飲食店

2024年1月31日 (水)

船見坂のオムライスが大人気の「ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)」に久しぶりに行ってきた!!

Otaru_20240122-124202

船見坂のオムライスが大人気の「ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)」に、久しぶりに行ってきました。もちろん、オムライスをいただいてきました。

アリンコモウダッシュという店名もなんだか不思議で可愛いのですが、本当に人気のお店なんですよね。オムライスのほかマフィンなども人気です。

ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)について

お店はもともとは国道5号線から船見坂を上ってすぐ左のところにあって、2015年7月21日にご夫婦でオープンしたんですよね。

そちらの店舗を2021年1月いっぱいで閉めて、そこから船見坂を上ってすぐ右のJRの線路の上に架かる「船見橋」手前に2021年3月3日に移転オープンしてます。

Otaru_20240122-124434

現在の新しい店舗は白い三角屋根が可愛い素敵な店舗です。

Otaru_20240122-124408

で、実は私は新しい店舗になってからは今回が初めての食べに行ったんです。コロナ禍で行く機会を逃していたのと、このお店がお気に入りの方はご存知かと思うのですが、ご主人が体調不良で、2022年10月10日から長期休業していたんですよね。

そして、昨年(2023年)10月30日、ほぼ一年ぶりに営業が再開されたんですよね。多くのアリンコモウダッシュ・ファンが楽しみにしていたのはいうまでもありませんね。

営業再開とはいえ、ご主人の体調と相談しながらの短縮営業となっていて、食事は11:00〜14:30(食事ラストオーダー)で、14:30〜17:00はカフェのみの営業。営業日などはInstagramやFacebookページに随時投稿されています。

Otaru_20240122-124222

また、現在は時間指定での席の予約には対応してなくて、店内満席時は基本店内で待たず、連絡先を伝えて席が空き次第連絡をもらってから、お店に伺うというシステムになっているようです。

おおよその待ち時間を教えてもらえるので、連絡先を伝えてからは、あまり遠くに行かないようにしないといけませんね。

また、電話でも満席時には電話をした時点での順番に組み込んでもらえるので、同様に連絡先を伝えれば、空き次第連絡をもらえます。なので、電話する際にもあまり遠くにいないようにしないといけませんね。

私も今回は小樽駅近くで電話して、長崎屋でうろうろしていたら、ほどなく電話がかかってきて、そこからお店に向かいました。

これ、個人的にはいいシステムだなと思っています。アリンコモウダッシュはファンも多く、待ってでも食べたいという方は多いと思いますし、おおよその時間を教えてもらえるので、その間、別の用事を済ますこともできますしね。

Otaru_20240122-124153

久しぶりのオムライスに大満足!!

今回は二人で行ったのですが、注文したのは久しぶりということもあって、まずは基本のケチャップオムライス(830円)と、お腹がぺこぺこだったのでボリュームのあるハンバーグオムライス(1280円)で、どちらもライス大盛り(プラス200円)にしちゃいました。

Otaru_20240122-115732

Otaru_20240122-115729

まずは、こちらのケチャップオムライスは、チキンライスがくるっと優しく綺麗に卵にくるまれていて、もう見た目からして美味しいです。もちろん味も抜群。

Otaru_20240122-120336

この自家製トマトケチャップがまたたまりません。

Otaru_20240122-120329

そして、和牛肉と道産豚ハンバーとオリジナルデミグラスソースオムライスの合わさったハンバーグオムライスは、なんだかとっても贅沢で食べ応えがあります。

Otaru_20240122-120209

デミグラスソースが味わい深いですね。こちらもたまりません。

Otaru_20240122-120158

食後には、コーヒー(食事と一緒の注文で250円)と「昔ながらのプリン」(400円)をたのみました。

このプリンも人気で、甘さ控えめで程よい硬さの濃厚プリンです。こういうの好きです。

Otaru_20240122-122431 

Otaru_20240122-122621

いや〜、美味しかった〜。久しぶりのアリンコモウダッシュのオムライスに大満足でした。ごちそうさまでした。

おわりに

ということで、船見坂の「ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)」に久しぶりに行ってきました。

ちなみに、帰りにこちらも人気のマフィンを買って帰ろうと思ったのですが、すでに売り切れてました。残念、また次回ですね。

※こちらは過去写真から。人気のマフィンです。
Otaru_20220226-123400

他のオムライスも食べてみたいですし、すぐにでもまた行きたいくらいです。

お店の方に聞いたのですが、常に満席というわけではなく、今は冬なので天候との兼ね合いもありますし、タイミングよければ待たずに入れることもあるそうです。

【店舗情報】(お店情報は2024年1月時点でのものです)
11:00〜14:30(食事ラストオーダー)
14:30〜17:00(カフェのみ)
営業日はInstagramやFacebookページで。
※Instagram:ARINCO MOU DASH(@arincomoudash)
※Facebookページ:アリンコモウダッシュ

