飲食店

2022年5月 9日 (月)

小樽市総合博物館本館前の客車のお店、坦々麺の「ハルのち晴れ。」が4月にオープンしてます(すいません、まだ行ってません)

Otaru_20220430-140929

小樽市総合博物館本館の正面玄関横に止まっているブルーの客車、ここに新しく「ハルのち晴れ。」という坦々麺のお店が4月にオープンしています(すいません、私はまだ行ってません)。

ここには以前、客車を利用した人気イタリアン・レストラン「リストランテ トレノ」が入っていたのですが、2021年11月3日で閉店したんですよね。
小樽市総合博物館本館前の客車を利用した「リストランテ トレノ」が11月3日で閉店

Otaru_20220430-140857

Otaru_20220430-141004

列車レストランとは珍しいですが、鉄道関連の展示が充実している小樽市総合博物館本館のすぐ前ということで、この場所にはぴったりのお店だったので、その後、どうなるのか気になっていたんですが、坦々麺のお店が新しく入ったのですね。オープンは2022年4月1日のようです。

Otaru_20220430-140916

メニューにはパスタなんかもあるようですね。

Otaru_20220430-140947

で、ここに「坦々麺なかがわ」ののぼりが立っているのですが、どうやらここ「ハルのち晴れ。」では、坦々麺なかがわの坦々麺が提供されているんですね。

坦々麺なかがわは、サンモール一番街のおたる屋台村ろまん横丁内にあるお店なんですが、現在、そちらは休業中のようです。

Otaru_20220430-140919

ハルのち晴れ。 | Facebook
※「ハルのち晴れ。」の情報は、坦々麺なかがわのFacebookページにも掲載されていました。
担担麺 なかがわ | Facebook

ということで、博物館本館前の列車レストラン「リストランテ トレノ」閉店後の客車に、新しく坦々麺のお店「ハルのち晴れ。」が入ったということで、よかったですね。

Otaru_20220430-140937

私もここ「ハルのち晴れ。」の坦々麺を食べに行ってみたいです。

【店舗情報】(お店情報は2022年5月時点でのものです)
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
本来のフル営業時間は11時〜21時までとのことで、状況が整い次第、その時間で営業するようです。
ハルのち晴れ。 | Facebook
※食べログ情報:ハルのち晴れ。

Otaru_20220430-140907

おたる屋台村 | 小樽の夜を楽しむ憩いの場

※関連ニュース(追記):2022年5月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
ニュースよると、小樽の会社がトレノのオーナーから借り受け、カフェとして復活。そこになかがわの坦々麺が提供されているんですね。他にも現在あるパスタやソフトクリームなどのほか、今後カフェメニューを充実させていくようです。

| | コメント (0)

2022年3月 8日 (火)

フリットくんのびっくりハウスは南樽市場近くにあるお祭りみたいなお店!!〜フライドポテトを買いました

Otaru_20220223-153023

南樽市場の海側から小樽市立病院方面に向かう通り沿いに、なんだか楽しげなお店があります。住所は若松町になります。

ここは「フリットくんのびっくりハウス」というお店なんですよね。

Otaru_20220223-153034

店頭にはのぼりや商品パネル、ポスターなどが賑やかに飾られていて、そこに書かれているお店の販売商品は、大きな幕のつぼ焼きいもの他には、ソフトにシェイクにかき氷、スピン、フライドポテトなどと、なんだかお祭りみたいなラインナップ。

Otaru_20220223-153438

というのも、ここはもともと、イベントや祭りで20年以上、フライドポテトやかき氷などの販売で実績があるお店が、満を辞して実店舗を持った、というお店なんですね

私もここの「フリットくんのフライドポテト」が好きで、お祭りで時々買っていたんですよね。で、この日も久しぶりに、ここのフライドポテトが食べたくて、買いにいったんです(Lサイズ400円)。

Otaru_20220223-153455

色々あるメニューから、お祭り気分でどれにしようかな〜って考えるのも楽しいかもしれませんね(スピンはメーカー終売でなくなるとのこと。あとポテトもやはり材料が流通不足のようです)。

