イベント

2017年11月13日 (月)

初日悪天候で中止の「第10回小樽しゃこ祭」は2日目は無事開催されました

Otaru_20171112_1429191


すっかりこの時期恒例のイベントとなった「第10回小樽しゃこ祭」。今年(2017年)は11月11日(土)・12日(日)の2日間の日程で開催される予定だったのですが、ご存知の方も多いと思いますが、初日の11日(土)は、強風と雨が吹き荒れる悪天候のために中止になってしまったんですよね。

で、開催が心配された、翌日12日(日)の小樽の天候ですが、気温は低かったものの、雨も上がり風も収まり、時折青空も見られる天気で、しゃこ祭は無事開催されました。良かったですね!

今年も会場は、小樽駅前の中央通りから運河の中央橋を渡ってさらに先の右側にある、おたるマリン広場(小樽港第3号ふ頭多目的広場)で、開催時間は10:00~15:00まで。

本当は11日に行く予定だったのですが、12日に14時半くらいと遅い時間だったのですが、その様子だけでもと見に行ってきました。

Otaru_20171112_143218

会場入り口では、公式キャラクターの「荒波しゃこ次郎」が出迎えてくれます。

Otaru_20171112_142519

10回目を迎えた、この小樽産のシャコをPRする美味しいイベント「小樽しゃこ祭」は、すっかり人気のイベントですよね、

小樽産のシャコは、大ぶりで美味しいと評判なんですが、このイベント会場の茹でシャコは、漁業者が厳選したLサイズのみを使用しているとかで楽しみにしている方も多く、初日に中止にがっかりした方も多かったのではないでしょうかね。

今回は、ざっと見てきただけなので、詳しいレポートはできませんが、この時はそろそろイベント終了時間にもかかわらず、結構な数のお客さんが、小樽産のシャコの様々な料理を楽しんでいました。

Otaru_20171112_142539

Otaru_20171112_142547

Otaru_20171112_142858

Otaru_20171112_142917

Otaru_20171112_143453

(イベント終盤で買い求めるお客さんは少なくなってました)
Otaru_20171112_142934

Otaru_20171112_143112

この時、ちょうどじゃんけん大会が始まって、会場は大盛り上がりでした。

Otaru_20171112_143055

会場入ってすぐ左のテントでは、これも毎年ですが、活シャコが水槽で展示されていて、その横では触ることもできます。

Otaru_20171112_142608

会場向かいの観光船待合室では、小樽商業高校全面協力によるしゃこせんべい実演販売が行われていたのですが…

Otaru_20171112_143400

なんとしゃこせんべいは売り切れでした。人気ありますね。

Otaru_20171112_143300

ちなみに、小樽沿岸のシャコ漁は春と秋の2回行われていて、今は秋シャコ漁の真っ最中で、市内の市場やスーパーでは小樽産シャコがたくさん並んでます。

10月15日から解禁になった秋の漁期は12月10日(日)までですので、まだしばらくは、小樽産シャコを味わえますね。

ということで、今年は1日だけの開催になってしまいましたが、「第10回小樽しゃこ祭」の様子でした。

※参考
第10回小樽しゃこ祭…11/11(土)・11/12(日) | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
おたる産しゃこ - ホーム

【関連記事】
【告知】今年も「第10回小樽しゃこ祭」が11月11日(土)・12日(日)の2日間の日程で開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月16日 (月)

今年で6回目となる「おたる Book Art Week 2017」が小樽市内の8会場で開催中(10/12~10/25)

Otaru_20171016_125928


今年で6回目となる「おたる Book Art Week 2017」が、10月12日(木)から10月25日(水)の期間で開催中です。

私はまだ行ってないのですが、今年は小樽市内の8会場で開催しています(会場によって、開催期間が若干異なるようです)。

この「おたる Book Art Week」は、参加アーティストの作品や各会場が企画した、本に関連する様々なアート作品が展示されるイベントですが、まずは本を模したパンフレットが可愛いですね。

Otaru_20171016_125928

Otaru_20171016_125949

四つ折りになったこのパンフレットを開くと、中には地図と一緒に各会場の紹介と展示内容が掲載されていて、イベントオリジナルのマスキングテープがもらえるスタンプラリーの台紙にもなっています。

