小樽の紅葉

2020年11月 8日 (日)

龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉(11月7日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201107-143514

小樽の紅葉も葉が散ってしまっている木も多く、もう見頃の時期はすぎてしまいましたが、その中で、イチョウの鮮やか黄色は、あちこちでまだ目に留まります。

そんな中、11月7日(土)に龍徳寺夫婦イチョウの黄葉を見に行ってきました。

市街地方面から国道5号線の勝納川を越えると、その先で大きく左に曲がるのですが、龍徳寺はその角にあります。住所は真栄1丁目になります。

この龍徳寺の境内には、大きなイチョウの木が2本あって、寄り添うように並んで立っていることから、夫婦イチョウとも呼ばれていて、小樽市の保存樹木としても指定されています(参照:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧

Otaru_20201107-143837

いい感じに黄色に色づいていました。

Otaru_20201107-143542

(あっ、銀杏がたくさん!?)
Otaru_20201107-143624

近くの国道5号線の真栄歩道橋から。
Otaru_20201107-144009

こちらは、潮見台側から見たところ。
Otaru_20201107-143427

ちなみに、龍徳寺の本堂は小樽市指定歴史的建造物です(参照:小樽市 :龍徳寺本堂)。

Otaru_20201107-143638

ということで、龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉の様子でしたが、イチョウは場所によっては、まだまだ綺麗ですね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
龍徳寺本堂〜小樽で最古の寺院本堂
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2019】龍徳寺の夫婦イチョウの黄葉(10月26日の様子)

| | コメント (0)

2020年11月 5日 (木)

天上寺の紅葉はまだ綺麗でした(11月3日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201103-112020

小樽市内の紅葉は、葉もだいぶ散ってしまってもう終わりといったところですが、場所によってはもうちょっとだけ楽しめそうです。

といっていたら、11月4日(水)には小樽では雪が降ってしまいましたが、その前日の11月3日(火)に、天上寺の紅葉を見に行ってきたので、その様子を紹介しますね。

入船町の天上寺は、春の桜の見所としてもよく知られていて、立派な山門から続く参道脇のその桜が、秋になると綺麗に色づくんですよね。

さらに、奥の小樽市歴史的建造物でもある天上寺本堂周辺の木々も、秋には綺麗に紅葉するんです。

天上寺の紅葉の様子

まずは、前の道路から見たところ。

(右手には天狗山が見えますね)
Otaru_20201103-111906

Otaru_20201103-111949

参道脇の桜が綺麗に紅葉してます。

Otaru_20201103-111954

(参道の先で振り返って見たところ)
Otaru_20201103-112211

奥の階段。この先に本堂があります。
Otaru_20201103-112223

階段を上ったところの周辺が綺麗なんですよね。

Otaru_20201103-112258

Otaru_20201103-112445

Otaru_20201103-112629

ちなみに、こちらが堂々とした佇まいの天上寺の本堂です。

Otaru_20201103-112252

お寺と紅葉って、なんだか落ち着いた雰囲気でいいですよね。

Otaru_20201103-112457

市内の紅葉はもうだいぶ散っていますが、ここ天上寺は、まだまだ綺麗でした(けど、雪が降ってどうなったかな)。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2019】天上寺の紅葉はまだこれからでした(10月24日の様子)

| | コメント (2)

千秋通りの坂ともがみ公園の紅葉〜今年は天気のタイミングが悪かった…(10/22と11/2の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201102-114156

小樽の紅葉ももう終盤、なんていっていたら、11月4日(水)に雪が降ってしまいましたね。

確かに、市内の紅葉は葉もだいぶ散ってしまっていますが、場所によってはもう少し紅葉が楽しめそうです。

さて、その雪の降る前なんですが、毎年、見に行っている天狗山へ向かう急な坂道・千秋通りと、その途中にあるもがみ公園に紅葉の様子を見に行ってきました。

で、実は10月22日(木)に行って、まだちょっと紅葉には早かったのと天気が今ひとつだったので、再度11月2日(月)に行ったのですが、どうにも天気とのタイミングが合わなくて…。結局、どちらも暗くていい写真が撮れなかったんですよね。

