その他の気になる建物

2019年5月11日 (土)

銭函駅の裏の高台にある豊足神社〜これがまた眺めのいいこと【銭函特集】

Otaru_20190410-124354

銭函駅の裏の高台に神社があります。

銭函で代表的な「豊足(とよたり)神社」です。

4月に銭函に行ったのですが、ここ豊足神社に初めて足を運びました。

銭函駅の札幌側にある銭函東部踏切を渡ってすぐ、右に道を曲がると坂道になっていて、その先に鳥居が見えます。

Otaru_20190410-124049

Otaru_20190410-124148

鳥居のとこまでいくと、その先が境内になっています。

Otaru_20190410-124218

社殿は奥です。

Otaru_20190410-124700

Otaru_20190410-124252

Otaru_20190410-124340

Otaru_20190410-124512

豊足神社についての詳細は分からなかったのですが、かなり古い歴史をもつ神社のようで、現在地に移転したのは大正6年(1917年)とのことです。
※参照:豊足神社(北海道神社庁)

Otaru_20190410-124837

で、ここが高台になっているので、線路側がいい眺めなんですよね。

銭函駅と線路は海沿いにあるので、この高台からは向こうに海も眺められます。

Otaru_20190410-124719

Otaru_20190410-124540

札幌方面は、線路がここから内陸に入っていきますね。

Otaru_20190410-124651

そうそう、境内には日清・日露戦争の戦没者を慰霊する忠魂碑が建っているんですが、目に止まるのは、その碑の脇に置かれている、壊れている錆びた球体です。

Otaru_20190410-124343

横に説明書きがあって、それによると、これは明治40年(1907年)頃に銭函の浜に漂流していたものを軍が爆破処理した機雷で、日露戦争時のロシア軍のものだそうです。

Otaru_20190410-124328

永らく発見者が保管していたものの、その方の移転に際して、昭和52年(1977年)にここに移設したそうです。


豊足神社では、6月下旬に例大祭があるのですが、私は行ったことがないんですよね(参考:小樽市 :お祭り日程)。

それに、豊足神社は冬の小樽雪あかりの路の時には、あかりの路会場の1つとなっているんですが、そちらもまだ、見に行ったことがないんです。

どちらも機会を作って見にいってみたいですね。

(神社の裏側)
Otaru_20190410-125345

Otaru_20190410-125427

※参考:小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2018年12月 7日 (金)

気になる建物/花園公園通りの小樽市消防本部整備工場の建物

Otaru_20180529_151346
※写真は2018年5月撮影です。


小樽の街を歩いていると、知られた建物とかではなくても、なんとも気になる建物があったりします。

今回の気になる建物は、花園公園通りを小樽公園から下りていくと右手に見える大きな建物です。

建物には表札が掲げられていて、ここは小樽市消防本部整備工場の建物ですね。

Otaru_20180529_151318

Otaru_20180529_151242

それほど古い建物ではないようですが、使い込まれたその様子がなんだかここを通るたびに目に止まるんですよね、

Otaru_20180529_151200

Otaru_20180529_151152

すいません、建物の詳細については知らないのですが、向かいには、こちらも特徴的な、消防署庁舎だった建物を改築して利用している寿司・和食のお店「庄坊番屋」があるので、ここ消防本部整備工場も元の庁舎と関連しているのかな!?

