忍路地区

2018年4月 7日 (土)

忍路い行ったら人気のパン屋さん「エグ・ヴィヴ(Aigues Vives)」へ

20180329_144202


3月に忍路にいく機会が2回あったのですが(行ったのは3月14日と29日)、せっかくの忍路ですから、もちろん人気のパン屋さん「エグ・ヴィヴ(Aigues Vives)」にも行ってきました。2回とも(笑)

エグ・ヴィヴはこのブログでも何度も登場してますが、本当に美味しくて、忍路に行く時には必ず立ち寄るようにしてます(というか、ここのパンを買いに忍路に行くことも)。

20180329_140416
(エグ・ヴィヴは、数年前にお店を建て替えたんですよね)

小樽の市街地からずっと西にある忍路は、バスは通っているものの、車でないとなかなか行きにくく、そうはしょっちゅう行くことができないのですが、そういう場所柄にもかかわらず、とにかく人気があって、お店は行くたびにいつも数組のお客さんがいる印象です。

まあ、そのくらい美味しいということですよね。

今回忍路に行ったのは、3月17日に桃内〜忍路間の国道5号線が、安全対策のため、崖崩れなどの危険箇所が多くあったそれまでの海岸沿いから山側へと切り替わったため、その前後の様子を見に行くためでした。

それでエグ・ヴィヴへの行き方がどうなったかというと、切り替わった国道の新道を小樽市街地側からきた場合、新しくできた忍路トンネルを抜けてすぐの交差点を右折すると、忍路の町中へ向かうのですが、その途中すぐにエグ・ヴィヴがあります。

20180329_140511

(お店の前の通り。道を上っていけば切り替わった国道に出ます)
20180329_144130
(この通りも国道の切り替えに合わせて綺麗になってます)

以前より、行きやすくなったかもしれませんね(海岸沿いの旧道は、もう通行できません)。ちなみに、私はバスで行ったのですが、忍路のバス停もその交差点にあって、そこからエグ・ヴィヴまでは歩いて3〜4分とすぐでした。

で、今回も2回とも数人のお客さんが買いにきていて、さすがの人気ぶりでした(店内の撮影は禁止です)。

買ったのは、まずはこの大きなクロワッサン。

20180314_230504

ここのクロワッサンは大好きなんですが、人気で売り切れていることもしばしば。でも今回は買えました。外はサックサクで中はふわふわしっとりで、ほんのり甘みがあって風味が抜群です。

こちらはチーズと珍しくユリ根が入っているというパンで、ユリ根の食感が面白く、もちろん美味しかったです。

20180314_230513

そして、こちらは、ずっしりと重いイチジクとクルミのパン(小)。

20180329_225957

小樽のパン屋では珍しく、ハード系のパンが色々揃っていて、いつも何を買うか悩むんですよ。
実は値段は安くはないのですが、また食べたくなる美味しさということですね。

エグ・ヴィヴの定休日は、4月までは基本は日・月曜予定(冬季営業)とのことで、夏季は昨年は土・日・祝が定休日だったんですよね。

パンの焼き上がりの時間などもありますし、定休日などは事前に確認したほうがいいかもしれませんね。なにせ、気軽に行ける場所ではないので、行って休みだったらショックですからね。

▶︎食べログ情報:エグ・ヴィヴ

20180330_191619


ということで、今回も美味しかったエグ・ヴィヴのパンでした。次はいつ行けるかな。

そうそう、海岸沿いの旧道からの忍路の海の風景はとても綺麗だったのですが、残念ながら今回の切り替えで旧道には立ち入ることができなくなりました。けど、エグ・ヴィヴの前からの眺めは変わらず抜群に綺麗でしたよ。

20180329_144653r

(お店情報は2018年3月時点でのものです)

【関連記事】
※前回のエグ・ヴィヴの記事です。
久しぶりに小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」へ〜店舗が新しくなってます
※店舗建て替え前の記事です。
小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」でクロワッサンやらキッシュやら

※今回の国道切り替え関連の記事です。
国道5号線の桃内〜忍路間の新しい忍路トンネルを抜けて忍路の町中へ向かう
【動画】忍路の海岸沿いの国道5号線(切り替え前)からの風景
ニュースより/国道5号線の桃内〜忍路間の新忍路トンネルが3月17日に開通。海岸沿いの旧道は通行できなくなります

※忍路関連の記事は、カテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

忍路湾の静かな海と高台から見た旧道沿いの忍路の海(旧道は通れません)

