小樽でスキー

2018年2月27日 (火)

第67回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で2月25日に開催されました

Otaru_20180225_104942


第67回小樽小学生アルペンスキー大会が、今年も天狗山スキー場で2月25日(日)に開催されました。

開会式は9:00からで、競技開始が10時半ということで、競技が始まる頃を見計らって、前半の低学年の競技の様子をちょっとだけ見てきました。

Otaru_20180225_105005

コースは天狗山の旧コースから続く通称“馬の背”の斜面で、ゴール付近では出場する子供たちの家族や関係者の皆さんがたくさん集まって応援してました。

Otaru_20180225_105209

この日は午前中からいい天気で、子供たちにも応援する皆さんにもよかったですね。

Otaru_20180225_105847

コースは旗門もゴールも立派で、ゴールラインにはタイム表示もあります。

Otaru_20180225_105257

Otaru_20180225_105718

Otaru_20180225_105554

次々と滑ってくる子供たちは、低学年といえどもさすが小樽っこ、皆んな上手なんですよね。

Otaru_20180225_105715

Otaru_20180225_105827

この小樽小学生アルペンスキー大会は、今年で67回を迎えるということで、その回数を見ただけでも伝統ある大会ということが分かります。

1951年(昭和26年)から開催されていて(途中、中止になった年もあります)、1970年代の初頭には、参加人数がなんと1,600人を超えたというマンモス大会で、その頃はゲレンデは人であふれんばかりだったんですよね。私も小学生の時はずっと参加してました。

最近は少子化にスキー人口の減少にと、参加者がかなり減ってしまっているようでちょっと残念ですが、今年はなんだか参加人数が多かったようですよ。

詳しい人数は分かりませんが、近年は参加者が100人前後のことが多い中、この日の低学年のレース結果の掲示板を見たら、低学年だけでも約80人くらい参加していたのではないでしょうか。参加人数が多いと、大会も盛り上がりますからね。

Otaru_20180225_110808

先日まで、冬季オリンピックが開催されていましたし、この子供たちの中から未来のオリンピック選手が現れたら素敵ですね。

天狗山スキー場は、市街地から路線バスが走っているようなすぐのところにあるスキー場で、この小学生アルペンスキー大会がこうやって歴史ある大会として続いているのもこういう小樽のロケーションだからこそですよね。これからも長く続いてもらいたい大会です。

Otaru_20180225_111608

Otaru_20180225_105003

(さすがにこの日の駐車場は満車でした)
Otaru_20180225_114145

で、私はこの日、低学年の様子を見てスキーもせずに天狗山を後にしました。

スキー場に来てスキーもしないなんて、それもまた、市街地からすぐ近くにスキー場がある小樽ならではと言えますかね(汗)

※参考:第67回 小樽小学生アルペンスキー大会開催要項小樽スキー連盟

【関連記事】
※昨年の様子です。
第66回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で2月26日に開催されました

(おまけ:やっぱり振り返ると良い眺めでした)
Otaru_20180225_105837


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

小樽天狗山スキー場の山頂ファミリーコースの様子【動画】

Otaru_20170312_144944


小樽天狗山といえば、その眺望から今は観光でも人気のスポットになっていますが、冬の天狗山といえば、市民にはやっぱりスキー場として馴染みが深いですよね。

先日、天気のいい日にその天狗山にスキーに行ってきて、その様子はこちらの記事に投稿しました。
晴れた日の小樽天狗山スキー場へ〜ゲレンデや山頂からの風景

で、その時に山頂のファミリーコースの様子を動画で撮ってきたので掲載しますね。

ファミリーコースを上から旧コースの入り口まで、ゆっく〜り滑りながら撮ってます(音声はでません)。

どうでしょうか、スキー場の雰囲気が伝わったでしょうか。

徐々に小樽の街並みが広がっていくのがいいんですよね。

Otaru_20170312_124025r


ここ数日、いい天気が続いて雪解けも一気に進んでいるこちら小樽ですが、そろそろスキーシーズンも終盤で、今年の小樽天狗山スキー場の営業は3月26日(日)までとのことです。

