ニュース

2020年6月28日 (日)

ニュースより/小樽看護専門学校が2023年春での閉校が決定→存続を求める署名活動へ

このブログでも、少し前に取り上げた、小樽看護専門学校が閉校を検討しているというニュースですが、その後、閉校が決定したというニュースがあり、さらに、そこから存続を求める署名活動があったので、その経緯を書き留めておきます。

まず、入船町の高台にある小樽看護専門学校が、来年度の生徒募集を停止して、現在の1年生が卒業する2022年度末で閉校する方向で検討しているというニュースがあったのが、先月(5月)中旬のことでした。

Otaru_20200430-142357

※ブログ記事はこちら:ニュースより/入船町の高台にある小樽看護専門学校が閉校を検討!?

そして、運営する学校法人共育の森学園が、定例理事会で2023年3月末での閉校を正式に決定した、というニュースが2020年5月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されました。

やはり、生徒数減少に伴う採算悪化に加えて、看護師を目指す入学者の確保が難しいとの判断があるとのことです。

小樽看護専門学校(1965年7月設立)は、現在は夜間定時制の専修学校として3年過程で看護師を養成していて、准看護師を養成する小樽市医師会看護高等専修学校(富岡1)を卒業した准看護師が、看護師を目指し進学する受け皿でもあるそうです。

ちなみに、市内の看護学校は、上記2校の他に全日制の市立高等看護学院(東雲町)があります。

小樽看護専門学校の生徒の多くは日中、准看護師として医療機関で働いているそうで(小樽などで働きながら勉強してるんですね)、後志管内の医療機関にとっての看護人材の重要な供給源となっているとのことなんですね。

その受け皿がなくなるとなると、地域の人材不足につながる大きな問題なんだと再認識していたら、その後、動きがありました。

Otaru_20200430-142341

まず、進学希望の市医師会看護高等専修学校の学生らによる、存続を求める署名活動があり、1600人分の署名が要望書とともに6月5日に迫市長に提出されました。
※参照:2020年5月30日・6月6日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

さらには、迫市長が6月15日の定例小樽市議会で、閉校で看護人材の不足や若い世代の流出が懸念されるとし、重要な問題との認識を明らかにして、自ら存続に向けて取り組むと述べ、関係機関と協議する方針を示したとのことです。
※参照:2020年6月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

ということで、すいません、その後の動向は把握していないですが、今後の動きがとても気になるというか、心配で、なんとかいい方向に向かうといいですね。

※関連ニュース:看護専門学校存続要望書と署名 在校生切望(小樽ジャーナル)
※署名はオンラインでも行っていて、6月30日(火)まで署名活動を続けるとのことです(→キャンペーン · 小樽市長 迫俊哉: 【緊急・看護学校閉校】小樽看護専門学校 新入生募集の再開を求めます! · Change.org)。

| | コメント (5)

2020年6月24日 (水)

ニュースより/小樽市が日本遺産に単独の地域型で申請していた「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」は認定ならず

Otaru_r20200602-155951

先日、ちょっと残念なニュースがありました。

文化庁が6月19日(金)に、新たな日本遺産の認定結果を発表したのですが、小樽市が単独で地域型として申請していた「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽」は、残念ながら認定になりませんでしたね。

※参照ニュース
・2020年6月20日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄/第2社会欄
小樽地域型日本遺産 認定逃す(小樽ジャーナル)

今回、小樽が申請した「北海道の『心臓』と呼ばれたまち・小樽〜「民の力」で創られ蘇った北の商都〜」は、小樽運河や色内銀行街、松前神楽など37件を構成文化財に、港や鉄道で物資と人が集まり、北日本随一の商都に発展し、さらには現在の文化と観光の街に生まれ変わった歴史までを示したものだそうです。

※参照:小樽市 :日本遺産の申請結果について

北海道の心臓というのは、小林多喜二が随筆の中でそう表現したそうで、そこからつけたそうですね。

※写真は構成文化財となっているものから。

日本銀行旧小樽支店
Otaru_r20200615-150849

旧手宮鉄道施設(国指定重要文化財)
Otaru_r20200605-155124

今回、文化庁が新たに発表した日本遺産の認定には、全国から69件の申請があり、認定されたのは21件。今回のを含めて全国の認定件数は104件となり、目標としていた100件を超えたため、今後の新規認定は行わない方針ということで、今回が最後のチャンスと言われていたんですよね。

