イベント

2018年6月19日 (火)

小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)が2018年度の今年も夏季公開中です(9月9日まで)

Otaru_20180615_141303


2018年度の今年も、小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)が夏季公開中です。

期間は5月27日(日)〜9月9日(日)までで、基本の公開時間は9:00〜17:30ですが、夜間に催事が行われている場合は、その催事終了時間までとなります。

小樽市能楽堂見学は、公開期間中は基本無料です(残り期間の夜間に有料催事が数回予定されています)。
※能楽堂の催事については、こちらを参考に。
小樽市能楽堂夏季公開 | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
小樽市公会堂

Otaru_20180529_154557

旧岡崎家能舞台と呼ばれるこの小樽市能楽堂は、小樽市指定歴史的建造物でもあって、小樽公園の北側の市民会館のすぐ近くに建つ、そちらも小樽市指定歴史的建造物の小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)に隣接して建っているんですよね。

(行った日は車が正面に止まっていたので…)
Otaru_20180615_141308

(過去の写真から)
Otaru_20170819_113501r

ただ、正面の公会堂から、奥に建つ能楽堂は見ることできません。

公会堂の正面玄関から入って、すぐ左の階段を下って行くと、その先に能舞台があります(能舞台には上がれません)。

Otaru_20180615_141343

Otaru_20180615_141405

Otaru_20180615_141617

Otaru_20180615_141634

大正15年(1926年)建築の旧岡崎家能舞台について、小樽市HP内に建物概要が記載されているので引用させてもらいます。

荒物雑貨商として財をなした岡崎謙が、大正15年、入船町の自宅中庭に建てたもので、後に市に寄贈され、昭和36年、公会堂隣接の現在地に移されました。 檜の舞台をはじめ、要所には佐渡産神代杉(じんだいすぎ)が用いられ、格式にのっとった能舞台で東北以北唯一のものといわれています。 鏡板の老松、唐獅子、若竹は狩野派17代秉信(もちのぶ)が描いたものです。 大正15年1月舞台開きを皮切りに、芸道研さんのため中央から再三家元を招いて能楽を開催したといわれます。
小樽市 :旧小樽区公会堂・旧岡崎家能舞台

伺った話では、この能舞台を移築する際に、後ろの控え室(楽屋)がない状態で移築されてしまい、その点で正式な能楽堂とは呼べないそうで、そういう意味で“能舞台”ということになるそうです。

現在、この能舞台は実際に能や狂言に利用されています。

Otaru_20180615_141801

Otaru_20180615_141808

ということで、夏季公開中の歴史駅建造物の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)ですが、建物としても、とても歴史を感じさせてくれるものなので、気になった方は、この一般公開の期間中に見に行ってみてはいかがでしょうか。

※小樽市能楽堂については、小樽市の公会堂のサイト内にも説明が記載されています。
小樽市公会堂 [能楽堂について]

【関連記事】
※昨年の小樽市能楽堂見学時の記事です。
今年も夏季公開中の指定歴史的建造物の小樽市能楽堂(旧岡崎家能舞台)に行ってきました(9月18日まで)

※過去の公会堂に関する記事です。
小樽市公会堂(旧小樽区公会堂)と紅葉


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

祝津の前浜で開催中の「第10回おたる祝津にしん群来祭り」に行ってきました。6月2日・3日の日程で開催

Otaru_20180602_140905


第10回おたる祝津にしん群来祭り」が、今年も祝津の前浜をメイン会場に6月2日(土)・3日(日)の2日間の日程で開催されるということで、初日の2日にその賑わいの様子を見に行ってきました。

毎年大盛況のこのイベントも、今年で10回目を迎えるんですね。

メイン会場での開催時間は、各日午前10時~午後4時頃までとなっていて、私が行ったのは午後2時過ぎです。

イベント開催中は、おたる水族館の広い駐車場が無料で利用できるので便利です。

で、会場の祝津の前浜に着くと。

Otaru_20180602_141735

Otaru_20180602_141000

今年も賑わってますね〜!!

