ニュース

2020年8月21日 (金)

ニュースより/閉校が決まっていた小樽看護専門学校を小樽市が財政支援へ

Otaru_20200430-142341

入船町の高台にある小樽看護専門学校が、2023年3月末で閉校することが決定した、というニュースが5月下旬にありましたが、この件について、小樽市が財政支援に乗り出すというニュースがありました。

2020年8月20日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄及び第4社会欄に掲載されていました。

閉校は、生徒数減少に伴う採算悪化に加えて、看護師を目指す入学者の確保が難しいとの判断から、運営する学校法人「共育の森学園」が決定したものでした。

ニュースによると、小樽市は本年度から4年間、同校の学生が定員割れした場合の収支不足を、市の補助金で穴埋めする方向で調整しているとのことで、共育の森学園は25日に予定する理事会で、市の支援受け入れを決める見込みとのことです。

実は、この小樽看護専門学校の閉校が決まってから、進学希望の学生による存続を求める署名活動があって、それを受けて小樽市が、このことは地域の看護人材不足や若者の人口流出にも繋がるとして、関係機関との調整にあたる専任職員を置くなど、存続に向けての取り組みを進めていたんですよね。

小樽看護専門学校(1965年7月設立)は、現在は夜間定時制の専修学校として3年過程で看護師を養成していて、准看護師を養成する小樽市医師会看護高等専修学校(富岡1)を卒業した准看護師が、看護師を目指し進学する受け皿でもあるそうです。ちなみに、市内の看護学校は、上記2校の他に全日制の市立高等看護学院(東雲町)があります。

これまでの経緯は、このブログでも少し取り上げたのですが、存続を求める署名活動をしたのは、小樽看護専門学校への進学を希望する市医師会看護高等専修学校の学生さんたちで、2万人以上の署名を集めたそうで、こういう動きが市を動かした一因なのでしょうね。

Otaru_20200430-142357

ということで、閉校が決まっていた小樽看護専門学校を小樽市が財政支援に乗り出すというニュースでしたが、これで、当面は存続する見通しになり、ひとまずはよかったですね。

※その他の参照記事:2020年7月10日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄(市が調整役職員を配置)

【関連記事】
ニュースより/小樽看護専門学校が2023年春での閉校が決定→存続を求める署名活動へ

| | コメント (0)

ニュースより/解体工事が始まっている旧緑小学校の解体後の跡地は駐車場として利用

Otaru_20200729-144421

2018年(平成30年)3月末で閉校した旧緑小学校の解体工事が始まっていますが、小樽市が解体後の跡地を当面、駐車場として利用する方針を固めた、というニュースがありました(写真は7月29日撮影)
※解体を伝える記事はこちら:旧緑小学校の解体工事が始まっているようです

2020年8月21日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていたのですが、旧緑小学校のすぐ近くの小樽市総合体育館の駐車場収容能力が最大51台と少なく、大きなイベント時には路上駐車が多発していたので、その解消策として期待しているとのことです。

体育館は小樽公園内にあるんですが、公園にはその他に桜ヶ丘球場とか市民会館もありますし、確かに何か大きなイベントがあると、それそれの駐車場は満車になり、公園内を通る車道が路上駐車で溢れるんですよね。

ニュースによると、旧緑小跡地の駐車場は100台以上の収容を見込んでいるとのことで、解体作業は来年(2021年)7月末まで続く予定なので、利用開始時期は来夏以降となるんですが、詳細は未定とのことです。

ちなみに、2018年3月末で閉校した緑小と最上小、そして入船小の一部が統合して、新しい「山の手小学校」が、旧緑小のすぐ近くに2018年4月に開校しているんですが、この山の手小の敷地の一部が、以前は小樽公園の大きな第2駐車場だったんですよね。

第2駐車場は、山の手小建設のために2015年に廃止になっているので、以来、駐車場不足となっていたとのことです。

ニュースでは“当面”駐車場として使用する方針、という報道なのですが、そのそもここ旧緑小跡地を巡っては、老朽化が進む体育館の移転先候補にも浮上しているそうです(全体計画は固まってないそうです)。

