塩谷地区

2019年7月17日 (水)

鎮守の森に囲まれた塩谷神社に行ってきました〜新しくなった第二鳥居と小樽市指定の保全樹林

20190714-141812

先日、塩谷神社に行ってきました。

小樽中心街方面から国道5号線で塩谷地区に入ると、道路沿いのちょうどバス停「塩谷」前に朱色の灯籠があって、少し入ったところに同じく朱色の鳥居が立っています。ここが塩谷神社です(文末に地図を掲載しました)。

なかなか塩谷地区には行く機会がないのですが、行った日は塩谷神社の例大祭で、実はその日に合わせて行ってきたんです。

20190714-141752

ただ、例大祭の話はまた別途ということで、今回は塩谷神社について紹介しようと思います。

※写真については、過去(2017年9月)に撮影したものも含まれています。

塩谷神社について

塩谷神社に到着すると、鳥居とその横には石碑が建っているのですが、そこに記されている塩谷神社の「塩」の文字には、旧字体の「鹽」を用いているんですね。こちらが正式なのかな。ただ、ここでは普段あちこちで用いられている「塩」の表記にしますね。

(ここから2017年9月撮影写真)
20170907-133052

20170907-133200

国道沿いの鳥居からは、坂道の参道がまっすぐと続いているのですが、そこからは社殿の姿を見ることはできません。

20170907-133222

ちなみに、参道奥にある社殿がこちらになりますが、そもそも塩谷神社とは!?ということで、まず最初に、ちょっと調べてみた塩谷神社についてです。

20170907-133723

海がある塩谷もやはりかつてはニシン漁で栄えた地区ですが、塩谷神社について、忍路郡郷土誌(昭和32年発行)の中に、寛政2年(1790年)というかなりの昔に、当時この一帯のオショロ場所請負人だった西川家の西川准兵衛という人が塩谷の別の場所に創設した、といった内容の記載がありました。
※参考:忍路郡郷土誌(発行:塩谷村役場 昭和32年発行)

そして、もう少し調べていたら、公式かどうかは分からないのですが、塩谷神社のサイト(→鹽谷神社 鹽谷神社について)があって、そちらによると、創立はさらにその前の延宝2年(1674年)、西川伝右衛門が開いたニシン漁場の番屋内の神殿に、京都・伏見稲荷大社から分霊を勧請し奉斎した事に始まる、といった記述もありました。

手元にその他の公的な詳しい資料がなく、それ以上は分かりませんでしたが、いずれにしても、相当歴史のある神社であるのは間違いないですね。

塩谷神社第二鳥居の再建

さて、坂道の参道に入って最初の鳥居をくぐると、そのすぐ先にもう一つ鳥居が見えます。

(ここからは、2019年7月14日撮影の写真)
20190714-141902

実はここの第二鳥居は、老朽化により5年前(2014年)に撤去されていたのですが、今年(2019年)6月27日に再建されたんですよね。

(ピカピカですね)
20190714-141914

(令和元年六月吉日建立と書かれてます)
20190714-141939

(塩谷神社御創祀350年記念事業の一環とのことです)
20190714-141930

7月1日には清祓(きよはらい)式が行われたそうで、7月13日・14日に行われた例大祭にも間に合いました。

※参照ニュース:2019年7月3日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

参道を歩く〜塩谷神社の保全樹林

第二鳥居をくぐってからは、坂道になっている参道がその先で木々に覆われていて、まるで森の中に入って行くようです。

20190714-142048

まだ、社殿がよく見えませんね。

木々に囲まれた、静かでひんやりとした参道を上っていくと階段があります。

20190714-142128

これを上った先に、社殿が建っているのですが、周囲の木々はさらに鬱蒼としています。

20190714-142152

実はここ塩谷神社周辺に広がるこの雑木林は、小樽市の保全樹林に指定されているんですよね。

階段手前には、案内板もあります。

20190714-142144

小樽市HP内に保存樹木等の指定一覧があり、案内板と同内容の解説が掲載されているのですが、それによると、塩谷神社の自然林は推定樹齢250年〜300年のハルニレやカエデなどが中心で、樹高は約25m〜30mあるそうです。
※参照:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧

(振り返って見たところ)
20190714-142157

そして、階段を上って。

20190714-142204

こちらが塩谷神社の社殿ですが、このあたりの木々もすごいですね(この時は例大祭でした)。

20190714-142248

(階段の上から振り返って見たところ)
20190714-142612

これはまさに、鎮守の森といった雰囲気です。

塩谷神社の社殿の様子

それでは、上ってきた塩谷神社の社殿の周囲の様子です(ここからは、また2017年9月撮影写真です)。

20170907-133555

が、ちょっと調査不足で、現在の社殿の建築年や、周囲に碑などもいくつかあるのですが、詳細は未確認です。すいません。

なので、写真中心に掲載していきます。

20170907-133723

20170907-133633

20170907-133748

20170907-133753

20170907-133801

20170907-133823

社殿はこじんまりとしてますが、とても歴史を感じさせますね。

(慰霊殿創立の碑)
20170907-133613

(慰霊殿)
20170907-133643

20170907-133625

20170907-133652

20170907-133847

おまけ〜塩谷神社へ今回はバスで

20190714-142908

今回、塩谷神社へはバスで行きました。

バスだと、小樽駅前広場の左側から国道5号線に出たところにあるバス停から塩谷線・余市線に、駅前バスターミナルからだと5番乗り場から余市線・積丹線に乗り、バス停「塩谷」で降りれば、目の前が塩谷神社です。

