« 小樽中央卸市場が2024年3月末で閉鎖となりました | トップページ | ニュースより/祝津の小樽市鰊御殿は2024年度は休館 »

2024年4月 2日 (火)

ニュースより/2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定(2024年3月現在)〜岸壁改修工事によって今年は第3号ふ頭に集中

Otaru_20230503-112017r

少し前なのですが、2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港が30回になるというニュースがありました。

ニュースは2024年3月14日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄に掲載されていて、今後、変更があるかもしれませんが、現在のところ小樽港に初寄港する5隻を含む外国船籍が22回、日本船籍が8回を予定しているとのことで、30回というのは2014年の41回に次ぐ多さなんですね。

2024年小樽港へのクルーズ船寄港については、小樽市HP内に予定詳細が掲載されています。
※こちら:小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

実は、第3号ふ頭はかねてから行われていた岸壁の改修工事によって、2024年度となる4月から大型クルーズ船対応岸壁の供用が開始しとなり、14万トンクラスまでのクルーズ船の受け入れが可能となったんですね。
※参照:クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

つまり、これによってこれまで勝納ふ頭でしか停泊できなかった、より大型のクルーズ船も第3号ふ頭に停泊できるようになったんですね。今年はほとんどのクルーズ船は第3号ふ頭に停泊する予定だそうですよ。

第3号ふ頭では昨年(2023年)春に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)もできているので、乗船客の利便性も高まっていますし、市街地へのアクセスもより便利になるので、経済効果への好影響も期待されています。

(2023年4月に第3号ふ頭に寄港した「ル・ソレアル」)
Otaru_20230410-141002r

ちなみに2024年最初のクルーズ船は、4月8日(月)入港(9日出港)予定のル・ソレアル(フランス船籍)です。

その他、ダイヤモンド・プリンセスやクイーン・エリザベスといった、よく知られたより大型の豪華クルーズ船も今年は第3号ふ頭に停泊予定なので、その姿を間近で見るのが楽しみですね。

ということで、2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港についてでした。

※寄港予定は、天候、運行スケジュールなどの事情によって、急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前に小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

【関連記事】
ニュースより/小樽港第3号ふ頭及び周辺再開発関連〜小樽港クルーズターミナル/新観光船ターミナル/小樽国際インフォメーションセンター
※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 小樽中央卸市場が2024年3月末で閉鎖となりました | トップページ | ニュースより/祝津の小樽市鰊御殿は2024年度は休館 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

小梅様 こんにちは
楽しみですね。ただ10万㌧越は埠頭の北側なので
寄港しても小樽駅から見えませんね、ちょっと残念。
船見坂からの景観が良さそうです。

投稿: dialin6700 | 2024年4月 3日 (水) 07時04分

dialin6700さん、こんばんは。
そうなんですよね。楽しみですが、小樽駅からはふ頭向かって右手でないと見られないんですよね。ちょっと残念ですね。
おっしゃる通り、左側に停泊した場合は、ちょっと大変ですが、船見坂からがよさそうですね。

投稿: 小梅太郎 | 2024年4月 4日 (木) 02時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽中央卸市場が2024年3月末で閉鎖となりました | トップページ | ニュースより/祝津の小樽市鰊御殿は2024年度は休館 »