※小樽天狗山ロープウェイ(小樽天狗山スキー場)のサイトはこちら。
小樽天狗山ロープウェイ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

晴れた日の小樽天狗山スキー場へ〜ゲレンデや山頂からの風景

20170312_134320


小樽の市街地からもすぐの小樽天狗山は、山頂から見渡す小樽の街と港のその眺望から、観光スポットとしても人気ですが、小樽市民にも身近な山です。

特に冬は、スキー場としての天狗山に馴染みがありますよね。
なんたって、市街地からでも10分くらいで着いちゃうというローケーションですからね。

もうスキーシーズンも終盤ですが、先日の天気のいい日に、その天狗山に今シーズン初のスキーに行ってきました。

といっても、おじさんとしては、スキーをがんがん滑るというよりは(そんなに滑れないですし)、ついつい天狗山からの眺めを楽しむ方に重点を置いてしまうので、今回はそんな天狗山スキー場で撮った写真を掲載していきますね。


晴れた日の天狗山スキー場ゲレンデからの風景

天狗山に行ったのは3月12日(日)ですが、この日は本当に天気が良かったんですよね。

20170312_135321

もう、麓からでもいい眺めです。
20170312_122300

ロープウエイ乗り場には、観光客の姿も多く見られました。
20170312_122053

麓にスキー場のコースなどが分かりやすく描かれた看板があったのですが、コース名などはこうなってます。
(以下の記事中にコース名が出てくるので参考まで)
Img_2916r2

山頂へは、パノラマペアリフトで一気に登ります。
20170312_122304

20170312_122920

20170312_123226

山頂です。ファミリーコースの上ですね。
20170312_123919

ここがまたいい眺めなんですよね。

20170312_124025

ここは山頂の駐車場の入り口ですね。標識もだいぶ埋まってます。
20170312_124126

ここは旧コースの上。急です…
20170312_124230

ここは新コースの途中から見上げたところ。
20170312_145359

このコブは絶対滑れない…

同じ場所から見下ろしたところ。
20170312_145511

こちらは初心者用のロングラインコース。
20170312_124507

初心者用といっても、ここも急なんですよね。

ロングラインコースの途中から。
20170312_124551

麓のバンビコースの上から。
20170312_124842

で、再び麓からです。
20170312_122306


天狗山山頂からの風景

20170312_132506

せっかくのいい天気だったので、山頂でスキーを外して、お馴染みの眺めもカメラに収めてきました。
海の向こうの増毛連山まで見えますね。

こちらは塩谷・蘭島方面の海ですね。
20170312_132334

おっ、ロープウエイが降りていきました。
20170312_132412

再びスキーをはいて、ここは新コースの上から。
20170312_130340

ここはさっきも掲載しましたが旧コースの上から。
20170312_133806

やっぱり天狗山山頂から眺める、小樽の街と海は綺麗ですね。

20170312_132547

街が雪に覆われているのが、またいいんですよね。


天狗山スキー場について

20170312_132836

ここでちょっと小樽天狗山スキー場について。

この絶好のロケーションにある小樽天狗山スキー場の歴史はなかなか古くて、1952年(昭和27年)には、北海道で初めてのリフト(民間用)が、ここ天狗山に設置されたそうです。

1923年(大正12年)には、第1回全日本スキー選手権が開催されてますし、先日開催された小樽小学生アルペンスキー大会は、今年で66回目を迎える伝統ある大会です。

20170312_122945

近年は、小樽も少子化でスキー人口も減っているということで、昔に比べたら天狗山スキー場も空いていて、この日もリフトは待ち時間なしで乗れてましたが、ゲレンデには結構子供たちがたくさんいて、みんな本当に上手なんですよね。さすが小樽っ子、という感じです。

