小樽のなくなった建物

2022年5月16日 (月)

2018年3月末で閉校した入船小学校の校舎はすっかり解体されています

Otaru_20220507-113817

2018年(平成30年)3月末で閉校した、入船小学校の校舎の解体工事が始まっているという話題を取り上げたのが、昨年(2021年)秋のことでした。
2018年3月末で閉校した入船小学校の校舎の解体工事が始まってます【情報提供】

その時点では、建物内の工事中で、校舎の解体はまだだったのですが、ほどなく解体されるという話だったんですよね。

それから様子を見に行ってなかったので、先日(5月7日)に様子を見に行ったところ…

Otaru_20220507-113746

もう、すっかり解体されて、更地になっていました。

Otaru_20220507-113647

ですよね、工事が始まってから、もう半年以上経ってますからね。

(工事が始まった頃。まだ校舎がありました。2021年10月1日撮影)
Otaru_20211001-141418

(現在の工事看板)
Otaru_20220507-113627

この入船小学校の解体工事は「低区配水池造成工事」(発注者は小樽市水道局)ということで、跡地は水道の低区配水池の建設地とすることに決まっているんですよね。以下は小樽市のHPからです。

現在の低区配水池は、旧入船小学校の西側約200mにあり、市内で最も大きな配水池です。築造から100年以上が経過しており、耐震化を含めた更新を行う必要があることから、低区配水池に近く、また敷地面積が十分確保できる旧入船小学校跡に、新たな低区配水池を建設します。
入船小学校跡地の活用方針決定について | 小樽市

近くにある低区配水池の代わりにということで、こちらがその現在の低区配水池ですが、外からは施設は見えません。
(2016年10月撮影)
Otaru_20161025-125118rr

解体された校舎と体育館の場所に配水池が建設され、グラウンド部分は将来に配水池を建設する用地として、また、災害時等の資材置き場や車両待機場として使用するため、水道局が管理するそうです。

現在、グラウンド側の高台から見ると、跡地はこんな眺めです。
Otaru_20220507-112707

手前がグラウンドで、奥に校舎があったのですが、校舎がなくなると、広く見えますね。

※ちなみに、こちらが校舎があった時です(2020年4月撮影)。
Otaru_20200415-140203r

グラウンド右端沿いの木々は伐採されてました(こちらが現在)。
Otaru_20220507-112747

※グラウンド右に大きな木が並んでいたんですよね(2021年10月撮影)。Otaru_20211001165138r

ということで、2018年3月末で閉校した、旧入船小学校の校舎はもうすっかりなくなっていました。

近年、学校再編が進んできた小樽市で、閉校になった学校の校舎がどうなるのかというのは、卒業生ら関係者はもちろん、市民も気になるところだと思いますが、校舎がなくなってしまうのは、やはり寂しいですね。

※こちらが旧入船小学校の校舎です(2017年10月撮影)。
Otaru_20171022-133344r

【関連記事】
2018年3月末で閉校した入船小学校の校舎の解体工事が始まってます【情報提供】
2018年(平成30年)3月末で閉校する最上小、緑小、入船小、天神小学校の閉校式について(最上小は11月18日に終了)
ニュースより/あがた森魚さんが、通っていた入船小学校の11月の閉校式典後にコンサートを開催

| | コメント (0)

2022年4月 9日 (土)

3月に雪で倒壊した私設博物館「我楽古多」(老松会館)の建物が解体され更地に

Otaru_20220407-115754

3月4日に雪の重みにより倒壊した、私設博物館「我楽古多(がらくた)」(老松会館)の建物が、すっかり解体され更地になっていました。

我楽古多(老松会館)の建物倒壊のニュースは、テレビなどでも大きく取り上げられ、このブログでも扱いましたが、木造の店舗兼住宅内には、当時4人が中にいて一時閉じ込められたそうですが、その後救助され、怪我はあったものの命には別条はないとのことでした。
ニュースより/奥沢の私設博物館「我楽古多」(老松会館)の建物が雪で倒壊(3月4日午後)【情報提供】

Otaru_20220407-115601

Otaru_20220407-115620

Otaru_20220407-115744

解体が始まると、早いですね。

ちなみに、解体前の建物がこうで。
Otaru_20151111-150933-hdr

雪で倒壊。
Otaru_20220305-143812

そして、解体後です。
Otaru_20220407-115614

奥沢十字街近くにあった「我楽古多」は、骨董品などの懐かしい品々を展示する私設博物館で、その佇まいや雰囲気がなんとも気になるところだったんですが、私は結局、入る機会がありませんでした。

