日記・コラム・つぶやき

2020年4月 1日 (水)

【注意】小樽天狗山ロープウェイは2020年3月30日(月)〜4月24日(金)の期間、整備のため運休してます

Otaru_20181020_111227
※写真は2018年秋に撮影したものです。

小樽天狗山は、山頂から見渡す小樽の街並みと小樽港の眺めもとてもよく、冬はスキー場としても賑わいますが、2020年の冬期営業は、3月29日(日)で終了してます。

そして、毎年のことですが、天狗山ロープウエイは整備のために3月30日(月)〜4月24日(金)の期間は運休となっています。

夏期営業は4月25日(土)からとなるので、天狗山観光を計画している方は要注意ですね。

※参照:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景(【3/30~4/24】整備のため運休となります)

なお、山頂の天狗山スライダーやシマリス公園は、5月に入ってからのオープンん予定とのことです。
※参照:【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景(夏期営業は4/25(土)開始!)

【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景

| | コメント (0)

2020年3月28日 (土)

小樽は3月27に積雪深0(ゼロ)cmを記録しました

3月27日(金)9時に、ついに小樽の積雪深が0(ゼロ)cmとなりました。

Otaru_20200328-13215
※スクリーンショットは小樽(道央)の過去のアメダス(2020年03月27日) - 日本気象協会 tenki.jpより。

まあ、中心街では、すでに雪はほとんどなかったのですけどね。

(こちらは3月25日撮影)
Otaru_20200325-154716

とはいえ、もちろんまだまだ家の周辺や、公園などの普段あまり人が踏み入れない場所などには雪が残っていますが、記録上は積雪0cmです。

今年は本当に雪の少ないシーズンで、後半の3月に入ってからも、思い出したように雪は降ったものの、すぐに気温が上がってその雪が溶けてといった感じで、毎年苦労させられている雪かきも、今年は随分と楽をさせていただきました(早くも来年が怖い…)。

(今年は雪割り作業も少しだけでした)
Otaru_20200319-143945

といいつつ、実は昨年も後半が雪の少ないシーズンだったんですよね。調べてみると、3月21日に一旦積雪深0cmとなり、その後にまた積雪を記録したものの、3月26ころにはまた積雪深0cmとなっていました(おっ!ほぼ一緒ですね!)。
※参照
気象庁|過去の気象データ検索
小樽は積雪深0(ゼロ)を記録した途端に、また冬に逆戻りの降雪。それでも2019年は雪解けが早い

今年は今後、雪が降るのかどうか、天気予報を見ると、積雪を記録するような雪の予報は出てないのですが、いずれにしても、小樽の春ももうすぐですね。

【関連記事】
もすぐ春!!雪解け進む晴れた日の小樽公園の様子(けど、まだ結構雪は残ってます)

| | コメント (2)

2020年3月27日 (金)

フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2020年3月号(Vol.52)が発行・配布中!!連載中の歩くシリーズは今回も冬企画「雪の神社(住吉神社・水天宮)を歩く」です

Otaru_20200327-015311

いつもの宣伝です。私・小梅太郎が連載を持たせてもらっている、フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」(編集発行:株式会社K2)の2020年3月号(Vol.52)が発行されてます。

小樽チャンネルマガジンでは、“歩く”シリーズで連載をもたせてもらっていますが、前号では北国の冬をより楽しもうと、「冬企画」と称して雪の小樽公園を歩いてきました。

で、3月号も引き続き冬企画で、今回は雪の住吉神社と水天宮を歩いてきました。

題して冬企画雪の神社(住吉神社・水天宮)を歩く」です。

と、意気込んでいたのですが、そうなんです、今年は雪が少なかったんですよね(今はもうほとんどないですしね…)。

せっかくの冬企画も、正直、ちょっと肩透かしを食らったような感じなんですが、それでも雪の住吉神社と水天宮の静かな境内で、冬ならではの眺めを楽しんできました。

その様子は、ぜひ、小樽チャンネルマガジン2020年3月号(Vol.52)を手にとって読んでみてください。

今号も冬企画ということで、前号に続いて紙面の背景色を寒色系に変更していただいてます。

Otaru_20200327-015340

小樽チャンネルマガジンは、観光案内所のほか、市内の商店街・飲食店・ホテルなどで配布されています。
※小樽チャンネルマガジンの設置場所の詳細はこちら:マガジン設置場所 | 小樽チャンネル

