書籍・雑誌

2021年5月23日 (日)

小説「ミュゲ書房」〜小樽出身の著者・伊藤調のデビュー作〜“そこは、人も物語も再生する本屋さん”

本日は珍しく小説の紹介です。

ミュゲ書房」著者:伊藤調
発行:KADOKAWA(2021年3月17日発行)
Otaru_20210427-115424t

普段、このブログでは書籍関係を紹介することはほとんどないんですが(あまり読書をしないもので…)、この小説「ミュゲ書房」の著者・伊藤調(しらべ)さんは小樽出身の方なんですよね。

伊藤調さんとは、オレンジ11(伊藤調)さん (@iBYifqTblxozFLg)としてTwitterでフォローしていただいていて、小説デビューされたということを知って、今回読ませていただきました。

小説「ミュゲ書房」は、もともとウェブ小説サイト「カクヨム」に掲載したものを加筆修正して書籍化したものとのことです。

装丁も素敵です。

Otaru_20210427-115430

〜そこは、人も物語も再生する本屋さん〜

大きな挫折を経験した元編集者の若い主人公が、祖父の書店『ミュゲ書房』を継ぐことになり、そこに関わる人々との出会いの中、編集者として再起していく物語で、終盤での思わぬ展開になってからは、面白くて一気に読み進んでしまいました。

本というものを作って売るための工程、過程、それに関わる人々の情熱も描かれ、本に携わっている人、本を愛する方々にとっては、一層引き込まれる内容なのではないでしょうか。

一方、物語はもちろんフィクションでありながらも、小樽出身の著者が描く、舞台となる架空の町「A市」は、小樽がモデルとのことで、作中で小樽とは書かれてないものの、その風景や自然、食べ物があちこちで出てきて、読む人が読めば、これは!!って分かるんですよね。

例えば、大正末期に建てられた洋館を改装したという、タイトルにもなっているミュゲ書房の建物の雰囲気は小樽にありそうな建物ですし、人口減に悩んでいるというA市、市内のどの場所にいてもたいていは海が見えるというその地形、他にも栗の自生林の北限っていわれるT公園と炊事遠足、廃線跡の遊歩道などなど…

作者の本来の意図とはズレてしまうかもしれませんが、個人的には、所々で描写される小樽を思い起こさせる情景に、ニヤッとしてしまって、なんとも興味を惹かれます。

ということで、小樽出身の伊藤調さんの小説「ミュゲ書房」。今は、コロナ禍でちょっと外出もままならないので、家でゆっくり読書をするのもいいですね(私は久しぶりでしたが…)。


※内容について、KADOKAWAのサイトからの引用です。

挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。
ミュゲ書房 伊藤 調:文芸書 | KADOKAWA

ミュゲ書房 伊藤 調:文芸書 | KADOKAWA
ミュゲ書房(オレンジ11) - カクヨム
オレンジ11(伊藤調)さん (@iBYifqTblxozFLg)(Twitter)

※Amazonで「ミュゲ書房/伊藤 調」をチェックする。

| | コメント (2)

2021年3月15日 (月)

旧魁陽亭の歴史と遺産を紹介する冊子「旧魁陽亭-北海道を代表する老舗料亭-」〜小樽商科大学と建物所有者による共同研究

Otaru_20210309-215152

メルヘン交差点から上って行く三本木急坂の途中の左手奥に、小樽市指定歴史的建造物の旧魁陽亭の趣ある建物が静かに建っています。

北海道を代表する老舗料亭だった旧魁陽亭は、小樽市の日本遺産「北前船」の構成文化財にも認定されていますが、近年は海陽亭として食事や亭内の見学ができたのですが、2015年に営業を停止しています。

その後、建物の所有者が変わり、建物所有者と小樽商科大学との共同研究によって、保存と活用に向けて亭内に残る様々な資料の調査・整理などが進められているんですよね。

で、その共同研究の成果として、旧魁陽亭の150年に渡る歴史と遺産を紹介する冊子「旧魁陽亭-北海道を代表する老舗料亭-」が少し前に発行されています。

Otaru_20210309-215429

研究の調査結果をまとめたものということで、Aサイズの77ページのボリュームで無料なのですが、部数が1,000部限定なんですよね(ダイジェスト版(日本語・英語)もあって、各1,500部発行されています)。