料金は塩谷までは片道220円です(2019年7月現在。均一区間はバス停「塩谷」または塩谷線なら「塩谷海岸」まで)。

おわりに

塩谷神社の例大祭では、明治初期から神輿渡御行列の花形として伝承されている松前奴(やっこ)という行列があるんですよね。それを含めた例大祭の様子は、また別の機会に紹介したいと思います。

20190714-142337

ということで、なかなか行く機会がないものの、とても歴史のある塩谷神社の様子でした。

※塩谷神社につては、私も参加する「おたるくらし」に投稿してました。
塩谷神社の鎮守の森 | ここかしこが慕わしいまち

【関連記事】
※塩谷地区の記事は、カテゴリー「塩谷地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2017年9月24日 (日)

【踏切のある風景】塩谷駅近くの丸山踏切の風景

Otaru_20170907_130700


久々の踏切の風景シリーズです。

このブログでは、“踏切のある風景”として、小樽市内の踏切の写真を時々掲載しているのですが、踏切って名前が付いているんですよね。

今回は、塩谷駅近くにある「丸山踏切」の風景です。

先日、JR塩谷駅に行ってきた際に、駅周辺を歩いてきたのですが、駅前を通る北海道道956号小樽環状線を駅から蘭島・余市方面に向かうと、すぐにその小樽環状線から左に入る道があります。

Otaru_20170907_130425_2

(左に入ります)
Otaru_20170907_130541

ちなみに駅から続くスロープもあって、それを下り終えたところに、この曲がり道があります。
(振り返って駅側を見たところ)
Otaru_20170907_130951

やや上り坂になっているその道に入ると、すぐに踏切ありの道路標識がありました。

Otaru_20170907_130622

そこから道に沿って左に曲がると…

Otaru_20170907_130651

ありました。踏切ですね。

丸山踏切です。
Otaru_20170907_130700

実はここに踏切があるとは知らず、この日、周辺を歩いていて、ここに踏切があるのを知りました。

踏切を渡りつつ、こちらが塩谷駅側(小樽駅方面)で、先に塩谷駅のホームと跨線橋が見えます。

Otaru_20170907_130714

そして、こちらが蘭島・余市方面です。
Otaru_20170907_130710

この踏切名の丸山ですが、おそらく塩谷地区の南にある、登山でもお馴染みの塩谷丸山からですよね。

ちなみに、踏切の先に見える山が丸山かな(間違っていたらご指摘ください)。

Otaru_20170907_130722

私は丸山には登ったことがないのですが、そうか、登山をする方はこの踏切を渡って登山口に向かうのですね。

線路を渡ると、右手に広い敷地の施設があるのですが、北海道ガス株式会社塩谷供給所という表札が掲げられてました。

Otaru_20170907_130753

踏切を渡った先には、塩谷4丁目の住宅地が広がっているのですが、すぐ横に看板があって、平成8年のものですが、塩谷丸山下町会案内図と書かれてました。

Otaru_20170907_130733

そういう町会名がついているのですね。

この日は踏切を渡ってすぐに引き返したので、ここまでです。

Otaru_20170907_130831

ということで、今回の“踏切のある風景”は、塩谷駅近くにある「丸山踏切」の風景でした。

【関連記事】
※この日に塩谷に行った時の記事です。
跨線橋も渋く小さな駅舎が可愛い無人駅の「塩谷駅」の様子(補足として塩谷地区について)
JR塩谷駅の小樽駅側すぐ近くの歩道橋(跨線橋)から【歩道橋シリーズ】
【階段のある風景】塩谷駅周辺には高低差と階段がいくつかあった

※踏切のある風景の記事は、カテゴリー「踏切・線路のある風景」にまとめています。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月23日 (土)

【階段のある風景】塩谷駅周辺には高低差と階段がいくつかあった

Otaru_20170907_130055


先日、JR塩谷駅に行ってきたのですが、塩谷の駅前には高低差があって、その高低差をつなぐ階段がいくつかありました。

となると、気になる階段をただただ紹介する、「階段のある風景」シリーズです(笑)

塩谷駅の目の前には、最上町から山の間を通ってくる北海道道956号小樽環状線が通っているのですが、駅は道路に対して高い位置にあるんですよね。

Otaru_20170907_124950rr

なので、駅を出てから道路に出るには、階段を降りることになります。

Otaru_20170907_125255

ということで、塩谷駅から降りる階段の風景ですね。

Otaru_20170907_130055

階段は2方向に降りてます。

Otaru_20170907_130425

あっ、道路に並行して、緩やかなスロープもちゃんとあります。

Otaru_20170907_130546


さて、道路を挟んで駅と反対側はさらに低地になっているんですよね。

そこには民家が広がっていて、塩谷駅前の住宅地となっています。

Otaru_20170907_130417

で、その住宅地にはどうやって行くのかと思ったら、道路沿いには、何やらありますね。

Otaru_20170907_130133

階段の降り口のようです。

Otaru_20170907_125319

この小樽環状線のできる前は、このあたりの道路がどうなっていたのかは分からないのですが、なるほど、低地にある住宅地に降りる歩行者のために、階段が設置されているんですね。

