歴史的建造物 事務所

2016年10月25日 (火)

人気のソフトクリーム屋「小樽ミルク・プラント」の建物は小樽市指定歴史的建造物〜ちなみに今年の営業は11月3日まで

Otaru_img_2621


季節外れなんですが、こちら、観光客はもちろん、小樽市民にも大人気のソフトクリーム屋さん「小樽ミルク・プラント」。

今回は注目するのはここのソフトクリームではなく、ここミルク・プラントの建物についてなんですが、このブログでも何度か登場しているミルク・プラントの建物は、実は今年(2016年)の7月に、小樽市指定歴史的建造物として新たに指定されたんですよね。

Otaru_20161014_143853

で、もうソフトクリームの時期ではないのですが、小樽市指定歴史的建造物として、改めて紹介したいと思います。

あっ、ちなみに小樽ミルク・プラントの今年の営業は11月3日までで、冬期は休業になります。

Otaru_20161014_143820


小樽ミルク・プラントの建物は旧小樽保証牛乳

Otaru_20161014_144842

小樽市民会館から花園公園通りを下りてきてすぐにある小樽ミルク・プラントですが、四角い部分と円形部分が組合わさった建物は、ともて印象的で可愛いですよね。

Otaru_img_2617

この小樽ミルクプラントの建物は、以前は旧小樽保証牛乳の工場・事務所だったんですよね。

現在の北海道保証牛乳の前身となる小樽保証牛乳は、1936年(昭和11年)に設立され、同年に工場・事務所として建てられたこの建物は、1969年(昭和44年)まで稼働していたそうです。

ちなみに、その昭和44年に社名を北海道保証牛乳に変更して、小樽市桂岡に統合工場を新設してます。
※参考
北海道保証牛乳株式会社 | 北海道保証牛乳物語
北海道保証牛乳 - Wikipedia
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)

Otaru_img_2625

小樽市のHPに、小樽市指定歴史的建造物としての「旧小樽保証牛乳(株)」の建物概要が掲載されているので、引用させていただきます。

この建物は、昭和11年に小樽周辺の酪農家が集まって創業した小樽保証牛乳(株)の事務所として建てられました。かつては裏手に工場があり、牛乳の製造や販売が行われていました。事務所部分は、当時、世界的に流行した水平・垂直ラインを強調し円弧を組み合わせたデザインが特徴的で、創建時の形態をよくとどめています。昭和12年に小樽公園で開催された北海道大博覧会で人気を博し、現在も多くの市民に親しまれるシンボル性の高い建物です。
小樽市 :旧小樽保証牛乳(株)

Otaru_img_2621

ということで、ここは市の中心部からもちょっと離れているのですが、お客さんが後を絶たない、とにかくソフトクリームが人気のお店として知られてますが、その建物にはこんな歴史があるんですね。

Otaru_20161014_143810

【関連記事】
夏は終わってしまいましたが、建物が印象的な「小樽ミルクプラント」のソフトクリーム食べてきました
小樽ミルク・プラント
花園公園通り
小樽市指定歴史的建造物に新たに4件が指定されそうです


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月10日 (金)

小樽市指定歴史的建造物の旧荒田商会と旧高橋倉庫について〜もうすぐニトリの美術館 小樽芸術村として生まれ変わります

今回は小樽運河の浅草橋からすぐ近くの臨港線沿いに隣接して建つ、小樽市指定歴史的建造物の「旧荒田商会」と「旧高橋倉庫」についてです。

※写真が2016年2月3日撮影と冬の写真のなのでご了承を。
Otaru_20160203_143926_hdr

通り沿いに旧荒田商会が建っていて、その奥に続いて旧高橋倉庫が建っています。

この2つの建物はこの度、家具・インテリア製造小売り最大手のニトリホールディングス(札幌)によって新たに美術館として、7月23日にオープンすることが決まってます。

ちなみに、ニトリはこの旧荒田商会と旧高橋倉庫、さらにはすぐ近くの旧三井銀行小樽支店という小樽の歴史的建造物3棟を改装して、3つの美術館からなる「小樽芸術村」を開設するということで、今回の建物の2館が先行オープンになります。

