(日)の住吉神社の鳥居が並ぶ副参道の様子でした。

【関連記事】
1月7日(日)の小樽は大雪に見舞われました。ほんと、もう記録的なドカ雪です
住吉神社のどんど焼きに大雪の中行ってきました(2024年1月7日)
大雪後の晴れた1月11日にちょっと小樽の街の様子を見てきました【冬のちょっとした風景】
ニュースより/第25回小樽市都市景観賞に「OMO5小樽 by 星野リゾート」と「住吉神社参道等の整備」
※副参道完成時の記事です。
住吉神社の副参道に33基の鳥居が並びました〜鎮座150年の最後の記念事業
住吉神社の手水舎の奥から新たに副参道ができ鳥居16基が並びました

| | コメント (2)

2024年1月 8日 (月)

住吉神社のどんど焼きに大雪の中行ってきました(2024年1月7日)

Otaru_20240107-142659

1月7日(日)から8日(月・祝)にかけて、記録的な大雪に見舞われたこちら小樽ですが、その1月7日に住吉神社どんど焼きに行ってきました。

住吉神社のどんど焼きは、毎年、国道5号線沿いの大鳥居をくぐってすぐ左の広場(第一鳥居脇公園内)で行われます。

Otaru_20240107-142500

私は午後2時半頃に行ったのですが、この日は本当に一日中の大雪で、大丈夫かなと思いながら向かったのですが、近づいていくと、炎が上がっているのが見えて、大雪の中でしたが、どんど焼きは無事執り行われていました。

Otaru_20240107-145047

(大鳥居をくぐってすぐ左手で行われています)
Otaru_20240107-142542

Otaru_20240107-142924

大雪の中ですが、思った以上にたくさんの方がきていて、皆さん、持ってきたしめ飾りなどを炎の中に投げ入れて、今年一年の無病息災などを願っていました。

Otaru_20240107-142605

ビニール・プラスチック等は“分別に御協力ください”ということで、もちろん、神社に関係のない物も燃やせません。

Otaru_20240107-142659

 

Otaru_20240107-142818

Otaru_20240107-142706

炎も勢いよく燃え上がっていました。

Otaru_20240107-142846

毎年のことですが、すぐ横の参道に賽銭箱が設置され、ここでお参りができるようになっています。

Otaru_20240107-142603

Otaru_20240107-142906

住吉神社には、2日(火)に初詣にきたのですが、せっかくなので、この日も社殿までいって参拝してきました。

ただ、この日降り続いていた雪のせいで、参道は積もった雪の中に、人が歩いて踏み固められた道が数本あるだけでした。こんなに日中に一気に降られたら、除雪も追いつかないですよね。

Otaru_20240107-143001

Otaru_20240107-142948

ただ、階段は左端がロードヒーティングになっているのと、さらに加えてある程度の幅で雪かきをしてくださっていたので、階段の上り下りは大丈夫でした。

Otaru_20240107-143035

Otaru_20240107-143052

(最初の階段から振り返って見たところ)
Otaru_20240107-143103

Otaru_20240107-144754

こちらは社殿前ですが、あちこちにある灯籠の上を見ると、今の積雪量が分かりますね。

Otaru_20240107-143128

Otaru_20240107-143212

Otaru_20240107-143229

手水舎です。
Otaru_20240107-143331

Otaru_20240107-143453

社殿へ。
Otaru_20240107-143314

Otaru_20240107-143546

この日もしっかりお参りしてきました。

Otaru_20240107-144557

いつも眺める、社殿前からの振り返って見た風景です。
Otaru_20240107-143628

Otaru_20240107-143847

以下は、住吉神社のサイトに記載されている、どんど焼きについてです。

どんど焼【1月7日、8日】
神社神札御守、破魔矢、注連飾り(しめかざり)等神社に関係するものを、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。住吉神社では第一鳥居脇公園内で執り行います。
小樽総鎮守住吉神社公式サイトの行事・例祭のご案内

住吉神社のどんど焼きは、毎年1月7日(午前8時〜午後4時)・8日(午前8時〜正午)の2日間で行われているんですよね(龍宮神社や水天宮などは7日のみで、神社によって日程も違うようです)。

ということで、大雪の中、1月7日(日)に行ってきた、2024年の住吉神社のどんど焼きの様子でした。それにしてもすごい雪でした。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

