小樽ゆき物語

2022年12月26日 (月)

雪景色の中の「青の運河」と運河プラザで開催された「北運河クリスマスナイト」の様子

Otaru_20221224-163928

現在、小樽では冬を彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」が開催中で、そのイベントの一環で小樽運河では「青の運河」が開催中です。

また、北運河クリスマスナイトという素敵なイベントが、運河近くの運河プラザで、2022年12月24日(土)・25日(日)の2日間で開催されました(23日は前夜祭)。

どちらも日が暮れてからの灯りの演出が素敵なイベントで、ちょうど一緒に見にいくことができたので、合わせて紹介しますね。

雪景色の中の「青の運河」

小樽運河の浅草橋~中央橋までの区間を、約1万個の青色LEDで幻想的に照らす「青の運河」は、小樽ゆき物語の象徴ともいえるイベントですよね。

青の運河の開催期間は、2022年11月1日(火)~2023年1月31日(火)で、点灯時間は日没〜22:30までとなっていて、実はこのブログでもすでに紹介はしているのですが、クリスマス前の12月23日(金)に、再び見てきました。

Otaru_20221223-164714_20221226022201

青の運河は雪の降る前の11月1日からスタートしていたのですが、やっぱり周囲に雪が積もると、とってもいい雰囲気になります。

Otaru_20221223-164821

実は小樽は22日から気温が上がってずっとプラスの気温が続き、この23日も湿った雪が降って道路がひどい状況になってしまっていたんです。ただ、それでも周囲に雪のある青の運河の風景は、なかなか素敵でした。

Otaru_20221223-164904

Otaru_20221223-165121

Otaru_20221223-165219

Otaru_20221223-165244

Otaru_20221223-165528

浅草橋街園には、ランタンツリーも飾られてました。
Otaru_20221224-170008

観光客もたくさんきてましたよ。
Otaru_20221224-165844

※今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2022年11月1日(火)から来年2023年2月19日(日)までとなっています(青の運河は、これより早くに終了します)。
※イベント詳細は公式サイトで:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

北運河クリスマスナイトの様子

今回初めて開催された「北運河クリスマスナイト(KITAUNGA CHRISTMAS NIGHT)」は、“街の未来を灯す 非日常のクリスマスへようこそ”ということで、運河プラザの三番庫と中庭を主な会場にして、12月24日(土)・25日(日)の2日間で開催されました。

開催時間は15:00~21:00で入場は無料。主催は小樽北運河ツーリズム推進協議会でした。

実は23日(金)が前夜祭ということで、イベント当日は行けるか分からなかったので、前夜祭に行ってイベントの告知も兼ねてこちらの投稿をしたんですよね。
北運河クリスマスナイト〜KITAUNGA CHRISTMAS NIGHT〜が運河プラザで12月24日・25日で開催!!

だた、24日にちょっとだけですが、見にいくことができて、やっぱり前夜祭より装飾は素敵になっていましたし、お客さんもたくさんきていました。

こちらは運河プラザ入って左奥の三番庫でのイベント「三番庫キャンドルカフェ」の様子です。

Otaru_20221224-164259

運河プラザは小樽市指定歴史的建造物の小樽倉庫でもあるのですが、ツリーとイルミネーションで、とっても素敵な空間になっていました。

Otaru_20221224-164503

ここではホットワインを提供していたのですが、三番庫ではよくイベントが開催されてますが、こうやってカフェになるのは記憶にないかも。

また、中央のツリーの前には、無料で参加できるメッセージキャンドルが、たくさん並んでました。

Otaru_20221224-164745

Otaru_20221224-164243

こちらは中庭ですが、ここでは「クリスマスキャンドルナイト」ということで、キャンドルが幻想的に飾られてました(キャンドルアーティストは、candle tomato(キャンドルトマト)さん)。

Otaru_20221224-163849

実は前夜祭の時にあったツリーが、風で倒れてしまったとかで、それは残念でしたが、それでもとっても素敵にキャンドルが飾られていました。

Otaru_20221224-164224

Otaru_20221224-163903

運河プラザ内では、もう一つのイベント、おたるハート缶の製作体験が行われていて、これは、缶にメッセージやギフト(缶に入る食品以外の物)を詰めて、世界にひとつだけのクリスマスプレゼントとなるオリジナル缶を製作体験するというものでした。