と、まあ、言い訳の前置きはこのくらいにして(笑)、せっかく行ってきたので、記録としてその様子を掲載しておきますね。

天狗山へとまっすぐと続く急な坂道は、千秋通りと呼ばれてますが、道路の両脇のナナカマドが、秋にその坂道を縁取るように色づくんですよね。

こちらは11月2日の様子。
Otaru_20201102-114008

Otaru_20201102-114156

Otaru_20201102-114234

ちなみに、こちらは10月22日の様子。
Otaru_20201022-153448

坂の向こうに見えるのは、小樽公園の白樺林ですね。

千秋通りの坂の上の方にあるもがみ公園(公園名はひらがなで表記されてます)は、公園内の木々が色づき、公園奥に人知れずある小さな滝が静かでいい雰囲気なんですよね。

こちらは10月22日の様子。
Otaru_20201022-153535

Otaru_20201022-153557

公園奥の小さな滝は、なんだか気になって、毎年、見にきてブログで取り上げているんですよね。

(10月22日の様子)
Otaru_20201022-153705

そして、もがみ公園をこのブログに掲載する時は、いつも一緒に紹介しているのですが、ここはかつて「二楽園」と呼ばれていたんですよね(そして、いつもの引用です)。

この公園は、元々はこの付近一帯の大地主さんが個人的に造った公園とのことです。
で、この公園のすぐ上には神社があって、その神社で楽しみ、そしてこの公園で楽しむという、2つの楽しみがあるということで「二楽園」と称したそうです。
その後、昭和33年に小樽市に寄付され、この一帯の最上町民の希望により、最上公園と改称したそうです。
※参考:緑・最上両町史(続編)
もがみ公園と小さな滝〜ここはかつての二楽園: 小梅太郎の「小樽日記」

(11月2日の様子)
Otaru_20201102-114429

ということで、ちょっといい写真が撮れませんでしたが(汗)、千秋通りの坂ともがみ公園の紅葉の様子でした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2019】千秋通りともがみ公園の紅葉(10月25日の様子)

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の黄葉(11月1日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201101-140031

小樽の紅葉の季節も、そろそろ終わりなんですが、イチョウなど木によってはまだまだ綺麗に見ることができて、場所によってはもう少し紅葉を楽しめそうです。

ということで、11月1日(日)に住吉神社の紅葉と、住吉神社前から小樽市立病院前の通り(市道住吉線)に続くイチョウ並木の紅葉(黄葉)を見てきました。

住吉神社の紅葉

Otaru_20201101-140624

住吉神社の紅葉は、大鳥居のある国道5号線沿い側から参道を見ても(すぐ横の広場にイチョウはありますが)、境内の紅葉の様子はあまり見られません。

Otaru_20201101-140609

とはいえ、参道はとてもいい雰囲気です。

Otaru_20201101-140505

参道を進んでいくと、小樽市指定歴史的建造物でもある社務所があって、この周辺から社殿にかけて、紅葉が見られます。

Otaru_20201101-140401

Otaru_20201101-140455

Otaru_20201101-140351

Otaru_20201101-140339

こちらは社殿前から、参道を振り返ってみたところ。
Otaru_20201101-140201

いい眺めですが、やはり紅葉としては、もう終わりでしょうかね。

実は、すぐ下の手水舎のあるところの鳥居には、両側に大きなイチョウの木があったのですが、左側のイチョウが昨年にどうやら切ってなくなってます。

小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の紅葉(黄葉)

