« ニュースより/今年も小樽の海にニシンの群来がやってきてます〜2月7日に朝里中心に、2月8日は忍路で(見には行けていません…) | トップページ | 小樽堺町通り商店街「堺町の雪あかり 2024冬」〜於古発川に素敵なイルミネーションが灯るオコバチリバーライト(2月29日まで) »

2024年2月 9日 (金)

小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路26」がいよいよ2024年2月10日~17日の日程で開催〜公式ガイドブック配布中

Otaru_20240205-145954

小樽の冬の風物詩「小樽雪あかりの路26」がいよいよ2024年2月10日(土)~17日(土)の日程で開催されますね。

今年の会場は、運河会場として前年同様に運河会場A・B、北運河会場と設置し、前回大幅に規模を縮小した手宮線会場をまた以前の規模に戻す他、小樽芸術村会場、天狗山会場、そして、今年も町内会や学校、会社単位で参加する「あかりの路会場」があります。

あかりの路会場の詳細他、各会場やイベントについては公式ガイドブックがすでに観光案内所などに配布されていますし、小樽市民には9日(金)の新聞折込に、公式ガイドブックが入っていたのではないでしょうか。

Otaru_20240207-163911

公式ガイドブックを見つつ、あかりの路会場を含めた各会場をどうやって巡ろうかと予定を立てるのも楽しみなんですよね(今年は、毎年楽しみにしていた塩谷会場は行われないようですね)。

2月7日(水)にちょっと運河と旧手宮線の様子を見てきたのですが、作業をするボランティアさんたちの姿も見えました。

Otaru_20240207-162258

Otaru_20240207-165347

雪のオブジェ製作やろうそくの点灯など、小樽雪あかりの路はボランティアの皆さんの力で支えられているイベントなんですよね。

小樽市民や小樽商大生のボランティアのほか、韓国や台湾の学生らでつくるボランティア団体(韓国の「OKOVO(オコボ)」と台湾の「友好(ヨーハオ)」)の皆さんが、イベントを支えます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

また、長い時間灯せる「公式ろうそく」も指定店舗で販売されているので、各家庭や職場で期間中にロウソクを灯すのもいいですよね。そうやって、小樽の街全体にロウソクの灯りが揺れるのも、このイベントの素敵なところです。
雪あかりの路公式ろうそく販売店一覧について – 小樽雪あかりの路

ちょっと気になるのが天気で、期間中の中盤で気温が10℃くらいまで上がる予報が出てるんですよね。

ここまで上がると、雪のオブジェなどが溶けてしまい、補修や再作成が必要となるので、ここでもボランティアさんたちだよりになるんですよね。

ということで、いよいよ「小樽雪あかりの路26」が2月10日(土)から始まります。楽しみですね。

小樽雪あかりの路 – 雪に灯す、静夜の揺らめきに想い耽る

※参考:ボランティア2000人規模 小樽雪あかりの路 韓国や台湾など3割海外から:北海道新聞デジタル

【関連記事】
※小樽雪あかりの路についての記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« ニュースより/今年も小樽の海にニシンの群来がやってきてます〜2月7日に朝里中心に、2月8日は忍路で(見には行けていません…) | トップページ | 小樽堺町通り商店街「堺町の雪あかり 2024冬」〜於古発川に素敵なイルミネーションが灯るオコバチリバーライト(2月29日まで) »

小樽雪あかりの路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニュースより/今年も小樽の海にニシンの群来がやってきてます〜2月7日に朝里中心に、2月8日は忍路で(見には行けていません…) | トップページ | 小樽堺町通り商店街「堺町の雪あかり 2024冬」〜於古発川に素敵なイルミネーションが灯るオコバチリバーライト(2月29日まで) »