海・港・運河・海岸

2019年9月 5日 (木)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船2隻、バイキング・オリオンとにっぽん丸が同時に寄港(9月2日)〜船見坂・小樽駅前・第3号ふ頭で眺めてきました

Otaru_img_3575

今年もたくさんのクルーズ船が小樽港に寄港していますが、9月2日(月)、小樽港第3号ふ頭クルーズ船が2隻同時に寄港したんですよね。

この日、小樽港に寄港したのはバイキング・オリオン(ノルウェー船籍)とにっぽん丸(日本船籍)で、バイキング・オリオンは第3号ふ頭の海に向かって右側の岸壁(14番岸壁)に、そして、にっぽん丸は左側の岸壁(17番岸壁)に停泊しました。

このことは、小樽観光協会からのお知らせ「9月2日小樽第3号ふ頭にクルーズ客船が2隻同時寄港 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」」で知ったのですが、第3号ふ頭に同時に2隻って、結構、珍しいですよね(勝納ふ頭と第3号ふ頭なら時々あるんですけどね)。

※そうそう、上に書いてますが、岸壁には番号が付いているんですね(参考:小樽港 | 環日本海クルーズ)。

で、この知らせを聞いて、せっかくだから見に行こうと、私が向かったのは、船見坂でした。

船見坂からクルーズ船「にっぽん丸」を眺める

第3号ふ頭の左側の岸壁にクルーズ船が停泊すると、小樽駅からは見えないのですが、船見坂の上からだと、ちょうど坂の向こうに船が見えるんですよね。

Otaru_img_3571 

まさに“船見坂”ですね。

Otaru_img_3572

第3号ふ頭の左側の岸壁にクルーズ船が停泊することって、あまりないと思うんですが、ずいぶん前に、その様子をここから見ることができて、なんとも小樽らしい、いい眺めだな〜って思ったんですよね。

以来、なかなか見る機会がなく、久しぶりに眺めることができました。

Otaru_20190902-142059

※以前、ここから見たときの記事がこちら。
第3号ふ頭に寄港したクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」を船見坂から眺める

ちなみに、船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとにかく多いので、写真撮影は要注意です。もちろん、道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20190902-142325

やっぱりいい眺めですね。

う〜ん、けど、ここからは今回同時に寄港して、右の岸壁に停泊しているバイキング・オリオンは見えないんですよね。ちょっと残念。

ということで、せっかくなので、船見坂を下りながらにっぽん丸を眺めつつ、小樽駅に向かいました。

(船見坂の下の方から)
Otaru_20190902-143054

小樽駅〜中央通りからクルーズ船「バイキング・オリオン」を眺める

で、小樽駅にきました。そして、この眺めですね。

Otaru_20190902-143351

駅前から緩やかに下りながら真っすぐ続く中央通りの先に、クルーズ船「バイキング・オリオン」の姿が見えます。

Otaru_img_3585

すっかりおなじみのこの眺めですが、海が近くて、坂の街の小樽ならではの風景ですね。

Otaru_img_3583

今回は、駅前から中央通りを第3号ふ頭に向かって、その巨大な船体が少しずつ近づいてくる様子を見ながら歩いていきました。

小樽市民センター(マリンホール)近くの交差点付近から。
Otaru_20190902-145110

Otaru_20190902-145113

色内大通り付近から
Otaru_20190902-145534

そして、運河を越えて第3号ふ頭に近づくと、もうなんだか巨大すぎて、縮尺がおかしいです(笑)

Otaru_20190902-145930

Otaru_20190902-145934

第3号ふ頭でクルーズ船バイキング・オリオンとにっぽん丸を眺める

第3号ふ頭基部まで来ると、かろうじて第3号ふ頭の両岸に停泊している、バイキング・オリオンとにっぽん丸を見ることができましたが、にっぽん丸は上の部分だけですね。

Otaru_20190902-150137

では、近づいて見てみます。まず、第3号ふ頭の海に向かって右側の岸壁に停泊しているバイキング・オリオン(47,842トン)です。

Otaru_20190902-151631

大きいですね。

Otaru_20190902-151329

Otaru_20190902-151450

そして、第3号ふ頭左側の岸壁に停泊してるにっぽん丸(22,472トン)です。

Otaru_20190902-151817

Otaru_20190902-151925

こちらは、近くの月見橋から見たにっぽん丸です。

Otaru_20190902-152557

向こうにバイキング・オリオンの上部が、少しだけ見えました。

Otaru_20190902-152553

おわりに

ところで、結局、2隻を同時にちゃんと眺めることができなかったのですが、どうやら旭展望台から見られたんですね。

で、さすが小樽市です。Facebookページで、旭展望台から見た第3号ふ頭に停泊するバイキング・オリオンとにっぽん丸の様子が掲載されていましたので、他力本願で申し訳ありませんが、埋め込み機能で掲載させていただきます(フェリーまで写ってますね。さすが)。

