小樽の紅葉

2018年11月10日 (土)

【小樽の紅葉2018】まだまだ残っていた紅葉〜小樽公園、花園公園通り、中央小公園など(11月7日の様子)

Otaru_20181107_141814


今年の小樽の紅葉は、全般的に色づきが今ひとつだったような気もしますが、11月に入って、もう紅葉の時期としては終わりですよね。

それでもまだ、市内のあちこちに残っている紅葉を楽しめるので、先日11月7日(水)に、小樽公園、花園公園通り、中央小公園などの様子を見てきました。

ただ、小樽では11月9日(金)に強い風が吹いたので、さすがに紅葉の葉もすでに散ってしまっているかもしれませんね。


まず、前回、まだまだ紅葉が綺麗だった天上寺の様子を掲載しましが、そこからすぐの小樽公園の南側の様子です。

Otaru_20181107_135828

ここは公園南側端の道路沿いで、小樽公園は多くの木の葉が散りだしてますが、桜の木を中心に、まだ紅葉している木が残ってます。

Otaru_20181107_135850

ちなみに、すぐ横のお気に入りの白樺林は、もう葉がありません。
Otaru_20181107_140014

こちらは、花園グラウンドの旧緑小学校側の道沿いで、桜並木が紅葉してました。

Otaru_20181107_140304

Otaru_20181107_140508


さて、次は小樽公園から花園公園通りに向かいます。

Otaru_20181107_141724

小樽公園から下る花園公園通りは、道路脇がイチョウ並木になっているんですよね。

Otaru_20181107_141736

実は、10月30日にここの様子を見に行き、その時にはまだ緑が色濃く残っている木もあったのですが、かなり綺麗に黄色に色づきましたね。

Otaru_20181107_142027

Otaru_20181107_142105

Otaru_20181107_142355

それでも、まだ緑の葉も見えるので、風で散ってなければ、もう少し楽しめそうなんですが…

Otaru_20181107_142411


さて、もう一箇所、寿司屋通りを上っていき、国道5号線とぶつかるところにある小さな公園、中央小公園の桜の木も綺麗に色づいてました(これは11月9日の撮影です)。

Otaru_20181109_111839

ここは、春の桜もなかなか綺麗なんですが、紅葉もいいですね。

Otaru_20181109_111843

Otaru_20181109_114041

Otaru_20181109_115822


おまけですが、ここは旧手宮線のひまわり公園の八重桜。春は綺麗もちろん綺麗ですが。秋の紅葉もいいですね、
Otaru_20181107_151450

こちらは、小樽公園近くの入船公園。グラウンド側の入り口のカラフルな様子です(この写真は11月8日撮影)。
Otaru_20181108_084459


ということで、天気が悪い日があると、もう葉も散ってしまいそうな状況ではあるのですが、なんだか今年は遅くまで紅葉が楽しめている感じですね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

【小樽の紅葉2018】まだまだ紅葉が綺麗だった天上寺(11月7日の様子)

Otaru_20181107_134717


小樽の街を歩くと、まだまだ綺麗なオレンジ色や黄色に色づく木々が目に入ってきます。

11月上旬になって、紅葉の季節としてはもう終わりなんですが、オレンジ色の葉がついているのは桜の木ですかね。そして、イチョウが黄葉しています。

今年は全般的に紅葉の色づきが今ひとつだったような気がしますが、実は、今年はまだ雪が降ってないんですよね。寒さもまだそれほどではありません(今日は寒かったけど)。そのせいかどうか、場所によっては、まだ葉が散ってなくて、桜の木やイチョウの紅葉を楽しめるところが多いようです。


ということで、例年ですと紅葉巡りはもう終わっている時期ですが、先日11月7日(水)、春の桜が綺麗な天上寺に紅葉の様子を見に行ってきました。

Otaru_20181107_135352
(境内を横から見たところ)


