小樽公園の白樺林

2017年8月24日 (木)

青空の広がる天気の良い日に小樽公園の見晴台と白樺林に行ってきました

先日、青空の広がる天気の良い日に小樽公園に行ってきました。

早速、公園内の小高い丘にある見晴台に向かい、小樽の街と海を眺めようと思ったのですが…

Otaru_20170819_112755
(2017年8月19日撮影)

あら!?小樽の街と海を眺めるには、この時期はちょっと木々が茂り過ぎていますね。

Otaru_20170819_112742

もうちょっとだけ上から眺められたら、街と海が見渡せるんですけどね(それでもいい眺めです!)。

眺めを楽しむなら、木々の葉が落ちた秋か、茂る前の春がいいかも。

ただ、周囲は濃い緑に覆われていて、公園内は夏らしいいい景色です。

Otaru_20170819_112824

ちなみに、ここ見晴台の広場は、昨年秋に整備工事が行われて綺麗になり、新しく椅子とテーブルも設置されたんですよね。
※こちらの記事をどうぞ: ・小樽公園の見晴台の広場が整備されて綺麗になってます

Otaru_20170819_112704

(あっ、新しい椅子とテーブルを写し忘れた…)
Otaru_20170819_112948

散歩するのにいい公園です。


さて、小樽公園といえば、個人的にお気に入りなのが、南側(入船町側)にある白樺林です。

Otaru_20170819_112008

この日はこの白樺林にも行ったのですが、木漏れ日が綺麗です。

Otaru_20170819_111854

夏ですがなんだか清々しい光景ですね。

Otaru_20170819_111909

季節折々の表情を見せてくれるこの白樺林は、小樽ロータリークラブが、創立30周年を記念して昭和39年に植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」と呼ばれています。

Otaru_20170819_111955

街中にこのような公園があるというのが、なんともいいですよね。

Otaru_20170819_111916


そうそう、この白樺林の通りを挟んだ向かいでは、2018年(平成30年)4月1日に開校予定の、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合してできる新しい小学校「小樽市立山の手小学校」の工事がどんどん進んでます。

Otaru_20170819_112010

その様子は、また後日掲載したいと思ってます。

【関連記事】
※お気に入りで時々投稿している、小樽公園の白樺林関連の記事は、カテゴリー「小樽公園の白樺林」にまとめてます。

※最近の小樽公園関連の記事です。
小樽公園のツツジと藤の花が綺麗に咲いてます。藤棚は入船公園にも(5月25日の様子)
木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいた小樽公園の白樺林の様子
小樽公園の八重桜が見頃を迎えてます(5月15日の様子)
小樽公園の見晴台の広場が整備されて綺麗になってます
冬のちょっとした風景〜晴れた日の雪の小樽公園の見晴台から


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいた小樽公園の白樺林の様子

Otaru_20170509_143529


ゴールデンとともにやってきた小樽の桜の季節も、なんだかゴールデンウィークとともに終わってしまった感じですが、それと同時に周囲の草木が一気に色づき出している小樽です。

冬の間、真っ白だった風景が、雪解けとともに茶色の風景となっていたのですが、ここにきて木々が一斉に芽吹いて爽やかな黄緑に色づいてるんですよね。

ということで、そんな様子を見に、天気の良かった5月9日に小樽公園の南側(入船町側)にある白樺林に行ってきました。

Otaru_20170509_143440

ここは、小樽の市街地からすぐ近くながら(というか市街地の中にある)、とても静かで四季折々の表情を見せてくれるお気に入りの場所なんですが、すっかり鮮やかな黄緑色の葉が茂ってますね。

この白樺林は、小樽ロータリークラブが、昭和39年に創立30周年を記念して植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」と呼ばれています。

Otaru_20170509_143418

公園内のジョギング用のコースも、歩いていると清々しくて気持ちいいです。

Otaru_20170509_143352

八重桜はこれから咲くんですよね。
Otaru_20170509_143335

入船町側の道路沿いにはチューリップも咲いてます。
Otaru_20170509_143020


この白樺林の向かいには、小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」が建っているのですが、まだ雪の残る背景の山々と相まって、とてもいい眺めを見せてくれていました。

