小樽のお祭り

2017年7月16日 (日)

小樽総鎮守・住吉神社の例大祭(小樽まつり)に15日の夕方に行ってきました(2017年度)

20170715_182401


小樽市民から親しみを込めて“小樽まつり”と呼ばれ、たくさんの方が楽しみにしている住吉神社の例大祭が、7月14日(金)・15日(土)・16日(日)の3日間の日程で開催されています。

小樽は毎年6月から7月にかけて、毎週のように神社のお祭りが開催されていて、その中でも、水天宮、龍宮神社、住吉神社の例大祭は、小樽の三大祭りと呼ばれたりもするんですが、その最後を飾るのが、この住吉神社の例大祭なんですよね。

住吉神社のお祭りは、毎年大勢の人が繰り出してとても賑わうお祭りなんですが、今年は週末にかけての開催とあって、特に多くの人が繰り出しているのではないでしょうか。

ということで、15日(土)の夕方に行ってきました。


住吉神社の例大祭(小樽まつり)の15日夕方の様子

国道5号線沿いの大鳥居前には、両脇にたくさんの提灯が掲げられるんですよね。

20170715_181932

20170715_182045

ここからの参道には、露店がずらりと並びます。

20170715_182401

この日は土曜日とあって、やっぱりたくさんの人で混雑してました。

20170715_182432

木々に覆われる住吉神社の参道は、まさに鎮守の森といった眺めなんですが、お祭りの時はいかにも神社のお祭りといった風情になるんですよね。

で、これがまたいい雰囲気、いい眺めなんですよね。

20170715_185524

20170715_185707

お参りにも列ができてました。
20170715_183231

露店は参道横の市道にも広がっていて、どちらかというとそちらの方が賑わっている感じもあります。

20170715_181909

20170715_183819


15日夜の百貫神輿の渡御の様子

ここ数年、住吉神社のお祭りには、15日の本祭の夕方から夜にかけて行くのですが、それは19:00に神社を出発する、百貫神輿の渡御を見るためなんです。

20170715_190408

道内最大級といわれる百貫神輿は、近くで見ると迫力があるんですよね。

20170715_190501

社殿前を出発する百貫神輿は、なんと境内の階段を下りていくんです。

20170715_190603

20170715_190630

威勢のよい掛け声とともに境内を練り歩く神輿の様子は、本当に大迫力で、こちらの気分まで高揚してきます。

20170715_190805

20170715_190846

20170715_191055

20170715_191228

参道も神輿の見物客で溢れかえり、この時は本当に祭りが盛り上がるんです。

20170715_191530

20170715_192226

この日は参道で神輿を見送って、帰途についたのですが、宮入りも見てみたいですね。


日が暮れていい雰囲気の祭りの参道

百貫神輿が境内を通り過ぎていくと、あたりはぐっと暗くなっています。

20170715_194411

日が暮れてくると、参道の明かりや露店の照明によって、さらに祭りはいい雰囲気になるんですよね。

20170715_201854

夏祭りですね〜

住吉神社のお祭りは16日(日)まで行われています。
ただ、16日は雨の予報が出てるんですよね。なんとか天気がもってくれるといいのですが。

※住吉神社公式サイトの例大祭についてはこちら。
例大祭 【 小樽住吉神社公式サイト】

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※今年の小樽の三大祭り、水天宮と龍宮神社のお祭りの記事です。
龍宮神社例大祭の神輿渡御の様子【動画あり】(2017年度)
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)

※昨年の住吉神社のお祭りの記事です。
小樽総鎮守「住吉神社」の例大祭“小樽まつり”に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

忍路神社の例大祭〜船に乗って海を渡る神輿の様子

Otaru_img_3136


6月から7月にかけての小樽はお祭りの季節で、毎週どこかの神社でお祭りが行われているんですよね。

もちろん、小樽市内の神社のお祭りとはいえ、行ったことのないお祭りがいくつもあるのですが、その中で、気になっていて、見に行ってみたかったのが、忍路神社の例大祭です。

