祝津・高島地区

2022年9月 7日 (水)

9月の晴れた日の祝津パノラマ展望台から祝津の海を眺める

Otaru_20220904-145120

先日、祝津に行く機会があったのですが、とっても天気が良かったので、そうだと思い、祝津パノラマ展望台にも行って、祝津の海を眺めてきました。

祝津パノラマ展望台の場所は、おたる水族館の駐車場への道に入り、そのまま駐車場を抜けて、ホテル「ノイシュロス小樽」へと向かう急な坂道の途中にあり、展望台前が駐車スペース(約10台)になっています。

まずは、右手。おたる水族館の海獣公園を手前に、高島岬の日和山灯台と小樽市鰊御殿のおなじみの眺めですね。

Otaru_20220904-145111

周囲に広がる祝津の海の眺めは、本当に綺麗です。

Otaru_20220904-145113

Otaru_20220904-145116

祝津パノラマ展望台の看板は、旭展望台と毛無山展望所の看板と共に、2020年11月に立て替えられました。

Otaru_20220904-145104

ここは、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に位置します。

視線を左に移していくと、正面に岩が見えますが、これがトド岩です。

Otaru_20220904-145151

そして、左手は赤岩方面の断崖絶壁から続く日本海の眺めです。

Otaru_20220904-145240

こちら側には、写真撮影用にと、「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」が設置されています。

Otaru_20220904-145202

フォトフレームに描かれているのは天使の羽で、1枚1枚が、ニシンの形をしてるんですよね。

Otaru_20220904-145208

このフォトフレームは、ここ祝津パノラマ展望台など、市内の眺望地点5か所にそれぞれ違うデザインで設置されています。
※関連記事:小樽の眺望地点に設置されている「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」【まとめ記事】

ここは、海に沈む夕日がカメラマンにも人気のスポットでもあるんですよね。

崖の上の高台に建つのは、ホテル「ノイシュロス小樽」です。

Otaru_20220904-145233

いや〜、やっぱり祝津の海は綺麗ですね。

ということで、9月の晴れた日の祝津パノラマ展望台からの眺めでした。

ビューポイント | 小樽市

※今回、祝津に行ったのは、前浜で開催された「第1回おタテ祭り」のためでした。イベントは大盛況で、とても美味しく楽しかったです。
小樽祝津の前浜で「第1回おタテ祭り」が9月4日に開催されました!!:

【関連記事】
祝津パノラマ展望台に設置されている撮影用「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」
※そういえば、昨年も9月に祝津パノラマ展望台に行ってました。
9月の晴れた日の祝津パノラマ展望台から
※こちらは冬の様子です。
冬の祝津パノラマ展望台からの眺め【冬のちょっとした風景】

| | コメント (2)

2022年9月 5日 (月)

小樽祝津の前浜で「第1回おタテ祭り」が9月4日に開催されました!!

Otaru_20220904-134928

祝津の前浜で「第1回おタテ祭り」が、9月4日(日)に開催されました。

開催時間は11:00~15:00で、場所の祝津前浜は、おたる祝津にしん群来祭りの開催場所と一緒で、さらに、にしん群来祭りの時と同様に、おたる水族館の駐車場が無料開放されました。

小樽祝津産ホタテを“おタテ”とネーミングして、ブランド化をすることを目指すプロジェクトが昨年から進行中で、これまでおタテ飲食店フェアなんかも2回開催され、市内でも“おタテ”がだいぶ浸透してきたでしょうかね。

おタテは小ぶりでも、貝柱の弾力がとても強く、他の産地にはない独特の食感と旨みがあるのが特徴とのことで、このおタテ祭りでは、様々なおタテ料理が味わえるということなんですね。

地元飲食店やキッチンカーが「おタテオリジナルメニュー」を提供し、実行委員会ブースでは炭火焼おタテを1個200円(数量限定)で提供。座席は160席用意され、他にも小学生以下を対象とした「おタテ釣り体験」なんかも行われました。

さらには、おタテ応援歌の「小樽のおタテ」を歌う、HAMBURGER BOYSの無料ライブも、前浜の会場に設置されたステージで、午前と午後の2回(各40分)開催されました。

(折込チラシも入ってました)
Otaru_20220903-115829

第1回です。初開催です。ということで行ってきました!!

第1回おタテ祭りの様子

天気はというと、晴天でした。よかった!!(少雨決行、荒天中止の予定でした)

でですね、実は午後に向かったのですが、なんと祝津へ向かう道(道道454号小樽海岸公園線)が大渋滞でして。

(これはびっくり)
Otaru_20220904-131054

私が向かった1時頃で、ホーマックを過ぎて、高島に入ったあたりから渋滞が始まってました。

これ、実際の原因は未確認なのですが、想像するにとっても天気が良かったので、おたる水族館へのお客さんもかなり多くて、そこにイベントのお客さんが重なったのでしょうね。

イベントでおたる水族館の広い駐車場が無料開放になってましたが、水族館の来館者も無料になりますからね(けど、駐車場が無料開放になるのは、本当にありがたいんですよね)。

で、なんとか祝津に到着です。

(駐車場はびっしり)
Otaru_20220904-134144

Otaru_20220904-134459

で、会場は大変な賑わい!!

