小樽のパン屋

2023年7月 4日 (火)

張碓に移転した人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」にようやく行ってきました

Otaru_20230623-115754

今年の春に張碓に移転した人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」に行ってきました。

いや〜、移転してから気になっていたのですが、なかなか張碓に行く機会がなくて、ようやく行くことができました。

張碓の静かでとてもいい環境の中、素敵なお店がありました。

Otaru_20230623-120114

Otaru_20230623-114128

店舗前の通りの向こうには海が見える素敵なロケーションですね。
Otaru_20230623-114739

(こちらは山側。道路の先に国道5号線)
Otaru_20230623-120121

「パン ヨルトノ」が緑3丁目の高台にオープンしたのが2019年9月のことで、なかなかに行くのが大変な場所でしたが、趣あって素敵な店舗で、そこで作られる美味しいパンは瞬く間に評判が広まり、人気のパン屋さんになったんですよね。

その緑町のお店での営業を2023年2月27日で終了し、こちら張碓に移転してきて、3月20日から営業してます。

Otaru_20230623-114709

Otaru_20230623-114149

Otaru_20230623-114701

で、移転後の張碓のお店にようやく行くことができたわけですが、久しぶりのヨルトノのパンを前にして、どれを買おうかと悩みました。

緑町のお店は何度か利用させてもらったのですが、ヨルトノのパンはどれも本当に美味しくて、中でも噛めば噛むほど美味しいハード系のパンが大好きなんですよね。

(撮影許可をいただきました)
Otaru_20230623-114300

Otaru_20230623-114306

Otaru_20230623-114259

自家製粉麦・天然酵母を使ったパンは、いつもどれも美味しそうなのですが、今回買ったのはこちら。

Otaru_20230623-190421

カンパーニュ(ライ麦30%。ヨーグルト酵母の爽やかな酸味の定番パン。※お店の商品説明より)1/4(300円)Otaru_20230623-192631

セーグル(ライ麦70%のパン)1/2(480円)
Otaru_20230623-192741
薄く切って食べるといいとのことで、そのようにして美味しく食べました。

トーストブロート(シンプルな山食)1/2(300円)
Otaru_20230623-204148
こちらは厚切りトーストにして、バターを塗っていただきました。

そして、クロワッサンはいっつも買うんですよね。
Otaru_20230623-190239

いや〜、もちろん、どれも美味しくいただきました!!

ということで、ようやく行くことができた張碓の「パン ヨルトノ」ですが、張碓は最近、素敵なカフェなどもできていて、なんだかちょっと気になる注目のスポットになっているんですよね。

なかなか気軽に行ける場所ではないですが、ヨルトノにはまた買いに行きたいですし、機会をみつけて張碓もゆっくり回ってみたいですね。

【店舗情報】(お店情報は2023年6月時点でのものです)
営業時間:10:00〜16:00(売り切れ次第終了)
定休日:火曜、水曜
※駐車場は店舗前に4〜5台分のスペースがあります。
※Webショップ:パン ヨルトノ

※お店情報については、Instagramで随時発信されていますので、気になる方は要チェックです。
パン ヨルトノ(@yorutono_pan) • Instagram

※張碓の町は海岸沿いに長く位置していて、その中で住宅街は2箇所に分断しているのですが、そのうち銭函側の住宅街に「パン ヨルトノ」はあります。

【関連記事】
緑3丁目の高台にある人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」が張碓に移転するそうです
緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)

| | コメント (2)

2023年5月31日 (水)

奥沢の完全予約制の“店舗のない小さなおうちパン工房”「palaoa(パラオア)」で初予約して買ってきました

Otaru_20230526-174050t

小樽にも美味しいパン屋がたくさんありますが、奥沢店舗のない完全予約制のパン工房あるというのを最近知って、先日、初めて予約して買ってきました。これがほんと美味しくて!!

