飲食店

2018年10月13日 (土)

歴史的建造物の旧後藤商店(旧塚本商店)の一角に十割蕎麦と天ぷらのお店「小樽北匠庵」がオープンしてます(まだ行ってませんが)

Otaru_20181010_154608


あれ?歴史的建造物の旧後藤商店(旧塚本商店)の1階右側が綺麗になってる!!新しいお店!?

近づいて見ると、おそば屋さんがオープンしてました。

“十割蕎麦と天ぷらがうまい店”
小樽北匠庵

Otaru_20181010_154533

小樽北匠庵(OTARU HOKUSHO-AN)というお店ができてました。

Otaru_20181010_154552

Otaru_20181010_154539

サイトがあったので見てみると、オープンは9月30日(日)ですね。

コンセプトは「有機栽培北海道産そば粉使用した十割蕎麦と北海道の幸が味わえる天ぷらがリーズナブルに食せる店」とのことです(※参照:小樽北匠庵2018年9月30日OPEN | 十割蕎麦 小樽北匠庵

まだ入ってないので、どのようなお店か分かりませんが、とても落ち着いた雰囲気で、機会があったら行ってみたいですね。

【お店情報】
営業時間:11:00〜22:00
定休日:毎週火曜日
(お店情報は2018年10月時点でのものです)

※サイト:十割蕎麦 小樽北匠庵

▶︎食べログ情報:小樽 北匠庵


旧後藤商店(旧塚本商店)について

色内大通り沿いに建つ旧(株)丸市 後藤商店は、看板は後藤商店のものが掲げられていますが(この看板は、数年前の改修工事で新しく修復されました)、もとは大正9年(1920年)建築の旧塚本商店の建物で、小樽市の歴史的建造物に指定されています。

Otaru_20181010_154529

重厚な黒塗りの外壁がとても印象的で(木骨鉄網コンクリート造)、古い建物の多いこの地区でも特に目を引く堂々とした建物ですね。

この歴史的建造物の概要について、小樽市のホームページより引用させていただきます。

本建物は、近江(滋賀県)出身の呉服太物商の店舗として建てられました。
小樽では、明治37年5月8日の大火で市街地を焼き尽くしたことから、防火構造の建物が普及しました。
本建物も防火のために、外壁をコンクリートで塗り固め、出入口や窓を防火戸で覆う工夫を施し、幾多の災いをしのいできました。昭和63年には、暖簾を張るなど優れた建物の再活用によって、第1回小樽市都市景観賞に選ばれました。
小樽市 :旧塚本商店

現在、この旧後藤商店の建物には、今回オープンした小樽北匠庵の他に、2階に「Cafe 色内食堂」、正面1階左に「小樽和菓子工房 游菓」が入っています。

Otaru_20181010_154712

【関連記事】
歴史的建造物の旧後藤商店(旧塚本商店)の一角に和菓子屋「小樽和菓子工房 游菓」がオープンしてます(まだお店に入ってませんが)
歴史的建造物に入る和菓子屋「小樽和菓子工房 游菓」で大福とどら焼きを買ってきた
あれ?歴史的建造物の「旧塚本商店」(旧(株)丸市 後藤商店)に新しいお店が入ってる!?〜Cafe 色内食堂
後藤商店(旧塚本商店)に新しい看板
旧塚本商店


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

「小樽麺処 龍仁」が入船町で10月11日(木)に移転オープン予定〜6月末まで龍宮神社隣で営業していた人気のラーメン屋さん

Otaru_20180928_142058


龍宮神社の隣の石蔵を利用していた人気のラーメン屋さん「小樽麺処 龍仁(たつじん)」は、今年の6月いっぱいでその場所での営業を終了し、その後、準備期間を経て入船町に移転オープンするということだったのですが、そのオープン日が決まったようです。