夏場になれば、それこそ祭りの雰囲気そのままに、かき氷などが気軽に食べられていいですよね。

ちなみに、ここはもともと遊道場というカードショップで、その中に併設するように、2018年8月にかき氷販売を開始したんですよね。

ちょうどその頃にお店に行って、書いた記事がこちら:若松町のカードショップ「遊道場」内にかき氷屋さんができていた

で、どうやらその後の2019年7月に「フリットくんのびっくりハウス」としてオープンしたようですね。そのあたりは、私もいつも参考にさせてもらっている、小樽の地域情報サイト「まいぷれ」にて紹介されていました。
フリットくんのびっくりハウス | 【新店特集】小樽・後志の新店情報| まいぷれ[小樽市]

TwitterやInstagramで、メニュー情報を発信していることが多いようなので、チェックしてみるといいかもしれません。
フリットくん (@fritto_kun)/Twitter
フリットくん(@huritsutokun) • Instagram

お店情報は不確定情報があるのですが、営業時間は12時から夜7時までで、定休日は基本は木曜日のようです。
※食べログ情報:フリットくんのびっくりハウス
※お店情報は2022年3月時点でのものです。

(この写真は2020年6月撮影)
Otaru_20200627-165527

【関連記事】
若松町のカードショップ「遊道場」内にかき氷屋さんができていた

| | コメント (2)

2022年2月21日 (月)

稲穂4丁目の「立ち飲み酒場 石川源蔵商店」が1月に復活オープンしてます(行ってませんが…)

Otaru_20220203-154435

稲穂4丁目の角打ちのお店「立ち飲み酒場 石川源蔵商店」が、復活オープンしているそうです。

オープンは2022年1月10日です。

Otaru_20220203-154424

第一大通り沿いに建つ、なんとも渋い外観のこのお店ですが、ここはもともと石川源蔵商店という老舗酒店で、店内でお酒が飲める「角打ち」としても親しまれていたお店だったのですが、2014年2月いっぱいで閉店したんですよね。

閉店時のニュースでは、創業からなんと123年経っていた老舗のお店とのことで、このブログでも閉店のニュースを取り上げさせてもらいました。
こんな渋いお店があったとは/小樽の老舗酒店「石川源蔵商店」が123年の歴史に幕を下ろしました

それから8年ぶりの“復活”オープンということですが、いつも参考にさせてもらっている、小樽の地域情報サイト「まいぷれ」にて詳しく紹介されていました。
※参照:立ち飲み酒場 ヤマイシ 石川源蔵商店 | 【新店特集】小樽・後志の新店情報| まいぷれ[小樽市]

それによると、前店主の息子さんが、小樽の歴史を綴った写真集でお店が紹介されているのを見て、実家でもあるこのお店がとても歴史のある大切な場所であると再認識されて準備を進め、定年退職を経て今回、立ち飲み酒場としてリニューアルオープンしたそうです。

お店は「立ち飲み酒場 ヤマイシ 石川源蔵商店」になるのかな。

Otaru_20220203-154500

Otaru_20220203-154444

Otaru_20220203-154511

(入り口は脇道側からですね)
Otaru_20220203-154527

お店はカウンターのみの立ち飲みスタイルとのことですが、私は前のお店の時も行ったことがなかったので、今回もどんな雰囲気のお店なのか、とっても気になっているんですよね。機会を見つけて、ぜひ行ってみたいです。

それにしても、こちらの店舗の建物は歴史を感じさせますね。復活してくださって、よかったですね。

Otaru_20220203-154619

Otaru_20220203-154555

【店舗情報】(お店情報は2022年1月時点でのものです)
営業時間:13:00~21:00
定休日:火曜
立ち飲み酒場 ヤマイシ 石川源蔵商店 | 【新店特集】小樽・後志の新店情報| まいぷれ[小樽市]
※食べログ情報:立ち飲み酒場 石川源蔵商店

Otaru_20220203-154718

(こちらは再開前の2018年12月撮影)
Otaru_20181227-150156

(こちらは2021年3月撮影。いつもこの建物が気になっていたんです…)
Otaru_20210324-153516

【関連記事】
こんな渋いお店があったとは/小樽の老舗酒店「石川源蔵商店」が123年の歴史に幕を下ろしました

| | コメント (4)

2021年12月 9日 (木)

北運河近くの隠れた名店「シロクマ食堂」でカニみそクリームスパゲティと牛トロフレーク丼を食べてきた!!