 

ということで、第3号ふ頭に同時に寄港したクルーズ船、にっぽん丸とバイキング・オリオンの、船見坂と小樽駅前から、そして、第3号ふ頭での眺めでした。なかなか珍しいですよね、第3号ふ頭に2隻同時は。

※ちなみに、クルーズ客船が停泊するのは、水深の関係もあり、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

※クルーズ船の寄港予定は小樽市のHPに掲載されています。天候、運行スケジュールなどの事情によって、急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前に確認した方がいいですね。
小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定

【関連記事】
小樽駅前から続く中央通りの先の第3号ふ頭にクルーズ船「にっぽん丸」が停泊する風景〜ところで、なんで第3号ふ頭と勝納ふ頭にも停泊するの?
2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」が4月24日に勝納ふ頭に寄港しました

撮影スポットとしてすっかり人気の「船見坂」に車道に出て撮影しないように注意書きが貼られてます
久しぶりに船見坂から〜お馴染みの風景はやっぱり小樽らしくていい眺め

| | コメント (2)

2019年9月 1日 (日)

小樽駅前から続く中央通りの先の第3号ふ頭にクルーズ船「にっぽん丸」が停泊する風景〜ところで、なんで第3号ふ頭と勝納ふ頭にも停泊するの?

Otaru_20190830-180005

先日、JR小樽駅に行ったのですが、この日(8月30日)は小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「にっぽん丸」が停泊していて、その姿が駅前から続く中央通りの先に見えました。

この風景、時々、このブログでも紹介していて、駅前の中央通りが、港に向かって緩やかに下っているので、こういう風景が見えるんですが、これもまた、海が近くて、坂の街の小樽ならではの風景ですよね。

(小樽駅から中央通りの先にクルーズ船が)
Otaru_20190830-173521

(拡大してくと)
Otaru_20190830-173450

Otaru_20190830-173500

この日は港までは行かなかったのですが、もう少し中央通りを下っていって、稲穂大通り(第一大通り)との交差点あたりからも撮ってみました。

Otaru_20190830-175738

Otaru_20190830-175727

第3号ふ頭の海に向かって右側にクルーズ客船が停泊した際に、この風景がみられるのですが、これだけ巨大な船体が港に停泊している姿はなかなか非日常的で、インパクトのある眺めですよね。それを近くで見られるのですが、なんだか縮尺がおかしく見えます。

第3号ふ頭の整備事業について

毎年たくさんのクルーズ船が小樽港に寄港していますが、今年の場合(28回予定)、そのうち3分の2は第3号ふ頭に停泊しているものの、他の3分の1は、中心街からかなり離れた勝納ふ頭に停泊しています。

実は、大きなクルーズ船は、水深の関係で第3号ふ頭(水深9メートル)には停泊できず、勝納ふ頭(水深10メートル)に停泊してるんですよね(小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭についてによると、主に6万トン未満のクルーズ船が第3号ふ頭で、6万トン以上が勝納ふ頭で受け入れているとのことです)。

より中心街に近い第3号ふ頭を利用できた方が、クルーズ船の乗客の方々にとっても利便性が高く、観光振興で期待している小樽市としても都合がいいのはもちろんですよね

で、実は、第3号ふ頭の岸壁で水深9メートルを10メートルにする工事(3〜4後の完成を目指しているとのこと)など、第3号ふ頭を含めた周辺の整備事業が進められているんですよね。