桜の木は、秋になると葉が鮮やかなオレンジに色づいて、とても綺麗なんですが、ここ天上寺も立派な門からの参道脇の桜が、まだまだ葉も残っていて綺麗に色づいてました。

Otaru_20181107_134722

Otaru_20181107_134758

Otaru_20181107_134822

天上寺の本堂は、小樽市の歴史的建造物に指定されているのですが、その本堂は桜を過ぎて奥の階段を上った先に建っていて、その階段を上った周囲も紅葉が綺麗なんですよね。

Otaru_20181107_134829

Otaru_20181107_134857

(階段の上から境内を)
Otaru_20181107_134912

お〜、いいですね〜

Otaru_20181107_135030

Otaru_20181107_134926

こちらが本堂です。なんとも威厳のある堂々とした佇まいです。

Otaru_20181107_135010


ということで、天上寺の紅葉の様子でしたが、11月9日から天気が崩れるようですね。ただ、雪ではなくて雨の予報です。さすがにこれで紅葉した葉も散ってしまうでしょうかね。

Otaru_20181107_135206

(実は正面の桜の木は、まだ緑が残ってます)
Otaru_20181107_135306

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
天上寺本堂

※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2017】まだまだ紅葉を見に再び手宮緑化植物園・3度目の天上寺・龍徳寺の夫婦イチョウ(10月28日の様子): 小梅太郎の「小樽日記」
【小樽の紅葉2017】入船公園と小樽公園の白樺林と再び天上寺の紅葉(10月24・25日の様子)
【小樽の紅葉2017】歴史的建造物の天上寺の紅葉(10月22日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月30日 (火)

【小樽の紅葉2018】)紅葉橋の坂・花園公園通り・小樽市立病院前の通りの様子(10月27日の様子)

Otaru_20181027_144737


いや〜ここにきて小樽の天気が悪いですね。

10月29日(月)の小樽は雨風がかなり強くて、30日(火)もぐっと冷え込んで雨も降ってと、う〜ん、紅葉もそろそろ終わりでしょうかね(というか、天気が悪くて、寒くて、見に行けません…)。

さて、そんな天気予報を見ていたので、先週土曜日の27日に晴れ間が見えたのをみて、風が強かったものの手宮公園周辺の紅葉を見に行ったのですが、その途中でも何箇所かの紅葉を見てきたので、掲載しますね。

場所は紅葉橋の坂花園公園通り、そして、小樽市立病院前の通りです。


紅葉橋の坂の様子

Otaru_20181027_144604

緑町側から市民会館に向かって上る坂道があります。この坂の手前には、於古発川(おこばちがわ)が流れていて、そこに紅葉橋(もみじばし)という橋が架かっています。

そして、市民会館に向かって上る坂道は、橋の名前にちなんで「紅葉橋の坂」と呼ばれています。

Otaru_20181027_144614

この時期にぴったりの名前の坂道ですが、今年はやはり、ちょっと色付きが悪いですかね。

坂の上の右手に建つのは、公会堂ですね。

Otaru_20181027_144543

それでも、なんとも雰囲気のある坂道です。

(坂の上から)
Otaru_20181027_144746

ここに来ると、覗かずにはいられないのが、紅葉橋から見た於古発川下流の眺めで、なんとも昭和の香り漂う、懐かしさを感じさせる風景に出会えます。

Otaru_20181027_144629
※車に注意しましょう。

三角屋根が可愛い、手前から同じ作りの3軒の建物を「佐野貸家」といって、昭和8年(1933年)の建築だそうです(参考:「小樽の建築探訪」(小樽再生フォーラム編/北海道新聞社))。


