小樽の紅葉

2017年10月29日 (日)

【小樽の紅葉2017】まだまだ紅葉を見に再び手宮緑化植物園・3度目の天上寺・龍徳寺の夫婦イチョウ(10月28日の様子)

Otaru_20171028_143019


小樽の紅葉もだいぶ木々の葉が落ちてきて、そろそろ見頃も終盤といった感じですが、晴れ間が広がった10月28日(土)に、再び手宮緑化植物園へ、そして3度目の天上寺へ、最後に龍徳寺の夫婦イチョウの紅葉(黄葉)を見に行ってきました。


再び手宮緑化植物園の紅葉

Otaru_20171028_142440

前回、手宮緑化植物園に行った時は、ちょっと曇ってしまったのと、桜の紅葉がもう少し色づきそうだったので、いい天気になったこの日に、再び行ってきました。

園内の木々全体が、色濃く紅葉していて、相変わらず、小樽市重要眺望地点にもなっている手宮緑化植物園の上から見る、小樽港の眺めは抜群です。

Otaru_20171028_143838

手前のドウダンツツジも真っ赤です。

奥の園内下に下りていく桜並木も綺麗に色づいてますが、実は、近づいてよく見ると、葉はだいぶ散ってます。

Otaru_20171028_143805

けど、その落ち葉が地面に敷かれて、これはこれでいい雰囲気です。

Otaru_20171028_142806

公園下に並ぶ桜もいい具合に色づいてますね。
Otaru_20171028_142737

ここは本当にいい眺めです。
Otaru_20171028_143019

Otaru_20171028_142503

Otaru_20171028_142747

ここからは葉が散って行くでしょうから、もう手宮緑化植物園の紅葉も終わりでしょうが、そもそも手宮緑化植物園の今年の開園期間は11月3日までなので、今期はもう行けないかな(参考:小樽市 :秋のおすすめ情報。入園料無料で月曜が休園日)。

こちらは手宮公園内の紅葉です。
Otaru_20171028_142003

Otaru_20171028_144229

Otaru_20171028_144243

こちらはすぐ近くの小樽稲荷神社の紅葉です。こちらももう終盤ですね。
Otaru_20171028_144447

※前回の様子はこちら:【小樽の紅葉2017】手宮公園と手宮緑化植物園、そしてすぐ近くの小樽稲荷神社の紅葉(10月21日の様子)


3度目の天上寺の紅葉

小樽市歴史的建造物の天上寺の境内で見られる紅葉は、とても気に入っているのですが、前回見に行った時は、門から並ぶ桜の木がもうちょっと色づきそうだったので、様子を見に行ってきました。これが今季3度目です(笑)

けど、見に行って良かったです。
Otaru_20171028_135345

参道の両脇の桜が、より一層色濃く紅葉していました。

Otaru_20171028_135321

Otaru_20171028_135249

(参道の桜の紅葉を横から見たところです)
Otaru_20171028_135146

階段を上った先に小樽市歴史的建造物の本堂があるのですが、この階段を上ったところの紅葉がとても鮮やかで綺麗なんですよね。

Otaru_20171028_135609

Otaru_20171028_135719

※前回の様子はこちら:【小樽の紅葉2017】入船公園と小樽公園の白樺林と再び天上寺の紅葉(10月24・25日の様子)

※天上寺についてはこちらもどうぞ:天上寺本堂


龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉

Otaru_20171028_153632

国道5号線を市街地方面から奥沢十字街を過ぎて勝納川を越えると、その先で大きく左に曲がりますが、その角にあるのが小樽市指定歴史的建造物の龍徳寺です。

この龍徳寺の境内には大きなイチョウの木があって、この時期は見事に黄色に色付くので、車で国道を走っていて、目にしている方も多いと思います。

(潮見台側から見たところ)
Otaru_20171028_153512

(すぐ近くの国道の真栄歩道橋から
Otaru_20171028_153350

よく見ると、イチョウの木は2本寄り添うそうに立っていて、夫婦イチョウとも呼ばれて、小樽市の保存樹木としても指定されています(※参照:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧)。

