閉店した店・閉館した施設

2017年5月 1日 (月)

南樽市場の人気の惣菜屋「さかた惣菜店」が閉店

Otaru_20170422_145746


南樽市場の山側入り口から入って正面にお店があった、人気の惣菜屋さん「さかた惣菜店」(酒田商店)が閉店してます。

4月中旬のことですが、お店に閉店のお知らせが貼られていて、店主の急逝により閉店となったとのことです。

Otaru_20170429_153840

こちらの惣菜屋さんでは、唐揚げやトンカツなどの揚げ物などを時々買っていて、そういえば、年末の年越しそば用のエビ天もよくここで買ってました。

これまでどうもありがとうございました。

※関連ブログの関連記事
家庭料理ではないですが:南樽市場「さかた惣菜店」のとり足から揚げ: 小樽で家庭料理


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

小樽の市場「鱗友朝市」内の食堂「味さき」が閉店してました

Otaru_20170331_111710


先日、午前中に手宮方面に行く機会があったので、かなり久しぶりに鱗友朝市をのぞいてきました(鱗友朝市の住所は色内町です)。

北運河の端のさらに手宮よりにあるこの鱗友朝市は、その名の通り早朝4時から営業していて、午後2時には終了してしまう小樽の市場です。

で、この鱗友朝市の市場内には、「味さき」と「のんのん」という人気の食堂が2軒あったのですが…、あれ?左側の「味さき」の暖簾がない!?

Otaru_20170331_111648

中に入ってみると、ドアには張り紙が。

Otaru_20170331_111604

どうやら、ここ味さき(鱗友店)は、1月31日をもって閉店してしまったようですね(味さきは祝津に仕出し料理の店もあったようですが、会社として2月20日に閉店すると書かれてます)。

個人的には場所柄、それに時間的にも、鱗友朝市にはほとんど来る機会がなく、食堂では食事もしたことがなかったのですが、観光客にも人気だったようですし、閉店は残念ですね。

のんのんは営業中。
Otaru_20170331_111613


その他の詳しいことは分からないのですが、以上、閉店情報として掲載しておきますね。

【関連記事】
鱗友朝市


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

JR小樽駅にあったJR北海道ツインクルプラザ小樽支店が閉店しました

JR小樽駅構内にあったJR北海道ツインクルプラザ小樽支店が、平成29年3月18日(土)をもって閉店しています。

ツインクルプラザは、JR北海道が運営する旅行センターの愛称で、小樽駅では券売機の横の入り口から入ると、奥にカウンターが続いてたんですよね。

Otaru_20170320_161110

このニュースは、小樽観光案内所スタッフブログの記事「JR北海道ツインクルプラザ小樽支店…閉店のお知らせ」で知ったのですが、その後に駅に行ってみると、カウンターはそのままですが、ガランとしていました。

Otaru_20170320_161032

閉店のお知らせのポスターが貼られてました。

Otaru_20170320_161200

今は、こういう旅行センターのカウンターで、旅行の相談や手配をする人というのは少なくなっているのでしょうね。
旅行といったら、ネットで手配したり、パック旅行で旅行会社に直接申し込んだりすることが多そうですしね。

こういう閉店で気になるのは、閉店後のここのスペースが今後どうなるかなんですが…どうなるのかな。

ちなみに、一番手前のみどりの窓口のカウンターは営業してました。


※以前、新聞で報道があったようで、私は見逃していたのですが、小樽以外でも道内何箇所かのツインクルプラザが同時に閉店になっているようですね(小樽、手稲、新札幌、岩見沢、北見の5店舗。参考:ツインクルプラザ - Wikipedia170117-1.pdf(ツインクルプラザ(JR 旅行センター)5店舗の閉店について - JR北海道)

※参考:JR北海道>>プレスリリース

Otaru_20170320_160911


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年2月 1日 (水)

都通りの老舗のそば屋「石川屋」が1月いっぱいで閉店してしまいました

Otaru_20160626_154017


アーケードの都通りにある老舗のそば屋「石川屋」が、1月31日をもって閉店してしまいました。

2017年2月1日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、閉店についての記事が掲載されていましたが、お店は好調だったものの、3代目店主の高齢による体力的なものが理由とのことです。

