イベント

2021年2月28日 (日)

田中酒造本店で素敵な雛人形を見てきました〜田中酒造本店で雛まつり開催中!!3月3日まで

Otaru_20210219-140320

色内大通り沿いに建つ、建物がとても趣のある「田中酒造本店」にて、雛まつりが開催されています。

田中酒造の雛まつりは2021年2月5日(金)から始まっていて、期間は3月3日(水)まで。営業時間は9:00~18:00となっています。

小樽市内や道内の方から寄贈された、昭和初期に作成されたお雛様や小さな豆雛、とても珍しく貴重なすべて手作りの和紙雛人形などが展示されています。

※参照:田中酒造 雛まつり(2021/2/5~) | 小樽の造り酒屋 田中酒造株式会社

Otaru_20210224-152842

で、先日、田中酒造本店の雛まつりを見に行ってきました。とても綺麗で素敵な、そして貴重な雛人形がたくさん飾られてましたので、その様子を紹介しますね。

※写真は許可をいただき撮影しました。併せてお店の方には、雛人形の説明もしていただきました。どうもありがとうございました。

お店に入って左奥に雛人形の展示スペースがありました。

Otaru_20210219-141305

Otaru_20210219-140849

Otaru_20210219-140855

Otaru_20210219-140858

Otaru_20210219-140902

こちらは、珍しい小さな豆雛です。
Otaru_20210219-140942

今年初めての展示だそうですが、各地域の札がついてますね。これだけ集まっているのはすごいですね。

Otaru_20210219-140921

こちらは、お店の正面奥に飾られていた、すべて手作りという和紙の雛人形。
Otaru_20210219-141135

ちょっと見ただけでは和紙とは分からず、とても貴重で素敵でした。

Otaru_20210219-141138

お店に入って右側のスペースにも、商品などとともにたくさんの雛人形が飾られてました。

Otaru_20210219-140643

Otaru_20210219-140650

Otaru_20210219-140655

Otaru_20210219-140712

Otaru_20210219-140800

お店では、雛まつりに合わせて「甘酒さくらもち」や「3色甘酒こはく糖」、「梅昆布茶甘酒」などの人気商品や新商品が販売されています。

この日は、毎年大好評の商品という田中酒造の酒粕を使用した、和菓子工房「游菓」とのコラボ商品「甘酒さくらもち」(180円)を購入しました(冷凍での販売です)。

Otaru_20210219-141436

Otaru_20210221-022327

いい香りがして、とっても美味しかったです。

ということで、以上、田中酒造本店の雛まつりの様子でした。

そうそう、田中酒造本店の建物は昭和2年(1927年)建築で、小樽市指定歴史的建造物に指定されているのですが、もともとも田中酒造店の店舗として建てられたものなんですよね。田中酒造の創業は1899年(明治32年)と歴史があるんですよね。

Otaru_20210219-140305

Otaru_20210219-140350

Otaru_20210219-140358

※私は行ってないのですが、信香町の田中酒造亀甲蔵でも雛まつりが開催されているということで、そちらは3月7日(日)までです(参照:田中酒造 雛まつり(2021/2/5~) | 小樽の造り酒屋 田中酒造株式会社)。

小樽の造り酒屋 田中酒造株式会社

※参考
田中酒造本店の雛まつり開催中…(2/5~3/3) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
田中酒造の雛まつり…(2/5~3/3)田中酒造本店 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽の老舗の地酒専門店「田中酒造 本店」の建物は小樽市指定歴史的建造物
「秋の美味(うまい)もん市」開催中の歴史的建造物・田中酒造本店に行ってきました

| | コメント (3)

2021年2月20日 (土)

美術館市民ギャラリーで2つの作品展〜愚showの会/HiNA絵画個展(2月21日まで)

Otaru_20210219-162459

市立小樽美術館1階奥にある市民ギャラリーで、2つの作品展が開催されています。

ひとつは「愚showの会~37年目の同窓会」、もひとつは「HiNA絵画個展」です。

どちらも開催は2月21日(日)までで、入場は無料です。

Otaru_20210219-155407

愚showの会~37年目の同窓会

“愚直に具象にこだわったおやじ達の同窓会”「愚showの会~37年目の同窓会」は、昭和57年、小樽工業、小樽潮陵、小樽桜陽卒業生の3人による作品展です。

Otaru_20210219-160620

美術館1階奥にある市民ギャラリー(多目的ギャラリー)で、2月17日(水)から開催されていて21日(日)まで。時間は10:00~17:00(最終日は16:00まで)です。