そのパン工房の名前は「palaoa(パラオア)」といい、パラオアはハワイ語でパン・小麦粉という意味だそうです。

完全予約制の“店舗のない小さなおうちパン工房”「palaoa(パラオア)」について、販売しているパンや予約方法の情報は、工房のInstagramに集約されているので、全てはまずはそちらを見てからになります。
※Instagram:小さなおうちパン工房▶完全予約制(@palaoa__)

palaoa(パラオア)では、100%北海道産小麦を使用し、食材にこだわり心と身体に優しいパンを1つ1つ丁寧に焼き上げているとのことなんですが、いや〜、こんなお店(いや、店舗でないので工房ですね)があったんですね。

完全予約制なので、工房に直接行っても買えません。工房の場所は、秘密にしているわけではないそうですが、住宅街の中のなかなか分かりにくい場所にあります。

一応、最後にGoogleマップで場所を掲載しますが、車でいくと工房前の小路が一本道の袋小路の突き当たりのため、Uターンも難しい場所です(今回、方向転換できるところまでバックで戻りました)。そのため第2駐車場も案内していて、そちらも詳しくはInstagramで案内されてます。

(奥の左が工房で、一見、普通のお宅です)
Otaru_20230526-174215

この日は看板がもう下げられていたのですが、普段は看板が出ているとのことです。

Otaru_20230526-174050

予約方法について、ざっと紹介すると、予約開始日時は未告知で、お渡し日2日前にInstagramにお知らせが出ます。予約はInstagramのDMで必要事項を記入の上行なうと、案内の返信がきます。受け取り時間は16:00〜18:00になります。

ただし、予約開始後に結構すぐに予約がいっぱいになるそうです。工房が住宅街の中にあるので、受け取りで来店される際にご近所の迷惑にならないようにと、一日の予約件数、来店人数等を調整しつつ販売しているそうです。

それに、工房は女性の店主が全てお一人で作業をされているため、受付件数にも限りがあるんですね。また、そのため予約開始日も固定されてなく、店主のタイミングで予約開始となるので、予約するのもなかなかハードル高いかも(けど、それも楽しかったりして)。

そして、気になるパンのメニューは、わくわくパンセット税込1850円2023年6月予約分より税込2000円となっています)のみで、下記のA~Cの中からお好みのメインパンを一つ選び、その他にお任せ4個の詰め合わせになります。

A:月替わり食パン
B:むっちりソフトフランスパン
C:バリッとカンパーニュ

で、今回はバリッとカンパーニュで予約しました。受け取りに行くと、とても感じの良い店主が待っててくれました。

こちらが今回のセットです。
Otaru_20230526-175739

外がパリッとしたカンパーニュは、中はかなりもちっとしていて、噛めば噛むほど味わい深い!!

Otaru_20230526-191703

Otaru_20230526-191756

ちょっとだけトーストしたら、さらに外がパリッとして、ほんと美味しい。

パンと一緒にいただいた、こちらのチラシに「美味しいお召し上がり方」が紹介されています。

Otaru_20230526-185049

他のお任せ4個はチョコチップ塩パン⁡、ベーコンとオニオンのグラタンパン、枝豆ガーリックチーズスティック⁡、幸せのクローバーシュガーバター⁡かな。う〜ん、どれも美味しい〜!!

チョコチップ塩パン⁡は、温めたらチョコが流れてきました。
Otaru_20230527-075435

Otaru_20230526-191726

Otaru_20230526-175438

Otaru_20230527-075535

こうなると、他のメインパンも食べてみたいですね。

また予約に挑戦ですね。予約方法、受け渡し方法など、palaoa(パラオア)はとにかくInstagramをチェックです。
※Instagram:小さなおうちパン工房▶完全予約制(@palaoa__)

そうそう、ブログへの掲載許可をいただいたのですが、秘密のパン屋さんという感じなので、掲載してもいいのでしょうかと尋ねたところ、どうぞどうぞとのことでした。結局、予約以上は受け付けられないので、とのことなので、なるほどですね。それにしても、お一人ですごいですね。

ということで、完全予約制の“店舗のない小さなおうちパン工房”「palaoa(パラオア)」についてでした。また、買いに行きます!!