(今回は降りなかったけど、降りてみればよかった…)
Otaru_20170907_125324

ちなみにこの階段、塩谷駅の目の前ともうちょっと山側の2つあって、上の写真は山側の階段ですが、駅前の方はというと…

Otaru_20170907_130122

フェイク階段でした…(下が草で覆われてるようでした)

小樽環状線は、山側からきて塩谷駅前を通り、その先の国道5号線方面に向かって下っているのですが、山側にはその住宅街に降りるための道路があり、下って行くと、住宅街に入って行く道路もちゃんとあります。

(山側から住宅街に降りるための道路)
Otaru_20170907_125411

ということで、今回の階段のある風景は、塩谷駅周辺の高低差をつなぐ階段の様子でした。

Otaru_20170907_130147

【関連記事】
跨線橋も渋く小さな駅舎が可愛い無人駅の「塩谷駅」の様子(補足として塩谷地区について)
JR塩谷駅の小樽駅側すぐ近くの歩道橋(跨線橋)から【歩道橋シリーズ】

※階段についての記事は、カテゴリー「小樽の階段のある風景」で。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

JR塩谷駅の小樽駅側すぐ近くの歩道橋(跨線橋)から【歩道橋シリーズ】

Otaru_20170907_124800t


久しぶりの歩道橋のある風景の「歩道橋シリーズ」です。

今回は、JR塩谷駅から小樽駅側のすぐ近くの線路の上に架かる歩道橋です。

線路を渡るので、跨線橋といった方がいいのかな。

いつものように、名前の表示がないか探したのですが、見つけられませんでした。

(塩谷駅ホームから見た歩道橋)
Otaru_20170907_124707t

JR塩谷駅の前には、最上町から山の間を通ってくる北海道道956号小樽環状線が走っています。

(道道956号小樽環状線。右側に塩谷駅から続く歩道)
Otaru_20170907_124950r

塩谷駅前から直接続く歩道部分は、その小樽環状線に沿うようにあるのですが、線路の上に差し掛かる手前で小樽環状線とは別れて歩道橋へと通じてます。

歩道橋に向かって歩いて行ったのですが、近くから歩道橋の様子はよく見えませんでした。

Otaru_20170907_125454

(小樽環状線と離れて右に歩道橋があります)
Otaru_20170907_125505

こちらが歩道橋から見た塩谷駅側。
Otaru_20170907_125523

こちらが小樽駅側。目の前の橋は小樽環状線ですね。
Otaru_20170907_125556

歩道橋を渡ります。
Otaru_20170907_125604

ちなみに、この歩道橋を渡った先は…

Otaru_20170907_125632

う〜ん、特に何も見えなかったので、ここから先に行くのはやめたのですが(右手はJR用地内で立ち入り禁止)、地図を見ると、ポツポツとある民家に通じる道のようで、どうやら小樽環状線のできる前からある道のようですね。

というわけで、歩道橋を戻りました。
Otaru_20170907_125732


ところで、一番最初の写真を見ると、線路が2つあるんですが、もともとこの区間は単線で、左側にある線路は歩道橋の下あたりで終わってるんですよね。
(こちらの写真ですね)
Otaru_20170907_124800t

歩道橋から見ると、右側の線路が古いのが分かります。
Otaru_20170907_125545

かつては何かに使っていた線路跡なんでしょうかね。


ということで、今回は歩道橋シリーズとして、JR塩谷駅から小樽駅側すぐ近くの線路の上に架かる歩道橋の様子でした。

【関連記事】
跨線橋も渋く小さな駅舎が可愛い無人駅の「塩谷駅」の様子(補足として塩谷地区について)

※これまで渡った小樽の歩道橋については、カテゴリー「歩道橋からら」にまとめてますので、そちらもどうぞ。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月21日 (木)

跨線橋も渋く小さな駅舎が可愛い無人駅の「塩谷駅」の様子(補足として塩谷地区について)

Otaru_20170907_124656


先日、JR塩谷駅に行ってきました。

塩谷駅は、小さな駅舎がある無人駅です。

普段、塩谷方面に行くには、ほとんどの方はバスが車で行くと思うのですが、私もそうで、塩谷駅に降り立ったのは、いつ以来だろう(あれ?ひょっとして初めてだったかも…)。