※食べログ情報:アリンコ モウ ダッシュ

※駐車場は店前に3台。小樽市駅横駐車場と駅前広場駐車場が提携駐車場となっています(下図。クリックすると拡大します)。Otaru_20240122-124217

※こちらは過去写真から(天気の良い日のお店)。
Otaru_20220309-143553

【関連記事】
船見坂のオムライスが人気のアリンコモウダッシュが移転のために1月31日で現店舗での営業を終了〜移転先はすぐ近く
船見坂のカフェ「ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)」のケチャップオムライスがたまらない美味しさでした!
船見坂のカフェ「ARINCO MOU DASH(アリンコモウダッシュ)」のマフィン2種類をお土産でいただきました

| | コメント (5)

2023年12月10日 (日)

都通りに寿司屋「SUSHI BAR」が12月5日にオープンしてます(まだ行ってませんが…)

Otaru_20231209-114103

都通りの中央通り側から入ってすぐの左に、その名も「SUSHI BAR」というお寿司屋さんが、2023年12月5日(火)にオープンしてます。

お店にはまだ行ってはいないのですが、実は少し前に店内でなにやら工事をしているのを目にしていて、それは、この新店オープンのためだったのですね。

ここは以前、PERTICA(ペルティカ)という昼はサンドイッチ、夜はダイニングバーのお店だったのですが、あれ?閉店したということかな(すいません、ペルティカについては詳細未確認です)。お店の外観の雰囲気はあまり変わってないですね。

Otaru_20231209-114044

名前そのまま寿司バーということで、寿司と日本酒などのアルコール類を楽しめるお店とのことです。

そういえば、都通りに寿司屋ってないようですね。気軽に入れるお店を目指しているそうで、賑わうといいですね。

【店舗情報】(お店情報は2023年12月時点でのものです)
営業時間:11:00~22:00(ラストオーダー21:00)
定休日:月曜日 
※食べログ情報:SUSHI BAR

Otaru_20231209-114046

Otaru_20231209-114051

Otaru_20231209-114112

Otaru_20231209-114136

小樽都通り商店街HP 【公式】

※中央通り沿いのぱんじゅう店「正福屋」によるYouTubeチャンネルにて、ここ「SUSHI BAR」が紹介されているので掲載しますね。

【関連記事】
都通りに「PERTICA(ペルティカ)」という昼はサンドイッチ、夜はダイニングバーのお店がオープン(まだ行ってませんが…)

| | コメント (2)

2023年11月23日 (木)

長崎屋1階のいきなり!ステーキ跡に「oj珈琲 小樽店」が2023年11月17日にオープンしてます(まだ行ってませんが…)

Otaru_20231121-134817

長崎屋1階の国道5号線側の2023年4月で閉店した「いきなり!ステーキ 長崎屋小樽店」跡に、新しく「oj珈琲 小樽店」が2023年11月17日(金)にオープンしてます。

少し前から、そのままだったいきなりステーキの看板が、oj珈琲のものに変わっていたんですよね。

Otaru_20231121-134850

まだ、私はお店に入ってないのですが、先日ちょっとのぞいてみたら、お客さんも多く入っていて、とても賑わってましたよ。

店名となっているコーヒーなどの飲み物メニューはもちろん、食事メニューがスープカレーなどのカレーをはじめとして充実しているとのことです。

あっ、なので看板に「oj珈琲~食べ物屋cafe~」となってるんですね。

Otaru_20231121-134801

Otaru_20231110-143937

このoj珈琲は札幌の会社のお店で、どうやら長崎屋1階の同じフロアに入るそばの「葉実皮(はみかわ)」と「らーめん むくげ」は系列店のようですね。
Brand | 有限会社アニスト

ということで、長崎屋1階に「oj珈琲 小樽店」がオープンしてます。

いきなりステーキ閉店後、この場所が空き店舗状態だったのは寂しかったので、新しいお店が入ってよかったですね。

機会があったら行ってみたいと思います。

Otaru_20231121-134914

【店舗情報】(お店情報は2023年11月時点でのものです)
営業時間:11:00~20:30/20:00(LO)
定休日:なし
※食べログ情報:oj珈琲 小樽店
小樽店の店舗情報・WEBチラシ|驚安の殿堂 ドン・キホーテ
長崎屋 小樽店の店舗情報・WEBチラシ|長崎屋
Brand | 有限会社アニスト

有限会社アニスト|札幌市中央区|外食産業
【11月17日オープン】 oj珈琲 小樽店 | 有限会社アニスト

【関連記事】
いきなり!ステーキ長崎屋小樽店が2023年4月16日をもって閉店

| | コメント (0)

2023年8月14日 (月)