Otaru_20220904-134711

Otaru_20220904-134609

おタテ料理は、どこも行列ができ続けていて、すでに売り切れもお店も。

Otaru_20220904-135206

Otaru_20220904-134602

Otaru_20220904-134716

Otaru_20220904-134810

実は、先ほどの祝津への渋滞によって、思わぬ影響が。

なんと、渋滞で材料が届かなくて、販売を停止しているメニューのあるブースもありました。これは今後の課題ですかね。

今回、各飲食店のおタテを使ったメニューをみると、麺を使う料理が多く(焼きそば、ラーメンなど)、なかなか調理に時間がかかるメニューも多かった印象で、そのあたりも行列がなかなかなくならい原因だったかもしれませんね。

なにより、訪れる人が多かったです。

けど、皆さん、とっても美味しそうに、イベントを楽しんでいました。

Otaru_20220904-135202

Otaru_20220904-143849

で、私はというと、こちらを食べました!!

らーめん きちりん/おタテ潮らーめん(1,000円)
Otaru_20220904-141159

立派なおタテが2個入ってました!!
Otaru_20220904-141337

いや〜、天気が良くて、暑かったけど美味しかった〜!!

とろり庵/おタテ入り台湾まぜそば(700円)
Otaru_20220904-141156

Otaru_20220904-141447

こちらもすっごく美味しかったです!!

Otaru_20220904-140403

同じ、くとろり庵/おタテ入りあんかけ焼そば(700円)も。
Otaru_20220904-141113

おなじみのあんかけ焼そばに、おタテが入りました。

いや〜、並んでよかったです。

他にも天ぷらとか串、タコス、丼ものなんかもあったようで、色々と食べてみたかったんですけどね。

こちらは炭火焼おタテの行列。
Otaru_20220904-134931

Otaru_20220904-134837

こちらは、おタテ釣り体験ですね。
Otaru_20220904-135011

そして、私が行った時には、この日2回目となる、HAMBURGER BOYSのライブが14:00から始まり、会場はとっても盛り上がってました。

Otaru_20220904-141525

Otaru_20220904-141549

そして、お腹いっぱい大満足で、祝津の海を見つつ、この日は会場を後にしました。

Otaru_20220904-143915

Otaru_20220904-143929

おわりに

おたる祝津にしん群来祭りに続いて、祝津前浜で美味しく楽しいイベント「第1回おタテ祭り」か開催されました。

例年、9月のこの時期は、おたる祝津花火大会が祝津の前浜とおたる水族館の駐車場一帯を会場に開催されるのですが、今年はコロナ禍で3年連続の中止となってしまったんですよね。

来年は、おたる祝津花火大会とこのおタテ祭り、開催時期はどうなるのかな。おタテ祭りも今回、大盛況でしたから、来年も開催してもらいたいですね。

ということで、初開催となった「第1回おタテ祭り」の様子でした。

※参考
小樽祝津発ホタテづくし 第1回おタテ祭り9/4(小樽ジャーナル)
第1回おタテ祭り…(9/4)小樽祝津前浜 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
「おタテ祭り」の詳細です  9月4日(日)開催 | おたる祝津たなげ会

【公式】「おタテ」ブランド化推進プロジェクト|キタル、オタル。
おタテ(小樽ホタテブランド化推進プロジェクト) | 小樽市

HAMBURGER BOYS
※ちなみに、こちらがHAMBURGER BOYSによる「小樽のおタテ」です。

※関連ニュース(追記2022/9/5)
小樽祝津のホタテに舌鼓 第1回おタテ祭り(小樽ジャーナル)
・2022年9月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
「第12回おたる祝津にしん群来祭り」が祝津の前浜で3年ぶりに6月4日・5日の2日間で開催
2022年の「おたる祝津花火大会」は中止とのことです
小樽祝津産ホタテを「おタテ」とネーミングしブランド化へ〜おタテ飲食店フェア開催中!!

| | コメント (2)

2022年8月22日 (月)

高島の地に受け継がれる伝統行事「高島越後盆踊り」【動画あり】〜小樽市指定無形民俗文化財

Otaru_20220819-200211

高島の地に受け継がれる伝統行事、小樽市の無形民俗文化財にも指定されている「高島越後盆踊り」が、3年ぶりにいつもの高島公園で、2022年8月18日(木)~8月20日(土)の3日間の日程で開催されました。

