小樽の公園

2020年9月17日 (木)

運河公園〜北運河エリアの噴水のある公園〜かつて日本郵船の荷物を積み降ろすための船入澗や倉庫群のあった跡地に造られた公園

Otaru_20200812-161513r

小樽運河の北側、通称・北運河の端まで行くと、その前に噴水のある公園があります。

ここが運河公園です。

正面には、国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店が威厳ある重厚な姿を見せています(保存修理工事のため長期休館中です)。

Otaru_20200812-161328r

Otaru_20200410-151359_20200917210301

運河公園は、夏には噴水が勢いよく上り、広場で遊ぶ子供たちや、周囲のベンチなどでのんびり過ごす人の姿もよく見られ、皆さんの憩いの場となっていますよね。

Otaru_20200812-161432r

Otaru_20200901-163948

(あっ、ベンチの足がイカリ!?)
Otaru_20200901-164018

例年であれば、色んなイベントも開催会場となるここ運河公園ですが、今年はコロナ禍でイベントなどは開催されずに、静かな夏となってしまいましたね。

運河公園について

運河公園が完成したのは、1998年(平成10年)のことで、それほど古くはありません。

翌1999年(平成11年)には、第12回小樽市都市景観賞を受賞しています。

ここはもともと旧日本郵船(株)小樽支店の荷物を積み降ろすための船入澗(ふないりま)と倉庫群があった場所で、そこに公園を造ったのだそうです。

中央部の噴水池は、かつての船入澗の形を縮小して再現したものだそうですよ。

(クリックすると拡大します)
Otaru_20181026-153741

Otaru_20181026-153817

(水が抜かれた状態の噴水池)
Otaru_20200410-150955

運河公園は、そういった小樽の歴史を意識して造られた公園なんですね。

Otaru_20200901-164225

Otaru_20200901-164234

Otaru_20200901-164232

※参考
小樽市 :第12回 小樽市都市景観賞作品
小樽市 :小樽市のあゆみ

公園内の石造倉庫

運河公園正面の色内大通り沿いには、国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店が建っていますが、公園内には石造倉庫が2棟建っています。

色内大通り側から公園に入ってすぐ左に建っているのが休憩棟で、左手奥に建っているのが遊具施設棟になります。

このうち、休憩棟となっているのが、実は大正9年(1920年)建築の小樽市指定歴史的建造物「旧日本石油(株)倉庫」なんですよね。

Otaru_20181026-153358

この建物自体は運河公園のオープンに先立って、新しい石を用いて再現したものだそうです。
※参考:小樽市 :旧日本石油(株)倉庫

そうだ、あと運河側にある公衆トイレも石造ですね。
Otaru_20200901-164212

公園周囲にも石造りの倉庫があちこちで見られ、北運河エリア自体がとても歴史を感じられるスポットにもなっていますね。 

運河公園内に建つ銅像

公園内には、小樽港の近代化に深く関わりのある2人の技術者、廣井勇(いさみ)と伊藤長右衛門の銅像が建っています。

まず、小樽運河側から運河公園に入って右手に建っているのが廣井勇(いさみ)の銅像です。

Otaru_20170331-112625r

小樽港の手宮側から伸びている北防波堤。第一期工事としてこの北防波堤を建設したのが、初代小樽築港事務所長で「港湾工学の父」とも呼ばれる廣井勇です。北防波堤が完成したのは明治41年(1908年)のことです。

そしてもう1人、先ほどの旧日本石油(株)倉庫の横に建つのが、伊藤長右衛門の銅像です。

Otaru_20170331-112806r

廣井勇による小樽港の第一期工事に続いて、第二期工事で南防波堤の建設を指揮したのが、廣井勇の弟子でもある伊藤長右衛門です。南防波堤が完成したのが、大正10年(1921年)のことです。