花園公園通りの様子

市民会館前を過ぎて小樽公園から下って行く花園公園通りは、道路の両脇がイチョウ並木になっているんですよね。

Otaru_20181027_144946

車の中から見たのですが、木によって全然色付きが違うんですよね。

まだ緑が色濃く残っている木と、綺麗に黄葉している木があります。

Otaru_20181027_144950

Otaru_20181027_145005

まだ、黄葉途中の木々も多いですが、ここ数日の悪天候で、すでに黄葉している木はどうなったかな。


小樽市立病院前の通りの様子

住吉神社前から、JR南小樽駅方面に向かう道路沿いは、小樽市立病院前のあたりまで、綺麗なイチョウ並木になっているんですよね。

Otaru_20181027_145525

この日は、車でこの道路もたまたま通ったので、その際に様子を見てみたのです、やっぱり色づきにかなりのばらつきがありました。

Otaru_20181027_145533

こちらも、全部が色づく前に、先に色づいた方から葉が落ちてしまいそうですね(というか、ここ数日の風でもう落ちちゃったかな…)。


おわりに

ということで、10月27日(土)に見に行った、紅葉橋の坂、花園公園通り、小樽市立病院前の通りの紅葉の様子でしたが、今年は紅葉の色付きが遅いまま、時期が終わりそうですね。

まだまだ緑の木が多いイチョウが、なんとかこれから色付いてくれないかなと、まだちょっと期待しているのですが…

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
紅葉橋から於古発川沿いの風情漂う佐野貸家を眺める(紅葉はまだでした)
紅葉橋の坂と紅葉橋から見る於古発川に三角屋根の建物が並ぶ風景
冬のちょっとした風景〜紅葉橋(もみじばし)の坂と於古発川沿いの三角屋根の建物が並ぶ風景
紅葉橋の坂

【小樽の紅葉2017】住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りの黄色に色付くイチョウ並木(10月25日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月29日 (月)

【小樽の紅葉2018】手宮公園と手宮緑化植物園、そして近くの小樽稲荷神社へ(10月27日の様子)

Otaru_20181027_141226


季節も10月下旬になり、秋もどんどん深まってます。

例年であれば、時期的には紅葉はそろそろ終盤になるんですが、今年の小樽の紅葉は、あまり鮮やかに色づいてませんね。

しかも、10月27日(土)に小樽では強風が吹き荒れてしまい、葉もかなり散ってしまっています。

それでも、十分綺麗な紅葉をあちこちで見られます。そこで、27日の午後には、風は強かったのもののちょっとだけ青空が広がったので、手宮公園手宮緑化植物園、そしてすぐ近くの小樽稲荷神社に紅葉の様子を見に行ってきました。


手宮公園の紅葉の様子

Otaru_20181027_140845

木々が多い手宮公園は、やはりこの時期は紅葉が綺麗ですね。

Otaru_20181027_140854

斜面にある手宮公園は、木々の向こうに小樽港を眺めることができます。

Otaru_20181027_142606

桜の木があまり色づいてないのかな。

Otaru_20181027_142623

Otaru_20181027_142629


手宮緑化植物園の紅葉の様子

Otaru_20181027_141237

手宮公園の奥にある手宮緑化植物園は、綺麗に整備された園内で、季節それぞれの植物を楽しむことができ、もちろん、この時期は園内が紅葉に彩られます。

上の眺めのいい場所には、小樽市重要眺望地点の看板が設置されていて、小樽港を一望する眺めが抜群です。

Otaru_20181027_141155

ただ、やっぱり桜を中心に、あまり色づいてないかな。
Otaru_20181027_141343

とはいえ、小樽港を見渡す眺めは、やっぱりいいですね。
Otaru_20181027_141417

Otaru_20181027_141839

Otaru_20181027_141529

Otaru_20181027_141548

Otaru_20181027_141705

手宮緑化植物園は入園料は無料で月曜が休園日。開園期間は11月3日までとなってます(参照:小樽市 : 公園・緑地について)。

Otaru_20181027_142214


小樽稲荷神社の紅葉の様子

手宮公園のすぐ近く、励ましの坂とも呼ばれる急な坂道を上った先にある小樽稲荷神社も、周囲と境内の木々が色鮮やかに紅葉するんですよね。

Otaru_20181027_142825

Otaru_20181027_142848

小樽稲荷神社の樹林は、小樽市から保全樹林として指定されていて、明治43年の神社の新築移転当時よりあった樹林だそうです(※参考:小樽市 :保存樹木等の指定 一覧

Otaru_20181027_143024

Otaru_20181027_143036

Otaru_20181027_143101


おわりに

Otaru_20181027_141859

ということで、手宮公園と手宮緑化植物園、そして小樽稲荷神社の紅葉の様子でした。

確かに、例年に比べると、木々の色付きは今ひとつなんですが、それでもやっぱり、ここの紅葉は綺麗で楽しむことができました。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子です。
【小樽の紅葉2017】手宮公園と手宮緑化植物園、そしてすぐ近くの小樽稲荷神社の紅葉(10月21日の様子)
【小樽の紅葉2017】まだまだ紅葉を見に再び手宮緑化植物園・3度目の天上寺・龍徳寺の夫婦イチョウ(10月28日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月26日 (金)

