小樽の紅葉

2021年11月15日 (月)

小樽の紅葉の季節ももう終わりですが、未掲載の紅葉をまとめて【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211105-135910

小樽の紅葉の季節も、周囲の木々の葉も随分と落ちてしまい、もう終了ですね。

今シーズンもあちこち巡って、これまで小樽の紅葉の様子を投稿してきて、その記事はカテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

ただ、ブログに掲載するタイミングを逸した紅葉の様子が、まだ何箇所かあるので、ここでまとめて掲載しますね。

幸中央公園(10月25日の様子)

Otaru_20211025-150450

幸方面に行った際に、幸中央公園に寄ったのですが、周囲の木々が色づいていました。10月25日の様子です。

Otaru_20211025-150445

Otaru_20211025-150900

Otaru_20211025-151023

入船公園(10月26日などの様子)

Otaru_20211104-081735

小樽公園に行く際には、一緒に入船公園にも足を伸ばすことがあるのですが、ここも公園内の木々がとてもいい感じに色付くんですよね。10月26日と11月上旬の様子です。

Otaru_20211026-081456

Otaru_20211105-081546

公園からの天狗山の眺めもいいです。

Otaru_20211026-081610

小樽市総合博物館本館の紅葉(10月30日の様子)

Otaru_20211030-105344

小樽市総合博物館本館の敷地内の木々が綺麗に紅葉していました。10月30日の様子です。

Otaru_20211030-113020

Otaru_20211030-113456

Otaru_20211030-114028

Otaru_20211030-114148

実はこの日、蒸気機関車アイアンホース号の新しく完成した一等客車のお披露目セレモニーがあるということで、見に行ったきたんですよね。
※関連記事:小樽市総合博物館本館で蒸気機関車アイアンホース号の新しい一等客車がお披露目されました

(こちらは博物館へ至る道路沿いの街路樹の紅葉)
Otaru_20211030-105053

奥沢記念公園(10月30日の様子)

Otaru_20211030-142726

ここ奥沢記念公園も個人的に桜のスポットとしてお気に入りの公園なのですが、公園内のいつも早くに咲くエゾヤマザクラと、道路沿いのソメイヨシノなどがいい感じに色づいていました。10月30日の様子です。

Otaru_20211030-142742

Otaru_20211030-142809

Otaru_20211030-142747

中央小公園(11月5日の様子)

Otaru_20211105-135850

桜のスポットでも知られる、寿司屋通りを上って行って、国道5号線とぶつかるところにある小さな公園・中央小公園では、その桜が秋に紅葉して、なかなか綺麗なんですよね。11月5日の様子です。

Otaru_20211105-135916

Otaru_20211105-135910

おわりに

紅葉って、特別な場所でなくても、例えば身近な小さな公園などでも、綺麗なところがあったりするのもいいですよね。

まだまだあちこちで素敵な紅葉があったとは思いますが、今シーズンの小樽の紅葉の投稿もこれで終わりの予定です。

そして、紅葉の季節が終わると、もうすぐ長い冬がやってきますね

【関連記事】
※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

| | コメント (0)

2021年11月10日 (水)

花園公園通りのイチョウ並木の黄葉(11月8日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211108-143121

小樽の紅葉ももう終わりでしょうかね。11月9日(火)には天気が荒れて強風が吹き、色づいた葉もかなり散ってしまったようです。

実は、その前日の11月8日(月)に、小樽公園の海側から下っていく、花園公園通りのイチョウ並木の黄葉の様子を見に行ってきました。

イチョウの黄葉は結構遅くまで楽しめるのですが、花園公園通りのイチョウ並木も、まだ綺麗でしたよ(ただ、その後の雨と風でどうなったかな…)。

Otaru_20211108-142745

花園公園通りのイチョウ並木ですが、通りを歩く前に、小樽公園内の高い位置から通りを見下ろすと、まっすぐな通りの両側にイチョウ並木が続く様子を眺めることができて、これがなかなかいい眺めです。

