イベント

2018年2月19日 (月)

「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」が2月17日に開催され、今年も熱戦が繰り広げられました

Otaru_20180217_140034


この冬も毎日のように雪かきに追われているこちら小樽ですが、そんな厄介な雪かきをスポーツにして楽しんでしまおうというイベント「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」が、今年も2月17日(土)に開催されました。

メイン会場は、今年もおたるマリン広場(小樽港第3号埠頭多目的広場)ということで、その様子を見に行ってきました。

国際スポーツ雪かき選手権の実施主体は国際スポーツ雪かき選手権実行委員会で、主催は一般社団法人 日本スポーツ雪かき連盟です。

この大会のキャッチコピーは公式サイトによるとーーー

スポーツの力で高齢化に伴う除雪問題を解決し、地域の活力再興と交流促進を実現しよう!
spoyuki

ということで、毎年第1競技として午前中の行なっているのがボランティア雪かきで、今年は天神地区の高齢者居住地域の生活道路を雪かきされたんですよね。

そして、午後からおたるマリン広場で行われたのが、メイン競技のスノーショベリング&ムーブトライアル、つまり雪かきの競技です。

各チームのメンバーは4名(エントリーは8名で交代可能)で、与えられる道具はスコップ2本にスノーカート2台。あらかじめ用意された雪の塊をスコップで崩し、スノーカート(ママさんダンプ)で10メートル離れた地点に運ぶというタイムを競う競技です。

Otaru_20180217_134408

“国際スポーツ雪かき選手権”ということで、競技のルールもきっちり決められているんですよね(詳しくは公式サイトで:競技ルール

これが本当に盛り上がって、ガシガシと雪の塊を崩しながら懸命に雪を運ぶ姿に、見ている方も応援に熱がこもってくるんですよね。

Otaru_20180217_134228

Otaru_20180217_134247

Otaru_20180217_134255

Otaru_20180217_140006

“国際”選手権ということで、海外の方の参加者も見られましたよ。

参加チームによっては、ユニホームを揃えたり、コスチュームに趣向を凝らしているチームもあります。

Otaru_20180217_135858

Otaru_20180217_141043

この競技の後には、スノーマンコンテストという制限時間内に作る雪だるまのできを競う競技もあったのですが、この日はその前に会場を後にしました。

なので、すいません、競技結果の順位は確認してないのですが、それより何より、参加者の皆さん、本当に楽しそうでした。

Otaru_20180217_141328

ということで、熱戦が繰り広げられた「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」の様子でしたが、今年も見ていて楽しかったです。

そういえば、このイベントの日は毎年よく晴れているのではないでしょうかね。

※国際スポーツ雪かき選手権サイト:spoyuki

【関連記事】
雪かきをスポーツに!!「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」が今年も2月17日に開催
※昨年の様子です。
厄介な雪かきをスポーツに!?「第4回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2017」が今年も楽しく開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

おたる水族館で人気の「オタリア・イルカショー」を見てきたよ【動画あり】

Otaru_20180127_151750


1月下旬におたる水族館に行ってきました。

おたる水族館は平成29年12月16日(土)~平成30年2月25日(日)までは冬期営業期間中なんですが、人気の「オタリア・イルカショー」は冬の間も開催しています。

Otaru_20180127_144724

オタリア・イルカショーは、本館2階から一旦屋外に出た通路の先のイルカスタジアムで行われる約20分のショーですが、やっぱりおたる水族館にきたら、これを見ておかないと、ということでオタリア・イルカショーの様子です。