※お店情報は2023年5月時点でのものです。

※Googleマップです。なかなか分かりにく場所にあるため、予約確定後にも場所の詳細が送られてきます。

| | コメント (0)

2023年2月 3日 (金)

緑3丁目の高台にある人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」が張碓に移転するそうです

Otaru_20230129-111238

緑3丁目の高台にある人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」が、張碓に移転するそうです。

今のところの予定では、緑3丁目の現店舗での営業は2月末頃までで、張碓への移転は3月中旬予定とのことで、現店舗での営業はもうすぐ終わってしまうんですね。

Otaru_20230129-110758

新店舗についてはまだ工事中なので日程・場所などは詳細が決まり次第、お知らせがあるそうです。

私が移転について知ったのは、昨年9月のヨルトノのInstagramの投稿でした。9月14日で3周年を迎えていたんですよね。

で、それからお店に行こう行こうと思っていたのものの、なかなかタイミングがなく、先日、ようやく行ってきました。

私も何度か利用させてもらっているのですが、ヨルトノのパンは本当に美味しいんですよね。

(※撮影許可をいただきました)
Otaru_20230129-110849

Otaru_20230129-110902

で、今回買ったパンがこちら。

カンパーニュ1/4(350円)
Otaru_20230129-124404

わずかな酸味が食べやすくて、噛めば噛むほど美味しい。ヨルトノのハード系のパンが大好きなんですよね。

コンプレ1/4(350円)
Otaru_20230129-124509

スペルト小麦を使った全粒粉のパンとのことで、これがいい香りがして味わい深いです。

他にも色々と買ってきて、どれももちろん美味しくいただきました。

カルダモンロール(280円)・クロワッサン(240円)・クランベリークリームチーズ(320円)
Otaru_20230129-124716

クロックムッシュ(340円)
Otaru_20230129-231343

お店情報については、Instagramで発信されていますので、気になる方はチェックです。
パン ヨルトノ(@yorutono_pan) • Instagram

定休日は基本火・水曜なのですが、不定休もあって、毎月のお休みもInstagramに掲載されているので、行く前に確認するのもいいかも。例えば2月は毎週火・水曜の他に2月6日(月)がお休みです。

営業時間は10:00〜16:00ですが、売り切れ次第終了ということで、いつも昼過ぎにはほぼ売り切れちゃうので注意です。

ちなみに、3月上旬頃から移転作業のため2〜3週間ほど休業する予定とのことで、Webショップもお休みになるそうです。

※Webショップ:パン ヨルトノ

そうそう、ヨルトノの現在の緑3丁目の店舗は、建物も味わい深くて素敵なんですよね。

Otaru_20230129-110702

Otaru_20230129-110706

Otaru_20230129-110708

お店の前からは、天狗山が一望できます。なんだか、普段見る天狗山より大きいです。

Otaru_20230129-111309

こちらは5月の様子ですが、緑のツタがからまり、これもいい雰囲気です。

Otaru_20210521-110140r

Otaru_20210521-110158r

ということで、緑3丁目の高台にある人気のパン屋さん「パン ヨルトノ」が、張碓に近々移転予定ということなので、なかなか行けなくなるという方は、2月中に緑3丁目の現店舗へ行くのをお忘れなく、ですね。

※緑3丁目の現店舗。

※こちらはヨルトノのInstagramから。

【関連記事】
緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)

| | コメント (5)

2022年11月11日 (金)

新南樽市場内の平野パンのお店「ヒラノボンボン」〜平野パンのチラシで店舗状況確認

Otaru_20221110-171242t

今年の春くらいから、小樽市民にはお馴染みの「平野パン」関連の話題が続き、人気のパン屋さんだったこともあって、市民の間でも関心が高かったと思います。

平野パンといえば、あちこちにパンを卸している、古くから小樽市民には親しみのあるパン屋さんで、もともとシェルブールという直営のお店もあったのですが、近年、店舗名を「平野パン」として、店舗名変更や新規店舗をオープンして、店舗展開をしていたんですよね。

それが、今年(2022年)の春ころから、花園店(4月)、奥沢店(6月)、長橋店(8月)と閉店が続き、さらに、状況を分かりにくくさせたのが、2020年に平野パンと業務提携していた、こちらも市民にお馴染みのクリハラベーカリーが、同時期に破産によって全店閉店したんですよね。

そのあたりの一連の出来事は、このブログでも取り上げてきたのですが、少し前に(10月下旬)、平野パンの現在の店舗状況をまとめて紹介してくれるような、折込チラシが入っていました。