Otaru_20171016_130025

以下はパンフレットからの会場情報です。

シロクマ食堂…11:00〜15:00、17:00〜22:00、会期中無休
Jeans Shop LOKKI…10:00〜19:00、木曜定休日
市立小樽文学館 JJ’s Cafe…9:30〜17:00、月曜定休日(祝日振替日あり)※2018年1月8日まで
ハンズオントーイ キンダーリープ…10:00〜18:00、月・火曜定休日※10月22日(日)まで
あとりゑ・クレール…12:00〜18:00、火曜定休日
OTARU NUPURI HOSTEL…13:00〜20:00、会期中無休
博信堂書店…12:00〜19:00、不定休
なまらや…12:00〜14:00、17:00〜22:00、日・月曜定休日(火曜はランチ休み)※11月1日(水)まで

※詳細はこちらのブログで紹介されてます:おたるBookArtWeek

入場は無料で、飲食店の会場では鑑賞のみでもOKとのことですよ(とはいえ、なかなか入りにくいかな…)。

※参考ニュース
おたるBook Art Week…10/12~10/25 | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会
本のアート8会場で開幕!Book Art Week 2017 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
「おたる Book Art Week 2016」が小樽市内の8会場で開催中


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

小樽の街が音楽で溢れるイベント「音座なまらいぶ小樽2017」が10月8日に開催されました

Otaru_20171008_171042


今年で19回目となる、小樽の街が音楽で溢れるイベント「音座なまらいぶ小樽2017」が、10月8日(日)に開催されました。

今年は市内15会場で100バンドが参加して、ライブが繰り広げられたようです。

当日は、各会場で14:00から同時開催でライブが始まり、会場によっては21:00まで熱いライブが開催されたのですが、全て入場無料なんですよね(会場によっては、飲食メニューが用意されています)。

本当はこのブログでも事前告知できればよかったのですが、この日は街を歩いていて、あちこちから演奏が聴こえてきた、なんて方も多かったかもしれませんね。

例えば、サンモール一番街のおたる屋台村レンガ横丁前では、ストリート・ライブといった形で演奏していたので、イベントを知らなくても、足を止めて音楽に聴き入っていた方もいたかもしれません。

Otaru_20171008_170804

イベント用には、会場と演奏者のタイムテーブルが記載されたパンフレットが用意されていたので、それを手にして各会場を巡りながらライブを楽しむといった楽しみ方もいいですね。

私は残念ながらちょっと時間がなくて、あまり聴けなかったので、ぜひ、来年はいくつかの会場を巡って、ゆっくりライブを楽しみたいです。

(運河プラザ)
Otaru_20171008_172340


《追記 2017.10.19》
今回は時間もなくて店内には入らなかったのですが、次のようなお店も会場になってました(写真は当日撮影で、お店の前までは行ったんですけどね)。

Live Cafe & Dining Bar A.LIVE(アライブ)
Otaru_20171008_171410

JAZZ CAFE & BAR Groovy
Otaru_20171008_180346

coffee&swing Bridge(ブリッジ)…ここは2階で開催してました。
Otaru_20171008_181008

こういう会場は、特にお店に入ってじっくりライブを楽しんでみたいですね。


※「音座なまらいぶ」のサイトはこちら:音座なまらいぶ小樽 2017

【関連記事】
小樽とライブをめぐるローカル音楽イベント「音座なまらいぶ小樽2016」が10月9日に開催されました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

旧手宮線にロウソクの灯りが並ぶ「小樽グラスキャンドルの灯り」

Otaru_20171008_180133


10月8日(日)の夜、旧手宮線の線路沿いにずらーっとロウソクの灯りが幻想的に並んでるのを目にした方が、たくさんいたのではないでしょうか。

これは、小樽商科大学の学生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト(通称:本気(マジ)プロ)の「夜の小樽の魅力度向上」チームが開催した、イベント「小樽グラスキャンドルの灯り」によるものです。

Otaru_20171008_175328

10月8日(日)の18:00頃から、旧手宮線の中央通りから市立小樽文学館前までの区間にグラスキャンドルを並べて、旧手宮線をライトアップしていました。時間は予定では21:00まで行われたようです。

Otaru_20171008_175449

Otaru_20171008_175723

Otaru_20171008_175420

このイベントについては、それほど大きな宣伝はしてなかったようですが、これだけ長い区間にロウソクの灯りがまっすぐに続いているのは、なかなか素敵な光景だったので、思いがけず幻想的な光景を目にした方は、得した気分になったかもしれませんね。