オタリアショー

まず、オタリアショーです。

Otaru_20180127_150054

オタリアショーには、「オタリアの小学校」と「お客様参加型のショー」、「オタリア2頭のショー」の3パターンあるそうですが、そのうちオタリアの小学校が行われました。

Otaru_20180127_150232

算数の授業や音楽の授業もやるんですが、先生役の飼育員さんとのやりとりが可笑しくて、オタリアのちょっととぼけた感じがなんとも可愛いんですよね。

(算数の時間)
Otaru_20180127_150545

Otaru_20180127_150731

Otaru_20180127_150758

(次は飛び込みだけど、できな〜い)
Otaru_20180127_150911

(飛び込み〜!)
Otaru_20180127_151007

(音楽の時間)
Otaru_20180127_151011

Otaru_20180127_151050

Otaru_20180127_151124

(最後のご挨拶)
Otaru_20180127_151148

Otaru_20180127_151150

※参照:オタリアショー | おたる水族館


イルカショー

続けて、イルカショーです。

Otaru_20180127_1514051

イルカショーの方も飼育員さんの合図で、息のあったダイビングなどを見せてくれるのですが、迫力あります。

Otaru_20180127_151415

Otaru_20180127_151612

Otaru_20180127_151705

Otaru_20180127_151750

Otaru_20180127_151852

イルカも賢いですね。そして、可愛いです。種類はバンドウイルカです。

Otaru_20180127_151922

(最後のご挨拶)
Otaru_20180127_152207

イルカショーは動画も撮ってきました。

※参照:イルカショー | おたる水族館


おわりに〜冬期営業について

ということで、おたる水族館で人気の「オタリア・イルカショー」の様子でした。

おたる水族館では、冬期営業期間中はペンギンの雪中さんぽやペリカンの館内ウォークなど、通常営業時とは違ったイベントを開催していたりもします。

ただ、今シーズンの冬期営業は2月25日(日)までなので、行こうと思っている方は注意しでください。

Otaru_20180127_111707r


※おたる水族館の今シーズンの冬期営業の基本情報です。
冬期営業期間:平成29年12月16日(土)~平成30年2月25日(日)
(期間中は無休)
営業時間:10:00~16:00 (最終入館15:30)
入館料金:大人(高校生以上)1,000円・小人(小中学生)400円・幼児(3歳以上)200円。団体料金等もあります。
※入館料金は通常営業期間よりも割安なんですよね。さらに、この期間だけは駐車場も無料です(通常営業期間は有料)
※海獣公園・遊園地は閉鎖しています。
※その他イベントなど詳しくはサイトで:2017-2018年 【冬期営業】のご案内  | おたる水族館

【関連記事】
冬季営業中のおたる水族館の「ペリカンの館内ウォーク」では目の前をペリカンが通り過ぎて行くよ【動画あり】
冬季営業中のおたる水族館の「ペンギンの雪中さんぽ」が可愛すぎた【動画あり】
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!
【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

「第9回冬の小樽がらす市」が2月9日〜11日の3日間の日程で運河プラザ3番庫で開催されました

Otaru_20180210_200854


第9回冬の小樽がらす市」が、2月9日(金)〜11日(日)までの3日間の日程で、運河プラザ3番庫で開催されました。

今年も小樽雪あかりの路の協賛イベントとして、スタート日を合わせての開催だったんですよね。

私も10日(土)に、雪あかりの路の見学に合わせて、がらす市の様子も見てきました。

Otaru_20180210_195907

開催場所の運河プラザ3番庫というのは、運河プラザに入って左手奥にイベントスペースです。

Otaru_20180210_200238

今年は小樽市内の12工房・ショップが出店して、ガラス作家によるガラス製品の展示販売をしていました。

Otaru_20180210_200847
(写真撮影可でした)

Otaru_20180210_200525

制作体験ブースも設けられます。

Otaru_20180210_200826

小樽はガラスの街としても知られていますが、それだけガラス製品を好きな方も多いのでしょうね。この日もたくさんの方が、様々なガラス製品に見入ってました。

今年もコンテストを行なっていました。

Otaru_20180210_200506

今年は、田中酒造協賛で日本酒・果実酒の「小樽美人」(6種類から)をイメージしたグラスをテーマに、市内14名のガラス作家が制作したグラスを展示していて、この中から来場者がお気に入りを投票して、グランプリを決定するというものです。