Otaru_20180602_141431

おたる祝津にしん群来祭りといえば、目玉イベントのにしん焼き1,000尾の無料提供(各日500尾)ですね。

今年も実施されていて、整理券が12:00~/13:00〜/14:00~/15:00~配布されるんですが、行った時は配布後で皆さん焼いている最中でした。

Otaru_20180602_141100

私は食べてませんが、焼き台で自分でニシンを焼くスタイルなんですよね(食材持ち込み、ニシン持ち帰りは禁止です)。

昨年からチャリティーという形で開催されていて、寄付金は公益社団法人日本水難救済会(青い羽根募金)へ届けるそうです。

別の場所では有料で生ニシンの販売もしているので、並ぶのが苦手な方はそれを買って、自分で焼いても食べられます。

その他にも、大人も子供も楽しめるものなど、様々な企画が行われています(事前予約が必要なものもあります)。ただ、人数限定などの人気企画は、やっぱりすぐに売り切れてしまっているようでした。

2日のみ開催の10周年記念企画として「ハズレなし!大漁福引き大会!!」は完売。

Otaru_20180602_140943

同じく10周年記念企画で、先着50名(500円)「小樽産塩かずの子つかみ取り」もあっという間に整理券がなくなったとのことで、こちらは、皆さんものすごい量をつかみ取っていて、係りの方たちも悲鳴をあげるほどの大盛り上がりでした。。

Otaru_20180602_1418141

また、会場ではニシンの他にも美味しいものが色々販売されているので、会場内はいい匂いが立ち込めていましたよ。

Otaru_20180602_142355

Otaru_20180602_141024

人気メニューのプチ小樽群来太郎丼(300円)。
Otaru_20180602_142342

その他、イベント詳細については、おたる祝津たなげの会のサイト内に掲載されていますので、そちらで確認してください。
「おたる祝津にしん群来祭り」の詳細です

(ホタテ釣り)
Otaru_20180602_141536

(手のひらカレイ詰め放題)
Otaru_20180602_141530

祝津には今も歴史的建造物でもある古いニシン漁場建築が残っていますが、イベントの2日間だけ、高台に建つ「小樽市鰊御殿」(旧田中家住宅)と茨木家中出張番屋が無料公開されています。

北海道有形文化財の「小樽市鰊御殿」(旧田中家住宅)。
Otaru_20180602_145059

小樽市都市景観賞受賞の「茨木家中出張番屋」。
Otaru_20180602_150728

そういえば、今年は小樽市指定歴史的建造物の旧白鳥家番屋は公開されていませんでした。
Otaru_20180602_145831


ということで、「第10回おたる祝津にしん群来祭り」の様子でした。

Otaru_20180602_1428051

この日は会場についてしばらくはいい天気だったのですが、その後雲が出てきて、雨も降ってきちゃったんですよね。そこで会場を後にしたのですが、最終日の3日(日)は終日晴れるといいですね(天気予報は晴れ!!)。

(そしてやっぱり、祝津の海は綺麗でした)
Otaru_20180602_141354

【関連記事】
※昨年の様子です。
「第9回おたる祝津にしん群来祭り」に行ってきたのでその様子をちょっとだけ

※こちらが今回の告知記事です。
「第10回おたる祝津にしん群来祭り」が今年も祝津の前浜で6月2日(土)・3日(日)に開催されます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月31日 (木)

「第10回おたる祝津にしん群来祭り」が今年も祝津の前浜で6月2日(土)・3日(日)に開催されます

Otaru_20180429_155619


イベントのお知らせ記事です。

今年で10回目を迎える「おたる祝津にしん群来祭り」が、6月2日(土)・3日(日)の2日間の日程で、いつもの祝津の前浜をメイン会場に開催されます。

メイン会場での開催時間は、各日午前10時~午後4時頃までとなっています。

(昨年の様子)
Otaru_20170603_123420

おたる祝津にしん群来祭りといえば、目玉イベントのにしん焼き1,000尾の無料提供(各日500尾)が今年も実施されます。

整理券が12:00~/13:00〜/14:00~/15:00~と、それぞれでメイン会場で配布され、メイン会場に焼台が置いてあって、自分でニシンを焼いて食べるんですよね(食材持ち込み、ニシン持ち帰りは禁止です)。