Otaru_20211109-124811

ずっと気になっていて、ずっと食べに行きたかった「シロクマ食堂」に、少し前ですが、ようやく行ってきました。

メディアで紹介されることもあり、今や北運河地区の隠れた名店として大人気ですが、お店が目立たなくて、場所がなかなか分かりにくいこともあって、まさに“隠れた”名店ですね(訪れたのは2021年11月9日です)。

Otaru_20211109-130521

こちらがお店で、普通のお宅のようですが、近づけば、看板も設置されてます(以前はなかった?)。住所は色内3丁目になります。

Otaru_20211109-130529

店内は、カウンター席(9席)のみの小さなお店で、この日は平日のお昼に行って、タイミングよく入れ替わりですぐに入ることができましたが、普段はどうなのかな。やっぱり待たないといけないんでしょうね。

Otaru_20211109-130506

メニューはこちら。

Otaru_20211109-124921

Otaru_20211109-124928

Otaru_20211109-130047

Otaru_20211109-130102

色々と食べたいメニューはあるのですが、今回は2人で行ったので、カニみそクリームスパゲティ牛トロフレーク丼にしました。

まず、こちらがカニみそクリームスパゲティ(1700円。バケット付き)。

Otaru_20211109-124736

北海道産天然紅ズワイガニを贅沢に使用しているというカニみそクリームスパゲティは、実はハナタレナックス全国特番第4弾「北海道美食めぐりの旅in小樽」で、ナックスのメンバーがここシロクマ食堂にきて、その際に食べていて、これが美味しそうで、どうしても食べてみたかったんです。

思った通りの、いや思った以上のカニ感!!クリームソースとカニみそを合わせてカニの身と一緒に口に運ぶと、もうコクあって抜群!!

醤油が一緒に出されるのですが、途中で垂らすといいそうで、これまた風味が変わり美味しい!!

Otaru_20211109-124729

そして、バケットがついているのが嬉しいですね。途中でバケットにソースを乗せて食べるのはもちろん、皿に残ったソースを残らずバケットで拭いとって食べてしまいました(笑)

そして、こちらが牛トロフレーク丼(800円)。

Otaru_20211109-125054

これも以前、テレビで見ていて、食べてみたかったんです。

シンプルな内容ながら、温かいご飯に牛の脂が馴染んできて、これが美味しい!!山わさびがアクセントにいいですね。

Otaru_20211109-125057

あ〜もっと食べたい!!(笑)

いや〜、なんで今まで来なかったんだろう。あと、ハンバーグとかカレーとかカニチャーハンとか、あれもこれも食べてみたいです。

昼は予約不可で、夜は完全予約制とのことで、予約をとって夜にもきてみたいですね。

基本的に全ての料理を店主一人で作っているので、時間に余裕を持って、出てくる料理を楽しみに待つのがいいですね。

Otaru_20211109-124858

ということで、 念願のシロクマ食堂でカニみそクリームスパゲティと牛トロフレーク丼を堪能してきました。ごちそうさまでした。

【店舗情報】(お店情報は2021年11月時点のものです)
営業時間
※ランチは予約不可
平 日:11:00~14:30(14:00ラストオーダー)
土日祝:11:00~15:30(15:00ラストオーダー)
※夜の部は完全予約制
17:30~22:00(21:00ラストオーダー)

定休日:第2・第4の水・木曜日 その他不定休あり
※駐車場なし(ただ、店舗前に駐車可)
※お休みなどはInstagramで:シロクマ食堂(@shirokumashitang)

※食べログ情報:シロクマ食堂

Otaru_20211109-130535

Otaru_20211109-124825

Otaru_20211109-124840

Otaru_20211109-124845

※ブログ:小樽 シロクマ食堂
※こちらは旧ブログかな!?:シロクマ食堂
旧ブログを見ると、もともとシロクマ食堂は朝里川温泉地区(2010年〜11年)にあって、2012年(平成24年)1月に現在地にオープンしてるんですね。

【関連記事】
ハナタレナックス全国特番第4弾「北海道美食めぐりの旅in小樽」の行き先をまとめてみたよ

| | コメント (2)

2021年11月28日 (日)

