小樽の通り

2022年9月 8日 (木)

若竹公園から桜町中学校前の道は若竹町と桜町との町境で尾根になっている

Otaru_20220720-151935

ちょっと前の7月のことなのですが、少し若竹町方面を歩いてきました。

若竹町は坂にある街で、結構、通りも入り組んでいて、歩いていてとても面白い地域なんですよね。

この時の若竹町めぐりは、旧若竹小学校前の坂道を通って、若竹公園まで上って行ったのですが、公園の近くには小樽市立桜町中学校があります。

若竹公園から桜町中学校の前を通る道は、ちょうど若竹町と桜町との町境になっているんですね。ちなみに、桜町中学校の住所は桜1丁目になります。

さらに、今回は若竹町方面から上ってきたのですが、桜町側に入ると、町境からその先は低地(下り)になるんですよね。

桜町も坂の街ですが、この若竹町と桜町の町境が峠というか、尾根になっていて、この尾根は銀鱗荘のある平磯岬の高台へと続くんですね。

では、若竹公園から桜町中学校の前を通る、町境となる道の様子です。

(若竹公園)
Otaru_20220720-151432_20220908234101

(若竹公園から桜町中学校への道)
Otaru_20220720-151901

(振り返って若竹公園側を見たところ)
Otaru_20220720-151906

(桜町中学校前に向かいます)
Otaru_20220720-151935

Otaru_20220720-151953

Otaru_20220720-152013

Otaru_20220720-152040

(桜町中学校)
Otaru_20220720-152054

(桜町中学校を越えました)
Otaru_20220720-152136

(振り返って見たところ)
Otaru_20220720-152148

とうことで、町境と尾根となっている、若竹公園から桜町中学校の前を通る道を歩いてきたのですが、桜町中学校の先をもう少し進むと、少し大きめの道路に出ます。

Otaru_20220720-152230

その道路は坂道になっていて、左が桜町側で長い下り、右が若竹町側で、こちらはすぐに坂の上になり、その先は下りなので、やなりここがほぼ峠の位置になるんですね。

(左が桜町側の下り坂)
Otaru_20220720-152248

(右手はすぐに峠)
Otaru_20220720-152245

(右手の峠の先は下り坂)
Otaru_20220720-152331

(桜町中学校からきて、そのまま正面の道も気になります)
Otaru_20220720-152249

実は今回は、出た坂道を桜町側の左に下っていったんです(右手の坂道はまたいつか歩いてきたいですね)。

で、下っていくとこの坂道はその先で桜ロータリーに出るんですが、その様子はまた後日ということで。

【関連記事】
若竹町の坂を上っていった先にある「若竹公園」〜ここは児童公園No.1
旧若竹小学校前の勾配17%の坂道を上る

| | コメント (2)

2022年1月29日 (土)

塩谷街道を歩く〜旧色内小学校下を通って長橋・幸、そしてオタモイまで

Otaru_20210917-151207

小樽では、珍しく街道名で呼ばれる「塩谷街道」。

塩谷街道といえば、市中心部から長橋方面に向かう、高台の途中を走る道路で、長橋から先は長橋大通り(旧国道)と並行してオタモイまで続く、市民にはお馴染みの道路ですよね。

ただ、たぶん車で利用することが多い道路で、なかなか歩く機会はないと思います。

実は、小樽の街歩きで連載を持たせてもらっている、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」(編集発行:株式会社K2)の2021年10月号(Vol.71)で、「塩谷街道を歩く」という記事を書かせてもらったんです。

つまり、その際に塩谷街道を歩いてきたということなんですが、まだ、塩谷街道については、このブログではきちんと書いてなかったので、ここで改めて街道全体について書き留めておこうと思います。

※とても長い記事になっているので、トップページでは《続きを読む》という形にしてます。

続きを読む "塩谷街道を歩く〜旧色内小学校下を通って長橋・幸、そしてオタモイまで"

| | コメント (3)

2022年1月17日 (月)

未完の道路!?市道「聖ヶ丘線」〜入船の聖ヶ丘を南北にまたぐ通行できない区間のある市道

Otaru_20211202-144941r_20220117144001

入船4丁目に一帯が「聖ヶ丘」(ひじりがおか)と呼ばれる高台(丘)があります。

最近時々話題にしている、小樽の丘のつく地名についてなんですが、先日はその「聖ヶ丘」について投稿しました。
※聖ヶ丘についてはこちらの記事:聖ヶ丘〜入船4丁目のFMおたるの建物のある高台(丘)一帯【小樽の丘のつく地名】