それがこちらです。
Otaru_20221110-171242

チラシ内容を見てみると、現在営業中の平野パンの店舗は、南樽市場内の「南樽店」と、駅前の「第一ビル店」、そして、注目が新南樽市場に入っていたクリハラベーカリーの後に入った「ヒラノボンボン」という新店舗です。

クリハラベーカリーについては、先述の通り全店舗閉店しているのですが、その後にオープンしたのがこのヒラノボンボンで、オープンは2022年6月11日とのことです(Instagram(@hirano_bonbon)より)。

チラシのもう一面によると、ヒラノボンボンは“平野パンが贈る新ブランド”とのことですね。

Otaru_20221110-171229

加えて注目が、このヒラノボンボンに併設してあるのが、ブレンダーアイスのお店「北からの贈り物」です。

覚えてらっしゃる方も多いと思いますが、アイスクリーム専門店の「北からの贈り物」といえば、奥沢の旧北の誉酒泉館の建物にあり、人気があったもののすぐに閉店してしまったんですよね(→あれ?奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」って閉店したの!?)。

現在も道内に数店舗があるようですが、新南樽市場のヒラノボンボンでも「北からの贈り物」を販売している、とのことのようですね。

実は新南樽市場のヒラノボンボンには、2度ほど行ってみたのですが、どちらもパンはもうなくなっていて、商品の様子は分かりませんでしたが、もちろん、看板はかかっていました。

Otaru_20220918-152114

Otaru_20220918-152113

そして、こちらが北からの贈り物です(許可をもらって撮影しました)。
Otaru_20220918-152636

Otaru_20220918-152627

Otaru_20220918-152631

ということで、色々と動きのあった平野パンも、その動きは落ち着いたのでしょうかね。

平野パンの現在の店舗情報について、チラシ内容をここでもまとめておきますね(お店情報は2022年10月時点でのものです)。

Otaru_20221110-171329

【平野パン南樽店】(南樽市場内)
営業時間:9:00〜17:00
定休日:日曜・祝日

【平野パン第一ビル店】
営業時間:9:30〜14:30
定休日:日曜・祝日
Otaru_20220901-114004r

【ヒラノボンボン】(新南樽市場内)
営業時間:10:00〜16:00
定休日:水曜日
Hirano Bon Bon/ヒラノボンボン/新南樽市場(@hirano_bonbon) • Instagram

※ヒラノボンボンについては、平野パンのサイトの店舗案内にも追加れています(ただ、サイトには長橋店がまで掲載されてますね…)。
店舗案内 | 平野パン|創業70年、小樽の老舗パン屋

平野パン|創業70年、小樽の老舗パン屋
新南樽市場公式サイト | 北海道小樽

Otaru_20220918-153216

Kita karano okurimono SHOP
北海道のアイスクリーム ソフトクリーム 北からの贈り物
さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム

【関連記事】
平野パン長橋店が8月27日をもって閉店してます
あれ!?平野パン奥沢店が6月11日をもって閉店している!!
平野パン花園店が建物の老朽化のため4月9日をもって閉店【情報提供】

ニュースより/閉店していたクリハラベーカリーが破産手続き開始決定
あれ?奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」って閉店したの!?

| | コメント (0)

2022年9月 7日 (水)

あれ!?日銀通り沿いのダルオベーカリーが移転してる【さらに移転の追記あり】

Otaru_20220901-124744

あれ!?高級食パン専門店の「ダルオベーカリー」が移転してる!?

気づきませんでしたが、2022年8月16日(火)に移転オープンしてるんですね。

ダルオベーカリーは、小樽初の高級食パン専門店として、日銀通り沿いのホテル「fami THE GREEN OTARU(ファミ ザ グリーン小樽)」の1階に2021年6月1日にオープンしました。

で、「ファミ ザ グリーン小樽」の店舗のあった1階部分には、現在、移転をお知らせする張り紙があって、移転先は、近くの稲穂大通り(第一大通り)沿いの、北海道銀行の通りを挟んだ斜め向かいになります。

