冬のちょっとした風景

2023年2月 4日 (土)

緑3丁目の高台からの冬の天狗山の眺め【冬のちょっとした風景】

Otaru_20230129-111338

小樽市内の各所から見ることができる天狗山は、街歩きをしている際には、ついついその姿を確認するように眺めてしまいます。

で、こちらの天狗山は、緑3丁目の高台から見たところなんですが、この日は天気も良くて、なんともいい眺めでした。

(1月29日撮影)
Otaru_20230129-111821

冬の天狗山はスキー場でもあるので、各コースが白く塗られたようにくっきりとラインになる、印象的な眺めを見せてくれるんですよね。

Otaru_20230129-111338t

それに、ここは天狗山が近いですよね。

この場所は、文末に地図を掲載しますが、実は人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」のある、緑3丁目の高台なんですね。

この日はヨルトノにパンを買いに行ったのですが、天気が良くて、天狗山がとても綺麗だったので、個別に「冬のちょっとした風景」として掲載しました。

ヨルトノのお店の前からも天狗山が眺められるのですが、本当に間近に見えるんですよね。

Otaru_20230129-111309r

※ちなみに、 ヨルトノは近々、張碓に移転予定なんですよね。詳しくはこちらの記事をどうぞ。
緑3丁目の高台にある人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」が張碓に移転するそうです

この場所は高台ということで、正面の天狗山側もここからは下りになっていて、その途中には市営住宅が並んでいて、そこを過ぎてさらに下っていくと、緑第二大通りに出ます(バス停「第二大通」の近くです)。
※ここの坂道の様子はこちらの記事で:緑第二大通りのバス停「第二大通」近くから上る勾配13%のまっすぐな坂道と、その上から緑町の市営住宅の前を曲がりながら上っていく坂道の様子

この辺りの途中からも、天狗山がいい眺めです。
Otaru_20230129-110103

ちなみに、先ほどの高台は平坦な短い通りがあるだけで、天狗山と反対側に向かうと、こちらも大きく左に右にと曲がりながら下っていき、その先で小樽商大へと上る地獄坂にでます。
※その坂道の様子はこちらの記事で:地獄坂の途中から入ったその先で大きく曲がりながら緑3丁目の高台まで上る勾配16%の急坂を歩いてみた

ということで、出かけるとついつい見上げてしまう天狗山なんですが、今回は緑3丁目の高台からの冬の天狗山の眺めで、さすが近いだけあった、なんだかくっきりと綺麗でした。

Otaru_20230129-110629

※最初の写真はこのあたりから天狗山を眺めてます。

【関連記事】
緑第一大通り架かる緑歩道橋からの天狗山【冬のちょっとした風景】

| | コメント (2)

2023年1月28日 (土)

緑第一大通り架かる緑歩道橋からの天狗山【冬のちょっとした風景】

Otaru_20230126-103911

小樽は1月25日(水)に、最低気温マイナス13.5℃の厳しい寒さと荒れた天気に見舞われた後、翌日26日(木)は寒さは相変わらずでしたが(日中の最高気温はマイナス6℃)、日中には青空が広がる穏やかな天気でした。

で、こちらはその26日に行ってみた、緑町のバス通り・緑第一大通り架かる「緑歩道橋」からの風景です。

Otaru_20230126-103858

この緑歩道橋からの天狗山の眺めが好きで、以前も投稿したことがあるのですが、天気の良いこの日に渡ってみたら、やっぱり天狗山を綺麗に眺めることがききました。

いい眺めです。
Otaru_20230126-103918

Otaru_20230126-103918t

こちらは反対側の様子で、まっすぐ先は中心街方面(富岡方面)になりますね。
Otaru_20230126-103854

歩道橋からの眺めというのは、少し高いところから、普段とはちょっと違う眺めを楽しめるので、街歩きの際に歩道橋があると、時々渡りつつ眺めを楽しんでいるんですよね。

ちなみに、このブログでは、カテゴリー「歩道橋から」に、市内にある歩道橋について紹介している記事をまとめています。

(歩道橋の上)
Otaru_20230126-103849

そうそう、以前はこのすぐ近くに緑小学校があって、この緑歩道橋もたくさんの子供たちが渡っていたようですが、緑小学校も2018年(平成30年)3月末に閉校して、子供たちも、最上小、そして入船小の一部と統合して同年4月に開校した山の手小学校へと移っています。