Otaru_20170603_122009

昨年からチャリティーという形で開催されていて、寄付金は公益社団法人日本水難救済会(青い羽根募金)へ届けるそうです。

また、祝津海産市場即売会、浜の石投げ選手権などといったお馴染みの企画のほか、10周年記念企画として「ハズレなし!大漁福引き大会!!」や「小樽産塩かずの子つかみ取り」などが企画されていて、今年も盛りだくさんのようですよ。

そうそう、人気メニューのプチ小樽群来太郎丼(300円)も10周年記念でボリュームアップしてるようです。

祝津といえば、今も歴史的建造物でもある古いニシン漁場建築が残っていますが、イベント期間中、高台の小樽市鰊御殿(田中家番屋)や茨木家中出張番屋が無料公開されます。

その他、イベント内容については、おたる祝津たなげの会のサイト内に掲載されています。
「おたる祝津にしん群来祭り」の詳細です

駐車場については、おたる水族館の広い駐車場が、イベント開催中は無料になるのが嬉しいですね。

今のところ、週末の天気は良さそうですね。美味しいイベントと一緒に、綺麗な祝津の海も楽しめるといいですね。

※参考
・2018年5月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2018年5月29日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(祝津にしん群来祭り実行委員長 山岸篤史さん)
第10回おたる祝津にしん群来祭り…(6/2・6/3) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

【関連記事】
「第9回おたる祝津にしん群来祭り」に行ってきたのでその様子をちょっとだけ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月27日 (日)

「第14回おたる春祭り」であんかけ焼そばと政寿司まかないカレーを食べてきた〜小樽市街地商店街で5月25〜27日で開催中

Otaru_20180526_134914


小樽市街地の商店街を会場にして、「第14回おたる春祭り」が5月25日(金)〜27日(日)の3日間の日程で開催されています。

すっかりこの時期恒例となったこのイベントですが、2日目の26日(土)にちょっとだ様子を見に行ってきました。

「小樽の春、食べちゃいました」のキャッチコピーで、小樽市街地の商店街を会場に、グルメ関連やステージイベントなどさなざまな企画が用意されています。

まずは向かったのは、特設ステージが設置されている花園銀座商店街で、ここは車両通行止めとなり、13時からは“商店街おいしい祭り”として飲食関連のお店と道路には椅子とテーブルが設置されて、ステージイベントに耳を傾けながら、飲み食いできるようになってます。

(なんだか歩行者天国の花園銀座商店街って懐かしい…)
Otaru_20180526_132439

Otaru_20180526_132532

Otaru_20180526_132554

実は、13時半頃に花園銀座商店街に行ったのですが、遅めのお昼をここで食べようと思って行きました。

で、食べてきたのが“売切御免”の政寿司特製まかないカレーと小樽あんかけ焼そば!!

こちらの政寿司特製まかないカレーは、これで500円。

Otaru_20180526_132943

小さめのイカの輪切りやゲソがたくさん入っていて、とっても美味しい!(まろやかな中に、ん?なんかちょっとピリッとくる!?)

そして、こちらが今話題の小樽あんかけ焼そば

Otaru_20180526_133152

先日、テレビで放送されて、あちこちのお店が混雑してしているという小樽あんかけ焼そばが400円で食べられます。

調理しているのは、「龍鳳」直伝という(看板に書いてました)NPO法人EgaOの皆さん(おそらく、小樽商大の学生たちかな!?)。

Otaru_20180526_132750

もちろん、お店に比べると量はやや少なめですが、この値段で十分なボリューム、そして味です。

行った時は、スデージではアカペラコンサートが行われていて、その歌声を聞きながら、どちらも美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

最終日27日(日)は、ここ花園銀座商店街での“商店街おいしい祭り”は、13:00からの開催予定とのことです。

Otaru_20180526_132645

その他、主なイベントでは"お食べるトクトクきっぷ"(1枚2,500円で、参加の寿司1店+麺類・焼肉・スイーツなどから2店で食事ができる)や、最終日にはカラオケ大会や、11:30からはYOSAKOIソーランパレード・演舞なんかも行われます。

