飲食店

2020年11月16日 (月)

旧手宮線沿いにコミュニティスペース&カフェ「レールウェイ」が秋からオープンしてます。1階にカフェ「北ぢぞう」

Otaru_20201022-141454

旧手宮線沿いにコ「レールウェイ」というミュニティスペース&カフェが、この秋からオープンしてます(写真は2020年10月撮影)。

10月からは毎週金曜日に子ども食堂が開催されていて、1、2階にはレンタルスペースがあります。

1階部分にはテナントカフェとして、以前花園町にあった「北ぢぞう」が入っているので、旧手宮線の散策などの途中で休憩なんかにも便利に利用できそうです。

Otaru_20201007-145321

Otaru_20201020-161855

旧手宮線沿いという立地柄、普段から、鉄道遺産・日本遺産「炭鉄港」などのパンフレット類が置かれていて無料配布しているとのことです。

Otaru_20201007-145436

というのも、このレールウェイを運営するのは小樽商科大学グローカル戦略推進センターの高野宏康さんで、高野さんは日本遺産「炭鉄港」などの研究にも取り組んでいる方なんですよね。

子ども食堂は、高野宏康さんが社会福祉NPO団体つむぎとJ-DANCE~TAQMI~と連携して開催し、2階のレンタルスペースでは、家族バレエ体験レッスンも開催されているとのことです。

Otaru_20201022-143453

少し前ですが、私も小樽散策の途中で、北ぢぞうによって、美味しいコーヒーを飲みながら、ちょっと一休みさせていただきました。

Otaru_20201022-142646

ここは、11時半~14時にワンコインランチもあるようですよ。

北ぢぞうは、基本、金曜日に子ども食堂があってお休みになるとのことです(その他、不定休)。

(鉄道遺産・日本遺産「炭鉄港」などのパンフレット類)
Otaru_20201022-141904

Otaru_20201022-141910

実はこの場所、昨年、同様のコミュニティーカフェができたのですが、ほどなく閉店していました。

レールウェイが、子供たちのほか、多くの方が気軽に集まれる場所として、定着するといいですね。

※サイト:コミュニティスペース&カフェ「レールウェイ」
コミュニティスペース&カフェ「レールウェイ」 | Facebook

Otaru_20201007-145530

※関連ニュース
・フリーペーパー「カゼル」(北海道新聞小樽支社営業部発行)2020.11月号(Vol.156)
・2020年10月23日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽旧手宮線を活用 子ども食堂開店(小樽ジャーナル)
コミュニティスペース“レールウェイ”で多世代交流(小樽ジャーナル)

【関連記事】
旧手宮線沿いのコミュニティーカフェ「手宮次郎」は、子供たちの居場所をつくりたいという思いから生まれたカフェ

| | コメント (2)

2020年11月 8日 (日)

小樽駅前第一ビル2階に「カフェプリ」専門店「DECO BACO(デコバコ)」が11月1日にオープンしてます(まだ行ってませんが…)

小樽駅前第一ビル2階の角に新しいお店(カフェ)が、11月1日にオープンしています(まだ行ってません…)。

カフェプリ」専門店「DECO BACO(デコバコ)

Otaru_20201101-151434

10月下旬にオープンのお知らせの張り紙があって、なんのお店かな!?って思っていたのですが、カフェプリのお店でした。

で、カフェプリって何?(汗)

すいません、カフェプリって知らなくて、まずは新しいお店「DECO BACO(デコバコ)」について、私もいつもチェックしている小樽の地域情報サイト「まいぷれ」で紹介されていたので、引用させてもらいますね。

CAFE PRI(カフェプリ)とは、自分の思いのままに写真やイラスト、文字を印刷し、世界に1つとないラテアートを作れるアートプリンターとして名古屋にある株式会社オオヤが開発したマシンです。
小樽cafe DECO BACO | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]

ということなんですね。

スマホやタブレットから、例えばコーヒーに写真などの画像を専用機械で、そのままプリントしちゃえるということで、こいういうラテアートもあるんですね(まだ行ってないので、写真はないのでご了承を)。