各作品に投票した方の中から抽選で1名に、その作品と「小樽美人」のセットがプレゼントされるということで、私も投票してきました。

Otaru_20180210_200744_2

また、会場内での500円以上の買い物や制作体験でスタンプ1個をもらえて、4つ集まると景品が当たるという抽選会も実際されていました。

Otaru_20180210_200844


ということで、第9回冬の小樽がらす市の様子でしたが、ちなみに、小樽がらす市は夏は野外の旧手宮線跡地で開催され、冬はここ運河プラザで開催されているんですよね。

※参照:小樽市 :第9回冬の小樽がらす市

【関連記事】
第9回冬の小樽がらす市が2月9日(金)〜11日(日)の3日間、運河プラザ3番庫で開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 9日 (金)

冬季営業中のおたる水族館の「ペリカンの館内ウォーク」では目の前をペリカンが通り過ぎて行くよ【動画あり】

Otaru_20180127_135131_1


1月の下旬に冬期営業期間中のおたる水族館に行ってきました。

観光客や地元民にも人気の祝津にあるおたる水族館は、冬の間は冬期営業期間として、通常営業時とはまた違ったイベントを開催しています。

そんな冬期のイベントのひとつ、「ペリカンの館内ウォーク」を見てきました。

このペリカンの館内ウォークは、本館1階で13:50から約10分だけ行われているのですが、ちょうどタイミングよく見ることができました。

おたる水族では、2羽のモモイロペリカンが通常営業期間は外の施設“ペリ館”にいるのが、冬の間は本館1階の一室に移っているんですね。

(普段は1階の一室にいます)
Otaru_20180127_141016

そして、1日1回館内を歩いて、来場者を楽しませてくれているというわけですね。

Otaru_20180127_135122

館内の通路をロープで仕切って、そこをペリカンが歩くのですが、間近に見ると、ペリカンってかなりでっかくて迫力あるんですね(ちょっと怖いかも…。けど、可愛いくもありますね)。

Otaru_20180127_135124

Otaru_20180127_135131_1

(近っ!!)
Otaru_20180127_135131_2

Otaru_20180127_135131_3

Otaru_20180127_135150

この後、止まり木(?)の上に乗っかっているのですが、大変な人気でよく見えませんでした。

Otaru_20180127_135404

Otaru_20180127_135415


少しだけ、歩いているところの動画も撮影してきました(目の前で止まって、ちょっとびっくりした!!)。


ということで、おたる水族館の「ペリカンの館内ウォーク」でしたが、こうやって、檻や部屋で区切られていない目の前で動物を見られるのって、新鮮で楽しいですよね。


※おたる水族館の今シーズンの冬期営業の基本情報です。
冬期営業期間:平成29年12月16日(土)~平成30年2月25日(日)
(期間中は無休)
営業時間:10:00~16:00 (最終入館15:30)
入館料金:大人(高校生以上)1,000円・小人(小中学生)400円・幼児(3歳以上)200円。団体料金等もあります。
※入館料金は通常営業期間よりも割安なんですよね。さらに、この期間だけは駐車場も無料です(通常営業期間は有料)
※海獣公園・遊園地は閉鎖しています。
※その他イベントなど詳しくはサイトで:2017-2018年 【冬期営業】のご案内  | おたる水族館

【関連記事】
冬季営業中のおたる水族館の「ペンギンの雪中さんぽ」が可愛すぎた【動画あり】
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!
【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

冬季営業中のおたる水族館の「ペンギンの雪中さんぽ」が可愛すぎた【動画あり】

Otaru_20180127_113420


先日、冬期営業期間中のおたる水族館に行ってきました。

祝津にあるおたる水族館は、観光客はもちろん、地元民にも人気の水族館で、冬の間は冬期営業期間として、通常営業時とはまた違った冬ならではのイベントも開催しています。

で、そんな冬期営業期間中のおたる水族館で、特に人気なのが「ペンギンの雪中さんぽ」です。

Otaru_20180127_112345

ジェンツーペンギンたちが、屋外に設置されたペンギン広場で散歩をするんですが、これがもうなんというか、ひょこひょこと歩くその姿を目にしただけで、あまりの可愛さに笑みがこぼれてきます。

とにかく可愛いいので、なにはともあれ写真を貼っていきますね。


おたる水族館の「ペンギンの雪中さんぽ」

ペンギン広場の場所は、イルカスタジアムに行く通路の右手の斜面になっているところです。

Otaru_20180127_112440

Otaru_20180127_112456

やってきました、やってきました!