ただ、ちょっとリフト料金が高いんですよね(汗)
Otaru_20170226_111812_2

ということで、以上、小樽天狗山スキー場の様子でした。

今年の小樽天狗山スキー場の営業は、3月26日(日)までです。
すでにナイターはやってないので、スキー場は9:00~16:00までの営業ですね。

20170312_132316

※小樽天狗山ロープウェイ(小樽天狗山スキー場)のサイトはこちら。
小樽天狗山ロープウェイ

※参考:小樽天狗山スキー場 - Wikipedia

【関連記事】
小樽天狗山スキー場に行ってきましたが、スキーより眺めを楽しんできました
第66回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で2月26日に開催されました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年2月26日 (日)

第66回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で2月26日に開催されました

Otaru_20170226_111324


小樽の伝統ある大会、第66回小樽小学生アルペンスキー大会が、今年も小樽天狗山スキー場で2月26日(日)に開催されたので、その様子をちょっとだけ見に行ってきました。

開会式は9:00からで、競技開始が10時半ということで、ちょうど競技が始まった頃に行って、低学年の様子を見てきました。

コースは天狗山の旧コースから続く通称“馬の背”の斜面を使っていて、家族や関係者の皆さんは、ゴール付近で応援してます。

Otaru_20170226_111143

Otaru_20170226_104254

(ゴールラインにはタイムの掲示板もあります)
Otaru_20170226_105055

低学年とはいえ、さすが、みんな上手です。

Otaru_img_2912

Otaru_20170226_105648

Otaru_20170226_110842

この日の天気は、私が見ていた間でも、雪が降っていたと思ったら、いつの間にか晴れ間が広がったりと、移り変わりの激しい天気でしたが、実は前日にかなりの雪が降ったので、ゲレンデの雪質は良かったのではないでしょうか。

Otaru_20170226_110508

そうそう、詳しい状況は分からないのですが、とても早い子が前の子に追いついてしまうというハプニングがあって、再レースのためにその子を急遽スノーモービルに乗せて、スタート地点に移動するという出来事がありましたよ。

Otaru_20170226_110354

さて、今年で66回目を迎えるこの小樽小学生アルペンスキー大会は、1951年(昭和26年)から開催されていている伝統ある大会で(途中、中止になった年もあります)、1970年代の初頭には、参加人数がなんと1600人を超えたというマンモス大会でしたが、近年は少子化にスキー人口の減少にと、参加者は100人前後まで減ってしまっているのが、ちょっと残念です。

今年は、掲示されていた選手名簿を見たら、150数名の小学生たちが参加していて、小樽市銭函スキー少年団の子供たちが多数参加していたようでした。やっぱり参加人数は多い方が盛り上がりますよね。

実は先日、小樽の魅力を地元目線の記事で、SNSなどで発信する「おたるくらし」に、この小樽小学生アルペンスキー大会について寄稿したんですよね。
小樽小学生アルペンスキー大会の思い出 | ここかしこが慕わしいまち

そこでも書いたのですが、こういう伝統ある大会が開催され続けるというのも、スキー場が市街地からすぐのローケーションにある小樽ならではですから、この大会がこれからも子供たちの元気な姿とともに、長く長く続くといいですね。

Otaru_20170226_111334

ん?それで私はスキーを滑ってきたかって?

いや〜、その後、スキーを滑らずに、天狗山を後にしました(笑)

(振り返って小樽の街を眺めると、う〜ん、いい眺め)
Otaru_20170226_110828

※参考:66-OCA-EP.pdf(第66回小樽小学生アルペンスキー大会開催要項 )

【関連記事】
第65回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されたのでその様子をちょっとだけ
第64回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されました
第63回小樽小学生アルペンスキー大会が天狗山スキー場で開催。スキーもしてきました
(第62回は、残念ながら見に行ってません)
第61回小樽小学生アルペンスキー大会の様子
第60回小樽小学生アルペンスキー大会

