ニュース

2018年12月19日 (水)

ニュースより/歴史的建造物の「旧魁陽亭」が再生に向けて改修工事予定。隣接地に新設するホテルとともに開発

Otaru_20181213_140347


メルヘン交差点の小樽オルゴール堂本館の横から上って行く三本木急坂の途中左手に、木製の塀が真っすぐ続く細い道が上っていて、その先に、小樽市指定歴史的建造物の趣ある旧海陽亭(旧魁陽亭)の建物が静かに建っています(以降、旧魁陽亭と表記します)。

(写真は2018年12月13日撮影)
Otaru_20181213_140154

Otaru_20181213_140248

Otaru_20181213_140347

現在、この旧魁陽亭の建物は未使用状態で、敷地内には立ち入り禁止の立て看板が立っています。

Otaru_20181213_140338

この旧魁陽亭の建物は、近くを通るたびに見に行っていて、以前は、料亭として食事や亭内の見学(有料)ができたのですが、ここしばらくは営業してなかったので、どうなったのか気になっていたんです。

すると、今年に入って、ニュースなどでその状況が少しずつ一般市民の私の耳にも届くようになってきたので、そのあたりをちょっと書き留めておこうと思います。


旧魁陽亭(旧海陽亭)について

その前に、まず、旧魁陽亭についてですが、建築は明治29年(1896年)以降ということで、木造2階建の元々も料亭として建てられた建物で、小樽市の歴史的建造物に指定されています。

小樽市HP内に建物概要が掲載されているので、引用させていただきます。

明治初期に開業した料亭で、亭名は創業期の魁陽亭から開陽亭、海陽亭とかわっています。
建物は大半が大正期の増築ですが、2階大広間「明石の間」は、明治29年大火類焼時の再建と推定されています。
明治39年11月、日露戦役による樺太国境画定会議後の大宴会がここで開かれるなど日本史の舞台にも登場し、政財界など多くの著名人が訪れています。
小樽市 :旧魁陽亭

Otaru_20181213_140439

Otaru_20181213_140433


旧魁陽亭は再生に向けて改修工事予定

で、この旧魁陽亭ですが、どうやら2015年に営業を停止していて、老朽化も激しく、以降は閉鎖されたままだったようです。

その後、どうなったのかなぁ、と思っていたのですが、今年の春に読んだ歴史文化研究所による小樽の地域内連携情報誌・月刊「小樽學」2018.4月号(109号)で、思いがけず旧魁陽亭についての情報を目にしました。

それは、冊子内の帰化人のコーナーに、魁陽亭を取得した総合不動産業のインフィニットルミナス代表取締役の佐藤勉氏が紹介されていて、そこにホテルを併設した新たな歴史的建造物活用について書かれていたんです。

さらにその後、ニュースとしては、しばらく経った2018年11月15日付北海道新聞朝刊経済欄に、隣接地に新設するホテルとともに旧魁陽亭を再生させるという記事が掲載されました。

ニュースによると、不動産業のインフィニットルミナスが旧魁陽亭の保存改修をし、隣接地に新設する7階建てのホテルとともに一体開発をするということで、2022年開業を目指して、建物の改修を来春に着工予定だそうです。

(現在、建物横が空き地になっています)
Otaru_20181213_140411

Otaru_20181213_140414


旧魁陽亭内に残る資料調査が進む

建物内には、様々な著名人ゆかりの品が残されていて、現在、小樽商大の協力で、資料整理をしているそうで、その調査についてのニュースが、その後の2018年12月11日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

調査は今年の9月から、小樽商大とインフィニットルミナスが共同で取り組んでいて、初代首相の伊藤博文が使った布団などの品や、写真や書簡などのお宝が色々とあるそうです。

調査は小樽商大の高野弘康研究員の主導で、同大の小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト(通称:本気(マジ)プロ)の学生も参加し(※参考:小樽商大本気プロ 「日本遺産による小樽の活性化」チーム - ホーム)、来年3月まで続けて、情報をデータベース化するとのこと。建物の歴史を生かした観光資源化を目指すということで、楽しみです。

