グルメ

2022年4月28日 (木)

柳月が小樽初出店!!堺町通りの「柳月オタルト店」に行ってきた!〜小樽限定商品のゼリー「小樽硝子ジュレ」

Otaru_20220423-162942

お菓子の柳月が、堺町通りに2022年4月21日オープンした「柳月オタルト店」に行ってきました。

菓子製造販売の柳月(十勝管内音更町)といえば、三方六などで知られる大人気のお店ですが、小樽は初出店です。
※オープンのお知らせ記事:お菓子の柳月が堺町通りに小樽初出店となる「柳月オタルト店」を4月21日にオープンしてます

あっ、ベンチが三方六!!
Otaru_20220423-162445

この柳月オタルト店は、土産用の菓子を中心に販売する新業態のお店とのことです。

Otaru_20220423-161110

※店内の撮影許可をいただきました。

Otaru_20220423-162146

こちらは、おなじみの三方六関連の商品ですね。
Otaru_20220423-162332

Otaru_20220423-161931

Otaru_20220423-161918

Otaru_20220423-162335

ここでは、小樽限定商品が販売されていて、ガラスをイメージしたというセリー「小樽硝子ジュレ」(税込270円)で、余市産ナイアガラを使用し、隠し味に小樽の白ワインをミックスしています。

Otaru_20220423-161939

Otaru_20220423-162415

小樽硝子ジュレは、中にかみごたえのあるキューブ寒天がコロコロっと入っていて、食感のアクセントになっています。

Otaru_20220424-182408

小樽限定商品はもう一つ、タルトの「オタルト」(2個入り440円)があって、こちらは4月28日からの販売となっています。

正面の壁面には、小樽運河をガラスタイルで描いた「ガラス運画」が飾られ、記念撮影ポイントになっていました。

Otaru_20220423-161222

あっ、ここも三方六!!
Otaru_20220423-161228

奥にはカフェ「オタルトカフェ」が併設されていて、十勝生まれのソフトクリームが食べられるようですよ。

Otaru_20220423-162133

Otaru_20220423-162123

ここの建物は、以前、陶芸品とお土産の専門店・ホクレンふうど館(2019年9月30日閉店。その後、一時、お土産店の小樽運河堂)が入っていた建物で、現在のところ1階のみを使用しています。

ちなみに、4月21日(木)はプレオープンとなっていて、グランドオープンが4月28日(木)になります。営業時間は9:30〜17:30です。

堺町通りには、北菓楼(砂川市)、六花亭(帯広市)といった北海道の人気のお菓子のお店がありますが、ついに柳月もきましたね。

本日、柳月オタルト店 プレオープンです! | 柳月(りゅうげつ)

※食べログ情報:柳月 オタルト店

Otaru_20220423-163018

※関連ニュース:2022年4月21日付北海道新聞朝刊経済欄・22日付朝刊小樽・後志欄

柳月(りゅうげつ)

※店名の「オタルト」の由来は、「小樽と」の「と」=with、とのことです。こちらは、柳月のFacebookページからです。

| | コメント (2)

2022年4月21日 (木)

お菓子の柳月が堺町通りに小樽初出店となる「柳月オタルト店」を4月21日にオープンしてます(まだ行ってません)

Otaru_20220420-143331

お菓子の「柳月」が、堺町通りに2022年4月21日(木)オープンしています!!

お店の名前は「柳月オタルト店」。柳月は小樽初出店です。

実は、何も知らずにオープン前日の4月20日に堺町通りを通ったら、建物に柳月の看板がかかっていて、「あれ!?柳月が入るんだ!?いつからだろう?」って思っていたら、翌21日付北海道新聞朝刊経済欄に21日オープンの記事が掲載されていてちょっとびっくり(なので写真はオープン前日の4月20日撮影です)。

Otaru_20220420-143351

菓子製造販売の柳月(十勝管内音更町)といえば、三方六などで知られる大人気のお店ですが、この柳月オタルト店は、土産用の菓子を中心に販売する新業態のお店とのことです。

まだお店には行ってませんが、小樽限定商品も用意し、店内にはカフェも設けているそうです。

ちなみに、この建物は以前、ホクレンふうど館(その後、一時、お土産店の小樽運河堂)が入っていた建物です(少し前の4月15日には、空き店舗だったお店がなんだか綺麗になっていて、何か入るのかな?って思ってもいたんですよね)。

(この写真は4月15日撮影。まだ看板はありません)
Otaru_20220415-143417

ということで、堺町通りに小樽初出店となる柳月の店舗、柳月オタルト店がオープンしてます。

小樽の堺町通りには、北菓楼(砂川市)、六花亭(帯広市)といった北海道の人気のお菓子のお店がありますが、ついに柳月もきましたね。

Otaru_20220420-143324

柳月のツイッターにて、店舗の紹介がありました。これは様子がよくわかる!!

