小樽のなくなった建物

2021年9月 6日 (月)

閉店した錦町の銭湯「玉の湯」の建物が解体されていました

Otaru_20210905-165716

昨年(2020年)に閉店した、手宮地区の錦町の銭湯「玉の湯」の建物が解体されていました。

見に行った時には、もうすっかり解体済みで、建物は跡形もありませんでした(2021年9月5日撮影)。建物がなくなってしまうと、なんとも寂しいですね。

Otaru_20210905-165642

Otaru_20210905-165657

(看板だけが残ってました)
Otaru_20210905-165806

正確な閉店日は分からないのですが、2020年の夏頃で、閉店は経営者の死去に伴うものでした。

閉店時の張り紙には、昭和2年からの営業と書かれていたのですが、創業につていは、1925年(大正14年)年という記載も見られました。

いずれにしても、地域に愛された老舗の銭湯だったんですよね。

Otaru_20210905-165737

ちなみに、こちらがここにあった玉の湯です(2020年9月撮影)。
Otaru_20200906-152724

銭湯の閉店が続く小樽ですが、北海道公衆浴場業生活衛生同業組合HPでの小樽市の銭湯一覧をみると、残る市内の銭湯は、2021年8月現在、次の6軒となってます。
朝日湯(緑2丁目)
柳川湯(穂3丁目)
小町湯温泉(信香町)
中央湯(奥沢3丁目)
神仏湯温泉(住ノ江1丁目)
大正湯温泉(花園4丁目)
北海道公衆浴場業生活衛生同業組合 ≫ 銭湯検索 ≫ 地域で探す ≫ 小樽市

今回の玉の湯もそうですが。閉店後の建物はすぐに壊されることが多いので、その痕跡もなくなってしまい、そこに銭湯があったことも忘れられていくのもまた、なんだか寂しいですね。

※まち文化研究所のFacebookページより(当ブログ記事にリンクしていただきました)

※かつてのサイト「北海道公衆浴場業生活衛生同業組合 ≫ 銭湯検索 ≫ 地域で探す ≫ 小樽市」掲載のPR文章から。

玉の湯からのPR
小樽駅より祝津方向に向かい小樽しんきん手宮支店の向かいにある銭湯です。創業は大正14年で85年以上の歴史があり、創業者の名前「玉谷」より浴場名が付けられました。現在の建物は昭和54年に建てられ超音波風呂もあり広くリラックスできる空間になっています。家族風呂が2階に10室併設されているので銭湯休業日には大変便利です。また駐車場は店舗のすぐ前にあり利用しやすいのも特徴です。

【関連記事】
錦町の銭湯「玉の湯」が閉店してます

| | コメント (4)

2021年8月14日 (土)

稲穂1丁目の国道5号線の1本海側の通りを挟んだ両側の建物がなくなっていた

あれ!?ここを通るのって久しぶりだったかな?

左右の建物がない!!

Otaru_20210813-173730

ここは、稲穂1丁目の国道5号線の一本海側の通り沿いなんですが、通りを挟んで両側の建物がなくなっていて、片方はすでに新しい建物が建設中のようですね。

Otaru_20210813-173744

Otaru_20210813-173756

ちょっと場所が分かりにくいですかね。日銀通りから小樽錬成会のある通りに入ったところで、八珍亭らーめんのある通りなんですが、地図を載せておきます。
ここです。

以前はどうなっていたのか、Googleストリートビューで見ることができましたので、埋め込みで掲載します。

右は旧新田医院の建物で、左は1階が駐車場のビルでした。

以前の写真がないか探してみたところ、左の建物の写真がありました(2018年11月撮影)。

Otaru_20181128-143111r

ここの2階には「居酒屋おたる村」が入っていたんですよね(現在は花園銀座商店街に移転してます)。

Otaru_20210813-173838

どんな建物が建つのかは知らないのですが、街中の建物がなくなっていたので、書き留めておきました。

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

すっかり解体された妙見市場跡地の様子〜そして姿を現した於古発川

Otaru_20210319-142837

昨年(2020年)3月31日をもって閉店した、妙見市場の建物はすでに解体されていて、その様子はこのブログでもお伝えしてきました。

ただ、前回の投稿「まだ工事中でしたが、すっかり解体された旧妙見市場の下から於古発川が現れてました」では、まだ工事中ということで、川沿いには近づけなかったんですよね。

