市場

2017年6月 3日 (土)

中央市場に閉鎖した入船市場から人気の惣菜屋・酒田商店(そうざいのさかた)が移転オープンしてます

Otaru_20170522_154709


入船市場にあった人気の惣菜屋の酒田商店(そうざいのさかた)が、先月5月、中央市場に移転オープンしてます。

正確なオープン日は分からなかったのですが、小樽中央市場の公式HP内にて、2017年5月10日付でお知らせが出てました(酒田商店 オープンです | 小樽 中央市場)。

Otaru_20170522_154559

この移転は、入船市場の閉鎖に伴うもので、残念ながら入船市場は先日閉鎖して、すでに建物は解体と思われる工事が始まってます(→詳しくはこちら;閉鎖した入船市場の解体!?工事が始まってます)。

酒田商店はいろんな惣菜が並んでますが、中でもイカメンチが人気で、私も入船市場に時々買いに行ってました。

入船市場が閉鎖するというニュースが流れた時には、もう酒田商店の惣菜が食べられないのかと寂しく思ったのですが、中央市場に移転すると聞いて、ちょっとホッとしたんですよね(とはいえ、入船市場の閉鎖は驚きで、とても残念です…)。

この日は買い物はしなかったのですが、イカメンチはやっぱり入船市場の時と同じく火・木・土のみの販売と掲示されてましたね。

Otaru_20170522_154716

小樽駅からすぐの中央市場ですが、実は国道5号線沿いに建つ同じような建物は中央卸売市場といってまた別の市場で、それに続く3棟が中央市場です。

山側から第3棟、第2棟と名前がついていて、今回、オープンした酒田商店は、山側の第3棟に店舗を構えてます。

Otaru_20170522_154810


また、同じく入船市場にあった植木青果店と植木生花店も中央市場に移転オープンしてます。

Otaru_20170522_154650

場所は酒田商店の斜め向かいに、並んで店舗を構えてました。


小樽には市場がいくつかあるものの、最近は苦戦している市場が多いようで、入船市場は残念ながら閉鎖してしまいましたが、その入船市場から3店舗が移転してきたここ中央市場が、より賑わうといいですね。

※小樽中央市場の公式HPはこちら:小樽中央市場 公式HP
市場の営業時間は9:00〜18:00で(お店によって営業時間が異なります)、日・祝は休みです。

【関連記事】
小樽中央市場にて第3回「顔顔市(ガンガンバザール)」開催。10月14日(金)・15日(土)の2日間
入船市場のお惣菜のお店「酒田商店」
家庭料理ではないですが:入船市場のお惣菜「酒田商店」のイカメンチ: 小樽で家庭料理(関連ブログより)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年4月 2日 (日)

小樽の市場「鱗友朝市」内の食堂「味さき」が閉店してました

Otaru_20170331_111710


先日、午前中に手宮方面に行く機会があったので、かなり久しぶりに鱗友朝市をのぞいてきました(鱗友朝市の住所は色内町です)。

北運河の端のさらに手宮よりにあるこの鱗友朝市は、その名の通り早朝4時から営業していて、午後2時には終了してしまう小樽の市場です。

で、この鱗友朝市の市場内には、「味さき」と「のんのん」という人気の食堂が2軒あったのですが…、あれ?左側の「味さき」の暖簾がない!?

Otaru_20170331_111648

中に入ってみると、ドアには張り紙が。

Otaru_20170331_111604

どうやら、ここ味さき(鱗友店)は、1月31日をもって閉店してしまったようですね(味さきは祝津に仕出し料理の店もあったようですが、会社として2月20日に閉店すると書かれてます)。

個人的には場所柄、それに時間的にも、鱗友朝市にはほとんど来る機会がなく、食堂では食事もしたことがなかったのですが、観光客にも人気だったようですし、閉店は残念ですね。

のんのんは営業中。
Otaru_20170331_111613


その他の詳しいことは分からないのですが、以上、閉店情報として掲載しておきますね。

【関連記事】
鱗友朝市


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月19日 (木)

