スポーツ

2018年8月 6日 (月)

夏の甲子園、北照は接戦の末、惜しくも初戦で敗退【第100回全国高校野球選手権大会】

Otaru_20180726_142509t


夏の甲子園、第100回全国高校野球選手権大会第2日、8月6日(月)の第3試合に登場した南北海道代表の小樽の北照は、南福岡代表の沖学園と対戦して、接戦の末、惜しくも2―4で敗退となりました。

いや〜、接戦のいい試合で、ドキドキしながら応援していましたが、最後まで追いつけませんでしたね。

横手投げ左腕のエースの原田投手は、沖学園に15安打を打たれるも、周囲が堅い守りで原田君を盛り立て、ピンチをしのいで接戦に持ち込んだのですが、攻撃では10安打とヒットは放ったものの要所を抑えられて、相手投手の斉藤君を崩しきることができませんでしたね。沖学園は守備もよかったです。

9回の守備でレフトの主砲・岡崎君が足を痛めて試合が中断した際、沖学園の選手たちがコールドスプレーと水を運んでくるシーンがあって、とても素晴らしいシーンでしたね。どうやら岡崎君は両足がつったようでしたが、一旦タンカで運ばれ、治療後に守備につくことができました。

そうそう、北照の応援歌に潮音頭が流れた時は、胸熱でした。

夏は5年ぶり4度目の出場の北照は、春の選抜はベスト8に2度勝ち進んだことがあるのですが、夏は未勝利で、今大会での初勝利を目指していたのですが、今回はお預けになってしまいました。

けど、とてもいい試合でした。お疲れさまでした!

胸を張って小樽に帰ってきてください!!

【関連記事】
夏の甲子園、北照は沖学園(南福岡)と対戦。6日の第3試合
【祝!!甲子園出場】北照高校が5年ぶり4度目の夏の甲子園出場を決めました!!

※参考ニュース
友情のアシストプレー 倒れた北照・岡崎に沖学園の選手がコールドスプレー&飲料差し出す― スポニチ Sponichi Annex 野球
北照は善戦及ばず無念の敗退 4度目の夏も初戦で涙 上林監督「選手は本当によく頑張った」― スポニチ Sponichi Annex 野球


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

夏の甲子園、北照は沖学園(南福岡)と対戦。6日の第3試合

Otaru_20180726_142509


8月5日(日)に開幕する第100回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が、2日に行われましたね。

5年ぶり4度目の夏の甲子園出場を決めた、南北海道代表の小樽の北照は、大会第2日の8月6日(月)の第3試合で、南福岡代表の沖学園と対戦することが決まりました。

沖学園は春・夏通じて甲子園初出場とのことですが、激戦区の南福岡を制しての出場ですから、やっぱり強いのでしょうね。

ちなみに、同じ日の第4試合で、9年ぶり8度目出場の北北海道代表の旭大高が、長野代表の佐久長聖と対戦するということで、この日は北海道全体が高校野球の応援になりますね。

Otaru_20180725_174453

北照高校の甲子園出場が決まってから、地元小樽市内では、横断幕、垂れ幕、のぼりなどが掲げられて、応援ムードが高まってます。募金箱も設置されているとか。

(北海道新聞小樽支社の垂れ幕)
Otaru_20180726_141448

Otaru_20180726_142426

北照の選手たちには、暑さに負けずに頑張ってもらいたいですね。
応援してます!!

※参考ニュース:2018年8月3日付北海道新聞朝刊1面、小樽・後志欄、スポーツ欄

【関連記事】
【祝!!甲子園出場】北照高校が5年ぶり4度目の夏の甲子園出場を決めました!!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

【祝!!甲子園出場】北照高校が5年ぶり4度目の夏の甲子園出場を決めました!!

第100回全国高校野球選手権南北海道大会決勝が、7月22日(日)に札幌円山球場で行われて、地元・小樽の北照高校(小樽支部)が15―2でセンバツ出場の駒大苫小牧高校(室蘭支部)を破り、5年ぶり4度目の甲子園出場を決めました!!