Otaru_20171008_175828

せっかくなら、もっと多くの方に見てもらえれば、とも思ったのですが、あまり人が多いと、ロウソクの灯りが見物客で途切れ途切れになっちゃうし…、なんてことを思いながら、歩いてきました。

この日はそれほど冷え込まなかったので、ロウソクの灯りをたよりに、夜の旧手宮線の線路沿いを散歩するのにも良かったですね。

文学館前では、キャンドルによるオブジェが作られてました。
Otaru_20171008_175847

Otaru_20171008_180000

Otaru_20171008_180036


※小樽商大マジプロのFacebookページはこちら。
小樽商大マジプロ_ページ - ホーム

※参考:小樽グラスキャンドルの灯り…10/8(日)旧手宮線 | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 4日 (水)

小樽堺町通りでハロウィン・イベント「OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」開催中【追記あり】

Otaru_20170930_142025


観光客でいつも賑わう小樽堺町通りで、ハロウィンにちなんだイベント「OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」が開催されています。

イベントはすでに9月25日(月)から始まっていて、開催期間は10月31日(火)までです。

Otaru_20170930_142241

大きな催し物があるというわけではないのですが、期間中には堺町通りの70基の街灯に、オレンジ色の旗が2枚ずつ計140枚取り付けられ、メルヘン広場には巨大なカボチャのオブジェが登場して、観光客の皆さんの記念撮影スポットになってます。

Otaru_20170930_142057

Otaru_20170930_142025t

このイベントは、堺町通り商店街としての開催は初めてですが、確か昨年はルタオ単独で開催していて、このオブジェは昨年も活躍してますね。夜になると、ライトアップもされるようです。


Otaru_20170930_142150

ルタオをはじめ、お店によっては店頭などにハロウィンのディスプレーを施して、イベントを盛り上げてます。

Otaru_20170930_142127

Otaru_20170930_142226

Otaru_20170930_142235

Otaru_20170930_142513

Otaru_20170930_142528

Otaru_20170930_142954

Otaru_20170930_143440

せっかくなので、もっともっと多くの店で展示をするといいですね。ちょっとハロウィン展示が目立たないところもあったりするので。

毎年10月31日に行われる、もともと欧米の伝統行事のハロウィンですが、今では日本でもすっかりこの時期のイベントとして、あちこちで開催されるようになってますよね。

ここ堺町通りも楽しげな雰囲気になっていて、この時期のイベントとして根付くといいですね。

(堺町通りは本当に賑わってますね)
Otaru_20170930_142432

Otaru_20170930_142757

その他、10月21日(土)・22日(日)にはメルヘン広場で「オータム市」、10月29日(日)には小樽ハロウィン仮装コンテストといった関連イベントも開催されるとのことで、しばらく、堺町通りはハロウィンで賑やかになりそうです。

※小樽堺町通り商店街のサイトに「OTARU SWEET HALLOWEEN(オタル スイート ハロウィン)」の案内がありました。
OTARU SWEET HALLOWEEN - 小樽堺町通り商店街 | 小樽

(メルヘン交差点は少しずつ秋色になってきました)
Otaru_20170930_141948

※参考ニュース
かぼちゃのおばけがいっぱい! 堺町通り"小樽ハロウィン" (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
・2017年9月22日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄


《追記 2017.10.30》
夜にメルヘン広場に行く機会があったのですが、ルタオの建物のイルミネーションがとても綺麗で、カボチャのオブジェもライトアップされていました。

Otaru_20171027_182134

Otaru_20171027_182209

メルヘン交差点のシンボルでもある、常夜灯も点灯してます。
Otaru_20171027_182218


【関連記事】
メルヘン広場にハロウィンカボチャのオブジェ。ルタオ本店の建物もハロウィン仕様(2016年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月24日 (日)

北海製罐主催の「2017キャンアートフェスティバル」が運河プラザで開催(9月23日・24日)

Otaru_20170923_151028


今年も北海製罐株式会社が環境啓発活動の一環として開催しているイベント「2017キャンアートフェスティバル(CAN ART Festival)」が、9月23日(土)・24日(日)の2日間の日程で運河プラザで開催されてます。