Otaru_20180127_113114

ペンギンの散歩コースがちょっと高くなっていて、その両側が見物客の通り道になっていて、ペンギン側か少し高くなっているので、しゃがむとペンギン目線になるんですよね。

Otaru_20180127_113121

Otaru_20180127_113124

ペンギンには触れないようにということで、時々、コースを外れたりもするんですが、そのうち、ちゃんと戻るんですね。

Otaru_20180127_113214

Otaru_20180127_113230

Otaru_20180127_113619

Otaru_20180127_113630

Otaru_20180127_113637

途中で休憩してます。

Otaru_20180127_113641

Otaru_20180127_113523

Otaru_img_3353

Otaru_img_3351

Otaru_img_3352

Otaru_img_3355

Otaru_20180127_113817

そして、また散歩がはじまります。

Otaru_20180127_144508

Otaru_20180127_1445211

Otaru_20180127_144525

Otaru_20180127_144529

いや〜、可愛いですね。


【動画】ペンギンの雪中さんぽ

動画も撮影してきました。


おわりに

ということで、約10分ほどの「ペンギンの雪中さんぽ」だったのですが、これはきっと、何度見ても飽きませんね。

本当に説明不要の可愛さでした。

Otaru_20180127_113422

※おたる水族館の今シーズンの冬期営業の基本情報です。
冬期営業期間:平成29年12月16日(土)~平成30年2月25日(日)
(期間中は無休)
営業時間:10:00~16:00 (最終入館15:30)
入館料金:大人(高校生以上)1,000円・小人(小中学生)400円・幼児(3歳以上)200円。団体料金等もあります。
※入館料金は通常営業期間よりも割安なんですよね。さらに、この期間だけは駐車場も無料です(通常営業期間は有料)
※海獣公園・遊園地は閉鎖しています。
※その他イベントなど詳しくはサイトで:2017-2018年 【冬期営業】のご案内  | おたる水族館

※公式サイトのトップはこちら:おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

【関連記事】
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!
【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 7日 (水)

第9回冬の小樽がらす市が2月9日(金)〜11日(日)の3日間、運河プラザ3番庫で開催

Otaru_20180127_112340


今年も「第9回冬の小樽がらす市」が、小樽雪あかりの路の協賛イベントとして運河プラザ3番庫で開催されます。

日程は、小樽雪あかりの路のスタートと合わせて2月9日(金)から始まり、11日(日)までの3日間です。

開催場所の運河プラザ3番庫というのは、運河プラザに入って、左手奥にある扉の先のイベントスペースですね。小樽がらす市は、夏は野外の旧手宮線跡地で開催され、冬はここで開催されています。

開催時間が各日違っていて、次のようになってます。
2月9日(金)17:00~21:00
2月10日(土)15:00~21:00
2月11日(日)15:00~20:30

今年は小樽市内の12工房・ショップが出店して、ガラス作家によるガラス製品の展示販売のほか、制作体験ブースも設けられます。

そして、今年もコンテストが開催されます。田中酒造協賛で日本酒・果実酒の「小樽美人」をイメージしたグラスをテーマに、市内14名のガラス作家が制作したグラスを展示して、来場者に投票してもらいグランプリを決定します。また、各作品に投票した方の中から抽選で1名に、その作品と「小樽美人」のセットがプレゼントされます。