2022年4月21日(木)はプレオープンとなってて、グランドオープンは4月28日(木)とのことです。お店の営業時間は9:30〜17:30です。
本日、柳月オタルト店 プレオープンです! | 柳月(りゅうげつ)

柳月(りゅうげつ)

【関連記事】
※陶芸品とお土産の専門店・ホクレンふうど館は2019年9月30日に閉店。その後、お土産の店・小樽運河堂が、2019年12月下旬にオープンしたのですが、すいません、こちらはいつの間にか閉店していました。
ニュースより/堺町通りのホクレンふうど館が9月30日で閉館してます
堺町通りのホクレンふうど館跡に、お土産の店「小樽運河堂」がオープンしてる

| | コメント (2)

2022年3月12日 (土)

都通りの西川のぱんじゅうは昔ながらの小樽の庶民の味

Otaru_20220305-132350

西川のぱんじゅうをお土産で買ってきてもらいました。

都通りになんとも渋いお店を構える西川のぱんじゅう店は、市民にも昔からお馴染みのお店ですよね。

Otaru_20200131-161448r

西川のぱんじゅうといえば、白い上着と蝶ネクタイがトレードマークのちょっと気難しそうなご主人が焼いている、ということでも知られていますが、勢いに押されながらも会話を楽しみつつぱんじゅうを購入する、というのも含めての、西川のぱんじゅうでしょうか(笑)

ちなみに、ぱんじゅうとは、小樽名物とも言える昔から小樽ではお馴染みの食べ物で、今川焼を丸く(釣鐘状に)した形で、大きさはたこ焼きを一回り大きくしたくらい。中に餡などの具材が入ってます。

ここ西川のぱんじゅうは、粒あん一択で、1個80円。今回は、お土産で10個購入でした。

Otaru_20220305-132309

Otaru_20220305-132336

Otaru_20220305-132346

外の皮が薄いのですが、表面はカリっとそして底がちょっともちっと、中にびっしり入っている粒あんは甘すぎず、外の皮とのバランスがいいんですよね。

Otaru_20220305-133500

今回は持ち帰りで家で美味しく食べたのですが、焼き立てを買ってすぐは、薄い皮の表面はパリッと感がすごくて、中の熱々の粒あんが本当に美味しいんですよね。

熱々を頂く時には、丸い方を下にして、器のようにして食べると上手に食べられるとか。買ってすぐに一気にガブッと食べると口の中を火傷します。

小樽の庶民の味ともいえるぱんじゅう。小樽では、ここの他、中央通りの正福屋や小樽運河ターミナルに入っている桑田屋がありますね。

ということで、今回は久しぶりの小樽の老舗の西川のぱんじゅうをいただきました。ごちそうさまでした。

【店舗情報】(お店情報は2022年3月時点でのものです)
営業時間は10:00~18:00のようですが、なくなり次第閉店とのことで、早く閉まっていることも多いようです。
定休日は水曜・木曜日
※食べログ情報:西川のぱんじゅう

Otaru_20220309-151959

【関連記事】
西川のぱんじゅう
都通りをぷらぷらと《後編》
新しくオープンしたぱんじゅう店「正福屋」は巡り巡る不思議な縁

| | コメント (3)

2022年2月 8日 (火)

小樽の和菓子処「つくし牧田」で猫のケンジと肉球の練り切り販売〜美術館で開催中の写真展「北に生きる猫」とのコラボ

Otaru_20220205-172702

小樽の和菓子処「つくし牧田」にて、市立小樽美術館で開催中の写真家・土肥美帆さんの写真展「北に生きる猫」とのコラボ企画となる、猫のケンジと肉球の練り切りが販売されています。

これがまた可愛いいんですよね。

Otaru_20220205-171922

ちょっと説明すると、小樽美術館では現在、写真家・土肥美帆さんの写真展「北に生きる猫」が開催されているのですが、土肥さんは2014年より、小樽の港で生きる猫たちの姿を撮り続けて、2018年には小樽の漁港に生きる、雪の中の猫たちの姿を収めた写真集「北に生きる猫」を出版しています。

