小樽の市場

2019年6月21日 (金)

南樽市場で創業70周年を記念して大創業祭開催中〜6月19日(水)〜22日(土)まで

Otaru_20190619-150100

いつも買い物客で賑わう南樽市場では、創業70周年記念ということで、南樽市場大創業祭を令和元年6月19日(水)〜22日(土)の日程で開催しています。

6月21日(金)には豪華景品が用意されているという輪投げ大会、22日(土)には大抽選会が行われるそうですよ(どちらも500円の買い物で補助券1枚、補助券2枚で1回参加できます)。

南樽市場はいつも活気があって、観光客の姿よりも、地元客が多いようで、まさに小樽市民の台所といった市場なんですよね。

南樽市場の歴史については、市場のホームページに記載されていて、昭和初期に建設された高砂市場を前身としているそうで、高砂市場の廃業後、昭和24年(1949年)6月に新たな市場が完成して営業が始まったそうです。そこから70年なんですね。

完成当時は、入居店舗数50店で食料品を主体とした小売市場で営業を開始したとのことで、昭和25年(1950年)に南小樽市場協同組合が結成されています。

ちなみに、現在の市場は、昭和43年(1968年)12月に建てられたものだそうです。

※参照:南樽市場(南小樽協同組合)南樽市場の概要と歴史

実は、この南樽市場の創業70周年記念大創業祭が始まった6月19日(水)・20日(木)に2日間で、まずは激安大売り出しをしたんですよね。チラシも入っていました。

Otaru_20190619-125626

この2日間は、200円割引券の配布(当日のみ使える割引券。50円引券4枚つづり)があって、午前9時からと午後1時から、先着で各日500名、合計1000名にプレゼントされたそうですよ!!

ちなみに、私は19日の午後に様子を見に行ったのですが、とっくのとうに配布は終了していました(笑)

Otaru_20190619-150831

ということで、私もよく買い物に利用させてもらっている南樽市場の創業70周年記念大創業祭、お買い得品がいっぱいなので、この機会に買い物に行ってみてはいかがでしょうか。

(6月21日(金)と22日(土)のイベント)
Otaru_20190619-125640

※南樽市場は午前9時から午後6時半まで営業しています(創業祭中のイベントは午後5時半まで)。

※南樽市場のHPが2019年2月4日付でリニューアルされてますね。
南樽市場(南小樽協同組合)トップページ/小樽市民の台所

※南樽市場の創業祭については、2019年6月18日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄にも掲載されていました。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年4月18日 (木)

有幌町にある小樽市公設青果地方卸売市場ってどんなところ!?

Otaru_20190327-143301


メルヘン交差点を過ぎて臨港線に出てから築港方面に向かって臨港線を進むと、左手にはすき家やオートバックスといった店舗が集まる場所があり、そこを過ぎると道路沿いは店舗もまばらになります。

このあたりの臨港線から海側は、住所でいうと有幌町になるのですが、ではこの海側にはいったい何があるかというと、実は、そこには小樽市公設青果地方卸売市場の広い敷地があります。

で、小樽市公設青果地方卸売市場ってどんなところ!?

実は今回、連載中の「小樽チャンネルマガジン」(株式会社K2)にて有幌町を特集するにあたり、通常は市場敷地内は関係者以外立ち入り禁止なのですが、小樽市公設青果地方卸売市場にご協力いただき、敷地内での写真撮影と市場についてのお話を聞かせていただきました(2019年3月27日(水)訪問)。

※「小樽チャンネルマガジン」2019年4月号(Vol.41)の連載中の町を“歩く”シリーズで有幌町を歩いてます(バックナンバー:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル)。