Otaru_20170907_124536


塩谷駅の様子

塩谷駅は、JR小樽駅の隣駅で、小樽駅からは函館本線の余市・倶知安方面普通列車で乗車時間10分、片道220円です。

小樽〜塩谷〜蘭島〜余市という駅の順番ですね。
Otaru_20170907_124719

さて、塩谷駅ですが、ホームは上りと下りが別々で、小樽方面(下り)に駅舎があります。

Otaru_20170907_124625

Otaru_20170907_124648

上りと下りのホームは跨線橋で繋がってます。

Otaru_20170907_124650

いや〜、この跨線橋がなんとも渋い。

Otaru_20170907_124707

小樽駅から塩谷駅に到着すると、この跨線橋を通って駅舎側に渡ります。

※ちなみに、小樽駅で買った切符は、列車を降りる時に運転士に渡しました。乗った列車はワンマン列車といって、乗降時に進行方向一番前のドアだけが開いて、そこから降りるんですね(危うく降り損ねるとこでした)。

Otaru_20170907_124730

Otaru_20170907_124755

(跨線橋の上から見た小樽駅方面。窓がちょっと汚れてます)
Otaru_20170907_124800

(蘭島・余市方面)
Otaru_20170907_124805

無人駅で改札口とかはないので、駅舎を通らずも、その辺から駅の外に出ることになります。

Otaru_20170907_124904

こちらが駅舎内です。

Otaru_20170907_130158

無人駅なので、駅舎内はガランとしていて、券売機などもありません。

塩谷駅 - Wikipediaによると、塩谷駅は1903年(明治36年)に開業している古い駅で、現在の可愛い駅舎は、1989年(平成元年)に建てられた、比較的新しいものです。

Otaru_20170907_130147

駅の境目が分かりませんが、駅を出ると、目の前を最上町から山の間を通ってくる北海道道956号小樽環状線が走っています。

Otaru_20170907_124950

Otaru_20170907_130425


ところで、この日私が乗車した2両編成の列車の座席は、ほぼ埋まっていて、学生さんらしき乗客中心に結構な混雑だったのですが、塩谷駅に降り立ったのは、私と1組の観光客(この方たちは塩谷駅で撮影をしていました)のみだったので、乗客はその先の蘭島、余市に向かったようです。

Otaru_20170907_124544

そもそも塩谷地区といえば、多くの方が砂浜の綺麗な塩谷海岸を思い浮かべると思うのですが、ここ塩谷駅は海から随分と内陸部に入ったところにあります。

塩谷の海は国道5号線からすぐですし、塩谷方面に行くには車はもちろん、国道を通る路線バスがたくさん走っているので、そちらが便利です。列車は上り下りともに1時間に1本あるかないかですしね。

車が普及する前は、街に出るのに塩谷の多くの方が塩谷駅を利用していたとのことですが、現在は塩谷の方々もあまり利用してないでしょうね。

駅としてはちょっと寂しい状況です。

Otaru_20170907_124910


塩谷という地区について

補足として塩谷という地区についてですが、塩谷には海水浴場でお馴染みの塩谷海岸があって、塩谷漁港もあり漁業も行われてますが、山側では畑や果樹園が広がり、農業も盛んな地区です。

かつて一帯は塩谷村で、小樽市と合併したのが昭和33年(1958年)4月と、それほど昔のことではありません。

現在の塩谷は国道を挟んで海側の1丁目に山側の2丁目、そこからさらに山側に3、4、5丁目とかなり広範囲にわたってます。

ちなみに、道道956号小樽環状線を最上町から上って行くと、左に天狗山に入って行く道路(市道天狗山観光線)があって、その先に北照高校の野球場があるのですが、なんとここからすでに住所は塩谷になるんですよね。


おわりに

最近は塩谷海岸でのシーカヤック体験や青の洞窟ツアーが人気だったり、個人的には小樽の冬のイベント・雪あかりの路での塩谷会場の様子が好きで、ここ数年見に行っているのですが、それでもやっぱり塩谷方面にはあまり行く機会がないですよね。

ましてや今回の塩谷駅となると、なおさら行く機会はないかもしれませんね。

それでも、塩谷地区は歴史のある地区ですし、なかなか興味深いスポットもあるので、それらを少しずつでも紹介できればと思ってます(ということで、カテゴリー「塩谷地区」を設定しました)。

※参考
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)
塩谷村 (北海道) - Wikipedia
塩谷駅 - Wikipedia

【関連記事】
可愛い駅舎の蘭島駅の様子〜かつては海水浴客で大混雑した駅ですね
小樽雪あかりの路19/「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場の雪あかりの路


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月14日 (火)

小樽雪あかりの路19/「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場の雪あかりの路

Otaru_20170204_175929


2月3日(金)から始まった小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路19」も、2月12日(日)で終了しました。

期間中はメーン会場の運河会場と手宮線会場の他、小樽市内の“あかりの路会場”などでロウソクが灯され、たくさんの方が雪あかりの路を楽しんだのでのではないでしょうか。

このブログでも、いくつかの会場の様子をお届けしましたが、まだ紹介していない会場の写真がいくつかあるので、当ブログでは、もう少し雪あかりの路の様子を投稿しようと思ってます。

その中から今回は、最初の週末の2月4日(土)・5日(日)の2日間だけの日程で開催された、「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場の様子です。