Otaru_20220206-134820_20220208033101

今回の写真展ではそれらの猫たちに加えて、最近、土肥美帆さんの写真でインスタグラムなどで話題で、写真展のポスターにもなっている漁師の猫・ビックフェイスキャット・ケンジ(ボス猫・ケンジ)に焦点を当てた写真の数々も展示されています。

その大人気のケンジそっくりな練り切りと、肉球の練り切りが、つくし牧田で販売されているということなんですね。

Otaru_20220205-150427

実は、一旦売り切れてしまって、数日後に再販するという人気ぶりなんですよね。

商品は冷凍されているそうで、お店に行って、「ケンジ」と「肉球」ください〜!!っていうと出てきます(笑)

ケンジ(300円)、肉球(270円)です。
Otaru_20220205-172702

(可愛いシールもついてます)
Otaru_20220205-172358

そっくりですね。
Otaru_20220205-173102

これだけ可愛いと、ちょっと食べるのに抵抗がありますね(汗)

とはいえ、結局、美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

Otaru_20220205-150449

和菓子の製造販売をしているつくし牧田では、色とりどりの練り切りの和菓子なんかも人気で、この日はケンジと肉球に加えて、シマエナガの練り切りも買いました(280円)。

(ハートを持ってますね)
Otaru_20220205-171949

※つくし牧田の定休日は毎週日曜日で、営業時間は9時〜17時です。
和菓子処 小樽 つくし牧田 オフィシャルサイト
和菓子処 つくし牧田(@tsukushimakita) / Twitter

Otaru_20220205-150511

Otaru_20220205-150439

【関連記事】
小樽美術館にて土肥美帆さんの写真展「北に生きる猫」開催中!!〜話題のボス猫ケンジの写真の数々にも会えます

| | コメント (0)

2021年6月13日 (日)

え!?若鶏半身揚げが自販機で買えるの!?〜なるとの自動販売機が設置されてます

Otaru_20210612-123426

最近、ちょっと話題になっていますが、若鶏半身揚げでお馴染みの“なると”の自動販売機が出現しています。

え!?なるとの自販機!?って驚いたのですが、これ、なると屋の若鶏半身揚げが、24時間いつでも購入できるというものなんですね。

私はまだ購入してないのですが、自動販売機の表示を見ると、揚げ調理済みの冷凍品が出てくるようですね。

Otaru_20210612-123447

若鶏半身揚げの他、ざんぎや手羽先餃子もあります。

あっ、下には味付き若鶏冷凍生半身だって!!それに冷凍モモ正肉もありますね。

Otaru_20210612-123451

お店の開いてない時間に無性に食べたくなった時とか、あと、新型コロナウイルス感染が気になる方は、非対面で購入できるというわけですね。

2021年6月現在のところ、小樽市内では、稲穂町の本店と呼ばれる「若鶏時代なると」の店舗横と、先日6月2日にオープンしたばかりのなると初の中華食堂「なると軒」の2箇所に設置されているようです(その他、道内各所に設置されているようです)。
※参照:なると屋の自販機設置場所

Otaru_20210612-123412

いや〜、こんな自動販売機も現れました。今度買ってみようかな。

Otaru_20210612-123423

けど、横でお店が開いていたら、お店で買っちゃうだろうな〜(汗)

小樽なると屋
若鶏時代なると / 回転寿司うずしお

【関連記事】
あの“なると”による中華食堂「なると軒」がオープン(まだ食べに行ってませんが…)

| | コメント (0)

2021年3月22日 (月)

小樽駅の「駅なかマート タルシェ」で市内飲食店の弁当販売を再開しています【追記あり】

Otaru_20210319-135018

JR小樽駅構内にある「駅なかマート タルシェ」で、3月10日(水)から市内飲食店の弁当販売を期間限定で再開してます。

“再開”というのは、タルシェでは2月にも期間限定で弁当販売をしていたんですよね。

私も2月に何度か利用させていただいて、これが本当に美味しくてとても好評だったようなので、販売再開を喜んでいる方も多いのではないでしょうか。

Otaru_20210319-134933

今回は3月10日(水)〜3月31日(水)までの販売で(期間延長の可能性もあり)、規模と販売方法を一部変更していて、販売時間は10時頃〜夜6時半(完売時点で終了)。予約はできないとのことです。
※弁当販売は4月いっぱいも継続になってます。

