小樽のお祭り

2017年5月16日 (火)

小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が5月15日に今年も小樽公園の顕誠塔前広場で開催

Otaru_20170515_142946


小樽で一番早いお祭りとしても知られる「招魂祭」が、5月15日(月)に今年も小樽公園の丘の上の顕誠塔前広場で開催されました。

今年で第72回を迎えるこの招魂祭ですが、以前は5月14日・15日の2日間の日程で開催されていたのですが、昨年から15日の本祭1日のみの開催になったようです。

Otaru_20170515_142138

広場に建つ「顕誠塔」については、過去記事からの引用ですが…

1923年(大正12年)5月に建立されたもので、戦前は「昭忠碑」と呼ばれて戦没者を慰霊していたのが、戦後は軍事色を取り除き、郷土小樽市に貢献のあった人々を合祀することとしたそうです。招魂祭は、顕誠塔のできた翌1924年から始まっているそうです。
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」と小樽公園の八重桜

(広場前の案内板)
Otaru_20170515_142808

ということで、招魂祭はその合祀者を慰霊するお祭りです。

Otaru_20170515_143217

Otaru_20170515_143000


で、昔はお祭りとしてもかなり賑わっていたこの招魂祭ですが、近年はいわゆるお祭り色は薄れて、実は、昨年から露店の出店がなくなってるんですよね。

(以前は会場に向かうこの道路沿いに露店が出てました)
Otaru_20170515_142334

式は11:00からで、この日はすでに式は終わった午後に行ってみたのですが、やはり訪れる方もまばらでした。

Otaru_20170515_142618

(この先が会場の顕誠塔前広場)
Otaru_20170515_142657

ちなみに、招魂祭の日は天気が悪くなるとよく言われて、実際に雨に降られることも多いのですが、今年はいい天気に恵まれました(ただ、思い出したように夕方にパラパラっと雨がちょっとだけ降ったんですよね)。


そうそう、先ほどから、写真の周囲にピンクの八重桜が咲いているのが写ってますが、小樽公園では現在、公園内のあちこちで八重桜が咲いています。

(顕誠塔前広場には若い桜も)
Otaru_20170515_142905

広場へ向かう坂道の脇にも、八重桜が綺麗に咲いてるんですよね。

Otaru_20170515_143113

小樽市内の桜は、エゾヤマサクラとソメイヨシノはすでに終わってますが、八重桜がもう少し楽しめそうです。

Otaru_20170515_143307


ということで、小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催されましたが、この招魂祭が始まると、本格的には6月からですが、いよいよ小樽もお祭りのシーズンを迎えますね。

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」と小樽公園の八重桜(2016年度)
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催。気になる天気は…(2015年度)
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催されました(2014年度)
小樽で最も早いお祭り「招魂祭」が開催(2013年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

天神町にある天満宮の例大祭を見に行ってきました

Otaru_20160825_173406


8月24日(水)〜26日(金)の日程で開催されている、天神町にある天満宮の例大祭の様子を、25日にちょっとだけ見てきました。

小樽は神社のお祭りが、夏にたくさん開催されるんですが、多くは6月から7月にかけて集中していて、7月中旬の住吉神社の例大祭(小樽まつり)からは、しばらく間があいて、この天満宮のお祭りが開催されるんですよね。

天満宮の場所は、天神十字街から松ヶ枝町方面へ抜ける坂道をちょっと上った左で、通りの近くに立派な鳥居が建っています。

Otaru_20160825_173250

天満宮のお祭りは、大きなものではなく、鳥居から続く参道の両脇に、露店が数軒並んでいるだけの小さなお祭りなんですが(昔はどうだったのかなぁ)、おそらく近所と思われる子供たちがたくさん集まり、地域(地元)の神社のお祭り、といった風情が何ともいいですね。