Otaru_20211108-142750

全体的にいい色に色づいてますが、木によってか場所によってか分からないのですが、色づきにだいぶ差があって、すでに葉が散りかけている木から、まだ葉が緑の木もありますね。

Otaru_20211108-143144

けど、とてもいい感じ。イチョウ並木はいいですね。

Otaru_20211108-143218

Otaru_20211108-143243

Otaru_20211108-143305

Otaru_20211108-143346

道路脇の街路樹のイチョウ並木は、国道5号線あたりまで続いています。

Otaru_20211108-143336

小樽市の市道でイチョウ並木というと、ここ花園公園通り(公園通線)のほか、住吉神社前から小樽市立病院前の道路(住吉線)長橋大通り(長橋旧国道線)が街路樹としてイチョウが植えられていて、秋に黄色に色付くイチョウ並木が見られますね。

※参考:街路樹マップについて | 小樽市

ということで、花園公園通りのイチョウ並木の黄葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
住吉神社前から小樽市立病院前の通り(市道住吉線)のイチョウ並木の黄葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】
長橋大通り(旧国道)のイチョウ並木と上砂留踏切周辺の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2021】

| | コメント (2)

2021年11月 8日 (月)

もうほぼ終わりでしたが、もがみ公園と千秋通りの坂の紅葉(11月5日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211105-133359

秋も深まり、葉っぱが落ちてしまった木々も目立つようになり、小樽の紅葉の季節ももう終わりですね。

そんな中、もう終わりかなと思いつつも、今シーズンはまだ行ってなかった、天狗山へ向かう急な坂道・千秋通りと、その途中にあるもがみ公園に紅葉の様子を見に行ってきました(写真は11月5日撮影)。

天狗山へまっすぐと続く、千秋通りと呼ばれる急な坂道は、道路の両脇のナナカマドが秋に坂道を縁取るように赤く色づき、その様子がいい眺めなのですが…

Otaru_20211105-132807

ん?紅葉が終盤なのもそうですが、木が剪定されてますね。

Otaru_20211105-132851

ちょっとボリュームがなくなって、坂の上から振り返って見た風景も、やや寂しいかな。

Otaru_20211105-133120

坂の向こうに見える小樽公園の白樺林も、もう葉は散ってますね。

Otaru_20211105-133945

Otaru_20211105-134011


そして、千秋通りの坂の上の方にあるもがみ公園(公園名はひらがなで表記されてます)ですが、こちらは公園入り口付近の紅葉がまだまだ綺麗でしたよ。

Otaru_20211105-134233

(もがみ公園は3段公園で、1番上にひらがな表記の門があります)
Otaru_20211105-133745

Otaru_20211105-133403

もがみ公園には、千秋通りや公園入口からは見えないのですが、公園奥に人知れず小さな滝があるんですよね。

(公園奥の右手にあります)
Otaru_20211105-133410

(こちらが、その小さな滝)
Otaru_20211105-133520

特別なものではないのですが、このブログではよく登場していて、こんなところに滝!?といった感じで、静かでちょっといい雰囲気なんです(人に勧めるほどのものではないんですけどね)。

Otaru_20211105-133556

そして、もがみ公園をこのブログに掲載する時は、いつも一緒に紹介しているのですが、ここはかつて「二楽園」と呼ばれていたんですよね(そして、いつもの引用です)。

この公園は、元々はこの付近一帯の大地主さんが個人的に造った公園とのことです。
で、この公園のすぐ上には神社があって、その神社で楽しみ、そしてこの公園で楽しむという、2つの楽しみがあるということで「二楽園」と称したそうです。
その後、昭和33年に小樽市に寄付され、この一帯の最上町民の希望により、最上公園と改称したそうです。
※参考:緑・最上両町史(続編)
もがみ公園と小さな滝〜ここはかつての二楽園: 小梅太郎の「小樽日記」

