旧手宮線関連

2019年3月27日 (水)

日銀通りの旧手宮線跡には今も踏切が残ってます〜古い踏切の写真がありました

Otaru_20190225-142334

 

今も線路が残る旧手宮線跡は、散策路も整備されて、観光スポットにもなっていますよね。

手宮線は、1880年(明治13年)11月に官営幌内鉄道の一部として、手宮〜札幌間に北海道で初めて開通した鉄道で、1985年(昭和60年)に全線廃止になってます。

廃止になったのが、そんなに昔ではないので、手宮線が現役だった頃を覚えている方も多いかもしれませんね(う〜ん、私はあまり記憶がないんです…)。

で、日銀通りで旧手宮線跡を見ると、道路を横切る線路を見ることができますが、道路の両脇には、踏切も残っているんですよね。

(写真は2019年2月25日及び3月2日の撮影です)
Otaru_20190302-100150

Otaru_20190225-142346

Otaru_20190302-100209

遮断機はないですが、見上げてみると、結構、そのままですよね。

この踏切で、遮断機が降りて、一時停止した記憶のある方も多そうですね。

Otaru_20190225-142228

実は、道新文化センターの2月講座で、小樽の踏切の話をしたのですが、その際、小樽市総合博物館から古い踏切の写真をお借りしてきたんです。

その中に、この日銀通りの旧手宮線の踏切の写真(昭和戦後撮影)があったので、比較ということで、ここでも掲載させていただきますね。

※この写真は、小樽市総合博物館の許可を得て掲載しいますので、コピー等による二次利用は禁止です。
Hakbutukan_scn_0001
(日銀通り(浅草通り)。小樽市総合博物館所蔵)

すぐ下の左には、当時は貯金局で現在は市立小樽文学館・美術館の建物、その下に三井物産小樽支店(現松田ビル)、右には日本銀行小樽支店、そのずっと奥には、交差点に建つ三菱銀行小樽支店(現 小樽運河ターミナル)の建物も見えますね。

今ではコマーシャル的に「北のウォール街」なんて表現をされたりもしますが、写真横の文章を見ると、当時も“銀行街”と呼ばれていたようです。

古い写真とはいえ、現在と眺めはほぼ同じですね。

Otaru_20190225-142409

ということで、日銀通りの旧手宮線跡に今も残る踏切の様子についてでしたが、雪解けも進んでいるので、そろそろ線路跡を散歩するのにもいい季節になってきましたね(あっ、これから数日、天気は寒いのかな?)。

【関連記事】
市立小樽文学館・美術館の建物は旧郵政省小樽地方貯金局旧三井物産小樽支店(現松田ビル)旧三菱銀行小樽支店(現 小樽運河ターミナル)日本銀行旧小樽支店 金融資料館「特別応接室」が一般公開されていたので見に行ってきました

| | コメント (4)

2018年11月 5日 (月)

ニュースより/旧手宮鉄道施設などの「小樽の鉄道遺産」が北海道遺産に

国指定重要文化財の旧手宮鉄道施設などの「小樽の鉄道遺産」が、北海道遺産に選ばれたというニュースがありました。2018年11月2日、及び3日付の北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたました。

Otaru_20181103_153132

2018年11月1日(木)に北海道遺産第3回選定についての選定証授与式があって公表となり、「小樽の鉄道遺産〜未来に守り伝える北海道最初の鉄道の歴史〜」が、今回、北海道遺産に選定されました。全体では新たに15件が追加されたそうです

国の重要文化財も残る、現在の小樽総合博物館周辺の鉄道施設や、散策路が整備されてイベントなどにも活用されている旧手宮線跡の保全活用の取組みなどが評価されたようです(参考:北海道遺産第3回選定の決定について(PDF))。

Otaru_20180902_152947

この週末の11月3日(土)・4日(日)には、旧手宮線跡の線路を活用したイベント「レールカーニバル in おたる」も開催されていましたね(こちらの記事をどうぞ:旧手宮線の線路をトロッコで走るイベント「レールカーニバル in おたる」が11月3日・4日の2日間で開催!!)。