日本遺産については、小樽市のHP内に記載があるので、引用させていただきます。

「日本遺産(JapanHeritage)」は、地域の歴史的魅力や特色を通じて我が国の文化・伝統を語るストーリーを「日本遺産(JapanHeritage)」として文化庁が認定するものです。ストーリーを語る上で欠かせない魅力溢れる有形や無形の様々な文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用し、国内だけでなく海外へも戦略的に発信していくことにより、地域の活性化を図ることを目的としています。
小樽市 :日本遺産

ということで、そのストーリー作りがポイントとなるんですね。

で、日本遺産には、複数の市町村にまたがってストーリーが展開するシリアル型と、単一の市町村でストーリーが完結する地域型の2つがあって、小樽市は、すでに「北前船」と「炭鉄港」という2つでシリアル型の認定を受けているんです。

小樽がシリアル型で認定を受けている日本遺産は、2018年に「荒波を越えた男たちの夢を紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落」に追加認定され、2019年に「本邦国策を北海道に観よ!〜北の産業革命「炭鉄港」〜」です。

そして今回、小樽として単独の地域型を初めて申請していたのですが、残念な結果となってしまいました。

旧日本郵船(株)小樽支店 
Otaru_r20200410-151338

松前神楽(国指定重要無形民俗文化財)
Otaru_20181103_164230

ちなみに今回、北海道からは、小樽を含む3件の申請があり、そのうち、標津町・室蘭市・別海町・羅臼町が申請した「鮭の聖地」の物語~根室海峡一万年の道程~」が認定されました。いや〜、根室に行ってみたいですね。

ということで、残念ながら地域型の申請は認定にはなりませんでしたが、こういった“遺産”があるのは間違いないわけなので、是非、この内容を小樽の観光振興・地域活性化につなげていきたいですね(どこかで申請内容を詳しくみられるのかな!?)。

小樽市 :日本遺産
令和2年度「日本遺産(Japan Heritage)」の認定結果の発表について | 文化庁

【関連記事】
〜小樽市「地域型」日本遺産応援〜緊急シンポジウムに参加してきました(12月17日開催)

| | コメント (2)

2020年6月18日 (木)

ニュースより/来年(2021年)の第23回小樽雪あかりの路の日程発表〜ただし、開催は感染収束が条件

Otaru_20200210-185859r

小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路」の実行委員会が、第23回となる来年(2021年)の日程を2月6日〜13日の8日間と発表した、というニュースがありました。

発表は6月17日で、ニュースは2020年6月18日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

ただし、開催は新型コロナウイルスの感染収束が前提条件ということで、秋ごろの感染状況を踏まえて最終判断をするとのことです。

現状、新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない中、お隣札幌の冬の一大イベント「さっぽろ雪まつり」も、来年は大雪像の制作を中止して、規模を縮小して開催すると発表がありましたね。

なかなか先が見えない状況ですから、小樽雪あかりの路もどうなるかちょっと心配ですね。

小樽雪あかりの路
小樽市 :小樽雪あかりの路

| | コメント (6)

2020年6月12日 (金)

ニュースより/長期休館中の旧日本郵船(株)小樽支店の保存修理工事が落札。7月にも着工予定

Otaru_20200410-151359

国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店は現在、耐震補強を含めた大規模な保存修理工事を実施するために、2018年11月4日から長期休館中です。

実はその工事についてですが、昨年度は入札を断念していて、工事の業者がまだ決まってなかったんですよね。そんなちょっと驚いたニュースがあったのが、昨年(2019年)11月のことでした。
ニュースより/旧日本郵船(株)小樽支店の大規模改修工事の本年度の再入札を断念

で、先日、2020年6月4日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、市が保存修理工事の指名競走入札を行って、市内の建設会社でつくる共同企業体(JV)が落札したというニュースがありました。これまでより、予定価格を高くして成立したそうです。