で、一般にはあまり聞き慣れない、この「聖ヶ丘」という地名ですが、その名前がついた「聖ヶ丘線」という市道もあるんですよね。

その聖ヶ丘線について、ちょっと興味深いのが、この市道、未完の道路とのことなんです。

ということで、今回は、その市道・聖ヶ丘線について、書き留めておこうと思います。

市道・聖ヶ丘線について

聖ヶ丘の場所は、小樽看護専門学校とFMおたるが入っている旧小樽短期大学(旧小樽女子短期大学)の建物なんかのある、入船4丁目の高台(丘)一帯です。

市道・聖ヶ丘線について知ったのは、聖ヶ丘について何か情報がないかと市立小樽図書館で調べていた際に目にした、「小樽みち案内」(小樽建設事業協会青年部)という冊子ででした。

そこで、未完の「みち」として紹介されていたのが、聖ヶ丘を南北にまたぐ「聖ヶ丘線」なんですね。

その道路は、入船のバス通り(市道・入船南線)と小樽公園の南側の道路(市道・公園南線)を結ぶ道路、のはずだったのですが、実際に行ってみると分かるのですが、つながっていないんです。

市道ということで、それならばと小樽市建設部用地管理課にも確認させていただいたところ、市道・聖ヶ丘線は確かにあるものの、やはり通行ができない区間もある状況とのことなんですね。

その際にいただいた情報をもとに作成したマップがこちらです(Googleマップにて)。グレーのラインが通行できない区間です。

途切れ途切れで通行できない区間もあるということで、先ほどの冊子でいう、未完の道路ということなんですね。

市道・聖ヶ丘線を歩いてみる

では、上のマップを参考に、実際の市道・聖ヶ丘線の様子です(写真は2021年、2022年撮影のものが混在しているのでご了承を)。

まず、入船のバス通り(市道・入船南線)から聖ヶ丘線に入ります。場所的には、入船のバス通り沿いの聖教寺の下から入っていく道です。

(入船のバス通りの聖教寺の下から矢印の道に入っていく)
Otaru_20210826-112121r

(市道・聖ヶ丘線)
Otaru_20210826-112058

通りに入ると、すぐに坂道になっています。聖ヶ丘の正確な範囲は分かりませんが、すでに聖ヶ丘を上っているということでしょうか。

Otaru_20210826-112144

坂道はまっすぐでとても雰囲気があり、途中に石垣も見られます。ここはまだちゃんとした車道です。

Otaru_20210826-112214

Otaru_20210826-112304

(振り返って見たところ)
Otaru_20210826-112259

Otaru_20210826-112354

坂を上り切ると分かれ道になっていて、そこに小樽看護専門学校の標柱が建っています。

Otaru_20210826-112424

ここを右にぐるっと曲がっていくと、FMおたるも入っている小樽看護専門学校の建物に着きます。

Otaru_20210826-112624

この分かれ道の標柱の右の道を、小樽看護専門学校方面の道に曲がらず、そのままもうちょっと先に行くと、またすぐにまっすぐと右への道に分かれています。

Otaru_20210826-112638

余談ですが、ここには碑が建っていて、これはかつてこの高台の下にあった小樽聾学校(2014年3月閉校)の記念碑なんですね(→入船町の高台に建つ小樽聾学校の記念碑「私立小樽盲啞学校発祥ノ地」)。

Otaru_20210826-112649

さて、先ほどのまっすぐの道の方は舗装がされていないのですが…

Otaru_20210826-112657

なんと、こちらのまっすぐの道が市道・聖ヶ丘線になるんですね。

Otaru_20210826-112802

舗装されてない道を先に進んでいくと、道は左に曲がっていて、聖ヶ丘線が続くはずのまっすぐ先にはコーンが置かれて行き止まりのようになっていて、通行できないようです(無理には進みませんでした)。

