閉店した店・閉館した施設

2021年12月 4日 (土)

惜しまれつつ閉店した信香町の銭湯・小町湯(2021年10月24日をもって閉店)

Otaru_20190605-145420

2021年10月24日をもって、惜しまれつつ閉店した信香町の銭湯・小町湯

施設の老朽化が進み、営業継続が困難となったとのことで、その閉店については反響も大きく、このブログでも取り上げました(→現存する道内最古の銭湯とも言われる「小町湯」が10月24日(日)をもって閉店)。

レンガ造りの煙突など、建物自体も印象的な小町湯は、現存する銭湯では小樽はもちろん、道内最古とも言われていたので、その歴史的価値としてもとても貴重で、そういった点でも閉店を惜しむ声が大きかったです。

(写真は過去の営業中のものです)
Otaru_20190221-141627

その歴史ついては記述がいくつかあって、明治15年(1882年)には、すでに銭湯として開業していたようで、現在の経営者の家族が譲り受けたのが明治33年、という記述もあります。

Otaru_20190221-141721

かつて昭和の頃には、小樽の銭湯は50件以上あったそうで、多い時はなんと70軒ほどもあったという記述も目にします。

そんな銭湯の街でもあった小樽から、また一つ銭湯の火が消えるというは、とても寂しい話題でありましたが、加えて小町湯に関しては、小樽の街に残る歴史・文化の喪失といっても決して大袈裟でない側面があるのも事実ですね。

Otaru_20190221-142200

実は閉店前に私も入りに行くことができて、許可をもらって少しだけ脱衣所の写真を撮らせていただいたので、ここでその写真を掲載しますね。

Otaru_20211021-193244

Otaru_20211021-193249

Otaru_20211021-193246-3

Otaru_20211021-193256

Otaru_20211021-193327t

Otaru_20211021-193302

Otaru_20211021-193308

Otaru_20211021-193310

Otaru_20211021-193557

Otaru_20211021-193556t

Otaru_20211021-193600t

Otaru_20211021-193634

私は普段は銭湯にはほとんど行かなく、小町湯も行ったことがなくて、残念ながらこれが最初で最後でしたが、そのいいお湯に、あ〜なんでもっと早く来なかったんだろうと後悔です。

Otaru_20211019-142757

Otaru_20211019-142742_20211204231301

Otaru_20211021-191138t

小樽の銭湯は、近年も毎年のように閉店が続いていて、現在は残り5軒となってしまってます。5軒は、朝日湯(緑2丁目)・柳川湯(穂3丁目)・中央湯(奥沢3丁目)・神仏湯温泉(住ノ江1丁目)・大正湯温泉(花園4丁目)です。

銭湯を応援するには、やっぱり銭湯を利用するのが一番ですよね。

“そのうちに”、と言っていると、今回のことにようになりがちです。今後は機会を作って、銭湯を利用するようにしたいです。

※小樽市内の銭湯については、北海道公衆浴場業生活衛生同業組合のサイトで確認することができます(こちらから:銭湯検索 | 北海道公衆浴場業生活衛生同業組合)。

Otaru_20190605-145817

Otaru_20190605-145821

※北海道公衆浴場業生活衛生同業組合のサイトは、2021年9月5日よりリニューアルしてます:道浴ホームページ、リニューアルします! | 北海道公衆浴場業生活衛生同業組合

※参考
朝日新聞デジタル:■湯めぐり編 小町湯温泉 - 北海道 - 地域
小樽に広がる銭湯文化 - 関西学院大学 現代民俗学 島村恭則研究室

Otaru_20211021-194446_20211204231301

【関連記事】
現存する道内最古の銭湯とも言われる「小町湯」が10月24日(日)をもって閉店
気になる建物/レンガ造りの煙突が目に止まる銭湯「小町湯」の建物と三〼(さんます)河本そば屋の話