落札したのは、阿部・福島・西條共同企業体ということで、7月着工予定で、2023年6月下旬の完成見通しとのことで、一般公開はその後に再開となります。

もともとは、2022年3月頃に再開予定だったので、一年以上先になってしまったのは、なんとも残念ですが、ようやく決まったのですね。

Otaru_20200410-151338

色内大通り沿いの北運河地区に建つ、国指定重要文化財の旧日本郵船小樽支店は、1904年(明治37年)着工、1906年(明治39年)10月に落成した、佐立七次郎の設計による石造2階建ての小樽を代表する歴史的建造物で、日露戦争の講和条約による樺太の国境画定会議が、この建物の2階会議室で行われたことでも知られています。

1984年(昭和59年)10月〜1987年(昭和62年)6月の長期間に渡って保存修理工事が行われていますが、以来、約30年以上が経過し、耐震補強を含めた大規模な保存修理工事を実施することになったとのことです。

歴史的建造物が建ち並ぶ北運河地区の中でも、ひときわ重厚で威厳を放つ、この旧日本郵船小樽支店。何はともあれ、業者が決まったので、保存修理が行われて、また、見学できるようになるのを楽しみにしたいと思います。

小樽市 :重要文化財旧日本郵船(株)小樽支店

【関連記事】
国指定重要文化財の旧日本郵船(株)小樽支店が保存修理工事のため2018年11月4日(日)から長期休館になります

| | コメント (2)

ニュースより/小樽市の2019年度(令和元年度)の観光入込客数は699万1,800人〜新型コロナの影響で7年ぶりの700万人割れ

Otaru_20200602-155819

観光の街・小樽は現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、観光客の姿もパタリとなくなり、とても厳しい状況が続いていますが、先日6月2日、小樽市から2019年度(令和元年度)の観光入込客数の発表がありました。

毎年、小樽にはどのくらいの数の観光客の方々が訪れてくれているのかというのは、地域ブログを書いている私も気になるところです。
※参考ニュース:2020年6月3日付北海道新聞朝刊経済欄

※小樽市からの発表は、小樽市HP内の「小樽市 :令和元年度【全期】小樽市観光入込客数の概要」に掲載されています。


発表によると、小樽市の2019年度(令和元年度)の観光入込客数は、699万1,800人で対前年度比82万2,400人減の89.5%となり、7年ぶりに700万人を下回ったとのことです。

これ、もちろん、新型コロナウイルス感染拡大の影響があって、2月が対前年度比29万5,900人減の63.7%、3月は43万100人減の29.0%と大幅に落ち込んでます。

実は、昨年11月に発表のあった、2019年度(令和元年度)上期(4月~9月)の観光入込客数は396万9,700人で、前年度に比べて1万4,800人増(100.4%)だったんですよね。
※こちらの記事をどうぞ:ニュースより/小樽の令和元年度上期の観光客数は396万9,700人。対前年度比1万4,800人増(100.4%)

やむを得ない状況とはいえ、2月、3月で、一気に落ち込んでしまいましたね。

道外・道内客数は、その他にも下期のしゃこ祭中止や雪あかりの路の期間短縮などの影響もあって、全期で道外客数300万2,200人(対前年度比94.6%)、道内客数398万9,600人(同85.9%)と、ともに減少しています。

外国人宿泊客数は、上期は好調だったのですが、あまりにも新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きくて、対前年度比86.4%の20万830人で8年ぶりの減少となってます。中では、日韓関係悪化の影響により韓国が対前年度比47.0%と大きく減少してます。

Otaru_20200602-161532

ということで、小樽市の2019年度(令和元年度)の観光入込客数についてでしたが、今は本当に厳しく大変な時ですね。

以前のようにたくさんの観光客の姿を見られる日が、少しでも早く戻ってくることを願ってます。

【関連記事】
ニュースより/小樽市の2018年度(平成30年度)観光入込客数は781万4,200人で対前年度比24万7,400人減も宿泊客が増加
ニュースより/小樽市の平成29年度(2017年度)の観光入込客数が14年ぶりに800万人台へ!!

| | コメント (2)

2020年5月17日 (日)

ニュースより/入船町の高台にある小樽看護専門学校が閉校を検討!?