※参考:小樽市 :小樽港要覧 小樽港の沿革と自然状況

そして、もう一つ、色内大通り側から公園に入って右手の少し奥まったところに銅像が建っています。「赤い靴 親子の像」です。

Otaru_20200901-163928

これは、野口雨情作詞で知られる童謡「赤い靴」の歌詞に出てくる女の子のモデルになった「きみ」ちゃんという子と、その両親の像とのことなんですね。

きみちゃんのご両親は、晩年を小樽で暮らしていたということで、縁のある小樽にこの銅像が建てられたのですね。

※関連記事
運河公園に建つ2つの銅像は、小樽港の近代化に深く関わりのある廣井勇と伊藤長右衛門
小樽港湾事務所内の「おたるみなと資料館」に行ってきました〜南北防波堤など、小樽港建設の歴史に関する資料が展示
運河公園の「赤い靴 親子の像」

おわりに

ということで、運河公園について紹介してみました。

Otaru_20200410-150932

石造倉庫などの歴史的建造物も多く、昔の面影を残す北運河エリアは、静かな時間が流れいてて、散策するのにもとてもいいスポットなので、散策の途中でここ運河公園でのんびり休憩するのもいいですね。

※小樽市の公園の管理は、他の一般の公園は建設部公園緑地課になりますが、ここ運河公園は産業港湾部港湾室になります(小樽市 :港湾室で管理している公園について)。

(3月の雪解け時の様子)
Otaru_20200318-144807

【関連記事】
※運河公園関連の主な記事
運河公園の「赤い靴 親子の像」
運河公園の噴水が気持ちよさそうに勢いよく上がっていました
「おたる運河マツリ」と「北運河ルネサンス2019」に8月24日夜にちょっとだけ行ってきました〜北運河や運河公園で2つのイベントが8/24・25に開催
野外ライブイベント「北運河サウンドエナジー Vol.7」をちょっとだけ聴きに行ってきました〜8月25・26日に運河公園で開催
運河公園に建つ2つの銅像は、小樽港の近代化に深く関わりのある廣井勇と伊藤長右衛門
運河公園の噴水と休館中の「旧日本郵船(株)小樽支店」
歴史的建造物「旧日本石油(株)倉庫」で開催の音楽イベント「2016おたる歴史紀行音楽きこう」の様子を見に行ってきました
冬のちょっとした風景〜雪の北運河を歩く
旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》
ニュースより/小樽運河に残る最後の艀(はしけ)が撤去へ

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

幸町にある大きな公園「幸中央公園」

Otaru_20200720-153015

幸町の住宅街の中に、大きな公園があります。

幸中央公園」です。

時々思い立ったように投稿している小樽の公園シリーズになりますね。

広い公園は二段になっていて、こちらが上の段。

Otaru_20200720-152508

実は、幸中央公園にはこの日、初めてきたのですが、上の広場は何に使われるのかな。

Otaru_20200720-152749

下を見ると、グラウンドと遊具が設置されている広場があって、この日も子供たちがたくさん遊んでいました。

Otaru_20200720-152723

Otaru_20200720-152727

Otaru_20200720-152729

広いですね。

そうそう、小樽の公園には、よく公園の種類(区分)と番号が書かれた看板があるのですが、見つけられませんでした。

いつも参照している小樽市HP内の小樽市 :都市計画施設(公園一覧表)を確認してみると、幸中央公園は公園の種類(区分)でいうと近隣公園で、番号は11になるようです。

小樽市の近隣公園は、ここ幸中央公園やさくら公園天神公園栗山公園もがみ公園など、12箇所あるようです。

幸町は住宅地として開発されたのが昭和40年代後半からという、市内では比較的新しい地区で、幸小学校の開校が昭和47年で、この幸中央公園ができたのは昭和48年のことのようですね。