Otaru_20180329_142909


3月は桃内〜忍路間の国道5号線が海岸沿いから山側へと切り替わるということで、忍路に2回行ってきて、切り替え前の海岸沿いの様子などを当ブログでも紹介したのですが、せっかくの忍路なので、もちろん忍路湾にも行ってきました。

行ったのは、まだ周囲に雪が残る3月14日と、国道が17日に新道に切り替わった後の29日で、どちらも天気に恵まれて、忍路湾の静かな海を眺めることができました(写真は2日分が混在してます)。


忍路湾の静かな海

忍路湾は、現在の新しい国道5号線だと、小樽側からきて新しい忍路トンネルを過ぎてすぐの交差点から忍路の町中に入り、そのまま道なりにまっすぐ進んで行けば忍路湾に出ます。

Otaru_20180329_142844

忍路湾は小さな湾ですが、隠れ家的でとても静かで、いつまでもぼ〜っと海を眺めていられるような素敵なところです。

Otaru_20180329_142853

ここは忍路漁港でもあるので、漁船があちこちに停泊してますね。

Otaru_20180314_134716

Otaru_20180314_134747

Otaru_20180314_134751

Otaru_20180329_142813

湾の左手に建つ建物は北海道大学忍路臨海実験所の建物です(参考記事:忍路湾に行ってきました〜忍路の海は静かで綺麗なんです〜可愛い建物は北海道大学忍路臨海実験所)。

今回は2日間とも天気もよく、忍路の海も穏やかで、とても綺麗でした。


高台から見た旧道沿いの忍路の海

(3月14日撮影。国道切り替え前)
Otaru_20180314_133212

さて、冒頭にも書きましたが、国道5号線が山側に切り替わり、以前の海岸沿いの道路(旧道)には入ることができなくなりました。

海岸沿いの道路から見る眺めはとても素敵だったのですが、道路沿いには落石や岩盤崩落の危険箇所が多数あり、安全対策のためのこの度の切り替えということなので、しょうがないですよね。

現在はもう旧道には入れませんが、その旧道が走る海岸沿いの眺めは、忍路の高台から見ることができます。

(3月29日撮影。国道切り替え後)
Otaru_20180329_144653

これは、ちょうど忍路の人気のパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」の前あたりからの小樽市街地方面の眺めです。

ここは以前から、眺めが良くて個人的にも結構撮影スポットでもあるんです。

Otaru_20180329_140606

これはもうちょっと下がったところからの眺めですね。

Otaru_20180329_144113

海岸沿いを走る旧道と忍路の海がいい眺めです。

そして、こちらが忍路半島方面です。
Otaru_20180314_132955

こちらも綺麗です。

旧道がこれからどういう扱いになるのかは分かりませんが、忍路の海は、これからも美しい眺めをみせてくれることでしょうね。

(3月14日撮影。国道切り替え前)
Otaru_20180314_140846


ということで、忍路湾の静かな海と、高台から見た旧道沿いの忍路の海の様子でした。

【関連記事】
国道5号線の桃内〜忍路間の新しい忍路トンネルを抜けて忍路の町中へ向かう
【動画】忍路の海岸沿いの国道5号線(切り替え前)からの風景
ニュースより/国道5号線の桃内〜忍路間の新忍路トンネルが3月17日に開通。海岸沿いの旧道は通行できなくなります

※忍路関連の記事は、カテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

国道5号線の桃内〜忍路間の新しい忍路トンネルを抜けて忍路の町中へ向かう

Otaru_20180329_145319


国道5号線の桃内〜忍路間が新しい忍路トンネルの開通により、2018年3月17日からそれまでの海岸沿いから山側へと切り替わったニュースは各所で報じられて、このブログでも取り上げました。

海岸沿いを走る旧道からの眺めは人気があったので、その風景が見られなくなって残念がる声も多かったのですが(私も残念でした)、旧道は落石や岩盤崩落の危険箇所が多数あり、安全を確保のための切り替えでした。

実は先日、新しい忍路トンネルを通る新道に行ってきたんです(撮影は2018年3月29日)。

切り替わった新しい国道は、旧桃内トンネルから旧忍路トンネルを含む区間で、小樽市街地側から来ると、旧桃内トンネルの手前で山側の新道に入り、すぐに新しい忍路トンネルに入ります。

Otaru_20180329_145616
(こちらは忍路トンネルと出たところ)