Otaru_20201101-140714

住吉神社前からJR南小樽駅方面に向かう道路(市道住吉線)沿いは、小樽市立病院前のあたりまで、イチョウ並木が続いています。

これが、なかなか綺麗なんですよね。

Otaru_20201101-140647

木によって、色づきに差がありますが、概ね、いい色に黄葉してましたよ。

Otaru_20201101-141001

Otaru_20201101-141020

おわりに

ということで、11月1日(日)に見に行った、住吉神社の紅葉と、住吉神社前からの市道住吉線に続くイチョウ並木の黄葉の様子でした。

紅葉のシーズンとしては、もうほぼ終わりですが、もう少しだけ楽しみたいと思います。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2019】住吉神社と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木(11月2日の様子)

| | コメント (0)

2020年11月 2日 (月)

紅葉の季節の天狗山山頂から小樽の街並みと小樽港を眺めてきました【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201031-145252

11月に入って、小樽の紅葉の季節も、だいぶ葉が散ってしまっている木もあって、もう終盤といった感じでしょうかね。

見上げると、天狗山の色づきもすっかり深くなっていて、紅葉のピークは過ぎた感じではあるのですが、先日の10月31日(土)に、天狗山山頂へ行ってきました。今回は車で行ってきました。

天狗山山頂へ車で行くには、最上町から塩谷方面へ抜ける小樽環状線の途中から、山頂へと向かう市道天狗山観光線に入ります(ここは冬季通行止めになります。今年は11月4日(水)から)。

ここから山頂までの道路周辺の紅葉の景色も、なかなかいいんですよね。

Otaru_20201031-142537

Otaru_20201031-142717

山頂へは10分もかからず到着。着くと前方の視界が開けて、小樽の市街地と海が目の前に広がります。

Otaru_20201031-143134

この時期は天狗山の紅葉、小樽の街の紅葉と、そして、街を囲む山々の紅葉を一緒に楽しむことができるんですよね。

山頂の展望台からの眺め。一部工事中

Otaru_20201031-143635_20201102023901

さて、天狗山といえば、山頂から一望する小樽の街並みと小樽港の眺めがとてもいいことで知られてますが、天狗山山頂には、数カ所の展望台があります。

ロープウエイ乗り場の建物手前の第1展望台。
ロープウエイ乗り場の建物の屋上の屋上展望台。
ロープウエイ乗り場の建物奥の天狗桜展望台。
奥のスキー場コースのダイナミックコースの上の第2展望台。
さらに奥の突き当たりの崖の上の第3展望台。

となっているのですが、実はこの日行ってみたら、天狗桜展望台と第3展望台が、ステージ設置作業中ということで、ロープや柵があって、立ち入り禁止になっていました。

Otaru_20201031-144926

天狗桜展望台
Otaru_20201031-143957

第3展望台
Otaru_20201031-144535

10月1日〜11月15日まで、展望ステージ設置工事を行なっているそうで、第3展望台の工事を見ると、何やら土台を作っているみたいですね。

Otaru_20201031-144605

すいません、どういうものができるのか、ちょっと詳細は分からなくて、また、これから冬を迎えることを考えると、活用されるのは来シーズンかな?

ということで、山頂からの眺めは、以下、第1展望台、屋上展望台、第2展望台からの眺めです。

第1展望台
Otaru_20201031-143411

市街地を背景にロープウエイを入れるおなじみの構図です。

Otaru_20201031-143622

屋上展望台
Otaru_20201031-145555

Otaru_20201031-145511

Otaru_20201031-145316

第2展望台
Otaru_20201031-144443

ここには、小樽市重要眺望地点の案内板が設置されています。

Otaru_20201031-144423

やっぱり、天狗山からの眺めはいいですね。

天狗山ロープウエイは11/4日から整備運休

小樽天狗山ロープウエイの今シーズンの夏期営業は、11月3日(火・祝)までです。

11月4日(水)~12月4日(金)は整備のため運休となります。冬期営業は12月5日(土)からの開始となるので注意です。

※関連記事:【注意】小樽天狗山ロープウエイは11月4日(水)~12月4日(金)は整備のため運休。冬期営業は12月5日(土)から

夏期営業最終日の11月3日(火・祝)に合わせて、「小樽天狗山~天空カフェ~」を初開催するそうです。
※詳細はこちら:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景(11月3日(火・祝) 「小樽天狗山~天空カフェ」開催決定!!)