※詳しくはこちらの記事をどうぞ。
ニトリが小樽の3つの歴史的建造物で開設する美術館「小樽芸術村」がオープン間近で2館の名称も決定というニュース

改装後に看板などの建物外観がどのようになるのかは分かりませんが、改装前の建物の様子ということで、この冬の撮影した写真があるので、建物概要とともに掲載しておきたいと思います(以前も掲載したことがあるのですが、美術館開業前に改めてということで)。

Otaru_20160203_143927

Otaru_20160203_143954

ちなみに、先日、建物前を通った時は、青いシートがかけられて、まさに開業準備中のようでした。

以下、写真は2016年2月3日撮影です。


旧荒田商会

Otaru_20160203_143951

臨港線沿いに建つ、ちょっとモダンで趣きある建物が「旧荒田商会」です。

Otaru_20160203_143926_hdr

昭和10年 (1935年 )建築の木造2階建てで、小樽市のHP内に掲載されている、建物概要からの引用です。

この建物は、荒田商会の本店事務所として建築されました。
現在は店舗に再利用されていますが、内壁の漆喰や、照明器具、窓枠は創建時の形態を伝えています。
石造倉庫が軒を連ねていた小樽運河沿いに建ち、背面の旧高橋倉庫や左隣りの旧通信電設浜ビルなどと中庭でむすび、歴史的景観のまとまりを創っています。
小樽市 :旧荒田商会

Otaru_20160203_143817

旧荒田商会については、詳しくは分からないのですが、ここは海産物を商い、後に海運業までに成長した、荒田太吉商店の本店事務所として建てられたものだそうです(参考:建物紀行 荒田商会 (小樽ジャーナル)より)

また、引用文中には、“現在は店舗に再利用”と書かれていますが、今回の美術館開業までは2年近く未使用の状態が続いてました。

Otaru_20160203_144046


旧高橋倉庫

Otaru_20160203_143839

旧荒田商会の背後に建っている石造倉庫が「旧高橋倉庫」です。

Otaru_20160203_143903_hdr

大正12年(1923年)建築の木骨石造2階建てで、同じく小樽市のHP内に掲載されている、建物概要から引用させてもらいます。

この建物は、大豆を収める倉庫として建てられました。
平成元年に改修され、店舗として再生しています。
前面は運河に面し、背面は出抜小路に接して建ち、周辺の歴史的景観を形成している建物のひとつです。
小屋組は梁を二重に架け2本の束を陸梁の中央付近で左右対称に立てるクイーンポストトラス(対束小屋組)と呼ばれる洋風の構造です。
小樽市 :旧高橋倉庫

ということで、建物の構造については、ちょっと難しくて一般人には分かりにくいでね(汗)

Otaru_20160203_144035

こちらも今回の美術館開業前は、未使用の状態が続いてました。

(背面)
Otaru_20160203_144131


おわりに〜建物の以前の活用について

実は、今回の2つの建物は、これまで何度か店舗として活用されているんですよね。

2012年(平成24年)4月からは、石原プロによるエンターテインメント施設「おもしろ撮影館」がこの2棟で営業していたのですが、2014年(平成26年)9月30日に閉館してしまい、以後は未使用状態でした。
石原プロによるエンターテインメント施設「おもしろ撮影館」が閉館してました

(おもしろ撮影館オープン時の様子)
Otaru_dsc05238r

それ以前も、倉庫を観光用に再利用した先駆けとして、グラスショップとして利用されていたり、オルゴール海鳴楼が使用したりもしていたそうです(参考:建物紀行 高橋倉庫(小樽ジャーナル)より)。

今回、未使用の状態だった歴史的建造物が、大手ニトリによって、新たに美術館として活用されることになったのは、本当に嬉しいことで、市民や観光客に愛される施設になるといいですね。

【関連記事】
※以前のこの2つの建物についての記事です。
隣り合う小樽市指定歴史的建造物の「旧荒田商会」と「旧高橋倉庫」

※その他の関連記事
ニトリが小樽の歴史的建造物(旧荒田商会・旧高橋倉庫・旧三井銀行小樽支店)を改装して美術館を開設するというニュース
ニトリが小樽の3つの歴史的建造物で開設する美術館「小樽芸術村」がオープン間近で2館の名称も決定というニュース

旧三井銀行小樽支店
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【後編】《水天宮〜花園町〜銀行の集まる交差点〜旧三井銀行小樽支店〜北運河》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 6日 (金)

小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所〜イベントで建物内にも入ることができました

先日開催された、素敵な雑貨が集まったイベント「2015小樽DEPARTMENT」には、皆さん行かれましたか?