その3名は石塚勝さん(小樽工業高校卒業・工美展)、小林樹夫さん(小樽潮陵高校卒業・白潮会)、福原幸喜さん(小樽桜陽高校卒業・白蟻会)です。

石塚さんは主に人物画、小林さんは小樽や函館の風景画、福原さんは広大な自然の風景画などを展示していましたよ。

HiNA絵画個展

Otaru_20210219-162117

小樽市在住の油彩画家、HiNA(増山日向子)さんの初個展「HiNA絵画個展」が市民ギャラリー2で開催されています。

ギャラリー2は、上記「愚showの会」が開催されている1階奥の多目的ギャラリーに入ると、途中の右に入り口があります。

こちらは2月19日(金)からの開催で、21日(日)までとなっています。時間は10:00~17:00(最終日は15:00まで)です。

作品は、小樽がテーマのものや自身が大学時代に訪れたニューヨークの街並みの作品などが展示されています。

HiNAさんはYouTubeで制作の様子などを発信しているとのことで、こちらは今回展示もされている、小樽運河の最後の艀の姿を描いている様子です。

※ウェブサイト:HOME | Mysite

※参考
愚Showの会とHiNA絵画展 市民ギャラリー(小樽ジャーナル)
市立小樽美術館1階市民ギャラリー2…HiNA絵画個展(2/19~21) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
市立小樽美術館1階市民ギャラリー1…愚showの会~37年目の同窓会~(2/17~21)  | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2021年2月19日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(HiNAさんの個展について)

| | コメント (0)

2021年1月25日 (月)

市立小樽図書館で「伝説のジャズシンガー小樽出身のナンシー梅木展」開催中(1月28日まで)

市立小樽図書館で現在、小樽出身の伝説のジャズシンガー、ナンシー梅木展が開催されています。

1月9日(土)から開催されているのですが、期間が1月28日(木)までともう終盤です(もっと早く紹介すればよかった…)。

Otaru_20210115-150239

さて、小樽出身のジャズシンガーのナンシー梅木さんについては、私はあまり詳しくは知らなかったので、今回の展示はとても興味あったんですよね。

ナンシー梅木さん(本名・梅木美代志)さんは、1929年(昭和4年)に小樽市稲穂の梅木鉄工所の9人兄妹の末っ子として生まれ、稲穂小を卒業し、小樽緑丘高等女学校在学中に札幌の米軍キャンプで歌うようになって、1948(昭和23)年に19才で上京するんですね。

その後に人気ジャズシンガーとなって活躍し、1955年に26歳でアメリカへ。映画「サヨナラ」(1957年)に出演してなんとアカデミー賞助演女優賞に輝いています。

ナンシー梅木さんは、日本人初(東洋人初)のアカデミー賞助演女優賞を受賞した女優なんですね。で、晩年はずっとアメリカにいて、2007年にアメリカで死去しています。

Otaru_20210115-145304

今回の展示では、階段の壁にパネルで経歴を詳しく紹介していて、2階に上がったところのスペースには、ナンシー梅木さんに関する古い当時の様々な雑誌や書籍などの資料が数多く展示されています。

Otaru_20210115-145311

Otaru_20210115-145533

Otaru_20210115-145628

Otaru_20210115-145832

Otaru_20210115-145858

こんなにすごい経歴の持ち主のナンシー梅木さんについては、出身地の小樽としても、もっと各所で紹介されてもいいですよね。

私も今回、遅まきながら色々と知ることができたのは、とてもよかったです。

【市立小樽図書館・ナンシー梅木展】
1月9日(土)〜1月28日(木)
火~金:9:30~19:00
土・日・祝:9:30~17:00
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の時は開館)/毎月最終金曜日
ホーム - 市立小樽図書館

Otaru_20210115-150412

※市立小樽図書館では、小樽ゆかりのクリエイター応援シリーズというのを開催しているんですね。今回はその一環でもありました。

※参照
伝説のジャズシンガー ナンシー梅木展開催(小樽ジャーナル)
・2021年1月10日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
※古い新聞に関連記事がありました。
・2019年6月15日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

※参考:ミヨシ・ウメキ - Wikipedia

Otaru_20210115-150239

※YouTubeに音源がありました。
Miyoshi Umeki - ナンシー梅木 - Sayonara (Let's Say Good-bye) サヨナラ 1953/映画「青春ジャズ娘」より