なので、この緑歩道橋も渡る人は少なくなっているかもしれませんね。

Otaru_20230126-103953

ということで、冬のちょっとした風景シリーズとして、天気の良い日の緑歩道橋からの天狗山の風景でした。

ところで、歩道橋の階段が凍っていて、特に下る時にものすごく怖かったです。みなさんお気をつけて。

Otaru_20230126-103923

※参考:気象庁|過去の気象データ検索(小樽 2023年1月)

【関連記事】
日本全国的に大荒れの天気の中、小樽も厳しい寒さで1月25日の最低気温はマイナス13.5℃
緑歩道橋から
※以前の記事はこちら・
冬のちょっとした風景〜緑歩道橋から天狗山を眺める:

| | コメント (0)

2023年1月16日 (月)

大雪後の小樽港中央ふ頭の雪捨て場の様子〜ショベルカーが海に投げられた雪を豪快に攪拌中。海に雪山も出現(1月12日の様子)

Otaru_20230112-145032

先日1月10日(火)、小樽は大雪に見舞われました。1日で50cmほどの積雪があったんですよね。

その大雪後、小樽市内では、あちこちで除雪車(タイヤドーザやロータリ除雪車)による作業が懸命に行われて、大量の雪を積んだトラックやダンプが市内の道路を頻繁に行き交っていました。

その大量の雪を積んだダンプなどはどこへ向かっているのかというと、小樽市内には、市によって雪堆積場として指定されている場所が6箇所あり(令和4〜5年現在)、そこへ雪を捨てに向かっているんですね、

で、その中で、小樽ならではの珍しい光景として知られているのが、小樽港中央ふ頭基部雪捨て場の光景です(写真は1月12日の様子)。

場所は、小樽港の中央ふ頭から勝納ふ頭に架かる、勝納大橋を挟んだ両側に設置されています。

看板は「中央埠頭基部雪捨て場」となっていますね。
Otaru_20230112-144954

橋の陸側がダンプ優先(主に道路管理者)で、海側が平ボディー車優先(主に市民)と分けられています(雪堆積場について | 小樽市より)。

で、なにが珍しい光景かというと、まずは、橋の奥の海側の様子からですが、次々とやってくるトラックやダンプが岸壁に雪を堆積していくほか、雪を直接海に投げ落とすんですよね。

(勝納大橋の歩道から見ています)
Otaru_20230112-145336

そして、その海に落とした雪を、横でショベルカー(バックホウ)がバッシャンバッシャンと豪快に攪拌しているんです。

Otaru_20230112-145040

実はこれ、知る人にとってはお馴染みの、小樽の冬の風物詩的な光景なんですよね。

Otaru_20230112-145032

今回は3台のショベルカーが作業していましたが、これがかなりの迫力なんです。

Otaru_20230112-145152

軽トラックなどが運んできて、岸壁上に落として堆積された雪も、ブルが海に落としてますね。
Otaru_20230112-145347

この作業については、以前、小樽市に訪ねてみたのですが、これは、冷たい冬の海では雪が溶けにくいため、ショベルカーによる攪拌によって融雪を促進させるのと、海面に雪が固まるのを防止するための作業になるそうで、あと、岸壁からの放水が見えるのですが、これは海水循環ポンプで、これによっても融雪を促進させているんですね。

そして、今度は橋の手前の陸側の様子ですが、今回、こちらには巨大な雪山が出現してました(今回、実はこちらの様子を先に見ました)。

Otaru_20230112-144536

この海にできた雪山、こちらも小樽の冬の風物詩のようなもので、冬の間に時々出現するんですよね。

大雪後に次々と雪が運ばれ、ショベルカーの攪拌作業が追いつかなくなると、海に雪山が出現するようですね。

今回は橋の陸側ではショベルカーの作業はしていなかったのですが、こちらはダンプ優先ということで、次々に大型車がやってきては、岸壁に雪を下ろしたり、直接海へ落としたりしていて、その側からロータリ除雪車が岸壁に堆積した雪を飛ばしていて、それで雪山がさらに高くなっていくようでした。