配布としては、市立小樽図書館と、旧小樽倉庫の臨港線沿いに入り口のある「 UNGA↑」で配布されているのですが、各100部ずつの配布というこことで、もう配布が終わっていたらごめんないさい。

旧魁陽亭共同研究公式サイトで無料ダウンロード配布をしているそうですので、冊子を入手できない方は、そちらからダウンロードするといいかもしれませんね。
『旧魁陽亭−北海道を代表する老舗料亭−』発行 | 旧魁陽亭共同研究公式サイト

(旧魁陽亭の敷地には、現在はチェーンがあって入れません。2020年4月撮影)
Otaru_20200415-145356

(こちらの写真は2018年4月撮影)
Otaru_20180417_155017

旧魁陽亭の創業は、安政初期と伝えられるも詳しい資料は確認されていないということです。明治初期からこの高台で営業していたと伝わっていて、現在の建物は明治29年(1896年)に発生した大火で消失後、再建されたものとのことです。

その名は創業期の魁陽亭から開陽亭、そして、海陽亭と変わっていて、平成27年(2015年)の閉店まで北海道を代表する老舗料亭として営業を続けていたんですよね。

明治39年(1906年)には、日露戦争後に小樽で開催された樺太境界画定委員会議後の祝宴がここで開かれたことでも知られています。

冊子「旧魁陽亭-北海道を代表する老舗料亭-」につていは、まだ、全部読んではいないのですが、とても貴重で豊富な資料で紹介されています。

Otaru_20210309-2157291

内容は、建物についてと亭内に残された貴重な遺産の紹介の後、魁陽亭、開陽亭、海陽亭、それぞれに時代について写真ともに解説。各コラムでは、訪れた著名人(伊藤博文や渋沢栄一、石原裕次郎など)なども紹介しています。

Otaru_20210309-215741

さらには、歴史や建築などについての論文や建造物の平面図、年表も掲載されていて、本当に内容の濃い、この冊子自体が貴重な資料となっています。

ということで、旧魁陽亭の研究成果をまとめた冊子「旧魁陽亭-北海道を代表する老舗料亭-」についてでしたが、この研究成果が今後の建物の保存と活用に大いに役立つといいですよね。

で、市民として気になるのが、その保存・活用の動きが現在、どうなっているのかというところで、以前の報道では、保存改修をして、隣接地に新設するホテルとともに一体開発をするというニュースがあったのですが、その後どうなったのか…

そちらの新しいニュースも待っています。

旧魁陽亭とは | 旧魁陽亭共同研究公式サイト
海陽亭 | KAIYOTEI

※関連ニュース
150年の歴史・旧魁陽亭の研究成果を冊子に!(小樽ジャーナル)
「旧魁陽亭」の歴史と遺産を冊子で紹介 小樽商科大学と民間企業が研究成果公開 - 小樽経済新聞

【関連記事】
小樽商大が歴史的建造物「旧魁陽亭」の調査研究を紹介する公式サイトと公式Facebookページ開設
ニュースより/歴史的建造物の「旧魁陽亭」が再生に向けて改修工事予定。隣接地に新設するホテルとともに開発

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

後志の地域雑誌「BYWAY後志」の23号で小川原格さんの追悼特集

Otaru_20200703-170741

ようやくこの雑誌を買いました。

後志の地域雑誌「BYWAY後志(バイウェイしりべし)」の23号です(発行BYWAY後志発行委員会)。

2019年12月に71歳で亡くなった、小川原格(おがわら ただし)さんの追悼特集「ありがとう小川原格さん」が掲載されているんですよね。

Otaru_20200703-170632

小樽の老舗の蕎麦屋「藪半」の店主として知られる小川原格さんですが、小樽運河の保存運動の中心的な役割を担い、その後も運河を中心としたまちづくりに取り組み、小樽の、さらには後志の観光振興に尽力し続けた方として、小樽・後志地域では、あまりにも有名な方です。