おわりに

ということで、山頂も山間も、街中も、紅葉はだいぶ進んでいましたが、景色はやっぱり抜群だった、小樽天狗山山頂からの眺めでした。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

※参考:冬の通行止めのお知らせ(市道・道道 R2.11~R3.4) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

| | コメント (4)

2020年10月29日 (木)

手宮緑化植物園・手宮公園・小樽稲荷神社の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201025-114301

小樽も秋が深まり、周囲の木々もすっかり色づいて紅葉の季節です。

って、紅葉の季節も結構短いので、うかうかしていたら、葉っぱが散っちゃうんですよね。

ということで、10月25日(日)に手宮緑化植物園手宮公園、そしてすぐ近くの小樽稲荷神社に紅葉の様子を見に行ってきました。

手宮緑化植物園の紅葉

まず、手宮公園の奥にある手宮緑化植物園に向かいました。

ここは整備された庭園内で、様々な植物をのんびりと楽しむことができ、この時期は本当に紅葉が綺麗なんですよね。

園内の上の眺めのいい場所には、小樽市重要眺望地点の看板が設置されています。

Otaru_20201025-114313

斜面に位置する手宮緑化植物園では、園内の木々の向こうに小樽港を眺めることができ、これがなんともいい眺め。

Otaru_20201025-1143361

わずかですが青空も出てくれました。

Otaru_20201025-1144202

ここは春の桜も人気なのですが、その桜も鮮やかなオレンジ色に紅葉するんですよね。

奥には下へ降る桜並木があります。

Otaru_20201025-114527

まだ、さらに色づきそうですが、いい感じです。

Otaru_20201025-114827

園内の下の方に並ぶ桜は、まだ色づいてませんでしたので、これからですね。

Otaru_20201025-114637

Otaru_20201025-114917

Otaru_20201025-114709

Otaru_20201025-114605

Otaru_20201025-114926

Otaru_20201025-115432

※手宮緑化植物園は入園料は無料で、開園期間は11月3日までです(参照:小樽市 :手宮緑化植物園)。

手宮公園の紅葉

Otaru_20201025-114017

実はこの日、天気が不安定で、とりあえず青空が出たので、まずは手宮緑化植物園に行ったのですが、その後に手宮公園内の紅葉を見ようと思ったところ、あちゃ〜、曇ってしまいました。

Otaru_20201025-120005

ここも斜面にできた公園なので、木々の向こうに小樽港を眺められるのですが、ちょっと見晴らしが悪いかな。

Otaru_20201025-120149

手宮公園も桜が多いのですが、全体的にまだ色づきそうで、これからさらに色づいてくるのかもしれませんね。

小樽稲荷神社の紅葉

手宮公園の上の駐車場の近く、励ましの坂とも呼ばれる急な坂道を上りきったところに、小樽稲荷神社があります。

Otaru_20201025-120512

ここ小樽稲荷神社の樹林は、小樽市から保全樹林として指定されていて、明治43年の神社の新築移転当時よりあった、貴重な自然林だそうです(※参照:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧

この木々が色とりどりに紅葉するんですよね。

Otaru_20201025-120812

雰囲気がいいですよね。

Otaru_20201025-120613

おわりに

いや〜、手宮緑化植物園の紅葉は本当に綺麗ですね。小樽稲荷神社の紅葉もなんだか趣あって素敵です。

全体的には、まだ色づていてない木々もあって、もうしばらくは紅葉を楽しめそうですが、天気がどうなるかですね。

ということで、10月25日(日)の手宮緑化植物園、手宮公園、小樽稲荷神社の紅葉の様子でした。

※古い記事ですが、こういう記事も書いてますので参考にどうぞ。
勝手に選んでみました「小樽の紅葉スポット、勝手に6選+α」

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2019】手宮緑化植物園と手宮公園、そして小樽稲荷神社へ(10月27日の様子)

| | コメント (2)

