小樽の坂

2020年8月25日 (火)

船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路(勾配11%の短い坂道)

Otaru_20200724-151137_20200826000401

東小樽海水浴場は住所は船浜町になるのですが、船浜町の住宅地はというと、海岸沿いを走る線路と山側を走る国道5号線との間に広がっています。

国道5号線を通ると分かるのですが、海側の船浜町とはかなりの高低差があって、海岸と船浜町の住宅街は低い位置で、それに対して国道は壁の上の高い位置を走っているんですよね(ちなみに、国道から山側は桜町になります)。

で、その高い位置の国道側と低い位置の船浜町内との往来は、階段や私が個人的に街歩きで注目している地下歩道「桜地下歩道」といった通路があるのですが(※関連記事:「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る)、車で行くにはどうするの!?

と思ったら、平磯岬の海岸沿いをぐるっと回る道路「小樽港縦貫線」から、船浜町内へと行き来ができるんですね(小樽港縦貫線はその先で国道5号線と合流)。

もちろん、近隣の方にとっては当たり前のことで、地図を見ると分かるのですが、今回初めてその道路を歩いてきました。

その道路は短いのですが、勾配の標識がある坂道になってました。

小樽港縦貫線の国道5号線交差点に向かう車線から船浜町へ

小樽港縦貫線を小樽築港側から平磯岬の海岸沿いをぐるっと回って、その先の国道5号線交差点に向かうと、交差点手前で、船浜町内に降りていく道路がありますね。

Otaru_20200724-151454_20200826000401

Otaru_20200724-151550_20200826000401

勾配11%の標識がありました。

Otaru_20200724-151638

(振り返ってみたところ。下にも勾配11%の標識)
Otaru_20200724-151950

下ると船浜町の住宅街になります。

ちなみに、ここの坂道を下ったところに、桜地下歩道があります。

Otaru_20200724-152133

桜地下歩道は、船浜町側からはただのまっすぐな通路なのですが、その先で上り階段があって、国道の向こう側の桜町側に出るんですよね。なので、桜町側からは地下へ降りていくことになるわけです。

※小樽港縦貫線の国道5号線との交差点の手前を、船浜町に降りていく坂道。


船浜町から小樽港縦貫線の小樽築港方面の車線へ

船浜町内の住宅街の西端から、小樽港縦貫線の下をくぐって、ぐるりと小樽港縦貫線の小樽築港方面(ウイングベイ小樽の海側へ)の車線へ出る坂道もありました。

Otaru_20200724-152326

Otaru_20200724-152455

こちらも勾配は11%ですね。

Otaru_20200724-152523

Otaru_20200724-152535

(振り返ってみたところ。小樽港縦貫線の下をくぐってきてます)
Otaru_20200724-152601

小樽築港方面の車線に出ます。

Otaru_20200724-152545

Otaru_20200724-152613

通りの反対側は、先ほどの船浜町に降りる道路ですね。

Otaru_20200724-152626

※船浜町から小樽港縦貫線の小樽築港方面に向かう車線に出る坂道。


おわりに

ということで、船浜町内と小樽港縦貫線を繋ぐ道路についてでしたが、船浜町は結構特殊な立地になってるんですね。

Otaru_20200724-151826

※この時に海沿いの町・船浜町を歩いて、その様子を連載中の小樽チャンネルマガジン2020年8月号Vol.57に「船浜町を歩く」というタイトルで掲載させていただきました。今回はそのタイアップ記事といったところです。

※船浜町の位置。


※道路名「小樽港縦貫線」については、この道路の管轄が小樽市産業港湾部港湾室ということで、港湾室にて確認させていただきました。どうもありがとうございました。

【関連記事】
東小樽海水浴場とそのすぐ後ろに線路のある風景(2020年シーズンの東小樽海水浴場の開設は終了してます)
平磯岬をぐるっと回る道路からの海の見える風景

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

幸2丁目と長橋4丁目の境になる市道「塩谷線」(塩谷街道)の勾配15%の気になる坂道

Otaru_20200720-155537

長橋の旧国道(長橋大通り)から幸町内へと入っていく、バス停「幸入口」のある中央バス「おたもい線」のバス通りがあります。

通りに入って間もなく、最初の交差点があって、そこから左手を見ると。

Otaru_20200720-155101

お〜!!なんだか気になる坂道!!

