グルメ

2021年1月16日 (土)

今年も小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)をひとつ口に入れて雪かきのお供に

Otaru_20201220-223122

こちら雪国に住んでいるからには、雪かきは避けては通れませんが、これがなかなかの重労働ですよね。

そんな雪かきの最中に、私はよくあめ玉を口に入れて作業をしているのですが、今年もその雪かきのお供にしているのが、こちら、明治44年創業の小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」、通称「水晶あめ玉」です。

Otaru_20201221-150009

実はこのことは毎年書いてるんですが、この澤の露、本当に美味しいんですよね。

澤の露は、水飴を使用せずに砂糖だけで仕上げていて、着色料、保存料等も使用してないということで、自然で優しい甘さなんですよね。

Otaru_20201220-223058

Otaru_20201220-223106

ちなみに澤の露本舗のお店は、花園銀座商店街の寿司屋通り側入口横にあります。

Otaru_20210115-151953

Otaru_20210115-151935

今回の写真は一番小さなパッケージの商品(350円)のものですが、他にも容量の大きいものや缶入り、箱入りなど色々あって、お土産や贈答にも喜ばれますね。

さて、今日もこの水晶あめ玉を一個口に入れて、雪かき頑張ります!!

※夏にパッケージが新しくなり、ホームページもリニューアルされたんですね:小樽名物 澤の露本舗

※オンラインショップ:澤の露本舗

※今回は、JR小樽駅構内にある「駅なかマート タルシェ」でも扱っているので、そちらで購入しました。タルシェは、小樽・後志中心の加工品やスイーツを集めたセレクトショップで、いろんな商品があって楽しいんですよね。
tarche – 小樽駅の中、小樽しりべしの美味しいがいっぱい

【関連記事】
小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)を雪かきのお供に

| | コメント (9)

2020年7月10日 (金)

奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」でクッキーミルクと超いちごを食べてきた

Otaru_20200621-164933

先日、奥沢にある小樽のアイスクリーム製造会社の「さくら食品株式会社」による、アイスクリーム専門店北からの贈り物」に行ってきました。

このさくら食品の新ブランドアイスクリーム専門店は、4月10日のオープン以来、あちこちのメディアで紹介されているようで、とても人気になっているようです。

Otaru_20200621-161007

さくら食品は、奥沢の勝納川沿いのかつて北の誉酒造があった建物に入っていて(2017年9月に新工場移転)、「北からの贈り物」の店舗もその社屋内(旧酒泉館の建物)にできたんですよね。

(旧酒泉館の建物がそのまま使われているのが嬉しいですね)
Otaru_20200621-161027

Otaru_20200621-161801

このブログでは、そういった点でも注目していて、オープン時に紹介したのですが、その時はまだ食べてなくて、今回、ようやく食べに行ってきました。
※オープンしてまもなくの記事がこちら:奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)

Otaru_20200621-161126

北からの贈り物で人気のクッキーミルクと超いちごを食べてきた

今回行ったのは6月21日とちょっと前で、夕方の遅めの時間だったのですが、なんと店外まで並んでいました。

Otaru_20200621-161804
(普段は並ぶのは苦手なのですが、せっかくなのでと並びました)

お店のメインは自社で製造しているアイスと、フルーツやクッキーなどを特殊な機械でブレンドする「ブレンダーアイス」なるものです。

そうそう、基本的な話ですが、ここはソフトクリームのお店ではなくて、アイスのお店なんですよね(あっ、ミルクソフトもありました)。

定番メニューの中で、私が訪れた時の人気No.1がクッキーミルク(ココアクッキー×ミルクアイス)で、人気No.2が超いちご(いちご×いちごアイス)で、その他にもクッキー抹茶や濃厚キャラメルといった、気になるアイスがありました。