【小樽の紅葉2018】紅葉に縁どられる千秋通りともがみ公園の紅葉(10月24日の様子)

Otaru_img_3544


小樽の紅葉が進んでますね。

気がつけば、あちこちで紅葉が見頃になっているようなので、10月24日(水)には、天狗山へ続く真っすぐで急な坂道・千秋通りの坂を上ってきました。


ナナカマドの紅葉に縁どられる千秋通りの坂

天狗山へ真っすぐ続く千秋通りの坂は、道路の両側に街路樹のナナカマドが植えられていて、これがこの時期、道路を縁どるように赤く色付くんですよね。

これは、この春から小樽工業高校から変わった小樽未来創造高校前から見たところ。

Otaru_20181024_142949

行ったのは午後で、逆光になるんですが、坂の上から振り返って見た眺めがいいんですよね。

Otaru_img_3539_2

(左がこの春で閉校した旧最上小学校、右が小樽未来創造高校)
Otaru_20181024_143233

この街路樹は、この春で閉校した旧最上小学校の上まで続いています。

Otaru_20181024_143415

そこからさらに上って天狗山へと向かいます(あっ、ちょっと曇ってきて残念…)。
Otaru_20181024_143350

振り向くと坂の下の方に赤い街路樹が道路を縁どっている様子が、とてもいい眺めです。

Otaru_img_3548

先に見えるのは小樽公園の木々で、黄金色に色づいていいるのは白樺林。緑色の屋根は、歴史的建造物の坂牛邸です。

これは拡大して見たところです。
Otaru_img_3546

ここは結構お気に入りの坂道なんですが、特に紅葉の時期はいい眺めですね。

Otaru_img_3551


もがみ公園と奥の小さな滝の紅葉

千秋通りの坂の途中、といってもかなり上の方なんですが、上って行くと、左に見えてくる広い公園が「もがみ公園」です(この辺りは最上町ですね。公園名はひらがなで「もがみ公園」と表記されてます)。

3段になっている公園で、一番下は普通の広場で、その次が遊具が設置されている広場。

Otaru_20181024_143740

一番上には、「もがみ公園」と表記される入り口の門があって、奥が綺麗に紅葉しているのが見えます。

Otaru_20181024_143950

Otaru_20181024_144009

Otaru_20181024_144110

その奥まで行くと、このブログでは毎年紹介しているのですが、小さな滝があるんですよね。

Otaru_20181024_144242

公園の入り口からは見えないこの小さな滝は、特別なものではないかもしれませんが、あたりは静かで、なんだかとてもいい雰囲気なんですよね。なので、毎年見にきています。

(木が倒れてる!?)
Otaru_20181024_144307

そして、このもがみ公園をこのブログに掲載する時は、いつも一緒に紹介しているのですが、ここはかつて「二楽園」と呼ばれていたんですよね。

毎度のことですが、この二楽園につてい、当ブログからの引用です。

この公園は、元々はこの付近一帯の大地主さんが個人的に造った公園とのことです。
で、この公園のすぐ上には神社があって、その神社で楽しみ、そしてこの公園で楽しむという、2つの楽しみがあるということで「二楽園」と称したそうです。

その後、昭和33年に小樽市に寄付され、この一帯の最上町民の希望により、最上公園と改称したそうです。
もがみ公園と小さな滝〜ここはかつての二楽園

※参考:緑・最上両町史(続編)