Otaru_20221224-164935

このおたるハート缶製作体験は、ウイングベイ小樽で今年11月に開催された「otaruスイーツフェスタ2022」で同時開催されていて、私も体験してきたんですが(※その時の記事はこちら:「おたるハート缶製作体験」イベントがウイングベイ小樽で開催〜小樽のお土産にオリジナル缶詰!?)、缶のデザインは、今回はクリスマス仕様になっていました。

参加無料で各日先着100名までで、私は今回は参加しなかったのですが、両日とも定員に達したそうですよ。

その他、運河プラザ前庭もイルミネーションで飾られていて、キッチンカーも出店していました。

Otaru_20221224-163527

おわりに

北運河クリスマスナイトは、クリスマスに素敵なイベントでしたね。青の運河も一緒に楽しまれた方も多かったのではないでしょうか。

ということで、雪景色の中の「青の運河」と、クリスマスに合わせて運河プラザで開催された「北運河クリスマスナイト」の様子でした。

【関連記事】
北運河クリスマスナイト〜KITAUNGA CHRISTMAS NIGHT〜が運河プラザで12月24日・25日で開催!!
小樽は湿った雪が降り続いて道路がひどい状況に(12月23日の様子)

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

2022年11月 9日 (水)

JR小樽駅でガラスアートギャラリーが今年も開催中!!【小樽ゆき物語2022〜2023】

Otaru_20221105-120440

今年も小樽の冬を彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」が、11月1日(火)より始まってます。

まずはこのブログでも、運河で行われたオープニングセレモニーと「青の運河」の様子をお伝えしました(記事はこちら:小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2022〜2023)が11月1日に開幕〜青の運河もスタート)。

そして、JR小樽駅構内では、小樽ゆき物語の関連イベントとしてお馴染みの「ガラスアートギャラリー」が、今年は少し遅れて11月5日(土)から始まっています。

開催期間は2022年11月5日(土)〜2023年1月31日(火)です。

Otaru_20221105-120541

今年の硝子作品のテーマは「和」ということで、市内6つのガラス工房のアート作品が小樽駅の改札前で展示されています。アートディレクション担当は「UNIdesign -ウニデザイン」です。

Otaru_20221105-120622

(全体写真)
Otaru_20221105-120636

Otaru_20221105-120547

Otaru_20221105-120606

Otaru_20221105-120528

展示している6つの工房と作品は、次の通りです。

アトリエ・セツ(山田セツさん)/観音菩薩立像
Otaru_20221105-120548

glasswork・fu~ga(廣川雅恵さん)/ガラスのリース
Otaru_20221105-120554

ザ・グラス・スタジオ イン オタル/Pliability
Otaru_20221105-120555

KIM GLASS DESIGN(木村直樹さん)/視線
Otaru_20221105-120604

イメージ・グラス(木村由紀子さん)/花曼荼羅〜平和への祈り〜
Otaru_20221105-120609

小樽イルポンテ(永田琢也さん)/金魚
Otaru_20221105-120614

小樽ゆき物語の際に、小樽駅で開催されるこのガラスアートギャラリーは、ガラスの街でもある小樽らしいイベントですよね。

小樽駅を利用したり、駅方面に出かけた際に、ちょっと足を止めて見学してみてはいかがでしょうか。

※今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2022年11月1日(火)から来年2023年2月19日(日)までとなっています(ガラスアートギャラリーは、これより早くに終了します)。
※イベント詳細は公式サイトで:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

UNIdesign -ウニデザイン- | Facebook

※関連ニュース
小樽ゆき物語「ガラスアートギャラリー」小樽駅コンコースに展示 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
ゆき物語の関連イベント 小樽駅ガラスアートギャラリー(小樽ジャーナル)

【関連記事】
小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2022〜2023)が11月1日に開幕〜青の運河もスタート
※昨年の様子です。
JR小樽駅でガラスアートギャラリーが今年も開催中です【小樽ゆき物語2021〜2022】

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (2)

2022年11月 2日 (水)

小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2022〜2023)が11月1日に開幕〜青の運河もスタート

