冬のちょっとした風景

2021年3月13日 (土)

天気がとてもよかった日の小樽運河の風景(少しだけ人が歩いていた3月9日の様子)

Otaru_20210309-154158

天気がとてもよかった先日3月9日(火)に、小樽運河に行ってきました。

言わずと知れた、小樽観光の代表的なスポットの小樽運河ですが、このコロナ禍で人出は激減。というか、まったく人影がみられない時もありましたが、2月28日(日)をもって道からの不要不急の外出と往来自粛の要請が解除になって、ちょっとだけですが、この日は観光客の歩く姿を見ることができました。

Otaru_20210309-154251

もちろん、人影はまだポツリポツリで寂しい状況に変わりはないのですが、人の歩いている様子を見ると、なんだかほっとします。

Otaru_20210309-154518

まだ散策路には雪が結構残ってますが、雪解けも進んでますね。

Otaru_20210309-154609

浅草橋街園は運河の人気の撮影スポットでもあるのですが、なんだか数名の方々が記念撮影をしている様子を見るのは久しぶりのような気もします。

Otaru_20210309-154905

いや〜、やっぱりいい眺めですね。

Otaru_20210309-154720

この日は平日だったので、週末にはもうちょっと人出があるかもしれませんね。

街園では雪割、氷割りがされていたのか、雪解けの水たまりができてました。なんだか春が近づいているようですね。

Otaru_20210309-154958

ということで、青空広がる小樽運河の様子でした。

Otaru_20210309-154209

【関連記事】
天気がとてもよかった日の小樽公園の見晴台からと白樺林の風景(まだまだ雪深い3月9日の様子)
ニュースより/小樽市への不要不急の外出自粛と市内外への往来自粛要請は2月28日に解除されています

| | コメント (0)

2021年3月12日 (金)

天気がとてもよかった日の小樽公園の見晴台からと白樺林の風景(まだまだ雪深い3月9日の様子)

Otaru_20210309-141723

青空が広がって、天気がとてもよかった先日3月9日(火)に、小樽公園にいってきました。

この日の日中の最高気温は6.3℃(14:06)とまあまあの暖かさでしたが、何より日差しが強くて、なんだか春が近づいてきているような陽気だったんですよね。

まずはいい天気ということで、向かったのが高台にある見晴台です。

Otaru_20210309-141659

見晴台の海側の眺めのいいところまでは、冬の間は雪深くて歩く人もいないのですが、この日は雪もだいぶ溶けてきて、雪もしまっているのか、足跡がいくつかあって、眺めの良いところまで行くことができました。

Otaru_20210309-141845

う〜ん、ここからの小樽の街並みと港の眺めは、やっぱりいいですね。

Otaru_20210309-141753

雪はまだまだ積もっています。ここは結構、遅くまで雪が残るんですよね。

Otaru_20210309-141811

ちなみに、見晴台の駐車場は、雪が積んであって入れません。

Otaru_20210309-141635

見晴台から下りてきて、こちらはまだまだ一面たっぷりに雪が積もる花園グラウンド。

Otaru_20210309-141448

(花園グラウンド越しの天狗山)
Otaru_20210309-141243

グラウンド周辺の斜面を使って、ソリで遊んでいる子供たちがいましたよ。

Otaru_20210309-140914

そして、このブログでよく登場する、小樽公園南側(入船町側)にある白樺林(ロータリーの杜)にも行ってきました。

Otaru_20210309-140443

Otaru_20210309-140432

こちらもまだまだ雪深いですが、強い日差しで、なんだか春が近づいているのを感じさせるような眺めです。

Otaru_20210309-140421

Otaru_20210309-140547

ということで、天気の良い日に行ってみた、小樽公園の様子でした。

大きな道路の雪はもうほとんどないものの、歩道やちょっと小さな道に入ると、まだまだ雪は積もっていて、積雪深もまだ60cm以上あるこちら小樽ですが、ちょっとずつですが、春が近づいてきてますね。

