« ニュースより/小樽市内の戦後建築について文化財としての評価のための調査が進められています〜公共的な建物8件対象 | トップページ | 令和6年度オタモイ地蔵尊例祭が6月22日にオタモイの駐車場の広場で開催されました〜地蔵堂の維持管理が今後の課題 »

2024年6月22日 (土)

龍宮神社のお祭り(例大祭)が今年も6月20日〜22日の3日間で開催(2024年度)

Otaru_20240621-201640

小樽はお祭りの季節を迎えてますが、令和6年度の龍宮神社の例大祭が今年も6月20日(木)〜22日(土)の3日間の日程で開催されています。

この時期の小樽は、毎週のように市内のどこかの神社で例大祭が行われているんですよね。

で、梁川通りにずらりと露店が並ぶ龍宮神社のお祭りは、中心街でのお祭りということもあって、市民にもお馴染みでいつもとっても賑わいます。

2日目21日(金)の夕方から夜にかけて行ってきたのですが、やっぱりたくさんの人出でした。

Otaru_20240621-182745

商店街がお祭り会場ということで、梁川通りにあるお店も参加してたりして、それもまた龍宮神社のお祭りならではで、夜がまた楽しいんですよね。

Otaru_20240621-183047

Otaru_20240621-183118

Otaru_20240621-183507

梁川通りの途中から曲がって、龍宮神社に向かう竜宮通り沿いにも露店が少し並びます。

Otaru_20240621-184203

竜宮通りを上って、国道5号線を渡って鳥居をくぐり、坂道の先にある階段を上ると境内になります。

Otaru_20240621-185502

Otaru_20240621-184626

階段の下からは見えないのですが、上ると右手に堂々とした社殿が立っているのですが、この時はちょうど境内で祭りの行事の一環のダンス・イベント中で、観客でいっぱいでした。

Otaru_20240621-185110

Otaru_20240621-185123

龍宮神社は、幕末・明治に活躍し、ここ稲穂町一帯の土地を所有していた榎本武揚(えのもと たけあき)が建立したことでも知られる神社で、先ほど露店が並んでいた梁川通りは、榎本武揚の雅号の梁川(りょうせん)を訓読みにしたのが、名前の由来となってます。

Otaru_20240621-185134

Otaru_20240621-185046

Otaru_20240621-185114

そうそう、最終日22日(土)午前10時〜午後3時まで、龍宮神社社殿内で隕石から造られた神秘の霊剣「流星刀」の一般公開があるそうですよ。

境内からの帰り際、境内へ上ってきた階段の上から見た風景も、まっすぐ続く竜宮通りの先に海が見えていいんですよね。Otaru_20240621-185304

こちらは日が暮れてからの梁川通りの様子です。
Otaru_20240621-201513

Otaru_20240621-201640

Otaru_20240621-201946

Otaru_20240621-204036

現在、梁川通りに続く都通りでは6月18日(火)~22日(土)の期間で「夏まつり みやこサマーフェスティバル2024」が開催されていて、福引抽選会やキッチンカーの出店など、様々なイベントが行われていますので、一緒に楽しむのもいいかもしれませんね。

Otaru_20240621-202353

そうそう、お神輿が商店街を練り歩くのを見ることがきでました。
こちらが都通り。
Otaru_20240621-181304

Otaru_20240621-181452

こちらはなんと梁川通りで、露店が並び人出で賑わう中をお神輿が通っていきました。Otaru_20240621-191444

Otaru_20240621-191448

そして、せっかくなので、お祭りを美味しく楽しんできました。
Otaru_20240621-190457

中心街で開催されていつも賑わいを見せる龍宮神社のお祭りは、小樽のお祭りの中でも水天宮、住吉神社の例大祭と合わせて、小樽三大祭りと呼ばれたりもします。

先日、まずは水天宮の例大祭が開催され、今回の龍宮神社が続き、最後に住吉神社の例大祭が7月14日(日)〜16日(火)に行われます。

ということで、龍宮神社のお祭りの様子でした。小樽はお祭りの季節真っ只中ですね。

龍宮神社

【関連記事】
龍宮神社の例大祭で霊剣「流星刀」を一般公開〜お祭りは神輿や露店、催し物は中止で神事のみ(2020年)
龍宮神社で霊剣「流星刀」を観てきました〜6月21日の一般公開に長蛇の列(撮影禁止のため写真はありません)(2020年)
※昨年の様子です
龍宮神社のお祭り(例大祭)が6月20日〜22日の3日間で、今年は制限なく例年通りに開催(2023年度)

スポンサーリンク

|

« ニュースより/小樽市内の戦後建築について文化財としての評価のための調査が進められています〜公共的な建物8件対象 | トップページ | 令和6年度オタモイ地蔵尊例祭が6月22日にオタモイの駐車場の広場で開催されました〜地蔵堂の維持管理が今後の課題 »

小樽のお祭り」カテゴリの記事

コメント

小梅様。水天宮とならんで龍宮神社のお祭りも始まり、小樽も初夏に向けて季節の移り変わりが、目に見える形で進んで来ましたね。龍宮神社のお祭りになると、いつもは閑散とした感のある梁川通りも大勢の人たちで賑わっていいですね!またお写真にある、境内から港に向かって真っすぐに伸びる道も懐かしい限りです。

昨日、取り上げていらっしゃった、戦後の小樽建築物の文化財的価値調査、確かに小樽には人知れない建築の「名品」が沢山ありますので、建築物に興味のある私としては、心がウキウキワクワクしてしまいます。特にお写真にあった市民会館、それも正面の両翼にある吹き抜けのガラス張りロビーは、いつ訪れて瀟洒で垢抜けしていて、ものすごく好きな空間なんです。またコンサートホールの音響も、地方都市のものとしては、非常に音響効果が素晴らしいものであることは、内外の著名な演奏家が指摘されていることなんです。築60年も経って老朽化が問題でしょうが、何とか修繕を施しつつ活用され続けて欲しいと切に思っています。

投稿: 小樽望郷 | 2024年6月22日 (土) 15時27分

小樽望郷さん、こんにちは。
龍宮神社は、今年も梁川通りが大変な賑わいとなりました。
小樽はお祭りの季節真っ只中ですね。そして、季節は初夏へと移り変わって行ってます。
小樽の戦後建築の文化財的価値の調査は、本当に興味深いですよね。
そんな古くもないと思っていた戦後建築も、考えてみると今や貴重な歴史的建造物ですものね。
市民会館は印象的ですよね。なるほどホールの音響効果に関しても素晴らしいものなのですね。
本当に、こういった建物もなんとか長く保存・活用していってもらいたいですね。

投稿: 小梅太郎 | 2024年6月23日 (日) 17時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースより/小樽市内の戦後建築について文化財としての評価のための調査が進められています〜公共的な建物8件対象 | トップページ | 令和6年度オタモイ地蔵尊例祭が6月22日にオタモイの駐車場の広場で開催されました〜地蔵堂の維持管理が今後の課題 »