生活密着情報

2016年4月 1日 (金)

中央バスの4月1日のダイヤ改正により山手線が往復運行になり経路も変更。小学校閉校により名称変更のバス停あり

Otaru_20160329_161221_hdr


中央バスが、平成28年(2016年)4月1日にダイヤを改正しましたが、時間だけではなくて、ちょっと注意しないといけない変更点があるようです。

詳しくは、中央バスのサイト(北海道中央バス)を見ていただくとして、ここでもちょっと取り上げてみたいと思います。

まず、何と言っても、山手線の経路が結構変わったみたいです。


山手線が往復運行になり経路も変更

Otaru_20160324_143646

基本的に山手線は、本局前から南小樽駅間の往復運行になるそうです。
つまり、本局前発で南小樽駅着と、南小樽駅発で本局前着となるわけですね。

朝7時台の2便だけ、南小樽駅経由で入船通りを下りて、これまで通り本局前のバス停まで回るそうですが、他はもうぐるっとは回らないんですね。そういえば、昔は山手循環線って言ってたんですけどね。

そして、さらに影響がありそうなのが経路変更で、今度からは小樽駅前を経由する経路に変更になって、産業会館前のバス停に止まらなくなり、さらに色内一丁目のバス停にも止まらなくなります。

Otaru_20160324_143646t

小樽駅前のバス停は、本局行きが第1ビルの手前で、南小樽駅行きが長崎屋前になります。

経路を見ていくと、山側からくる場合は、産業会館の交差点で国道5号線に入って、小樽駅前のバス停に止まるんですね。

そして、中央通りから稲穂大通り(第一大通り)に入って(ここで中央通りのバス停ですね)、サンモール一番街入口の交差点のところにある、稲穂十字街のバス停に止まるようになります。そこから日銀通りを海側に下りて、本局前が終点になります。

Otaru_20160206_102426r
(稲穂十字街のバス停)

本局前発南小樽駅行きはその逆になるのですが、本局前の乗り場の位置が、これまでの色内大通り側から、日銀通り沿いのバス停に移動するんですね。

Otaru_20160321_114911
(変更前の色内大通り沿だった本局前のバス停)

ちなみに、中央バスで使われる系統番号でいうと、【5】系統と【4】系統は廃止になって、【南4】系統山手線となるそうです。

※詳しくは、中央バスのこちらのPDFに記載されてます。
中央バス(山手線変更の詳細)

この経路の大幅変更で、どのような影響が出るのかは分かりませんが、小樽駅を利用する方には、便利かもしれませんね。
ただ、産業会館前に止まらないので、サンモール一番街側を利用する方は、小樽駅から中央通りを回って、稲穂十字街までくることになるんですね。

あと、今回の経路変更を見ると、地元の方々は、堺町通り方面や色内一丁目などの運河方面にはほとんど行かないということなんでしょうね。私はよく行くんですけどね(汗)

ということで、4月からは、山手線を利用する方は、行き帰りのバス停の位置を改めて確認した方がいいかもしれませんね。
例えば、産業会館前で山手線を待っていても、いつまでたっても来ませんからね!


バス停の名称変更

もう1つ、市内のバス停には、小学校の名前をつけたバス停がいくつかあるのですが、この3月に閉校になった小学校の名前がついたバス停の名称が変更になってます。

北手宮小学校」→「北手宮
Otaru_20160206_104234r
(2016年2月6日撮影)

色内小学校下」→「稲北十字街
Otaru_20160329_133325

色内小学校下の写真は3月29日撮影ですが、よく見たらもうバス停の名称は変更になっていて、上に「色内小学校下」の紙が貼ってましたね。

Otaru_20160329_151048

まだ、変更後の写真はないのですが、小学校がなくなってバス停の名称が変わるというのは、ちょっと寂しいですよね。

その他にも、バス停の位置が変わっているのが、天狗山ロープウエイ線の「中央通」と、最上線の 「産業会館前」とのことで、位置がちょっとだけズレるので、要注意ですね。

Otaru_20160329_153830

※詳しくは、中央バスのこちらのPDFに記載されてます。
中央バス(停留所の名称と位置変更詳細)

ということで、中央バスを利用する方は多いと思うので、慣れるまでは、しばらくは間違わないように、注意が必要かもしれませんね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

小樽市プレミアム商品券の使用期限が迫ってます。どこかにしまったまま忘れてませんか?