で、改めて先日3月19日(金)に行ってみたところ、もうすっかり工事も終わっていました。

Otaru_20210319-143253

Otaru_20210319-143318

もちろん、建物はすっかりなくなり、跡地は整地されて舗装され、川際には柵も設けられてますね。

Otaru_20210319-143418

川沿いから、於古発川(おこばちがわ)を覗いてみました。

Otaru_20210319-143400

今は雪解け時期で、結構、勢いよく流れてますね。

Otaru_20210319-143516

Otaru_20210319-143542

於古発川の上に建っていたカマボコ型が特徴の妙見市場の建物は、1964年(昭和39年)建築です。

以来、於古発川のこの区間は市場の建物の下を流れていたんですよね。

残念ながら妙見市場は閉店となり、市民に馴染みの建物はなくなってしまったのですが、はからずも半世紀以上経って、今その姿を現したこの於古発川。その流れを見ていると、なんだか不思議な感じがします。

ここに市場の建物が建つ前から、この流れがあったんですよね。

Otaru_20210319-142839

(川の石垣もその当時のものでしょうか)
Otaru_20210319-142852

ということで、すっかり解体された妙見市場跡地と、そこから姿を現した於古発川の様子でした。

※周囲の風景はすっかり変わってしまいましたね。
Otaru_20210319-143721

※こちらは解体前の2020年12月19日の雪の妙見市場。
Otaru_20201219-110757_20210325021401

【関連記事】
まだ工事中でしたが、すっかり解体された旧妙見市場の下から於古発川が現れてました
妙見市場がついに解体されました
いよいよ妙見市場が解体!?〜建物周囲に足場が組まれてました
妙見市場の歴史と閉店間際の様子〜2020年3月31日をもって閉店した“妙見市場の想い出”
いよいよ妙見市場が閉店してしまいます(2020年3月31日をもって閉店)
まもなく閉店してしまう「妙見市場」に買い物に行ってきたので市場の様子を

| | コメント (3)

2021年3月20日 (土)

国道5号線沿いの産業会館の交差点近くにあった建物がなくなってた(渡辺染工場の看板がかかっていた建物)

あっ!!ここにあった建物がなくなってますね。

Otaru_20210319-140646

国道5号線沿いの産業会館のある交差点の札幌方面側、岡本メンタルクリニックの隣にあった小さめの建物がなくなってます。

(横の細長いビルとの間です)
Otaru_20210319-140646r

Otaru_20210319-140707

ここには、以前、渡辺染工場の看板がかかっていた建物があったんですよね。

建物上部には「幕幟 旗 のれん」と表示されていて、ちょっと気になる建物だったので、覚えてました。

以前撮った写真がありました(2016年2月撮影)。
Otaru_20160226-164513
(幕幟で「まく・のぼり」と読むのかな)。

実は、今年に入って1月に、建物が覆われていたのを目にしたんです。

こちらです。
Otaru_20210112-120713

これが解体工事だったのですね。

渡辺染工場がどのような会社だったのかは、すいません、全く知らないのですが、以前からなんとなく目に止まっていた建物がなくなったので、ブログに書き留めておきました。

Otaru_20210319-140836

※場所はここ。

※Googleストリートビューからです。

| | コメント (0)

2021年2月20日 (土)

あれ!?CRU-Zとさらには越後屋家具店の建物も解体!?【追記あり】

Otaru_20210219-135602

先日、稲穂にあったライブハウス、小樽CRU-Z(クルーズ)が入っていた石造の建物が、すっかりと解体されてなくなっているという投稿をしました。
※記事はこちら:ライブハウス小樽CRU-Z(クルーズ)が入っていた石造の建物が解体されていました

その時に見に行った様子では、CRU-Zとその隣の建物が解体されていたのですが、その際、さらに隣の建物にも緑の囲いがされていて、ひょっとしてそっちの建物も解体されるんだろうか、というコメントをいただいたんです。

すると、そのすぐ後にツイッターで、その建物の解体が始まっているという情報をいただきました。

その建物というのは、交差点に一角に位置する越後屋家具店です(看板は丸越越後屋でしたね)。

さっそく見に行ってみると…

Otaru_20210219-135530

うわ〜、まさに解体中です。

Otaru_20210219-135451

大掛かりに解体してますね。

Otaru_20210219-135627

すいません、ここにあった越後屋家具店がどうなったかの情報は持ってなくて、詳細は分からないのですが、とにかく建物は解体されています。

Otaru_20210219-135734

ちなみに、こちらがここにあったその越後屋家具店です(2015年12月撮影)