新しい忍路トンネルは、全長1742mと結構長いです。

そして、この新しい忍路トンネルを過ぎるとすぐに、信号のある交差点があるのですが、この交差点から忍路の町中へと向かうことができます。

(トンネルを出てすぐの交差点を右折すると忍路の町中)
Otaru_20180329_145743

この日は実はバスで行ったのですが、もちろんバス停も、以前の旧忍路トンネル直前の海岸沿いから、山側の新道沿いに移ったわけで、この交差点を過ぎたところにバス停がありました。

(バス停を降りて振り返って見たところ)
Otaru_20180329_135647

(交差点を入って行けば、忍路の町中)
Otaru_20180329_135731

Otaru_20180329_135804

で、交差点から忍路の町中に向かうと、ほどなく右手に忍路の海が見えてきます。

Otaru_20180329_135851

Otaru_20180329_140022

Otaru_20180329_140059

そしてそのまま道なりに進むと、左手に車が数台止まっているのが見えてきました。

Otaru_20180329_140152

そうです、ここは忍路の人気のパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」の駐車場です。

Otaru_20180329_144634

つまり、先ほどの交差点から曲がってきたこの道路は、エグ・ヴィヴの前の通りに繋がっているんですね。

そういえば、以前からエグ・ヴィヴの前のこの通りを山側に入っていけば、忍路環状列石(ストーンサークル)などがあるフルーツ街道に出ることができたので、その道が整備されたということなんですね。

ここの道路も以前より綺麗になってますね。
Otaru_20180329_140553

バス停からここまで、歩いてものの3〜4分といったところでしょうか。

そうそう、ここから眺める忍路の海も綺麗なんですよね。

Otaru_20180329_140346

Otaru_20180329_144049

遠くに海岸沿いの旧道が見えます。

Otaru_20180329_140342

眺めは相変わらずいいですが、なにやら工事車両も入っているようですね。

Otaru_20180329_144111

そして、エグ・ヴィヴの前からまっすぐ進んでいくと、忍路湾まで行けるのは、これまでと変わりません。

(まっすぐ行くと忍路湾)
Otaru_20180329_140822

ちなみに、以前の海岸沿いの旧道から上がってくる道路は、もちろん通行止になってます。

Otaru_20180329_140712

ということで、国道5号線、桃内〜忍路間の新道から忍路の町中へのルートの様子でした。

海岸沿いの風景が見られなくなったのは残念ですが、安全確保のためですからやむを得ないですね。ただ、旧道では小樽市街地側から来て、旧忍路トンネル直前で右折して忍路の町中に入るのは、トンネルから出てくる車が見えにくくて怖かったので、以前より、忍路の町中には行きやすくなったかもしれないですね。

Otaru_20180329_135834

Googleマップはまだ旧道ですね(4月4日現在)。

【関連記事】
【動画】忍路の海岸沿いの国道5号線(切り替え前)からの風景
ニュースより/国道5号線の桃内〜忍路間の新忍路トンネルが3月17日に開通。海岸沿いの旧道は通行できなくなります

小樽市忍路にある国指定史跡「忍路環状列石」(ストーンサークル)を見に行ってきました

※忍路関連の記事は、カテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月17日 (土)

【動画】忍路の海岸沿いの国道5号線(切り替え前)からの風景

20180314_142632


国道5号線の忍路〜桃内間は、新しい忍路トンネルの開通により、2018年3月17日午後3時に海岸沿いから山側へと切り替わり、 以降、現在の桃内トンネルと忍路トンネルを含めた海岸沿いは旧道となり、通行できなくなります。

※詳しくはこちらの投稿で:ニュースより/国道5号線の桃内〜忍路間の新忍路トンネルが3月17日に開通。海岸沿いの旧道は通行できなくなります

落石や岩盤崩落の危険箇所が多数あり、安全を確保するための切り替えとのことですが、この区間の海岸沿いの道路から見える忍路の海の風景はとても素晴らしくて、この風景がお気に入りの方も多かったのではないでしょうか。もちろん、私も大好きでした。

20180314_132120


ということで、先日(3月14日)、最後にその風景を見るために忍路に行って、国道からの風景を動画に撮ってきました。

今回はバスで行ったのですが、もちろん、バスの路線も新道に移るので、現在の忍路トンネルのすぐ近くにある「忍路」バス停も移動することになります。

まず、小樽市街地に戻る方向なんですが、忍路から桃内に向かう動画で、忍路トンネルを出たところにある「忍路」バス停から、桃内トンネルまでの風景です。こちら側は、車線の左側が海岸線になるので、より海が近いんですよね。

そして、こちらが桃内トンネルを出てから、忍路のバス停までの動画です(本当は忍路に向かったこちらが先の撮影なんですけどね)。ちょっとバスの窓が曇ってたのか、映像が曇ってます。

ということで、やっぱりこの区間の眺めは抜群に美しいですね。

もちろん、安全面が最優先ですが、この風景が見られなくなるのは、ちょっと残念ですね。

20180314_132539r

最後に動画を撮影に行くことができてよかったです。

【関連記事】
忍路までの国道5号線の海沿いの景色があまりにも素晴らしいんですが、別線ルートを整備中?