Otaru_20230112-144624

Otaru_20230112-144639

Otaru_20230112-150731

(こちらは、勝納大橋の歩道から見たところ)
Otaru_20230112-145402 Otaru_20230112-145517

ちなみにこの雪山は、その後、割れて塊となって、海上を漂ったようで、ニュースでも報じられてました。
※関連ニュース
北海道ニュース UHB | UHB 北海道文化放送
HBC NEWS | HBC北海道放送

Otaru_20230112-144449

ということで、大雪後の小樽港中央ふ頭の雪捨て場の、ダンプなどが雪を海に投げ落とし、その雪をショベルカーが豪快に攪拌している様子と、海に現れた巨大な雪山の様子でした。

※動画も撮ってきたので、少しだけですがその様子を(先に雪山のほうを見にいってます)。

※注意なんですが、ここ周辺の道路はもともと交通量が多く、現在は雪を積んだ大型車が頻繁に出入りしていますが、周辺は歩道がない場所もあります(そもそも歩行者もほとんどいません)。もし様子を見に行く際には、車に十分注意し、もちろん、作業車の邪魔にならないようにしましょう。

※参考:雪堆積場について | 小樽市

【関連記事】
※昨年の記事です。
中央ふ頭の雪捨て場ではショベルカーが海に投げられた雪を豪快に攪拌〜これも小樽の冬の風物詩!?

| | コメント (0)

2023年1月15日 (日)

晴れた日の小樽公園の白樺林と雪の一本道(1月12日の様子)【冬のちょっとした風景】

Otaru_20230112-133145

先日1月10日(火)、小樽は大雪に見舞われましたが、翌日から天気が回復して気温も一気に上がったんですよね。で、小樽に青空が広がった1月12日(木)に小樽公園に行ってきました。

その時の小樽公園の見晴台の様子については、先行して「大雪後の晴れた日の小樽公園の見晴台へ」の記事でお伝えしたのですが、この日は公園南側(入船町側)にある、白樺林にも立ち寄ってきたので、今回はその様子です。

Otaru_20230112-133221

このブログでよく登場する小樽公園の白樺林ですが、小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して昭和39年に植樹したものとのことで、「ロータリーの杜」という名称がつけられていて、看板も立っています。

Otaru_20230112-133223

そんなに大きな林ではないのですが、四季折々の表情を見せてくれる、街中にありながらも自然に接することのできる場所なんですよね。

Otaru_20230112-133254

Otaru_20230112-133234

雪の白さが眩しくて清々しいくらいですね。

Otaru_20230112-133158

さすがにこの日は大雪の後ということもあってか、林の中に入っていった人はいないようで、足跡もありませんでした(まあ、もともと冬の間は立ち入る人はほとんどいませんけどね)。

Otaru_20230112-133208

さて、冬の間、小樽公園内のこの白樺林横から花園グラウンド横を通る道は、除雪はされてなくて、ここを歩く人たちが踏み固めた、人が一人通れるだけの一本道がず〜っと続くんですよね。

Otaru_20230112-133214

これがなんともいえず、雪国らしい、いい眺めなんです。

Otaru_20230112-133317

大雪の後でしたが、しっかりと一本道ができていました。

結構、ここを通る人は多いようですが、大雪後に最初に歩いた人は大変だったでしょうね。

Otaru_20230112-133334

ちなみに、この日はすれ違いませんでしたが、ここで反対側から人が歩いてくると、そのままではすれ違うことができないので、どちらとなく、一本道から雪の中に移動して道を譲ったりして、途中にはそれと思われる、一本道から避けた足場があったりすんですよね。

そんな光景もまた北国ならで、なんだか心温まりますね。

Otaru_20230112-133434

ということで、大雪後の晴れた日に行った、小樽公園の白樺林と一本道の様子でした。

【関連記事】
大雪後の晴れた日の小樽公園の見晴台へ(1月12日の様子)【冬のちょっとした風景】
大雪に見舞われた小樽は、その後、急激に気温が上がってます〜1月12日の最高気温7.3℃
ついに小樽にもドカ雪が〜1月10日の小樽は積雪深最大90cmを記録。前日から約50cm積もる大雪に

| | コメント (6)

2023年1月14日 (土)