花園のホットドック専門店Melody Fair Hotdog(メロディーフェアーホットドッグ)でテイクアウト

Otaru_20211024-141934

少し前のことなんですが、花園町にある小樽では珍しいホットドック専門店でテイクアウトしてきました。

お店は「Melody Fair Hotdog(メロディーフェアーホットドッグ)」です。

Melody Fair Hotdogの場所は花園町3丁目で、花園公園通りから小路を入ったところの通り沿いで、2021年6月にオープンしています。

Otaru_20211024-132915

ずっと気になっていて、10月のことなんですが、ようやく食べることができました(写真は2021年10月24日撮影)。

店頭にはテイクアウトメニューが貼ってありますが、店内はカウンターとボックス席が1つあって、イートインもできます。

Otaru_20211024-132907

Otaru_20211024-132909

今回は、定番のレギュラーホットドッグ(450円)とシカゴスタイルホットドッグ(500円)をたのみました。

Otaru_20211024-141914

Otaru_20211024-141944

レギュラーホットドッグには、トマト、ピクルス、そしてフライドオニオンが入っています。

Otaru_20211024-141934

おすすめというシカゴスタイルホットドッグには、トマト、ピクルス、玉ねぎ、ハラペーニョ、レリッシュが入り、塩コショウとマスタードで味付け。シカゴのひとがこだわる食べ方だそうですが、日本人向けにアレンジしているそうです。

Otaru_20211024-141940

大口開けてバクッと行くと、パンも比較的しっかりしていて、ソーセージはパリッとというか、バリッとうまく、ピクルスのアクセントもいいですね。これは美味しい!!

ホットドックというと、手軽な軽食のイメージもあるかもしれませんが、これは一個で、食べ応えがあり、満足感も高いですね。

そうそう、市内の深澤精肉店と平野パンにホットドッグ専用の素材を特注しているそうで、地元のお店の食材を使ったそういうところも、なんだか好感度高くて嬉しいですね(参照:Melody Fair Hotdog(もっといろいろ) | まいぷれ[小樽市])。

飲み物ではオリジナルのピンクレモネードがおすすめだとか。今度飲んでみたいです。

ということで、花園のホットドック専門店Melody Fair Hotdog(メロディーフェアーホットドッグ)でテイクアウトしてきましたが、こうなると、他のメニューも食べてみたいですね。

Otaru_20211024-132924

【店舗情報】(お店情報は2021年10月時点でのものです)
営業時間:12:00~21:00
定休日:水曜日(不定休という掲載もありました)
※参照:Melody Fair Hotdog | 【新店特集】小樽・後志の新店情報| まいぷれ[小樽市]
※食べログ情報:Melody Fair Hotdog

Otaru_20211024-132928

Otaru_20211024-132930

| | コメント (2)

2021年9月16日 (木)

緑町の焼き鳥屋「大吉」の赤い看板がなくなってる!?〜「やきとり串丸」として開店予定【情報提供】

Otaru_20210915-143857

読者さんから、緑町のバス通りの緑第一大通り沿いにあった「やきとり大吉 小樽緑店」の赤い看板がなくなっている、という情報をいただきました。

あっ、ほんとだ、大吉の赤い看板などがなくなってます。

Otaru_20210915-143856

が、何やら新たに塗装作業をしてます。

張り紙があったので、読んでみると。

Otaru_20210915-143913

フランチャイズの「やきとり大吉」から独立して、「やきとり串丸」として開店するとのことです!!

そうでしたか、大吉として開店25年ということで、今回の閉店日は未確認なんですが、独立するんですね。

ちなみに、こちらが以前の赤い看板です(2019年10月撮影)。
Otaru_20191018-115703

新しいお店、やきとり串丸の開店日については、コロナ禍でまだ未定のようですが、これまでも地元にお馴染みの焼き鳥屋さんだったのでしょうから、開店が楽しみですね。

Otaru_20210915-143954

【追記】
こちらが、その後オープンしたやきとり串丸です(2022年2月3日撮影)。お店の外観の雰囲気は一緒ですね。
Otaru_20220203-142656

やきとり大吉|YAKITORI DAIKICHI

| | コメント (0)

2021年7月14日 (水)

