おたる潮まつり

2019年7月31日 (水)

ニュースより/第53回おたる潮まつりの来場者数は3日間で102万人!!

Otaru_20190727-151228r

第53回おたる潮まつり」は、7月26日(金)〜28日(日)の3日間の日程を終えて無事閉幕し、今年度の来場者数が発表になってます。

第53回おたる潮まつりの来場者数は、3日間で102万人だったそうで、昨年より17万人少なかったとのことです。

※参照ニュース
・2019年7月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
来場者102万人 第53回おたる潮まつり閉幕(小樽ジャーナル)
第53回おたる潮まつり…閉幕しました。 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

やっぱり、初日に雨に降られたことが、減少の要因のひとつとなったようですが、それでも、2日目の潮ねりこみは晴天に恵まれ、最終日も曇りながらもたくさんの方が会場に訪れてました。実際、最終日の花火前とか、とんでもない混雑でしたからね。

ちなみに、2日目の潮ねりこみでは、参加登録していた88悌団約6800人と自由に参加できる「とびいりDE踊り隊」とで、7,000人を超える参加者が小樽の市街地を踊りながら練り歩いたとのことです。

Otaru_20190727-144554r

初日と最終日の花火大会は、どちらも雲だったのか、風がなくて煙が動かなかったのか、花火が隠れてしまうような状態で、ちょっともったいなかったですね。

ということで、今年も潮まつりで小樽の夏は熱く盛り上がりました。昨年より減少したとはいえ、100万人以上が集まるわけですから、すごいことですよね。本当に大きなお祭りです。

関係者のみなさん、参加された皆さん、お疲れさまでした。そして、どうもありがとうございました。また、来年ですね。

Otaru_20190728-210546r

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。

※昨年の記事です。
ニュースより/第52回おたる潮まつりの来場者数は3日間で119万人!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

「第53回おたる潮まつり」最終日(7月28日)、道新納涼花火大会フィナーレの様子【動画】

Otaru_20190728-203447_3

小樽の夏が熱く盛り上がる「第53回おたる潮まつり」が、2019年7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間の日程で開催されました。

最終日(7月28日)には、祭りの最後を飾る道新納涼花火大会が開催されて、今年もたくさんの見物客が会場に集まって、小樽の夏の夜空に上がる花火を楽しみました。

ただ、今年は雲が低かったのか、風がなくて花火の煙が動かなかったのか、花火が隠れてしまって、ちょっともったいなかったですね。

最終日の花火大会の様子は、「「第53回おたる潮まつり」最終日〜神輿パレードの宮入と祭りの最後を飾る花火大会の様子」の記事でも紹介しましたが、動画も少し撮ってきたので掲載しますね。

撮影したのは、主にフィナーレの様子で、最初に少し途中の花火が入ってます。雰囲気が伝われば嬉しいです。


今年も花火は初日と最終日の2回行われ、最終日は約2,000発の花火が、20:00から約40分間上がりました。

ちょっと隠れてしまいましたが、やっぱり花火はいいですね。十分楽しませてもらいました。

ということで、第53回おたる潮まつり最終日の道新納涼花火大会フィナーレの様子でした。

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。

※昨年の最終日の花火大会の様子。
「第52回おたる潮まつり」最終日の花火大会の様子
【動画】第52回おたる潮まつり最終日の花火大会フィナーレ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

「第53回おたる潮まつり」最終日(7月28日)、神輿パレード最後の宮入の様子【動画】

Otaru_20190728-165002

小樽の夏が熱く盛り上がる「第53回おたる潮まつり」が、2019年7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間の日程で開催されました。

最終日(7月28日)には、潮まつりの目玉イベントの1つでもある神輿パレードが行われ、市内を練り歩いてきた5基の神輿が、夕方に最後にメイン会場に入ってきます。

メイン会場での神輿宮入の様子は、「「第53回おたる潮まつり」最終日〜神輿パレードの宮入と祭りの最後を飾る花火大会の様子」の記事でも紹介しましたが、その様子は動画でも少し撮ってきたので掲載しますね。