Otaru_20221101-165940

今年も小樽の冬を彩る、おなじみのロングランイベント「小樽ゆき物語」が、11月1日(火)から始まりました。

まだブログでは紅葉の投稿をしていますが、もうこのイベントの始まる季節なんですよね。

今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2022年11月1日(火)から来年2023年2月19日(日)までとなっています。

Otaru_20221101-162105

イベント開幕にあたって、11月1日(火)16:30から小樽運河の浅草橋街園にて、オープニングセレモニーが行われたんですよね。

で、私も見に行ってきたのですが、たくさんの人が集まっていましたよ。

Otaru_20221101-163239

ホットココアの無料配布がありました。美味しかった〜!
Otaru_20221101-163402

セレモニーでは、司会の方によるイベント紹介の後、小樽観光協会の西條会長の挨拶があって、その後に「浅原富希子&ゴスペルクワイア小樽Sea of Grace」によるミニライブが始まり、歌声が周囲に響くと、運河に青のイルミネーションが一斉に点灯され、拍手が起こってました。

小樽ゆき物語の象徴ともいえる「青の運河」のスタートですね。

Otaru_20221101-164222

Otaru_20221101-164023

今年も小樽運河の浅草橋~中央橋までの区間を、約1万個の青色LEDで幻想的に照らしています。

Otaru_20221101-165954

青の運河の開催期間は、2022年11月1日(火)~2023年1月31日(火)で、点灯時間は日没〜22:30までとなっています。公式イベント期間より、少し早く終わるんですよね。

Otaru_20221101-165905

Otaru_20221101-164827

Otaru_20221101-165706

この日は強風で運休していましたが、運河クルーズも期間中は青色のイルミネーションで飾られます。

Otaru_20221101-165103

Otaru_20221101-165134

青の運河は、日没後のまだぼんやりと周囲が明るい時間帯も、なかなか幻想的で素敵なんですよね。

Otaru_20221101-165041

そして、周囲に雪が積もると、また違った雰囲気になるんですよね。

いや〜、やっぱり「青の運河」は綺麗ですね。

(セレモニー後もたくさんの方が記念撮影をしていました)
Otaru_20221101-170029


そして、小樽ゆき物語といえば、今年も運河プラザ内にお馴染みワイングラスタワーが設置されています。

Otaru_20221101-162134

このワイングラスタワーは小樽未来創造高校の学生によるプロデュースで、ワイングラス約2,000個を積み上げていて、今年はタワーの形がこれまでの四角錐から円錐に変わったそうです。

設置期間は2022年11月1日(火)〜2023年2月19日(日)で、運河プラザ開館時間は通常9:00~18:00となっています(※延長営業の場合有り)。

Otaru_20221101-162201

Otaru_20221101-162219

恒例のJR小樽駅構内のガラスアートギャラリーは11月5日(土)からの開催で、その他には、同時開催の小樽と余市をつなぐスタンプラリー企画なども開催されます。

小樽市内3箇所と余市町内2箇所の計5箇所巡るスタンプラリーは、スタンプを重ねていくと、地域の“宝の絵”が完成する仕掛けになっているそうで、コンプリートした方の中から抽選で30名に、小樽か余市の特産品詰め合わせセットが当たるそうです。

Otaru_20221102-162211

その他のイベントも含めて、それぞれのイベントについては、機会があれば、また個別に紹介しようと思います。

Otaru_20221102-162203

ということで、今年も小樽ゆき物語が始まりました。長くて厳しい冬が小樽にももうすぐやってきますが、せっかくですから、小樽の冬を楽しみたいですね。

※イベント詳細は公式サイトで:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※関連ニュース
ブルーと琥珀のイルミネーション!小樽・余市ゆき物語開幕(小樽ジャーナル)
11/1開幕! 2022-2023小樽・余市ゆき物語(小樽ジャーナル)
・2022年10月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽ゆき物語・余市ゆき物語(2022.11/1~2023.2/19) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

2022年1月12日 (水)