さらに、会場内での500円以上の買い物や制作体験でスタンプ1個を押してもらえて、スタンプが4つ集まると景品が当たる抽選会に参加できるそうです。

小樽雪あかりの路に出かけた際には、小樽がらす市も行ってみてはいかがでしょうか。

小樽がらす市の開催期間は、2月9日(金)〜11日(日)までの3日間なので、お間違えのないように。

※参照:小樽市 :第9回冬の小樽がらす市

Otaru_20180127_112338

※第20回小樽雪あかりの路は、2月9日(金)~2月18日(日)の開催です。
公式サイトはこちら:小樽雪あかりの路

※関連ニュース
「小樽雪あかりの路20」…第9回冬の小樽がらす市 | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
冬のがらす市!小樽12工房のガラス集結 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
・2018.2.1北海道新聞朝刊小樽・後志欄


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

サンモール一番街で石原裕次郎さん出演の映画ポスター展が開催されてます

サンモール一番街商店街で“石原裕次郎を偲び出演映画作品展”と題して、石原裕次郎さん出演の映画ポスター展が開催されてます。

Otaru_20180204_132454

アーケードのサンモール一番街の小樽掖済会(エキサイカイ)病院側は、店舗などはなくてフェンスがあるだけなのですが、ここを昨年(2017年)6月から展示スペースの「サンモールギャラリー」として利用しているんですよね。

ここに2月1日(水)〜2月28日(水)の期間、昨年8月いっぱいで惜しまれつつ閉館した石原裕次郎記念館から譲り受けた、裕次郎さん出演の映画102作品のポスターや、高さ3メートルのポートレートパネルなどが展示されています。

Otaru_20180204_132445

Otaru_20180204_132424

石原裕次郎記念館の閉館は本当に残念でしたが、こうやって、その後も小樽ゆかりの裕次郎さんの話題を小樽で目にするのは嬉しいですね。

2月9日(金)からは、いよいよ小樽雪あかりの路も開催されるので、街中に出かけた際には、ここサンモールギャラリーにも足を運んで、昭和の大スター・石原裕次郎さんの映画ポスターを眺めて懐かしんでみてはいかかでしょうか。

Otaru_20180204_132401

Otaru_20180204_132408


サンモールギャラリーは、普段は小樽市内の保育園や幼稚園、小中高大学のほか、デイサービスや一般市民サークルなどが製作した作品を展示するスペースとして利用されています。

Otaru_20180204_132622

Otaru_20180204_132514

(現在もポスター展の隣で作品が展示されてます)
Otaru_20180204_132352

※関連ニュース
・2018年1月30日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
裕次郎・映画ポスター展 サンモールギャラリー (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
アーケードのサンモール一番街商店街の寿司屋通り側から入った山側に作品展示スペースが開設してます
間もなく閉館する石原裕次郎記念館に行ってきました。8月末で閉館です(展示室は撮影禁止)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から

Otaru_20180127_132036


先日、おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加してきて(※このツアーは募集を締め切ってます)、その様子はおたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!の投稿で紹介しました。

このツアーは、冬期営業期間中は閉鎖している海獣公園をガイド形式で見学させてもらえるものなのですが、その際、見学したセイウチの動画を少し撮影してきたので掲載しますね。

今回はガイドツアーということで、特別にセイウチ館のバックヤードから見学させていただき、ガイドをしてくれた方を含めて3名の飼育員さんが中に入り、エサをあげながら3頭のセイウチを紹介してくれました。

一番大きくて牙が立派なのがオスのウチオ、少し小さいのがメスのウーリャ、一番小さいのが、2016年4月にウチオとウーリャの間に生まれたメスのしずくとのことで、ウチオは体重1.3トンだったか1.5トンだったかで(はっきり分からずすいません)、とにかく巨大で牙と合わせて大迫力です。

ということで、動画がこちらです。

少し動画の内容を補足すると、セイウチはとても賢いということで、最初は、ウチオが名前を呼ぶと返事をしている様子です。

時々、じ〜っとこちらを見ているんですが、セイウチも人間を観察しているそうです。

それから、飼育員さんが足を出して、それを叩いて見せてくれるんですが(パンチと言えばいいかな?)、これまたすごい音がして、飼育員さんもかなり痛いそうです。

Otaru_20180127_132330

最後は記念撮影用にと、3頭並んで勢揃いするように、飼育員さんたちがセイウチたちを導いてくれました。

Otaru_20180127_132445

そして、バイバイ〜と手を振って、水の中に戻って行きましたが、水に戻る姿も迫力ありますね。

ということで、おたる水族館のセイウチの様子でしたが、本当にセイウチは賢いですね。そして、その仕草と合わせて、なんとも愛嬌があって、巨大なのに可愛く見えてくるんですよね。