8月19日(土)に見に行ってきて、その様子は先日「高島の地に受け継がれる伝統行事「高島越後盆踊り」を見に行ってきました」の記事で紹介しました。

実はこの日、少し動画も撮ってきたので、ここで紹介したいと思います。

高島越後盆踊りは、その動きが独特で、とても優雅なのですが、その様子がより伝わればと思います。

こちらです。


高島越後盆踊りについて

Otaru_20220819-201247

高島越後盆踊りは、平成13年(2001年)に小樽市の無形民俗文化財に指定されています。

コロナ禍で中止が続き、今年は3年ぶりの開催となったのですが、会場となる公園広場の中心には、いつものように櫓が組まれ、提灯と大漁旗が掲げられていました。

Otaru_20220819-200148

櫓の上で奏でられるお囃子は生演奏で、太鼓・笛のみの伴奏で、歌との掛け合いで行われ、歌は男性と女性が交代で歌っています。ちなみに歌詞は、労働歌を中心に 民謡・俗曲・恋歌など、様々な内容で約190ほどあるそうです。

Otaru_20220819-200230

踊りには、歌に合わせたものと、お囃子だけの時のものと2種類あるそうで、これらを交互に連続して行なうのが特徴とのことで、歌の時はゆったりと、お囃子の時はやや動きが激しくなり、揃いの浴衣に編笠をかぶった踊り手たちが、ややうつむき加減(のように見える)にしなやかに踊る姿は、なんとも優雅です。

Otaru_20220819-201354

この日の踊りの輪は一つでしたが、次々と地域の方と思われる一般の方も、踊りの輪に加わって、踊りの輪が広がり、そのうち輪が二重になったこともありました(その踊りは、ちょっと見ただけでは、難しくて踊れそうにないのですが、やはり地元の方々は、踊れるのでしょうかね)。

Otaru_20220819-202257

高島といえば、古くから優れた漁場をもって栄えた地域で、明治時代には本州からの移住者が増え、中でも新潟県北蒲原群紫雲寺町(現在は新発田市に編入)の当時大火のあった藤塚浜地区からの移住者が多かったそうです。

その移住してきた方々が、お盆に先祖の眠る故郷に思いをはせながら、故郷の盆踊りを踊り、それが高島に定着したそうで、そうやって伝えられてきたのがこの高島越後盆踊りなんですね。

このような歴史をもつ高島越後盆踊りですが、戦時中は一時中断され、その後復活するも次第に加者の高齢化などの問題も発生したため、1979年(昭和54年)に高島越後盆踊り保存会を発足して、この伝統の継承を支えているそうです。

高島越後盆踊りは、基本的に、毎年きまって8月18日・19日・20日の3日間に開催されているそうで、これからずっと受け継がれていってもらいたい伝統行事ですね。

※参考
高島越後盆踊りの行事 | 小樽市
高島越後盆踊りの行事(pdf)
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)
・新ねっとわーく小樽2017年8月号No.37【高島】

※以下は小樽市のHPからの引用です。

高島地区は古くから漁業で栄えた地域であり、本州からの移住や往来が盛んに行われました。特に、津軽地方と新潟県北蒲原郡紫雲寺(現在の新発田市)からの移住者が多く集まり、その土地の文化・風習が持ち込まれました。

高島越後盆踊りの行事は、紫雲寺出身者が伝えた、盆踊りを中心にした盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事です。

高島越後盆踊りの特徴は、近代以前の盆踊りの形態を残していることや、踊りは二つの形態のものを一つの流れとして交互に行うことなどがあります。現在も地域に根差した伝統行事として、「高島越後踊り保存会」を中心に地元の人々の手によって連綿と保存・伝承されています。

高島越後盆踊りの行事 | 小樽市

※関連ニュース
小樽市指定無形民俗文化財『高島越後盆踊り(8/18~20 高島公園)』開催のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2022年8月20日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
※今年の先行掲載の記事です。
高島の地に受け継がれる伝統行事「高島越後盆踊り」を見に行ってきました(8月18日~8月20日で開催)
※過去記事です。
高島の地に受け継がれるしなやかで優雅な高島越後盆踊りを見に行ってきました
小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りを見に行ってきました
【動画】小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りの様子

| | コメント (0)

2022年8月20日 (土)

高島の地に受け継がれる伝統行事「高島越後盆踊り」を見に行ってきました(8月18日~8月20日で開催)

Otaru_20220819-201247

小樽市の無形民俗文化財にも指定されている「高島越後盆踊り」が、2022年8月18日(木)~8月20日(土)の3日間の日程で開催されるということで、8月19日(土)に見に行ってきました。