ここ「DECO BACO(デコバコ)のオープンについては、2020年11月6日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄にも掲載されていました。

こういうカフェは道内初なんですね。

利用には、お店のLINE公式アカウントと友達になって、専用サイトに画像を送信するそうですが…、いや〜、ちょっとおじさんにはハードルが高いかも…。店内には、SNS用の撮影ボックスが並んでいるとか。

けど、普通のカフェメニューもあるそうですよ。

Otaru_20201101-151434t

ちなみにここは以前、カレーやホットドッグが人気の「山上菊池商店駅前店」が入っていたのですが、昨年閉店して、その後ずっと閉まっていて、どうなるのかな〜って思っていたのですが、新しいなんとも興味深いお店がオープンしてよかったですね。

Otaru_20201010-100043

Otaru_20201010-095952

【店舗情報】(お店情報は2020年11月時点でのものです)
営業時間:13:00~19:00
定休日:不定休
※食べログ情報:デコバコ

※参照:小樽cafe DECO BACO | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]

【関連記事】
小樽駅前第一ビル2階の角の「山上菊池商店駅前店」が閉店している!?【情報提供】

| | コメント (0)

2020年10月31日 (土)

豊川町の静かな住宅街の中にある木工房cafe 「Tomo’s carving」(トモズカービング)に行ってきました

Otaru_20201020-151555r

豊川町の静かな住宅街の中に、木工房cafe 「Tomo’s carving」(トモズカービング)というカフェがあります。

木工房cafe「Tomo’s carving」(トモズカービング)は、2019年(平成31年)6月にオープンした、小樽のカービング(木工芸彫刻)作家・佐藤友保さんによる、作品が展示されるギャラリーにもなっているカフェで、工房も併設しています。

先日、そのTomo’s carvingにちょっとだけ行ってきました。

Otaru_20201020-152100r

Otaru_20201020-152118r

Tomo’s carvingについては、ちょっと古い記事ですが、2020年3月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄で紹介されていました。

記事によると、佐藤友保さんは当初はバードカービングに魅力を感じ、独学でカービングを始めたそうで、その後、身近な家族や小樽に縁のある人たちをモデルにするなどして、約30年間で100点を超す作品を作り続けているそうです。

ギャラリーの展示作品には、スズメなどの鳥や、友人や家族、著名人などの作品などがあって、とにかく、精巧でいて可愛く、人の作品は表情が味わい深い!!

Otaru_20201020-151247r

Otaru_20201020-151308r

Otaru_20201020-151432r

Otaru_20201020-151547r

Otaru_20201020-151555r

Otaru_20201020-151558r

ちなみに、友人や知人がモデルのカービング作品は、完成するとモデルになった人にプレゼントしているそうで、ギャラリーで展示されている作品の中には、プレゼントした人から借りて展示しているものがあるそうです。

Otaru_20201020-151707r

鳥はもちろんすごいのですが、例えばこれ。

Otaru_20201020-151529r

持ってみてくださいと言われて…ん?あれ?って。それは実際に行ってみて、触らせてもらってください(笑)

また、ロッククライミングが趣味ということで、赤岩の壁をカービングで再現した作品もありました。

Otaru_20201020-151503r

Otaru_20201020-151559r

さらに、最近の2020年10月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄で、動物をかたどった木のカード立ての紹介記事が掲載されていましたね。

Otaru_20201020-151321r

ここでは、カービング教室も開講しているそうです。

そうそう、長橋なえぼ公園の森の自然館に展示されているバードカービングは、佐藤さんが製作して寄贈したものだそうで、こんどちゃんと見にいかねば。

ということで、実はこの日はTomo’s carvingが、先日開催された「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2020」の会場に一つになっているということで訪れ、展示作品を見学しただけなのですが、作品に囲まれた空間で、ゆっくりと過ごしたい、そんなカフェでしした。