(公園通りを横切る通りから。奥に庄坊番屋)
Otaru_20180529_151131

Otaru_20180529_151101

この建物には、花園ビルという名称があるようで、上階には小樽市社会福祉協議会の「たんぽぽ」という訪問介護事業所が入っているようです。

Otaru_20180529_151408

Otaru_20180615_143710


ということで、小樽市消防本部整備工場の建物については、詳細は知らないのですが、どうにも気になる建物だったので、今回、ブログに掲載しました。

※参考:社会福祉法人 小樽市社会福祉協議会|介護保険関係事業

(この写真は2018年12月1日撮影)
Otaru_20181201_111310

【関連記事】
気になる建物/寿司・和食のお店「庄坊番屋」の建物は元消防署


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

朝里神社は朝里小学校のすぐ近く

Otaru_20181004_150958


10月上旬に、朝里・新光地区をあちこち巡ってきた際に、朝里神社にも行ってきました。

道道1号線からちょっと入った、新光2丁目の住宅街の中に、小さな朝里神社は静かに佇んでいます。

すぐ近く、というか向かいに朝里小学校があります。

※写真は10月4日撮影です。
Otaru_20181004_151148

Otaru_20181004_150929

Otaru_20181004_150958

Otaru_20181004_151009

Otaru_20181004_151026

Otaru_20181004_151000

境内には新光東会館がありますね。

Otaru_20181004_150856

朝里神社について、詳細はよく分からなかったのですが、社殿などが比較的新しいですね。

北海道神社庁のホームページによると、次のような記述がありました。

天保5年(1834)創立。明治8年村社に列する。明治35年の明細帳によると、社殿間数間口3間奥行5間で、境内坪数255坪、信徒人員148人とある。その後社殿老朽化の為、現境内地300坪程の寄付をあおぎ、大正4年11月移転遷座すると共に、社名を稲荷神社から朝里神社に改称した。
朝里神社

ということで、その続きには、現在の社殿は昭和59年に改築されたものと記載されています。
※参照朝里神社北海道神社庁のホームページ)内

朝里神社のお祭りには行ったことがないのですが、今年(2018年)は9月1日(土)・2日(日)の日程で行われました。機会があったら行ってみたいですね。

Otaru_20181004_150938t

Otaru_20181004_150854

(横の通りから)
Otaru_20181004_150829

(すぐ前が朝里小学校)
Otaru_20181004_150911

Otaru_20181004_151152


ということで、朝里神社の様子でした。


※朝里関連の記事はカテゴリー朝里地区にまとめてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

入船陸橋近くの石造倉庫が宿屋になっていた〜蔵宿 末広

Otaru_20180805_155523


入船通りに 架かるJRの入船陸橋の海側すぐのところに、小さめの石造倉庫が建っているのですが、少し前からなにやら工事をしていて、先日前を通ったら、とってもおしゃれな入り口ができていました。

かかっているのれんには「蔵宿 末広」の文字。

(2018年4月撮影。工事中でした)
Otaru_20180417_153437

(8月5日撮影。のれんがかかってます)
Otaru_20180805_155529

どうやらここ「蔵宿 末広」は、7月9日宿泊分から予約受付が始まったばかりの宿泊施設で、サイトがあったので見てみると、“一日一組限定、石蔵一棟貸切の宿”という、一棟丸ごと貸切する宿なんですね。2名からの受付で、定員6名までとのことですよ。

Otaru_20180805_155555

奥の玄関が受付になってました。

Otaru_20180805_155535

※サイト:小樽 蔵宿 末広|築90年、石蔵の宿

ところで、もともとこの石蔵には「ニチヤク」という看板がかかっていたのですが、株式会社ニチヤクという会社は、医薬品卸の会社のようですね。

こちらが以前の写真です(2011年12月撮影)。
Otaru_dsc02271_2_20111207
(そこが宿を営業しているということかな?)

(この写真も2011年12月撮影)
Otaru_dsc02273

ここからすぐ上には末広稲荷があって、その横に入船陸橋が架かっていますね。

(末広稲荷)
Otaru_20180805_155559

(入船陸橋)
Otaru_20180805_150221

Otaru_20180805_155450

実はこの場所は、メルヘン交差点やJR南小樽駅から徒歩5分ほどと、アクセスはいいんですよね。

石蔵を丸ごと貸切の宿にするというは、なんだか面白いですね。サイトに書かれていたのですが、ここの石蔵は築90年だそうですよ。

Otaru_20180805_155453

人気の宿になるといいですね。

▶︎蔵宿 末広:じゃらん

【関連記事】
入船陸橋の入船通りから南樽駅側の鉄橋下が綺麗になって古い橋脚も出現してます
入船陸橋
入船通りから十一坂へ
入船通り/南小樽駅下方面の古い建物
こんな所にお稲荷さん〜入船陸橋下の末広稲荷


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

市民会館から下りていったところに建つ建物は「小樽公園弓道場」

Otaru_20170819_114934


今回はちょっと気になる建物、というか施設の様子なんですが、小樽公園の小樽市民会館の前の道路を小樽市役所側に下りて行くと、左手にその建物は建っています。

(市民会館の前の道路を下りていって左)
Otaru_20170819_115119

こじんまりとした和風の可愛い建物ですが、ここは小樽公園弓道場です。

Otaru_20170819_114923

ここも小樽公園の敷地内なのかな。

Otaru_20170819_115145

今回は、気になった建物というだけで、建物についてもよくわからず、弓道についても全然分からないので、あくまでここにこのような建物(施設)がありますよ、という紹介だけになるんですが、小樽公園弓道場というくらいですから、この建物の奥にその弓道場があるんですよね。