各企画の開催時間や場所など、小樽観光協会のサイト内で内容が紹介されていますので、詳細ははそちらで。
第14回おたる春祭り…(5/25~5/27) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

会場となっている参加商店街は、花園銀座商店街のほか、花園3丁目商店会・公園通り商店街・サンモール一番街商店街・小樽駅前第一ビル商店会・都通り商店街・梁川商店街、そして少し離れて堺町通り商店街となっています。

が、う〜ん、実際に出かけてみると、特設ステージが設置されている花園銀座商店街はイベントとしての賑わいを見せていましたが、それ以外の商店街は、普段とあまり変化はなかったかも…

ただ、都通り商店街にも特設会場があって、そちらでは9月に開催される「小樽アニメパーティー」とのコラボイベントが行われていました。
※コラボイベント詳細は小樽アニメパーティーのサイトで:おたる春祭り×小樽アニメパーティー コラボイベント | 小樽アニメパーティー

Otaru_20180526_135950

街中で見かけたコスプレイヤーさんたちは、このコラボイベントの参加者の皆さんですね。


ということで、「第14回おたる春祭り」も残すは最終日の27日(日)のみです。
この日は天気はよかったのですが、まだまだ外にいると肌寒いので、お出かけの際は、少し暖かな服装がいいかも。

※参考ニュース
小樽市 :平成30年度 小樽市内商店街のお買い得・イベント情報
・2018年5月22日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
※今回の告知記事
「第14回おたる春祭り」が小樽市街地商店街で5月25〜27日の日程で開催されます

※昨年の告知記事
「第13回おたる春祭り」が小樽の市街地商店街で5月26〜28日の日程で開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月25日 (金)

「第14回おたる春祭り」が小樽市街地商店街で5月25〜27日の日程で開催されます

お知らせです。

すっかりこの時期恒例になった「第14回おたる春祭り」が、今年(2018年)も5月25日(金)・26日(土)・27日(日)の3日間の日程で開催されます。

(23日朝刊にチラシが入ってました)
Otaru_20180523_125802

「小樽の春、食べちゃいました」のキャッチコピーで開催されるこのイベントは、小樽市街地の商店街を会場に、グルメ関連やステージイベントなどさなざまな企画が用意されています。

特設ステージが花園銀座商店街に設置されて、そのほかの参加商店街は、花園3丁目商店会・公園通り商店街・サンモール一番街商店街・小樽駅前第一ビル商店会・都通り商店街・梁川商店街、そしてちょっと離れて堺町通り商店街です。

期間中の主なイベントとしては、"お食べるトクトクきっぷ"(1枚2,500円で、参加の寿司1店+麺類・焼肉・スイーツなどから2店で食事ができる)や商店街おいしい祭り(花園銀座商店街)、YOSAKOIソーランパレード・演舞(27日11:30〜)、着物ショーや歌謡ショーもあるようです。

他にも色々と企画されています。各企画の開催時間や場所など、小樽観光協会のサイト内で内容が紹介されていますので、詳細ははそちらで。
第14回おたる春祭り…(5/25~5/27) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

また、9月に開催される「小樽アニメパーティー」とのコラボイベントも企画されているようですよ。
※そちらの詳細は小樽アニメパーティーのサイトで:おたる春祭り×小樽アニメパーティー コラボイベント | 小樽アニメパーティー

ということで、「第14回おたる春祭り」のお知らせでしたが、この週末は小樽の商店街が賑わいそうです。晴れるといいですね。

※参考ニュース
小樽市 :平成30年度 小樽市内商店街のお買い得・イベント情報
・2018年5月22日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
「第13回おたる春祭り」が小樽の市街地商店街で5月26〜28日の日程で開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月23日 (水)

小樽市指定歴史的建造物「旧遠藤又兵衛邸」が今年(2018年)も期間限定で一般公開中(5月28日まで)