Otaru_20171028_153545

※関連記事:龍徳寺の夫婦イチョウは小樽市指定の保存樹木

看板も立っています。
Otaru_20171028_153627

この時はもう午後の遅い時間で、ちょっと暗かったのですが、綺麗に黄葉した夫婦イチョウを見ることができました。

Otaru_20171028_153606

※龍徳寺についてはこちらもどうぞ:龍徳寺本堂〜小樽で最古の寺院本堂


おわりに

ということで、再びの手宮緑化植物園、3度目の天上寺、そして、龍徳寺の夫婦イチョウの紅葉(黄葉)の様子でした。

10月29日(日)の夕方から、小樽は雨が降ってますが、明日30日(月)は気温がぐっと下がり、雨も降り続く予報なので、いよいよ葉も散ってしまうかもしれませんね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

【小樽の紅葉2017】住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りの黄色に色付くイチョウ並木(10月25日の様子)

Otaru_20171025_122136


まだまだ小樽の紅葉は見頃です。

10月25日(水)には、まず住吉神社の紅葉を見て、そこからJR南小樽駅方面に向かう小樽市立病院前の通り沿いのイチョウ並木の黄葉を見に行ってきました。


住吉神社の紅葉

小樽総鎮守・住吉神社は、国道5号線沿いに建つ鳥居側からは、あまり紅葉の様子は見えないのですが、実は参道奥の手水舎や社殿周辺の木々が見事に紅葉してるんですよね。

ということで、この日は社殿側から写真を撮りながら、参道を下りてきました。

まず、社殿を背にして参道を見たところですが、この日は天気も良くて、なかなか見事な紅葉です。

Otaru_20171025_122116

(社殿前の紅葉した木を横から見たところです)
Otaru_20171025_122016

住吉神社は、国道沿いに建つ鳥居から参道に入ってから社殿までくるのに、途中3ケ所にある急な階段を上ってくるので、社殿から振り返ると、参道を見下ろすように眺めるんですよね。

Otaru_20171025_122149

そして、最初の階段の下にある、手水舎横の鳥居を挟んでそびえる大きなイチョウが、この時期見事に黄色に色付くんです。

Otaru_20171025_122219

これは毎年見に来るんですが、本当に見事です。

Otaru_20171025_122250

そして、次の階段を降りると、小樽市指定歴史的建造物でもある社務所が建っているのですが、この周辺でも紅葉が見られて、趣ある建物とあいまってとてもいい感じです。

Otaru_20171025_122344

Otaru_20171025_122409

ここからもう一つ急な階段があって、参道はまっすぐとその先の国道沿いに建つ鳥居へと続いているのですが、最初に書きましたが、ここはあまり紅葉は見られないんですよね。

Otaru_20171025_122500

ただ、まさに鎮守の森といった参道を覆う木々は、とても静かで落ち着いたいい雰囲気です。

(参道を国道側から見たところ。奥に紅葉がかすかに見えます)
Otaru_20171025_122644

さて、国道沿いの鳥居まで来ると、その先の道路沿いに紅葉(黄葉)したイチョウ並木が目に入ってきます。

Otaru_20171025_122702


小樽病院前の通りのイチョウ並木の黄葉

住吉神社の国道5号線沿いに建つ鳥居から、JR南小樽駅方面に向かう道路は、途中の小樽市立病院前のあたりまでイチョウ並木になっているんですよね。

Otaru_20171025_122858

Otaru_20171025_122958

いい感じに黄色く色づいてますね。

Otaru_20171025_123101

Otaru_20171025_123509

けど、途中にまだ葉が緑色だったり、黄色くなりかけの黄緑色だったりの木があったりして、同じような場所にあっても、色づき具合に差が出るんですね。

Otaru_20171025_123025

このイチョウ並木はいつからあるのか分からないのですが、なかなか見応えあるものになってますね。

Otaru_20171025_123328


ということで、今回は住吉神社の紅葉と、小樽市立病院前の通りの黄色に色付くイチョウ並木の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月26日 (木)

【小樽の紅葉2017】入船公園と小樽公園の白樺林と再び天上寺の紅葉(10月24・25日の様子)