(建物の下から見たところ)
Otaru_20170819_115017

この小樽公園弓道場の横(市民会館の向かい)の少し土地が高くなっているところは裁判所なんですが、そこに向かう道路があって、そこを途中まで上ると弓道場が見えるんですよね。

Otaru_20170819_115229

神聖な空気が漂ってます。

Otaru_20170819_115304

機会があったら、矢を射る様子を見てみたいですね。

ちなみに、小樽弓道連盟は、大正3年小樽弓道会として発足した、歴史のある連盟なんですね。
※小樽弓道連盟のサイトより:小樽公園弓道場の案内 - 小樽弓道連盟

※参考:弓道場 - Wikipedia

【関連記事】
小樽市民会館近くの小樽公園弓道場の下に小さな広場がありました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

桜町にあった気になる建造物は水道施設「桜低区配水池」でした

先日、桜町に行った際、桜ロータリーから熊碓神社まで続く坂道を上っていたら、右手に何やら気になる建造物が建っていました。

Otaru_20170720_134132

街歩きをしている時、こういう変わった建造物がついつい目に止まって気になってしまうんですよね。

(場所は坂を上って行って、日の出通りの看板のすぐ上)
Otaru_20170720_134037

なんだかだいぶ古いようにも見えて、いったいなんだろうと思い、近づいてその表示を見てみると、「小樽市水道 桜低区配水池」と書かれてますね。

Otaru_20170720_135715

これは小樽市の水道施設の桜低区配水池ということで、詳しいことは分からなかったのですが、今でも現役のようですね。

Otaru_20170720_135724

Otaru_20170720_135647

となると、配水池の施設として、この上にある程度のスペースが確保されていると思いうのですが、もちろん立ち入り禁止なので、その様子は分かりませんでした。

適量な配水を行うために、浄水場で作られた水を貯めておくのが配水池で、これで安定して水を供給できるわけですよね。

配水池といえば、松ケ枝町に高区配水池、入船町に中区・低区配水池があって、それらは大規模な施設のようですが、他にも小樽市内には数多くの配水池があるそうです。
※関連記事:入船の高台にある中区配水池は工事中〜入船・松ヶ枝の配水池について

ということで、桜町で目にした気になる建物、桜低区配水池の様子でした。

Otaru_20170720_134155

【関連記事】
桜ロータリーから熊碓神社までの坂道から横に入る通りに名前が付いてた
桜ロータリーからまっすぐ続く坂道の先の高台に建つ熊碓神社へ
放射状に5本の道路が伸びる桜ロータリー


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

桜ロータリーからまっすぐ続く坂道の先の高台に建つ熊碓神社へ

Otaru_img_3190


桜町にあるちょっと珍しいロータリー交差点「桜ロータリー」から、山側に坂道がまっすぐに続いています。

この坂道の先には、熊碓神社が建っているんですよね。

Otaru_img_3187

Otaru_20170720_133731

先日、桜町方面に行く機会があったので、この坂道の先の熊碓神社まで行ってきました。

Otaru_20170720_133744

それにしても、このまっすぐな坂道も、なんだか絵になる坂道ですね。

しかも、その行き着く先が神社ですからね(坂の名前とかないのかな)。

Otaru_20170720_134259

坂道を上って行くと、途中で車道のラインがなくなって道幅が狭くなり、次第に周囲が危木々に囲まれていき、なんとも厳かな雰囲気になりますね。

Otaru_img_3192

そして、鳥居があって。

Otaru_20170720_134652

そこからこの急な階段です…

Otaru_20170720_134730

これはかなり大変な階段ですが、これがかえって、より神々しい雰囲気を漂わせていますね。

そして、階段を上って社殿です。

Otaru_20170720_135029

小さな社殿ですが、小高い場所から町を見守ってるんですね。

Otaru_20170720_134815

Otaru_20170720_134826

熊碓神社の由緒については、熊碓神社北海道神社庁のホームページより)によると、文化12年(1815年)創立で、最初は現在の銀鱗荘が建つ斜面中腹に建てられたそうです。