とても楽しいイベントで、お客さんもたくさん来場して大盛況だったようですが、このイベントの会場となったのが、小樽市指定歴史的建造物にも指定されている「旧小樽商工会議所」でした。

Otaru_r20151031_162903

この旧小樽商工会議所は、普段は使われてないので建物内に入ることができないんですよね。
なので、今回はイベントの他に、この歴史的建造物の建物内を見学できるという楽しみもあったんです。

ということで、今回はその歴史的建造物の旧小樽商工会議所について、ちょっと紹介しておきますね。

Otaru_r20151031_163010_hdr

ちなみに、イベント「2015小樽DEPARTMENT」についてはこちらの記事でレポートしてます。
3日間限定開催の「2015小樽DEPARTMENT」に行ってきました。会場は歴史的建造物の旧小樽商工会議所


旧小樽商工会議所の建物について

まずは、小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所の建物概要についてですが、場所は、日銀通りの小樽郵便局(本局)の角を左折した先の、色内大通り沿いにあります。

Otaru_r20151029_144716

昭和8年(1933年)建築の鉄筋コンクリート造3階建です。

Otaru_r20151029_144613
(上の写真2点は、イベント開催前の撮影です)

玄関から、歴史を感じさせる作りですよね。

Otaru_r20151031_154346

小樽市のHPに建物についての説明があるので、引用させていただきます。

北海道の発展に寄与する小樽経済界の拠点でした。
設計は土肥秀二、施工は萬組で、いずれも地元の手によるものです。
外装は石川県産千歳石で彫刻が施され、正面玄関には、土佐産の大理石が用いられています。
昭和初期における鉄筋コンクリート造の建物として貴重なもののひとつです。
小樽市 : 旧小樽商工会議所

小樽商工会議所として、老朽化で移転する2009年(平成21年)までずっと使用されていたのですが、それ以降は、活用はされてなくて、現在も普段は建物内には入れません(実は最近まで使われていたんですよね)。

ただ、その間に一度だけ、2011年(平成23年)7月末〜8月の2週間限定で、NPO法人小樽ワークスによるアートプロジェクトが開催されて、一般公開されたんですよね。
その時の記事がこちらです。
旧小樽商工会議所〜第2回小樽北のウォール街アートプロジェクト2011が開催

私は、小樽商工会議所には全く縁がなかったので、その時に初めて建物内に入ったのですが、アートプロジェクトとともに、歴史を感じさせるその趣のある建物内をとても興味深く見学させていただきました。

今回のイベント「2015小樽DEPARTMENT」で建物内に入ることができたのは、それ以来ということです。

Otaru_r20151031_154353


旧小樽商工会議所の建物内の写真

今回はイベントで多くのお客さんがいたので、あまり建物内の写真は撮れなかったのですが、それもで、趣きある部屋の案内板や照明などを撮ってきたので、掲載していきます。

Otaru_r20151031_154501

案内板などは、まだそのままなんですね。
Otaru_r20151031_154925

Otaru_r20151031_161529

Otaru_r20151031_162603

Otaru_r20151031_162619

Otaru_r20151031_162831

Otaru_r20151031_162649_hdr

Otaru_r20151031_162753_hdr

Otaru_r20151031_154433

Otaru_r20151031_155702

Otaru_r20151031_155715

Otaru_r20151031_155732

Otaru_r20151031_155745

Otaru_r20151031_160121

Otaru_r20151031_160828_hdr

いや〜、何だかトイレまで渋い(ただし、立ち入り禁止でした。残念)。
Otaru_r20151031_161308

開催されたイベントは1階と2階を会場としていて、今回は3階は立ち入り禁止となっていたので、上ることはできませんでした。

Otaru_r20151031_155722

こうやってみると、まだまだ現役で活躍できる建物だと思うのですが、ちなみに、イベント中に停電しまして、やはりそこらへんは老朽化の影響かと(汗)

