冬のちょっとした風景

2019年12月30日 (月)

小樽公園の見晴台からの風景と花園グラウンドの様子〜今のところ雪が少ない小樽です【冬のちょっとした風景】

Otaru_20191229-141001

この冬は、今のところ雪が少ない小樽ですが、それでも雪は断続的に降っていて、周囲は少ないながらも雪景色になっています。

こちらでは冬の当たり前の光景である、そんな雪のある風景って、雪の降らない地域の方にしてみれば、非日常でとても珍しかったりするんでしょうね。

というわけで、小樽でふと目にしたそんな風景を投稿する“冬のちょっとした風景”シリーズ、今回は小樽公園の見晴台からの風景と花園グラウンドの様子です。

まず、こちらはおなじみの小樽公園の見晴台からの小樽の街並みの風景です。

Otaru_20191229-141007

ここはいい眺めですよね。

Otaru_20191229-141001

そうそう、毎年、真冬になると、雪で立ち入り禁止になる見晴台の駐車場は、まだ雪も積もってなくて、出入りができる状況でした。

Otaru_20191229-141022

やっぱり、雪は少ないですね。

そして、こちらは小樽公園内の花園グラウンドの様子です。

Otaru_20191229-140449

花園グラウンドでは、親子でそり遊びをしていました。

Otaru_20191229-141407

なんだか、いい光景ですね。

ということで、この日はちょうど青空が出たので、小樽公園に行ってみました。

Otaru_20191229-141026

雪は少ないですが、やっぱり雪のある風景って、なんだか清々しくていいですね。

| | コメント (2)

2019年11月18日 (月)

今シーズン初めてまとまった雪が降った11月17日(日)の小樽公園の様子【冬のちょっとした風景】

Otaru_20191117-120133

11月17日(日)の小樽は、朝にまとまった雪が降って、積雪深10cmを記録しました。って、実は今回はこんなに積もるとは思ってなかったんですよね。

14日(木)の夜から15日(金)にかけて、北海道は荒れた天気で小樽も吹雪を伴う厳しい寒さとなり、その寒さは16日(土)も続いたのですが、実は雪はそれほどでもなかったんです。が、17日の朝にどっと降って一面雪景色。
あれ?小樽はこんなに雪が積もる予報だっけ?11月17日朝9時で積雪深10cmを記録。その後は溶けてはきています

17日はその後に天気が回復して、昼前から晴れ間が広がったので、せっかくなので、お昼頃に雪の様子を見に小樽公園に向かってみました。

ということで、今シーズン初めてまとまった雪が降った、11月17日の小樽公園の様子です(毎冬に掲載している“冬のちょっとした風景”シリーズです)。

こちらは公園内の庭園周辺。
Otaru_20191117-120745

Otaru_20191117-120747

(公園海側斜面)
Otaru_20191117-120626

見晴台からの小樽の街と港の眺め。
Otaru_20191117-120439

Otaru_20191117-120456

もちろん、もうベンチなどはブルーシートで覆われてました。
Otaru_20191117-120431

花園グラウンドは真っ白です。

Otaru_20191117-122847

Otaru_20191117-122721

Otaru_20191117-120225

Otaru_20191117-120035

こちらば公園南側(入船町側)のある白樺林(ロータリーの杜)。

Otaru_20191117-115724

Otaru_20191117-115739

Otaru_20191117-115802

Otaru_20191117-115847

寒いのは大変ですが、やっぱり、雪景色は清々しくて気持ちいいですね。

ということで、雪が積もった11月17日(日)お昼の小樽公園の様子でした。

ちなみに、18日(月)は午前中から雨が降っていて、午後からも気温が上がりそうなので、さすがにこの雪は一旦溶けそうですね。

| | コメント (3)

2019年3月18日 (月)

小樽ツララコレクション2019【第2弾】〜今年はすでにツララも時期外れになってしまいましたが、残りの写真をまとめて

Otaru_20190221_144634
※この写真は2月21日撮影。


今年は雪が少なくて、2月後半からはほとんど積雪もなく、生活する上では、雪かきなどは随分と助かってますが、ブログでお届けする雪国らしい風景は、あまりお届けできませんでしたね。

このブログで毎年お届けしているツララコレクションのシリーズも、1回目を掲載してから第2弾も予定していたのですが、投稿するタイミングをすっかり逃してしまい、そうこうしているうちに、今年はすでにツララも時期外れになってしまいました。というか、ツララ写真をあまり撮り貯めることもできませんでしたからね。