(以下の写真は2018年4月撮影)
Otaru_20180417_155218

Otaru_20180417_155116


おわりに

旧魁陽亭改修後は、カフェや飲食店のテナントを誘致する考えもあるそうで、ぜひ、地元市民なんかも気軽に訪れることができ、歴史を身近に感じることができるような建物になるといいですね。

ということで、どうなっていたか気になっていた旧魁陽亭の建物が、活用に向けて動いているということで、関連のニュースをまとめてみました。


《追記 2018.12.20》
コメントで、海陽亭としてサイトが公開されていると教えていただいたので、追記しておきます。情報ありがとうございました。
今後の予定や海陽亭の歴史など、とても詳しく記載されたサイトです。
海陽亭 | KAIYOTEI


※参照ニュース
・月刊小樽學2018.4月号(109号)(帰化人 株式会社魁陽亭 佐藤 勉氏)
・2018年11月15日付北海道新聞朝刊経済欄(旧料亭「魁陽亭」再生へ)
・2018年12月11日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(旧料亭「魁陽亭」お宝続々)

小樽學(小樽学)|このまちで生きているのが偶然でも、このまちで生きていく必然を探そう。

【関連記事】
「海陽亭(旧魁陽亭 )」はメルヘン交差点からの坂の途中に建つ歴史的建造物でもある老舗料亭
三本木急坂を歩く〜坂の途中には歴史的建造物の海陽亭(旧魁陽亭)と猪股邸
三本木急坂と坂の途中の歴史的建造物


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

ニュースより/廃止が検討されていた小樽海上技術学校は短大に転換して存続へ

Otaru_20170916_152114
※写真は2017年9月撮影


そういえば、昨年、桜町にある国立小樽海上技術学校が、校舎の老朽化により耐震化が困難であることなどから、国が廃止を検討しているというニュースがありました(その時の記事がこちら:ニュースより/国立小樽海上技術学校が校舎の老朽化により国が廃止を検討)。

小樽海上技術学校の現校舎は1976年(昭和51年)に建てられたもので、建て替えには数十億円かかるために、国が廃止を検討しているということだったんですよね。

で、その後の状況について、少し前ですが、2018年11月21日付北海道新聞朝刊総合欄と22日付小樽・後志欄に掲載されていたので、ここでも書き留めておきます。


ニュースによると、所管する国土交通省が、高校相当の同校を海上技術短大に転換して存続させる方向で調整しているそうで、2021年春の開校を目指しているとのことです。それによって、小樽海上技術学校は、早ければ来春の入学者を最後に生徒募集を停止することになります。

そこで気になるのが校舎なんですが、2020年3月で閉校する小樽商業高を代替校舎として活用する構想を提案していて、小樽市が樽商の校舎を道から購入し、運営する海技教育機構が借りる形で短大を開校させる方針とのことです。

(小樽商業高校 2017年3月撮影)
Otaru_20170319_114635r

小樽商業高は、小樽工業高と合併して、2018年春から小樽未来創造高校として小樽工業高の校舎で新たに出発していて、小樽商業高は在校生が卒業する2020年3月で閉校するんですよね。


ちなみに、この小樽海上技術学校ですが、船舶の乗組員といった、国内の海上輸送に従事する人材を育成するために設置されている、北海道では唯一の学校で、中学卒業生を対象としていて、修業年数は3年。卒業すると高校卒業と同等の資格が得られるそうです。

全国的には、海上技術学校は4校あって、その中で小樽海上技術学校が最も古く、創立は1939年(昭和14年。小樽海員養成所として開校)です(※参照:沿革 | 独立行政法人 海技教育機構)。その他、海上技術短期大学校(3校)、海技大学校(1校)が設置されています。

Otaru_20170916_152105


ということで、小樽海上技術学校については、もともと入学希望者が減ったわけではなく、廃止の検討は財政上の理由だったため、存続の要望を続けていた地元関係者らはホッとしていることでしょうね。

※学校サイト:トップ | 独立行政法人 海技教育機構

【関連記事】
ニュースより/国立小樽海上技術学校が校舎の老朽化により国が廃止を検討


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年12月 5日 (水)