2020年10月27日 (火)

朝里ダムと朝里ダム記念館からループ橋とオタルナイ湖周辺の紅葉(10月24日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201024-144652-2

小樽も紅葉真っ盛りで、街や周囲の山々はいい感じに色づいています。

先日の10月24日(土)、小樽は雨が降ったり止んだりの今ひとつの天気だったのですが、午後にやや晴れたのを見て、思い切って朝里ダムとその先の朝里ダム記念館に行ってきました。

朝里川温泉方面へ道道1号小樽定山渓線を車で奥に進んでいくと、巨大なループ橋(朝里大橋、通称“朝里スカイループ”)が見えてきて、朝里ダムはループ橋をぐるりと上ったところにあります。

Otaru_20201024-143610

ダム上部のすぐ横の道路沿いに、小さな駐車場があるのですが、紅葉に季節は結構すぐにいっぱいになってしまいます(その際は、後で掲載する朝里ダム記念館に先に向かいます。そちらは駐車場が広いので)。

朝里ダムからループ橋周辺の紅葉を眺める

朝里ダムの上は、散歩できるようになっていて、上ってきたループ橋を目の前に眺めることができるんですよね。

Otaru_20201024-144017

で、そのループ橋周囲の山の木々が、この時期色とりどりに紅葉して、見事な眺めを見せてくれます。

Otaru_20201024-144245

やっぱりそれほど天気が晴れてくれなくて、ちょっと暗いのが残念でしたが、十分に綺麗でした。

Otaru_20201024-144314

反対側は、朝里ダムによってできた人造湖で、市民公募により「オタルナイ湖」と名付けられています。

Otaru_20201024-144734

Otaru_20201024-144424

ループ橋にオタルナイ湖と、小樽市内ではこういう雄大な風景は、他にあまり見られないかもしれませんね。

Otaru_20201024-144444

それでは、オタルナイ湖の左手に小さく見える朝里ダム記念館に向かいます。

Otaru_20201024-144349

朝里ダム記念館(閉鎖中)からオタルナイ湖周辺の紅葉を眺める

朝里ダムからもう少し先に車で進んで行くと、右手に朝里ダム記念館があります。

ここは駐車場も広く、周囲を散策できるようにもなっていて、紅葉の時期には結構多くの方が車でくる、なかなかの紅葉スポットでもあるんですよね。

ただ現在、朝里ダム記念館はコロナ対策で閉鎖中でした(中のトイレに入れないのか…)。ちなみに、朝里ダム記念館は入場無料の小さな施設ですが、中に朝里ダムや水道施設に関する紹介パネルが展示されているんですよね。

Otaru_20201024-145200

オタルナイ湖周辺の山々は、いい感じに紅葉してました。

Otaru_20201024-145219

Otaru_20201024-145317

う〜ん、ここの風景もスケールが大きいですね。

Otaru_20201024-145503

Otaru_20201024-145459

※参考:小樽市 :記念館・歴史的建造物

おわりに

ということで、朝里ダムと朝里ダム記念館に行って見てきた、ループ橋とオタルナイ湖周辺の紅葉の様子でした。

天気が今ひとつでしたが、それでも思い切って見に行ってよかったです。小樽も本格的な紅葉の季節を迎えてますが、思いの外、紅葉の季節っで短いんですよね。

次はどこに見に行こうかな。

※古い記事ですが、こういう記事も書いてますので参考にどうぞ。
勝手に選んでみました「小樽の紅葉スポット、勝手に6選+α」

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
【小樽の紅葉2018】まだちょっと早いけど、朝里ダムと朝里ダム記念館に行き、ループ橋とオタルナイ湖周辺の紅葉を眺めてきた(10月14日)
朝里ダム記念館で北海道150年記念ダムカードをもらってきました

| | コメント (0)

2020年10月26日 (月)

小樽運河(浅草橋街園から)と小樽浪漫館のツタ(10月22日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201022-140443