Otaru_20181024_144438

近隣の方や、以前、この周辺に住んでいた方は、今でも二楽園と呼ぶ方が結構いるようです。

ちなみに、立っている看板はヘビに注意!!
Otaru_20181024_144142


おわりに

Otaru_20181021_112235
(この写真のみ10月21日撮影)

ということで、ナナカマドの紅葉に縁どられる千秋通りの坂と、かつて二楽園と呼ばれていた、もがみ公園の紅葉と奥にある小さな滝の様子でした。

ちなみに、このまま天狗山の麓もまで行ったのですが、天狗山もいい感じに色づいてましたよ。

(もがみ公園からさらに上ります)
Otaru_20181024_143720

(ちょっと写真が暗いですが)
Otaru_20181024_145041

Otaru_20181024_145332

※天狗山山頂の様子はこちらの記事でどうぞ。
【小樽の紅葉2018】紅葉する天狗山山頂へ行って秋の小樽の街並みと海を眺めてきた(10月20日の様子)

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の千秋通りともがみ公園の紅葉の記事です。
【小樽の紅葉2017】天狗山へ向かう千秋通りの坂を縁どるナナカマドの紅葉(10月19日の様子)
【小樽の紅葉2017】もがみ公園と奥にある小さな滝の紅葉〜ここはかつて二楽園と呼ばれた公園(10月19日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

【小樽の紅葉2018】小樽公園の紅葉が深まってました(10月22日夕方の様子)/入船公園の様子もちょっとだけ

Otaru_20181022_153856


小樽の秋も日に日に深まり、木々もすっかり色づいてますが、先日、10月22日(月)の夕方に、小樽公園に紅葉の様子を見に行ってきました。

実は、その数日前にも小樽公園には足を運んでいて、色づきはもうちょっとかな、と思ったのですが、すっかり紅葉が進み色づいてました。

夕方に行ったので、ちょっと写真が暗いのはご勘弁を。


小樽公園の紅葉の様子

まず、こちらは小樽公園の花園公園通り側から入っていくとある庭園周辺の様子です。

Otaru_20181022_153246

Otaru_20181022_153306

そこから上って、見晴台と呼ばれる高台へ向かいました。

Otaru_20181022_153434

Otaru_20181022_153507

見晴台からの、小樽の街並と小樽港の眺めです。

Otaru_20181022_153538

Otaru_20181022_153600

夕方なので、影が伸びている!!
Otaru_20181022_153615

こちらは見晴台から花園グラウンド側に降りたところの散歩道ですが、このあたりもいい雰囲気に紅葉しています。

Otaru_20181022_153708

Otaru_20181022_153743

Otaru_20181022_153856

Otaru_20181022_153926

花園グラウンド側から見晴台の高台を見た所。
Otaru_20181022_154233

南側(入船町側)にある白樺林(ロータリーの杜)もすっかり色づいてます。

Otaru_20181022_154343

これは黄金色というのかな。

Otaru_20181022_154458

ただ、全体的にやや葉のボリュームがなくて、ちょっと寂しいですかな。

実は今年は、葉が落ちるのが早かったのか、色づきだした頃から、こんな感じなんですよね(こちらが色づきだした頃の様子:もうすぐ小樽も紅葉の季節です〜街が秋色に変わってきました)。

Otaru_20181022_154515

Otaru_20181022_154552

Otaru_20181022_154550

小樽公園は、広い敷地内に木々がたくさんあって、のんびりと紅葉を眺めながら散歩できるのがいいですよね。


ちょっとだけ入船公園の紅葉の様子

小樽公園のすぐ近くの入船公園の木々も、綺麗に紅葉しています(こちらは10月24日撮影)。

Otaru_20181024_084546

Otaru_20181024_084606


おわりに

ということで、小樽公園と、ちょっとだけ入船公園の紅葉の様子でしたが、いい天気の日や時間帯はあものの、実は、今年はなかなか晴天の時にタイミングよく見に行けてなくて、ちょっと残念…

けど、まだまだ、あちこち見に行く予定ですよ!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小樽の紅葉2018】紅葉する天狗山山頂へ行って秋の小樽の街並みと海を眺めてきた(10月20日の様子)