今年の忍路神社の例大祭は、7月1日(土)・2日(日)の開催ということで、2日に行ってきました。

Otaru_20170702_111738


先ほど、“見に行ってみたかった”といったのは、忍路神社の例大祭では、本祭で神輿が船に乗って海を渡るというのを聞いていたので、それを見てみたかったんです。

ただし、そもそも忍路神社のお祭りが、どんな雰囲気で行われているのかなど、前情報は一切なし。

午前10時半頃から、神社から神輿が運ばれるようだ、という情報を目にしていたので、それだけを頼りに思い切って行ってみたんです。

ちなみに、忍路は小樽の市街地からずっと西にある、漁港でもある小さな忍路湾の静かな海が隠れ家的でとても素敵な地区なんですが、交通の便が悪くて、なかなか行きにくい場所でもあります。昔はニシン漁で栄えた歴史のある地区でもあるんですよね。

(忍路地区に入って、忍路湾に向かうまっすぐな道路)
Otaru_20170702_102943

忍路神社は、漁港のある忍路湾からすぐ近くにあるんですが、着いたのが10時半過ぎで、ちょうど神輿の一行が神社から出発するところでした。

Otaru_20170702_103725

Otaru_20170702_104144

Otaru_20170702_104402

祭囃子が流れる中、神社を出発した神輿は漁港まで進み、その後、聞いていた通りに船に乗りました。

Otaru_img_3125

Otaru_img_3128

見ていると、港には数隻の漁船が待機していたのですが、神輿が乗せられたのは、木製の小さな手漕ぎの船でした。

Otaru_20170702_105309

その神輿を乗せた船は、歌とともに忍路湾内をゆっくりと回ります。

Otaru_img_3129

まさにお祭りの儀式といった、なんとも趣のある光景です。

Otaru_img_3136

そして、しばらく神輿を乗せて湾内をぐるりと回った手漕ぎの船は、大きな漁船に近づき…

Otaru_img_3139

なんと海上で神輿をその大きな船へと乗せ替えたではないですか。

Otaru_img_3144

なるほど、ここで大きな漁船に乗った神輿は、これから外海を渡るんですね。

Otaru_img_3146

数隻の船とともに出た、神輿を乗せた船は、その後どの辺りを回ったのかは分かりませんが、外海に出た後、30分ほど経って忍路湾に戻ってきました。

Otaru_img_3156

Otaru_img_3155

Otaru_img_3163

その後、神輿は再び陸に戻り、漁港から町中方面へと進み出したのですが、途中、ゆっくり休憩もしながらといった雰囲気だったので、この後、お神輿がどう練り歩き、お祭りがどのように進むのかは知らないのですが、今回の見学はここまでにして、忍路を後にしました。


ちなみに、お祭りといっても露店は出てなくて、神輿をはじめとして地元の方々に受け継がれてきた地元の神社のお祭りと、いった雰囲気ですね。

地元の子供たち(と思われる)も参加してましたし、さらにちびっ子の子供神輿もありました。

そういった雰囲気なので、ふらっと見学に行った私のような関係者以外は、ややその場にいずらかった、というのが正直にところなんですが、なかなか興味深い、海上を渡る神輿の様子を見学できて、とても面白かったです。


そうそう、神輿を乗せた船が外海に出ている間、忍路神社にお参りしてきました。

Otaru_20170702_111820

Otaru_20170702_111833

忍路神社の左奥に建つのは「津古丹(つこたん)稲荷神社本殿」で、小樽に現存する最古の建造物とされているそうで、1849年(嘉永2年)の創建とのことです。

Otaru_20170702_112018

Otaru_20170702_112009

ということで、忍路神社例大祭の海を渡る神輿の様子でしたが、実はこの日は天気が曇りがちで今ひとつだったんですよね。

Otaru_20170702_114025

とにかくここは景色が美しいので、夏の間の天気の良い日を狙って、またきたいですね。

【関連記事】
忍路神社と津古丹稲荷神社本殿、そして神社にそびえる小樽市指定の保存樹木

※忍路関連の記事はカテゴリー「忍路地区」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

龍宮神社例大祭の神輿渡御の様子【動画あり】(2017年度)

