日記・コラム・つぶやき

2018年1月21日 (日)

雪かきをスポーツに!!「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」が今年も2月17日に開催

今年の冬も雪かきに追われているこちら小樽ですが、これはもう雪国に住んでいるので避けては通れませんよね。

そんな厄介な雪かきをスポーツにして楽しんでしまおうというイベント「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」が、今年も2月17日(土)におたるマリン広場(小樽港第3号埠頭多目的広場)をメイン会場にして開催されます。

(写真は昨年の様子から)
Otaru_20170218_133627

実施主体は国際スポーツ雪かき選手権実行委員会、主催は一般社団法人 日本スポーツ雪かき連盟です。

この大会のキャッチコピーはーーー

スポーツの力で高齢化に伴う除雪問題を解決し、地域の活力再興と交流促進を実現しよう!
spoyuki

その言葉のとおり、第1競技として毎年必ず行なっているボランティア雪かきは、今年は午前中に天神地区の高齢者居住地域の生活道路を雪かきするそうです。

そして、午後からおたるマリン広場で、メイン競技でもある第2競技のスノーショべリング&ムーブトライアル、そして、雪だるまのできを競う第3競技のスノーマンコンテストが行われます。

5回目を記念して、今年は当日午前に運河プラザ3番庫ギャラリーで、除雪問題解決の取り組み事例の発表やパネルディスカッションを行う「雪かきサミット」を開くそうですよ。

なんだか面白そうなイベントだな〜っと思い、私も毎年見にいっているのですが、もう5回目を迎えるんですね。

これが実際に見にいってみると、競技は白熱して、応援にも熱が入り、会場は大盛り上がりになるんですよね。

Otaru_20170218_140600

雪かき競技のスノーショべリング&ムーブトライアルは、あらかじめ用意された雪の塊をスコップで崩し、スノーカート(ママさんダンプ)で10メートル離れた地点に運ぶタイムを競う競技で、メンバーは4名(8名参加で交代可能)で、与えられる道具はスコップ2本にスノーカート2台です。

ルールなどは詳細に取り決められていて、この辺りはしっかりスポーツとして成り立っているんですよね。エントリー部門も分かれています(詳しくはサイトを参照:競技ルール)。

参加応募は、サイト「spoyuki」から申し込めますが、先着200名(1チーム4〜8名・40チーム)とのことです。

そうそう、先日、新聞に掲載されてましたが、今年は5回目の開催を記念して、「雪かき体操」なるものも完成して、当日、会場のおたるマリン広場で初披露されるそうです。

ということで、今年の国際スポーツ雪かき選手権も熱く楽しく開催されそうです。


※関連ニュース
・2018年1月17日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
小樽で国際スポーツ雪かき選手権 雪かきサミットも同時開催 - 小樽経済新聞
雪かき選手権2/17開催 出場選手募集開始 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)
・2017年12月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

※「第5回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2018」のサイト:・spoyuki

【関連記事】
※昨年の様子です。
厄介な雪かきをスポーツに!?「第4回 国際スポーツ雪かき選手権 in 小樽 2017」が今年も楽しく開催


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

小樽観光協会事務局事務所に行ってきました。その場所は港町です

Otaru_20180111_144748


先日、港町にある小樽観光協会事務局事務所に用事があって行ってきました。

何の用事だったかというと、ご当地検定「おたる案内人」の申し込みを直接事務所でお願いするために行ってきたんです(申し込み先の小樽観光大学校事務局が小樽観光協会事務所内にあるんですね。おたる案内人検定の申し込みは、郵送やインターネットでもできます。詳細は小樽観光大学校「おたる案内人」のサイトで確認してください)。

それはそうと、その時担当の方に、“ここの場所は分かりましたか?”と聞かれたんですよね。

私は事務所の場所は知っていたのですが、場所が分からない方が多いとのことでした。

ならば、このブログで紹介しますね。

って、確かに、観光案内所であれば、小樽駅構内、運河プラザ、浅草橋街園にあって目にもしますが、小樽観光協会事務局の事務所はというと、そもそも行く機会がないですからね。

その事務所の場所は、中央通りから運河の中央橋を越えて、次の交差点(観光船乗り場が左前方にある交差点)を左折した先にあります(地図は最後に掲載してます)。

(写真の右に観光船乗り場があります)
Otaru_20180111_145832

(で、ここです)
Otaru_20180111_145804

Otaru_20180111_144748

ここの建物の2階に入ってます。

実は、小樽観光協会事務局事務所は、以前は運河プラザと同じ建物の旧小樽倉庫内にあったのですが、2017年4月に現在の場所に移転したんですよね(参考:事務局事務所移転のお知らせ | 北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会)。