※忍路関連の記事は、カテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年3月15日 (木)

ニュースより/国道5号線の桃内〜忍路間の新忍路トンネルが3月17日に開通。海岸沿いの旧道は通行できなくなります

Otaru_20180314_141539


国道5号線忍路に向かうと、塩谷からトンネルが3つ続き、最後の桃内トンネルを抜けると、国道は海岸沿いに出て、これがまた良い眺めなんです。

けど、その先の忍路トンネルまで続くこの海岸沿いの道路は、2018年3月17日から通行できなくなります。

この国道5号線の桃内〜忍路間で山側に建設していた新しい忍路トンネルが完成して、国道が現在の海岸沿いから山側へと3月17日に切り替わるんです。

2018年3月3日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄によると、この桃内から忍路にかけての海岸線を走る国道5号線沿いには、落石や岩盤崩落の危険箇所が多数あり、1998年以降、17回もの土砂崩れなどの災害が発生していたとのことです。

この国道には路線バスや観光バス、救急車などの利用もあり、安全面の確保はもちろん、通行止めになると迂回にもかなりの時間を要することになるので、それも回避できるようになる見通しです。

新道は桃内トンネルの手前の笠岩トンネルを過ぎてから山側に入り、新しくできた忍路トンネルを通って、現在の忍路トンネルの先で元の国道に戻る形になります。

この切り替えによって、現在の桃内トンネルと忍路トンネル(もうすぐ旧桃内トンネルと旧忍路トンネルという表記になりますね)を含めた、海岸沿いを走る道路は旧道となり、通行ができなくなるそうです。

Otaru_20180314_132424

(ここのバス停も場所が変わります)
Otaru_20180314_142019

となると、現在の道路から見られる素晴らしい海沿いの景色が、見られなくなるということですかね。

安全の確保は何より重要ですが、個人的にはお気に入りの風景だったので、ちょっと残念です。


ちなみに、この忍路トンネルが2017年度開通するというのを正式に知ったのは、2016年11月のことだったと思うのですが、いよいよなんですね(2016年11月16日付の北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載)。

新しい忍路トンネルが開通して、国道5号線の旧道から新道への切り替わるのは、3月17日午後3時予定とのことで、切り替え時は10分程度の通行止めが発生するそうです。

【関連記事】
忍路までの国道5号線の海沿いの景色があまりにも素晴らしいんですが、別線ルートを整備中?

※忍路関連の記事は、カテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

忍路神社の例大祭〜船に乗って海を渡る神輿の様子

Otaru_img_3136


6月から7月にかけての小樽はお祭りの季節で、毎週どこかの神社でお祭りが行われているんですよね。

もちろん、小樽市内の神社のお祭りとはいえ、行ったことのないお祭りがいくつもあるのですが、その中で、気になっていて、見に行ってみたかったのが、忍路神社の例大祭です。

今年の忍路神社の例大祭は、7月1日(土)・2日(日)の開催ということで、2日に行ってきました。

Otaru_20170702_111738


先ほど、“見に行ってみたかった”といったのは、忍路神社の例大祭では、本祭で神輿が船に乗って海を渡るというのを聞いていたので、それを見てみたかったんです。

ただし、そもそも忍路神社のお祭りが、どんな雰囲気で行われているのかなど、前情報は一切なし。

午前10時半頃から、神社から神輿が運ばれるようだ、という情報を目にしていたので、それだけを頼りに思い切って行ってみたんです。

ちなみに、忍路は小樽の市街地からずっと西にある、漁港でもある小さな忍路湾の静かな海が隠れ家的でとても素敵な地区なんですが、交通の便が悪くて、なかなか行きにくい場所でもあります。昔はニシン漁で栄えた歴史のある地区でもあるんですよね。