Otaru_20160825_173308

Otaru_20160825_173417

Otaru_20160825_173503

社殿は、参道の坂を上った先に、木々に囲まれてひっそりと建っているんですが、これがなかなか風格があります。

Otaru_20160825_173524

Otaru_20160825_173555

鳥居の前の通りからは、社殿がよく見えないので、どういう社殿が建っているのか、知らない方も多いかもしれませんね。

Otaru_20160825_173607

歴史的背景については、詳しくは分からないのですが、北海道神社庁のホームページ内に、天満宮についての説明があるので引用させていただきます。

慶応3年小樽港新地町に勧請。明治11年奥澤村字オネナイ(天神小学校隣)に本社創立無格社となる。明治19年地券下付、境内地600坪となる。この遷座の時大幟と酒が大山樽にて郡役所より奉献せられたという。明治27年4月暴風の為社殿破壊される。明治29年奥澤村147番地(天神会館横隣)800坪を買収移転遷座する。(中略)昭和8年奥澤地区の発展に伴い社殿境内が手狭になり社殿腐朽甚だ しくなった為、上隣の現在地を2000坪ほど買収して8月移転遷座する。
天満宮

ちょっと内容が難しいですが、現在地には、昭和8年移ったということのようですね。

あまり話題に出ることのない、この天神町の天満宮ですが、やはり神社には古い歴史がありますね。

Otaru_20160825_173637

ちなみに、天満宮をWikipediaで調べてみると、

天満宮(てんまんぐう)は、菅原道真を祭神とする神社である。
(中略)
天満宮は「天神」(てんじん)、「天神さま」「天神さん」とも呼ばれる。
天満宮 - Wikipedia

ということで、なのでここは天神町?

【関連記事】
小樽の天神町にある天満宮
天神十字街から松ヶ枝町へ向かう坂道〜道道697号天神南小樽停車場線
天神十字街から

※以前の天満宮の例大祭の記事です(2014年のみ)。
天神町にある天満宮の例大祭を最終日に見に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年7月16日 (土)

小樽総鎮守「住吉神社」の例大祭“小樽まつり”に行ってきました

Otaru_img_2107


今年も7月14日(木)・15日(金)・16日(土)の3日間の日程で行われている、小樽総鎮守の住吉神社の例大祭を15日に見に行ってきました。

この住吉神社のお祭りは、小樽市民から親しみを込めて“小樽まつり”と呼ばれていて、多くの市民が楽しみにしている、とても賑わうお祭りなんですよね。

Otaru_20160715_182653

小樽は6月からお祭りの季節が続いてますが、中でも、水天宮、龍宮神社、そしてこの住吉神社のお祭りは小樽の三大祭りとも呼ばれていて、その三大祭りの最後を飾るのが、この住吉神社のお祭りです。

Otaru_20160715_182601

国道5号線沿いの鳥居から続く参道脇に露店が並ぶのですが、住吉神社の参道は木々に覆われていて、まさに鎮守の森といった風情なので、ここがたくさんの人で賑わうと、いかにも神社のお祭りといった趣です。

Otaru_20160715_182514

Otaru_img_2079

露店は境内の参道脇の他、横の市道にも広がっていて、合わせて200前後が出店しているそうで、本当にたくさんの方々がお祭りを楽しんでるんですよね。子供たちもたくさんきてます。

(神社横の通り)
Otaru_img_2080

Otaru_20160715_184132

Otaru_20160715_183811

Otaru_20160715_183612


私は毎年、15日の本祭の夕方から夜にかけてお祭りに行くのですが、そのお目当てが「百貫神輿御幸渡御」です。

道内最大級といわれる百貫神輿が、19:00に神社を出発するということで、今年も社殿前から出て境内を進んでいく様子を見てきたのですが、やはり近くで見ると大迫力です。

Otaru_20160715_190819

この百貫神輿が階段を下りていくんですよね。
Otaru_20160715_191003

Otaru_20160715_191159

百貫神輿が境内を威勢の良いかけ声と共に進んでいくと、小樽まつりは最高潮で、参道も集まった見物客で大混雑になります。

Otaru_20160715_191619

ちなみに、百貫神輿はその後、近隣地域を回ってくるのですが、私は、神輿が境内を出て行くのを見て、お参りをして神社を後にしました。

Otaru_img_2089

参拝の列が遅くまでできてました。
Otaru_20160715_194930

日が暮れて、露店の明かりに照らされた境内の様子も、何だかいい雰囲気ですね。

Otaru_img_2103

住吉神社のお祭りは、16日(土)までです。

Otaru_20160715_193428

いや〜、住吉神社のお祭りははともて賑わって、夏祭り!って感じでいいですね。

※住吉神社公式サイトの例大祭についてはこちら。
例大祭 【 小樽住吉神社公式サイト】

Otaru_img_2099

【関連記事】
※今年の水天宮と龍宮神社のお祭りの様子はこちら。
龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です
水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です
※昨年の住吉神社のお祭りの様子はこちら
小樽総鎮守の住吉神社のお祭りに行ってきました〜迫力の百貫神輿も見てきました
小樽住吉神社例大祭“小樽まつり”の百貫神輿の様子【補足】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です

