« OTARU PRODUCT vol.4〜小樽で暮らす私たちの小さなBRAND展示会〜ギャラリー「スペースアルト」で4月11日~13日の3日間で開催(2024年) | トップページ | 閉鎖した小樽中央卸市場の建物が覆われ解体作業が始まっているようです(※中央卸市場は中央市場とは別の市場です) »

2024年4月13日 (土)

小樽港第3号ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港しました(2024年4月10日)〜前年まで勝納ふ頭に停泊していた大型クルーズ船

Otaru_20240410-150914

小樽港第3号ふ頭に4月10日(水)、クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、82,862トン)が寄港しました。

クルーズ船の小樽港への寄港として、2024年度2隻目となるウエステルダムは、4月10日(水)の朝7時に入港して、同日夕方4時にすでに出港しています。

それにしてもこのウエステルダムですが、とても大きくて、小樽港第3号ふ頭に停泊していると、なんだか遠近感というか、周囲の風景との距離感がおかしくなったように見えます。

Otaru_20240410-151204

Otaru_20240410-150945

実は、このウエステルダムは昨年は勝納ふ頭に停泊したんですよね。

第3号ふ頭はかねてから行われていた岸壁の改修工事によって、今年度4月から大型クルーズ船対応岸壁の供用が開始しとなり、14万トンクラスまでのより大型のクルーズ船の受け入れが可能となったんです。
クルーズ船の受入れふ頭について | 小樽市

昨年までは、6万トンを境に第3号ふ頭(6万トン未満)か勝納ふ頭(主に6万トン以上)かに受け入れふ頭が分かれていたのですが、それがほとんど第3号ふ頭で受け入れ可能になったというわけです。なので、今年はほとんどのクルーズ船が第3号ふ頭に停泊する予定だそうです。

第3号ふ頭では、昨年(2023年)春に旅客船ターミナル(小樽港クルーズターミナル)ができて大型バス専用駐車場が整備され、乗客の利便性も高まり、小樽市街地へのアクセスもより便利になるので、経済効果への好影響も期待されています。

また、先日3月25日には小樽国際インフォメーションセンターが旧おたるマリン広場に新しくオープンしていて、小樽市は新しい観光拠点として、第3号ふ頭及び周辺区域において再開発事業を進めているんですよね。

で、岸壁の改修工事後、今回のウエステルダムが、これまで第3号ふ頭では停泊できなかったより大型のクルーズ船の、第3号ふ頭初停泊となったんですよね。

第3号ふ頭こんなに大きなクルーズ船が停泊するのは初めて、というわけなんですが、いや〜、それにしても大きい。

Otaru_20240410-150923

新しくできた小樽国際インフォメーションセンターの2階の屋上デッキからも眺めてみました。

Otaru_20240410-151358

いや〜、ふ頭からはみ出しそうです。

Otaru_20240410-151408

こちらは運河の一本海側の道路(小樽港縦貫線)の月見橋〜旭橋のあたりからの眺めです。

Otaru_20240410-150315
(あっ、運河クルーズの船だ!!)

Otaru_20240410-150402

Otaru_20240410-150123

Otaru_20240410-150109

Otaru_20240410-145851

Otaru_20240410-145831

Otaru_20240410-145812

第3号ふ頭の海に向かって右側に停泊すると、JR小樽駅前からクルーズ船を見ることができるのですが、岸壁の改修工事は第3号ふ頭左側で行われ、より大型のクルーズ船はそちらに停泊するので、すると残念ながら小樽駅からはクルーズ船は見ることができないんですよね。

では、第3号ふ頭左側に停泊し場合はというと、今年最初に入港したル・ソレアルの時も見に行きましたが、船見坂の上からよく見えるんですよね。

ということで、今回も船見坂に行ってきました。

Otaru_20240410-144004

この船見坂からの風景においても、岸壁の改修によって、これまでこの場所に停泊したことなない規模のクルーズ船が、今回初めて停泊したわけですが、いや〜、これまでとはやはり存在感が違いますね。

Otaru_20240410-144006

なんだか、やっぱり周囲とのサイズ感が狂っている感じがしてしまいます。

Otaru_20240410-144011

※船見坂は長橋方面への抜け道になっていて、車の通りがとても多いので、写真撮影の際は要注意で、もちろん道路に出ての撮影は厳禁です。坂を上っていくと長橋方面へは右折するんですが、その交差点の上からだと、歩道からでも坂道を正面に見ることができます。

Otaru_20240410-144034

ちなみに、船見坂への途中の道からも、ちらちらとその巨大な姿が見え隠れしてました。Otaru_20240410-144926

ということで、小樽港第3号ふ頭に寄港したクルーズ船「ウエステルダム」の様子でしたが、以前は勝納ふ頭に寄港していたより大きなクルーズ船が、より市街地に近い第3号ふ頭に寄港するようになり、その豪華で巨大な非日常の姿を間近に見に行きやすくなりましたね。

※2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定されていて、詳しい寄港予定は小樽市HPに掲載されているのですが、天候、運行スケジュールなどの事情によって、予定は急遽変更になることがあるので、見学したい時などは、直前にも小樽市のHPで確認した方がいいですね。
小樽港クルーズ寄港情報 | 小樽市

※参考:クルーズ船「ウエステルダム」…4/10小樽第3号ふ頭寄港(出港) | 小樽観光協会公式サイト「おたるぽーたる」

【関連記事】
ニュースより/2024年の小樽港へのクルーズ船の寄港は30回予定(2024年3月現在)〜岸壁改修工事によって今年は第3号ふ頭に集中
ニュースより/小樽港第3号ふ頭及び周辺再開発関連〜小樽港クルーズターミナル/新観光船ターミナル/小樽国際インフォメーションセンター(2023年5月の記事)

※昨年は勝納ふ頭に寄港したウエステルダムの記事。
小樽港勝納ふ頭にクルーズ船「ウエステルダム」が寄港したので見にいってきました(4月20日)

※今年最初に寄港した「ル・ソレアル」の記事。
2024年最初のクルーズ船「ル・ソレアル」が小樽港第3号ふ頭に寄港しました(4月8日〜4月9日)

※小樽港に寄港したクルーズ船の様子を紹介した記事はカテゴリー「クルーズ船の風景」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« OTARU PRODUCT vol.4〜小樽で暮らす私たちの小さなBRAND展示会〜ギャラリー「スペースアルト」で4月11日~13日の3日間で開催(2024年) | トップページ | 閉鎖した小樽中央卸市場の建物が覆われ解体作業が始まっているようです(※中央卸市場は中央市場とは別の市場です) »

コメント

こんばんは。
とても大きな船ですね。
遠近感が狂いそうですね(笑)。

投稿: ムサママ | 2024年4月13日 (土) 20時35分

ムサママさん、こんばんは。
そうなんです、そうなんです!!
とっても大きくて、周囲との遠近感が狂ってしまいました。

投稿: 小梅太郎 | 2024年4月14日 (日) 12時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OTARU PRODUCT vol.4〜小樽で暮らす私たちの小さなBRAND展示会〜ギャラリー「スペースアルト」で4月11日~13日の3日間で開催(2024年) | トップページ | 閉鎖した小樽中央卸市場の建物が覆われ解体作業が始まっているようです(※中央卸市場は中央市場とは別の市場です) »