Otaru_20210319-134936

内容は日替わりで、参加店はらく天、かまわぬ、とろり庵、えだかん、ル・キャトリエム。全ての日で全店のお弁当が揃うわけではないそうです。

Otaru_20210319-134940
※写真は許可を得て撮影させていただいたのですが、時間が遅くてすでにだいぶ売れちゃってました。

3月の販売では私はまだ買ってないのですが、本当に美味しかったので、また買いに行きたいです。

今のところ、販売期間は3月31日(水)までなので、気になる方は、お忘れないように。

駅なかマート タルシェ | Facebook

※参考:駅なかマートタルシェ「お弁当販売」再開!!(3/10~3/31) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20210319-135115

【補足】
ところで、小樽・後志中心の加工品やスイーツを集めたセレクトショップ「駅なかマートタルシェ」は、第30回優良経営食料品小売店等表彰事業の最高賞となる農林水産大臣賞を受賞をしています。

Otaru_20210319-135010

小樽をはじめ後志の美味しいものが集まっているタルシェは、独自の商品開発や移動販売車も運営してるんですよね。

※参照ニュース
・2021年3月13日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
駅ナカマート“たるしぇ” 優良経営食料品小売店表彰(小樽ジャーナル)

ということで、駅なかマート タルシェの市内飲食店の弁当販売再開と、農林水産大臣賞を受賞についてでした。

tarche – 小樽駅の中、小樽しりべしの美味しいがいっぱい

《追記 2020.4.3》  
※弁当販売は4月いっぱいも継続になってます。また、中央市場内のガンガン亭が、新たに弁当販売に加わってました。
Otaru_20210401-151247

【関連記事】
小樽駅の「駅なかマート タルシェ」で市内飲食店の弁当販売をしています(2月27日までの予定)

| | コメント (0)

2021年1月16日 (土)

今年も小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)をひとつ口に入れて雪かきのお供に

Otaru_20201220-223122

こちら雪国に住んでいるからには、雪かきは避けては通れませんが、これがなかなかの重労働ですよね。

そんな雪かきの最中に、私はよくあめ玉を口に入れて作業をしているのですが、今年もその雪かきのお供にしているのが、こちら、明治44年創業の小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」、通称「水晶あめ玉」です。

Otaru_20201221-150009

実はこのことは毎年書いてるんですが、この澤の露、本当に美味しいんですよね。

澤の露は、水飴を使用せずに砂糖だけで仕上げていて、着色料、保存料等も使用してないということで、自然で優しい甘さなんですよね。

Otaru_20201220-223058

Otaru_20201220-223106

ちなみに澤の露本舗のお店は、花園銀座商店街の寿司屋通り側入口横にあります。

Otaru_20210115-151953

Otaru_20210115-151935

今回の写真は一番小さなパッケージの商品(350円)のものですが、他にも容量の大きいものや缶入り、箱入りなど色々あって、お土産や贈答にも喜ばれますね。

さて、今日もこの水晶あめ玉を一個口に入れて、雪かき頑張ります!!

※夏にパッケージが新しくなり、ホームページもリニューアルされたんですね:小樽名物 澤の露本舗

※オンラインショップ:澤の露本舗

※今回は、JR小樽駅構内にある「駅なかマート タルシェ」でも扱っているので、そちらで購入しました。タルシェは、小樽・後志中心の加工品やスイーツを集めたセレクトショップで、いろんな商品があって楽しいんですよね。
tarche – 小樽駅の中、小樽しりべしの美味しいがいっぱい

【関連記事】
小樽の老舗「澤の露本舗」のあめ玉「澤の露」(水晶あめ玉)を雪かきのお供に

| | コメント (9)

2020年7月10日 (金)

奥沢のアイスクリーム専門店「北からの贈り物」でクッキーミルクと超いちごを食べてきた

Otaru_20200621-164933

先日、奥沢にある小樽のアイスクリーム製造会社の「さくら食品株式会社」による、アイスクリーム専門店北からの贈り物」に行ってきました。

このさくら食品の新ブランドアイスクリーム専門店は、4月10日のオープン以来、あちこちのメディアで紹介されているようで、とても人気になっているようです。

Otaru_20200621-161007

さくら食品は、奥沢の勝納川沿いのかつて北の誉酒造があった建物に入っていて(2017年9月に新工場移転)、「北からの贈り物」の店舗もその社屋内(旧酒泉館の建物)にできたんですよね。

(旧酒泉館の建物がそのまま使われているのが嬉しいですね)
Otaru_20200621-161027

Otaru_20200621-161801

このブログでは、そういった点でも注目していて、オープン時に紹介したのですが、その時はまだ食べてなくて、今回、ようやく食べに行ってきました。
※オープンしてまもなくの記事がこちら:奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)