【関連記事】
1月7日(日)の小樽は大雪に見舞われました。ほんと、もう記録的なドカ雪です
小樽総鎮守・住吉神社に今年も初詣に行ってきました(1月2日の様子)〜2024年小樽初巡り
※昨年のどんど焼きの記事です。
住吉神社のどんど焼きに今年も行ってきました(2023年1月7日の様子)

| | コメント (3)

2024年1月 4日 (木)

小樽総鎮守・住吉神社に今年も初詣に行ってきました(1月2日の様子)〜2024年小樽初巡り

20240102-143524

年が明けて、2024年(令和6年)1月2日(火)午後に、小樽総鎮守・住吉神社初詣に行ってきました。これが2024年最初の小樽巡りになります。

例年、1月1日の元日は家でのんびりと食べて飲んで過ごし、2日に初詣に行っているんです。で、今年も行ってきました。

小樽は年末年始と比較的穏やかな天気が続いているのですが、気温が高めで、1月2日(火)には昼頃から重そうな湿った雪が降り出して、それがみぞれになり、そのうちなんと雨になってしまいました。

なので、この日は雨の中の初詣になったのですが、それでも結構な人数の方が初詣にきていましたよ。

住吉神社の2024年1月2日の初詣の様子

20240102-141623

雨の中の初詣ということで、そんなに強い雨ではなかったのですが、傘を差している方も多かったです。

20240102-141637

(露店が出るんですよね)
20240102-143433

参道は綺麗に除雪されていましたが、さらに雨でかなり溶けていて、地面が見えそうですね。

20240102-141723

階段の雪は、もともと年末に除雪をしていたのを見かけたのですが、加えてこの雨で、雪はほとんどついてませんね。

20240102-141755

(最初の階段から振り返ったところ)
20240102-141836

20240102-141838

(社務所)
20240102-141850

20240102-141853

階段の雪はほとんどないですが、もともと階段の左端はロードヒーティングになっているので、歩きやすくなっています。

20240102-141912

住吉神社では、「住吉神社参道等の整備」として昨年(2023年)の第25回小樽市都市景観賞を受賞したのですが、社殿への最後の階段の横に、そのプレートが設置されていました。
※関連記事:ニュースより/第25回小樽市都市景観賞に「OMO5小樽 by 星野リゾート」と「住吉神社参道等の整備」

この階段を上ると手水舎です。

20240102-141938

年末に来た時には、手水舎には水は流れてなく、雪が積もってましたが、正月は水が流れてますね。

20240102-142057

例年は周囲が凍っているのですが、今年はやっぱり例年より温度が高いんですね。凍っていませんでした。

今年は辰年ですから、なんかいいですねこの龍。

20240102-142102

そういえば、この手水舎の龍の口は、令和4年5月13日付けで新しくなったんですよね(※関連記事:住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2022年第1回目はガーベラ(5月13日〜5月23日))。

そして、最後の階段を上って社殿へ。

20240102-143157

20240102-143147

例年は2日でも、参拝の行列がそれなりにできるのですが、さすがにこの日は行列はちょっとでした。

20240102-142154

もちろん、しっかりとお参りしてきました。

正月のお守りやおみくじ等は、いつものように、社殿右隣の神輿殿内で扱っています。

20240102-142418

私もおみくじを引いてきましたよ。

で、中を見てみると…、えっ!?半凶!?

20240102-142655

そんなのあるんですね。う〜ん、今年一年、色々と注意して、気を引き締めていきたいと思います。

参拝も終わり、いつものように社殿前の階段の上からの風景を眺めてきました。相変わらずいい眺めですが、雨のために風景もちょっと寂しいかな。

20240102-142143

それにしても、雨の中、続々と参拝にこられてましたよ。

20240102-143114

ちなみに、住吉神社のどんど焼きは、1月7日(日)(午前8時〜午後4時)・8日(月・祝)(午前8時〜正午)の2日間で行われます。

ということで、天気は雨でしたが、今年も住吉神社に初詣に行くことができました。

皆様にとって、良い一年になりますように(私は半凶でしたが…)。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

【関連記事】
新年の小樽は気温が高めでなんと1月2日は雨が!?
今年もお世話になりました。よいお年をお迎えください【2023年末のちょっとした風景〜住吉神社・南樽市場など】
小樽にまとまった雪が降ったので雪の住吉神社へ(12月22日の様子)【冬のちょっとした風景】

※昨年の様子です。
小樽総鎮守・住吉神社に初詣に行ってきました(1月2日の様子)〜2023年小樽初巡り

| | コメント (3)