Otaru_20201020-151426r

【店舗情報】(お店情報は2020年10月時点でのものです)
営業時間:13:00〜19:00
定休日: 水・木曜日

Otaru_20201020-152108r

Otaru_20201020-150926r

※参照
2019年10月 佐藤 友保(小樽ジャーナル/2019年10月のベストマスター)
・2020年3月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2020年10月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

※参考:カービング - Wikipedia

【関連記事】
豊川町の木工房cafe「Tomo’s carving」(トモズカービング)は「おたるBook Art Week 2020」に初参加してます(10月25日まで)

| | コメント (0)

都通りに「PERTICA(ペルティカ)」という昼はサンドイッチ、夜はダイニングバーのお店がオープン(まだ行ってませんが…)

Otaru_20201028-172448

都通りに「PERTICAペルティカ)」という、新しいお店がオープンしています。

都通り商店街のツイッターで目にしたのですが、PERTICAは昼はサンドイッチの専門店、夜はダイニングバーのお店で、10月25日(日)にプレオープン、10月29日(木)に本オープンとなったそうです。

場所は、中央通り側から都通りに入って、すぐ左です。

Otaru_20201028-172504

小樽都通り商店街公式HPに、店舗紹介が掲載されていました。
PERTICA | 小樽都通り商店街公式HP 営業情報としては次のようになっていました。
営業時間
昼:11:30~15:00
夜:17:00~23:00
定休日:夜のみ日曜日
※お店情報は2020年10月時点でのものです。

どんなお店なのか、まだ行ってないので詳しくは分からないのですが、せっかく目にした新店情報だったので、まずはブログに掲載しました。

Otaru_20201028-172431

※こちらが都通り商店街のツイートです。


(こちらはオープン前の10月20日撮影。なんのお店かな〜って思ってたんです)Otaru_20201020-162806

小樽都通り商店街公式HP

【関連情報】
あれ?これはどうなったのかな?
都通りの中央通り側から入ってすぐのところに魁陽亭の店舗が近日オープン予定という看板が掲げられています

| | コメント (0)

2020年5月27日 (水)

北運河エリアにカフェにコワーキングスペースを併設する「ザ・ハーバー」(Coworking Cafe & Bar "The Harbor")がオープンしてます(まだ行ってませんが…)

Otaru_20200519-120135

北運河エリアに、カフェにコワーキングスペースを併設している「ザ・ハーバー」(Coworking Cafe & Bar "The Harbor")というお店が、2020年4月24日にオープンしてます。

場所は、色内大通りの運河公園や国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店(保存修理工事のため長期休館中)のすぐ近くで、ここは以前、喫茶「北運河」が入っていたところで、とても趣ある建物です。

Otaru_20200519-120227

実は、少し前にSNSでオープン情報を目にして、その後、読者さんからも情報をいただき、私はまだ行ってないのですが、先日は新聞にも掲載されたんですよね。

前の喫茶「北運河」は、2019年に閉店していたそうですが(閉店は知りませんでした)、ちなみに、この趣ある建物は、ニュースによると、築90年を超えるもともとは魚卸問屋の建物だったそうです。

Otaru_20200519-120145

経営は、サンモール一番街の入り口横のビルにあるゲストハウス「Otaru YaDo(ヤド)」と同じところとのことです。

で、新しくオープンしたザ・ハーバーは、1階がカフェバーで、2階がコワーキングスペースとレンタルスペースを配置しているそうで、コワーキングスペースというと、共同で仕事をする場所とか、共有する仕事場、になるわけですが、小樽にはまだあまりないんじゃないかな!?