Otaru_20170509_143303

この坂牛邸は、以前は設計者の田上義也記念室としても公開されていたのですが、すでに閉館していて、関係者から伺ったのですが、管理していたNPO小樽ワークスの手も離れていて、現在は本来の個人宅の役割に戻っているそうです。昨年秋には壁も塗り直されていたんですよね。

ということは、小樽市指定歴史的建造物とはいえ、見学は迷惑にならないようにしないといけないですね。写真撮影は大丈夫だったかな。


ところで、ここの白樺林の通りを挟んだ向かいでは、建設工事が行われているのですが、これは、2018年(平成30年)4月1日に開校予定の、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合してできる新しい小学校「小樽市立山の手小学校」の新築工事です。

Otaru_20170509_143215

工事は着々と進んでいるようです。

Otaru_20170509_151057


ということで、爽やかな黄緑に色づいてきた小樽公園の白樺林の様子でした。

これからは新緑の季節ですね。

※ここ小樽公園の白樺林の様子は、お気に入りで時々投稿しているので、それらの記事はカテゴリー「小樽公園の白樺林」にまとめてます。

【関連記事】
※坂牛邸の最近の記事です。
歴史的建造物の坂牛邸が工事中?〜壁を塗り直してました
「おたる雛めぐり2016」参加の歴史的建造物「坂牛邸」〜田上義也記念室は閉館してます

※山の手小学校関連の最近の記事です。
緑小と最上小、そして入船小の一部が統合してできる山の手小学校の校歌(歌詞)と校章デザイン(図案)を募集してます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月28日 (火)

冬のちょっとした風景〜雪の小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ抜ける一本道

Otaru_20170216_122431


2月中旬のことなんですが、天気の良い日に小樽公園南側(入船町側)にある白樺林の横を通って、花園グラウンド横を歩いてきました。

もちろん、小樽公園周辺はこの時期雪がかなり積もっているんですが、その様子がとても良い眺めなので、毎年、できるだけ天気の良い日を狙って出かけてるんですよね。そして、毎年投稿してます。

まず、入船町側から白樺林横の道に向かいました。

雪のない時期ですと、ここは舗装された道路が続いているのですが、この時期はご覧の通り、人が踏み固めた一本道が続いているだけです。

そうそう、ここ入船町側には、昭和2年(1927年) 建築の小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」が、その上品で素敵な佇まいを見せてくれています。

Otaru_20170216_122319

昨年秋に壁が塗り直されて、綺麗になってます。

ちなみに、坂牛邸は以前はNPO小樽ワークスの管理のもと、設計者の田上義也記念室として公開されていたのですが、その管理を離れて一般公開も2015年10月末で終了してます(以前、関係者の方からコメントで教えていただきました)。


ここの白樺林は「ロータリーの杜」といって、昭和39年に小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して植樹したものだそうで、季節ごとにその表情を楽しむことのできるお気に入りのスポットなんですよね。

Otaru_20170216_122351

雪のない季節は公園内を抜けるジョギングコースが通ってるんですが、この時期はがっつり雪に埋まってますね。

Otaru_20170216_122339

Otaru_20170216_122406

Otaru_20170216_122502

白樺林の反対側は、現在、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合して新しくできる「山の手小学校」の新築工事中です。

Otaru_20170216_122359


さて、この花園グラウンドへ抜ける一本道を歩いていきます。

Otaru_20170216_122431

ここを歩いていると、たまに向こうから人が歩いてくることがあるんですよね。

Otaru_20170216_122505
(反対側から見たところ)

人ひとり通れるだけの、雪を踏み固めた道なので、そのままではすれ違うことができないのですが、こういう時って、どちらともなく一本道から外れて道を譲るんですよね。

道を譲る側は、積もった雪の中にちょっとだけ足場を作ってそこで避けるんですが、なんだかお互いの優しい心遣いが心温まりますね。

Otaru_20170216_122536

この日は二人とすれ違って、ひとりは私が道を譲り、ひとりは道を譲ってくれました。


花園グラウンドに出ると、一本道はそのままグラウンド横を下っていく方に続いていて、右側のグラウンドを見下ろして通る道は、だいたいいつも雪が積もって道がないんですが、この日はちょっとだけ道の跡がありました。

