日記・コラム・つぶやき

2019年11月12日 (火)

ん?スマイルホテル小樽が「THE GREEN OTARU」に!?

ん?中央通りの稲穂町の交差点にあった「スマイルホテル小樽」の看板が、「THE GREEN OTARU」という看板に変わってますね。

Otaru_20191103-125728

駅前の中央通りを下りて行って、北陸銀行のある交差点左に、通りを挟んで2棟あったスマイルホテル小樽ですが、どちらも看板が「THE GREEN OTARU」になっています。

Otaru_20191103-125705

実は、確かに今年の冬にニュースで、スマイルホテル小樽本館が建て替えで、2021年春にも「ザ・グリーン小樽」として開業するという報道があったんですよね(参照:2019年1月31日付北海道新聞朝刊経済欄。ブログ記事はこちら:ニュースより/スマイルホテル小樽本館が建て替えで、2021年春にも「ザ・グリーン小樽」に)。

ただ、ニュースに比べて随分と時期が早いですし、ニュースでは建て替えは山側の本館で、通りを挟んで向かいの別館は「スマイルホテル小樽」として従来通りに営業するということでしたが、看板は両館とも変わってますし、スマイルホテル小樽のサイトを見に行っても、すでにエラーになって閉鎖されています。

Otaru_20191103-125622

さらに遡ると、そもそもここは緑色の看板が記憶に残る「小樽グリーンホテル」だったんですよね。

それが、小樽グリーンホテルがスマイルホテルを展開している会社と契約して、2014年11月1日から「スマイルホテル小樽」として営業していたんですよね(それについてはこちらの記事を:中央通りの交差点にあった「小樽グリーンホテル」は、11月1日より「スマイルホテル小樽」に変わってました

ちょっと一般市民には詳しい背景、経緯は分からないのですが、ホテルの名称が変わったということで、ホテルの会社(株式会社 小樽グリーンホテル)のサイトもありました(なにやら新しい施設もできるようです)。
THE GREEN | ビジネスホテル ドミトリー
THE GREEN OTARU | 函館本線「小樽駅」徒歩約3分

Otaru_20191103-125634

ちなみに、あちこちの宿泊予約サイトを見ていると、11月1日より「THE GREEN OTARUになったという記述も見られましたが、すいません、やっぱり詳細はよく分かりませんでした。

そのうち、ニュースがあるのかないのか、分かりませんが、ちょっと気になったのでブログに書き留めておきました。

※参考:THE GREEN OTARU(旧スマイルホテル小樽) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

Otaru_20191103-125816

▼宿泊予約サイト
THE GREEN OTARU(旧スマイルホテル小樽) - 宿泊予約は【じゃらんnet】
THE GREEN OTARU(楽天トラベル)

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

小樽市の冬期通行止め道路情報(小樽市HPより)〜市道天狗山観光線・市道松山線・道道小樽定山渓線【2019年(令和元年)】

Otaru_20181020_105940
(写真は2018年10月撮影。市道天狗山観光線)

11月に入っても比較的穏やかな天気が続いていたのですが、小樽もここ数日ぐっと冷え込み、先日は雪も降って、冬はもうすぐそこまでやってきてますね。

11月になると、雪が降る日も増えてきて道路状況も悪くなり、車の運転にも注意が必要な季節になりますよね。もうタイヤ交換をした方も多いのではないでしょうか。

小樽市では、各観光施設等に至る道路で、毎年冬期通行止めになる道路があるのですが、冬期通行止めになる市道、道道の情報は、小樽市HPに掲載されるので、今年も当ブログにも掲載しますね。

北照高校グラウンドから天狗山山頂に至る道路(市道天狗山観光線)
11月6日(水)〜2020年4月16日(木)

小樽商業高校から旭展望台に至る道路(市道松山線)
11月20日(水)〜2020年4月9日(木)

ループ橋入り口から朝里峠トンネルの夜間通行止め(道道小樽定山渓線)
11月1日(金)〜2020年4月20日(月)
通行止め時間:午後7時〜午前7時(予定)