このイベントは、今年でもう25回目の開催となるそうです。

会場は運河プラザに入って左奥にある3番庫で、開催時間は9時〜17時までで、入場は無料です。

Otaru_20170923_150714

Otaru_20170923_150724

Otaru_20170923_151059

毎年、会場の中央に空き缶やペットボトルで作ったオブジェが展示されているのですが、今年は“海中パラダイスへようこそ 親子カメの遊々散歩”ということで、カメのオブジェでした。

Otaru_20170923_150816

なかなか大作ですよね。

Otaru_20170923_150825

毎年、会場でゲームをやってるんですが、今年も作品の中にいる“くまのみ”の数を当てるというゲームなどを開催してましたよ。

Otaru_20170923_150935

この日行った時には親子で来てい方も多く、ゲームなどを楽しんでましたが、そうやってリサイクルやエコなどの環境について考えるきっかけになるイベントなんですね。

(これは空き缶釣りかな)
Otaru_20170923_150859

Otaru_20170923_150919

ということで、「2017キャンアートフェスティバル」は、9月24日(日)までです。

【関連記事】
※昨年の様子です
運河プラザで北海製罐主催の「2016キャンアートフェスティバル」が開催(9月17日〜19日)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月18日 (月)

秋恒例、小樽都通り商店街の「秋のみやこ市」と「第11回アートストリート」が開催中(9月15日〜24日)

Otaru_20170917_144257


秋恒例の小樽都通り商店街のイベント「秋のみやこ市」と「第11回アートストリート」が、9月15日(金)〜24日(日)までの日程で開催しています。

今年は開催期間が10日間と長いのですが、ここ数年行なっていた、通りを飾るバルーンアートはやってないようですね。

17日(日)に都通りを歩いてきて、その時は特にイベントはやってなかったのですが、もともと、期間中に通り全体で常に何か開催されている、というイベントではないんですよね。

Otaru_20170917_143558

Otaru_20170917_143311

「秋のみやこ市」としては、ガラポン抽選会が開催されていて、期間中に都通り商店街加盟店で3,000円以上の買物をすると1回抽選でき、特賞(5本)は千円札つかみ取りだそうですよ。

毎年人気のじゃがいもバケツ1杯100円即売会は、今年も15日(金)に真狩産のじゃがいもで開催済みで、20日(水)には赤井川産で開催予定です。

「第11回アートストリート」としては、この週末と次の週末にイベントが用意されているようで、15日(金)の朝刊にチラシが入っていたので、市内の方はそちらでイベント内容を確認できます。また、小樽観光協会のサイト内の秋のみやこ市…都通商店街(9/15~9/24) | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」でもイベント内容が記載されてます。

Otaru_20170915_125700

Otaru_20170917_143615

Otaru_20170917_144141


ガラポン抽選会の会場は、手芸品・和洋裁の材料等を扱う「ぎんざ」隣の、以前すずらん薬局のあった空き店舗(電気館ビル)なんですが、ここでは、他にも期間中には写真展などが開催されていて、これは個人的にも面白かったです。

Otaru_20170917_144257

小樽の「いま・むかし」写真展やヤングガンガン連載中の小樽を舞台にした漫画「聖樹のパン」のパネル展、小樽チャンネルマガジンの掲載でお馴染みの笹原馨氏が描く、小樽の街のスケッチ画を展示した「Sketch in Otaru」、 9月10日に開催した「おたる街並みスケッチ大会」で製作した12mのタペストリーなどが展示されてましたよ。

Otaru_20170917_144309

あっ、こちらは今年の1月いっぱいで閉店した老舗のそば屋「石川屋」ですが、ここでは「あなたがはじめて見る都通り」(小樽写真研究会)という写真展が開催されてましたよ。

Otaru_20170917_145828


ということで、小樽都通り商店街で開催中の「秋のみやこ市」と「第11回アートストリート」についてでしたが、9月18日(月・祝)の小樽は、台風の影響で1日雨と風の悪天候となってしまい、せっかくイベント期間中の休日でしたが、ちょっと残念でしたね。

アーケード街とはいえ、さすがに台風ではしょうがないですね。

※参考:秋のみやこ市&アートストリート!9/15~24開催 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)


《追記 2017.9.28》 
9月23日(土)にも行ったら、無農薬野菜市などで賑わっていたので、写真を追加しておきますね。

Otaru_20170923_124933

Otaru_20170923_125018

Otaru_20170923_125045

Otaru_20170923_125127

Otaru_20170923_125245

結構賑わっていて、よかったです!