2023年10月30日 (月)

住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉(10月29日の様子)【小樽の紅葉2023】

Otaru_20231029-144949

10月下旬になって、小樽の街もすっかり紅葉に彩られています。

そんな中、10月29日(日)に住吉神社の紅葉の様子と、住吉神社前から小樽市立病院前の通り(市道・住吉線)沿いに続くイチョウ並木の紅葉(黄葉)の様子を見てきました。

住吉神社の紅葉

住吉神社の紅葉は、国道5号線沿いの大鳥居から見ると、参道横の木々のいくつかが色づいているのを見ることができるのですが、そんなに目立つものではないんですよね。

Otaru_20231029-144247

ただ、参道歩いて行った先で、なんともいい雰囲気の紅葉を見ることができるんです。

そうそう、参道ではないですが、大鳥居入ってすぐ左を見ると、鮮やかなイチョウの黄葉を見ることができます。Otaru_20231029-144303

Otaru_20231029-145903

さて、参道から奥へ歩いていきます。

Otaru_20231029-144319

こちらは階段を上ったところに建つ、小樽市指定歴史的建造物でもある社務所周辺の紅葉です。

Otaru_20231029-145349

Otaru_20231029-144609

次の階段を上ったところです(左手は手水舎)。
Otaru_20231029-144709

そして、社殿へと向かう最後の階段ですが、この周辺の紅葉が綺麗なんですよね。

Otaru_20231029-144723

社殿です。
Otaru_20231029-144939

Otaru_20231029-144959

Otaru_20231029-145037

この最後の階段を上ったところから振り返って見た風景が、もともともとてもよくて、私も大好きな風景でよくブログにも掲載していますが、周囲の木々が紅葉に色づくこの時期は、一層素敵な風景を見ることができます。

(こんな感じです)
Otaru_20231029-144949

いい眺めですね。

遠くには、住吉神社前から小樽市立病院にまっすぐと向かう道路(市道・住吉線)沿いに、イチョウ並木が黄色に綺麗に色付いているのが見えます。

Otaru_20231029-144952

そして、その先には海が見えるのがまた、いいんですよね。

Otaru_20231029-145044

それでは、続いてそのイチョウ並木に行ってみようと思います。

小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉

住吉神社前から小樽市立病院、そしてJR南小樽駅方面にまっすぐと続く道路(市道・住吉線)沿いには、小樽市立病院前のあたりまで、イチョウ並木になっているんですよね。

こちらは住吉神社の大鳥居から見たところ。
Otaru_20231029-145701

こちらは、神社前の住吉歩道橋から。
Otaru_20231029-150004

まだ、葉が緑の木もありますが、全体的にいい感じに色付いてますね。

Otaru_20231029-150126

Otaru_20231029-150248

Otaru_20231029-152003

Otaru_20231029-151932

Otaru_20231029-150300

Otaru_20231029-150803

ということで、住吉神社の紅葉の様子と、神社前から小樽市立病院前に続く通り沿いのイチョウ並木の黄葉の様子でした。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の住吉神社と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の様子。
住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉(10月31日の様子)【小樽の紅葉2022】

| | コメント (5)

2023年10月 8日 (日)

住吉神社の今年最後となる10回目の花手水が始まってます〜黄色のひまわりと赤色のダリアをメインに(10月16日まで)

Otaru_20231007-165514

今年最後となる住吉神社の花手水が始まってます。

これが今年10回目となる花手水の開催期間は、2023年10月6日(金)〜10月16日(月)までとなっています。

ところが、実は10月6日(金)の小樽は、朝から暴風雨が続く悪天候だったんですよね。そこで、毎回、飾り付けをしてくれている小樽フラワー(@OtaruFlower)が、この日の開催の中止を決めて、翌10月7日からのスタートをSNSでお知らせしました。

結局、7日も悪天候の予報だったので、6日夕方の少し雨が弱まったタイミングで、急遽飾り付けをしてくれたようです。

今回花は半分ずつの飾り付けになっていて、手前がひまわり中心の黄色で、奥がダリア中心の赤色ですね。

Otaru_20231007-165438

Otaru_20231007-165637

Otaru_20231007-165543

小樽フラワーのSNSによりますと、今回飾られているのは、黄色部は、ひまわり、ピンポン菊、チョコレートコスモス、カボチャのプッチーニなどで、赤色部は、ダリア、バラ、カーネーション、カボチャのスノーボールなどだそうです。