小樽市在住、もしくは小樽に通勤・通学者限定の話題で申し訳ありませんが、小樽市プレミアム商品券の使用期限が迫ってますよ!

Otaru_20150702_144604r

小樽市プレミアム商品券の使用期限は、今月末の平成27年12月31日(木)までなので、鞄の中や引き出しの奥にしまい忘れがないか確認して、あったら期限内で使うようにしましょう。

期限が切れた商品券は使用できなくなり、未使用の商品券の払い戻しもしてくれないそうです。

※参考
小樽市 :小樽市プレミアム商品券
小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページ

小樽市プレミアム商品券は、今年(平成27年)の5月に予約申込みがあり、7月から引換販売があったものの、売れ残りがあったために、8月に2次販売をしたんですよね。

その2次販売の時には、先着順の窓口販売のみだったために、大行列ができてしまい、買えない人が現れるという混乱が起こってしまったのは、随分と前のような気がします。

Otaru_20150704_141643

2015年12月16日付の北海道新聞朝刊小樽・後志欄によると、11月20日までに換金されたのは、発行総額の89.9%だとか。結構、残ってますね。

今一度、使い忘れがないか、確認してみてはどうでしょうか。

え?うちですが?
我が家もプレミアム商品券を購入しましたが、一ヶ月くらいで使い切ってしまいましたから(汗)

【関連記事】
「小樽市プレミアム商品券」の2次販売に約2,000人の行列。2日間で約8,000人が殺到で早くも完売
お得な「小樽市プレミアム商品券」の2次販売が8月8日~13日の期間で実施
1冊10,000円で12,000円分のお買い物「小樽市プレミアム商品券」受付中です。申込期間は6月7日まで延長


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 8日 (日)

坂の街・小樽の冬の必需品、滑り止めの砂が準備されてました

秋が深まるこの時期は、街全体が冬に向けての準備を始めるのですが、これもまた、その準備のひとつですよね。

Otaru_20151101_152953

雪道用の滑り止め用の砂袋が入りました。

Otaru_20151025_145953

先月の下旬に砂が補充されたようですが、小樽は坂の街なので、雪の季節にこの滑り止めの砂は、必需品なんですよね。

雪が降って路面が凍結した際には、車がスリップしたりするのですが、車もさることながら、歩行者も滑って危ないんです。

そういう時に、この砂を撒くと、かなりの効果があるんですよね。

砂袋は市(委託業者)が補充してくれて、散布や保管などはボランティアさんが管理してくれるんですよね。感謝です。

ちなみに、この滑り止めの砂の入れ物は、砂箱なんて呼ばれてますが、市内のあちこちにこの砂箱が設置されていて、実はその形も様々なんです。

以前、こんな記事も書いてますのでどうぞ。
小樽で目にした「滑り止めの砂箱コレクション」

小樽の主要な坂道にはロードヒーティングが設置されてますが、さすがに隅々の坂道にまでとはいきませんので、やっぱりこの滑り止めの砂が必要なんですよね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

小樽市立病院横に建設中だった新しい駐車場がいよいよ10月16日にオープン

小樽市立病院横に建設中だった新しい駐車場が、ようやく10月16日(金)にオープンするようです。

Otaru_20150922_163717

この場所は旧小樽病院があった場所で、2014年12月に現在の新しい小樽市立病院が開院してから、元のこの場所で駐車場建設が始まったのですが、ついにできたようですね。

旧小樽病院の頃から、駐車場不足は問題で、新病院ができてからも、ちょっと離れた場所に臨時駐車場は確保されていたようですが、このすぐ横の新しい駐車場の完成が待たれていたんですよね。