(グラウンド側の公園入り口)
Otaru_20200720-153026

Otaru_20200720-153205

Otaru_20200720-153538

ここ幸中央公園は、地域のお祭りとしてはかなり大掛かりな「幸りんごまつり」や、小樽雪あかりの路のあかりの路会場としても利用されているんですよね。

個人的にはなかなか行く機会がないので、機会があったら、行ってみたいですね(今年はやはりお祭りは開催されなかったのかな?)。

※参考
・北海道新聞朝刊折り込み紙〈新ねっとわーく小樽〉No.39(2017年10月)「幸」
小樽市立幸小学校
都市公園 都市公園の種類 公園とみどり

【関連記事】
幸町の花や木々が綺麗に整備された「りんご通り」
幸小学校前を通って幸会館までのバス通り沿いの様子

| | コメント (8)

2020年6月 1日 (月)

小樽公園のツツジと藤棚の様子〜とても綺麗に咲いていました(2020年5月29日の様子)

Otaru_20200529-150926

先日、天気の良い日に、小樽公園に行ってきました。

お目当ては、この時期に見ごろになる、ツツジの花です。

小樽公園は、小樽市の花でもあるツツジの見どころとしてもよく知られてますが、この時期は、オレンジ色のツツジを中心に広い園内のあちこちにツツジが咲いているんですよね。

こちらは見晴台の花園グラウンド側の斜面のツツジ。

Otaru_20200529-150454

Otaru_20200529-150531

見晴台からは相変わらずいい眺め。ツツジも鮮やかです。

Otaru_20200529-150949

(こちらは見晴台のツツジ)
Otaru_20200529-150825

こちらは公園海側の斜面のツツジ。

Otaru_20200529-151031

海側の斜面下には、ちょっとした庭園が整備された広場があります。

Otaru_20200529-151242

そこに、もうひとつのお目当ての藤棚がひとつあるんですよね。

Otaru_20200529-151247

この時期は、ツツジと一緒に、その藤の花も楽しむことができます。

小樽には、あまり藤の花を楽しめる場所がないかと思うのですが、ここ小樽公園の藤棚の花はとても綺麗で、楽しみにしている方も多いのではないでしょうかね。

Otaru_20200529-151211

ちなみに、ここの藤棚は数年前に一度倒壊してしまい、修理されたんですよね。なので、現在の藤棚は新しいものです。

Otaru_20200529-151153

Otaru_20200529-151216

ということで、小樽公園のツツジと藤棚の様子でしたが、ここ数日、小樽は天気も良く(5月30日は27.5℃(13:49)で、ちょっと暑すぎるくらいでしたが…)、公園内をのんびり散歩するのにも、いい時期ですね。

そうそう、閉鎖されていた小樽公園(見晴台)の駐車場は、同じく閉鎖されていた手宮公園、長橋なえぼ公園、平磯公園と一緒に、5月26日(火)から再開されています。
小樽市 :新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設等の臨時休業・再開等について

Otaru_20200529-150623

【関連記事】
※昨年の様子です。
小樽公園の藤棚が綺麗に咲いてました。ツツジもすっかり見頃です(2019年5月24日の様子)

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

長橋の砂留トンネルの上にある小さな公園〜小樽市管理のようだけど、名前はない?

20190706-144842

富岡町の船見坂の上から長橋方面に抜ける道は、長橋に入って旧国道と合流するために、右折して線路を渡って旧国道と合流するのですが、そのまま右折せずに真っすぐ進むと、すぐに歩道部分が線路沿いに入っていく道とに分かれています。

どうにも気になったので、その線路沿いの細い道に入ってみました。

20190706-144338

20190706-144414

(振り返ると、向こうに旧国道に合流する手前の踏切が見える)
20190706-145341

その線路沿いの細い道は、しばらく右手に線路を見ながら続いていきます。

20190706-144439

(また、振り返って見たところ)
20190706-145309

そのうち、周囲が少し開けて木々が植えられている場所があり、そこを過ぎると小さな広場がありました。

20190706-144559

20190706-144727

20190706-144743

どうやら小さな公園のようですね。

小樽市公園管理者と書かれた、公園利用についての看板がありましたが、他の公園によくある公園名については書かれてないですね。

20190706-144802

このブログでは、小樽の公園シリーズなどといって、小さな児童公園(街区公園)なども取り上げていますが、この公園は小樽市管理のようだけど、名前はないのかな!?