庶民的な価格で、小樽市民から古くから愛されたそば屋さんでしたが、実は昨年12月に当ブログのコメントで、時期は分からないものの閉店情報はいただいていたんです。

その後、どうやら1月末まで閉まるようだという情報もSNSで見かけて、2度ほどお店に行ってみたのですが、なんとどちらも閉まっていて、結局行く機会を逃してしまいました。
ちなみに、2度目は先週行ったのですが、臨時の3連休(確か24日〜26日)という運のなさ。せっかく情報をいただいていたのに残念…

Otaru_20161210_210530

新聞記事によると、閉店については、今年初めに店内に掲示しただけということで、閉店情報はお店に行った方々からの口コミで広がったようです。

古いお店なので、知っていれば、行きたかった方も多かったでしょうね。
正確な閉店日の情報が得られず、ブログに掲載することができなかったのも、残念でした。

Otaru_20161210_210545

この石川屋の創業時期についてですが、今回の新聞記事によると、大正6年(1917年)に現店主の祖父が現在地に創業したということで、今年で創業100年を迎えるとのことです。老舗です!

以前、「小樽中心商店街の歴史逸話」という小冊子などで、創業は大正10年と記されているのを目にしたのですが、大正6年(1917年)のようですね。

さらに、小樽で有名な老舗のそば屋「籔半」のサイト「小樽・蕎麦屋・籔半目次」にても、今回の石川屋の閉店について掲載されているのですが、そこで、“1917年(大正6年)電気館通り(現・都通り)に「石川支店」を開業した”と言及されてました。

ということで、とても残念な石川屋の閉店のニュースですが、なんだか、小樽の老舗のそば屋さんも減ってきているようで寂しいですね。

Otaru_20170211_181657


【関連記事】
ちょっと気になったそば屋の閉店情報を2つ/志ん家・かねさく本店
都通りをぷらぷらと《後編》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

寿司屋通り沿いの「大正硝子 たるっこ倶楽部」が閉店していた

寿司屋通り沿いに旧手宮線の散策路へ上る階段があるのですが、そのすぐ横にあった「大正硝子 たるっこ倶楽部」が閉店してました。

Otaru_20161217_131715

先日、前を通ったら、何もなくなっていて、入り口には貼り紙があって、11月20日(日)をもって閉店したようです。

Otaru_20161217_131701

この「大正硝子 たるっこ倶楽部」は、2014年1月にオープンしたばかりで、大正硝子館の自社のアウトレット品販売の他、小樽の水産加工品なんかも販売していたと思うのですが、寿司屋通り沿いといえ、ここはそれほど人通りは多くはないので、場所的にちょっと厳しかったのかな(すいません、詳しい事情は知りません)。

それにしても、ここの建物は以前から何だか気になる建物だったのですが、「大正硝子 たるっこ倶楽部」のオープン時の新聞記事(2014年1月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄)で、“築81年の古民家を改築”と記載されてたんですよね。

だいぶ手は加わっているのでしょうが、古い建物なんですよね。
今後、どうなるのかも気になります。


実は今回、建物全体の写真を撮ってこなかったので、以前撮影した写真を掲載しておきますね。

(2015年3月日撮影)
Otaru_20150228_151519r

(2014年4月14日撮影)
Otaru_20140414142705

Otaru_20140414142736

次の写真は、さらに前の2013年7月27日撮影の写真で、3店舗がくっついて並んでいるうち「大正硝子 たるっこ倶楽部」が入った左端は、以前はクリーニング屋さんの看板が掲げられていました。

Otaru_20130727153329


「大正硝子 たるっこ倶楽部」の閉店は残念ですが、大正硝子館は小樽市内に工芸硝子販売など店舗をいくつも展開して、小樽の硝子業界を盛り上げてますね。
※大正硝子館のサイトはこちら:大正硝子館 | 硝子に託した夢をおくります

【関連記事】
大正硝子館「大正硝子 たるっ こ倶楽部」が入った寿司屋通りの古い建物が気になってます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