妙見市場の大売出しの日限定パン販売。午後に行ってみたらほぼ売り切れでした

Otaru_20170119_135919


先日、このブログでも取り上げたのですが、妙見市場で毎週金曜日と大売出しの日限定で、赤井川村のミリケン恵子さんという方が、市内の3つのパン屋さんから仕入れたパンを販売しているということで、1月19日(木)が妙見市場の大売出しの日だったので行ってみました。

※その時の記事はこちら:ニュースより/妙見市場で金曜日にパン販売〜市内のパン屋さん3店舗から仕入れ販売

場所は山側の入り口から入ってちょっとのところ。
Otaru_20170119_135543

Otaru_20170119_135607

が…、もうほとんど売り切れてました。残念。

Otaru_20170119_135707

このトレーにいっぱい入っていたそうですが、実は行ったのが午後2時くらいだったので、そりゃ売れ切れますよね(汗)

3つのパンの仕入先は、赤岩の「赤岩ぱん工房 こんがりや」、稲穂の「友和のパン」、そして豊川町の「GABBEH(ギャベ)」という人気のパン屋さんで、私も大好きな3店舗です。

妙見市場の大売出しの日には、この3店舗のパンが勢ぞろいするそうで、それとは別に毎週金曜日には、週替わりで1店舗のパンが販売されるとのことです。

個人的には、なかなか買いに行くことのできない「赤岩ぱん工房 こんがりや」のパンが久しぶりに食べたかったのですが、次の機会のお楽しみですね。

すぐ横では、色んなジャムや余市産のりんごも販売されていました。

Otaru_20170119_135807

聞かなかったのですが、これも大売出しの日に販売してるのかな?


ちなみに、川の上に建っていて、外観のカマボコ型が特徴の妙見市場は、当初はA・B・C棟と3棟あったものの店舗が徐々に減り、2012年にA・B棟が解体され、現在は山側にあったC棟のみで営業していて、店舗数も干物、惣菜などを扱う3店舗に減ってしまってるんです。

Otaru_20170119_135931

パン販売を行なっているミリケン恵子さんという方については、すいません、詳しくは知らないのですが、「ひとりCSA」という地域農業を支える活動をしている方で、妙見市場でも週1回、赤井川産の野菜などを移動販売していて、パンを買いたいというお客さんの声に応える形でパン販売にも乗り出したそうです。

というのも、昨年(2016年)7月いっぱいで、妙見市場内で営業していた人気のパン屋さん「妙見マルシェ」が移転してしまったんですよね。

現在、ちょっと寂しい状況の妙見市場ですが、こういうのをきっかけに、一人でも多くのお客さんが訪れるといいですね。

※小樽市内の各市場のお買い得情報については、実は小樽市のHP内にも掲載されてるんですよね。
小樽市 :小樽市内市場のお買い得情報

【関連記事】
妙見マルシェ改めマル谷製パンが緑町の旧洋菓子あらやの建物に移転オープン
入船市場と妙見市場の様子が店舗移転もあってちょっと心配


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年11月29日 (火)

小樽駅のすぐ近く!三角市場は観光客にも大人気!

Otaru_20161014_151659r


小樽には市場が何軒かあるのですが、中でも観光客に人気なのが、JR小樽駅近くの三角市場ですよね。

小樽駅を出て左に進むと階段があって、そこを上ると三角市場の入口があります。

※写真は2016年10月の撮影なのでご了承を。
Otaru_20161014_151550r

Otaru_20161014_151659r

駅に近いということで、観光客も訪れやすく、お店の方々も観光客への応対に慣れてます。

ただ、そうなると、私も含めて恐らく小樽市民は、普段の買い物ではあまり立ち寄らないかもしれませんね。何せ、私なんかいつもキョロキョロしてるせいか、三角市場に行くと観光客と間違われるので、何だか行きにくくて…(汗)

Otaru_20161014_151709

市場内に入ると、横幅2メートル程の細い通路の両脇にお店が並んでいるのですが、先ほどの階段を上った高い位置にある小樽駅側入口から、もう一方の国道5号線側の入口に向かって、市場内は坂道になってます。