そこで、今回は小樽市公設青果地方卸売市場について、小樽チャンネルマガジンで書ききれなかった内容を、ここで詳しく紹介したいと思います。

ちなみに、小樽市公設青果地方卸売市場の入り口(正門)は、オートバックスとやわらぎ斎場の間の道を奥に進んだところにあります。

Otaru_20190327-135759

Otaru_20190327-143659

Otaru_20190327-143717 

小樽市公設青果地方卸売市場について

通常、私たちが市場といえば中央市場や南樽市場といった、直接、消費者に物品を販売する市場(いちば)を思い浮かべますが、この卸売市場(おろしうりしじょう)は、生産者から消費者に物品が届くまでの中間に位置する施設で、卸売取引する場所になります。

小樽市公設青果地方卸売市場は、開設者が小樽市長で、卸売会社として樽一小樽中央青果株式会社が入っていて、毎朝、せり等で青果物を仲卸人(仲卸業者)や買受人(売買参加者)に販売しているんですね。

そして、その物品(ここでは青果物)は、買受人(小売業者)からはそのまま消費者等へ、仲卸人からは買出人(一般小売業者や飲食店)に販売されて、そこから我々消費者へと渡ります。業者の中には、市内のおなじみのお店も含まれています。

卸売市場のしくみについては、小樽市HP内に記載があって、私も参考にさせてもらっているので、興味のある方はこちらをどうぞ。
小樽市 :小樽市公設青果地方卸売市場

Otaru_20190327-143125

Otaru_20190327-143204

小樽市公設青果地方卸売市場の歴史についても、上記サイトに掲載があって、もともと青果地方卸売市場は、現在のメルヘン交差点に隣接する場所に開設していたそうですが、昭和47年12月に、後志地域の拠点卸売市場として現在地の有幌町に「小樽市公設青果地方卸売市場」として新築移転し、昭和48年1月から卸売業務を開始しているそうです。

小樽のこの卸売市場は道内でも大きな方だそうですよ。

小樽市公設青果地方卸売市場の取扱青果物

私が伺った時は、市場は休みだったのですが(休市)、って、そもそも午後に行ったのですが、冬は朝7時30分から、夏は7時からせりが行われているそうです。

Otaru_20190327-140926

Otaru_20190327-140834

では、実際にここでは、どのような青果物が取り扱われているのか、また、産地はどこが多いのかなど、平成29年度の実績で主なところを教えていただきました。

まず、野菜については、だいたい毎年決まって、馬鈴薯、トマト、たまねぎ、ねぎ、しめじ茸などが多く、産地は北海道はもちろんですが、そのほか、茨城(はくさいなど)、宮崎(ミニトマト、ピーマン、きゅうりなど)、熊本(トマトなど)、愛知(キャベツなど)などが多いとのこと。

果物については、メロン、いちご、露地すいか、みかん、露地柿類、りんご、さくらんぼなどが多く、産地は北海道のほか、外国が多いんですね(グレープフルーツ、キウイ、バナナ、パイナップルなど)。その他は山形、栃木、和歌山などが多いそうです。

このような統計情報については、小樽市HPにも掲載されています(平成31年4月現在、年度データは平成28年度までが掲載されてます)。
小樽市 :統計情報(公設青果地方卸売市場)

そうそう、ここは地元・小樽の農家さんの出荷場所にもなっているそうで、ここで直接買い取って販売するという形もとっているそうです。5月中頃からは北海道品種のイチゴ「けんたろう」が出始めるということでした。

Otaru_20190327-140830

Otaru_20190327-140813

卸売市場をとりまく現状

話の中にあったのですが、卸売市場に関しては、全国的に市場を経由する割合(市場経由率)が減っているそうで(かつては85%を超えていたのが、現在は60%を切っているとか)、これは青果だけではなくて他の業界でもだそうです。

つまりは取扱量が減少しているということで、これはコンビニなどの台頭で、契約農家などから直接仕入れる形態が増えているのも一因のようです。取扱金額についても、かつての多い時の3分の1くらいまで減っていて、卸売市場のあり方をも問われる厳しい状況とのことでした。