Otaru_20210826-112845

つまり、ここで聖ヶ丘線は途切れることになるんですね。

ふと、右後方を見ると、この辺りが高台になっているのがよく分かりますが、ここが聖ヶ丘ということですね。

Otaru_20210826-112851

(今きた道を振り返って見たところ)
Otaru_20210826-112929

さて、通行できなかったここから先ですが、ここを無理に進んでも、そもそもその先は崖になっているんです。

ということで、一旦ここを離れて、ぐるっと迂回して、その先の続くはずの道路に向かいます。

地図を見ると分かるのですが、聖ヶ丘線はその先で入船公園南側入口前を天上寺に向かって下っていく道路(市道・園柳線)と交差するんですよね。

(入船公園南側入口前を天上寺に向かって下っていく道路)
Otaru_20210826-114100

で、その入船公園前の道路を下っていき、だいたいこのあたりでしょうか、この崖の上が、先ほどのコーンが置かれて通行できなかった道の先になるんですよね。

Otaru_20210826-113904

途切れた聖ヶ丘線は、地図上では、ここで入船公園前の天上寺に下る道路と交差してるんですよね。

Otaru_20210826-113642

実際に交差する道はありませんが、地図上でこの道路と交差して、その先はというと、う〜ん、ここかな…

Otaru_20210826-113541

って、ここから入っていく道もなにもないんですよね。聖ヶ丘線は完全に途切れてしまいました…

では、地図を見て、またここから離れて、迂回してその先に行ってみます。小樽公園の南側の道路(市道・公園南線)です。

市道・公園南線から、聖ヶ丘線に入る道にきました。ここが聖ヶ丘線の反対側の端っこになります。

(すいません、いきなり写真の季節が冬になります)
Otaru_20220115-150156

ここは、ゆうちょ銀行小樽貯金事務センターの脇の道路になりますが、まっすぐな下りになっていますね。

ここを下っていくと、その先は谷(沢!?)になっていて、やっぱり行き止まりです。

Otaru_20220115-150314

なるほど、本来であれば、ここと先ほどまでの道が繋がるはずなんですね。

(こちらは雪のない季節、2021年5月の撮影)
Otaru_20210512-162135

おわりに

いや〜、なかなか興味深いですね、市道・聖ヶ丘線。

確かに、入船のバス通り側から小樽公園側にくるには、かなりぐるっと迂回するしかないですが、この道が完成することはあるのでしょうかね。通すのは結構大変そうです。

ということで、今回は未完の道路、市道・聖ヶ丘線についてでした。

※参照:「小樽みち案内」(小樽建設事業協会青年部 2005.4/三ツ江 匡弘 小樽建設事業協会青年部/著・監修)
Otaru_20210602-141902

(最後にもう一度マップを掲載しますね)

※市道範囲詳細については、小樽市建設部用地管理課にて教えていただきました。この場を借りてお礼させていただきます。

【関連記事】
聖ヶ丘〜入船4丁目のFMおたるの建物のある高台(丘)一帯【小樽の丘のつく地名】

※「丘」についてはこんな記事を書いてます:【雑記】前から「丘」がつく地名が気になってるんです
※丘についての記事は、カテゴリー「小樽の丘のつく地名」にまとめています。

| | コメント (2)

2021年12月28日 (火)

2021年に創立100周年を迎えた小樽都通り商店街の歴史について

Otaru_20211224-152152

今年(2021年)、小樽市民には買い物でお馴染みのアーケードの都通り商店街創立100周年だったんですよね。もちろん、創立100周年記念として色々とイベントも開催されました。

せっかくなので、この機会にこのブログでも、都通りの歴史について書き留めておこうと思います。

都通りといえば、全長約300mのアーケードのある、小樽の中心部の商店街で、小樽市民が口にする“街に出る”といえば、主にこの辺りのことを指しているのではないでしょうか。

小樽都通り商店街の歴史

Otaru_20211211-124957

明治28年(1895年)に、今の都通り商店街にあたる通りに電灯が初めて点ったそうです。
※通りに映画館の「電気館」(大正3年開業)ができ、通りは「電気館通り」と呼ばれるようになります。

大正10年(1921年)稲穂電気館通り町内会(稲電会)創立。ここから100年ということですね。

昭和6年(1931年)懸賞金付き公募にて通りの名前が「都通り」となります。

昭和39年(1964年)都通り商店街振興組合が発足。

昭和41年(1966年)札幌の狸小路に次いで、道内2番目の古さとなるアーケードが完成します。

平成5年(1993年)アーケード・リニューアル

平成14年(2002年)新アーケード・オープン


昭和の賑わいを経て、最盛期には80以上の店舗が軒を連ねたそうですが、現在は空き店舗も目立ち、やや寂しい印象は拭えません。とはいえ、今もなお、小樽の中心街であることは間違いないですよね。

※参照
・小冊子「歴史の街 小樽 都通り百年物語」
・小冊子「小樽中心商店街の歴史逸話
・2021年1月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・梁川商店街振興組合公式ガイドブック

小樽都通り商店街と榎本武揚

都通りを歩いていて目にするのが、垂れ幕にもなっている「榎本武揚」の名前です。

Otaru_20211224-152216

榎本武揚は、まだ未開の地だった今の稲穂と富岡地区一帯を購入し、北辰社という会社を設立して市街地開発を進めていったそうです(都通りの先の梁川通りは、榎本武揚の雅号の梁川(りょうせん)に由来してます)。