ダイジェスト的に一部のみですが、会場の雰囲気と熱気が伝われば嬉しいです。


ということで、第53回おたる潮まつりの神輿宮入の様子でしたが、本当にこの時の会場の盛り上がりはすごくて、会場が熱気に包まれるんですよね。

担ぎ手のみなさんは、市内はもちろん、道内外から集まっていたとのことで、担ぎ手の皆さん、お疲れさまでした。そして、いいものを見せていただき、ありがとうございました

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。

※過去の神輿パレードの主な記事。
「第51回おたる潮まつり」最終日、潮わたり・神輿パレード・花火大会の様子
「第50回おたる潮まつり」最終日の神輿パレードの様子【補足記事】

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

「第53回おたる潮まつり」最終日〜神輿パレードの宮入と祭りの最後を飾る花火大会の様子(花火は煙でちょっともったいなかった…)

Otaru_20190728-164648

小樽の夏が熱く盛り上がる「第53回おたる潮まつり」は、7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間の日程を終えて無事閉幕しました。

初日は雨に見舞われたものの、2日目の潮ねりこみは晴天となり、最終日は曇り空となったものの、なんとか天気はもって、たくさんの方が会場に訪れて、祭りを楽しんだようです。

さて、その最終日の28日は、神輿パレードに漁船団が海上でパレードを行う「潮わたり」、そして、祭りの最後を飾る道新納涼花火大会などが行われたのですが、潮わたりは昨年に続き乗船の抽選に外れてしまったため参加できず(残念…)、夕方の神輿パレードの宮入と、夜の道新納涼花火大会を見に行ってきました。

ちなみに、道新納涼花火大会は初日と最終日に行われているのですが、今年は初日が雨の中の開催となってしまいましたし、もともと最終日の花火大会のほうが打ち上げ数も多いので(約2,000発)、 この日の会場は花火見物のお客さんで夜は大混雑になってました。

Otaru_20190728-203447_1
(花火は煙でちょっともったいなかった…)

ということで、「第53回おたる潮まつり」最終日、神輿パレードの宮入と道新納涼花火大会の様子を掲載しますね。

第53回おたる潮まつり神輿パレード宮入の様子

最終日の目玉のひとつもある神輿パレードですが、今年も5基の神輿が14:00から花園銀座商店街端の角磯ハブタイ屋前を出発して、市内中心街を練り歩きました。担ぎ手のみなさんは、市内はもちろん、道内外から集まってるんですよね。

最終的にメイン会場に入ってきて、16:30頃から宮入となるのですが、私はそのメイン会場での宮入を見てきました。

Otaru_20190728-164648

周囲には見物客も大勢集まってます。

Otaru_20190728-164924

Otaru_20190728-165002

とにかく迫力があって、担ぎ手さんたちの熱気が見物客にも伝わってきて、会場全体が熱気に包まれるんですよね。

Otaru_20190728-165021

Otaru_20190728-165118

いや〜、ほんと大迫力で、楽しませていただきました。

担ぎ手のみなさん、お疲れさまでした。

第53回おたる潮まつり最終日の道新納涼花火大会の様子

さて、祭りの最後を飾る道新納涼花火大会ですが、開始は20:00からですが、開始時間が近づくと、会場はいつものように大混雑。

それこそ歩くのもままならないと行った感じで、何か食べ物を買おうと思ったものの、どこも大行列で、これはちょっと失敗。食べ物はもうちょっと余裕を持って買い求めるべきでした。

Otaru_20190728-192538

私は、今年も港に面する月見橋に陣取ったのですが、ここも開始までにはほとんど埋まるんですよね。

Otaru_20190728-195030

なんだかいつもより埋まるのが早かったような。

そして、花火ですが、20:00から40分ほどで約2,000発が打ち上げられるのですが、この日は曇り空(というか濃い霧!?)で、なにより風がなくて、コンディションが心配されたんですよね。