北海道新聞に折り込まれる、小樽のフリーペーパー「kazeru.(カゼル)」の2018年10月号(vol.131)に、大きく広告が掲載されていました。

Otaru_20180920_132454

それによると、新しい龍仁は、2018年10月11日(木)にオープン予定ということです(今のところそれ以外の営業時間やメニューなどの詳細情報はないです)。

ということで、先日、その入船町の新しい店舗の様子を見に行ってみました。

場所は山手線のバス通り沿いで、最寄りのバス停は「入船3丁目」 になりますね(店舗の住所は入船4丁目です)。

Otaru_20180928_142023

少し上には銭湯の南湯があって、少し下にはセイコーマートがあるという位置関係ですね(地図は最後に)。

(上に小さく銭湯の南湯が見えます)
Otaru_20180928_142132

(下にセイコーマートがあります)
Otaru_20180928_142009

新しい店舗は黒の壁で、もう看板もかかってます。

Otaru_20180928_142058

店の前には、数台の駐車場がありますね。

ちなみに、この周辺はほとんど飲食店がない住宅街なので、集客がどうなるのか、大きなお世話とは思いますが、ちょっと気になりました。

Otaru_20180928_142048


龍仁がオープンしたら、食べに行こうと思います。

※Facebookページ:小樽麺処「龍仁」 - ホーム

※参考:小樽あんかけ焼そば親衛隊 – あんかけ焼そばで小樽のまちおこし

【関連記事】
龍宮神社近くの人気のラーメン屋さん「麺処 龍仁」が移転(現店舗は6月末で営業終了)
石蔵を利用した「麺処 龍仁」にラーメンとあんかけ焼きそばを食べにいきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

若松町のカードショップ「遊道場」内にかき氷屋さんができていた

Otaru_20180822_171953

南樽市場の海側にある通りは、小樽市立病院まで続いているのですが、その途中に以前から気になる建物があったんです。住所は若松町です。

その建物には「遊道場」という看板が掲げられているのですが、先日、その建物の前を通ったら、あれ?かき氷屋さんののれんとのぼりが立ってる!?

Otaru_20180822_172005

“ふわふわ氷のかき氷”ののぼりが立つこの建物。ここはもともと「遊道場」というカードショップなんですね(といってもすいません、カードゲームのことがよく分かってないのですが…)。

で、そのお店の中に、新しくかき氷屋さんができたようなんです。

このお店については、ツイッターに案内があって、ここはお祭りやイベントに出店しているフライドポテトの専門店「フリットくんのフライドポテト」関連のお店のようですね。

以下はツイッターの埋め込み機能によります。

ということで、8月からオープンしているようです。

※もう夏も終わりなので、もっと早く紹介できればよかったですね。

(のぼりが出てない時ですが、建物の様子です。なかなか渋い!!)
Otaru_20180804_152027

(手前右手はサツドラ小樽若松店です)
Otaru_20180804_152155


実は、先日、ちょっと暑い日に、そのかき氷屋さんに行ってきたんです。

正直、建物の雰囲気から、ちょっと入りにくかったのですが、店内に入ってみると、カードが並ぶショーケースなどがあるものの、なんだかちょっと昭和の懐かしさのある店内で、その奥にかき氷の窓口(?)がありました。

お店に入ってちょっと戸惑っていると、お店の方が「かき氷ですか?」と聞いてくれました(カード目当てでないとは、すぐに分かったんでしょうね 笑)。

そして、頼んだのはいちごミルク

Otaru_20180822_172503

ちなみに、かき氷の値段は各種250円で、各種練乳がけ(ミルク氷)で350円。テイクアウトもできます。

Otaru_20180822_172014

味はいちご、メロン、ハワイアンブルー、グレープ、レモンとなってますね。

食べてみると、これがなんとも懐かしい、記憶にある中ではこれぞかき氷って感じの味わいで、美味しかったです〜!