※おたる水族館の詳細は公式サイトで。
おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

【関連記事】
【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から

20180127_123600_1


先日、おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加してきました(※このツアーは募集を締め切ってます)。

その様子は、すでに「おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!」の記事で紹介してるのですが、冬期営業期間中は閉鎖しているの海獣公園を、このツアーではガイド形式で見学させてもらえるんですよね。

実はその際、動画も少し撮影してきたので、今回は間近で見たトドの動画を掲載しますね。

動画の最初は以前、ポスターのキャッチフレーズにもなった“鮭は飲み物”の実際の様子ですが、すごいです、大きなトドが鮭1匹をいっきに食べてしまいます。

その後は、係員さんの説明は風でほとんど聞こえないので、間近で見るトドの様子を中心にご覧ください。鳴き声も聞こえます。

このトドのプールには、通常営業時は柵があるそうですが、お客さんのいない冬の間は柵はなくて、その分、トドとの距離がめちゃくちゃ近いんですよね。

ただ、この時に係員さんもいっているのですが、噛まれるとかなり危険なので、手は出さないでといってました。

ということで、大迫力のトドの様子でしたが、巨大で噛まれると危険と言われつつ、じっと見てるとなんだか可愛く見えてくるんですよね(特に目と耳が)。

※おたる水族館の詳細は公式サイトで。
おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

【関連記事】
【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!

Otaru_20180127_1233342


先日、冬期営業中の「おたる水族館」に行って、「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加してきました!!

小樽の祝津にある「おたる水族館」は、観光客はもちろん小樽市民にも人気の水族館ですが、行くのは久しぶりで、そもそも冬に行くのは初めてでした。

海獣公園は、本館から外に出て、海岸沿いへ下って行ったところにあるのですが、実はここは冬期営業期間中は閉鎖しているんですよね。つまり、一般客は立ち入り禁止。

Otaru_20180127_120314

けど、そこには冬の間もトドにアザラシ、セイウチたちが元気に暮らしていて、そこを係員のガイド形式で見学させてくれるというのが、この「冬の海獣公園ガイドツアー」なんですね。

実は、すでに募集の申し込みは締め切っています。

私が参加したのは1月27日(土)だったのですが、1月から2月に上旬にかけて(最終は2月4日)、計10回のガイドツアーが予定されていて、前年にハガキでの応募受付があったんですよね。

定員は各日10名という少人数でのガイドツアーのため、応募者多数の場合は抽選ということで、応募結果、幸運にも当選して、この日の参加となったのですが、この記事を読んで興味を持った方は、もし来年も開催があったら、申し込んでみてはいかかでしょうか。

ということで、おたる水族館には、オタリアやイルカのショーや、冬限定のペンギンの散歩などの楽しい企画もあるのですが、今回の投稿ははこの「冬の海獣公園ガイドツアー」の様子を紹介したいと思います(その他の様子は、また後日ということでう)。


冬の海獣公園ガイドツアーの出発前

おたる水族館の冬期営業期間中の入館料金は、大人(高校生以上)1,000円なんですが(通常営業期間より安いです)、それ以外にガイドツアー参加費用として500円かかります。

ガイドツアー開催時間は12:00~13:30までの1時間半です。

参加者は、当日、本館1階ウミガメ水槽前で、開始10分前から受付があって、そこで参加費を支払うと、名札と双眼鏡が渡されます。参加者は各日10名の少人数ですが、この日は9名だったかも(そうそう、参加は中学生以上が対象です)。