Otaru_20180522_143718


富岡町にある小樽市指定歴史的建造物の「旧遠藤又兵衛邸」が、今年(2018年度)も一般公開されています。

今年の公開期間は2018年5月20日(日)~5月27日(日)まで。
公開時間は10:00~15:00までと、終了時間がちょっと早いので注意です。無料開放です。

旧遠藤又兵衛邸は、現在は立正佼成会小樽教会の所有で、毎年、この時期に一般公開してくれるんですよね。

場所は、小樽警察署前の坂をもうちょっと上った右手に建っていて、道路沿いの長く続く立派な塀と立派な門が目に止まります。

Otaru_20180522_144956

Otaru_20180522_143819

Otaru_20180522_143700


旧遠藤又兵衛邸について

Otaru_20180522_143923

この建物は、明治35年(1902年)建築の海産物卸商で富を築いた遠藤又兵衛の邸宅で、小樽市の歴史的建造物に指定されているほか、平成7年には小樽市都市景観賞も受賞しています。

小樽市のHP内に建物概要の記載があるので、いつものように引用させていただきます。

この建物は、海産物卸商で富を築いた遠藤又兵衛の邸宅でした。 邸宅は、小樽港を望む高台にあり、木造瓦葺き下見板張りの武家屋敷を思わせる豪壮なつくりで、和風を基調としながらも玄関脇の応接間に大きな三面のベイウィンドウを付けた和洋折衷住宅です。 また、重厚な門・塀には鷹などの飾り瓦が付き、全体的に良く調和のとれた建物といえます。 平成7年、小樽市都市景観賞を受賞しています。
小樽市 :旧遠藤又兵衛邸

和洋折衷ということで、まずは和風の立派な門をくぐると、玄関脇の三面の窓がついて張り出た、白い下見板張りの洋室(応接間)が目に止まりますね。

Otaru_20180522_144809

Otaru_20180522_144825

Otaru_20180522_144836

美しい庭園に囲まれたその豪邸は、「小樽御殿」の名で知られる邸宅だったそうで、遠藤又兵衛の財力を使って、本州から木材を取り寄せ、釘を使わずに3年の歳月をかけて作られた和洋折衷の大豪邸だったとのことです。

ただし、現在残っているのは、かつての建物のうちの正面部分のみになっています。

以前はさらに裏に広間や蔵があったそうで、建物内に入ると模型が展示されているので、それで当時の様子を伺うことができます。

Otaru_20180522_144046

毎年、見学時にこの邸宅と遠藤又兵衛について書かれた資料をいただけるのですが、今年はそのパンフレットが新しくなり、表記も日本語・英語・中国語で書かれてます。

Otaru_20180522_144154

Otaru_20180522_144451
あっ?スタンプがあったんだ。押し忘れた…

Otaru_20180522_144445

では、旧遠藤又兵衛邸の建物内部の様子を掲載していきますね。


旧遠藤又兵衛邸の建物内部

Otaru_20180522_144024

Otaru_20180522_144223

Otaru_20180522_144246

Otaru_20180522_144256

この応接間が、外観が印象的だった洋室部分。
Otaru_20180522_144326

Otaru_20180522_144348

Otaru_20180522_144541

Otaru_20180522_144119

以上が建物内部の様子でした。

それと、玄関左手は小ホールになっていて、今回はそこで教会の写真や資料を展示しています。

Otaru_20180522_144843


おわりに

ということで、一般公開中の歴史的建造物「旧遠藤又兵衛邸」の様子でした。興味のある方は、見学に行ってみてはいかがでしょうか。

一般公開は5月27日(日)までで、時間が15時までと早いので注意です。

Otaru_20180522_144918

※参考ニュース
旧遠藤又兵衛邸 無料公開始まる (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
「旧遠藤又兵衛邸」一般公開…(5/20~5/27)   | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

【関連記事】
※昨年の一般公開時の記事です。
今年も小樽市指定歴史的建造物の「旧遠藤又兵衛邸」が一般公開中です(5月28日まで)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年5月13日 (日)