Nancy Umeki - MY ICHIBAN TOMODACHI

与田 輝雄とシックスレモンズ ナンシー梅木  Let's Say Good-bye/映画「青春ジャズ娘」より(最初の動画の長いバージョン)

| | コメント (3)

2021年1月20日 (水)

おたる水族館の冬の人気イベント「ペンギンの雪中さんぽ」が新コースで行われてます【動画あり】

Otaru_20210112-144922

現在、おたる水族館は冬期営業中ですが、冬ならではのお楽しみのイベントといえば、ペンギンの雪中さんぽですよね。

これが本当に可愛くて、観光客にも小樽市民にもとっても人気があるんですよね。

で、先日、おたる水族館に行って、一年ぶりにペンギンの雪中さんぽを見てきました!!

Otaru_20210112-144917

散歩するペンギンは、ジェンツーペンギンです。

実は、1月12日から、これまでの斜面の展望園地を周回(1周77m)するコースから、新コースへと変更になったとのことなんですよね。

Otaru_20210112-142508

新コースは、ペンギンプールを出てから、これまでの周回コースのあった展望園地のところから降りてきて(このあたりから見学できます)、さらに下まで降り、ぐるりとUターンして、水族館本館横を進みイルカスタジアム連絡通路の下を通り、その先の折り返し地点となる休憩ポイントまでまず行きます。

ここでしばし、ペンギンたちがまったりとした時間を過ごす様子を、すぐ近くで見学できます。

そして、今きたコースを戻って、雪中さんぽは終了です(往復200m)。

ちなみに、行ったのはその1月12日で、見学したのは1日3回開催されているさんぽの3回目でした。

Otaru_20210112-143805

歩行距離が長くなったことで、ペンギンたちの健康増進になり、さらに以前は斜面でのコースだったのですが、今回は平地や直線コースが多く、車椅子やベビーカーでも見学しやすくなっているんですね。

では、その様子です。

(降りてきました)
Otaru_20210112-144106

Otaru_20210112-144112

Otaru_20210112-144114

(そのままコースに沿って降りていきます)
Otaru_20210112-144121

(ぐるっとUターン)
Otaru_20210112-144157

(イルカスタジアム連絡通路の上から見たところ)
Otaru_20210112-144309

(ひとまずゴールとなる、折り返し地点
Otaru_20210112-144407

Otaru_20210112-144412

Otaru_20210112-144415

(ここが休憩ポイントとなっていて、しばしまったりと過ごします)
Otaru_20210112-144532

Otaru_20210112-144632

Otaru_20210112-144636

(そして、今きた道を戻ります)
Otaru_20210112-144834

Otaru_20210112-144920

今回、動画も撮影してきたので、お楽しみください。

ペンギンの雪中さんぽは、冬期営業期間中のイベントで、1日3回(11:30、12:40、14:40)の予定で開催されています(中止・変更の場合もあります)。

冬期営業は、2021年2月28日(日)までで、営業時間は10:00~16:00 (最終入館 15:30)となっています。冬期営業中は駐車場は無料です。

ということで、新コースとなったペンギンの雪中さんぽの様子でした。

おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

※参考
おたる水族館 新コースでペンギンの雪中散歩(小樽ジャーナル)
おたる水族館…ペンギンの雪中さんぽ新コースで開催(1/12~) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
おたる水族館の今シーズンの冬季営業は2020年2月24日まで〜ペンギンの雪中さんぽの様子をちょっとだけ
冬季営業中のおたる水族館の「ペンギンの雪中さんぽ」が可愛すぎた【動画あり】
おたる水族館の「冬の海獣公園ガイドツアー」に参加して雪の中で元気なトドにアザラシにセイウチを見てきたよ。野生のトドもいた!!

| | コメント (3)

2021年1月17日 (日)

「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン開催中!!〜夜の小樽をテーマにTwitterとInstagramで投稿を募集

Otaru_20210102-164109r

現在、SNSにて「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン小樽観光協会によって開催されています。

夜の小樽をテーマに、ハッシュタグ「#小樽よいとこ夜」をつけて、Twitter(ツイッター)とInstagram(インスタグラム)での投稿を募集しているんですよね。

夜の小樽の好きな場所、好きな景色、好きな食べ物、好きなお店、好きな時間などなど、「小樽よいとこ」ならなんでもOK。

これ、2020年春に開催された「小樽よいとこ」SNSキャンペーンに続くもので、前回も小樽愛あふれるたくさんの投稿があったそうで、今回もどんな投稿があるか楽しみですね。

今回のハッシュタグは「#小樽よいとこ夜」ですので、お間違いのないように。

そして、期間終了後、抽選で50名に「小樽港海の幸お届け便 大漁箱スペシャルセット(9,000円相当)」が当たるそうですよ!!