小樽も秋が深まり紅葉の季節です。

先日(10月22日)、だいぶ国内観光客の姿が見られるようになってきた小樽運河に行ってみたのですが、浅草橋街園からすぐ横に見える建物のツタが綺麗に赤く色づいていました。

ただ、夏から行われている運河沿いの建物の外壁工事がまだ続いていて、風景的にはちょっともったいないですね(10月ぐらいまでの予定と聞いていたのですが、まだかな?)。

Otaru_20201022-140445

Otaru_20201022-140553

こちらは、運河近くの於古発川下流(妙見川)沿い、堺町通り入り口に建つ小樽浪漫館の見事に色づいたツタです。

Otaru_20201022-135707

Otaru_20201022-135527

Otaru_20201022-135540

小樽市内には、建物に絡まるツタがあちこちで見られて、紅葉の季節に赤く色づいたツタが古い建物や倉庫の壁を彩る様子は、なかなか素敵なんですよね。

そんな風景を眺めながら、小樽の街を歩くのもいいかもしれませんね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
8月の暑い夏の日の小樽運河の風景〜浅草橋街園から北運河まで
堺橋〜観光で人気の堺町通り入り口に架かる橋【於古発川を下る】

| | コメント (0)

2020年10月25日 (日)

小樽公園の紅葉(見晴台・白樺林・公会堂)(10月22日の様子)【小樽の紅葉2020】

Otaru_20201022-122516

気がつけば小樽もすっかり秋が深まり、周囲の木々も色づいています。紅葉の季節ですね。

先日(10月22日)、天気もまずまずだったので、小樽公園の紅葉の様子を見に行ってきました。

見晴台周辺の紅葉の様子

小樽公園内には高台になっている見晴台と呼ばれる場所があって、その周辺が木々が綺麗に紅葉するんですが、見晴台から花園グラウンド側の斜面の紅葉がとてもいい雰囲気なんですよね。

Otaru_20201022-122834

この辺りは散策路もあるので、のんびりと散歩しながら紅葉を楽しむことができます。

Otaru_20201022-122954

そして、高台の見晴台ですが、ここの海側からの小樽の街と港の眺めはおなじみかもしれませんね。

Otaru_20201022-122516

公園内の木々もいい感じに色づいていますね。
Otaru_20201022-122556

この日もいい眺めでした。

Otaru_20201022-122543

花園グラウンド周りの紅葉の様子

小樽公園内の花園グラウンド周辺から見ると、公園内の紅葉を少し遠くから眺めることができるんですよね。

(グラウンド越しに天狗山がいい眺め)
Otaru_20201022-122747

これは桜ヶ丘球場手前の大きな梅の木の紅葉です。
Otaru_20201022-122246

こちらはグラウンド側から見た見晴台側の様子。
Otaru_20201022-122046
 

白樺林の紅葉の様子

小樽公園の南側(入船町側)にある白樺林(ロータリーの杜)も、このブログではよく登場しますが、この時期は綺麗に紅葉します。

Otaru_20201022-121844

Otaru_20201022-121852

林の中にはジョギング用のコースが通っているですが、その途中からの眺めも、とても清々しくていいんですよね。

Otaru_20201022-121751

Otaru_20201022-121717

Otaru_20201022-121832

その横の木々には、もう冬囲いがされてました。
Otaru_20201022-121814

道路側からは、ここからも紅葉の天狗山が綺麗に見えます。
Otaru_20201022-121839
(道路を挟んで反対側の建物は、2018年春に開校した山の手小学校です)

こちらは白樺林側からのグランド手前の様子です。
Otaru_20201022-121935

小樽市公会堂の紅葉の様子

小樽公園の市民会館側に建つ、小樽市指定歴史的建造物の小樽市公会堂も手入れされた庭の木々が綺麗に紅葉するんですよね。

Otaru_20201022-123108

Otaru_20201022-123542

Otaru_20201022-123418

趣ある和風建築と紅葉がよく似合いますね。

Otaru_20201022-123307

おわりに

ということで、もう綺麗に色づいていた、10月22日の小樽公園の紅葉の様子でした。

実は、小樽もすっかり紅葉の季節になったということで、この週末にあちこち見て回ろうかと思ったのですが、10月24日(土)の小樽は生憎の雨。

う〜ん、先日までいい天気の日もあったのですが、なかなかタイミングあいませんね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
小樽の街も少しずつ秋色に色づいてきています〜小樽公園に行ってきました

| | コメント (2)