そうそう、今回のイベント開催に際しては、実行委員や出店者、ボランティアさんたちが、建物の清掃をして準備されていたんですよね。

今後についても、関係者も考えているようですが(参考:"2015小樽DEPARTMENT" 旧小樽商工会議所 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com))、この素敵な建物が、これからも有効に活用されるといいですね。

Otaru_r20151031_163028

ということで、以上、小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所についてでした。

【関連記事】
3日間限定開催の「2015小樽DEPARTMENT」に行ってきました。会場は歴史的建造物の旧小樽商工会議所
旧小樽商工会議所〜第2回小樽北のウォール街アートプロジェクト2011が開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月16日 (水)

平磯岬を迂回する道路沿いにポツンと建つ「旧北海道庁土木部小樽築港事務所見張所」は歴史的建造物

ウイングベイ小樽の海側の道路を平磯岬方面に進んで行くと、左手に大きなクレーンや小樽港湾事務所(おたるみなと資料館)の建物が見えてくるのですが、それらと車道を挟んで反対側に、ポツンと小さいけれども何とも趣のある建物が建っています。

旧北海道庁土木部小樽築港事務所見張所

Otaru_20150903_145658

この建物は、木造1階建の本当に小さな建物ですが、昭和10年(1935年)の建築で、実は小樽市指定歴史的建造物でもあるんですよね。

Otaru_20150903_155019

Otaru_20150903_155008

この建物の前の道路は、平磯岬の高台をぐるっと迂回する道路で、すぐ先からは左に南防波堤が伸びています。

Otaru_20150903_155145

(南防波堤)
Otaru_20150903_145922

道路の挟んで海側のクレーンや小樽港湾事務所(おたるみなと資料館)、そして南防波堤については、こちらの記事でどうぞ。
小樽港の南防波堤周辺の様子と巨大なクレーン

(小樽港湾事務所/おたるみなと資料館)
Otaru_20150903_145803


で、今回の小さな建物は、かつての小樽築港事務所の見張所だったということで、小樽の発展を支えてきた小樽港を見守ってきた建物なんですね。

いつもの歴史的建造物についての案内板が建っていますが、建物概要については、小樽市HP内に記載があるので、そちらから引用させていただきます。

Otaru_20150903_154944

北海道経済を先導してきた小樽港の発展とともに歩んできた事務所です。 初代小樽築港事務所長の廣井勇博士は、小樽築港工事でコンクリートの施工技術の発展に寄与する研究と開発を行い、今日の輝かしい港湾技術の基礎を築きました。 小規模(2.5間×3間)ですが、外壁は2種類の板壁を使い分け、方形屋根に小さい屋根をのせるなど、工夫を凝らしています。 小樽港縦貫線の道路工事に伴い、平成13年に東寄り約60mの位置から現在地へ曳き家されています。
小樽市 : 旧北海道庁土木部小樽築港事務所見張所

ということで、もともとはこの位置ではなかったのですね。

Otaru_20150903_154937

Otaru_20150903_154952

昭和59年には、廣井勇の工事記録やデータ等を展示する目的で、この建物が資料室となっていたそうですが、それらは現在は、道路を挟んだ海側にある「みなと資料館」で展示されているそうです(まだ見に行ってませんが…)。

ということは、現在この建物は、特に使われていないということでしょうかね。

道路脇にポツンと一軒佇むように建っているので、今後どうなるのか、ちょっと気になります。

Otaru_20150903_145641

ちなみに、後ろの平磯岬の高台に建っている建物は、小樽市指定歴史的建造物で料亭・温泉旅館の鰊御殿・銀鱗荘です。

Otaru_20150903_155021

そうそう、この前を通る道路には、近くに信号や横断歩道がないので、見に行く際は車には十分注意しましょう。

Otaru_20150903_155025

※参考:みなとのしごと | みなとの資料コーナー

【関連記事】
平磯岬の高台を迂回する道路を歩く〜この辺りが平磯岬の先端かな?