小樽市民は、普段であれば文学館・美術館、図書館、博物館などが入手しやすいのですが、ご存知の通り、現在は新型コロナウイルス感染症拡大防止のために市の施設が休館中なんですよね。

フリーペーパーがなかなか入手できなかったり、市外の方などは、小樽チャンネルのサイトで電子版を読むことができるので、そちらを利用していただければと思います。パソコン、スマホから、全バックナンバーを読むことができます。
※電子版はこちらから:小樽のフリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」 | 小樽チャンネル

ということで、「小樽チャンネルマガジン」2020年3月号(Vol.52)の宣伝でした。

さて、次はどこを歩いてこようかな。

【関連記事】
フリーペーパー「小樽チャンネルマガジン」2020年2月号(Vol.51)が発行・配布中!!連載中の歩くシリーズ、今回は冬企画「雪の小樽公園を歩く」です

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

堺町通りに素敵な建物ができてます〜天然石のアクセサリーや雑貨のお店「□○堂小樽(カクマルドウオタル)」がオープン予定!?

Otaru_20200316-152100

堺町通りに、なんだか素敵な建物ができていて、新しいお店がオープンするようです。

建物に表示されている店名を見ると「□○堂小樽(カクマルドウオタル)」とありますね。

Otaru_20200306-155104
(この写真は2020年3月6日撮影。冒頭の写真は3月16日撮影)

ちょっと調べてみると、この□○堂というのは、株式会社タンザワ(本社:山梨)という天然石を使ったアクセサリーや雑貨販売をするショップを全国展開する会社の、いくつかある店舗ブランドの1つで、小樽では「小樽浪漫館」と「小樽石の蔵」が同社が展開する店舗なんですね。

ちなみに小樽浪漫館館は、小樽指定歴史的建造物の旧百十三銀行小樽支店の建物を活用したお店ですし、石の蔵もですが、景観を意識してなのか、重厚かつモダンな建物を店舗にしてます。

Otaru_20200306-155120

ところで、実はこの建物は少し前にツイッターでも、堺町通りに素敵な建物ができていると話題になっていて、建物の完成は私もそのツイートで知ったのですが、ここが建設工事中だった時に、工事の標示板を確認したところ、タンザワの発注による店舗の新築工事と書かれていたので、どんな建物・お店ができるのが、気になっていたんですよね。

こちらが工事中の様子(2020年1月16日撮影)。
Otaru_20200116-142250

Otaru_20200116-142238

Otaru_20200116-142324

素敵な建物ができましたね。

(こちらは2020年2月28日撮影)
Otaru_20200228-143854

Otaru_20200228-143910

ただ、この□○堂小樽のオープンがいつなのか、ちょっと情報不足で、株式会社タンザワ | 天然石・アクセサリー販売のサイトでも現在のところ情報はなく未確認です。

実はこういう時によくチェックするアルバイト情報を調べてみると、3月オープンというところまでは確認できましたので(参照:□○堂小樽(カクマルドウオタル) ★3月オープン!のアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】でバイトやパートのお仕事探し)、もうすぐかもしれませんね。

また、実際にオープンになったら、見に行ってみようと思います。

Otaru_20200228-143935

株式会社タンザワ | 天然石・アクセサリー販売

※参考:【フロムエー】□○堂小樽(カクマルドウオタル) ★3月Newオープン!(後志地方)のアルバイト|バイトやパートの仕事・求人情報(NO.Y004G68B)