で、いざ始まると…

Otaru_20190728-200520

あ〜、やっぱり…。煙でしょうかね。花火が隠れてしまいました。

Otaru_20190728-201426

Otaru_20190728-201559

低い花火はまだいいのですが、高く打ち上がる花火ほど見えなくて、大きな音は鳴れど花火は見えず、その度に周囲にはため息が…

(これは何にも見えない…)
Otaru_20190728-2023341

う〜ん、もったいない。

そう、残念は残念ですが、それよりなにより、準備してきたこれだけのせっかくの花火がもったいない、という気持ちです。

Otaru_20190728-201423

それでも、終盤からフィナーレは、見事な花火が打ち上がり(少し見えるようになった?)、周囲からは拍手と歓声が上ってました。

Otaru_20190728-203447_1

Otaru_20190728-203447_3

Otaru_20190728-203447_2

なんだかんだいっても、みなさん、小樽の夏の夜空に上がった花火を楽しまれたのではないでしょうか。

おわりに

花火が終わると、会場をあとにする人で、またまた大混雑になるんですよね。

Otaru_20190728-205315

花火の後も中央ステージでは閉祭式、さよなら潮音頭、潮太鼓打演が行われたのですが、私はここで会場を後にしました。

Otaru_20190728-210546

ということで、今年の第53回おたる潮まつりも終わってしまいましたね。

毎年のことなんですが、潮まつりが終わると、なんだかちょっと寂しくなるんですよね。季節としては7月下旬なので、夏はまだ続くのですが、なんだか小樽の夏が一足先に終わってしまったような…

今年も潮まつりの3日間、私が見に行ったところだけなんですが、ブログで紹介しましたが、雰囲気は伝わったでしょうか。

また、来年ですね。

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※昨年の最終日の花火大会の様子。
「第52回おたる潮まつり」最終日の花火大会の様子
【動画】第52回おたる潮まつり最終日の花火大会フィナーレ

※おたる潮まつりの記事は、今年もカテゴリー「おたる潮まつり」にまとめていきます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年7月28日 (日)

小樽の夏が踊りで熱く盛り上がる「潮ねりこみ」の様子〜「第53回おたる潮まつり」2日目

Otaru_20190727-151228

ドンドコザブ〜ンだドンザブン〜♪

ということで、小樽の街が熱く盛り上がる「第53回おたる潮まつり」が、7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間の日程で開催中です。

2日目の27日は、祭りのメインイベントともいえる「潮ねりこみ」が行われたのですが、実は前日の祭り初日が雨の中での幕開けとなったんですよね。

「第53回おたる潮まつり」がいよいよ始まりました〜まずは初日7月26日の潮ふれこみと花火大会の様子

雨はそれほど激しくはならずに、なんとか初日の潮ふれこみや花火大会は開催されたものの、2日目の祭りのハイライトとなる潮ねりこみに向けて、天気が心配されたのですが…

晴れました〜!!

Otaru_20190727-145459

朝は雨も降っていたのですが、潮ねりこみのスタートの午後1時には夏の青空が広がってました。もう、晴れすぎて午後2時過ぎには、なんと30.0℃を記録して、踊る皆さんには、暑すぎだったかも。

潮ねりこみは、「ドンドコザブ〜ンだドンザブン〜♪」の潮音頭ともう一曲の潮踊り唄に合わせて、梯団と呼ばれる、学校・町内会・官庁・企業等によるグループ単位で、小樽の中心街を踊りながら練り歩くんですよね。

祭り前のニュースでは、今年の潮ねりこみには88梯団の約6800人が参加したようです。

潮ねりこみのコースは、例年通り、花園グリーンロードを出発して、花園銀座三丁目商店会、花園銀座商店街、サンモール一番街、稲穂大通商店会(第一大通り)、そして中央通りに出たら運河方面に下りていき、運河の中央橋を渡って、小樽港第3号ふ頭基部のメイン会場の中央ステージへと練り歩きます。