20170621_203924


龍宮神社例大祭が、今年も6月20日(火)〜22日(木)の3日間の日程で開催されました。

途中、雨に降られることもあって、ちょっと残念でしたが、それでもお祭りを楽しみにしていた市民らがだくさん繰り出して、露店が並ぶ梁川通りなどはとても賑わったようです。

私も2日目の21日に出かけて、その様子はブログでも紹介しましたが(記事はこちら:龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度))、実はこの日はお神輿が出ていたんです。

実はこれまで、龍宮神社神輿渡御はタイミングが合わなくて見たことがなかったのですが、今年は見ることができました。

神輿の担ぎ手は、地元の小樽龍祭会をはじめ道内各地から集まっているそうです。

ということで、以下は神輿渡御の様子です。


龍宮神社例大祭の神輿渡御の様子

市内の中心部を練り歩くというルートは知らないのですが、見に行った6時半頃には都通りの方で威勢のいい掛け声が響いてました。

20170621_182349

20170621_182534

そして梁川通りで。
20170621_190009

20170621_190030

20170621_190543

途中、休憩をはさみ境内に向かい、宮入は午後8時30分でした。

(境内への階段を上っていく神輿)
20170621_201306

20170621_201515

この時も雨がやや降っていたのですが、境内は熱気に包まれてましたよ。

20170621_201714

20170621_202000

20170621_201708

20170621_203407

見ているこちらも、なんだか身体が動いてきます。

20170621_203521

20170621_203924

20170621_204406

いや〜、境内には人がいっぱいいて、神輿も近くてすごい迫力でした。

20170621_205004


【動画】龍宮神社例大祭の神輿宮入り

動画も少し撮ってきたので、掲載しますね。
雰囲気が伝わると嬉しいです。


おわりに

龍宮神社のお祭りは、先日開催された水天宮、そして7月の住吉神社のお祭りとともに、市民にとても親しまれていて、小樽の三大祭りと呼ばれたりもします。

確かに、露店が並ぶ通りの賑わいはもちろん、神輿の迫力は素晴らしかったです。

いや〜、お祭り、いいですね。

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

※参考ニュース:龍宮神社例大祭!露店110店並ぶ (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
ニュースより/龍宮神社に榎本武揚が作った隕石でできた「流星刀」が奉納!(一般公開はされてません。追記:写真追加しました)
小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん

※今年の主なお祭りの記事です。
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)

Otaru_20170621_172653


6月に入ってから、小樽はお祭りの季節真っ盛りで、毎週市内のどこかでお祭りが行われていますが、小樽市民にはお馴染みの龍宮神社のお祭り(例大祭)が、今年も6月20日(火)〜22日(木)の3日間の日程で開催されてます。

稲穂町にある龍宮神社のお祭りは、神社から海へと向かう竜宮通りにも露店は並ぶのですが、そこを下りていって交差する梁川通りにずらりと露店が並ぶんですよね。

(梁川通りの中央通り側)
Otaru_20170621_173630

Otaru_20170621_173313

昭和の香りを残すここ梁川通りは、普段は比較的落ち着いた商店街ですが、この時ばかりは活気にあふれます。

Otaru_20170621_173123

Otaru_20170621_173018

龍宮神社のお祭りは、先日の水天宮のお祭りと、7月の住吉神社のお祭りとともに、小樽の三大祭りと呼ばれたりもするくらい、市民には馴染み深いお祭りです。

ちなみに龍宮神社へは、国道5号線沿いに大きな鳥居があって、そこから坂道を上って境内に向かうのですが、その境内や社殿は階段の上なので、下からは見えません。

Otaru_20170621_172854

Otaru_20170621_172809

この階段を上ると、堂々とした社殿が姿を見せます。

Otaru_20170621_172446

(階段の上から振り返って見たところ)
Otaru_20170621_172516

で、社殿です。
Otaru_20170621_172528

ここ龍宮神社は、幕末・明治に活躍し、ここ稲穂町一帯の土地を所有していた榎本武揚(えのもと たけあき)が建立したことでも知られる神社で、露店が並んでいた梁川通りは、榎本武揚の雅号の梁川(りょうせん)を訓読みにしたのが、名前の由来となってます。