【関連記事】
※昨年の様子です。
小樽都通り商店街恒例「秋のみやこ市」と「第10回アートストリート」が開催(9月16日〜19日)〜今年もバルーンアートが出現


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

ワインと秋の味覚の美味しいイベント「第31回 北の収穫祭 ワインカーニバル in おたる」の様子

20170910_104635


秋の風が吹き始めるこの時期恒例の美味しいイベント「第31回 北の収穫祭 ワインカーニバル in おたる」が、今年も9月10日(日)に開催されました。

会場は、いつもの毛無山に向う途中にある、おたるワインでも知られる北海道ワイン本社醸造所前のSL広場です。

当日は夜中にちょっと雨が降ったものの、朝には青空が広がり、絶好のイベント日和になりました。

(北海道ワイン本社併設ワインギャラリー側からの眺め)
20170910_114218

このイベントは、ワインとともに美味しいものを色々と楽しめるということで、毎年たくさんの来場者で賑わうんですよね。私も毎年楽しみにしていて、今年も行ってきました。

イベントは10:00〜15:30まで。ただ、開祭式の始まる10時には、会場はかなりの混雑になります。後で書きますが、特に大人気のローストビーフには、開始前の早い時間から大行列ができるんですよね。

会場にはお馴染みの椅子代わりのワインケースが並べられ、その周囲にいい匂いを漂わせる屋台が囲んでます。

20170910_100125

20170910_104628

ステージでは、今年も様々なショーが開催されていましたが、ワインカーニバルといえばこの方、今年も湯原昌幸さんのショーが開催されたようです(すいません、その前に帰ったので、ショーは見てないんです…)

20170910_100047

皆さん、青空の下でワインケースを椅子やテーブル代わりにして、ワインやビールを飲んで美味しものを食べながらイベントを楽しんでいました。

20170910_100656

それでは、会場の美味しい様子を掲載していきますね。


第31回 ワインカーニバルの美味しい様子

まず、ワインカーニバルということで、毎年人気なのが、空クジなしのお楽しみワインくじ・ガラポン抽選会です。

20170910_112032

今年も1回1,000円で私もやりましたが、残念ながら一番下の4等で、1,100円相当のワイン1本でした。残念…

以下は、ぐるりと会場の様子を見てきた写真です。

20170910_103658

おたる生ワインボール(ピントがずれた…)。
20170910_104618

20170910_103754

20170910_103819

20170910_103823

20170910_103906

20170910_103933

こちらのお店のほうれん草とチーズのキッシュとチーズポテトフライのセット(600円)を買いました。

20170910_111254
キッシュが美味しかった!

今年もトンデンファームの「スモークチキン炭焼」(800円に値上がりしてた…)を。

20170910_104022

JA新おたる青年部の産直野菜も人気です。
20170910_104025

毎年買っている黒松内町トワ・ヴェールの「チーズ フォンデュ」(500円)はお気に入りです。

20170910_100936


さて、みんなのお目当て、売り切れ必至の「炭焼きローストビーフ」(600円)ですが、炭焼きローストビーフは、昨年から南樽市場や新南樽市場にお店を出す「肉の店ふかさわ」による出店です。

20170910_084755

20170910_100000

これが大人気で、とにかく長蛇の列なんです。

20170910_100017

今年も開始前には、もうジグザグの行列が4重になってましたよ。

私も食べたくて毎年並ぶのですが、今年は1時間半並びました(汗)
20170910_095717

けど、抜群に美味しいんです!!
20170910_105013


おわりに

ワインに関わるイベントなので、会場へは無料送迎バスが、小樽駅方面、朝里方面2系統で、随時運行しています。

20170910_100917

ただ、私はここ数年は車でかなり早い時間に行って(車は時間によっては駐車場待ちの長い列ができ、満車状態が続くこともあります)、大人気のローストビーフの行列に並び、お目当のローストビーフを買った後、その他の美味しいものを色々と買って、会場で雰囲気をしばし楽しんでからお昼頃に会場を後にしてます(運転は奥さんにお願いしてます)。

ということで、「第31回 北の収穫祭 ワインカーニバル in おたる」の美味しい様子でしたが、今年はいい天気だったので、特に皆さんイベントを満喫しているようでした。


※北海道ワインのイベントサイトはこちら。
北海道ワイン株式会社 オフィシャルサイト(HOKKAIDOWINE Co.,Ltd.)