Otaru_20200430-142357

入船町の高台にある小樽看護専門学校が、来年度の生徒募集を停止して、現在の1年生が卒業する2022年度末で閉校する方向で検討していることが分かった、というニュースがありました。

2020年5月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。

ニュースによると、5月26日に開催予定の理事会で審議されるそうですが、生徒数が減少していることも一因で、現1年生は定員割れしているそうです。

Otaru_20200430-142341

小樽看護専門学校(1965年7月設立)は、現在は夜間定時制の専修学校として3年過程で看護師を養成していて、生徒の多くは日中、准看護師として医療機関で働いているそうで、後志管内の医療機関にとっての看護人材の重要な供給源となっているとのことです。今後が気になりますね。

ちなみに、入船町の小樽看護専門学校が入る建物は、2008年3月で閉校した小樽短期大学(旧小樽女子短期大学)の校舎で、FMおたるも入ってますね。

Otaru_20200430-142547

小樽看護専門学校

【関連記事】
旧小樽女子短期大学とFMおたる
旧堺小学校の建物〜現在は小樽市立高等看護学院などが入ってます

| | コメント (2)

2020年5月 2日 (土)

ニュースより/WBFホテル&リゾーツ民事再生法申請〜あれ?歴史的建造物の旧小樽商工会議所を活用した建設中のホテルは!?

Otaru_20200411-155302

先日、ホテル運営のWBFホテル&リゾーツ(大阪)が、新型コロナウイルス感染の影響で大阪地裁に民事再生法の適用を申請したというニュースがありました。

道内でもいくつものホテルを運営していて、新型コロナウイルス関連破たんで最大の倒産というニュースにもなっていました。
※参照ニュース
・2020年4月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄、及び経済欄
WBFホテル&リゾーツ(株) : 東京商工リサーチ

このWBFホテルという名前を目にして、あれ?っと思った方も多いと思います。

このブログでも最近取り上げた、色内大通り沿いの小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所を改修して、隣接する土地で新築する建物と連絡通路でつなぐという、建設中の「ホテルWBFイルオナイ小樽」を運営するのが、まさにWBFホテル&リゾーツなんですよね。

このブログで取り上げたのは、元々は5月1日(金)の開業予定だったのが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、開業が延期になったというニュースの際だったのですが、それがこういうことになり、開業前というタイミングで、しばらくは観光客の宿泊も見込めない状況で、どうなってしまうのでしょうかね。

ニュースでは、現時点ではまだ何も決まってなくて、スポンサーを募っている段階だそうですが、よい方向に向かうといいですね。

【関連ニュース】
色内大通りに新しくできる「ホテルWBFイルオナイ小樽」が開業延期に〜改修された歴史的建造物「旧小樽商工会議所」と隣接地の新築建物との2棟構成のホテル

| | コメント (2)

2020年4月30日 (木)

あれ?小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸が一般公開の準備ができているの!?(公開日程は検討中)

Otaru_20180429-152759

あれ?小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸って、一般公開の準備ができているの!?

ただ、開館予定は延期されているようですが…

このことについては、まず、小樽市のHP内の小樽市 :新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う施設等の臨時休業・再開等についてのページの下の方に、「旧寿原邸」の項目があるんですよね。

そこには、

令和2年4月28日(火)からの開館予定を延期し、令和2年5月6日(水)まで休館します。

と書かれています。

つまり、旧寿原邸は本来であれば4月28日から開館される予定だったということですよね!?

なんでこんなことを書いているかというと、小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸は、以前は期間限定で一般開放されていたのですが、老朽化の問題で、確か2013年(平成25年)から非公開となっていたんです。

どうなるのかと気になっていたところ、2017年(平成29年)に改修工事が行われて、再活用のニュースが流れたんですよね。

その後の詳しい動きは知らないのですが、昨年度(2019年)には、リノベーションまちづくり実践講座などが、NPO法人小樽民家再生プロジェクトによって開催されていました(私は参加してませんが)。

Otaru_20180429-152752

そして、この記事を書こうと思ったのが、先日、2020年4月27日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、小樽民家再生プロジェクトによる、一般公開のための旧寿原邸清掃のニュースが掲載されていたからなんです。

ニュースは、新型コロナウイルス終息後に予定する旧寿原邸の一般公開に向けて、小樽民家再生プロジェクトが4月26日に大掃除をしたというものでした(感染予防のために、少人数でマスク着用で換気を徹底して行ったそうです)。

旧寿原邸は今年、小樽民家再生プロジェクトによって一般公開や庭の整備体験などが予定されているとのことなんですね(ただし、現在のところ、新型コロナウイルス感染の終息の見通しがたたないために、日程は検討中とのこと)。