【関連記事】
堺町通り入り口に建つ「小樽浪漫館」の周囲に足場が組まれて工事中?〜ここは小樽市指定歴史的建造物の旧百十三銀行小樽支店

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

3月16日(月)の小樽は一気に25cmほど積もる大雪〜このまま春に向かうと思っていたらそうはいきませんでした

Otaru_20200316-143259

この冬は、天気の話題を投稿することが結構あるのですが、なにより今シーズンは雪が少なかったですからね。

で、3月も中旬になって、このまま徐々に春に向かっていくのかと思っていたのですが、なかなかそうはいきませんね。

3月16日(月)の小樽は、早朝からがっつり降った雪が昼頃まで続き、周囲は真冬の雪景色に逆戻りでした。

いや、ほんとにかなり降ったんですよ。

積雪深を見ると、前日になる15日(日)には37cmまで減っていのが、16日の明け方から降り出した雪は、お昼で62cmを記録していて、半日で25cmほど積もったということですね(家の前の雪かきでは、も〜っと積もっている感覚です)。

※参考:小樽(道央)の過去のアメダス(2020年03月16日) - 日本気象協会 tenki.jp

(16日午後の様子。駅前の道路はさすがに溶けてました)
Otaru_20200316-142629

(ちょっと脇道に入ると、街中でも道路は真っ白)
Otaru_20200316-145915

(街中はあちこちで除雪作業中でした)
Otaru_20200316-152049

(すっかり雪景色に戻った入船公園)
Otaru_20200316-081038

ただ、天気予報をみると、また気温が上がって今週の19日(木)あたりは気温が10℃を超える予報で、それはそれで、ずいぶんと極端ですが、街中の雪は、すぐにまた溶けそうです。というか、雪がやんだ16日の午後には、街中の道路の雪は、すでにぐちゃぐちゃになり始めていましたからね。

ということで、3月中旬ながら、雪景色の戻った16日(月)の大雪の様子でした。

いや〜、それにしても、ここしばらく雪かきをしてなかったので、ここにきてこのどか雪の雪かきは、辛かったです…

※参考:気象庁|過去の気象データ検索(小樽 2020年3月)

(雪景色に戻った小樽運河は綺麗でした!!)
Otaru_20200316-151019

【関連記事】
小樽はこの冬は雪が少ないですが(荒れる予報の3月5日〜6日も小樽は比較的穏やか)、実は2月に限っての降雪量は平年以上だったそうです

| | コメント (0)

店頭で見かけるこのロゴは!?〜感謝の気持ちを伝える「小樽に来てくれてありがとう」ロゴ

このようなロゴを店頭で目にしたことはありますか?

Otaru_20200306-160517

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、小樽も観光客の姿がまばらになり、街を歩く人も減り、市内の飲食店をはじめ各店舗は、とても厳しい状況になっています。

とはいえ、現在は、お店にきてくださいと積極的には言えない状況ですよね。

小樽観光協会では、このような状況でも小樽に来てくれた方、小樽のお店を利用してくれた方々を“感謝の気持ち”でお迎えして、その感謝の気持ちを伝えようと、この「Thank You for coming to Otaru〜小樽に来てくれてありがとう」という、共通ロゴを作成したとのことなんですね。

なるほど〜!!

この「小樽に来てくれてありがとう」ロゴには、メッセージを書き込めるものなど3種類あるそうで、実際に活用している様子が、Facebookページなどに掲載されているので、ここでも紹介しますね。

ちなみに、これはあくまでも、飲食店や商店などの事業所の皆さんが、小樽に来てくださった方へのメッセージツールとして活用するものとのことですね(なので、”小樽に来てね“という宣伝誘客のためのものではありません)。


中心街の稲穂にあるゲストハウスのOtaru YaDoのFacebookページより。

祝津のホテルノイシュロス小樽のFacebookページより。

堺町通りでは、協力店が店先に貼り出しています(写真は小樽たけの寿司。小樽観光協会ののFacebookページより。)。

こちらは大正硝子館本店で貼られてました。
Otaru_20200316-151613

ちなみに冒頭の写真は運河プラザの入り口で、こちらは運河プラザ内のテーブルに置かれてました。
Otaru_20200316-150354

このような小樽としての取り組は、とてもいいですよね。いち小樽市民として、このロゴを目にしたら、そんな思いを受け取って、頑張っている小樽の事業者さんたちを少しでも応援できればと思っています。