Otaru_20171025_115856


小樽の紅葉も場所によっては葉が散り始めているようですが、まだまだあちこちで色合いがより深くなった紅葉を楽しむことができます。

今回は、入船公園小樽公園の白樺林、そして、再び天上寺の紅葉の様子です。

10月24日と25日に見に行ったのですが、この日は天気も良かったので、とても綺麗な紅葉を見ることができました。


入船公園の紅葉

小樽公園の紅葉はあちこちで紹介されることがあるのですが、すぐ近くの入船公園の紅葉もなかなか綺麗なんですよね。

※写真は10月24日・25日の撮影です。
Otaru_20171025_083642

入船公園には公園内を抜ける散歩道があるのですが、その周囲がちょっとした林になっていて、その木々が綺麗に色づいてます。

Otaru_20171024_083804

その小道には落ち葉が積もり、それもまたいい雰囲気なんですよね。

Otaru_20171024_083915

(木々の間から天狗山が見えます)
Otaru_20171024_083920

(グラウンド側の入口)
Otaru_20171025_083618

(入船公園近くの通りから公園を見たところ)
Otaru_20171025_114540


小樽公園の白樺林の紅葉

小樽公園のこのブログでよく登場する白樺林も、随分と濃く色づきました。

※写真は10月25日(水)の様子です。
Otaru_20171025_115821

紅葉の白樺林ですが、葉はだいぶ落ちてきたでしょうか。

Otaru_20171025_115808

けど、林の中に入ると、この日は天気が良くて日が差し込み、色づく木々がなんとも綺麗でした。

Otaru_20171025_115856

Otaru_20171025_115904

Otaru_20171025_120030

ここは現在、向かいで2018年(平成30年)4月1日に開校予定の、緑小と最上小、そして入船小の一部が統合してできる新しい小学校「小樽市立山の手小学校」の工事が進んでいて、校舎の全貌ももう見えています(こちらの記事をどうぞ:工事中の小樽市立山の手小学校の全体像が見えました)。

Otaru_20171025_115748


再び天上寺の紅葉

天上寺の紅葉は、10月22日にも見に行ったのですが、25日に小樽公園の白樺林の紅葉を見た後、そのまま天上寺にも再び行ってきました。

Otaru_20171025_120624

(参道の両脇の桜並木が紅葉してます)
Otaru_20171025_120629

前回よりも全体的に紅葉が進み、色濃くなってました。

(階段を上った先に小樽市歴史的建造物の本堂があります)
Otaru_20171025_120729

※この日は天上寺本堂の写真を取り忘れました…。
天上寺本堂

この日は天気も良かったので、赤色がより鮮やかに見えますね。

Otaru_20171025_120802

Otaru_20171025_120911

Otaru_20171025_120947

Otaru_20171025_120955

(階段の上から振り返って見たところ)
Otaru_20171025_120934

※前回22日の天上寺の紅葉の様子はこちら。
【小樽の紅葉2017】歴史的建造物の天上寺の紅葉(10月22日の様子)


おわりに

ここ数日のいい天気は、土曜日あたりまで続きそうで、小樽の紅葉ももう少し楽しめそうですね。

ということで、入船公園と小樽公園の白樺林、そして天上寺の紅葉の様子でした。

【関連記事】
小樽の街も秋色に染まり出してます

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月24日 (火)

【小樽の紅葉2017】歴史的建造物の天上寺の紅葉(10月22日の様子)

Otaru_20171022_143059


小樽市内の紅葉が見頃なんですが、10月23日(月)に小樽では2017年の初雪が降ってしまいましたね。

雨風が強かったので、葉が落ちてないか気になるところですが、その後、今週は晴れる天気予報なので、もう少し小樽の紅葉を楽しめるといいですね。

さて、雪が降る前の10月22日(日)に、入船町にある本堂が小樽市指定歴史的建造物の天上寺に、紅葉の様子を見に行ってきました。

(ちょっと天気が悪くて残念でした)
Otaru_20171022_143235
(右奥には天狗山も見えます)