その後移転を繰り返し、大正2年に社名を稲荷神社から熊碓神社へと改称。現在地に移転遷座したのは昭和34年のことだそうです。
※参考サイト:謹賀新年 熊碓神社で初詣 : ときどきの記 by 小樽の出版社“ウィルダネス”

そうそう、現在の桜町一帯は、もともと朝里村大字熊碓村という村だったんですよね。


この時期は、かなり周囲を木々が覆っているのですが、階段の途中から振り返るとこんな風景を見ることができました。

Otaru_20170720_135058

上ってきた坂道がまっすぐに続き、途中の高架は札樽自動車道ですね。

あ〜、晴れていたら、ずっと向こうには青い海が見えたんだろうな〜

Otaru_img_3188

桜ロータリーが見えました。

Otaru_img_3189


平成29年度の熊碓神社の例大祭は、7月1日(土)・2日(日)に開催されました。
私は行ったことがないのですが、上ってきた通り沿いに露店が並ぶんですよね。次回は行ってみたいですね。

(鳥居手前から振り返って見たところ)
Otaru_20170720_134602

ということで、桜町の熊碓神社の様子でした。

※参考サイト:小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)

【関連記事】
放射状に5本の道路が伸びる桜ロータリー


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

手宮のホーマック裏の海上にあるコンクリートの土台のようなものはなに?

手宮のホーマックの駐車場から海を眺めると、岸からすぐ近くの海上に、四角いコンクリートの何かの土台のようなものが2つ顔を出しています。

Otaru_20170504_152101
※写真がちょっと前の2017年5月4日撮影なのでご了承を。

これはいったい何だろうと思っている方も多いと思います。私も思ってました。

ちなみに、これを明治44年に石炭を船に積み出すため海上に作られた手宮高架桟橋の跡と思われている方も多く、そういう記述を目にすることもあるのですが、違うそうです。

といっている私も、詳しくは小樽をディープに案内する書籍「小樽散歩案内」(発行:有限会社ウィルダネス)で知ったんですけどね。

それによると、このコンクリートの土台のようなものは、戦後に作られた石炭積み出し施設(ローダー)の跡だそうで、その施設は昭和50年代終わりに廃止・撤去されて、現在はその台座部分だけが残っているということなんですね。

Otaru_20170504_152139

手宮高架桟橋が海に伸びていた場所はもうちょっと先のようですが、その高架桟橋は昭和19年に廃止されていて、現在はその痕跡はなく、小樽市総合博物館裏手の道路沿いの崖に見られる、高架桟橋に至る線路の路盤を支えたレンガ積みの擁壁のみで、その名残を見ることができます。

ちなみにその擁壁は、「旧手宮鉄道施設」として国の重要文化財に指定されている施設のうちのひとつです。

ということで、今回は手宮の海にあるコンクリートの土台のようなものは、高架桟橋跡ではなくて、石炭積み出し施設の台座だった、という話でした。

Otaru_20170504_152246


※こちらの「写真で辿る小樽〜明治・大正・昭和〜」で、手宮高架桟橋やローダーが写った写真を見ることができます(この書籍は、先ほどの「小樽散歩案内」と同じ方による本なんですよね)。

【関連記事】
重要文化財・旧手宮鉄道施設のひとつ、擁壁(ようへき)がよく見えます
小樽市総合博物館/第5回《重要文化財の旧手宮鉄道施設》
「写真で辿る小樽〜明治・大正・昭和〜」〜小樽好きなら手にしたい、貴重な写真で小樽の歴史を知る本


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

2017年3月で閉校した末広中学校を見に行ってきました

Otaru_20170504_145732


先日、桜を見に手宮公園へ行った際、閉校したばかりの末広中学校の様子を見に行ってきました。

(写真は5月4日撮影)
Otaru_20170504_145736

2017年3月で閉校し、69年の歴史に幕を下ろした末広中学校は、同じくこの3月で69年の歴史に幕を下ろした北山中学と統合して、4月から新たに北陵中学校として、場所は旧手宮西小学校を改修して開校しています。

この日は車でしたが、末広中学校は手宮公園の高台のさらに奥にあるので、登校はなかなか大変だったでしょうね。

Otaru_20170504_145748

まだ閉校したばかりということで、なんだか校舎にはまだ生徒たちがいるような雰囲気でした。

Otaru_20170504_145700

近年、小樽では学校再編が続いていて、母校がなくなるのは寂しいものですよね。

この校舎が、今後どうなるのかは私は知らないのですが、何か再活用されるといいですね。

※参考ニュース:統合新設校 北陵中学校開校 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
この3月末で閉校する小樽市立末広中学校で3月15日に花火が上がりました
ニュースより/北山中と末広中の統合中学校の校名は北陵(ほくりょう)
末広中学校は励ましの坂を上った先