そうそう、駐車場は満車でしたよ。
Otaru_20170226_103644


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

潮見台シャンツェにジャンプ大会を見に行ってきました

小樽市の潮見台の住宅街の中にある潮見台シャンツェに、少年・少女たちの見事なジャンプを見に行ってきましたよ。

Otaru_img_1585


行ったのは、3月20日(日)に開催された「第14回小樽うしおライオンズ杯全国少年ジャンプ大会」という大会です。

実は、以前から、潮見台シャンツェでの大会は一度見に行ってみたいと思っていたのですが、大会がいつ行われているのかが分からなかったんですよね。

で、3月に行われているという情報を得て、ちょっと調べてみたら、小樽スキー連盟のサイトに大会の予定が掲載されていて、大会要項のPDFへのリンクも貼られていたので、日程などを確認して見に行ったというわけです。

潮見台シャンツェは、小樽潮陵高校前の坂道から右に曲がってしばらく進んだ左手にあって、本当に住宅街の中におもむろにジャンプ台が現れる感じなんですよね。

Otaru_20160320_092926

ジャンプ台はスモールヒルジャンプ台2基とミディアムヒルジャンプ台1基があって、行った時は小学生の部ということで、左側のスモールヒルで競技が行われてました。

Otaru_img_1582

ちなみに、よく使われる基準点となるK点について、あちこちに別々の記載があってよく分からないのですが、先ほどの大会要項(第14回小樽うしおライオンズ杯全国少年ジャンプ大会開催要項(20160319-jp-ushio.pdf))を見ると、スモールヒル K=35m、ミディアムヒルK=55mと記載されてました。

スモールヒルとはいえ、近くで見ると、なかなかの迫力で、やっぱり実際に飛んでいる様子を見るのは楽しいですね。

アプローチ。
Otaru_img_1587

ジャンプ。
Otaru_img_1588

ランディングバーン。
Otaru_img_1574

減速、停止するためのブレーキングトラックですね。
Otaru_img_1572

最近のジャンプ人気はどうなんでしょうかね。レジェンド葛西選手の活躍や、何と言っても高梨沙羅選手の大活躍は嬉しい話題ですよね。
特に高梨沙羅の影響でしょうね、この日も女の子のジャンパーがたくさんいました。

ジャンプ競技の観戦に関しては、当然と言えば当然ですが、屋外の競技なので、寒いです。太陽が出るといいのですが、陰ると寒いので、観戦にはしっかりと暖かな服装でないとダメですね。

あと、どうなんでしょうか、関係者以外の観客というのは、ほとんどいなかったと思うのですが、せっかく、こんな身近でジャンプ大会が行われてるんですから、もっと多くの観客が集まるといいのにと思ってしまいました。

ジャンプ競技って、どこでも見られるものではないですからね。
やっぱり近くで見たら、少年・少女たちのジャンプといえども、迫力あって面白かったです。

Otaru_img_1577

それと、ちょっと思ったのですが、大会概要とかが全然分からないので、受付みたいな案内ブースとか、せめてビラとかがあればいいですね。

Otaru_img_1579

Otaru_20160320_093014

今回は時間がなくて、真ん中のミディアムヒルでの中学生の部を見ることができなかったのですが(理由は分からないのですが、途中で競技が待機になってしまったんですよね)、きっと中学生の部ではさらに本格的な迫力のジャンプを見ることができたのでしょね。

実は、次の日の21日(月・祝)にも大会があったみたいなんですが、行けそうにないので、ミディアムヒルは次の機会の楽しみにします。

ということで、いや〜、やっぱり生の競技観戦は見ていて楽しいですね。
こうやってジャンプ大会が盛んに行われて、ここから次の世代の日本代表選手が現れるといいですね。

(ちびっ子も参加してました)
Otaru_img_1590

【関連記事】
緑の小樽潮見台シャンツェ:
ニュースより/小樽市望洋シャンツェが利用がなくて廃止に


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年3月 7日 (月)