Otaru_20150922_163601

Otaru_20150922_163545

旧小樽病院の建物が解体されていく様子は、このブログでも掲載しましたが(記事はこちら:旧小樽病院の建物の解体が進んでいます。まるで廃墟を壊しているよう)、古くても馴染みのある建物が壊されていく様子は、ちょっと寂しいものがありました。

ただ、現金なもので、建物の形跡がすっかりなくなった後は、早く駐車場ができないかな〜、なんて思ってしまうんですよね。

Otaru_20150922_163525

新しい駐車場の料金・精算方法などの詳細は、小樽市立病院のサイトに掲載されていて、外来患者、お見舞い、その他一般利用者、それぞれで料金・精算方法が異なるとのことです(24時間利用可能)。

残念ながら、病院を利用する外来受診やお見舞いの際も、駐車料金はかかるようです。
例えば、
外来受診の方:1回100円(12時間を超えた場合100円/1時間)
外来受診(身体障がい者の方):無料
お見舞いの方:2時間まで100円、以降1時間毎に100円
※病院に来た際には、院内に駐車場事前精算機ができるようです。
一般の方:300円/30分

といった感じで、詳しくは病院サイトのこちらで確認してください。
新しい駐車場が10月16日(金)にオープンします | 小樽市立病院

Otaru_20150922_163648

新しい駐車場のオープンに伴って、3カ所あった臨時駐車場と、現在臨時開設されている病院正面横の駐車スペースは、10月15日(木)で使用できなくなるそうなので注意ですね。

ということで、ようやくできて、間もなくオープンの、小樽市立病院の新しい駐車場についてでした。


ちなみに、先日、小樽市役所のFacebookページに掲載されていた投稿がこちら。

小樽市立病院です。10月16日(金)、病院横に新しい駐車場がオープンします。料金・精算方法など詳細は病院ホームページよりご覧ください。http://www.otaru-general-hospital.jp/blog/h270918parking/※これに伴い、臨時駐車場および、臨時開設の病院正面の駐車スペースは、10月15日(木)で使用できなくなりますので、お間違いのないようお願いします。

Posted by 小樽市役所 on 2015年9月17日

【関連記事】
旧小樽病院の建物は解体が進み正面部分がなくなってました
12月1日からこの建物は“旧小樽病院の建物”と呼ばれることに
小樽の新市立病院の建物は完成し、12月1日の開院に向けて準備中


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

お得な「小樽市プレミアム商品券」の2次販売が8月8日~13日の期間で実施

Otaru_20150702_144604r


この投稿は小樽市在住、もしくは小樽に通勤・通学者限定の話題ですのでご了承を。

先日、予約販売が行われた、「小樽市プレミアム商品券」は、1冊10,000円で12,000円分の買い物ができるプレミアム付き、ということで、10万冊が発行されたのですが、どうやら結構な枚数が売れ残ってしまったようです。

そこで、「小樽市プレミアム商品券」の2次販売を行うそうです。

今回の2次販売は、予約制ではなくて、先着順による窓口販売とのことで、詳しくは、小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページで確認してくださいね。

ただ、このブログでも、その2次販売について、ちょっとまとめてみますね。

【追記】小樽市プレミアム商品券は、8月8日(土)・9日(日)の2日間で完売しました。

「小樽市プレミアム商品券」の2次販売について

販売日時:平成27年8月8日(土)~13日(木)
ただし、土日とそれ以降と時間が違います。
8月8日(土)〜8月9日(日)は、9:00~16:00
8月10日(月)〜8月13日(木)は、9:00~15:00

※販売冊数は、約33,000冊(1次販売で残った分ですね)で、なくなり次第販売終了です。

購入限度額:1人につき5冊まで(1回限り) (もちろん、1冊10,000円ですよ)

販売場所:小樽信用金庫本店窓口のみで販売(←ここ注意です。本店のみです)

Otaru_20150707_110334
小樽信用金庫本店は、日銀通り沿いの都通りの向かいです。

購入対象者は、“平成9年4月1日までにお生まれの満18歳以上の方で、小樽市にお住まいの方、もしくは小樽市内への通勤・通学者。”とのことで、先日の予約販売で購入された方も購入できます。