おめでとうございます!!
いや〜、すごいですね。

北照は3回に4番の岡崎選手の適時2塁打で先制後、4回には4点を追加して、5—0としますが、その裏に2点を返されて5—2となります。実は、私はこのあたりから生で見ていて、ドキドキしながら見ていたのですが、6回に1点、7回には岡崎選手のホームランなどで6点を奪い、さらに8回に3点を追加するという猛攻を見せて、15—2で甲子園を決めました。

なんと、岡崎選手はサイクル安打を達成したんですよね。すごいですね。確か、試合の始まる前は、北照の打線より駒大苫小牧の打線が強力ということで注目されていたかと思うのですが、ここにきて北照の打線が爆発して、投げては変則横手投げ左腕の原田投手が、被安打5の失点2という見事な完投でした。

いや〜、夏の甲子園の楽しみが増えました。
北照の選手たちには、甲子園でも頑張ってもらいたいですね。
応援してます!!

※参考ニュース
南北海道 北照5年ぶり4回目|NHK 北海道のニュース
北照5年ぶり夏に涙の監督「よくやった」/南北海道(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
【南北海道】北照、5年ぶり4度目切符 駒大苫小牧を粉砕 岡崎がサイクル達成(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

第30回おたる運河ロードレース大会が6月17日に開催。小樽運河沿いで声援を送ってきました!

Otaru_20180617_090850


第30回おたる運河ロードレース大会が、6月17日(日)に開催されました。

今年で30回目の開催となった、おたる運河ロードレース大会は、小樽運河を中心に、歴史的建造物が建ち並ぶ海沿いの市街地、小樽港、祝津漁港などを走り抜ける、すっかりおなじみのマラソン大会ですね。

Otaru_20180617_091716

私は走るのは苦手なので参加してませんが(汗)、この日は小樽運河沿いに陣取って、スタート直後からしばらく、沿道で声援を送ってきました。この大会は、毎年3千人以上のランナーが参加してるんですよね。

Otaru_20180617_090451

(選手が集中すると、すごい人数です)
Otaru_20180617_090826

午前9時からのハーフ(21.0975km)のスタートを皮切りに、距離別に5km、2km、10kmの順番でランナーたちが海沿いの小樽の街を駆け抜けて行きました。

Otaru_20180617_092019

Otaru_20180617_092303

私は行かなかったのですが、スタートとゴール地点は大会会場となっている色内埠頭公園です。

2kmコースは、子供たちがたくさん参加していましたよ。

Otaru_20180617_092743

今年は第30回という節目の大会ということで、ゲストランナーとしてオリンピック男子マラソン2大会連続メダリストのエリック・ワイナイナ選手を招待したんですよね(前夜祭もあったようです)。

ハーフコース最後尾からスタートして、選手たちを追い抜きつつ激励しながら走ったそうですが、私も沿道からワイナイナ選手に声援を送ることができました。

ワイナイナ選手は、笑顔で沿道からの皆さんの声援に手を振って応えていました。何より、素人が見ても、その走る姿がカッコよかったです(写真はありません…)。

この日は曇り空でしたが、気温はそれほど上がらず、どうなのかな、走るにはいい天候だったのかな?

Otaru_20180617_093454


ということで、実際はちょっと見てきただけなんですが、第30回おたる運河ロードレース大会の様子でした。

大会に参加されたランナーの皆さん、お疲れさまでした!!

※大会詳細については、小樽市HP内のこちらに掲載されています。
小樽市 :おたる運河ロードレース大会

【関連記事】
第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます
「第25回運河ロードレース大会」を観戦してきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 5日 (火)

第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます

イベントのお知らせ記事です。

第30回おたる運河ロードレース大会が、今年も6月17日(日)に開催されます。

Otaru_20180405_151752

小樽運河を中心に、歴史的建造物が建ち並ぶ海沿いの市街地、小樽港、祝津漁港などを走り抜ける、おなじみ運河ロードレース大会も今年で30回で、節目の記念大会となってます。

今大会の参加申し込みは、すでに締め切られているのですが、今大会は3千8百名ほどのエントリーがあったようで、すいません。私はこれまで参加したことがなく、参加予定もないのですが(汗)、すっかり大きな大会になりましたね。