大雪後の晴れた日の小樽公園の見晴台へ(1月12日の様子)【冬のちょっとした風景】

Otaru_20230112-134622

先日1月10日(火)の大雪の後、今度は急激に気温が上昇して青空が広がってと、なんだか極端なこちら小樽の天候ですが、せっかく晴れたので、そうだと思い、1月12日(木)に小樽公園に行ってきました。

この日は本当に天気が良く、気温もどんどん上がって、お昼には最高気温7.3℃(12:27)までになりました。

小樽公園には、季節の変わり目や、こういったった天気の良い日に(しかも大雪の後ですし)、よく訪れるんですよね。

向かったのは、小樽公園の小高い丘の見晴台です。

小樽公園の見晴台は、小樽の街と港の眺めが良いことでも知られてますが、例年、冬の間は眺めの良い海側の場所までは、人もほとんど立ち入ることがなく、雪が積もったままになって、入っていくことができないんですよね。

手前には除雪の山が。
Otaru_20230112-134454

ただ、今回はなんと強者の先客がいたようで、除雪の山の先に足跡が残っていました。

Otaru_20230112-134511

さらに数名がその足跡に沿って、眺めの良い先のベンチとテーブルの前までいったようで、私も同じように足跡をなぞってそこまで進み、小樽の街と港のいい眺めを楽しむことができました。

Otaru_20230112-134531

(青いビニールシートに覆われているのがベンチとテーブル)
Otaru_20230112-134539

Otaru_20230112-134548

やっぱりいい眺めです。

Otaru_20230112-134546

Otaru_20230112-134556

Otaru_20230112-134637

公園内は積もった雪が綺麗ですね。
Otaru_20230112-134639

1月10日の大雪で、1日で一気に50cmほど積もり、積雪深は一時最大90cmまでになり、その後の気温上昇などで、この時で積雪深は70cmを切るくらいまで減ってはいたのですが、それでもやっぱり、周囲は雪深く、ついた足跡もかなり深かったです。

Otaru_20230112-134642

(ベンチとテーブルもほぼ埋まってました)
Otaru_20230112-134616

(海側と反対の位置に除雪の道があったので、そこから撮ったところ)
Otaru_20230112-134425

ちなみに、見晴台の駐車場は、これも例年のことですが、雪で入れなくなります。
Otaru_20230112-134513

そうそう、小樽公園内を通る道路ですが、ここは、大雪後でしたが、すでに綺麗に除雪されていました。Otaru_20230112-134915

こちらは公園内の花園グラウンドで、斜面では子供たちがそり遊びをしてましたよ。Otaru_20230112-134155

晴天のもと、雪で真っ白なグラウンドが眩しいです。
Otaru_20230112-134003

ということで、大雪後の晴れた日に行った、小樽公園の見晴台の様子でした。

毎年行ってはいるのですが、やっぱり冬の景色もいいですよね。

※ちょっと長くなったので、この日行った白樺林の様子はまた後日。

【関連記事】
大雪に見舞われた小樽は、その後、急激に気温が上がってます〜1月12日の最高気温7.3℃
ついに小樽にもドカ雪が〜1月10日の小樽は積雪深最大90cmを記録。前日から約50cm積もる大雪に

| | コメント (16)

2023年1月10日 (火)