かき氷のシロップには、合成甘味料・保存料は一切使っていないそうで、無添加なので、シンプルな昔ながらの甘さが出ているそうです(お店の方に聞きました)。

Otaru_20180822_172637

表の掲示を見ると、お店自体は不定期営業ということで、定休日は分かりません(のぼりが営業中の目印だそうです)。

Otaru_20180822_172000

もし汗ばむ日に、店頭にのぼりが出ていたら、ちょっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。もう小樽は夏も終わりで、気候は秋の気配ですが、日中に晴れ間が出ると、まだまだ暑いですからね。

あれ?結局、店名はあるのかな(「あわ雪ちゃんのかき氷屋さん」というのかな?)。

(お店情報は2018年8月時点でのものです)

【関連記事】
「サッポロドラッグストアー小樽若松店」が12月12日(金)にオープンしてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年4月27日 (金)

小樽で人気の「らーめん みかん」で味噌ラーメンと“昭和の味”昔ラーメンを食べてきた。場所は南樽市場の目の前

Otaru_20180421_134656


先日、南樽市場の山側のすぐ目の前にある、人気のラーメン屋さん「らーめん みかん」に行ってきました。

みかんには随分と久しぶりに行ったのですが、ここは小樽でもかなり人気があって、順番待ちの行列が外まで続くことがよくあるんですよね。

Otaru_20180421_141137

行った日は土曜日で、お店に入ったのが午後2時近くと遅かったにもかかわらず、ひっきりなしにお客さんが来店していました。

メニューはこちらです。
Otaru_20180421_141119menu

ちなみに、メニューは店内にも貼っていて、この日もちょっとだけ待ったのですが、待っているうちに注文を聞きにきててれて、席に着いてからそれほど待つことなくラーメンが出てくるという手際の良さで、お店の方もさすが混雑に慣れているのでしょうね。

で、今回は2人で行って、味噌ラーメンと昔ラーメンの正油(←メニューの文字がこの正油なので、こう書きますね)をたのみました。どちらも750円という値段が今時なかなか嬉しいですね。

席に着くと、やかんが置いてあって、これは水ですが、なんだかいい感じ。

Otaru_20180421_140728


そして、程なく運ばれてきた、まず、こちらが味噌ラーメン

Otaru_20180421_135627

スープは、油感とこってり感もある、しっかりとしたコクのある味わいなんですが、なんだろう生姜かな?思ったよりもすっきり感のある味わいでもありますね。

Otaru_20180421_135703

麺は黄色い縮れ麺で、コシもあって、プリッとしていて喉越しもいいですね。

Otaru_20180421_135716

大きなチャーシューは比較的肉肉しくて、それとは別に角切りの柔らかなチャーシューも入ってるのかな。で、メンマがいいアクセントになってます。

Otaru_20180421_135727

みかんは味噌ラーメンが人気と聞いてますが、これは確かに美味しくて、かなり満足感の高い一杯でした。


そして、こちらが昔ラーメン正油で、“昭和の味”というキャッチコピーが付いてます。

Otaru_20180421_135630

スープはさっぱりとしつつも旨味がしっかりして、魚介系が入っているのかな?なるほど、なんだかちょっと懐かしい味わいです。

Otaru_20180421_135659

麺は先ほどのよりも色が白っぽくやや細くて、その分コシがある感じではないですが、モチツルって感じで、それもまた昔っぽいのかな。

Otaru_20180421_135828

入っている具材も海苔に麩やナルト、メンマなどが、なんだか懐かしさを出してますね。見ての通り、半熟の煮卵やチャーシューも入っているので、ボリュームもそれなりにあります。

Otaru_20180421_135819

この昔ラーメンを注文しているお客さんも結構いたので、こちらも人気のラーメンのようで、美味しくいただきました。

(南樽市場のすぐ目の前)
Otaru_20180421_141158

ということで、久しぶりのみかんのラーメンでしたが、実は、南樽市場には毎週のようにきていて、毎回横目に混雑しているお店を見ているせいか、ついつい敬遠してしまっていたのですが、やっぱりみかんのラーメンは美味しかったので、また食べに行こうと思います。

これは以前撮った写真ですが、時には小樽では珍しいいこんな行列も…
Otaru_otaru_20160503_141603


【お店情報】
営業時間:11:00〜19:30(ラストオーダー)
スープが無くなり次第終了となります。
水曜日は昼のみ:11:00〜15:00(ラストオーダー)
定休日:木曜日
※駐車場は目の前の南樽市場駐車場が利用できます。

(お店情報は2018年4月時点でのものです)