というか、実は、何度も入口前までは行ったのですが、入る勇気がなくて…

で、そういう時にも建物外観の写真は撮っていたので、倒壊後に解体となった今となっては、思い出となってしまいましたが、掲載機会のなかった外観写真を掲載しますね。

Otaru_20151111-150942-hdrr

Otaru_20151111-150848r

Otaru_20180203-143946

Otaru_20180203-143943

Otaru_20180203-143955

Otaru_20180203-144000

Otaru_20180203-143929r

(国道沿いの看板。今はもうありません)
Otaru_20180203-144018r

(その看板を後ろから見たところ)
Otaru_20151111-150922

ということで、解体され更地になった私設博物館「我楽古多」(老松会館)の思い出として、写真を掲載しました。やっぱり見学しに入っておけばよかったです…

※倒壊ニュースについて書いたブログ記事に、ご家族の方からコメントをいただきました。大変な時に恐縮です。心よりお見舞い申し上げます。

【関連記事】
ニュースより/奥沢の私設博物館「我楽古多」(老松会館)の建物が雪で倒壊(3月4日午後)【情報提供】
奥沢町の私設博物館「我楽古多(がらくた)」が何とも気になります(入ったことはありませんが…)
奥沢の老松会館(私設博物館 我楽古多)の前から続く坂道とカムヰツルの文字が残る建物と白方酒造について

| | コメント (2)

2022年3月24日 (木)

2019年に閉院した緑町の城小児科クリニックの建物が解体されていました

Otaru_20220323-164439

2019年9月に閉院した、緑町の城小児科クリニックの建物が解体されていました。

バス通りの緑町第一大通り沿いにあった城小児科クリニックは、閉院時には、SNSなどで閉院を惜しむ声に加えて、感謝の気持ちを伝える投稿が多くあったんですよね。

院長は多くの公職も務め、長年に渡って地域医療を支えてきた方で、お世話になった市民も多いと聞きます。

こちらは 2月28日の様子。解体が始まってました。
Otaru_20220228-160636

その後、3月23日には、建物はすっかり解体されてました。
Otaru_20220323-164448

※閉院時の記事はこちら。
ニュースより/緑町のバス通り沿いにあった「城小児科クリニック」が閉院しています〜長年に渡る貢献に小樽市から感謝状

| | コメント (0)

2022年3月21日 (月)

竜宮通り沿いにあった北進製器の趣ある古い建物がなくなっていました【情報提供】〜北進製器と建物について

Otaru_20120425dsc05356
2012年4月撮影

小樽の街を散策していると、あちこちに気になる古い建物が残っているのが目に止まります。

その多くは、建物の歴史や背景などは分からないのですが、民家ではない、店舗や社屋などの建物については、その建物の様子だけでもこのブログで掲載したりもしています。

そんな建物うちの一つが、竜宮通りを海側に向かって、色内大通りとの交差点を過ぎた先の左手に、以前から気になっていて、ブログにも取り上げたことのある、北進製器株式会社の建物、だったのですが…
気になる建物/北進製器株式会社のなんだか可愛くて味わい深い建物

もうありません…

Otaru_20220119-143741

実は、少し前なんですが、読者さんから、ここの北進製器の建物が取り壊されていますと情報をもらったんです。

で、見に行くと、確かに北進製器の建物はもうすっかりなくなってました(写真は2022年1月19日撮影)。

Otaru_20220119-143715

どうやら昨年(2021年)3月で、会社は無くなっているみたいなんですよね(登記簿が閉鎖)。なので、建物も解体されてしまったのでしょうかね。

木造の歴史を感じさせる建物で、2階の窓枠などが洋風でとても印象的な趣ある建物だったので、なくなってしまったのは、ちょっと残念ですね。

2015年12月撮影
Otaru_20151225-144600

Otaru_20151225-144640

ところで、この北進製器の建物については、以前ブログに掲載した時は詳細が分からなかったのですが、実は小樽チャンネルマガジン2018年1月号Vol.26の小樽れっけんのコーナーで取り上げられていて、とても詳しく紹介されているんです(さすがです!!)。