購入時には、ふれあいパス、自動車運転免許証、健康保険証など、住所・氏名・年齢が確認できるものが必要なので、忘れないように。

ちなみに、購入したプレミアム商品券の使用(有効)期間は、平成27年12月31日(木) までです。

たばこや商品券、ビール券、図書券などはダメとか、公共料金等の支払いもできないとかの制限はありますが、結構、あちこちの店舗で利用できますよ。

利用できる店舗には、目印になるポスターが貼ってます。
Otaru_20150704_141643

また、取扱店一覧は、小樽商工会議所内のホームページにPDFで掲載されています。
取扱店一覧(これ、PDFデータがテキストデータではなくて検索できないのが残念です)

予約制だった1次販売は、申込み方法が往復はがきを利用して、引換販売店舗を指定して(小樽信用金庫)などと、ちょっと手間だったのと、当初は使用できる取扱店も同時に募集ということで、どこで使えるのかが分からなかった、というもあってか、だいぶ残ってしまったようですね。

今回は、直接窓口での販売ということで、購入方法は単純です。
ただ、どうなんでしょうかね。販売方法は、先ほどの通り、先着順による窓口販売のみなので、混みますかね。

いずれにしても、前回買いそびれた方や、追加で購入したい方は、お忘れなく。

ということで、詳しくは、小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページで、再度確認してくださいね。


《追記 2015.8.12》
小樽市プレミアム商品券は、8月8日(土)・9日(日)の2日間で完売しました。
「小樽市プレミアム商品券」の2次販売に約2,000人の行列。2日間で約8,000人が殺到で早くも完売

【関連記事】
※1回目の販売時の記事はこちら。
1冊10,000円で12,000円分のお買い物「小樽市プレミアム商品券」受付中です。申込期間は6月7日まで延長: 小梅太郎の「小樽日記」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月24日 (日)

1冊10,000円で12,000円分のお買い物「小樽市プレミアム商品券」受付中です。申込期間は6月7日まで延長

この投稿は小樽市在住、もしくは小樽に通勤・通学者限定の話題ですのでご了承を。

小樽市では、1冊10,000円で12,000円分の買い物ができるプレミアム付き商品券「小樽市プレミアム商品券」を発行するということで、現在、その申込予約受付中なんですよね。

Blog20150516_132540

詳細は、「小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページ」に記載されてますが、購入対象者は、“平成9年4月1日までに誕生した満18歳以上である、小樽市にお住まいの方、もしくは小樽市内への通勤者または通学者。”ということになってます。

ただ、平成27年5月1日(金)から始まった予約申込数が伸び悩んだようで、当初は5月31日までだった申込期間を、6月7(日)まで、延長したようです。

この「小樽市プレミアム商品券」、私も最初「おっ!」っとは思ったのですが、なにせ、当初はどこで使えるかがよく分からなくて、ちょっと様子見だったんですよね。

というのも、そのプレミアム商品券を使用できる取扱店も、同時に募集していたので、最初は取扱店も少なかったんですよね。

それが、ここにきて、取扱店も随分と増えてきているみたいで、5月20日現在、商店街、市場、コンビニエンスストア、飲食店、スーパーなど900店舗を越えているようです(参考:小樽市役所 - 「小樽市プレミアム商品券」でお得にお買い物!...)。

こうなると、主立ったお店はほとんど使えそうですね。

プレミアム商品券が使用できる取扱店一覧は、小樽商工会議所内のホームページにPDFで掲載されています。
取扱店一覧

ただ、これ、残念なのが、PDFデータがテキストデータではないので、検索できないみたいなんですよね。
目的の店が取扱店かどうかがすぐに分かればよかったのですがね。

ちなみに、プレミアム商品券が使用できる取扱店一覧のPDFは、郵便番号(住所)順に並んでいるようです。

申込方法の詳細については、「小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページ」を見てください。色々と決まりがあります。

例えば、申込は往復ハガキによる予約販売のみの扱いで、その往復ハガキの申込締め切りが、6月7(日)(当日消印有効)とか。

購入限度額(1人5冊まで)があり、購入申込みの総冊数が発行冊数(10万冊)を超えた場合、購入冊数の調整があるとか。

引換販売店舗は、小樽信用金庫(市内9店舗)なんですが、申込時に往復ハガキに引換希望の小樽信用金庫店番号(番号はチラシやサイトに記載)を記入しなければならないとか。