(ファミ ザ グリーン小樽)
Otaru_20220901-124118

Otaru_20220901-124259

(移転を知らせる張り紙)
Otaru_20220901-124250

そして、こちらが移転先の店舗です。
Otaru_20220901-124711

(清水博文ダンススタジオの隣です)
Otaru_20220901-124701

高級食パン専門店ということですが、いっときの高級食パンブームも落ち着いて、今は色々と商品ラインナップがあるようですね。

Otaru_20220901-124726

Otaru_20220901-124744

こじんまりとしたお店です。

って、あれ!?ところで、この移転先に元々入っていた、コーヒースタンド「CARPOOL(カープール)」はどうなったの!?(未確認です)

私は入ったことはなかったのですが、気になるお店だったのですが…

(こちらは以前のCARPOOLです)
Otaru_20200703-161540r

ということで、高級食パン専門店「ダルオベーカリー」が8月16日付けで店舗移転していますので、お間違えのないように。

Otaru_20220901-124806

【店舗情報】(お店情報は2022年9月時点でのものです)
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜(不定休という記載もありました)
※食べログ情報:ダルオベーカリー

【追記】
ダルオベーカリーはここの店舗を閉めていて、2023年11月4日からスープカレーダルオ店内にて食パン販売をしているとのことです。
Otaru_20240111-154208

Otaru_20230414-154626

小樽稲穂大通商店会

※関連ブログの関連記事:小樽の高級食パン専門店「ダルオベーカリー」の食パン | ローカルブロガーのメモ帳

【関連記事】
小樽初の高級食パン専門店「ダルオベーカリー」が日銀通り沿いのホテル1階にオープンしてます(まだ買ってません…)

| | コメント (0)

2021年6月 6日 (日)

小樽初の高級食パン専門店「ダルオベーカリー」が日銀通り沿いのホテル1階にオープンしてます(まだ買ってません…)【追記あり】

Otaru_20210605-153024

小樽初の高級食パン専門店「ダルオベーカリー」が、日銀通り沿いのホテル「fami THE GREEN OTARU(ファミ ザ グリーン小樽)」の1階に、2021年6月1日(火)オープンしてます。

現在のところ販売しているのは、基本的に1本(2斤サイズ)860円の食パンのみということで、最近の高級食パンブームの中、小樽にも専門店ができたんですね。

《追記》  
ダルオベーカリーは、2022年8月16日に稲穂大通り(第一大通り)沿いの、北海道銀行の通りを挟んだ斜め向かいに移転オープンしてます(追記 2022.9.13)。さらにダルオベーカリーは稲穂大通り沿いの店舗を閉めて2023年11月4日からスープカレーダルオ店内にて食パン販売をしているとのことです。
※こちらの記事をどうぞ:あれ!?日銀通り沿いのダルオベーカリーが移転してる【さらに移転の追記あり】

Otaru_20210605-153257

Otaru_20210605-153238

このダルオベーカリーのオープンのニュースは、2021年6月3日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたので、知っている方も多いと思いますが、もうかなりの人気のようですね。

実は6月5日に午後遅めでしたがお店にいったところ、すでに完売していました。どうしてもという方は、予約販売も行っているようですよ。

Otaru_20210605-153138

先ほどの新聞によると、ダルオベーカリーは、お店の入るホテル「ファミ ザ グリーン小樽」(2020年8月オープン)を運営する小樽グリーンホテルの直営店だそうです。

Otaru_20210605-153015

Otaru_20210605-153243

ところで、店名の“ダルオ”といえば、同じく小樽グリーンホテルが運営する、中央通りを下りていったところの交差点近くにある小樽グリーンホテル(THE GREEN OTARU)別館1階に入っている、スープカレー専門店が「ダルオ」という店名ですよね(2020年4月オープン)。

つまり、ダルオベーカリーとスープカレーダルオは姉妹店となるそうです。

Otaru_20210605-153030

今回、お店にいったものの完売だったのですが、試食をさせてもらって、ふわふわの柔らかさで、口に入れるとしっとりもちっと甘味が感じられるパンでした。う〜ん、やっぱりちゃんと買ってみたいですね。