冬の見晴らし坂を東雲町側から堺町通りへと下ってきました(1月2日の様子)【冬のちょっとした風景】

Otaru_20230102-144051

先日、水天宮へ初詣に行った際に、そこから東雲町方面に下っていき、見晴らし坂を下ってきました(写真は1月2日撮影)。

ということで、冬の見晴らし坂の様子なのですが、堺町通りへと通じる見晴らし坂は、冬の間は車輌通行止めとなり、人だけが行き交うことのできる坂道になるんですよね。

ちなみに、冬期車輌通行止めは、昨年11月16日から今年5年4月6日までの予定になっています。

今回は、坂道を下っていったのですが、まずは向かった坂の上あたりは、道が凍って滑っておっかなびっくりです。

Otaru_20230102-143754

この坂の上の左手に古い門があるのですが、奥には海運業などで財をなした板谷宮吉の邸宅跡があるんですよね(小樽市指定歴史的建造物の旧板谷邸。現在は一部のみ残存)。

Otaru_20230102-143857

門の表示の海宝樓は、これまで商業施設などから宿泊施設などと形態を変えつつ続いていきた、ここの施設の名称です。

坂道は、この先から車輌通行止めです。

Otaru_20230102-143905

坂道はここから右に曲がりながら下っていくのですが、曲がりか角に勾配20%の標識が立っています。

Otaru_20230102-144041

Otaru_20230102-144051

そして、ここからの風景が、なるほど“見晴らし坂”といった眺めで、それほど高い位置からではないのですが、小樽港を眺めることができます。

Otaru_20230102-144103

この日はそれほど雪は積もってなくて、結構人も往来しているようで、歩道は確保されていて、歩くのには全然問題ありませんでした(大雪が降ったあとなどは、ここを通る人たちが踏み固めた一本道だけの時もあったりして、それはそれで趣があります)。

Otaru_20230102-144100

(坂の下から振り返った風景)
Otaru_20230102-144244

(坂の下にも通行止めと勾配20%の標識)
Otaru_20230102-144259

Otaru_20230102-144307

下った先は、堺町通りの小樽たけの寿司の趣のある建物の横に出ます。

Otaru_20230102-144350

ちなみに、堺町通りの途中から、東雲町の高台へと上っていく道は、ここだけなんですよね。

見晴らし坂の上った先には、かつて先ほどの板谷宮吉の邸宅や、金物商の名取高三郎の邸宅(現在はありません)が建つなど、事業に成功した経済人の屋敷が建っていたことから、この坂を「出世坂」と呼ぶ人もいるとか。

ということで、今回は冬の見晴らし坂の様子でした。

※参考
小樽市指定歴史的建造物 第71号 旧板谷邸 | 小樽市
おたる坂まち散歩 見晴らし坂 前編 旧板谷邸と「坂の上の雲」 | 小樽市
おたる坂まち散歩 見晴らし坂 後編 旧板谷邸と出世坂 | 小樽市

【関連記事】
水天宮に初詣に行ってきましたが、吹雪の中の初詣になってしまいました(1月2日の様子)〜2023年小樽初巡り
冬のちょっとした風景〜冬の間は車両通行止めの見晴らし坂から
冬の「見晴らし坂」から眺める
見晴らし坂を上って旧板谷邸へ

| | コメント (4)

2023年1月 9日 (月)

住吉神社の凍る手水舎【冬のちょっとした風景】

Otaru_r20230107-142857

例年のことですが、1月2日(月)に初詣、7日(土)にどんど焼きと、住吉神社へは年明け早々に2回参拝に行き、その様子はブログでもお伝えしました。

その中で、それぞれの記事でちょこっと触れた、北国ならではに気になる光景があったんですよね。

それがこちら、凍った手水舎です。

Otaru_r20230102-134403

こちらは2日の様子ですが、水は流れているんですが、周囲が凍ってるんですよね。

Otaru_r20230102-134400

もう、水が冷たい冷たい!!

Otaru_r20230102-134440

Otaru_r20230102-134350

冬の手水舎が必ず凍っているわけではないのですが、年によって、こうやって凍ることがあるんですよね。

Otaru_r20230102-135350

そして、こちらは7日の様子ですが、さらに水面が凍ってました。

Otaru_r20230107-142842

Otaru_r20230107-142857

(あ〜、柄杓がそのまま凍ってる)
Otaru_r20230107-143034

そうそう、地面に流れた水も凍っていて、足元もツルツルなので、注意が必要です。

Otaru_r20230107-142832

住吉神社の手水舎といえば、雪のない季節では、最近は花手水がとても人気ですが、冬ともなれば、こうなってしまうんですよね。

Otaru_r20230107-143038

Otaru_r20230107-143146

Otaru_r20230107-143700

ということで、これもまた、こちら北国ならではの光景ということで、写真をまとめてみました。

【関連記事】
小樽総鎮守・住吉神社に初詣に行ってきました(1月2日の様子)〜2023年小樽初巡り
住吉神社のどんど焼きに今年も行ってきました(2023年1月7日の様子)
※昨年最後の住吉神社10月の花手水。
住吉神社の今年最後となる10月の花手水が開催(10月7日〜10月17日)
※やはり過去にはこんな記事を書いてます。
冬のちょっとした風景〜住吉神社の凍っていた手水舎と大きなロウソク

| | コメント (0)