旧手宮線が幌内鉄道の一部として、1880年(明治13年)に道内で初めて建設され、その後、小樽、そして北海道の発展を支えた小樽の鉄道遺産ですが、今回の選定で、その歴史的価値を私たち市民にも再認識させてくれますね。

ちなみに、小樽市内の北海道遺産としては、「小樽みなとと防波堤」に続いて2件目ということです(※参考:小樽みなとと防波堤 | 各地の北海道遺産 | 次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産)。

※北海道遺産サイト:次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産
※北海道遺産サイト内のお知らせ:北海道遺産 第3回選定を決定・公表いたしました! | お知らせ | 次の世代に残したい北海道の宝物 北海道遺産

※参照ニュース
・2018年11月2日・3日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
北海道遺産! "小樽の鉄道遺産"を選定 (小樽ジャーナル)


注意:小樽市総合博物館は11月5日から冬期開館

Otaru_20181103_154917

夏期開館は11月4日(日)までで、5日(月)からは冬期開館となり、蒸気機関車アイアンホース号は運休となります。また、機関車庫一号・三号、自動車展示館、屋外展示車両も公開休止となります。

Otaru_20181103_153236

※参照
小樽市 :小樽市総合博物館
小樽市 :冬期開館のお知らせ

【関連記事】
小樽港の南防波堤周辺の様子と巨大なクレーン
小樽市総合博物館/第5回《重要文化財の旧手宮鉄道施設》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月24日 (金)

北海道初の鉄道「旧手宮線」の開通は日本では3番目でなく4番目!?

Otaru_20170926_150217r


旧手宮線は、線路沿いに散策路が整備され、観光客が散歩したり線路上で記念撮影をしたりといった観光スポットになっている他、冬の小樽雪あかりの路や夏の小樽がらす市などの会場としても活用されています。

旧手宮線の散策路は、2016年10月末に中央通りから北側の手宮方面へ小樽市総合博物館までの整備工事が完了し、現在は寿司屋通りから総合博物館までの全長約1.6kmに渡って散策路が続いてるんですよね。


旧手宮線は日本で3番目でなく4番目の鉄道!?

Otaru_20170926_143541r


この旧手宮線は、1880年(明治13年)11月に官営幌内鉄道の一部として、手宮〜札幌間に北海道で初めて開通した鉄道で、手宮線と呼ばれるのは南小樽駅から旧手宮駅の区間で、1985年(昭和60年)に全線廃止になってます。

旧手宮線が北海道初の鉄道ということは、よく知られていますが、日本国内ではというと、文献やネットではよく、新橋〜横浜間、京都〜神戸間に次いで“日本で3番目”という記述を目にします。

私もそう思っていて、このブログ内の記事のどこかでは、そのような表現を使っていたと思います。

が、実は3番目でなくて、4番目なんだそうです。
※参照サイトなどは文末に記載しています。

というのは、幌内鉄道より前の同年9月、岩手県の工部省釜石鉄道が開通していたそうです。

釜石鉄道は製鉄所に鉱石を運ぶために敷かれた鉄道だったそうですが、開業3年後に製鉄所が操業停止したのに伴い、鉄道も運休になったそうで、操業期間が短かったからなのか、はたまた鉱山専用鉄道だったからなのか、理由は分かりませんが、こちらでは手宮線が日本で3番目と広く認識されてしまっているんですね。

けど、歴史的には4番目なんですね。

Otaru_20170926_144806r


後に参照元として記載してる小樽市総合博物館の方も言われてますが、順番云々はさておき、北海道で初めて開通して、小樽、そして北海道の発展の起点となった鉄道の歴史的な重要性には変わりはないんですよね。


ということで、旧手宮線は日本で3番目でなく4番目の鉄道だったという話でしたが、“日本で〜番目”という表記は、ネットや書籍など各所で扱いがバラバラの状況なので、今後このブログでは、“北海道初の鉄道”という表現の方を主に使っていこうと思います(他の記事の修正をしないと)。