Otaru_20181020_111229


小樽も紅葉の季節になり、見上げると天狗山もだいぶ色づいてます。
そこで、10月20日(土)に車で天狗山山頂へ行ってきました。

天狗山といえば、山頂から一望する小樽の街並みと小樽港の眺めがとてもいいことで知られてますが、この時期は山の紅葉と一緒に眺めを楽しむことができます。


まずは車で紅葉の山間を天狗山山頂へ

天狗山山頂へ車で行くには、最上町を上って行って塩谷方面へ抜ける小樽環状線の途中から、山頂へと向かう市道天狗山観光線に入るんですが、ここから山頂までの道路の景色もなかなかいいんですよね。

Otaru_20181020_105937

Otaru_20181020_110337

道路は山間を抜けて行くのですが、もちろん、この時期は紅葉した木々の間を通って行くことになります。

市街地からすぐのところで、このような風景が見られるというのも、小樽ならではかもしれませんね。

Otaru_20181020_110432

Otaru_20181020_110620

Otaru_20181020_110655

山頂へは10分もかからず到着するのですが、着くとぱ〜っと視界が開けて、小樽の市街地と海が眼前に広がります。

これがなかなか、お〜!!っていう感じで感動するんですよね。

※天狗山山頂へ向かう市道天狗山観光線は、冬期通行止めになります。

Otaru_20181020_110857

そして、山頂の紅葉を眺めながら、山頂に設置されている各展望台を回ってきました。

Otaru_20181020_110913

ここからは山頂からの眺めを中心に掲載していきますが、周囲の山々など、全体的にはまだ紅葉はあまり進んでないようでした。


第1展望台からの眺め

Otaru_20181020_111208

駐車場からロープウエイ乗り場の建物の方へ向かうと、建物手前にまず第1展望台があります。

Otaru_20181020_111229

市街地を背景にロープウエイを入れる構図はおなじみですね。

Otaru_20181020_111227


天狗桜展望台からの眺め

Otaru_20181020_115151

ロープウエイ乗り場の建物の奥には、樹齢100年を超える一本桜の「天狗桜」が立っています。

Otaru_20181020_111551

ここは天狗桜展望台という名前がついていて、横にはハートのオブジェが設置されていて、記念撮影スポットになっています。

Otaru_20181020_111744

Otaru_20181020_111606

Otaru_20181020_111600

Otaru_20181020_111750


第2展望台からの眺め

Otaru_20181020_112759

天狗桜展望台からさらに奥に行くと、スキー場のコース名でいうとダイナミックコースの上にあたるところに、小樽市重要眺望地点の案内板が設置されている第2展望台があります。

Otaru_20181020_112007

また、ちょっと違った角度で、小樽の市街地を眺めることができます。

Otaru_20181020_112014

Otaru_20181020_111938


第3展望台からの眺め

さらに奥まで行くと、突き当たりになっているところが、すぐ下が崖の第3展望台です(が、あれ?看板がなくなっている)。

Otaru_20181020_112603

ここからは、他の展望場所と違い、小樽の市街地の東側から南へと続く毛無山などの周囲の山々を見渡すことができます。

Otaru_20181020_112559

天神町を横切る北海道横断自動車道がつながってます。ここは、確か12月に開通予定だったはずですね(※参照:プレスリリース 北海道支社|プレスルーム|NEXCO 東日本)。