ニュースより/小樽雪あかりの路が国土交通省の「手づくり郷土賞」大賞部門に

Otaru_20180210_203718
※写真は今年2月の様子です。


毎年2月に開催される、すっかり小樽の冬の風物詩となったイベント「小樽雪あかりの路」ですが、主催している小樽雪あかりの路実行委員会が、本年度の国土交通省「手づくり郷土(ふるさと)賞」大賞部門に選ばれたというニュースがありました。

2018年12月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

ニュースによると、手づくり郷土賞とは優れた地域活動を全国に発信することを目的としていて、今年で33回目となる表彰だそうです。

小樽雪あかりの路は2004年度(平成16年度)に一般部門で受賞していて、大賞部門は、一般部門の受賞後もなお一層の活動の充実が行われるなどの団体が対象になり、今回は小樽を含む3団体が受賞したとのことです。

Otaru_20180210_195511

1999年に始まった、この小樽雪あかりの路は、今年2月の開催で20 回目を迎えました。ちなみに、今年の来場者数は48万8千人と、毎年約50万人の観光客が訪れてくれるんですよね。

こういった受賞は、関係者にも励みになりますよね。

21回目となる小樽雪あかりの路の開催は、来年2019年は、2月8日(金)〜2月17日(日)の予定です。

※参照:国土交通省大臣表彰 手づくり郷土賞

小樽雪あかりの路

【関連記事】
「小樽雪あかりの路」関連の記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 3日 (月)

ニュースより/小樽の平成30年度上期の観光客数は395万4,900人。前年度に比べ13万2,300人減少(96.8%)

Otaru_20181201_113955


小樽は観光の街ですから、いったいどのくらいの数の観光客の方々が訪れてくれているのかというのは、地域ブログを書いている私としても気になるところですが、小樽市から11月30日、平成30年度(2018年度)上期(4〜9月)の観光入込客数の発表がありました。

ニュースは、2018年12月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄や上期観光入込客数13万人の減!市長定例記者会見 (小樽ジャーナル)にて掲載されました。

詳細は、小樽市HP内の小樽市 :平成30年度【上期】小樽市観光入込客数の概要に掲載されています。


小樽市の平成30年度(2018年度)上期の観光入込客数

ニュースによると、小樽市の平成30年度(2018年度)上期(4〜9月)の観光入込客数は395万4,900人で、前年度に比べて13万2,300人の減少となっています(96.8%)。

減少の大きな理由は、やはり9月6日に発生した北海道胆振東部地震の影響で、9月は対前年比72.5%と大幅に減少したようです。当時は小樽からぱったりと観光客の姿が消えましたからね。

道外客数については、8月まではアジア圏を中心とした外国人観光客数が好調で前年度並みながら、道内客数は7、8月の天候不順の影響もあってか減少したとのこと。

それでも、小樽で宿泊施設が増加したことなどによって、宿泊者数は前年度に比べて3.5%増の42万人と増えてるようで、これは、小樽観光の懸案事項ともいわれているので、嬉しい傾向ですね。

特に外国人宿泊者数が、海外旅行博への出展や旅行会社担当者等の招請事業などの成果により増えているとのことで、6年連続で過去最高を更新しています。

国別の宿泊者数では、韓国が昨年度1位の中国を抜いてトップとなっていて、以下、中国、香港、台湾、タイ、シンガポール、マレーシア、アメリカとなっています。

また、修学旅行の宿泊学校も、前年度より19校増えて、93校となったそうですよ。

Otaru_20181201_114115

9月以降は、観光客の出足も徐々に戻っているようで、下期には現在開催中で来年2月17日までロングラン開催している小樽ゆき物語や、2月には小樽雪あかりの路などのイベントもあるので、また、たくさんの観光客のみなさんが訪れてくれるといいですね。

※数字の詳細については、小樽市HP内の小樽市 :平成30年度【上期】小樽市観光入込客数の概要を参照願います。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