2019年11月 4日 (月)

【小樽の紅葉2019】住吉神社と小樽市立病院前の通りのイチョウ並木(11月2日の様子)

Otaru_20191102-144232

小樽の紅葉も、もうだいぶ葉も散ってきてますが、場所によってはもう少し楽しめそうですね。そして、この時期はイチョウが綺麗に黄色に色づくのが目に止まります。

さて、11月2日(土)には、住吉神社の紅葉の様子と、住吉神社前から続く小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の紅葉(黄葉)を見に行ってきました。

住吉神社の紅葉は終盤

Otaru_20191102-143848

小樽総鎮守の住吉神社の紅葉は、葉が散ってしまっている木も多くて、全体的にはほぼ終わりといった感じでした。

住吉神社は、もともと大鳥居のある国道5号線沿い側から参道を見ても、途中にイチョウはあるのもの、紅葉の様子はあまり見られないんですよね。

Otaru_20191102-143758

(大鳥居からの参道を振り返って見たところ)
Otaru_20191102-143626

こちらは、小樽市指定歴史的建造物でもある社務所前の鳥居周辺の様子ですが、住吉神社の紅葉は、参道奥のこの辺りや、さらに上の手水舎、社殿周辺の木々で綺麗に見られます。

Otaru_20191102-143014

(社務所近くのイチョウがいい感じ)
Otaru_20191102-142949

Otaru_20191102-143112

Otaru_20191102-143546

が、やはりほぼ終わってるかな。

こちらは社殿前から振り返って見た、手水舎周辺の様子です。

Otaru_20191102-143211

イチョウもだいぶ散ってますね。

あれ?手水舎横の鳥居の両側には大きなイチョウがあって、毎年、それが見事に色づくんですが、左側のイチョウがない!?

Otaru_20191102-143454

あれ?切られてる!?う〜ん、確か、ここにあったと思うのですが…

小樽市立病院前の通りのイチョウ並木の紅葉(黄葉)

住吉神社前から、まっすぐとJR南小樽駅方面に向かう道路(市道住吉線)沿いは、小樽市立病院前のあたりまで、イチョウ並木になっているんですよね。

こちらは、住吉神社の国道5号線沿いの大鳥居から見た様子。

Otaru_20191102-143810

このイチョウ並木が黄色に色づくと、なかなかいい眺めなんです。

Otaru_20191102-143833

(これは、国道5号線に架かる住吉歩道橋から)
Otaru_20191102-144024

Otaru_20191102-144044

木によっては、まだ緑が残っていますが、ここのイチョウ並木の黄葉は見頃ですね。

Otaru_20191102-144137

Otaru_20191102-144203

おわりに

ということで、11月2日(土)に見に行った、住吉神社の紅葉と、住吉神社前から小樽市立病院前へと続くイチョウ並木の紅葉(黄葉)の様子でした。

住吉神社の紅葉はほぼ終わりで、小樽市立病院前へと続くイチョウ並木はいい感じで色づいてました。

全体としては、もうそろそろ、紅葉シーズンも終わりでしょうかね。

住吉神社ホーム of 小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

Otaru_20191102-143201

【関連記事】
※過去記事より。
【小樽の紅葉2018】住吉神社の大きなイチョウはまだ紅葉(黄葉) 途中!?(10月21日夕方の様子)
【小樽の紅葉2018】)紅葉橋の坂・花園公園通り・小樽市立病院前の通りの様子(10月27日の様子)
【小樽の紅葉2017】住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りの黄色に色付くイチョウ並木(10月25日の様子)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)