事務所を持たない私なんかは、ちょっと気になっています。

Otaru_20200519-120213

カフェメニューですとしては、お店の前の看板には、ドリンク類やホットドック「YaDog」、ピクニックセットというのもありました。

Otaru_20200519-120205

テイクアウトでも利用できるみたいですね。

Otaru_20200519-120219

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、大々的な告知はしてなくて、営業時間も当面の間は不規則になるようで、現在のところ、定休日は月曜で11:00〜17:30で営業しているようです(2020年5月27日現在)。

ということで、北運河エリアに新しくできた、る「ザ・ハーバー」(Coworking Cafe & Bar "The Harbor")ですが、場所も静かで、建物も味わい深くて、隠れ家的な雰囲気がいいですよね。建物内がとても気になります。落ち着いたら行ってみたいです。

Otaru_20200519-120150

※情報は主にFacebookページで発信しているようです:Coworking Cafe & Bar "The Harbor" - ホーム
※サイト:Coworking Cafe & Bar "The Harbor"

※参照ニュース
Coworking Cafe & Bar "The Harbor" | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]
・2020年5月23日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄


※食べログ情報:ザ ハーバー

【関連記事】
サンモール一番街入り口のビルにゲストハウス「Otaru YaDo」がオープンしてます。1階はローソン
色内大通り/手宮側の端〜旧日本郵船
国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店が保存修理工事のため2018年11月4日(日)から長期休館になります

(ちなみに、こちらはオープン前の写真。2020年3月撮影)
Otaru_20200318-145631

| | コメント (6)

2020年4月15日 (水)

小樽グリーンホテル別館1階にスープカレー専門店「ダルオ」がオープンしてます(まだ行ってませんが…)

Otaru_20200410-153652

小樽グリーンホテル(THE GREEN OTARU)別館1階にスープカレー専門店「ダルオ」が、2020年4月7日(火)にオープンしてます。

グリーンホテルは、小樽駅前から中央通りを下りて行って、北陸銀行のある交差点左に通りを挟んで2棟あって、海側が別館になります(旧スマイルホテルですね)。

(通りを挟んで2棟)
Otaru_20200410-153928

(海側が別館)
Otaru_20200410-153953

Otaru_20200410-153739

私はまだ行ってないのですが、メニューチラシがあったので見てみると、チキンレッグカレー(揚げor煮込み)、道産トロトロ角煮カレー、道産鶏せせり唐揚げカレー、ベジタブルカレーと4種類のカレーがあって、トッピングが各種揃ってます。

飲み物各種は、ランチタイムはプレーンラッシー以外は100円とのことです。

小樽にスープカレーのお店ってあまりないので(閉店したお店が多い…)、スープカレー専門店がオープンしたと聞いて、気になってるんですよね。

現在は、こういう状況ですが、ダルオではカレーは全品テイクアウトもできるそうなので(ドリンクはできません)、テイクアウトで食べてみるのもいいかもしれませんね。

Otaru_20200410-153700

【店舗情報】(お店情報は2020年4月時点でのものです)
営業時間
ランチ:11:30~15:00(ラストオーダー14:30)
ディナー:17:00~21:00(ラストオーダー20:30)
定休日:水曜
※参照サイト
スープカレー ダルオ | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]
スープカレー「ダルオ」本日から火曜日まで休まず営業!! | 小樽グリーンホテルのニュース | まいぷれ[小樽市]

※食べログ情報:ダルオ

OTARU GREEN HOTEL | 函館本線「小樽駅」徒歩約3分

※掲載のブログ情報について、現在はこういう状況ですので、急な変更があるかもしれませんので、ご了承願います。

【関連情報】
ん?スマイルホテル小樽が「THE GREEN OTARU」に!?

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

梁川通りに海鮮丼とお酒が楽しめるお店「えだかん」がオープンしてます(まだ行ってませんが…)

Otaru_20200228-135552

梁川通りに昼は海鮮丼、夜は日本酒が楽しめるお店「えだかん」がオープンしてます(すいません、まだ行ってません…)。

実は、ちょっと前に、読者さんから梁川通りに新しいお店ができているという情報をいただいていたんです。

で、私も気になって、様子を見に行ったりしていたものの、あまり宣伝などはしていなかったみたいで詳細が分からなかったのですが、この度、2020年2月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄にて、そのお店「えだかん」のオープンについての記事が掲載されていました。

それと、実は少し前には、小樽の地域情報サイト丼 あて 酒 えだかん | 【新店特集】小樽の新店情報| まいぷれ[小樽市]でも紹介されていたんですよね。

Otaru_20200228-135636
(写真は2月28日撮影)