今年は節目の第30回記念大会ということで、ゲストランナーとしてオリンピック男子マラソン2大会連続メダリストのエリック・ワイナイナ選手を招待しているそうで、前夜祭に参加するほか、ハーフコース最後尾からスタートし、ランナーのごぼう抜きに挑戦するそうですよ。

ごめんなさい、当日、私はちょっと見に行けそうにないのですが、参加ランナーたちの走りを応援するのと同時に、エリック・ワイナイナ選手の走りを目の前で見にいくのも楽しいかもしれませんね。

大会会場は、色内埠頭公園です。
実は、昨年(2017年)8月に色内ふ頭の岸壁の安全上の問題から立ち入り禁止になっていたのですが、先日、色内埠頭公園の利用が再開されました。ただ、岸壁と公園をさえぎるネットフェンスが設置されていて、岸壁側は依然立ち入り禁止ですので、注意してください。

開催日は、6月17日(日)で雨天決行。
スタート時間はハーフが午前9時からで、以降時間差で短い距離もスタートしていくようです。

大会詳細については、小樽市HP内のこちらに掲載されていますのでご参考に。
小樽市 :おたる運河ロードレース大会


大会に参加する皆さん、頑張ってください!!

当日、晴れるといいですね(あっ、あまり暑すぎるとダメなのか!?では、ほどほどの天気で…)。

【関連記事】
ニュースより/利用禁止になっていた色内埠頭公園が再開になってます。ただし、岸壁側はなおも立ち入り禁止
「第25回運河ロードレース大会」を観戦してきました


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

小樽市営桜ヶ丘球場の改修工事が完了〜リニューアル記念で小樽野球協会の試合開催

Otaru_20160626_133055


小樽には大きな野球場はないのですが、それでも小樽市民にとってお馴染みの野球場と言えば、小樽公園内の小樽市営桜ヶ丘球場ですよね。

その桜ヶ丘球場は、昨年(2015年)8月から4ヶ月ほどかけて、全面的な芝生の張り替えと土の入れ替えを行う改修工事を行ったんですよね。確か、内外野フェンスの防護マットも取り換えるということでした。

元々芝生や土に問題点が指摘されていたのに加えて、桜ヶ丘球場が、今年の9月に開かれる天皇賜杯第71回全日本軟式野球大会の全国大会の開催地の1つになったということで、それに合わせての改修でもあったようです。

昨年の報道によると、芝生や土などを入れ替える改修工事は、1995年以来20年ぶりのことだったそうです。
※改修については、このブログでも次の記事で取り上げました。
ニュースより/小樽市営桜ヶ丘球場のフィールド部分が全面改修されるそうです

もちろん、改修の間、球場は使用できなかったわけですが、例えば、いつも行われている高校野球の小樽支部予選などは、蘭越町総合運動公園野球場で開催されてたんですよね。

ちなみに、桜ヶ丘球場は1948年(昭和23年)完成とかなり古い球場で、収容人員は内野固定席2620人、その他1,800人となっていて、内野固定席の他に芝生席がありますが、外野席はありません。

Otaru_20160626_134144


その後、工事が終わってどうなっているのかと思っていたら、先日の2016年6月24日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、改修完了のニュースが掲載されていました。

工事自体は昨年12月に終わっていたそうですが、芝を定着させる時間が必要だったそうです。
それでも今シーズンは、まだ芝の根は定着しきってないため、使用は制限されているようです。

で、桜ヶ丘球場のリニューアル記念として、6月26日に北海道の社会人野球の名門、小樽野球協会と函館太洋倶楽部のオープン戦が行われるということで、新しい桜ヶ丘球場の見学も兼ねて、ちょっとだけ見に行ってきました(この試合は入場無料でした)。