※ダルオベーカリーの営業時間は9:00~17:00までで、不定休となっています(お店情報は2021年6月時点でのものです)。

Otaru_20210605-153007

※Instagram:daruo bakery_motoya_Otaru(@maiko_and_kawade)
DARUO - DARUO
モトヤエクスプレス the GREEN Otaru店 | Facebook
THE GREEN HOTEL GROUP | ザ グリーンホテルグループ

【関連記事】
日銀通り沿いの稲穂1丁目にホテル「ファミ ザ グリーン小樽」(fami THE GREEN OTARU)が8月1日にオープンしてます
小樽グリーンホテル別館1階にスープカレー専門店「ダルオ」がオープンしてます(まだ行ってませんが…)

| | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

春に朝里川温泉地区に移転した「まる谷製パン」にようやく行ってきました

Otaru_20201024-150342

市内の緑町から朝里川温泉地区に、春に移転した「まる谷製パン」(○の中に「谷」と書いて、まる谷製パン)に、ようやく行ってきました。

場所は、道道1号小樽定山渓線沿いのバス停「朝里川温泉2丁目」のすぐ目の前です(地図を最後に掲載してますが、ホテル武蔵亭の近くです)。

以前は緑町のバス通り(緑第一大通り)沿いにあったのですが、今年(2020年)3月30日で緑町の店舗を閉めて、朝里川温泉2丁目の新店舗に移転したんですよね。

このブログでも「緑町の人気のパン屋さん「まる谷製パン」が朝里川温泉地区に移転。現店舗での営業は3月30日(月)まで」の記事で移転情報を掲載したのですが、その後、ようやく行ってきた、というわけです。

新店舗は、予定通り2020年4月24日にオープンしたようですね。

Otaru_20201024-150301

シンプルで素敵な店舗ですね。

前に駐車スペースがあります。

この日は午後遅めの時間に行ったので、案の定パンはほとんど売り切れていました(※店内は撮影禁止です)。

そりゃそうですよね。移転後も人気があるようで、私がいる間にも、遅い時間にもかかわらず、次々と車でお客さんがやってきてましたから。

Otaru_20201024-151019

なので、今回の購入は少しだけで、パン情報の紹介はないのでご了承を。

まる谷製パンのクロワッサンとか大好きなんですが、もちろん売り切れてました。ちなみに、一個だけ残っていたりんごのクロワッサンを購入。もちろん美味しかったです。

Otaru_20201024-213745
※今回購入のパン。すいません、商品名等未確認です。真ん中がりんごのクロワッサン。


ということで、朝里川温泉地区の「まる谷製パン」でしたが、今度は早く行って、色々と食べたいです。

Otaru_20201024-150642

【店舗情報】(お店情報は2020年10月時点でのものです)
営業時間:10:00〜17:00
※売り切れ次第終了です。
定休日:火・水曜日
(お店の掲示板で確認させていただきました)

※現在、新型コロナウイルス感染防止のため、入店の際はマスク着用、店内は広くはないため2組ずつの入店となっています。

Otaru_20201024-150329

※食べログ情報:まる谷製パン

※参考:脇坂工務店ホームページ|小樽市銭函の工務店|注文住宅の新築・住宅リフォーム|ニュース一覧

【関連記事】
緑町の人気のパン屋さん「まる谷製パン」が朝里川温泉地区に移転。現店舗での営業は3月30日(月)まで

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

ん?ベーカリーショップクリハラと平野パンが業務提携!?【追記あり】

市内のベーカリーショップクリハラクリハラベーカリー)の店頭に、このようなポスターが貼っていました。

Otaru_20200530-155317

ベーカリーショップクリハラは
平野パンに変わります

ん?どういうことだ!?

まだ、詳細は分からないのですが、平野パンのサイトにお知らせがあって、どうやら、平野パンはクリハラとが業務提携をしたようです。
平野パンとベーカリーショップクリハラ | | 平野パン|創業70年、小樽の老舗パン屋

※ベーカリーショップクリハラはクリハラベーカリーと呼ばれる(表記される)ことも多いようですね。

お知らせには、詳細は書かれてないのですが、う〜ん、店名は「平野パン」に変わるということなのかな?