Otaru_20180421_141119

食べログ情報ですが、オープンは2005年1月となってますね。

▶︎食べログ情報:らーめん みかん


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

小樽堺町通りに「SNOOPY(スヌーピー)茶屋 小樽店」が4月19日(木)にオープン

Otaru_20180417_154320


いつも観光客でとても賑わっている小樽堺町通りに、新たに「SNOOPY(スヌーピー)茶屋 小樽店」が2018年4月19日(木)にオープンします(なので、まだ行ってません)。

先月に新聞報道もあって(2018年3月4日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄)、全国で4店舗目で、東日本では初だそうです。運営はカフェや土産店を全国展開する寺子屋(京都)。

場所は、堺町通りの以前、同じく寺子屋が運営していた小樽武将館があった建物ですね。変わって今回のスヌーピー茶屋になったようです。倉庫を利用した北一硝子三号館の斜め向かいです。

Otaru_20180417_154116

Otaru_20180417_154251

様子を見に行ったのは、オープン前の17日(火)で、内覧会が行われていたようで、オープン準備にも忙しそうでした。

Otaru_20180417_154152

サイトによる店舗紹介によると、

大正ロマンを彷彿させる情緒あるモチーフとPEANUTSとのコラボレーションアートで演出された空間で、北海道の特産物を取り入れ、洋風の香りをミックスさせたお料理やスイーツをお楽しみいただけます。
snoopychaya.jp:スヌーピー茶屋公式サイト

とのことで、1階はショップと飲食物のテイクアウトコーナーで、グッズには限定商品もあるとか。2階がカフェになっているとのことです(メニュー参照:snoopychaya.jp:スヌーピー茶屋公式サイト)。

Otaru_20180417_154141

お店は大正ロマンをコンセプトにもしているということで、倉庫などの並ぶ小樽の街とお店の雰囲気とどう融合していくのか、ちょっと楽しみですね。

とはいえ、なんたって人気キャラクターのスヌーピーですからね。オープンを楽しみにしている人も多いでしょうし、観光客にも注目を集めそうです。

(すでに表のスヌーピーと記念撮影している観光客がひっきりなし)
Otaru_20180417_154214


※お店情報詳細は公式サイトでどうぞ:snoopychaya.jp:スヌーピー茶屋公式サイト
※サイト内の小樽店についてはこちら:snoopychaya.jp:スヌーピー茶屋公式サイト(SNOOPY茶屋 小樽)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

あれ!?奥沢にほっともっと(Hotto Motto)の新しい店舗「小樽奥沢1丁目店」ができてる

Otaru_20180325_145223


奥沢十字街から、奥沢水源地方面に向かう国道393号線に入って少し進んだ左手に、ほっともっと(Hotto Motto)の新しい店舗「小樽奥沢1丁目店」ができてました。

(ツルハドラッグのちょっと手前)
Otaru_20180325_145312

実は、もともと奥沢地区には「ほっともっと小樽奥沢店」が、ここからさらに奥の天神十字街近くのところにあったんですが、2017年7月31日でもって閉店していたんですよね。

再び、奥沢地区に新しい店舗をオープンしていたんですね。

Otaru_20180325_145229

営業時間は、10:00~22:00まで(2018年3月現在)。
すぐ横に駐車場も結構な台数確保されてます。

Otaru_20180325_145249

この「小樽奥沢1丁目店」がいつから営業しているのかなと思い、ちょっと調べてみると、ネットに求人情報があって、どうやら2018年2月14日にオープンしたようですね(※参照:ほっともっと 小樽奥沢1丁目店 クルー(カウンター・キッチンスタッフ) 求人情報|株式会社プレナス)。

Otaru_20180325_145236

小樽市内のほっともっとの店舗は、その他には小樽桜店、小樽色内店、 小樽長橋店があります。

ほっともっとののり弁とかから揚弁当とかって、たまに食べたくなるんですよね。

※サイト:ほっともっと

【関連ブログの関連記事】
ほっともっと小樽奥沢店では NettoMotto宅配サービスを2016年8月末日をもって終了。9月からは営業時間も変更【追記:小樽奥沢店は閉店。小樽奥沢1丁目店オープン】 | ローカルブロガーのメモ帳
【北海道エリア限定】ほっともっと(Hotto Motto)の「ほっとポイントくらぶ」サービス終了。ポイント利用は2017年2月13日(月)まで | ローカルブロガーのメモ帳