(けど、そこにまた雪が積もってます)
Otaru_20170216_122604

この時期、花園グラウンド周辺は、真っ白な雪景色が綺麗なんですよね。

Otaru_20170216_122726

で、そのまま一本道を歩いていくと、きちんと除雪された小樽市総合体育館前に出ます。

Otaru_20170216_122646

この日はぐるりと花園グラウンドの反対側に回ってみたのですが、ここからは天狗山がよく見えます。
あっ、グラウンドに雪だるまがいる!

Otaru_20170216_123751

ということで、以上、雪の小樽公園の白樺林横から、花園グラウンドへ抜ける一本道の様子でした。

【関連記事】
小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ雪の一本道を歩いてきました(昨年の記事です)
歴史的建造物の坂牛邸が工事中?〜壁を塗り直してました
山手地区統合小学校の新築工事が始まってた〜緑小と最上小、そして入船小の一部が統合してできる山の手小学校


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月17日 (日)

夏を迎えた小樽公園の緑溢れる白樺林の様子

先日、小樽公園の南側(入船町側)にある白樺林に行ってきました。

Otaru_20160712_141040

夏を迎えて、この時期は緑が綺麗ですね(撮影は7月12日)。

Otaru_20160712_141225

ブログに掲載するのは久しぶりかもしれませんが、実は時々訪れてます。

ここ小樽公園の白樺林は、それほど大きくはないですが、とても静かで落ち着いた雰囲気で気に入ってるんですよね。

ここは「ロータリーの杜」と呼ばれていて、昭和39年に小樽ロータリークラブが、創立30周年を記念して植樹したものだそうです。

Otaru_20160712_141053

あっ、このすぐ近くには、公園に接するように、小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」のとても趣ある素敵な建物も建っていて、それがこの一帯の雰囲気を一層、落ち着きあるものにしているかもしれません。

Otaru_20160712_141128

ちなみに、坂牛邸は田上義也氏の設計により、昭和2年(1927年)に建築されたもので、平成22年からは田上義也記念室として公開されていましたが、現在は閉館しています。

Otaru_20160712_141305


ところで、白樺林横の花園グラウンドに抜ける道は、昨年秋に綺麗に整備され、左手には緑色のフェンスができてます。

Otaru_20160712_141033

この更に左側は、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合する、新しい山手地区統合小学校の建設地なんですよね。

以前は駐車場に続いて木々が茂っていたのですが、昨年秋に造成工事が行われて、現在は広い更地となってます。
※こちらの記事を参考にどうぞ:小樽公園の白樺林横の花園グラウンドまでの道路が綺麗に整備されてました。横は山手地区統合小学校新築造成工事現場


横を見ると、小樽公園内のジョギング用のコースが、この白樺林の中を抜けていくんですが、ここを歩くとまたいい雰囲気なんですよね。

Otaru_20160712_141354

この日は天気もよくて、木漏れ日が何だかキラキラと綺麗でしたよ。

Otaru_20160712_141406

そうそう、この奥にひっそりと歌碑が建ってるんです。

Otaru_20160712_141443
(この左上に歌碑が)

Otaru_20160712_141644

私は詳しくは知らないのですが、小樽ゆかりの歌人、戸塚新太郎という方の歌碑です。
※こちらの記事を参考にどうぞ:小樽公園内にひっそりと建つ、戸塚新太郎の歌碑

Otaru_20160712_141652_2


ということで、夏を迎えて緑が鮮やかな小樽公園の白樺林の様子でしたが、ここは紅葉に色付く時期や、冬の雪景色の様子も綺麗なんですよね。

そもそも、街中の公園に、こういう場所があるというのがいいですよね。

Otaru_20160712_141230

※ここ小樽公園の白樺林の様子は、お気に入りで時々投稿しているので、それらの記事はカテゴリー「小樽公園の白樺林」にまとめてます。

【関連記事】
※坂牛邸関連の記事です。
「おたる雛めぐり2016」参加の歴史的建造物「坂牛邸」〜田上義也記念室は閉館してます
※以下は坂牛邸の閉館前の記事です。
再び坂牛邸へ
冬の坂牛邸