Otaru_20151225-144020

CRU-Zとその隣の建物、さらには越後屋家具店が解体されると、その後はかなりの広い土地となりますが、いったいどうなるのでしょうかね。

※場所はここです。

《追記》
数日後の2月24日に様子を見に行ってみると、もう建物はすっかり解体済みでした(2021.3.7追記)。
Otaru_20210224-153712

Otaru_20210224-153809

3月に入ってすっかり更地になっていて(3月13日撮影)。
Otaru_20210313-133648

その後、すぐに次の工事が始まっていました(3月24日撮影)。
Otaru_20210324-153627

早いですね。何ができるのかな。
Otaru_20210324-153748
(以上、4月10日に追記しました)

【関連記事】
ライブハウス小樽CRU-Z(クルーズ)が入っていた石造の建物が解体されていました
ライブハウスの小樽CRU-Zが現在の建物から移転のために一時閉店

| | コメント (6)

2021年2月18日 (木)

まだ工事中でしたが、すっかり解体された旧妙見市場の下から於古発川が現れてました

Otaru_20210215-145304

昨年(2020年)3月31日をもって閉店した妙見市場の建物が、ついに解体されたという話は「妙見市場がついに解体されました」という記事でお伝えしました。

その記事は1月29日(金)の様子で、その時は海側の道路沿いに最後の建物がわずかに残っている、といった状況でした。

で、その後、先日(2月15日)に、近くを通ったので様子を見に行ってみたのですが、すると…

Otaru_20210215-145037

もちろん建物はもうすっかりなくなっていましたが、ん!?

お〜、川が見えますね。於古発川(おこばちがわ)です。

Otaru_20210215-145153

川の上に建っていたカマボコ型が特徴の妙見市場の建物は、1964年(昭和39年)に建てられたものなので、以来、於古発川のこの区間は建物の下を流れたいたわけですが、はからずも半世紀以上経って、今、その姿を現したというわけですね。

まだ工事中だったので、工事の邪魔にならないように、外から写真を撮ったのですが、護岸はしっかりしてますね。

Otaru_20210215-145226

それにしても、この川がずっと妙見市場の下を流れていたのですね。

ところで、工事はこの後、どうなるのかな?

川の周囲はどうなるのでしょうかね。

Otaru_20210215-145339

また、しばらくしたら、様子を見に行ってみようと思います。

ひとまず、於古発川の様子がチラッと見えたので、報告ということで掲載しました。


※こちらが妙見市場ですね。
Otaru_20200222-124039_20210218234401
(2020年2月22日撮影)

Otaru_20200331-145804
(2020年3月31日撮影)

【関連記事】
妙見市場がついに解体されました
いよいよ妙見市場が解体!?〜建物周囲に足場が組まれてました
妙見市場の歴史と閉店間際の様子〜2020年3月31日をもって閉店した“妙見市場の想い出”
いよいよ妙見市場が閉店してしまいます(2020年3月31日をもって閉店)
まもなく閉店してしまう「妙見市場」に買い物に行ってきたので市場の様子を

| | コメント (0)

ライブハウス小樽CRU-Z(クルーズ)が入っていた石造の建物が解体されていました

Otaru_20210215-151154

稲穂にあったライブハウス、小樽CRU-Z(クルーズ)が入っていた石造の建物が、すっかりと解体されてなくなっていました。

稲穂3丁目の第一大通り(稲穂大通り)沿いに建つ、古い石蔵を改造して2003年(平成15年)にオープンしたライブハウスCRU-Zは、移転のために2021年1月15日をもって“一時”閉店したんですよね。

建物の家主によって、土地と建物を売却することが決まったための移転ということで、建物はもともと解体予定だったようですが、早くも解体されたのですね。

Otaru_20210215-151118

ただ、かなり広い範囲で工事がされていますね。って、隣の建物もなくなったのかな。

Otaru_20210215-151119

何か建つのかな!?