龍宮神社のお祭り(例大祭)に行ってきました。

Otaru_img_2033

6月に入って、小樽は本格的なお祭りの季節で、毎週どこかでお祭りが行われているといった感じすが、龍宮神社のお祭り(例大祭)が、6月20日(月)〜22日(水)の日程で開催されています。

龍宮神社のお祭りは、先日行われた水天宮、7月に行われる住吉神社のお祭りとともに、小樽の三大祭りと呼ばれる、市民にもお馴染みのお祭りです。

稲穂町にある龍宮神社のお祭りは、梁川通りにずらりと露店が並ぶんですよね。

(梁川通りの中央通り側)
Otaru_20160621_152820

Otaru_img_2026

この日行ったのが、午後3時半くらいだったのですが、子供たちがたくさん繰り出していました。
これから夕方にかけて、もっと多くの人出で通りは溢れたでしょうね。

Otaru_20160621_152913

近年は、ここ梁川通り、さらには小樽の中心街は普段はちょっと寂しい感じなんですが、この時ばかりは活気に溢れるんですよね。

Otaru_20160621_152944

ここは元々、昭和の雰囲気を残す商店街なので、通りを埋める露店がやけにしっくりきます。

Otaru_img_2028

梁川通り進んでいくと、龍宮神社から下りてくる竜宮通りとぶつかるので、ここから神社に向かいます。

Otaru_img_2029

竜宮通り沿いには、それほど露店は並んでません。

国道5号線を渡り、大きな鳥居をくぐって、坂道を上っていきます。

Otaru_20160621_154000

ここからは、龍宮神社の境内や社殿は見えないんですよね。

Otaru_20160621_154045

階段を上ると、境内に出て、右奥に堂々とした立派な社殿が建っています。

Otaru_img_2033

龍宮神社は、幕末・明治に活躍し、ここ稲穂町一帯の土地を所有していた、榎本武揚(えのもと たけあき)が建立したことでも知られる神社で、先ほどの露店が並んでいた梁川通りは、榎本武揚の雅号の梁川(りょうせん)を訓読みにしたのが、名前の由来となってます。

Otaru_20160621_154436

Otaru_img_2035

境内から先ほどの階段を下りる時に見える眺めが、なかなかいいんですよね。

Otaru_20160621_154151

真っすぐ続く竜宮通りの先に、小樽港が見えます。

Otaru_img_2031

龍宮神社のお祭りは、22日(水)までです。晴れるといいですね。

Otaru_20160621_154141

ということで、龍宮神社のお祭りの様子でしたが、御神輿が見られなかったのが、ちょっと残念でした。
来年は見たいな。

小樽では、まだまだ各地の例大祭が続きますが、小樽の三大祭りの最後を飾るのが、市民から親しみを込めて“小樽まつり”とも呼ばれる住吉神社の例大祭で、日程は7月14日(木)〜16日(土)です。
小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の龍宮神社のお祭りの記事です。
小樽はお祭りの季節〜龍宮神社のお祭りに行ってきました

※龍宮神社・梁川通り関連の主な記事です。
梁川商店街を紹介する「小樽梁川通り」公式ガイドブックはしっかり読みたい充実の内容です
小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん
冬の龍宮神社
竜宮通りを運河へ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月16日 (木)