20190706-144826

20190706-144828

20190706-144842

20190706-144904

場所的には、下には長橋バイパス(国道5号線)の砂留トンネルが走っていて、この公園のすぐ先が砂留トンネル出入り口になっています。

20190706-144923

(すぐ先に砂留トンネルの出入り口)
20190706-143640

(長橋バイパスから外れて、トンネル上の公園前を通る道)
20190706-143722

ということで、名前がないようですが、長橋の砂留トンネルの上にある小さな公園の様子でした。

※もし、公園名があって、ご存知の方がいたら、教えてください!!

※Facebookページの方でコメントをいただいたのですが、長橋1丁目の町内会では、砂留バイパス公園と呼ばれているそうです(2019.8.2追記)。

 

 


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年5月25日 (土)

小樽公園の藤棚が綺麗に咲いてました。ツツジもすっかり見頃です(2019年5月24日の様子)

Otaru_20190524-144635

小樽公園の海側の斜面下には、ちょっとした庭園がある広場があって、そこには藤棚がひとつあるのですが、その藤の花が綺麗に咲いていました。

小樽で藤の花を楽しめる場所ってあまり知らないんですよね。

なので、ここ小樽公園の藤の花は、毎年楽しみにしてるんですが、今年も綺麗に咲いていました。

Otaru_20190524-144545

ここの藤棚は、実は数年前に一度倒壊してしまい、修理されたんですよね。なので、現在の藤棚は新しいものです。

Otaru_20190524-144552

藤棚の下にベンチがあるのですが、花の下に入ると、ハチが花の周りをブンブン飛んでいて、ちょっと怖いくらいです。

Otaru_20190524-144611
(見にいった時は、庭園のまだ水は流れてませんでした)

小樽公園では、桜の花の後にツツジが咲き出すと、藤の花も咲き出すんですよね。

で、小樽公園は、小樽市の花でもあるツツジの見どころとしても知られていて、オレンジ色のツツジを中心に今が見頃です。

では、ツツジの写真も掲載しますね。

Otaru_20190524-144515

Otaru_20190524-144529

Otaru_20190524-144415

Otaru_20190524-144644

Otaru_20190524-144259

見晴台からは相変わらずいい眺め。

Otaru_20190524-144247

ということで、すっかり見頃になっていた、小樽公園の藤棚とツツジの様子でした。

【関連記事】
八重桜に続いてツツジが咲いています〜手宮緑化植物園と小樽公園(5月18日・19日の様子)
※昨年の藤棚の様子です。
小樽公園の藤棚が綺麗に咲いてました。そして、ツツジも(5月29日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

八重桜に続いてツツジが咲いています〜手宮緑化植物園と小樽公園(5月18日・19日の様子)

Otaru_20190519-160909

先週末の5月18日(土)・19日(日)の小樽は暑かったですね。

18日はなんと最高気温が28.2℃を記録して、これはもうこちらでは真夏の暑さですね。そして、19日も24℃を超える暑さで、こんなに急に暑くなると、ちょっと身体がついていけません。