ブレンダーアイスの価格はコーンサイズによってレギュラー300円、ラージ400円があり、レギュラー(300円)のみカップも選べます(価格は税込)。

期間限定メニューとして、この時は塩キャラメルとキャラメルソフトがあったのですが、すでに売り切れてました。お店では季節のメニューを展開しているようなので、定番以外のメニューのラインアップは随時変わっていきそうですね。

店舗に入って、食券を買うシステムですが、定番商品も遅い時間だと売り切れがあるようで、私が行った時もいくつかの商品が売り切れていました。

で、この日は、まずはということで、人気No.1&2のクッキーミルクと超いちごをたのみました。

このブレンダーアイスを作るのが、結構手間がかかるようですね。普通のソフトクリームのようにすぐにはできないようなので、そこは焦らず待ちましょう。

で、こちらです。見た目はソフトクリームですね。

Otaru_20200621-164847

けど、ソフトクリームに比べると、もちろんある程度しっかりはしてますが、とてもしっとりと滑らかで、中のクッキーやイチゴの食感(ツブツブ感)がなんともいえない食感を生み出してますね。

いや、これ、美味しいです。

Otaru_20200621-164920

人気があるのも納得です。

買ったアイスは、建物内にもイートインスペースがあるほか、敷地がかなり広く、外でもベンチなどがあってゆっくりと食べられます。

Otaru_20200621-164842

Otaru_20200621-161249

場所的に、行くには車が便利なところですが、かなり広い駐車場が用意されているので、その点も安心です。ドライブの途中に立ち寄るのもいいですね。お持ち帰りのカップ入りのアイスもあったので、お土産にいいかも。

Otaru_20200621-160939

おまけ〜倉庫の話

そうそう、個人的に北の誉のころからあった横の石造倉庫がなんとも気になるのですが、その裏手の奥まったところにある第2駐車場の敷地まで行ってみると、それらの石造倉庫が建ち並ぶ様子を裏から見られて、“お〜!”って、勝手に盛り上がってきました(笑)

Otaru_20200621-161845

(奥の左が第2駐車場)
Otaru_20200621-162045

Otaru_20200621-161952

Otaru_20200621-162006

こういうのが何気に残っているのもすごいですね。

おわりに

ということで、ブレンダーアイスクリーム専門店「北からの贈り物」の美味しい様子でしたが、いや〜、ここはさらに人気が出そうですね。

【店舗情報】(情報は2020年6月時点でのものです)
営業時間:9:00~17:00
定休日は当初は月、火でしたが、現在は基本定休日なしで営業しています。

さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム
さくら食品株式会社 - ホーム(Facebookページ)
小樽北からの贈り物@さくら食品(@sakurafoods1030) / Twitter

※北からの贈り物の特設サイト:北海道 小樽のアイスクリーム ソフトクリーム 北からの贈り物

※参考:北からの贈り物 | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]

※食べログ情報:北からの贈り物

 【追記】
2020年(令和2年)10月26日より冬季休業に入り、店内改造、メニューのリニューアルなどを実施しているとのことです。リニューアルオープンは令和3年3月予定。

【関連記事】
奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)
ニュースより/旧北の誉の施設がアイスクリーム製造のさくら食品の工場に!!
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

| | コメント (4)

2020年4月17日 (金)

奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)

Otaru_20200415-142100

奥沢の勝納川沿いのかつて北の誉酒造があった建物は、現在は小樽のアイスクリーム製造会社の「さくら食品株式会社」が入っていて、当時の酒泉館の建物もそのまま使われています。