そして、ここには小樽市の観光振興室が一緒に移転してきてるんです(参考:小樽市 :組織改革

小樽観光協会と小樽市の観光振興室が同じ場所で、連携しながら小樽観光を推進している、ということですね。

Otaru_20180111_145707


普段は特に用事はないと思うのですが、私のようにおたる案内人検定の申し込みに、直接事務所に行こうと思っている方などは、参考にしてください。

一般社団法人 小樽観光協会
住所:〒047-0007 北海道小樽市港町4−3

※小樽観光協会のサイトはこちら:北海道小樽市の観光情報サイト「おたるぽーたる」:小樽観光協会

【関連記事】
ご当地検定「おたる案内人」の検定試験の申し込み受付中です。1級は締め切りが間近


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

ご当地検定「おたる案内人」の検定試験の申し込み受付中です。1級は締め切りが間近

Otaru_20180112_012406


ご当地検定「おたる案内人」というのがあります。

このおたる案内人検定には、1級・2級があり(さらに上級認定制度としてマイスターもあります)、観光に従事している方がその知識を仕事に活かしたり、イベントなどでおたる案内人の方がボランティアでガイドをされている姿も見かけます。

このおたる案内人の検定試験の申し込みが、下記の日程で受付中です。中でも1級の締め切りが間近なので注意です。

【第15回1級・2級検定試験受付期間
1級:平成29年12月11日(月)~平成30年1月17日(水)
2級:平成29年12月11日(月)~平成30年3月2日(金)

【第10回マイスター検定試験受付期間
平成29年12月11日(月)~平成30年2月2日(金)

※試験日は共通;平成30年3月18日(日)午前10時~11時30分
※試験会場:小樽商科大学

ということで、私も昨年に試験を受けて、2級に合格したので、今年は1級を受けようと思っているんですが、実は、2級試験で70点以上で合格すると、翌年度に限り1級の試験が免除され、講座受講の修了のみで認定されるんですよね(2級の講座受講は任意)。

1級検定用講座は、全5講座あって4講座以上の受講(接遇講座は必修)で修了となるんですが、1講座1時間半で、1月下旬から3月上旬にかけて行われます。

で、その講座の受講料が15,430円(税込)と結構な金額なんですよね(試験を受ける場合は、受験料として別に3,090円かかります)。
なので、特別な理由がなければ、1級まで取得するにはちょっと躊躇します。

私は昨年70点をなんとかクリアすることができて、こういうブログを書いているということもあるので、1級を受けようと思い、実はすでに申し込んできました。

Otaru_20170408_230836

ちなみに、2級でも資格取得者には、指定の観光施設の入館料が免除されるなどの特典もあって、これがなかなかお得です(例えば、小樽市総合博物館、文学館・美術館、おたる水族館などなど!! 参考:小樽観光大学校について|小樽観光大学校「おたる案内人」)。

ということで、おたる案内人検定の受験を考えている方は、現在受付中ですので、忘れずに。

試験詳細は、小樽観光大学校「おたる案内人」のサイトで確認してください。
「おたる案内人 第10回マイスター、第15回1級・2級検定試験」申込みのご案内について|新着情報一覧|小樽観光大学校「おたる案内人」
※こちらのページがさらに詳しく書かれています。
検定試験|小樽観光大学校「おたる案内人」

さ〜、頑張って講座を受けるぞ〜!


※実施しているのは小樽観光大学校で、ここはいわゆる教育機関の“大学”ではなく、
①小樽の観光産業を支える人材の育成
②市民レベルでのホスピタリティ意識(おもてなしの心)の醸成
ということを目標として設立されてます。

【関連記事】
ご当地検定の小樽観光大学校「おたる案内人」検定2級に合格しました!!
ご当地検定の小樽観光大学校「おたる案内人」検定について〜実は2級検定試験を受験してきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

2018年も小樽総鎮守・住吉神社のどんど焼きに行ってきました

Otaru_20180107_144742


今年も1月7日(日)に小樽総鎮守・住吉神社どんど焼きに行ってきました。

私は午後に行ったのですが、この日は朝から多くの方が、正月のしめ飾りなどを持って、住吉神社に訪れたようです。

Otaru_20180107_144514

Otaru_20180107_144836

燃やしている場所は、住吉神社の国道5号線沿いの鳥居をくぐってすぐ左の広場(第一鳥居脇公園)です。

Otaru_20180107_150751

プラスチック類は燃やせないので、入り口で係りの方が確認して分別します。

Otaru_20180107_150652

あとは、各々が持ってきたしめ縄などを炎の中に投げ入れ、今年一年の無病息災などを願ってました。

Otaru_20180107_144712

住吉神社のサイトにどんど焼きについての記載があるので、引用させていただきます。

神社神札御守、破魔矢、注連飾り(しめかざり)等神社に関係するものを、一箇所に積み上げて燃やすという、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。住吉神社では第一鳥居脇公園内で執り行います。
行事・例祭のご案内 【 小樽住吉神社公式サイト】