(忍路地区に入って、忍路湾に向かうまっすぐな道路)
Otaru_20170702_102943

忍路神社は、漁港のある忍路湾からすぐ近くにあるんですが、着いたのが10時半過ぎで、ちょうど神輿の一行が神社から出発するところでした。

Otaru_20170702_103725

Otaru_20170702_104144

Otaru_20170702_104402

祭囃子が流れる中、神社を出発した神輿は漁港まで進み、その後、聞いていた通りに船に乗りました。

Otaru_img_3125

Otaru_img_3128

見ていると、港には数隻の漁船が待機していたのですが、神輿が乗せられたのは、木製の小さな手漕ぎの船でした。

Otaru_20170702_105309

その神輿を乗せた船は、歌とともに忍路湾内をゆっくりと回ります。

Otaru_img_3129

まさにお祭りの儀式といった、なんとも趣のある光景です。

Otaru_img_3136

そして、しばらく神輿を乗せて湾内をぐるりと回った手漕ぎの船は、大きな漁船に近づき…

Otaru_img_3139

なんと海上で神輿をその大きな船へと乗せ替えたではないですか。

Otaru_img_3144

なるほど、ここで大きな漁船に乗った神輿は、これから外海を渡るんですね。

Otaru_img_3146

数隻の船とともに出た、神輿を乗せた船は、その後どの辺りを回ったのかは分かりませんが、外海に出た後、30分ほど経って忍路湾に戻ってきました。

Otaru_img_3156

Otaru_img_3155

Otaru_img_3163

その後、神輿は再び陸に戻り、漁港から町中方面へと進み出したのですが、途中、ゆっくり休憩もしながらといった雰囲気だったので、この後、お神輿がどう練り歩き、お祭りがどのように進むのかは知らないのですが、今回の見学はここまでにして、忍路を後にしました。


ちなみに、お祭りといっても露店は出てなくて、神輿をはじめとして地元の方々に受け継がれてきた地元の神社のお祭りと、いった雰囲気ですね。

地元の子供たち(と思われる)も参加してましたし、さらにちびっ子の子供神輿もありました。

そういった雰囲気なので、ふらっと見学に行った私のような関係者以外は、ややその場にいずらかった、というのが正直にところなんですが、なかなか興味深い、海上を渡る神輿の様子を見学できて、とても面白かったです。


そうそう、神輿を乗せた船が外海に出ている間、忍路神社にお参りしてきました。

Otaru_20170702_111820

Otaru_20170702_111833

忍路神社の左奥に建つのは「津古丹(つこたん)稲荷神社本殿」で、小樽に現存する最古の建造物とされているそうで、1849年(嘉永2年)の創建とのことです。

Otaru_20170702_112018

Otaru_20170702_112009

ということで、忍路神社例大祭の海を渡る神輿の様子でしたが、実はこの日は天気が曇りがちで今ひとつだったんですよね。

Otaru_20170702_114025

とにかくここは景色が美しいので、夏の間の天気の良い日を狙って、またきたいですね。

【関連記事】
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木

※忍路関連の記事はカテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 8日 (水)

忍路神社と津古丹稲荷神社本殿〜忍路神社がなにやら修理中でした

先日、久しぶりに忍路(おしょろ)の海を見に行ったのですが、いつも忍路にいった際には、歴史の古い忍路神社にも立ち寄ってきます。

Otaru_20160528_124517
(2016年5月28日撮影)

小樽市忍路は、小樽の市街地からずっと西にある、海がとても綺麗な地区で、忍路湾の静かな海は隠れ家的でとても素敵なんですが、昔はニシン漁で栄えた、元々歴史のある地区でもあるんですよね。

忍路神社は、国道5号線から忍路地区に入ってからの忍路湾へと真っすぐ続く道沿い、忍路湾の手前に建っています。

Otaru_20160528_124647

が、あれ?何やら足場が組まれて、修理中かな?

Otaru_20160528_124533

どこをどうしているのかなどの、工事の詳しい情報は分かりませんでした。

Otaru_20160528_124551

木々に囲まれるようにひっそりと社殿が建っているのですが、それがまたとても趣があるんですよね。

Otaru_20160528_124704

忍路神社については、

ここ忍路神社は、忍路場所請負人・西川伝右衛門が漁業の守護として、江戸時代に創建しているそうで、社殿は明治23年(1890年)に火事で焼失後、明治29年(1896年)に落成し、大正9年(1920年)に別の場所から現在地に、解体せずに移転したということです。
(参考:「小樽散歩案内」( 発行:有限会社 ウィルダネス)、「おたる案内人テキストブック」)
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木(当ブログの過去記事より引用)

※参考:忍路神社北海道神社庁のホームページ内)