10月で閉店する小樽の人気のレストラン「海猫屋」に行ってきました〜レンガ造りが印象的な建物は歴史的建造物の旧磯野支店倉庫

Otaru_20161017_143643


歴史的建造物を活用した、小樽の人気のレストラン「海猫屋」が、10月末で閉店するというニュースが先月に流れてから、あちこちで閉店を惜しむ声が聞こえてきます。

このブログでもそのニュースを取り上げたのですが(→小樽の人気のレストラン「海猫屋」が10月末で閉店〜建物は歴史的建造物の旧磯野支店倉庫)、やはり反響が大きくて、あらためてその人気の高さを感じました。

Otaru_20161017_143540

色内町にある海猫屋は、1976年6月に喫茶店・ライブハウスとしてオープンして以来、今年で40年になるとのことで、昔は前衛舞踏などの舞台が行われていて、個人的にはその頃の印象が強いのですが、1990年に店内を大幅に改装して、現在の素敵なレストランとなってます。

Otaru_20161017_143614

で、実はレストランには行ったことがなかったので、閉店のニュースを聞いて、なんとか食べに行こうと思っていたのですが、17日のお昼にようやくに行くことができました。


閉店前に海猫屋に行くことができた

閉店を前にしてかなり混雑している、というのは聞いていたので、時間を遅めに13:30頃に行ったところ(お昼は14:00頃までとのこと)、少しだけ待って、入ることができました。

Otaru_20161017_143242

Otaru_20161017_143227

2階の大きく長いテーブル席に案内され、とても雰囲気のある店内で、食べたかったパスタをいただきました。

Otaru_20161017_134115

こちらは以前から美味しいと話には聞いていた、ヘラガ二のトマトクリームスパゲティー。

Otaru_20161017_135406

手をベタベタにしながら、ヘラ蟹と格闘しつつ、濃厚な味わいのパスタを堪能しました。
美味しかった〜!

こちらも人気メニューという、魚介スパゲティーをトマト味でいただきました。

Otaru_20161017_135230

ボタン海老にヘラガ二、アサリやイカ、タコにウニも入っていたかな。とにかく盛りだくさんの、かなり贅沢なパスタでした。

この贅沢さなので、どちらも値段もそこそこするのですが、最後ですからね。そして、なんたって美味しいですから。

あ〜、こんなに美味しいなら、もっと何度も食べたかった…、というのは、よくある話です。
他のメニューも食べてみたかったですしね。

小樽にいて、いつでも行けると思っていると、なかなか行く機会がないものなんですよね。

そうこうしているうちに、こういうことになってしまう…
行きたいと思った時に、行っておくべきでした。

Otaru_20161017_134400

Otaru_20161017_143255


海猫屋の歴史ある建物(旧磯野支店倉庫)について

レンガ造りが印象的な海猫屋の建物は、佐渡出身の商人である磯野進氏によって、明治39年(1906年)に建てられた倉庫・旧磯野支店倉庫です。

Otaru_20161017_143643

以前から、歴史的建造物として知られた建物ですが、今年(2016年)、小樽市指定歴史的建造物に指定されたんですよね(まだ指定されてなかったんだ!?という印象でした)。

Otaru_20161017_143702

建物概要について、小樽市のHPから引用させていただきます。

この煉瓦造りの倉庫は、小林多喜二の小説「不在地主」のモデルになった新潟県佐渡出身の商人である磯野進によって建てられ、佐渡の本店で醸造した味噌などを収納していました。壁の構造は煉瓦積みで、屋根は防火を考慮して瓦を使用しています。また、小屋組は木造でキングポストトラス(真束小屋組)という洋風の構造を用いています。地域のシンボル的な建物であり、平成3年に小樽市都市景観賞を受賞しています。
小樽市 :旧磯野支店倉庫

Otaru_20161017_143607

今月末での海猫屋の閉店は決まってしまったことで、とても残念ですが、この貴重な建物の今後についても、気になるところです。

Otaru_20161017_143556


おわりに

ということで、閉店前に海猫屋に行って、美味しいパスタを食べることができましたが、今月末で閉店とは、やっぱり残念です。

Otaru_20161017_143520

先日、掲載しましたが、堺町通りのさかい家も10月23日で閉店してしまい、そしてこの海猫屋と、小樽の歴史的建造物を活用した、小樽ならではの古くからある人気のお店が相次いで閉店するのは、なんとも寂しいですね。