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

「やしま」でホルモン焼きを堪能してきた。〆はスープで〜小樽のホルモン焼きは美味しいよ

Otaru_20180120_180226


新鮮な魚介類が美味しいことで知られる小樽ですが、個人的に大好きなのが小樽のホルモン焼きです。焼肉ではなくて“ホルモン焼き”です。

歴史的なことはよく分からないのですが、小樽にはホルモン焼き屋が昔から結構あるんですよね。最近は減ってきているようですが、それでも市内では「ホルモン」の文字をよく見かけます。

そんなホルモン焼き屋の中でも、お気に入りのお店「ホルモン焼 やしま」に、先日行ってきました。

Otaru_20180120_195141

やしまは以前から時々行っていて、実はこのブログにもだいぶ前に掲載したことがあるのですが、久しぶりに掲載したいと思います。

場所は、花園銀座商店街のJRの高架が架かるところから「嵐山通り」に入った飲屋街の一角です。

Otaru_20180120_195200

ちなみに、ここやしまはものすごく人気のある店で、最近は予約をしないと入れないことも多いんですよね。

この日も開店から予約で満席で、このような看板が店先に出てました。もちろん、この日は予約をしていきました。

Otaru_20180120_175254


やしまでホルモン焼きを堪能

小樽の昔ながらのホルモン焼き屋に多いと思うのですが、小鉢くらいの器に入ったあっさりめのタレが特徴で、これに焼いた肉をくぐらせるようにして食べるんですよね。

Otaru_20180120_175814
(あっ、もちろんビールもたのみました。すでに一口飲んでる…)

そして、このタレにもうひとつ特徴があるんですが、それはまた最後に説明しますね。

で、ここはなんといっても豚のホルモン(腸)です(メニューのモツ類もホルモンと表現していて、紛らわしくてすいません)。

席について注文の最初に、飲み物と一緒にホルモンいくつ?ってまず聞かれますからね。

だいたい皆さんホルモン中心にたのむようで、複数人できていれば、5人前とか10人前といった単位で注文してますよ。

ちなみに、これで5人前で、ボールに入ってきます(1人前380円)。
Otaru_20180120_180100

ホルモンの話を先にしてしまいましたが、メニューがこちら。

Otaru_20180120_181614

小樽はどちらかというと、豚ホルモンが中心で、これがなかなか安いんですよね。牛や鶏もあります。

Otaru_20180120_181618


で、まず、ホルモンが先にくるので、これを焼き始めてスタートです。

Otaru_20180120_180053

これも小樽の昔ながらのホルモンの特徴なんですが、綺麗に処理をしているんですよね。

臭みは一切なくて、余分な脂も落ちていてチュルチュルンといった感じ。それでも噛めばジュワッとしっかりと旨味が出てきた、なんぼでも食べられます。やっぱりこれがメインですね。

Otaru_20180120_180226

他のホルモン類も味付けがこってりしたものではないんですよね(あっさりしているといってもいいくらいです)。

こちらが牛レバー(肝臓)。
Otaru_20180120_180631

これはお店の大将からのアドバイスで、レバーはしっかり面倒をみつつ、両面を丁寧に焦げないように焼くと、これが本当に美味しくなるんです。

Otaru_20180120_180634

よくあるレバーのざらついた食感や苦味にようなものが全然なくて、歯ざわりが大げさではなくてサクッとした食感になるんですよね。レバーは必ず食べます。

そして、私が大好きな豚タン
Otaru_20180120_182123

小樽は豚ホルモンの方がよく食べられていると思うのですが、それもあってか私も場合、普通にタンといったら、牛ではなくて豚タンのことを指します。豚タンは普通にスーパーや市場でも売っているんですよね。