小樽市公会堂に8月15日までの夏限定でオープンしているカフェ「能-cafe」にいってきました

Otaru_20230811-203648

和風建築が歴史を感じさせる小樽市指定歴史的建造物の小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)には、同じく小樽市指定歴史的建造物の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)が隣接して建っています(昭和36年に公会堂の移築拡張に伴い能舞台が移築されました)。

ここ小樽市公会堂に夏限定のカフェ「能-cafe」が、2023年7月30日(日)~8月15日(火)の期間限定でオープンしているんですよね(期間終了間際の紹介ですいません)。

場所は公会堂1階に入って左奥にある、計40畳の広々とした和室です。

カフェは、アフターヌーン・カフェ(12:00~17:00)、イブニング・カフェ(18:00 00~21:00)という営業時間になっています。

さらに、 公会堂の地下から能舞台へと続く普段の展示室には「能-Bar」がオープンしていて、バーは7月30日(日)~ 9月18日(月・祝)(※8月26・27日、9月3・7・15・16日を除く)とカフェより期間が長くなっていて、営業時間は18:00~21:00となっています。

9月18日(月・祝)までの期間中は、建物前の庭園のライトアップや能楽堂もライトアップされているとのことです。

でですね、8月15日で終わってしまう「能-cafe」のほうに、ギリギリになってしまいましたが(ちょっと慌て気味に)行ってきましたので、今回は能-cafeの様子をちょっとだけお伝えしますね。

Otaru_20230811-205753

庭園のライトアップ
Otaru_20230811-205818

Otaru_20230811-201120

ようやく「能-cafe」に行ってきました

「能-cafe」が開設されている1階の広間は、私は入ったことはなかったのですが、とても落ち着いた雰囲気の和室で、とってもいい雰囲気です。

公会堂入って左に進みます。
Otaru_20230811-201345

Otaru_20230811-201350

Otaru_20230811-201404

ここがカフェが開設されている広間。
Otaru_20230811-203648

Otaru_20230811-201729

縁側の古い窓ガラス越し(外の窓は開きません)に日本庭園を眺めることができ、こちらがライトアップされていました。

縁側
Otaru_20230811-202559

(窓ガラス越しなので、庭園ははっきりとは見えませんでした)
Otaru_20230811-202647

Otaru_20230811-204346

ちなみに、今回は2人で行って、アイスオレと生ビールを(笑)
Otaru_20230811-202102

Otaru_20230811-201754

なんだか素敵で落ち着きますね。

今回は「能-cafe」に慌てて行ってきましたが、「能-Bar」にも期間中に行ってみたいと思ってますので、そちらに行くことができたら、その際にまた報告しますね。 「能-Bar」は9月18日までです。

(外から見たカフェの広間)
Otaru_20230811-201044

ちなみに、現在、小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)は9月24日(日)まで夏季公開中で、基本9:00〜17:30までは無料で一般公開されています(有料や申込みが必要な催事が開催されていることもあります)。

Otaru_20230811-205732

なので、能楽堂の一般公開の時間終了後に「能-Bar」がスタートするんですね。また、能楽堂の催事がある時は「能-Bar」の営業がお休みとなっています。
※参考:2023年6月4日(日)~9月24日(日) 小樽市能楽堂夏季公開|お知らせ|小樽市民会館

おわりに

今回のこの事業は、小樽観光協会と赤井川村国際リゾート推進協会との共同事業とのことで、市内のホテルとの無料シャトルバスを運行していて、滞在型観光の目玉スポットに育てたい考えとのことなんですね。

一般市民としましては、噂は耳にしていたものの、詳細がよく分からなくて、ちょっと行きにくかったというのが正直ありましたので、一般的な利用を促すには、もう少しSNSなどを活用した告知があればよかったかもしれませんね。

また実際に行ってみて、暑かったです(汗)。冷房設備は扇風機対応で、今回は夜に行ってビールを飲んだので、そんなに気にはなりませんでしたが(笑)、昼はちょっと暑さが厳しそうですね。

あと、思いのほか、庭のライトアップがよく見えないのは、窓ガラスと光の加減や写り込みなどでもやむを得ないのですが、ちょっともったいない気がしました。

と、私としては珍しく意見を書いてみましたが、せっかく趣ある歴史的建造物を活用して、こんな素敵なスポットを生み出してくださったので、ぜひ来年以降もオープンしてもらいたいです!!そして、観光客はもちろん、市民などたくさんの方に利用してもらいたいですね。

ということで、小樽市公会堂に夏限定でオープンしている「能-cafe」の様子でした。

(窓越しに庭園を見ると室内の写り込みが…)
Otaru_20230811-202627

Otaru_20230811-202636

(外から見るライトアップは、それだけでも素敵でした)
Otaru_20230811-201055

Otaru_20230811-205609

 