※閉店した銭湯の関連記事。
錦町の銭湯「玉の湯」が閉店してます
えっ!?入船町の銭湯「南湯温泉」って廃業したの!?
9月末で閉店した銭湯「京の湯」の建物はすでに解体されてました
入船町の銭湯「京の湯」が9月末をめどに閉店・廃業【情報提供】
錦町の銭湯「富士の湯温泉」が閉まっているというので見に行ってきました
廃業している入船町の銭湯・三富湯の建物
小樽の銭湯「潮ノ湯」が平成27年3月16日をもって廃業
閉店していた銭湯「瀧の湯温泉」の建物が解体されていました
銭湯「瀧の湯温泉」が閉店
花園銀座商店街の廃業した銭湯「だるま湯」の建物内を見学されてもらいました
石山町にあった銭湯・旧「日の出湯」の建物が解体されてます
「日の出湯」の建物が変わらず趣があって目に止まります
再び相生町の踏切にて、銭湯の旧山田湯を確認

| | コメント (0)

2021年10月22日 (金)

現存する道内最古の銭湯とも言われる「小町湯」が10月24日(日)をもって閉店

Otaru_20211019-142727

とても衝撃的で、残念なニュースがありました。

信香町にある銭湯の小町湯が、2021年10月24日(日)をもって閉店するとのことです。

施設の老朽化が進み、営業継続が困難となったとのことです。

(閉店を知らせる張り紙)
Otaru_20211021-191138

定休日の関係で、このブログ記事を書いている時点で、残りの営業は残すところ、土日のみとなっています。営業時間は11:00〜21:00です。

Otaru_20211019-142742

Otaru_20211019-142821

レンガ造りの煙突や建物自体も印象的な小町湯ですが、その歴史ついては記述がいくつかあって、明治15年(1882年)には、すでに銭湯として開業していたようで(現在の経営者の家族が譲り受けたのが明治33年、という記述もありました)、現存する銭湯では小樽はもちろん、道内最古とも言われています。

Otaru_20211019-142720
(正式には小町湯温泉というのかな)

その小町湯の閉店ということで、この話題を真っ先に大きく取り上げたのが、小樽市総合博物館のSNSアカウントだったのですが、“衝撃的な情報”という表現で小町湯の閉店についてを伝えていて、このことでも、ことの重大性がうかがわれます。

かつては銭湯がたくさんあった小樽は、近年、閉店が続いていて、また一つ、銭湯の火が消えるという、とても寂しい話題でありますが、小町湯に関しては、それに加えて、小樽の街に残る歴史・文化の喪失といっても決して大袈裟でない側面があるのも事実ですね。

Otaru_20211019-142835

小町湯の閉店により、小樽の銭湯は残り5軒となってしまいました。
朝日湯(緑2丁目)
柳川湯(穂3丁目)
中央湯(奥沢3丁目)
神仏湯温泉(住ノ江1丁目)
大正湯温泉(花園4丁目)
※参照:北海道公衆浴場業生活衛生同業組合 ≫ 銭湯検索 ≫ 地域で探す ≫ 小樽市