この通りは市道「塩谷線」になるのですが、ちなみに、反対側は長橋なえぼ公園前に通じる道路で、この旧国道(長橋大通り)と並行する道路は、通称「塩谷街道」と呼ばれてますね。

さて、そして、気になる坂道ですが、これは上らずにはいられません(笑)

Otaru_20200720-155251

住所としては、長橋4丁目と幸2丁目の境になる坂道になるのですが、なんだか道も広くて、坂はまっすぐ続いています。

上り始めるところに勾配15%の標識がありました。

Otaru_20200720-155346

勾配15%はなかなかのものですね。あの船見坂に勾配15%の看板がありますね。

Otaru_20200720-155422

歩き出すと、やはりこれはなかなか急です。当然、ロードヒーティングが設置されていますね。

Otaru_20200720-155511

途中で振り返ってみたところです。

Otaru_20200720-155537

なんだか、いい感じに道路がS字に曲がっていて、いい眺めです。

道路の先は長橋なえぼ公園ですね。

もうちょっと上ったところから、また振り返ってみると。

Otaru_20200720-155717

うんうん、いいい眺め!!

こういう眺めが見られるのがいいんですよね(笑)

そして、間もなく坂を上り切りました。

Otaru_20200720-155703

この先をずっと行くと、道路はオタモイ入口のローソンの裏まで続いてます。

Otaru_20200720-155754

上ったところに小さな祠がありました。何かな?
Otaru_20200720-155809

この先で振り返ると、右に下っていく道もありました。
Otaru_20200720-155831

上にも勾配15%の標識がありますね。
Otaru_20200720-155915

ということで、ついつい上らずにはいられなかった、幸2丁目と長橋4丁目の境になる、市道「塩谷線」(塩谷街道)の勾配15%の気になる坂道の様子でした。

Otaru_20200720-160043

※今回の坂道はこここです。

【関連記事】
幸会館の交差点から旧国道に出るバス停「幸入口」までのバス通り沿いの様子
塩谷街道の高台からの小樽市街地の眺め〜稲穂5丁目と長橋2丁目の境の急カーブから(※撮影は10月1日で紅葉前です)

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

オタモイ1丁目から幸4丁目へと上る勾配13%の坂道

Otaru_20200720-143619

先日、国道5号線のオタモイ入口にある、中央バス「おたもい線」のバス停「おたもい入口」から、「幸入口」までバス通りを歩いてきて、前回はそのオタモイ入口から、オタモイ1丁目の町内へと入っていくバス通り沿いの様子を投稿しました。
オタモイ入口から町内へと入っていくバス通り沿いの様子〜市道「オタモイ通線」を歩く

緩やかに上りながら、オタモイ町内を走るバス通りは、その先の小樽警察署オタモイ駐在所を過ぎたところで、右に曲がります(ちなみに、直進は山中海岸へと向かう道です)。

今回は、その右に曲がった通りの様子です。

Otaru_20200720-143655

右折すると、通りはこれまでより急な坂道になるんですよね。

曲がるとふわっと視界が開けるようで、ちょっと印象的なこの坂道は、上り切ると幸町にります。

坂の向こうは下り坂になっていて、下からは向こうの様子は見えません。それもちょっと印象的な理由かもしれませんね。

具体的な住所でいうと、オタモイ1丁目から幸4丁目へと上る坂道、ということになります。

坂の上から振り返って見た様子です。

Otaru_20200720-144025

坂の上の方に、勾配の標識がありました。勾配は13%ですね。

Otaru_20200720-144011

坂の上から向こうは幸町です。
Otaru_20200720-144044

Otaru_20200720-144057

ちなみに、上ってきた坂道も市道になるのですが、名称は「幸大通線」となります。

オタモイ入口からオタモイ町内へと入っていくバス通りは市道オタモイ通線ですが、その範囲はオタモイ駐在所の少し手前までで、途中からバス通りは市道幸大通線と名前を変えて、この坂道から幸町内へと続きます。

今回の坂道の様子はここまでで、ここからさらに続く幸町内の市道幸大通線周辺の様子は、次回にしたいと思います。

ということで、今回はオタモイ1丁目から幸4丁目へと上る勾配13%の坂道の様子でした。

Otaru_20200720-144117

※今回の坂道はここ。

【関連記事】
オタモイ入口から町内へと入っていくバス通り沿いの様子〜市道「オタモイ通線」を歩く

| | コメント (0)