小樽運河を幻想的に照らす夕暮れ時の「青の運河」【小樽ゆき物語2021〜2022】

Otaru_20220102-163016

小樽運河では現在、小樽ゆき物語の一環で運河を青いイルミネーションで彩る「青の運河」が開催中です。

青の運河の点灯時間は日没〜22:30までとのことなんですが、先日、まだ日が落ち切っていない、夕暮れ時の青の運河を見ることができました(2022年1月2日撮影)。

Otaru_20220102-162614

周囲の雪景色と相まって、この時間の青の運河もなかなか幻想的で綺麗です。

Otaru_20220102-162640

Otaru_20220102-162727

Otaru_20220102-162817

運河クルーズも​期間中は青色のイルミネーションで飾られています。

Otaru_20220102-162828

Otaru_20220102-162852

Otaru_20220102-162956

(この日はたくさんの観光客の姿が見られました)
Otaru_20220102-163045

昨年11月から始まっている青の運河の開催期間は、2022年1月31日(月)までで、小樽運河の浅草橋~中央橋までの区間を1万個の青色LEDで照らしています。

そうそう、もうちょっと日が暮れると、こんな感じになります(こちらは、2021年12月24日撮影)。

Otaru_20211224-162104

Otaru_20211224-162724

Otaru_20211224-162805_20220112011101

ということで、夕暮れ時の「青の運河」の様子でしたが、冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」自体は、今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」として、2021年11月1日〜2022年2月14日(月)までの開催となっています。

※イベント詳細は公式サイトで:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

【関連記事】
小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2021〜2022)が11月1日より始まってます〜青の運河など
小樽運河浅草橋街園にランタンツリー!!〜堺町通り商店街による運河クリスマスが12月24日・25日の2日間で開催

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (4)

2022年1月10日 (月)

小樽芸術村中庭でプロジェクション・マッピングイベント「Cross Mapping つながり灯る、光のアート。」開催中(2/14まで)/小樽ゆき物語・余市ゆき物語コラボ企画【追記】

Otaru_20211224-164214r

小樽芸術村の中庭と旧三井銀行小樽支店の壁面を用いて、プロジェクション・マッピングイベントが行われています。

-Cross Mapping-
つながり灯る、光のアート。

Otaru_20211224-151335

開催期間は2021年12月17日(金)から始まっていて、2022年2月14日(月)までで、時間は16:00〜22:30 21:00。映像は計15分の投影の繰り返しとのことです。
※北海道へのまん延防止等重点措置の適用を受け、2022年1月27日より上映時間を21:00終了に変更して実施しています(2022.1.31追記)。

これは、現在開催中の小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」とのコラボ企画で、今年度限定開催なんですね。

小樽ではここ小樽芸術村で、余市ではJR余市駅前で開催されています(余市会場は16:00〜22:00で計5分の投影の繰り返し)。主催は北海道中央バスです。

Otaru_20211224-164742

で、小樽芸術村の様子ですが(すいません、余市会場は見に行ってません)、雪景色の中のプロジェクション・マッピングということで、光による映像が幻想的でとっても綺麗です。

Otaru_20211224-163532

Otaru_20211224-163541r

Otaru_20211224-164214_3

Otaru_20211224-164214_2

Otaru_20211224-164214_4

ちょっとだけ、動画にも撮ってきたので雰囲気だけでも(一部分だけです)。

屋外での開催なので、入場無料です。ちょっと寒いですが、しばし足を止めて、幻想的な光のアートをじっくり見てみてはいかがでしょうか。実際に見ると、見応えあって本当に綺麗でした。

ということで、小樽芸術村の中庭で開催中のプロジェクション・マッピングイベント「Cross Mapping つながり灯る、光のアート。」についてでした。

Cross Mapping -つながり灯る、光のアート。 | snowstory
【開催中】プロジェクション・マッピングイベント「Cross Mapping つながり灯る、光のアート。」 | 小樽芸術村

北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考
・2021年12月18日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽・余市ゆき物語コラボ企画 プロジェクションマッピング -Cross Mapping- つながり灯る、光のアート…小樽会場に行ってきました | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (2)

2021年11月25日 (木)

小樽ゆき物語新企画「冬の便り」〜投函したポストカードが1年後の冬の始まりに届く【小樽ゆき物語2021〜2022】

Otaru_20211120-151310

今年も11月1日より始まっている、小樽の冬の彩る冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」では、新企画「冬の便り」が開催されています。