それらによると、「えだかん」はなんと梁川商店街にある寿司の名店「伊勢鮨」のグループ店ということで、実は2020年2月14日からプレオープンとしてランチタイムのみの営業を始め、2月28日に夜の営業も始めてグランドオープンとなったそうです。

昼間は海鮮丼をメインとしているそうですが、外の看板に「丼 あて 酒 えだかん」と書かれているように、お酒も色々と取り揃えているそうで、夜には美味しい“あて”を日本酒とともに楽しめるお店になるそうです。

私はまだ入ってないのですが、なんだかとっても気になるお店で、昼も夜も行ってみたいですね。

Otaru_20200228-135608

ちなみにお店の場所、以前は老舗のそば屋「かねさく本店」(2014年9月30日閉店)があった場所ですね(その後、和風スイーツのお店、そして「蕎麦・食事処 みなと庵」(2018年7月25日閉店)が入っていました)。

そうそう、先日は同じ梁川通り沿いの中央市場内にガンガン亭という、こちらも海鮮丼のお店がオープンしたんですよね(こちらもお酒が飲めるんですよね)。梁川通りがちょっと面白いですね。
中央市場に「小樽海鮮丼 ガンガン亭」が2月29日オープン〜【PR】開店記念でまかない丼が1日限定20食で3月8日まで特別価格に

新しいお店のオープンの話題は嬉しいですね。現在は新型コロナウイルスの感染拡大で、飲食店も厳しい状況のようですので、早く落ち着くことを願ってます。

(こちらは読者さん提供写真。美味しそうな看板も新たに掲げられてます)
Otaru_dsc_2732

【お店情報】「丼 あて 酒 えだかん」
・営業時間
11:00~15:00(ラストオーダー14:30)
17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
・定休日:水曜・第1、第2火曜
(お店情報は2020年3月時点でのものです)

※食べログ情報:丼 あて 酒 えだかん

※Facebookページはこちら:えだかん - ホーム

【関連記事】
ちょっと気になったそば屋の閉店情報を2つ/志ん家・かねさく本店
まだ行ってませんが「蕎麦・食事処 みなと庵」が梁川通りにオープンしてました。ちなみにその場所は…
梁川通りの「蕎麦・食事処 みなと庵」が閉店【情報提供】

| | コメント (0)

2020年2月29日 (土)

中央市場に「小樽海鮮丼 ガンガン亭」が2月29日オープン〜【PR】開店記念でまかない丼が1日限定20食で3月8日まで特別価格に

Otaru_20200228-130428r

小樽の中心街にあって小樽駅からも近い、小樽中央市場になにやら美味しそうなお店「小樽海鮮丼 ガンガン亭」が、2020年2月29日(土)にオープンしています。営業時間は11:00~15:00まで。

Otaru_20200228-125435

実はオープン前日に、プレオープンということで声をかけてもらい、目玉商品となる「まかない丼」をご馳走になってきたので、紹介させていただきますね。

まず、ガンガン亭の場所は中央市場の第2棟で、梁川通り沿いから入ってすぐです。

Otaru_20200228-125421

市場の通路を挟んで両側に店舗を構えています。

Otaru_20200228-132741

右側が調理場とカウンター席。
Otaru_20200228-125456

Otaru_20200228-132426

通路を挟んで左側がテープル席です。
Otaru_20200228-132515

Otaru_20200228-132531

店内は落ち着いた色調ですね。

メニューに関しては、行ったのがオープン前ということで、正式メニューは未確認だったのですが、リーズナブルな「まかない丼」や様々な具材がのった海鮮丼「ガンガン丼」、用意されたネタから好きなネタを数品選べる「おこのみ丼」など、各種海鮮丼メニューを用意しているとのことです。

Otaru_20200228-125442

で、開店記念として、「まかない丼」が1日限定20食で通常価格800円のところ、オープン日の2月29日(土)から3月8日(日)まで、なんと500円という特別価格で提供されています(価格は税込みです)。