つまり、返信ハガキがきてから、それを持参して引換販売店舗で商品券を購入しに行かないといけないけど、ハガキに記載した店舗以外では、購入できないとか。

その引換販売期間も、平成27年7月1日(水)~7月10日(金)の平日9:00~15:00までと、短期間なので注意が必要だとか。

たばこや商品券、ビール券、図書券などはダメとか、公共料金等の支払いもできないとか…

あ〜、やっぱりこういうのは、きちんと調べておかないとダメですね。
改めて、詳細はこちらのサイト(もしくはチラシ)できちんと確認しましょう。
小樽市プレミアム商品券のご案内|小樽商工会議所ホームページ

とはいえ、1冊10,000円で12,000円分って、よく考えてみたら、20%のプレミアム付きって大きいですよね。
実は、うちもまだなのですが、これから申し込もうと思ってます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月26日 (月)

冬に働く車〜除雪車は毎日作業中

Otaru_20141229145029


冬の間は雪が積もってくると、道路脇には雪かきされた雪がどんどん積まれて視界が悪くなり、道路は狭くガタガタになり、特に小樽は坂の街なので、車も歩行者も大変な状況になりますよね。

地域の除雪は住民の協力や業者さんによって日々除雪され、大掛かりな除雪となると、市の除雪を待つことになります。

市の除雪車は、なかなか市内全域をカバーするのが大変と思われ、地元の道路になかなか来てくれないと気をもむ住民も多いですが、除雪が入ると見事に綺麗になるんですよね。


それでは、そんな冬に働く車たちの様子です。

Otaru_20150114135204

Otaru_20141227145207


ちなみにこちらは、ロータリー除雪車ですね。
Otaru_20141229145025


街中は、雪を積んだトラックがあちこちで走ってます。
Otaru_20141227141941


これはどうやら、滑り止めの砂の散布車ですね。
Otaru_20141224163050

Otaru_20141224163051


凍結防止剤散布車というのも走ってました。
Otaru_20150118162145


冬は中ばでまだまだ除雪作業は必要です。
除雪車による大掛かりな作業は大変でしょうが、よろしくお願いしたいですね。

Otaru_20150114155239

除雪車は今日も作業中です。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

新小樽市立病院が12月1日からいよいよ開院となりました

先日、12月1日(2014年)から開院となった新小樽市立病院に行ってきました。

Otaru_20141210093037

2012年(平成24)の3月に市内最古の小樽市立量徳小学校が138年の長い歴史の幕を閉じ、その跡地で建設が始まった新しい市立病院でしたが、いよいよ開院となりましたね。

Otaru_20141210093053

Otaru_20141210104138

さすがに病院内の写真は撮りませんでしたが、とても広く綺麗でしたよ(って、旧市立病院がかなり古かったですからね)。

もちろん、すでに患者さんで病院内はごった返していて、入口には案内係の方が、ひっきりなしに来院する方の予定を伺って、行き先を案内してました。

私も初めてとあって、例えばエレベーターひとつもどこにあるのか分からないので、ちょっとウロウロしてしまいました(あっ、用事もなく行ったわけではなく、検診を受けに行ってきたんです)。

面白かったのは、たまたま水を飲もうとしたところ、1階の自動販売機で水が飲めると案内してもらい、行ってみると、有料の飲み物に並んで自動販売機の真ん中に水のボタンがあって、それを押すと紙コップに水が出てきました。もちろん無料ですが、水も自販機から出てくるんですね。

新しくなって、便利になったのであれば市民にとっていいことですが、正直、病院にはあまりお世話にはなりたくないですね(汗)

Otaru_20141210104349

ところで、新しい病院の建物ができて、屋上から何やら平べったいものが飛び出ているのが気になっていたんです。

Otaru_20141210104419

これ、どうやら屋上ヘリポートの一部のようですね。

Otaru_20141210104428

ここにドクターヘリが離着陸するようで、先月には患者搬送訓練も行われていたようです。
(参考ニュース:ドクターヘリ患者搬送訓練 市立小樽病院 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

