日記・コラム・つぶやき

2017年9月25日 (月)

工事をしていた旧海猫屋(旧磯野支店倉庫)の建物の様子〜ところで近くのガソリンスタンドがなくなってる!?

Otaru_20170923_151335


使われてない歴史的建造物の様子というのは、なんとも気になるものです。

中でも最近とても気になっているのが、“海猫屋だった建物”といった方が伝わる、レンガ造りが印象的な、明治39年(1906年)建築の小樽市指定歴史的建造物の旧磯野支店倉庫の建物です。

2016年10月末で閉店した人気のお店・海猫屋ですが、その後、このブログでも何度か建物の様子を掲載していて、春には足場が組まれて工事が始まっていたんですよね。

その時には、すでに海猫屋の看板などは何もなくなっていたのですが、先日、前を通ったら、足場もなくなり、ツタもなくなったすっきりとした元の建物の姿を見せていました。ただ、まだ工事関係者の車などは止まっていましたよ。

Otaru_20170923_151309

すいません、どこを修復したりしていたのかは知らないんですが、屋根瓦の葺き替えなどが行われていたようですが(ちょっと見えないですね)。

何せ、前に入っていた海猫屋がとても人気のお店だったので、その後に何が入るのかというのは、多くの方が気になっているのではないでしょうかね。

Otaru_20170923_151323

次のお店とかは、もう決まったのでしょうかね。
ちらほらと未確認の噂話も耳に入ってきているのですが、気になります。

ちなみに、海猫屋のマスターは、寿司屋通り下で「NO NAME」という新しいお店を開いてます。


ところで、旧海猫屋の斜め向かいにあったガソリンスタンドが、そっくりなくなってるんですが…

Otaru_20170923_152119

ここはどうなるの?

【関連記事】
海猫屋のあの味が装いも新たに!?OTARU DINING NO NAMEが寿司屋通り(妙見川沿い)にオープンしてます(まだ行ってませんが…)
閉店した海猫屋(旧磯野支店倉庫)の建物が工事中!?【情報提供】
閉店した海猫屋(旧磯野支店倉庫)の建物のその後の様子を見てきました
10月で閉店する小樽の人気のレストラン「海猫屋」に行ってきました〜レンガ造りが印象的な建物は歴史的建造物の旧磯野支店倉庫
小樽の人気のレストラン「海猫屋」が10月末で閉店〜建物は歴史的建造物の旧磯野支店倉庫


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

え?旧北の誉の酒泉館にアイスクリームのさくら食品の看板が掲げられてるって!?【詳細未確認】

20170917_163455


つい先日、ブログのコメントで、旧北の誉の酒泉館にアイスクリームの「さくら食品株式会社」の看板が掲げられてるという情報をいただきました。

奥沢にあった北の誉は、2015年に小樽での生産を終了してしまい、製造は合併していたオエノンホールディングス子会社の合同酒精の旭川工場に移り、それに伴い展示施設の「酒泉館」は閉館して、周囲の工場などの施設も閉鎖してしまったんですよね。

※参考記事:惜しまれながらも間もなく閉館の小樽の老舗・北の誉酒造の「酒泉館」を見学してきました

それらの建物群がどうなるのか気になっていたのですが、最近、工事が始まり、なにやら建物を解体していたんです。ただ、その際に見い行った時には、旧酒泉館の建物と石造の建物は綺麗に残されていて、何かに使われるのかなと、ちょっと期待もしていたんですよね。

※その時の記事:奥沢町の旧北の誉酒造の建物の解体工事が進んでいるようです〜旧酒泉館も石造の建物も解体されるの!?

20170917_163407

そして、今回の情報をもらって改めて見に行ったところ、酒泉館の建物正面の、かつて「北の誉」と表示されていた看板に…

20170917_163455

お〜!「さくら食品株式会社」の看板が掲げられてますね。

20170917_163507

もとの看板をシートで覆うようになってました。

周辺の関連の建物は、雑然としてますがまだ残ってますね。

20170917_163512

さくら食品は、入船4丁目のバス通り沿いにある、アイスクリームなどを製造している小樽の会社です。

まだ、さくら食品がここをどうするかなどの情報は私は持ってないのですが、とっても気になる情報なので、今回ブログに掲載しておきました。

何か分かったら、またブログで紹介しようと思います(何か情報ありましたら、教えてください)。

※さくら食品のサイト:小樽・アイスクリーム【さくら食品株式会社】


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

敬老週間期間中に小樽市では70歳以上の方を対象に無料開放になる施設があります

Otaru_dsc00694


9月18日(月・祝)は敬老の日ですが、9月15日(金)~9月21日(木)の敬老週間の期間中、小樽市では70歳以上の方を対象に、無料開放になる施設があります。

対象施設は、小樽観光協会のサイトの「敬老週間中の施設の無料開放のお知らせ | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」)」で紹介されていた、下記の施設です。