「てみや春うたライブ2018」に行ってきました。小樽稲荷神社境内で5月12日・13日の2日間で開催

Otaru_20180512_142057


手宮公園のすぐ近くにある小樽稲荷神社境内で、「てみや春うたライブ」というライブ・イベントが5月12日(土)・13日(日)の2日間で開催されるということで、初日の12日に行ってきました。

この「てみや春うたライブ」は、2007年に始まった「手宮夜桜ライブ」を前身とし、昨年から「てみや春うたライブ」として開催しているライブ・イベントですが(なので今年で2回目)、神社の境内での開催というのがユニークですね。

イベントは、12日(土)が14:00~19:00、13日(日)が11:00~19:00の開催予定となっていて、観覧は無料です。

会場の小樽稲荷神社は、手宮公園に向かうかなり急な励ましの坂をほぼ上りきったところにある、とても趣のある神社です。

Otaru_20180512_141928

(振り返って見た、ここが励ましの坂)
Otaru_20180512_141934

Otaru_20180512_142026

周囲を木々に囲まれているのですが、ここの木々は小樽市から保全樹林として指定されているんですよね。

Otaru_20180512_142129

行ったのは初日の始まってすぐの時間で、オープニングは「住吉神社伶人会」による厳かな雅楽でした。

Otaru_20180512_142143

ライブには様々なミュージシャンが出演するようで、出演者のライブスケージュールは、このイベントのFacebookページ「てみや春うたライブ - ホーム」や小樽観光協会の記事「てみや春うたライブ…小樽稲荷神社境内(5/12・13) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」」で確認できます。

Otaru_20180512_145711

オープニングの後の出演は、小樽を拠点に活躍するミュージシャンの花男(はなお)さんだったのですが、実は花男さんがこのイベント「てみや春うたライブ」のテーマソング作成したそうなんです。

タイトルは「坂道」という曲で、実際にこの日のライブで歌ってくれたのですが、小樽への想いがこもった、とても素敵な歌でした。今後、あちこちで聴かれるようになるといいですね。

会場には、飲み物や食べ物も販売していて、子供たちも喜ぶお祭りのような露店も出てましたし、皆さん、のんびりと音楽を楽しんでいました。

Otaru_20180512_150627

この日は天気がよかったので、野外でのライブはとても気持ちがよかったのですが、2日目の13日(日)は、今のところ雨の予報なんですよね。せめて天気がもってくれるといいのですが。

※参考
てみや春うたライブ - ホーム(Facebookページ)
花男オフィシャルホームページ

【関連記事】
小樽稲荷神社境内で「てみや春うたライブ2018」が5月12日・13日に開催
趣きある小樽稲荷神社の林は小樽市指定保全樹林〜紅葉にはもうちょっとでした


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

小樽稲荷神社境内で「てみや春うたライブ2018」が5月12日・13日に開催

Otaru_20171021_151942r


つい先日、桜を見に手宮公園に行きましたが、その手宮公園のすぐ近くにある小樽稲荷神社境内で「てみや春うたライブ」というイベントが開催されます。

小樽観光協会のサイト内の記事「てみや春うたライブ…小樽稲荷神社境内(5/12・13) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」」で紹介されていました。

第2回てみや春うたライブ2018
【開催日時】
5月12日(土)14:00~19:00 予定
5月13日(日)11:00~19:00 予定

観覧は無料で、出演者のライブスケージュールは、先ほどの小樽観光協会の記事やFacebookページ「てみや春うたライブ - ホーム」で確認できます。

このイベントの前身は2007年に始まった「手宮夜桜ライブ」で、昨年から「てみや春うたライブ」として開催しているようですが、神社の境内でのライブイベントというのがユニークですね。

会場の小樽稲荷神社は、手宮公園に向かう励ましの坂をほぼ上りきったところにある、周囲を小樽市から保全樹林として指定されている木々に囲まれた、とても趣ある神社です。

主催者側から、まだまだ寒そうなので暖かな服装でということと、会場に駐車場はないので公共の交通機関を利用してくださいというアナウンスが出ています。

会場では飲食物も販売されるということで、天気が良いといいですね。手宮公園の桜はまだ残っているかな。

【関連記事】
※下記記事内で手宮夜桜ライブに触れてました。
小樽桜巡り2016〜ようやく晴れました/手宮緑化植物園・手宮公園(5月7日の様子)