※海猫屋のサイト:小樽・海猫屋 -Otaru UMINEKOYA-
※Facebookページ:海猫屋(小樽)

【関連記事】
小樽の人気のレストラン「海猫屋」が10月末で閉店〜建物は歴史的建造物の旧磯野支店倉庫
堺町通りの喫茶「さかい家」は10月23日をもって閉店〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧久保商店


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

堺町通りの喫茶「さかい家」は10月23日をもって閉店〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧久保商店

観光客で賑わう堺町通りにある、歴史的建造物を活用したとても趣があって人気の喫茶店「さかい家」が、10月で閉店するというニュースがあったのが、今年の4月でした。

Otaru_20161017_153040

※このブログでの記事はこちら:堺町通りの喫茶「さかい家」が10月に閉店のニュース

そして、もう10月になってしまったのですが、さかい家は10月23日をもって閉店するとのことです。

Otaru_20161017_145046

さかい家が開店したのが昭和60年(1985年)とのことで、今年で31年ですか。
きっとファンも多いでしょうし、閉店は何とも残念ですね。

実は私はお店に入ったことがなかったのですが、閉店前に行くことができました。

Otaru_20161017_153011

Otaru_20161017_151221

Otaru_20161017_145349

なんとも雰囲気ある店内はレトロ感いっぱい。

Otaru_20161017_150622

Otaru_20161017_151828

(注文した冷たい抹茶ミルク)
Otaru_20161017_150036

Otaru_20161017_150056

(コーヒーはおかわり付き)
Otaru_20161017_151105

歴史を感じさせる落ち着いた店内には、観光客や常連さんと思われるお客さんでほぼいっぱいでしたよ。

Otaru_20161017_151954

小樽市民でいつでも行けると思っていたら、閉店となってしまい、慌てて行ってみたらとても素敵な喫茶店で、あ〜、もっと早くに、そしてもっと何度も行けばよかったと思うのは、全くよくある話です…

Otaru_20161017_152940

このとても風情のある和風建築の建物は、明治40年(1907年)建築の小樽市指定歴史的建造物でもある旧久保商店の建物です。平成4年には、小樽市都市景観賞も受賞しています。

Otaru_20161017_153034

Otaru_20161017_153142

Otaru_20161017_153204

現在の堺町通りには、歴史的建造物を活用した店舗がたくさんありますが、さかい家はそのような歴史的建造物再活用の草分け的な存在だったようです。

Otaru_20161017_153118

4月のニュースによると、経営者でもある姉妹のお2人が、体力的に厳しくなってきたということで、閉店を決めたそうですが、お店を継ぐ後継者を捜しているというようなことも書いてありました。

Otaru_20161017_153058

この趣を受け継いでくれる、いい後継者が見つかるといいですね。

【関連記事】
堺町通りの喫茶「さかい家」が10月に閉店のニュース〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧久保商店


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

長崎屋小樽店地下1階の喫茶「るふらん」が4月に閉店してました

Otaru_20160713_144722


私は入ったことがなかったのですが、喫茶店の閉店情報です。

小樽駅前の長崎屋小樽店地下1階に入っていた、喫茶「るふらん」が閉店しています。

知り合いから教えてもらったので見に行ってみると、貼り紙があって、健康上の理由で4月30日をもって閉店していたようです。

Otaru_20160713_144715

って、あれ?4月30日?
そんなに前から閉まってたんですね。すいません、知りませんでした。

Otaru_20160713_144705

Otaru_20160713_144740

Otaru_20160713_144744

長崎屋地下1階の食品売り場と反対側の通路にあった、落ち着いた雰囲気の喫茶店でしたが、貼り紙を見ると“開店以来30年間”と記載されているので、昔から利用していた方も多かったのではないでしょうか。

Otaru_20160713_144414


個人ブログでは、このような閉店情報を全て取り上げていくのは難しいですが、教えてもらった情報は、できるだけ、こうやって小樽にあったお店としてブログに残しておきたいと思ってます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

あれ?長崎屋1階のカレー専門店とコロッケなどのポテト専門店がなくなってた

先日、小樽駅前に建つ長崎屋に、静屋通り側の入口から入ったのですが…

Otaru_20160703_155224

あれ?入ってすぐにあった、長崎屋1階のカレー屋とコロッケ屋がなくなってる!?