Otaru_20160626_133055

何だか、フィールドが綺麗ですね。

外野の芝生が綺麗になりました。
Otaru_img_2038

内野の土は水はけがよくなったそうです。
Otaru_img_2039

ちなみに、客席はそのままですね。

ごめんなさい、最後まで見てなかったので、試合結果は分からないのですが、社会人野球はやっぱり上手かったです。

Otaru_img_2037


実際の大会の使用としては、6月30日からの夏の高校野球小樽支部予選から、本格的に使用されるとのことですよ。

改修工事が終わり、使いやすく安全になった桜ヶ丘球場で、選手たちのはつらつとしたプレーが見られますね。

※参考サイト:小樽市 :広告スペース・小樽桜ヶ丘球場


《追記 2016.6.29》 

翌日の2016年6月27日付 北海道新聞朝刊小樽・後志欄に、記念試合のことが掲載されていて、そこに書かれていたのですが、そもそも桜ヶ丘球場は1948年(昭和23年)、小樽野球協会が函館太洋倶楽部を破り、都市対抗野球の全国大会に初出場したのを機に建設されたものだそうです。

その後、市内経済の低迷や娯楽の多様化による入場料収入の減少により、昭和30年代後半に小樽市に寄贈されたとのことです(こちらは、先の6月24日付の新聞に掲載された情報です)。

ちなみに、函館太洋倶楽部は現存するクラブチームでは国内で最も古い1907年(明治40年)、小樽野球協会は道内で3番目に古い1927年(昭和2年)の創設とのことで、歴史あるチームですね。

あっ、この日の記念試合は、小樽野球協会が15—4で勝ったそうです。


【関連記事】
ニュースより/小樽市営桜ヶ丘球場のフィールド部分が全面改修されるそうです
小樽市営桜ヶ丘球場は改修工事中です
小樽桜ヶ丘球場


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月21日 (月)

潮見台シャンツェにジャンプ大会を見に行ってきました

小樽市の潮見台の住宅街の中にある潮見台シャンツェに、少年・少女たちの見事なジャンプを見に行ってきましたよ。

Otaru_img_1585


行ったのは、3月20日(日)に開催された「第14回小樽うしおライオンズ杯全国少年ジャンプ大会」という大会です。

実は、以前から、潮見台シャンツェでの大会は一度見に行ってみたいと思っていたのですが、大会がいつ行われているのかが分からなかったんですよね。

で、3月に行われているという情報を得て、ちょっと調べてみたら、小樽スキー連盟のサイトに大会の予定が掲載されていて、大会要項のPDFへのリンクも貼られていたので、日程などを確認して見に行ったというわけです。

潮見台シャンツェは、小樽潮陵高校前の坂道から右に曲がってしばらく進んだ左手にあって、本当に住宅街の中におもむろにジャンプ台が現れる感じなんですよね。

Otaru_20160320_092926

ジャンプ台はスモールヒルジャンプ台2基とミディアムヒルジャンプ台1基があって、行った時は小学生の部ということで、左側のスモールヒルで競技が行われてました。

Otaru_img_1582

ちなみに、よく使われる基準点となるK点について、あちこちに別々の記載があってよく分からないのですが、先ほどの大会要項(第14回小樽うしおライオンズ杯全国少年ジャンプ大会開催要項(20160319-jp-ushio.pdf))を見ると、スモールヒル K=35m、ミディアムヒルK=55mと記載されてました。

スモールヒルとはいえ、近くで見ると、なかなかの迫力で、やっぱり実際に飛んでいる様子を見るのは楽しいですね。

アプローチ。
Otaru_img_1587

ジャンプ。
Otaru_img_1588

ランディングバーン。
Otaru_img_1574

減速、停止するためのブレーキングトラックですね。
Otaru_img_1572

最近のジャンプ人気はどうなんでしょうかね。レジェンド葛西選手の活躍や、何と言っても高梨沙羅選手の大活躍は嬉しい話題ですよね。
特に高梨沙羅の影響でしょうね、この日も女の子のジャンパーがたくさんいました。

ジャンプ競技の観戦に関しては、当然と言えば当然ですが、屋外の競技なので、寒いです。太陽が出るといいのですが、陰ると寒いので、観戦にはしっかりと暖かな服装でないとダメですね。