※日程は積雪状況により変更があるとのことです。

以上が小樽市からお知らせとして出ている、冬期通行止め情報です。

すでに通行止になっている道路もあるので、出かける時には要注意ですね。

※参照:
小樽市 :おたる月間イベント情報
小樽市 :秋のおすすめ情報

※参考:小樽市道・道道冬期通行止めのお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
・小樽市の冬期通行止め道路情報(小樽市HPより)〜市道天狗山観光線
・市道松山線・道道小樽定山渓線【2018年(平成30年)】

| | コメント (0)

2019年11月 9日 (土)

いよいよ雪の季節。11月7日に小樽でも雪が降りました

Otaru_20191107-132753

天気のお話です。
いよいよやってきましたね。11月7日(木)に小樽で雪が降りました。

7日のお昼過ぎにみぞれが降りだして、すぐ止むのかなと思ったのですが、結局、その後もほぼ雪の状態になってはらはらと降り続き、あたりはうっすらとですが、雪化粧をしてました。

7日からは気温もぐっと冷え込み、朝8:50の7.1℃を最高に日中は下がり続け、深夜には0.1℃まで下がり、日付変わって8日(金)00:19には、ついにマイナス0.4℃を記録してます(参照:気象庁|過去の気象データ検索 )。

8日は日中も気温は4℃ちょっとくらいまでしか上がらず、少しですが雪もはらっと降ってました。

Otaru_20191108-083433

ちなみに、小樽には、職員が常駐する観測所がなく、正式な初雪宣言がされないんですが、2019年11月8日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄によると、実は4日夜に無人観測装置でみぞれが観測されているそうです(みぞれは初雪として観測され、あられは初雪には含まれないそうです)。

けど、実感としては、今年の初雪は11月7日ですよね。お隣札幌も、気象台が今年の初雪を11月7日に観測しています(※参照:北海道の初雪などの観測状況|札幌管区気象台ホームページ)。

で、今年は初雪が遅いと思っていたのですが、実は昨年がものすごく遅かったんですよね。

ちょっとブログで確認してみると、昨年(2018年)は11月20日朝にようやくうっすらと積もり、21日にそこそこ降ってました。なので、今年は昨年よりは早いんですよね。とはいえ、例年に比べると、遅いかな。

今年の初雪を仮に11月7日として、当ブログの初雪の過去記事を遡ると、昨年2018年が11月20日、2017年が10月23日、2016年は10月20日、2015年が10月25日、2014年が10月28日、2013年が11月8日、2012年は11月15日となっていて、もちろん、これらは公式記録ではなく、個人のブログの記録ですが、結構、幅がありますね。

ということで、この雪は溶けて、いったんは天候も落ち着くでしょうが、いよいよ雪の季節がやってきましたね。

【関連記事】
※昨年の記事です。
随分と遅くなりましたが、ついに小樽にも雪の季節がやってきました
道内で初雪を観測した11月14日、小樽ではあられが降ったけど雪はまだ

| | コメント (0)

2019年11月 7日 (木)

あらためまして、2019年秋の「小樽しゃこ祭」は開催中止となってます

夏にお知らせがあって、このブログでも取り上げたのですが、例年、11月のこの時期に開催されていた「小樽しゃこ祭」は、シャコ漁の不漁により、今年(令和元年度)の開催は中止になってます。

(写真は過去開催のものです)
Otaru_20181110_150122

この秋で12回目を迎えるはずだった「小樽しゃこ祭」ですが、すっかり人気のイベントとして定着してきていて、楽しみにしていた方も多かったと思うので、中止は残念ですね。

小樽沿岸のシャコ漁は、春と秋の2回行われていて、今年の春が不漁だったんですよね。

現在は秋シャコ漁の漁期中で、私はまだ食べてないのですが、秋シャコはこどうなのかな。豊漁になるといいですね。

※参考:2019年11月の「小樽しゃこ祭」開催中止のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

小樽市 :小樽しゃこ祭り(「小樽しゃこ祭」の開催中止のお知らせ)

「しゃこ料理フェア開催中

今年の小樽しゃこ祭は中止になってしまいましたが、現在、「しゃこ料理フェア」が11月1日(金)~11月30日(土)の期間で開催中です。

市内の参加店舗では、シャコを使った創作料理を提供しているので、この機会に食べに行ってみるのもいいかもしれませんね。

※参加店
にしん御殿小樽貴賓館・小樽蕎麦屋藪半・小料理おばんです・洋食屋マンジャーレTAKINAMI・朝里クラッセホテル レストランシルフィード・食彩工房望月・グランドパーク 小樽和食処こころ

