閉店した店・閉館した施設

2022年12月14日 (水)

小樽なると屋塩谷テイクアウト店が2022年11月30日をもって閉店しています

小樽なると屋塩谷テイクアウト店が、2022年11月30日(水)をもって閉店しています。

閉店店舗のお知らせ(小樽なると屋)

閉店したのは知らなかったのですが、たまたま他のお店の閉店情報を調べていたら、目に止まり知ることができました。

閉店後の店舗には行ってないので、お知らせなどは写真に撮ることができてません。写真は昨年の営業中のものです。

(2021年4月撮影)
Otaru_20210422-122535r

Otaru_20210422-122525r

Otaru_20210422-122458r

塩谷の国道5号線沿いの以前は北海信用金庫塩谷代理店のあった建物に2021年3月6日オープンした、若鶏半身揚げでおなじみのなると屋の塩谷テイクアウト店でしたが、なかなか厳しかったのでしょうかね。

小樽なると屋

 

【関連記事】
塩谷の国道5号線沿いに若鶏半身揚げでおなじみの「なると屋 塩谷テイクアウト店」ができてますね(3月6日オープン)

| | コメント (0)

2022年12月12日 (月)

臨港線沿いの「すしざんまい小樽店」が2022年12月4日の営業をもって閉店【情報提供】

Otaru_20221211-143844

臨港線沿いの「すしざんまい小樽店」が、2022年12月4日(日)の営業をもって閉店となっています。

いや〜、知りませんでした。読者さんから情報をいただきました。

お店のサイトにお知らせが出ているほか、お店に行ってみると、店頭には閉店をお知らせする張り紙がありました。

Otaru_20221211-144019

Otaru_20221211-144004

Otaru_20221211-144030

実は、最近、ちょっと機会があってすしざんまい小樽店に行ったんです。その時にも、閉店するなんて、全然知りませんでした(お知らせとかもなかったと思うのですが…)。

(営業中の店舗)
Otaru_20221112-135007

Otaru_20221112-134959

Otaru_20210415-141401

オープンは2010年6月とのことで、12年間営業されていたんですね。

お寿司が人気の小樽は、地元のお寿司屋さんがたくさんありますが、そんな中でもすしざんまいは、マグロを中心に、道外でお馴染みの寿司ネタ(北海道で獲れないネタ)なんかも気軽に食べられてと、なかなか人気があったと思うのですが…。はっきりとした原因は分かりませんが、やはり色々と厳しかったのでしょうか。

閉店のニュースは、やはり寂しいですね。

※情報提供をありがとうございました。

すしざんまい | 店舗(小樽店)
東京の寿司 マグロが自慢【すしざんまい】つきじ喜代村

| | コメント (0)

2022年11月30日 (水)

小樽港縦貫線沿いのコンテナハウスの「和風す~ぷかれー しらかば」が閉店してます【情報提供】〜なると軒の周辺の様子も

Otaru_20221126-154118

小樽港縦貫線沿いに、若鶏半身揚げでお馴染みの“なると”による中華食堂「なると軒」があるのですが(2021年6月2日オープン)、その敷地内は、コンテナを活用した飲食店舗が並んでいる、ちょっと面白いスポットになっているんですよね。

で、ちょっと残念な話ですが、その中のコンテナハウスのスープカレー店「和風す~ぷかれー しらかば」が、2022年9月26日をもって閉店しています。

この情報は、読者さんからいただきました。ありがとうございました。

Otaru_20221126-154122

しらかばは確か、なると軒ができた後、すぐにオープンしていたんですよね(2021年7月27日オープンでした)。

Otaru_20221126-154134
(あっ、私が写っている…)

私は食べる機会がなかったのですが、それでもやはり閉店は残念ですね。

ちなみに、ここなると軒のある敷地内には、ほかにもずらりとコンテナが並んでいて、現在はダルオベーカリーの「カレーパン屋さん」の他、期間限定出張らーめん店「らーめん道中記」という店舗名で、2週間毎にラーメン屋が入れ替わるコンテナ店舗があります。