そこで、当ブログでもその内容を引用させていただき、かつてあった北進製器の建物の記録として、ここに書き留めておきたいと思います。

北進製器と建物について

※参照:小樽チャンネルマガジン2018年1月号Vol.26「小樽れっけん」

まず、北進製器株式会社ですが、北海製罐の子会社・昭和製器の関連会社で、ここはその工場、北進製器株式会社第二工場だったそうです。缶製造の会社だったんですね。

木造2階建ての建物の建築年は、明らかではないけど、明治期と言われています。

2012年1月撮影
Otaru_20120425dsc05357

昭和38年(1963年)4月から、北海製罐の関連会社である小樽錻力工業有限会社がこの建物を使用しはじめ、昭和44年(1969年)9月に小樽錻力工業と小樽プレスが統合して、同和器工有限会社に社名を変更。そして、平成17年(2005年)に北進製器に社名を変更しています。

この建物の2階は、かつては事務所としても使われていたとのことですが、平成29年1月に近くに移転していたそうです。

Otaru_20120425dsc05359

洋風の窓枠の緑と屋根の赤色が印象的ですね。

Otaru_20120425dsc05353

2012年1月撮影
Otaru_20120108dsc03239

ちなみに、ここの北進製器株式会社第二工場では、六花亭の缶や小樽の銘菓・澤の露本舗の水晶あめ玉「澤の露」のお馴染みの黒い缶もここで製造していたそうですよ。

おわりに

古く趣ある建物が、人知れず姿を消してしまうのは、なんとも寂しいですが、わずかですがブログに書き残すことができました。

2016年1月撮影
Otaru_20160123-154927

Otaru_20160123-154946

ということで、解体されていた、北進製器の建物についてでした。

※情報提供をありがとうございました。

※参考:ホッカンホールディングス株式会社

(左手に北進製器。2016年1月撮影)
Otaru_20160123-155151

【関連記事】
気になる建物/北進製器株式会社のなんだか可愛くて味わい深い建物
竜宮通りの気になる建物
色内大通り/道道820号小樽港稲穂線〜竜宮通り

| | コメント (2)

2022年2月 1日 (火)

入船通り沿いの旧北海道銀行入船支店の建物は解体されました

Otaru_20220130-144403

バス通りの入船通り沿いにあった、旧北海道銀行入船支店の建物が、完全に解体されていました。

ここにあった北海道銀行入船支店は、2021年5月17日に、稲穂町の小樽支店内に店舗移転したんですよね(入船支店が小樽支店と同一の建物内で営業するという形です)。

昨年暮れに、このブログでも建物に覆いがされ、解体されそうだという記事を書いたのですが(こちら:店舗移転した旧北海道銀行入船支店の建物に覆いが!!解体されるの!?(詳細未確認です))、それから完全に解体されるまで、すぐでしたね。やっぱり工事が始まると早いです。

この解体については、読者さんからも情報をいただいていました。ありがとうございました。

ちなみに、こちらがもとの北海道銀行入船支店の建物。
Otaru_20210319-153235

Otaru_20210319-153203

こちらは解体工事中の様子(2022年1月2日撮影)
Otaru_20220102-143924

こちらは解体工事が大方終わっていた1月22日の様子。
Otaru_20220122-153647

Otaru_20220122-153657

そして、1月30日撮影。
Otaru_20220130-144308

Otaru_20220130-144403

解体後、ここはどうなるのでしょうかね。

【関連記事】
店舗移転した旧北海道銀行入船支店の建物に覆いが!!解体されるの!?(詳細未確認です)
入船通り沿いの北海道銀行入船支店が5月17日より小樽支店内に店舗移転!?
コープさっぽろ小樽南店に北海道銀行のATMが設置されています

| | コメント (2)

2021年9月 6日 (月)