※参照:しゃこ料理フェア(11/1~11/30) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/2019年秋の「小樽しゃこ祭」が中止に!?
※昨年の記事です。
「第11回小樽しゃこ祭」が11月10日(土)・11日(日)の2日間の日程で開催(初日に行ったものの終了間際だったので、お知らせのみ)

| | コメント (0)

天狗山が11月6日に初冠雪!?慌てて見たらもう雪は溶けてた(残念…)【写真追記あり】

いや〜、気づきませんでした。

昨日の話題ですが、11月6日(水)の早朝、天狗山が初冠雪で、うっすらと白くなっていたそうです。

ツイッターでその情報を目にして、慌てて外に出て天狗山を眺めたのですが(9時半くらいかな)、残念ながら、すでに溶けてしまったようで、もう白い雪は見えませんでした。

なので、残念ながら写真はないのですが、日記的には令和元年の天狗山初冠雪の記録として、書き留めておこうと思います。

《追記 2019.11.7》  
投稿を見たSさんから、写真を提供していただきました。どうもありがとうございます。
2019_1107_06tengussan
(末広町から見た天狗山。6日朝6時頃撮影。写真提供:Sさん)

確かに、ここ数日、最高気温が10℃程度だったのが、11月6日(水)は、深夜(00:08)で7.7℃で、そこから気温は下がり続けて、6日朝6:08で最低気温3.3℃を記録したようです。

ちなみに、本日7日(木)は、深夜00:472.0℃まで下がってます。寒っ!!

で、ちょっと他力本願で申し訳ないのですが、小樽観光協会の11月6日のFacebookページの投稿を、埋め込み機能で掲載させていただきます(小樽観光協会さん、いつもお世話になってます!!)。

いよいよ小樽も寒くなってきました。

※参考
気象庁|過去の気象データ検索
小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp

| | コメント (3)

2019年11月 5日 (火)

【注意】小樽天狗山ロープウェイは2019年11月5日(火)〜11月21日(木)の期間、整備のため運休

Otaru_20181020_111227
(写真は2018年10月撮影)

小樽天狗山ロープウエイは11月4日(月・祝)で夏期営業を終了し、11月5日(火)〜11月21日(木)は整備のため運休となってます。

冬期営業は、整備後の11月22日(金)9:00からとなります。

これ、毎年、“天狗山に行ったらロープウエイが運休していて残念”、といった話を耳にするので、観光予定の方は要注意ですね。

【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

※参考:天狗山ロープウエイ整備点検運休のお知らせ(11/5~21) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

| | コメント (0)

2019年11月 3日 (日)

11月3日(日)文化の日は小樽市の博物館・文学館・美術館などの施設が無料開放

本日の話題を当日の投稿で申し訳ないのですが、本日11月3日(日)文化の日は、全国各地で無料になる美術館や博物館があるようで、小樽市でも普段は入館するのに有料な市の博物館・文学館・美術館などが、無料開放されるようです。

※参照:「文化の日」市施設.無料開放のお知らせ(11/3) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

小樽市総合博物館・本館
Otaru_20171025-141634r

現在は企画展「ジオラマの魅力・畑めいの世界」が開催中です。
開館時間:9:30~17:00
※参考:小樽市 :小樽市総合博物館

小樽市総合博物館・運河館

Otaru_20180910-154207r

現在はトピック展「小樽のヒカリゴケとコケの世界」が第一展示室で開催中です。
開館時間:9:30~17:00
※参考:小樽市 :小樽市総合博物館


小樽市手宮洞窟保存館

Otaru_20171025-141835r

開館時間:9:30~17:00。11月5日より冬期休館。
※参考:小樽市 :小樽市手宮洞窟保存館「手宮洞窟保存館」冬期休館のお知らせ(11/5~2020.4/28) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

市立小樽文学館/市立小樽美術館

Otaru_20190414-143818

同じ建物内の文学館と美術館は、どちらも無料開放されます。
文学館では特別展「歿後50年 伊藤整と北海道展」が、美術館では特別展「小樽・美術家の現在シリーズ テーマ展 風土」などが開催されています。
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
※参考
小樽市 :市立小樽文学館
小樽文学館
小樽市 :市立小樽美術館
市立小樽美術館協力会