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

小樽公園の白樺林横から花園グラウンドへ雪の一本道を歩いてきました

先日、天気のいい日に、小樽公園の入船町側(南側)にある白樺林の横から、花園グラウンドへと抜ける道を歩いてきました。

Otaru_20160226_161846t

この白樺林から花園グラウンドへと抜ける道は、冬のこの時期、人が一人ようやく通れるだけの、雪が踏み固められた一本道ができるだけなんですよね。

実は先日、小樽の魅力をウェブサイトやFacebookページで発信する「おたるくらし」に、ここの一本道の様子についての記事を寄稿させていただいたんですよね。
※その時の記事はこちら。
小樽公園の雪の一本道を歩く | ここかしこが慕わしいまち

そこで、その補足記事として、当ブログではその白樺林の横から花園グラウンドへと抜ける一本道とその周辺の様子を、写真中心に掲載したいと思います(って、ちょっと前にも掲載してるんですけど、まあ、お気に入りの場所ということで)。


小樽公園の雪の一本道とその周辺の様子

Otaru_20160228_115142

入船町側(南側)から小樽公園に向かったのですが、まず、ここには小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」が建ってるんですよね。

Otaru_20160226_161659

昭和2年(1927年) 建築のとても趣きあるこの建物は、以前は設計者の田上義也記念室として公開されていましたが、現在は閉館してます(ただ、この時は「おたる雛めぐり2016」で建物内に入れました)。
「おたる雛めぐり2016」参加の歴史的建造物「坂牛邸」〜田上義也記念室は閉館してます

ちなみに、ここからは天狗山が綺麗に見えます(逆光でしたが…)。
Otaru_20160226_161703

さて、白樺林ですが、ここは四季折々の表情を見せてくれるお気に入りの場所でよく行くのですが、冬の間は、周囲の雪景色と相まって、とても素敵な眺めを見せてくれるんですよね。

Otaru_20160226_161726

この白樺林は、昭和39年に小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」と名前が付いてます。

Otaru_20160226_161857

ちょっと振り返ってみました。
Otaru_20160226_161904


そして、花園グラウンドへと抜ける一本道です。

Otaru_20160226_161846

雪のない季節は、そこそこ広い舗装された道なんですが、冬のこの時期は、人が一人通れるだけの一本道なんですよね。
(以下、「おたるくらし」から引用)

ちなみに、ここで反対側から人が歩いてくると、そのままではすれ違うことができないので、どちらとなく、一本道から雪の中に移動して、道を譲ったりします。
「すいません」
「どういたしまして」
何だか、こんな光景もまた、北国ならではですね。
小樽公園の雪の一本道を歩く | ここかしこが慕わしいまち

Otaru_20160226_161939

小樽公園という、街中の身近な公園での風景なんですが、何だか、北国らしい、とってもいい風景ですよね。

ちなみに、写真左手に緑色のフェンスが写ってます。
以前は白樺林の向かい側は、駐車場に続いて木々が茂っていたのですが、現在、フェンスの左側は広い更地となってます。

ここには、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合する、新しい山手地区統合小学校の建設地なんですよね。
小樽公園の白樺林横の花園グラウンドまでの道路が綺麗に整備されてました。横は山手地区統合小学校新築造成工事現場

そのうち、ここの左側の様子は、随分と変わるでしょうね。

振り返ると天狗山が。
Otaru_20160226_162029


さて、一本道を歩いていくと、その先で花園グラウンドに出るのですが、ここから先も、雪が踏み固められた細い道が続いてます。
ただ、グラウンド上を通る右側には、道がなかったです。