※ちなみに1回目はこちら:冬のちょっとした風景〜街で見かけた「小樽ツララコレクション2019」

それでも、1回目以降に撮影して未掲載のツララ写真がいくつかあったので、ここでまとめて投稿したいと思います。

ということで、少しですが、小樽ツララコレクション2019【第2弾】です。

Otaru_20190123_125116

Otaru_20190123_125126

Otaru_20190122_134248

Otaru_20190209_130128

Otaru_20190209_130137

Otaru_20190209_130201

Otaru_20190209_130504

Otaru_20190209_130513

Otaru_20190210_191303

Otaru_20190221_144630

Otaru_20190221_144634


もうこれ以上はツララ写真は増えないでしょうから、今シーズンのツララコレクションは、これで終了ですね。

ちなみに次の写真は3月2日撮影で、建物は小樽運河の浅草橋の先に建つ、小樽指定歴史的建造物でもある小樽運河食堂(旧浪華倉庫)です。ここには毎年大きなツララができるんですが、すでに氷の塊のようになって落ちてました。

Otaru_20190302_094636


いや〜、それにしても、今年は雪が少なかったですね。街中はもうすっかり春の風景です。

【関連記事】
冬のちょっとした風景〜街で見かけた「小樽ツララコレクション2019」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月23日 (土)

冬のちょっとした風景〜夢の跡…旧手宮線の雪あかりの路のその後

Otaru_20190221_161732


2月17日(日)に無事閉幕した小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路21」ですが、先日(21日)、街中に出かけた際、その雪あかりの路のその後がどうなているのか気になって、メーン会場の1つだった旧手宮線跡地に行ってみました。

Otaru_20190221_161505

もちろん、オブジェはもうなくて、崩された雪の塊がゴロゴロと転がっていて、夢の跡といった感じですね。

小樽はここ数日、気温もそこそこ高く、雪解けが進んだので、この夢の跡もだいぶ溶けていっている感じでした(けど、まだまだ冬は続くでしょうけどね。23日は雪が舞いましたし)。

Otaru_20190221_161903

こういう光景を見ると、ちょっと寂しくもありますが、イベントを支えてくれたボランティアのみなさん、改めて、どうもありがとうございました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 4日 (月)

冬のちょっとした風景〜雪の北運河を歩く

Otaru_20190123_124624


小樽運河は北側(手宮側)の竜宮橋を越えると、運河の幅が40mと昔のままで、北運河と呼ばれています。

先日、その北運河を歩いてきました。

ということで、今回の“冬のちょっとした風景”シリーズは、雪の北運河の風景です(写真は2019年1月23日撮影)。

小樽運河といえば、小樽観光の象徴のようなスポットで、浅草橋から中央橋の区間はいつもたくさんの観光客で賑わっていますが、中央橋から北側(手宮側)に進むと、急に人影もまばらになり、ひっそりと静かになるんですよね。

ただ、その落ち着いて静かな雰囲気に、ファンも多いようですし、私も好きで時々散策してるんです。


雪の北運河を歩く

さて、中央橋から北側に運河の散策路を歩き出すと、それまでの賑わいがなかったかのように静かになります。

(中央橋から北側を見たところ)
Otaru_20190123_123747

それでも、最近はまばらながら、散策する観光客の姿を以前より見かけるようになったかな。

Otaru_20190123_123842

港に出る水路に架かる月見橋です。
Otaru_20190123_124058

Otaru_20190123_124130

次の橋は竜宮橋ですが、ここの交差点手前の臨港線を挟んだ向こう側に建つひときわ大きな倉庫は、歴史的建造物の旧大家倉庫ですね。

Otaru_20190123_124155

(竜宮橋から南側を見たところ。向こうに観光客で賑わう中央橋)
Otaru_20190123_124208

そして、竜宮橋の先の運河右手には、なんとも独特の存在感を見せる、北海製罐小樽工場第3倉庫です。

Otaru_20190123_124232

この先の運河右手には、北海製罐の工場などの建物群が運河の端まで続いていますが、第3倉庫のほか、事務所、工場、旧第2倉庫が旧北海製罐倉庫(株)の施設群として、小樽市の歴史的建造物に指定されています。
北海製罐株式会社小樽工場(旧北海製罐倉庫)の歴史的建造物4棟について(事務所・工場・旧第2倉庫・第3倉庫)