(2016年の手宮夜桜ライブの写真。まだ昼ですが)
Otaru_20160507_142202r


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

OTARU de BAZAR(オタル de バザール)に行ってきました。小樽芸術村の中庭で5月3日〜5日で開催

Otaru_20180504_162406


ゴールデンウィーク中の5月3日(木)・4日(金)・5日(土)の祝日3日間の日程で、面白そうなイベント「OTARU de BAZAR(オタル de バザール)」が、小樽芸術村・中庭で開催しているということで、4日の夕方に、ちょっとだけ様子を見に行ってきました。


OTARU de BAZAR(オタル de バザール)について

Otaru_20180504_163244

“食ベル、集マル、ココロオドル”のキャッチコピーで、会場の小樽芸術村・中庭を小樽デパートメントエリア、FOODエリア、ART&MUSICエリア、WORK SHOPエリア、PICNICエリアに分けて、小樽のほか後志、札幌の雑貨店や飲食店が30店ほど出店し、時間によってはコンサートやショーも行われます。

開催時間は10:30~17:00で、主催は小樽芸術村を運営するニトリです。

実は、開催前は天気が心配されていて、初日の5月3日も天気が崩れる予報だったのですが、そんなに荒れることもなく、出かけた4日も曇りの予報ながら太陽も出て、青空も見える気持ちのよい天気で何よりでした。


OTARU de BAZAR(オタル de バザール)の様子

Otaru_20180504_164519

会場の小樽芸術村・中庭は、普段は憩いのスペース的な広場で、色内大通り沿いの旧三井銀行小樽支店の横に広がってます。

Otaru_20180504_162406

色内大通り側から会場に入ると、通路沿いに雑貨のお店が並び、その先では、芝生の広場を囲むようにお店が並んでました。

Otaru_20180504_162420

Otaru_20180504_162533

通路沿いと芝生の広場に出て右側が、小樽デパートメントエリアで雑貨関連のお店が並び、左側がFOODエリアです。

Otaru_20180504_162639

Otaru_20180504_162628

広場を出て建物横の通路沿いは、建物側がWORK SHOPエリアで、時間によって色々と行われているようで、その向かい側は先ほどのFOODエリアに並んでいたお店の裏側になり、こちら側からも購入できるんですね。

(左がWORK SHOPエリアで、右がFOODエリアの反対側)
Otaru_20180504_163144

ちなみに、ちょっと疲れて気温も下がってきていたので、札幌のカフェ森彦(MORIHICO.)(行ったことはなく、よく知らないのですが)の雪のおしるこなるものを初めていただいてみました。

Otaru_20180504_163519

Otaru_20180504_163431

ん〜、優しい甘さで白玉も美味しい。

Otaru_20180504_163453

広場では、ちょうどこの時はマジックショーが行われていて、皆さん、楽しんでましたよ。

Otaru_20180504_163556

この日は天気が良かったので、芝生に座っていた方もいましたし、設置してあるベンチや、周囲に用意されたテーブル席でリラックスした時間を過ごしているようでした。

Otaru_20180504_162922

そうそう、このブログでもPRさせてもらった、「銭函マーケット+小樽人」が小樽デパートメントエリアに出店してました。

Otaru_20180504_162811

※詳しくはこちらの記事をどうぞ。
ちょっとレアな「銭函の秘密マップメモ」を「オタル de バザール」で手に入れるチャンス【PR】

ごめんなさい、商品は購入しなかったのですが、銭函の秘密マップメモのプレゼントのお知らせがありました。

Otaru_20180504_164252


おわりに

ということで、このオタル de バザールのイベントと会場の雰囲気は、なんだかとってものんびりできる素敵な空間になっていて、個人的にはふらっと立ち寄って、ちょっとゆったり過ごせるこんなイベントが毎週末にあるといいな〜、なんて思わせる空間でした。