小川原格さんは、この雑誌、BYWAY後志の発行委員会の委員長でもあったんですね。

そして、今号の追悼特集ですが、31ページにわたり、人物「小川原格」を語る内容で、長女で藪半若女将による「いつもの会話」、同誌の現在の発行委員長で北海道職業能力開発大学校特別顧問の駒木定正さんによる「追憶 小樽蕎麦屋・藪半建築物語」などなど、関係者9人による記事が掲載されています。

さらには、過去の記事から、小川原格さんが「小樽運河を守る会」の元会長・峯山冨美さんについて語った記事も再掲されています(対談の聞き手はバックパッカーズホステル杜の樹の原田正樹さん)。

Otaru_20200703-170705

いや〜、これは一気に読んでしまいました。本当にすごい人ですね。私は、残念ながら面識はなくて、お話をさせていただいたこともなかったのですが、う〜ん、一度じっくりお話を聞いてみたかったです。

「BYWAY後志」は、後志管内と札幌の主な書店、道の駅で販売しています。私は小樽駅前の紀伊國屋書店で買いました。

紀伊國屋書店ではまだ数冊あったのですが、お店の方によると、小川原格さんの特集ということで、とても人気があるそうですので、気になる方は早く手にしたほうがいいかもしれませんね。

※参照:2020年6月11日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
【訃報】小樽運河保存、その後の小樽の観光振興に尽力した小川原格さん死去のニュース
運河保存運動の象徴・峯山冨美さん〜訃報

| | コメント (11)

2020年4月 6日 (月)

小樽観光ガイドマップの2020年度版「もっともっと“もっと”小樽」が配布されてます

Otaru_20200404-155953

小樽観光協会による、2020年度版の小樽観光ガイドマップが、4月1日(木)から配布されています。

私も先日、新しくなっていたガイドマップを目にして手に取ってみたのですが、内容が結構変わってまして、最近は前年を元にした改訂版だったのですが、どうやら今回は4年ぶりとなる全面改訂版となっているそうです。

※参照ニュース:2020年版小樽観光ガイドマップ完成!(小樽ジャーナル)

小樽の観光情報をギュっと詰め込んだ、【公式】小樽観光ガイド2020「もっともっともっと小樽」は、A4サイズフルカラー全28ページの無料のガイドマップです。

あれ?ガイドマップのタイトルの“もっと”が増えてますね(以前は「もっともっと小樽」でした)。

ざっと内容を紹介すると、表紙をめくると「浪漫に魅せられて」というタイトルで運河〜北運河エリアの紹介、続いて「街歩きに心躍らせて」で市内中心街全域を、さらに「夜を遊び尽くして」「自然に感動して」とメインとなる観光案内ページが続いてます。

Otaru_20200406-012819

そして、グルメ・スイーツ、実際のガイドマップ、おたる水族館や観光船などの海上観光関連の情報ページがあって、後半は店舗案内(広告)が掲載されています。

この小樽観光ガイドマップは、観光客の方はもちろんですが、市民が読んでもなかなか面白くて参考になる内容なんですよね。

いや〜、本当にもりだくさん。なるほど、タイトル通り、もっともっと、そして“もっと”小樽ですね。

今は積極的に小樽観光を呼びかけられない状況ですが、この状況が落ち着いて、また、観光客の皆さんが小樽を訪れてくれるようになった時に、この新しい観光ガイドマップを手にとってもらえるといいですね。

(小樽駅にも置かれてます。英語版もありますね)
Otaru_20200404-155936

小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」:北海道小樽へようこそ!

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

毎月楽しみにしていた北海道新聞朝刊折り込み紙〈新ねっとわーく小樽〉が2020年3月号をもって終刊

Otaru_20200319-020146

毎月楽しみにしていた、北海道新聞の朝刊別刷り折込紙〈新ねっとわーく小樽〉が、2020年3月号(No.68)をもって終刊となりました。

この〈新ねっとわーく小樽〉は、北海道新聞小樽版の折り込み月刊情報紙で、毎月15日に発行されていたのですが、毎回、市内のある地域やスポットに焦点を当てて、そこに暮らす人、街の様子、歴史的背景などを通して、その魅力を伝えてくれていたんですよね。