そのこともあって、都通りではゆかりの地として、2002年の新アーケード完成以来、榎本武揚をシンボルとして商店街の活性化を進めているとのことです。

※参考
・2021年1月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
【月刊小樽自身2021年12月号】 クローズアップ地域 都通り商店街 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

※関連記事:小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん

小樽都通り商店街創立100周年記念ロゴマーク

チラシや垂れ幕などで目にする、こちらは小樽都通り商店街創立100周年の記念のロゴマークです。

Otaru_20210720-211050

ツイッターと店舗での投票を経て、夏に決まって、あちこちで使用されていますね。

Otaru_20210831-162341

※その時の 商店街のツイートがこちら。


おわりに

冬のこの時期、都通りはアーケードなのに、あちこちから雪が吹き込んで、道路が真っ白になるんですよね。けど、これもまた愛すべき地元の商店街です。

Otaru_20211218-091737

Otaru_20211224-152546

ということで、今年(2021年)創立100周年を迎えた小樽都通り商店街の、その歴史について書き止めてみました。

今回は、個別のお店については書いてませんが、老舗のお店からアニメやサンドイッチの専門店などなど、楽しそうで面白そうで美味しそうなお店がたくさんあります。

改めて、アーケード内をゆっくりと歩いてみるのもいいかもしれませんね。

小樽都通り商店街HP 【公式】
※Twitter:小樽都通り商店街(@miyakodori2138)
※Instagram:小樽都通り商店街(@miyakodori2138)
小樽都通りチャンネル - YouTube

【関連記事】
※最近の都通り関連の記事
堺町通りのお店が都通り商店街の会場に大集合!!(11月12日~14日の3日間の開催)
都通り商店街でハロウィンイベント「Go Go ハロウィン 2021」開催中!!(10月31日まで)
小樽都通り商店街創立100周年記念「新春みやこ市」が開催中(1月6日まで)
※都通り自体に関する過去の記事
改めて、都通りを
都通りで顔を上げて建物の2階を見上げてみたら色んな窓が並んでた

| | コメント (2)

2021年12月 1日 (水)

小樽市ホームページ掲載の街路樹マップについて

Otaru_20211126-140730

小樽の並木(街路樹)について、ちょっと調べる機会があったのですが、小樽市のHP内に「街路樹マップについて」といページがあったので、ここでも紹介しますね。

そこには、市内の主要な街路樹(市道)が植栽されている位置図(PDF)へのリンクが掲載されています。
「街路樹マップ1」(幸・長橋・手宮・中心市街地)[PDF:763KB]
「街路樹マップ2」(桜・望洋台・新光・桂岡・銭函)[PDF:617KB]

小樽市の街路樹マップですので、主な市道の街路樹マップで、国道や道道については掲載されてません。

マップには、市道名と、そこに植えられている街路樹の樹種が、分かりやすく色分けして記載されています。

例えば、紅葉の時期に目に止まるイチョウ並木は、ブログにも掲載した長橋旧国道線(長橋大通り)、公園通線(花園公園通り)、住吉線(住吉神社前から小樽市立病院前の道路)の3箇所が掲載されています。

長橋旧国道線(長橋大通り)
Otaru_r20211025-160026

公園通線(花園公園通り)
Otaru_r20211108-142750

住吉線(住吉神社前から小樽市立病院前の道路)
Otaru_r20211030-145927

また、実は読者さんから質問があったのですが、中央通り(市道・中央通線)の街路樹はメタセコイアという樹種が植えられています。

中央通り(市道・中央通線/冒頭の写真も中央通り)
Otaru_20211120-150934

ちなみに、主要な街路樹の植栽本数としては、ナナカマドが一番多いとのことです。

樹木の名称については、分からないことが多いのですが、例えば紅葉の時期などで、ブログに街路樹の紅葉を掲載する際にきちんと樹種を明記できるので、助かります。

ということで、小樽市HP内に「街路樹マップについて」というページがあったので、紹介してみました。街路樹のある並木道は、四季折々の景観を楽しませてくれるので、いいですよね。

小樽市公式ホームページ|自然と人が紡ぐ笑顔あふれるまち | 小樽市
街路樹マップについて | 小樽市

【関連記事】
長橋大通り(旧国道)のイチョウ並木と上砂留踏切周辺の紅葉(10月25日の様子)【小樽の紅葉2021】
花園公園通りのイチョウ並木の黄葉(11月8日の様子)【小樽の紅葉2021】
住吉神社前から小樽市立病院前の通り(市道住吉線)のイチョウ並木の黄葉(10月30日の様子)【小樽の紅葉2021】

| | コメント (0)