Otaru_20181020_112555

こちらは、第3展望台への小道の紅葉で、ここがとても綺麗なんです。

Otaru_20181020_112705

Otaru_20181020_112144


屋上展望台からの眺め

Otaru_20181020_113235

先ほどのロープウエイ乗り場の建物の屋上からも、景色を眺められるようになっていて、そこが屋上展望台です。

山頂に着いた時には、まだ太陽が出ていたのですが、次第に曇ってしまい、ちょっと残念。

Otaru_20181020_113217

先ほどの天狗桜展望台のハートのオブジェと天狗桜ですね。
Otaru_20181020_113300

山腹もよく眺められます。
Otaru_20181020_113233

ロープウェイがきました。
Otaru_20181020_113608


天狗山山頂の紅葉の様子

天狗山山頂の紅葉の様子ですが、だいぶ色づいていました。

Otaru_20181020_111354

Otaru_20181020_111422

歩くと落ち葉がカサカサと音がして、秋が深まってきている感じですね。

Otaru_20181020_111429

Otaru_20181020_111527

そうそう、山頂のシマリス公園や天狗山スライダー、天狗広場の今季の営業は、すでに終了しています。

Otaru_20181020_115226


おわりに

ということで、天狗山山頂の紅葉の様子と、山頂からの小樽の街並みと小樽港の眺めでしたが、やっぱり、何度きても天狗山からの眺めはいいですね〜

紅葉の色合いとしては、周囲の山々もまだ緑が残っていて、これからさらに深く色づいてきそうですね。

Otaru_20181020_114904

※天狗山の夏期営業は、11月4日(日)で終了となっています。
※小樽天狗山の公式サイト:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の紅葉時の天狗山の記事です。
【小樽の紅葉2017】天狗山山頂から見る紅葉で彩られる山と小樽の街並みと小樽港の眺め(10月21日の様子)

天神地区の巨大な構造物は建設中の北海道横断自動車道 余市〜小樽間。開通は今年(2018年)中の予定!?


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月23日 (火)

【小樽の紅葉2018】住吉神社の大きなイチョウはまだ紅葉(黄葉) 途中!?(10月21日夕方の様子)

Otaru_20181021_154413


小樽もすっかり紅葉の季節で、私もあちこちの様子を見に行ってますが、なんだか今年は木々が色付くのが遅いような。というか、色付くのが遅い木と、早々と色付いてすでに葉が散りだしている木があるようにも見えますね。

さて、先日10月21日の夕方なんですが、小樽総鎮守の住吉神社に紅葉の様子を見に行ってきました(夕方で写真が暗いのはご勘弁を)。

といっても、住吉神社は大鳥居のある国道5号線沿い側から参道を見ても、紅葉の様子は見られません。

住吉神社は、参道奥の手水舎や社殿周辺の木々が紅葉するんですよね。

Otaru_20181021_154413

特に、手水舎横の鳥居を挟んでそびえ立つ大きなイチョウが見事に黄色に色付くんですが、今年はまだ緑の葉が結構残っていますね。

Otaru_20181021_154650

Otaru_20181021_154426

それに、なんだか全体的に葉のボリュームが少ない気もします。

下を見ると結構落ち葉があって、う〜ん、今年はタイミングよく色付かないのかな。

Otaru_20181021_154716

本当は社殿前の桜の木も紅葉するんですが、今年はまだほとんど色付いてませんでした。

ここに限らず、桜の木はまだ色付いてないところが結構あるみたいで、今年の紅葉は今のところちょっと寂しいですね。

これから色付くといいのですが。

Otaru_20181021_154309


そうそう、住吉神社は今年、鎮座150年という節目の年を迎えていて、その記念事業の一環で参道の改修工事を実施しています。

すでに、参道にある3箇所の急な階段が改修工事により幅が広がって勾配が緩やかになり、上り下りが以前に比べて随分と楽になっていますし、社務所前と手水舎前の参道は石畳へと改修されています。特に高齢者にとっては、参拝しやすくなったのではないでしょうかね。

Otaru_20181021_154319

※関連記事:住吉神社の参道の改修工事が進み、参道の石畳と迂回路になるスロープができてました)。

綺麗に歩きやすくなった参道をのんびりと歩いて、紅葉を見たり参拝しに行ったりするのもいいかもしれませんね。


※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
※昨年の様子ですが、昨年はかなり綺麗に色付いてました。
【小樽の紅葉2017】住吉神社の紅葉と小樽市立病院前の通りの黄色に色付くイチョウ並木(10月25日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月21日 (日)

【小樽の紅葉2018】紅葉したツタの絡まる旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)の建物(10月20日の様子)