2020年5月30日 (土)

手宮公園団地裏の手宮公園へと上る坂道とそれに続く階段

Otaru_20200519-111029

高台の斜面にある手宮公園に行くには、主には手宮のバスターミナル近くからの「励ましの坂」とも呼ばれる急な坂道を上っていくことが多いと思います。

その励ましの坂沿いには、市営住宅手宮公園団地が建っているのですが、この団地の裏にも手宮公園に通じる歩行者用の坂道があるんですよね。

手宮のバスターミナル手前の交差点から、高島・祝津方面へと向かう道(道道454号小樽海岸公園線)に入っていくと、その先で道路は大きく右に曲がるのですが、そのカーブの手前に歩道から真っすぐ上る坂道があります。

Otaru_20200519-111003

なんとも気になる坂道なんですが、ここが、その手宮公園団地裏の坂道です。

Otaru_20200519-111029

実は、随分と前に投稿したことがあるのですが、今回、久しぶりに歩いてきたので、再投稿したいと思います。

歩行者用の道ですが、結構、急なんですよね。

Otaru_20200519-111105

途中途中で団地へ入っていけるので、団地の方が主に利用する道でしょうかね。

上っていくと、上の方では階段になっています。

Otaru_20200519-111143

右手が崖になっていて、眺めがいいんですよね。

Otaru_20200519-111209

小樽市総合博物館本館の向こうに海が見渡せます。

坂道の最後も階段になっています。

Otaru_20200519-111251

Otaru_20200519-111257

上りきったところで、手宮公園の下側を通る道路に出ます。

ちょうどここからが公園内という位置かな。

振り返ってみると、こんな感じですね。

Otaru_20200519-111411

(上ったところの横からの眺め)
Otaru_20200519-111618

ということで、手宮公園団地裏の手宮公園へと上る坂道とそれに続く階段の様子でした。

※ここから上っています。


【関連記事】
※この道についての過去記事がこちら。
手宮公園団地裏の坂道
※その他の関連記事です。
手宮公園に向かう「励ましの坂」
中央バスの手宮ターミナル

| | コメント (7)

2020年5月26日 (火)

地獄坂の途中から入ったその先で大きく曲がりながら緑3丁目の高台まで上る勾配16%の急坂を歩いてみた

Otaru_20191219-150302

小樽商大に向かう地獄坂を上っていき、地獄坂の標識のある2020年3月31日をもって閉校した小樽商業高校のすぐ下を左に曲がると、道はまっすぐと続いています。

※歩いたのが2019年12月で、写真が雪の季節なのでご了承を。

(地獄坂を左に曲がります)
Otaru_20191219-145845

Otaru_20191219-145853

その道をしばらく進むと、道路は少し左へ曲がりながら坂道になっていきます。

(右手にも人が通る近道のような道がありました)
Otaru_20191219-150137

今回の坂道は、ここからになります。住所は緑3丁目です。坂の名前はないようです。

少し上ると今度は道路は右に曲がりながら上っていきます。

Otaru_20191219-150235

ここに勾配を示す道路標識があって、表示は16%となかなかの急坂ですが、ここにこんな坂道があったのですね。

Otaru_20191219-150302

右に曲がってしばらく上ると、今度は大きく左に曲がってます。

Otaru_20191219-150344

Otaru_20191219-150445

Otaru_20191219-150522

ここを少し上ったところでちょっと振り返ってみると。

Otaru_20191219-150601

ちょっと曇っていて惜しい!!

もし晴れていたら、かなりいい眺めでしょうね。残念。

それにしても面白い坂道です。そして、さらに左に曲がってるんです。

Otaru_20191219-150610

曲がってからも、まだ上り坂は続きます。

Otaru_20191219-150640

この坂道、左右に大きく曲がりながら上っているのですが、そこを坂の下からショートカットするように、まっすぐと上ってくる道もあるんですね。

(途中で下を見たところ。ショートカットするこんな道もありました)
Otaru_20191219-150747

(上を見たところ)
Otaru_20191219-150750

この近道も、機会があったら上ってみたいですね。

さて、曲がりながら上ってきた坂道に戻りますが、ここで振り返ると、こんな感じです。

Otaru_20191219-150833

そして、坂道は今度は右に曲がるのですが、ここでようやく平坦な道になりました。緑3丁目の高台に出たんですね。

Otaru_20191219-150830

Otaru_20191219-150852

今回の坂道はここまでなんですが、ほんと、曲がりながら上るこんな坂道が緑3丁目にあったのですね。

実は、坂を上って出た、緑3丁目の高台の平坦な通り沿いには、2019年9月のオープン以来、大人気のパン屋「ヨルトノ」のお店があるんですね(実はこの時、初めてヨルトノに行ったのですが、たまたまこの坂に出会ったというわけです)。