※参照サイトなど。
北海道最初の鉄路「旧国鉄手宮線跡地」【コラムリレー第17回】 | 集まれ!北海道の学芸員
・書籍「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス(Amazonで「小樽散歩案内」を探す)
・2017年4月22日付北海道新聞夕刊(旧手宮線の散策路)
手宮線 - Wikipedia
釜石鉱山鉄道 - Wikipedia

※小樽市総合博物館のFacebookページにも記載があります(埋め込み機能により表示してます)。

【関連記事】
このブログでは、結構、旧手宮線に関する記事を書くことがあるので、カテゴリー「旧手宮線関連」を作りました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月 4日 (土)

旧手宮線散策路の手宮側終点の様子

Otaru_20170926_150232r


旧手宮線の線路跡といえば、観光客が線路の上を散歩したり記念撮影をしたりといった観光スポットになっていて、夏の小樽がらす市や、冬の小樽雪あかりの路の会場としても活用されています。

ちょっと前までは寿司屋通り〜日銀通り〜中央通り間の散策路のみが整備されていたのですが、2013年に中央通りから北側の手宮方面へ向かっての整備工事が始まり、2016年10月末に手宮側の小樽市総合博物館までの整備が完了したんですよね。

なので現在は、寿司屋通りから小樽市総合博物館までの全長約1.6kmの散策路が整備されています。

私も最近は、手宮方面を巡る時には、この旧手宮線線の散策路をよく歩いてます。

で、そういえば、このブログで、整備完了した後の、手宮側終点の端っこの様子を掲載していなかったので、改めて紹介しておこうと思います。

ここが端っこですね。※写真は2017年9月26日撮影
Otaru_20170926_150256r

ちなみに、旧手宮線は単線(戦前は複線だったそう)で、この前までは線路にそって歩道が整備されているのですが、ここの終点付近にくると、現在は小樽市総合博物館の敷地となっている旧手宮駅に向かって線路が分岐していて、このあたりの幅は一気に広くなっています。

(小樽市総合博物館方面を見たところ)
Otaru_20170926_150059r

Otaru_20170926_150133r

(振り返ってここまで続く散策路を見たところ)
Otaru_20170926_150217r

モニュメントがありますが、これは蒸気機関車の車輪かな。

Otaru_20170926_150150r

ここを横切る道路までが旧手宮線の散策路になるわけですが、この道路にも線路は続いていて、道路を渡った先の柵で仕切られた小樽市総合博物館まで、線路は今もつながっているわけですね。

Otaru_20170926_150227r

Otaru_20170926_150302r

ちなみに、この右手にあるのがマックスバリュ手宮店とツルハドラッグ小樽手宮店で、道路を海側に行くと、すぐに鱗友朝市があります、

Otaru_20170926_150515r

Otaru_20170926_150648r

ということで、旧手宮線散策路の手宮側終点の様子でした。

この散策路が、観光客が手宮方面へと足を延ばすきっかけになってもらいたいところですが、この散策路は歩くとやっぱり結構長くて、途中に立ち寄ったり休憩できるスポットがないのがちょっと寂しいんですよね(ベンチはあるんですけどね…)。

手宮側まで来ると、国の重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店があって、海側に行くと昔ながらの面影を残す北運河や倉庫群もあるので、個人的にはいい散策路だとは思うのですがね。

※旧手宮線は幌内鉄道の一部として、1880年(明治13年)に道内で初めて建設された鉄道で、手宮線と呼ばれるのは南小樽駅から旧手宮駅の区間で、全線廃止になったのは1985年(昭和60年)です。

※参考
吹雪の中開通祝う! 旧手宮線散策路完成 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
・2017年4月22日付北海道新聞夕刊

【関連記事】
旧手宮線の遊歩道整備はあと一区間を残すのみ〜最後の区間の工事の様子


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 小樽あんかけ焼そば 家庭料理 海の幸 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 朝里地区 祝津・高島地区 銭函地区 長橋地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