数年後には、第3号ふ頭でさらに巨大なクルーズ船を目にできるようになるんですね。それに、“周辺”の整備事業というのも気になりますね。

あれ?水深の工事って、第3号ふ頭の海に向かって右側?左側?
今、駅前から見えるのは、右側の岸壁で、左側だと駅前から見えないので、右側を工事してくれといいですね。

(今回は第3号ふ頭まで行きませんでした。これは2018年夏の第3号ふ頭の「飛鳥II」です )Otaru_20180726-145541r

※クルーズ船の寄港予定は小樽市のHPに掲載されています。天候、運行スケジュールなどの事情によって、急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前に確認した方がいいですね。
小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定

※参考
・2019年8月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(迫市政検証記事より)
・2018.12.18北海道新聞朝刊小樽・後志欄(第3号ふ頭の改修記事より)

【関連記事】
2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」が4月24日に勝納ふ頭に寄港しました
小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日)

| | コメント (2)

2019年8月 2日 (金)

暑い日が続いてますが、そういえば現在、小樽で海水浴場として開設しているのはどこの海岸?

いや〜、暑い日が続きますね。

先日、このブログでも「7月終わりにきて、小樽も30℃超えの真夏日が続いています」という投稿で、小樽の天気の話をしましたが、8月に入って1日(木)も32.9℃で、これで4日連続で真夏日ですね。もうバテバテです。

この暑さで、北海道も海水浴シーズン真っ只中という感じですよね。

海のある街・小樽には、海水浴場もいくつかあるのですが、あれ?そういえば、現在、小樽で海水浴場として開設しているのはどこの海岸?

(写真は7月の塩谷海岸)
Otaru_20190714-150421

ということで、小樽市のホームページに小樽市 :海水浴場オープン情報という案内ページがあるので、そちらで確認すると、令和元年の今年、小樽で開設している海水浴場と開設期間は次の通りです。

おたるドリームビーチ※:6月28日(金)〜9月1日(日)
銭函海水浴場※:7月6日(土)〜8月25日(日)
朝里海水浴場:7月13日(土)〜8月25日(日)
東小樽海水浴場:7月13日(土)〜8月25日(日)
塩谷海水浴場:7月13日(土)〜8月25日(日)
蘭島海水浴場※:7月12日(金)〜8月25日(日)

※印のある海水浴場は、水上バイク等のプレジャーボート等の進入を規制する「北海道水域利用調整区域」に指定されています。
その他、プレジャーボート等が近づけない海水浴場についてや、おたるドリームビーチ海水浴場ルール、海水浴場利用者の心得などの詳細も小樽市 :海水浴場オープン情報のページで確認してください。

正式に海水浴場として開設しているのは、以上だけなんですね。

海に面する小樽は、海岸があちこちにありますが、先ほどの小樽市のホームページにも書かれているのですが、海水浴場として開設していない上記以外の海岸では、監視・救護の設備が整っていない場所が多く、万が一の事故の場合も対応ができないとのことなんですね。海水浴は安全に楽しみたいですね。

また、トイレ設備に関しても、海水浴場として開設しているところには、最低限、仮設トイレは設置されているようです。

ということで、小樽で開設している海水浴場についてでしたが、北海道の短い夏、海水浴は今がチャンスですね。

※関連サイト
2019.海水浴場オープン情報(6/28~9/1) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
海水浴場の開設について | 環境生活部スポーツ局スポーツ振興課


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3)

2019年6月 8日 (土)

蘭島海水浴場の海岸近くに建つ「北海道海水浴場開設発祥之地」の碑

Otaru_20190508-143649

5月に列車で蘭島に行ったのですが、その際、蘭島の海にも行ってきました。

小樽の西のはずれに位置する蘭島海岸といえば、なんといっても蘭島海水浴場ですよね。小樽市民にはおなじみです。

現在も海水浴場として人気ですが、かつては、特に昭和40年〜昭和50年代くらいまでは、それは大変な混雑ぶりで、車が普及するまでは蘭島駅から海水浴場まで長い列ができたとか。その頃は少子化の現在と違い、人口も多く、夏のレジャーも多様化してませんでしたしね。

私もその頃に蘭島海水浴場に行ってるんですが、あまり行列の記憶はないんですよね。ただ、海岸が混雑していた記憶はよくあります。

で、その蘭島海水浴場は歴史も古くて、海岸近くには「北海道海水浴場開設 発祥之地」が建っています。

Otaru_20190508-143728

つまり、蘭島海水浴場は北海道で最初の海水浴場ということ!?