(右にヨルトノの店舗)
Otaru_20191219-150927r

この坂道は初めて歩いたのですが、なんだか曲がりながら上っていく様子など、とても印象的な坂道でした。

実は後日(といっても最近ですが)、晴れた日に改めてこの坂道にいって、再度、坂の途中からの眺めを確認してきたんです。

Otaru_20200519-104748

やっぱり、いい眺めです!!

Otaru_20200519-104753

ということで、今回は、緑3丁目の大きく曲がりながら高台まで上る勾配16%の急坂の様子でした。

(坂の上にも勾配16%の道路標識がありました)
Otaru_20200519-104702

※今回の坂道はここです。

※ちなみに、上った高台のその先は下り坂になっているのですが、そちらの坂道についての記事はこちらです。
緑第二大通りのバス停「第二大通」近くから上る勾配13%のまっすぐな坂道と、その上から緑町の市営住宅の前を曲がりながら上っていく坂道の様子

【関連記事】
緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)
地獄坂で知られる商大通りを小樽商大までヘトヘトになりながら歩いてきた
バス停「商業高校前」は「緑3丁目」に変更になってます〜小樽商業高校は2020年3月31日をもって閉校

| | コメント (5)

2020年5月24日 (日)

天上寺の横から上る入船公園横の坂道〜見上げれば正面に天狗山、見下ろせば小樽港、名前はない!?

Otaru_20200514-101710

入船町の小樽市指定歴史的建造物でもある天上寺の横から、緩やかに上っていく坂道があります。

その背景には天狗山が見えるなかなか気になる坂道なのですが、上っていくと、最初は左右に大きく緩やかに曲がっているものの、その先で道幅が広くなり、視界が開けて見通しのよいまっすぐと続く坂道になります。

Otaru_20200514-120314

そのまっすぐと続く坂道の先にが、大きく天狗山が構えているのが見えてきて、これがなかなかのいい眺めなんですよね。

Otaru_20200514-101716

Otaru_20200514-101716t

ちなみに、この坂道は、途中、入船公園の横を上っていきます。

さて、まっすぐ続く坂道となると、坂を上った先から振り返って見た風景もこんな感じです。

Otaru_20180508-140833

いや〜、いい眺めですよね。

まっすぐ続く坂道の向こうに小樽の海が見えて、港町ふ頭のガントリークレーン(通称「キリン」)も見えます。

Otaru_20181004-083738

以前、ここにフェリーが見えることもあって、なんとも小樽らしいいい眺めを見せてくれます。

ところで、この坂道には特に名前はないようなんですが、まっすぐ続く坂道を見上げれば正面に天狗山が見え、見下ろせば小樽港が眺められるという、なんとも小樽らしい坂道なので、名前を付けてもらいたいくらいです。

Otaru_20200514-120450

※参考:小樽市 :小樽港のコンテナ航路関係施設の拡充

【関連記事】
天上寺の横から上る緩やかな坂道の正面には天狗山が

| | コメント (5)

2020年5月 4日 (月)

坂の向こうに小樽の港が見える「薬師神社の坂」

Otaru_20200206-151840

小樽は坂の街です。

山があって海があって、どこへ行くにも坂を上ったり、下ったり。けど、そんな坂のある風景が小樽らしさだったりもしますよね。

中でも、まっすぐと続く坂の向こうに港が見える眺めは、いかにも小樽らしい眺めといえますが、そんな、小樽ならではの眺めを楽しめる坂道のひとつが「薬師神社の坂」です。

※坂を歩いたのが2020年2月6日で、写真が雪の季節なのでご了承を

Otaru_20200206-151130


旧手宮市場前を海と反対側の清水町方面に向かうと、途中にある薬師神社のあたりから急な坂道となり、その坂道は桜陽高校下にあたる、長橋からくるTの字となる道路とぶつかるまで続いています。