発行はどうしん小樽販売所会、編集・制作は有限会社ウィルダネスで、ちなみに、有限会社ウィルダネスといえば、私も愛読している「小樽散歩案内」を発行しているところです。

毎号本当に楽しみにしていて、小樽の魅力を再発見させてくれるのと同時に、その丁寧な取材に基づいた記事は、資料としてもとても貴重で勉強にもなり、このブログでもよく参照させてもらっていました。

なので、終刊はとても残念です。

最終回は「鳥瞰図で見る小樽」でした。
Otaru_20200319-020146

Otaru_20200319-020201
(中面の情報ページは、今後も単体で月一回の発行を続けるそうです)

で、この〈新ねっとわーく小樽〉には個人的にとても縁があって、実は創刊号の2014年8月号(No.1)から2016年4月号(No.21)まで、「ローカルブロガー小梅太郎のおいしい小樽」という、なんと料理コラムを書かせていただいていたんですよね(懐かしい〜)。

(こちらが、創刊号のコラム)
Otaru_20200319-020214

そういった意味でも、とてもお世話にもなり、思い入れのある折り込み紙で、感謝しています。

そうだ、過去号を整理して、きちんと資料として活用できるようにしないと…

※今は更新が止まっているブログなんですが、小樽で家庭料理というブログに〈新ねっとわーく小樽〉掲載料理を投稿してます。
新ねっとわーく小樽: 小樽で家庭料理(その1)
新ねっとわーく小樽: 小樽で家庭料理(その2)

※小樽道新文化センターで、〈新ねっとわーく小樽〉をテーマにした講座が5月から3回にわたって開催されるそうです。う〜ん、気になる…(詳細はこちら:「ねっとわーく小樽」で街の魅力を再発見【全3回】 | 道新文化センター

| | コメント (2)

2019年10月 3日 (木)

小樽の夜の魅力を写真で伝えるナイトブック第2弾「ON -OTARU NIGHT-vol.2」が限定販売

Otaru_20191002-214828

小樽の夜の魅力を写真で伝えるナイトブックの第2弾「ON -OTARU NIGHT-vol.2」が、小樽観光協会より9月から限定販売されています。

今年1月に発売された第1弾に続く ナイトブック第2弾ということで、第1弾同様14.5cm四方スクエア型冊子で、表紙を含めて全48ぺージ。価格は今回もなんと100円(税込)で、限定2,000冊の販売です。

第1弾はカラー写真と文章で構成された、ちょっとした写真集のような内容で、写真の店舗は写真協力という形で記載されているだけだったのですが、この第2弾は、こだわりの写真とともに店舗情報が掲載されていて、表示されているQRコードによって、個別の店舗サイトに飛ぶこともできます。

(表紙)
Otaru_20191002-214828

(裏表紙)
Otaru_20191002-215108

前半は美味しそうで楽しそう、そして、ちょっとオシャレで素敵な飲食店(15店舗)の写真の数々が掲載されていて、後半には9軒のホテル(宿泊施設)に加えて、四季ごとの朝の写真も掲載されています。

そしてマップと、今回も第1弾同様、最後のページに表紙・裏表紙の男女が描かれたコースターがついてました。

Otaru_20191002-215011

小樽の夜を楽しむための情報はもちろん、小樽の夜の魅力が詰まったミニ写真集としても楽しめますね。

(左が今回の第2弾。右が第1弾)
Otaru_20191002-215202

運河プラザや掲載店舗で販売しているということで、私は運河プラザで買ってきました。100円というお値段も手にしやすいですね(第1弾も売ってました)。

Otaru_20191001-141634

※参考
「ON-小樽ナイトブック-vol.2 」好評発売中 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2019年9月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
小樽の夜の魅力を写真で伝えるナイトブック「ON」(税込100円)が限定販売

| | コメント (0)

2019年8月17日 (土)

【PR】小樽が舞台の三浦群来さんの小説3部作の完結編「Invitation3」を読みました

Otaru_20190817-153915

三浦群来(くき)さんが書く、小樽を舞台にした小説3部作の完結編「Invitation3」が、2019年7月に刊行されています。

この小樽応援小説「Invitation」シリーズを自費出版している三浦群来さんは、当ブログを読んでくれている縁もあって、応援させていただいているのですが、この度、この新刊「Invitation3」を三浦群来さんからいただいたので、PR記事ということで、当ブログでも紹介させていただきますね。