あと、どうなんでしょうか、関係者以外の観客というのは、ほとんどいなかったと思うのですが、せっかく、こんな身近でジャンプ大会が行われてるんですから、もっと多くの観客が集まるといいのにと思ってしまいました。

ジャンプ競技って、どこでも見られるものではないですからね。
やっぱり近くで見たら、少年・少女たちのジャンプといえども、迫力あって面白かったです。

Otaru_img_1577

それと、ちょっと思ったのですが、大会概要とかが全然分からないので、受付みたいな案内ブースとか、せめてビラとかがあればいいですね。

Otaru_img_1579

Otaru_20160320_093014

今回は時間がなくて、真ん中のミディアムヒルでの中学生の部を見ることができなかったのですが(理由は分からないのですが、途中で競技が待機になってしまったんですよね)、きっと中学生の部ではさらに本格的な迫力のジャンプを見ることができたのでしょね。

実は、次の日の21日(月・祝)にも大会があったみたいなんですが、行けそうにないので、ミディアムヒルは次の機会の楽しみにします。

ということで、いや〜、やっぱり生の競技観戦は見ていて楽しいですね。
こうやってジャンプ大会が盛んに行われて、ここから次の世代の日本代表選手が現れるといいですね。

(ちびっ子も参加してました)
Otaru_img_1590

【関連記事】
緑の小樽潮見台シャンツェ:
ニュースより/小樽市望洋シャンツェが利用がなくて廃止に


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月24日 (金)

夏の高校野球は小樽が暑いです〜南北海道大会で北照と小樽潮陵がベスト4に勝ち上がってます【追記あり:準決勝結果】

今、小樽は道内でも局地的に、高校野球の話題でかなり盛り上がっています。

というのも、現在、札幌円山球場で開催されている、第97回全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の南北海道大会で、ベスト4に小樽支部代表の北照と小樽潮陵の2校が勝ち上がっているんです。

元々小樽支部からは、2校が南北海道大会に出場しているのですが、2校共にベスト4に入るのは、1973年の北照と倶知安以来、42年ぶりだそうです(2015年7月23日 北海道新聞朝刊小樽・後志欄より)。


この大会、ここまで北照は、1回戦は札幌日大に5−4、準々決勝の苫小牧東との試合は、雨で翌日再試合になったものの3−1で勝利しました。

そして、準決勝の対戦相手は、昨年の優勝校の東海大四なんですが、なんてったって、東海大四はセンバツ準優勝校ですからね。手強いです。


そして、小樽支部からベスト4に入ったもう1校の小樽潮陵ですが、最近、小樽潮陵は結構強いんですよね。

ここまでの試合は、1回戦は函ラ・サールに11−1、準々決勝は札幌大谷に6−1と、打線も好調です。
そして、準決勝の対戦相手は、こちらも強豪校(春の全道大会の優勝校)の北海です。

覚えている方も多いと思いますが、小樽潮陵は昨年のこの選手権南北海道大会でも快進撃を続けて、なんと決勝まで進んだんですよね。

その決勝は0−1で惜しくも敗れてしまったのですが、ちなみに、その時の決勝の対戦相手が、甲子園では超スローボールでも話題になった、好投手西嶋君を擁する東海大四だったんですよね(東海大四は夏の甲子園では2回戦で敗退しました)。

果たして小樽潮陵は、今年も決勝に駒を進めることができるでしょうか。


準決勝の試合予定は、7月24日(金)札幌円山球場にて。
東海大四 - 北照(10:30)
北海 - 小樽潮陵(13:00)

あなたがこの記事を読んでいる頃には、ひょっとしてもう結果が出ているかもしれません。

もし、北照と小樽潮陵が勝ち上がって、小樽勢同士の決勝戦となったら、もう大変ですね。

ちなみに、決勝は25日(土)13:00〜の予定で、その頃小樽は「第49回おたる潮まつり」の真っ最中で、ちょうど潮ねりこみが始まった頃ですね。

いや〜、小樽の夏が暑いです。


《追記 2015.7.24》 

7月24日(金)に行われた準決勝の結果です。

東海大四と対戦した北照は、6−5と僅差ながら勝利をおさめて決勝進出です。

北照がリードして、東海大四が追いかける展開は、最後までハラハラドキドキでした。
最終回は1点差でノーアウト満塁の大ピンチを凌ぐという、ほんと手に汗握る展開でしたが、北照が何とか逃げ切りました。
さすが東海大四もいいチームでしたね。