Otaru_20190123_124254

Otaru_20190123_124355

北海製罐の第3倉庫を過ぎたところには、港に出る水路に架かる旭橋が見えます。

Otaru_20190123_124535


この先で、運河の幅が昔のままの40mとなり、いわゆる北運河エリアですが、この辺りには、船がたくさん係留されているんですよね。

Otaru_20190123_124624

(振り返って見たところ)
Otaru_20190123_124744

次の橋は北浜橋ですが、その左横には、歴史的建造物の旧渋澤倉庫(現小樽GOLDSTONE)が建っています。

Otaru_20190123_124844

Otaru_20190123_125036

北浜橋から南側(札幌側)。天狗山が綺麗に見えますね。
Otaru_20190123_125005

北浜橋から北側(手宮側)の運河の端。
Otaru_20190123_125022

運河の端に向かいます。
Otaru_20190123_125454

端に到着手前で振り返ったところ。
Otaru_20190123_125715

運河終点左手は運河公園です。

Otaru_20190123_125633

奥に見えるのは、国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店です。

Otaru_20190123_125706

そして、北運河の端に到着です。

(運河の北の端から見たところ)
Otaru_20190123_125852

ちなみに、運河の端の先には、歴史的建造物の石造倉庫、手前から旧増田倉庫、旧広海倉庫、旧右近倉庫の3棟が並んで建ち、当時の倉庫群の様子をうかがわせています。
※詳しくはこちら:北運河の端に続く歴史的建造物の3つの石造倉庫、旧増田倉庫・旧広海倉庫・旧右近倉庫

Otaru_20190123_130005


ということで、今回の“冬のちょっとした風景”は、雪の北運河の様子でした。

【関連記事】
「小樽運河を端から端まで歩いてみる」の写真掲載〜勝手にタイアップ記事
北運河


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 1日 (金)

冬のちょっとした風景〜小樽市民会館へ向かって上る「紅葉橋の坂」の風景

Otaru_20190130_112311


先日、ちょっと用事があって図書館に行ってのですが、その際、近くの市民会館の先にある、紅葉橋(もみじばし)の坂を歩いてきました。

ということで、今回の“冬のちょっとした風景”シリーズは、「紅葉橋の坂」の風景ですが、ここの坂道は、なんとも雰囲気があるので、近くに来た際によく歩いているんですよね。


紅葉橋の坂は、緑町のバス通りから曲がって、小樽市民会館へ向かって上る坂道です。

Otaru_20190130_112049

坂の手前に、於古発川(おこばちがわ)に架かっている「紅葉橋」という、小さいけど、昭和10年に造られたというなんとも味わい深い橋があるんですよね。

そして、左に大きく曲がりながら上って行く様子が、なんだか気に入っているんです(笑)

Otaru_20190130_112114

途中右側に建つのは、小樽市指定歴史的建造物でもある小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)なんですが、この建物がまた、この坂道のアクセントになってますよね。

Otaru_20190130_112203


坂の上から振り返ったところです。

Otaru_20190130_112335

ここには、紅葉橋の坂の表示と勾配10%の標識が設置されています。

Otaru_20190130_112311

ということで、よく来るこの紅葉橋の坂ですが、雪のある季節もまたいい眺めです。


そうそう、ここに来ると、これも毎回のように紹介しているのですが、先ほどの紅葉橋から於古発川の川下には、なんとも風情のある三角屋根の建物が並んでいます。

Otaru_20190130_112131

この建物は実はよく知られた建物で、手前から同じ作りの3軒を「佐野貸家」といい、昭和8年(1933年)の建築とのことで、昭和の香り漂う、味わい深い風景を見せてくれていますね。

※この建物については、こちらの記事をどうぞ。
紅葉橋の坂と紅葉橋から見る於古発川に三角屋根の建物が並ぶ風景


ということで、今回の“冬のちょっとした風景”シリーズは、雪の「紅葉橋の坂」の風景でした。※以下に残りの写真を。

市民会館
Otaru_20190130_112326

小樽市公会堂
Otaru_20190130_114828

これまた、別の日の様子(1月22日撮影)。
Otaru_20190122_153413

Otaru_20190122_153449

【関連記事】
冬のちょっとした風景〜夕暮れ時に明かりが灯った紅葉橋
冬のちょっとした風景〜紅葉橋(もみじばし)の坂と於古発川沿いの三角屋根の建物が並ぶ風景
冬のちょっとした風景〜冬の紅葉橋の坂と雪の小樽市公会堂
冬のちょっとした風景〜紅葉橋と紅葉橋の坂の様子
冬のちょっとした風景〜紅葉橋の坂から花園公園通り入口あたり

紅葉橋から於古発川沿いの風情漂う佐野貸家を眺める(紅葉はまだでした)
紅葉橋の坂


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月30日 (水)