※旧日本郵船(株)小樽支店は、現在工事のため長期休館中で、内部を見学することはできません。

※参考:小樽市 :おたる月間イベント情報

| | コメント (0)

2019年11月 1日 (金)

小樽のご当地検定「おたる案内人」有資格者による交流会に参加してきました(2019年10月30日)

Otaru_20191030-1843561

小樽のご当地検定「おたる案内人」有資格者による交流会が、令和元年の今年も10月30日(水)に開催され、私も参加してきました。

場所は堺町通りの小樽洋菓子舗ルタオ本店2階で、時間は18:30からで、会費は3,500円です。

普段、カフェになっているルタオ本店2階を、営業終了後に貸切で開催させてもらっているんですよね。

「おたる案内人」は、平成31年で第16回目が実施されているご当地検定で、検定を実施しているのは小樽観光大学校というところで、
①小樽の観光産業を支える人材の育成
②市民レベルでのホスピタリティ意識(おもてなしの心)の醸成
ということを目標として産学官によって設立された組織で、小樽市長を校長としています(参照:小樽観光大学校について|小樽観光大学校「おたる案内人」)。
(小樽観光大学校は、いわゆる教育機関の“大学”ではありません)

なので、交流会の最初の挨拶は市長がされるんですよね。

Otaru_20191030-1843561

さて、私も一応1級を取得していて、おたる案内人交流会は3年続けての参加となりました。

実はあまり社交的ではない私は、こういう場はどちらかというと苦手なのですが、普段、1人で街歩きをして、パソコンに向かって黙々と作業をしているので、たまには人と触れ合って、そして、おたる案内人として実際に観光の現場で頑張っている方々と交流するというのは、大切なことかなと思っています。

今回の参加者数は、正確には聞いていないのですが、ざっと50名くらいは参加していたでしょうか。

交流会自体はカジュアルな雰囲気で、最初の挨拶のあとはしばらくは歓談とルタオの料理を楽しむ時間になります。

Otaru_20191030-184415

ルタオといえばスイーツですが、交流会では、まずビュッフェ形式で料理が並び、飲み物も色々と用意されています。

Otaru_20191030-184156

Otaru_20191030-184153

途中のアトラクションの時間は、前回と同じく、参加者を数名のグループに分けてのクイズ大会でした。

Otaru_20191030-194325

Otaru_20191030-193820

もちろん小樽に関わるクイズで3択なんですが、これがなかなかマニアックで、私もいくつかは分かりませんでしたが、これが結構盛り上がって楽しいんですよね(今年は景品に届かなかった…)。

この時には、同じグループになった面識のない方々とも交流を図れますしね。

その後に食事の最後としてデザートが並んだのですが、そこはさすがルタオ、色々と並んでましたよ(とっても、そんなに食べられないんですけどね…)、

Otaru_20191030-194613

Otaru_20191030-194618

そうそう、私の参加名は“小梅太郎”ではなくて本名ですので、観光協会の方などの一部を除いて、面識のある方はほとんどいないんですが、それでも、年々、少しずつですが、交流会の雰囲気に慣れてきて、面識のない方とも話をできるようになってきたかな。

Otaru_20191030-201509

来年も開催されたら、参加したいと思ってますが、今度は小梅太郎と名乗って、もし、ブログの読者の方が参加されていたら、そういった方ともお話できたらな、なんてことも、ちょっと思いました。

ということで、令和元年のおたる案内人交流会についてでした。


(ルタオには、ちょうどハロウィン前だったので、こんなオブジェが)
Otaru_20191030-182913

※おたる案内人のサイトはこちら:小樽観光大学校「おたる案内人」

【関連記事】
小樽のご当地検定「おたる案内人」の交流会に参加してきました(2018年10月26日開催)
ルタオで開催された「おたる案内人交流会」に参加してきました(2017年10月27日開催)

| | コメント (2)

2019年10月24日 (木)

フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2019年10月号(Vol.47)が発行・配布中!!連載中の歩くシリーズ、今回は「千秋通りを歩く」です

Otaru_20191024-161543

今月はちょっと告知が遅れてしまいましたが、私・小梅太郎が連載を持たせてもらっている、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」(編集発行:株式会社K2)の2019年10月号(Vol.47)が発行されて、市内各所で配布されてます。