今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、開催期間は2021年11月1日(月)から来年2022年2月14日(月)までです。

新企画「冬の便り」は期間中、運河プラザ・余市駅案内所で雪だるまをデザインしたポストカードを1万枚配布しているそうです。

Otaru_20211120-151302

ポストカードに友だちや家族、または自分などに宛ててメッセージを書いて、両案内所に設置されている雪だるまポストに切手を貼らずに投函すると、約1年後(2022年11月初旬)に届くそうです。届いたカードのQRコードから特典もあるそうです。

Otaru_20211120-151314

※参照:冬の便り | snowstory

1年後に思いがけず、ふとポストカードが届くというのは、ちょっとしたサプライズになりそうで楽しそうですね。出してみようかな〜

Otaru_20211120-151305

小樽ゆき物語では、今年も小樽運河を青いイルミネーションで彩る「青の運河」や運河プラザ内のワイングラスタワー、JR小樽駅構内でのガラスアートギャラリーなどのお馴染みのイベントが開催されています。

雪が降ったので、青の運河も印象が変わって、また幻想的で素敵になっているのではないでしょうかね。私も雪景色の中の青の運河を見に行かないと。

※公式サイト:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考
2021-2022小樽余市ゆき物語 11月1日開幕(小樽ジャーナル)
小樽ゆき物語・余市ゆき物語(2021.11/1~2022.2/14) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2021年10月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
JR小樽駅でガラスアートギャラリーが今年も開催中です【小樽ゆき物語2021〜2022】
小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2021〜2022)が11月1日より始まってます〜青の運河など

| | コメント (0)

2021年11月13日 (土)

JR小樽駅でガラスアートギャラリーが今年も開催中です【小樽ゆき物語2021〜2022】

Otaru_20211102-174552

小樽の冬の彩る冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」が、今年も11月1日(月)より始まってます。

JR小樽駅構内では、小樽ゆき物語のイベントの一環としてお馴染みの「ガラスアートギャラリー」が、今年も開催されています。

開催期間は2021年11月1日(月)〜2022年1月31日(月)です。

今年は「愛」をテーマに、市内6つのガラス工房のアート作品が小樽駅の改札前で展示されています。

Otaru_20211102-174603_20211113024701

Otaru_20211102-174721_20211113024701

Otaru_20211102-174629

Otaru_20211102-174626

展示している工房と作品は、次の通りです。

glass art N+(川田伸行さん・由香里さん)/守りたいもの
Otaru_20211102-174606

アトリエ・セツ(山田セツさん)/Te Amo 愛
Otaru_20211102-174611

ザ・グラス・スタジオ イン オタル(成中拓さん)/紡ぎ合い
Otaru_20211102-174615

KIM GLASS DESIGN(木村直樹さん)/full of love
Otaru_20211102-174650

イメージ・グラス(木村由紀子さん)/愛猫
Otaru_20211102-174655

小樽il PONTE(永田琢也さん)
Otaru_20211102-174707

ガラスの街でもある小樽らしいこのイベント、駅を利用したり駅方面に出かけた際に、ちょっと足を止めて見学してみてはいかがでしょうか。

Otaru_20211102-174805

ということで、今年も小樽駅で開催中のガラスアートギャラリーの様子でした。

※今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2021年11月1日(月)〜2022年2月14日(月)までとなっています。期間中のイベントなどの詳細は公式サイトで。
北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※関連ニュース
小樽ゆき物語「ガラスアートギャラリー」(2021.11/1~2022.1/31)小樽駅コンコース | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
2021-2022小樽余市ゆき物語 開幕!(小樽ジャーナル)

【関連記事】
※今年の小樽ゆき物語の記事です。
小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2021〜2022)が11月1日より始まってます〜青の運河など
※昨年のガラスアートギャラリーの様子です。
今年もJR小樽駅でガラスアートギャラリー開催中!!【小樽ゆき物語2020〜2021】

※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

2021年11月 9日 (火)

小樽の冬の彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」(2021〜2022)が11月1日より始まってます〜青の運河など

Otaru_20211102-180639

小樽の冬の彩る冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」が、今年も11月1日(月)より始まってます。