Otaru_20221126-154005

Otaru_20221126-154110

(黄色のコンテナがカレーパン屋さんで、隣の白いコンテナがらーめん道中記)
Otaru_20221126-154148

(空きコンテナもありますね)
Otaru_20221126-154047

この「らーめん道中記」につていては、その都度新聞折込広告が入っているのですが、先日も11月29日(火)からの第21弾から第24弾までの4回分の出店店舗が掲載された広告が入ってました。

Otaru_20221129-134750

なかなか食べる機会のない、札幌方面のラーメン屋が多く出店しているので、ラーメン好きの方には嬉しいかもしれませんね。

ちょっと見つけられなかったのですが、なんというお店がどの日程て出店するのか分かるサイトがあるといいですね(あるのかな?)。

(こちらは広告のもう一方の面)
Otaru_20221129-134801

その他、現在は千歳の炭火焼鳥「夢元」のキッチンカーが11月15日〜12月15日の期間で出店中。
Otaru_20221126-154206

また、なると軒の横の建物では、新しく「OTARU BASE(オタルベース)」という、ドライブやツーリングの際に気軽に立ち寄ってもらうようなハンバーガーなどの食べ物、飲み物、オリジナルグッズのお店が近日中にオープンするそうです(チラシより)。

Otaru_20221126-153937

Otaru_20221126-153954

ここは、小樽港縦貫線沿いで、広い駐車場を完備しているので、車が来やすいですね(この飲食店スポットには、名前がついているのかな?)。

(写真正面奥が、閉店したしらかば)
Otaru_20221126-154219

ということで、「和風す~ぷかれー しらかば」は閉店してしまいましたが、なんだかまだまだちょっと面白くて、美味しそうなお店が並んでいる、なると軒の周辺の様子でした。

(こちらがなると軒)
Otaru_20221126-154036

(トイレもコンテナ)
Otaru_20221126-154101

※情報提供をありがとうございました。

(株)FBC Holdings
小樽ベイパーク1(@otaru_bay_park1) • Instagram

【関連記事】
あの“なると”による中華食堂「なると軒」がオープン(まだ食べに行ってませんが…)
市内各所に自動販売機コーナーが出現中!ここは箱市場〜若鶏半身揚げのなるとやタルシェに惣菜!?【情報提供もきてます】【追記あり】

| | コメント (0)

2022年11月29日 (火)

ニュースより/小樽の佃煮や漬物などの老舗・北川食品が自主廃業

Otaru_img_0975

少し前のニュースからなのですが、佃煮・煮豆・漬物などを製造・販売している北川食品(本社:信香町)が、2022年9月1日付けで事業停止し、自主廃業したというニュースがありました。

地域経済ニュースサイトのリアルエコノミーの記事「創業97年、小樽のおふくろの味「北川食品」が後継者難で自主廃業 | 北海道リアルエコノミー | 地域経済ニュースサイト」に掲載されていました。

北川食品(屋号:丸一北川食品)は大正14年(1925年)創業で、今年97年目を迎えるという老舗なんですね。

ニュースによると、後継者難で、同業者への事業承継も進まず廃業を決めたとのことで、債務返済に支障はなく黒字状態で事業を終えるとのことです。

北川食品の本社工場は信香町にあるほか、銭函にも工場があったのですね。

(信香町の本社工場)
Otaru_img_0974

Otaru_img_0975-2

創業以来のモットーは“おふくろの味を食卓へ”だったとのことで、社名はあまり気にしてなくても、普段から北川食品の佃煮や漬物などを美味しくいただいていたかもしれませんね。

※関連ニュース:丸一北川食品が廃業へ/北海道・小樽でつくだ煮製造  / みなと新聞 電子版

【関連記事】
にしん小樽漬って知ってます!?〜丸一北川食品の「にしん小樽漬 三升漬ピリ辛風味」を買ってきた

| | コメント (0)

2022年11月 4日 (金)