ただ、この週末は青空が広がるいい天気で、そうなると、先日から見頃を迎えていた八重桜の様子が気になって、手宮緑化植物園小樽公園の様子を見に行ってきました。

手宮緑化植物園のツツジと八重桜

まずは、19日(日)に行った手宮緑化植物園なんですが、もともとは八重桜の様子を見に行ったものの、まずはそれより鮮やかに咲いていたツツジが目に入りました。

Otaru_20190519-160201

オレンジ色を中心としたツツジが本当に綺麗に咲いていましたよ。

Otaru_20190519-160226

背景の小樽港の眺めも、相変わらず抜群ですね。

Otaru_20190519-160909

園内の斜面中程に並ぶ八重桜は、ピークは過ぎたようですが、まだまだ綺麗でした。

Otaru_20190519-160312

Otaru_20190519-160554

園内では色々な花が咲いていて、なんだか、よりカラフルに色づいたようです。

Otaru_20190519-160122

Otaru_20190519-160259

小樽公園のツツジと八重桜

前日18日(土)には、小樽公園に行ったのですが、こちらも八重桜に加えてツツジも咲き出してました。

こちらは西側(花園グラウンド側)のツツジで、もう結構咲いていました。

Otaru_20190518-151026

Otaru_20190518-151015

東側(海側)のツツジは日当たりの関係でしょうかね、咲き始めてはいますが、まだこれからといった感じでした。

(見晴台からの眺め)
Otaru_20190518-151129

Otaru_20190518-151140

八重桜の様子は、やはりピークは過ぎたものの、花園グラウンドの旧緑小学校側の道沿いに咲く八重桜の桜並木は綺麗に咲いていました。

Otaru_20190518-150017

こちらは、顕誠塔前広場に向かう坂道の脇に並んで咲く八重桜。まだ頑張って咲いてます。

Otaru_20190518-150816

小樽公園は、小樽市の花でもあるツツジの見どころとしても知られていて、オレンジ色のツツジを中心に公園内のあちこちに咲いているんですよね。

しばらくは、小樽公園のツツジを楽しめそうですね。

小樽公園も見晴台からはいい眺めでした。

Otaru_20190518-151156

おわりに

ということで、八重桜の様子を追いかけていたら、もうすっかりあちこちでツツジが咲いていました。

この時期の北海道は、色々な花が一斉に咲き出して、いい季節です。

Otaru_20190518-150702

【関連記事】
【小樽桜巡り2019】小樽市内では八重桜が綺麗に咲いてます〜小樽公園・中央小公園・旧手宮線(5月15日の様子)

※桜関連の記事は、カテゴリー「小樽の桜」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2018年5月30日 (水)

小樽公園の藤棚が綺麗に咲いてました。そして、ツツジも(5月29日の様子)

20180529_152140


小樽公園の庭園のある広場に、藤棚がひとつあるのですが、その藤の花か綺麗に咲いているという情報があったので、見に行ってきました。

お〜、綺麗に咲いてますね!!

20180529_152126

20180529_152135

小樽で藤の花を楽しめる場所ってあまり知らないので、ここ小樽公園の藤の花を毎年楽しみにしてるんです。

20180529_152147

ここの藤棚は新しいのですが、実は一度倒壊してしまったことがあって、4年前に修理されたんですよね。


そして、この時期の小樽公園はツツジが綺麗なんですね。

20180529_152107

20180529_152119

小樽公園は、小樽市の花でもあるツツジの見どころとしても知られてますが、オレンジ色のツツジを中心に今が満開かな。

20180529_152239

20180529_155008

この日は天気も良くて、眺めも良く、ツツジの色も鮮やかで綺麗でした。

20180529_152457


そうそう、藤棚といえば、小樽公園の他に、近くの入船公園にも藤棚がひとつあるんですよね。

20180529_171743

藤棚は、公園内の遊具などのある広場の一角にあるんですが、こちらも綺麗に咲いてました。

20180529_171828


ということで、小樽公園の満開の藤の花とツツジ、そして入船公園の藤棚の様子でしたが、藤棚といえば、あと旧手宮線跡沿いのひまわり公園にもありましたね。咲いてるかな。

【関連記事】
小樽公園に行って咲き始めたツツジと新緑の白樺林を見てきました(5月22日の様子)
小樽公園のツツジと藤の花が綺麗に咲いてます。藤棚は入船公園にも(5月25日の様子)(※昨年の小樽公園の藤とツツジの様子)
藤の花があちこちで綺麗に咲いてます〜小樽公園・入船公園・ひまわり公園