※小樽観光協会から事業者への案内はこちら:「小樽に来てくれてありがとう」ロゴをつくりました | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

小樽のおさかな普及推進委員会のホームページに「親子料理教室」で作った料理のレシピが掲載されています

Otaru_20200222-152306

小樽市産業港湾部水産課を事務局とする「小樽のおさかな普及推進委員会」では、ホームページやFacebookページで小樽の水産品の魅力を発信し、親子料理教室などのイベントも開催しています。

で、その親子料理教室に関してなんですが、作った料理のレシピをホームページの方にも掲載したそうで、3月11日のFacebookページでの投稿にお知らせがありました。

平成28年度から始まっているという親子料理教室では、旬のさかなを使って、講師のこぐれあいこ先生とともに美味しい料理を作って、できた料理を美味しく食べて楽しいひとときを過ごすという、とても人気のあるイベントだそうですよ。

その小樽のおさかな普及推進委員会ホームページ内のレシピ掲載ページがこちらです。
親子料理教室 | 小樽のおさかな普及推進委員会

掲載されているレシピに使用されている食材は、さけ(2回登場)、にしんいかたらで、それぞれに2〜3種類の料理のレシピが掲載されています。

個人的には、今、お店で小樽産もたくさん並んでいるにしんのレシピが気になりますが(小樽のにしんの漁期は3月25日まで)、魚料理を作る際の参考に、ちょっとホームページをのぞいてみてはいかがでしょうか。

※Facebookページ:小樽のおさかな普及推進委員会 - ホーム

【関連記事】
小樽のおさかな普及推進委員会が公式ホームページを開設したというニュースがありました

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

小樽市のFacebookページにて「広報おたる『おたる坂まち散歩』FB版」が投稿されています

Otaru_20200206-151840r

小樽は坂の街で、とにかく坂ばかりなのですが、その中でも、名前のついた坂がいくつかあります。 

観光マップなどに載っているようなよく知られた坂から、地元の方にしか知られていないような(地元の方も知らなかったりするような…)坂など、このブログでも、そういった坂道を実際に歩いて紹介しています。

で、そもそも名前のついた坂道のその名前はどこで知ったかというと、その多くは、小樽市HP内に掲載されている、広報おたるに平成13年〜18年の期間で連載された「おたる坂まち散歩」のHTML版を参照させてもらっています。

※こちらです:小樽市 :おたる坂まち散歩

そこには坂の名前の由来や、その坂にまつわるエピソードなども書かれていて、とても参考になるのと同時に、読み物としても楽しめる内容になっています。

その「おたる坂まち散歩」について、先日から小樽市のFacebookページでも読めるようにと、「広報おたる『おたる坂まち散歩』FB版」として、不定期ですが投稿されているんですよね。

その際、当時の広報おたるに掲載した写真とマップに併せて、最近の写真も掲載していて、当時と20年近く経った現在との様子が、どんな感じで変わったか(また、変わってないか)を見ることができるようにしてくれています。

平成13年から平成18年までの全52話中、3月15日現在、3月13日投稿の第5話「十間坂(じゅっけんざか)〈後編〉」(平成13年10月号掲載)まで投稿されています(小樽市Facebookページから埋め込み機能にて)。

ちなみに、こちらが最初の序章の投稿です(3月6日投稿)。

不定期投稿で、見逃した古い投稿がタイムラインで流れていってしまい、見つけにくいかもしれませんが、普段、Facebookをよく利用されている方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

※あっ、冒頭の写真は、私が撮影したものなので(薬師神社の坂)、小樽市のFacebookページの写真とは関係ありません。

※小樽市HP内のページはこちら:小樽市 :おたる坂まち散歩

【関連記事】
※当ブログの小樽の坂関連の記事は、カテゴリー小樽の坂にまとめてます。

| | コメント (0)