水天宮のお祭り(例大祭)に行ってきました〜小樽はお祭りの季節です

Otaru_img_2012

水天宮のお祭りに行ってきました。

6月に入ってお祭りの季節を迎えている小樽ですが、水天宮のお祭り(例大祭)が、今年も6月14日(火)〜16日(木)の3日間の日程で開催されています。

水天宮のお祭りは、龍宮神社、住吉神社のお祭りとともに、小樽の三大祭りと呼ばれることもあるくらい、小樽市民には馴染みの深いお祭りですね。

行ったのは、15日(水)の午後です。

Otaru_20160615_153816

露店は、花園公園通りの花園銀座商店街との交差点から並び始め、そこから鳥居の先まで続いています。

Otaru_20160615_150546

ちょっと早いかな、と思ったのですが、たくさんの人で賑わってました。

子供たちがたくさん来てましたよ。

Otaru_20160615_153418

初日の14日の日中はあいにくの雨だったものの、夕方には雨が上がり、15日はそこそこいい天気だったので(午後は曇ったかな)、みんなお祭りを楽しんだのではないでしょうか。

ちなみに、やけに人だかりができていたのは、入口付近のスマートボール。
Otaru_20160615_153617

あと、お面と綿あめは、やっぱりお祭りっぽいですね。
Otaru_20160615_150438

Otaru_20160615_150539


鳥居をくぐって露店の賑わいから離れて、水天宮の境内へと向かういつもの急な階段を上って、社殿へと向かいます。

Otaru_20160615_150915

階段の上から振り返った所です。
Otaru_20160615_151452

この眺めがなんとも気に入ってます。

水天宮の境内に到着しました。
Otaru_20160615_152332

境内はビアガーデンのようになっていて、奥にはステージも組まれてましたが、時間がまだ早くて人はまばらで、大人の時間はもうちょっと後からでした。

Otaru_20160615_152309

水天宮の本殿、拝殿は小樽市指定歴史的建造物で、現在の社殿は、大正8年(1919年)建築と古く、とても趣があります。

Otaru_20160615_151719

また、ここは境内から見渡す小樽港の眺めがとても素敵なことでも知られていて、私も時々訪れるんですよね。

Otaru_20160615_151922


そうそう、近くの花園銀座商店街では、この水天宮のお祭りの期間に合わせて、「水天市」と称してスタンプラリーなどのイベントや、14:00から車両通行止めにして、路上ビアガーデンなども開催しているようですよ。

Otaru_20160614_210200

Otaru_20160615_155003

この日は時間が早くて、まだ始まったばかりでした。

Otaru_20160615_154227

Otaru_20160615_153846


ということで、今年もちょっとだけですが、水天宮のお祭りに行くことができました。

Otaru_img_2014

昔は国道の方まで露店が並んだという話も聞き、その頃に比べると、随分と規模も小さくなったのかもしれませんが、やっぱり水天宮のお祭りは小樽市民が楽しみにしているお祭りですね。

小樽の三大祭りは、この水天宮の後、龍宮神社、そして住吉神社と続きます。日程は次の通りです。
龍宮神社:6月20日(月)〜22日(水)
住吉神社:7月14日(木)〜16日(土)

小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

【関連記事】
※昨年の水天宮のお祭りの記事です。
小樽はお祭りの季節〜水天宮のお祭りに行ってきました

※水天宮についてはカテゴリー「水天宮」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月 5日 (日)