2020年11月23日 (月)

梅ヶ枝町のバス通りと並行する高台の眺めの良い道を歩く

Otaru_20201020-145426

10月に梅ヶ枝町方面に行ってきたのですが、その際、梅ヶ枝町のバス通りと並行する、高台の眺めの良い道を歩いてきました。

その日は梅ヶ枝町のギャラリー・あとりゑ・クレールに行ったのですが、そのあとりゑ・クレールは、バス通りから少し入った高台にあって、そこからバス通りと並行するように、高台を通る道があるんですよね(あとで地図を掲載しますね)。

ちなみに、この通りを歩いていくと、その先で豊川町に入り、旧手宮市場前の市道「手宮仲通線」に出ることができます。

って、実は以前、梅ヶ枝町のバス通り(梅ヶ枝通りや祝津山手線と呼ばれてますね。市道名は「手宮川通線」)の途中にある野藤坂の記事を書いたときに、この道を歩くと、手宮仲通に出ることができ、眺めもいいと教えていただき、機会を見つけて歩こうと思っていたんです。

では、さっそくあとりゑ・クレール前をスタート地点にして、その高台の通りを歩いていこうと思います。

(あっ、ちなみに、こちらがあとりゑ・クレールのある高台)
Otaru_20201020-144049

(ここからの眺めもいいんですよね)
Otaru_20201020-144958

梅ヶ枝町のバス通りと並行する高台の道を歩く

最初に、今回歩いた地図を掲載しますね。実際に歩いたのは手宮仲通線の手前までです。


歩きだしてすぐは、近隣の方々の通り道のような、細い坂道でした。

Otaru_20201020-145125

Otaru_20201020-145214

で、眺めはすでにいいです。

Otaru_20201020-145219

上ると住宅があって、道路は高台の際(というか崖の上!?)を通っていました。

Otaru_20201020-145236

Otaru_20201020-145305

そして、ここから高台の道がしばらく続くのですが、本当に眺めがいいですね。

Otaru_20201020-145307

(パノラマで撮ってみました)
Otaru_20201020-145321

あっ、小樽港も見えてきましたよ。
Otaru_20201020-145426

このような感じの道を進みます。
Otaru_20201020-145406

ここまでの道を振り返ってみたところ。
Otaru_20201020-145455

この先で道が舗装道路になり、少し下りになって(その先はすぐに上り)、そこから左に下りていく坂道があります。

Otaru_20201020-145636

(左に下る坂道があります)
Otaru_20201020-145720

ここが野藤坂で、下ったところで梅ヶ枝町のバス通りに出ることができます。Otaru_20201020-145811

そうそう、今回の道を高台の道といっていますが、この道を歩いていると、山側となる右手には、さらにこんな階段があったりして、もっと上にも住宅が続いているんですね。

Otaru_20201020-145715

なんとも気になる階段で、上ってみたくなるのですが、この日は時間もなく断念。機会を見つけて、是非、上ってみたい階段でした。

(こんな階段も)

Otaru_20201020-145936

さて、高台の道を進みます。

Otaru_20201020-150003

眺めは変わらずいいです。

Otaru_20201020-150006

Otaru_20201020-150110

振り返ってみたところ。
Otaru_20201020-150054

手宮のバスターミナルからのバス通り(常盤通り)が見えます。
Otaru_20201020-150159

さて、ここで通りが右に大きく曲がっていて、眺めを楽しみながら歩いていきた、高台の道は終了となりました。

Otaru_20201020-150242

このあたりはすでに梅ヶ枝町から豊川町に入っています。

曲がって出たところは、いくつかの道が集まったところになっていました。

Otaru_20201020-150334

Otaru_20201020-150410

(地図で見るとここです)

で、ここからの下り坂を下っていくと、旧手宮市場前の市道「手宮仲通線」に出るんですね(実は、この日はここから手宮仲通線に出ずに、別の道を歩きました)。

(下った先に手宮仲通線)
Otaru_20201020-150420


ということで、今回は梅ヶ枝町のバス通りと並行する、高台の眺めの良い道の様子でした。

今回の道は、初めて歩いたのですが、小樽にはまだまだ、色々と眺めのいい場所、通りがありますね。

【関連記事】
野藤坂(のとざか)〜梅ヶ枝町のバス通り(祝津山手線)から上る急で短い坂道
梅ヶ枝のバス通りを赤岩方面に向かうと現れる巨大な擁壁
梅ヶ枝町のバス通り沿いの梅広会館と宮尾直治翁像
梅ヶ枝町のギャラリー・あとりゑ・クレールは「おたるBook Art Week 2020」に参加しています(10月25日まで)

| | コメント (4)