碑文によると、明治35年(1902年)に地元の丸山三郎氏の多大な尽力により蘭島駅が開業となり、翌明治36年(1903年)7月に丸山三郎氏が鉄道・報道関係者多数を浜に招待し、海水浴場の発展のための協力をお願いしたことが、蘭島海水浴場の始まりとされている、とのことです。

Otaru_20190508-143708

丸山三郎氏は地元の水産加工業者で、駅の誘致に尽力したほか、海岸に休憩小屋などを作って海水浴場としたそうです。

ちなみに、明治36年6月に函館と小樽を結ぶ路線の蘭島駅~小樽駅(当時は小樽中央駅)間が部分開通していて、そのすぐ後に海水浴場が開設してるんですね。

蘭島駅は、その前年の明治35年12月に然別駅~蘭島駅間の開通によって開業してます(明治36年開業という記載もあり)。

この「北海道海水浴場開設発祥之地」の碑は、昭和58年(1983年)7月3日、蘭島海水浴場開設80周年を記念して建立されています。

Otaru_20190508-143655

Otaru_20190508-143800

Otaru_20190508-143740

この日は天気は良かったものの、さすがに海岸には人影はありませんでしたが、来月7月になって、海水浴場がオープンすれば、またこの蘭島海水浴場も賑わうでしょうね。

Otaru_20190508-143820

Otaru_20190508-143823

Otaru_20190508-143826

Otaru_20190508-143857

※蘭島海水浴場の令和元年の開設期間は、7月12日(金)〜8月25日(日)を予定しています(※参照:小樽市 :海水浴場オープン情報 令和元年5月22日現在)

※参考
・「小樽散歩案内」(発行:有限会社ウィルダネス)
・「鉄道と歩んだ街 小樽」(発行:有限会社ウィルダネス)
蘭島海水浴場 - Wikipedia蘭島駅 - Wikipedia


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」が4月24日に勝納ふ頭に寄港しました

Otaru_20190424-135640


小樽港には毎年、豪華で巨大なクルーズ客船がたくさん寄港するのですが、4月24日(水)に2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」が、勝納ふ頭に寄港しました。

ということで、4月24日午後に見に行ってきました。

Otaru_20190424-134752

勝納ふ頭に向かうと、クルーズ客船の視界に入りきれない巨大な姿が徐々に見えてきて、毎回のことなんですが、あまりに巨大で豪華な姿に圧倒されます。

Otaru_20190424-134939

なんだか凄すぎて、現実味がないですよね。
Otaru_20190424-135049

Otaru_20190424-135106

Otaru_20190424-135222

オランダ船籍のウエステルダムは小樽港初寄港で、総トン数82,862トンで全長285.24m。運航会社はホーランド・アメリカ・ラインで、アメリカやカナダを中心とした約1,700人が乗船されていて、寄港中に小樽観光などに出かけたようですよ。

Otaru_20190424-140017

前には、出店もありました。
あっ、移動販売車「タルシェ号」だ。

Otaru_20190424-135914

歓迎セレモニーやお見送りイベントも催されたようですね。

Otaru_20190424-135747

ということで、勝納ふ頭に寄港した、2019年最初のクルーズ客船「ウエステルダム」の様子でした。

Otaru_20190424-135611

※小樽港へのクルーズ客船の寄港予定日時や停泊ふ頭は、小樽市HPに詳しく掲載されています。今年は4月から9月にかけて、今回も含めて29回の寄港を予定しているようですが、予定は直前に変更になることもあるので、見学などに行く際は、直前にでも小樽市HPにて 確認するのがいいと思います。
小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定

※ちなみに、クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

※関連ニュース
・2019年4月25日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
初寄港"ウエステルダム" オランダの豪華客船 (小樽ジャーナル)

【関連記事】
2019年度の小樽港クルーズ客船寄港予定が小樽市HPに掲載〜2019年3月現在、30回の寄港を予定。今年度は初寄港が多い!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2)

2019年4月19日 (金)

勝納川から続くもうひとつの運河「第二期運河」

Otaru_20190325-142458

勝納川は、臨港線の勝納橋を過ぎると、左に大きく曲がり、幅が広く流れもゆったりとなります。

勝納川から続くここは「第二期運河」と呼ばれる、小樽のもうひとつの運河です。

現在は、特に活用はされていないようで、この幅の広い運河は、ただただ静かに流れ、その先で中央ふ頭と勝納ふ頭に架かる勝納大橋の下を通って小樽港へと注いでいます。

(勝納大橋)
Otaru_20190325-142404

第二期運河の存在は、あまり知られていないかもしれませんが、そもそも、この第二期運河沿いを歩ける場所が少ないんですよね(なので、目にする機会が少ないです)。

第二期運河を眺められる場所は?