キャンペーンに参加するには、まず、Twitter、またはInstagramの「小樽よいとこ」をフォローします、
※Twitter:小樽よいとこ(@OtaruYoitoko)
※Instagram:小樽よいとこ(@otaruyoitoko)

あとは、「#小樽よいとこ夜」のハッシュタグをつけて投稿します。

応募期間は2021年1月15日(金)〜2月15日(月)まで。

投稿は、動画、画像、文字、いずれもOKで、期間中であれば、投稿は何度でもOKとのことです(当選は1回限り)。

※キャンペーン応募には、公式アカウントのフォローと、ハッシュタグ「#小樽よいとこ夜」が必須なので注意してください。
※キャンペーンの応募規約、注意事項など詳しくはこちら:「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン|キタル、オタル。|小樽を楽しむ時間を育てるための超発信型小樽ファンサイト

ツイッターやインスタグラムでは、早くもたくさんの素敵な小樽の夜の写真などが投稿されてますね。

私もさっそく、何か投稿しようかな。

※こちらはツイッター公式アカウント「小樽よいとこ」のツイートから。

「#小樽よいとこ夜」SNSキャンペーン|キタル、オタル。|小樽を楽しむ時間を育てるための超発信型小樽ファンサイト

【関連記事】
『おしえて♩「小樽よいとこ」SNSキャンペーン』開催中!!〜ハッシュタグ #小樽よいとこ をつけてTwitterまたはInstagramに投稿!!

| | コメント (0)

2021年1月 5日 (火)

小樽都通り商店街創立100周年記念「新春みやこ市」が開催中(1月6日まで)

20210105-002402

アーケードの小樽都通り商店街は、今年で創立100周年を迎えるそうです。

いや〜、都通りも歴史がありますね。加えて、アーケードのある商店街としては北海道で2番目に古い商店街だそうですよ(1番は札幌の狸小路だそうです)。

そこで、現在、2021年1月2日(土)~1月6日(水)の期間で創立100周年記念「新春みやこ市」が開催さています。

期間中に1,000円以上(税込)お買上げのレシートで応募できる“新春レシートチャンス!”が開催されていて、抽選で85名に都通り商店街で使える商品券が当たります。

一番上は、大吉として商品券10,000円分が5本用意されていますよ。

街に出かけた際には、都通りで買い物をして、応募してみるのもいいかもしれませんね。

そうそう、見に行けませんでしたが、1月3日(日)には、潮太鼓初打ち、獅子舞打々っ鼓が行われたとのことです。

20210102-154620

20210102-154952

小樽都通り商店街公式HP

※参照
・2021年1月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
「創立100周年記念.新春みやこ市!」…(1/2~1/6)小樽都通り商店街 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽都通り商店街で恒例の「秋のみやこ市」が今年も開催。バルーンアートも飾られてます(9月30日まで)
小樽都通り商店街で「春のみやこ市〜春のレシート・チャンス!!」が開催中。4月10日(金)~19日(日) まで

| | コメント (0)

2020年12月11日 (金)

小樽美術館特別展「北前船の華 北海道に渡った九谷焼(小樽・後志編)」開催中(12月27日まで)

Otaru_20201210-135406

市立小樽美術館では現在、特別展「北前船の華 北海道に渡った九谷焼(小樽・後志編)」が、2階企画展示室で開催されています。

2020年10月24日(土)から始まっていて、12月27日(日)までとなっています。

小樽市は、2018年(平成30年)に日本遺産ストーリー「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間-北前船寄港地・船主集落-」に追加認定されました。

小樽には、その北前船主たちが建てた倉庫が、歴史的建造物として数多く残っていますよね。

北前船主たちの多くが居住した石川県加賀市は、御用窯として九谷焼が発祥した地ということで、石川県九谷焼美術館(石川県加賀市)が、平成29年から30年にかけて、北前船寄港地である北海道ゆかりの地に、九谷焼が運ばれた可能性を探って調査したそうです。

この展示は、その調査結果をベースに、小樽を含めた後志地域に絞って幕末から明治期の優れた九谷焼を展覧するもので、あわせて北前船がもたらした海岸地方独特の文化ならびに、加賀市出身の北前船主たちの業績を紹介しています(以上、パンフレット参照)。