※参考:気象庁|過去の気象データ検索

| | コメント (2)

2021年2月25日 (木)

街で見かけた「小樽ツララコレクション2021」【冬のちょっとした風景】

Otaru_20210112-131235

さて、今年もやります「小樽ツララコレクション2021」です。

このブログで毎年お届けしているツララコレクションですが、今シーズンの小樽の冬は、大雪が降ったかと思ったら、気温がプラスになったり、さらには真冬なのに雨が降ったりして、なんだか変な天気でツララもここにきてあまり育ってないみたいです。

どちらかというと、1月中旬くらいまでの方が、大きなツララをよく見た気がします。

そんなツララ、こちらでは冬の当たり前の風景ですが、これって考えてみたら雪国ならではで、雪のない地方の方から見れば、かなり物珍しい光景ですよね。なんといっても、氷の柱が屋根からギザギザにぶら下がっているんですからね。

ということで、私がこの冬、小樽の街歩きの際に見かけたツララの数々。小樽ツララコレクション2021です。

※とても写真の多い記事なので、トップページでは《続きを読む》という形にしてます。

続きを読む "街で見かけた「小樽ツララコレクション2021」【冬のちょっとした風景】"

| | コメント (0)

2021年1月19日 (火)

旧渋澤倉庫(プレスカフェ側)のずらりと並ぶ巨大ツララ【冬のちょっとした風景】

Otaru_20210112-131338

北運河沿いの北浜橋の前に建つ、小樽市指定歴史的建造物の旧渋澤倉庫

3つの倉庫が前後に連なったような形が印象的な、明治25年(1892年)頃に建てられた木骨石造の倉庫建築で、現在はプレスカフェ(PRESS CAFÉ)とライブ・シアター・小樽GOLDSTONE(ゴールドストーン)が入っています。

Otaru_20210112-131136

で、本題ですが、この旧渋澤倉庫の運河側から見て右側(プレスカフェ側)に、巨大なツララがずらりとできてました(写真は2021年1月12日撮影)。

(写真右側の通り沿い)
Otaru_20210112-131158

Otaru_20210112-131216

これはすごい!!

Otaru_20210112-131225

下まで届いているものもありますね。

Otaru_20210112-131240

(反対側から見たところ)
Otaru_20210112-131345

冬ならではの風景として、ちょっと変わったところで私が普段から注目しているのが「ツララ」で、毎年、ツララコレクションと称して、街で目にした様々なツララの写真をまとめて紹介していているんですよね。

今年もそのうち投稿しようと思っているのですが(そちらもお楽しみに)、この旧渋澤倉庫のツララは、あまりにすごかったので単独で掲載しました。

Otaru_20210112-131308

先日は、第一ゴムのツララがすごくて、そちらも単独で掲載したのですが、今年は大きなツララをよく目にしているような(その記事はこちら:第一ゴムの建物からぶら下がる巨大なツララ【冬のちょっとした風景】)。

※ツララは氷の塊で、しかも尖って危ないので、ツララの下などにはむやみに近づかないようにして、もちろん立ち入り禁止になっていたら、絶対に入らないようにしましょう。

PRESS CAFÉ
小樽GOLDSTONE(ゴールドストーン)|ライブシアター・レストラン・結婚披露宴会場

【関連記事】
街で見かけた「小樽ツララコレクション2020」〜今シーズンはツララ写真がちょっと少ないです…
旧渋澤倉庫(現小樽GOLDSTONE)

| | コメント (2)

2021年1月15日 (金)

冬の祝津パノラマ展望台からの眺め【冬のちょっとした風景】

Otaru_20210112-133250

先日、久しぶりに「祝津パノラマ展望台」に行ってきました。

祝津パノラマ展望台からの祝津の海、おたる水族館の海獣公園(冬期は閉鎖)、その先の高島岬の高台の日和山灯台と小樽市鰊御殿の眺めはおなじみですが、冬ということで、雪景色の中での眺めはまた違った趣ですね。