Otaru_20170621_172541


龍宮神社のお祭りは22日(木)までです。

初日はいい天気でしたが、見に行った2日目(21日)は夕方からちょっと怪しい雲行きになってしまい、夜からは雨に変わってしまいました。

それでも、雨にもかかわらずたくさんの人出で、お祭りはとても賑わってました。

Otaru_20170621_185711

Otaru_20170621_190804

Otaru_20170621_190913

Otaru_20170621_191335

最終日の22日も天気予報では雨なのですが、なんとか止んでくれるといいですね。

※小樽の三大祭りで、残る住吉神社のお祭りの日程は、7月14日(金)〜16日(日)です。

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程


【関連記事】
※今年の水天宮のお祭りの記事です。
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)

※昨年の龍宮神社のお祭りの記事です。
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です

Otaru_20170621_191512

※龍宮神社・梁川通り関連の主な記事です。
龍宮神社の巨大なしめ縄が新調されてます
冬のちょっとした風景〜雪の龍宮神社とそのすぐ近くを通り過ぎる列車の様子
小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん
梁川商店街を紹介する「小樽梁川通り」公式ガイドブックはしっかり読みたい充実の内容です


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です(2017年度)

Otaru_20170614_171426


6月に入って、小樽に本格的なお祭りの季節がやってきました。

この時期は、毎週市内のどこかでお祭りが開催されているといった感じで、すでに潮見ヶ岡神社や小樽稲荷神社(てみやまつり)のお祭りなどが開催されました。

小樽のお祭りの中で、水天宮、龍宮神社、住吉神社の例大祭は、小樽の三大祭りと呼ばれたりもするんですが、そのトップを切って水天宮のお祭りが、6月14日(水)〜16日(金)の3日間の日程で開催されてます。

中心街で行われる祭りでもあるので、小樽市民には馴染みの深いお祭りですよね。

ということで、初日の14日(水)の夕方に、ちょっとだけ水天宮のお祭りの様子を見てきました。

Otaru_20170614_174120

お祭りの露店は、花園公園通りの花園銀座商店街との交差点から並び始め、そこから水天宮に向かって鳥居の先まで続いています。

子供たちもたくさん繰り出していて、すでにお祭りは賑わっていました。

Otaru_20170614_173400

何だか、やけに射的に子供たちが集まってましたよ。
Otaru_20170614_171717

Otaru_20170614_171831

鳥居をくぐって水天宮へと向かう途中で露天は途切れるんですが、その賑わいから離れて、急な階段を上って、水天宮の境内に向かいます。

Otaru_20170614_171935

この急な階段を上ったら、必ず振り返ってこの風景を見るんですよね。

Otaru_20170614_172028

Otaru_20170614_172044

そして、水天宮の境内です。

Otaru_20170614_172200

いつもお祭りの際には、この境内はビアガーデンのようになるんですよね。

Otaru_20170614_172750

そして、社殿の横にはステージも組まれていて、夜になったら楽しでそうです。

水天宮の趣ある現在の社殿は、大正8年(1919年)建築と古く、本殿、拝殿は小樽市指定歴史的建造物です。

境内からは小樽港を見渡すことができて、これがなかなかいい眺めなんですよね。

Otaru_20170614_172709

こちらは、境内に続く外人坂の上からの眺めです。

Otaru_20170614_172655


ところで、先ほどの露店の通りを戻って花園銀座商店街に入ると、水天宮のお祭りの期間に合わせて花園銀座商店街では「水天市」というイベントが開催されてます。

Otaru_20170614_171327

(14日の朝刊にチラシが入ってました)
Otaru_20170614_214137

この時は、まだちょっと時間が早かったのですが、お祭りの期間に合わせて、14日〜16日の14:00〜22:00を車両通行止めにして、路上ビアガーデンなどが開催されてます。