2020年9月 6日 (日)

幸町の花や木々が綺麗に整備された「りんご通り」

 

Otaru_20200720-145217

幸町の中央バス「おたもい線」のバス通りを幸小学校側から下っていくと、その先で、通りを横切るように、花や木々が綺麗に整備された通りがあります。

ここは「りんご通り」と呼ばれている通りですね。

※写真は2020年7月20日撮影

りんご通りの様子

幸小学校からのバス通りも下ってくるのですが、りんご通りも左から右に向かって下り坂になっています。

(バス通りを振り返って見たところ)
Otaru_20200720-144935_20200906023701

(りんご通り)
Otaru_20200720-145023_20200906023701

幸町のこの辺りは、位置的には左方向は赤岩山で、その南側山麓に位置する町、ということになるんですよね。

りんご通りの山側に少し上って振り返ると、りんご通りを綺麗に眺めることができました。

Otaru_20200720-145217

まっすぐ続く下っていく通りは、途中から上りになっていて、その先で左に曲がっていますね。

ちなみに、バス通りは市道「幸大通線」になるのですが、りんご通りも市道で、バス通りから下っていく道路が幸大通東線で、上ってくる道路が幸本通西線という市道名になります。

りんご通りを下っていきます。

Otaru_20200720-145407

(下りの途中から振り返って見たところ)
Otaru_20200720-145519

先ほどの上りに転じる谷の部分には、どうやら小さな川が流れているようですね(後で調べたら、幸町内を流れている三ツ目川という川とのことです)。

Otaru_20200720-145548

Otaru_20200720-145648

Otaru_20200720-145710

(振り返って見たところ)
Otaru_20200720-145759

今度は上りになった通りを進みます。

Otaru_20200720-152042

(上りきったところから振り返って見たところ)
Otaru_20200720-152056

上ったあたりから通りは左に曲がり、平坦になり。りんご通りの正式な範囲は分からないのですが、花や木々が植えられた中央分離帯がもう少し続いて、その先で終わっています(地図を最後に掲載しています)。

Otaru_20200720-152105

Otaru_20200720-152231

りんご通りについて

さて、このりんご通りという名称ですが、実際に歩いてきて、りんごと思われる木があるんですよね。

Otaru_20200720-152255

この通りで植樹が始まったのが昭和63年のことで、以後、5年間に計300本ほどが植えられたそうですが、その中で、かつてこの一帯で果樹栽培が盛んであったことにちなんで、リンゴの木も植えられたそうです。

それで、ここが「りんご通り」と名付けられたそうです。

平成2年からは通りの木に成ったリンゴを味わう、収穫祭となる“りんご祭り”も始まったそうですが、場所的なこともあって食用のリンゴが獲れたのは最初の5年ほどだったそうです。

Otaru_20200720-152342

その後、りんご祭りは名前はそのままに趣旨を変え、、場所も幸中央公園に移して、現在も地域のお祭りとしては異例ともいえる、大掛かりなお祭りとして開催されています(ん?そういえば、やはり今年は開催されなかったのかな?私はまだ行ったことがないので、行ってみたいんです)。

※参考
・北海道新聞朝刊折り込み紙〈新ねっとわーく小樽〉No.39(2017年10月)「幸」
・オタモイ・幸地区の昔を中心とした郷土誌(小樽市立幸小学校1982/小樽市立幸小学校PTA文化部編)

おわりに

ということで、幸町の花や木々が綺麗に整備された「りんご通り」の様子と、そのいわれについてでした。

幸町が住宅地として開発されたのは、昭和40年代後半からという、住宅街としては比較的新しい地区ですが、やっぱりその歴史は興味深いですね。

※市道及び川の名称については、小樽市建設部用地管理課にて確認させていただきました。いつもどうもありがとうございます。この場を借りてお礼させていただきます(参考:小樽市 :市道に関することについて)。

※今回歩いたりんご通りは、地図の幸中央公園の左手にある、中央分離帯のある道路です。


【関連記事】
幸小学校前を通って幸会館までのバス通り沿いの様子

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

船浜町の線路に並行して続く道路を行き止まりまで歩いてみた

Blog20200724-153957

平磯岬から西の海岸の東小樽海水浴場(船浜町)は、すぐ後ろを海岸に沿って線路が走っています。

線路を挟んで海岸と反対側は、船浜町の住宅地となっているのですが、その住宅地側に線路に沿って道路があって、先日、船浜町に行った時にその道路を歩いてきました(写真は7月24日撮影)。