Otaru_20200918-161307

小樽以外の地域は、寿都・岩内・泊・積丹・余市で、各地の資料館や歴史的建造物で保存されるなどして見つかった品が展示されています。

九谷焼のことはよく分からないのですが、その絵付けが本当に色鮮やかで美しいです。

こういうところにも、北前船が残していったものがあるのですね。

Otaru_20201210-135559

特別展「北前船の華 北海道に渡った九谷焼(小樽・後志編)」は2020年12月27日(日)までです。
開館時間:9:30~17:00(最終入館は16:30まで)
残りの開催期間中の休館日:月曜日
入館料:一般800円、高校生・市内高齢者(70歳以上)400円、中学生以下無料。
※団体料金、文学館との共通観覧料などくわしくはこちら:小樽市 :展覧会のご案内

Otaru_20201210-141842

※参考
市立小樽美術館特別展「北前船の華北海道に渡った九谷焼(小樽・後志編)」10/24~12/27 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
小樽美術館特別展「北海道に渡った九谷焼」(小樽ジャーナル)
小樽市 :北前船

石川県九谷焼美術館 公式Webサイト

| | コメント (0)

2020年11月20日 (金)

小樽写真研究会「堂堂展vol.29」が市立小樽美術館で開催しているので見に行ってきました(11月23日まで)

Otaru_20201118-164106r

市立小樽美術館で、2020年11月18日(水)〜11月23日(月・祝)の期間で、小樽写真研究会による写真展「堂堂展vol.29」が開催されています。

場所は市立小樽美術館1階の一番奥にある市民ギャラリーです。時間は10:00〜17:00(22・23日は16:00まで)で、入場は無料です。

ということで、観にいってきました。

小樽写真研究会は、「DEEP」という企画で小樽のある地区をテーマに、著名の写真家さんたちでもある会員各自の視点で撮影した写真を発表し続けているんですね。

で、今回の「DEEP」の町は、「塩谷・桃内・忍路・蘭島」ということで、今回もと〜っても面白かったです。

私も何度か塩谷・桃内・忍路・蘭島方面を歩いてますが、“あ〜あそこだ〜!”とか“ここってどこだろ〜”とか、日常のふとした風景や状況を切り取った写真の数々は、本当に興味深く観させてもらいました。

その他に、入って右の部屋では自由テーマでの写真も展示されています。

Otaru_20201118-151000

この堂堂展は、期間中にもう一度見にいきたいです。

※参考:小樽写真研究会 堂堂展 Vol.29 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽写真研究会「堂堂展vol.28」が市立小樽美術館開催しているので見に行ってきました(7月15日まで)

| | コメント (0)

2020年11月 3日 (火)

ハロウィン・イベントで賑わう堺町通りに行ってきました「~ゴーストタウン サカイマチ~オタルスイートハロウィン/ホラーナイト」

Otaru_20201101-142208

2020年10月31日(土)・11月1日(日)の2日間、小樽堺町通り商店街にでは、ハロウィン・イベント「~ゴーストタウン サカイマチ~オタルスイートハロウィン/ホラーナイト」が開催されました。

イベントは終了しているのですが、11月1日に行ってきたので、その様子をちょっとだけ紹介しますね。

Otaru_20201101-141954

コロナ禍で大変な状況の中、様々な企画を打ち出している堺町通り商店街のハロウィン・イベントということで、各メディアにも取り上げられて、話題になってましたね。

もともと堺町通りでは、毎年ハロウィンイベントを開催していましたが、この「オタルスイートハロウィン/ホラーナイト」は、経済産業省の商店街イベント支援策「Go To 商店街」の第1弾支援先として、道内で唯一採択されての開催でもあったんですよね。

イベントでは、コロナ禍で観光客が少ない商店街の状況をゴーストタウンと逆手にとって、通りにハロウィン装飾を施し、お店のスタッフもゴーストやゾンビに変身していたようで、企画も子供たち向けのイベントなど、色々と用意されていたようです。

Otaru_20201101-141618

行った時には、メルヘン広場の特設会場で、ちょうど同商店街店主等3名で結成したアイドルグループ「一方通行」による「ハロウィンライブ」も開催されていました。
※「一方通行」が気になる方は、YouTubeをチェックしてみるといいかも;【小樽】堺町とゆかいな仲間たち - YouTube