Otaru_20200228-132520

で、私もこのまかない丼をを頂いてきました。

Otaru_20200228-130339

のっている具材はマグロ・サーモン・甘エビ・とびっこ・イカ・玉子、そして味噌汁がついています。

Otaru_20200228-130342

美味しいのはもちろん、丼は小ぶりですが見た目以上にご飯が結構入っていて、なかなかのボリュームで、これはお得ですね。

追って、正式なメニューを確認できたら追記しますが、何やらテイクアウトもできるとか。さらに、ビールやハイボール、地元のお酒なんかもあって、にしん小樽漬かなどのおつまみもあり、お店で昼飲みもできるそうですよ。

Otaru_20200228-125407

ちなみに、中央市場は、昭和20年代末〜同30年代に、ブリキの缶(ガンガン)に食料を詰め込んだ「ガンガン部隊」と呼ばれた行商人の仕入先として賑わったことでも知られています。

で、中央市場では、ガンガンバザールというセールをやっていたり、ガンガンギャラリーというスペースがあったり、そして、このガンガン亭と、“ガンガン”がキーワードになってますね。

※参照:ガンガン部隊 | 小樽 中央市場

現在、北海道は新型コロナウイルス緊急事態宣言が出されて、飲食店にとってはかなり厳しい状況ですが、早く落ち着いて、お店が賑わうといいですね。

【お店情報】
営業時間:11:00~15:00
定休日:月曜日
(お店情報は2020年2月時点でのものです)

小樽中央市場 公式HP

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

花園銀座商店街入り口角のビル2階に「BOOKCAFE & BAR & HOSTEL 魁陽亭 越治」が2月8日(土)にオープン

Otaru_20200131-162405

寿司屋通り沿いの花園銀座商店街入り口角のフタミビルの2階に、「BOOKCAFE & BAR & HOSTEL 魁陽亭 越治(こしじ)」が、2020年2月8日(土)にオープンするようです。

※写真は2020年1月31日撮影。大雪の降る前です。
Otaru_20200131-162402

ここに喫茶や宿を併設した「魁陽亭 越治」というお店ができるという話は、昨年にニュースがあったんですよね。

そのニュースは、このブログでも取り上げたのですが、三本木急坂の途中にある、小樽市指定歴史的建造物でもある老舗料亭「海陽亭(旧魁陽亭)(かいようてい)」の再生を進めている事業会社・魁陽亭(小樽)が運営するもので、実は看板が掲げられてからしばらく経つのですが、いよいよオープンのようです。

「魁陽亭 越治」公式サイトも公開されています:魁陽亭 越治|KAIYOTEI KOSHIJI

もともと、小樽ゆかりの文学者・伊藤整が通い、当時の文化人が集まる場所だったという喫茶店「越治」が、かつてあったそうなんですね。

オープンをお知らせする海陽亭のサイト2020年2月8日(土)オープン予定『魁陽亭 越治』公式サイトを公開しました。 | 海陽亭によると、大正ロマンを感じさせる店舗内は、小樽の文豪をはじめ、小樽に縁のある作家たちの本を楽しめる「文学の杜」になっているとのことで、小林多喜二や伊藤整など、小樽に縁のある文学作家の作品をはじめ、さまざまな書籍をお茶や食事を楽しみながら読める空間になっているようです。

Otaru_20200131-162424

昼は文学カフェで、夜は炭火焼き割烹料理店へと変わるとのことで、お酒も飲めるお店になるんですね。

(こちらはお店の窓に掲げられた案内)
Otaru_20200131-162441

上の案内によると、文豪たちの書斎のような部屋で宿泊ができる書斎ホステルもあるようですが、宿泊の予約受付は、もうちょっと先になるようですね。

ということで、「BOOKCAFE & BAR & HOSTEL 魁陽亭 越治」オープンの情報でしたが、どんなお店なのか、ちょっと気になりますね、

Otaru_20200131-162419

魁陽亭 越治|KAIYOTEI KOSHIJI
海陽亭 | KAIYOTEI

【関連記事】
寿司屋通りのフタミビルに「魁陽亭 越治」の看板が掲げられてます〜2階に喫茶と宿を併設したお店がオープン予定
ニュースより/寿司屋通りのフタミビル2階に喫茶や女性限定の宿を併設したお店「魁陽亭 越治(こしじ)」が7月にも開店予定:

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

小樽天狗山の麓にある、その名も「麓(Mori)のカフェ」に行って、カレーを食べてゆっくりまったり過ごしてきました

Otaru_20191205-134041

先日、天狗山の麓にあるカフェ、その名も「麓(Mori)のカフェ」に行ってきました。“麓”と書いて“Mori”と読むんですね。

場所は天狗山の本当に麓で、天狗山の駐車場に入らず、左に天狗山を見ながら道路をそのままちょっと進んだ左手に、白に赤のアクセントが印象的な建物が建っていて、その2階が店舗になります。

(このすぐ先にあります)
Otaru_20191205-133709

(左が天狗山)
Otaru_20191205-133911

Otaru_20191205-133940

Otaru_20191205-134014

ここには以前、「カレー&カフェ Celan(ケラン)」というお店があったのですが、2018年6月で閉店していて、その後、この建物に「麓(Mori)のカフェ」がオープンしたんですね。

ちなみに、「麓(Mori)のカフェ」のオープンは昨年(2018年)12月19日ということで、ちょうど一年なんですね(行ったのは12月5日でした)。

Otaru_20191205-134052

オープン時から気になっていたのですが、タイミングが合わず、ようやく行くことができました。

Otaru_20191205-134112

Otaru_20191205-134123

寒い外から店内に入ると、ストーブがたいていて、なんだか山小屋のようで、暖かくて落ち着いた雰囲気です。

Otaru_20191205-143515
(許可をいただいて撮影しました)

この日は、お昼過ぎに行ったのですが、お昼はまだだったので、食事メニューのナイルカレーセット(税込1,200円)をいただきました。

Otaru_20191205-134509

インドの野菜チキンカレーということで、鶏肉は丸ごと使い、野菜がたっぷり入ってルーや小麦粉を使わないカレーだそうです。

で、こちらがそのナイルカレー!!

Otaru_20191205-140039

Otaru_20191205-140024

トマトの酸味が効いていて、コクがあって美味しい!
ピリッと辛いのもいいです。

ワンプレートですが、見た目よりボリュームがあります。足りない方は大盛りもあるようです。

Otaru_20191205-140033

セットの飲み物はコーヒーをたのみました。

Otaru_20191205-141033

他の食事メニューには、キッシュやホットサンドなどもあって、個人的にはキッシュが気になりますね。

もちろん、飲み物もコーヒーなど色々と揃えていて、自家製アイスクリームもあるそうですが、パティシエをしていたという女性オーナーの作る自家製ケーキが美味しそうで、本日のケーキセット(800円)として提供しているので、今度食べてみたいです。

これからの寒い季節だと、スキーやイベントなどで天狗山に行った際に、ホッと一息、お腹を満たして身体を暖めるのにいいお店ですね。

Otaru_20191205-143520

そうそう、窓からの景色もいい感じです。

Otaru_20191205-134639

あっ、窓が曇ってきちゃった。
Otaru_20191205-134649

けど、これも冬ならではですね。

Otaru_20191205-143325

Otaru_20191205-143337

Otaru_20191205-143359

Otaru_20191205-143404

お店はオーナーが1人で切り盛りしているということなので、ゆっくり待って、まったり時間を過ごすのがいいかもしれません。

【お店情報】
営業時間:11:30~17:00
定休日:日・月曜日
※詳細はサイトで:麓moriのカフェ
(お店情報は2019年12月時点でのものです)

Otaru_20191205-143634

麓moriのカフェ - ホーム(Facebookページ)

※天狗山ロープウェイの公式サイトでも紹介されています。
【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

※夏の店舗写真です。
Otaru_20190707-155402

Otaru_20190921-115116

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)