Otaru_20190327-143516

おわりに

ここ小樽市公設青果地方卸売市場は、海側には勝納川から続く第二期運河が静かに流れていて、その向こうは勝納ふ頭になり、反対側からもあまり目にする機会がないので、有幌町のこの場所に青果物を扱う卸売市場があって、毎朝、ここで取引が行われているというのは、市民でも知らない方が多いかもしれませんね。

かくいう私も、こういう施設があるのは知ってはいたものの、詳しいことは知らず、今回、改めて取材をさせていただき、小樽市公設青果地方卸売市場のことをよく知ることができました。

Otaru_20190325-145301

Otaru_20190327-143604

Otaru_20190327-143047

そうそう、余談ですが、この市場の敷地内奥に、樽一食品卸センターという建物があって、ここには個別の食品等の販売店舗などが入っているのですが、ここはあくまで市場利用者のための店舗のようです。

(樽一食品卸センター)
Otaru_20190325-143751

実は、今はないですが、かつてここに「蘭也の店 ごはんや」という人気のお店があって、私も行ったことがあったのですが、基本的には市場関係者のためのお店だったのですね…

Otaru_20190327-143440


ということで、小樽市公設青果地方卸売市場についてでしたが、なんだか、今後、お店で野菜や果物を買う時には、ここのことを思い出して、品物を見る目もちょっと変わりそうです。

 

 

Otaru_20190327-143017

※通常は小樽市公設青果地方卸売市場の敷地内は関係者以外立ち入り禁止です。

【謝辞】 この度は、小樽市公設青果地方卸売市場にご協力いただきました。どうもありがとうございました。

【関連記事】
樽一食品卸センター内「蘭也の店 ごはんや」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2018年12月30日 (日)

小樽市内の各市場の新年初売り情報などが、小樽市HP内「市場のお買い得情報」に掲載されています

Otaru_20181229_144459


今年も残すところあとわずかですが、年末年始の買い物はもう済みましたか?

この時期、街中はなんだか慌ただしくも、年末年始の買い物客で溢れますよね。中でも小樽の各市場では、刺身などの新鮮な魚介類などを求める買い物客で、この時期ならではの賑わいを見せますよね。

そんな小樽市内の市場の年末年始営業情報が、小樽市HP内「市場のお買い得情報」に掲載されているので、そこから抜粋させてもらい、ここでも新年初売り情報などを掲載しますね。

※参照元:小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報


鱗友朝市
Otaru_20180421_130438r

12月31日(月)まで営業。
新年初売りは1月11(金)から。
1月の休み:1日(火・祝)〜10日(木)、13日(日)、20日(日)、27日(日)
※鱗友朝市は営業時間は、朝4時からと朝早く、午後2時までなので注意です。


三角市場
Otaru_20171217_110857t

休みは1月1日(火・祝)のみ。
以降は毎日休まず営業。
※詳しくは市場のサイトで:トップページ | 小樽三角市場


中央卸市場
Otaru_dsc09104r

新年初売りは1月5日(土)より。
1月の休み:1日(火・祝)〜4日(金)、6日(日)、13日(日)、14日(月・祝)、20日(日)、27日(日)
※すいません、年末の詳細は未確認です。
※国道5号海沿いの1棟目が「中央卸市場」で、そこから続くのは中央市場です。


中央市場
Otaru_20181201_120530

12月31日(月)まで営業。
新年初売りは1月7日(月)から。
1月の休み:1日(火・祝)〜6日(日)、13日(日)、14日(月・祝)、20日(日)、27日(日)
※詳しくは市場のサイトで:小樽中央市場 公式HP


妙見市場
Otaru_20180807_133100r

新年初売りは1月5日(土)より。
1月の休み:1日(火・祝)〜4日(金)、6日(日)、13日(日)、14日(月・祝)、20日(日)、27日(日)
※すいません、年末の詳細は未確認です(12月31日は自主営業で、営業してるかはお店によるとのことでした)。


南樽市場
Otaru_20181229_143730

12月31日(月)まで営業。
新年初売りは1月5日(土)より。
1月の休み:1日(火・祝)〜4日(金)、6日(日)、13日(日)、20日(日)、27日(日)
※詳しくは市場のサイトで:小樽 南小樽市場(南樽市場)トップページ