まだ、まとまった雪が降っていませんが、もうそん季節なんですよね。

今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2021年11月1日(月)から来年2022年2月14日(月)までとなっています。

小樽ゆき物語では、今年もこのイベントの象徴ともいえる「青の運河」、運河プラザのお馴染みワイングラスタワー、JR小樽駅でのガラスアートギャラリーなどが行われています。

まずは先日、小樽運河を青いイルミネーションで彩る「青の運河」を見に行ってきました。

Otaru_20211102-180726

青の運河の開催期間は2021年11月1日(月)〜2022年1月31日(月)で、点灯時間は日没〜22:30までです。

今年も小樽運河の浅草橋~中央橋までの区間を1万個の青色LEDで、幻想的に演出しています。​期間中は、運河クルーズも青色のイルミネーションで飾られます。

Otaru_20211102-181009

Otaru_20211102-181100

Otaru_20211102-181441

ただ、現在、浅草橋街園がガス灯工事中ということで、11月中は浅草橋街園の欄干のイルミネーションが点灯されないということなので、ご了承を。

(手前の欄干のイルミネーションがまだありません)
Otaru_20211102-181622

そして、運河プラザ内に設置されている、お馴染みワイングラスタワーの期間は、2021年11月1日(月)〜2022年2月14日(月)で、運河プラザ開館時間は通常9:00~18:00となっています(※延長営業の場合有り)。

(これは外から撮ってます)
Otaru_20211102-180412

すいません、まだちゃんと撮影した写真がないんですが、今年も小樽未来創造高校の生徒らが、2,000個のワイングラスを積み上げたそうですよ。


関連イベントとして、こちらもお馴染みの、JR小樽駅構内で開催されるガラスアートギャラリー

Otaru_20211102-174546

開催期間は2021年11月1日(月)〜2022年1月31日(月)で、市内6つのガラス工房が「愛」をテーマに制作したアート作品が展示されています。

Otaru_20211102-174603

Otaru_20211102-174721

Otaru_20211102-174635


そのほか、新企画「冬の便り」と題して、2021年11月1日(月)〜2022年2月14日(月)の期間中、運河プラザ・余市駅案内所で雪だるまをデザインしたポストカードを1万枚配布しているそうです。

友だちや家族、または自分などに宛ててメッセージを書いて、両案内所に設置されたポストに切手を貼らずに投函すると、1年後に届くそうですよ。届いたカードのQRコードから特典もあるそうです。

ということで、今年も小樽ゆき物語が始まりました。まだまだコロナ禍で様々な制限はありますが、せっかくのイベントですので小樽の冬を楽しみたいですね。

個別のイベントについては、また機会があったら紹介したいと思っています。雪景色の中の青の運河は、雰囲気がまた違って幻想的で素敵なので、雪が積もったらまた訪れたいと思ってます。

※公式サイト:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※関連ニュース
小樽ゆき物語・余市ゆき物語(2021.11/1~2022.2/14) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2021年10月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
2021-2022小樽余市ゆき物語 開幕!(小樽ジャーナル)
2021-2022小樽余市ゆき物語 11月1日開幕(小樽ジャーナル)

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

2021年2月11日 (木)

小樽ゆき物語はまもなく終了〜記念きっぷ型限定カードの2月の小樽バージョンをもらってきました【小樽ゆき物語2020〜2021】

20210205-145857

昨年11月から始まっている小樽の冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」も、2月13日(土)までの開催とあと少しです(今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽・余市ゆき物語」として開催しています)。

ただ、今シーズンはコロナ禍でイベントらしいイベントができずに、イベントの象徴でもある青の運河や小樽駅のガラスアートギャラリーも1月いっぱいで終了してしまいました。

例年であれば、冬のイベントとして、このまま小樽雪あかりの路に引き継ぐのですが、今年は小樽雪あかりの路も中止になってしまい、こういう状況ですからやむを得ないですが、やはり寂しいですね。

(運河にも観光客の姿はほとんど見られません)
20210205-153332

そんな中、小樽ゆき物語が開催された証、というとちょっと大げさかもしれませんが、北海道鉄道140年とタイアップした記念きっぷ型限定カードが配布されていて、その2月の小樽バージョンをもらってきました。