開催時間は、午後1時頃から午後9時頃までなので、本当にこの日は小樽の中心街が踊りであふれるんです。

私は午後2時すぎから、今年もコースに沿って潮ねりこみを追いかけてきたので、ここからは写真中心にその様子を掲載しますね。

おたる潮まつりのハイライト「潮ねりこみ」の様子

まずは、スタート地点の花園グリーンロードですが、すでにスタートを待つ梯団の熱気であふれてます。

Otaru_20190727-142647

ちょうど、自由に参加できて飛び入り参加も大歓迎の「とびいりDE踊り隊」が出発することろでした。

Otaru_20190727-143018

花園グリーンロードを出発して花園銀座三丁目商店会です。

Otaru_20190727-143041

Otaru_20190727-143353

そして、花園銀座商店街へ。

Otaru_20190727-143416

Otaru_20190727-143616

Otaru_20190727-143749

アーケードのサンモール一番街に入ります。

(ちょうどこの時は踊りが途切れてしまいました)
Otaru_20190727-143808

Otaru_20190727-143942

サンモール一番街はアーケードで日陰になるので、見学の皆さんが通路に陣取って声援を送る様子もお馴染みです。

Otaru_20190727-144102

サンモール一番街から出ます。

Otaru_20190727-144235

そして、稲穂大通商店会(第一大通り)へ。

ここから道幅が広くなるのですが、ここも道路脇に腰掛けて見物したり、声援を送る方が多いですね。

Otaru_20190727-144450

Otaru_20190727-144554

中央通りに入り右に曲がって、ここから運河の先の中央ステージへと下っていきます。

Otaru_20190727-144752

中央通りに入ると、先の中央ステージが見えるんですよね。

Otaru_20190727-144734

いい眺めです。

振り返ると、小樽駅が見えます。
Otaru_20190727-144756

中央通りを下って、臨港線を渡って、運河を超えると、小樽港第3号ふ頭基部のメイン会場です。

Otaru_20190727-144808

(臨港線越しに振り返って見たところ)
Otaru_20190727-150124

(メイン会場に入って、もうすぐ中央ステージ)
Otaru_20190727-150243

Otaru_20190727-150349

そして、メイン会場の中央ステージへと上がり、これでゴールとなります。

Otaru_20190727-151154

Otaru_20190727-151246

Otaru_20190727-150817

Otaru_20190727-150852

いや〜、各梯団の皆さん、お疲れさまでした!!

今年も楽しませてもらいました!!

おわりに

ということで、「第53回おたる潮まつり」2日目の潮ねりこみの様子でしたが、どうでしたか?雰囲気、熱気が伝わりましたか!?

今年のおたる潮まつりも最終日を残すのみとなりましたが、最終日も神輿パレードに漁船団が海上でパレードを行う「潮わたり」、そして、祭りの最後を盛大に飾る道新納涼花火大会などが予定されています。

今年も小樽の夏は、潮まつりで熱く盛り上がってます!!

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、今年もカテゴリー「おたる潮まつり」にまとめていきます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2)

2019年7月27日 (土)

「第53回おたる潮まつり」がいよいよ始まりました〜まずは初日7月26日の潮ふれこみと花火大会の様子

Otaru_20190726-181900

ドンドコザブ〜ンだドンザブン〜♪

ということで、「第53回おたる潮まつり」が、いよいよ7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間の日程で始まりました。

今年のキャチコピーは“弾む鼓動 躍動の夏”です。

初日の26日は、例年通りに、潮まつりの始まりを市内に知らせる(ふれまわる)「潮ふれこみ」や道新納涼花火大会が行われたのですが、実は26日は午前中から時折雨が降るあいにくの天気で、夕方から本格的に始まるお祭りへの影響(特に花火)が心配されたんですよね。

結局、激しい雨にはならなかったもの、振り続ける雨の中での開催となったのですが、潮ふれこみや花火大会も、無事に行われました。

弱い雨とはいえ、みなさん傘をさしての来場となったのですが、それでも、中央ステージのある小樽港第3号ふ頭基部のメイン会場には、たくさんの人が潮まつりを楽しんでましたよ。

Otaru_20190726-191350

Otaru_20190726-191003

では、初日の潮ふれこみと花火大会の様子をちょっとだけ紹介しますね。

第53回おたる潮まつり初日の潮ふれこみ

18:00に梁川通りの奥の都会館前を出発する潮ふれこみは、梁川通りから都通りを通り抜け、1本下の第一大通り(稲穂大通り)を通って中央通りに戻り、中央通りを小樽港第3号ふ頭基部のメイン会場中央ステージへと向かいます。

今回は梁川通りから都通りまでのふれこみを見てきたのですが、スタートからすでに雨が降っていて、踊る皆さんはちょっと大変そうでしたが、やっぱり潮音頭が街に流れて、それに合わせて列をなして踊る様子を見ると、こちらもなんだかテンションが上がって、お祭りモードに入りますね。