中央ふ頭の雪捨て場ではショベルカーが海に投げられた雪をバッシャンバッシャンとかき混ぜてます

Otaru_20190123_105506


今シーズンは、例年に比べると、積雪量は多くはないようですが、それでもそこは雪国、それなりに雪は積もっています。ちなみに、1月29日(火)23時現在の小樽の積雪深は64cmです。

小樽市内には、数カ所の雪堆積場(雪捨て場)があるのですが、その中の中央ふ頭では、堆積場ではなくて雪処理場という名前で、雪は海に投げられているんですよね。

Otaru_20190123_105857

その中央ふ頭基部雪処理場は、勝納ふ頭につながる勝納大橋の橋を挟んだ両側に場所が設置されていて、そこではこんな光景が繰り広げられています。

(中央ふ頭基部雪捨て場の様子。こちらは橋の手前側)
Otaru_20190123_105242

海に投げられた雪をショベルカーでバッシャンバッシャンと攪拌するようにかき混ぜているんですよね。

そして、荷台に大量の雪をのせたトラックが、次から次へとやってきて、海へその雪をどどどど〜っと落としていきます。

Otaru_20190123_105506

なんだかものすごい迫力なんですが、これもまた、海のある雪国小樽の風物詩とも言えそうです。

(こちらは橋の向こう側)
Otaru_20190123_105931

いや、それにしてもなんだかすごいですよね。

Otaru_20190123_110019

周囲には結構汚れた雪が浮かんでます。

Otaru_20190123_105907

ん?カラスがその上を歩いてますね。何やってるんだろう。
Otaru_20190123_105954

今回は動画も撮ってきました。

そうそう、ここには確か巨大な雪山が出現することもあるんですよね。ロータリー除雪車でそれを飛ばす作業もあったりするんですが、その雪山はなかったです。

ということで、中央ふ頭の雪捨て場の様子でしたが、ここは雪を運んんでくるトラックがひっきりなしに往来していて、もともと車通りも多く、歩いている人がほとんどいないので、もし、この様子を見に行く時は、車に注意ですね。

※参考:小樽市 :雪堆積場の開場について

【関連記事】
中央ふ頭の雪捨て場に雪山はありませんでしたが、ショベルカーによる融雪作業は続けられてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

冬のちょっとした風景〜雪の小樽公園へ。花園グラウンドの風景と雪の一本道

20190122_135742


今シーズンは今のところ、例年に比べて雪が少ないようですが、ここにきてどかっと降ってますね。

1月24日(木)は全道的に荒れ模様の天気の中、こちら小樽も1月23日(水)の夕方から24日(木)にかけて時折吹雪の荒れた天気で、積雪深も24日18時の時点で65cmと、前日から15cmほど増えてます(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp)。


さて、天気が荒れるというのは予報で聞いていたので、その前にと、晴れ間が出た22日(火)に小樽公園に行ってみました。

この時期、広い花園グラウンドは真っ白な雪が積もりっぱなしで、とても綺麗なんですよね。

20190122_140019

20190122_135848

こちらは花園グラウンド越しの天狗山。
20190122_140145


この日は、花園グラウンドの横の道を歩いてきたのですが、ここは冬の間は、人が歩いて踏み固めた一本道があるだけなんですよね。

20190122_135856

この一本道が続く風景が、なんともいい眺めです。

20190122_135827

こちらは、公園南側(入船町側)の白樺林方面です。
20190122_135746

ずっと一本道が続いてます。

(公園南側の白樺林横から花園グラウンド側を見たところ)
20190122_135253

反対側から人がやってくると、もちろんすれ違うだけの道幅はないので、どちらともなく止まって、一本道から外れて道を譲るんですよね。

「どうぞ〜」って。

なんだか、いいですよね。それもまた、雪国ならではの風景ですね。

20190122_135226

(進入禁止のための車止めが埋もれてます)
20190122_135232

で、白樺林です。
20190122_135246

「ロータリーの杜」と名前がついているこの白樺林は、四季折々の風景を見せてくれるのでよく訪れていて、このブログでも時々登場するのですが、雪のあるこの時期は、なんとも清々しい空気が漂い、これまたいい眺めなんです。

20190122_135517

20190122_135409

20190122_135332

そうそう、ここからも天狗山がよく見えます。
20190122_135528

写真右は、昨年春に開校した小樽市立山の手小学校です。


ということで、今回の“冬のちょっとした風景”は、雪の小樽公園の花園グラウンドと、雪の一本道の風景でした。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月20日 (日)