この薬師神社前からの坂道が「薬師神社の坂」と呼ばれる坂道になります。

Otaru_20200206-152441

勾配を示す道路標識は14%となっています。

Otaru_20200206-152539

錦町の手宮市場前から豊川町と石山町の谷間を通って(通りの住所としては豊川町)、清水町へと上るこの通りは市道で、正式には手宮仲通線という名称だそうです。

そうそう、もともとここには手宮仲川という川が流れていたそうですね。

(こちらは坂からずっと下っていったところからの眺め)
Otaru_20200206-152954

以下、小樽市HP内の広報おたる連載の「おたる坂まち散歩」のHTML版から引用させていただきます。

豊川町と石山町の谷間にある手宮仲通。この通りを清水町に向かって歩くと、薬師神社のところから真っ直ぐに急な上り坂になります。標識には14パーセントのこう配とあります。近くの「亀の湯」のご主人によると、地元の皆さんは「薬師神社の坂」と呼んでいるそうです。
 谷間の地形から推測できるように、この手宮仲通には、昔、手宮仲川という川が流れていました。そのせいか、この辺の地名も、上流から源町(みなもとちょう)、清水町、豊川町と川の流れにちなんだものになったということです。
小樽市 :おたる坂まち散歩 第49話 薬師神社の坂(やくしじんじゃのさか)

ちなみに、薬師神社は清水町になります(坂道から横道に入ったところに鳥居があります)。

Otaru_20200206-152132

Otaru_20200206-152152

おたる坂まち散歩によると、薬師神社は明治34年に現在の手宮公園のそばに設立され、大正11年に現在地に移った、その名のとおり医薬の神様を祭る神社とのことです。

(こちらは坂道沿い)
Otaru_20200206-152041

そうだ、薬師神社の向かいから入っていくと、末広中と北山中が統合して2017年(平成29年)に開校した北陵中学校(校舎は旧手宮西小を改修)があります。

Otaru_20200206-152106
(この日は行きませんでしたが…)


さて、薬師神社の坂からの眺めですが、こちらは坂の途中から振り返ってみた眺めですが、右手に続く海岸線が、これまたいい感じです。

Otaru_20200206-151820

真っ直ぐと続く坂道の向こうに小樽港を見ることのできる眺めというのは、本当にいい眺めですね。

Otaru_20200206-151139

坂を上っていきます。
Otaru_20200206-151123

(こちらは坂の上のTの字の交差点を渡ってからの眺め)
Otaru_20200206-151301


ということで、今回は小樽らしい眺めを見ることのできる薬師神社の坂の様子でしたが、そうそう、この手宮仲通線には、創業明治39年の老舗米穀店で、厳選されたワインなどのお酒も豊富な「遠藤商店」や、旧手宮市場のすぐ上には人気のパン屋「GABBEH(ギャベ)」といったお店がありますね。

遠藤商店
Otaru_20200206-153034
丸い遠藤商店 | オーダーメイドのお米とおいしいワインを小樽から

GABBEH(ギャベ)
Otaru_20200206-154008

Otaru_20200206-153837

手宮市場は2018年3月をもって閉店したんですよね。
Otaru_20200206-154129

手宮仲通線(遠藤商店の少し下から見たこところ)
Otaru_20200206-153107

※市道については、小樽市役所(小樽市建設部用地管理課)にて確認させていただきました。どうもありがとうございました。

【関連記事】
手宮に行くと買いに行きたくなるパン屋さん「GABBEH(ギャベ)」
ニュースより/北山中と末広中の統合中学校の校名は北陵(ほくりょう)
小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場は2018年3月31日(土)をもって閉店。最後の大売出し中!!【追記あり】
※過去にも薬師神社の坂について書いたことがあります。
手宮仲通から薬師神社の坂へ

| | コメント (12)

2019年12月26日 (木)