Otaru_20180107_144723


これも毎年のことですが、すぐ横の参道に賽銭箱が設置され、ここでお参りができるようにもなっています。

Otaru_20180107_144903

実は私は、1月2日にもここ住吉神社に初詣に訪れたのですが、あまり長い行列に参拝を断念したんですよね。なので、この日は社殿までいって、しっかり参拝してきました。

(参道の様子)
Otaru_20180107_145121

(手水舎)
Otaru_20180107_150336

(社殿前から参道を見たところ)
Otaru_20180107_150208

(社殿)
Otaru_20180107_145404

横の神輿殿内で扱っている、おみくじも引いてきました。

Otaru_20180107_150108

ところで、このどんど焼きですが、小樽では市内各所の神社で毎年1月7日に行われることが多いようですね。

住吉神社に関しては、1月7日(午前8時より午後4時まで)と8日(午前8時より正午まで)の2日間行われています。

※住吉神社の公式サイトはこちら。
小樽住吉神社:小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
2018年初の小樽巡りは初詣をかねて住吉神社に行くも長い行列が…

※昨年のどんど焼きの様子です。
小樽総鎮守・住吉神社のどんど焼きに行ってきました(2017年度)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫の3信金が合併して北海道信用金庫が誕生。もちろん看板も変わってます

Otaru_20180102_160102


以前からニュースで報道されてましたが、札幌信用金庫(札幌)、北海信用金庫(余市)、小樽信用金庫(小樽)の3信金が平成30年1月1日に合併して、「北海道信用金庫(略称:しんきん北海道)」が誕生しました。

この合併で、北海道信用金庫の預金量は、道内で最大となるとのことで、小樽市内などでも、1月4日から営業が始まってます。

これに伴って、市内の各店舗でも、看板が変わってますね(このブログ的な注目点はそこかな)。

(写真は2018年1月2日撮影)
Otaru_20180102_160033

こちらは、日銀通り沿いの小樽信用金庫の本店だった店舗で、見慣れた小樽信用金庫に変わって、北海道信用金庫の看板が掲げられてますが、ここが小樽支店となるようです。

Otaru_20180102_160056

※ちなみに、こちらが小樽信金時の店舗写真(2015年7月撮影)。
Otaru_20150707_110334


こちらは、小樽支店からすぐ近くの稲穂大通り(第一大通り)沿いの、以前は北海信用金庫だった店舗です。

Otaru_20180102_160248

ここは小樽支店稲穂出張所という扱いになるそうです。

※こちらが北海信金時の店舗写真(2015年12月撮影)
Otaru_20151205_115420r


私は信金は利用してないので、直接には影響はないのですが、各地元の企業などにとっては、この合併はかなり大きなニュースですね。

そうそう、合併前の各信金のサイトに行くと、現在は下のようなページが表示されて、その後、新しく開設された北海道信用金庫のサイト「北海道信用金庫|HOKKAIDO SHINKIN BANK」に移動します。

(こちらは旧小樽信用金庫のサイトに行った時の表示)
Otaru_20180106_17_02_29


※参考ニュース
2018年1月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
2017年12月29日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
2017年12月5日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】(関連ブログより)
ニュースより/札幌信用金庫、北海信用金庫、小樽信用金庫の3信金が合併 | ローカルブロガーのメモ帳


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

国道5号線沿いの入船市場跡地で建設中の北海道スバル小樽店の工事が進んでます。建物に表示もされてます

Otaru_20180102_144826


先日(1月2日)、入船十字街近くの国道5号線沿いを歩いたのですが、2017年春で閉鎖していまった入船市場跡地で進められていた建設工事が随分と進んでいました。

もちろん、入船市場の入っていた建物は完全に解体されて、その跡地に新しい建物が建てられているのですが、ここには北海道スバル株式会社小樽店ができるということなんですよね。