さらに、この忍路神社の横の奥には、やや褪せてますが朱塗りの小さな、しかし、彫刻が見事な社殿が建っています。

Otaru_20160528_124611

この建物は「津古丹(つこたん)稲荷神社本殿」といって、実は、小樽に現存する最古の建造物とされているそうで、1849年(嘉永2年)の創建とのことです。

Otaru_20160528_124600

毎年見にきているのですが、今年もひっそりと佇んでました。

津古丹稲荷神社本殿については、

元々は江戸時代から忍路の漁場を管理していた、近江商人の西川家の番屋の社殿として、国道5号線付近に建っていたそうですが、昭和13年に国道工事のためにいったん解体され、同15年に現在地に移築されたそうです(参考:小樽市HP内の小樽市 :小樽市指定歴史的建造物内「歴史的建造物ガイドマップ ひとくちメモ5」)。
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木(当ブログの過去記事より引用)

ところで、忍路神社周辺は木々が鬱蒼と茂っていますが、境内のひときわ大きい木は、推定樹齢100年以上という小樽市指定の保存樹林でもある「イチョウ」とのことで、これまた木にも歴史がありますね(参考:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧)。

Otaru_20160528_124708


以上、忍路神社と津古丹稲荷神社本殿の様子でしたが、忍路の町を見ていると、石造倉庫や古い建物を所々で目にします。

Otaru_20160528_124940

中でも目を引く、こちらのひときわ立派な木造の建物は「旧渡辺宅」といって、有数な網元である渡辺家の住宅だったそうで、大正期の建築だそうですよ。

Otaru_20160528_124923

※参考:書籍「小樽の建築探訪」小樽再生フォーラム編/北海道新聞社(Amazonで「小樽の建築探訪」を探す)

※過去の旧渡辺宅の記事です。
忍路の古く立派な網元の建物「旧渡辺宅」


ということで、毎年、忍路に行った様子を投稿しているために、毎年同じような内容になってしまっているのですが、やっぱり今年も書かずに入られませんでした。忍路は面白いです。

【関連記事】
※今回、忍路に行った際の関連記事です。
久しぶりに小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」へ〜店舗が新しくなってます
忍路湾の静かで隠れ家的な海を見に行ってきました

※昨年の忍路神社と津古丹稲荷神社の記事です。
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 3日 (金)

久しぶりに小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」へ〜店舗が新しくなってます

先日、久しぶりに忍路(おしょろ)に行ってきたのですが、もちろん、忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」にも行ってきました。

Otaru_20160528_125235_hdr

小樽市忍路は、小樽の市街地からずっと西にある、海がとても綺麗な地区で、忍路湾の静かな海は隠れ家的でとても素敵なんですが、忍路に行った際には、必ず、このパン屋さんエグ・ヴィヴにもよるんです。

※今回の忍路の海の記事はこちらです。
忍路湾の静かで隠れ家的な海を見に行ってきました

場所は、国道5号線から忍路地区に入り、緩やかな坂を上りきったところで左に折り返すように曲がった先にあります。

以前は知る人ぞ知る、という感じだったようですが、特に宣伝などはしてないと思うのですが、今ではとにかく人気があって、この日は土曜日だったのですが、通り沿いの駐車場には車がひっきりなしにやってきてました。

ところで、エグ・ヴィヴはお店を建替えたんですよね。

話には聞いていたのですが、建替え後、新しい店舗に今回初めて行ったんです。

駐車場と入口横の塀の看板。そこから店舗までの階段は変わってませんでした。

(ここは以前と同じですね)
Otaru_20160528_125242_hdr

Otaru_20160528_125225

以前は階段の正面に、一軒家のような店舗があったのですが、新しい店舗は、階段上がって左に位置して、木の素材感をそのまま生かした温かみのある素敵な建物でした。

Otaru_20160528_120438

Otaru_20160528_120503

店内も落ち着いた雰囲気で、前より随分と広くなってました。
それもで、この日はお客さんがどんどんくるので、並んでいっぱいになってました(汗)

で、パンなんですが、美味しいと評判で私も大好きなクロワッサンは、売り切れで…、というか、お店にはお昼に行ったのですが、もうパンはほとんど売り切れていて、数えるほどしか並んでませんでした。