ちなみに、上記のポスターは、駅前の第一ビル店に貼られていたポスターで、日程は6月3日(水)からということで、5月31日〜6月2日までは改装のため休業となっていて、長崎屋店も同じポスターが貼られてました。

ただ、入船十字街のクリハラベーカリー本店のポスターは、次のようなものでした。

Otaru_20200530-144133

ベーカリーショップクリハラは平野パンと技術・商品協力をします

と書かれていて、お店は6月1日(月)からということで、5月31日だけが準備のため休業のようですね。

あれ?ということは、こちらは店名は変わらないのかな?

(入船十字街の本店)
Otaru_20200530-144110

Otaru_20200530-144146

あれ?あと南樽市場と新南樽市場にもクリハラベーカリーが入ってましたよね!?ただ、すいません、そちらは未確認なんですが、お店は変わるのかな?

ベーカリーショップクリハラ(クリハラベーカリー)という名称がどうなるのか、平野パンの各店の様子も気になりますが、ちょっと未確認事項が多くて申し訳ありません。

週明けから、各お店の様子は分かると思うので、私も確認しようと思いますが、まずはこういう情報があるということで、投稿しました。

《追記 2022.6.25》 
クリハラベーカリーとして小樽市民にはお馴染みのベーカリーショップクリハラは閉店し、2022年6月13日に札幌地裁小樽支部から破産手続き開始決定を受けています。
※記事はこちら:ニュースより/閉店していたクリハラベーカリーが破産手続き開始決定

【関連記事】
新しいパン屋さんが奥沢町にできてる!!平野パン奥沢店が10月6日にオープンしてます
国道5号線沿いに新しいパン屋さん「平野パン花園店」がオープン!!ここはもとシェルブール。平野パンは奥沢店・長橋店に続き3店舗目
長崎屋小樽店地下1階の「クリハラベーカリー」の店舗が同じ通路のちょっと先に移ってた:

| | コメント (6)

2020年3月29日 (日)

緑町の人気のパン屋さん「まる谷製パン」が朝里川温泉地区に移転。現店舗での営業は3月30日(月)まで

Otaru_20200328-110342

緑町のバス通り、緑第一大通り沿いにある人気のパン屋さん「まる谷製パン」(○の中に「谷」と書いて、まる谷製パン)が移転します。

以前、このブログでも移転の予定があることは投稿したのですが、お店に行ったところ、移転のお知らせがありました(※店内は撮影禁止です)。

それによると、現店舗での営業は、2020年3月30日(月)までです(もうすぐです)。

で、新店舗は朝里川温泉2丁目、ホテル武蔵亭の並びだそうで、4月24日(金)からの営業予定とのことです。

移転後になかなか行けなくなる方は、閉店までもうすぐですのでご注意を。朝里方面のかたは、移転後のオープンが楽しみですね。

Otaru_20200328-105920

ちなみに、私も3月28日に買いに行ってのですが、お昼前ながらパンはもうほとんどなく、相変わらずの人気でした。

こちらがその時買ったパン。クロワッサンはなかった…
Otaru_20200328-130036

こちらがちょっと前に買ったクロワッサン。外がパリパリサックサク、中はもっちりしっとり味わい深くて、美味しいんですよね。Otaru_20200229-125314

ということで、緑町の人気のパン屋さん「まる谷製パン」の移転情報でした。

Otaru_20200328-110438

【関連記事】
緑第一大通り沿いの人気のパン屋さん「まる谷製パン」でクロワッサンやらバケットやら〜そして、ビックリのお話が!?

| | コメント (0)

2019年12月27日 (金)

緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)

Otaru_20191219-151547t

小樽には美味しパン屋さんがたくさんあると個人的には思っているのですが、今年(2019年)の9月に、もうひとつ美味しいパン屋さんが緑3丁目の高台の住宅街にオープンしてます。

その店名は「パン ヨルトノ」。

Otaru_20191219-151512

ヨルトノというちょっと変わった名前のとっても美味しいパン屋さんが、ちょっと行きにく場所にオープンしたという噂は聞いていたのですが、先日(12月9日)、ようやく行くことができました。