※前回様子を見に行った時の記事はこちら。
入船市場跡地で建設工事が進んでいます。新しくできるのは北海道スバル小樽店

Otaru_20180102_144850

よく見ると、すでに建物に表示もされていて、前回見に行った時は、始まったばかりのようだった工事でしたが、もうだいぶ進んでますね。

Otaru_20180102_144911

そして、個人的に気になっていたのが、こちら。

Otaru_20180102_14_49_20_2

これは、国道を渡るための入船地下歩道の降り口ですが、建設中の建物の間に挟まれるように残ってます。

Otaru_20180102_144920t

上部にあった文字がなくなっているような…。“地下道入口”の看板もなくなっているかな。

(こちらは以前の写真。2017年10月17日撮影)
Otaru_20171017_153405tr

少し装いが変わるのか、建物と合わせてもうすぐ全貌が見れそうです。

それにしても、この新しい建物ができると、ここに入船市場あったことも忘れてしまいそうなくらい、ガラリと風景が変わるのでしょうね。それもちょっと寂しいですね。

Otaru_20180102_144907

(入船市場のあった頃の写真。2017年3月30日撮影)
Otaru_20170330_140832

【関連記事】
閉鎖した入船市場の解体!?工事が始まってます
閉鎖後解体が進む入船市場と閉鎖前の入船市場内の様子
入船市場跡地で建設工事が進んでいます。新しくできるのは北海道スバル小樽店


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

小樽の市街地に建つ龍宮神社へ初詣に行ってきました(2018年1月2日の様子)

Otaru_20180102_153930


1月2日(火)に、初詣をかねて2018年最初の小樽巡りをしてきました。

この日はまずは住吉神社に行って(長い行列ができてて参拝は断念)、その後に水天宮へ。そして、その足で龍宮神社にも行ってきたんです。

※住吉神社の様子はこちら:2018年初の小樽巡りは初詣をかねて住吉神社に行くも長い行列が…
※水天宮の様子はこちら:水天宮へ初詣に行って境内からの眺めを楽しんできました(2018年1月2日の様子)


龍宮神社へ初詣に

Otaru_20180102_155134

小樽の稲穂町に建つ龍宮神社へは、JR小樽駅から国道5号線を長橋・手宮方面に向かうと、すぐに国道沿いに大きな鳥居が建っています。

Otaru_20180102_155115

ここから少し上ったところに、神社への階段があるのですが、下からは境内も社殿も見えないんですよね。

Otaru_20180102_153843

この階段を上ると境内があって(境内はそれほど広くはありません)、その右手に立派な社殿が建っています。

Otaru_20180102_153917

龍宮神社の建つ稲穂町は市街地ということもあって、初詣に訪れる方は多いようですが、この日は2日の夕方だったせいか、参拝客はもうまばらでした。

Otaru_20180102_1544321

すぐ横でお守りやおみくじなどを売っているのですが、その端で甘酒のサービスをしていたので、昨年に続き、しっかり美味しくいただいてきました。ごちそうさまでした。温まった〜!

Otaru_20180102_154451

Otaru_20180102_154121

ところで、ここ龍宮神社の創建は明治9年(1876年)と古く、幕末・明治に活躍し、ここ稲穂町一帯の土地を所有していた、榎本武揚(えのもと たけあき)が建立したことでも知られています。

Otaru_20180102_154432

とても立派な現在の社殿は、昭和16年に竣工したものとのことです。

Otaru_20180102_154509

帰り際、境内へと上る階段の上から海側を見てみると、港まで「竜宮通り」が真っ直ぐ続くのが見えるんですよね。

Otaru_20180102_153921

階段を下りてから「竜宮通り」を見たところ。
Otaru_20180102_155002

結構、お気にりの眺めだったりします。

ということで、1月2日(火)の龍宮神社の初詣の様子でした。

そうそう、最近は初詣に小樽の代表的な3つの神社、住吉神社・水天宮・龍宮神社を参るようにしているのですが、地域によっては三社参りという習慣があるそうで(参考:三社参り - Wikipedia)、これは言わば“小樽版三社参り”といったところでしょうかね。

※参考
龍宮神社公式ウェブサイト
龍宮神社 (小樽市) - Wikipedia

【関連記事】
小樽ゆかりの榎本武揚〜龍宮神社と梁川通りとあやかり武揚さん

※昨年の様子です。
小樽の中心部の稲穂町にある「龍宮神社」にも初詣に行ってきました(2017年1月2日の様子)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

2018年初の小樽巡りは初詣をかねて住吉神社に行くも長い行列が…

20180102_143622


年が明けて、元日はのんびり過ごし、1月2日に今年最初の小樽巡りとして、まずは初詣をかねて住吉神社に行ってきました。

この冬は雪が積もるのが早くて、12月から雪かきに追われていたのですが、この正月は1日〜2日と比較的穏やかな天気で、積もった雪が少しづつ溶けているくらいです。

20180102_143106

そのせいか、住吉神社の参道は、綺麗に除雪されたあとに地面が出ているくらいでした。

20180102_143120

行ったのが2日の午後遅めということもあってか、国道沿いの鳥居から参道に入ると、ここでは歩く人はまばらでした。

20180102_143204

(最初の階段を上って、参道を振り返って見たところ)
20180102_143320

こちらは最初の階段を上ったところに建つ、小樽市の歴史的建造物にも指定されている社務所。

20180102_143345

その先の階段を上ると手水舎があるところなのですが、あれ?