もう1試合の小樽潮陵と北海との準決勝は、潮陵が2回に先制するものの、中盤から得点を重ねられ、7回には猛攻を受けて8失点し、結局、1−11というスコアで、7回コールド負けとなってしまいました。

小樽潮陵もベスト4は立派です。頑張りましたね。
けど北海は強かったです。

ということで、残念ながら、小樽勢同士の決勝戦は実現しませんでしたが、明日25日(土)の決勝は、北照と北海の強豪校対決となりました。
両校とも、北海道代表目指して、いい試合をしてもらいたいですね。

あっ、すいません、もちろん、地元・北照を応援させていただきます。


【追記】
7月25日(土)に行われた北照と北海との決勝戦は、北海が3−0で北照に勝利して、夏の甲子園行きの切符を手にしました。

地元・北照を応援していたのですが、残念でした。けど、頑張りました。

ということで、南北海道代表は北海に決まりました。おめでとうございます。
甲子園では、しっかり北海を応援したいと思います!


※参考:南北海道ニュース - 第97回選手権大会:バーチャル高校野球(朝日新聞×朝日放送)

【関連記事】
遠かった1点!小樽潮陵は高校野球選手権南北海道大会の決勝戦で惜しくも敗退。甲子園に一歩及ばずも見事でした!


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

手宮公園陸上競技場は全天候型競技場で第3種公認競技場

手宮公園へ向かう急な坂道「励ましの坂」をほぼ上りきった右側に、手宮公園の駐車場がありあます。

その奥に、立派な陸上競技場があるんですよね。

手宮公園陸上競技場

Otaru_20141007142417
※写真撮影は2014年10月7日なので、紅葉前なのはご勘弁を。

いつも、手宮公園に紅葉や桜を見にきた時に、綺麗で立派な競技場だな〜、と思って見ていたんですよね。

Otaru_20141007142410

小樽後志陸上競技協会ホームページによると、手宮公園陸上競技場の開設は、昭和9年(1934年)9月と古いのですが、平成12年(2000年)9月に全天候型競技場として全面改修されたそうです。
(参考:小樽後志陸上競技協会ホームページ

なるほど、立派なわけですね。

私は詳しくは分からないのですが、手宮公園陸上競技場は第3種公認競技場に区分されているそうです。

この区分は、日本選手権や国体、国際大会で使用できる第1種から、学校内競技会などで使用する第5種まであって、第3種は加盟団体等の対抗競技会で使用できる区分だそうです(参考:陸上競技場 - Wikipedia)。

個人的には。ほとんど縁がない陸上競技場ですが、ちゃんと競技しているところを観戦してみたいですね。

Otaru_20141007141619

※この時は競技場トラックの工事をしていたのですが、この工事は11月28日まで行われているようです。

Otaru_20141007142550

参考:小樽市 : 広告スペース・小樽手宮公園競技場


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

遠かった1点!小樽潮陵は高校野球選手権南北海道大会の決勝戦で惜しくも敗退。甲子園に一歩及ばずも見事でした!

第96回全国高校野球選手権の南北海道大会決勝戦が、本日(7月23日)、札幌円山球場で開催されました。

ここまで快進撃を続けて、決勝まで勝ち上がってきた小樽支部代表の小樽潮陵は、甲子園への切符を懸けた決勝戦で、札幌支部代表の強豪、東海大四と対戦しましたが、惜しくも0—1で敗れ、甲子園出場には一歩及びませんでした。

小樽支部予選から始まった小樽潮陵の快進撃

いや〜、それにしても、地元の公立校の潮陵の快進撃に、小樽も沸きましたね。

潮陵が小樽支部予選の代表決定戦で、甲子園常連の強豪北照高校を7回コールドで敗るという波乱を起こした時も驚きましたが、
夏の高校野球の南北海道大会小樽支部予選で波乱!なんと強豪・北照が敗退

