ちょっとした風景

2018年10月17日 (水)

なるほど!!これが噂の朝里駅にある行き止まりの自動改札機か!!

Otaru_20181004_132140t


ちょっと前のことですが、朝里駅の自動改札機がTwitterで話題なったのをご存知ですか!?

ネットで目にした方も多いかと思うのですが、私もその話題を見て、地元・小樽の話題だったので、気になっていたのですが、実際にちゃんと目にしたことがなかったので、先日、遅ればせながら見に行ってきました。

それがこちら、奥が壁で行き止まりの自動改札機です(写真は10月4日撮影)。

Otaru_20181004_132135t

自動改札機なのに、通り抜けできません。

Otaru_20181004_132306

これが通過できない自動改札として、話題になったんですよね。

朝里駅は無人駅なので、これはICカードでの入出場記録を取るための簡易自動改札機なんですね。

Otaru_20181004_132310

設置されているのは、高台になっている側の小樽駅方面行きのホームの待合室内です。

Otaru_20181004_132256

Otaru_20181004_132302

自動改札機には、それぞれ「乗るとき」と「降りるとき」と表示されているので、乗降時それぞれの際に、ICカードをタッチして(もちろん、通り抜けできませんので)そのまま電車に乗ったり、駅から出たりします。

Otaru_20181004_132315

Otaru_20181004_132326


実は、朝里駅の駅舎は海側の札幌方面行きのホーム側にあって、その駅舎には普通に自動改札機が設置されているので、そちらでは普通にICカードをタッチして通り抜けて利用するんですよね。

Otaru_20181004_132410

(駅舎の自動改札機)
Otaru_20181004_132616

ただ、朝里地区の市街地が広がるのは高台側で(海側は本当にすぐに海ですからね)、そちらから小樽駅方面行きのホームには、海側の駅舎に回らなくても直接出入りできるので、そういう時にこの簡易自動改札機が活躍するんでしょうね。私も実際にタッチして電車に乗ってきました。

Otaru_20181004_152319

このような行き止まりの簡易自動改札機が設置されていたとは、今まで朝里駅を通過する時に目にしていたのかもしれませんが、気づきませんでした。

小樽市民にはおなじみの朝里駅ですが、利用しているかというと、地元の方以外は乗り降りする機会はあまりないかもしれませんから、小樽市民でも知らない方は多かったかもしれませんね。

Otaru_20181004_152552

ということで、小樽巡りブログとしては、どうしても書き留めておきたかった、Twitterで話題になった、朝里駅にある行き止まりの自動改札機の様子でした。


※話題になったのは、もとはこの方のツイートが発端とのことです。小樽にきてくれてありがとうございます!


その他にも、以前から気になっていた方はいたようですね(※参考:花いっぱいの無人駅★JR朝里駅|グランドパーク小樽)。

※参照サイト:通り抜けできない!? 壁際の自動改札機…JR北海道に使い方を聞いた - FNN.jpプライムオンライン

Otaru_20181004_132119


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年10月 4日 (木)

日が暮れたメルヘン交差点に行くと、ルタオ本店などのイルミネーションがとても綺麗でした

Otaru_20181001_174734


先日、日がほぼ暮れた夕方、というか夜の18時前頃にメルヘン交差点に行ってきました。

この時間は、周辺のイルミネーションがとても綺麗なんですよね。


こちらは、小樽洋菓子舗ルタオ本店のイルミネーションです。
Otaru_20181001_174517

Otaru_20181001_174544

こちらはメルヘン交差点のシンボルでもある常夜灯と、その向こうはオルゴール堂本館ですね。

Otaru_20181001_174656

Otaru_20181001_174720

こちらはスーベニールオタルカン

Otaru_20181001_174724

堺町通り。
Otaru_20181001_174534

交差点から。
Otaru_20181001_174800

再び、メルヘン広場からルタオのイルミネーションを見たところ。
Otaru_20181001_174618

ここのルタオの横には、巨大なカボチャのオブジェが設置されていて、そちらもなかなか不気味にライトアップされてましたよ。

Otaru_20181001_174630

数は少ないですが、夜の小樽を楽しむ観光客の皆さんが、記念撮影をしてました。

そうそう、昨年に続いて「第2回 OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」が9月20日(木)〜10月31日(水)の期間で、小樽堺町通り商店街やメルヘン広場を会場に開催されているんですよね。