では、第二期運河を眺めたり、運河沿いを歩ける場所はどこか、ちょっと周辺をぐるりと歩いてみました。

まず、こちらは中央ふ頭の基部で、左手に勝納大橋を見る位置で、正面に第二期運河を見ることができますね。

Otaru_20190325-142431

勝納大橋を渡って勝納ふ頭側に行くと、かつない臨海公園があるのですが、その運河側には短い散策路があって、そこから少しだけ第二期運河を眺めることができます。

Otaru_20170522-140051rr

Otaru_20170522-140059rr

(散策路。左に第二期運河)
Otaru_20170522-140150rr

また、勝納川が勝納橋を過ぎたところ、つまり第二期運河の始まりあたりの海側は、勝納橋から新南樽市場方面に曲がって、戻る形で運河沿いを途中まで歩くことができます。

(勝納橋から見た勝納川。この先で左に曲がり第二期運河に)
Otaru_20190418-133938

(勝納川から第二期運河に)
Otaru_20190325-144830

(海側からの運河沿い)
Otaru_20190325-144922

(船がありますね)
Otaru_20190325-145000

ここから運河の対岸(山側)を見ると、広い敷地に建つ大きな建物が見えます。

Otaru_20190325-145217

これは、小樽市公設青果地方卸売市場です。
※小樽市公設青果地方卸売市場についてはこちらの記事をどうぞ:有幌町にある小樽市公設青果地方卸売市場ってどんなところ!?

小樽市公設青果地方卸売市場の敷地内は、通常は関係者以外立ち入り禁止ですが、別件で許可をもらって敷地内に入らせていただき撮影したのがこちらです(2019年3月27日撮影)。

Otaru_20190327-140113

Otaru_20190327-142952

また、臨港線が第二期運河に近づいて、道路脇から運河を見渡せる場所もあって(勝納橋のちょっと手前)、こんな感じで眺めることができます。

Otaru_20190418-133820

ということで、運河沿いをのんびり歩くという感じではなくて、ポツリポツリとではあるのですが、第二期運河を眺める場所はいくつかありました。

ちなみに、この第二期運河の山側の住所は有幌町になり、海側は住所が築港で勝納ふ頭になります。

Otaru_20190327-143607

第二期運河はどうやってできたの?

第二期運河って、小樽に関する資料を見ていても、ほとんど目にすることがないんですよね。

いつ、どのような目的で作られ、どのように利用されていたのか、そもそもこの呼び方はどこからきたのかなど、これまで詳細は知らなかったのですが、書籍「小樽運河史」(渡辺悌之助 著/志村和雄 発行)に、第二期運河についての記載がありました。

それによると、この第二期埋立運河が出現したのは、昭和11年ということですが、“出現”とはどういうことなのか、以下に「小樽運河史」の記載からちょっとまとめてみますね。

まず、現在のいわゆる観光客で賑わう小樽運河は、工事的には第一期埋立運河といったもので、これに対しての第二期埋立運河ということになります。
※書籍の中では、第二期運河、第二期埋立運河、第二運河といった呼び方がされていますが、ここでは以降、書籍の年表に書かれている「第二期運河」という表現を使います。

鉄道の国有法が公布となった年の明治39年11月、鉄道作業局(鉄道院)による小樽港南側の小樽第二期埋立工事が発せられ、明治45年4月に起工します。

並行して、兼ねてから計画のあった市(区)営第二期埋立工事が出願されるも、鉄道院の埋め立てに抵触して、明治45年に道から不許可となり、その後、幾度の計画変更によって、結局、許可がおりたのが大正14年11月のことです(ただし、鉄道院の埋立との兼ね合いで再度変更申請があり、それは昭和4年3月の許可となったとのこと)。

この市(区)営第二期埋立工事は竣工は昭和7年7月で、一方、明治45年4月に起工した鉄道院第二期埋立工事は、一時中断をはさんで、昭和11年12月に完成してます。

これによってどうなったかというと、市(区)営第二期埋立工事による陸岸(有幌町側)と、海側を埋め立てた鉄道院第二期埋立工事による海上造成地との間に、勝納川の河口を基準とした“運河”が形成されたとのことで、これが第二期運河の“出現”です。