ということで、ここのライブハウスに思い出のある方も多いでしょうから、建物が完全になくなってしまったのは、やはり寂しいですね。

ちなみに、こちらがCRU-Zの入っていた建物です(2020年12月10日撮影)。
Otaru_20201210-133149

Otaru_20201210-133201

CRU-Zの移転情報については、すいません、今のところ私は持ってません。

小樽CRU-Z(@otarucz)(Twitter)
小樽cru-z | Facebook

【関連記事】
ライブハウスの小樽CRU-Zが現在の建物から移転のために一時閉店

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

色内大通り沿いの旧丸本水産の建物が解体されてます

Otaru_20200901-163406

色内大通り沿いの運河公園近くに建っていた、旧丸本(まるほん)水産株式会社の建物が解体されていました。

ここに建っていた旧丸本水産の建物は、なかなか歴史のある建物で、このブログでも以前取り上げたことがあるんですよね。

位置的には、隣の建物が小樽市指定歴史的建造物の旧日本郵船(株)小樽支店残荷倉庫で、その隣が重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店になります。

(写真は2020年9月1日撮影)
Otaru_20200901-163315

旧丸本水産の建物について

この建物についてですが、もとは昭和3年(1928年)に日本通運小樽支店として建てられたものだそうです。

こちらが、2017年9月撮影のもとの姿です。
Otaru_20170926_151817

その前は「一寸屋」という料亭があったそうで、裏にあった石蔵は料亭の一部として建てられたものだったそうですが、すでにその石蔵は解体されたようですね。

Otaru_20200901-163233

その後、昭和34年(1959年)に日本通運小樽支店が港町に移転後、建物を購入した丸本水産が、翌昭和35年(1960年)から平成24年(2012年)までの約半世紀の間、社屋兼住宅として使用していたそうです(丸本水産は平成23年に事業停止)。

※なので、この建物は旧日本通運小樽支店ということもできますね。

正面にあった大きな建物(写真で白い覆いがされている部分)が社屋となり、じつはその右横に渡り廊下でつながった住宅部分の建物もあったのですが、見に行った時点でもうすっかり解体されていました。

Otaru_20200901-163314

(ここに住宅部分がありました)
Otaru_20200901-163413

その住宅部分は、丸本水産の後は、cafe RAMAT(カフェ ラマット)、シェアハウス、あんかけ焼そば親衛隊の事務所などにも使用されたそうです。

(旧手宮線の散策路側からの工事の様子)
Otaru_20200901-163617

Otaru_20200901-163634

※旧丸本水産の建物については、月刊フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン Vol.22(2017年9月号)」(編集発行:株式会社K2)内の小樽商科大学による「小樽れっけん」コーナーで、丁寧な取材に基づいて、とても詳しく紹介されていので、私も、その内容をそのまま参照させていただいています。

2017年に風で建物の壁が剥がれる

この建物(社屋の方)の近年の状況について、ちょっと書いておきたいのが、もともとクリーム色っぽいタイル貼りの外壁が目に留まる外観で、そのため、以前から気になっていたんです。

(2017年9月撮影)
Otaru_20170926_151954

で、2017年10月30日のことなんですが、小樽ではとても強い風が吹いて、なんとその時に、この建物の壁の一部が剥がれ落ちるという被害があって、このことはテレビのニュースにもなったんですよね。

※関連記事:先日、壁が剥がれ落ちた色内の建物は旧丸本水産株式会社(旧日本通運小樽支店)

その後、建物はシートに覆われていたのですが、その後、私が見に行った時は、もう外壁のタイルは全て剥がされて、内側の板が剥き出しの状態になっていました。

(2018年10月撮影)
Otaru_20181026-150852

Otaru_20181026-150908

Otaru_20181026-150942

(住宅部分は変わらずでした)
Otaru_20181026-150936

(こちらはさらに後の2019年11月撮影)
Otaru_20191128-131135

その後、修復されるのか、どうなるのか、前を通るたびに気になっていたのですが、やはり解体となってしまいましたか。

おわりに

ということで、数年前に風で壁が一部剥がれ落ちるという被害もあった、旧丸本水産株式会社の建物ですが、どうやら解体されてしまったようです(見にいった時は、まだ解体途中でしたが)。