期間中は、堺町通り商店街にある街灯にハロウィンフラッグを飾るなどして、色々な企画も週末中心に用意されているようですよ。

小樽堺町通り商店街のサイトに、予定されている主なイベントについて、日程等が掲載されていまるので、参考にしてください。
第2回オタルスイートハロウィン~あまくて楽しいオカシな堺町~開催のお知らせ - 小樽堺町通り商店街 | 小樽

ということで、なかなか綺麗だったメルヘン交差点のライトアップの様子でした。

(通りの奥から見たルタオもなかなかいい眺め)
Otaru_20181001_174424

※関連サイト
第2回 オタルスイートハロウィン…(9/20~10/31)堺町通り・メルヘン広場 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
オタルスイートハロウィン 堺町通りで10/31まで (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
小樽堺町通りでハロウィン・イベント「OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」開催中【追記あり】
【小樽の紅葉2017】早くも紅葉が見頃のメルヘン交差点


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 3日 (月)

建て替え予定の北陸銀行小樽支店の建物はすでになくなってた

Otaru_20180902_151959


中央通りと稲穂大通り(第一大通り)の交差点の一角にあった、北陸銀行小樽支店の建物がなくなってます

(見通しがよくなってますが、なんだか物足りない気もしますね)
Otaru_20180902_152005

といっても、北陸銀行小樽支店は、現在建て替え工事中なので、解体が終わったということですね。そのうちここで建設工事が始まって、新しい店舗が建つことになります。

ということは、この交差点のこの場所に建物がないこの風景というのは、今だけの風景ということになるんですよね。

Otaru_20180902_152112

“小樽日記”的に、これがそのうちに見られなくなる風景だと思うと、なんだかカメラに収めずにはいられませんでした(笑)

これもまた、今の小樽の記録ということで。

Otaru_20180902_152031

ところで、北陸銀行小樽支店ですが、もともとここに建っていた店舗は、1974年(昭和49年)10月に完成した建物ということで、老朽化が進んでいたそうです。

こちらが、これまで建っていたその店舗です。
(写真は2018年3月8日撮影)
Otaru_20180308_145915

新店舗の完成は2019年4月末を予定しているとのことです。

ちなみに、小樽支店の業務の取り扱いは、現在、奥沢十字街にある北陸銀行奥沢出張所内に一時移転しています。

【関連記事】
建て替え工事中の北陸銀行小樽支店を囲う壁に小樽の風景画が描かれてます〜【情報提供】上の赤い看板が解体
ニュースより/北陸銀行小樽支店の建物が老朽化により建て替えに。奥沢出張所内に一時移転


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

山の手小学校横の小樽公園内の道路沿いに長〜〜い花壇ができてました【追記あり】

先日、小樽公園に行って、白樺林のある公園南側に向かうと、道路沿いに花壇ができてました。

(2018年6月15日撮影)
Otaru_20180615_140809

綺麗に整備されてますね。

横にあるフェンス越しの建物は、この春に開校した山の手小学校です。

Otaru_20180615_140737

花壇はフェンスの続く道路沿いに作られていて、長いです。

長〜〜〜い!!
Otaru_20180615_140708

いつこの花壇が出来たのかは分からないのですが、花はまだ植えられて間もないようで、これからもっと綺麗に咲いてくるでしょうね。

Otaru_20180615_140653

その様子を見るのも楽しみです。

そうそう、この日は天気も良くて、花壇の反対側に広がる白樺林もとっても爽やかでした。

Otaru_20180615_140637

Otaru_20180615_140551

ここからは天狗山も綺麗に見えるんですよね。

Otaru_20180615_140504


《追記 2018.8.23》 

8月上旬に前を通ったら、花壇の花が綺麗に咲いていました!!(撮影は8月7日です)

Otaru_20180807_130522

Otaru_20180807_130449

Otaru_20180807_130423

Otaru_20180807_130355

Otaru_20180807_130329

Otaru_20180807_130326


【関連記事】
小樽市立山の手小学がいよいよ開校。学校前の道路には新しく信号が設置されてました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 9日 (土)