場所はいつもの高島公園(高島稲荷神社に隣接)で、20時少し前に会場に到着すると(私はバスで行きました)、まだ開始前で、20時頃に踊りが始まりました。

Otaru_20220819-195418

コロナ禍で、ここ数年は開催されてないと思うので、久しぶりの開催となったと思うのですが(ニュースによると、開催は3年ぶりとのことです)、会場となる公園広場の中心には、いつものように櫓が組まれ、提灯と大漁旗が掲げられていました。

Otaru_20220819-200148

平成13年(2001年)に小樽市の無形民俗文化財に指定された高島越後盆踊りは、その名の通り越後にルーツをもつ盆踊りで、揃いの浴衣に編笠をかぶった踊り手たちによるその踊りは、とても独特で、しなやかで優雅な踊りなんですよね。

Otaru_20220819-200211

カッコいいとも言えますね。

Otaru_20220819-200243

Otaru_20220819-200337

Otaru_20220819-201354

Otaru_20220819-201423

ただ、ここ高島公園で行われるのは、特にイベント感があるわけではなくて、本当に地域に根ざした盆踊りという雰囲気でもあるんですよね(カメラマンが多いくらいでしょうか)。

周囲には地元の方々が集まっていて、この伝統ある盆踊りを眺めて楽しんでいたり、普段着で踊りの輪に加わっていく方も結構見られますが、それがまたいいんですよね。盆踊りですからね。

Otaru_20220819-200323

Otaru_20220819-200847

Otaru_20220819-201803

※会場にいた知り合いの方が脚立を貸してくれて、上から撮れまた!!ありがとうございます!!
Otaru_20220819-201242

Otaru_20220819-201247

Otaru_20220819-201256t

ちなみに、櫓の上で奏でられるお囃子は生演奏で、太鼓・笛のみの伴奏で、歌との掛け合いで行われ、歌は男性と女性が交代で歌っています。ちなみに歌詞は、労働歌を中心に 民謡・俗曲・恋歌など、様々な内容で約190ほどあるとか。

Otaru_20220819-200230

踊りは2つの形態のものを一つの流れとして交互に行うのが特徴とのことですが、見ていてもなかなか難しくて、すぐには覚えられそうにないのですが、その踊る姿には見入ってしまいます。

Otaru_20220819-202248

Otaru_20220819-202257

帰りのバスの時間があったので、このときは途中で会場を後にしましたが、踊りはまだまだ続くようでした。

Otaru_20220819-202350

高島越後盆踊りは、基本的に、毎年きまって8月18日・19日・20日の3日間に開催されているそうなんですよね。で、今年もその日程で開催され、残すところ最終日の20日(土)のみですね。

ということで、久しぶりの開催となった、小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りの様子でした。

※以下は小樽市のHPからの引用です。

高島地区は古くから漁業で栄えた地域であり、本州からの移住や往来が盛んに行われました。特に、津軽地方と新潟県北蒲原郡紫雲寺(現在の新発田市)からの移住者が多く集まり、その土地の文化・風習が持ち込まれました。

高島越後盆踊りの行事は、紫雲寺出身者が伝えた、盆踊りを中心にした盂蘭盆会(うらぼんえ)の行事です。

高島越後盆踊りの特徴は、近代以前の盆踊りの形態を残していることや、踊りは二つの形態のものを一つの流れとして交互に行うことなどがあります。現在も地域に根差した伝統行事として、「高島越後踊り保存会」を中心に地元の人々の手によって連綿と保存・伝承されています。

高島越後盆踊りの行事 | 小樽市

※関連ニュース
小樽市指定無形民俗文化財『高島越後盆踊り(8/18~20 高島公園)』開催のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
高島越後盆踊り3年ぶり復活 300年の歴史伝承へ映像記録 小樽:北海道新聞 どうしん電子版

※参考
高島越後盆踊りの行事 | 小樽市
高島越後盆踊りの行事(pdf)

【関連記事】
高島の地に受け継がれるしなやかで優雅な高島越後盆踊りを見に行ってきました(2018年)
小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りを見に行ってきました(2017年)
【動画】小樽市指定無形民俗文化財の高島越後盆踊りの様子(2017年)

| | コメント (2)

2022年6月13日 (月)

祝津の日和山灯台と周辺の眺め〜日和山灯台の敷地が開放されています

Otaru_20220604-143810

祝津の高台に建つ日和山灯台といえば、すぐ近くにある小樽市鰊御殿と共に、祝津のシンボル的な建物ですよね。

日和山灯台は内部は公開されていませんが、現在、敷地が一般開放されていて、周囲を歩くことができます。

ということで、先日、行ってきました。

(小樽市鰊御殿と共に高台に建つ日和山灯台)
Otaru_20220604-140001

日和山灯台の建つ場所は高島岬になるのですが、高台にあるため、周囲の眺めもいいんですよね。

Otaru_20220604-143754

日和山灯台の初点灯は明治16年(1883年)10月15日と古く、北海道では納沙布岬灯台に次いで2番目に初点灯された灯台とのことなんですね。

Otaru_20220604-143827

Otaru_20220604-143846

最初は白色の木造六角形の灯台だったそうで、昭和28年(1953年)に木造から、現在のコンクリート造に建替えられ、昭和43年(1968年)に、今と同じ赤白のツートンカラーになったそうです。