ニュースより/潮見台地区でクマの足跡の発見が相次ぎ潮見台公園が入場禁止

Otaru_dsc01127r


毎年、小樽市内でもクマ出没のニュースが報じられるのですが、今年は潮見台地区で、クマの足跡の発見情報が相次いでいるということで、潮見台公園が入場禁止になってます(写真は潮見台公園。2012年秋撮影)。

2018年8月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、8月24日から27日の早朝にかけて、ヒグマの足跡発見情報が相次いだそうで、それを受けて、小樽市は27日午後2時から、潮見台公園の入場を禁止したとこのことです。

ニュースによると、潮栄会館(潮見台4)付近から潮見台公園に入るための市水道局管理の道(約400m)も通行止めにしているそうです。

小樽市HP内にも、潮見台公園の立入禁止についてのお知らせが掲載されています。

潮見台公園付近でクマの出没情報がありましたので、8月27日(月)より当分の間、公園の立入を禁止します。入口にはポールとロープで入れないようになっています。ご協力願います。
小樽市 : 公園・緑地について

当分の間ということで、解除日は未定です。

ちなみに、潮見台公園は結構山側に入っていくので、なかなか行く機会はないと思うのですが、クマが出たと聞いて改めて地図を見ると、結構、住宅街から近くなんですよね。

やはり、ちょっと怖いですね。
ご近所の方は、ご注意を。

小樽市HP内には、クマ出没情報が掲載されています。
小樽市 :クマ出没情報

小樽市HP内には「クマにご注意を!」というページもあります。
小樽市 :クマにご注意を

【関連記事】
潮見台公園
潮見台浄水場


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

前市長の辞職に伴う小樽市長選挙が8月26日(日)に行われて、迫(はざま)俊哉氏が初当選しました

Otaru_20180421_115916r


やはり、この話題に掲載しないわけにはいけませんよね。

すでにニュースなどでご存知かとは思いますが、森井秀明前市長の突然の辞職に伴う小樽市の出直し市長選挙の投票が、8月26日(日)に行われました。

結果、新人で市の元総務部長の迫(はざま)俊哉氏が当選して、新しい小樽市長となりました。

開票結果は次の通りです。
迫俊哉(無所属・新):26,351票(当選)
森井秀明(無所属・前):19,518票
鳴海一芳(無所属・新):6,027票
秋野惠美子(無所属・新):4,113票

※当日有権者数は10万3,094人。投票者数は5万6,582人。投票率は54.88%で、これまでで最も低かった3年前の前回を5.33ポイント下回り、過去最低でした。

今回の小樽市長選挙は、戦後初の4人による選挙戦となったのですが、自民、立憲民主、国民民主、公明の各党に加えて連合小樽、小樽商工会議所の推薦を受けた元市総務部長の迫俊哉氏(60)が、前小樽市長の森井秀明氏(45)、元裁判所事務官の鳴海一芳氏(63)(共産、社民推薦)、元市保健所長の秋野恵美子氏(66)を抑えて初当選しました。


ということで、新しい小樽市長が決まりました。

小樽市民として、少しでも小樽市がいい方向に進むことを願っています。

※参考:小樽市 :平成30年8月26日執行 小樽市長選挙開票結果

※参照ニュース
・2018年8月27日付北海道新聞朝刊
小樽市長選 迫氏が初当選|NHK 北海道のニュース

【関連記事】
小樽市の出直し市長選挙の投票日は8月26日(日)です
ニュースより/小樽市の森井秀明市長が辞意を表明。出直し選挙へ


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

ニュースより/ニトリが小樽の高級旅館の銀鱗荘を取得

先日、家具・インテリア製造小売り最大手のニトリが、小樽の平磯岬の高台に建つ高級温泉旅館の銀鱗荘を取得したというニュースがありました。

20170720_150356

※参照ニュース
・北海道新聞朝刊総合欄(2018年8月14日付)/小樽・後志欄(8月15日付)
銀鱗荘をニトリが買収!宿泊施設運営に乗り出す (小樽ジャーナル)