エグ・ヴィヴ人気ありすぎ…

それでも、並んでいた商品を3つ買って美味しくいただきました(商品名の確認を忘れてしまいました)。

Otaru_20160528_121941

Otaru_20160528_152606

以前キッシュを買ってものすごく美味しかったのですが、この日はアスパラのキッシュが残っていたので、ちょっと高いんですが、思い切って買いました。

Otaru_20160528_152546

もう、これは本当に美味しいです。

それと、ここはお店の前の道路から見た景色も抜群なんですよね。

(こちらが小樽市街地方面)
Otaru_20160528_125408

(忍路半島方面)
Otaru_20160528_125416

けど、駐車場には次から次へとお客さんが来るので、混雑時の長居は迷惑になっちゃいますね。


小樽市民といっても、忍路は交通の便がよくないので、なかなか気軽にはこられないのですが、それにしても、土曜日は混雑していて、パンがなくなるので避けた方がいいのかな。

できれば平日に来て、クロワッサンとハード系のパンなんかも色々とあるので、ゆっくり選んで買いたいですね。

あ〜、エグ・ヴィヴのパン、いっぱい食べたい!


▶︎食べログ情報:エグ・ヴィヴ

定休日は、日曜・月曜 (冬季・夏季休暇もあるそうです)とのことです。
(お店情報は2016年5月時点でのものです)

【関連記事】
※昨年のエグ・ヴィヴの記事です。店舗は建替え前です。
小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」でクロワッサンやらキッシュやら

※過去のエグ・ヴィヴのよく読まれている記事です。
景色も絶景、小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」

Otaru_20160528_120420


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年6月 2日 (木)

忍路湾の静かで隠れ家的な海を見に行ってきました

Otaru_20160528_121038


天気のよかった5月28日、忍路の海を見に行ってきました。
※「忍路」と書いて「おしょろ」と読みます。

小樽市忍路は、小樽の市街地からずっと西にある、日本海にちょっと付きだした半島とその内陸部に位置する町で、海が綺麗なことでも知られています。かつてはニシン漁で栄えた、歴史のある地区でもあるんですよね。

交通の便がよくないので、なかなか気軽に行くことができない場所なんですが、毎年その海を見たくて行ってるんです。なので、投稿は毎年同じような内容になるんですが、せっかくの忍路の綺麗な海の様子ですので、今年も掲載しますね。


忍路湾の隠れ家的な海

ちなみに、忍路にはいつも車で行くのですが、蘭島・余市方面に国道5号線を海沿いに向かい、蘭島手前の忍路トンネンルの直前を右折して上っていくと、その先が忍路の町になります。バスでも来られるのですが、バス停は国道沿いまでです。

(右手に見えてくる忍路半島方面の眺めも抜群です)
Otaru_img_1916

Otaru_img_1914

(忍路トンネンルの直前を右折します)
Otaru_img_1917

(この上り坂の横に壁ができましたね)
Otaru_img_1918


で、忍路に入り、この先真っすぐで緩やかな下り坂を進むと、目の前に小さな湾が現れるのですが、ここが忍路湾です。

Otaru_20160528_121025

この忍路湾が静かで隠れ家的で、とても素敵なんですよね。

Otaru_20160528_121425

いや〜、やっぱりここの海は綺麗ですね。

湾内右側に付き出すように、新しい岸壁ができてます(昨年、来た時にはもうできてました)。

Otaru_20160528_122814

Otaru_20160528_122932

Otaru_20160528_123151

ここは忍路漁港でもあるので、漁船がいっぱい泊まっていて、おそらく朝は活気があるのでしょうが、行ったのは昼過ぎで、この時間だととてもひっそりしてるんですよね。

Otaru_20160528_123627

Otaru_20160528_124126

湾の左側には、趣があってちょっと可愛い建物が建ってます。

Otaru_20160528_121451

これは、北海道大学忍路臨海実験所の建物です。

Otaru_20160528_121708

自分のブログの昨年の記事からの引用ですが、

北海道大学忍路臨海実験所は、明治41年(1908年)北大水産学部の前身・東北帝国大学農科大学水産学科の付属臨海実験所として設立されたものだそうで、大正13年(1924年)に改修されて、現在の本館になっているそうです。

平成13年(2001年)4月に、北海道大学北方生物圏フィールド科学センターが設立され、忍路臨海実験所は、水圏ステーションの施設として再編され、現在に至っているとのことです。
忍路湾に行ってきました〜忍路の海は静かで綺麗なんです〜可愛い建物は北海道大学忍路臨海実験所

Otaru_20160528_121444

残念ながら敷地内は、関係者以外立ち入りは禁止で、近くでは見られません。


ということで、以上、忍路湾の様子でしたが、本当に忍路の海は綺麗で、ここは何度でも訪れたい場所です。

Otaru_20160528_121515

【関連記事】
※過去の忍路関連の記事から。
忍路湾に行ってきました〜忍路の海は静かで綺麗なんです〜可愛い建物は北海道大学忍路臨海実験所
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木
忍路までの国道5号線の海沿いの景色があまりにも素晴らしいんですが、別線ルートを整備中?