この日は薄らと日が少し射していたものの、雲もかかっていて、海の色もやや暗く、やっぱり冬の海って眺めです(そして、展望台は風が強くて、長くいられませんでした…)。

Otaru_20210112-133318

Otaru_20210112-133252

けど、なんだかいい眺めですよね。

Otaru_20210112-133259

(あっ、看板が新しくなってる!!いつからだ!?)
Otaru_20210112-133242t

祝津パノラマ展望台の場所は、おたる水族館の駐車場への道路を抜けて、ホテル・ノイシュロス小樽へと向かう急な坂道の途中に広場(駐車スペース)があるんですが、冬のこの日も綺麗に除雪されて車が止められるスペースがありました。

その先にはホテル、ノイシュロス小樽が高台に建っています。

Otaru_20210112-133336

展望台から正面に見える岩は「トド岩」で、日によっては野生のトドが見られるのですが、この日は残念ながら確認できませんでした。

Otaru_20210112-133236

Otaru_20210112-133148

ということで、冬の祝津パノラマ展望台からの眺めでしたが、こういう風景が市内で見られるというのがいいですよね(市街地から車で15分程ですね)。

【関連記事】
祝津パノラマ展望台から眺める祝津の海はやっぱり青くて綺麗でした
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!

| | コメント (2)

2021年1月13日 (水)

第一ゴムの建物からぶら下がる巨大なツララ【冬のちょっとした風景】

Otaru_20210111-110659

厳しい寒さが続いているこちら小樽ですが、冬ならではの風景として、ちょっと変わったところで私が普段から注目しているのが「ツララ」です。

こちらでは、冬の当たり前の風景として目にしてるツララですが、これって、雪のない地域の方から見れば、かなり珍しい光景ですよね。なんてったって、氷の柱がぶら下がっているんですからね。

さて、そんなツララの中で、とても巨大なツララを目にしました。

それは、奥沢十字街から続く国道393号線沿いに建つ、奥沢の第一ゴム(株)の建物からぶら下がるツララです。

Otaru_20210111-110646

Otaru_20210111-110756

目にした時は、ちょっとビックリするくらいの大きさで、これは本当に大きい。

Otaru_20210111-110733

Otaru_20210111-110708

大きなツララといえば、小樽運河周辺の倉庫群で目にすることはあります、こんなところに、こんな大きなツララがあったのですね。

毎年、ツララコレクションと称して、街で目にした様々なツララの写真をまとめて紹介していて、今年もそのうち投稿しようと思っているのですが、まずはこの第一ゴムの建物の巨大なツララがすごかったので、単独で掲載してみました。

※もちろんツララは氷の塊で、しかも尖って危ないので、ツララの下などにはむやみに近づかないように、もちろん立ち入り禁止になっていたら、絶対に入らないようにしましょう。

【関連記事】
街で見かけた「小樽ツララコレクション2020」〜今シーズンはツララ写真がちょっと少ないです…

| | コメント (2)

2020年12月22日 (火)

都通りにクリスマスのサンタが飾られてます【冬のちょっとした風景】

Otaru_20201219-113437

先日、アーケードの都通り商店街を通ったら、あちこちにサンタがいました。

12月18日(金)〜25日(金)の期間、飾られているそうですよ。

こんなのとか…

Otaru_20201219-111845

Otaru_20201219-111959

こんなのとか。

Otaru_20201219-112016

Otaru_20201219-112249

Otaru_20201219-113251

小樽の街は、コロナ禍で観光客の姿も少なく、イベントは中止が相次ぎ、街はなんだか寂しくなりがちですが、せめてこういう季節感のあるものが飾られると、通りも賑わいますしいいですよね。

もうクリスマスですね〜

Otaru_20201219-112320

※こちらは、小樽都通り商店街のツイートから。

| | コメント (0)