Otaru_20191219-150936

その場所がなかなか分かりにくくて、小樽商大に向かう地獄坂からだと、小樽商業高校(2020年春に閉校予定)下の地獄坂の標識手前の横道に入って、まっすぐ進んで坂を3つほど大きく曲がりながら、かなり上っていくと出る、平坦な通り沿いにあります。

最上町方面からだと、第二大通りに入ってバス停「第二大通」近くのまっすぐな坂道を上って行き、途中で市営住宅(緑A住宅)の方に曲がって、さらに坂をいくつか曲がりながら上って行くと、お店のある平坦な通りに出ます。

って、文章では分かりにくいので、地図を載せておきますね。

(高台の平坦な通りは短いです)
Otaru_20191219-151806_20191227120401

失礼ながら、なぜ?このような場所に?とも思ってしまうような場所ではあるのですが、そのお店がなんとも趣あって素敵なんですよね。

Otaru_20191219-151621

夏だと建物がツタに覆われているようですが、ここは以前、ガラス工房(グラス・ムラノ)だったということで、その頃からとても素敵な店舗だったようです(すいません、私は行ったことがありませんでした)。

Otaru_20191219-151656

ヨルトノでは、道産小麦や自家製酵母、石臼挽きなど様々なこだわりのパンを用意しているとのことですが、実はこの日、午後の少し遅い時間にいったので、パンが売り切れてないか心配だったんです。けど、なんとか残っていました(※店内の撮影は許可をいただきました)。

(残っていたパンは少しだけでしたが、美味しそう〜)
Otaru_20191219-151217

(店内は暖かな雰囲気)
Otaru_20191219-151220

で、この日買ったのはこちら。いや〜、どれも美味しそう。

Otaru_20191219-212638

こちらは、ライ麦パン1/2(400円)と、くるみパン1/2(240円)。
Otaru_20191219-213035

ハード系のパンを色々と揃えているようで、個人的にライ麦パンとか食べたかったんですよね。そして、くるみパンも。これらはチーズとかにあいますよね。

そして、こちらがパンオショコラ(220円)とクロッカン(220円)。
Otaru_20191219-213013

パンオショコラも外はサクサク中はしっとり生地で、これはぜひ、クロワッサンも食べてみたくなりました。

クロッカンというのは知らなかったのですが、こういうパンがあるんですね。パイとは違うけど、サクサクで中しっとり、クルミがゴロゴロ入って甘めのパンですが、これは美味しい!!初めて食べました。

(本当に美味しパンでした)
Otaru_20191219-213356

ところで、この不思議な店名のヨルトノですが、お店の方にも聞いたのですが、ヨルトノというのは“夜の殿”や“夜殿”というキツネの異名のことのようで、それで、キツネのロゴマークなんですね(参考:夜の殿(よるのとの)とは - コトバンク)。

こちらがショップカードです。
Otaru_20191219-151509

実は、帰ってからショップカードを確認しようとしたら…ごめんなさい、ごめんなさい、雪道のどこかで落としてしまいました。本当にごめんなさい。

ということで、新しいパン屋さん「パン ヨルトノ」のパンは、噂通りの美味しさでした。

いや〜、これは、売り切れ直前ではなくて、色々とパンが揃っている時にまた行きたいです。そして、他にも色々と食べてみたいです。

ただ、これから本格的な冬になると、ちょっと行くのが大変かもしれませんね(けど、行きます!!)。

(お店の前からは天狗山が見えました)
Otaru_20191219-150927

パン ヨルトノ(@yorutono_pan) • Instagram写真と動画

【お店情報】※情報は2019年12月時点でのものです
営業時間:10:00~16:00頃
※売り切れ次第終了(結構、なくなってしまうようです)
定休日:毎週水曜+不定休
※その月の定休日などは、店内のカレンダーで告知されてますが、その写真がInstagram(@yorutono_pan)でも掲載されていました。

※12月の定休日はこちら。
Otaru_20191219-151306

※お店の隣に数台停められる駐車場がありました。
Otaru_20191219-151716

※食べログ情報:パン ヨルトノ

【関連記事】
緑第二大通りのバス停「第二大通」近くから上る勾配13%のまっすぐな坂道と、その上から緑町の市営住宅の前を曲がりながら上っていく坂道の様子

| | コメント (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨・食料品店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