Otaru_20180120_182159

これが噛めばじわっとタンの旨味が口に広がって美味しんですよね。

その他、牛のサガリに焼くとサクサクのミノハツ(心臓)なんかをたのみました(あっ、コリコリっとした食感がいいガツの写真を忘れました)。

Otaru_20180120_180844

Otaru_20180120_181341

Otaru_20180120_182824

店内が忙しくなってくると、なかなかお店の方も対応が大変になるので、どうせ注文するんだからと最初にいっぺんに注文して、実は今回はちょっとたのみすぎたかな、と思ったんですが、なんのなんの、結局、美味しくてペロッと食べました。

Otaru_20180120_192550


ホルモン焼きの最後の〆はタレのスープ割り

そして、小樽の昔ながらのホルモン焼きの最大の特徴でもあるのが、最後の〆です。

スープください”というと、お店の方がポットに入ったスープを持ってきてくれて、タレが減った器に入れてくれるんです。

これが最後の〆の合図で、〆はタレのスープ割りなんです。

Otaru_20180120_193557
(これはすでにスープで割ってます)

器に残ったタレは、焼いたホルモン類をくぐらせているので、肉の脂や旨味がこのタレに溶け込んでいるんですが、これをスープで割って飲むと、なんともいい味わいなんですよね。

“え〜っ”と思う人もいるかもしれませんが、最後にこれを飲まないと、終われません。

このスープは、やしまだけではなく、市内のホルモン焼き屋で出しているお店は結構あると思います。そして、お店によってこのスープが鶏ガラだったり、昆布だったりと違いもあるんですよね。


おわりに

それにしても、やしまはこの日もずっと満席でした。店内はカウンターとテーブル3つの小上がりのみのこじんまりとしたお店ですから、すぐに満席にはなるんですよね。

人気があるのは嬉しいですが、入りにくくなるのはちょっと残念かな。だって、またすぐにでも、いつでも食べたい味ですからね。

ということで、今回も抜群に美味しかった、やしまのホルモン焼きでした。ごちそうさまでした。

Otaru_20180120_175301

※なんたってホルモン焼き屋ですから、店内は煙もうもうなのと喫煙可なのはご了承を。

※定休日は日曜日で、営業時間は17:00~22:00です。
Otaru_20180120_180257

(お店情報は2018年1月時点でのものです)

▼食べログ情報
ホルモン焼 やしま

【関連記事】
小樽のホルモン焼きは旨いです/ホルモン焼 やしま
小樽のホルモン焼きは旨いです/スープダレ元祖の人気の老舗店「焼肉・ホルモン 三四郎」

※こんな記事も書いてます。
小樽ホルモン焼き事情〈前編〉
小樽ホルモン焼き事情〈後編〉


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年11月23日 (木)

手宮(錦町)で人気のそば屋のヤマカで人気のラーメンを食べてきた

Otaru_20171025_125525


ちょっと前のことなんですが、手宮方面に行った際に、お昼を食べに地元で人気のそば屋のヤマカに行ってきました。

場所は、バス通りの小樽信金手宮支店の交差点から山側に入っていった通り沿いで、住所は錦町になります。

こちらがヤマカの店舗です。店構えが美味しそうです。
Otaru_20171025_125530

ヤマカについては、以前、小樽の案内本、田口智子さんによる小樽さんぽシリーズ第1弾「小樽さんぽ」で紹介されて以来、気になっていて食べに行ってみたかったんですよね。

ちなみに、小樽さんぽシリーズ最新版第3弾「とっておき! 小樽さんぽ」でも紹介されていて、今回の店舗情報については、そちらを参照させていただいてます。


そば屋のヤマカでラーメン

ドアお開けてお店に入ると、センサーでいらっしゃいませ〜の声が響いて、お店の方が出てきました。
ちなみに、店内はファイターズ関連でいっぱいでしたよ。

メニューはこちら。
Otaru_20171025_131519

ここヤマカは、「小樽さんぽ」によると3代目が切り盛りする、50年以上続くそば店とのことなんですが、人気なのが“ラーメン”なんだそうです(笑)

ということで、ここはすいません、そばではなくてラーメンを。

で、この日はすでに歩き回ってお腹がかなりすいていて、横を見るとセットメニューがあったので、ラーメンと小かつ丼セットにしちゃいました。そば屋のかつ丼って美味しいですからね。