当ブログの「あまとうのアイスクリーム」の記事が介護関連の仕事を志す方のための情報サイト「きらッコノート」で紹介されてます

Otaru_20200315-20532

一見、当ブログとは全く繋がりのない「きらッコノート|介護をもっと好きになる情報サイト」という、介護関連の職業についている方、または介護関連の仕事を志す方のための情報サイトで、当ブログの記事が紹介されてます。

紹介されたのは、当ブログの「あまとうのアイスクリームをいただきました〜クリームぜんざいは30分待って」という記事です。

で、掲載されたのは、そのサイトの「スイーツ好き介護士さん必見!おすすめスイーツ特集|介護士さんのための情報サイト「きらッコノート」」という特殊記事内で、10個のスイーツ記事のうち、最後の10番目に紹介されています。

この「きらッコノート」のというサイトは(すいません、私も知らなかったのですが…)、

きらッコノートは、「きらケア」が運営する、介護関連の職業についている方、または介護関連の仕事を志す方のための情報サイトです。お仕事、恋愛、ニュースなど、介護に関わる幅広い情報を配信します。関係する人全員が、今よりももっと楽しく介護に携わることができるために、精一杯のお手伝いをしたい、そんなサイトを目指しています。
きらッコノート|介護をもっと好きになる情報サイト

ということで、もちろん、当ブログとの繋がりは全くないのですが、担当の方がスイーツ特集を組むにあたって、このブログの当該記事に目を留めていただいたようで、掲載許可の連絡を丁寧にいただいたので、掲載していただいたものです。

普段とは全く違った読者の方にも、このブログの記事を読んでもらう機会をもらったわけですが、この記事を通して、少しでも小樽に興味を持ってもらえると嬉しいですね。

【関連記事】
当ブログの「亀十パン」の記事が看護師さんのための情報サイト「ナースときどき女子」に掲載されてます

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

おたる水族館の令和2年度の通常営業開始は3月20日(金・祝)より(注意:予定日から延期になってます)

Otaru_20190709-142655r_20200313162201

おたる水族館は現在、冬期営業を終えて通常営業へ向けて休館中なのですが、令和2年度の通常営業を本来の予定日から延期して、3月20日(金・祝)より開始するというお知らせがありました。

令和2年おたる水族館 通常営業について。 | おたる水族館

もともとは3月14日(土)からの通常営業の開始予定だったのですが、北海道の「新型コロナウイルス緊急事態宣言」や小樽市の各公共施設の休館状況等を踏まえて、3月19日(木)までは営業を自粛するとのことです。

3月20日からの通常営業でも、イルカスタジアムでの「オタリア・イルカショー」やタッチングエリア「さわってE -zone」でのタッチングイベント、館内での飼育員による給餌解説などについては、当分の間、中止とするとのことです。

ただ、トドやアザラシのいる、屋外の海獣公園で行うショー等に関しては、通常通り行う予定だそうですよ。

Otaru_20190709-150230r

観光客にも市民にも人気のおたる水族館ですから、通常営業開始を楽しみにしていた方も多いと思うのですが、こういう状況ですとやむを得ないですかね。

本当に、新型コロナウイルス感染が早く終息することを願うばかりです。

※公式サイト:おたる水族館 | イルカの水しぶき、トドの豪快ダイブ、爆笑ペンギンショー、国定公園の大自然に囲まれた水族館

※関連ニュース
おたる水族館…令和2年通常営業についてのお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
・2020年3月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
新型コロナウイルスに関して、小樽の状況だけでも触れないわけにいきませんね〜イベントは軒並み中止、街は閑散〜市の施設などの休館情報について【追記あり】
おたる水族館の今シーズンの冬季営業は2020年2月24日まで〜ペンギンの雪中さんぽの様子をちょっとだけ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 スポット 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の階段のある風景 小樽の地下歩道 小樽の通り 小樽の駅 小樽の川・橋 於古発川(おこばちがわ) 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の桜 小樽の紅葉 道内巡り(小樽以外) 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