天上寺は、立派な門をからの参道の両脇が、ちょっとした桜並木になっているので、この時期はその桜の紅葉が楽しめるんですよね。

Otaru_20171022_143147

(参道に入って振り返って見たところ)
Otaru_20171022_143016

そして、境内の階段の先に本堂が建っているのですが、その階段の周囲の木々が、この時期に色鮮やかに紅葉して、とても綺麗なんです。

Otaru_20171022_143337

Otaru_20171022_143354

Otaru_20171022_142741

Otaru_20171022_142757

そして、こちらが歴史的建造物の本堂ですが、とても威厳があって堂々たる姿です。

Otaru_20171022_142805

お寺と紅葉って、いい雰囲気ですよね。

Otaru_20171022_142821

こちらは、階段の上から振り返って見たところ。

Otaru_20171022_142905

この周囲の紅葉は、例年だともうちょっと、さらに色づいたと思うので、もう少しの間、天上寺は紅葉を楽しめるかもしれませんね。

【関連記事】
天上寺本堂

※天上寺関連の紅葉の過去記事です。
【小樽の紅葉2016】大雪で小樽の紅葉シーズンももう終わり〜水天宮・小樽運河・天上寺など(大雪前の11月4日の様子)
【小樽の紅葉2015】歴史的建造物「天上寺」の紅葉がいい雰囲気(10月23日の様子)【追記:その後の紅葉の様子(10月27日・31日)】
紅葉を見に歴史的建造物の「天上寺」へ【追記:その後の桜並木の紅葉の様子】(2014年度)
天上寺の紅葉はとても落ち着いた良い雰囲気でした(2013年度)

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

【小樽の紅葉2017】手宮公園と手宮緑化植物園、そしてすぐ近くの小樽稲荷神社の紅葉(10月21日の様子)

Otaru_20171021_145531


小樽の紅葉があちこちで見頃なものの、なかなか天候とのタイミングが合わないんですが(しかも、この記事を書いている10月23日(月)には、小樽に雪が降りましたし…)、とはいえ、紅葉の時期は短いので、時間があればあちこち見に行っていて、10月21日(土)には手宮公園の紅葉を見に行ってきました。

Otaru_20171021_145120

この日は朝から晴れていて、手宮公園には午後に行ったのですが、到着したときには日が当たっていたのに、しばらくして日が陰ってしまったんですよね。ちょっと遅かったみたいで残念でしたが、紅葉は綺麗でした。

(斜面にある手宮公園は木々の向こうに小樽港が眺めます)
Otaru_20171021_151034

Otaru_20171021_151157

そして、手宮公園といえば、その奥の手宮緑化植物園とすぐ近くの小樽稲荷神社も紅葉が綺麗なんですよね。


手宮緑化植物園の紅葉

Otaru_20171021_145424

手宮公園の東の端に位置する、手宮緑化植物園は、整備された園内に様々な植物が植えられていて、季節ごとに楽しむことができるんですよね。

そもそもここは、小樽港を一望する眺めが抜群で、小樽市重要眺望地点として指定されていて、上の眺めのいい場所には看板が設置されてます。

Otaru_20171021_145510

そして、この周囲はドウダンツツジが真っ赤に色づくんですよね。

Otaru_20171021_145518

その奥には公園下に下りていく桜並木があって、そちらも紅葉で色づいてます。

Otaru_20171021_145552

Otaru_20171021_145848

う〜ん、途中で日が陰って暗くなってしまい、ちょっと残念。

Otaru_20171021_150246

けど、園内の木々は、綺麗に紅葉していました。

Otaru_20171021_150410

ここ手宮緑化植物園は、入園料は無料で月曜が休園日。開園期間は11月3日までとなってます(参照:小樽市 :秋のおすすめ情報)。


小樽稲荷神社の紅葉

高台にある手宮公園までの急な坂道は励ましの坂とも呼ばれてますが、その坂道を上った先にあるのが小樽稲荷神社です。

Otaru_20171021_151737

ここは、坂道から見る、鳥居の周辺に生い茂る木々の紅葉が、なんともいい雰囲気なんですよね。

Otaru_20171021_151827

Otaru_20171021_151846

ここの樹林は小樽市から保全樹林として指定されていて、明治43年の神社の新築移転当時よりあった樹林だそうです(※参考:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧)。

Otaru_20171021_152130

Otaru_20171021_151916

小樽稲荷神社について、当ブログの過去記事からの引用です。

小樽稲荷神社の創建は元禄3年(1690年)と古く、社殿は何度か場所を移した後、明治42年(1909年)の大火災を機に現在地に移転改築したそうで、翌明治43年7月(1910年)に竣工したそうです。
【小樽の紅葉2016】励ましの坂を上って小樽稲荷神社・手宮公園・手宮緑化植物園の紅葉を見てきた(10月25日の様子)