Otaru_20220604-143952

日和山灯台は、日本遺産「北前船寄港地・船主集落」において、小樽市の構成文化財のひとつに認定されているんですよね。2019年には、33年ぶりに大改修及び敷地整備を行っています。
※参照
ストーリーの概要と構成文化財(北前船) | 小樽市
荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間 | 日本遺産ポータルサイト

今年(2022年)の日和山灯台敷地構内の開放期間は、11月30日(水)までとのことです(現在の管理は小樽海上保安部)。
※参照:2022年度 日和山灯台の敷地構内常時開放のお知らせ(3.31~11.30) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20220604-144042

そして、こちらが日和山灯台周辺からの眺めです。

(おたる水族館側)
Otaru_20220604-144020

(左はトト岩)
Otaru_20220604-143911

(祝津の前浜側)
Otaru_20220604-144016

(灯台近くにちょっとした展望場所があります)
Otaru_20220604-144124

Otaru_20220604-144107

Otaru_20220604-144132

Otaru_20220604-144134

Otaru_20220604-143932

(少し手前の離れたところにも、展望場所があります)
Otaru_20220604-144537

(展望場所は、右手にちょっとだけ灯台の先端が見え位置です)
Otaru_20220604-144546

Otaru_20220604-144544

(迫力ありますが、ちょっと怖い…)
Otaru_20220604-144551

Otaru_20220604-144421

Otaru_20220604-144556

ということで、久しぶりに上ってきた、高台に建つ日和山灯台の様子と、その周辺からの眺めでした(いい眺めですが、高いところはちょっと足がすくみます…)。

※参考
日和山灯台 | おたる祝津たなげ会
日和山灯台 - Wikipedia
日和山灯台 (小樽海上保安部)
海の安全情報(沿岸域情報提供システム)(海上保安庁)

【関連記事】
※以前、一般公開された時の記事がこちら。内部の写真もあります。
祝津の日和山灯台が6月1日・2日に一般公開されていたので見に行ってきました
※過去の日和山灯台関連記事。
日和山灯台
小樽海上保安部から日和山灯台の空撮動画が公開されています。日和山灯台VRツアーも
祝津パノラマ展望台から眺める祝津の海はやっぱり青くて綺麗でした
祝津の海に波が打ち寄せる風景と祝津の高台の建物があったと思われる空き地
※今回の祝津関連記事。
祝津のニシン漁場建築を巡ってきました〜小樽市鰊御殿・旧近江家番屋・旧白鳥家番屋・旧茨木家中出張番屋・恵美須神社
「第12回おたる祝津にしん群来祭り」が祝津の前浜で3年ぶりに6月4日・5日の2日間で開催

| | コメント (3)

2022年6月11日 (土)

祝津のニシン漁場建築を巡ってきました〜小樽市鰊御殿・旧近江家番屋・旧白鳥家番屋・旧茨木家中出張番屋・恵美須神社

Otaru_20220604-145528

祝津はかつてニシン漁でとても栄えた地区で、現在も当時の繁栄を今に伝えるニシン漁場建築を多数見ることができます。

先日の6月4日・5日に、3年ぶりに祝津前浜で「第12回おたる祝津にしん群来祭り」が開催されたのですが、このイベント期間中、例年のことですが、今年も祝津の北海道有形文化財の小樽市鰊御殿(旧田中家住宅)と、小樽市都市景観賞受賞建築物の旧茨木家中出張番屋が入館無料となっていたのでいってきました。

どちらも、以前に何度かブログに掲載しているのですが、久しぶりだったので、その際に立ち寄った、恵美須神社などと併せてその様子を紹介しますね。

小樽市鰊御殿(旧田中家住宅)

祝津の高台に建つ祝津のシンボルのような建物が、北海道指定有形文化財の「小樽市鰊御殿」(旧田中家住宅)です。

Otaru_20220604-141933

もともとこの高台にあったわけではなくて、明治30年(1897年)に西積丹の古宇郡泊村に建てられ、昭和33年(1958年)に当時創立70周年を迎えた、北海道炭鉱汽船株式会社が現在地に移築復元し、移築後に小樽市に寄贈したものなんですね。

Otaru_20220604-141945_20220611013001

Otaru_20220604-142341

建物内では、ニシン漁やニシン加工に使われた道具類、ニシン番屋で生活していた人々の生活用具や写真なども展示されています。

Otaru_20220604-143055

Otaru_20220604-143050

Otaru_20220604-143002

Otaru_20220604-142855

令和4年度の開館期間は、4月9日(土)〜11月23日(水・祝)の午前9時〜午後5時(10月17日からは午後4時閉館)で、入館料は一般300円です。
※参照
小樽市鰊(にしん)御殿(北海道有形文化財) | 小樽市
小樽市 鰊御殿(にしん ごてん) | おたる水族館