・総合博物館・本館・運河館
・市立小樽美術館
・旧日本郵船(株)小樽支店
・手宮洞窟保存館
・小樽市鰊御殿
・自然の村(入浴・パークゴルフ)
・いなきたコミュニティセンター体育室
・銭函市民センター(体育室・娯楽室)
・総合体育館
・手宮公園競技場
・小樽公園弓道場
・高島小学校温水プール
・銭函パークゴルフ場

※利用の際は、年齢を確認できるものの提示が必要です。
※休館日は各施設ごとに違うのでご注意を。
※専用利用や一部の特別展は入場料が必要になります。
※文学館は展示替え及び照明設備工事のため、9月12日(火)~29日(金)の期間、臨時休館してます。

問い合わせ先などは、小樽観光協会のサイト内の「敬老週間中の施設の無料開放のお知らせ | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」)」に記載されているので、参照してください。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

石原裕次郎さんの愛車ロールスロイスを展示するために、小樽市がガバメントクラウドファンディングで支援をお願い

石原裕次郎記念館が惜しまれつつも8月31日(木)をもって閉館しました。

最終日には、全国各地から閉館を惜しむファン約3,000人が訪れて、石原まき子夫人、石原プロ所属の舘ひろしさんや神田正輝さんらも駆けつけ、最後を見届けたようです。

(閉館した石原裕次郎記念館)
Otaru_20170722_145410


さて、記念館には石原裕次郎さんにまつわる様々な品が展示されていましたが、その中の石原裕次郎さんの愛車ロールスロイスは小樽市に寄贈され、小樽市総合博物館本館の自動車展示館に展示されることになったんですよね。

ただ、現在の設備では保存状態を維持していくことが困難な状況とのことで、適切な環境で保存し末永く展示するために、自動車展示館に空調管理が可能なガラス張りの個別展示室を設ける工事を行なっていて、その設備整備に850万円もの費用が必要になるそうです。

そこで、小樽市はその費用の一部として300万円の支援をお願いするために、インターネットで寄付を募るガバメントクラウドファンディングに取り組んでいます。これはふるさと納税対象事業でもあるそうです。

募集期間は、平成29年8月25日から11月22日まで。

このプロジェクトの紹介サイトは「ふるさとチョイス」のサイトになるので、申し込みなど詳しくはそちらで。
【裕次郎記念館閉館】小樽に裕次郎さんの愛車を遺していくためのご支援を! | ふるさと納税のクラウドファンディングは「ふるさとチョイス」

Otaru_20170915_1_30_06
「ふるさとチョイス」のサイトのスクリーンショットより。

お礼の品については、5,000円以上の寄付者に小樽の観光ポストカード(2枚組)とロールスロイスが展示される小樽市総合博物館の無料入館証(2年間有効)。1万円以上の寄付者には、上記に加えて石原裕次郎ミュージックボックス(1寄付につき1個、先着300名)、博物館に寄付者の銘板を掲示、といった特典を用意しているそうです。

「ふるさとチョイス」から申し込まず、「寄附申込書」の提出によってもできるそうです。

小樽市HP内にも、このプロジェクトについての詳細や問合せ先が記載されているページがあるので、気になる方は、まず目を通してみてはいかがでしょうか。
小樽市 :小樽に裕次郎さんの愛車を遺していくための御支援

すいません。私は寄付はしてないのですが、お知らせということで、情報を掲載しました(汗)

小樽市総合博物館自動車展示館でのロールスロイスの一般公開は、9月30日からを予定しているとのこで、私も展示が始まったら見に行ってみようと思います。

石原裕次郎記念館はなくなってしまいましたが、裕次郎さんゆかりの地・小樽に記念館のあった証としても、愛車が小樽に残るのは嬉しいですね。


※小樽市で取り組む「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」を紹介するFacebookページはこちら。
小樽市ガバメントクラウドファンディング - ホーム

※関連ニュース
・2017年9月7日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
石原裕次郎のロールスロイスを小樽に残すGCF ふるさと納税活用で - 小樽経済新聞
石原裕次郎記念館26年の歴史に幕!ファン3,000人が惜別 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)

【関連記事】
間もなく閉館する石原裕次郎記念館に行ってきました。8月末で閉館です(展示室は撮影禁止)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月 8日 (金)

そういえばNTT東日本小樽支店はもうないんですよね?バス停名も変わってますし

Otaru_20170819_123356


昨年(2016年)に報道があって、その後の詳細は分からないのですが、NTT東日本小樽支店って閉鎖してもうないんですよね!?