Otaru_20160226_162044

Otaru_20160226_162130

そして、真っ白な花園グラウンド。

Otaru_20160226_162132

冬の一面雪の花園グラウンドも綺麗なんですよね。

Otaru_20160226_162208


ということで、何だか長くなってしまいましたが、小樽公園の白樺林の横から花園グラウンドへと抜ける一本道と、その周辺の様子でした。

Otaru_20160228_114923

Otaru_20160226_161854

【関連記事】
※こちらは、ちょっと前の同じような記事です(汗)
冬のちょっとした風景〜小樽公園の白樺林横の雪の一本道を通って花園グラウンドへ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年1月26日 (火)

冬のちょっとした風景〜小樽公園の白樺林横の雪の一本道を通って花園グラウンドへ

先日、久しぶりに晴れ間が見えた日(23日)に小樽公園へ行って、入船町側(南側)にある白樺林の横から花園グラウンドへと歩いてきました。

Otaru_20160123_142119

まずは、小樽公園の入船町側(南側)から白樺林横の道に向かいました。

左側には緑色のネットのフェンスが設置されてますが、その向こうは山手地区統合小学校新築造成工事行われ、今は綺麗に整地されていて、そこに雪が積もって真っ白になってます。

ちなみに、山手地区統合小学校は、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合して、2018年(平成30年)に開校を予定してます。

(振り返るとスーパーチェーンシガが見えます)
Otaru_20160123_142027

で、ここの白樺林は、それほど大きな林ではないのですが、季節ごとにその様子を楽しむことができて、この時期は雪景色とともに、とても清々しい景色を見せてくれてます。

Otaru_20160123_142232

(こちらは白樺林の中、公園内を抜けるジョギングコース。雪の中を歩いた足跡が…)
Otaru_20160123_142227

この白樺林は、昭和39年に小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」という看板も立ってます。

Otaru_20160123_142245

で、ここから公園内の花園グラウンドへと向かうのですが、冬のこの時期は人が雪を踏み固めた一本道が通っているだけなんですよね。

人とすれ違う時は、道を譲らないと通れませんね。

けど、何だか雰囲気のある一本道ですよね。雪国っぽいです。

Otaru_20160123_142329

別の日に撮ったのですが、振り返るとここの一本道からは天狗山がよく見えます。

Otaru_20160121_161814


さて、一本道を進むと、その先で花園グラウンドに出るのですが、道が分かれていて、こちらが右手のグラウンドの上を通る道で、雪が積もって人が歩いた跡はありませんでした。

Otaru_20160123_142457

こちらが真っすぐ行って、グラウンドの横を通って小樽市総合体育館へと出る道ですが、やっぱり一本道ですね。

Otaru_20160123_142506

Otaru_20160123_142602

グランドの向こうの斜面では、子供たちが遊んでました。ソリ遊びかな。

Otaru_20160123_142559

体育館まで出て振り返るとこんな感じ。

Otaru_20160123_142756

この辺りは雪に覆われた景色がとてもよいので、特に冬の青空が広がった時には、このルートを歩くのが好きなんですよね。

【関連記事】
小樽公園の白樺林横の花園グラウンドまでの道路が綺麗に整備されてました。横は山手地区統合小学校新築造成工事現場
冬のちょっとした風景〜冬晴れの小樽公園の白樺林
冬のちょっとした風景〜雪に覆われる花園グラウンド
ちょっとした風景〜晴れた日の小樽公園の白樺林から花園グラウンドの雪景色
雪の坂牛邸〜あれ?田上義也記念室のプレートがない?