Otaru_20170204_174659


「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場の雪あかりの路

塩谷会場には昨年初めて訪れて、その規模の大きさと見事な雪あかりを目にして、今年も必ず行こうと、開催日をチェックしていました。

塩谷会場は、開催が2日間だけで、さらに小樽の市街地からは離れているので、なかなか行きにくいというのもあるんですよね。

会場となっているのが、塩谷の伊藤整文学碑前の広場と、その横に作られた広い会場です(この辺りは、ゴロダの丘と呼ばれる高台です)。

昨年に続いて、今年もバスで行ったのですが、私はバス停「小樽駅前」(小樽駅前広場の左側から国道5号線に出たところにあるバス停)から塩谷線(または余市線)に乗りました。降りるのはバス停「塩谷」です。

(バス停「小樽駅前」から乗車)
Otaru_20170204_171208

(バス停「塩谷」で下車)
Otaru_20170204_173728

バスの乗車時間は20分ほどで、料金は市内均一区間なので、片道220円です(2017年2月現在)。

国道5号線沿いのバス停「塩谷」で下車すると、周辺は真っ暗で会場のような場所が見当たらずに、初めて行くとちょっと焦るのですが、そのまま進行方向に向かって少し歩くと、左手に伊藤整文学碑への上り道があるので、そこを上っていけば会場となっている伊藤整文学碑の広場になります。

Otaru_20170204_174156

(上り道の入り口に小さな案内板があります)
Otaru_20170204_174213

その上り道もちょっと距離があるのですが、道路脇にはロウソクが灯っていました。

そして、伊藤整文学碑広場の入口に到着です。

Otaru_20170204_174617

Otaru_20170204_174632

「小樽雪あかりの路」の名称は、小樽ゆかりの文学者・伊藤整の詩集「雪明りの路」にちなんでつけられた名前なんですが、その伊藤整は、幼少期から青年期までを塩谷で暮らしていたんですよね。

なので塩谷会場は、まさにこのイベントにふさわしい会場とも言えますね。

Otaru_20170204_174659

Otaru_20170204_174732

Otaru_20170204_174749

伊藤整文学碑広場のロウソクの灯りを見ながらさらに奥へ行くと…

Otaru_20170204_174807

見事な雪あかりの路が広がってます。

Otaru_20170204_175336

広い会場に灯されたロウソクが、本当に綺麗なんですよね。

では、ここからは塩谷会場の写真を掲載していきます。

Otaru_20170204_174918

Otaru_20170204_174940

Otaru_20170204_175022

Otaru_20170204_175450

Otaru_20170204_175627

Otaru_20170204_180340

ここは斜面になっているのですが、雪山の展望台が作られていて、上から眺められるようになってます。

Otaru_20170204_175710

それがこちら。

Otaru_20170204_175838

Otaru_20170204_175929

Otaru_20170204_180228

Otaru_img_2856

会場の様子を動画で撮ってきました。全体の雰囲気が伝わるかな。

いや〜、やっぱりこの規模の大きさは、見事ですね。

会場入口横で火を焚いていて、ここで暖まってから、会場を後にしました。

Otaru_20170204_174603


おわりに

ということで、今年も見事だった塩谷会場の雪あかりの路の様子でした。

Otaru_20170204_174828

小樽の市街地から離れて、行き方もよく分からないということもあると思うので、そんなにたくさんの方が見にくる会場ではないのですが、これだけの規模の雪あかりの路は、もっと多くの方に見てもらいたい、と個人的には思ってしまいます。

来年も是非訪れたいと思ってます。


そうそう、バスを利用する際、1日4回以上バスに乗るなら、中央バスの「おたる市内線バス1日乗車券」がお得です。
小樽観光で4回以上バスに乗るなら中央バス「おたる市内線バス1日乗車券」がお得〜小樽雪あかりの路の会場巡りにも
周囲には何もないので、バスの時間はしっかりと調べておいた方がいいですね。

それと、会場横に駐車場もあったようですが、結構すぐにいっぱいになっていたようです。

以上、来年の参考までに。


※小樽雪あかりの路の公式サイトはこちら。
小樽雪あかりの路

【関連記事】
※昨年の塩谷会場の様子はこちら。
小樽雪あかりの路18「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場がとても綺麗で規模の大きさに驚き【動画の追加あり】

※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめていきますので、そちらもどうぞ。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

小樽雪あかりの路18「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場がとても綺麗で規模の大きさに驚き【動画の追加あり】

Otaru_20160206_173528


雪の小樽をロウソクの温かな灯りが照らす、小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路18」が、2月5日(金)からいよいよ始まりました。

このブログでも、当分は雪あかりの路関連の記事が続きそうですが、2月6日(土)は「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場に行ってきました。

Otaru_20160206_180412


塩谷会場は、市内各所に設置される“あかりの路会場”の1つなんですが、行くのは初めてだったんです。
ただ、ここの雪あかりは見事で、とても綺麗だと聞いていたので、行ってみたかったんです。

塩谷会場の開催期間は、2月6日(土)・7日(日)の2日間だけです。
時間は17:00〜20:00までで、実施は塩谷雪あかりの路実行委員会によります。
※公式サイト内の塩谷会場のページはこちら:小樽雪あかりの路 » 「伊藤整ゆかりの地」塩谷会場