ニュースによると、8月20日から子会社のニトリパブリック(札幌)が運営するということで、ニトリHDが宿泊業を手掛けるのは初めてとのことです。銀鱗荘は、1985年から東京の観光レジャー開発業者が所有・運営していたんですね。

小樽市指定歴史的建造物にも指定されている銀鱗荘は、鰊漁で財を成した猪俣安之丞の邸宅として、元々は余市町に明治33年(1900年)に建てられた鰊御殿で、昭和13年(1938年)に当時進められていた東小樽(現在の桜町一帯)で宅地計画の一環として、現在地に移築されたそうです。

ちなみに、猪俣邸を買い取ったのが北海ホテルで、移築は北海ホテルの創業20周年記念事業だったそうで、翌昭和14年に料亭旅館の銀鱗荘として開業してます。

※詳しくはこちらの記事をぞうぞ:平磯岬の高台に建つ豪華な銀鱗荘は歴史的建造物の旧猪俣邸

20170720_150500

20170720_150400

ニュースによると、従業員約40人の雇用は引き継がれ、旅館の高級路線も継承するそうで、さらに、日帰り温泉や建物の一般公開など多くの人が利用できるサービスも検討するということです。

ニトリといえば、小樽の歴史的建造物4棟からなる複合的な芸術空間「小樽芸術村」も開業していて、今回の銀鱗荘とのサービスの連携も考えているそうです。

銀鱗荘は高級旅館ゆえに、小樽市指定歴史的建造物ながら小樽市民が訪れる機会がほとんどないので、宿泊できなくても、なんとか市民にもこの歴史ある建物に触れる機会ができるといいですね(宿泊料金は、2名1室利用1泊夕朝食付で、1名3万4710円から…)。

料亭・温泉旅館 小樽平磯温泉湯元 銀鱗荘

※参考:小樽市 :旧猪俣邸

【関連記事】
平磯岬の高台に建つ豪華な銀鱗荘は歴史的建造物の旧猪俣邸
平磯岬の高台を迂回する道路を歩く〜この辺りが平磯岬の先端かな?
小樽芸術村がグランドオープン!!似鳥美術館(旧北海道拓殖銀行小樽支店)が9月1日にオープンします


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

小樽市の出直し市長選挙の投票日は8月26日(日)です

Otaru_20180807_131907


このブログでも、森井前市長の突然の辞職表明のニュースは取り上げましたが(こちら:ニュースより/小樽市の森井秀明市長が辞意を表明。出直し選挙へ、すでに森井氏は7月25日に市長を辞職しています。

で、森井前市長の辞職に伴う、出直し小樽市長選挙の投票日は8月26日(日)です(19日告示)。

すでにニュースなどで報道されていますが、4人による選挙戦となる模様です。
立候補者は以下の4名です。
前小樽市長の森井秀明氏(45)
元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(59)
元市保健所長の秋野恵美子氏(66)
元裁判所事務官の鳴海一芳氏(63)

Otaru_20180807_133341


小樽市HP内に、今回の小樽市長選挙についてのページが作られています。
小樽市 :小樽市長選挙について

上記ページには、期日前投票や不在者投票についても書かれています。

例えば、投票日当日、旅行やレジャーなどで投票できない方の期日前投票は、市役所で平成30年8月20日(月)〜25日(土)までです。そのほか、塩谷サービスセンター、銭函市民センターでも開設されますが、期日が短いので要注意です。

それと、小学校の統廃合などによって、投票所が変更になっている投票区がいくつかあるので注意ですね。
・第19投票区緑小学校→山の手小学校
・第20投票区最上小学校→小樽明峰高等学校
・第21投票区入船小学校→松ヶ枝会館
・第29投票区天神小学校→向陽中学校

現在、小樽市は市長不在の状態なんですが、例えば、先月の潮まつりなんかも、例年だと市長が先頭切って踊ってたりするんですが、今年は不在だったんですよね。

小樽市政の混乱が収まり、早く正常に戻って、いい方向に向かってもらいたいですね。

※関連ニュース
・2018年8月1日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
森井小樽市長 出直し選へ出馬表明 (小樽ジャーナル)
8月26日(日)投開票の小樽市長選挙!《関連記事特集》 (小樽ジャーナル)