Otaru_20230811-205906

小樽公会堂 能カフェ - 小樽・きたしりべし スキー&アドベンチャーセンター 公式サイト

※参考ニュース
小樽公会堂 「能-Café・小樽」7/30 オープン! - 小樽・きたしりべし スキー&アドベンチャーセンター 公式サイト
小樽市公会堂「能-Bar」7/30オープン! - 小樽・きたしりべし スキー&アドベンチャーセンター 公式サイト
[プレスリリース]ナイトタイムコンテンツ-小樽市公会堂・能楽堂活用事業 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2023年8月4日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

※参考:施設案内|小樽市公会堂

【関連記事】
歴史的建造物の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)が夏季公開中(2023年度は9月24日まで)
小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)と紅葉

| | コメント (2)

2023年7月26日 (水)

奥沢の小さなカフェ「coco kitchen(ココ キッチン)」のソフトクリームを食べてきました

Otaru_20230723-152916

天神十字街から松ヶ枝方面へ抜ける坂道を少し上ると、左に天満宮の鳥居があって、道路を挟んだその向かいに小さなカフェがあります。

coco kitchen(ココ キッチン)」です。

通り沿いにはソフトクリームのオブジェが飾られていて、のぼりも立ち、その少し奥に可愛い店舗があります。住所は奥沢4丁目になります。

向かいの天満宮には、桜の季節や8月の例大祭で訪れることがあって、その際にここのソフトクリームの看板が気になっていたんですよね。

で、先日ようやく行ってきました。

Otaru_20230723-153735

Otaru_20230723-153237

Otaru_20230723-153147

本当に可愛い店舗ですね。ご自宅前なのかな。奥にはドッグランもあるんですね。

実は行った時が、ちょうど3周年記念ということで、coco kitchenは2020年7月23日オープンなんですね。おめでとうございます。

今回は、気になっていたソフトクリーム(通常300円、この時は3周年記念でなんと200円でした!!)をいただきました。

Otaru_20230723-153108

しっかりとコクのある、けど食べやすいソフトクリームで、もちろん美味しかったです!!

Otaru_20230723-153118

行った時間はテイクアウトのみということで、店先で食べさせてもらいました。

Otaru_20230723-153003

今回はあまり考えないで目的のソフトクリームをいただいて、他のメニューをよく見るのを忘れてしまったのですが、カフェとしてパフェやプリン等のスイーツを揃えているそうです。

ということで、奥沢にある小さなカフェ「coco kitchen」で、ソフトクリームを食べてきました。天満宮へ行く時にはセットで立ち寄りたいです。

【店舗情報】(お店情報は2023年7月時点でのものです)
営業時間:13:00〜18:00
定休日:水・木曜日
※駐車場はお店前に止めさせていただきました(詰めて2台可)、未確認ですが、坂を少し降りたところにも駐車場を確保しているそうです。
※Instagram:@tomococomomo
ココから皆様へ楽しいメッセージ♡

※食べログ情報:ココ キッチン

Otaru_20230723-153313

Otaru_20230723-153008

Otaru_20230723-153828

【関連記事】
天神の天満宮で紫陽花が咲いているというので見に行ってきました

| | コメント (0)

2023年7月12日 (水)

勝納町の隠れ家的な古民家カフェ「cafe ku-pe(カフェ クーペ)」に行ってランチをいただいてきました

Otaru_20230623-122939

少し前ですが、勝納町のとある通りの突き当たりにある、まさに隠れ家的な古民家カフェcafe ku-pe(カフェ クーペ)」に行ってきました。

なんともお店の佇まいが可愛いというか趣があって素敵で、行ってみたかったんです。

お店は2020年5月24日にオープンしていて、時々SNSで目にして気になっていたんですよね。

Otaru_20230623-123006

ここ、本当に場所が分かりにくいんですが、場所を探しながら向かって、お店を見つけた時はなんだかとっても嬉しくて、それ込みでのクーペの楽しみ方かもしれませんね。

最後にGoogleマップを掲載しますが、国道5号線を小樽築港駅へ向かい、札樽自動車道の高架下をくぐるとその先左に小樽市消防署の建物があるのですが、その手前の道を入って住宅の中の道を線路側まで降りていきます。

すると、線路と平行する道路の端っこの線路際にお店があります。直前まで看板なども見えないため、本当に道があっているのか不安にもなりそうですが、突き当たりにあるんですね、この可愛い店舗が。

築約70年の古民家をセルフリノベーションしてカフェにしたそうです。

Otaru_20230623-122919

あっ、冬は雪のために冬季休業しているそうです。

カフェ クーペでランチ

今回はランチを食べに行ったのですが、ランチは要予約です(カフェ利用は予約不要)。

店内はカウンター2席、4人がけテーブル1つ、2人がけテーブル3つあり、古民家の落ち着いた雰囲気がとても居心地のよい空間です。

Otaru_20230623-124702

クーペのランチは、まず「月めぐりごはん」というのがあって、月のサイクルは新月→上弦→満月→下弦と大きく分けられ、その月のリズムに合わせてメニューを変えるという、ちょっとユニークなメニューです。