その後、周辺には小樽市公設青果地方卸売市場や中央ふ頭・勝納ふ頭ができて、景観や運河自体の形態は当時から変化しているようです。

運河形成時、卸売市場前の護岸付近は、水中貯木場だったそうです。
(このあたりかな?)
Otaru_20190327-143051

ちなみに、運河の長さは、勝納川河口から中央ふ頭の基部(かつての入船川の排水路)までの約720mとのこと。

おわりに

ということで、よく分かっていなかった第二期運河について、書籍「小樽運河史」によって、ちょっとだけ背景を知ることができましたが、今後ここは、何かに活用する予定はないのかな。

Otaru_20190325-145046

※参照:「小樽運河史」(渡辺悌之助 著/志村和雄 発行)
※参考:小樽市 :小樽港要覧 小樽港の沿革と自然状況
※協力:小樽市公設青果地方卸売市場。通常は小樽市公設青果地方卸売市場の敷地内は関係者以外立ち入り禁止です。

【関連記事】
かつない臨海公園〜勝納大橋を渡って勝納ふ頭の根元にあるちょっと行きにくいけど眺めのいい公園
中央ふ頭と勝納ふ頭をつなぐ赤色が印象的な「勝納大橋」の風景勝納川は第二期運河へ
有幌町にある小樽市公設青果地方卸売市場ってどんなところ!?


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

2019年度の小樽港クルーズ客船寄港予定が小樽市HPに掲載〜2019年3月現在、30回の寄港を予定。今年度は初寄港が多い!!

Otaru_20180930_170052

毎年、小樽港にはたくさんのクルーズ客船が寄港して、その巨大で豪華な姿を小樽市民にも見せてくれていますが、今年度(2019年度)の小樽港クルーズ客船寄港予定が発表されて、小樽市HPに掲載されています。

※冒頭の写真は昨年寄港したダイヤモンド・プリンセスです。

小樽市HP内の小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定によると、2019年は3月1日現在、4月24日の初寄港のウエステルダム(オランダ船籍)から、9月21日のぱしふぃっくびいなす(日本船籍)までの、のべ30回の寄港を予定しているとのことです。

今年度は、初寄港の船が多いのが特徴とのことで、今のところ5回を予定しているようです。

クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

クルーズ客船を見学に行く際、停泊するふ頭については、小樽市HPで確認しておいたほうがいいですね。日時も直前で変更になることもありますし(→小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定)。

Otaru_20180930_161601
(昨年度のダイヤモンド・プリンセス)

クルーズ客船の入出港時には、歓迎・お見送りイベントが催されたりします。さらには乗客の市内観光のための観光ボランティアを配置されることもあってと、関係者にとっては観光振興につなげる機会でもあるんですよね。

また、市民にとっても、クルーズ客船の巨大で豪華な姿は、なかなか普段は見られない光景なので、見学を楽しみにしている方も多いかもしれませんね。

ちなみに、第3号ふ頭の海に向かって右側にクルーズ客船が停泊した際には、JR小樽駅前から続く中央通りの先にその巨大な姿を見ることができて、これがまた港が近い小樽ならではの迫力の眺めで、人気がありますね。

(昨年のおたる潮まつり直前に寄港した飛鳥II)
Otaru_20180726_141252

先ほども書きましたが、クルーズ客船の寄港予定は、天候、運行スケジュールなどの事情によって、急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前に小樽市のHPを確認した方がいいですね。
※詳細は小樽市HP内のこちら:小樽市 :2019年 小樽港クルーズ船寄港予定

※参考サイト:2019年小樽港クルーズ船寄港予定について | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!