新南樽市場
Otaru_20180822_152845

12月31日(月)まで営業。
新年初売りは1月5日(土)より。
1月の休み:1日(火・祝)〜4日(金)、9日(水)、16日(水)、23日(水)、30日(水)
※詳しくは市場のサイトで:小樽の逸品、地物、地魚なら新南樽市場!市場公式HP


ということで、年末年始の買い物に参考になれば。
私も29日に南樽市場に買い物に行ってたのですが、市場内はとても活気づいてましたよ。

Otaru_20181229_144208

今回参照させてもらった、先ほどの小樽市HP内の市場のお買い得情報をまとめたページ(→小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報)は、随時更新しているので、市場情報が欲しい時に見てみるといいと思います。ただし、随時更新されているということは、過去の情報は削除されるので、要注意です。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月13日 (木)

小樽市内各市場の12月のお買い得情報が小樽市HP内に掲載されています

なんだか、気がついたら12月も中旬で、少しずつ周囲が慌ただしくなってきて、そろそろ年末の食材の買い物なんかも、気になってくる時期です。

小樽市のHP内には、市場のお買い得情報をまとめたページがあって、随時更新されているのですが、この時期は12月のセールや年末の営業情報なんかも掲載されているので、市場に買い物に行く予定の方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

※そのページはこちら小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報

それでは、各市場の12月の主な予定を、ここでも抜粋して掲載しておきますね(もう過ぎているイベントもあるのでご了承を)。

※12月12日現在、年明けの営業(初売り)予定は、まだ全店は掲載されていません。現在の情報は平成30年11月27日更新の情報です。


鱗友朝市
Otaru_20180421_130438r

・12月15日(土)に歳末特価祭を開催。
・12月16日(日)〜31日(月)まで休まず営業。
・鱗友朝市は営業時間は、朝4時からと朝早く、午後2時までなので注意です。


三角市場
Otaru_20171217_110857t

・毎日がお買い得!!年内無休で営業。
・詳しくは市場のサイトで:トップページ | 小樽三角市場


中央卸市場
Otaru_dsc09104r

・歳末大売出し:12月3日(月)〜22日(土)
・12月の休み:2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日・祝)
※国道5号海沿いの1棟目が「中央卸市場」で、そこから続くのは中央市場です。


中央市場
Otaru_20181201_120530

・中央市場歳末感謝祭2018(抽選会開催)
第1弾:12月11日(火)~22日(土)
第2弾:12月27日(木)~31日(月)
・12月の休み:2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日・祝)
※新年の初売りは1月7日(月)より。
・詳しくは市場のサイトで:小樽中央市場 公式HP


妙見市場
Otaru_20180807_133100r

・毎週土曜日は特売日。
・大売出し(抽選会開催):20日(木)(10時〜17時)・21日(金)・22日(土)(10時〜16時)
・12月の休み:2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日・祝)
・12月の妙見シビック・マーケットは、通常毎月第3土曜日のところ、第4週の12月22日(土)に変更になり、「妙見シビッククリスマスマーケット」となるとのことです。
※新年の初売りは1月5日(土)より。


南樽市場
Otaru_20171230_130848

・歳末大売出し:12月3日(月)〜31(月)
・激安大売出し:7日(金)、8日(土)、21日(金)、22日(土)
・12月の休み:2日(日)、9日(日)、16日(日)、23日(日・祝)
※31日(月)は午後5時まで
・抽選会など詳しくは市場のサイトで:小樽 南小樽市場(南樽市場)トップページ


新南樽市場
Otaru_20180822_152845

・大売出し:12月1日(土)〜31日(月)
・12月の休み:5日(水)、12日(水)、19日(水)
※新年の初売りは1月5日(土)より。
・イベントなど詳しくは市場のサイトで:小樽の逸品、地物、地魚なら新南樽市場!市場公式HP