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

臨時休館中の「旧日本郵船株式会社小樽支店」が4月より開館

老朽化に伴う保存修理調査工事(事前調査)のため、臨時休館中の国指定重要文化財「旧日本郵船株式会社小樽支店」が、4月1日(水)より開館するとのことです。

Otaru_dsc05911
※2011年4月13日撮影
※情報元:旧日本郵船小樽支店開館 | 小樽観光案内所スタッフブログ

この事前調査は2013年9月1日から始まり、1年間の延長があって、今年(2015年)3月31日までの予定で、その間は臨時休館していて、館内の見学ができなかったんですよね。

堂々とした威厳あるこの歴史的建造物の館内が見学できなくて、がっかりした観光客も多かったのではないでしょうか。

この旧日本郵船株式会社小樽支店は、1904年(明治37年)着工、1906年(同39年)10月に落成した、小樽でも代表的な歴史的建造物です。

建物ついては、小樽市のHP内に詳しい説明があるので、引用させていただくと、

重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店は明治37年着工、同39年10月に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建建築です。設計者は佐立七次郎、施工は地元の大工棟梁山口岩吉があたり、工費は当時の金額で約6万円でした。当時小樽は北海道開拓の拠点都市として商業港湾機能を充実しつつあり、船舶・海運・倉庫業界が競って、船入澗を設置し石造倉庫を建てました。また明治後半から一流建築家達が当時の最先端の技術で、代表的作品を残しました。この建物はその草創期の象徴的存在です。
 昭和30年市が日本郵船から譲り受け、翌31年から小樽市博物館として再利用されて来ましたが、44年3月には、明治後期の代表的石造建築として国の重要文化財に指定されました。
 しかし年ごとに老朽化が目立って来たため、59年10月修復工事を着工、33カ月の工期を経て62年6月しゅん工しました。ここに商都小樽を代表する明治後期の商業建築が優れた文化遺産としてよみがえりました。
小樽市 : 重要文化財旧日本郵船(株)小樽支店

ということですが、一度修復工事が行われているんですね。

で、保存修理調査工事が終わり、この4月から開館するとのことですが、今回のは事前調査なので、この後から、いよいよ本格的な補修工事が始まるということなんですよね!?

確か、以前のニュースでは2017年春をめどに再び休館する予定だったと思うのですが、その後の計画がどうなったかまでは私は分からないのですが、実際の補修工事の期間もそれなりにかかるのでしょうね。

いずれにしても、貴重な歴史的建造物ですから、この際、しっかりと修復してもらったほうがいいですよね。

Otaru_dsc05950
※2011年4月13日撮影

【関連記事】
「旧日本郵船(株)小樽支店」については、こんな記事を書いてます。
※臨時休館についての記事はこちら。
ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理調査工事による臨時休館が1年延長
※建物についての記事はこちら。
旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》
旧日本郵船(株)小樽支店《1階》
旧日本郵船(株)小樽支店《2階》
旧日本郵船(株)小樽支店《瓦葺附属舎》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

隣り合う小樽市指定歴史的建造物の「旧荒田商会」と「旧高橋倉庫」

Otaru_dsc09767

運河近くの臨港線沿いには歴史的建造物がたくさん建っているのですが、今回はこちらの2つの並んだ建物についてです。

こちらが「旧荒田商会」と、
Otaru_20141112151550

奥の倉庫が「旧高橋倉庫」です。
Otaru_20141112151448

どちらも小樽市指定歴史的建造物で、場所は臨港線沿いの浅草橋側からすぐのところです。

旧荒田商会が通り沿いにあり、その背後に旧高橋倉庫が建ってます。

Otaru_20141112151441

旧荒田商会

手前のちょっとモダンな建物が、昭和10年 (1935年 )建築の木造2階建の「旧荒田商会」。

Otaru_20141112151839t

小樽市のHP内から、建物の概要について引用させていただくと、

この建物は、荒田商会の本店事務所として建築されました。
現在は店舗に再利用されていますが、内壁の漆喰や、照明器具、窓枠は創建時の形態を伝えています。
石造倉庫が軒を連ねていた小樽運河沿いに建ち、背面の旧高橋倉庫や左隣りの旧通信電設浜ビルなどと中庭でむすび、歴史的景観のまとまりを創っています。
小樽市 : 旧荒田商会