(会場となっているSL広場には、ちゃんとSLがあります)
20170910_101331

(会場奥からのいい眺め)
20170910_085548

【関連記事】
※昨年の様子です。
秋の美味しく楽しいイベント「第30回 北の収穫祭 ワインカーニバル in おたる」の様子


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 4日 (月)

街を歩いてアニメファンの熱気にちょっとだけ触れてきました〜小樽の街がいつもと違う「小樽アニメパーティー2017」開催

Otaru_20170903_145648


普段とは小樽の街の雰囲気ががらりと変わるイベント「小樽アニメパーティー2017」が9月2日(土)・3日(日)の2日間、今年も市街地の商店街全体を会場に開催されました。

小樽の街がアニメファンで溢れ、街にはコスプレイヤーさんたちが普通に歩いているという、小樽の街がいつもと違った熱気に溢れるんですが、街を歩くコスプレイヤーさんたちの姿に、何事だと驚いた市民の方も多かったかもしれませんね。

(※記事中にコスプレイヤーさんたちの写真はありませんのでご了承を。)

Otaru_20170903_150046

ニュー三幸小樽本店をメイン会場に、各商店街などで様々なイベントが企画されていたのですが、イベントに参加するためには、小樽アニメパーティーパスポートが必要で、一般市民が直接参加する感じではないんですよね。

それでも、商店街にはアニメのキャラクターなどでラッピングされた痛車が展示される「痛車フェスティバル」や、特殊車両の「働く車」の展示も行われていて、街中を歩くだけでも楽しめます。

そんなわけで、ちょっと気後れしつつも、その雰囲気だけでもを味わおうと、コスプレイヤーさんらアニメファンで活気づく小樽の街を歩いてきました。


本当に街中をたくさんのコスプレイヤーさんが普通に歩いていて、私は参加者ではないので撮影はしてなくて写真はないのですが、各所でニュースにもなっているので、目にした方も多いとおもいます。

そういえば、物語の序盤を小樽を舞台に展開した漫画「ゴールデンカムイ」のコスプレイヤーさんもいたとか。見たかった〜

メイン会場のあるサンモール一番街は、ひときわ人が集まって賑わってました。

Otaru_20170903_143806

Otaru_20170903_144002

こちらは、サンモール一番街に「働く車」として展示されていた、自衛隊の展示車両、軽装甲機動、指揮通信車、バイク。

Otaru_20170903_144216

Otaru_20170903_144301

こちらは都通りの痛車フェスティバル。

Otaru_20170903_151410

Otaru_20170903_144704

Otaru_20170903_151155

小樽が舞台の人気漫画「聖樹のパン」の原作で小樽出身の山花典之先生と、作画のたかはし慶行先生によるトークショーもあったそうで、公認パネル展が都通りの電気館ビルに設置された特設展示会場で開催されていたので、それは私も見てきました。

Otaru_20170903_151019

こちらは梁川通りの「働く車」、はしご消防自動車と除雪ドーザ、ロータリー除雪車。

Otaru_20170903_145738

Otaru_20170903_150516

Otaru_20170903_145837


ということで、「小樽アニメパーティー2017」のアニメファンの熱気にちょっとだけ触れてきました。

そうそう、近郊の小樽の歴史的建造物や観光スポットを撮影スポットとして紹介もしていて、そういうコスプレローケーションとして小樽を楽しんでもらえるのもいいですね。

おじさん一般市民には、街中を歩くだけでも結構ハードルの高いイベントではあるんですが、街が活気付くのはいいですよね。何より皆さんん、楽しそうでした。

※公式サイト:小樽アニメパーティー 歴史の街、小樽がカオスに!-公式ホームページ

【関連記事】
市立小樽図書館にて特別展示「聖樹のパンと小樽のパン屋さん」開催〜「聖樹のパン」は小樽を舞台にした漫画
小樽市総合博物館にて企画展「『ゴールデンカムイ』の中の小樽」開催〜マンガ大賞2016受賞「ゴールデンカムイ」の企画展

