« 入船町から住ノ江町の高台へと上る階段の上からの風景 | トップページ | 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 »

2024年5月12日 (日)

奥沢水源地の水すだれを正面に見ることのできる水管橋が2024年も一般開放中です(11月3日まで)【動画もあります】

Otaru_20240509-145951

奥沢水源地階段式溢流路(かいだんしきいつりゅうろ)、通称・水すだれを正面に見ることのできる水管橋が2024年も一般開放されています。

令和6年度(2024年度)の奥沢水源地水管橋の一般開放日時は次の通りです。
開放期間:令和6年4月27日(土)〜11月3日(日・祝)
開放時間:午前10時〜午後4時

※現地の天候状況などにより一般開放を中止する場合があるとのことです。
※参照:令和6年度奥沢水源地水管橋の一般開放について | 小樽市

ということで、毎年同じような投稿になってしまっているのですが、一般開放のお知らせを兼ねて今年も奥沢水源地の水すだれの様子を投稿しますね。見に行ったのは、天気の良かった5月9日です。

奥沢水源地の水すだれを水管橋から眺める

では、毎年ほぼ同じ投稿になってしまっているのですが、まずは奥沢水源地の場所についてですね。

国道5号線の奥沢十字街から奥沢・天神方面へと入ってずっと進み、天神十字街も超えてさらにその道(道道697号天神南小樽停車場線)を民家がなくなる先まで進んだところで、道路は右折しながらやや細い上り道になります。

ここを右折したところのすぐ左に「←水すだれ」の看板があって、その指示の細い道を入っていった先に目的の水管橋(すいかんばし)があります。

ちなみに、右折した曲がり角の正面が、水管橋の一般開放中に利用できる駐車場になっています。

Otaru_20240509-145619

Otaru_20240509-145627

「←水すだれ」の看板。
Otaru_20240509-145653

ここは車でないと、なかなか行きにくいんですよね。バスだと中央バス「天神町」(終点)のバス停を降りてから結構歩くので(徒歩10〜15分ほど)、ちょっと気軽にはいけませんね。

この道の先が水管橋になります。
Otaru_20240509-145720

Otaru_20240509-145749

そして、水管橋です。

Otaru_20240509-145847

Otaru_20240509-145856

Otaru_20240509-145913

Otaru_20240509-145920

この水管橋から見る、おなじみの水すだれの風景がこちらですね。

Otaru_20240509-145925

Otaru_20240509-145940

何度見ても、木々に囲まれて曲がりながら階段を流れ落ちてくるその光景は美しいんですよね。

Otaru_20240509-145951

ただ、実際に近くで見ると、水の流れは急で早く、水の流れ落ちる音も大きくて、かなりの迫力です。

夏はとても涼やかでいいんですよね。

Otaru_20240509-150023

こちらは水管橋から見た下流側の眺めです。
Otaru_20240509-150032

この水すだれについては、小樽市HPに詳細説明が記載されているので、毎回のことですが、いつものように引用させていただきます。

階段式溢流路(いつりゅうろ)は、奥沢ダムと勝納川の水を放流するために、大正3年に造られた施設です。

放流の目的の他に、水の激しい流れにより護岸などが削り取られることを防ぐ働きもしていました。ダムから溢れた水を、落差約21メートル、距離約100メートルの10段の階段で流下させることで、水流の勢いを和らげます。

この階段の縁には、長い石と短い石が交互に組まれています。その隙間から流れ落ちる水がすだれ状になって見えることから「水すだれ」と呼ばれています。流れ落ちる水の清らかな音とともに、周囲を囲む深い木々の緑が爽やかな涼感を誘い、自然と調和した景観美をつくり出します。

また、階段式溢流路を含む奥沢水源地水道施設は、現在はその役目を終えていますが、その歴史的価値から、昭和60年に「近代水道百選」、平成20年には「土木学会選奨土木遺産」に選ばれています。

この階段式溢流路を期間限定で間近に見ることができるのが、奥沢水源地水管橋です。先人から引き継いできた歴史的な遺産でもある「水すだれ」に目と耳を澄ませてみませんか。
令和6年度奥沢水源地水管橋の一般開放について | 小樽市

現地には、その土木学会選奨土木遺産のプレートが案内板とともに設置されています。

Otaru_20240509-145837

Otaru_20240509-145825

Otaru_20240509-145830

奥沢ダムは1914年(大正3年)完成のとても歴史のあるダムだったのですが、ダム堤体に陥没が見つかって2011年(平成23年)8月に廃止になっていて、ダム自体はもうありません。

奥にはかつての奥沢ダム内にあった取水塔と、それにつながる2つの赤いアーチ橋(夫婦橋と呼ばれているそうです)が今も見ることができます。

Otaru_20240509-145551

先ほどの道路の向かい側には、奥沢浄水場の施設跡もまだ残っているんですよね(敷地内は立ち入り禁止です)。

Otaru_20240509-150631

Otaru_20240509-150619

ここ奥沢水源地は、水道施設としての役目は終えていますが、今も奥沢水源地という名称と水すだれは残されていて、以前から一帯の観光資源としての活用方法を模索中のようですが、ここ数年は大きな動きはないようです。

この美しい景観と歴史的価値を後世に伝えていけるような、何かいい活用方法が見つかるといいですね。

ということで、今年も例年とほぼ同じ内容の投稿でしたが、奥沢水源地の一般開放中の水管橋についてと、そこから見ることのできる水すだれの様子をお伝えしました。

※この日にちょっとだけ動画も撮影してきたので掲載しますね。

※毎年同じような記事ばかりが並んでますが、奥沢水源地関連の記事はカテゴリー「奥沢水源地(水すだれ)」にまとめています。

【関連記事】
※昨年の記事です。
奥沢水源地の水すだれを正面に見ることのできる水管橋が2023年も一般開放中!!(11月3日まで)【追記:動画】
紅葉の中流れ落ちてくる奥沢水源地の水すだれ(10月31日の様子)【小樽の紅葉2023】〜水管橋の一般開放は11月3日まで

スポンサーリンク

|

« 入船町から住ノ江町の高台へと上る階段の上からの風景 | トップページ | 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 »

奥沢水源地(水すだれ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入船町から住ノ江町の高台へと上る階段の上からの風景 | トップページ | 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 »