20180102_143348

なんと、行列が…
20180102_143423

先ほどまで、参道を歩く人はまばらだったのですが、なんと社殿からの行列がここまでできてました。

こちらは手水舎。
20180102_143443

20180102_143453

ちなみに社殿は、ここから階段を上った先になります。

20180102_143511

いや〜、さすがに小樽総鎮守ですね。

そういえば、確か昨年もそうでした。2日といえど、まだたくさんの方が初詣に訪れるんですよね。

20180102_143617

20180102_143634

最後の階段から振り返って見たところ。
20180102_143622

この日は小樽巡りで他にも行きたいところがあったので、この行列を見て住吉神社での参拝は断念…

心の中でそっと手を合わせて、住吉神社をあとにしました。

20180102_143735


住吉神社のお参りは、どんど焼きの時にしようと思います。
ちなみに、住吉神社のどんど焼きは、1月7日(午前8時より午後4時まで)と8日(午前8時より正午まで)の2日間行われます。

※住吉神社の公式サイトはこちら。
小樽住吉神社:小樽総鎮守「住吉神社」公式サイト

【関連記事】
※昨年の様子です。
2017年も小樽総鎮守の住吉神社に初詣に。1月2日に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。2018年も小梅太郎の「小樽日記」をよろしくお願いします

Otaru_2018nenga


皆様、あけましておめでとうございます。

なんだか、年末の挨拶をしたばかりのような気もしますが、もう2018年を迎えてしまいました(汗)

さて、当ブログ・小梅太郎の「小樽日記」では、今年も小樽の話題をどしどし投稿していこうと思っています。

小樽市民や小樽出身で市外在住の方、小樽観光を考えている方など、とにかく小樽にゆかりのある多くの方に、小樽の今の様子を伝え、そして今の小樽を記録に、そして記憶に残していきたいと思っています。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年12月31日 (日)

新年を静かに待つ住吉神社と買い物客で賑わう南樽市場〜皆様、よいお年をお迎えください

Otaru_20171230_130102


いよいよ2017年も残すところあとわずか。大晦日の12月31日となっています。

昨日12月30日に年末年始用の買い物に出かけたのですが、その途中で住吉神社に立ち寄ってみました。

新年を静かに待つ住吉神社といった感じでしょうか、境内はとても静かなものでした。

Otaru_20171230_130009

ここが明日には、というか今日の深夜から、初詣客で混雑するのでしょうね(私は初詣は、日にちを遅らせて行こうと思ってます)。

このブログでも少し前に紹介しましたが、国道5号線沿いの鳥居の横には、恒例の大絵馬が掲げられてますね(記事はこちら:住吉神社に恒例の大絵馬が掲げられました〜来年の干支は戌)。

Otaru_20171230_125956


実はこの後、南樽市場に行ったのですが、店内は正月用の生鮮品などを買い求めるお客さんで、大変な混雑でしたよ。

Otaru_20171230_130848

Otaru_20171230_131308

市場に活気があるのは、見ていてなんだかいいものですよね。

Otaru_20171230_133950

※関連記事:小樽市内の市場の新年初売り情報(小樽市HP内「市場のお買い得情報」より)と年末営業情報(小樽観光協会「おたるぽーたる」より)


そうそう、現在、小樽市内の積雪深は52cmです(参考:小樽(オタル)のアメダス実況 - 日本気象協会 tenki.jp31日11:00観測値)。

今年は早くから雪が積もって、12月から雪かきに追われてましたが、年明けの天気はどうでしょうかね。雪が降る予報が出ているようですが、正月早々の雪かきは勘弁してもらいたいですね(汗)

ということで、本年の投稿はこれで最後となります。

当ブログ・小梅太郎の「小樽日記」を読みにきていただいている皆様、今年もどうもありがとうございました。

引き続き、来年も小樽の様子をどんどん紹介していこうと思ってますので、ブログ・小梅太郎の「小樽日記」をどうぞよろしくお願いいたします。

それでは皆様、よいお年をお迎えください。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