Otaru_20171021_151942

Otaru_20171021_152231


おわりに

ということで、途中で日が陰ってしまったのは残念でしたが、手宮公園と手宮緑化植物園、そして小樽稲荷神社の紅葉を楽しむことができました。

10月23日(月)に、小樽では雪(ミゾレかな?)が降ったので、ちょっと紅葉狩りという天候ではなくなってますが、今週、晴れてくれれば、もうちょっと小樽の紅葉を楽しめそうなんですけどね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月22日 (日)

【小樽の紅葉2017】天狗山山頂から見る紅葉で彩られる山と小樽の街並みと小樽港の眺め(10月21日の様子)

Otaru_20171021_140422


小樽の周囲の山々がすっかり紅葉で綺麗に色づいているので、晴れ間が出た10月21日(土)に、天狗山山頂へ車で行ってきました。

天狗山は、山頂から見渡す小樽の街並みと小樽港の眺めがとてもいいことでも知られてますが、この時期は紅葉と一緒に楽しむことができるんですよね。


車で紅葉の中を天狗山山頂まで

天狗山山頂へ車で行くには、最上町を上って行って塩谷方面へ抜ける小樽環状線の途中から、山頂へと向かう市道天狗山観光線に入ります。

(最上町を上っていく途中で、すでに紅葉が綺麗です)
Otaru_20171021_132822

(途中で天狗山観光線に入ります)
Otaru_20171021_132939

Otaru_20171021_133300

そこから山の中を走って行くのですが、街からすぐにこんな自然溢れる山があるというのも、小樽ならではですね。

Otaru_20171021_143213

Otaru_20171021_133508

山間を抜けて山頂まで、普通に走って10分ほどで到着ですが、最後は急に視界が開けて、目の前に小樽の街と海が広がるので、お〜〜!っていう感じになります。

Otaru_20171021_133742

Otaru_20171021_133924

※ちなみに、天狗山山頂へ向かう市道天狗山観光線は、冬期通行止めになります(11月8日(水)からの予定。参考:小樽市 :秋のおすすめ情報)。


第1展望台から

駐車場に車を止めて、ロープウエイ乗り場の建物の方へ向かうと、まず建物手前に第1展望台があります。

Otaru_20171021_134256

いい眺めです。
Otaru_20171021_134316

おっ、ロープウエイが上ってきました。
Otaru_20171021_141518


天狗桜展望台から

ロープウエイ乗り場の建物の奥は、天狗桜展望台という名前がついていて、撮影スポットとして人気の場所ですが、ここには樹齢100年を超える一本桜の「天狗桜」があるんですよね。