小樽を舞台にしたこの小説には、作者の思いとともに、小樽の魅力があちこちに散りばめられていて、その中で登場人物たちのドラマが繰り広げられて行きます。直接に場所の固有名詞を出さずとも、その描写で市内のどこのことかが分かるのが、なんだか嬉しいんですよね。

3部作の完結編となるこの「Invitation3」では、さらに未来の小樽への(こんな小樽になったらという)作者の希望というか空想も描かれています。

そんな小樽の中で、中心人物をはじめとした登場人物それぞれが、自分の思いを見つめなおして、新しい一歩を踏み出したり、信念を貫いて未来に進んでいきます。出会いと別れ、内に秘める思いと行動に移す思い。人々の交錯する思いが小樽という街を舞台に描かれ、一気に読ませていただきました(ただ、最初の頃の設定などをちょっと忘れかけているので、また最初から読み直さないと…)。

三浦群来さんが、小樽が好きで、小樽を元気にしたいという思いで書いたとうかがっているこの小説も、これで完結ですね。

Otaru_20190817-154302

三浦群来さんの新しい作品も楽しみです。応援してます!!

※第1部が1,000円、第2部が1,300円で、そしてこの第3部が1,000円(税込)です。
※小説「Invitation」シリーズは、JR小樽駅の駅なかマート「タルシェ」、長崎屋サンポート1Fオガタ時計店、運河プラザ1番庫カフェなどで販売しているそうなので、手に取ってみてはいかかでしょうか。

【関連記事】
三浦群来さんの小樽が舞台の小樽の魅力が詰まった小説「Invitation」を読みました【応援】
三浦群来さんの小説を題材とした、写真家の梶礼哉さんの『小説「Invitation」の中の小樽写真展』は11月7日(水)まで
小樽を舞台にした三浦群来さんの『小説「Invitation」の中の小樽写真展』が開催されます。11月1日(木)〜11月7日(水)まで


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

銭函地区の情報満載「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」の改訂版が発行されています

Otaru_20190813-122540

小樽の東の端に位置する銭函地区は、海があって山があってと自然にあふれ、さらには街には素敵なカフェや雑貨店なんかもあり、札幌の手稲区と隣接しているという、その立地のせいもあってか、小樽の中でも独自の文化が育っているようにも感じます。

そんな銭函地区を紹介する、イラストマップ付のフリーマガジン「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」(2018年2月初版発行)というのがあるのですが、その改訂版が2019年7月に発行されています。

この銭函の秘密マップはA5サイズで、銭函地区として、銭函・見晴・春香・張碓・星野・桂岡の6つの町について、イラストマップに加えてアクティビティやグルメにショップ情報などを写真付きで紹介しています。

編集・制作・発行は「OTARU秘密マッププロジェクト」で、サイト「小樽人」が連携ウェブサイトとなっています。

「小樽人」でおなじみ、自称小樽のマスコット“消防犬ぶん公”も、マップに登場してますね。

実は、先日の8月9日(金)・10日(土)に「小樽人編集部会議」というイベントがスペール・アルト(稲穂町)であって、小樽人オリジナルグッズの販売や絵葉書教室・写真教室のワークショップ(有料)などが開催され、小樽人編集部の方々とお話しする場にもなっていたようです。
第2回 小樽人編集部会議 開催! 8/9・10 – column

で、当日、会場で改定版のマップを配布するということだったので、私もちょっとだけですが、行って改訂版をもらってきました!!