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年12月 9日 (水)

小樽公園の白樺林横の花園グラウンドまでの道路が綺麗に整備されてました。横は山手地区統合小学校新築造成工事現場

小樽公園南側(入船町側)にある白樺林横の道路を挟んだ向かい側で行われていた「山手地区統合小学校新築造成工事」が、冬を前に一段落したようで、花園グラウンドまでの道路が綺麗に整備されてました。

Otaru_20151205_111651

この横の工事は、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合して、2018年(平成30年)に開校を予定している、新しい統合小学校建設のための造成工事です。

Otaru_20151205_111804

工事の間、この白樺林の横の通りは、工事現場と区切るように銀色のフェンスが建っていて、かろうじて歩行者用のスペースが確保されていただけだったんですよね。

Otaru_20151205_111849

道路はすっかり幅も広くなり、工事のフェンスに変わって、緑色のネットのフェンスが設置されてます。

Otaru_20151205_111914

いや〜、それにしても、写真の左側は何だかすっきりしましたが、ちなみに、工事前はこんな感じでした。
(2015年5月撮影)
Otaru_20150510_141618

フェンスの向こうの工事現場も、すっかり広々と整備されましたね。

Otaru_20151205_111745

反対側から見ると、こんな眺めなんですが、何だか天狗山がよく見えますね。

Otaru_20151205_111814

Otaru_20151205_111947

Otaru_20151205_112034

そのうち、ここに学校が建つんですね。

緑色のフェンスは、花園グラウンド近くまで、続いてました。
Otaru_20151205_112019

そうそう、手前のスーパーチェーンシガ側は、まだ銀色のフェンスが立ってました。
Otaru_20151205_111646

【関連記事】
小樽公園横の工事は山手地区統合小学校の新築造成工事でした(補足:小樽の学校再編について)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年5月12日 (火)

小樽公園の白樺林はすっかり新緑に〜公園内では八重桜がまだ咲いてます

Otaru_20150510_150829


今年は早かった桜の季節が過ぎて、小樽市内では木々が新緑の季節を迎えてます。

やっと雪が解けたついこの間までは、まだまだ木々は枝だけで茶色の風景だったのに、あっという間ですね。

で、先日(5月10日)、小樽公園の南側(入船町側)にある白樺林に新緑の様子を見に行ってきました

Otaru_20150510_141618


小樽公園の新緑の白樺林

Otaru_20150510_141616

いや〜、すっかり鮮やかな黄緑色で、何だか爽やかですね。

Otaru_20150510_141520

この小樽公園の白樺林は、大きさはそれほどでもないのですが、とても静かな落ち着いた場所で、四季折々表情を見せてくれるので、個人的にもお気に入りの場所です。

Otaru_20150510_141517

Otaru_20150510_141431

昭和39年に小樽ロータリークラブが、創立30周年を記念して植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」と呼ばれています。

小樽の街中に、こんな場所があるなんて、やっぱりここの白樺林はいいですね。

Otaru_20150510_141427

そうそう、写真の中にも写ってますが、小樽市内では、まだ八重桜があちこちで咲いてるんです。

Otaru_20150510_141441

先ほど、桜の季節は過ぎたといいましたが、エゾヤマサクラやソメイヨシノは終わったものの、八重桜の濃いピンクのこんもりとした可愛い花は、まだあちことで見ることができます。

この白樺林の向かいには、小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」の趣のある邸宅が建っているのですが、その庭の橋にも咲いてました。