※気後れしつつ見てきた小樽アニメパーティーの過去記事です(笑)
小樽の街がアニメファンの熱気であふれる「小樽アニメパーティー2016」開催〜街を歩いて雰囲気だけ味わってきました
小樽の街がアニメファンであふれる「小樽アニメパーティー」開催〜今年もおっかなびっくり、街の様子だけ楽しんで見てきました
小樽の街がアニメファンであふれる「第1回小樽アニメパーティ」開催〜その様子をおっかなびっくり楽しんできました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 3日 (日)

北運河を彩るイルミネーションバルーン〜「北運河ルネサンス2017」が運河公園をメイン会場に開催【動画追加】

Otaru_20170902_203427


北運河の端にある運河公園をメイン会場に、9月2日(土)・3日(日)の2日間、イベント「北運河ルネサンス2017」が開催されるということで、2日に様子を見に行ってきました。

個人的にお目当だったのが、北運河を彩るイルミネーションバルーンです。

と、その前に、イベント「北運河ルネサンス2017」についてです。


イベント「北運河ルネサンス2017」

Otaru_20170902_172946

幅40mのままのかつての面影を残す運河の北側、通称「北運河」には、歴史的建造物が今も多く残り、なかなか魅力のある地域なんですが、この北運河を多くの人に知ってもらい、小樽の歴史の魅力を伝えようというイベントです。

主催は小樽青年会議所で、2015年に続き2回目の開催なんですよね(引用は「北運河ルネサンス2017」特設ページより)。

観光の顔として知られる小樽運河とは違った、小樽の原風景を色濃く残す「北運河」。
この地にはまだまだ知られざる魅力があるのです。
小樽の歴史を紐解くと、各時代に重要な役割を果たしてきた歴史的建造物の多くが集まっている「北運河」を多くの人に知ってもらいたい、そして未来へ遺していきたい魅力や可能性を感じてほしい。
この地から小樽のまちづくりの新たな1ページがはじまります。
「北運河ルネサンス2017」特設ページ – 一般社団法人 小樽青年会議所

小樽では日本遺産登録を目指していることから、小樽遺産ツアーや小樽遺産ウルトラクイズといったイベントが企画されているのほか、様々なイベントが用意されていて、会場の運河公園のステージでは演奏が行われ、周囲がビアガーデンとなっているので、のんびり過ごすこともできます。

Otaru_20170902_173739

Otaru_20170902_173827

参考:「北運河ルネサンス2017」特設ページ – 一般社団法人 小樽青年会議所


北運河を彩るイルミネーションバルーン

そして、北運河を彩るイルミネーションバルーンです。

LEDライトを入れた風船・イルミネーションバルーンが会場周辺に設置されています。

こちらは日の暮れる前ですから、まだ、普通の白い風船ですね。

Otaru_20170902_172707

北運河の北浜橋からの運河沿いと、北海製罐の建物側にも風船は設置されてます。

Otaru_20170902_173050

そして、運河公園内の噴水の周りにも飾られてます。
Otaru_20170902_173732

これが日が暮れると点灯されて、こんな感じになります。

Otaru_20170902_203024

後ろに建つライトアップされた建物は、国指定重要文化財の歴史的建造物「旧日本郵船(株)小樽支店」です。

風にゆらゆら揺れて、なかなか幻想的で素敵です。

Otaru_20170902_202853

Otaru_20170902_203048

このイルミネーションバルーンは色が徐々に変わっていくんですよね。

Otaru_20170902_204157

イルミネーションバルーンが水面に映る様子も綺麗ですね。

こちらは、北運河沿いです。
Otaru_20170902_2035141

Otaru_20170902_203537


ということで、「北運河ルネサンス2017」は、9月3日(日)も21時まで開催されています。入場は無料です、

多くの方にここ北運河に足を運んでもらい、この地域の魅力が伝わるといいですね。


《追記 2017.9.4》 
運河公園の噴水周りに飾られたイルミネーションバルーンの様子を動画に撮ってきました。徐々に色が変わっていきます。


※参考ニュース
未来に遺したい北運河 青年会議所イベント (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
小樽で「北運河ルネサンス」 北運河を幻想的に演出 - 小樽経済新聞
北運河ルネサンス2017 | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」

【関連記事】
※前回2015年の様子です。
運河公園で開催の「北運河ルネサンス」で幻想的なイルミネーションバルーンを見てきました【追記:動画あり】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