運河近くの回転寿司の函太郎小樽店が9月30日で閉店してます

Otaru_20221029-105724

ちょっと前なんですが、小樽運河近くにあった回転寿司チェーンの函太郎小樽店が、2022年9月30日をもって閉店しています。

場所は、小樽運河の浅草橋を過ぎてすぐ左の、浅草橋小樽運河倉庫ビル内で、2012年12月19日にオープンしていたのですが、やはり色々と厳しかったでしょうかね。

Otaru_20221029-105907

Otaru_20221029-105848

張り紙には「店舗移転のお知らせ」と書かれていますが、移転先として案内しているのが「手稲前田店」となっているので、実質小樽店は閉店ですね。

Otaru_20221029-105528

別の張り紙には、閉店と書かれてました。
Otaru_20221029-105607

ちなみに、この建物内では、以前、函太郎と一緒にラオックス小樽運河店も入っていたのですが、ラオックスも2020年8月に閉店しているので、この建物が今後どうなるかも気になりますね。

Otaru_20221029-105621

函館の寿司(すし)函太郎│新鮮なネタの函館寿司を味わえる!|HK-R

※参考:2012年12月20日付朝刊小樽しりべし版(引用元:https://youtu.be/C9L9clgErwc)

【関連記事】
ニュースより/ラオックス小樽運河店が8月16日に閉店: 小梅太郎の「小樽日記」
※関連ブログの関連記事
「ラオックス小樽運河店」が運河近くの倉庫内に新規出店 | ローカルブロガーのメモ帳

| | コメント (2)

2022年8月29日 (月)

平野パン長橋店が8月27日をもって閉店してます

Otaru_20220827-151655

平野パン長橋店が、2022年8月27日(土)をもって閉店しています。

ツイッターでその話題を目にして、営業最終日の27日(土)午後に訪れてみると、店頭には閉店のお知らせの張り紙がありました。

Otaru_20220827-151650

最後に閉店2割引セールをしていたせいもあってか、店内の棚のパンはもうほとんど何もなくなってたので、残念ながらパンは購入せずに、お店の外観写真を撮ってきました。

Otaru_20220827-151605

Otaru_20220827-151645

平野パン長橋店の場所は、長橋十字街の並びにある十字街クリニックの1階に入っていたんですよね。

Otaru_20220827-151858

Otaru_20220827-151657

平野パンといえば、あちこちにパンを卸している、小樽市民にはお馴染みのパン屋さんで、もともとシェルブールという直営のお店があったのですが、近年、店舗名を「平野パン」として、店舗名変更や新規店舗をオープンして、店舗展開をしていたんですよね。

長橋店も以前はシェルブールの「あるとろ」というパン屋さんだったということで、2018年10月29日に平野パン長橋店としてオープンしていました。

で、最近、平野パンに関連しては、色々と動きがあって、状況が分かりにくくなっていますが、今年(2022年)になって、花園店が4月9日をもって閉店、奥沢店が6月11日をもって閉店と、閉店が続いてしまったんです。

そして現在は、張り紙に書かれてましたが、“平野パン”としては、第1ビル店と南樽市場内の南樽店が営業しています。

Otaru_20220827-151816

※補足:ちなみに、さらに状況を分かりにくくさせたのが、2020年に平野パンと業務提携していた、こちらも市民にお馴染みのクリハラベーカリーが破産によって全店閉店したことでした。

Otaru_20220827-151602

ということで、平野パン長橋店が閉店してしまいましたね。

地域に愛されてきたお店が閉店するというのは、やはり残念ですし、地元の方は寂しいですよね。

平野パン|創業70年、小樽の老舗パン屋

【関連記事】
あれ!?平野パン奥沢店が6月11日をもって閉店している!!
平野パン花園店が建物の老朽化のため4月9日をもって閉店【情報提供】
ん?ベーカリーショップクリハラと平野パンが業務提携!?【追記あり】
国道5号線沿いに新しいパン屋さん「平野パン花園店」がオープン!!ここはもとシェルブール。平野パンは奥沢店・長橋店に続き3店舗目

※クリハラベーカリー閉店関連の主な記事
ニュースより/閉店していたクリハラベーカリーが破産手続き開始決定
クリハラベーカリーはどうなったの!?【状況詳細未確認】【追記あり】

| | コメント (2)

2022年8月26日 (金)

北海道信用金庫緑支店は小樽支店内に、高島支店は手宮支店内に、それぞれ5月に店舗内店舗方式で移転しいます

Otaru_20220815-144727

すいません、ちょっと話題としては古いのですが、北海道信用金庫緑支店が小樽支店内に、高島支店が手宮支店内にと、それぞれ店舗内店舗方式で移転しています。2つの店舗が同一の建物内で営業を行うという形ですね。