※その時の記事はこちらです:ニュースより/産業会館に入るNTT東日本小樽支店が閉鎖に。気になるのはその後の活用法

当時の報道では、小樽市産業会館に隣接するNTT東日本小樽支店が2016年9月末をめどに閉鎖されるという内容だったんですよね。

Otaru_20170819_123514

ちなみに、その目の前の国道5号線にあるバス停は、「NTT前」という名称だったのですが、平成29年4月1日から「稲穂2丁目」に変更になってますものね(参考:otaru_rename.pdf(中央バス:停留所名称変更のお知らせ))。

Otaru_20170715_181157

さらには、建物の看板にあった「小樽支店」の文字が消えてました。

(以前は小樽支店まで表示されてました。2017年7月15日撮影)
Otaru_20170715_181135

(先日見たらその部分がなくなってました。2017年9月7日撮影)
Otaru_20170907_153755

あまりニュースにはなってないようですが、大企業の支店が小樽から撤退してしまったというのは、やはり小樽になにかしら経済的な影響があるのでしょうね。

そもそも小樽市産業会館は、小樽市とNTTとの区分所有している建物の市所有部分の名称とのことで(参考:小樽市 :産業会館)、同じ建物にNTT東日本小樽支店の事務所が入っていたんですよね。

ということは、その部分は今は空きスペースということなのかな?
となると、気になるのは、どのくらいの広さかは知りませんが、そのスペースの今後の活用についてですね。

【関連記事】
ニュースより/産業会館に入るNTT東日本小樽支店が閉鎖に。気になるのはその後の活用法


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月21日 (月)

高雄ビル1階のサンクスが閉店してファミリーマート「小樽稲穂2丁目店」として8月29日にオープン予定

Otaru_20170819_123450


国道5号線の産業会館のある交差点の一角に建つ、高雄ビルの1階に入っていたコンビニのサンクスが8月9日で一旦閉店して、現在、ファミリーマートへと生まれ変わるために工事中です。

ファミリーマート「小樽稲穂2丁目店」として、8月29日(火)7時にオープン予定です。

Otaru_20170819_123617

Otaru_20170819_123422

Otaru_20170819_123436

Otaru_20170819_123458

ファミリーマートは2016年9月に、サークルKサンクスを傘下に置くユニーグループ・ホールディングスと経営統合して、それによって、小樽市内にあるサンクスも順次ファミリーマートへと変わるというニュースがあったんですよね。

では、小樽市内の他のサンクスはどうなったのかというと、ちょっと前に長橋を車で通った際に、長橋にあるサンクスの看板がファミリーマートに変わっていたのを目にしたのですが、調べて見たらサンクスの小樽長橋5丁目店は、5月にすでにファミリーマートに変わってますね(参考:小樽長橋5丁目店|FamilyMart店舗検索|ファミマップ)。

では、サークルKサンクスで店舗検索をすると、小樽にあるのは赤岩店の1店舗のみが残っているようで、あと、もう1店舗あったサンクスの小樽運河通店はすでに冬(確か2月)に閉店していているようです。

ちなみに、小樽でのファミリーマートは、昨年(2016年)11月に小樽初、後志管内でも初となる「小樽色内1丁目店」が、そして12月に2号店の「小樽運河店」が新規にオープンしたんですよね。

昨年、小樽に初上陸したファミリーマートも徐々に店舗を増やしてきましたね。

サンクスは赤岩店のみになってしまいましたが、今後、どうなるのかな。


【関連記事】
小樽2号店となるファミリーマート「小樽運河店」がオープン!
ようやく小樽にもファミマが出店!小樽・後志1号店となるファミリーマート「小樽色内1丁目店」がオープン
ニュースより/小樽にようやくファミリーマートが出店。11月に1号店が、12月に2号店がオープン予定

※関連ブログの関連記事
小樽にもそのうちファミリーマートができるの?〜サークルKとサンクスがファミリーマートに一本化されるというニュース | ローカルブロガーのメモ帳