メインは肉か魚を選ぶのですが、今回は肉が豚ロースソテー梅ジャムソースということでそちらを。

で、この月めぐりごはん(1650円)にドリンクとスイーツをつけた「ご褒美ランチセット」(2300円)というのがあるので、今回はこのセットで。ちなみにスイーツもメニューから選べるんですが、今回は“店主がワクワクるんるんで作った”という「るんるんスイーツ」をたのみました。

この日は二人で行ったのですが、もう一つはランチメニューにある鹿肉のカカオ赤ワイン煮込(1870円)をたのみました。こちらも飲み物はセット価格になります。

まず、こちらがメインが豚ロースソテー梅ジャムソースの月めぐりごはん。
Otaru_20230623-125348

いや〜、小鉢がたくさんあって、色々楽しめますね。

Otaru_20230623-125415-3

Otaru_20230623-125418

ボリュームある豚ロースソテーは柔らかくて、さっぱり梅ジャムでご飯が進みます。

Otaru_20230623-125415-2

こちらが鹿肉のカカオ赤ワイン煮込。
Otaru_20230623-125331

右側の蓋をとると。
Otaru_20230623-125356

蝦夷鹿のスネ肉を赤ワインでじっくり煮込んだというとこで、鹿肉がほろほろで、う〜ん、これは美味しい!!

Otaru_20230623-125501

月めぐりごはんのご褒美ランチセットでたのんだ、この日のるんるんスイーツは、平飼い卵のアメリカンチェリーアイスとパウンドケーキでした。

Otaru_20230623-132354

飲み物はこちらもこだわりのあるというコーヒーを。器が可愛いですね。Otaru_20230623-132603

飲むとお店のマークが。
Otaru_20230623-133706

いや〜、美味しかったです。

周囲はとても静かですが、時折電車が通り過ぎて行きます。そのガタンゴトンという音もBGMですね。

お値段は決して安くはないですが、ゆったりとした空間と時間、そして美味しい料理と、大満足のランチでした。

店内の様子〜2階はレンタルスペース

今回、料理に加えて店内の撮影もOKとのことでしたので、1階の様子と、現在はレンタルスペースとして使用しているという2階の様子も見させてもらい、写真も撮らせてもらったので、掲載しますね。

まずは1階です。

Otaru_20230623-124702

落ち着いた雰囲気がいいですね。

Otaru_20230623-124615

あっ、テーブルの脚がミシン!?
Otaru_20230623-125043

店内では玄関側横で、雑貨の販売もしています。

Otaru_20230623-124854

Otaru_20230623-124844

Otaru_20230623-124858

トイレも渋い。
Otaru_20230623-124954

2階へ。
Otaru_20230623-134430

階段の上から。
Otaru_20230623-134702

そして、こちらがレンタルスペースと使用している2階です。

Otaru_20230623-134449

2階も素敵ですね。

Otaru_20230623-134518

窓からは線路が見えます。
Otaru_20230623-134521

おわりに

ということで、勝納町にある隠れ家的な古民家カフェ「cafe ku-pe(カフェ クーペ)」で、ランチを堪能してきました。

午後にカフェ利用で訪れるのもよさそうですよね。居心地の良さについつい長居をしてしまいそうですね。

cafe ku-pe - 小樽の古民家カフェ 月の巡りご飯カフェ
カフェ クーペ(@cafe_ku_pe) • Instagram

【店舗情報】(お店情報は2023年6月時点でのものです)
営業時間:11:30~17:00(ランチLO14:00)
ランチ予約要/カフェ利用予約不要
定休日:火・水・木(不定休あり)
※冬の間は雪のために冬季休業になります。
※駐車場はお店の横にあって、5台ほど停められます。
※駐車場での待ち合わせはご遠慮願いますとのことで、1グループ1台での来店の協力もあわせてお願いしています。
※食べログ情報:カフェ クーペ

Otaru_20230623-140958

(裏はすぐ線路です)
Otaru_20230623-141053

| | コメント (3)

2023年6月22日 (木)

小樽の老舗の蕎麦屋「籔半(やぶはん)」に行って初めてコースメニューをいただいてきました

Otaru_20230409-175315

今年4月とちょっと前のことなのですが、静屋通りにある小樽の老舗の蕎麦屋「籔半(やぶはん)」に行く機会がありました。

小樽・蕎麦屋・籔半」といえば、昭和29年(1954)創業の小樽の老舗蕎麦屋で、ここは市民のみならず観光客にもとても人気で、いつも混んでいるんですよね。

Otaru_20230409-175344

行くのはかなり久しぶりだったのですが、実はこの時はちょっと特別な集まりで、一緒に行った方に予約をとってもらい、初めて2階席でコースメニューをいただいたんです。

以前から、ここ籔半でゆっくりと食事をしてみたかったので、行く前からもう楽しみで楽しみで(笑)