ということで、私も年末の買い物には、毎年市場に行くのですが、何かの参考になれば。

※参照:小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

梁川100周年記念イベント最終日(12月1日)の中央市場に行ってきました

Otaru_20181201_120522


梁川100周年記念イベントが、11月19日(月)〜12月1日(土)の期間で、主に梁川通りにある中央市場を中心に、梁川商店街で開催されていました。

Otaru_20181201_120103

11月30日(金)・12月1日(土)の最後の2日間は、「ガラポン抽選会」などが中央市場で開催されるなど、中央市場がとても賑わったようで、実は私も12月1日に買い物に行ってきました。

梁川商店街加盟店や中央市場での買物で抽選券がもらえるガラポン抽選会ですが、私も中央市場で買い物をして引いたのですが、ハズレのポケットティッシュでした。残念…

Otaru_20181201_121114

実は、なんと目の前で特賞の伊勢鮨1万円分食事券が当たったんです!くぅ〜うらやまし〜!!


ちなみに、こちらは豆大福を買った「みなともち」(ここはみなともち中央市場店で、本店は花園4丁目にあります)。

Otaru_20181201_120223

いつも午後に行くと、ほとんど売り切れなんですが、今回はちょうどお昼でまだありました。

Otaru_20181201_120215

他にも、惣菜屋さん「そうざいのさかた」の大人気イカメンチなんかも買ってきました。

Otaru_20181201_120545

イベントとしては、「子ども縁日」や北海道胆振東部地震の被災復興支援として、被災地である厚真町、安平町、むかわ町の特産品の販売も行われていて、ちょっと気になっていた、安平町の燻製たまごを買ってきましたよ。

Otaru_20181201_115656

Otaru_20181201_121139

ちなみに、今回の梁川100周年記念イベントは、1918年(大正7年)に現在の小樽都通り梁川商店街振興組合の前身となる「梁川親睦会」が、発足してから100周年となるのを記念して開催されているイベントということなんですよね。

そこで、中央市場内のガンガンギャラリーでは、明治から現在までの梁川通り周辺の「レトロ写真展」なんかも開催されていました。

Otaru_20181201_120219

ということで、梁川100周年記念イベントの最終日の中央市場の様子でしたが、最近は中央市場も色々とイベント開催していて面白いんですよね。

Otaru_20181201_120530

平日の日中とか、ちょっと人が少ないと入りにくいという声も聞きますし、実際、そういうところは確かにあるのですが、思い切って入ってみて、色々と見てみると、美味しそうな総菜や旬の生鮮品などが並び、これがなかなか面白いんですよね。お店の方も優しいですよ。

Otaru_20181201_115908

中央市場は中心街にある市場なので、街に出かけた際には、ちょっと立ち寄ってみるといいかもしれませんね。

※参考
小樽中央市場 公式HP
小樽梁川商店街 - ホーム(Facebookページ)
梁川100周年記念!! | 小樽 梁川商店街

【関連記事】
梁川通りにイルミネーション「ヤナガワイルミ」が点灯してる〜梁川100周年記念イベント開催中!!12月1日まで
小樽の人気のお餅屋さん「みなともち」の大福餅を久しぶりに


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月25日 (日)

梁川通りにイルミネーション「ヤナガワイルミ」が点灯してる〜梁川100周年記念イベント開催中!!12月1日まで

Otaru_20181124_171517


日が暮れた梁川通りに、イルミネーションが点灯していました。

これは、梁川100周年記念イベントの一環で行われていて、「ヤナガワイルミ」と名付けられています。

梁川100周年記念イベントは、1918年(大正7年)に現在の小樽都通り梁川商店街振興組合の前身となる「梁川親睦会」が、発足してから100周年となるのを記念して開催されているイベントなんですね。

イベントは11月19日(月)から始まっていて、12月1日(土)までの期間、主に梁川通りにある中央市場を中心に、梁川商店街で開催されています(中央市場の営業時間は9:00〜18:00まで)。