閉店した錦町の銭湯「玉の湯」の建物が解体されていました

Otaru_20210905-165716

昨年(2020年)に閉店した、手宮地区の錦町の銭湯「玉の湯」の建物が解体されていました。

見に行った時には、もうすっかり解体済みで、建物は跡形もありませんでした(2021年9月5日撮影)。建物がなくなってしまうと、なんとも寂しいですね。

Otaru_20210905-165642

Otaru_20210905-165657

(看板だけが残ってました)
Otaru_20210905-165806

正確な閉店日は分からないのですが、2020年の夏頃で、閉店は経営者の死去に伴うものでした。

閉店時の張り紙には、昭和2年からの営業と書かれていたのですが、創業につていは、1925年(大正14年)年という記載も見られました。

いずれにしても、地域に愛された老舗の銭湯だったんですよね。

Otaru_20210905-165737

ちなみに、こちらがここにあった玉の湯です(2020年9月撮影)。
Otaru_20200906-152724

銭湯の閉店が続く小樽ですが、北海道公衆浴場業生活衛生同業組合HPでの小樽市の銭湯一覧をみると、残る市内の銭湯は、2021年8月現在、次の6軒となってます。
朝日湯(緑2丁目)
柳川湯(穂3丁目)
小町湯温泉(信香町)
中央湯(奥沢3丁目)
神仏湯温泉(住ノ江1丁目)
大正湯温泉(花園4丁目)
北海道公衆浴場業生活衛生同業組合 ≫ 銭湯検索 ≫ 地域で探す ≫ 小樽市

今回の玉の湯もそうですが。閉店後の建物はすぐに壊されることが多いので、その痕跡もなくなってしまい、そこに銭湯があったことも忘れられていくのもまた、なんだか寂しいですね。

※まち文化研究所のFacebookページより(当ブログ記事にリンクしていただきました)

※かつてのサイト「北海道公衆浴場業生活衛生同業組合 ≫ 銭湯検索 ≫ 地域で探す ≫ 小樽市」掲載のPR文章から。

玉の湯からのPR
小樽駅より祝津方向に向かい小樽しんきん手宮支店の向かいにある銭湯です。創業は大正14年で85年以上の歴史があり、創業者の名前「玉谷」より浴場名が付けられました。現在の建物は昭和54年に建てられ超音波風呂もあり広くリラックスできる空間になっています。家族風呂が2階に10室併設されているので銭湯休業日には大変便利です。また駐車場は店舗のすぐ前にあり利用しやすいのも特徴です。

【関連記事】
錦町の銭湯「玉の湯」が閉店してます

| | コメント (4)

2021年8月14日 (土)

稲穂1丁目の国道5号線の1本海側の通りを挟んだ両側の建物がなくなっていた

あれ!?ここを通るのって久しぶりだったかな?

左右の建物がない!!

Otaru_20210813-173730

ここは、稲穂1丁目の国道5号線の一本海側の通り沿いなんですが、通りを挟んで両側の建物がなくなっていて、片方はすでに新しい建物が建設中のようですね。

Otaru_20210813-173744

Otaru_20210813-173756

ちょっと場所が分かりにくいですかね。日銀通りから小樽錬成会のある通りに入ったところで、八珍亭らーめんのある通りなんですが、地図を載せておきます。
ここです。

以前はどうなっていたのか、Googleストリートビューで見ることができましたので、埋め込みで掲載します。

右は旧新田医院の建物で、左は1階が駐車場のビルでした。

以前の写真がないか探してみたところ、左の建物の写真がありました(2018年11月撮影)。

Otaru_20181128-143111r

ここの2階には「居酒屋おたる村」が入っていたんですよね(現在は花園銀座商店街に移転してます)。

Otaru_20210813-173838

どんな建物が建つのかは知らないのですが、街中の建物がなくなっていたので、書き留めておきました。

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

春に閉店した米華堂の建物が隣接の建物と一緒に解体中【追記:すっかり解体されました】

昭和3年(1928年)創業の小樽の老舗の洋菓子店「米華堂」が閉店したのが、今年(2021年)の3月末のことでした。

で、先日、お店のあった花園銀座商店街を通ったら、その米華堂があった建物が解体されていました。

(6月29日撮影)
Otaru_20210629-145933

両隣の建物と一緒に解体しているようです。

(あっ、奥に石造倉庫がありますね)
Otaru_20210629-145954

ちなみに、ここには寿司屋すし勘、米華堂、印刷・印章・ゴム印の宮町富高堂と並んでいたんですが、すいません、米華堂以外の店舗については、どういう状況なのかの詳細は分かりません。
※参考:小樽で気軽に江戸前寿司が食べられるお店-すし勘