銭湯を応援するには、やっぱり銭湯を利用するのが一番ですよね。なかなか行く機会がないのですが、そうとは言わずに、今後は銭湯を利用するようにしようかな。

Otaru_20211019-142748

Otaru_20211021-194448

Otaru_20211021-194446

※以下は小樽市総合博物館のFacebookページより。

※参考:朝日新聞デジタル:■湯めぐり編 小町湯温泉 - 北海道 - 地域

【関連記事】
気になる建物/レンガ造りの煙突が目に止まる銭湯「小町湯」の建物と三〼(さんます)河本そば屋の話

※閉店した銭湯の関連記事。
錦町の銭湯「玉の湯」が閉店してます
えっ!?入船町の銭湯「南湯温泉」って廃業したの!?
9月末で閉店した銭湯「京の湯」の建物はすでに解体されてました
入船町の銭湯「京の湯」が9月末をめどに閉店・廃業【情報提供】
錦町の銭湯「富士の湯温泉」が閉まっているというので見に行ってきました
廃業している入船町の銭湯・三富湯の建物
小樽の銭湯「潮ノ湯」が平成27年3月16日をもって廃業
閉店していた銭湯「瀧の湯温泉」の建物が解体されていました
銭湯「瀧の湯温泉」が閉店
花園銀座商店街の廃業した銭湯「だるま湯」の建物内を見学されてもらいました
石山町にあった銭湯・旧「日の出湯」の建物が解体されてます
「日の出湯」の建物が変わらず趣があって目に止まります
再び相生町の踏切にて、銭湯の旧山田湯を確認

| | コメント (6)

2021年9月17日 (金)

ヴィクトリアステーション小樽住吉店が2021年8月29日(日)をもって閉店してます

Otaru_20210915-152327

メルヘン交差点の少し先にあった「ヴィクトリアステーション小樽住吉店」が、2021年8月29日(日)をもって閉店してます。

Otaru_20210915-152553

Otaru_20210915-152603

気づかなかったのですが、もうすっかり看板も外されていて、何やら敷地に重機も入ってますね(2021年9月15日撮影)。

Otaru_20210915-152456

ハンバーグやステーキでお馴染みの、北海道で展開しているレストラン「ヴィクトリアステーション」ですが、小樽では他に小樽稲穂店があります。
ヴィクトリアステーションメニュー | ビッグボーイジャパン

この場所は、今後どうなるのな?

Otaru_20210915-152224

| | コメント (0)

2021年9月16日 (木)

緑第一大通り沿いの野澤青果店が閉店しています【情報提供】

Otaru_20210915-144143

読者さんから情報をいただいたのですが、緑町のバス通りの緑第一大通り沿いにある、野澤青果店丸天野澤商店)が閉店しています。

お店の場所は緑第一大通り沿いの緑歩道橋のすぐ近くです。

Otaru_20210915-144053

お店に張り紙があって、2021年8月31日をもって廃業となったようです。

Otaru_20210915-144115

お店の詳細は分からないのですが、古くからの街の身近な青果店だったのでしょうね。

こういうお店が閉まっていくのは、やはり寂しいですね。

Otaru_20210915-144058

かつて、この緑第一大通り沿いには商店などがびっしりと軒を連ねていたそうですが、今はだいぶ寂しくなってしまっています。

※こちらは営業してた頃の野澤青果店の様子です。
(この写真は2018年8月撮影)
Otaru_20180824-144638

(こちらは2019年10月撮影)
Otaru_20191018-120332

Otaru_20191018-120320

Otaru_20191018-120726

Otaru_20191025-151114

※情報提供、ありがとうございました。

※参考:新ねっとわーく小樽2015年12月号(No.17)(有限会社ウィルダネス/どうしん小樽販売所会)

| | コメント (2)

2021年7月11日 (日)

あれ?奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」って閉店したの!?

Otaru_20210704-133603

あれ?奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」って閉店したの!?

こちら小樽も暑くなってきて、アイスクリームとかソフトクリームとかが食べたくなる季節になってきてるのですが、全然お店の話題を聞くことがなくて、気になって様子を見に行ってきたのですが…

看板やのぼり類は何もないですね。

Otaru_20210704-133541

あっ、そして入り口には、閉店のお知らせの張り紙が…

Otaru_20210704-133625

やっぱり閉店したようですね。

奥沢の勝納川沿いのここは旧北の誉の建物で、現在は小樽のアイスクリーム製造会社のさくら食品が入っていて、旧北の誉の酒泉館の1階に、アイスクリーム専門店「北からの贈り物」が昨年(2020年)4月10日にオープンしたんですよね。

で、結構あちこちのメディアにも取り上げられ、すぐに行列もできる人気店になっていたんですが…

建物正面にあった「北からの贈り物」の看板も「さくら食品」に変わってます。

Otaru_20210704-133603t

さくら食品のサイトを見ると、お知らせに“1階のアイスクリームショップを閉店しました。”と書かれています。

そのお知らせの日時が2020年10月25日になっているのですが、あれ?この日付って、昨年にお店が冬期休業に入る前日の営業最終日の日付ですね。ということは、そのまま閉店したということ?