Otaru_20170614_173649

路上パフォーマンスも行われていたりして、水天宮のお祭りと合わせて、花園銀座商店街の方も楽しそうですね。

Otaru_20170614_173801


ということで、水天宮のお祭りの様子でしたが、小樽の三大祭りは水天宮の後、龍宮神社、住吉神社と続きます。日程は次の通りです。
龍宮神社:6月20日(火)〜22日(木)
住吉神社:7月14日(金)〜16日(日)

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の水天宮のお祭りの記事です。
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が5月15日に今年も小樽公園の顕誠塔前広場で開催

Otaru_20170515_142946


小樽で一番早いお祭りとしても知られる「招魂祭」が、5月15日(月)に今年も小樽公園の丘の上の顕誠塔前広場で開催されました。

今年で第72回を迎えるこの招魂祭ですが、以前は5月14日・15日の2日間の日程で開催されていたのですが、昨年から15日の本祭1日のみの開催になったようです。

Otaru_20170515_142138

広場に建つ「顕誠塔」については、過去記事からの引用ですが…

1923年(大正12年)5月に建立されたもので、戦前は「昭忠碑」と呼ばれて戦没者を慰霊していたのが、戦後は軍事色を取り除き、郷土小樽市に貢献のあった人々を合祀することとしたそうです。招魂祭は、顕誠塔のできた翌1924年から始まっているそうです。
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」と小樽公園の八重桜

(広場前の案内板)
Otaru_20170515_142808

ということで、招魂祭はその合祀者を慰霊するお祭りです。

Otaru_20170515_143217

Otaru_20170515_143000


で、昔はお祭りとしてもかなり賑わっていたこの招魂祭ですが、近年はいわゆるお祭り色は薄れて、実は、昨年から露店の出店がなくなってるんですよね。

(以前は会場に向かうこの道路沿いに露店が出てました)
Otaru_20170515_142334

式は11:00からで、この日はすでに式は終わった午後に行ってみたのですが、やはり訪れる方もまばらでした。

Otaru_20170515_142618

(この先が会場の顕誠塔前広場)
Otaru_20170515_142657

ちなみに、招魂祭の日は天気が悪くなるとよく言われて、実際に雨に降られることも多いのですが、今年はいい天気に恵まれました(ただ、思い出したように夕方にパラパラっと雨がちょっとだけ降ったんですよね)。


そうそう、先ほどから、写真の周囲にピンクの八重桜が咲いているのが写ってますが、小樽公園では現在、公園内のあちこちで八重桜が咲いています。

(顕誠塔前広場には若い桜も)
Otaru_20170515_142905

広場へ向かう坂道の脇にも、八重桜が綺麗に咲いてるんですよね。

Otaru_20170515_143113

小樽市内の桜は、エゾヤマサクラとソメイヨシノはすでに終わってますが、八重桜がもう少し楽しめそうです。

Otaru_20170515_143307


ということで、小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催されましたが、この招魂祭が始まると、本格的には6月からですが、いよいよ小樽もお祭りのシーズンを迎えますね。

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」と小樽公園の八重桜(2016年度)
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催。気になる天気は…(2015年度)
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催されました(2014年度)
小樽で最も早いお祭り「招魂祭」が開催(2013年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

天神町にある天満宮の例大祭を見に行ってきました

Otaru_20160825_173406


8月24日(水)〜26日(金)の日程で開催されている、天神町にある天満宮の例大祭の様子を、25日にちょっとだけ見てきました。

小樽は神社のお祭りが、夏にたくさん開催されるんですが、多くは6月から7月にかけて集中していて、7月中旬の住吉神社の例大祭(小樽まつり)からは、しばらく間があいて、この天満宮のお祭りが開催されるんですよね。