Otaru_20180127_115033

渡された双眼鏡ですが、運が良ければ野生のアザラシやトド、オオワシ、オジロワシなどにお目にかかれるとのことなんですよね。実は、すぐ近くにあるトド岩に野生のトドが来ていないか、それも楽しみです。

そもそも冬の海獣公園に一般客は入らないので、普段から除雪をしているわけではなく、なので、場合によっては雪が積もっている中でツアーが行われることもあるそうです。

そんな時のために、スノー・シューも用意されていました。が、この日は数日前に除雪が入って、歩きやすくなっているとのことで、特にスノー・シューはいりませんでした。

Otaru_20180127_115906

で、まずは本館ある場所からの眺めです。良い眺めです。

Otaru_20180127_120314

Otaru_20180127_120411


まずは、トド岩に野生のトド確認!!

Otaru_img_3364

さて、外に出てまず気になったのが、海岸からすぐ先に見えるトド岩に冬になるとやってくるという野生のトドですが、この日は…

Otaru_img_3361

来てました〜!!
初めて野生のトドを見ましたよ!

Otaru_img_3362

双眼鏡などで、なんとか確認できる程度の大きさなんですが、それでも見ることができてよかったです。

この日で30〜40頭ほどいるそうです。

Otaru_img_3358

こんな近くに野生のトドがいるんですから、すごいですね。

ちなみに、野生のアザラシもやってくるそうなんですが、この日は見つけることができませんでした。
野生のトドを見て、かなりテンションも上がり、興奮しつつ海獣公園に下りて行きました。

こちらの写真は、海獣公園内から撮ったものです。
Otaru_img_3369


アザラシのプール

Otaru_20180127_120645

さて、海獣公園に下ってきて、最初のプールにいるのがアザラシですが。すいません、種類がよく分かりませんでした。

Otaru_20180127_120940

Otaru_20180127_120825

おそらく、ここにいるのは、ゴマフアザラシとゼニガタアザラシだと思うのですが…
もちろん、寒いのもなんのその、元気です。

次のプールにもアザラシがいました。

Otaru_20180127_121354

Otaru_20180127_121446

Otaru_20180127_121523

その横にいたヒゲの長いのは、アゴヒゲアザラシですね。
Otaru_20180127_121703

続いてセイウチ館なんですが、ここはまた後でくるということで、水槽のセイウチを眺めつつ、その先へ進みます。

Otaru_20180127_121752

Otaru_20180127_121808


大迫力のトドのエサやり

そして次に向かったのがトドです。

こちらはもちろん、水族館で飼育されているトドで、今回は実際にエサを与えているところを見学させてくれるということで、バケツに入ったホッケにカレイに鮭なんかを準備してました。

Otaru_20180127_122831

(ソリで運びます)
Otaru_20180127_122942

で、飼育員さんが魚を次々に放り込むと…

Otaru_20180127_123334

お〜!バシャバシャバシャ〜と大迫力。

Otaru_20180127_123337

飼育員さんは、ちゃんとみんなにエサが行き渡るように、上手に与えてましたよ。

そして、これが噂の“鮭は飲み物。”のトドのパフォーマンス!!

Otaru_20180127_123540

ポスターのキャッチフレーズにもなってましたね。

Otaru_20180127_123544

ここは普段は柵があるそうですが、お客さんのいない冬の間は柵はなくて、その分、トドとの距離がめちゃくちゃ近い。

Otaru_20180127_123628

やっぱり、手を出すと噛まれることもあるのそうなので、注意とのことでした。

そう言われると、大きいので怖いのですが、いや〜、なんだか可愛くもあります。

Otaru_20180127_123813


休憩

ここで休憩所で休憩です。

Otaru_20180127_130924

実際、時折吹雪いたりして、かなり寒かったのですが、もちろん、そういう寒さも前提の見学ツアーですから、参加者みなさん覚悟の上です(笑)

ただ、ここの休憩タイムでいただいたカフェオレが美味しかった〜!