ちなみに、先ほどの張り紙にもありましたが、ここは「北からの贈り物 小樽店」ということで、実は北からの贈り物の店舗は札幌や旭川などの小樽市外にもあるようですね(※参照:Kita karano okurimono SHOP)。

さくら食品のサイトには、そういう情報は掲載されていないので、そちらはもう別扱いなの?う〜ん、どうなってるのか、こういうのって、状況は一般市民にはよく分かりませんね。

すいません、結局、詳細は分からず、ただ、未確認情報をここであれこれ書くと誤解を招くので、推測はここまでにして、とにかく北からの贈り物は閉店してしまったということを、書き留めておこうと思います。

美味しかったので残念です。

さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム
さくら食品株式会社 | Facebook

【関連記事】
奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」でクッキーミルクと超いちごを食べてきた
奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)
ニュースより/旧北の誉の施設がアイスクリーム製造のさくら食品の工場に!!
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

| | コメント (0)

2021年6月30日 (水)

庶民の中華料理屋「大丸ラーメン」が閉店

Otaru_20210629-145536

花園銀座商店街の庶民に人気の老舗の中華料理屋「大丸ラーメン」が閉店したとのことです。

実は、数日前からツイッターでも情報が投稿されていたのですが、正式にFacebookページにお知らせが出ました。

店主が亡くなられたということで、昭和24年(1949年)の開業以来、創業72年の歴史に幕を下ろすことになったようです。

小樽のご当地グルメとしてすっかり定着したあんかけ焼そばも、ここ大丸ラーメンは大人気でしたね。

(写真は2021年6月29日撮影)
Otaru_20210629-145603

Otaru_20210629-145613

Otaru_20210629-145545

昔ながらのお店なので、常連さんも多かったでしょうし、ここの味に思い出のある方も多いのではないでしょうか。

これまで、本当にどうもありがとうございました。

※こちらがFacebookページの投稿です。

Otaru_20210629-145628

(その後、店頭に貼られた閉店のお知らせ。2021年9月30日追記)Otaru_20210831-163638

【関連記事】
庶民の中華料理屋「大丸ラーメン」であんかけ焼そばを食べてきた
臨時休業中だった中華食堂「大丸ラーメン」が営業再開〜営業時間は当面11時〜17時までとのこと
人気の庶民の中華料理屋「大丸ラーメン」が臨時休業中です。7月末までの予定

| | コメント (7)

2021年6月25日 (金)

あれ!?「北のアイスクリーム屋さん」は閉店してるの!?〜建物は小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫

Otaru_20210615-151234r

あれ!?北のアイスクリーム屋さんって、閉店してるの!?

すっかり看板も何もなくなってます。

(写真は2021年6月15日撮影)
Otaru_20210615-151248r

ツイッターなどでも見かけましたが、どうやら閉店したようですね(すいません、いつからなのが、どういった事情なのかなど、詳細は未確認です)。

変わり種アイスが色々とあることでも知られてましたが、私は結局食べずじまいでした…

場所は小樽運河沿いの臨港線の1本山側の細い道路沿いで、臨港線沿いの中国料理レストラン「好(ハオ)」(小樽市指定歴史的建造物の旧通信電設浜ビル)の裏手になります。

Otaru_20210615-151222r

ところで、この北のアイスクリーム屋さんの入っていた建物は、小さな石造倉庫ですが、ここも小樽市指定歴史的建造物で、明治25年(1892年)建築の旧嶋谷倉庫の建物なんですよね。