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

桜町と熊碓村〜今回の桜町の記事のまとめ

小樽市街地の東側に位置する桜町は住宅街なので、住んでいないとなかなか行く機会はないんですが、先日、桜町本通りを中心にあちこち歩いてきました。

20170720_141644

その様子を投稿したこれまでの記事については、最後にまとめたいと思います。

桜町本通りを中心とする一帯は、昭和9年(1934年)に東小樽の土地開発時に設計された街並みで、イギリスのE.ハワードが明治時代に発表した田園都市の構想をもとにしていると言われていて、その象徴的となるものが桜ロータリーなんですね。

20170720_133517r

もともとこのあたりは朝里村大字熊碓村という村で、「桜町」という名前は公募によって昭和18年(1943年)に熊碓村から改名されて付けられた地名です。

熊碓”という地名は、小樽市民であれは、聞き慣れた地名ですよね。

東小樽海水浴場は熊碓海水浴場(熊碓海岸)と今も呼ぶ人は多いでしょうし、熊碓神社なんかもよく知られています。

(桜本通りを抜けると国道5号線があって、その先は海)
20170720_144626

そして、桜本通りの横には熊碓川が流れていますね。

20170720_141732

熊碓川は、途中で桜本通りと交差したりして、ところどころでその姿を見ることができます。

20170720_142752

ということで、桜町には行ってみたいお店もあるので、また、今度機会を見つけて巡ってきたいと思います。


今回の桜町の記事のまとめ(2017年7月)

では、ここからは、今回、桜町本通りを中心にあちこち歩いてきた様子についての記事をまとめておきます。

放射状に5本の道路が伸びる桜ロータリー

桜ロータリーからまっすぐ続く坂道の先の高台に建つ熊碓神社へ

桜ロータリーから熊碓神社までの坂道から横に入る通りに名前が付いてた

桜町にあった気になる建造物は水道施設「桜低区配水池」でした

桜町の「ぱんじゅう処 あんあん」でぱんじゅうを買ってきた

桜町にある近隣公園「さくら公園」〜ん?隣接するグラウンドは…

桜町の高台に建つ量徳寺東小樽支院の建物

桜町の「長昌寺の坂」と夫婦銀杏

平磯岬の高台に建つ豪華な銀鱗荘は歴史的建造物の旧猪俣邸

銀鱗荘入り口横に建つ小樽ゆかりの俳人・高浜年尾句碑


※過去の関連記事
「桜地下歩道」を通って国道5号線を桜町から船浜町に渡る

※参考
・「おたる案内人テキストブック」小樽観光大学校運営委員会編
小樽散歩案内(発行:有限会社ウィルダネス)
・小樽チャンネルMagazine Vol.18「小樽れっけん」
「桜町」と「堺町」 - 関西学院大学社会学部 島村恭則ゼミ
桜 (小樽市) - Wikipedia


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

【動画】製罐のポー/小樽市民にお馴染みの北海製罐のサイレン

Otaru_20170414_165906


製罐のポー」として小樽市民に親しまれている、北海製罐小樽工場のサイレンは、社員に就業時間の区切りを伝えるために鳴らされているサイレンです。

ただ、決まった時間に小樽の街に響き渡る音で鳴るので、小樽市民にはお馴染みで、時報のように耳にしている市民も多いかと思います。

製缶のポーは1日5回鳴らされていて、2015年6月に一部(午後の2回)の時間が変更になったのですが、以降に変わってなけれは、午前7時半(そろそろ始業)、午前8時(始業)、正午(昼休み開始)、午後1時(昼休み終了)、午後5時(終業)の5回鳴ってます。

ちょっと前なんですが、午後5時の製罐のポーを北海製罐の建物と一緒に撮った動画があるので紹介しますね。

最初に建物の様子が撮影されています。
撮影したのは、2017年4月14日。風の強い日でした。

ということで、製罐のポーの様子でしたが、ポーというか「ウ〜〜〜」かな。

【関連記事】
ニュースより/北海製罐のポーの時間が一部変更に〜時計代わりにしていた人は要注意
運河沿いの歴史的建造物「北海製罐」の第3倉庫にショッカーがいた
北運河に並ぶ北海製罐の工場群