小樽にお祭りの季節がやってきた〜潮見ヶ岡神社のお祭りに行ってきました

Otaru_20160604_152739


小樽に本格的なお祭りの季節がやってきました。

小樽では、神社の例大祭が多く行われていて、6月から7月にかけては、毎週市内のどこかの神社でお祭りが行われている感じなんですよね。

6月に入って最初の週末となる4日(土)、5日(日)の2日間では、潮見ヶ岡神社、張碓稲荷神社、手宮の厩稲荷神社で例大祭が行われてます。

ということで、4日(土)に、若竹町にある潮見ヶ岡神社のお祭り(例大祭)の様子をちょっとだけ見に行ってきました。

この辺りはあまり来る機会がなくて、潮見ヶ岡神社のお祭りも初めて見にきました。

潮見ヶ岡神社の場所は、国道5号線の小樽築港駅の手前、札樽自動車道の高架をくぐってすぐに右に曲がったところに鳥居がたっています。

Otaru_20160604_152612

鳥居をくぐり、階段を上った先に社殿が建ってます。

Otaru_20160604_152623

Otaru_20160604_152924

Otaru_20160604_152739

こじんまりとした社殿はとても綺麗で建物は新しいようですが、何だか風格がありますね。

Otaru_20160604_152755_hdr

神社の由緒についてはよく分からないのですが、やっぱり歴史は古いようですよ(参考:北海道神社庁HP内潮見ケ岡神社)。

Otaru_20160604_152758_hdr

社殿横には、神輿が置かれていて、神輿渡御は5日(日)に行われるようです。

Otaru_20160604_152811

境内ではカラオケ大会も開催されるようですね。

Otaru_20160604_152828_hdr

露店は鳥居の前の通りにずらっと並んでいて、土曜日のこの日も子供たちがたくさん繰り出していました。

Otaru_20160604_152549

Otaru_20160604_153407

露店は、神社のあるところから、小樽水産高校に向かう坂道まで続いてました。

Otaru_20160604_153456

小樽はこの日、午前中は雨が降るあいにくの空模様だったのですが、午後からは雨があがって、明日は晴れ間も見られるようなので、お祭りもさらに賑わいそうですね。

ということで、潮見ヶ岡神社のお祭りの様子でしたが、小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考にどうぞ。
小樽市 :お祭り日程

6月14日(火)〜16日(木)には、小樽の三大祭り(水天宮、龍宮神社、住吉神社)のトップをきって、水天宮のお祭りが開催されますね。

【関連記事】
小樽の若竹町にある「潮見ヶ岡神社」



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

小樽で一番早いお祭り「招魂祭」と小樽公園の八重桜

Otaru_20160515_143414


小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が、5月15日(日)に開催されました。

場所は小樽公園の丘の上、顕誠塔前広場です。

あれ?招魂祭って、5月14日・15日の2日間の日程で開催されてなかったかな?
今年は一日のみですね。

Otaru_20160515_143201_hdr

Otaru_20160515_143400

ここに建つ「顕誠塔」については(昨年の記事からの引用です)、

1923年(大正12年)5月に建立されたもので、戦前は「昭忠碑」と呼ばれて戦没者を慰霊していたのが、戦後は軍事色を取り除き、郷土小樽市に貢献のあった人々を合祀することとしたそうです。招魂祭は、顕誠塔のできた翌1924年から始まっているそうです。

Otaru_20160515_143325

ということで、招魂祭は合祀者を慰霊するお祭りです。

そういえば、近年は、露店の数も減っていて、昨年も10店も出てなかったのですが、今日行ってみたら、露店は0(ゼロ)でした。

Otaru_20160515_143708

いよいよ、お祭りというよりは、ひとつの行事ですね。

毎年、この招魂祭の時には天気が崩れると言われてるのですが、今年は曇ってはいましたが、雨は降りませんでしたね。

Otaru_img_1836

小樽は神社のお祭りがあちこちで行われるのですが、この招魂祭が始まると、いよいよ小樽もお祭りのシーズンを迎えます。

※小樽の主なお祭り(例大祭)の日程は、小樽市のHPに記載されてますので、参考までに。
小樽市 :お祭り日程

※関連ニュース:好天下「第71回招魂祭」 しめやかに挙行 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
※過去の招魂祭の記事です。
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催。気になる天気は…
小樽で一番早いお祭り「招魂祭」が開催されました
小樽で最も早いお祭り「招魂祭」が開催


小樽公園の八重桜

小樽の桜は、エゾヤマサクラとソメイヨシノはすでに終わりましたが、続いて八重桜が市内各所で見頃を迎えていますね。

招魂祭が開催された小樽公園でも、公園内のあちこちで八重桜のポコポコっとして濃いピンクの可愛い花が咲いていました。

上の写真でも写ってますが、顕誠塔前広場への坂道の脇に、綺麗に咲いてるんですよね。

Otaru_20160515_143311

Otaru_20160515_143627_hdr

こちらは花園グラウンドの緑小学校側の道沿いです。
Otaru_20160515_144635_hdr

ここの桜はまだ背が小さいので、これからが楽しみですね。

こちらは市民会館向かいの道路です(下の2枚は5月14日撮影)。
Otaru_20160514_150038_hdr

裁判所の土手には、毎年綺麗に八重桜が咲くんですよね。
Otaru_20160514_150056_hdr

ということで、ここ小樽公園をはじめ、小樽市内の八重桜はもうちょっとの期間、楽しめそうです。

【関連記事】
※昨年(2015年)の小樽公園の八重桜の様子です。
小樽公園の白樺林はすっかり新緑に〜公園内では八重桜がまだ咲いてます
※桜関連の記事は、カテゴリー「小樽の桜」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月16日 (木)