Otaru_20181121_164619

冒頭のイルミネーションは梁川通りの中央市場のすぐ近くで、16:30〜21:00までの時間、点灯しています(イベントと同じく12月1日まで)。

Otaru_20181124_171412

また、イベント期間中は、中央市場内のガンガンギャラリーで、明治から現在までの梁川通り周辺の「レトロ写真展」が開催。商店街のシンボルとも言われている「すずらん街路灯」の設計図も初公開されています。

Otaru_20181121_164710

Otaru_20181121_164646

(梁川商店街のすずらん街路灯)
Otaru_20181121_163837

さらには、11月30日(金)・12月1日(土)の2日間限定で、梁川商店街加盟店や中央市場での買物で抽選券がもらえる「ガラポン抽選会」が中央市場で行われ、豪華商品が用意されているようですよ。開催時間は10:00〜16:00まで。

その2日間は、中央市場で「子ども縁日」も開催されて、1回100円のところ、100周年記念チラシ持参で3回無料になるようです(チラシは商店街店舗、市場に置いておくそうです)。

Otaru_20181121_164633

また、北海道胆振東部地震の被災復興支援として、被災地である厚真町、安平町、むかわ町の特産品の販売も行われます。

ということで、梁川100周年記念イベント開催中の梁川通り、そして、中央市場に行ってみてはいかがでしょうか。

Otaru_20161014_153455
(こちらは過去に撮影の写真です)

※参考
梁川100周年記念!! | 小樽 梁川商店街
小樽梁川商店街 - ホーム(Facebookページ)
小樽中央市場 公式HP

※参照ニュース
・2018年11月14日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
梁川100周年記念イベント…(11/19~12/1)小樽都通り梁川商店街 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!
レトロ写真展と街灯設計図!梁川100周年記念事業 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

妙見市場の最近の様子は!?〜月に1回、妙見市場シビックマーケット開催してます

Otaru_20180807_133100r


先日、妙見市場に寄ってきました。
私は時々立ち寄るのですが、それほど買い物に行っているというわけではないんですよね。すいません。

小樽には市場がいくつかあって、その中で、妙見市場はちょっと元気がないかなと、気にはなっているのですが、現在、妙見市場はお店が3店舗になっています。

川の上に建っていて、カマボコ型の外観が特徴の妙見市場は、かつてはA・B・C棟と3棟あったものの、店舗が徐々に減って2012年にA・B棟が解体され、現在は山側にあったC棟のみで営業しています。

Otaru_20180915_150138

徐々に店舗が減って、昨年には伊藤惣菜店が閉店したのですが、その伊藤惣菜店の後を引き継ぐように、赤井川のミリケン恵子さん(みみずく舎)が、 惣菜店「ひとりCSA妙見ショップ」を開店しています。もう2店舗は、横田鮮魚店と干物の高松商店です。

ミリケン恵子さんは、その前から、週一で赤井川産の野菜や小樽市内のパンを販売していたんですよね。

Otaru_20180915_151401

Otaru_20180915_151523

Otaru_20180915_151531

Otaru_20180915_151547

そして、現在、ミリケン恵子さんを中心に、第3土曜日には「妙見市場シビックマーケット」を開催してるんですよね。シビックマーケットは、一般の方も出店する「市民のマーケット」ということで、毎回十数店舗が出店しているようです。

Otaru_20180915_151513

今月は11月17日(土)10:30からの開催です。って、あっ、今日だ!!もうちょっと早く投稿すればよかったですね。

妙見市場には、普段は空き店舗が目立つので、入りにくいという声も聞きますし、実際にそうかもしれませんが、シビックマーケットの時に市場内に入ってみると、食料品の他にも雑貨なども並び、賑やかでなかなか楽しげな雰囲気なんですよね。フリーマーケットの雰囲気かな。