では、ここから写真中心に掲載していきますね。

まずは先頭で、子供たちによる可愛い若潮太鼓と小樽潮太鼓の威勢のいい太鼓が祭り盛り上げます。

Otaru_20190726-175821

Otaru_20190726-180030

Otaru_20190726-180125

Otaru_20190726-180158

その後から、役員梯団と各社中梯団が、ドンドコザブ〜ンだドンザブン〜♪の潮音頭に合わせて踊りながら続きます。

Otaru_20190726-180212

先頭は、ミス潮(ミスおたる)の2人です。

Otaru_20190726-180249

Otaru_20190726-180421

Otaru_20190726-180732

アーケードの都通りは、雨があたらずいいですね。

Otaru_20190726-181614

Otaru_20190726-181900

こちらは、第一大通り(稲穂大通り)。
Otaru_20190726-185034

こちらは、メイン会場に入ってきたところ。
Otaru_20190726-191311

いや〜、これを見ると、ほんと、潮まつりが始まったな〜って感じです。

で、この後、メイン会場のお店でちょっと飲み食いをして、20:00からの道新納涼花火大会を待ちました(その間に開祭式が行われていたのですが、見逃した…)。

第53回おたる潮まつり初日の道新納涼花火大会

今年も道新納涼花火大会は、初日と最終日の2回行われますが、初日は結局、雨が上がらず、雨の中での開催となってしまいました。

それでも、雨は弱まっていて、花火を見るのにはそんなに影響はなかったのですが、風の向きが悪かったのか、それとも風がなかったのか、会場から見る花火は煙で隠れてしまって、う〜ん、もったいない!!

Otaru_20190726-200855

Otaru_20190726-200901

Otaru_20190726-201422

Otaru_20190726-2016481

Otaru_20190726-2017181

Otaru_20190726-202512

Otaru_20190726-203115

それでも、初日の花火大会が開催されてよかったですね。約30分の花火、楽しかったです。やっぱり花火はいいですね。

花火終了後も、中央ステージでは歌やダンスなどが続いていましたが、私はこれで会場を後にしました。

(帰りは結構な混雑。多くの方が花火を楽しみにしていたのですね)Otaru_20190726-203419

おわりに

ということで、いよいよ始まった第53回おたる潮まつり、初日26日の潮ふれこみと道新納涼花火大会の様子でした。

Otaru_20190726-185725

潮まつりに関しては、マンネリといった言葉も時々耳にしますが、こういうお祭りは、もちろん、新しい試みや集客の努力は必要でしょうが、マンネリは大いに結構だと私は思っています。そのマンネリが、その先で伝統に変わっていくのではないでしょうかね。

と、この記事を書いている夜になっても雨が降っているのですが、2日目の27日は祭りのメインイベントとも言える「潮ねりこみ」です。

小樽の街が一日中、踊りであふれるのですが、なんとか天気は回復してもらいたいですね。

そして、小樽の夏を楽しみましょう。

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、今年もカテゴリー「おたる潮まつり」にまとめていきます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

小樽の街はなんだかそわそわ〜もうすぐ「第53回おたる潮まつり」(2019年)

Otaru_20190628-184008

先日、小樽市民が親しみを込めて“小樽まつり”と呼んでいる住吉神社の例大祭が終わりました。

6月から7月にかけての小樽はお祭りの季節で、毎週のように市内のどこかの神社でお祭りが行われていたのですが、神社例大祭はこれで一段落。

そして、この住吉神社の例大祭が終わると、次はいよいよ「おたる潮まつり」です。

小樽の夏が一番暑く盛り上がるお祭り「第53回おたる潮まつり」が、今年は7月26日(金)・27日(土)・28日(日)の3日間で行われます。

そう、この投稿の時点であと1週間なんですよね。

Otaru_20190709-121846

で、この時期になると、小樽の街を歩くと、あちこちに潮まつりのポスターが貼られていて、上を見るとおなじみのピンクの提灯が通りを飾り、どこからともなく潮音頭が聴こえてくるんですよね。