改訂版は、表紙の右上に「カイテイバン」の文字が。

Otaru_20190813-122549

あっ、ぶん公の口元が開いてる!!
あっ、言葉も「フーン」から「ヘェー」に変わってる(笑)

改訂版の配布場所ですが、銭函エリアを中心に置かれていて、その場所は小樽人のサイトで確認できます。
『OTARU 銭函の秘密マップvol.3』改定版 設置場所情報(8/7更新) – 秘密マップ

銭函地区は、なかなか頻繁には行けませんが、私も前回の銭函巡りの際には、このマップを手に出かけてきました(って、お店には行かなかったんですけどね)。

次に銭函地区に行く時は、この改訂版を手に出かけたいと思っています。

小樽人 – 小樽らしさ、小樽人らしさを探しています。

【関連記事】
銭函エリアの魅力と情報満載「OTARU 銭函の秘密マップ vol.3」が発行されてます


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

小樽観光ガイドマップ「もっともっと小樽」の2019年度のリニューアル版が配布開始

Otaru_20190401-144754


小樽観光協会による、小樽観光ガイドマップもっともっと小樽」の2019年度リニューアル版の配布が、2019年4月1日(月)より始まっています。

【公式】小樽観光ガイド2019「もっともっと小樽」は、小樽の観光情報をギュっと詰め込んだ、A4サイズ全28ページの無料のガイドマップです。

Otaru_20190402-134650

小樽の見どころ、食べどころなどをたっぷりと掲載していて、基本的には昨年の内容をもとにお店情報が更新され、加えて今回は、おたる水族館や観光船などの海上観光関連の情報にページを割いていますね。

冊子の真ん中のホッチキス留めの部分が、見開きのマップになっているので、抜き取って使えるようになってます。

Otaru_20190402-134646

運河プラザ、浅草橋、小樽駅などの観光案内所や宿泊施設などで配布されていますので、新しいガイドマップ「もっともっと小樽」を手にとってみてはいかがでしょうか。

観光客の皆さんはもちろん、小樽市民の方にも、色々と参考になりそうですよ。

Otaru_20190401-144821

※参照:小樽観光ガイド2019『もっともっと小樽』を4月1日より配布スタート! | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
小樽観光ガイドマップ「もっともっと小樽」が2018年度版としてリニューアル


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0)

2019年3月 1日 (金)

小樽の夜の魅力を写真で伝えるナイトブック「ON」(税込100円)が限定販売

Otaru_20190301_011110


小樽観光協会は、小樽の夜の魅力を伝えるために、こだわりの写真を中心に構成したナイトブック「ON」を1月下旬から、限定2000冊で販売しています。

販売価格は、なんと100円(税込)。

運河プラザ、観光案内所などで販売しているということで、私も運河プラザで買ってきました。

Otaru_20190205_143745

14.5cm四方スクエア型冊子で44ぺージ。カラー写真と文章で構成されていて、中を見ると天狗山の夜景などの風景に、小樽ならではの食べ物や夜のお店の様子なども掲載されていて、美味しそうで楽しそうで、ちょっとおしゃれで、夜の小樽の街が気になってくるような内容です。

(表紙)
Otaru_20190301_011110

(裏表紙)
Otaru_20190301_005646

夜の小樽のちょっとした写真集ですね。
「OTARU NIGHT」の頭文字と、夜に活動しようという思いを込めて「ON」と命名したそうですよ。

無料版の夜の小樽のお店情報マップ「小樽ナイトマップ」も2月に入ってリニューアルされ、表紙がナイトブック「ON」と一緒になっていて、お互いが姉妹編ということなんですね。

(小樽ナイトマップの表紙)
Otaru_20190221_160513

Otaru_20190221_160506

(小樽ナイトマップは折りたたみ式)
Otaru_20190221_160605


ということで、限定販売中のナイトブック「ON」についてでしたが、たくさんの方に手にしてもらい、夜の小樽も楽しんでもらえるといいですね。

あっ、「ON」の最後のページに表紙・裏表紙の男女が描かれたコースターがついてる!!
Otaru_20190301_005720

※参照
小樽の夜のミニ写真集!有料版ナイトブック「ON」(100円)販売開始 | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
お洒落なナイトブック完成 夜の小樽写真で紹介 (小樽ジャーナル)

【関連記事】
小樽観光ガイドマップ「もっともっとおたる」と「小樽ナイトマップ」が改訂されています。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市都市景観賞関連 小樽市総合博物館 市立小樽文学館・美術館 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 小樽の丘のつく地名 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 妙見市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外) 音楽