船浜町の線路に並行して続く道路を行き止まりまで歩いてみた

ちなみに平磯岬から朝里方面に細長く位置する船浜町は、線路と山側の国号5号線との間が住宅地となっています。

その細長い町の中を通る道路は、途中から線路に並行して、時折、住宅街に入っていく道はあるものの、ほぼ一本道で線路沿いに続いているんですよね。

Blog20200724-153221

Blog20200724-153320

Blog20200724-153339

線路の向こうは海です。

Blog20200724-154008

(振り返ってみたところ)
Blog20200724-154011

時折、電車がやってくると、すぐ近くを大きな音と共に通るので、かなりの迫力です。

Blog20200724-153705

Blog20200724-153714

ただ、電車がすぎると、あたりはとたんに静かな海沿いの町となります。

しばらく歩いていくと、道路は行き止まりになりました。

Blog20200724-154143

歩いた距離としては300mほどと、思ったより短かかったです。

船浜町の範囲としては、この先の朝里川までが範囲になるのですが、歩けるのはここまでなんですね。

Blog20200724-154102

なんか、道路の端っこって、これ以上行けない所まできたという感じで、いいかも(笑)

(あっ、また電車がきた)
Blog20200724-154121

ということで、船浜町の線路のすぐ横の道路を行き止まりまで歩いてきた、その様子でした。

※今回歩いてきた道路。

※船浜町の位置。

Blog20200724-154254

※この時に船浜町を歩いて、その様子を連載中の小樽チャンネルマガジン2020年8月号Vol.57に「船浜町を歩く」というタイトルで掲載させていただきました。今回はそのタイアップ記事ですね。

【関連記事】
船浜町と桜町を繋ぐ国道5号線高架下の熊碓川沿いの通路
船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路(勾配11%の短い坂道)
東小樽海水浴場とそのすぐ後ろに線路のある風景(2020年シーズンの東小樽海水浴場の開設は終了してます)
平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景
「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路(勾配11%の短い坂道)

Otaru_20200724-151137_20200826000401

東小樽海水浴場は住所は船浜町になるのですが、船浜町の住宅地はというと、海岸沿いを走る線路と山側を走る国道5号線との間に広がっています。

国道5号線を通ると分かるのですが、海側の船浜町とはかなりの高低差があって、海岸と船浜町の住宅街は低い位置で、それに対して国道は壁の上の高い位置を走っているんですよね(ちなみに、国道から山側は桜町になります)。

で、その高い位置の国道側と低い位置の船浜町内との往来は、階段や私が個人的に街歩きで注目している地下歩道「桜地下歩道」といった通路があるのですが(※関連記事:「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る)、車で行くにはどうするの!?

と思ったら、平磯岬の海岸沿いをぐるっと回る道路「小樽港縦貫線」から、船浜町内へと行き来ができるんですね(小樽港縦貫線はその先で国道5号線と合流)。

もちろん、近隣の方にとっては当たり前のことで、地図を見ると分かるのですが、今回初めてその道路を歩いてきました。

その道路は短いのですが、勾配の標識がある坂道になってました。

小樽港縦貫線の国道5号線交差点に向かう車線から船浜町へ

小樽港縦貫線を小樽築港側から平磯岬の海岸沿いをぐるっと回って、その先の国道5号線交差点に向かうと、交差点手前で、船浜町内に降りていく道路がありますね。

Otaru_20200724-151454_20200826000401

Otaru_20200724-151550_20200826000401

勾配11%の標識がありました。

Otaru_20200724-151638

(振り返ってみたところ。下にも勾配11%の標識)
Otaru_20200724-151950

下ると船浜町の住宅街になります。

ちなみに、ここの坂道を下ったところに、桜地下歩道があります。

Otaru_20200724-152133

桜地下歩道は、船浜町側からはただのまっすぐな通路なのですが、その先で上り階段があって、国道の向こう側の桜町側に出るんですよね。なので、桜町側からは地下へ降りていくことになるわけです。