Otaru_20171021_134915

その天狗桜も紅葉してます。
Otaru_20171021_140326

記念撮影用のハートのオブジェも設置されています(ハロウィン仕様ですね)。

Otaru_20171021_134802

左側に目を向けると、塩谷方面を見渡せます。
Otaru_20171021_140435


第2展望台から

桜展望台からさらに奥にも、第2展望台と第3展望台があって、まず、スキー場のコース名でいうとダイナミックコースの上が、第2展望台となっています。

Otaru_20171021_134946

Otaru_20171021_135032

ここには小樽市重要眺望地点の案内板が設置されていて、こちらもなかなかいい眺めで、山の麓になる手前の木々の紅葉も綺麗です。

Otaru_20171021_135048

Otaru_20171021_135152


第3展望台から

さらに奥まで行くと、すぐ下が崖の第3展望台があります。

Otaru_20171021_135428

こちらは他の展望場所と違い、小樽の市街地の東側から南へと続く毛無山などの周囲の山々を見渡すことができます。

Otaru_20171021_135437

Otaru_20171021_135434

拡大すると、天神町を横切る工事中の北海道横断自動車道や、2011年(平成23年)に廃止になった奥沢ダムの跡を見ることができます。

Otaru_img_3298

(奥沢ダムの跡)
Otaru_img_3299

第3展望台周辺も紅葉でいい雰囲気です。
Otaru_20171021_140008


屋上展望台から

さて、ロープウエイ乗り場の建物まで戻ってくると、建物の上には屋上展望台もあって、より周囲を広々と見渡すことができます。

Otaru_20171021_141211

(先ほどの天狗桜とハートのオブジェを上から見たところ)
Otaru_20171021_141152

Otaru_20171021_141032

また、ロープウエイが上ってきました。
Otaru_20171021_140948

周囲の山々も綺麗に紅葉してますね。


天狗山山頂の紅葉

もちろん、天狗山自体も紅葉真っ盛りなので、山頂の木々の紅葉を楽しみながら、各展望台を歩いてきました。

Otaru_20171021_134635

Otaru_20171021_134654

Otaru_20171021_140308

残念ながら、シマリス公園や天狗山スライダーの今季の営業は、すでに終了していました。

Otaru_20171021_134532


おわりに

ということで、天狗山山頂から見る、紅葉で彩られる山と小樽の街並みと小樽港の眺めでした。

やっぱり、天狗山からの眺めは抜群です。

Otaru_20171021_141224

※小樽天狗山の公式サイト:小樽天狗山

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

【小樽の紅葉2017】もがみ公園と奥にある小さな滝の紅葉〜ここはかつて二楽園と呼ばれた公園(10月19日の様子)

Otaru_20171019_143811


天狗山へ真っすぐと向かう急な坂道・千秋通りの坂をかなり上まで上っていくと、左手に見えてくる公園が「もがみ公園」です。

ここもがみ公園(この辺りは最上町なんですが、公園名はひらがなで「もがみ公園」と表記されてます)も木々に囲まれて、この時期は紅葉が綺麗なんですよね。

ただ、行くのが大変で、本当にもうすぐ天狗山というところにある公園ですが、10月19日(木)に紅葉を見に行ってきました。

もがみ公園前の千秋通りの坂は、途中まで道路脇に並ぶナナカマドがこの時期は道路を縁どるように綺麗に紅葉するのですが、その様子は投稿済みのこちらの記事でどうぞ。
【小樽の紅葉2017】天狗山へ向かう千秋通りの坂を縁どるナナカマドの紅葉(10月19日の様子)

(公園前から千秋通りの坂を見下ろしたところ)
Otaru_20171019_143755r

(道路を縁どるナナカマドの紅葉)
Otaru_20171019_144417r


もがみ公園と小さな滝の紅葉の様子

もがみ公園は3段になっていて、一番下は広場。
Otaru_20171019_143624

その次が遊具が設置されている広場。
Otaru_20171019_143709

そして、一番上に入り口の門があって「もがみ公園」の表記があります。
Otaru_20171019_143811

ここから木々の間を奥に進んでいくと、周囲がいい感じで紅葉しています。

Otaru_20171019_143823

(二段目を見たところ)
Otaru_20171019_143921

ここの山側は斜面になった広場が広がってます。

Otaru_20171019_144332

Otaru_20171019_144308

さらに奥に進むと…
Otaru_20171019_143906

ここには小さな滝があるんですよね。

Otaru_20171019_144029

先ほどの公園入り口からは見えないので、あまり知られてないかもしれませんが、この小さな滝と合わせて周りの紅葉がなんだかいい雰囲気で、毎年この時期に見にきているんですよね。

Otaru_20171019_144043

ちなみに、文字が消えかかったますが、ヘビ(マムシ)に注意の看板も立ってます(汗)
Otaru_20171019_144005


ここはかつての二楽園

さて、このもがみ公園をこのブログに掲載する時は、よく一緒に紹介しているのですが、ここはかつて二楽園と呼ばれていたんですよね。

近隣の方や、周辺に住んでいた方は、今でも二楽園と呼ぶ方は結構いるようですね。

毎度の当ブログからの引用ですが…

この公園は、元々はこの付近一帯の大地主さんが個人的に造った公園とのことです。 で、この公園のすぐ上には神社があって、その神社で楽しみ、そしてこの公園で楽しむという、2つの楽しみがあるということで「二楽園」と称したそうです。

その後、昭和33年に小樽市に寄付され、この一帯の最上町民の希望により、最上公園と改称したそうです。
もがみ公園と小さな滝〜ここはかつての二楽園: 小梅太郎の「小樽日記」

※参考:緑・最上両町史(続編)

ということで、千秋通りの坂の上にある、かつて二楽園と呼ばれたもがみ公園の紅葉の様子でした。

Otaru_20171019_144206

実はこの日は坂道を歩いて上ってきたのでへとへとで、もうちょっとで天狗山の麓だったのですが、この日ここまでで天狗山までは行きませんでした…

(もうちょっとで天狗山)
Otaru_20171019_144737r

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
もがみ公園と小さな滝〜ここはかつての二楽園
紅葉のもがみ公園(旧二楽園)と奥の小さな滝の様子
【小樽の紅葉2015】天狗山への千秋通りの坂を縁どるナナカマドの紅葉と「もがみ公園」の小さな滝(10月16日)
【小樽の紅葉2016】もがみ公園と奥の小さな滝の紅葉の様子〜ここはかつての二楽園(10月18日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