残すは最終日の5日のみです。天気が良いといいですね。

※最終日のエリアスケジュールは、小樽芸術村のサイト内のこちらに掲載されています。
OTARU de BAZAR(オタル de バザール)初日!! | 小樽芸術村

※出店・出演情報など詳しくは、小樽芸術村のサイト内のこちらで。
OTARU de BAZAR(オタル de バザール)開催します!! | 小樽芸術村

※会場の小樽芸術村・中庭への入場は無料ですが、美術館に入館する場合は別途入館料が必要です。小樽芸術村の利用案内・アクセスはこちら。
ご利用案内・アクセス | 小樽芸術村

【関連記事】
OTARU de BAZAR(オタル de バザール)が小樽芸術村の中庭でGW中の5月3日〜5日に開催されます
ちょっとレアな「銭函の秘密マップメモ」を「オタル de バザール」で手に入れるチャンス【PR】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

ちょっとレアな「銭函の秘密マップメモ」を「オタル de バザール」で手に入れるチャンス【PR】

Otaru_20180502_003530


銭函エリアを紹介する「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」(2018年2月発行)は、銭函エリアとして銭函・見晴・春香・張碓・星野・桂岡の6つの町について、イラストマップに加えてアクティビティやグルメにショップ情報などを写真付きで紹介するフリーマガジンです。

編集・制作・発行は、Webサイト「小樽人」と連携する「OTARU秘密マッププロジェクト」です。

マップについてはこのブログでも以前紹介したのですが(→銭函エリアの魅力と情報満載「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」が発行されてます)、このマップの関連グッズに、このような可愛いメモ帳があるんです。

銭函の秘密マップメモ!!

Otaru_20180502_003427

A5サイズのマップに対して、このメモ帳は半分のA6サイズで、表紙が同じイラストになってます。中の用紙は不要の履歴書を再利用しているそうで、数量限定で作成したそうですが、こちらのメモ帳は一般に配布してなくレアものですね。

この銭函の秘密マップメモを、実は私は小樽人運営メンバーの「OTARU秘密マッププロジェクト」の方から頂いたのですが、この度、この可愛いくてレアなメモ帳を手に入れるチャンスがあるそうです。

ということで、PRです!!


オタル de バザールで銭函の秘密マップメモを手に入れるチャンス

ゴールデンウィーク中の5月3日(木)・4日(金)・5日(土)の祝日3日間の日程で、このブログでも紹介した「OTARU de BAZAR(オタル de バザール)」というイベントが、小樽芸術村・中庭で開催されます(主催は小樽芸術村のニトリです)。

Otaru_20180422_175712

※小樽芸術村サイト内のお知らせはこちら:OTARU de BAZAR(オタル de バザール)開催します!! | 小樽芸術村

このイベント内での雑貨店などが集まる小樽デパートメントエリアに、「銭函マーケット+小樽人」が出店するそうです。

そこで、小樽人の商品を400円以上購入すると、先ほどの銭函の秘密マップメモを一冊プレゼントしてくれるそうです。1日30個限定とのことですよ。

小樽人の商品には、銭函名物のペーパークラフト(旧銭函駅・秘密のテトラ・ホッキ)や銭函マップのイラストを描かれた方のポストカード、ぶん公のイラストテープなどがあるそうなので、ちょっとのぞいてみてはいかがでしょうか。

※マップの連携ウェブサイト「小樽人」のお知らせはこちら。
『小樽人』、オタル de バザールに出店! 5/3・4・5は、小樽芸術村中庭へ – 秘密マップ


ということで、ちょっとPRを兼ねて、銭函の秘密マップメモを手に入れるチャンスについてのお知らせでした。

「OTARU de BAZAR(オタル de バザール)」は、面白そうなイベントなので、私も見にいってみようと思っているのですが、今のところ期間中に雨の予報が出ているので、天気がよくなるといいですね。

【関連記事】
銭函エリアの魅力と情報満載「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」が発行されてます
OTARU de BAZAR(オタル de バザール)が小樽芸術村の中庭でGW中の5月3日〜5日に開催されます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