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

第30回高島漁港納涼大花火大会が今年(平成29年)も8月13日(日)に開催予定です

Otaru_20160814_203910_1
※花火の写真は昨年(2016年)のものです。


夏といえば、花火大会!!
小樽も夏の花火大会はいくつか開催されるんですよね。

7月下旬のおたる潮まつりで初日と最終日の2日間で花火大会が開催され、その後、朝里川花火大会や小樽ビール醸造所まつり(銭函)の花火などが開催されました。

そして、今週末の8月13日(日)には、小樽の花火大会の中でもとても人気のある、第30回高島漁港納涼大花火大会が開催されます。

高島漁港を会場にして開催されるこの高島漁港納涼大花火大会は、打ち上げも漁港内で行われて、目の前で上がる花火はものすごい迫力なんですよね。

花火の打ち上げは8月13日(日)の20:00〜で、会場の高島漁港で約4,000発が打ち上げ予定です。

(今年のポスター)
Otaru_20170725_150636

イベントはその前の16:30からなどが始まり、漁港内には屋台も出るんですよね。

イベント専用の駐車場はないので、アクセスはバスで行くことになり、中央バス「高島3丁目」下車になります。
荒天時は中止です。

この花火大会の特徴が、地域の故人を偲ぶ追悼花火も上がることです。
打ち上げ前に、放送で故人のエピソードが紹介されて、リクエスト曲とともに花火があがるんです。

その他、どこから上がるか分からずビックリする海面から上がる水中花火や、全長約200mの滝のように流れ落ちる人気のナイアガラ花火など、大迫力の花火はとにかく人気で、会場となる高島漁港の岸壁は、毎年見物客で大混雑になります。

Otaru_20160814_202929_1

当日、晴れるといいですね。
今年は見に行けるかな〜

ちなみに、この高島漁港納涼大花火大会の後は、9月2日(土)に「おたる祝津花火大会」が予定されています。

※小樽市のHP内に平成29年夏の花火大会情報が掲載されてます。
小樽市 :夏の花火大会情報

※参考サイト
第30回高島漁港納涼花火大会(8月13日) | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」

【関連記事】
※昨年の高島と祝津の花火大会の記事です。
小樽の高島漁港で開催された大迫力の「第29回 高島漁港納涼大花火大会」を見に行ってきました
【動画】第29回 高島漁港納涼大花火大会〜水中花火・ナイアガラ花火・フィナーレの様子
小樽の夏の花火の最後を飾る「第12回おたる祝津花火大会」を見に行ってきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

「JR北海道わがまちご当地入場券」の小樽駅の入場券を買ってきた

JR北海道による「JR北海道わがまちご当地入場券」が2017年7月20日(木)より発売されているということで、小樽駅の入場券を買ってきました。

Otaru_20170725_144620

これは北海道(青森県1町含む)の101の市町村、それぞれの街の表情と鉄道風景を切符にしたもので、JR北海道が発売する普通入場券として1枚170円で発売されてます(小児用の発売はなし)。

もちろん、101種類の入場券は、それぞれ101の街に行かないと買えません。

で、私は地元・小樽駅の入場券を買ってきたわけですが、小樽駅の入場券は、表が小樽築港〜朝里間の海沿いを走るニセコライナーの写真と、裏は夜の小樽運河の写真が掲載されています。

Otaru_20170725_145543

Otaru_20170725_145553

小樽駅では、みどりの窓口(5:30 ~ 22:45)で初回3,000枚で販売されています(一度に買える枚数を制限することもあるそうです。販売期間とか売り切れの場合とかの情報は、見当たらなかったですね)。

このご当地入場券ですが、駅によっては現地特典があって、小樽駅の場合は、運河プラザで小樽市観光ポスターと同デザインのポストカード2枚組をプレゼントしてもらえます(わがまちご当地入場券購入当日に限り有効で、1枚につき1人1回限り。現地特典は変更となる場合があるそうです)。

で、早速小樽駅から運河プラザに向かって、わがまちご当地入場券を提示して、ポストカード2枚組をもらってきました!

Otaru_20170725_150554

Otaru_20170725_150611

ちょっと嬉しい!

ちなみに、異なる10駅分の「JR北海道わがまちご当地入場券」を集めて応募すると、「北海道の列車カード」がもらえるなどのキャンペーンも行なっています。

※詳細は「JR北海道わがまちご当地入場券」のサイトで。
JR北海道 わがまちご当地入場券
※わがまちご当地入場券の小樽駅についてはこちら。
JR北海道 わがまちご当地入場券(小樽駅 [小樽市])

※関連ニュース
「JR北海道わがまちご当地入場券」…小樽駅記念入場券 | 小樽観光協会公式WEB | 小樽の観光情報は「おたるぽーたる」
JR北海道わがまちご当地入場券 小樽駅で7/20発売 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com)


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の駅 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の通り | 小樽の地下歩道 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 海の幸 | 家庭料理 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 道内巡り(小樽以外) | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