小樽住吉神社例大祭“小樽まつり”の百貫神輿の様子【補足】

Otaru_20150715_190506


7月14日(火)・15日(水)・16日(木)の3日間の日程で行われた、小樽総鎮守の住吉神社の例大祭、通称“小樽まつり”も終わってしまいましたね。

今年は、本祭の15日に行ってきたのですが、その様子をは前回のこちらの記事で紹介しました。
小樽総鎮守の住吉神社のお祭りに行ってきました〜迫力の百貫神輿も見てきました

その記事中でも掲載しましたが、本祭の15日には、住吉神社のお祭りが一番盛り上がる「百貫神輿御幸渡御」が行われたんですよね。

で、百貫神輿の様子については、まだ未掲載の写真が数点あるので、今回は補足記事として、それらの写真をまとめて掲載したいと思います(重複している写真もあるのでご了承を)。

百貫神輿の渡御の様子

この日は天気が悪く、夕方には雨も降っていたのですが、神輿が始まる19時近くになると、その雨も上がってました。

Otaru_20150715_185636

Otaru_20150715_190307

Otaru_20150715_190350

百貫神輿は19時に、拍子木の一本締めを合図に本殿前を出ました。

Otaru_20150715_190506

この百貫神輿は、道内最大級といわれていて、近くで見ると、本当に迫力があるんですよね。

Otaru_20150715_190535

Otaru_20150715_190525

Otaru_20150715_190529

担ぎ手は道内各地から、約150名ほどが集まっているそうですよ(参考:夜空に舞う百貫神輿!第147回住吉神社例大祭 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com))。

Otaru_20150715_190559

そして、この大きな神輿が、住吉神社の境内の急な階段を下っていくんですよね。

Otaru_20150715_190630

何だか、その様子も「おお〜〜!!」って感じで、違った意味で迫力があるんですよね。

Otaru_20150715_190811

Otaru_20150715_190730

見物客もとても多くで、ずらりと参道脇を埋めてました。

Otaru_20150715_191044

Otaru_20150715_191057

Otaru_20150715_191146

Otaru_20150715_191150

Otaru_20150715_191233

Otaru_20150715_191253

今回は、本殿から真っすぐ続く参道での様子だけを見てきたのですが、神輿はこの後、鳥居を出て、国道5号線を渡り、近隣地域を練り歩いて行きました。

ということで、以上、今年の百貫神輿の様子でした。

この住吉神社のお祭りと、先月の水天宮と龍宮神社のお祭りは、小樽の三大祭りともいわれ、中でも最後を飾る住吉神社のお祭りは、多くの市民が繰り出すとても賑やかなお祭りなんですが、やっぱり終わってしまうと、ちょっと寂しいですね。

Otaru_20150715_191434

しかし、この住吉神社のお祭り“小樽まつり”が終わると、次はいよいよ小樽の夏が一番盛り上がる「おたる潮まつり」ですね。


《追記 2015.7.17》
百貫神輿の様子の動画をちょっとだけ撮影しました。短いですが、雰囲気が伝われば嬉しいです。

【関連記事】
小樽総鎮守の住吉神社のお祭りに行ってきました〜迫力の百貫神輿も見てきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽総鎮守の住吉神社のお祭りに行ってきました〜迫力の百貫神輿も見てきました

今年も7月14日(火)・15日(水)・16日(木)の3日間の日程で行われている、小樽総鎮守の住吉神社の例大祭に行ってきました。

Otaru_20150715_184813

水天宮、龍宮神社と続いた小樽の三大祭りの最後を飾る住吉神社のお祭りは、市民から親しみを込めて“小樽まつり”と呼ばれていて、多くの市民が楽しみにしているお祭りなんですよね。

