« 【小樽桜巡り2024】天狗山山頂の一本桜「天狗桜」が満開とのことで慌てて見に行ってきました(5月3日の様子) | トップページ | 再び勝納川の鯉のぼり〜今回は川沿いの散策路から(2024年)【動画あり】 »

2024年5月 5日 (日)

【小樽桜巡り2024】長橋なえぼ公園の桜はピークは過ぎてましたがのんびり散策してきました〜苗木の植樹で数年後が楽しみ!!(5月3日の様子)

Otaru_20240503-102145

小樽の桜はあちこちで葉桜となっていて、エゾヤマザクラ、ソメイヨシノと続いてきた小樽の桜ももう終わりといった感じですが(この後は八重桜ですね)、それでも葉桜もまた、なんだか趣のあるものですね。

さて、このブログでもいくつかの桜のスポットを見に行って紹介してますが、先日、天気の良かった5月3日(金・祝)に、桜の見どころとして知られる「長橋なえぼ公園」に遅ればせながら行ってきました。

長橋なえぼ公園は、とても広くて自然あふれる森林公園で、様々な植物や野鳥がいて、四季を通じて自然とゆったりと触れ合える公園です。

で、長橋なえぼ公園の桜は園内各所に咲いているんですよね。

時期的に行くのがちょっと遅くて、全体的にはすでに桜はピークを過ぎていて、花が散ってしまっている木が多かったのですが、中にはまだまだ咲いている木もあって、のんびり園内を散策しながら、そんな桜を楽しむことができました。

Otaru_20240503-101018

Otaru_20240503-101113

これはまだ綺麗!!
Otaru_20240503-102127

Otaru_20240503-101705

Otaru_20240503-101625

Otaru_20240503-102814

Otaru_20240503-102649

Otaru_20240503-102524

Otaru_20240503-102425

Otaru_20240503-103128

Otaru_20240503-102605

ところで、長橋なえぼ公園に入ってすぐの右手に「みんなの原っぱ」という結構広い芝生の広場があるのですが(上の写真です)、よく見ると、その周囲に何本もの苗木が頑丈な支柱に支えられて植えられていました。

これは「小樽長橋なえぼ公園桜園を再生する会」によって植樹されたものなんですね。

Otaru_20240503-103222

Otaru_20240503-103322

Otaru_20240503-103622

住民有志らでつくる「小樽長橋なえぼ公園桜園を再生する会」(2021年発足)が、2022、23年に各約30本、今年は4月28日に約40本と、3年で約100本の苗木を植樹したそうです。

※参照:かつてはサクラ5千本、最盛期の姿復活へ 小樽の公園で住民有志が植樹:北海道新聞デジタル(2024年4月29日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄)

上記のニュースによると、園内のサクラは1902年(明治35年)~1912年(大正元年)ごろに植えられ、1980年代には約5千本あったのが、病害や風害、寿命などで現在は約1500本にまで減ってしまっているそうです。

実はこの日、これらの苗木をチェックしていた関係者の方にお話を聞くことができて、これらの苗木は5年後くらいには咲き始めるそうで、開花時期が違う品種をいくつも植えているので、そうなると長い期間、代わる代わる咲く桜を楽しむことができるそうです。

この話を聞いて、これからは毎年これらの苗木の生長を見ていくという楽しみができました。そして、何年か後にここが桜でいっぱいになるのが、とっても楽しみですね。

Otaru_20240503-103423

ということで、5月3日に見に行った、ピークは過ぎてましたが長橋なえぼ公園の桜の様子でした。

※公園入ってすぐに「森の自然館」という、学習室や図書コーナー、工作室、展示室を備えた情報センターがあります。
開館期間:2024年4月11日(木)〜11月10日(日)までで、
開館時間:9:00〜17:00(10月1日(金)からは16:00)
休館日:月曜日(休日の場合は翌日。休館日でも公園は入れます)
入館料:無料
長橋なえぼ公園 | 小樽市

森の自然館
Otaru_20240503-103922

カタクリの花
Otaru_20240503-101404

※参考:さくら情報…長橋なえぼ公園(5/1現在) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
市立小樽図書館で桜に関する資料展示「春だ、花見だ、小樽の桜!」が開催
【小樽の紅葉2019】長橋なえぼ公園で落ち葉を踏みしめ散歩してきました(10月27日の様子)
長橋なえぼ公園に約60年に一度咲くといわれる「チシマザサの花」を見に行ってきました
※桜関連の記事は、カテゴリー「小樽の桜」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 【小樽桜巡り2024】天狗山山頂の一本桜「天狗桜」が満開とのことで慌てて見に行ってきました(5月3日の様子) | トップページ | 再び勝納川の鯉のぼり〜今回は川沿いの散策路から(2024年)【動画あり】 »

小樽の桜」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎様、今年も小樽の桜のご報告をありがとうございます。天狗桜の写真は、きれいですね!
そして、長橋なえぼ公園。実は、私はなえぼ公園に行ったことがないのです。小樽に暮らしていた間、名前はよく聞いていたのですが、行く機会を逃しました。
「1980年代には約5000本、現在では約1500本」とのことですので、私が住んでいた時にはさぞ盛大に咲き誇っていたことでしょう。次の小樽訪問の時には、なえぼ公園に行って住民有志の方々が植えられた桜を見て、数年後の花を想像します。

投稿: 伊藤調の夫 | 2024年5月 6日 (月) 07時03分

小梅様の伊藤調の夫様。長橋のなえぼ公園も、市内の他の公園とは趣きの異なる、自然をそのまま活かしたような公園ですよね。

私も数回しか訪れた事がありませんけど、ちょうど連休明けの5月からは園内に水芭蕉が沢山開花を始め、とてもキレイでした。まな園内の水辺も透明で輝くようにキラキラと光っていて、すごく印象に残っています。

最後に訪れたのは13年ほど前の8月に事でした。変わらぬ佇まいにホッとしています。

投稿: 小樽望郷 | 2024年5月 6日 (月) 13時55分

伊藤調の夫さん、こんにちは。
今年も小樽の桜をあちこち見にいくことができました。
天狗桜はとてもいいタイミングでした。
長橋なえぼ公園は、意識して行かないと、なかなか機会がないかもしれませんね。
私もかつて園内に桜が咲き誇っていた頃の様子は知らないんです。
新しく植樹された苗木が育っていくのが、本当に楽しみですね。
私も数年後を想像しながら、来年以降も訪れようと思います。


小樽望郷さん、こんにちは。
長橋のなえぼ公園は、とても広い自然あふれる森林公園ということで、他の公園とはちょっと趣が違いますよね。
あっ!!ここの水芭蕉は人気なんですよね。ただ、私はタイミングよく見に行ったことがないので、機会があったら見てみたいです(今回はもう終わってました)。
ここは自然に囲まれながらのんびりと散策するのに、とてもいい公園ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2024年5月 7日 (火) 15時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【小樽桜巡り2024】天狗山山頂の一本桜「天狗桜」が満開とのことで慌てて見に行ってきました(5月3日の様子) | トップページ | 再び勝納川の鯉のぼり〜今回は川沿いの散策路から(2024年)【動画あり】 »