Otaru_20200729-144600

実は、旧緑小の解体後は体育館の駐車場になる計画だというのは、コメントで情報をいただいていていました。今回、詳細報道があったのでブログに掲載しました。情報ありがとうございました。

ということで、解体工事が始まっている旧緑小学校の解体後の跡地が、当面は駐車場として利用されるというニュースについてでした。

【関連記事】
旧緑小学校の解体工事が始まっているようです

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

ニュースより/小樽運河に残る最後の艀(はしけ)が撤去へ

Otaru_20200318-144748

小樽運河の北側、通称・北運河の端のすぐ手前には、古い(はしけ)が今も一艘だけ残っていて、かつての運河の記憶を今に残す、運河のシンボルの一つとして、静かに停泊しています(写真は2020年3月18日撮影)。

その艀が、8月中にも解体され撤去されることになったという、とても残念なニュースがありました。2020年7月26日付北海道新聞朝刊第3社会欄に掲載されていました。

艀は沖に停泊中の船との間で、貨物などを運ぶための小型の運搬船ですが、この艀が小樽運河の最後の一艘なんですよね。

Otaru_20200318-145056

ニュースによると、この最後の艀は1969年に建造ということで、老朽化が激しく、ここ数年は浸水もあって一部水没するなどの問題も発生していたそうで、市職員が応急処置を続けていたそうです。

船体が錆びてもろくなっていて、改修のための移動もできないとのことで、市は安全性の確保からも、維持管理が困難と判断して、撤去を決めたとのことです。

かつては600艘ほどの艀が運河を往来していたそうですが、埠頭の整備とともにその数は減って、1950年代には100艘を切って、1989年には業務で使われなくなったとのことで、この最後の一艘は、市内の郵船海陸運輸(現ノーススタートランスポート)が1989年に市に寄贈したものだそうです。

(艀の前には艀についての案内板が設置されています)
Otaru_20200318-144830

確かに、見るからに老朽化が激しく、上に乗ることもできず、危ない感じだったんですが、けど、そこにあるのが当たり前で、それ込みの風景として、北運河を見ていたので、いざ撤去されるとなると、寂しいですね。

かつてとてつもない数の艀が往来して活気を帯びていた小樽運河のその最後の証で、小樽運河のシンボルの一つともいえる艀がなくなるのは、なんとも残念です。

【関連記事】
人気の小樽運河クルーズに乗ってきた!!小樽運河の魅力を再発見。船上からの風景は新鮮でした
「小樽運河を端から端まで歩いてみる」の写真掲載〜勝手にタイアップ記事
北運河
小樽市内の小学生が作成したペットボトル艀(はしけ)で、ギネス世界記録に挑戦!!北運河で開催!!

| | コメント (2)

2020年7月12日 (日)

ニュースより/今年は「小樽しゃこ祭」の開催も中止

Otaru_20181110_150122

毎年11月に開催している「小樽しゃこ祭」ですが、 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、今年(2020年)の開催の中止が決まったとのことです(写真は2018年の時のもの)。

小樽しゃこ祭実行委員会からの発表ですが、茹でシャコやシャコ汁をはじめ、様々なシャコ料理を楽しめることもあって、最近はとても人気のイベントとなっているので、楽しみにしている方も多いでしょうから、中止は残念ですね。

実は小樽しゃこ祭については、昨年(2019年)もシャコ漁の不漁(特に春の漁)によって中止だったんですよね。

こういう事態ですからやむを得ないのですが、これで2年連続の中止となってしまい、なんとも残念ですね。

※参照
コロナ影響! 小樽しゃこ祭中止に(小樽ジャーナル)
「小樽しゃこ祭り」の開催中止について | 小樽のおさかな普及推進委員会
小樽市 :小樽しゃこ祭り

※小樽のおさかな普及推進委員会Facebookページより。

【関連記事】
あらためまして、2019年秋の「小樽しゃこ祭」は開催中止となってます

| | コメント (17)

2020年7月11日 (土)

ニュースより/今年は「おたる祝津花火大会」も中止が決定

Otaru_20190907-190234

今年の夏の花火大会は、残念ながら新型コロナウイルス感染拡大の影響で、ことごとく中止になっていますが、9月5日に予定されていた、祝津の「おたる祝津花火大会」も中止が決まったそうです。