※忍路には毎年海を見に行ってるのですが、忍路関連の記事はカテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

忍路水車の会による産地直売施設「水車プラザ」に行ってきました

先日、忍路(おしょろ)方面に行った際に、忍路水車の会による、農作物などの産地直売施設「水車プラザ」に行ってきました。

Otaru_20150821_125350

※今回の一連の忍路関連の投稿については、この記事の最後にリンクをまとめてます。

ここ忍路地区は、忍路漁港があって綺麗な海でよく知られてますが、実は内陸部に入ると、畑も多いんですよね。

で、ここ水車プラザですが、時々ここで催し物が行われていて、名前は目にしていたので、行ってみたかったんですよね。個人的に野菜は栽培するのも食べるのも好きなもので。

場所はフルーツ街道沿いで、前回投稿した忍路環状列石のあるところより、もうちょっと蘭島よりです。

Otaru_20150821_124046

街道沿いに大きな案内表示が立っているので、すぐ分かります。

Otaru_20150821_124058

そこから入る広い敷地内に「水車プラザ」と手書きの看板が掲げられた販売所が建ってます。

Otaru_20150821_124101

Otaru_20150821_125350

案内によると、6月〜10月までの金・土・日、9時~17時まで営業しているとのことです。

Otaru_20150821_124156

Otaru_20150821_124205

建物内に入ると思ったよりも広くて、行ったのが昼過ぎで、既に売り切れてしまったものもあったようですが、色んな野菜が並んでましたよ。

Otaru_20150821_124216

Otaru_20150821_124527

全体的に普段のお店で買うより安くて、ものによっては半値くらいで販売されていたと思います。

結局、ぐるっと見て回り、トウキビ、ジャガイモ、ピーマン、パプリカ、枝豆、スナップエンドウ、ミョウガ、茎ブロッコリーと買ってしまいました。

Otaru_20150821_125158

もちろん、美味しかったですよ。

ところで、この水車プラザを運営している「忍路水車の会」ってどんな会なのか、帰ってきてから調べたのですが、詳しく紹介されているサイトとかがあまりないんですよね。

そんな中、過去のイベント時の小樽経済新聞のニュースで、次のように触れられていました(記事は2013年のものなので、内容に変更があるかもしれないのはご了承を)。

水車プラザは、忍路・蘭島地区15の農園が集まって結成した「忍路水車の会」によって運営。5月の大型連休後の土曜から10月の最終日曜までの金曜・土曜・日曜に開催され、同地区で収穫された野菜や果物、蜂蜜などの加工品を販売する。敷地内には、小樽職人の会会員・畑澤孝市さんによる水車も設置されている。
小樽・水車プラザで「忍路産新ソバ」大盛況-地物野菜の天ぷらも提供 - 小樽経済新聞

忍路水車の会は、忍路・蘭島地区の農園の方々によるもので、ここ水車プラザは、その方々によって自主運営されているんですね。

Otaru_20150821_125313

横の建物の脇に、小樽職人の会会員・畑澤孝市さん製作による、水車が設置されていました。

Otaru_20150821_125358

Otaru_20150821_125409

Otaru_20150821_125427

ということで、忍路の水車プラザの様子でしたが、フルーツ街道を車で通る時には、またちょっと立ち寄ってみたいですね。

Otaru_20150821_125513

※参考:北しりべし直売所・観光農園ガイドマップ » 1忍路水車の会水車プラザ

さて、今回、ここまで続けた忍路特集は、これでひとまず終了です。
次はいつになるか分かりませんが、やっぱり忍路地区は面白いですね。

【関連記事】
※今回、忍路に行った際の記事です。
忍路湾に行ってきました〜忍路の海は静かで綺麗なんです〜可愛い建物は北海道大学忍路臨海実験所
小樽の忍路の美味しいパン屋さん「Aigues Vives(エグ・ヴィヴ)」でクロワッサンやらキッシュやら
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木
「忍路通り踏切」の風景〜塩谷・蘭島間の単線にある踏切
小樽市忍路にある国指定史跡「忍路環状列石」(ストーンサークル)を見に行ってきました

※忍路には毎年海などを見に行って、その様子を記事に書いているので、それらのを記事をカテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 住吉神社 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 朝里地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 北海道胆振東部地震小樽関連 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