ドンドコザブ〜ンだドンザブ〜ン♪

Otaru_20190615-144027

Otaru_20190628-184008

Otaru_20190713-121632

先日(7月14日)には、都通りで潮太鼓の打演に遭遇。

Otaru_20190714-155708

これは、おたる潮まつりをPRする潮太鼓のキャラバン隊で、2019年度のミス潮(ミスおたるのお二人が、潮まつりの時はミス潮として活動するんですよね)のお二人が、祭りの宣伝をしていました。

Otaru_20190714-160205

潮太鼓のキャラバン隊は、市内から札幌まで、太鼓の打演でもって、潮まつりの宣伝を行なっているんですよね。

これがかっこいいんです。

Otaru_20190714-155942

ということで、今年も潮まつりは初日の26日(金)に、祭りの始まりを市内に知らせるために踊り歩く「潮ふれこみ」、27日(土)には大勢の踊り手が市街地を踊りながら練り歩く、祭りのハイライトともいえる「潮ねりこみ」、最終日の28日(日)には神輿パレードと漁船団が海上でパレードを行う「潮わたり」などが行われます。

多くの方が楽しみにしている花火大会は、今年も初日と最終日の2回に予定されています。

今年のおたる潮まつりも楽しみです!!

おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、今年もカテゴリー「おたる潮まつり」にまとめていきます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

【おまけ】第52回おたる潮まつり〜これまで紹介しきれなかった写真中心に掲載

Otaru_20180729_212341


先日、7月27日(金)〜29日(日)の3日間の日程を終えて、「第52回おたる潮まつり」が閉幕しました。

今年も大盛況で、その様子を何回かに分けて当ブログでも紹介しましたが、紹介しきれなかった写真などがまだあるので、今回は補足というか、“おまけ”として、それらを掲載しますね。


潮まつりで食べた美味しい物

潮まつりで忘れてはいけないのが、小樽港第3号ふ頭基部のメイン会場周辺にずらりと並ぶ屋台で、飲食関係を中心として約120もの店が出店していて、美味しそうなものがたくさん並んで、いい匂いを漂わせているんですよね。

Otaru_20180727_191324

こちらはビールと梅塩ザンギと焼き鳥と焼きそば。
Otaru_20180727_191932

お店はもっきり荘でした。
Otaru_20180727_191551

こちらはビールとカットステーキ。
Otaru_20180729_172322

お店は銭函きまぐれ食堂です。
Otaru_20180729_174541

あと、おたる潮まつり×ご当地グルメ in 北海道で出店の「なよろ煮込みジンギスカン」。

Otaru_20180729_183106

Otaru_20180729_185822

Otaru_20180729_211844

あれもこれもと食べたいものはたくさんあったのですが、なかなか時間もなく、今回はこのくらいしか食べることができなかったのですが、どれも美味しかった〜!!


おたる浴衣ウィーク

今回、新しい企画として「おたる浴衣ウィーク」というイベントが同時開催されていました。

Otaru_20180728_160234

「おたる浴衣ウィーク」は、7月27日(金)~8月5日(日)の期間での開催で、期間中に浴衣を着て、参加店でサービス利用や買い物などをすると色々な特典を受けられるというイベントで、潮まつりにおいても開催されていたんですよね。

例えば、中央ステージの裏では、足湯が登場してました。

Otaru_20180729_192230

他にも、出店屋台の中には、浴衣姿で割引などのサービスが受けられるお店もあったんですが、どんなサービスがあったのか、やや分かりにくかったのが、ちょっと残念だったかな。

※参考
「第1回おたる浴衣ウィーク」…(7/27~8/5) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
おたる浴衣ウィーク
小樽堺町ゆかた風鈴まつり


潮ねりこみの最後尾にはおたる潮太鼓保存会

2日目の潮ねりこみは、13:00からスタートして夜21:00まで小樽の街が潮踊りで溢れたのですが、夜になって最後尾には、おたる潮太鼓保存会の各隊が勇壮な太鼓を響かせていたんんですよね。

Otaru_20180728_195731

この潮太鼓が本当にカッコ良くて、しばらくあとを追いかけていました。

Otaru_20180728_202514

Otaru_img_3503

そうそう、潮太鼓のさらに後ろからは、パトカーが。
Otaru_20180728_195619


巡視船えさんのイルミネ-ション

最終日の花火の際、色内ふ頭のさらに向こうに、ライトアップされた船が停泊していました。

(ピンボケですいません)
Otaru_20180729_193247

これは確か、花火大会の海上警戒に配備された巡視船えさんが、お祭り用にとイルミネ-ションを点灯していたものだったのでは!?