2020年12月18日 (金)

本格的に雪が降って雪景色となった住吉神社に行ってきました【冬のちょっとした風景】

Otaru_20201215-135746

12月中旬になり、こちら小樽も本格的な冬が来たという感じで、まだまだ冬序盤ですが少しずつ雪も積もってきて、あたり一面は雪景色となっています。

ということで、今年も小樽で目にした“冬のちょっとした風景”シリーズ始めます。

雪のある風景って、もちろんこちらでは冬の当たり前の風景ですが、これって雪がほとんど降らない地域の方にしてみれば、北国ならではの珍しい風景だったりするんでしょうね。

ということで今回は、本格的に雪が降り始めたすぐ後の12月15日の小樽総鎮守・住吉神社の風景です。

雪が積もり始めた住吉神社の風景

12月13日(日)から少しずつ降り始めた小樽の雪は、14日(月)に本格的に降って、住吉神社に訪れた15日(火)は、日中で10cmほどの積雪深を記録していました(参照:小樽(道央)の過去のアメダス(2020年12月15日) - 日本気象協会 tenki.jp)。

Otaru_20201215-135236

住吉神社は、国道5号線沿いの大鳥居からまっすぐ続く参道が、白い雪道となっていました。

Otaru_20201215-135245

あっ、先日、ブログにも掲載しましたが、毎年この時期恒例の大鳥居横の大絵馬は、今年は中止になっています。
ニュースより/住吉神社の恒例の大絵馬は今年は中止

(まっすぐ続く雪道の参道。これだけで綺麗です)
Otaru_20201215-135334

住吉神社は、途中に長い階段が3箇所あるのですが、現在は端の方がロードヒーティングで雪が溶けているので、上り下りがしやすくなっています。

Otaru_20201215-135436

平成30年から行われていた、住吉神社鎮座150年の記念事業による、参道の改修工事によって、階段の幅が広がって歩きやすくなり、さらに階段の端にロードヒーティングが設置されて、安心して上り下りができるようになったんですよね。

綺麗に除雪された参道を歩き、最初の階段を上って振り返って見たところ。

Otaru_20201215-135504

こちらは、小樽市指定歴史的建造物にもなってる社務所です。

Otaru_20201215-135654

いい雰囲気です。

Otaru_20201215-135657

こちらは鎮座150年の記念事業の一環で今年4月にできた、副参道の33基の鳥居ですね。

Otaru_20201215-135818

手水舎は、水は流れてませんでした。

Otaru_20201215-135927

Otaru_20201215-135913

(手水舎前の鳥居から振り返って見た風景)
Otaru_20201215-140243

そして、社殿です。

Otaru_20201215-135930

Otaru_20201215-140007

ここから振り返って見た風景が、これまたいい眺めなんですが、雪景色の境内がまた素敵なんですよね。

Otaru_20201215-140017

Otaru_20201215-140154

ということで、雪が積もり始めた住吉神社の風景でした。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
ついに小樽にも本格的な冬が到来!!
冬のちょっとした風景〜住吉神社横の社ヶ丘の坂から
冬のちょっとした風景〜早くも一面雪景色になった初冬の住吉神社

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

もすぐ春!!雪解け進む晴れた日の小樽公園の様子(けど、まだ結構雪は残ってます)