籔半について

Otaru_20230409-175327

籔半は店舗外観からしてとても趣があり、店内もとても素敵なんですが、その建物について、ちょっと調べてみました。

※参照:蕎麦屋ひすとりー | 籔半

籔半は1976年(昭和51年)に、もともと現在地にあった古い割烹を再生再活用して、籔半三代目店舗として竣工しオープンしていますが、ここはもとはニシン漁で財を成した祝津の三大網元のひとつ・白鳥家の別宅の土地・建物だったそうです。

しかし、1986年(昭和61年)1月にその店舗が消失し石蔵だけが焼け残るという事態にあってしまいます。

その再建にあたって、ちょうどその時に解体されることになっていた富岡町の地獄坂にあった、五楽園とも呼ばれた旧金澤友次郎(ともじろう)邸の豪邸の母屋部分を解体後に移築再利用するんですね。

この時の店主は、小樽運河の保存運動の中心的な役割を担い、その後も運河を中心としたまちづくりに取り組み、小樽の、さらには後志の観光振興に尽力し続けた、二代目故小川原格氏です。

そして、1986年(昭和61年)に現在の店舗の姿になったそうなんですが、店内に入ると、その味わい深く趣ある雰囲気に目を奪われるほどです。

Otaru_20230409-202051

籔半2階奥の石蔵座敷の様子

料理の前に、この日の部屋は2階奥の石蔵座敷で、まずはこの部屋がなんとも素敵でした(写真撮影OKとのことでした)。

Otaru_20230409-180032

祝津の三大網元のひとつ、白鳥家の残した石蔵内ですね。

Otaru_20230409-175719

Otaru_20230409-175859

Otaru_20230409-175905

Otaru_20230409-175911

もちろん、2階に上がったのは初めてでしたが、いや〜、素敵です。

籔半のコースメニューを堪能する

では、ここからは、当日にいただいた料理写真を中心に掲載したいと思いますが、この日たのんだのは「粋に鯔背に宴会コース」4,950円 (4,500円+税)で料理9品のコースです。もちろん、籔半でコースをいただくのは初めてです。

飲み物は最初はビールで乾杯。
Otaru_20230409-180335

先付け:自家製蕎麦味噌
Otaru_20230409-180524

これはちびちびといかせていただきましたが、お酒が欲しくなりますね。

刺身:南蛮海老、帆立貝柱、ばち鮪
Otaru_20230409-180650

この段階で、すでに笑みがこぼれてきます。

Otaru_20230409-180702

汁物:親鳥かしわヌキ
Otaru_20230409-181655

これは、かしわ蕎麦の蕎麦を抜いたものですね。

ここでここでワインを。小樽の街なかワイナリー「オサワイナリー」の「おタテワイン」です。

Otaru_20230409-182022

小樽祝津産ホタテを“おタテ”とネーミングして、ブランド化を目指していますが、そのおタテをさらに美味しく楽しむために作られたという、やや辛口の白ワインです。

巻物:鉄火巻とカッパ巻の蕎麦寿司
Otaru_20230409-182330

これが中が米ではなくて、蕎麦なんですね。驚きと共に実に美味しい。

Otaru_20230409-183056

焼物/焚物:北海道滝川産合鴨照焼/小樽産にしん棒煮
Otaru_20230409-183816

Otaru_20230409-183825

これは今回のコースはどちらかということなんですが、それぞれが別なのをたのんで、どちらも味わいました。

お浸し:そばもやし
Otaru_20230409-184349

そばもやしというのがあるんですね。知りませんでした。

日本酒もたのみました。

(こちらがメニュー)
Otaru_20230409-182718

日本酒のメニューに隠し酒と称して銘柄を伏せ、ちょっと変わった名前がつけられているものがありましたので、今回はそれを。

いただいたのは、蕎麦屋親爺の隠し酒(超辛口の本醸造酒)と蕎麦屋板長の隠し酒(キレのある辛口の純米吟醸酒)です。すいません、それぞれの元の銘柄は失念…

飲み比べが分かりやすいようにと、グラスを別々なものを用意していただきました。いや〜、お心遣いに感謝です。

Otaru_20230409-191256

Otaru_20230409-193000

いや〜、それにしても、日本酒が料理にあいますね。たまりません。

料理は続きます。

天麩羅:海老、パーナ貝、エリンギ、茄子、シシトウ
Otaru_20230409-191031

お酒が進みます(笑)

そして、メインのお蕎麦です。

蕎麦:北海道産蕎麦せいろ
Otaru_20230409-194525

いや〜、これはありきたりな表現ですが、本当にコシや喉越し、風味が素晴らしくて美味しいです(もっと食べたい)。

Otaru_20230409-194633

蕎麦湯もいただきました。

Otaru_20230409-195524

デザート:柚子シャーベット
Otaru_20230409-195541

以上が籔半「粋に鯔背に宴会コース」でした。いや〜、堪能しました!こちそうさまでした!!