※関連記事:小樽・祝津の高台に建つ北海道有形文化財「小樽市鰊御殿」(旧田中家住宅)

旧近江家番屋

小樽市鰊御殿の建つ高台への上り口に建つ、かなり老朽化が目立つ番屋建築が建っているのですが、ここは旧近江家番屋です。

Otaru_20220604-141712

祝津でよく知られたニシン漁場建築といえば、御三家とも呼ばれる三大網元の青山家、茨木家、白鳥家に関する建物、そして小樽市鰊御殿ですが、それらに比べて、旧近江家番屋については、一般に紹介されることがほとんどなく、内部も公開されていません。

Otaru_20220604-141718

祝津で最も古い番屋の形を伝えているそうです。
※参考:歴史的建造物 | おたる祝津たなげ会

数年前に屋根が塗り直されたのですが、またすっかり錆びてしまってますね。

Otaru_20220604-141816

※関連記事:小樽・祝津の古い番屋の形を伝える「旧近江家番屋」

旧白鳥家番屋

こちらは、祝津の三大網元のひとつ、白鳥家の小樽市指定歴史的建造物でもある「旧白鳥家番屋」です。

Otaru_20220604-150920

おたる水族館の駐車場手前の道路沿いに建っていて、以前は「群来陣(くきじん)」という郷土料理店として活用もされていました。

Otaru_20220604-145325

Otaru_20220604-145312

閉店後もイベント時に一般公開されていたこともあるのですが、現在は公開されていないんですよね。

ここは、今後どうなるのか、ちょっと気になりますね。

※参考:小樽市指定歴史的建造物 第62号 旧白鳥家番屋 | 小樽市

建物内の様子などは、以前の一般公開時に訪れた際のこちらの記事に掲載してますので、参考まで。
※関連記事:小樽・祝津を代表するニシン漁場建築の「旧白鳥家番屋」は小樽市指定歴史的建造物

旧茨木家中出張番屋

こちらは、祝津の三大網元のひとつ、茨木家の旧茨木家中出張番屋(いばらぎけなかでばりばんや)です。

Otaru_20220604-145535_20220611013001

明治後期に建てられたというこの木造平屋建ての建物は、茨木家が漁夫の住宅として建てた建物で、2010年(平成22年)6月に修復工事を完了して、現在、一般公開されています。

第19回(平成23年度)小樽市都市景観賞を受賞しています。

Otaru_20220604-145546

Otaru_20220604-145626

Otaru_20220604-145635

建物内に入って左手には、広い部屋の壁際に添って、漁夫が寝泊りする"ネダイ(寝台)"というのが設けられてます。

Otaru_20220604-145704

Otaru_20220604-145701

2022年度の今後の一般公開日程は、祝津たなげ会のサイト「茨木家中出張番屋の一般公開は4月29日から | おたる祝津たなげ会」に掲載されています(基本は金・土・日と祝日のようですが、土・日に変更になることもあるようなので注意です)。

開館時間は11:00~15:30までで、見学寄付金(番屋維持管理費)として、入場料200円(中学生以下無料)となっています。

※参照:茨木家中出張番屋 | おたる祝津たなげ会

近くには、ひときわ立派で歴史を感じさせる、その茨木家の住宅(旧茨木輿八郎番屋)もあるのですが、現在も個人所有の住宅ということもあって、もちろん公開などはされてなく、今回も立ち寄りませんでした。

※参考:歴史的建造物 | おたる祝津たなげ会

※関連記事
小樽市都市景観賞受賞の祝津のニシン漁場建築「茨木家中出張番屋」
小樽・祝津の三大網元のひとつ茨木家の住宅〜茨木宅(旧茨木輿八郎番屋)

恵美須神社

旧茨木家中出張番屋の建物の横には鳥居が建っているのですが、これは恵美須神社の鳥居で、覆堂に収められている恵美須神社の本殿は、文久3年(1863年)建立とのことで、小樽市指定歴史的建造物です。

Otaru_20220604-145532

Otaru_20220604-145605

Otaru_20220604-145833

ここからジグザグに細い坂道を上り、小高い山の上までいくと、恵美須神社の小さな社殿が建っています。

Otaru_20220604-150035

Otaru_20220604-150107

Otaru_20220604-150252

境内には、小樽市の保存樹木に指定されているクワとイチイとがあります。

Otaru_20220604-150115

※参照
小樽市指定歴史的建造物 第58号 恵美須神社本殿 | 小樽市
保存樹木等の指定一覧 | 小樽市

※関連記事:恵美須神社

おわりに

ということで、久しぶりに祝津の歴史あるニシン漁場建築などを巡ってきました。

やっぱり祝津は面白いですね。

おたる祝津たなげ会

【関連記事】
祝津のニシン漁場の建築物「番屋」と恵美須神社
「第12回おたる祝津にしん群来祭り」が祝津の前浜で3年ぶりに6月4日・5日の2日間で開催

| | コメント (3)