緑第二大通りのバス停「第二大通」近くから上る勾配13%のまっすぐな坂道と、その上から緑町の市営住宅の前を曲がりながら上っていく坂道の様子

Otaru_20191219-152605

最上線のバス通りでもある緑第二大通りのバス停「第二大通」の近くで、最上町に入る手前でカーブしているところから、山側にまっすぐに上っていく坂道があります。

※写真は2019年12月19日撮影です。

ちにみに、下の写真が第二大通りで、見えているバス停が「第二大通」の停留所。写真手前から左にその坂が上っています。

Otaru_20191219-152622

で、この坂道には名前はついてはいないと思うのですが、坂の上り口のところには勾配13%の道路標識が立っています。

Otaru_20191219-152624

Otaru_20191219-152605

見上げると、なかなかまっすぐ続いていて、見ていて気持ちのいい坂道です。

(手前から坂を見たところ。この写真は11月2日撮影。雪はありません)Otaru_20191102-114141

この坂道のまっすぐな部分は、住所としては緑2丁目になります。

坂からはよく見えないのですが、この坂の上りに向かって左側には於古発(おこばち)川が流れていて、その於古発川が最上町と緑町の境になってます(ちなみに、この坂の下近くで於古発川に架かる緑第二大通りの橋が安楽橋)。

(坂を少し上った途中から。この写真も11月2日撮影です)
Otaru_20191102-113303

実は、この日は坂の上から下ってきたのですが、坂の上の方にも勾配13%の標識が立っていました。

(坂の上から)
Otaru_20191219-152403

さて、まっすぐな坂を上っていくと、上の方で大小いくつかの道に分かれています。

Otaru_20191219-152420

Otaru_20191219-152317

(ここから坂道を振り返って見たところ)
Otaru_20191219-152321

上ってきて右側には、比較的大きな道があります。

その先には大きな建物が建っているのですが、これは市営住宅(緑A住宅)ですね。

その道に入っていくと、市営住宅の前を通りつつ、大きく左に曲がっていきます。

Otaru_20191219-152339

その先も坂は続きます。

Otaru_20191219-152117

ちなみに、ここの市営住宅は、昭和63年から平成元年に建設された、4棟からなる団地です(※参照:小樽市 :緑A住宅)。

Otaru_20191219-152056

(振り返って見たところ)
Otaru_20191219-152011

このあたりは天狗山が近くに見えて、いい眺めですね(この日はちょっと曇っていて残念)。

Otaru_20191219-151929

坂は結局、4度ほど大きく曲がりながら上ってきます。

上っていったさらに先にある、真っ白な外観が特徴的な大きな建物は、グリーンヒルガーデンという賃貸マンションのようですね。

Otaru_20191219-151828

そして、平坦な通りに出ます。

Otaru_20191219-151806

ということで、今回はここまでで、緑第二大通りバス停「第二大通」近くから上る勾配13%のまっすぐな坂道を上り、さらに市営住宅(緑A住宅)の前を曲がりながら上っていく坂道の様子でした、

そうそう、今回の坂を上っで出た平坦な通り沿いに、2019年9月にオープンした「パン ヨルトノ」という美味しいパン屋さんがあるのですが、その話はまたこんど。

※今回歩いた坂道はこちら。終盤は結構曲がりくねってます。

【関連記事】
緑町の高台の美味しいパン屋さん「ヨルトノ」にいってきました(2019年9月オープン)

| | コメント (2)

2019年12月14日 (土)

北照高校へ続く最上町のまっすぐで急な坂道

Otaru_20191102-110851

最上町の塩谷方面に抜ける道道956号小樽環状線を上っていくと、途中で道道から分かれて北照高校へと向かう坂道があります。

(右が道道956号小樽環状線)
Otaru_20191102-110840

左に入っていくその坂道の入り口には、「北照高等学校」の標柱が建っています。

Otaru_20191102-110811

少し前のまだ雪が降る前の11月上旬に、その坂道を歩いてきたのですが、標柱ある入り口からは、見事にまっすぐと続く坂道が見えます。

Otaru_20191102-110851

歩くと結構急です。

Otaru_20191102-110701

この日は土曜日だったのですが、平日は北照の生徒さんたちがたくさん歩いているのかな?