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

入船陸橋の入船通りから南樽駅側の鉄橋下が綺麗になって古い橋脚も出現してます

Otaru_20170429_162119


入船通りを海方面に降りていくと、途中にJRの短い陸橋が見えてきます。

入船陸橋と呼ばれるこの陸橋ですが、その橋脚を見ると、とても歴史を感じさせる古いレンガ造りなんですよね。

(写真は2017年4月29日撮影)
Otaru_20170429_161908

もともとここは入船川が流れていて、川沿いは低地で幅の広い谷になっていたため陸橋がかけられたそうですが、明治13年(1880年)に手宮からの幌内鉄道が開通した当初は、丸太を組み上げた木製だったとのことで、その5年後の明治18年(1885年)に、鉄橋に架け替えられたそうです。

その後、明治38年(1905年)、現在の小樽駅と南小樽駅間の線路が開通した時に山側の橋脚が新設され、明治43年(1910年)には、すでにあった海側の手宮線の鉄橋が複線化のために改築されたとのことです。

※参照:小樽市 :おたる坂まち散歩 第30話 十一坂(後編)小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)

Otaru_20170429_161852

で、現在のこのレンガを積み上げた橋脚は、その当時に造られたもので、なんと100年以上も線路を支えてきたことになるんですね。何気にすごいですね。

そう知ると、なんだかまじまじと見つめてしまいます。

Otaru_20170429_161904

(海側から入船陸橋を見たところ)
Otaru_20170429_160217


ところで、今回の話題は実はここからなんですが(前置きが長い…)、この入船陸橋は、実は入船通りと平行する、もう一本南樽駅側の道路まで続いてるんですよね(あっ、ほとんどの小樽市民は、JR南小樽駅を南樽(なんたる)駅と呼びます)。

Otaru_20170429_161831

橋の長さは90mくらいあるそうですが、以前は、入船通りと南樽駅側の道路の間は、鉄橋の下が何やら倉庫のような資材置き場のようになっていて、ちょっと近寄りがたい雰囲気で、鉄橋下の様子もよく見えなかったんです。

ところが、最近、そこがすっかり綺麗になっているんです。

Otaru_20170429_161751

そのため、これまで隠れていた途中の橋脚も姿を現してます。

Otaru_20170429_161643

これも同じく100年以上前のものでしょうか、やっぱり渋いですね。

Otaru_20170429_161607

工事の看板があったのですが、それによると、倉庫解体撤去工事が平成29年2月15日〜5月31日の期間で行われているようなので、まだ終わってはいないようですね。

Otaru_20170429_161632

この跡に何ができるのかという情報は、まだ未確認で知らないのですが、綺麗に整地されて、う〜ん、やっぱり駐車場なのかな…

で、入船通りと平行する道路まで、陸橋が続いているというわけで、こちらの道路脇のレンガも、なんとも歴史を感じさせてくれます。

Otaru_20170429_161721

Otaru_20170429_161556

Otaru_20170429_161709

ちなみに、ここから先は線路は地上を走って南樽駅に到着するのですが、この南樽駅側のレンガは橋脚ではなくて、このまま地上へと繋がる壁になってます。

Otaru_20170429_161655

Otaru_20170429_161553


ということで、この入船陸橋の風景は、その歴史の割にどちらかというと注目度は低いみたいですが、なんとも歴史を感じさせる興味深いもので、さらに今回の工事で、そのほぼ全体を見ることができました。

【関連記事】
入船陸橋
入船通りから十一坂へ
南小樽駅周辺の踏切のある風景〜相生町踏切〜曙町通り踏切〜開運町踏切〜新地町踏切


《追記 2017.5.18》 
以前の、入船通りと南樽駅側の道路までの鉄橋下の様子です。

Otaru_20150715_180557

こんな感じで雑然としていました。

Otaru_20150715_180640
(以上2点は2015年7月15日撮影)

(こちらは2011年12月14日撮影)
Otaru_dsc02488_2


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 小樽あんかけ焼そば 家庭料理 海の幸 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 朝里地区 祝津・高島地区 銭函地区 長橋地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