2020年7月9日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていましたが、やはり開催となると“3密”の状態は避けられないと、実行委が判断したとのことです。

7月下旬のおたる潮まつりの道新納涼花火大会の中止(潮まつり自体が中止)、8月中旬の高島の「高島漁港納涼大花火大会」なども中止、そして、このおたる祝津花火大会の開催も厳しい状況と聞いていて、中止は予想していましたが、こうして正式に発表があると、やはり寂しいですね。

2005年から開催されているおたる祝津花火大会は、小樽の夏の最後を飾る花火大会として、とても人気のある花火大会なんですが、今年はやむを得ないですね。

本年の「おたる祝津花火大会」は中止いたします(祝津たなげ会サイトより)

※参考:小樽市 :年間イベントスケジュール・夏

【関連記事】
ニュースより/小樽の夏の花火大会は中止が相次いでます

※昨年のおたる祝津花火大会の様子です。
第15回おたる祝津花火大会に行ってきました(9月7日開催)〜祝津で開催される小樽の夏の最後を飾る花火大会

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

【訃報】小樽市出身のギタリスト・安田裕美さん死去のニュース

小樽市出身のギタリストで作曲家・ 編曲家の安田裕美さんが、2020年7月6日(月)午後に、大腸がんのために死去したというニュースがありました。72歳でした。

※参照ニュース
山崎ハコの夫でギタリストの安田裕美さん死去 72歳、大腸がん/芸能/デイリースポーツ online
山崎ハコの夫ギタリスト安田裕美さん死去 大腸がん - おくやみ : 日刊スポーツ
ギタリストの安田裕美さん死去 サントリーCMなど編曲:朝日新聞デジタル

小樽市出身の安田裕美さんは、小樽桜陽高等学校を卒業しているんですね。妻はシンガーソングライターの山崎ハコさんです。

ギタリストの安田裕美さんは、スタジオミュージシャンとして、さらには、作曲家、編曲家としてご活躍されましたが、すいません、私はあまり詳しくは存じ上げないのですが、小室等らのグループ「六文銭」の初期メンバーで、特に井上陽水のデビューシングルに参加するなど、最初期を支えたバックギタリストとして知られているのですね。

安田さんは獨協大中退。小室等らのグループ「六文銭」の初期メンバーで、井上陽水(アンドレ・カンドレ)のデビューシングルのスタジオ録音でプロデビュー。陽水、小椋佳、山崎らのレコーディングや松山千春、中村雅俊、アリス、海援隊、堀内孝雄、石川さゆりらのアレンジなどで知られ、日本を代表するスタジオミュージシャンの1人だった。
山崎ハコの夫でギタリストの安田裕美さん死去 72歳、大腸がん/芸能/デイリースポーツ online

実は、小樽出身の安田裕美さんには、私のFacebookページに「いいね!」をいただいていて、勝手になのですが、身近に感じさせていただいていました。

安田裕美さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

※参照:安田裕美 - Wikipedia

※安田裕美さんのFacebookより。

| | コメント (2)

2020年6月28日 (日)

ニュースより/小樽看護専門学校が2023年春での閉校が決定→存続を求める署名活動へ【追記あり】

このブログでも、少し前に取り上げた、小樽看護専門学校が閉校を検討しているというニュースですが、その後、閉校が決定したというニュースがあり、さらに、そこから存続を求める署名活動があったので、その経緯を書き留めておきます。

まず、入船町の高台にある小樽看護専門学校が、来年度の生徒募集を停止して、現在の1年生が卒業する2022年度末で閉校する方向で検討しているというニュースがあったのが、先月(5月)中旬のことでした。

Otaru_20200430-142357

※ブログ記事はこちら:ニュースより/入船町の高台にある小樽看護専門学校が閉校を検討!?