【関連記事】
※昨年のクルーズ客船の記事です。
小樽港の勝納ふ頭に寄港した豪華クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」を見に行ってきました〜寄港5周年の潮太鼓大打演も実施
小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日)
小樽港第3号ふ頭に停泊するクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」を見に行ってきました(2018年6月19日)
2018年度最初のクルーズ客船「ノルウェージャン・ジュエル」が5月11日に勝納ふ頭に寄港しました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

秋の朝里の海を眺めてきました

Otaru_20181004_133641


先日、朝里地区に出かけたのですが、珍しくJRで行ったので、朝里駅を降りてから、朝里の海を眺めてきました。

朝里駅は、すぐ目の前が海なんですよね。

この日は天気も良くて、穏やかな秋の朝里の海を見ることができました(10月4日撮影)。


秋の朝里の海

Otaru_20181004_133747

JRで小樽駅から札幌方面に向かうと、小樽築港駅を出てトンネルを抜けてからは、電車は海沿いを走るんですよね。

朝里駅も海のすぐそばなんですが、駅の跨線橋から見ると下の写真のような感じで、線路横に道路が一本走っていて、民家があって、そのすぐ向こうが海です。

Otaru_20181004_132227

線路横の道路を歩くと、だいたいは堤防が続いてます(ところどころ、漁業者のためか、海岸に出られるようになってます)。

(ポツポツと人影が)
Otaru_20181004_134404

(堤防越しの朝里の海)
Otaru_20181004_134345

(線路横の道路)
Otaru_20181004_134418


朝里の海は、夏場に朝里海水浴場が開設されています。

線路脇を札幌方面に向かうと、朝里海水浴場が開設されている場所があって、そこから海岸に出てみました。

Otaru_20181004_133545

Otaru_20181004_133604

Otaru_20181004_133725

近づいて見ると、それなりの波はありましたが、う〜ん、いい眺め。

Otaru_20181004_133656

こうやって、電車を降りてすぐ海というのも、小樽ならではかもしれませんね。

Otaru_20181004_133700

ということで、秋の朝里の海の様子でした。

Otaru_20181004_133719

【関連記事】
【踏切のある風景】朝里駅の前後にある踏切〜朝里東部踏切と朝里西部踏切
すぐ目の前が海でのどかな雰囲気が漂う無人駅「朝里駅」の様子
なるほど!!これが噂の朝里駅にある行き止まりの自動改札機か!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月 1日 (月)

小樽港の勝納ふ頭に寄港した豪華クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」を見に行ってきました〜寄港5周年の潮太鼓大打演も実施

Otaru_20180930_170130


2018年度もたくさんの豪華クルーズ客船が小樽港に寄港してますが、そろそろそのシーズンも終盤です。

毎年、私も何度か小樽港に行って、そのクルーズ客船の姿を見に行っているのですが、9月30日(日)の朝にその中でもひときわで豪華で巨大なクルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」(イギリス、115,906トン)が、勝納ふ頭に寄港したので見に行ってきました。

毎回思うのですが、勝納ふ頭に近づくにつれて、徐々に見えてくるダイヤモンド・プリンセスの姿が、まるでビルのようで、その大きさに圧倒されます。

Otaru_20180930_161141

Otaru_20180930_161131

相変わらず、大きすぎて、カメラに収まりきりませんね。

Otaru_20180930_161601

Otaru_20180930_161659

Otaru_20180930_161759

実はダイヤモンド・プリンセスは小樽港寄港5周年ということだそうで、この日は潮太鼓の打演が行われたんですよね。

Otaru_20180930_162921

それもあって見に行ったのですが、今回はお祝いもあって、スーパー大太鼓なる太鼓が登場し、大人数による「潮太鼓大打演」が実際されていました。

Otaru_20180930_163428

打演が始まると、周囲には観客が集まり、乗船客のみなさんも興味深くそうに、そして、楽しそうに打演を見ていました。

Otaru_20180930_164520

Otaru_20180930_163640

潮太鼓は本当に、迫力あるんですよね。そして、見ていてもパフォーマンスとして楽しいです。

Otaru_20180930_165744

私は打演が一段落した17時頃に帰ったのですが、18時の出港の際には、お見送りの打演も行われたようです。

Otaru_20180930_170052

実はこの日(9月30日)、ダイヤモンド・プリンセスの船内見学会が行われていて、私も抽選にハガキで応募したのですが、残念ながら落選でした、残念…

旅行はちょっと手が出ないものの、一度、船内を見学してみたいですね。

Otaru_20180930_170130

※今年度(2018年)のクルーズ客船の小樽港へ寄港は、10月2日に勝納ふ頭に寄港予定の「ノルウェージャン・ジュエル」が最後の予定となっています。予定は急遽変更になることもあるので、詳しくは小樽市HPのこちらで。
小樽市 :2018年 小樽港クルーズ客船寄港予定

※ちなみに、クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

※参考
「ダイヤモンド・プリンセス」…9/30 勝納ふ頭寄港予定 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
「祝ダイヤモンド・プリンセス寄港5周年」潮太鼓大打演(9/30勝納ふ頭) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!