Otaru_20231007-165629

Otaru_20231007-165613

ガラスボウルには、赤いウサギがいますね。

Otaru_20231007-165447

Otaru_20231007-165459

Otaru_20231007-165529

Otaru_20231007-165557

私が見に行った7日はやはり雨でしたが、雨の日でも綺麗です。

実は、住吉神社ではこの週末が秋季大祭とのことで、その一環で10月7日(土)〜9日(月・祝)の3日間、副参道鳥居と花手水のライトアップをしているそうで、この日はたまたま遅い時間(午後5時頃)に花手水を見に行っていて、見ている途中でライトが設置されました。

※参照:小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

Otaru_20231007-165909

まだ日は暮れてませんが、ライトが付けられて、なんだかいい雰囲気です。

Otaru_20231007-165757

Otaru_20231007-165915

Otaru_20231007-165849

Otaru_20231007-165950

こちらはいつもの住吉神社の社殿前から振り返って見た風景です。
Otaru_20231007-170147

Otaru_20231007-170155

ということで、今年最後の住吉神社の花手水が、10月16日(月)まで開催されていますので、近くにお寄りの際は、見に行ってみてはいかがでしょうか。

それにしても、今年も本当に住吉神社の花手水は楽しませてもらいました。

2020年の初開催以来、すっかりお馴染みになった、この住吉神社の花手水ですが、毎回素敵な花の飾り付けをしてくれているのが、松ヶ枝町の小樽フラワーさんです。今年もどうもありがとうございました。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※Twitter:小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Facebook:小樽フラワー

※こちらは小樽フラワーのFacebookページより。

※告知記事:【お知らせ】今年最後となる10月の住吉神社の花手水が10月6日〜10月16日で開催予定とのことです〜住吉神社のHPより

【関連記事】
※今年の住吉神社花手水の記事。
住吉神社の今年9回目となる秋の花手水が始まってます〜秋色のガーベラとケイトウをメインに(9月9日〜9月23日)
住吉神社の今年8回目となる花手水が始まっています〜夏の花手水としては第5弾の今回が最終回(8月14日〜8月23日)
住吉神社の今年7回目となる花手水が始まっています〜夏は連続開催で第4弾(8月2日〜8月11日)
住吉神社の今年6回目の花手水が始まっています〜夏は連続開催で第3弾は紫陽花(7月23日〜8月1日)
住吉神社の今年5回目の花手水が始まっています〜7月は連続開催で第2弾は胡蝶蘭(7月13日〜7月22日)
住吉神社の今年4回目となる7月の花手水が始まっています〜ひまわりの黄色とオレンジメインで元気が出ます(7月1日〜7月11日)
住吉神社の今年3回目の花手水が始まってます〜カーネーションをメインにとてもカラフル(6月17日〜6月27日)
住吉神社の今年2回目の花手水が始まってます〜真っ赤なカーネーションを中心に(5月16日〜5月27日)
住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2023年第1回目は桜との共演(4月28日〜5月7日)

| | コメント (0)

2023年9月26日 (火)

【お知らせ】今年最後となる10月の住吉神社の花手水が10月6日〜10月16日で開催予定とのことです〜住吉神社のHPより

Otaru_20230909-151146

※10月6日の小樽は朝から悪天候のため、花手水の6日の開催は中止となり、10月7日以降のスタートとなるとのことです(小樽フラワーのSNSより)。

今年最後となる、10月の住吉神社の花手水の予定が、住吉神社の公式サイトに掲載されていますので、当ブログでもお伝えしますね(写真は9月の花手水より)。

今年10回目となる、今年最後の花手水の開催期間は、2023年10月6日(金)〜10月16日(月)までの予定となっています。

すっかり人気の住吉神社の花手水ですが、今年も楽しませてもらいましたね。

今年(2023年)は4月終わりのゴールデンウィークに合わせて1回目を開催してくれて、そこから毎月、7月から8月にかけては夏の花手水としてほぼ連続で5回開催してくれて、来月10月で計10回の開催となるんですよね。

2020年の初開催以来、いつも素敵な花の飾り付けをしてくれているのは、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)です。

Otaru_20230909-151259
(9月の花手水)

といことで、今年最後の住吉神社の花手水が、10月6日(金)〜10月16日(月)までの期間で開催予定です。

秋の花手水となる10月は、どんな花が飾られるのかも楽しみですね。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※Twitter:小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Facebook:小樽フラワー