第65回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されたのでその様子をちょっとだけ

Otaru_20160306_122257


今年も第65回小樽小学生アルペンスキー大会が、3月6日(日)に小樽天狗山スキー場で開催されたので、その様子をちょっとだけ見に行ってきましたよ。

Otaru_20160306_115332

競技が何時開始か分からず(開会は9:00からだったようです)、行ったのは11時過ぎだったのですが、ちょうど低学年から高学年に移ったところでした。

Otaru_20160306_114350

コースは、天狗山の旧コースから続く通称“馬の背”(って、今もいうのかな?)の斜面を使っていて、ゴール付近で見ていたのですが、いや〜、みんな上手ですね。さすが小樽のスキー少年・少女たち!

Otaru_20160306_115718

Otaru_20160306_114703

ゴールにはちゃんとタイムの掲示板もありました。
Otaru_20160306_112426

Otaru_20160306_115641

リフトの乗り場の横には、表彰台も作られていて、順次表彰式も行われていました。

Otaru_20160306_115219

この日は、まだ3月上旬というのに雨の予報が出ていたのですが、雨が降り出したのは競技終了頃からだったので、ギリギリもってくれて良かったです。

ところで、この小樽小学生アルペンスキー大会は歴史が古く、1951年(昭和26年)から開催されているんですよね。

最近は中止になった年もあったようですが、もう65回目となるこの大会は、私も小学生の頃に毎年参加していて、個人的にも思い出深い大会なんですよね(成績はさっぱりでしたが…)。

1970年代の初頭には、1600人を超えた年もあったマンモス大会で(参考:OSA100.pdf「小樽スキー連盟100周年記念誌 シュプール」PDFより)、私が参加していた頃も、1300人を越えていた年もあり、当時コースになっていたバンビコースは、参加者と応援する家族であふれていたような記憶があります。

そういえば、現在の種目は大回転ですが、私が子供のころは回転競技だったような。

近年は、少子化とスキー人口の減少とですっかり参加者も減って100名前後とのことで、ちょっと寂しいですね。ちなみに、今年の参加人数はまだ知らないのですが、ゼッケン番号が130番を越えていたので、そのくらいの参加者がいたということかな。

Otaru_20160306_111747

スキーの街ともいえるここ小樽で開催されている、この歴史ある小学生アルペンスキー大会は、是非、これからも続いてもらいたい大会ですね。

参考:第65回小樽小学生アルペンスキー大会ポスターA4 - 2016-65OSA-R.pdf小樽スキー連盟のサイトより)

天狗山からは、相変わらずいい眺めでした。
Otaru_20160306_112349

【関連記事】
第64回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されました
第63回小樽小学生アルペンスキー大会が天狗山スキー場で開催。スキーもしてきました
(第62回は、残念ながら見に行ってません)
第61回小樽小学生アルペンスキー大会の様子
第60回小樽小学生アルペンスキー大会


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

小樽天狗山スキー場に行ってきましたが、スキーより眺めを楽しんできました

先日(3月8日)、小樽天狗山スキー場で開催された「第64回小樽小学生アルペンスキー大会」の様子を見に行った日、せっかくだからとリフトに乗って、スキーを滑ってきました。

Otaru_20150308_104355

天狗山スキー場は市街地からすぐ近くとアクセスがよく、山頂からは小樽の街並や港を見渡すことのできる、絶好のロケーションなんですよね。

もちろん、昔から小樽市民にはお馴染みのスキー場で、最近はスキー人口も減ったとはいえ、やはり小樽はスキーの街ともいえます。

天狗山スキー場は歴史が古く、1923年(大正12年)に第1回全日本スキー選手権が開催されたそうですし、この日行われていた、小樽小学生アルペンスキー大会は、1951年(昭和26年)から開催されている歴史ある大会です。