Otaru_20211105-133703

ということで、もう小樽の紅葉も終わりですが、もがみ公園と千秋通りの坂の紅葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
千秋通りの坂ともがみ公園の紅葉〜今年は天気のタイミングが悪かった…(10/22と11/2の様子)【小樽の紅葉2020】

| | コメント (3)

2021年11月 5日 (金)

旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)の建物のツタの紅葉(10月31日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211031-161642

小樽の秋もすっかり深まり、もう紅葉の季節も終わりでしょうかね。

小樽では、古い建物や倉庫に絡まるツタをよく目にしますが、この時期は、そのツタの紅葉も綺麗ですよね。

そんなツタの紅葉がとても素敵なのが、かつての専門学校「旧国際インテリアアカデミー」(旧寿原産業鳳星寮)の建物です(写真は10月31日撮影)。

Otaru_20211031-161502

この建物は、現在は使われてないようですが、建物に絡まるツタの紅葉が、建物のモダンな雰囲気と相まって、とてもいい雰囲気なんですよね。

あっ、ここの場所は、メルヘン交差点近くの堺町郵便局(ルタオ本店の向かい)の脇の道を入っていくとあります。

(通りの先に見えるのが、ルタオ本店)
Otaru_20211031-161534

住所としては相生町で、目の前の道路が入船1丁目との境になります

通り沿いの玄関部分には、「専門学校 国際インテリアアカデミー 生徒昇降口」と書かれているのですが、この玄関も味わい深い。

Otaru_20211031-161513

建物横の坂道を上ると、建物の反対側を見ることができるのですが、こちら側が正面玄関のようで、こちらのツタの絡み具合も見事です。

Otaru_20211031-161619

Otaru_20211031-161653

Otaru_20211031-161706

建物については、当ブログの過去記事からの引用です。

この国際インテリアアカデミーの建物ですが、元々は昭和9年(1934年)に寿原産業の店員のための寮として建てられた、寿原産業鳳星寮だったそうで、戦中戦後には陸軍と進駐軍が使用し、その後に会社の寮及び倉庫になり、昭和60年(1995年)から、専門学校「国際インテリアアカデミー」として再利用されたとのことです(参考:書籍「小樽の建築探訪」小樽再生フォーラム編)。

Otaru_20211031-161629

ツタの紅葉も年によって色付き具合が随分と違うのですが、今年はとて深く色付いているようです。

ということで、旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)の建物のツタの紅葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※過去の記事から。
【小樽の紅葉2018】紅葉したツタの絡まる旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)の建物(10月20日の様子)

| | コメント (0)

2021年11月 4日 (木)

天上寺の紅葉(10月31日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211031-152318

季節も11月に入って、葉の散る木々も目立つようになってきて、紅葉もそろそろ終わりでしょうかね。

先日10月31日(日)には、入船町の天上寺の紅葉を見に行ってきました。

天上寺は、立派な山門から続く参道脇の桜が綺麗なことでも知られていますが、その桜が秋に綺麗に色づくんですよね。

加えて天上寺の秋は、奥の階段を上った先の小樽市歴史的建造物でもある本堂周辺の木々も紅葉して綺麗なんですよね。

なので、天上寺に紅葉を見に行った際には、桜の紅葉を見るだけではもったいないので、必ず奥の階段を上ったほうがいいですね。

天上寺の紅葉

まず、こちらが参道脇の桜の紅葉です。

Otaru_20211031-152325

Otaru_20211031-152311

参道自体は短いのですが、これがいい雰囲気なんですよね。

葉がすでにやや散ってましたが、十分綺麗でした。

(参道に入って振り返って見たところ)
Otaru_20211031-152238

Otaru_20211031-152213

参道奥に階段があって、これを上った先に本堂があります。

Otaru_20211031-152501

この階段を上った周辺の紅葉が、なかなか綺麗なんです。

(階段の横から見たところ)
Otaru_20211031-152608

(階段を上ったところ)
Otaru_20211031-152701

Otaru_20211031-152714

(振り返って見たところ)
Otaru_20211031-152747

堂々とした佇まいの天上寺の立派な本堂。
Otaru_20211031-152733

ということで、天上寺の紅葉の様子でしたが、お寺と紅葉って、落ち着いた雰囲気もあって、いいですよね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
天上寺の紅葉はまだ綺麗でした(11月3日の様子)【小樽の紅葉2020】

| | コメント (0)