【関連記事】
※今年の住吉神社花手水の記事。
住吉神社の今年9回目となる秋の花手水が始まってます〜秋色のガーベラとケイトウをメインに(9月9日〜9月23日)
住吉神社の今年8回目となる花手水が始まっています〜夏の花手水としては第5弾の今回が最終回(8月14日〜8月23日)
住吉神社の今年7回目となる花手水が始まっています〜夏は連続開催で第4弾(8月2日〜8月11日)
住吉神社の今年6回目の花手水が始まっています〜夏は連続開催で第3弾は紫陽花(7月23日〜8月1日)
住吉神社の今年5回目の花手水が始まっています〜7月は連続開催で第2弾は胡蝶蘭(7月13日〜7月22日)
住吉神社の今年4回目となる7月の花手水が始まっています〜ひまわりの黄色とオレンジメインで元気が出ます(7月1日〜7月11日)
住吉神社の今年3回目の花手水が始まってます〜カーネーションをメインにとてもカラフル(6月17日〜6月27日)
住吉神社の今年2回目の花手水が始まってます〜真っ赤なカーネーションを中心に(5月16日〜5月27日)
住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2023年第1回目は桜との共演(4月28日〜5月7日)

| | コメント (0)

2023年9月10日 (日)

住吉神社の今年9回目となる秋の花手水が始まってます〜秋色のガーベラとケイトウをメインに(9月9日〜9月23日)

Otaru_20230909-151113

住吉神社秋の花手水が始まってます。

今年9回目となる住吉神社の花手水の開催期間は、2023年9月9日(土)〜9月23日(土)までとなっています。

夏は7月から8月にかけて続けて開催され、夏の花手水が一段落した後、9月になって秋の花手水として、また開催してくれたんですね。

2020年の初開催以来、すっかりお馴染みのこの住吉神社の花手水ですが、いつも素敵な花の飾り付けをしてくれているのは、松ヶ枝町のバス停前の小樽フラワー(@OtaruFlower)です。

今回飾られているのは、小樽フラワーのSNSによりますと、秋色のガーベラ、ケイトウをメインに、枝ものはまだ蒼い野バラの実、ガラスボウルには千日紅、ミニスイカ、青ヒメリンゴ、そして、菊で作った可愛いウサギがいますね。

Otaru_20230909-151307

Otaru_20230909-151102

Otaru_20230909-151121

Otaru_20230909-151119

Otaru_20230909-151128

Otaru_20230909-151117

あ〜、今回も華やかで素敵ですね。

Otaru_20230909-151143

Otaru_20230909-151146

Otaru_20230909-151213

Otaru_20230909-151204

Otaru_20230909-151259

こちらはいつもの住吉神社の社殿前から振り返って見た風景です。
Otaru_20230909-151358

ということで、今年としては9回目となる、住吉神社の秋の花手水が、9月9日(土)〜9月23日(土)の日程で開催されています。

例年になく厳しい暑さが続いた小樽の夏も一段落したようですので、ちょっと住吉神社に足を運んで、秋の花手水に癒されるのもいいかもしれませんね。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※Instagram:Otaru Flower(@otaruflower)
※Twitter:小樽フラワー(@OtaruFlower)
※Facebook:小樽フラワー

※こちらは小樽フラワーのFacebookページより。

【関連記事】
※今年の住吉神社花手水の記事。
住吉神社の今年8回目となる花手水が始まっています〜夏の花手水としては第5弾の今回が最終回(8月14日〜8月23日)
住吉神社の今年7回目となる花手水が始まっています〜夏は連続開催で第4弾(8月2日〜8月11日)
住吉神社の今年6回目の花手水が始まっています〜夏は連続開催で第3弾は紫陽花(7月23日〜8月1日)
住吉神社の今年5回目の花手水が始まっています〜7月は連続開催で第2弾は胡蝶蘭(7月13日〜7月22日)
住吉神社の今年4回目となる7月の花手水が始まっています〜ひまわりの黄色とオレンジメインで元気が出ます(7月1日〜7月11日)
住吉神社の今年3回目の花手水が始まってます〜カーネーションをメインにとてもカラフル(6月17日〜6月27日)
住吉神社の今年2回目の花手水が始まってます〜真っ赤なカーネーションを中心に(5月16日〜5月27日)
住吉神社の花手水が今年も始まりました〜2023年第1回目は桜との共演(4月28日〜5月7日)

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨・食料品店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