1952年(昭和27年)には、北海道で初めてのリフト(民間用)が、ここ天狗山に設置されたそうですよ。


それでは、今回は山頂やゲレンデの途中から眺める、小樽の街と港の風景を中心に写真を掲載していきますね(一気にゲレンデを滑り下りてこられないので、休み休み、写真を撮りながら滑ってきたというわけです)。

山頂まで約8分で行く、パノラマペアリフトです。
Otaru_20150308_105517

リフトの途中から見た旧コース。急です。
Otaru_20150308_105931

昔はなかった、山頂の緩やかなファミリーコース
Otaru_20150308_110246

ゲレンデの先に、小樽の街並が見えてきます。
Otaru_20150308_110351

この日は、右にそれてロープウエイ乗り場の横へ。
Otaru_20150308_110513

位置的には、夏場は展望台もある、新コースの上ですね。

ここで、一旦、スキーを外しました。

展望レストラン屋上の展望場所より。
Otaru_20150308_110911

下りていくロープウエイ。
Otaru_20150308_111156

展望レストランの建物の奥。右手の木は天狗山の一本桜「天狗桜」。
Otaru_20150308_111322

ここからの眺めも、観光などではお馴染みですね。
Otaru_20150308_111353

Otaru_20150308_111405

Otaru_20150308_111408

これは、塩谷方面になるのかな。
Otaru_20150308_111432

ここからさらに奥のダイナミックコースは、積雪不足のため滑走禁止になっていて、立ち入ることができません。

山頂の神社の鳥居も、雪に結構埋まってます。
Otaru_20150308_111531

このかまくらのような穴は、確か鼻なで天狗さんがいた場所。
Otaru_20150308_111549
鼻なで天狗さんは、冬場は建物内に移動してます。

閉園中のシマリス公園も、だいぶ雪に埋まってます。
Otaru_20150308_111629

スキーを履き直して、移動してきて、ここは旧コースの上。
Otaru_20150308_112246

ここからの眺めがまたいいんですよね。
Otaru_20150308_112451

これは、ロングラインコースの途中。
Otaru_20150308_112731

バンビコースの上から。
Otaru_20150308_114306

で、麓まで下りてきました。
Otaru_20150308_104728

Otaru_20150308_104427

とうことで、何を隠そう、この日リフトに乗ったのは、1回きりなんです(笑)

お昼にはもう家に帰ってきてしまいましたが、まあ、そんなスキーの楽しみ方ができるのも、小樽ならではですね。

スキーより、天狗山からの小樽の街の眺めを楽しんできたといったところですが、やっぱり天狗山からの景色はいい眺めでした。


※小樽天狗山スキー場の2015年の営業は、3月22日(日)までの予定ですね(ナイター営業は既に終了してます)。
※小樽天狗山スキー場情報のサイトはこちら。
小樽天狗山ロープウェイ | スキーゲレンデマップ


《追記 2015.3.18》
小樽天狗山スキー場の営業は3月22日(日)までですが、積雪状況が良好とのことで、その後も3月31日まで、ロープウエイの利用で春スキーを楽しむことができるそうです。

営業内容は小樽天狗山スキー場のサイトによると、

春スキー営業時間 9:00~15:00

ロープウエイでのご利用となります(リフト営業は終了しております)

オープンコース
新コース・旧コース・ロングラインコース・バンビコース

料金
大人1,300円 小人900円

【ご注意】
シーズン券および点数券、その他割引券等はご利用いただけませんので、予めご了承ください。
小樽天狗山ロープウェイ

とのことです。
料金は、春スキー券ということだそうです。

※ロープウエイの整備運休と夏期営業再開日については、こちら。
小樽天狗山ロープウェイ(ロープウエイの整備運休と夏期営業再開日のお知らせ)

【関連記事】
第64回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されました

※昨年の天狗山でのスキーの記事です。
今シーズン2回目の天狗山でのスキーは、リフトに2回乗って大転倒してきました
久しぶりに天狗山にスキーに行ってきましたが、リフトに乗ったのは一回だけ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