※参照:酒宴 | 籔半

おわりに

とっても美味しくて、贅沢すぎるひと時を過ごさせてもらいました。

また行きたいけど、次はいつになることやら。さすがにコースメニューはそうそう食べにいけませんから。けど、お蕎麦は食べにいきたいですね。

ということで、籔半2階の座敷でいただいた、大満足の宴会コースの様子でした。

籔半 | おたる・蕎麦屋・籔半 麺遊倶楽部

【店舗情報】(お店情報は2023年4月時点でのものです)
営業時間:11:00~15:00/17:00~20:00(ラストオーダー)
定休日:毎週火曜、月2回水曜不定、月2回月曜は昼のみの営業
※食べログ情報:蕎麦・料理 籔半

Otaru_20230409-175409

※参考:書籍「小樽の建築探訪」小樽再生フォーラム編/北海道新聞社(Amazonで「小樽の建築探訪」を探す)

【関連記事】
【訃報】小樽運河保存、その後の小樽の観光振興に尽力した小川原格さん死去のニュース
後志の地域雑誌「BYWAY後志」の23号で小川原格さんの追悼特集

| | コメント (8)

2023年4月16日 (日)

花園銀座商店街のJR高架下にあったラーメン屋「右衛門」が花園公園通りに移転しています(4月3日オープン)

Otaru_20230406-113536

花園銀座商店街のJRの高架下にあったラーメン屋「右衛門」が移転しています。

移転先は花園公園通りで、2023年4月3日(月)に再オープンしています(場所は最後に地図を掲載してます。すいません、まだ行ってません)。

Otaru_20230406-113608

Otaru_20230414-135420

以前お店のあった花園銀座商店街のJRの高架下ですが、JR小樽駅から南小樽駅へ向かうと、線路はすぐに高架になって、国道5号線から花園銀座商店街までの区間の高架下は飲食店などが入る「花園高架下商店街」となっていました。

その花園高架下商店街は、建物の老朽化もあって2023年3月末で閉鎖されたんですよね。
※関連記事:ニュースより/花園高架下商店街が3月末で閉鎖、そして解体!?

閉鎖後に高架下の建物は解体予定ということで、花園銀座商店街のJR高架下にあった右衛門もどうなるのかと思ったのですが、移転となったんですね。

※こちは移転前の様子です。
Otaru_20230315-143006

(花園高架下商店街の看板。2023年3月15日撮影)
Otaru_20230315-143127_20230416154401

※こちらは高架下の移転後の店舗跡の様子です。 
(3月28日撮影)
Otaru_20230328-104702

(この張り紙はもうありません)
Otaru_20230328-104709

Otaru_20230328-115757

(4月6日撮影)
Otaru_20230406-114247

ごめんなさい、ラーメンの右衛門は私はだいぶ前に一度しか食べたことがないのですが、小樽ではあまりない油そばがあったり、遅くまで営業していたりで、利用している方も多かったと思いますが、移転ということで閉店ではなくてひとまずよかったかもしれませんね。

営業時間は17:00〜翌2:00までと、かなり遅くまでやってますね(すいません、定休日が未確認です)。

Otaru_20230414-135428

ということで、花園銀座商店街のJRの高架下にあったラーメン屋「右衛門」は、花園公園通りに移転しています。

※食べログ情報:右衛門

【関連記事】
ニュースより/花園高架下商店街が3月末で閉鎖、そして解体!?
花園銀座商店街のJR高架下の「寿司処きた家」が閉店!?【情報提供】

| | コメント (0)

2023年1月30日 (月)

ウイングベイ小樽のフードコートの旧丸亀製麺跡に「HUNTER'S TABLE」(ハンターズテーブル)というお店がオープンしてます(まだ行ってません)【情報提供】

Otaru_20230108-140730

私はまだ食べに行ってないのですが、ウイングベイ小樽の1番街2階フードコートに2023年1月6日、「HUNTER'S TABLE」(ハンターズテーブル)というお店がオープンしてます。

オープンは読者さんから早々に教えてもらっていたのですが、すいません、掲載が遅れてしまいました。場所は丸亀製麺ウイングベイ小樽店があった場所です(丸亀製麺ウイングベイ小樽店は、2022年2月28日をもって閉店してます)。

お店の情報があまりなくて、どのようなお店か分からないのですが、表のメニューを見ると、スパチキンカツ、チキンオーバーライスといった、なかなかボリューミーな料理が並んでいますね、