塩谷地区は、市街地から結構離れているので、なかなか行きにくいのですが、この日はバスで行きました、

会場となっているのが、塩谷の伊藤整文学碑前の広場と、その横に設置された散策路です(ゴロダの丘と呼ばれる高台です)。

国道5号線沿いのバス停「塩谷」で下りて、ちょっとだけ進行方向に歩くと、左手に伊藤整文学碑への上り道があるので、そこを上っていけば、塩谷会場となっている伊藤整文学碑の広場です(車道と散策路の2つ上り道があります)。

(国道沿いに小さな案内板が)
Otaru_20160206_172333

(伊藤整文学碑広場の入口)
Otaru_img_1403

到着したのは17:30頃で、伊藤整文学碑の周辺には、ロウソクが綺麗に灯っていました。

Otaru_img_1405

ご存知の通り、小樽ゆかりの文学者・伊藤整は、幼少期から青年期までを塩谷で暮らしたんですよね。
しかも、このイベント「小樽雪あかりの路」の名称は、伊藤整の詩集「雪明りの路」にちなんでつけられた名前なんですよね。

なので、この塩谷会場は“隠れたメーン会場”といった感じですね。

Otaru_20160206_173418

すぐ横では、甘酒無料サービスがあったので、バスで来たのでいただきましたが、暖まって美味しかったです!

Otaru_20160206_173025

そして、その伊藤整文学碑の広場のさらに奥に出てみると…

Otaru_20160206_173528

お〜!これは凄い!

奥がこんなふうになっていたとは。
正直、これを見て、会場の広さにびっくりしました。

そして、そこに灯されたロウソクの綺麗なこと!

では、ここで塩谷会場の様子ということで、写真を掲載していきますね。

Otaru_20160206_174503

Otaru_20160206_174908

Otaru_20160206_174209

Otaru_img_1413

Otaru_img_1422

Otaru_img_1423

Otaru_img_1427

ロウソクが灯る広い会場内には、散策路が張り巡らされているので、雪のオブジェとロウソクの灯りを間近でも見られますし、雪山の展望台もあるので、上からも眺められます。

Otaru_20160206_175741

Otaru_img_1430

いや〜、話には聞いていましたが、塩谷会場の雪あかりは思った以上に綺麗でしたし、何と言っても、規模の大きさに驚きました。

ちなみに、会場の下には国道5号線が走り、向かいには車屋の照明があって、その向こうには塩谷の海が薄らと見えました。

Otaru_img_1406

ここは近くに民家もほとんどない、とても暗く静かな場所なんですが、それが一層幻想的なんですよね。

会場入口横には、火を焚いていて、これがまた暖かかったです。
Otaru_20160206_181005

ここ塩谷会場はこの日、来場者はそこそこいましたが、混雑しているというほどではなくて、もっとたくさんの方に見てもらいたいな〜、って私が勝手に思ってしまうくらいでした。

ただ、やっぱり小樽の市街地からはちょっと遠いんですよね(というか、行き方が分からない方も多いかも)。

ちなみに、私はバス停「小樽駅前」(小樽駅前広場の左側から国道5号線に出たところにあるバス停)から塩谷線(または余市線)に乗って、バス停「塩谷」で下車しました。あとは会場まで歩いてすぐです。

(国道沿いには建物がない…)
Otaru_20160206_182038

バスの乗車時間は20分ほどで、料金は市内均一区間なので220円です(2016年2月現在)。

実際に行くと、近いもんなんですが、近くに休憩するような場所やお店はないので、特に帰りのバスの時間はしっかり調べておくことをお勧めします。じっと待っていると凍えます。

Otaru_20160206_182645

車の場合、会場のすぐ先に駐車場がありましたが、この日ですでにいっぱいで、あまり大きな駐車場ではないようです。


ということで、初めて行った小樽雪あかりの路の塩谷会場の様子でしたが、ちょっと驚くくらいの見事な雪あかりで、とても楽しく感動してきました。来年も是非、行きたいです。


塩谷会場の開催期間は2月6日(土)・7日(日)の2日間ですが、「小樽雪あかりの路18」の開催期間は、2月5日(金)〜14日(日)までとまだまだ続きますので、皆さん、小樽の冬を楽しんでください。

そして、いつもの一言ですが、“お出かけの際は、暖かな服装で!”

Otaru_20160206_174515


「小樽雪あかりの路18」塩谷会場の様子【動画】《追記 2016.2.8》 

なかなか行く機会のない塩谷会場だと思うので、広い会場の様子が分かるように、動画を撮ってきました。
短い動画ですが、何となくでも雰囲気が伝わると嬉しいです。


※小樽雪あかりの路の公式サイトはこちら。
小樽雪あかりの路

【関連記事】
塩谷のゴロダの丘に建つ伊藤整文学碑: 小梅太郎の「小樽日記」

※小樽雪あかりの路関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてますので、どうぞそちらも。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

塩谷の徳源寺は本堂が歴史的建造物〜境内には保存樹木の巨木〜お寺の前の坂は「停車場の坂」

Otaru_20150825_144854


国道5号線沿いのバス停「塩谷」の近くの交差点の横に、曹洞宗「徳源寺」というお寺への案内板があります。

Otaru_20150825_144432

この徳源寺は、本堂が小樽市指定歴史的建造物でもあるとても古く歴史のあるお寺で、以前から気にはなっていたのですが、ようやく行くことができました。

行ったのが、ちょっと前の8月なので、今の時期と木々の様子が変わっていると思いますので、ご了承を。

Otaru_20150825_144724
(写真は8月25日撮影)