第64回小樽小学生アルペンスキー大会が小樽天狗山スキー場で開催されました

Otaru_20150308_104910


3月8日(日)に、小樽天狗山スキー場にて「第64回 小樽小学生アルペンスキー大会」が開催されました。

ちょっとだけその様子を見に行ってきましたよ。

Otaru_20150308_113949

見に行ったときは、高学年の部だったのですが、高学年は旧コースの中腹からのスタートですね。

Otaru_20150308_114020

Otaru_20150308_114058

さすが、小樽っ子たち、みんな上手いんですよね。

Otaru_20150308_114538


この小樽小学生アルペンスキー大会は、1951年(昭和26年)から開催されていて、中止になった年もあったようですが、今年で64回を迎える歴史ある大会なんですよね。

Otaru_20150308_104903

ただ、最近は参加人数も昔に比べて少なく、あまりニュースにもならないようで、ちょっと寂しいですね。

今年の参加人数は知らないのですが、近年は100人前後の参加者だそうです。
※今年度の参加人数は126人とのことでした。
(2015.3.10追記。参考:2015年3月9日付 北海道新聞夕刊マイたうん小樽・後志欄より)

その昔は、ゲレンデが参加者と応援する家族であふれるくらいで、1970年代の初頭には、多い年には確か1600人を超えた年もあったとか。
※参考:OSA100.pdf(「小樽スキー連盟100周年記念誌 シュプール」PDFより)

もちろん、私も子供の頃に参加してましたよ。
結果は…、まあ…

Otaru_20150308_114713


昔は、冬の遊びといえばスキーでしたが、道具や安いものではないですし、リフト代もかかりますし、今はそれほど気軽な遊び(スポーツ)ではないのでしょうね。今は他にも遊びはいっぱいありますしね。

それでも、昔からスキーが盛んで、スキーの街ともいえるこの小樽ですから、この大会はずっと続いてもらいたいですね。

【関連記事】
※昨年の様子はこちら。
第63回小樽小学生アルペンスキー大会が天狗山スキー場で開催。スキーもしてきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月16日 (日)

第63回小樽小学生アルペンスキー大会が天狗山スキー場で開催。スキーもしてきました

本日(2014年3月16日)、小樽天狗山スキー場において第63回小樽小学生アルペンスキー大会が開催されました。

Otaru_20140316112636

その様子を見学がてら、天狗山にスキーに行ってきましたよ。

大会は午前中に始まっていて、天狗山に着いた時には半分ぐらいは進行していました。

Otaru_20140316110629

立派な表彰台が準備されていました。

コースは、天狗山の旧コースから続く馬の背(って、今もいうのかな?)の斜面を使ってます。

Otaru_20140316112712

見に行った時は、小学校の高学年の部に入っていて、旧コースの中腹からスタートしていました。

Otaru_20140316112702

高学年になると、みんな滑り方も本格的で、上手いんですよね。
さすが小樽のスキー少年・少女たちです!

Otaru_20140316115045

表彰式の様子は見られませんでしたが、天狗山にたくさんの子供たちの歓声が響いてましたよ。
(大会はお昼で終わりました)

近年は参加人数が随分と減っているようですが、今年の参加人数は何人だっだかな。

《2014年3月18日追記》
2014年3月17日付北海道新聞夕刊によると、小樽市内の小学生約100人が参加したそうです。

それにしても、子供たちがたくさんゲレンデにいたのですが、みんなかっこいいです。

Otaru_20140316110949


ところで、この日は今年3回目のスキーとなりました。

Otaru_20140316112206

前回は2回だったリフトには、3回乗ってきました(笑)

前回、派手に転んだ旧コースも滑ってきましたが、もう足がガクガクです。
たった、3回滑っただけなのに(汗)