(セットメニュー)
Otaru_20171025_125930

こちらがラーメンと小かつ丼セット(850円)です。
Otaru_20171025_130234

さてさて、ラーメンですが、見た感じから懐かしい感じがしてきますね。

Otaru_20171025_130236

こちらのスープはとんこつと鶏がらからとっていて、醤油と塩の中間のようだというのは聞いていたのですが、まず色合いはその通りですね。

Otaru_20171025_130319

味は塩が強めですが、しっかりしとしたコクがありつつ、どこか懐かしい味わいです。

手作りという少し縮れた麺は、色は白っぽくて、コシがあるという感じではないですが、ツルッとしてスープによく合いますね。

Otaru_20171025_130308

かつ丼は、出汁が効いていて、これは間違いないです。
Otaru_20171025_130238

いや〜、セットメニューはかなりボリュームがあって、お腹いっぱいになって大満足でした。
ごちそうさまでした。

そうそう、入った時は私1人だったのですが、その後3組が続々入ってきましたよ。
お店を出るときは、センサーのありがとうございましたの声が響きました。

Otaru_20171025_131959


おわりに

ということで、手宮地区で人気のそば屋のヤマカにようやく行ってきました(食べたのはラーメンですが…)。

次に行った時は、そば屋さんですからそばをいただきたいとは思うのですが、今回食べたヤマカのラーメンって、なんだかまた食べたくなる味だったんですよね。また、ラーメンをたのんじゃうかも。

【お店情報】※お店情報は2017年10月時点でのものです。
営業時間:11:00〜18:00
定休日:木曜日

▼食べログ情報
ヤマカそば

▼参考:書籍「とっておき! 小樽さんぽ

【関連記事】
お馴染み小樽さんぽシリーズの第3弾「とっておき! 小樽さんぽ」発売中〜小樽を散歩するなら必ず持っておきたい小樽案内本!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年11月21日 (火)

会食の機会があって「おたる 大和家 本店」の料理を堪能してきました

先日、ちょっとした会食の機会があって、「おたる 大和家 本店」に行ってきました。

Otaru_20171111_165601

大和家といえば、小樽でも老舗の寿司中心の和食を食べさせてくれるお店で、市民の中には、何か特別な席を設ける時などには、大和家を利用している方も多いのではないでしょうかね。

大和家本店の場所は、梁川通りから中央市場沿いの道路を海側に曲がるとすぐあります。ちなみに、寿司屋通りにあるのは花園店です。

お店のサイト「小樽市寿司屋 | 寿司屋大和家(ごあいさつ)」によると、創業は昭和12年という老舗で、花園店の開店は昭和42年とのことです。

Otaru_20171111_165605


この日は、本店2階の個室の椅子席で、落ち着いた雰囲気の中、食事をゆっくり楽しませていただきました。

その料理はコースで、まずはこちら。
Otaru_20171111_170148

お刺身は、マグロにボタンエビに真鯛。
Otaru_20171111_170151

3つ並んだ小鉢は、胡麻豆腐とアンコウのとも和え、そして、ホタルイカの沖漬けかな(すいません、料理名を確認していないものもあるので、曖昧なのはご勘弁を)。

Otaru_20171111_170154t

飲み物は別で、最初は生ビールをいただきましたが、やっぱりここは日本酒でしたね。

Otaru_20171111_175219

個別写真を撮ってませんが、酢の物はもずくとじゅんさいでした。

そして、茶碗蒸し。
Otaru_20171111_170957

あっ、続いて天ぷらも出てきたんですが、撮り忘れた…
オクラとカボチャと白身魚とエビだったと…

次に、出てきたのは特大ボタンエビの焼き物。
Otaru_20171111_172138

大きくて伊勢海老みたいです。

そして、寿司5貫です。お吸い物もついてました。
Otaru_20171111_180457

寿司はマグロ、サーモン、ボタンエビ、ニシン、イクラでした。

最後にデザート(抹茶のアイス)ですね。。
Otaru_20171111_182012


いや〜、もちろん料理はどれも美味しかったですが、どれもとても丁寧な印象でした。

ちなみに、今回は基本となる4,000円のコースで、そこから色々と品数を増やしたりとグレードアップもできるそうですが、量も十分満足でした。

ただ、あとでちょっと失敗だったと思ったのが、小樽は今シャコの季節なので、何かシャコ料理を追加すればよかったかな。

ということで、「おたる 大和家 本店」で美味しい料理を堪能して、贅沢な時間を過ごすことができました。ごちそうさまでした。

【大和家本店 お店情報】
営業時間:11:00~21:00
定休日:火曜日(不定)
小樽市寿司屋 | 寿司屋大和家
(お店情報は2017年11月時点でのものです)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