2022年12月25日 (日)

雪をまとう街路樹(12月23日の旧三井銀行小樽支店前の様子)【冬のちょっとした風景】

Otaru_20221223-162322

先日(12月23日)、小樽には湿った雪が降り続き、そのせいで道路状況は大変になりましたが(→小樽は湿った雪が降り続いて道路がひどい状況に(12月23日の様子))、この湿った雪って、木によく積もるんですよね。

こちらは12月23日(金)の日が暮れ出した頃の、国指定重要文化財の旧三井銀行小樽支店前の街路樹ですが、雪をまとって素敵な風景を見せてくれていました。

Otaru_20221223-162325

Otaru_20221223-162335

葉のない枝にも雪が積もり、白い木に見えるんですよね。

Otaru_20221223-162710

ちなみに、普段の真冬の雪はサラサラしていて積もりにくく、風ですぐ飛びますし、あまり枝に雪がつく(積もる)ことはないかもしれませんね。

なので、こういうふうに雪をまとっているのは、そんなにないかも。

そして、こちらは中央通り沿いの歴史的建造物の旧安田銀行前の街路樹です。Otaru_20221223-163053

こちらは同じく中央通り沿いの、運河プラザ近くの街路樹です。
Otaru_20221223-163209

ちょうどクリスマス前に、それっぽい感じに雪をまとっていましたよ。

この日、地上の道路や歩道はぐちゃぐちゃな雪で大変になってましたが、見上げると、こんな素敵な風景が見られたりもしました(ちなみに、翌日にはもう街路樹がまとった雪はなくなっていました)。

| | コメント (2)

2022年12月 5日 (月)

小樽は一気に雪景色〜12月2日・3日の街の様子を少しだけ【冬のちょっとした風景】

Otaru_20221202-165951

今シーズンは、なかなかまとまった雪が降らなかったこちら小樽ですが、11月30日(水)から降り出し、今シーズン初の積雪を記録した雪は、その後も断続的ながらも連日降り続き、12月3日(土)早朝には積雪深11cmを記録しました。

ただ、それまでマイナスに推移していた気温は、3日にわずかにプラスに転じ、雪も溶けかけたのですが、深夜からまた降り出した雪は12月4日(日)も続き、昼頃には積雪深13cmを記録したようです。

結果、ここ数日の雪で、小樽市内は一気に雪景色となり、本格的な冬の到来を感じさせています。

まだまだ積雪状況や雪の量としては、シーズン序盤でそれほどでもないのですが、いきなり積もって、いきなり本格的な冬が来た感じで、気温も一気にマイナス続きになっているので、なんとも体がついていきません。

そうそう、久しぶりの雪かきに、まだ体が慣れてなくて、きつい思いをしている方も多いのではないでしょうか。

で、この雪の間、12月2日(金)と3日(土)に少し街の様子を見てきたので、一気に雪景色になった小樽の街の様子を少しだけ掲載しますね。

まず、こちらは2日の街中の様子です。

(中央通り)
Otaru_20221202-153426

(旧手宮線)
Otaru_20221202-154144

(色内大通り)
Otaru_20221202-161259

こちらは3日の勝納川の様子です。国道5号線の高砂橋からです。

Otaru_20221203-143225

Otaru_20221203-141402

日付が前後しますが、2日の日が暮れかかった頃に、そうだと思い、まだうっすらとですが、周囲が雪景色となった「青の運河」も見てきました。

Otaru_20221202-162951

小樽運河の浅草橋~中央橋までの区間を、約1万個の青色LEDで幻想的に照らす「青の運河」は、小樽の冬を彩るおなじみのロングランイベント「小樽ゆき物語」の一環です。

Otaru_20221202-163009

観光客もたくさんきてました。
Otaru_20221202-162757

Otaru_20221202-162827

まだ雪の降る前の11月1日からスタートしていたのですが、周囲に雪が積もると、また違った雰囲気になりますね。

Otaru_20221202-162927

そして、こちらは、夜の小樽駅。この時にはまた雪が降ってきました。
Otaru_20221202-165907

Otaru_20221202-165838

こちらは、稲穂大通り(第一大通り)。
Otaru_20221202-163706

ということで、一気に雪景色となった小樽の街の様子を少しだけ紹介してみました。

冬の雪のある風景って、もちろんこちらでは冬の当たり前の風景ですが、考えてみれば、これって雪が降らない地域の方にとっては、きっと北国ならではの珍しい風景だったりすると思うんですよね。もちろん、小樽出身の方々にとっては、小樽ならではの風景として、記憶に刻まれた風景でもあると思います。