都通りで顔を上げて建物の2階を見上げてみたら色んな窓が並んでた

Otaru_20180308_155040


都通りといえば、小樽市民が普通に買い物に出かける身近な通りですよね。

普段は何気なく歩いている都通りですが、ふと顔を上げて建物の2階を見上げてみたら、なんだか色んな可愛い窓が並んでましたよ。

ということで、今回は、そんな都通りの建物2階の窓の写真を掲載していきますね。

Otaru_20180405_150942


都通りで見上げてみたら色んな窓が並んでた

Otaru_20180405_150631

Otaru_20180405_150653

Otaru_20180405_150659

Otaru_20180405_150724

Otaru_20180405_150733

Otaru_20180405_150743

Otaru_20180405_150806

Otaru_20180405_150957

Otaru_20180405_151030

Otaru_20180405_151044

Otaru_20180405_151054

Otaru_20180405_151108

Otaru_20180405_151142

Otaru_20180405_151147

Otaru_20180405_151228

Otaru_20180405_151240

Otaru_20180405_151249

こちらは中央通り沿いの建物で、中央通り側から見上げました。
Otaru_20180405_151321

Otaru_20180405_151341


おわりに

どうでしたか。都通りはアーケードということもあって、通りの両側に並ぶ建物を見上げることって、あまりないと思いますが、色んな窓が並んでますね。そして、なかなか素敵な窓もありましたよ。

ただ、上を見ながら歩くのは危ないので、前方と足元には注意しましょうね。

【関連記事】
都通りの輸入雑貨店「December3」は、小樽市指定歴史的建造物の「旧丸ヨ白方支店」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月15日 (日)

今年も勝納川に鯉のぼりが泳ぐ季節になりました

Otaru_20180414_150224


すっかり春の風物詩となった、勝納川の鯉のぼりが、今年も登場しました。

勝納川の鯉のぼりが泳いでいる場所は、国道5号線の高砂橋から南樽市場横の真砂橋までと、そのちょっと先まで飾られています。

毎年4月の第2日曜日に設置されているとのことで、今年は8日(日)からと早かったんですよね。

Otaru_20180414_150452

Otaru_20180414_150440

Otaru_20180414_152921

様々な鯉のぼりと一緒に、今年も大漁旗が風に揺れています。

(真砂橋から下流)
Otaru_20180414_152948

このすっかりおなじみとなった風景は、毎年、新聞などでも取り上げられるようになっていて、今年も2018年4月14日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄や泳ぐ泳ぐ鯉のぼり!勝納川に春の訪れ (小樽ジャーナル)ですでに紹介されています。

当初は地元町内会「若松2丁目会」の有志が持ち寄った、約20匹ほどの鯉のぼりで始まったというこの勝納川の鯉のぼりも16回目を迎えて、ニュースによると、今年は約320匹の鯉のぼりと大漁旗約60枚が飾られているそうです。

今年は5月13日に撤去予定とのことですので、それまでしばらくは勝納川に泳ぐ鯉のぼりを楽しめます。

そうそう、冬の間から立ち入り禁止にっている川沿いの散策路には、まだ降りることができないのですが、期間中に降りれるようになれば、この鯉のぼりを下から見上げることもできるんですよね。

Otaru_20180414_150259

【関連記事】
※昨年の記事です。
勝納川に今年もたくさんの鯉のぼりが泳いでます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月11日 (水)

小樽公園の見晴台からの眺めと、花園グラウンドと入船公園の残雪の様子

Otaru_20180410_144301


先日、天気の良い日に小樽公園見晴台に行ってきました(写真は2018年4月10日撮影)。

小樽公園内の見晴台は、小高い丘になっていて小樽の街並と小樽港を眺めることができるので、私もよく訪れるのですが、冬の間は雪が積もっていて中まで入ってこれないんですよね(雪に埋まる覚悟なら行けるんですが…)。