Otaru_20210629-150017

Otaru_20210629-150033

実は、2週間ほど前(6月15日)に見た時に、すでになにやら作業が始まっていたんですよね。

(6月15日撮影)
Otaru_20210615-150234

で、その後、もう解体されてしまったんですね。

ちなみに、こちらが解体前の3店舗の建物です(2021年4月1日撮影)。

Otaru_20210401-143210r

Otaru_20210401-143432r

Otaru_20210401-143229r

解体後はどうなるのでしょうかね。

しばらくは気にしておこうと思います。

《追記 2021.10.1》
建物はすっかり解体されてます(写真は8月13日・31日撮影)。
Otaru_20210813-150007

一部、駐車場になってますね。

Otaru_20210831-163157

宮町富高堂は、店舗移転したようで(6月1日より)、解体跡地に立て看板がありました。

Otaru_20210831-163215

【関連記事】
え!?なんと小樽の老舗の洋菓子店「米華堂」が閉店

| | コメント (0)

2021年3月25日 (木)

すっかり解体された妙見市場跡地の様子〜そして姿を現した於古発川

Otaru_20210319-142837

昨年(2020年)3月31日をもって閉店した、妙見市場の建物はすでに解体されていて、その様子はこのブログでもお伝えしてきました。

ただ、前回の投稿「まだ工事中でしたが、すっかり解体された旧妙見市場の下から於古発川が現れてました」では、まだ工事中ということで、川沿いには近づけなかったんですよね。

で、改めて先日3月19日(金)に行ってみたところ、もうすっかり工事も終わっていました。

Otaru_20210319-143253

Otaru_20210319-143318

もちろん、建物はすっかりなくなり、跡地は整地されて舗装され、川際には柵も設けられてますね。

Otaru_20210319-143418

川沿いから、於古発川(おこばちがわ)を覗いてみました。

Otaru_20210319-143400

今は雪解け時期で、結構、勢いよく流れてますね。

Otaru_20210319-143516

Otaru_20210319-143542

於古発川の上に建っていたカマボコ型が特徴の妙見市場の建物は、1964年(昭和39年)建築です。

以来、於古発川のこの区間は市場の建物の下を流れていたんですよね。

残念ながら妙見市場は閉店となり、市民に馴染みの建物はなくなってしまったのですが、はからずも半世紀以上経って、今その姿を現したこの於古発川。その流れを見ていると、なんだか不思議な感じがします。

ここに市場の建物が建つ前から、この流れがあったんですよね。

Otaru_20210319-142839

(川の石垣もその当時のものでしょうか)
Otaru_20210319-142852

ということで、すっかり解体された妙見市場跡地と、そこから姿を現した於古発川の様子でした。

※周囲の風景はすっかり変わってしまいましたね。
Otaru_20210319-143721

※こちらは解体前の2020年12月19日の雪の妙見市場。
Otaru_20201219-110757_20210325021401

【関連記事】
まだ工事中でしたが、すっかり解体された旧妙見市場の下から於古発川が現れてました
妙見市場がついに解体されました
いよいよ妙見市場が解体!?〜建物周囲に足場が組まれてました
妙見市場の歴史と閉店間際の様子〜2020年3月31日をもって閉店した“妙見市場の想い出”
いよいよ妙見市場が閉店してしまいます(2020年3月31日をもって閉店)
まもなく閉店してしまう「妙見市場」に買い物に行ってきたので市場の様子を

| | コメント (3)

2021年3月20日 (土)

国道5号線沿いの産業会館の交差点近くにあった建物がなくなってた(渡辺染工場の看板がかかっていた建物)

あっ!!ここにあった建物がなくなってますね。

Otaru_20210319-140646

国道5号線沿いの産業会館のある交差点の札幌方面側、岡本メンタルクリニックの隣にあった小さめの建物がなくなってます。

(横の細長いビルとの間です)
Otaru_20210319-140646r

Otaru_20210319-140707

ここには、以前、渡辺染工場の看板がかかっていた建物があったんですよね。

建物上部には「幕幟 旗 のれん」と表示されていて、ちょっと気になる建物だったので、覚えてました。

以前撮った写真がありました(2016年2月撮影)。
Otaru_20160226-164513
(幕幟で「まく・のぼり」と読むのかな)。

実は、今年に入って1月に、建物が覆われていたのを目にしたんです。

こちらです。
Otaru_20210112-120713

これが解体工事だったのですね。

渡辺染工場がどのような会社だったのかは、すいません、全く知らないのですが、以前からなんとなく目に止まっていた建物がなくなったので、ブログに書き留めておきました。

Otaru_20210319-140836

※場所はここ。

※Googleストリートビューからです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