2021年11月 3日 (水)

小樽公園と公会堂の紅葉(10月31日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211031-145040

小樽の秋もすっかり深まっていますが、もう11月に入ったので、紅葉の時期もそろそろ終了でしょうか。

そんな中、先日10月31日(日)に小樽公園の紅葉を見に行ってきました。小樽公園には一度10月中旬に行ったのですが、その時はまだ紅葉にはちょっと早かったんですよね。

で、この日は広い公園内の木々がすっかり色づいていて、いい雰囲気でした。

高台の見晴台周辺の紅葉

まず、小樽公園内には高台になっている見晴台と呼ばれる場所があるのですが、その周辺が木々が綺麗に紅葉するんですよね。

こちらは市民会館側。
Otaru_20211031-145258

Otaru_20211031-145317

花園グラウンド側。
Otaru_20211031-145130

この辺りは散策路もあるので、のんびりと散歩しながら紅葉を楽しむことができます。

Otaru_20211031-145040

高台の見晴台からの小樽の街と港の眺め。
Otaru_20211031-144817

ちょっと曇ってしまいましたが、お馴染みの眺めでもありますね。

花園グラウンドの紅葉

そして、花園グラウンドのこちらは旧緑小学校側の桜並木。
Otaru_20211031-150112

まだ木が小さめですが、鮮やかに色づいています。

その横からは天狗山が眺められます。手前は旧緑小学校解体跡地。
Otaru_20211031-150120

(旧緑小があった敷地の端には、紅葉した木が並んでました)
Otaru_20211031-150432

Otaru_20211031-150311

Otaru_20211031-150519

これは、桜ヶ丘球場側の大きな梅の木の紅葉ですが、梅もこんなに綺麗に色付くんですね。Otaru_20211031-150847

公園の南側の白樺林周辺の紅葉

このブログでもよく登場する、小樽公園の南側(入船町側)の白樺林(ロータリーの杜)の紅葉ですが、白樺は早々に葉が散ってしまっているようです。

Otaru_20211031-151802

Otaru_20211031-151649

ただ、白樺林周辺の木々がとても綺麗に色づていて、とてもいい雰囲気。

Otaru_20211031-151726

Otaru_20211031-151501

Otaru_20211031-151816

これは綺麗!!

Otaru_20211031-151852

Otaru_20211031-151523

小樽市公会堂の紅葉

市民会館側に建つ小樽市指定歴史的建造物の小樽市公会堂も、手入れされた庭の木々が綺麗に紅葉するので、小樽公園にきた際には一緒に見に行きたいですね。

Otaru_20211031-145333

Otaru_20211031-145454

歴史を感じさせる趣ある和風建築が紅葉と似合いますね。

Otaru_20211031-145455

Otaru_20211030-123734
(この写真のみ10月30日撮影)

市民会館前を通って、この公会堂のところから下っていく坂道を紅葉橋の坂と呼ぶのですが、この時期にぴったりの名前のそこの紅葉も綺麗なんですよね。
※今年の様子はこちらの記事で:紅葉橋の坂の紅葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

おわりに

ということで、小樽公園と公会堂の紅葉の様子でした。

まだまだ、場所によっては紅葉を楽しめるのですが、11月に入り、冬がもうすぐそこ。小樽の紅葉の季節もそろそろ終わりでしょうかね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※10月中旬に行った時の様子。
小樽もそろそろ紅葉の季節で街も色づいてきました〜小樽公園や旧手宮線などの様子をちょっとだけ
※昨年の様子です。
小樽公園の紅葉(見晴台・白樺林・公会堂)(10月22日の様子)【小樽の紅葉2020】

| | コメント (2)