2021年11月21日 (日)

祝津2丁目の「うみねこ公園」〜ここは児童公園No.40〜公園には祝津の子供たちによる絵が描かれた可愛い建物

Otaru_20211110-122751

祝津の道道454号小樽海岸公園線から少し入ったところに小さな公園がありました。

祝津2丁目の「うみねこ公園」です(写真は2021年11月10日撮影です)。

Otaru_20211110-122757

ということで、小樽の児童公園シリーズですが、いつもの番号のついた看板もあり、公園番号は児童公園No.40ですね。
※児童公園(街区公園)については、小樽市HPに公園一覧表があります。
都市計画公園・緑地一覧 | 小樽市

場所としては、小樽海岸公園線で新祝津トンネルを抜けて、すぐの交差点を左に入っていくとあります。

Otaru_20211110-122804

まず目に止まるこの円柱の塔は、なんだろう。

壁面にはぐるっと可愛い絵が描かれています。

Otaru_20211110-122926

これ、平成6年度小樽市立祝津小学校在校生一同の作品なんですね。思い出の絵ですね(祝津小学校は2013年(平成25年)3月をもって閉校してます)。

Otaru_20211110-122902

Otaru_20211110-122920

滑り台も設置されています。

Otaru_20211110-122914

上にも上れますね。あっ、上るの忘れた…(失敗…)

Otaru_20211110-123154

反対側のこちらはシャッターが閉まってましたが、あっ、トイレかな!?

Otaru_20211110-123044

公園は冬支度が済んでいて、ひとつあった遊具や水道には覆いがされてました。

Otaru_20211110-122842

Otaru_20211110-123241

ということで、児童公園シリーズ、祝津小の子供たちが描いた絵がとても可愛い建物があった、祝津2丁目の「うみねこ公園」の様子でした。

※うみねこ公園の場所はここです。

【関連記事】
※児童公園の記事はカテゴリー「児童公園(街区公園)」にまとめてます。

| | コメント (0)

2021年10月11日 (月)

祝津パノラマ展望台に設置されている撮影用「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」

Otaru_20210925-143731

ニセコ積丹小樽海岸国定公園にも位置して、その眺望が抜群の祝津パノラマ展望台に、写真撮影用の「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」が設置されています。

祝津パノラマ展望台の左手、赤岩方面の断崖絶壁から続く日本海を背景に、このフォトフレームは設置されています。

Otaru_20210925-144256

ここ祝津パノラマ展望台のフォトフレームには、天使の羽が描かれています。

フレームに人が立てば、背中から羽が生えているように撮影することもできますね。

Otaru_20210925-144246

実は、天使の羽の1枚1枚が、ニシンの形をしてるんですね。

Otaru_20210925-144316

さすが、かつてニシン漁で賑わった祝津地区にちなんだフォトフレーム、というわけですね。

祝津パノラマ展望台といえば、左手の赤岩方面の断崖絶壁から続く日本海、正面にトド岩、右手にはおたる水族館の海獣公園を手前に、高島岬の日和山灯台と小樽市鰊御殿、そして、そこに広がる祝津の海の眺めが本当に素敵なんですよね。

Otaru_20210925-144010_20211011155101

Otaru_20210925-144028_20211011155101

そして、ここでは赤岩方面側から続く日本海に沈む夕日がカメラマンにも人気のスポットでもあるんですが、夕方だと、フォトフレームを通してどんな写真が撮れるかな。

Otaru_20210925-144253_20211011155101

フォトフレーム(Otaru Photo Frame)が設置されているのは、ここ祝津パノラマ展望台のほか、毛無山展望所、天狗山山頂旭展望台オタモイ海岸駐車場の市内眺望地点5か所で、それぞれ違うデザインで設置されています。
SNS映えスポット「Otaru Photo Frame」が誕生しました。 | 小樽市

このフォトフレームは小樽市出身の佐藤じんたんさんのデザイン事務所「UNIdesign (ウニデザイン)」によるもので、昨年から今年にかけて各所に設置されています(祝津パノラマ展望台のフォトフレームは昨年12月頃の完成です)。
UNIdesign -ウニデザイン- | Facebook
「UNIdesign」開業5周年 「デザイン」の力で企業や地域に貢献 - 小樽経済新聞