そのさくら食品による新ブランドアイスクリーム「北からの贈り物」の専門店が、2020年4月10日(金)に本社屋内(旧酒泉館の建物)にオープンしてます。

ブランドショップ1号店となるわけですが、お店の名前も「北からの贈り物」でいいのかな。

Otaru_20200415-142346

Otaru_20200415-142037

Otaru_20200415-142111

私はまだ入ってなくて、詳しいメニューなどは未確認なのですが、各種アイスがレギュラー250円、ラージ350円で販売されていて、コーヒーもあるようですね。

建物に入って右側に店舗スペースがあって、店内でも食べられるようですし、周囲にはベンチなどもあります。

Otaru_20200415-142135

駐車場もあるので、これから暑い時期になったら、ちょっと立ち寄ってアイスというのもいいかもしれませんね。

Otaru_20200415-142024

そうそう、建物の看板が先日まではさくら食品だったのですが、「北からの贈り物」に変わってました。

(少し前までは、さくら食品の看板)
Otaru_20200407-153428

(現在は、北からの贈り物の看板)
Otaru_20200415-142111t

【店舗情報】(情報は2020年4月時点でのものです)
アイスクリーム専門店「北からの贈り物」
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月、火
さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム
さくら食品株式会社 - ホーム(Facebookページ)
小樽さくら食品@北からの贈り物 (@sakurafoods1030) / Twitter

※北からの贈り物の特設サイトができてます:kitakarano_okurimono | Landing Page

※ブログ掲載情報について、現在はこういう状況ですので、急な変更があるかもしれませんので、ご了承願います。

 

補足/北の誉とさくら食品について

奥沢の当地にあった、小樽の老舗の酒造会社だった北の誉酒造は、2015年に小樽での生産を終了し、製造は合併していたオエノンホールディングス子会社の合同酒精の旭川工場に移り、それに伴い展示施設の「酒泉館」や周囲の工場などの施設も閉鎖したんですよね(酒泉館は2015年10月31日をもって閉館、小樽の北の誉酒造は2015年12月で閉鎖)。

さくら食品は、1961年(昭和36年)創業の業務用アイスクリームなどで全国に販路を持つ小樽の会社で、以前は入船4丁目のバス通り沿いに工場があったのですが老朽化で、北の誉酒造跡地に移転し、2017年9月に新工場で稼働を開始してます(参照:さくら食品の歩み|さくら食品株式会社)。

【関連記事】
ニュースより/旧北の誉の施設がアイスクリーム製造のさくら食品の工場に!!
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

| | コメント (2)

2019年11月29日 (金)

花園銀座商店街の老舗のかまぼこ店「かま栄花園店」が11月22日にリニューアルオープンしてます

Otaru_20191128-120734

店舗の新築工事中だった、花園銀座商店街の小樽の老舗のかまぼこ店「かま栄花園店」が、11月22日(金)にリニューアルオープンしてます。

以前は花園本店と呼んでいたのですが、サイトを見ると、単に「花園店」となってますね。
※参照:「花園店」リニューアルオープン! | 小樽 かま栄のかまぼこ

Otaru_20191128-120741

花園銀座商店街の中ほど、JRの高架を過ぎたところにあった花園本店でしたが、今年の春から工事が行われていて、更地になっていた時に、当ブログでもその様子を取り上げました。
※記事はこちら:花園銀座商店街の「かま栄花園本店」が店舗新築工事のため更地に!?【情報提供】

並びにあった建物も一緒に解体されて更地になっていたのですが、新しい店舗は、それらの敷地も含めて以前より大きくなりましたね、

落ち着いた、いい雰囲気の店舗です。

Otaru_20191128-120838

最近の花園銀座商店街は、閉店したままの建物が目に止まって、めっきり寂しくなってしまったのですが、このかま栄花園店がリニューアルオープンして、少しでも賑わいを取り戻せるといいですね。

ということで、おなじみパンロール(税込216円)を買ってきました。

Otaru_20191128-190625

美味しい!!