小樽市立病院のサイトも新しくなってました。新しいロゴマークも公募により決まったんですよね。
小樽市立病院

Otaru_20141210104442

気になるところでは、現在、病院前の駐車場がちょっとスペース的に狭いのですが、小樽ジャーナルに次のような記事が掲載されていました。

現在の駐車場は、正面玄関右手に20台駐車可能。その他には、病院から少し離れた場所となる臨時駐車場3ヶ所に約100台を確保。平成27年10月頃までに、旧病院跡地に約250台を収容する駐車場の完成を予定している。
新小樽市立病院 紆余曲折の開院! (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

Otaru_20141210104202

3ヶ所の臨時駐車場は、こちらのサイトに掲載されていますが、ちょっと遠いので、しばらくは旧病院同様、駐車場が不便そうなので要注意ですね。
交通アクセス・駐車場 | 小樽市立病院

また、駐車場になる予定の旧病院の建物がどうなるかも気になっていたのですが、こちらは早々になくなりそうですね。

※関連ニュース
新小樽市立病院 紆余曲折の開院! (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
もうすぐ「旧小樽病院」となってしまう市立小樽病院の建物
小樽の新市立病院の建物は完成し、12月1日の開院に向けて準備中


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年11月 3日 (日)

冬の小樽の必需品、滑り止めの砂が入ってました

ここ最近は紅葉の話題を続けて来てますが、こちらはもうすぐ雪が降り、冬を迎えます。
そして、小樽は坂の街です。

そこで活躍するのが、小樽の街のあちこちで見られるこの入れ物。

Otaru_20131029101913

ちょっと前までは空だったのですが、いつの間にか入ってました。

Otaru_20131028084012

はい、この中には雪道での滑り止め用の砂袋が入ってるんです。

小樽は坂の街なので、雪の坂道は路面が凍結したりで、車がスリップして立ち往生、なんてことがよくあります。
人が歩くのも危ない坂なんてのもたくさんあります。

そこで登場するのが、この砂なんですね。

Otaru_20131103143657

この砂の効果はかなりのもので、スリップしてしまった時に利用するのはもちろん、あらかじめ危険な場所にまいておいたりもします。

確か、砂袋が無くなると、市(委託業者)が補充してくれて、ボランティアさんが管理してくれていたりするんですよね。感謝です。

こんな形のもあります。

Otaru_20131031113912

小樽は坂ばかりで、ロードヒーティングは限りがあるので、冬の間はこの砂は大活躍することになります。
ただ、春になると、雪解け後にその砂が残って粉塵が舞ってしまうという問題もあるようです。

ということで、紅葉を楽しみながらも、こちらは着々と冬を迎える準備も進んでます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

市の除雪作業中

“今日の道内は大荒れの予報です”というニュースを、何だか毎日聞いているような気がしてきます。

今シーズンは早い時期から大雪で、小樽も例年になく雪が降り続いてます。

市民生活にも結構な影響が出ているようですが、とにかく雪かきが大変。

更に、道路脇には雪かきされた雪がどんどん積まれ、見通しが悪くなって、かなり危険です。

Otaru_dsc02695

道路自体も積もった雪が凍って、更にガタガタになってと、かなり荒れてます。

市の除雪作業も追いつかないという話もよく聞きますが、確かに今シーズンは早くから降り過ぎです。

Otaru_dsc02874

ちなみに、市の除雪車による本格的な除雪作業は、かなりの迫力です。

もの凄くでかい、ロータリー除雪車もやってきたりして、

Otaru_dsc02872

あまりの迫力で、ついつい見とれてしまいます(^-^;

ただ、作業中は危険なので、近づかないように注意しましょう。

Otaru_dsc02870

大変でしょうけど、小樽は坂の街で、道路の整備も兼ねた除雪作業がなければ、どうにも生活に支障をきたすので、よろしくお願いしたいところです。

Otaru_dsc02878


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