20210205-145857

例年、冊子タイプのパンフレットが作られているのですが、今年はなくて、このようなカードを小樽バージョンと余市バージョンとそれぞれ期間中に月替わりで限定配布しているんですよね(数量限定での配布で1人1枚です)。

イベントは11月からなので、2月までの4ヶ月、小樽と余市が各4種類ずつとなるわけです。

表面が北海道鉄道140年デザインで、裏面が小樽・余市ゆき物語のポスターデザインとなっています。

2月の小樽バージョンの表面は、「桜満開の南小樽駅に入線するH100形」(カード説明文より)ということで、写真はおそらく南小樽駅の札幌方面を量徳橋から見たところで、小樽市立病院横の土手の桜ですね。ここの桜も綺麗なんですよね。

20210211-020224

小樽版は、運河プラザ、JR小樽駅や浅草橋の各観光案内所のほか、主要宿泊施設等でイベント終了の2月13日まで配布しています。

小樽・余市ゆき物語カード | snowstory

これで、小樽バージョンのみですが、4種類を入手しました。

20210211-020346

コロナ禍でここずっとイベント関連は中止となり、もうすぐ終了するこの小樽ゆき物語も静かなイベントとなってしまいましたが、この大変な時期に開催された小樽ゆき物語の記念として、このカードをとっておきたいと思います。

※小樽・余市ゆき物語の開催期間は2020年11月1日(日)〜2021年2月13日(土)まで。公式サイトはこちら:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

2021年1月17日 (日)

於古発川沿いにある大正硝子館周辺の雪だるまたちの様子〜雪だるま大作戦【小樽ゆき物語2020〜2021】

小樽運河近くの於古発川(おこばちがわ)沿いにある大正硝子館本店前に、雪だるまが並んでました。

(写真は1月9日撮影)
Otaru_20210109-124606

Otaru_20210109-124624

さらに、大正硝子館本店に続いて川沿いには、コロッケ屋(金賞コロッケ&手作りの店 色内店)を挟んで、大正硝子系列店舗が並んでいるのですが、そちらの店舗周辺にも、たくさんの雪だるまが並んでましたよ。

Otaru_20210109-124618

コロッケ屋の前
Otaru_20210109-124644

たくさんの雪だるまが並んでいるのは、なんとも可愛いですね。

Otaru_20210109-124655

とんぼ玉館(とんぼ玉アクセサリーとガラスの製作体験)前
Otaru_20210109-124704

それにしても、どれもなかなかの力作ですね!!

Otaru_20210109-124712

月下美人(とんぼ玉作家作品の展示・販売)前
Otaru_20210109-124725

Otaru_20210109-124731

雪だるまというのもまた、雪国ならではの光景ですね。

こちらは大正硝子館本店の通りを挟んだ向かい、染織アトリエKazu前にいた、雪に埋まったリーゼント雪だるま!!
Otaru_20210109-125011


現在、小樽では冬のロングランイベント「小樽ゆき物語」が開催中ですが、そのイベントの一環として「雪だるま大作戦」というのが行われているんですよね。
※イベントについてはこちら:雪だるま大作戦 | snowstory

(運河プラザ前)
Otaru_20210109-122945

雪だるま大作戦は、2021年1月1日(金)~1月31日(日)の期間で開催されていて、市内のあちこちで雪だるまが作られていますが、そんな雪だるま写真のSNSでの投稿を呼びかけています。

「ゆき物語SNSキャンペーン」ということで、小樽ゆき物語の期間中、ハッシュタグ「#オタルノオモイデ」、または​「#ヨイチノオモイデ」をつけてSNSに投稿すると、素敵なプレゼントがあたるかも。
※詳しくはこちらをどうぞ:ゆき物語Twitterキャンペーン | snowstory(Twitter、Facebook、Instagramが対象です)。

※今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽・余市ゆき物語」として開催しています。開催期間は2020年11月1日(日)〜2021年2月13日(土)まで。期間中のイベントなどの詳細は公式サイトで:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※参考:小樽・余市ゆき物語「雪だるま大作戦」その2…(2021.1/1~1/31) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

大正硝子館 | 硝子に託した夢をおくります

【関連記事】
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