そして、運営する学校法人共育の森学園が、定例理事会で2023年3月末での閉校を正式に決定した、というニュースが2020年5月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されました。

やはり、生徒数減少に伴う採算悪化に加えて、看護師を目指す入学者の確保が難しいとの判断があるとのことです。

小樽看護専門学校(1965年7月設立)は、現在は夜間定時制の専修学校として3年過程で看護師を養成していて、准看護師を養成する小樽市医師会看護高等専修学校(富岡1)を卒業した准看護師が、看護師を目指し進学する受け皿でもあるそうです。

ちなみに、市内の看護学校は、上記2校の他に全日制の市立高等看護学院(東雲町)があります。

小樽看護専門学校の生徒の多くは日中、准看護師として医療機関で働いているそうで(小樽などで働きながら勉強してるんですね)、後志管内の医療機関にとっての看護人材の重要な供給源となっているとのことなんですね。

その受け皿がなくなるとなると、地域の人材不足につながる大きな問題なんだと再認識していたら、その後、動きがありました。

Otaru_20200430-142341

まず、進学希望の市医師会看護高等専修学校の学生らによる、存続を求める署名活動があり、1600人分の署名が要望書とともに6月5日に迫市長に提出されました。
※参照:2020年5月30日・6月6日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

さらには、迫市長が6月15日の定例小樽市議会で、閉校で看護人材の不足や若い世代の流出が懸念されるとし、重要な問題との認識を明らかにして、自ら存続に向けて取り組むと述べ、関係機関と協議する方針を示したとのことです。
※参照:2020年6月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

ということで、すいません、その後の動向は把握していないですが、今後の動きがとても気になるというか、心配で、なんとかいい方向に向かうといいですね。

※関連ニュース:看護専門学校存続要望書と署名 在校生切望(小樽ジャーナル)
※署名はオンラインでも行っていて、6月30日(火)まで署名活動を続けるとのことです(→キャンペーン · 小樽市長 迫俊哉: 【緊急・看護学校閉校】小樽看護専門学校 新入生募集の再開を求めます! · Change.org)。


《追記 2020.8.22》
その後、小樽市が財政支援に乗り出すというニュースがありました。
詳しくはこちらの記事をどうぞ:ニュースより/閉校が決まっていた小樽看護専門学校を小樽市が財政支援へ

| | コメント (5)

2020年6月24日 (水)

ニュースより/小樽市が日本遺産に単独の地域型で申請していた「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」は認定ならず

Otaru_r20200602-155951

先日、ちょっと残念なニュースがありました。

文化庁が6月19日(金)に、新たな日本遺産の認定結果を発表したのですが、小樽市が単独で地域型として申請していた「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」は、残念ながら認定になりませんでしたね。

※参照ニュース
・2020年6月20日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄/第2社会欄
小樽地域型日本遺産 認定逃す(小樽ジャーナル)

今回、小樽が申請した「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽〜「民の力」で創られ蘇った北の商都〜」は、小樽運河や色内銀行街、松前神楽など37件を構成文化財に、港や鉄道で物資と人が集まり、北日本随一の商都に発展し、さらには現在の文化と観光の街に生まれ変わった歴史までを示したものだそうです。

※参照:小樽市 :日本遺産の申請結果について

北海道の心臓というのは、小林多喜二が随筆の中でそう表現したそうで、そこからつけたそうですね。

※写真は構成文化財となっているものから。

日本銀行旧小樽支店
Otaru_r20200615-150849

旧手宮鉄道施設(国指定重要文化財)
Otaru_r20200605-155124

今回、文化庁が新たに発表した日本遺産の認定には、全国から69件の申請があり、認定されたのは21件。今回のを含めて全国の認定件数は104件となり、目標としていた100件を超えたため、今後の新規認定は行わない方針ということで、今回が最後のチャンスと言われていたんですよね。

日本遺産については、小樽市のHP内に記載があるので、引用させていただきます。

「日本遺産(JapanHeritage)」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。
小樽市 :日本遺産

ということで、そのストーリー作りがポイントとなるんですね。

で、日本遺産には、複数の市町村にまたがってストーリーが展開するシリアル型と、単一の市町村でストーリーが完結する地域型の2つがあって、小樽市は、すでに「北前船」と「炭鉄港」という2つでシリアル型の認定を受けているんです。