旧高橋倉庫

旧荒田商会の背後の倉庫が、大正12年(1923年)建築の木骨石造2階建の「旧高橋倉庫」。

Otaru_20141112151532

こちらも小樽市のHP内から、建物の概要について引用させていただくと、

この建物は、大豆を収める倉庫として建てられました。
平成元年に改修され、店舗として再生しています。
前面は運河に面し、背面は出抜小路に接して建ち、周辺の歴史的景観を形成している建物のひとつです。
小屋組は梁を二重に架け2本の束を陸梁の中央付近で左右対称に立てるクイーンポストトラス(対束小屋組)と呼ばれる洋風の構造です。
小樽市 : 旧高橋倉庫

この歴史的建造物は現在未使用

Otaru_dsc05243r

ここの建物の使用状況の変遷まではちょっと分からないのですが、ここは最近まで、石原プロによるエンターテインメント施設「おもしろ撮影館」として活用されていたんですよね。

Otaru_dsc05238r

ただ、2012年(平成24年)4月にオープンしたその「おもしろ撮影館」は、今年(平成26年)の9月30日をもって閉館してしまいました。
石原プロによるエンターテインメント施設「おもしろ撮影館」が閉館してました

なので、この記事を書いている2014年11月22日現在、これらの建物は未使用なんです。

過去には、倉庫を観光用に再利用した先駆けとして、グラスショップとして利用されていたり、その後、オルゴール海鳴楼が使用したりもしていたそうですが、なかなか根付かないんですね。
(参考:小樽ジャーナル

実は、前の施設「おもしろ撮影館」も含めて、2つの建物内には入ったことがないんですよね。
これまでの店舗の営業中に、中を見ておくんでした。

早くに、どこか活用先が見つかるといいですね。

Otaru_dsc09766
(隣も歴史的建造物の旧通信電設浜ビル )


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 9日 (水)

旧北海雑穀株式会社(現 彩や)

観光客で賑わう堺町通りに建つ、歴史的建造物についてここ数回にわたって紹介しています。

今回は、小樽市指定歴史的建造物ではないのですが、こちらの古い木骨石造の建物。

「旧北海雑穀株式会社

注) 平成29年度に小樽市指定歴史的建造物に指定されました(2017年5月18日追記)。

Otaru_20140402151520

堺町通りを色内大通り側から於古発川(おこばちがわ)を渡って入ってくると、通りの左手に「旧百十三銀行小樽支店」「旧金子元三郎商店」「旧岩永時計店」「旧第百十三国立銀行小樽支店」、そしてこの「旧北海雑穀株式会社」といった歴史的建造物が建っているんですよね。

ちなみに、この「旧北海雑穀株式会社」以外は、小樽市指定歴史的建造物に指定されてます。

Otaru_20140402151505

この建物は、明治40年(1907年)建築ということで、「旧金子元三郎商店」「旧岩永時計店」と同じような佇まいの木骨石造で2階建です。

Otaru_20140402150433

建物の前に建物概要の案内板が設置してあるので、その内容を書き起こしますと、

北海雑穀株式会社は資本金20万円を以って明治40年7月10日設立して諸雑穀委託販売を商いとしてはじめました。
建物規模は正面5間、奥行4間で、屋根は瓦、外壁は軟石、窓に飾り鉄扉、両袖に卯立を立て、和風意匠としては木柱、漆喰壁、2階天井は棹縁杉天井で床の間を設けている。洋風意匠として2階上げ下げ窓と飾りカーテンボックス、階段の手摺などがあり、意匠の混在が見うけられます。
明治の風格と趣が残る建物です。