Otaru_20161014_151727

お店では、観光客向けか、カニがたくさん売られているのが目につきますが、最近は、市場内の食事処が大人気のようで、旬の新鮮な魚介類を使った丼ものなんかは、よくメディアにも取り上げられていて、これが本当に美味しそうなんです。

Otaru_20161014_151743

私はまだ食べたことがないので、そのうちに食べてみたいですね。

食事処については、三角市場のサイト内のこちらに記載されてます。
お食事案内 | 小樽三角市場

その食事処は現在は何軒もあって、以前はそんなになかったと思うのですが、やはり人気なのでしょうね。

そして、ここは基本年中無休というのが、観光客にとっては嬉しいですよね(元旦は休みのようです)。
営業時間は、市場が朝6時〜夕方5時(お店毎に異なります)で、食事処が朝7時〜夕方5時(こちらもお店毎に異なります)となってます。

(市場内の坂を見上げたところ)
Otaru_20161014_151825

三角市場の歴史については、市場のサイトに掲載されていました。

昭和23年頃、小樽駅前において7〜8軒の露天商がお店を出したのが始まりです。その後、出店者が相次ぎ、近郊地域の石狩地方や後志地方、遠くは上川地方や日高地方から、来客はもとよりも買出しに訪れる人々で賑わいをみせ、朝市として発展しました。
昭和32年5月、露天商30軒余りで任意組合を設立し、あわせて現在の市場を建設。(後略)
三角市場とは | 小樽三角市場

(国道側の入口)
Otaru_20161014_153336

ちなみに、市場サイトによると、 名前の由来は土地と屋根が三角の形をしていることからつけられたそうですが、外からはよく分かりませんね。

Otaru_20161014_151847

ということで、小樽駅のすぐ近くで、観光客に大人気の三角市場についてでした。

※三角市場のサイトはこちら:トップページ | 小樽三角市場

【関連記事】
よく見るとなかなか渋い三角市場へ向かう階段


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月14日 (金)

小樽中央市場にて第3回「顔顔市(ガンガンバザール)」開催。10月14日(金)・15日(土)の2日間

小樽中央市場にて、第3回「顔顔市(ガンガンバザール)」が、今年は10月14日(金)・15日(土)の2日間の日程で開催しています。

Otaru_20161014_153455

小樽駅からすぐの中央市場ですが、国道5号線沿いに建つ同じような建物は中央卸売市場といってまた別の市場で、それに続く3棟が中央市場です。山側から第3棟、第2棟と名前がついてます。

Otaru_20161014_153442

Otaru_20161014_163459

今年も目玉企画がいくつかあって、まずは、1日50食限定の「市場海鮮ちらし」が500円で販売されるそうです。

市場の鮮魚店から提供された、新鮮なネタで作った海鮮丼で、11:30から販売とのことですが、ちなみに、私が市場に行ったのは、14日(金)の午後の遅い時間で、さすがに売切れてました。

Otaru_20161014_153750

お店で買い物をすると1回抽選ができる、棒引き抽選会も開催されてました(200円以上の買い物1回につき1枚の抽選券がもらえるそうです)。

Otaru_20161014_153707

実は、第1回顔顔市のクイズに応募したおかげか、開催前に案内ハガキがきていて、それをもっていくことで1回抽選ができました。が、ハズレでポケットティッシュ1個でした。残念…

Otaru_20161014_153646

今年も市場内でクイズを開催していて、商品は毛ガニです。店舗にある抽選箱に備え付けの応募用紙で参加できます。

Otaru_20161014_153618

その他、普段と違って、市場内の空店舗を利用して、洋装品、手作り雑貨や陶器、加工食品などのお店が特別出店しています。

ちなみに、こちらは今年8月中旬に市場内に開設した、展示場として市民も使用できる「ガンガンギャラリー」です。

Otaru_20161014_153603


ということで、今年も中央市場の顔顔市(ガンガンバザール)が開催されてます。

Otaru_20161014_153745

残すは15日(土)のみです。小樽の市街地まで出たら、せっかくですので中央市場を覗いてみてはいかがでしょうか。市場は楽しいですよ。

※小樽中央市場の公式HPはこちら。
小樽中央市場 公式HP
市場の営業時間は9:00〜18:00で、日・祝は休みです。

※中央市場は、昭和30年代には、ブリキの容器に食料を詰め込んだ「ガンガン部隊」と呼ばれた行商人の仕入先として、賑わったことでも知られています。

【関連記事】
中央市場内にガンガンギャラリーが開設されてます
※顔顔市の過去記事です。
小樽の中央市場で開催された「顔顔市(ガンガンバザール)」に行ってきました
小樽中央市場で顔顔市(ガンガンバザール)開催中