天満宮の場所は、天神十字街から松ヶ枝町方面へ抜ける坂道をちょっと上った左で、通りの近くに立派な鳥居が建っています。

Otaru_20160825_173250

天満宮のお祭りは、大きなものではなく、鳥居から続く参道の両脇に、露店が数軒並んでいるだけの小さなお祭りなんですが(昔はどうだったのかなぁ)、おそらく近所と思われる子供たちがたくさん集まり、地域(地元)の神社のお祭り、といった風情が何ともいいですね。

Otaru_20160825_173308

Otaru_20160825_173417

Otaru_20160825_173503

社殿は、参道の坂を上った先に、木々に囲まれてひっそりと建っているんですが、これがなかなか風格があります。

Otaru_20160825_173524

Otaru_20160825_173555

鳥居の前の通りからは、社殿がよく見えないので、どういう社殿が建っているのか、知らない方も多いかもしれませんね。

Otaru_20160825_173607

歴史的背景については、詳しくは分からないのですが、北海道神社庁のホームページ内に、天満宮についての説明があるので引用させていただきます。

慶応3年小樽港新地町に勧請。明治11年奥澤村字オネナイ(天神小学校隣)に本社創立無格社となる。明治19年地券下付、境内地600坪となる。この遷座の時大幟と酒が大山樽にて郡役所より奉献せられたという。明治27年4月暴風の為社殿破壊される。明治29年奥澤村147番地(天神会館横隣)800坪を買収移転遷座する。(中略)昭和8年奥澤地区の発展に伴い社殿境内が手狭になり社殿腐朽甚だ しくなった為、上隣の現在地を2000坪ほど買収して8月移転遷座する。
天満宮

ちょっと内容が難しいですが、現在地には、昭和8年移ったということのようですね。

あまり話題に出ることのない、この天神町の天満宮ですが、やはり神社には古い歴史がありますね。

Otaru_20160825_173637

ちなみに、天満宮をWikipediaで調べてみると、

天満宮(てんまんぐう)は、菅原道真を祭神とする神社である。
(中略)
天満宮は「天神」(てんじん)、「天神さま」「天神さん」とも呼ばれる。
天満宮 - Wikipedia

ということで、なのでここは天神町?

【関連記事】
小樽の天神町にある天満宮
天神十字街から松ヶ枝町へ向かう坂道〜道道697号天神南小樽停車場線
天神十字街から

※以前の天満宮の例大祭の記事です(2014年のみ)。
天神町にある天満宮の例大祭を最終日に見に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

小樽総鎮守「住吉神社」の例大祭“小樽まつり”に行ってきました

Otaru_img_2107


今年も7月14日(木)・15日(金)・16日(土)の3日間の日程で行われている、小樽総鎮守の住吉神社の例大祭を15日に見に行ってきました。

この住吉神社のお祭りは、小樽市民から親しみを込めて“小樽まつり”と呼ばれていて、多くの市民が楽しみにしている、とても賑わうお祭りなんですよね。

Otaru_20160715_182653

小樽は6月からお祭りの季節が続いてますが、中でも、水天宮、龍宮神社、そしてこの住吉神社のお祭りは小樽の三大祭りとも呼ばれていて、その三大祭りの最後を飾るのが、この住吉神社のお祭りです。

Otaru_20160715_182601

国道5号線沿いの鳥居から続く参道脇に露店が並ぶのですが、住吉神社の参道は木々に覆われていて、まさに鎮守の森といった風情なので、ここがたくさんの人で賑わうと、いかにも神社のお祭りといった趣です。

Otaru_20160715_182514

Otaru_img_2079

露店は境内の参道脇の他、横の市道にも広がっていて、合わせて200前後が出店しているそうで、本当にたくさんの方々がお祭りを楽しんでるんですよね。子供たちもたくさんきてます。

(神社横の通り)
Otaru_img_2080

Otaru_20160715_184132

Otaru_20160715_183811

Otaru_20160715_183612


私は毎年、15日の本祭の夕方から夜にかけてお祭りに行くのですが、そのお目当てが「百貫神輿御幸渡御」です。

道内最大級といわれる百貫神輿が、19:00に神社を出発するということで、今年も社殿前から出て境内を進んでいく様子を見てきたのですが、やはり近くで見ると大迫力です。