Otaru_20140402151534
※クリックすると拡大します。

とのことで、2002年から2003年にかけて建築復元工事が行われたようです。

Otaru_20140402150417

Otaru_20140402150331

両側にうだつがありますね。

Otaru_20140402151601

この頃の建物は、窓にも特徴があって、目を引きますよね。

Otaru_20140402151541

現在は、「小樽 硝子の灯・彩(いろどり)や」という、とんぼ玉制作体験が人気の、ADVANCE倶楽部が運営している店舗が入ってます。

Otaru_20140402151547

ADVANCE倶楽部の店舗の記事はこちら、
旧川田商店(小樽アドバンス倶楽部)
旧梅屋商店(小樽硝子屋本舗〜和蔵〜)

※小樽ADVANCE倶楽部のサイトはこちらです。
小樽ADVANCE倶楽部 | トップページ

【関連記事】ここ数回、堺町通り関連について書いてます。
堺町通り商店街に観光案内所がオープン
小樽堺町通り商店街を案内する「小樽堺町通り商店街 楽しみマップ」が便利かも
「堺町通り」はいつも観光客で賑わってます
旧金子元三郎商店 (現 おたる瑠璃工房 運河店)
旧岩永時計店(現 小樽オルゴール堂 堺町店)
旧第百十三国立銀行小樽支店(現 海鳴楼本店)


《追記 2017.5.18》 
旧北海雑穀株式会社(現 小樽硝子の灯・彩や)は、平成29年(2017年)4月25日付で小樽市指定歴史的建造物に指定されました。
旧北海雑穀株式会社(現 小樽硝子の灯・彩や)が新たに小樽市指定歴史的建造物に【平成29年度】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 8日 (土)

ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理調査工事による臨時休館が1年延長

国指定重要文化財でもある「旧日本郵船(株)小樽支店」が、老朽化に伴う保存修理調査工事(事前調査)のため、昨年より臨時休館しています。

昨年、2013年9月1日から始まったこの事前調査は、2014年3月31日までの予定だったのですが、1年間延長して、2015年3月31日までになってしまいました。

2014年3月7日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

Otaru_dsc05911
※2011年4月13日撮影

この旧日本郵船(株)小樽支店は、1904年(明治37年)着工、1906年(同39年)10月に落成した、小樽でも有名な歴史的建造物ですね。

場所は北運河方面にあって、建物のその重厚で堂々とした佇まいは本当に威厳と趣があって、建物内も見学できるので、観光スポットとしてもなかなか人気なんですよね。

一時は小樽市博物館としても利用されていたので、そっちで小樽市民にも馴染みが深いかもしれません。

Otaru_dsc05950
※2011年4月13日撮影

新聞記事によると、予想より老朽化が進んでいて、調査も長引いているとのことで、休館期間の延長は観光客の方々にはとても残念なのですが、今後のためにも傷んでいるところはちゃんと直してもらいたいですから、ここはしっかりと調査してもらいたいですね。

ただ、保存修理調査工事(事前調査)が終わると、いったん開館するのですが、その後に本格的な補修工事がやっと始まるので、2017年春をめどに再び休館する予定だそうです。

小樽市のHPにもお知らせがありました。

重要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店は、保存修理調査工事のため以下の期間臨時休館いたします。
この期間は館内の見学ができませんのでご了解ください。
 
休館期間:平成 25年9月1日から平成27年3月31日まで
小樽市 : 旧日本郵船株式会社小樽支店は臨時休館中です

【関連記事】
ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店が臨時休館

旧日本郵船(株)小樽支店についてはこんな記事も書いてます。
旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》
旧日本郵船(株)小樽支店《1階》
旧日本郵船(株)小樽支店《2階》
旧日本郵船(株)小樽支店《瓦葺附属舎》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 3日 (火)

ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店が臨時休館

国指定重要文化財でもある「旧日本郵船(株)小樽支店」が、老朽化に伴う保存修理調査工事のため臨時休館しています。

期間は2013年9月1日から2014年2015年3月31日までの予定。

つまり、一般公開が中止になるということで、この期間は館内の見学ができなくなるんですよね。

さらに、調査が長引く可能性もあるそうです。
(1年延長になりました。2014.3.8追記)