カップも可愛い。
Otaru_20180127_124700

ここでしばし、ストーブにあたりながら色々と映像などを見せてもらいつつ休憩して、後半の見学へ。

Otaru_20180127_130343


アザラシ館のワモンアザラシ

Otaru_20180127_130935

次にアザラシ館に入ったのですが、ここにはアザラシの中で最も体の小さい、ワモンアザラシという種類が飼育されているそうです。

Otaru_20180127_131102

Otaru_20180127_131309

警戒心が強くて、1日のほとんどを水中で過ごすそうです。

Otaru_20180127_131341


大迫力のセイウチをバックヤードから

Otaru_20180127_132653

そして、先ほど素通りしたセイウチ館に戻って、バックヤードからセイウチを見学させてもらいました。

で、案内してくれた方を含めて3名の飼育員さんが中に入って、エサをあげながら3頭のセイウチを紹介してくれました。

一番大きくて牙が立派なのがオスのウチオ、少し小さいのがメスのウーリャ、一番小さいのが、2016年4月にウチオとウーリャの間に生まれたメスのしずくとのことです。

Otaru_20180127_132028

こちらも大迫力で、ウチオは体重1.3トンだったか1.5トンだったか…(はっきり分からずすいません)。とにかくでかいです。

Otaru_20180127_132030

ただ、セイウチは頭がいいんですね。飼育員さんの指示通りに挨拶したり、名前を呼ぶと返事をしたりしてくれました。

Otaru_20180127_131854

Otaru_20180127_132003

Otaru_20180127_132228

こうなると、こんなに巨大なのに、なんだか可愛いんですよね。

(最後に記念撮影のために3匹揃ってくれました)
Otaru_20180127_132602


冬の海獣公園ガイドツアー終了

これで全行程が終了で、先ほどの坂道を歩いて戻って、解散となりました。

びっちり1時間半、少人数だからこその、密度の濃い見学ツアーでした。

いや〜、面白かった〜!

来年もあれば、是非、参加したいです。
おたる水族館の係のみなさん、どうもありがとうございました。


おわりに

そうそう、サイトに記された、ツアー参加の注意事項がなかなか冬の厳しさを伝えてますので、引用しておきますね。

・足元がたいへん滑りやすく雪も深いため、長靴や登山靴等(冬用の長靴推奨)をご用意下さい。 また、介護を必要とされる方の参加はご遠慮下さい。
・手がふさがる手荷物や貴重品は事前にコインロッカー(有料)へお預け下さい。
・自然のままの海獣公園をご堪能いただきたいため、あえて除雪は行っておりません。
・天候によって中止、または内容を一部変更する場合もございます。
・野生動物は必ず観察できるわけではございませんのでご了承ください。
・写真、ビデオ等の撮影は可能ですが機材の管理はご自身でお願いします。
・防寒対策(ダウンジャケット等、帽子、手袋)をお願いします。
冬の海獣公園ガイドツアーを行います。※募集を終了しました。 | おたる水族館

※今年度の冬の海獣公園ガイドツアーについて。
冬の海獣公園ガイドツアーを行います。※募集を終了しました。 | おたる水族館

Otaru_20180127_111326

※おたる水族館の今シーズンの冬期営業の基本情報です。
冬期営業期間:平成29年12月16日(土)~平成30年2月25日(日)
営業時間:10:00~16:00 (最終入館15:30)です。
入館料金:大人(高校生以上)1,000円・小人(小中学生)400円・幼児(3歳以上)200円です。
※参照:2017-2018年 【冬期営業】のご案内  | おたる水族館

※おたる水族館の詳細は公式サイトで。
おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

【関連記事】
※今回の「冬の海獣公園ガイドツアー」関連記事
【動画】“鮭は飲み物”〜間近で見る大迫力のトド/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から
【動画】巨大で愛嬌があってとっても賢いセイウチ/おたる水族館「冬の海獣公園ガイドツアー」から

※その他のおたる水族館関連記事
おたる水族館に行ってきました《前編:基本情報など》
おたる水族館に行ってきました《後編:館内について》
おたる水族館のイルカスタジアムのショー


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