Otaru_20200325-144512

3月25日(水)の小樽は青空の広がるとてもいい天気でした。

日中の最高気温は8.5℃(13:13)と、思ったほどは上がりませんでしたが、日差しが強く、春はもうすぐそこといった陽気でした。

実は先日23日(月)に結構まとまった雪が降って、春が少し遠のいた感じだったのですが、その雪もほぼ溶けて、25日の時点で積雪深は9cmまで減っています。

さて、この天気良い日に、せっかくだからと小樽公園に行ってきました。

まずは向かったのが、高台にある見晴台です。

(あれ?木がすっきりしている)
Otaru_20200325-144417

雪が少ないですが、海側の眺めのいいところまで歩いた人はいないようで足跡はなく…Otaru_20200325-144440

ズボズボと少し埋まりながら柵のところまでいって…
Otaru_20200325-144447

この眺めです。
Otaru_20200325-144434

ここからの小樽の街並みの眺めが、なかなかいいんですよね。

晴れているので、一層いい眺めです。

Otaru_20200325-144541

街中の雪はもうほとんどないのですが、こちら小樽公園はまだまだ雪景色といった感じです。

それでも、公園内ではところどころには地肌も見えて、雪解けが進んでいるのが分かります。

Otaru_20200325-144813

公園内を走る車道には、すっかり雪はありません。
Otaru_20200325-144756

花園グラウンド越しの天狗山。
Otaru_20200325-144753

花園グラウンドはまだ一面雪で、綺麗ですね。
Otaru_20200325-144018

Otaru_20200325-144004

もちろん、公園南側(入船町側)にある白樺林(ロータリーの杜)にも行ってきました。

Otaru_20200325-143723

こちらは結構雪解けが進んでいるようで、地肌が見える範囲が広いかな。

Otaru_20200325-143703

ということで、まだ結構雪は残っているものの、もうすぐ春といった感じの、雪解け進む晴れた日の小樽公園の様子でした。

※参考:気象庁|過去の気象データ検索

| | コメント (5)

2020年3月11日 (水)

もうだいぶ雪も少なくなってきた小樽公園の様子【冬のちょっとした風景】

Otaru_20200306-151613_20200311120701

やっぱり今シーズンの冬はおかしな気候ですね。

雪が少ない今シーズンですが、なんと3月10日(火)には雨が降って、その雨は11日(水)朝まで続き、もともと少ない雪が、さらに一気に溶けています。

こうなると、 少ないとはいえ、雪景色だった風景も一気に変わってしまい、ちょっとタイミングがずれると、その写真を掲載しにくくなるんですが、しちゃいます。

というのも、実は雨の降る前の先日、3月6日(金)に小樽公園にいってきたんです。

雪の小樽公園を歩くと、冬ならではの風景も楽しめるのですが、実はその辺りの話は、私が連載をもたせてもらってる、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2020年2月号(Vol.51) 冬企画「雪の小樽公園を歩く」で書いてみたので、機会があったら手にとって読んでみてください。

で、その小樽公園の様子を、曇り空だったんですが、せっかくですから掲載しますね。

(花園グラウンド越しの天狗山はいい眺め)
Otaru_20200306-151927

(見晴台へ。今年は除雪された雪が、それほどでもないです)
Otaru_20200306-151451

(海側の眺めのいいところは雪が…)
Otaru_20200306-151513

(数人の方が歩いた足跡が…)
Otaru_20200306-151558

Otaru_20200306-151633

(雪をかき分け行きました)
Otaru_20200306-151647

(曇ってますが、やっぱりいい眺め)
Otaru_20200306-151624

(見晴台から今度はグラウンド上へ)
Otaru_20200306-151149

(花園グラウンドは真っ白)
Otaru_20200306-151113

(そして、公園南側(入船町側)の白樺林(ロータリーの杜)へ )
Otaru_20200306-150720

Otaru_20200306-150731

(人が通って踏み固められた、一本道が続きます)
Otaru_20200306-150716

ということで、ちょっと掲載のタイミングが遅れてしまい、その後の雨で、雪はかなり溶けしまっているかもしれませんが、小樽公園の様子でした。

雪の小樽公園は、そろそろ終わりかもしれませんね。


※こちらは、さらにちょっと前の天気の良かった日の見晴台からの様子(2月29日撮影)。
Otaru_20200229-143711

【関連記事】
小樽はこの冬は雪が少ないですが(荒れる予報の3月5日〜6日も小樽は比較的穏やか)、実は2月に限っての降雪量は平年以上だったそうです

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