祝津パノラマ展望台の場所は、おたる水族館の駐車場への道路を入り、そのまま駐車場を抜けて、ホテル「ノイシュロス小樽」へと向かう急な坂道の途中にあり、展望台前が駐車スペース(約10台)になっています。
ビューポイント | 小樽市

【関連記事】
9月の晴れた日の祝津パノラマ展望台から
※フォトフレーム関連記事
旭展望台に設置されている撮影用「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」
天狗山山頂の第1展望台に設置されている撮影用「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」
オタモイ海岸駐車場に設置されている撮影用「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」

| | コメント (2)

2021年9月26日 (日)

9月の晴れた日の祝津パノラマ展望台から

Otaru_20210925-144028

先日の天気の良い日に、祝津パノラマ展望台に行ってきました。

手前は、おたる水族館の海獣公園、そして、高島岬の日和山灯台と小樽市鰊御殿と、この風景はお馴染みですよね。

やっぱり祝津の海は綺麗です。

Otaru_20210925-144032

ここは、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に位置するんですよね。

Otaru_20210925-144010

祝津パノラマ展望台の看板は、旭展望台と毛無山展望所の看板と共に、2020年11月に立て替えられてます(※参照:広報おたる令和3年7月号pdf)。

Otaru_20210925-143952

左側に視線を移して、正面に見えるのは「トド岩」ですね。

Otaru_20210925-143842

さらに左側には、高台に建つホテル「ノイシュロス小樽」が見え、そこから続く赤岩方面の断崖絶壁と日本海の眺めは、とても迫力があります。

(あっ、思いっきり逆光…)
Otaru_20210925-144234

Otaru_20210925-144326

ここは、海に沈む夕日がカメラマンにも人気のスポットでもあるんですよね。

そうそう、こちら側には、写真撮影用の「フォトフレーム(Otaru Photo Frame)」が設置されています。

Otaru_20210925-144253

このフォトフレームは、ここ祝津パノラマ展望台など、市内の眺望地点5か所にそれぞれ違うデザインで設置されています。
SNS映えスポット「Otaru Photo Frame」が誕生しました。 | 小樽市

祝津パノラマ展望台の場所は、おたる水族館の駐車場への道路を入り、そのまま駐車場を抜けて、ホテル「ノイシュロス小樽」へと向かう急な坂道の途中にあります。展望台前が駐車スペース(約10台)になっています。

Otaru_20210925-144715

そうだ、日和山灯台と小樽市鰊御殿の景色から右側に移動すると、祝津の漁港方面の海も眺めることができます。

Otaru_20210925-144730

ということで、祝津パノラマ展望台からの眺めでしたが、この風景が市街地から車で15分程の市内で見られるというのがいいですよね。

Otaru_20210925-143946

ビューポイント | 小樽市

【関連記事】
冬の祝津パノラマ展望台からの眺め【冬のちょっとした風景】
祝津パノラマ展望台から眺める祝津の海はやっぱり青くて綺麗でした
※前にAmazonプライム・ビデオのCMの冒頭に、ちょっとだけ祝津の風景が写っていましたね。
Amazonプライム・ビデオのCMに小樽の祝津の風景が!!

| | コメント (0)

2021年1月15日 (金)

冬の祝津パノラマ展望台からの眺め【冬のちょっとした風景】

Otaru_20210112-133250

先日、久しぶりに「祝津パノラマ展望台」に行ってきました。

祝津パノラマ展望台からの祝津の海、おたる水族館の海獣公園(冬期は閉鎖)、その先の高島岬の高台の日和山灯台と小樽市鰊御殿の眺めはおなじみですが、冬ということで、雪景色の中での眺めはまた違った趣ですね。

この日は薄らと日が少し射していたものの、雲もかかっていて、海の色もやや暗く、やっぱり冬の海って眺めです(そして、展望台は風が強くて、長くいられませんでした…)。

Otaru_20210112-133318

Otaru_20210112-133252

けど、なんだかいい眺めですよね。

Otaru_20210112-133259

(あっ、看板が新しくなってる!!いつからだ!?)
Otaru_20210112-133242t

祝津パノラマ展望台の場所は、おたる水族館の駐車場への道路を抜けて、ホテル・ノイシュロス小樽へと向かう急な坂道の途中に広場(駐車スペース)があるんですが、冬のこの日も綺麗に除雪されて車が止められるスペースがありました。

その先にはホテル、ノイシュロス小樽が高台に建っています。

Otaru_20210112-133336

展望台から正面に見える岩は「トド岩」で、日によっては野生のトドが見られるのですが、この日は残念ながら確認できませんでした。

Otaru_20210112-133236

Otaru_20210112-133148

ということで、冬の祝津パノラマ展望台からの眺めでしたが、こういう風景が市内で見られるというのがいいですよね(市街地から車で15分程ですね)。

【関連記事】
祝津パノラマ展望台から眺める祝津の海はやっぱり青くて綺麗でした
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