移転日は2022年5月16日からとずいぶんと前で、ニュースでは聞いていたのですが、ブログに書きそびれていたので、改めて、記録としてブログにも書き留めておきますね。

もちろん、以前の緑支店と高島支店の建物は閉まっていて、看板の文字もなくなっています。

(旧緑支店)
Otaru_20220815-144751

(緑支店の移転案内)
Otaru_20220815-144740

(緑支店の移転先の小樽支店)
Otaru_20190505-154013

(旧高島支店)
Otaru_20220819-195009

(高島支店の移転案内)
Otaru_20220819-194958

(高島支店の移転先の手宮支店)
Otaru_20220708-154843r

(店舗移転のお知らせ)
Otaru_20220708-154912

移転に伴う店名・店番・口座番号の変更はなく、通帳・カードなどもそのまま利用できます。

※参照:広報おたる令和4年4月号裏表紙に店舗移転のお知らせが掲載されていました。

最近は、こういう形式が銀行などでも増えていて、もとの地域の皆さんにとっては、不便になってしまいますね。

緑支店と高島支店の、それぞれの移転後の建物についても気になるところです。

【関連記事】
北海道信用金庫の稲穂出張所が小樽支店と統合して建物の看板がなくなってた
※ちなみに、平成30年1月1日付で、札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫が合併し、北海道信用金庫となってます。
札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫の3信金が合併して北海道信用金庫が誕生。もちろん看板も変わってます

| | コメント (0)

2022年6月22日 (水)

ニュースより/閉店していたクリハラベーカリーが破産手続き開始決定

Otaru_20220621-144453

クリハラベーカリーの店名で、小樽市民にはお馴染みのベーカリーショップクリハラが、2022年6月13日(月)に札幌地裁小樽支部から破産手続き開始決定を受けたというニュースがありました。

2022年6月21日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていて、お店が閉まっていた入船十字街の本店にも、その旨を伝える告示書が貼られていました(これは読者さんから連絡いただきました)。

Otaru_20220621-144400

残念ながら、やはりこういうことだったのですね…

クリハラベーカリーについては、このブログでも店舗が全て閉店してしまっている状況を確認して、詳細は分からなかったのですが、いったいどうなったの!?と記事に取り上げたんですよね。
※それがこちら:クリハラベーカリーはどうなったの!?【状況詳細未確認】

この記事は反響も大きく、その後、情報もたくさん寄せられました。情報を寄せてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

ブログへの掲載は、公にアナウンスがあるのを待ってからと思っていたので、今回、新聞報道と閉店した店舗への告示書の掲示を受けて記事にしました(この点、情報をくださった皆さん、ご了承願います)。

ベーカリーショップクリハラは1978年創業とのことで、店名となっているクリハラベーカリーは、小樽市民にとってはとても親しみがあるパン屋さんですよね。

ニュースによると、近年は同業他社との競争激化などから業績が低迷し、加えて小麦などの原材料価格の高騰から採算が悪化していたそうです。

私が把握しているクリハラベーカリーの店舗としては、入船十字街の本店の他、新南樽市場と長崎屋地下1階にお店があったと思いますが、もちろん、いずれも閉店しています。

Otaru_20220621-144523

残念ながら、どうなったのか気になっていたクリハラベーカリーは破産とのことで、寂しいですし、厳しいですね。

【関連記事】
クリハラベーカリーはどうなったの!?【状況詳細未確認】

【補足】
クリハラベーカリーと業務提携をしていた平野パンは営業していますが、タイミング的に一部店舗の閉店が重なり、ちょっと紛らわしい状況ですね。平野パンの店舗は現在、南樽市場内の南樽店、第1ビル店、長橋店があるのですが、改めて訪れてみようと思います。
ん?ベーカリーショップクリハラと平野パンが業務提携!?
あれ!?平野パン奥沢店が6月11日をもって閉店している!!

| | コメント (4)

2022年6月19日 (日)

あれ!?平野パン奥沢店が6月11日をもって閉店している!!