もう店舗跡も何もなく、広い空間になってました。いつの間に…

ここには、カレー専門店の「curry’s kitchen」(カリーズキッチン)と、その横には、コロッケを等を扱うポテト専門店の「ポテコレ」(ポテトコレクション )っていう、テイクアウト専門のお店が入ってたんですよね。

(2015年12月5日撮影)
Otaru_20151205_123902r

さらに言うなら、「ポテコレ」の前は、いなり寿司・バッテラの「みなと庵」というお店だったんですよね。

「curry’s kitchen」とその「みなと庵」が同時オープンしたのが、昨年(2015年)5月1日だったのですが…

(オープン直前の様子。2015年4月29日撮影)
Otaru_20150429_155626

ちなみに、これらのお店を運営していたのは、小樽なると屋を始め、小樽で広く事業展開している株式会社FOOD COLLECTという会社ですね。
※サイトはこちら:FOOD COLLECT

この場所に、次にどのようなお店が入るのかは知らないのですが、ガランとした空きスペースは、何とも寂しいので、早くいいお店が入るといいですね。

【関連記事】
あれ?長崎屋1階にポテコレってポテト専門店が入ってる
※関連ブログの記事です。
長崎屋小樽店1階の飲食店ゾーンがさらに充実〜カレー店といなり寿司・バッテラのお店がオープン | ローカルブロガーのメモ帳


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月24日 (金)

小樽の老舗の本屋さん「工藤書店」が6月末で閉店

花園銀座商店街にある、小樽の老舗の本屋さん「工藤書店」が、6月末で閉店してしまうそうです。

Otaru_20160621_150015

店頭に閉店の案内が貼られてます。

Otaru_20160621_145901

工藤書店といえば、明治36年(1903年)創業という、小樽のとんでもなく老舗の書店なんですよね。

小樽市HP内に、広報おたる連載「おたる文学散歩」 のHTML版が掲載されていて、その中に次のような記事あります。

また明治36年、小学校の校長を退職した工藤道忠(くどうみちただ)氏が住吉町で工藤書店を開業。その後、山田町から花園町へ移転し、古本やレコードも扱いました。二階は文学青年たちのたまり場にもなっていたそうです。工藤書店の名は、伊藤整の自伝的小説「若い詩人の肖像」の中にも名が出てきます。
小樽市 :おたる文学散歩 第18話 小樽のまちの本屋さん 

ということで、本当に歴史のある本屋さんですね。

子供のころには、工藤書店でよく漫画を買った記憶があるのですが…、そもそも最近は、本を買うということ自体がめっきり減ってしまいました。
街にたくさんあった書店も、ほとんどなくなってしまいましたね。

Otaru_20160621_145924

ちなみに、工藤書店の入っているなかなか印象的なこの建物は、平成21年(2009年)に廃業した銭湯「だるま湯」が入っていた建物でもあって、建物中央が銭湯の入口で、今も表示が残ってます。

この建物は昭和初期の建築だそうで(参考:「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス)、だるま湯は昭和6年(1931年)創業とのことなので、工藤書店もその頃から入っているということでしょうかね。

※工藤書店について、ネットで検索していたら、北海道書店ナビ | 工藤書店というサイトで紹介されていて、書棚は木製で昭和8年からのものという記載がありました。

Otaru_20160621_145949

ところで、この工藤書店の並びの建物の2階は、先日閉店したばかりの北京大衆料理「五香」で、1階のシャッターが閉まっているのは、2012年3月に閉店した、主に花火製造を中心にしていた老舗「佐々木銃砲店」(明治19年開業)です。

小樽でも馴染みがある老舗のお店が、次々と店をたたんでいくのは、何とも寂しいものです。

※参考サイト
北海道書店ナビ | 工藤書店

【関連記事】
気になる建物/花園銀座商店街の「旧だるま湯」の建物
花園銀座商店街の廃業した銭湯「だるま湯」の建物内を見学されてもらいました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