(写真は1月8日撮影)
Otaru_20230108-140819r

機会があったら、行ってみようと思います。

ということで、まだお店には行ってないのですが、せっかくのオープン情報なので、遅ればせながら掲載しました。

※情報提供をありがとうございました。

※食べログ情報:HUNTER'S TABLE

※こちらはウイングベイ小樽のFacebookページ(1月6日投稿)より。

ウイングベイ小樽TOP
ウイングベイ小樽公式アカウント(@wingbay.otaru_official)• Instagram

【関連記事】
そうだった!!丸亀製麺ウイングベイ小樽店は2022年2月28日(月)をもって閉店してます

| | コメント (2)

2022年12月17日 (土)

花園の「cafe chobicha(カフェ チョビチャ)」で人気のホットケーキを食べてみた

Otaru_20221106-155411

少し前なんですが、花園の「cafe chobicha(カフェ チョビチャ)」にようやく行ってきました。

チョビチャは手作りの焼き菓子とコーヒー、そして、食事のできるカフェということで、とっても人気があるんですよね。 

そして、チョビチャで食べたみたかったのが、噂のホットケーキ。なのですが、その話はまたあとでということで、まずはお店についてなんですが、場所は花園銀座商店街の先の、花園銀座三丁目商店会になります。

※店舗写真はまだ雪のない11月6日撮影なのでご了承を。
Otaru_20221106-161635

Otaru_20221106-161656

で、この可愛くて素敵な店舗は、もとは旧花園郵便局の建物だったんですよね。

「カフェ チョビチャ」のオープンは2014年6月23日で、当時は郵便局が喫茶店に再生と、ちょっと話題になったんですよね。
※オープン時には、北海道新聞朝刊小樽・後志欄(2014年6月21日付)にも掲載されました。

当時のニュースからですが、建物は1966年に新築されたもので、1981年7月に花園郵便局が移転してからは33年間空いたままだったそうで、チョビチャはご夫婦でやられているのですが、この建物を見つけて気に入ったご夫婦が、自らリフォームを行ったそうです。

Otaru_20221106-161711

Otaru_20221106-161646

店内はとても居心地のよい雰囲気で、4人がけ1つ、2人がけ2つ、カウンター2〜3席が2箇所、店内奥には、子様連れでもゆっくりと過ごせるという半個室があるんですね(私は入ったことはないんですが)。

Otaru_20221106-154209

ほんとに人気のお店で、この日も入れ違いでギリギリ入ることができましたが、つねに満席でした。

さて、そしてたのんだのが、メディアでも取り上げられることのある「ホットケーキ」(850円)です!!

Otaru_20221106-152708

そうそう、ホットケーキの注意事項として、できあがるまで30分ほど(状況によってはそれ以上)時間がかかるということと、1グループ2枚までです。

こちらがそのホットケーキ(これは焼き時間がかかりそう!!)。
Otaru_20221106-155340

このまん丸で分厚くて、見事な焼き具合のホットケーキ!!

バターが乗って、はちみつが付いているのですが、はちみつはたっぷりつけると美味しいですね。

Otaru_20221106-155537

外側がサクッと、中はふわっふわです。
Otaru_20221106-155640

一緒にコーヒーをたのみましたが、これがまたホットケーキにあって美味しい!!

Otaru_20221106-155819

もちろん、量的にも大満足で、これは人気があるのも納得です。

トッピングソース(100円)として、ブルーベリーとクリームチーズのソースがある他、はちみつ・バターは各100円で追加できるそうです。次に来た時は、はちみつ・バターを追加したい!!

もちろん、チョビチャではホットケーキが大人気ですが、もともと焼き菓子も人気なので、食べてみたいですし、メニューを見ると、オムライスにハンバーグ定食に生姜焼定食、マカロニグラタンにバターチキンカレー、パスタと、どれも美味しそうで食べてみたいです。

Otaru_20221106-152953

Otaru_20221106-152820

ということで、今回はチョビチャで大人気のホットケーキを食べてきました。ごちそうさまでした。

cafe chobicha (サイト)
cafe chobicha(@cafe_chobicha) • Instagram
「cafe chobicha」 | Otaru-shi Hokkaido | Facebook

【店舗情報】(お店情報は2022年11月時点でのものです)
営業時間:11:00〜19:00(ラストオーダー 18:30)
※食事&ホットケーキは18:00ラストオーダー/ドリンク&焼き菓子は18:30ラストオーダー
定休日:水曜・ 木曜
禁煙です。専用の駐車場はありません(向かいにコインパーキングあり)。
※食べログ情報:カフェ チョビチャ

Otaru_20221106-152733

Otaru_20221106-161720

【関連記事】
花園銀座三丁目商店会を歩いてみる〜ガイドマップもあります

| | コメント (3)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨・食料品店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷・桃内地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 オタモイ・幸地区 祝津・高島地区 桜・船浜地区 朝里地区 張碓地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 北海道限定商品 妙見小僧 アンケートのお願い(終了) スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