塩谷の徳源寺は本堂が小樽市指定歴史的建造物

先ほどの国道5号線の交差点から、山側に入ると、道路は坂道になっていて、上ってすぐにお寺の門柱があります。

Otaru_20150825_144739

その横に、お馴染みの小樽市指定歴史的建造物の案内板があります。

Otaru_20150825_144721

徳源寺の創立は文久2年(1862年)と古く、小樽市指定歴史的建造物に指定されているのは現存する本堂で、明治30年(1897年) 建立ととても歴史があります。

Otaru_20150825_144854

小樽市のHP内に徳源寺本堂の建物概要が掲載されているので、引用させていただきます。

このお寺は、文久2年(1862)年塩谷村吉原に創立され、その後、現在の場所にこの本堂が建てられました。
棟梁は、水天宮と同じ伊久治三郎です。本堂の屋根は入母屋造りで正面中央に唐破風をつけています。
本堂の平面は奥から内陣、外陣、廊下からなり、内陣の左右に脇陣があります。
本堂と左手の龍神堂が並ぶ形式は、小樽市真栄の龍徳寺と共通しています。
境内には、小樽市の保存樹木に指定されているクロマツとイチョウがあります。
小樽市 : 徳源寺本堂

趣というか風格がありますよね。

Otaru_20150825_145751

Otaru_20150825_144922

Otaru_20150825_144941

こちらが龍神堂かな?

Otaru_20150825_145553

Otaru_20150825_145543

装飾が細かくて凄いですね。

Otaru_20150825_145509

こちらの建物は何だろう…
Otaru_20150825_144947

行ったのが8月ということで、周囲は濃い緑に囲まれていたのですが、とても静かで落ち着いた雰囲気でした。

それにしても、ここ徳源寺の境内はとても大きな木々に覆われています。

先ほどの建物概要にも記載されていますが、境内の木々には、小樽市の保存樹木に指定されているクロマツとイチョウがあるそうです。


小樽市保存樹木のクロマツとイチョウ

境内には、大きなクロマツとイチョウの木がどうやら3本ずつあって、小樽市の保存樹木に指定されています。

Otaru_20150825_145711

境内には案内板もありました。

Otaru_20150825_145057

Otaru_20150825_145531

小樽市HP内の保存樹木等の指定一覧のページに、説明があるので引用させていただきます。

龍神堂横の黒松は明治30年塩谷村吉原より移転し、本堂が建築された以前からあったものと思われ、大変立派な樹木である。また、本堂左の公孫樹(イチョウ)は、2本が合体しており珍しい。黒松は、樹高約18m、平均幹周2m、推定樹齢250年以上。公孫樹は、樹高15m、平均幹周1.4m、推定樹齢150年以上。
小樽市 : 保存樹木等の指定 一覧

ということですが、推定でクロマツの樹齢が250年以上、イチョウが150年以上なんですね。

ただ、すいません、境内のどの木も立派で、どれがどれだかよくわからないのですが、本堂前の左にある、二本の木の枝が繋がっている珍しいイチョウというのがこちらですね。

Otaru_20150825_145617

繋がってますね。
Otaru_20150825_145808

そして、クロマツはこれかな?巨木です。
Otaru_20150825_145658


徳源寺の前の坂は「停車場の坂」

帰ってから知ったのですが、この徳源寺の前の坂は「停車場の坂」というそうです。

Otaru_20150825_144804

今はそのように呼ぶ人も少ないそうですが、坂を上っていった先に、塩谷駅があることから、そう呼ばれるようになったとのことです。

Otaru_20150825_145850

塩谷に住んでいた、小樽ゆかりの文学者・伊藤整も、この坂を歩いて塩谷駅から庁立小樽中学校(小樽潮陵高校の前身)、小樽高等商業学校(小樽商科大学の前身)に汽車通学していたそうですよ。

この坂を上ると、切り割りになった峠に出て、その先が塩谷駅になるそうで、機会があったら、この停車場の坂を上り、塩谷駅まで歩いてみたいですね。

※参考:小樽市 : おたる坂まち散歩 第47話 停車場の坂(前編) (ていしゃばのさか)


おわりに

なかなか塩谷方面には行く機会がなかったのですが、ようやく歴史ある「徳源寺」を見に行くことができました。

小樽市指定歴史的建造物の本堂に、境内の保存樹木、さらにはお寺の前は伊藤整も歩いた坂道と、何だかとても歴史が詰まったスポットでした。

行ったのが8月で、掲載時期が随分と遅れてしまったのですが、これから秋が深まってくると、境内の様子も一層趣があるものになるのではと、ちょっと気になります。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年10月 5日 (月)