なるほど、やはり一般公開が予定されて、もうその準備もできているんですね。

これは楽しみが増えました。

小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸は、大正元年(1912年)建築の立派な庭園を持つ邸宅なんですよね。

Otaru_20200219-145157

いや〜、旧寿原邸をまた見られるようになるのは、とても嬉しいですね。待ち遠しいです。

NPO法人 小樽民家再生プロジェクト | 「小樽民家」を通して「観る・遊ぶ・住む」をサポートします
Npo法人小樽民家再生プロジェクト - ホーム(Facebookページ)

※参考
小樽市 :旧寿原邸
小樽市 :旧寿原邸リノベーションまちづくり交流事業

【関連記事】
小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸の一般開放をしばらく休止するそうです
竣工100周年記念「旧寿原邸ガーデンフェスタ」
小樽市指定歴史的建造物の旧寿原邸の邸内と庭園
歴史的建造物の旧寿原邸の屋根が改修工事中でした

| | コメント (0)

2020年4月19日 (日)

色内大通りに新しくできる「ホテルWBFイルオナイ小樽」が開業延期に〜改修された歴史的建造物「旧小樽商工会議所」と隣接地の新築建物との2棟構成のホテル【追記あり】

Otaru_20200411-155302

色内大通りに建つ小樽市指定歴史的建造物の「旧小樽商工会議所」は改修工事がされていて、隣接する土地で新築工事中のホテルと連絡通路でつなぎ、2棟構成の1つのホテルとなります。

ホテル名は「ホテルWBFイルオナイ小樽」で、運営するのは、全国でホテルを展開するWBFホテル&リゾーツ(大阪)です。

そのニュースは昨年に報道があり、このブログでも工事の様子を合わせて取り上げました(→ニュースより/歴史的建造物の「旧小樽商工会議所」がホテルに〜隣接する敷地に新築するホテルと連絡通路でつないで一体で整備)。

で、もうすぐ開業時期だったのですが、現在の新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、開業が延期になったというニュースがありました。

ニュースは、2020年4月17日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていました。また、新しいホテルのサイトもすでにできていて、そのサイト内でも開業延期のお知らせがありました(※「ホテルWBF IRUONAY OTARU」開業延期のお知らせ)。

元々は5月1日(金)の開業予定だったそうです。

しばらく使われてなかった、小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所が、ホテルとして生まれ変わるという事で、とても注目していたのですが、こういう状況で、新規予約も見込めないということなので、やむを得ないですね。

実は先日、前を通ったら、ずっと囲われていた建設中の建物の覆いが取られて、新しいホテルの外観が見えたんですよね。新しいホテルは、地上7階地下1階の建物ということです(2020年4月11日撮影)。

Otaru_20200411-155316

(左が旧小樽商工会議所の建物)

Otaru_20200411-154628

ちなみに、こちらは工事中の様子。

(2020年1月撮影)
Otaru_20200116-144926

(2020年3月撮影)
Otaru_20200321-154503

(そして、今回の4月11日撮影です)
Otaru_20200411-155256

延期は残念ですが、開業を楽しみにしています(私は泊まる機会はないでしょうが…)。

HOTEL WBF IRUONAY OTARU [ホテルWBFイルオナイ小樽]

《追記 2020.5.3》
運営元のWBFホテル&リゾーツ(大阪)が、新型コロナウイルス感染の影響で大阪地裁に民事再生法の適用を申請したということで、ここ「ホテルWBFイルオナイ小樽」についても先行き不透明の状況になっています。
ニュースより/WBFホテル&リゾーツ民事再生法申請〜あれ?歴史的建造物の旧小樽商工会議所を活用した建設中のホテルは!?