Otaru_20220618-173453

先日、平野パン奥沢店の前を通ったら、閉まっている店舗に脚立をかけて、なにやら看板周りで作業をしている方を見かけたので、なんだろうとお店に近づいてみると…

なんと平野パン奥沢店は、2022年6月11日(土)をもって閉店していました。

閉店のお知らせの張り紙がありました(2022年6月18日撮影)。

Otaru_20220618-173420

作業の方も閉店したことを教えてくれたのですが、いや〜全然、知りませんでした。

(看板を外していたのかな!?)
Otaru_20220618-173431

平野パンといえば、あちこちにパンを卸している、小樽市民にはお馴染みのパン屋さんで、もともとシェルブールという直営のお店があったのですが、近年、店舗名も「平野パン」として、店舗名変更や新規店舗をオープンして、店舗展開をしていたんですよね。

ここ平野パン奥沢店は、その“平野パン”という店名の第1号として、2018年10月6日に新規オープンしていたのですが、残念ながら閉店となってしまったようです。
※オープン時の記事がこちら:新しいパン屋さんが奥沢町にできてる!!平野パン奥沢店が10月6日にオープンしてます

ちなみに、平野パン花園店は、建物の老朽化のため、今年の4月9日をもって閉店していますが、南樽市場内の南樽店は営業しています(あと、長橋店もありますね)。

平野パン|創業70年、小樽の老舗パン屋

【関連記事】
平野パン花園店が建物の老朽化のため4月9日をもって閉店【情報提供】
ん?ベーカリーショップクリハラと平野パンが業務提携!?
国道5号線沿いに新しいパン屋さん「平野パン花園店」がオープン!!ここはもとシェルブール。平野パンは奥沢店・長橋店に続き3店舗目

※補足
先日から、平野パンと業務提携をしていた、こちらも市民にお馴染みのクリハラベーカリー名義の店舗が全て閉店しています。色々と情報はいただいていますが(情報ありがとうございます)、まだ、公のアナウンスがないので、なにかしらの報道などが公にあったら、このブログでも取り上げたいと思っています、
クリハラベーカリーはどうなったの!?【状況詳細未確認】

| | コメント (4)

2022年4月24日 (日)

ニュースより/築港の小樽シーポートマーケットを経営していた栄屋が事業停止

Otaru_20220423-152852

少し前の2022年4月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、小樽や札幌などで観光客向けレストランを展開する栄屋(札幌市)が、3月31日で事業停止し、破産申請の準備に入ったというニュースがありました。栄屋の設立は1980年でした。

最初、栄屋と聞いてピンと来なかったのですが、ニュースを見ると、栄屋は道内で4飲食店を経営していたとのことですが、そのうちの一つが、築港にある「小樽シーポートマーケット」だったんですね。

小樽シーポートマーケットというと、ウイングベイ小樽のすぐ近く、海側の小樽港縦貫線沿いに建つ、どちらかというと団体の観光客向けで、食事ができてお土産が買える施設だったと思うのですが、ニュースによると、やはり2020年以降はコロナ禍で外国人観光客が激減してしまい、その辺りが原因のようです。

Otaru_20220423-152856

ただ、個人的な最近の印象なのですが、観光客の姿が見られなくなったコロナ禍の間、小樽シーポートマーケットでは、市民の買い物客向けの食料品を扱う店舗として、頑張られていたようなんですよね。

私も店舗に訪れてことがあるのですが、店内には様々なお買い得品が並んでいて、私が行った時は、お客さんも結構入っていました。

(こちらは営業中の2021年3月撮影)
Otaru_20210328-162046

Otaru_20210328-162539

Otaru_20210328-161926

そうそう、店頭で販売していた焼き鳥を食べてみたかった〜!!

(この写真は2021年8月撮影)
Otaru_20210829-110021

Otaru_20210328-162024

現在は建物はそのままですが、もちろん、入口は閉まったままで、ドアの張り紙によると、すでに破産手続開始決定がされているとのことです。

(写真は4月23日撮影)
Otaru_20220423-152821

Otaru_20220423-152907

閉店はもちろん残念ですが、併せてこの大きな建物が今後どうなるのかも気になるところです。

※参照ニュース:2022年4月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