Otaru_20200621-161126

北からの贈り物で人気のクッキーミルクと超いちごを食べてきた

今回行ったのは6月21日とちょっと前で、夕方の遅めの時間だったのですが、なんと店外まで並んでいました。

Otaru_20200621-161804
(普段は並ぶのは苦手なのですが、せっかくなのでと並びました)

お店のメインは自社で製造しているアイスと、フルーツやクッキーなどを特殊な機械でブレンドする「ブレンダーアイス」なるものです。

そうそう、基本的な話ですが、ここはソフトクリームのお店ではなくて、アイスのお店なんですよね(あっ、ミルクソフトもありました)。

定番メニューの中で、私が訪れた時の人気No.1がクッキーミルク(ココアクッキー×ミルクアイス)で、人気No.2が超いちご(いちご×いちごアイス)で、その他にもクッキー抹茶や濃厚キャラメルといった、気になるアイスがありました。

ブレンダーアイスの価格はコーンサイズによってレギュラー300円、ラージ400円があり、レギュラー(300円)のみカップも選べます(価格は税込)。

期間限定メニューとして、この時は塩キャラメルとキャラメルソフトがあったのですが、すでに売り切れてました。お店では季節のメニューを展開しているようなので、定番以外のメニューのラインアップは随時変わっていきそうですね。

店舗に入って、食券を買うシステムですが、定番商品も遅い時間だと売り切れがあるようで、私が行った時もいくつかの商品が売り切れていました。

で、この日は、まずはということで、人気No.1&2のクッキーミルクと超いちごをたのみました。

このブレンダーアイスを作るのが、結構手間がかかるようですね。普通のソフトクリームのようにすぐにはできないようなので、そこは焦らず待ちましょう。

で、こちらです。見た目はソフトクリームですね。

Otaru_20200621-164847

けど、ソフトクリームに比べると、もちろんある程度しっかりはしてますが、とてもしっとりと滑らかで、中のクッキーやイチゴの食感(ツブツブ感)がなんともいえない食感を生み出してますね。

いや、これ、美味しいです。

Otaru_20200621-164920

人気があるのも納得です。

買ったアイスは、建物内にもイートインスペースがあるほか、敷地がかなり広く、外でもベンチなどがあってゆっくりと食べられます。

Otaru_20200621-164842

Otaru_20200621-161249

場所的に、行くには車が便利なところですが、かなり広い駐車場が用意されているので、その点も安心です。ドライブの途中に立ち寄るのもいいですね。お持ち帰りのカップ入りのアイスもあったので、お土産にいいかも。

Otaru_20200621-160939

おまけ〜倉庫の話

そうそう、個人的に北の誉のころからあった横の石造倉庫がなんとも気になるのですが、その裏手の奥まったところにある第2駐車場の敷地まで行ってみると、それらの石造倉庫が建ち並ぶ様子を裏から見られて、“お〜!”って、勝手に盛り上がってきました(笑)

Otaru_20200621-161845

(奥の左が第2駐車場)
Otaru_20200621-162045

Otaru_20200621-161952

Otaru_20200621-162006

こういうのが何気に残っているのもすごいですね。

おわりに

ということで、ブレンダーアイスクリーム専門店「北からの贈り物」の美味しい様子でしたが、いや〜、ここはさらに人気が出そうですね。

【店舗情報】(情報は2020年6月時点でのものです)
営業時間:9:00~17:00
定休日は当初は月、火でしたが、現在は基本定休日なしで営業しています。

さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム
さくら食品株式会社 - ホーム(Facebookページ)
小樽北からの贈り物@さくら食品(@sakurafoods1030) / Twitter

※北からの贈り物の特設サイト:北海道 小樽のアイスクリーム ソフトクリーム 北からの贈り物

※参考:北からの贈り物 | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]

※食べログ情報:北からの贈り物

 【追記】
2020年(令和2年)10月26日より冬季休業に入り、店内改造、メニューのリニューアルなどを実施しているとのことです。リニューアルオープンは令和3年3月予定。

【関連記事】
奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)
ニュースより/旧北の誉の施設がアイスクリーム製造のさくら食品の工場に!!
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

| | コメント (4)

2020年4月17日 (金)

奥沢の北の誉酒造跡地のさくら食品がアイスクリーム専門店「北からの贈り物」を4月10日にオープン(まだ入ってませんが…)