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月 4日 (日)

中央市場内にガンガンギャラリーが開設されてます

小樽駅からすぐ近くの中央市場内に、展示場として市民も使用できる「ガンガンギャラリー」ができてます。

Otaru_20160827_155922

シンプルで綺麗なギャラリーになってますね。

Otaru_20160827_155849

ちなみに、国道5号線沿いに建つ同じような建物は中央卸売市場といってまた別の市場で、それに海側に続く3棟が中央市場です。

Otaru_20160827_160646

で、ガンガンギャラリーができたのは、中央市場の第3棟で、山側の(中央卸売市場に続く)棟が第3棟です。

Otaru_20160827_160154

2016年8月26日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄で紹介されていて、中央市場も空き店舗がちょっと目立ってたのですが、そのスペースを活用して、8月中旬に開設したそうです。

Otaru_20160827_160124

雑貨店など、従来の市場と違う業種の出店にも期待しているようで、これをきっかけに、市場に足を運ぶ人が増えて、市場で買い物する楽しさが広まるといいですね。

利用は1日単位で可能で、基本料金1日800円(税込)、展示品の販売を伴う場合は1日1,240円(税込)となるそうです。
中央市場ガンガンギャラリーの使用方法につていは、中央市場のサイトに掲載されています。
中央市場ガンガンギャラリーご使用方法 | 小樽 中央市場

ちなみに“ガンガン”ですが、中央市場は、昭和30年代にはブリキの容器(ガンガン)に食料を詰め込んだ、「ガンガン部隊」と呼ばれた行商人の仕入先として賑わったことでも知られていて、それにちなんで名前に付けたそうです。

中央市場では、顔顔市(ガンガンバザール)とかも開催してますね。

Otaru_20160827_155831

※小樽中央市場の公式HPはこちら。
小樽中央市場 公式HP


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

南樽市場の休憩所が広がって見通しがよくなってます。そして南樽市場内は禁煙に

Otaru_20160625_141704


そういえば、先月から、南樽市場の休憩所が広くなってますね。

と、唐突でしたが、小樽には市場がいくつかあって、私もあちこちよく行くのですが、中でも南樽市場は、ほぼ毎週買い物に行くお気に入りの市場です。

その南樽市場は、左右の2つの通路沿いにお店が並んでいるのですが、元々市場の中程の可否茶館の並びに、テーブルと椅子をいくつか置いた、小さな休憩所があったんですよね。

で、確か先月からなんですが、そこと反対側の通路沿いの空き店舗のスペースをつなげて、広い休憩所にしたようです。

Otaru_20160723_153227

ちなみに鮮魚側の通りにあったその空きスペースは、以前は「ほていや赤石商店」という、酒、タバコ、一般食料品を扱うお店だったんですが、確か昨年、閉店したんですよね。

(この写真は2015年7月29日撮影)
Otaru_20150729_131153

それ以来、時折イベント的に使われていたようですが、やっぱり空きスペースは寂しいですからね。


ちなみにここの休憩所、現在は禁煙になってます。というか、休憩所だけではなく、7月25日(月)より、南樽市場全館禁煙になってますね。

Otaru_20160806_143642

山側海側それぞれの玄関外に、灰皿のある喫煙場所があるようですので、喫煙はそちらで。


ということで、小樽市内の市場が、ちょっと苦戦してる中、南樽市場はいつもたくさんのお客さんで賑わっているのですが、それでも南樽市場内にも空き店舗のスペースがいくつかあるんですよね。