喫茶室ラブラド・レッセンス〜奥沢の古民家にできたカフェで静かにゆったり過ごしてきました

Otaru_20210704-134822

奥沢に「喫茶室ラブラド・レッセンス」という古民家を活用したカフェがオープンしています。

場所は奥沢のバス道路(国道393号線)沿いのスーパーアークス奥沢店に向かう交差点手前です。

Otaru_20210704-134813

以前はそば屋さんだった建物とのことで、6月上旬にオープンしていたようで、私も先日(7月4日)行ってきました。

Otaru_20210704-134837

店内に入るとなんだかほっとするような空間で、1階にはカウンター席と2名掛けテーブルがあったのですが、2階へと案内されて、靴を脱いで奥の部屋に続く階段を上っていくと、畳敷きの和室があり、テーブル席がゆったりと3つありました。

そこは、さらにほっとする、静かにゆったりできるくつろぎの空間でした。

注意事項として、店内に案内があるのですが、店内でのiPhoneなどのスマホを含むデジタルカメラでの撮影は禁止で、フィルムカメラのみ撮影OKとなっていますので、マナーを守りましょうね(なので、今回は店内写真はありません)。

この日は暑くてヘーゼルナッツオレと夏季限定の氷珈琲というのを注文。氷珈琲は上の凍ったコーヒーを溶かしながら飲んでいくと、ほんのり甘くて、暑い夏にぴったりでした。もちろん、ヘーゼルナッツオレは間違いなかったです。

飲み物はコーヒー系以外にも紅茶やソフトドリンクなどもあり、そのほかスイーツや軽食もありました。

Otaru_20210704-134831

実は、私がこのお店を知ったのは、緑町の高台にある人気のパン屋さん「ヨルトノ」の店主から、奥沢に新しいカフェができると伺っていたんです。

どうやら、ここ喫茶室ラブラド・レッセンスは、ヨルトノのパン限定で持込み可らしいですよ(お店の方に聞きました)。

ということで、奥沢の古民家にできた喫茶室ラブラド・レッセンスに行ってきました。そこはゆったりとくつろげるカフェでした。

Otaru_20210704-142915

【店舗情報】(お店情報は2021年7月時点でのものです)
営業時間:10:00〜19:00
定休日:木曜、第3水曜
喫茶室ラブラド・レッセンス(@labradoressensuuuu) • Instagram

Otaru_20210704-134816

※参照:喫茶室ラブラド・レッセンス | 【新店特集】小樽・後志の新店情報| まいぷれ[小樽市]

【関連記事】
緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)

| | コメント (0)

2021年6月 7日 (月)

あの“なると”による中華食堂「なると軒」がオープン(まだ食べに行ってませんが…)

Otaru_20210605-154510

小樽港縦貫線沿いに、あの若鶏半身揚げでお馴染みの“なると”による中華食堂なると軒」が、2021年6月2日(水)にオープンしてます。

なるととしては、もちろん初の中華料理店ですね。

店舗名を見ると「若鶏時代なると港町店 中華食堂 なると軒」となっています。

小樽には本店と呼ばれる稲穂町の「若鶏時代なると」と、多店舗展開している「なると屋」という系列店があるのですが、扱いは若鶏時代なるとの新店ということになるのかな。
※サイトもできてました:中華食堂なると軒

Otaru_20210605-154226

ちなみに、ここなると軒については、オープン予定の情報があって、オープン予定の記事を書いたのが、だいぶ前のまだ雪の積もる2月のことで、もともとのオープン予定日から延びていたんですね。

Otaru_20210605-154246

6月2日のオープン時にはチラシも入っていて、3日間はオープン記念セールもあったようです。

※参考までに、こちらがオープンチラシです。
Otaru_20210602-132150t

で、すいません、まだ食べに入ってないのですが、メニューを見ると、お馴染みの若鶏半身揚げやザンギのほか、あんかけ焼きそばや焼き餃子、エビチリ、青椒肉絲、麻婆豆腐、酢豚、炒飯各種と、様々な中華のメニューが並んでいて、いや〜、美味しそうです。

Otaru_20210605-154452

お持ち帰りメニューも単品や弁当など、色々と揃えているようですよ。

営業時間については、緊急事態宣言に伴い、6月2日(水)〜6月20日(日)までは11:00~20:00(ラストオーダー19:30)となっていて、お酒類の提供はしてません(張り紙より)。