その勢いをそのまま南北海道大会に持ち込んでの快進撃でしたよね。

特に、前の試合の準決勝の浦河(室蘭支部)との試合が凄かったですよね。

最終回まで8—4と4点リードしながら、9回表に四死球と失策が続いてなんと5失点で逆転を許し、その裏の最後の攻撃も2アウトでランナーなし。
見ていたこちらもさすがにこれはダメかと思いました。

ところがここから粘りを見せて、連打で2人がランナーに出た後の2点2塁打で、なんと逆転サヨナラ勝ち。
見ているこちらも「お〜〜!」ってなりました(笑)

潮陵としては、これが初の決勝進出だったんですね。
ただ、準決勝での粘りは見事でしたが、正直、失策が多くて決勝戦は心配だったんですよね。

決勝の対戦相手の東海大四は、ここまで3試合のうち、2試合がコールド勝ちという強打に加え、ピッチャーの西嶋君は大会屈指の好投手。そんな東海大四を前に、ひょっとしたら大敗してしまうんではないかと…

しかし、試合が始まってみると、どうしてどうして、1回の裏こそいきなりの失点で心配したものの、それ以降はピッチャーの原田君を中心に、見事な堅守を見せてスコアボードに0を並べました。

ただ、東海大四のエース西嶋君はやっぱり素晴らしい投球で、少ないチャンスも攻守に阻まれ、散発3安打で残念ながら最後まで得点することができずに、1点が遠く試合はそのまま0—1で終了。
甲子園が手の届くところまで来ていたのですが、一歩及びませんでした。

しかし、前評判はそれほど高くなかったと思うのですが、潮陵の頑張りは見事で、立派でしたね。
決勝戦も素晴らしい試合を見せてくれました。

そして勝った東海大四も、甲子園常連校というイメージだったのですが、21年ぶりなんですね。
5回目の甲子園出場ということで、おめでとうございます。

もちろん甲子園では東海大四を応援します!頑張ってください!

そして、潮陵の選手、監督、応援団、関係者の皆さんお疲れさまでした。

けど、惜しかったな〜


※南北海道大会のトーナメントはこちらで確認できます。
トーナメント表|南北海道大会|NHK甲子園2014|第96回 全国高校野球選手権大会


ランキングに参加しています。
にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 小樽情報へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

イベント | 小樽のお祭り | おたる潮まつり | 小樽ゆき物語 | 小樽雪あかりの路 | スポット | 歴史的建造物 銀行 | 歴史的建造物 倉庫 | 歴史的建造物 店舗 | 歴史的建造物 教会・神社・寺 | 歴史的建造物 邸宅 | 歴史的建造物 事務所 | 歴史的建造物 その他 | その他の気になる古い建物 | その他の気になる建物 | 小樽のなくなった建物 | 小樽市総合博物館 | 小樽市都市景観賞関連 | 小樽の公園 | 小樽公園の白樺林 | 小樽の坂 | 小樽の階段のある風景 | 小樽の地下歩道 | 小樽の通り | 小樽の駅 | 小樽の川・橋 | 海・港・運河・海岸 | 踏切・線路のある風景 | 旧手宮線関連 | 天狗山 | 奥沢水源地(水すだれ) | 歩道橋から | 水天宮 | 小樽の市場 | 雑貨店 | 飲食店 | グルメ | 小樽のお餅屋 | 小樽のパン屋 | 小樽洋菓子舗ルタオ | 小樽あんかけ焼そば | 家庭料理 | 海の幸 | 学校関連情報 | 生活密着情報 | 閉店した店・閉館した施設 | サンモール一番街新築移転工事関連 | 塩谷地区 | 忍路地区 | 祝津・高島地区 | 長橋地区 | 小樽の桜 | 小樽の紅葉 | 道内巡り(小樽以外) | 小樽でスキー | 小樽の猫 | 小樽ゆかりの人物 | ちょっとした風景 | 冬のちょっとした風景 | 妙見小僧 | 北海道限定商品 | アンケートのお願い | スポーツ | ニュース | 住吉神社 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