冬のちょっとした風景〜街で見かけた「小樽ツララコレクション2019」

Otaru_20190110_151626


さて、こちら小樽は寒い日が続いていますが、今年もやります、「小樽ツララコレクション2019」です。

こちらでは当たり前の風景でもあるツララですが、これって考えてみたら、雪国ならではの光景で、雪のない地方の方から見れば、かなり物珍しい光景ですよね。なんたって、氷の柱が屋根などからギザギザにぶら下がっているんですから。

ということで、今シーズンも小樽の街のあちこちで見かけたツララの写真を撮りためていて、だいぶたまってきたので、掲載したいと思います。


小樽ツララコレクション2019

では、例年のように、ツララ写真を掲載していきますね。

Otaru_20181209_141828

Otaru_20181209_143034

こちらは妙見小僧ですね。周囲がツララで覆われます。
Otaru_20181209_151905r

Otaru_20181213_141504

Otaru_20181213_141638

Otaru_20181213_141657

Otaru_20181219_121219

Otaru_20181219_121233

Otaru_20181219_121246

Otaru_20181227_145820

Otaru_20181227_150055

(実はここまでは2018年12月撮影で、以下が2019年1月撮影)

Otaru_20190102_143311

Otaru_20190102_152610

Otaru_20190102_155632

Otaru_20190106_150736

Otaru_20190110_145033

Otaru_20190110_150307

運河周辺の倉庫群には、かなり大きなツララが見られます。
Otaru_20190110_151654

Otaru_20190110_150730

特に小樽運河の一本港側の道路沿い、煉瓦造りの小樽市指定歴史的建造物の旧篠田倉庫や小樽ビール・小樽倉庫No.1などが建ち並ぶ倉庫群は、かなりのツララ・スポットですね。

Otaru_20190110_151429

Otaru_20190110_151433

Otaru_20190110_151403

Otaru_20190110_151304

そして、その通りと運河の浅草橋からとの交差点の角に建つ、小樽指定歴史的建造物でもある小樽運河食堂(旧浪華倉庫)には、毎年、大きなツララができるんですよね(※こんな記事も書いてます:小樽運河食堂(旧浪華倉庫)には今年も大きなツララができてます)。

Otaru_20190110_150947

ただし、毎年、ここは危険なので軒下は通行止めになってロープが張られるので、下には入らないようにしましょう。

Otaru_20190110_150930

また、ここは交通量も多いので、車にも注意ですね。

Otaru_20190110_151125


おわりに

最近は、建物構造のおかげか、昔ほどツララを目にしなくなったと思いますが、それでもあちこちにありますね。

ツララは氷の塊で尖って危ないので、ツララの下などにはむやみに近づかないようにしましょうね。もちろん、立ち入り禁止になってたら、絶対に入らないようにしましょう。

Otaru_20190110_151300

まだまだ寒い季節は続くので、さらにツララの写真がたまったら、第2弾として掲載しようかと思ってます。

Otaru_20190110_151623

【関連記事】
※昨年のツララコレクションの記事です。
冬のちょっとした風景〜街で見かけた「小樽ツララコレクション2018」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019年1月11日 (金)

冬のちょっとした風景〜雪景色の南樽駅が味わい深くていい雰囲気

先日、午後に南樽方面に行ってきたのですが、小樽市立病院前の通り歩いて、線路上に架かる量徳橋を渡る時、足を止めてこの風景を眺めずにはいられません。

Otaru_20190110_144248

小樽市民の多くが「南樽駅(なんたるえき)」と、親しみを込めて呼ぶJR南小樽駅ですね。

Otaru_20190110_144259

この位置から見る、南樽駅の古い駅舎とホームがなんとも絵になって、趣あるんですよね。

現在の駅舎は、昭和33年(1958年)に移転改築したものとのことです。

あっ、電車が来た!
Otaru_20190110_144311

Otaru_20190110_144314

ホームとつなぐ跨線橋がまた渋いですよね。

この場所からの風景は、桜の季節がよく知られてますが、雪景色の南樽駅も味わい深くていい雰囲気です。

Otaru_20190110_144337

ということで、今回の冬のちょっとした風景は、雪景色の南樽駅でしたが、このアングル写真は、ここを通るたびにといってもいいくらい、いつも撮っているので、今回、久しぶりですが、投稿してみました。

【関連記事】
※南樽駅についての最近の投稿。
古い駅舎がとても趣あるJR南小樽駅の様子〜この古いけど味わい深い駅舎は今後どうなるのかな
冬のちょっとした風景〜雪の南樽駅はなんとも趣があります


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 於古発川(おこばちがわ) 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