Otaru_20210605-154535

本来の営業時間は11:00~21:00(ラストオーダー20:30)とのことで、定休日は不定休となっています。
※お店情報は2021年6月時点でのものです。

ということで、いよいよオープンしたなるとの中華食堂なると軒。食べに行ってみたいですね。

若鶏時代なると / 回転寿司うずしお
小樽なると屋
小樽なると屋 | Facebook

※食べログ情報:中華食堂なると軒

Otaru_20210605-154523

Otaru_20210605-154307

※場所は小樽港縦貫線沿いの以前ローソン小樽港町店のあった場所で、建物前が広い駐車場になっています(小樽市港町7番2号)。

Otaru_20210605-154346

【関連記事】
港町のローソン跡になると系列の中華食堂「なると軒」がオープン予定!?【情報提供】

| | コメント (0)

2021年4月25日 (日)

塩谷の国道5号線沿いに若鶏半身揚げでおなじみの「なると屋 塩谷テイクアウト店」ができてますね(3月6日オープン)

Otaru_20210422-122525

そういえば、塩谷の国道5号線沿いに、若鶏半身揚げでおなじみの「なると屋 塩谷テイクアウト店」が3月6日(土)にオープンしてるんですよね。

場所は、国道5号線沿いで、ここは北海信用金庫塩谷代理店のあった建物とのことです(住所塩谷2丁目)。

Otaru_20210422-122458

Otaru_20210422-122504

実はオープン直前に、塩谷になると屋ができると、読者さんから情報をいただいていたんです。せっかく情報をいただいたのに、ブログ掲載がこんなに遅くなってしまいました(ごめんなさい)。

なるとといえば、小樽市民にもおなじみで、本店と呼ばれる「若鶏時代 なると」と、後発ながら多店舗展開している「小樽なると屋」があって、塩谷のお店はそのなると屋のテイクアウト店となります。

こうやって、なると関連の記事を書いていると、若鶏半身揚げが食べたくなんですよね。

Otaru_20210422-122535

【塩谷テイクアウト店の店舗情報】(お店情報は2021年4月時点でのものです)
営業時間:11:00~21:00(L.O.20:30)
※店の前に駐車場があります。
※参照:小樽なると屋 塩谷テイクアウト店

| | コメント (0)

2021年4月22日 (木)

緑町のバス通り沿いに定食&蕎麦のお店「暖心庵」が4月17日オープン(まだ行ってませんが)

Otaru_20210419-142925

ウイングベイ小樽1階にあった、ファミリービストロ「DD5」とそば&土鍋うどん「暖心庵」が、2021年3月21日をもって閉店し、新たに緑町に蕎麦と食事の店「暖心庵」として移転オープンするという話題を先日、このブログに掲載しました。
ウイングベイ小樽のファミリービストロ「DD5」とそば&土鍋うどん「暖心庵」が閉店、新たに「蕎麦とお食事の店 暖心庵」として移転オープン

そのお店「暖心庵」が、4月17日(土)にオープンしたようです(まだ行ってませんが)。

Otaru_20210419-142859

正式な店名は「定食&蕎麦〜Yamanote Class〜暖心庵」というのでしょうか。

Otaru_20210419-142928

場所は緑町のバス通り沿いで、以前「そば処 天狗山」(平成30年12月31日をもって閉店)のあった建物です。

Otaru_20210419-142916

店頭の案内を見ると、年中無休で営業時間は11:00〜15:00となってますね(2021年4月時点での情報)。

Otaru_20210419-142934

ということで、新しくできた定食と蕎麦の店「暖心庵」、機会があったら食べに行ってみたいです。

《駐車場について追記 2021.5.23》
 隣の(株)本野雄次郎商店前の駐車場を一緒に使えるようです。
Otaru_20210423-145354

Otaru_20210423-145401

もともとここにあった「そば処 天狗山」は、本野雄次郎商店によるお店だったんですよね。

Otaru_20210423-145414

Yamanote Class 暖心庵|小樽の蕎麦&定食| 株式会社OYMネットワーク

【関連記事】
緑町の山手線のバス通り沿いにある「そば処 天狗山」が平成30年12月31日をもって閉店してます

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