※かま栄花園店の営業時間は9:30~18:30です(2019年11月現在)。
小樽 かま栄のかまぼこ

【関連記事】
花園銀座商店街の「かま栄花園本店」が店舗新築工事のため更地に!?【情報提供】

| | コメント (0)

2019年10月 8日 (火)

プリン専門店「アンデリス」の2号店「アンデリス稲穂出張販売所」が9/24にオープン〜まずは1番人気のプリン大福のみ販売

Otaru_20191004-153155

住ノ江町にある、人気のプリン専門店「アンデリス」の2号店となる「アンデリス稲穂出張販売所」が、9月24日(火)にオープンしてます。

場所は稲穂大通り(第一大通り)沿いで、北洋銀行や花月堂のある通りですね(地図を最後に掲載してます)。

Otaru_20191004-153148

Otaru_20191004-153204

アンデリス稲穂出張販売所は、とても小さなお店で、しばらくは、お店1番人気のプリン大福のみの扱いということで、現在はレギュラーの「噂」のプリン大福(240円)とチョコクリームのプリン大福(280円)の2種類が販売されています(値段は税込)。

(賞味期限は本日中!!)
Otaru_20191004-153312
(写真は許可をもらって撮影しました)

小さなお店ですが、ここでプリン大福が買えるんですね。

で、私も早速プリン大福を買ってきました。

(外袋)
Otaru_20191005-004500

Otaru_20191005-004516

Otaru_20191005-004546

柔らかな外の求肥に包まれた中のプリンがプルンプルンなんですよね。間には濃厚な生クリームが。やっぱり美味しい!!

(写真がうまく撮れずにすいません)
Otaru_20191006-225314

ということで、人気のプリン専門店「アンデリス」の2号店「アンデリス稲穂出張販売所」についてでしたが、来年度から種類を増やす予定とのことですが、人気のプリン大福が買えるだけでもいいですよね。ちょっとした手土産にも喜ばれますね。

【アンデリス 稲穂出張販売所 お店情報】
営業時間は11:00〜17:00まで(完売次第終了となります)。
定休日は毎週水曜日と日曜日です(10月は29日(火)に本店ともにお休み)。
支払いは現金のみ。
予約、取り置きは受け付けてないとのことです。
小樽のプリン専門店 アンデリス – 「噂」のプリン大福

(お店情報は2019年10月時点でのものです)

Otaru_20191004-153501


※アンデリス住ノ江創業本店は2007年4月オープンで、場所はコープさっぽろ小樽南店のすぐ近くです。
営業時間は10:00~18:00までで、定休日は基本水曜日です。

 

※こちらはアンデリスのツイートからです。

 

【関連記事】
小樽で人気のプリン専門店「アンデリス」
プリン専門店

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

あまとうのアイスクリームをいただきました〜クリームぜんざいは30分待って

Otaru_20190525-223617

お土産で、あまとうアイスクリームをいただきました!!

都通りにある小樽の老舗洋菓子店「あまとう」本店で買ってきてくれた、あまとうのクリームぜんざい(230円/90ml)です。

「クリームぜんざい」といえば、あまとうの2階の喫茶室でも大人気の定番メニュでもあるんですが、それがお土産にもできるアイスになっているんですよね。

Otaru_20190525-223624

で、あまとうのクリームぜんざいのアイスですが、容器のフタに次のような一文が掲載されています。

※30分くらいをめどに自然解凍してお召し上がりください。

Otaru_20190525-223617

そのままでは固すぎるんですね。

Otaru_20190525-223632

ということで、30分ほど自然解凍して、実際に口にしてみたところ、アイスと小豆がいい感じに解凍されて滑らかになって、求肥もちもいい感じに柔らかくなってます。

Otaru_20190525-230724

Otaru_20190525-230818

Otaru_20190525-231137

うん、クリームぜんざいですね!!美味しい〜

アイスはあっさり目ながら、しっかりコクがあるんですが、あまとうのアイスクリームって、なんだか懐かしい味わいの印象があるんですよね(そういえば、確か昔の容器はアルミで銀色だったのではないかなぁ…)。