(これですよね!?)
Otaru_img_3513

※参考:「第52回おたる潮まつり」…「巡視船えさん」イルミネーション点灯(7/27・29) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!


最終日の最後を飾る潮太鼓の打演【動画】

潮まつり最終日の花火大会終了後、ステージでは閉祭式に続いて「さよなら潮音頭」が行われます。

Otaru_20180729_210542

そしてその後、本当に祭りの最後を飾る潮太鼓の打演が行われるのですが、これがものすごくかっこ良くて、さらに見物客が大勢ステージ前に集まるんですよね。

Otaru_20180729_215606

Otaru_20180729_220052

打演はなんと30分以上続いたのですが、そのうち最後の3分ほどの動画を掲載しますね。

実は私は、祭り最後の潮太鼓の打演を最後まで聴くのは初めてだったのですが、本当にシビれました。


おわりに

ということで、第52回おたる潮まつりのこれまで紹介しきれなかった写真を中心に、おまけとして掲載しました。

これで、今年の潮まつりの投稿も終了かな。
また来年、楽しみにしてます。

※おたる潮まつりの公式サイトはこちら。
おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュースより/第52回おたる潮まつりの来場者数は3日間で119万人!!

Otaru_20180728_153237


連日の晴天で、大盛況のうちに閉幕した「第52回おたる潮まつり」ですが、今年度の来場者数が発表になってますね。

7月27日(金)・28日(土)・29日(日)3日間で開催された今年の「第52回おたる潮まつり」の来場者数は、119万人とのことです。

※参照ニュース
・2018年7月31日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
来場者数119万人!おたる潮まつり (小樽ジャーナル)

昨年よりも3万人ほど多くなっているということで、晴天といっても気温が30℃を大きく超える日もあって、猛暑といってもいいくらで、ちょっと暑過ぎた感もあったのですが、今年もたくさんの方が潮まつりを楽しんでくれたようですね。

Otaru_20180729_193412

私も3日間とも出かけたのですが、本当に今年も賑わっていました。

それにしても、3日間で119万人ですか。毎年も思うのですが、すごい人数ですよね。

Otaru_img_3465r

ちなみに、過去最多は第4回(1970年)の160万人だそうです。

関係者の皆さん、この暑い中お疲れ様でした。そして、どうもありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

そして、潮まつりに来られたみなさん、踊りなどに参加されたみなさん、今年は天気も良くてとても盛り上がって楽しかったですね。また来年ですね。

※おたる潮まつりの公式サイトはこちら。
おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月31日 (火)

【動画】第52回おたる潮まつり最終日の花火大会フィナーレ

Otaru_20180729_203045_1


先日、3日間の日程を終えて閉幕した「第52回おたる潮まつり」。今年も連日、メイン会場の小樽港第3号ふ頭基部は大勢の来場者で大混雑で、大変な盛り上がりでした。

最終日の7月29日(日)には、今年も道新納涼花火大会が開催されて、小樽の夏の夜空に上がった花火をたくさんの方が楽しんだのではないでしょうか。

その様子はすでに「第52回おたる潮まつり」最終日の花火大会の様子で投稿したのですが、実はその最終日の花火の、最後のフィナーレ部分を動画でも撮ったので、掲載しますね。

色内ふ頭から上がる花火を、今回は港に面する月見橋から見学しています。

毎年、潮まつりの花火大会はみなさん楽しみにしていて、今年も初日と最終日の2回行われ、最終日は約2,000発の花火が、20:00から約40分間上がったんですよね。

ということで、第52回おたる潮まつり最終日、道新納涼花火大会のフィナーレの様子でした。

どうでしょうか、雰囲気は伝わりましたか!?

※おたる潮まつりの公式サイトはこちら。
おたる潮まつり公式サイト

【関連記事】
※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