紅葉橋の坂の紅葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211030-123408

11月に入って小樽の秋も深まり、紅葉の時期ももう終盤ですね。

先日は、緑町のバス通り(緑町第一大通り)から入り、市民会館に向かって上る坂道「紅葉橋の坂」の紅葉を見に行ってきました。

見に行ったのは10月30日(土)なんですが、この日の小樽は青空が広がり、紅葉もとっても綺麗でした。

Otaru_20211030-123353

坂の手前に於古発川(おこばちがわ)が流れていて、そこに架かる橋を紅葉橋(もみじばし)といい、そこからの上り坂に「紅葉橋の坂」という名前がついているのですが、この時期にぴったりの名前ですね。

Otaru_20211030-123415

現在の紅葉橋は昭和10年に造られたそうで、小さな橋ですがとても趣があって、特にこの時期は周囲の紅葉を相まって、一層味わいのある風景になっているのではないでしょうか。

Otaru_20211030-123428

坂の右上に建つのは小樽市指定歴史的建造物の小樽市公会堂で、坂の上った先の右手に市民会館があります。

Otaru_20211030-123501

Otaru_20211030-123526

坂の上から振り返った眺めがこんな感じですが、これまた良い感じですね。

Otaru_20211030-123612

Otaru_20211030-123620

ちなみに、坂の下の紅葉橋から於古発川下流を眺めると、川沿いになんとも懐かしさを感じさせる三角屋根の建物が続いています。

Otaru_20211030-123436

手前から3軒続く同じ作りの味わい深い建物を「佐野貸家」といって、昭和8年(1933年)の建築だそうです(参考:「小樽の建築探訪」(小樽再生フォーラム編/北海道新聞社))。

ということで、紅葉橋の坂の紅葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
紅葉橋の坂と紅葉橋から見る於古発川に三角屋根の建物が並ぶ風景
紅葉橋から於古発川沿いの風情漂う佐野貸家を眺める(紅葉はまだでした)
※過去の紅葉記事から。
【小樽の紅葉2019】紅葉橋の坂の紅葉(10月25日の様子)

| | コメント (5)

2021年11月 2日 (火)

住吉神社前から小樽市立病院前の通り(市道住吉線)のイチョウ並木の黄葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211030-145924

小樽の紅葉ももう終盤ですが、この時期はイチョウの黄色が目に止まります。

住吉神社前からJR南小樽駅方面に向かう道路・市道住吉線は、小樽市立病院前のあたりまで、街路樹のイチョウ並木が続いているんですよね。

先日10月30日(土)に見に行ったのですが、全体的にとてもいい感じで色づいていました。

Otaru_20211030-145750

Otaru_20211030-145833

Otaru_20211030-145945

イチョウは木によって(場所によってかな?)、色づきに差があり、まだ緑が残る木もあったかな。

Otaru_20211030-150003

Otaru_20211030-150051

Otaru_20211030-150131

いや〜、イチョウ並木っていいですよね。

ちなみに、住吉神社の境内からも、まっすぐ続くこのイチョウ並木を遠くに見ることができます。

Otaru_20211030-144346

Otaru_20211030-144634_20211102014101

小樽市の市道では、ここ住吉線の他、長橋旧国道線(長橋大通り)、公園通線(花園公園通り)が、街路樹としてイチョウが植えられていて、この時期、黄色に色付くイチョウ並木が見られますね。

※参考:街路樹マップについて | 小樽市

ということで、住吉神社前から小樽市立病院前の通り、市道住吉線のイチョウ並木の黄葉の様子でした。

まだ、小樽の紅葉も、場所によっては楽しめそうですね。

【関連記事】
※今年の記事より。
長橋大通り(旧国道)のイチョウ並木と上砂留踏切周辺の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2021】
※過去記事より。
住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉(11月1日の様子)【小樽の紅葉2020】
【小樽の紅葉2018】まだまだ残っていた紅葉〜小樽公園、花園公園通り、中央小公園など(11月7日の様子)

| | コメント (2)

