« 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 | トップページ | ウイングベイ小樽の新店「若鶏時代なると築港店」で若鶏半身揚げをテイクアウト »

2024年5月14日 (火)

奥沢水源地の水管橋への道から上の広場に通じる階段とその広場の様子

Otaru_20240509-150249

奥沢水源地では、今年も階段式溢流路(かいだんしきいつりゅうろ)、通称・水すだれを正面に見ることのできる水管橋が一般開放されていて、例年のことながらその様子は今年もこちらの記事でお伝えしました。
奥沢水源地の水すだれを正面に見ることのできる水管橋が2024年も一般開放中です(11月3日まで)【動画もあります】

ところで、その水管橋に向かう道の途中右手に、細い上り階段があるんですよね。

坂に加えて階段も多い小樽では、その階段もこのブログにおいては街歩きの注目ポイントの一つなんですが、階段があるとその先が気になります(笑)

(水管橋への道の途中右手にその階段があります)
Otaru_20240509-145818

(奥から見たところ。左手に階段)
Otaru_20240509-150230

(こちらがその階段です)
Otaru_20240509-145823

ということで、何はともあれ上ります。

Otaru_20240509-150249

で、ここの階段はどこに通じているのかというと、上ると綺麗に整備された広場に出るんですね。

実はこの階段は何度か歩いているのですが、この水管橋へ向かう道の上は、結構なスペースの広場になっているんですよね。

Otaru_20240509-150256

Otaru_20240509-150302

結構広いです。
Otaru_20240509-150402

(上ってきた階段を上から見たところ)
Otaru_20240509-150306

階段を上って左側は、木々の間から水すだれがチラチラ見えます。

Otaru_20240509-150321

Otaru_20240509-150319

Otaru_20240509-150351

特にここの広場を示す表示などは見当たらず、名前がついている公園などではないと思うのですが、この広場でその昔、小学生の頃とかに炊事遠足などで訪れた、という思い出のある方も多いのではないでしょうかね。

Otaru_20240509-150438

蛇口を捻ってみなかったのですが、水道は使えるのかな?
Otaru_20240509-150413

ただここ数年、私がここに訪れる際に、この広場を利用しているのを見たことがないんですよね。何かで使われているのかな。

(道路側から見た広場の様子)
Otaru_20240509-150511

(水管橋へ向かう細い道路に入らず、そのまま進めば左がこの広場)
Otaru_20240509-150602

とうことで、今回は奥沢水源地の水管橋への道から上の広場に通じる階段と、その広場の様子でした。

※令和6年度(2024年度)の奥沢水源地水管橋の一般開放日時は次の通りです。
開放期間:令和6年4月27日(土)〜11月3日(日・祝)
開放時間:午前10時〜午後4時
※現地の天候状況などにより一般開放を中止する場合があるとのことです。
※参照:令和6年度奥沢水源地水管橋の一般開放について | 小樽市

【関連記事】
奥沢水源地の水すだれを正面に見ることのできる水管橋が2024年も一般開放中です(11月3日まで)【動画もあります】
※過去にもこの階段について掲載したことがありました。こちらの記事内に出てきます。
紅葉深まる奥沢水源地の水すだれを見に行ってきました(10月28日の様子)【小樽の紅葉2022】【追記:動画】

スポンサーリンク

|

« 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 | トップページ | ウイングベイ小樽の新店「若鶏時代なると築港店」で若鶏半身揚げをテイクアウト »

奥沢水源地(水すだれ)」カテゴリの記事

小樽の階段のある風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 都通りの人気の「中華食堂 桂苑」が5月11日より店舗改修工事のため休業〜仮店舗で営業予定でリニューアルオープンは9月予定 | トップページ | ウイングベイ小樽の新店「若鶏時代なると築港店」で若鶏半身揚げをテイクアウト »