Otaru_20180915_150625

主に市場内の山側に出店しているので、もし本日17日に近くに行った際には、妙見市場シビックマーケットを除いてみてはどうでしょうか。

どうやら12月の開催は、第4週の22日(土)に変更になり、「妙見シビッククリスマスマーケット」となるそうです。
※参照:妙見シビックマーケット - ホーム

妙見市場も古くからある市場なので、私も普段からももうちょっと利用したいなと思います。そうそう、ひとりCSA妙見ショップで買ったものは、市場内の休憩所で飲食できるそうなので、お昼に寄るのもよさそうですね。

(普段はちょっと入りにくいかも…)
Otaru_20180915_150145

小樽の市場は昨年(2017年)に入船市場が、今年3月には手宮市場が閉店して、厳しい状況ですが、市場がたくさんあるというのも小樽の特徴でもあるので、なんとか盛り上げていきたいですね。

ちなみに、現在の小樽市場連合会参加の市場は、南樽市場、新南樽市場、三角市場、中央卸市場、中央市場、妙見市場、鱗友朝市の7店舗です。

※参考
小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報
「お節介」で幸せを運ぶ、ミリケン恵子さん - MURABITO

※関連ニュース(古いものも含む)
妙見市場でマーケット!楽しい美味しい商品並ぶ (小樽ジャーナル)
妙見市場が楽しい!シビックマーケット開催 (小樽ジャーナル)
・2017.10.6北海道新聞朝刊小樽・後志欄(妙見市場にミリケン恵子さんが総菜店をオープン)

【関連記事】
ニュースより/妙見市場の伊藤惣菜店が9月26日に閉店〜妙見市場は厳しい状況です
妙見市場の大売出しの日限定パン販売。午後に行ってみたらほぼ売り切れでした
ニュースより/妙見市場で金曜日にパン販売〜市内のパン屋さん3店舗から仕入れ販売
入船市場と妙見市場の様子が店舗移転もあってちょっと心配


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年4月16日 (月)

南樽市場に手宮市場(2018年3月末で閉店)から惣菜のささき商店がオープンしてます

Otaru_20180414_160042


南樽市場に、2018年3月末で閉店した手宮市場で最後まで営業していて、南樽市場へ移転予定だったお惣菜のささき商店(おかずのささき)がオープンしてました。

場所は、山側入り口から入って正面右手です。

Otaru_20180414_151303

ささき商店は4月12日(木)にオープンしたようで、その前の週の4月7日(土)には、同じく手宮市場から新保商店(新保海産店)がオープンしているので、これで手宮市場からの2店舗の移転が完了したわけですね。

ここしばらく、入り口入ってすぐが空き店舗だったのは、ちょっと寂しかったので、良かったですね。そして、これで南樽市場には店舗の空きスペースがなくなり、もともと活気があった市場内が一層賑やかになりますね。

Otaru_20180414_151319
(右の通路看板は手宮市場からのものですね)

この日は午後の遅めの時間に行ったため、お惣菜もほとんど売れていたので、また次回に何か買ってみようと思います。

南樽市場のお惣菜店専門店は、他におかもと商店があるので、色々あるお惣菜を眺めながら買い物をする楽しみが増えましたね。

※南樽市場の定休日は日曜日です。
※サイト:小樽 南小樽市場(南樽市場)トップページ

※お惣菜のささき商店は、新南樽市場にも店舗がありますね:【小樽の市場】新南樽市場 佐々木商店のページです

【関連記事】
南樽市場に手宮市場(2018年3月末で閉店)から新保商店が移転オープン。ささき商店も準備中
小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場は2018年3月31日(土)をもって閉店。最後の大売出し中!!【追記あり】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

南樽市場に手宮市場(2018年3月末で閉店)から新保商店が移転オープン。ささき商店も準備中

Otaru_20180407_145944


先日、南樽市場に買い物に行ったら、2018年3月31日(土)をもって惜しまれつつも閉店した手宮市場で最後まで営業していた4店舗のうち、南樽市場へ移転予定だった新保商店(新保海産店)がオープンしてました。