Otaru_20180410_144242

ただ、この日はもう公園内の雪はもうだいぶ溶けていて、歩くぶんには問題なかったです。

Otaru_20180410_144329

いい眺めです。

Otaru_20180410_144417

設置されているベンチはまだブルーシートで覆われてました。

Otaru_20180410_144347

現在、小樽の積雪深は0(ゼロ)になってるんですが、周囲を見渡すと、日陰や除雪の雪が積まれた場所などにはまだ雪が残っていて、公園なんかは冬の間は雪が積もり放題なので、場所によってはこの時期でもまだ雪が残っているんですよね。

(公園内も場所によっては雪が残ってます)
Otaru_20180410_144635

小樽公園内の花園グラウンドは、この日で雪の様子はこんな感じでした。

Otaru_20180410_143844

ここも冬の間は積もりっぱなしなので、雪解けが遅れるのですが、先日は雪割りもしていたようで、もうだいぶ溶けてきてますね。

(グラウンド越しの天狗山の風景は、お気に入りの眺めです)
Otaru_20180410_144025

花園グラウンドを囲む道路ももう歩けます。
Otaru_20180410_143735


そうだと思い、近くの入船公園の様子も見てきました。

Otaru_20180410_142314

こちらの方が雪が残っている感じですね。

入船公園内のテニスコートには、雪解けを促すためか、雪割りというか、除雪のラインができてました。

Otaru_20180410_142647


ということで、小樽公園の見晴台からの眺めと、花園グラウンドと入船公園の残雪の様子でした。

4月11日(水)の小樽は雨が降ったので、あちこちに残った雪はさらに溶けているでしょうね。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月28日 (水)

雪解けが進み勝納川が勢いよく流れてます〜小樽も雪解けが進んでます

Otaru_20180324_135907


こちら小樽は、ここ数日気温が上昇して、雪解けが一気に進んでいます。

3月27日(火)には13.9℃まで上がり、さらに翌日28日(水)には16℃前後まであがったようです(参照:気象庁|過去の気象データ検索)。

まあ、市街地の道路なんかは、とっくに雪はないのですが、ちょっとメインの通りを外れたり、除雪によって雪が積まれた場所、普段は人は立ち入らないような場所には、まだまだ雪が残っている状況です。

この時期は、雪解けを促すために、積もった雪を割っていく雪割りという作業を皆さんやっていて(もちろん私も)、ガシガシとスコップなどで雪割する音が響くのも、春の訪れを待つこの時期ならではです。


さて、そんな雪解けの進む小樽ですが、先日3月24日(土)、勝納川を覗き込んだら、冬の間、川の両岸に真っ白にこんもりと積もっていた雪もかなり溶けて少なくなっていました。

Otaru_20180324_135911

それに、雪解けのこの時期は、雪解け水で勝納川の水量が多くなって、流れの勢いが増すんですよね。

Otaru_20180324_140000

見に行った日から高い気温が続いているので、さらに勝納川の雪解けも進んでいると思います。

これからしばらくは、もっと水量も勢いも増してくると思います。

勢いよく流れる勝納川の風景もまた、春が近いことを知らせてくれる風景ですね。

Otaru_20180324_135907

【関連記事】
冬のちょっとした風景〜両岸に綿のような真っ白な雪が積もる勝納川の風景


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月25日 (日)

手宮公園下の崖に雪解け時期限定「御膳水の滝」が出現してました

Otaru_20180322_145155


ここにきて気温がぐっと上がり、雪解けが一気に進んでいる小樽ですが、先日、手宮方面に行った際、手宮公園下の崖に行ってみたら、今年もこの時期限定の「御膳水の滝」が出現していました(写真は3月22日撮影)。

御膳水の滝の場所は、手宮の小樽市総合博物館の裏手で、高島・祝津方面に抜ける道道454号小樽海岸公園線沿いの手宮公園下の崖です。

(小樽市総合博物館裏手の道道454号小樽海岸公園線沿い)
Otaru_20180322_140951

Otaru_20180322_145158

ここを上から水が勢いよく流れ落ちてるんですが、この滝の上流部には“御膳水”と呼ばれる泉があって、そこからあふれた水が流れ落ちているそうで、その御膳水という名は、明治14年(1881年)8月に明治天皇が小樽を訪れた際、この水を献上したことに由来する、と伝えられているそうです(参考:書籍「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス)。