Otaru_20200415-142100

奥沢の勝納川沿いのかつて北の誉酒造があった建物は、現在は小樽のアイスクリーム製造会社の「さくら食品株式会社」が入っていて、当時の酒泉館の建物もそのまま使われています。

そのさくら食品による新ブランドアイスクリーム「北からの贈り物」の専門店が、2020年4月10日(金)に本社屋内(旧酒泉館の建物)にオープンしてます。

ブランドショップ1号店となるわけですが、お店の名前も「北からの贈り物」でいいのかな。

Otaru_20200415-142346

Otaru_20200415-142037

Otaru_20200415-142111

私はまだ入ってなくて、詳しいメニューなどは未確認なのですが、各種アイスがレギュラー250円、ラージ350円で販売されていて、コーヒーもあるようですね。

建物に入って右側に店舗スペースがあって、店内でも食べられるようですし、周囲にはベンチなどもあります。

Otaru_20200415-142135

駐車場もあるので、これから暑い時期になったら、ちょっと立ち寄ってアイスというのもいいかもしれませんね。

Otaru_20200415-142024

そうそう、建物の看板が先日まではさくら食品だったのですが、「北からの贈り物」に変わってました。

(少し前までは、さくら食品の看板)
Otaru_20200407-153428

(現在は、北からの贈り物の看板)
Otaru_20200415-142111t

【店舗情報】(情報は2020年4月時点でのものです)
アイスクリーム専門店「北からの贈り物」
営業時間:9:00〜17:00
定休日:月、火
さくら食品株式会社|北海道小樽のアイスクリーム
さくら食品株式会社 - ホーム(Facebookページ)
小樽さくら食品@北からの贈り物 (@sakurafoods1030) / Twitter

※北からの贈り物の特設サイトができてます:kitakarano_okurimono | Landing Page

※ブログ掲載情報について、現在はこういう状況ですので、急な変更があるかもしれませんので、ご了承願います。

 

補足/北の誉とさくら食品について

奥沢の当地にあった、小樽の老舗の酒造会社だった北の誉酒造は、2015年に小樽での生産を終了し、製造は合併していたオエノンホールディングス子会社の合同酒精の旭川工場に移り、それに伴い展示施設の「酒泉館」や周囲の工場などの施設も閉鎖したんですよね(酒泉館は2015年10月31日をもって閉館、小樽の北の誉酒造は2015年12月で閉鎖)。

さくら食品は、1961年(昭和36年)創業の業務用アイスクリームなどで全国に販路を持つ小樽の会社で、以前は入船4丁目のバス通り沿いに工場があったのですが老朽化で、北の誉酒造跡地に移転し、2017年9月に新工場で稼働を開始してます(参照:さくら食品の歩み|さくら食品株式会社)。

【関連記事】
ニュースより/旧北の誉の施設がアイスクリーム製造のさくら食品の工場に!!
惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

| | コメント (2)

2019年11月29日 (金)

花園銀座商店街の老舗のかまぼこ店「かま栄花園店」が11月22日にリニューアルオープンしてます

Otaru_20191128-120734

店舗の新築工事中だった、花園銀座商店街の小樽の老舗のかまぼこ店「かま栄花園店」が、11月22日(金)にリニューアルオープンしてます。

以前は花園本店と呼んでいたのですが、サイトを見ると、単に「花園店」となってますね。
※参照:「花園店」リニューアルオープン! | 小樽 かま栄のかまぼこ

Otaru_20191128-120741

花園銀座商店街の中ほど、JRの高架を過ぎたところにあった花園本店でしたが、今年の春から工事が行われていて、更地になっていた時に、当ブログでもその様子を取り上げました。
※記事はこちら:花園銀座商店街の「かま栄花園本店」が店舗新築工事のため更地に!?【情報提供】

並びにあった建物も一緒に解体されて更地になっていたのですが、新しい店舗は、それらの敷地も含めて以前より大きくなりましたね、

落ち着いた、いい雰囲気の店舗です。

Otaru_20191128-120838

最近の花園銀座商店街は、閉店したままの建物が目に止まって、めっきり寂しくなってしまったのですが、このかま栄花園店がリニューアルオープンして、少しでも賑わいを取り戻せるといいですね。

ということで、おなじみパンロール(税込216円)を買ってきました。

Otaru_20191128-190625

美味しい!!

※かま栄花園店の営業時間は9:30~18:30です(2019年11月現在)。
小樽 かま栄のかまぼこ

【関連記事】
花園銀座商店街の「かま栄花園本店」が店舗新築工事のため更地に!?【情報提供】

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