場所は、山側入り口から右側の通路に入ってすぐで(お惣菜のおかもと商店の向かい)、そこはここしばらく空きスペースになっていたんですよね(最近は、一角で野島製菓の商品を販売していましたが、休憩所の方に移ってました)。

Otaru_20180407_145841
(この看板は手宮市場から持ってきたとのことです)

ちょうど行った4月7日(土)にオープンだったようで、許可をもらって売り場の写真を撮らせていただきました。

Otaru_20180407_145818

Otaru_20180407_145824

筋子やたらこ、干物や乾物など、様々な海産物がたくさん並んでいて、売り場も結構広く、前までここが空きスペースだったせいか、新しく新保商店が入って周囲の雰囲気もぱ〜っと明るくなって、南樽市場がより活気付いた感じです。

ちなみに、手宮市場で営業していたお惣菜のささき商店も、ここ南樽市場に移転予定なんですが、山側入り口から入ってすぐ(新保商店の隣)の場所で開店準備中でした。

Otaru_20180407_145434

この場所も空きスペースだったので、ささき商店もオープンしたら、南樽市場は一層賑わいますね。

南樽市場での買い物の楽しみが増えました。

※南樽市場の定休日は日曜日です。
※サイト:小樽 南小樽市場(南樽市場)トップページ

【関連記事】
小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場は2018年3月31日(土)をもって閉店。最後の大売出し中!!【追記あり】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月26日 (月)

小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場は2018年3月31日(土)をもって閉店。最後の大売出し中!!【追記あり】

Otaru_20180322_135027


手宮市場が2018年3月31日(土)をもって閉店してしまうという、驚きのニュースはこのブログでも先日お伝えしましたが、残すところ一週間を切ってしまいましたね。

大正6年(1917年)に開設された、小樽で最も古い歴史をもつ手宮市場が閉店してしまうというのは、地元の利用客とってはもちろん、小樽市民として何とも残念ですね。もちろん、あちこちで惜しむ声が多く聞かれています。

閉店の知らせを聞いて、先日、手宮市場に行ってきました。

(住所は錦町になります)
Otaru_20180322_135051

(現在の建物は平成6年(1994年)に改築されたものです)
Otaru_20180322_135038

Otaru_20180322_135241

(店先には閉店のお知らせが)
Otaru_20180322_135112

個人的には場所柄あまり行く機会がなかったものの、手宮散策の際にはよく立ち寄ったのですが、もっとたくさん行けばよかったと思っても後の祭りですね。

Otaru_20180322_135406

最後まで営業する店舗は4店舗と寂しい状況になっているのですが、小樽観光協会のサイト「おたるぽーたる」の記事「小樽「手宮市場」…最終営業日3/31日まで毎日大売出し | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」」によると、閉店までのラスト1週間の3月26日(月)~31日(土)は、毎日「大売出し」だそうですよ。

Otaru_20180322_135407

Otaru_20180322_135410

Otaru_20180322_135429

前回投稿の記事「え!?手宮市場が閉鎖するの?」にも書いたのですが、現在営業中の4店舗は、閉店後の次のような予定になっているとのことです。
・ささき商店(惣菜):手宮市場閉店後は南樽市場へ
・木村蒲鉾店:手宮市場閉店後は鱗友朝市へ。
・石川鮮魚店:手宮市場閉店と同時に閉店。
・新保商店(海産物):手宮市場閉店後は南樽市場へ。

最後の手宮市場に、買い物に行ってみてはいかがでしょうか。

(反対側から出たところの通り)
Otaru_20180322_135253

※手宮市場の営業時間は10:00~18:00まで。


《追記 2018.3.30》

小樽市総合博物館のFacebookページにても、手宮市場閉鎖関連の投稿がありました。さすが総合博物館で、古い手宮市場の写真も掲載されていたので、埋め込み機能にて掲載させていただきます。


【関連記事】
え!?手宮市場が閉鎖するの?
小樽で最も古い歴史をもつ市場「手宮市場」
手宮市場


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