一見、雪解け水が流れ落ちているだけなんですが、そのいわれを知ると、この滝も春の訪れを告げるこの時期の風物詩として、なんだか趣があったりしますね。

見に行ったこの日は、まだ水量が少なかったので、これから雪解けが進むともっと激しく水が流れ落ちてくるようになるでしょうね。

(流れ落ちてくる水量はまだまだ少なかったです)
Otaru_20180322_145135

Otaru_20180322_145133


雪解けのこの時期限定の御膳水の滝は、もうしばらく見られそうです。

Otaru_20180322_1451551

【関連記事】
※昨年の様子です。
手宮の崖に今年も雪解け時期限定の「御膳水の滝」が出現してます
※銭函の御膳水の記事です。
銭函の国道5号線沿いにひっそりとある「御膳水宮」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

【石垣のある風景】見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子

Otaru_20171017_150958


坂の街・小樽には、平らな敷地を確保するためにあちこちに石垣があって、もう石垣の街といってもいくらいです。

ということで、久しぶりに小樽の“石垣のある風景”シリーズです(って、特に正式にシリーズにはなってませんが…)。


今回は、観光客で賑わう堺町通りから、山側の高台に向かう「見晴らし坂」を上っていくと、左手に見えてくるこちらの立派な石垣です。

(写真は10月17日撮影)
Otaru_20171017_150626

現在、マンションが建っているこの石垣の上には、かつて金物商の名取高三郎の邸宅が建っていたそうです。

どのような邸宅だったのかは分からないのですが、この高い石垣の上に立派な屋敷が建っていたのでしょうね

Otaru_20171017_150958

Otaru_20171017_150502

金物商として成功した、山梨県出身の名取高三郎ですが、その店舗となる旧名取高三郎商店の建物は、堺町通りの端の建つ、防火のための立派なうだつが目に止まる、現在の大正硝子館の建物です。

この名取高三郎の邸宅が建っていた石垣の向かいには、小樽市指定歴史的建造物の旧板谷邸の建物が建っています。

現在、旧板谷邸は和風の母屋と隣の洋館、そして奥に建つ石蔵が残るのみで、先日、建物隣の道路側にホテルがオープンして、当時の面影はほとんどなくなってしまいましたが、きっと豪邸だったのでしょうね。

堺町通りから見晴らし坂を上ってきたこの辺りは、かつては事業に成功した経済人の屋敷が建っていたことから、この見晴らし坂を「出世坂」と呼ぶ人もいるそうです。

(こちらが見晴らし坂)
Otaru_20171017_150840

(坂を上ると右に旧板谷邸、左に名取高三郎邸があった石垣)
Otaru_20171017_150907

(坂の上から見たところ)
Otaru_20171017_150511

ということで、今回の石垣のある風景は、見晴らし坂を上った先の、かつて名取高三郎邸が建っていた石垣の様子でした。


※この石垣は、2015年に小樽を取り上げて放送された「ブラタモリ」の中でも紹介されていました。
ブラタモリ小樽〜タモリさんの足跡を辿る【前編】《オープニングの小樽運河〜メルヘン交差点〜石造倉庫〜坂の上の高級住宅街》

※参考サイト
小樽市 :旧名取高三郎商店
創業者 名取高三郎 伝 - ナトリ株式会社 130周年特設ページ
※参考書籍:小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)(Amazonで「小樽散歩案内」を探す)

【関連記事】
冬の「見晴らし坂」から眺める
大正硝子館/旧名取高三郎商店
歴史的建造物の旧板谷邸が再び海宝楼としてオープン〜カジュアルフレンチ&イタリアンのお店です(食べには行ってませんが…)
歴史的建造物の旧板谷邸(現レストラン「海宝樓」)の隣にホテル「海宝楼倶楽部」が2017年10月にオープンしてます

※「石垣のある風景」関連記事
【石垣のある風景】コープさっぽろみどり店(富岡町)の立派な石垣の風景
【石垣のある風景】西病院の石垣とそのすぐ近くの丸石が印象的な石垣
傾斜地に住宅が建てられている富岡町には気になる石垣と階段がたくさん
稲穂町から手宮方面へと浄応寺の坂を下る


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 住吉神社 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 朝里地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 北海道胆振東部地震小樽関連 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