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月24日 (木)

小樽公園に行って咲き始めたツツジと新緑の白樺林を見てきました(5月22日の様子)

Otaru_20180522_142004


5月も下旬ですが、小樽はこの時期、色とりどりの花があちこちに咲き、木々は若葉の新緑へと変わっていきます。いい季節です。

さて、先日まで小樽では桜の花があちこちで綺麗に咲いていましたが、その次はやはり、小樽市の花でもあるツツジでしょうか。

桜のほか、ツツジの見どころとしても知られる小樽公園では、そろそろツツジが咲き始めている、という話を耳にしたので、天気の良かった5月22日(火)に小樽公園に行ってみました。


咲き始めた小樽公園のツツジ

Otaru_20180522_141526

お〜、咲いてますね。

Otaru_20180522_141501

Otaru_20180522_141914

Otaru_20180522_142231

小樽公園では、オレンジ色のツツジを中心に、公園内のあちこちに咲いていますが、場所によってはもうかなり綺麗に咲いてました。

Otaru_20180522_142422

池のある庭園周りのツツジが、色とりどりで綺麗なんですよね。

Otaru_20180522_142347

まだ、咲き始めたばかりの木もあるので、もう少ししたら、全体的に満開で見頃になるでしょうね。

そうそう、この庭園前には藤棚がひとつあるのですが、藤の花も咲き始めてました。

Otaru_20180522_142358

Otaru_20180522_142456

公園の木々もすっかり緑に色づきましたね。この日は天気も良かったので、高台の見晴台からの景色もいい眺めでした。

Otaru_20180522_142004


白樺林も新緑に

小樽公園南側(入船町側)にある白樺林にも行ってみました。

Otaru_20180522_140754

ここは、そんなに大きな白樺林ではないのですが、個人的にお気に入りの場所で、四季折々の景色を見せてくれるので、季節が変わるたびに訪れているんです。

Otaru_20180522_140610

新緑が綺麗です。

Otaru_20180522_140613

(八重桜がまだ残ってました)
Otaru_20180522_140554

街中の公園に、こんな場所があるというのはいいですよね。

Otaru_20180522_140628

この白樺林は、小樽ロータリークラブが創立30周年を記念して昭和39年に植樹したものだそうで、「ロータリーの杜」と呼ばれています。

Otaru_20180522_140709

Otaru_20180522_140751

そうそう、この白樺林の通りを挟んだ向かいにが、この春に開校した「小樽市立山の手小学校」が建ってます。

Otaru_20180522_140743

振り返ると、天狗山が見えます。
Otaru_20180522_140818

こちらは木々の間から見た天狗山ですが、天狗山もすっかり緑に覆われましたね。

Otaru_20180522_140645


おわりに

ということで、小樽公園で咲き始めたツツジと白樺林の新緑の様子でした。

ちなみに、公園内の八重桜は、まだ花びらを残しているものの、そろそろ終了ですね。
(まだ、綺麗な八重桜もありました)
Otaru_20180522_141204

ツツジといえば、手宮緑化植物園も綺麗ですが、どうかな〜、もう綺麗に咲いているかな〜

【関連記事】
※昨年の小樽公園のツツジの様子です。
小樽公園のツツジと藤の花が綺麗に咲いてます。藤棚は入船公園にも(5月25日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月 3日 (日)

小樽公園の見晴台から眺める初冬の風景

Otaru_20171201_1419392


大雪に見舞われた11月19日以降、雪は降ったり止んだりの小樽ですが、積雪は少しずつ減ってきたものの、結局積もった雪は溶けきらずに、今もあたりは雪は少ないながらも雪景色を保ってます。