※小樽港縦貫線の国道5号線との交差点の手前を、船浜町に降りていく坂道。


船浜町から小樽港縦貫線の小樽築港方面の車線へ

船浜町内の住宅街の西端から、小樽港縦貫線の下をくぐって、ぐるりと小樽港縦貫線の小樽築港方面(ウイングベイ小樽の海側へ)の車線へ出る坂道もありました。

Otaru_20200724-152326

Otaru_20200724-152455

こちらも勾配は11%ですね。

Otaru_20200724-152523

Otaru_20200724-152535

(振り返ってみたところ。小樽港縦貫線の下をくぐってきてます)
Otaru_20200724-152601

小樽築港方面の車線に出ます。

Otaru_20200724-152545

Otaru_20200724-152613

通りの反対側は、先ほどの船浜町に降りる道路ですね。

Otaru_20200724-152626

※船浜町から小樽港縦貫線の小樽築港方面に向かう車線に出る坂道。


おわりに

ということで、船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路についてでしたが、船浜町は結構特殊な立地になってるんですね。

Otaru_20200724-151826

※この時に海沿いの町・船浜町を歩いて、その様子を連載中の小樽チャンネルマガジン2020年8月号Vol.57に「船浜町を歩く」というタイトルで掲載させていただきました。今回はそのタイアップ記事といったところです。

※船浜町の位置。


※道路名「小樽港縦貫線」については、この道路の管轄が小樽市産業港湾部港湾室ということで、港湾室にて確認させていただきました。どうもありがとうございました。

【関連記事】
東小樽海水浴場とそのすぐ後ろに線路のある風景(2020年シーズンの東小樽海水浴場の開設は終了してます)
平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景

| | コメント (0)

2020年8月22日 (土)

平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景

Otaru_20200724-151336

小樽築港駅から桜町や朝里方面に向かう際、国道5号線ではなくて、ウイングベイ小樽の海側から平磯岬の海岸沿いをぐるっと回っていく道路があります(写真は2020年7月撮影です)。

その先で国道5号線の交差点に至るこの道路の名称は「小樽港縦貫線」といいます。

Otaru_20200724-142719

ちなみに、道路は平磯岬の高台を迂回するように通っていて、その高台の上には小樽市指定歴史的建造物で料亭・温泉旅館の鰊御殿・銀鱗荘が建っています。

Otaru_20200724-142703

歩いてみると、比較的新しいこの道路は、平成16年7月に供用開始された道路だそうです。

で、あまりここを歩く人はいないかもしれませんが、ここが海も眺められて、なかなかいい眺めなんですよね。

ということで、今回は平磯岬をぐるっと回る道路からの風景です。

平磯岬をぐるっと回る道路からの風景

今回は、本当に平磯岬周辺の風景なんですが、まずは通りの左手の海に見えるのが、小樽港の南防波堤です。

Otaru_20200724-142749

道路を先へ進むと、岬の突き出た部分からの眺めがなかなかいい感じなんですよね。

Otaru_20200724-142801

Otaru_20200724-142700

すぐ下の海を見てみると、岩礁が見えますね。

Otaru_20200724-142808

Otaru_20200724-142903

(振り返って小樽港・南防波堤方面)
Otaru_20200724-142936

先に進みます。

Otaru_20200724-142938

そして、平磯岬の先端も過ぎて進むと、東小樽海水浴場が見えてきます(東小樽海水浴場の開設は8月23日(日)まで)。

Otaru_20200724-143008

途中で、海岸に降りる道があり、東小樽海水浴場へはここから行くことになります。

Otaru_20200724-143030

Otaru_20200724-143145

そのまま小樽港縦貫線を進むと線路の上に架かる平磯橋を渡ります。

Otaru_20200724-151028

この辺りが、海岸と線路と住宅が一度に眺められる、なんともいい風景で、これも小樽らしいですね。

Otaru_20200724-151051

Otaru_20200724-151137

この角度はいい眺めですね〜

Otaru_20200724-151336

その先で、今度は船浜町の町内へ降りていく道路があります(線路を挟んで海岸と反対側の船浜町の住宅街はここから降ります)。

Otaru_20200724-151454

で、小樽港縦貫線は、その先で国道5号線に合流します。

Otaru_20200724-151550

ということで、平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景でした。

※東小樽海水浴場は住所が船浜町になるのですが、実はこの時、海沿いの町・船浜町を歩いて、その様子を連載中の小樽チャンネルマガジン2020年8月号Vol.57に「船浜町を歩く」というタイトルで掲載させていただきました。今回はそのタイアップ記事といった感じでですね。

小樽市 :海水浴場オープン情報

※道路名「小樽港縦貫線」については、この道路の管轄が小樽市産業港湾部港湾室ということで、港湾室にて確認させていただきました。どうもありがとうございました。

※今回歩いたのは小樽港縦貫線のこの部分です。

【関連記事】
※以前もこの道路の記事を書いてました。
平磯岬の高台を迂回する道路を歩く〜この辺りが平磯岬の先端かな?

| | コメント (5)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