Otaru_20210615-151314r

Otaru_20210615-151332r

ということで、残念ながら、北のアイスクリーム屋さんは閉店してしまったようです。

そして、小樽市指定歴史的建造物の旧嶋谷倉庫の今後も気になるところです。

※旧嶋谷倉庫の「シマ」の字は以前は“島”でしたが、“嶋”に変わってます。このことについて市の建設部新幹線・まちづくり推進室にお尋ねしたところ、表記に疑義が生じて調査したそうで、両方の表記が存在しているものの、もとの会社「嶋谷汽船」の「嶋谷海運業史」の表記が「嶋」で一貫しているため、昨年(令和2年)より「嶋」の字を採用したそうです。

小樽市指定歴史的建造物第42号【旧嶋谷倉庫】 | 小樽市

Otaru_20210615-151256r

※今回、旧嶋谷倉庫の建物名表記について、建設部 新幹線・まちづくり推進室にて確認させていただきました。また、北のアイスクリーム屋さん閉店の件も確認させていただきました。この場を借りてお礼させていただきます。どうもありがとうございました。

【関連記事】
こじんまりとした石造倉庫「旧島谷倉庫(現 北のアイスクリーム屋さん)」は歴史的建造物

| | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

手宮新市場が2021年4月30日をもって閉店しています

Otaru_20210527-160212

手宮新市場が2021年4月30日をもって閉店しています。

※手宮市場ではなくて“手宮新市場”です。

2018年3月いっぱいで閉店した手宮市場のすぐ隣にあった、小さな市場が手宮新市場です。入り口はかつての手宮市場の建物の裏側にありました。

Otaru_20210527-160213

Otaru_20210527-160349

ツイッターで閉店の投稿を目にして、実際に店舗前まで行ってみると、張り紙が貼ってありました。

Otaru_20210527-160231

すいません。手宮新市場については、詳しくは知らなくて、行ったこともなかったんですよね。

Otaru_20210527-160330

小樽市場連合会のマップなどにも入ってなくて、詳細も分かりませんでしたが、もちろん、常連さんもいたでしょうから、閉店は残念ですね。

【関連記事】
そういえば、2018年3月で閉店した手宮市場は、その後ホテルとして生まれ変わるというニュースがあったのですが、どうなったんでしょうかね…
小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場は2018年3月31日(土)をもって閉店。最後の大売出し中!!【追記あり】
小樽で最も古い歴史をもつ市場「手宮市場」

| | コメント (0)

2021年4月18日 (日)

あれ?長崎屋裏のハンバーグとステーキの「OTARU GRILL」が閉店してますね〜移転先を探しているようで系列店で間借り営業中

Otaru_20210415-154222

いつからかは分からないのですが、長崎屋裏の通り沿いにあった「STEAK & SEAFOOD OTARU GRILL」(小樽カルビ)の店舗が閉店してますね。

もう看板もありません(2021年4月15日撮影)。
Otaru_20210415-154149

Otaru_20210415-154158

ここ「OTARU GRILL」は、市内の和牛を取り扱う専門店「和牛黒澤」と同系列店で、姉妹店扱いなんですね。

どうやら「OTARU GRILL」は新しく移転先を探しているようで、「OTARU GRILL」のサイトに以下の案内が掲載されていました(2021年4月時点での案内ですが、そのうち変更か削除になると思いますのでご了承を)。

「OTARU GRILL」は新店舗移転のため、しばらくの間、姉妹店の「和牛黒澤 小樽本店」と「和牛黒澤 小樽駅前店」で間借り営業いたします。姉妹店ではいつもと変わらないハンバーグとステーキをお楽しみいただけます(小樽駅前店の盛り付けは若干異なります)。新店舗が見つかりましたら改めてお知らせいたします。引き続きよろしくお願いいたします。
STEAK & HAMBURG OTARU GRILL – Just another WordPress site