今回は広めの店舗スペースを休憩所としたわけですが、左右の通路をぶち抜いた感じなので、何だか見通しが良くなって、開放感があります。

それに、結構、買い物の荷物を置いて、一休みという方も多いと思うので、休憩所が広がったのは便利になったかもしれませんね。

【関連記事】
南樽市場のお気に入りの「肉のマルヤス南樽店」が8月いっぱいで閉店するって!?
そういえば、南樽市場の海側入口ってどんな外観だったっけ?
南樽市場内にある食堂「あそ」で南樽ラーメンを食べてきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月19日 (金)

入船市場と妙見市場の様子が店舗移転もあってちょっと心配

Otaru_20160812_151230


最近、市場からのお店の移転情報を2つ、このブログで掲載しました。

ひとつは、入船市場の亀山精肉店で、9月上旬で閉店して、9月中旬に南樽市場に移転するということです。
入船市場の「亀山精肉店」が9月中旬に南樽市場に移転オープンするって!?

もうひとつは、妙見市場にあったパン屋さん「妙見マルシェ」が、名前も改め、マル谷(○の中に「谷」)製パンとして、緑町の以前「洋菓子あらや」があった建物に、こちらは既に8月9日(火)に移転オープンしてます。
妙見マルシェ改めマル谷製パンが緑町の旧洋菓子あらやの建物に移転オープン

ここで気になるのが、それぞれの元の市場の状況なんですよね。


入船市場の様子

Otaru_20160806_155949

入船市場は、数年前までは市場内はぐるりとお店が入っていたと思うのですが、その後お店は少しずつ減っていて、現在、営業しているのは確か9店舗です。

しかも、魚の干物が安くて美味しい、お気に入りの千葉商店は休業しているので、実質営業しているのは8店舗なんですよね(2016年8月現在)。

Otaru_20160806_155632

これで、亀山精肉店が移転すると7店舗となって、さらには入船市場から肉屋さんがなくなってしまうんですよね。

う〜ん、これでは入船市場もだいぶ寂しくなってしまいます。個人的には、「酒田商店」のお惣菜とか美味しくて好きなんですが…

Otaru_20160806_155802

ちなみに、入船市場は、大正時代に繊維問屋が軒を並べる地区に、自然発生的にできた市場だそうです(参照:「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編)。


妙見市場の様子

Otaru_20160812_151544_hdr

そして、もうひとつの妙見市場ですが、とても人気のあったパン屋さん「妙見マルシェ」が、7月で妙見市場での営業を終了し、名前をマル谷製パンとして、単独店舗として緑町に移転オープンしました。

そちらはとても楽しみなのですが、妙見市場はというと、現在は鮮魚、干物、惣菜をそれぞれ扱う3店舗にまで減ってしまっているようです。パン屋さん目当てで妙見市場に行かれていた方も多いと思うので、この状況はかなり厳しいですよね。

私も時々妙見市場には行くのですが、正直、行き慣れた人でないと、空きスペースの多い市場内を歩くのは、ちょっと勇気がいります。

Otaru_20160812_151243

ちなみに、妙見市場は、川の上に建っている外観のカマボコ型が特徴の市場なんですが、戦後、於古発川(おこばちがわ。この辺りからは妙見川と呼ばれます)の川べりに露店を開いたのが始まりとのことで、その後、立ち退きを求められた際に、川の上に建物を建てたのだそうです。

Otaru_20160812_151230

昭和37年(1962年)に洪水で建物が流されるという災難があった後、昭和39年(1964年)に現在のカマボコ型の建物ができたそうで(参照:「小樽散歩案内」発行:有限会社ウィルダネス)、当初はA・B・C棟と3棟あったのですが、その後、2012年にA・B棟が解体され、現在は山側にあったC棟のみで営業してます。