塩谷のゴロダの丘に建つ伊藤整文学碑

小樽ゆかりの文学者、伊藤整の文学碑が、塩谷のゴロダの丘という高台に建っています。

伊藤整文学碑

Otaru_20150821_131746

※行ったのが8月なので、季節が今とちょっとズレているのでご了承を。

塩谷の海を見渡せる、国道5号線横の小高い丘に、その文学碑が建っているのですが、ゴロダの丘という名称の由来等については、よく分かりませんでした(“ゴロダ”とは、ごろごろと石が転がる様子を表した言葉だとか…。参考:書籍「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス)。

Otaru_20150821_130720

1905年に松前郡に生まれ、すぐに塩谷村(当時)に移住した伊藤整は、幼少期から青年期までを塩谷で暮らし、生家は、今はないですが、ここの近くにあったそうです。

伊藤整は、庁立小樽中学校(小樽潮陵高校の前身)から、小樽高等商業学校(小樽商科大学の前身)で学んでますね。

伊藤整といえば、小樽の冬の風物詩となったイベント「小樽雪あかりの路」は、伊藤整の詩集「雪明りの路」にちなんでつけられた名前なのは、よく知られていますよね。

伊藤整が亡くなったのが、昭和44年11月15日(満64歳)で、この伊藤整文学碑が建立されたのは、翌年昭和45年5月23日とのことで、碑文は、詩集「冬夜」に収められた「海の捨児」の冒頭部分で、自筆を拡大したものが刻まれているとのことです。

Otaru_20150821_130619t

碑の周りは、ちょっとした休憩場所のようになっていて、とても静かな場所です。

Otaru_20150821_131721

Otaru_20150821_130602

Otaru_20150821_130703

Otaru_20150821_130610

(こんな案内板もありました)
Otaru_20150821_130632t

国道の向こうに塩谷の海が見えますね。

Otaru_20150821_130749

この日は、最上町に抜ける道道956号小樽環状線の「ゴロダの丘歩道橋」という歩道橋の脇から、ゴロダの丘に上って、この文学碑まできたのですが、国道5号線からも上ってくる道があるようです。

(ゴロダの丘歩道橋)
Otaru_20150821_131316r

国道5号線側から見た、ここがゴロダの丘かな?
Otaru_20150825_154824

私は残念ながら、文学系には疎いのですが、小樽ゆかりの文学者については、きちんと知っておきたいですね。

※参考
小樽市 : おたる文学散歩 第35話 伊藤整文学賞の歩み
伊藤整 - Wikipedia

【関連記事】
小樽ゆかりの作家、小林多喜二の文学碑


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

塩谷の「ゴロダの丘歩道橋」から

ただただ歩道橋のある風景の「歩道橋シリーズ」、今回の歩道橋は塩谷です。

国道5号線から山側の塩谷駅方面に入ると(最上町に抜ける道道956号小樽環状線です)、すぐに赤茶色の歩道橋があります。

ゴロダの丘歩道橋」です。

Otaru_20150821_131424

このゴロダの丘歩道橋は、忍路方面に行った時など、よく目にしていたんですよね。

Otaru_20150821_131424t

行ったのはちょっと前の8月なんですが、車を近くに止めて、歩道橋を渡って写真を撮ってきました。

Otaru_20150821_131352

まず、この“ゴロダの丘”という変わった名前なんですが、このすぐ近く、歩道橋を山側から海側に向かって見て右手の小高い場所が、どうやらゴロダの丘というようで、ちなみに、そこには伊藤整文学碑があります。

Otaru_20150821_131316
(この右から上っていった先に伊藤整文学碑)

というか、伊藤整文学碑のある場所の案内で、ゴロダの丘という名称が出てくるのですが、その由来とかの詳細はよく分かりませんでした(“ゴロダ”とは、ごろごろと石が転がる様子を表した言葉だとか…。参考:書籍「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス)。

歩道橋は、その高台になっているゴロダの丘方面にも、直接渡れるようにもなってますね。

Otaru_20150821_131156

それにしても、周囲に建物もあまり見られないこの場所に、何で歩道橋があるのかな?って印象をまずは受けます。

実は、このゴロダの丘歩道橋のすぐ近くには、塩谷中学校があるんですよね。
やっぱり、生徒たちが利用するのかな。

Otaru_20150821_131044

それではいつものように、歩道橋の上からの眺めです。

こちらが山側で、見えませんが、右手奥に塩谷中学校があります。
Otaru_20150821_131106

そして、こちらが塩谷の海側ですね。
Otaru_20150821_131111

そのまま進むと、国道5号線に出ます(海も見えます)。
Otaru_20150821_111242

そうそう、塩谷中学校は今年度(平成27年度)で閉校なんですよね。平成28年度に長橋中と統合とのことです(参考:小樽市 : 学校再編の動き(塩谷・長橋地区))。

Otaru_20150821_130427

塩谷中学校では、平成27年11月7日(土)に閉校式があるそうです(小樽市の学校再編ニュース第14号(news_saihen14.pdf)より)。

Otaru_20150821_130427t

あ〜、塩谷中学校にも寄ってくるんだった…

ということで、今回は塩谷のゴロダの丘歩道橋からでした。

Otaru_20150821_131301

※これまで渡った小樽の歩道橋については、カテゴリー「歩道橋から」にまとめてますので、そちらもどうぞ。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