小樽も紅葉の季節になりましたが、小樽市内には、ツタが絡まる建物をあちこちで見ることができて、赤や黄に色づいたツタが古い建物や倉庫の壁を彩る様子は、なかなか素敵なんですよね。

そんな建物の中で、気になってよく見に行く建物がこちら、かつての専門学校「旧国際インテリアアカデミー」(旧寿原産業鳳星寮)の建物です(写真は10月20日撮影)。

Otaru_20181020_150854

現在は、使われていないようなんですが、紅葉の時期になると、建物に絡まるツタが何とも味わい深く色付くんですよね。

場所は、メルヘン交差点からですと、ルタオ本店の向かいにある、堺町郵便局の横の道を入っていくとあります。

Otaru_20181020_150824
(通りの奥から。向こうにルタオ本店)

住所としては相生町になるのですが、目の前の道路が入船1丁目との町の境目になります

Otaru_20181020_150822

通り沿いの玄関部分には、「専門学校 国際インテリアアカデミー 生徒昇降口」と書かれていますね。

Otaru_20181020_151108

横のシャッターのところには、外れてしまったのか、「IAI」の文字と国際インテリアアカデミーと書かれた看板が、下に立てかけてありました。

Otaru_20181020_151052

建物の横に上る道があるので、そこから建物の側面と反対側を見ることができるのですが、こちらのツタがかなりいい感じなんですよね。

Otaru_20181020_151001

Otaru_20181020_150903

こちらが正面玄関のようですね。

Otaru_20181020_150913

Otaru_20181020_150926

建物については、当ブログの過去記事からの引用です。

この国際インテリアアカデミーの建物ですが、元々は昭和9年(1934年)に寿原産業の店員のための寮として建てられた、寿原産業鳳星寮だったそうで、戦中戦後には陸軍と進駐軍が使用し、その後に会社の寮及び倉庫になり、昭和60年(1995年)から、専門学校「国際インテリアアカデミー」として再利用されたとのことです(参考:書籍「小樽の建築探訪」小樽再生フォーラム編)。

ということで、旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)のツタの紅葉の様子でしたが、ここ数年見てきた感じですと、ここのツタはまだまだ色付きそうなので、まだしばらくは楽しめそうです。

Otaru_20181020_151014

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。

【関連記事】
【小樽の紅葉2016】旧国際インテリアアカデミー(旧寿原産業鳳星寮)の建物に絡まるツタの紅葉(10月30日の様子)
【小樽の紅葉2015】専門学校「国際インテリアアカデミー」(旧寿原産業鳳星寮)だった建物に絡まるツタの紅葉小梅太郎の「小樽日記」
専門学校「国際インテリアアカデミー」(旧寿原産業鳳星寮)の建物にからまるツタの紅葉(2014年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【小樽の紅葉2018】小樽運河沿いの倉庫のツタがいい感じに色づています〜浅草橋街園から

Otaru_20181020_155510


小樽もすっかり秋が深まり、街を歩いていても、木々がだいぶ色づいてます。

そこで、10月20日(日)の夕方、小樽運河沿いの倉庫群のツタの様子を見に、観光客で賑わう運河の浅草橋街園にいってきました。

Otaru_20181020_155649

浅草橋街園は、記念撮影でおなじみのスポットですが、たくさんの観光客の皆さんが、小樽運河を撮影していました。

Otaru_20181020_155442

私も観光客に混じって(お邪魔にならないように)、運河沿いの倉庫に這うツタのようすを眺めてきましたが、いい感じに色づいてきてますね。

Otaru_20181020_155506

Otaru_20181020_155510

Otaru_20181020_155604

Otaru_20181020_155829

Otaru_20181020_155725

小樽市内には、建物に絡まるツタがあちこちで見られて、赤く色づいたツタが古い建物や倉庫の壁を彩る様子は、なかなか素敵なので、そんな風景を眺めながら、小樽の街を歩くのもいいかもしれませんね。

紅葉の季節ですね。

※紅葉の記事については、カテゴリー「小樽の紅葉」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 住吉神社 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 朝里地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 北海道胆振東部地震小樽関連 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