昨日から雪はそこそこ降ってるし、このまま根雪なのかな…

さて、そんな初冬の小樽ですが、少し晴れ間が見えた先日(12月1日)、小樽公園の見晴台に行ってきました。

(2017年12月1日撮影)
Otaru_20171201_141908

ここ見晴台は、小樽の街並と小樽港を眺めることができる小高い丘になっていて、私もよく来るのですが、本格的な冬を迎えると、ここも雪に埋まるんですよね。

Otaru_20171201_141922

なので、その前のこの時期に行ってみたというわけです。
まだ雪はうっすらと積もっている程度でしたけどね。

すぐ横の駐車場も真冬は雪に埋まるのですが、まだ全然大丈夫でした。

Otaru_20171201_142022

で、肝心の見晴台からの眺めも、ちょうど晴れ間が見えて、とてもいい眺めでした。

Otaru_20171201_1419392

Otaru_20171201_141955

実は、夏場は木々の葉が生い茂っていて、眺めは街並みが隠れてしまうのですが、秋からこの時期にかけては、葉が落ちて街並みも綺麗に見渡せるんですよね。

Otaru_20171201_142011

そして、この日は花園グラウンドにも行ってみました。

後ろは体育館です。
Otaru_20171201_141804

なんだかとっても綺麗で、清々しいくらいの風景でした。

Otaru_20171201_141656


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

桜町にある近隣公園「さくら公園」〜ん?隣接するグラウンドは…

先日、桜町方面に出かけた際、桜町本通りに沿うように公園がありました。ということで、時々思い立ったように投稿している小樽の公園シリーズ、今回はこちらの公園です。

さくら公園」です。

Otaru_20170720_142547

桜町本通りから通りをちょっと入ったところに公園の看板があります。

(桜町本通りから入って行くと、左手に入り口がありました)
Otaru_20170720_142659

Otaru_20170720_142534

ここさくら公園は看板に書かれている通り、近隣公園に分類されます。

Otaru_20170720_142606t

ここに公園があるのは地図で知ってはいたのですが、訪れたのは初めてです。

手前に公園施設の遊具が設置されていますが、その奥は広いグラウンドですね。

Otaru_20170720_142606

ちなみに、桜町本通りのバス停「弥生通」のところに市営桜駐車場があって、その奥にもさくら公園の門があったのですが、そこから見えるのはまさにグラウンドですね。

(弥生通のバス停)
Otaru_20170720_142229

(市営桜駐車場)
Otaru_20170720_142222

(奥に公園入り口の門)
Otaru_20170720_142215

Otaru_20170720_142056

Otaru_20170720_142111

先ほどの遊具のある公園施設は、ここから見ると右手になります。

Otaru_20170720_142122

このグラウンドの正面には、この時は木々でよく見えませんが、桜小学校があるんですよね。

Otaru_20170720_142136

あれ?この広いグラウンドは、ひょっとして桜小学校のグラウンド?

Otaru_20170720_142114


ちなみに、先ほどの公園の看板に「近隣公園No.5」と表示されてましたが、小樽の近隣公園には、汐見台公園、天神公園栗山公園もがみ公園、朝里中央公園、幸中央公園など、12箇所あるようです。
※小樽市HP内に公園一覧表があるので、詳しくはそちらでどうぞ。
小樽市 :都市計画施設(公園一覧表)

※参考:都市公園 都市公園の種類 公園とみどり

ということで、今回は桜町のさくら公園の様子でした。

【関連記事】
※先日桜町方面に行った時の桜町関連の記事。
・・桜町の「ぱんじゅう処 あんあん」でぱんじゅうを買ってきた
桜町にあった気になる建造物は水道施設「桜低区配水池」でした
桜ロータリーから熊碓神社までの坂道から横に入る通りに名前が付いてた
桜ロータリーからまっすぐ続く坂道の先の高台に建つ熊碓神社へ
放射状に5本の道路が伸びる桜ロータリー


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)