もちろん、当初は店舗がびっしり入っていて、活気があったそうですが、現在は、う〜ん、かなり厳しい状況ですよね。

そういえば、妙見市場は小樽市のHPでも出店者を募集してますね。
小樽市ホームページに妙見市場と産業会館の出店者募集案内が掲載されてました


おわりに

ということで、ちょっと心配な入船市場と妙見市場の様子についてでした。

一市民としては、買い物に行って応援するくらいしかできないのですが、何とか賑わいを取り戻せるといいのですが…

【関連記事】
入船市場の干物が並ぶ魚屋さん「千葉商店」
入船市場のお惣菜のお店「酒田商店」

妙見市場内のパン屋さん「妙見マルシェ」のクロワッサンが美味しい。もちろん他のパンも【追記:移転情報】
妙見市場で妙見マルシェのクロワッサンを片手に一休み
妙見市場の「歳末大放出祭」
妙見市場A・B棟の解体工事
妙見市場とパン屋さん


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

入船市場の「亀山精肉店」が9月中旬に南樽市場に移転オープンするって!?

Otaru_20160806_155949


小樽には市場が何軒かあるのですが、時々行くのが入船市場です。

その際、よく寄るのが亀山精肉店
まあ、だいたい買うものは決まってるんですがね。

Otaru_20160806_155714

その入船市場の亀山精肉店が、9月上旬で閉店し、南樽市場に移転するという貼り紙がありました。

Otaru_20160806_155549

移転オープンは9月中旬とのことです。

実は、南樽市場では、8月いっぱいで、肉屋さんの「肉のマルヤス南樽店」が閉店するんですよね。
※こちらの記事をどうぞ。→南樽市場のお気に入りの「肉のマルヤス南樽店」が8月いっぱいで閉店するって!?

詳細は未確認ですが、聞いた話では、どうやら、その後に亀山精肉店が入るということのようです。

それで、最近ちょっと気になっているのが、入船市場のお店が減ってるんですよね。

Otaru_20160806_155802

亀山精肉店がなくなると、入船市場にはお肉屋さんがなくなるし、現在、魚の干物が安くて美味しい、お気に入りの千葉商店も休業してます(2016年8月6日現在)。

入船市場の様子が寂しくなってきて、ちょっと心配です。

Otaru_20160806_155827

ということで、入船市場の亀山精肉店の移転のニュースでした。

【関連記事】
入船市場の干物が並ぶ魚屋さん「千葉商店」
入船市場のお惣菜のお店「酒田商店」


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

南樽市場のお気に入りの「肉のマルヤス南樽店」が8月いっぱいで閉店するって!?

Otaru_20160625_141704


肉を買うときのお店って、だいたい決まってますよね?

スーパーには精肉売り場があって、市場には肉屋さんが入ってるわけですが、我が家は作る料理や肉の部位によって(そしてもちろんセール状況によって)、だいたい決まった数カ所で購入してます。

ただ、その中でも、特にお気に入りの肉屋さんが、南樽市場の「肉のマルヤス南樽店」です。

Otaru_20160806_144549

が、しかし!
その肉のマルヤス南樽店が、なんと8月いっぱいで閉店してしまうというではないですか。

Otaru_20160806_144437

昭和30年以来、3代にわたって60年もの間、営業してきたんですね。

個人的に、この閉店はかなりショックなんです。

南樽市場はほぼ毎週、買い物に行くのですが、肉のマルヤス南樽店は、本当にお気に入りの肉屋さんなんです。

例えばハンバーグ用の合い挽き肉や、たまに気合いを入れて作るスペアリブ、豚タン(ブロック)、お店オリジナルの豚カルビ丼用や豚みそ漬けなどの漬け込み肉にローストビーフなど、必ずこのお店で買う肉が、結構あるんですよね。

※姉妹ブログの「小樽で家庭料理」では、こんな記事を書いてます。
骨から肉がホロッと外れる「スペアリブのビール煮」: 小樽で家庭料理
(こちらが、そのスペアリブのビール煮)
Otaru_20160306_193046r

いや〜、正直、肉のマルヤス南樽店閉店後は、どうしようかと考えてしまいます。

ということで、今回は、個人的に動揺を隠せない、肉のマルヤス南樽店閉店のニュースでした。

実は、この後には別の肉屋さんが入るという情報もあるのですが、それについてはまた別途。
今はただただショックです。

【関連記事】
そういえば、南樽市場の海側入口ってどんな外観だったっけ?
南樽市場内にある食堂「あそ」で南樽ラーメンを食べてきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