Otaru_dsc01581
※2011年11月3日撮影

Otaru_dsc01529

※小樽のHPに出ているお知らせはこちら。
→「小樽市 : 9月1日(日)から旧日本郵船株式会社小樽支店臨時休館

北運河の端にある運河公園を正面に、堂々とした威厳のある姿を見せてくれている「旧日本郵船(株)小樽支店」は、小樽でもとても有名な歴史的建造物なので、観光で立ち寄る方も多く、休館はちょっと残念ですが、ここでしっかりと悪いところを調べて修理をしてもらうのがいいですよね。

Otaru_dsc01583

小樽市のFacebookページでのやりとり等をみていると、今回の調査工事では外観は見える状態のようです。

ただ、今回の調査のあとには、実際の保存修理が行われるということですよね。


Otaru_dsc05913
※2011年4月13日撮影

ここで「旧日本郵船(株)小樽支店」について、ちょっと補足を。

1904年(明治37年)着工、1906年(同39年)10月に落成した近世ヨーロッパ復興様式の石造2階建建築とのことで、1969年(昭和44年)に国の重要文化財に指定されています。

1984年(昭和59年)から約3年間かけて全面的な修復工事を行ってるんですよね。工事はそれ以来という事ですね。

一時は小樽市博物館として再利用されていたんですよね。

さらに詳しくは小樽市のHPに掲載されていますので、参考まで。
→「小樽市 : 重要文化財旧日本郵船(株)小樽支店


《追記 2014.3.8》
旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理調査工事による臨時休館は、予想より老朽化が進んでいたため1年間延長して、平成2015年3月31日までになってしまいました。
→「ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理調査工事による臨時休館が1年延長


【関連記事】こんな記事も書いてます。
旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》
旧日本郵船(株)小樽支店《1階》
旧日本郵船(株)小樽支店《2階》
旧日本郵船(株)小樽支店《瓦葺附属舎》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

旧日本郵船(株)小樽支店《瓦葺附属舎》

さてさて、雪の話題とかで、ちょっと間が開いてしまったのですが、先日紹介しましたこの建物について、ちょっと補足をしたいと思います。

国指定重要文化財の
「旧日本郵船(株)小樽支店」についてです。

これまで、《建物等の基本情報》《1階》《2階》と一通り紹介しましたが、今回はその1階の建物の右奥の、渡り廊下でつながる部分です。

Blogdsc01571

2階への階段があるところですが、1階はこの先に渡り廊下があるんです。

Blogdsc01559

この渡り廊下は何だか、昔懐かしい感じがしますね。

そこに連なる建物は、瓦葺附属舎と呼んでいるようです。

奥に進むと、右側から宿直室、炊事室(水飲場)、球戯室(休憩室)、トイレなどが配置されています。

炊事室(水飲場)
Blogdsc01560

球戯室(休憩室)では、この時は「小樽港と船舶写真」というミニ写真展がやってましたよ。

Blogdsc01564

そして各室前の廊下はこんな感じです。

Blogdsc01563

廊下も何だか素朴で、昔の学校みたいですね。

これまでの格式高い雰囲気の、石造の1階部分とは、随分と趣が違います。

その石造の建物との間に中庭というか、空間ができているのですが、この瓦葺附属舎側から、石造側の建物の内側を見ることが出来ます。

Blogdsc01567

瓦葺附属舎との繋ぎ部分ですね。

Blogdsc01565

渡り廊下です。

Blogdsc01568

北面の門から貴賓用横玄関につづく通りを、逆から見たところですね。

Blogdsc01562

この瓦葺附属舎は当時の従業員用の建物部分ということですかね。
ここは、ここで、なかなか興味深いですね。

ということで、飛び飛びになってしまいましたが、これで、今回の一連の「旧日本郵船(株)小樽支店」についての紹介は、おしまいです。

Blogdsc01581r

関連記事はこちら。
旧日本郵船(株)小樽支店《建物等の基本情報》
旧日本郵船(株)小樽支店《1階》
旧日本郵船(株)小樽支店《2階》


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

クリックするとランキングに反映されます。
ポチッと応援よろしくお願いします m(_ _)m

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