今回いただいたのはSサイズというもので、Mサイズ160ml(320円)もあるようです。
洋菓子・喫茶の小樽あまとう

実は、今回はクリームぜんざいの他にも、次のようなアイスをいただきました。

Otaru_20190527-132038

ゆず茶クリーム
ブルーベリークリーム
バニラクリーム
チョコレートパフェ

Otaru_20190527-132217

もちろん、どれも美味しくいただきました。

あまとうのアイスクリーム、ごちそうさまでした。

※あまとうは、創業が1929年(昭和4年)と古く、市民にも本当におなじみの老舗の洋菓子店です。
洋菓子・喫茶の小樽あまとう

(都通りのあまとう本店)
Otaru_20190531-173541

【関連記事】
あまとうの人気定番商品マロンコロンに「紅茶マロンコロン」が新発売!
小樽の老舗洋菓子店「あまとう」のケーキと札幌に新店舗オープンの話
都通り〜あまとう


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2)

2019年6月 2日 (日)

長崎屋の地下1階に札幌千秋庵長崎屋小樽店が5月24日にオープンしてます

長崎屋地下1階に2019年5月24日(金)、札幌千秋庵長崎屋小樽店がオープンしています。

※こちらはオープンに際しての折込チラシ。
Otaru_20190524-085203

※参照:札幌千秋庵 長崎屋小樽店がOPEN!|千秋庵製菓株式会社

ここには以前、新倉屋長崎屋店が入っていたのですが、閉店してしまっていたんですね。

ちなみに、4月の段階でもう店舗はありませんでした。

Otaru_20190412-174705

千秋庵には、ここ札幌千秋庵の他に、千秋庵総本家(函館)があってと、千秋庵にはいくつかの流れがあって、かつては小樽千秋庵もありましたね(参照:札幌千秋庵製菓 - Wikipedia)。

千秋庵製菓株式会社

小樽で札幌千秋庵とえいば、他にはウイングベイ小樽に千秋庵イオン小樽店が入ってます。

今回、知り合いの読者さんが、24日の札幌千秋庵長崎屋小樽店開店準備中に、お店の許可をもらって撮影させてもらったという写真を提供してくれました。私もオープン後に見に行きましたが、お店はこんな感じです(すいません、まだ買い物はしてません…)。

Otaru_dsc_1612

Otaru_dsc_1622

写真の提供、どうもありがとうございました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2)

2019年5月19日 (日)

和菓子のお店「小羽茶(こばさ)」のジャンボ団子を色々と買ってきました

Otaru_20190505-173429

先日、寿司屋通りを下りて行ったところに昨年(2018年)8月にできた、和菓子のお店「小羽茶(こばさ)」に久しぶりに行って、団子を買ってきました。

ここの店名には「どらやき 小羽茶」と書かれているので、どら焼きが一押しのようですが、この日はもともと団子が目当ててお店に行ったんです。ここの団子はジャンボ団子という名前で気になっていたんですよね。

Otaru_20190505-173033

Otaru_20190505-173858

店内に入ると、すぐにショーケースがあって商品が並んでいる小さなお店ですが、いつも観光客で賑わう堺町通りから上ってきてすぐということもあって、観光客の方が結構訪れているようで、この日もお客さんが数人並んでいました。

団子は店内右奥にあって、今回はみたらし、ごま、あん(つぶとこしあんから選べるとのことで、今回はつぶあんを)、きなこ団子と一通りをそれぞれ2本ずつたのみました。一本の値段は高め(税込200円)ですが、それだけ大きいんですよね。