Otaru_20160715_190819

この百貫神輿が階段を下りていくんですよね。
Otaru_20160715_191003

Otaru_20160715_191159

百貫神輿が境内を威勢の良いかけ声と共に進んでいくと、小樽まつりは最高潮で、参道も集まった見物客で大混雑になります。

Otaru_20160715_191619

ちなみに、百貫神輿はその後、近隣地域を回ってくるのですが、私は、神輿が境内を出て行くのを見て、お参りをして神社を後にしました。

Otaru_img_2089

参拝の列が遅くまでできてました。
Otaru_20160715_194930

日が暮れて、露店の明かりに照らされた境内の様子も、何だかいい雰囲気ですね。

Otaru_img_2103

住吉神社のお祭りは、16日(土)までです。

Otaru_20160715_193428

いや〜、住吉神社のお祭りははともて賑わって、夏祭り!って感じでいいですね。

※住吉神社公式サイトの例大祭についてはこちら。
例大祭 【 小樽住吉神社公式サイト】

Otaru_img_2099

【関連記事】
※今年の水天宮と龍宮神社のお祭りの様子はこちら。
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です
※昨年の住吉神社のお祭りの様子はこちら
小樽総鎮守の住吉神社のお祭りに行ってきました〜迫力の百貫神輿も見てきました
小樽住吉神社例大祭“小樽まつり”の百貫神輿の様子【補足】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です

龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました。

Otaru_img_2033

6月に入って、小樽は本格的なお祭りの季節で、毎週どこかでお祭りが行われているといった感じすが、龍宮神社のお祭り(例大祭)が、6月20日(月)〜22日(水)の日程で開催されています。

龍宮神社のお祭りは、先日行われた水天宮、7月に行われる住吉神社のお祭りとともに、小樽の三大祭りと呼ばれる、市民にもお馴染みのお祭りです。

稲穂町にある龍宮神社のお祭りは、梁川通りにずらりと露店が並ぶんですよね。

(梁川通りの中央通り側)
Otaru_20160621_152820

Otaru_img_2026

この日行ったのが、午後3時半くらいだったのですが、子供たちがたくさん繰り出していました。
これから夕方にかけて、もっと多くの人出で通りは溢れたでしょうね。

Otaru_20160621_152913

近年は、ここ梁川通り、さらには小樽の中心街は普段はちょっと寂しい感じなんですが、この時ばかりは活気に溢れるんですよね。

Otaru_20160621_152944

ここは元々、昭和の雰囲気を残す商店街なので、通りを埋める露店がやけにしっくりきます。

Otaru_img_2028

梁川通り進んでいくと、龍宮神社から下りてくる竜宮通りとぶつかるので、ここから神社に向かいます。

Otaru_img_2029

竜宮通り沿いには、それほど露店は並んでません。

国道5号線を渡り、大きな鳥居をくぐって、坂道を上っていきます。

Otaru_20160621_154000

ここからは、龍宮神社の境内や社殿は見えないんですよね。

Otaru_20160621_154045

階段を上ると、境内に出て、右奥に堂々とした立派な社殿が建っています。

Otaru_img_2033

龍宮神社は、幕末・明治に活躍し、ここ稲穂町一帯の土地を所有していた、榎本武揚(えのもと たけあき)が建立したことでも知られる神社で、先ほどの露店が並んでいた梁川通りは、榎本武揚の雅号の梁川(りょうせん)を訓読みにしたのが、名前の由来となってます。