ということで、毎度の宣伝ですが、それまで町を“歩く”シリーズで連載を進めてきたのを、前号は町全体から「入船通りを歩く」ということで、通りに絞って歩いてきました。

で、今号のタイトルはというと、「千秋通りを歩く」です。

千秋通りというと、天狗山へとまっすぐと続く、最上町の急な坂道なのですが、なかなか眺めが良かったり、ちょっと気になる公園スポットがあったりと……、そこらへんは、ぜひ、小樽チャンネルマガジン2019年10月号(Vol.47)を手にとって読んでみてください。

実は、10月号に千秋通りの投稿を掲載させてもらったのは、この通りは紅葉がなかなか綺麗なので、その紹介もしているんです。街路樹のナナカマドが通りを縁取るように赤く色付くんですよね。

といいつつ、実は私はその紅葉を今年はまだ見に行ってないので、ちょっと焦っているのですが、なんとか見に行けたらと思っています。

Otaru_20191024-161807

小樽チャンネルマガジンは、小樽市内の観光案内所のほか、市内の商店街・銀行・飲食店・ホテル・美容室などで配布されています。小樽市民は文学館・美術館、図書館、博物館、小樽市立病院などが入手しやすいかもしれません(郵便局では置かれなくなったそうです)。
※置いている場所の詳細はこちら:マガジン設置場所 | 小樽チャンネル

フリーペーパーが手に入らない市外の方などは、小樽チャンネルのサイトで電子版を読むことができます。パソコン、スマホから、全バックナンバーを読むことができますよ。
※電子版はこちらから:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

ということで、「小樽チャンネルマガジン」2019年10月号(Vol.47)の宣伝でした。

さて、次はどこを歩こうかな。

【関連記事】
フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2019年9月号(Vol.46)が発行・配布中!!今回はちょっと趣旨を変えて「入船通りを歩く」です

| | コメント (0)

2019年10月11日 (金)

道新文化センター「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座は継続中!!〜10月期講座始まります。初回は10月12日(土)

Otaru_20190112_123032

そういえば、あまり小樽道新文化センターの告知してませんが、私が地域密着型ブロガーとして、今年(2019年)1月からお話させていただいている『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』は、まだ継続してるんです。

直前情報になってしまいますが、10月期(2019年10月~12月の3回)の初回が、明日10月12日(土)に開催されます。

ちなみに、明日10月12日(土)のテーマは「小樽の階段」です。

坂の街・小樽には階段もあちこちにありますが、私が街歩きで目にした、どうにも気になる階段を紹介していきます。

(例えば、こんな階段)
Otaru_20160615-150224

講座は毎月第2土曜日の10:30〜12:00分まで、たっぷり1時間半、様々なテーマを元にちょっとレアな小樽の魅力について紹介しています。受講料金は3回で4,950円、資料代120円です。

いや〜、いまだに私がこうやって講座を持って、受講生さんたちを前に、1時間半もお話しさせていただいているのが、不思議な感じがしてます。

それも、ブログを書くにあたって、あちこち小樽を巡って目にしてきた小樽の魅力ということで、時にはなかなかマニアックな話題も入ってますからね。

こうやって講座を続けさせてもらえるのも、受講してくださる方がいてこそなので、明日10月12日(土)からの10月期、まだ、間に合いそうなので、興味のある方、また、私・小梅太郎に会ってみたい方(笑)は、受講を検討してみてください。

また、現在受講してくださっている方、これまで受講してくださった方には、このようないちブロガーの結構マニアックなお話を聞きにきていただき、本当に感謝です。

お金がかかることなので、講座を楽しんでもらえるように、しっかり準備中しないと!!(現在、準備中!!)

※10月期講座カリキュラム予定
10/12(土)「小樽の階段」
11/9日(土)「オコバチ川を下る」
12/14(土)「小樽の冬の訪れと冬支度を探す」

※講座詳細は、道新文化センターのサイトのこちらで。
「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座 | 道新文化センター

道新文化センター小樽 - ホーム(Facebookページ)

【関連記事】
道新文化センター『「小梅太郎」の小樽の魅力発見講座』継続してます!!〜2019年夏の受講生募集広告が新聞掲載されたので宣伝します

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