Otaru_20140316112432

ということで、この日は小学生アルペンスキー大会を見学しつつ、午前中に1時間ちょっとだけスキーを滑ってから帰宅して、お昼ご飯は家で食べました。

こんな手軽なスキーも、小樽ならではですね。

Otaru_20140316115623

天狗山スキー場のリフト運行は、2014年3月23日(日)までのようですが、多分私の今シーズンのスキーはこれで最後です。

こんな最高のロケーションなんですから、もうちょっと行けばよかったかな。

【関連記事】
今シーズン2回目の天狗山でのスキーは、リフトに2回乗って大転倒してきました
久しぶりに天狗山にスキーに行ってきましたが、リフトに乗ったのは一回だけ
第61回小樽小学生アルペンスキー大会の様子(第62回は、残念ながら見に行ってません)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

今シーズン2回目の天狗山でのスキーは、リフトに2回乗って大転倒してきました

土曜日(3月8日)に、天狗山にスキーに行ってきました
今シーズン2回目です。

Otaru_20140308134105

その日は実は曇り空で結構雪が降る悪天候で、どうしようかと悩んだのですが、そう言っていると行くタイミングがなくなるので、思い切って行くことにしました(といっても車ですぐなんですけどね…)。

Otaru_20140308132630

山頂以外は風はそうでもなかったのですが、時折雪も舞って、冬の天狗山の風景や、天狗山から見る雪に覆われた小樽の街並の眺めが好きなので、写真にと思っていたのでちょっと残念でした。

Otaru_20140308141159

この日は土曜日ということもあって、子供たち(スキースクールの子供たちかな?)やスノーボーダーの姿か結構見られたのですが、それでもリフト待ちは0分でした。

Otaru_20140308130253

う〜ん、利用させてもらう方としては最高に快適なんですが、営業的にはちょっと心配になってしまいますよね。

ただ、観光客の方々は結構来ていたみたいですね。

Otaru_20140308130315


さて、スキーの方は、前回はなんと1回しかリフトに乗らなかったので、今回はもうちょっとと思い、倍の2回乗ってきました(笑)

Otaru_dsc09155

リフトで山頂まで行き、緩やかなファミリーコースを滑ってきて、

Otaru_20140308132552

普段は初心者向けのロングラインコースしか滑らないのですが、実は今回は、ペアリフトの右側に見えるコース「旧コース」を久しぶりに滑ってみました。

Otaru_20140308132637

って、実はいつ以来か覚えていないくらい久しぶりの旧コース!
コースの上から見ても、下の斜面が見えないんですよね。

Otaru_20140308140219

で、“よし!滑るぞ!”っとコースを滑り始めた途端に、大転倒!

派手に転んでスキーも外れて雪だるま状態でした(笑)

Otaru_20140308140513

いや〜、子供の頃は、怖いもの無しという感じで、スピード出しつつ上手に滑り降りてたんですが、やっぱり昔のようにはいかないですね(^^;;

結局、ゆっくりと下りてきました。
けど、やっぱりスキーは面白いですね。

そうそう、スキーって、太ももなんかの足はもちろん、何だか知らないうちに体中の筋肉使ってるんですよね。

翌日、というか、当日夜より体中がガビガビ、バキバキなのは言うまでもありません。
今は体中が筋肉痛です(笑)


というわけで、小樽の市街地を正面に見下ろす、絶好のロケーションの天狗山スキー場。
せっかくですから、もっともっとスキーに行きたいですね。

天狗山スキー場のリフト運行は、2014年は3月23日(日)までの営業のようです。

天狗山は、まだまだ雪はありますよ。

Otaru_20140308132445

小樽天狗山ロープウェイのサイトのゲレンデマップがこちら。
小樽天狗山ロープウェイ | スキーゲレンデマップ
2014/3/23( ...

【関連記事】
久しぶりに天狗山にスキーに行ってきましたが、リフトに乗ったのは一回だけ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