小樽がシリアル型で認定を受けている日本遺産は、2018年に「荒波を越えた男たちの夢を紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落」に追加認定され、2019年に「本邦国策を北海道に観よ!〜北の産業革命「炭鉄港」〜」です。

そして今回、小樽として単独の地域型を初めて申請していたのですが、残念な結果となってしまいました。

旧日本郵船(株)小樽支店 
Otaru_r20200410-151338

松前神楽(国指定重要無形民俗文化財)
Otaru_20181103_164230

ちなみに今回、北海道からは、小樽を含む3件の申請があり、そのうち、標津町・室蘭市・別海町・羅臼町が申請した「鮭の聖地」の物語~根室海峡一万年の道程~」が認定されました。いや〜、根室に行ってみたいですね。

ということで、残念ながら地域型の申請は認定にはなりませんでしたが、こういった“遺産”があるのは間違いないわけなので、是非、この内容を小樽の観光振興・地域活性化につなげていきたいですね(どこかで申請内容を詳しくみられるのかな!?)。

小樽市 :日本遺産
令和2年度「日本遺産(Japan Heritage)」の認定結果の発表について | 文化庁

【関連記事】
〜小樽市「地域型」日本遺産応援〜緊急シンポジウムに参加してきました(12月17日開催)

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

ニュースより/来年(2021年)の第23回小樽雪あかりの路の日程発表〜ただし、開催は感染収束が条件

Otaru_20200210-185859r

小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路」の実行委員会が、第23回となる来年(2021年)の日程を2月6日〜13日の8日間と発表した、というニュースがありました。

発表は6月17日で、ニュースは2020年6月18日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

ただし、開催は新型コロナウイルスの感染収束が前提条件ということで、秋ごろの感染状況を踏まえて最終判断をするとのことです。

現状、新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない中、お隣札幌の冬の一大イベント「さっぽろ雪まつり」も、来年は大雪像の制作を中止して、規模を縮小して開催すると発表がありましたね。

なかなか先が見えない状況ですから、小樽雪あかりの路もどうなるかちょっと心配ですね。

小樽雪あかりの路
小樽市 :小樽雪あかりの路

| | コメント (6)

2020年6月12日 (金)

ニュースより/長期休館中の旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が落札。7月にも着工予定

Otaru_20200410-151359

国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店は現在、耐震補強を含めた大規模な保存修理工事を実施するために、2018年11月4日から長期休館中です。

実はその工事についてですが、昨年度は入札を断念していて、工事の業者がまだ決まってなかったんですよね。そんなちょっと驚いたニュースがあったのが、昨年(2019年)11月のことでした。
ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店の大規模改修工事の本年度の再入札を断念

で、先日、2020年6月4日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、市が保存修理工事の指名競走入札を行って、市内の建設会社でつくる共同企業体(JV)が落札したというニュースがありました。これまでより、予定価格を高くして成立したそうです。

落札したのは、阿部・福島・西條共同企業体ということで、7月着工予定で、2023年6月下旬の完成見通しとのことで、一般公開はその後に再開となります。

もともとは、2022年3月頃に再開予定だったので、一年以上先になってしまったのは、なんとも残念ですが、ようやく決まったのですね。

Otaru_20200410-151338

色内大通り沿いの北運河地区に建つ、国指定重要文化財の旧日本郵船小樽支店は、1904年(明治37年)着工、1906年(明治39年)10月に落成した、佐立七次郎の設計による石造2階建ての小樽を代表する歴史的建造物で、日露戦争の講和条約による樺太の国境画定会議が、この建物の2階会議室で行われたことでも知られています。

1984年(昭和59年)10月〜1987年(昭和62年)6月の長期間に渡って保存修理工事が行われていますが、以来、約30年以上が経過し、耐震補強を含めた大規模な保存修理工事を実施することになったとのことです。

歴史的建造物が建ち並ぶ北運河地区の中でも、ひときわ重厚で威厳を放つ、この旧日本郵船小樽支店。何はともあれ、業者が決まったので、保存修理が行われて、また、見学できるようになるのを楽しみにしたいと思います。

小樽市 :重要文化財旧日本郵船(株)小樽支店

【関連記事】
国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店が保存修理工事のため2018年11月4日(日)から長期休館になります

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)