Otaru_20191102-105603_20191214022401

途中で振り向くと、遠くにわずかに海が見えました。

Otaru_20191102-105600_20191214022401

かなり坂の上の方の左手には、小さな公園「おこばち公園」があるんですよね。

(公園前で振り替えったところ。写真右手がおこばち公園です)
Otaru_20191102-105441r

坂道を上って突き当たったところに北照高校があるのですが、学校関係者以外立入禁止の看板があったので、ここまでです。

Otaru_20191102-105235

看板手前で振り返ったところ。
Otaru_20191102-105243

この坂道には、特に名前はついてないようですが、なんというか、坂の下から見ても上から見ても、とても眺めのいい坂道だったので、ブログに書き留めておきました。

ということで、北照高校へ続くまっすぐで急な坂道の様子でした。

※今回歩いた北照高校へ続く、最上町のまっすぐな坂道はこちら。

 

【関連記事】
北照高校へ向かう坂の途中にある「おこばち公園」〜表示はないけど公園No.22
於古発川の上流部、北照高校近くの様子【於古発川を下る】

| | コメント (0)

2019年12月 9日 (月)

野藤坂(のとざか)〜梅ヶ枝町のバス通り(祝津山手線)から上る急で短い坂道

Otaru_20191128-132547

坂の街・小樽には、名前についた坂道がいくつかあります。

地図などに載っているようなよく知られた坂から、地元の方にしか知られていないような坂など、このブログでも、そのいくつかを歩いて紹介したりもしています。

その際、坂道の名前の由来などで参考にさせてもっらっているのが、小樽市HP内掲載の広報おたる連載「おたる坂まち散歩」HTML版です。
小樽市 :おたる坂まち散歩

先日、そこで紹介されている坂道の中で、なかなか行く機会のなかった、梅ヶ枝町の「野藤坂(のとざか)」を上ってきました。

Otaru_20191128-132600
(この写真は2019年11月28日撮影)

梅ヶ枝町のバス通り(梅ヶ枝通りや祝津山手線と呼ばれてますね。市道名は「手宮川通線」)の途中、ドラッグストアのツルハのすぐ近くから上っている、短いながらも急でまっすぐな坂道です。

(以下の写真は2019年10月5日撮影で、まだ雪はありません)
Otaru_20191005-152627
(手前を横切る道路がバス通り)

Otaru_20191005-152359

実は、この野藤坂についてはこれまで何度か行ってみたものの、「あれ?この坂道であっているのかな?」と、ちょっと悩んだりしたんですよね。

というのも、この坂の右手に、今はないのですが、もともと目印になる石碑が建っていたそうです。

Otaru_20191005-152321
(坂の右手に石碑が建っていたそうです)

では、坂名の由来にもつながるその石碑について、小樽市HP内「おたる坂まち散歩」の野藤坂の記事から引用させてもらいます。

梅ヶ枝通りをしばらく行くと、左手に上り坂があり、坂の右手には自然石の立派な石碑が建っています。石碑には「野藤坂(のとざか)」とあり、その背面には「讃故小樽市会議員野藤常太郎(のとつねたろう)君之功績 昭和 14年10月 梅豊町会建之」と刻まれています。
小樽市 :おたる坂まち散歩 第44話 野藤坂(のとざか)

ということで、石碑は議員だった野藤氏の地域への功績を顕彰するために、建てられたものだったようで、それで、この坂道が野藤坂と名付けられたのですね(野藤氏は昭和9年に市会議員(当時は市議会ではなく市会)に当選しているそうです)。

当時は梅ヶ枝通りと平行にある坂の上の道沿いに広がる住宅街に行く上り坂が少なく、この野藤坂のおかげで随分と便利になったそうです。

(坂を上りきったところ)
Otaru_20191005-152438

(坂の上から右手に続く道)
Otaru_20191005-152443

(坂の上から左手に続く道)
Otaru_20191005-152449

(坂の上から振り返って見たところ)
Otaru_20191005-152457

で、その石碑なんですが、いつ撤去されたのかは分かりませんが、現在はないんですよね。

当初、その石碑を目印に坂道を探したのですが、見つからずに戸惑ったのですが、小樽市HP内「おたる坂まち散歩」に掲載されていた写真を改めて確認して、この坂道が野藤坂だと分かりました。

Otaru_20191005-152613

ということで、梅ヶ枝町の野藤坂についてでしたが、住宅街にあるこのような坂道にも、歴史があるのですね。

※参照:小樽市 :おたる坂まち散歩 第44話 野藤坂(のとざか)

 

 

※市道については、小樽市役所(小樽市建設部用地管理課)にて確認させていただきました。この場を借りてお礼させていただきます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)