ここ小羽茶のシャンボ団子は、注文を受けてから焼くんですね。それから、ごまやあんを乗せます。

Otaru_20190505-173414

Otaru_20190505-173503

ただ、そのため、やや時間がかかることになり、この日は持ち帰りで少し多めに注文してしまったので、後ろで並んで待っているお客さんにはちょっと申し訳なかったです。

店内外に椅子があって、ちょっと休憩しながら食べることができるので、休憩がてら、どら焼きや団子を味わっている観光客の方々が多いのかな。

Otaru_20190505-175045

Otaru_20190505-175049

団子は柔らかめで、さずがジャンボということだけあって、大きくて食べ応えがあります。

Otaru_20190505-232437

Otaru_20190505-232447

どれもしつこくない甘さが食べやすいですね。きなこはかなりたっぷり入ってました。

ということで、小羽茶のジャンボ団子、どれも美味しくいただきました。これは観光客にも人気がありあそうですね。ごちそうさまでした。

今回は団子で、実は以前、わらび餅を買っているので、次こそはどら焼きですね。

【お店情報】(2019年5月時点でのものです)
営業時間:11:30〜16:00
不定休

▶︎食べログ情報:どらやき 小羽茶

どらやき小羽茶 - ホーム(Facebookページ)
どらやき小羽茶さん(@dorayaki.cobasa) • Instagram写真と動画

 

 

【関連記事】
和菓子のお店「小羽茶(こばさ)」が寿司屋通り下にできてます。みたらし団子やどら焼きが看板商品のようですが今回はわらび餅


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

入船町の円甘味「小樽石蔵バウム」が5周年感謝フェアを12月12日(水)〜16日(日)で開催!!期間限定特製ティラミスを買ってきた

Otaru_20181213_142133


メルヘン交差点から入船通りを山側に上って行くと、左手に「小樽石蔵バウム」というお店があります。

ここは、円甘味という会社によるお店で、堅焼きバウムなどのバウムクーヘンや四角いシュークリーム、かりんとう饅頭や中華まんじゅうなどを扱うお菓子屋さんです。

ちなみに、円甘味と書いて“まるあまみ”と読むんですね。

Otaru_20181213_142224

Otaru_20181213_142151

で、先日チラシが入ってまして、ここ小樽石蔵バウムが5周年感謝フェアを2018年12月12日(水)〜16日(日)の期間で開催中とのことなんですね。

Otaru_20181214_143945

で、そのチラシでふと目に止まった感謝フェア期間中の期間限定特製ティラミスが気になって、ちょうどそっち方面に行く用事があったので、買ってきました。

(特製ティラミスは1個税込250円)
Otaru_20181213_232021

ドリップコーヒーを染み込ませたバウムクーヘンにクリームチーズを重ねたオリジナルティラミスということで、美味しくいただきましたよ。

Otaru_20181213_232031

Otaru_20181213_232106

小樽石蔵バウムのお店では、お土産に買ったことがあったのですが、自宅用で利用したのは初めてだったかも。他の堅焼きバウムやバウムクーヘンの中にクリームを入れた商品とが、かりんとう饅頭などの和菓子系も食べてみたいですね。

Otaru_20181213_142016

Otaru_20181213_142019

Otaru_20181213_142028
(店内の様子は撮影許可をいただきました)

そうそう、小樽石蔵バウムの店舗の後ろには、大正時代からあるという「石蔵」が続いていて、店内にはそこにあったという古い大きな金庫がありました(それで石蔵バウム?)。

Otaru_20181213_142246

Otaru_20181213_142322

(大正時代の金庫)
Otaru_20181213_142054

営業時間は10:00〜18:00
基本定休日は木曜日
駐車場はありません。
※お店情報は2018年12月時点でのものです。
※関連サイト
北海道物産展でおなじみ「かりんとう饅頭」の円甘味
小樽石蔵バウム
小樽石蔵バウム - ホーム(Facebookページ)

(この写真は2018年8月撮影)
Otaru_20180805_150430


小樽石蔵バウムと石蔵カフェ ヴェールボアは姉妹店!?