旧手宮線沿いの小さな人気食堂「中華食堂くろ」でくろのカツカレーなどを食べてきた

Otaru_20170923_120834


先月のことなんですが、美味しいと評判で前から食べに行ってみたいと思っていた「中華食堂くろ」にやっと行ってきました。

お店は市立小樽文学館・美術館近くの、旧手宮線散策路と並行する通り沿いにあるのですが、この通りに立ち並ぶ飲食店の建物群が、なんとも昭和感満載の味のある風景を形作ってるんですよね。

(渋すぎです)
Otaru_20170926_143102

その中でも目を引く黒い外壁のお店が、「中華食堂くろ」です。

Otaru_20170926_143052

お店は2015年8月にオープンしてます。

Otaru_20170923_123838

実は、何度か満席だったり休みに行ってしまったりで入れず、今回、お昼にようやく行くことができました!

店内は、カウンター3席、2〜4人がけのテーブル席が6席の内装も黒いこじんまりとしたお店です。

メニューはこちら。これは昼用メニューになるのかな?
Otaru_20170923_115618

Otaru_20170923_115526

なんだか全部食べてみたいのですが、ここはトンカツが美味しいとよく耳にしていたので、今回はまずは、昼7食限定のくろのカツカレー(1000円/税別)。それと、特製えびチャーハン(900円/税別)と焼ぎょうざ(3ヶ入り、450円/税別)をたのみました(今回は2人で行きました)。

こちらが、くろのカツカレー。黒いです。
Otaru_20170923_120841

この黒いカレーは、食べてみるととてもコクがあるのですが、どう作ってるんだ?

Otaru_20170923_121402

カツは衣はサクサクで肉は柔らかく美味しいのはもちろん、カツにかかっている野菜が刻まれている中華風のソースも絶品で、カツにもカレーにもよく合います。

Otaru_20170923_120847

Otaru_20170923_120909

こちらが焼ぎょうざ。でかいです。
Otaru_20170923_121033

つけるのは、酢と胡椒ですね。
Otaru_20170923_121037

そして、こちらが特製えびチャーハン
Otaru_20170923_122045

見ただけで間違いないですね(笑)
Otaru_20170923_121956

チャーハンは味噌汁付きだったのですが、この日はなんとラクヨウきのこの味噌汁でした。うれし〜!
Otaru_20170923_122051

チャーハンはエビがゴロゴロで、大げさでなく、一口ごとに入ってくるくらいでした。

Otaru_20170923_122100

ぎょうざもチャーハンも抜群に旨いです!って、そうでした、ここは中華食堂でしたね。


この日のお昼は、お客さんは私たちを含めて3組。厨房ではひとりで調理されていて、料理が順番に出てくるので、料理によっては少しだけ時間がかかるようですが、出てくる料理を待つ時間も、楽しみのうちですね。


ということで、ようやく食べに行った中華食堂くろのくろのカツカレー、そして焼ぎょうざに特製えびチャーハン、美味しかったです。
ごちそうさまでした。

そうそう、他のメニューも食べてみたいですし、お酒が色々と揃っているようで、中華メニュー(夜用のメニューがな?)も色々あってと、夜も相当楽しそうなので、夜にも行ってみたいですね。


【お店情報】※お店情報は2017年9月時点でのものです。
営業時間:11:00〜L.O.13:30、17:00〜L.O.22:00
定休日:火・水曜日
※参考
・Facebookページ:中華食堂くろ - ホーム
・たるぽん2017年10月号

Otaru_20170923_123852

▼食べログ情報
中華食堂 くろ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 住吉神社 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 朝里地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 北海道胆振東部地震小樽関連 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