Otaru_20201101-141704

Otaru_20201101-141637

それでは、以下、通りのあちこちに飾られイベントも盛り上げていた、ハロウィン装飾の様子です。

Otaru_20201101-141744

Otaru_20201101-141856

Otaru_20201101-141945

Otaru_20201101-142050

Otaru_20201101-142453

Otaru_20201101-142503

Otaru_20201101-142511

Otaru_20201101-142621

Otaru_20201101-142723

Otaru_20201101-142952

Otaru_20201101-143214

Otaru_20201101-143314

Otaru_20201101-143349

私が行った日は、なかなかたくさんの観光客で通りは賑わっていて、みなさん、あちこちのハロウィン関連の装飾の前で記念撮影などをして楽しんでいましたよ。

ということで、ハロウィン・イベント「~ゴーストタウン サカイマチ~オタルスイートハロウィン/ホラーナイト」で賑わう、堺町通りの様子でした。

【Go To 商店街事業】オタルスイートハロウィン/ホラーナイト - 小樽堺町通り商店街 | 小樽

※関連ニュース
ゴーストタウンサカイマチ~オタルスイートハロウィン/ホラーナイトに行ってきました(10/31) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
ハロウィンイベント“ゴーストタウン サカイマチ”(小樽ジャーナル)
オタルスイートハロウィン10/31・11/1開催(小樽ジャーナル)
・2020年10月21日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(Go To商店街支援先の小樽堺町通り商店街でハロウィーン企画)
・2020年10月17日付北海道新聞朝刊総合欄(「Go To 商店街」の第1弾支援先に小樽堺町通り商店街ほか)

【関連記事】
日が暮れたメルヘン交差点に行くと、ルタオ本店などのイルミネーションがとても綺麗でした
小樽堺町通りでハロウィン・イベント「OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」開催中【追記あり】

| | コメント (2)

旧手宮線の線路をトロッコで走る、おなじみ「レールカーニバル in おたる」が10/31、11/1・3の3日間で開催(2020年)

Otaru_20201101-145533

旧手宮線の線路を足こぎトロッコで走る、すっかりおなじみのイベント「レールカーニバル in おたる」が、2020年10月31日(土)・11月1日(日)・3日(火・祝)の3日間の日程で開催されています。

道内最古の鉄道をトロッコで走ろう レールカーニバル in おたる
Otaru_20201101-145519

トロッコが走るのは、旧手宮線の線路跡の中央通り~道道小樽港稲穂線(臨港線)までの区間(往復約800m)です。

開催時間は10:00~15:00までで、乗車料金は小学生以上500円です。

北海道初の鉄道として、旧幌内鉄道(手宮~札幌間)が開通したのが1880年(明治13年)のことで、今年で開通140年となります。

それを記念して、NPO法人北海道鉄道文化保存会主催でイベントが色々と開催されていて、このレールカーニバルもその一環として開催されています。

Otaru_20201101-150150

レールカーニバル自体は、毎年何度か開催されますが、今年はコロナ禍でこれが今年度初開催ですね。

トロッコの運行は1時間に3回で、新型コロナウイルス感染対策で事前予約制でしたが、当日空きがあれば乗車することができるそうですよ。記念缶バッチももらえるそうです。

Otaru_20201101-150115

Otaru_20201101-150033

Otaru_20201101-150043

そして、最終日の11月3日(火・祝)には、海上保安庁のマスコットキャラクター「うみまる」が会場にくるそうですよ(1100~1400)。
※参照:・旧幌内鉄道開通140年イベント「道内最古の鉄道をトロッコで走ろうレールカーニバルinおたる」に「うみまる」がやってきます(11/3) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

このブログを書いている時点で、残すは最終日の11月3日(火・祝)のみですが、天気がいいといいですね。

Otaru_20201101-145529

※関連ニュース
・2020年11月2日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
開通140年旧幌内鉄道をトロッコで走ろう!!(小樽ジャーナル)
幌内鉄道開通140年記念レールカーニバル10/31・11/1・3(小樽ジャーナル)

【関連記事】
旧幌内鉄道 手宮〜札幌間開通140年記念シンポジウム「小樽の鉄道遺産は市民の誇り」を聞いてきました
※当ブログの最近の「レールカーニバル in おたる」の記事。
旧手宮線をトロッコで走る「レールカーニバル in おたる」が8月10日〜12日で開催(2019年)
旧手宮線の線路をトロッコで走るイベント「レールカーニバル in おたる」が11月3日・4日の2日間で開催!!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)