当ブログとしては、ここにこういう建物があったという記録として、書き留めておきました。

※おまけの写真です。
(いずれも2017年9月撮影)
Otaru_20170926_151940

Otaru_20170926_151828

(社屋と住宅部分とをつなぐ渡り廊下)
Otaru_20170926_151909

Otaru_20170926_151858

(旧手宮線の散策路側からの、建物があった頃の様子)
Otaru_20170926_152111

Otaru_20170926_152127

【関連記事】
先日、壁が剥がれ落ちた色内の建物は旧丸本水産株式会社(旧日本通運小樽支店)
ニュースより/長期休館中の旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が落札。7月にも着工予定

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

【ここに何があったっけ!?】北運河から色内大通りへの脇道の角が更地に〜たまたま以前の建物の写真があったので記録として

先日、北運河方面に行った際、途中、北運河から色内大通りへ通じる脇道の角で、更地になっている場所を目にしました。

(更地の写真。奥が運河。2020年4月10日撮影)
Otaru_20200410-152127

ここに何があったっけ!?と思ったものの、小樽では実はよくあることで、なかなかそれらを追いかける事はできないのですが、とりあえず、あとでちょっと過去の写真を調べてみたんです。

で、たまたまなんですが、そこに建っていた建物が写っている写真がありました!!

(まず、色内大通り側から撮った写真。2019年11月撮影)
Otaru_20191128-130717

(今回の写真で、奥が更地の場所)
Otaru_20200410-152057

で、運河側の通りにあった建物を撮った写真がこちら。
(2017年4月撮影)
Otaru_20170414-170247

(石造倉庫だった建物を工場か事務所に使っていたのかな?)

Otaru_20170414-170255

Otaru_20170414-170307

これがどこのどういった建物なのかは全く分からないのですが、なかなかこういう、たまたま目にした更地に以前建っていた建物の写真が、たまたまあった、というのはないので(撮っていても見つけられないこともあります)、せっかくなので、記録として書き留めておきました。

今回は本当に“たまたま”写真があったのですが、こうやって、普段であれば、気づかないうちに、少しずつ街の様子は変わっていっているのでしょうね。

| | コメント (0)

2018年7月23日 (月)

あれ?南樽駅に続く坂道沿いの古い建物がなくなって空き地になってる【情報提供】

小樽市民のほとんどが親しみを込めて南樽(なんたる)駅と呼ぶJR南小樽駅。

その南樽駅周辺は、かつては繊維問屋が集まり賑わいを見せていた地域で、入船通りから南樽駅までの坂道の周囲には、古い建物など、今もその名残りを見ることができすが、現在の街の雰囲気はひっそりと静かです。

先日、その南樽駅への坂道の通り沿いにあった古い建物がなくなっている、という情報をもらったので、さっそく見にいってみると…

Otaru_20180714_163750

あっ、ここですね。

Otaru_20180714_163544

すでにすっかり空き地になっていますね。

Otaru_20180714_163506

場所でいうと、坂の途中にある居酒屋 古都の下です。

Otaru_20180714_163456

ここにどんな建物があったかというと、昔の写真から、このような建物が建っていました。

(2017年8月撮影)
Otaru_20170819_142531

この建物は、私も以前からちょっと気になっていたのですが、寄せられた情報によりますと、ここの建物には繊維関連の会社“丸龍”の看板が掲げられていたんですね。

(もうちょっと前の2015年4月撮影)
Otaru_20150410_142700

この建物の上隣に続く建物もなくなっていて、以前はさらに3棟くらいが並んで建っていたと思うのですが…

(2017年8月の写真を見ると、隣の1棟が残ってその上の建物はもうないですね)
Otaru_20170819_142532

(2015年4月の写真を見ると、3棟建っていますね)
Otaru_20150410_142638

真ん中には老舗の釣具店「佐野商店」がありました。

Otaru_20150410_142713

ちなみに、丸龍の建物の奥には石造倉庫が建っているのですが、そちらは今も残っていました。

ここにあった建物の背景などについての詳細は知らないのですが、昔からある気になる物がなくなっているということで、このブログとしても記録として書き留めておきたいと思い、掲載しました。

※情報をどうもありがとうございました。

(2011年12月撮影)
Otaru_dsc02469_2_20111214

【関連記事】
南樽駅に続く坂道沿いの気になる建物
気になる建物/南樽駅近くの閉店したそば屋さんと木造の建物
南樽駅下の旧北海道銀行永井町支店(丸久星商事)の建物がなくなってました
何気に味わい深い、入船通りから南樽駅へと続く坂道


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