【小樽の紅葉2017】天狗山へ向かう千秋通りの坂を縁どるナナカマドの紅葉(10月19日の様子)

Otaru_20171019_144417


小樽の紅葉がどんどん進んでいます。

つい先日に“日に日に色づいている”なんて言っていたのですが、あっという間にあちこちで見頃になっていますね。

そこで、10月19日(木)に天狗山へ続く急な坂道・千秋通りの坂に向かいました。

(バス停「工業高校前」から)
Otaru_20171019_142837

千秋通りの坂道の道路脇には、街路樹のナナカマドが植えられているのですが、これがこの時期に道路を縁どるように紅葉するんですよね。

ただ、午後に行ったのですが、上りが逆光になるんですよね。

Otaru_20171019_143053

けど、ということは、坂の上から見ると、いい眺めなんです。

Otaru_20171019_145603

Otaru_20171019_143340

真っ直ぐ続く千秋通りの先に海を眺めることのできるこの風景はお気に入りで、小樽らしい眺めでもありますね。

(千秋通りをさらに上って振り返って見たところ)
Otaru_20171019_144453

坂と海の間に見える森は小樽公園の木々で、白樺林が黄色く色づいているのが見えます。

Otaru_20171019_144501

ナナカマドは途中(最上ミ小学校の上あたり)から植えられてます。

(さらに上ります)
Otaru_20171019_144753

ここから天狗山山麓まではすぐなのですが、この日は行きませんでした。

Otaru_20171019_144737

天狗山の紅葉も見たいんですけど、今週末とか行けるかな…

ということで、天狗山へ向かう千秋通りの坂を縁どる、ナナカマドの紅葉の様子でした。

Otaru_20171019_144927

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

【小樽の紅葉2017】朝里ダムから見る紅葉に彩られたループ橋と、朝里ダム記念館とオタルナイ湖周辺の紅葉の様子(10月15日)

Otaru_20171015_144112


小樽もすっかり秋も深まり紅葉の季節になっていますが、なんだか峠では雪も降ったとか。冷え込みも厳しくなってきて、こうなると紅葉の見頃というのも短いものですね。

ということで、短い紅葉の季節を楽しむために、先日10月15日(日)に朝里ダム周辺の紅葉を見に行きました。

あいにくの曇り空でしたが、朝里ダム周辺の山々は綺麗に色づいてましたよ。で、今回は朝里ダムの先の朝里ダム記念館にも行ってきました。


朝里ダムから紅葉に彩られるループ橋を眺める

朝里川温泉方面への道道1号小樽定山渓線をさらに奥に進んでいくと、巨大なループ橋(朝里大橋、通称“朝里スカイループ”)が現れ、その先に朝里ダムが見えてきます。

Otaru_20171015_141335

Otaru_20171015_141359

ループ橋をぐるりと上ると、朝里ダムの上に出ます。

Otaru_20171015_143955

ダムの上は歩くことができるので、ダムの横の小さな駐車場に車を止めて、今上ってきたループ橋を眺めると、これがなかなか壮大な風景なんですよね。

(朝里ダムの上)
Otaru_20171015_144156

Otaru_20171015_144112

周囲を紅葉に彩られたループ橋の眺めは、なかなかのものです。

Otaru_20171015_144211

反対側にあるダムにせき止められてできた人造湖は、市民公募により「オタルナイ湖」と名付けられていて、こちらも紅葉で色づいた山々に囲まれています。

Otaru_20171015_144051

この時期は朝里ダム周辺の山々が綺麗に色づいて、とてもいい眺めです。

Otaru_20171015_144343

そうそう、ダムの横の駐車場は狭くて、すぐにいっぱいになってしまうので、止められない時もあります。その時はひとまずその先の朝里ダム記念館に行くのがいいかもしれませんね。