【関連記事】
ニュースより/歴史的建造物の「旧小樽商工会議所」がホテルに〜隣接する敷地に新築するホテルと連絡通路でつないで一体で整備
工事中だった旧小樽商工会議所の建物の覆いが取られている。ん?壁か綺麗になっている!!
小樽市指定歴史的建造物の旧小樽商工会議所〜イベントで建物内にも入ることができました

| | コメント (2)

2020年4月17日 (金)

ニュースより/小樽の夏の最大イベント「おたる潮まつり」が中止の方針に【追記:中止が正式決定】

Otaru_20190727-151228r

《追記》
7月24日(金)~26日(日)に開催を予定していた、2020年の「第54回おたる潮まつり」について、4月27日(月)に開かれた実行委員会で、開催中止が正式に決まったというニュースがありました。

1967年(昭和42年)からの開催以来、中止は初めてのことですが、新型コロナウイルス感染拡大について、終息の見通しがつかない今の状況では、「中止」の判断はやむを得ないですかね。残念ですが…

例年同時開催をしていた、第12回小樽がらす市も中止が決まっています。

第54回おたる潮まつり開催中止のお知らせ | おたる潮まつり公式サイト

※関連ニュース
2020年「第54回おたる潮まつり」開催中止のお知らせ | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」
第54回おたる潮まつり中止 小樽がらす市も(小樽ジャーナル)
・2020年4月28日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

おたる潮まつり公式サイト

(以上、2020年5月1日に追記しました)


(以下、2020年4月17日投稿記事です)

2020年4月16日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に大きく掲載されていたので、ご存知の方も多いと思います。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、小樽の夏の風物詩でもって、小樽最大のイベント「おたる潮まつり」が、今年(2020年)は中止する方針とのニュースがありました(冒頭の写真は2019年の様子)。

正式決定は、4月27日の実行委の会合によるそうですが、それに先立ち、すでに中止の方針は市長らに説明されたそうです。

今年の「第54回おたる潮まつり」は、7月24日~26日の開催予定だったのですが、中止というのは、1967年に「第1回おたる潮まつり」が開催されて以来、初めてのことだそうです。

中止は予想はしていましたが、毎年、100万人以上の方が楽しむ、小樽の夏がとびきり盛り上がるお祭りですからね。潮ねりこみに神輿パレード、潮わたりに潮太鼓、たくさんの美味しい露店に花火大会…、関係者をはじめ、とても多くの方が楽しみにしていたはずです。

こういう状況なのでやむを得ないとはいえ、なんとも寂しいです。

※関連ニュース
そういえば、東京五輪の開会式の日程が潮まつりの日程にも影響して、その後、マラソンが札幌開催になり日程問題がまた浮上し、さらに五輪が延期になって潮まつりはどうなる…、といったニュースが随分と昔のように感じられます…
・2020年3月26日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2019年11月12日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄
・2019年10月25日・26日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
※おたる潮まつり関連の記事は、カテゴリーおたる潮まつりにまとめてます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

イベント 小樽のお祭り おたる潮まつり 小樽ゆき物語 小樽雪あかりの路 歴史的建造物 銀行 歴史的建造物 倉庫 歴史的建造物 店舗 歴史的建造物 教会・神社・寺 歴史的建造物 邸宅 歴史的建造物 事務所 歴史的建造物 その他 その他の気になる古い建物 その他の気になる建物 小樽のなくなった建物 小樽市総合博物館 小樽市都市景観賞関連 小樽の公園 児童公園(街区公園) 小樽公園の白樺林 小樽の坂 小樽の通り 小樽の駅 小樽の地下歩道 小樽の石垣のある風景 小樽の階段のある風景 於古発川(妙見川) 勝納川 小樽の川・橋(その他) クルーズ船の風景 海・港・運河・海岸 踏切・線路のある風景 旧手宮線関連 天狗山 奥沢水源地(水すだれ) 歩道橋から 水天宮 住吉神社 小樽の市場 雑貨店 飲食店 グルメ 小樽あんかけ焼そば 小樽のお餅屋 小樽のパン屋 小樽洋菓子舗ルタオ 海の幸 家庭料理 小樽のスポット(その他) 学校関連情報 生活密着情報 閉店した店・閉館した施設 サンモール一番街新築移転工事関連 塩谷地区 忍路地区 蘭島地区 長橋地区 祝津・高島地区 朝里地区 銭函地区 小樽の古い町名の痕跡 小樽の桜 小樽の紅葉 小樽でスキー 小樽の猫 小樽ゆかりの人物 ちょっとした風景 冬のちょっとした風景 妙見小僧 北海道限定商品 アンケートのお願い スポーツ ニュース 北海道胆振東部地震小樽関連 新型コロナウイルス関連情報(小樽) 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 道内巡り(小樽以外)