Otaru_20150715_184918

行ったのは本祭となる15日の夕方なんですが、この日はぱっとしない天気で、夕方からは雨もポツポツと降ってくるというあいにくの空模様だったせいか、例年に比べてはちょっと人出が少ない感じかな。

実は、前日は30℃くらいで、とても暑かったのに、この日の最高気温は20℃程度と、なんとその気温差マイナス10℃で、肌寒い一日だったんですよね。

それでも多くの方がお祭りを楽しんでましたよ。

Otaru_20150715_185014

住吉神社は、国道5号線沿いの鳥居から、本殿へと続く参道の両脇が木々に覆われ、とてもいい雰囲気なんですよね。

Otaru_20150715_185052

いかにも“神社のお祭り”といった風情です。

Otaru_20150715_185259

Otaru_20150715_185323

で、この日のお目当ては、本祭の15日に行われる、住吉神社のお祭りお馴染みの「百貫神輿御幸渡御」です。

Otaru_20150715_185636

19時に本殿前を出ました。

Otaru_20150715_190506

この百貫神輿は道内最大級といわれ、かけ声とともに神輿が担がれる様子を間近で見ると、本当に迫力があるんですよね。

Otaru_20150715_190535

しかも、この大きな神輿が、境内の階段を下りていくんです。

Otaru_20150715_190630

そうそう、それまでパラついていた雨は、ちょうど神輿に合わせて上がったんですよね。

Otaru_20150715_190811

Otaru_20150715_191150

Otaru_20150715_191233

この後、百貫神輿は鳥居を出て、近隣も練り歩くのですが、今回は境内での様子だけを見て、その後はゆっくりお参りをしてきました。

Otaru_20150715_192007

そして、その時間から、何だかお祭りにくる人出もさらに増えたようで、参道や横の市道に並ぶ屋台は一層混雑していました。

小樽あんかけ焼そば親衛隊の屋台もあって、並んでました。
Otaru_20150715_191519

参道横の通り。
Otaru_20150715_193007

屋台は、境内の参道の他にも、横の市道にも並び、毎年200前後が出店しているそうですよ。

Otaru_20150715_192310

鎮守の森に囲まれた住吉神社の境内は、両側に屋台が並び、灯りに照らされて、特に夕刻は何だかとてもいい雰囲気です。

それにしても、やっぱり住吉神社のお祭りは賑わいますね。

Otaru_20150715_192844

小樽も夏ですね。


【関連記事】
今年の水天宮のお祭りの様子はこちら。
小樽はお祭りの季節〜水天宮のお祭りに行ってきました
今年の龍宮神社のお祭りの様子はこちら。
小樽はお祭りの季節〜龍宮神社のお祭りに行ってきました
昨年の住吉神社のお祭りの様子はこちら。
住吉神社のお祭り(小樽まつり)に行ってきました。やっぱり百貫神輿は大迫力でした
小樽総鎮守の住吉神社例大祭本祭の百貫神輿の様子


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月11日 (土)

【動画】今年で最後となった小樽の「天狗山 金毘羅(こんぴら)大本院」の火渡りの様子

先日の7月10日(金)、天狗山の麓の松ヶ枝町にある、高野山真言宗の寺院「天狗山 金毘羅(こんぴら)大本院」にて、火渡り(柴灯大護摩(さいとうだいごま)法要)が行われました。

Otaru_20150710_135454

“こんぴらさん”と親しみをこめて呼ばれる、金毘羅大本院の例大祭での行事ですが、80年以上も続いたというこの火渡りも、実は信徒らの高齢化などから、惜しまれながらも今年(2015年)で最後ということなんです。

ということで、その最後となった、金毘羅さんの火渡りの様子の動画をダイジェストで、といった大層なものではないですが、掲載しますね。

あっ、金毘羅さんの火渡りの様子については、前回のこちらの記事もどうぞ。
今年で最後、松ヶ枝町にある金毘羅さんの火渡りを見てきました: 小梅太郎の「小樽日記」

では、こちらがその動画です。

ということで、金毘羅さんの火渡りの様子でした。

実は、金毘羅さんの火渡りは、今回初めて見に行ったのですが、ここでこのような行事が昔から毎年行われていたとは知りませんでした。

今年で最後というのは、何とも残念ですが、最後に見に行けてよかったです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