朝里ダム記念館とオタルナイ湖周辺の紅葉

Otaru_20171015_142856

今回は、そこからもうちょっと先の朝里ダム記念館まで行きました。実は、朝里ダム記念館に行くのは初めてでした。

先ほどの小樽定山渓線をダムを過ぎてもう少し先に行くと、右手に朝里ダム記念館とその駐車場があります。

それなりの広さの駐車場なのですが、この日は土曜日ということもあってか、駐車場はほぼ一杯で、観光バスも来ていたのでここは紅葉スポットとして人気があるのでしょうね。

Otaru_20171015_142838

朝里ダム記念館自体は入場無料の小さな施設ですが、中には朝里ダムや水道施設に関する紹介パネルが展示されてました(申し出れば観覧できるダムシアターというのもありました。見てませんが…)。トイレもちゃんとあります。

オタルナイ湖の湖畔に散策路があって、周囲の紅葉を眺めながら、ちょっとだけ散歩してきました。

Otaru_20171015_142011

Otaru_20171015_142029

Otaru_20171015_142037

Otaru_20171015_142402

Otaru_20171015_142453

Otaru_20171015_142712

う〜ん、天気が悪かったのが残念でしたが、オタルナイ湖と紅葉する周囲の山々の眺めは、雄大でなかなかよかったですよ。

朝里ダム記念館の今年の開館期間は11月5日(日)までです。
開館時間は10:00〜16:00です。


おわりに

ということで、朝里ダムから見る紅葉に彩られたループ橋と、朝里ダム記念館とオタルナイ湖周辺の自然溢れる紅葉の様子でした。

ここにきて一気に寒さが厳しくなってきていて、紅葉の時期もすぐに終わってしまいそうですね。

※あと数枚写真があるので掲載しておきますね。
Otaru_20171015_144006

Otaru_img_3292

Otaru_img_3293

Otaru_20171015_142427

Otaru_20171015_144522

Otaru_20171015_144632

ちなみに、朝里ダム近くの高台には展望広場があるのですが、今回は通行止めで行けませんでした。

【関連記事】
※前回の朝里ダム周辺の紅葉記事です(2015年度)
【小樽の紅葉2015】朝里ダムから眺める紅葉に彩られるループ橋〜《おまけ》朝里川のほとりと工事中の宏楽園(10月17日)

※朝里ダムについてはこんな記事も書いてます。
朝里ダム《前編》/ループ橋〜ダムの上へ
朝里ダム《後編》/ダムの上からの景色と展望広場

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

観光客で賑わう小樽運河の浅草橋街園〜運河沿いの倉庫に這うツタの紅葉

Otaru_20171014_143816


先週の土曜日(10月14日)、観光客で賑わう小樽運河浅草橋街園に行ってきました。

そろそろ運河沿いの倉庫に這うツタが紅葉しているのではと思い、その様子を見に行ってきたのですが、少し色づいてますね。

Otaru_20171014_143848

それにしても、この日は土曜日ということもあってか、ここ浅草橋街園にはたくさんの観光客が訪れてましたよ。

Otaru_20171014_143753

ここは運河の撮影スポットですからね。

で、皆さんが運河を眺めたり、撮影している様子をこうやって撮影していていつも思うのですが、案外、小樽市民はこんなに多くの観光客が運河に訪れてくれているこの状況を、あまり知らないかもしれませんね。

Otaru_20171014_143944

小樽運河が完成したのが大正12年(1923年)。
運河を埋め立てるか否かの運河大論争の末、運河の一部の半分を埋め立てて道路を作る折衷案が採用されて、昭和61年(1986年)に工事が終了して散策路などが整備されたのが、現在の小樽運河です。

その運河が、今では小樽を支える観光の象徴となるスポットになっているんですよね。
私は、今の小樽運河の眺めはとても好きです。

Otaru_20171014_143813

さて、この辺りを含めて、小樽市内にはあちこちにツタの絡まる古い倉庫などの建物が残っているので、この時期はそれらのツタが綺麗に紅葉している様子も楽むことができますね。

近くの於古発川下流(妙見川)沿いの大正硝子の古い建物に這うツタも、だいぶ色づいてきてました。

Otaru_20171014_144437

こちらはその向かいの小樽浪漫館
Otaru_20171014_144447

10月中旬になって、さすがに気温も下がってきて、外を歩くのも寒くなってきましたが、小樽の紅葉はそろそろ見頃のようです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