Otaru_20150510_141412


小樽公園の八重桜

Otaru_20150510_142125

小樽公園内には、あちこちに桜が植えられているので、八重桜のピンク色もあちこちで目にすることができます。

Otaru_20150510_142215

なかでは、花園グラウンドの緑小学校側の道路沿いに、八重桜が並んで植えられているんですよね。桜の種類も色々とあるようです。

Otaru_20150510_142200

まだ小さい木なので、これが大きく育ったら、かなり見事な桜並木になりそうで、楽しみですね。

Otaru_20150510_142315

そして、体育館側からグラウンドの向こうの桜ヶ丘球場側を見ると、桜の木が並んでいるのが見えます。

Otaru_20150510_142403

ここは、小樽公園内の丘の上の、顕誠塔前の広場へと向かう通り沿いですね。

Otaru_20150510_145530

Otaru_20150510_145814

Otaru_20150510_150010

ちなみに、小樽で一番早いお祭り「招魂祭」は、今年も5月14日(木)・15日(金)の2日間の日程で開催予定です。

さらに市民会館側に出ると、向かいの裁判所横の八重桜も綺麗に咲いてました。

Otaru_20150510_143805


ということで、先日、“今年の桜関連の投稿はこれが最後かもしれません”と投稿した記事があったのですが、まだまだ綺麗に咲いていたので、せっかくなので投稿しました。

八重桜は見頃が少し長いようなので、もうちょっと楽しめそうです。

【関連記事】
※小樽公園の白樺林は、お気に入りでよく出向くので、関連記事はカテゴリーにまとめてます。
小梅太郎の「小樽日記」: 小樽公園の白樺林

※桜関連の記事は、カテゴリー「小樽の桜」にまとめてますので、よければどうぞ。

※坂牛邸については、こんな記事も書いてます。
冬の坂牛邸
再び坂牛邸へ:


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

冬のちょっとした風景〜冬晴れの小樽公園の白樺林

本日の小樽は猛吹雪で大荒れの天気でしたが、先日の晴れた日に、小樽公園の白樺林の様子を見にいってきました。

Otaru_20150114140550

Otaru_20150114140630

この白樺林は、小樽公園の南側(入船町側)にある、それほど大きくない白樺林なのですが、緑や紅葉と季節ごとの表情が楽しめ、とても静かな場所なので、お気に入りでよく訪れます。

そして、今は雪景色の中の白樺林ですね。

Otaru_20150114140606

真っ白な雪を背景にした白樺林は、清々しくて綺麗です。

Otaru_20150114140627

そもそもこの白樺林は、昭和39年に小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して植樹したものだそうで、ここには「ロータリーの杜」という看板が立っているんですよね。

そうそう、ここはすぐ向かいに小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」が建っていて、ここに来た時には必ずこの素敵な建物にカメラを向けてしまいます。

Otaru_20150114140546

その趣のある姿は雪景色と相まって、何だかいい雰囲気です。

坂牛邸は田上義也氏の設計により、昭和2年(1927年)に建築されたもので、平成22年からは田上義也記念室として公開されています。


ちなみに、この先は小樽公園内の花園グラウンドへと続くのですが、人が雪を踏み固めた一本道があるだけです。

Otaru_20150114140624


ということで、以上、冬晴れの小樽公園の白樺林の風景でした。

Otaru_20150114140613

【関連記事】
※小樽公園の白樺林は、お気に入りでよく出向くので、関連記事はカテゴリーにまとめてます。
小梅太郎の「小樽日記」: 小樽公園の白樺林

※坂牛邸については、こんな記事も書いてます。
冬の坂牛邸
再び坂牛邸へ:


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

冬直前の小樽公園の枝葉が枯れた白樺林

先日、小樽公園に寄った際、公園南側(入船町側)にある白樺林の様子も見てきました。

Otaru_20141125121349

冬直前ということで、すでに枝葉は枯れていますが、ここはいつ来ても、静かで落ち着いたいい雰囲気が漂ってます。

Otaru_20141125121414

この小樽公園内にある白樺林は、四季折々の表情を見せてくれるので、お気に入りの場所なんですよね。

Otaru_20141125121454

ここには「ロータリーの杜」という看板が立っているのですが、この白樺林は昭和39年に小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して植樹したものだそうですよ。

白樺林の横には植木が何本か植えられているのですが、この時期は綺麗に冬囲いされてます。

Otaru_20141125121545

そして、このすぐ目の前には、その佇まいが素敵な小樽市指定歴史的建造物の「坂牛邸」が建ってます。

Otaru_20141125121404

(その向こうには天狗山も見えます)
Otaru_20141125121440

もうすぐ、この辺りも雪で覆われますね。

【関連記事】
※先日小樽公園に行った際、南側の駐車場から見た天狗山の記事も書いてます。
小樽公園の駐車場から天狗山を眺める(おそらく期間限定)

※お気に入りの、ここ白樺林についての投稿は、カテゴリー「小樽公園の白樺林」にまとめてます。

※坂牛邸については、こんな記事も書いてます。
冬の坂牛邸
再び坂牛邸へ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