そんな小樽の冬の風景を“冬のちょっとした風景”シリーズとして毎年写真中心に掲載しているのですが、今年もこの投稿からスタートです。不定期投稿ですが、今シーズンも色々と北国らしい、小樽らしい冬の風景をお届けできればと思っています。

※参考:気象庁|過去の気象データ検索(小樽 2022年12月)

【関連記事】
11月30日の小樽は雪が降って積雪を記録し気温もマイナスに〜いよいよ小樽にも本格的な冬の到来
小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2022〜2023)が11月1日に開幕〜青の運河もスタート

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (2)

2022年3月13日 (日)

天気の良い日の「カトリック小樽教会富岡聖堂」(旧 カトリック富岡教会)【冬のちょっとした風景】

Otaru_20220309-141627

先日、天気の良い日に小樽市指定歴史的建造物でもある、カトリック小樽教会富岡聖堂(旧 カトリック富岡教会)を見に行ってきました。

場所は、緑第一大通りから小樽商大へ向かう地獄坂(商大通り)を上ってすぐ右手に看板があります(2022年3月9日撮影)。

Otaru_20220309-141438t

Otaru_20220309-141457

そして、ここから右を見ると、通りの先に異国情緒あふれる素敵な教会が見えるんです。

Otaru_20220309-141510

Otaru_20220309-141555

ゴシック様式を取り入れているというその姿は、絵に描いたように美しいんですよね。

Otaru_20220309-141617

昭和4年(1929年)建築で、小樽市指定歴史的建造物でもあります。

(小樽市指定歴史的建造物の案内看板)
Otaru_20220309-141712

2020年秋には、鐘楼などの外部補修工事が行われ、建築当時の美しい色合いが再現されたということで、鐘楼部の色がクリアになっています。

Otaru_20220309-141745

この青空を背景にした様子が見たくて、晴天の日に来たんですよね。

Otaru_20220309-141648

2階の聖堂(礼拝堂)はステンドガラスに囲まれているんですよね。
Otaru_20220309-141722

いつきても、本当に素敵な教会です。

Otaru_20220309-141816

※以前はカトリック富岡教会と呼んでいたここカトリック小樽教会富岡聖堂ですが、カトリック住ノ江教会とカトリック富岡教会が統合してカトリック小樽教会となり、それぞれ、カトリック小樽教会住ノ江聖堂と富岡聖堂に名前が変わってます。

※この日は外観だけを見てきたのですが、実はここ富岡聖堂は、聖堂は開放されていて、信者でない一般の方でも入って、お祈りや見学できるんですよね(ミサには一般の方や他の教会の方は参加できません)。しかも、写真撮影も自由とのことです(サイトより)。

※カトリック小樽教会のHPが、札幌司教区ホームページ内「カトリック小樽教会(公式)」に移動してます。
・旧サイト:カトリック小樽教会 - ホームページ移動
・移動後サイト:小樽教会-公式

※参照:小樽市指定歴史的建造物 第70号 カトリック富岡教会 | 小樽市

Otaru_20220309-141641

【関連記事】
※カトリック小樽教会富岡聖堂関連の主な記事
カトリック小樽教会富岡聖堂の外部補修工事が終わってます
歴史的建造物の「カトリック小樽教会富岡聖堂」(旧 カトリック富岡教会)を背後から眺める
冬のちょっとした風景〜異国情緒あふれる雪の「カトリック小樽教会富岡聖堂」(旧 カトリック富岡教会)
【小樽雪あかりの路22】カトリック小樽教会富岡聖堂(2月10日の様子)〜ロウソクの灯りに浮かび上がる異国情緒溢れる教会は美しく幻想的
【小樽雪あかりの路21】カトリック小樽教会富岡聖堂の幻想的な雪あかりの路
歴史的建造物でもある異国情緒あふれる「カトリック富岡教会」が一般公開中です

| | コメント (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