※参考:出直し選挙とは - コトバンク


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

ニュースより/小樽市の森井秀明市長が辞意を表明。出直し選挙へ

Otaru_20180421_115916r


7月4日(水)、小樽にとって大きなニュースがありました。

4日午前、小樽市森井秀明市長(45)が、辞職する意向を市幹部に示し、午後には記者会見をして、正式に自ら辞職する意向を表明し、出直し市長選に立候補する考えを示したとのことです。

以前から、何かとニュースになっていたので、市外の方でもご存知の方が多いでしょうが、森井市長は就任以来、小樽市議会と激しく対立していて、市議会は昨年10月と12月の2度、辞職勧告決議案を可決していました。

森井市長は2015年4月に初当選して、来年(2019年)4月29日に任期満了を迎える予定でしたが、任期満了を前に辞職し、出直し選挙に立候補して民意を問いたいとのことで、その出直し市長選は、来月8月中にも行われる見通しです。

次期小樽市長選に関しては、先日、来年4月の任期満了を見込んで元小樽市総務部長の迫俊哉氏(59)が立候補を表明していたので、選挙戦となるでしょうね。

※今回のニュースは、下記のニュースを参照してます。
小樽市長辞職表明 出直し選挙へ|NHK 北海道のニュース
北海道小樽市長が辞意表明 議会と対立、出直しに意欲 - 産経ニュース
・2018年7月4日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄

YouTubeに北海道ニュースUHBの映像が掲載されていました。

この手の話題は、あまりこのブログでは取り上げないのですが、さすがに小樽市にとっては大きな問題なので、今回は取り上げました。

とにもかくにも、小樽市政の混乱が収まり、少しでも小樽市がいい方向に向かっていくことを、一市民として望んでいます。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年6月27日 (水)

ニュースより/ウイングベイ小樽にグランピングとボルダリングの施設が新設予定

Otaru_20180625_152927


小樽築港にある大型複合商業施設、ウイングベイ小樽に何やら新施設ができるようですよ。

2018年6月22日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、ウイングベイ小樽にこの7月、キャンプが楽しめるグランピングと、ボルダリングの施設が新設されるそうです。

Otaru_20180625_150704

ボルダリングといえば、壁を登っていくフリークライミングの一種のスポーツで、2020年の東京五輪の正式種目にもなっているやつですよね。

で、おじさんはよく分からないのですが、グランピングって?

ちょっと調べてみたら、グランピングとは、グラマラス(魅惑的な)とキャンピングの造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから解放された、快適さを兼ね備えた新しい体験型旅行とのことですね(参考:グランピングとは|一般社団法人 日本グランピング協会)。

今回のウイングベイ小樽でのグランピング施設は、2番街4階の屋外テラスに7月下旬に開設するとのことで、新聞記事によると、冷暖房やベッドを完備したテント5張りを開設して、手ぶらでキャンプが楽しめるよになるそうです。他にも色々と関連事業も計画しているようで、館内の飲食店からの出前も検討しているとか。

なるほど、そうやって街中のビルの中でキャンプ体験を快適ににできるということなんですね。目の前には海も広がっているので、開放感もあっていいかもしれませんね。

ちなみに、開設される2番街4階の屋外テラスというのは、ウイングベイ小樽の映画館・イオンシネマ小樽のあるフロアから出ることのできるテラスですね。

Otaru_20180625_153302

先日行ってみたら、まさに工事中でした。

(窓にはイメージ写真が貼られてました)
Otaru_20180625_152351

もう1つのボルダリングの施設は、新聞記事によると「ベイ・サイド・クリフ・浜壁」と名付け7月18日に開業予定で、場所は5番街3階の屋内とのことです。

室内の5番街3階というと、きっと現在、ドリームランドと呼ばれるキッズランドがある場所の一角かな。

こうやって新しい施設ができるということは、新しい客層を呼び込むことにもなりそうとのことで、なんだか楽しみです。


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 住吉神社 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 朝里地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 北海道胆振東部地震小樽関連 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