2021年11月 1日 (月)

住吉神社の紅葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211030-144838

小樽の紅葉もそろそろ終盤ですが、まだまだ場所によっては、紅葉を楽しめそうです。

先日10月30日(土)には、住吉神社に行って紅葉の様子を楽しんできました。

住吉神社の紅葉は、国道5号線沿いの大鳥居周辺に色付く木々が少しありますが、大鳥居からの参道沿いは、それほどの紅葉は見られません。

(とはいえ、とてもいい雰囲気です)
Otaru_20211030-144314

(大鳥居の左手に紅葉の木々)
Otaru_20211030-144333

Otaru_20211030-144437

参道を歩いて奥に行き、小樽市指定歴史的建造物でもある社務所周辺の木々が、綺麗に色づいているんですよね。

(2つ目の鳥居。左手に社務所)
Otaru_20211030-144529

(社務所周辺の紅葉)
Otaru_20211030-145314

社務所の和風建築と相まって、とても素敵な風景になっています。
Otaru_20211030-145251

こちらは社務所前から振り返って見た風景。

Otaru_20211030-144658

遠くには、住吉神社前からJR南小樽駅方面に向かう道路(市道住吉線)沿いのイチョウ並木が見えます。

Otaru_20211030-144629

Otaru_20211030-144634

(手水舎前の3つ目の鳥居から振り返って見たところ)
Otaru_20211030-144757

そして、住吉神社では紅葉の季節に限らず、社殿前から参道を振り返って見た風景がいい眺めなんですよね。

Otaru_20211030-145117

この時期は、そこに紅葉の彩が加わるというわけですね。

Otaru_20211030-145043

Otaru_20211030-144859

いいですね〜!

ということで、住吉神社の紅葉の様子でした。

小樽総鎮守住吉神社公式サイトのトップページ

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉(11月1日の様子)【小樽の紅葉2020】

| | コメント (0)

龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

Otaru_20211030-141346

小樽の秋も深まり、紅葉ももう終盤ですが、まだまだ綺麗に色付く木々の様子を市内各所で見ることができます。

その中でも、この時期はイチョウの鮮やかな黄色が目に止まりますね。

そこで、小樽に晴れ間が広がった10月30日(土)に、龍徳寺夫婦イチョウの黄葉を見に行ってきました。

Otaru_20211030-141333

国道5号線を中心街からきて勝納川を越えると、その先で大きく左に曲がるのですが、その角に龍徳寺があり、通りからもその立派で鮮やかに黄色に色付く大きなイチョウの木が目に止まります。龍徳寺の住所は真栄1丁目になります。

(潮見台側から見たところ)
Otaru_20211030-141121

その龍徳寺の境内に、大きなイチョウの木が寄り添うように2本立っていて、これが夫婦イチョウとも呼ばれ、小樽市の保存樹木としても指定されています(参照:保存樹木等の指定一覧 | 小樽市)。

Otaru_20211030-141205

(保存樹木の看板)
Otaru_20211030-1414201

Otaru_20211030-141402

綺麗に色づき、見事ですね。

Otaru_20211030-141353

実は龍徳寺の境内には、手前にもう一本、立派なイチョウがあるんですよね。

(左がもう一本の見事なイチョウ。右奥が夫婦イチョウ)
Otaru_20211030-141234

こちらもまた見事です。

Otaru_20211030-141251

ちなみに、龍徳寺の本堂は小樽市指定歴史的建造物です(参照:小樽市指定歴史的建造物 第60号 龍徳寺本堂 | 小樽市)。

Otaru_20211030-141433

こちらは、近くの国道5号線の真栄歩道橋の上から見たことろ。

Otaru_20211030-141620

ということで、龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉(11月7日の様子)【小樽の紅葉2020】

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