ところで、この小樽石蔵バウムの近くの相生町に、石蔵カフェ ヴェールボア(Verre Bois)が、2018年10月19日にオープンしてます。

Otaru_20181107_154405r

で、ヴェールボアは、チラシを見て知ったのですが、小樽石蔵バウムの姉妹店ということなんですね。

ヴェールボアといえば、以前は南樽駅から南側(築港方面)に降りていったところにお店があったんですよね。なので、今回は移転リニューアルオープンということだったんですよね。

で、上記の特製ティラミスは、小樽石蔵バウムと石蔵カフェ ヴェールボアとがコラボした商品ということで、12月12日(水)〜16日(日)の感謝フェアの期間中は、ヴェールボアでもお店で提供しているようです。

まだ、ヴェールボアには行ってないのですが、美味しそうなパスタメニューなどが揃っているようなので、ぜひ行ってみたいですね。

そうそう、チラシに記載のヴェールボアの営業時間に誤りがあるそうで、営業時間は正しくは11:00〜20:30とのことです。
定休日は木曜日
※お店情報は2018年12月時点でのものです。

※食べログ情報:石蔵カフェ ヴェールボア
石蔵カフェ ヴェールボア - ホーム(Facebookページ)

以下はヴェールボアのツイッターから。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

小樽商業高生のレシピをもとにしたレアチーズタルト(ミルティーユ・ジャム)を老舗の洋菓子店「米華堂」が商品化して期間限定で販売

Otaru_20181109_112605


小樽商業高生が工夫して作ったレシピをもとにした「レアチーズタルト」を、花園銀座商店街にある老舗の洋菓子店「米華堂」が商品化して販売している、というニュースが先日ありました。

ニュースは、2018年11月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、小樽商業高生が授業「課題研究」の一環で、花園銀座商店街の活性化を目指して取り組んだものとのことです。

ちょっと気になっていたものの、販売は1日限定10個ということで、すぐに売り切れてしまうだろうと思っていたのですが、先日、午前中に近くに行くことがあったので、米華堂に寄ってみたら、その日最後の2個だけあったので買ってきました。

(最後の2個を買ってなくなりました)
Otaru_20181109_112426

(左がそのレアチーズタルトで、右はモンブラン)
Otaru_20181109_123136

手作りのブルーベリージャムが乗ったレアチーズタルトですね(税込350円)。

Otaru_20181109_233919

ブルーベリージャムの程よい甘さと酸味のバランスがよく、滑らかでしっかりめのレアチーズによく合い、美味しかったですよ!!

お店おご主人が、看板を見えやすい位置に移動して、写真を撮らせてくれました。ありがとうございました。

Otaru_20181109_112523

新聞ではレアチーズタルトと紹介されていましたが、「ミルティーユ・ジャム」という名前が付いているのかな!?(調べてみると、ブルーベリー・ジャムということですね)

小樽商業高生のレアチーズタルトの販売は、11月30日(金)までの期間限定とのこと。1日10個限定ということで、やはりすぐに売り切れてしまうそうですが、もし、目にしたら買ってみてはいかかでしょうか。

Otaru_20181109_122357


ちなみに、小樽市民に根強い人気があるケーキ屋さんの米華堂は、昭和3年(1928年)創業の小樽で最も古くから営業している洋菓子のお店という老舗で、お店の奥には喫茶コーナーがあります。

Otaru_20181109_112559

お店の場所は、寿司屋通り側から花園銀座商店街に入ってすぐ左。以前は、通りの向かいにお店がありましたよね。

この日は、上の写真のあるように、モンブランも買ったのですが(税込350円)、小樽のモンブランといえば、こちらですね。

Otaru_20181109_234108

一般的な栗を使用したモンブランではなく、3層のココアスポンジに生クリームをサンドし、上に生クリームと削りチョコがかかっているという、そう、アルプスの雪山のモンブランをイメージしたものなんですよね。

小樽では、モンブランといえば、こちらの方が一般的かも。

もちろん、美味しくいただきました。

Otaru_20181109_112634

【お店情報】
営業時間:10:00〜21:00
月曜定休日
(お店情報は2018年11月時点でのものです)

※参考
・2018年11月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
米華堂 - 昭和三年創業の元祖小樽スイーツ、旬の素材を生かした洋菓子のお店
・ちょっと古い記事ですが、2016年8月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄から。

【関連記事】
老舗洋菓子店の米華堂


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)