Otaru_20160621_154436

Otaru_img_2035

境内から先ほどの階段を下りる時に見える眺めが、なかなかいいんですよね。

Otaru_20160621_154151

真っすぐ続く竜宮通りの先に、小樽港が見えます。

Otaru_img_2031

龍宮神社のお祭りは、22日(水)までです。晴れるといいですね。

Otaru_20160621_154141

ということで、龍宮神社のお祭りの様子でしたが、御神輿が見られなかったのが、ちょっと残念でした。
来年は見たいな。

小樽では、まだまだ各地の例大祭が続きますが、小樽の三大祭りの最後を飾るのが、市民から親しみを込めて“小樽まつり”とも呼ばれる住吉神社の例大祭で、日程は7月14日(木)〜16日(土)です。
小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の龍宮神社のお祭りの記事です。
小樽はお祭りの季節〜龍宮神社のお祭りに行ってきました

※龍宮神社・梁川通り関連の主な記事です。
梁川商店街を紹介する「小樽梁川通り」公式ガイドブックはしっかり読みたい充実の内容です
小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん
冬の龍宮神社
竜宮通りを運河へ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です

Otaru_img_2012

水天宮のお祭りに行ってきました。

6月に入ってお祭りの季節を迎えている小樽ですが、水天宮のお祭り(例大祭)が、今年も6月14日(火)〜16日(木)の3日間の日程で開催されています。

水天宮のお祭りは、龍宮神社、住吉神社のお祭りとともに、小樽の三大祭りと呼ばれることもあるくらい、小樽市民には馴染みの深いお祭りですね。

行ったのは、15日(水)の午後です。

Otaru_20160615_153816

露店は、花園公園通りの花園銀座商店街との交差点から並び始め、そこから鳥居の先まで続いています。

Otaru_20160615_150546

ちょっと早いかな、と思ったのですが、たくさんの人で賑わってました。

子供たちがたくさん来てましたよ。

Otaru_20160615_153418

初日の14日の日中はあいにくの雨だったものの、夕方には雨が上がり、15日はそこそこいい天気だったので(午後は曇ったかな)、みんなお祭りを楽しんだのではないでしょうか。

ちなみに、やけに人だかりができていたのは、入口付近のスマートボール。
Otaru_20160615_153617

あと、お面と綿あめは、やっぱりお祭りっぽいですね。
Otaru_20160615_150438

Otaru_20160615_150539


鳥居をくぐって露店の賑わいから離れて、水天宮の境内へと向かういつもの急な階段を上って、社殿へと向かいます。

Otaru_20160615_150915

階段の上から振り返った所です。
Otaru_20160615_151452

この眺めがなんとも気に入ってます。

水天宮の境内に到着しました。
Otaru_20160615_152332

境内はビアガーデンのようになっていて、奥にはステージも組まれてましたが、時間がまだ早くて人はまばらで、大人の時間はもうちょっと後からでした。

Otaru_20160615_152309

水天宮の本殿、拝殿は小樽市指定歴史的建造物で、現在の社殿は、大正8年(1919年)建築と古く、とても趣があります。

Otaru_20160615_151719

また、ここは境内から見渡す小樽港の眺めがとても素敵なことでも知られていて、私も時々訪れるんですよね。

Otaru_20160615_151922


そうそう、近くの花園銀座商店街では、この水天宮のお祭りの期間に合わせて、「水天市」と称してスタンプラリーなどのイベントや、14:00から車両通行止めにして、路上ビアガーデンなども開催しているようですよ。

Otaru_20160614_210200

Otaru_20160615_155003

この日は時間が早くて、まだ始まったばかりでした。

Otaru_20160615_154227

Otaru_20160615_153846


ということで、今年もちょっとだけですが、水天宮のお祭りに行くことができました。

Otaru_img_2014

昔は国道の方まで露店が並んだという話も聞き、その頃に比べると、随分と規模も小さくなったのかもしれませんが、やっぱり水天宮のお祭りは小樽市民が楽しみにしているお祭りですね。

小樽の三大祭りは、この水天宮の後、龍宮神社、そして住吉神社と続きます。日程は次の通りです。
龍宮神社:6月20日(月)〜22日(水)
住吉神社:7月14日(木)〜16日(土)

小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の水天宮のお祭りの記事です。
小樽はお祭りの季節〜水天宮のお祭りに行ってきました

※水天宮についてはカテゴリー「水天宮」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