ということで、現在は姉妹店の「和牛黒澤小樽本店」と「和牛黒澤小樽駅前店」で間借り営業ということで、各店でハンバーグとステーキを注文できるようです。

(和牛黒澤小樽駅前店)
Otaru_20210415-155113

そういえば先日、小樽駅前店の立て看板を見たら、メニューの中に「OTARU GRILL」のメニューも掲載されていました。

Otaru_20210410-134355

どのような経緯で、長崎屋裏の店舗を閉めたのかは分かりませんが、いずれにしてもこちらは空き店舗となったわけですね。

Otaru_20210415-154222

ちなみに、この長崎屋裏の店舗ですが、以前は惣菜食堂で、その後に豚丼屋になって、そして、2018年6月1日にまず「ステーキ&ハイボール OTARU KARUBI」(小樽カルビ)としてオープンしてるんですよね(あっ、その直前に「炭火焼肉弁当 小樽カルビ」のポスターが貼ってたのですが…)。

Otaru_20180615-154102

(オープン時のポスター)
Otaru_20180617-100504

で、その後いつからか店名は「STEAK & SEAFOOD OTARU GRILL」となっていて、ステーキとハンバーグのお店ですが、シーフードもあったようですね。

Otaru_20201219-121914

実は私も一度だけですが、食べに行って、ステーキとハンバーグを美味しくいただきました。

Otaru_20201219-115952

Otaru_20201219-115703

Otaru_20201219-121908

ということで、長崎屋裏の「OTARU GRILL」は閉店して新店舗を探しているようなので、いいところが見つかるといいですね。

そして、空き店舗となった長崎屋裏の建物ですが、今後どうなるのかも気になるところです。

STEAK & HAMBURG OTARU GRILL

※長崎屋裏の店舗の建物はここ。

【関連記事】
あれ?都通りのマハロがなくなってる!?と思ったら、数日後に和牛黒澤の看板が!!
長崎屋裏の豚丼店跡に新しく「炭火焼肉弁当 小樽カルビ」がオープン予定【情報提供】
長崎屋裏の豚丼などの豚料理専門「晴れ時々、豚」が閉店してます【情報提供】

| | コメント (0)

2021年4月17日 (土)

ニュースより/天ぷら専門店「てんぷら脇坂」(本店・小樽出抜小路店)は2021年2月で閉店してます

Otaru_20210415-142250

寿司屋通り沿いと、運河近くの飲食店が集まる小樽出抜小路に、それぞれお店のあった天ぷら専門店「てんぷら脇坂」は2021年2月をもって閉店してます。

このことに関して、同店を経営する「合同会社脇坂」が、3月23日付で札幌地裁小樽支部から破産開始決定を受けたというニュースが、2021年4月15日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

やはり、新型コロナウイルス感染拡大による観光客減で、業績が悪化したためとのことです。

ニュースによりますと、同社の操業は2010年で、小樽出抜小路の「てんぷら石水」の経営を継承して、2014年に店名を「てんぷら脇坂」としてます。

(2018年9月撮影。こちらが小樽出抜小路店となります)
Otaru_20180921-135348

Otaru_20180910-155044

2018年8月10日に、寿司屋通りを下っていった途中右手(政寿司の下の信号も過ぎたところ)に、「てんぷら脇坂本店」(住所は山田町)を開業して2店舗体制として、一時は行列ができるほどの人気店になっていたんですよね。

(2018年8月撮影。本店)
Otaru_20180812-173149

現在は、2月で閉店した2店舗ともに、もう看板などはありません。

(本店だった店舗跡)
Otaru_20210415-142250

う〜ん、まだまだ先が見えず、厳しい状況が続きますね。

※4月17日現在、サイトはまだ閲覧できていて、閉店のお知らせが掲載されていました。
てんぷら脇坂 公式ホームページ - tempurawakisaka ページ!

小樽出抜小路 - 飲食店を中心に約20もの店舗が集まった小樽運河の目の前にあるテーマパーク

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