【関連記事】
※今年度見にいったクルーズ客船の記事です。
小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日)
小樽港第3号ふ頭に停泊するクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」を見に行ってきました(2018年6月19日)
2018年度最初のクルーズ客船「ノルウェージャン・ジュエル」が5月11日に勝納ふ頭に寄港しました

※昨年のダイヤモンド・プリンセスを見に行った際の記事です。
勝納ふ頭に停泊中の豪華クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」を見に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月27日 (金)

小樽港第3号ふ頭に停泊中のクルーズ客船「飛鳥II」を見に行ってきました(2018年7月26日)

Otaru_20180726_140555


今年も小樽港に多くの豪華クルーズ客船が寄港していて、その豪華で巨大な姿を見せてくれています。

7月26日(木)には「飛鳥II」(日本船籍、50,142トン)が小樽港の第3号ふ頭に寄港しました。

第3号ふ頭にクルーズ客船が停泊すると、その姿がJR小樽駅からも見ることができるんですよね。

Otaru_20180726_140626

小樽駅から港方面に真っ直ぐ緩やかに下る中央通りの先に、飛鳥IIの姿を見ることができます。

Otaru_20180726_140600

中央通りを下って行くと、次第にその巨大な姿が近づいてくるんですが、その眺めは周囲との比率がなんだかアンバランスで、それがまた、非日常的な眺めでなかなか迫力あります。

Otaru_20180726_141133

こういう眺めを見ることができるのも、海が近い小樽ならではですね。

ところで、通りにピンクの提灯が並んでいるのが見えますが、これはおたる潮まつりの提灯ですね。

Otaru_20180726_141252

小樽の夏が盛り上がる「第52回おたる潮まつり」が、7月27日(金)〜29日(日)の3日間の日程で開催され、飛鳥IIが寄港した26日はその前日ということで、街中はすっかり潮まつりを迎える準備ができてるんです。

潮まつりのメイン会場となる、第3号ふ頭基部の中央ステージにまで行くと、そのステージと並ぶように、奥のふ頭に停泊中の飛鳥IIが見えました。

Otaru_20180726_145311

Otaru_20180726_145315

飛鳥IIとおたる潮まつりのコラボですね。

Otaru_20180726_145430r

そして、第3号ふ頭に停泊中の飛鳥IIです。

Otaru_20180726_145541

いや〜、何度か見てますが、やっぱり巨大で豪華で、圧倒されますね。

Otaru_20180726_145646

そうそう、あとから知ったのですが、沖に小さく見えているのは、帆船の「海王丸Ⅱ」なんですね。

(この船)
Otaru_20180726_145615

海王丸Ⅱは実習航海訓練中で、26日午後に小樽港北防波堤先の沖合いに仮停泊したそうで、小樽港への入港は7月30日(月)の予定で、8月3日(金)まで停泊する予定だそうです(参照:沖に"海王丸"、港に"飛鳥Ⅱ" 夏の小樽港賑わう! (小樽ジャーナル))。


ということ、小樽港の第3号ふ頭に寄港していた「飛鳥II」の様子でした。

Otaru_20180726_145721

※小樽港へのクルーズ客船の寄港予定日時や停泊ふ頭は、小樽市HPに詳しく掲載されていますが、日時などの予定は変わることもあるので、見学に行く方は直前に確認したほうがいいですね。
小樽市 :2018年 小樽港クルーズ客船寄港予定

※クルーズ客船が停泊するのは、小樽港の第3号ふ頭(6万トン未満)か、勝納ふ頭(主に6万トン以上)になります(参考:小樽市 :クルーズ客船の受入れふ頭について)。

【関連記事】
※今年度見にいったクルーズ客船の記事です。
小樽港第3号ふ頭に停泊するクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」を見に行ってきました(2018年6月19日)
2018年度最初のクルーズ客船「ノルウェージャン・ジュエル」が5月11日に勝納ふ頭に寄港しました

※おたる潮まつりの記事は、カテゴリー「おたる潮まつり」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