« 【小樽雪あかりの路26】再び手宮線会場へ〜今年は日銀通りから中央通りまでの区間で開催(イベントは終了しています) | トップページ | 1年に1度の小樽猫のコーナーです【2023年3月〜2024年1月】 »

2024年2月21日 (水)

【小樽雪あかりの路26】天狗山会場の様子〜小樽雪あかりの路は終了してますが「天狗山の雪あかり」は2月29日まで

Otaru_20240217-180900

小樽の街をロウソクの灯りが優しく照らす「小樽雪あかりの路26」が、2024年2月10日(土)〜2月17日(土)の8日間の日程を終えて無事閉幕しました。

このブログでも、いくつかの会場に行って様子をお伝えしてますが、未投稿の写真がまだあるので、小樽雪あかりの路の投稿を続けています。

今回は公式会場の一つ、天狗山会場の様子なんですが、日程的になかなかタイミングが合わずに、なんとか小樽雪あかりの路のイベント最終日の2月17日(土)に行くことができました。
※天狗山の雪あかりは、2月29日(木)まで開催しています。点灯時間は17:30〜20:30まで。

ただ、これが間違いだった…。って、実は週末でイベント小樽雪あかりの路の最終日ということもあってか、上りのロープウエイも乗車待ちで建物の外まで長蛇の列でしたが、それより山頂がとんでもない大混雑で、帰りのロープウエイは実際に乗れるまでなんと約1時間待ちでした。

山頂でロープウエイを待つ行列が、建物から外に出て、奥の展望台まで続いてましたから(待つ間、寒かった〜)。

考えが甘かったです。地元民なら日にちをずらして行くべきでした。さらにいうなら、天狗山の雪あかりは2月いっぱいまで続くので、後日行けばよかったかも…。

とはいえ、目的の天狗山山頂の雪あかりはというと、やっぱり山頂からの小樽の夜景とのコラボレーションがとっても綺麗でしたよ。

では、帰りの大変さは置いといて、山頂での雪あかりの様子を山頂からの小樽の夜景と共に、いいとこだけ(笑)お伝えしますね。

ちなみに、ロープウエイの山頂までの所要時間は約5分で、通常12分間隔で運転していますが、この混雑で臨時便が出っ放しで、確か常に6分おきに出発していました。ロープウエイは30人乗りで、料金は往復大人1,600円です。

まずは山麓の様子です。

Otaru_20240217-173357

ロープウエイ乗り場は、乗車待ちの行列が建物の外まで…
Otaru_20240217-173323

Otaru_20240217-173427

Otaru_20240217-173438

あれ、乗車券が可愛い。
Otaru_20240217-174208

山頂に到着すると、すでに下りのロープウエイ乗車待ちの大行列が、奥の天狗桜展望台まで続いてる…(これを見て、しまった…という気分でした 笑)
Otaru_20240217-180722

こちらが、ロープウエイ乗り場の建物の奥にある天狗桜展望台に作られた、ロウソクの灯りが揺れる雪あかりの路。
Otaru_20240217-180823

Otaru_20240217-180837

Otaru_20240217-183249

この先には「雪のハートオブジェ」があって、小樽の夜景を背景に、記念撮影のスポットになってます。

Otaru_20240217-180900

いいですね〜、綺麗ですね〜

Otaru_20240217-183516

Otaru_20240217-183426

山頂の木々もライトアップ。
Otaru_20240217-181002

Otaru_20240217-181423

こちらはさらに奥の第2展望台からの小樽の夜景。
Otaru_20240217-181258

Otaru_20240217-181326

ここから奥には行けないようでした。

天狗山神社もライトアップ。
Otaru_20240217-181539

Otaru_20240217-181600

可愛い雪だるま。
Otaru_20240217-181741

Otaru_20240217-181800

こちらはロープウエイ乗り場の建物内からのゲレンデの眺め。
Otaru_20240217-182151

こちらは屋上展望台からの夜景。
Otaru_20240217-182501

Otaru_20240217-182613

Otaru_20240217-182705

Otaru_20240217-182717

屋上展望台自体も混雑してました。
Otaru_20240217-182837

で、帰りなんですが、長蛇の列は変わらず、この後、1時間かかってロープウエイに乗って帰りました。Otaru_20240217-181443

これだけたくさんの方が、天狗山の雪あかりを楽しんでもらえたのは、とても嬉しいことですね。とはいえ、正直、山頂でのロープウエイを待っている間は、寒くて寒くて大変でした。なんとか暖をとれる方法があればよかったのですが。

ということで、天狗山会場の様子でした。「小樽雪あかりの路26」は終了しましたが、天狗山の雪あかりは2月29日(木)まで開催しています。

TOP・Winter - 【公式】小樽天狗山ロープウェイ/スキー場|北海道三大夜景
※Facebookページ:小樽天狗山ロープウエイ・スキー場

小樽雪あかりの路 – 雪に灯す、静夜の揺らめきに想い耽る

【関連記事】
※昨年の記事です。
【小樽雪あかりの路25】天狗山会場の様子〜悪天候で夜景は全く見えずに残念…(イベントは終了してます)
※小樽雪あかりの路についての記事は、カテゴリー「小樽雪あかりの路」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 【小樽雪あかりの路26】再び手宮線会場へ〜今年は日銀通りから中央通りまでの区間で開催(イベントは終了しています) | トップページ | 1年に1度の小樽猫のコーナーです【2023年3月〜2024年1月】 »

小樽雪あかりの路」カテゴリの記事

コメント

小梅様。復路のロープウェイ待ち、厳寒の中での一時間は、想像するだに過酷だったことと思います。本当に暖を取れる工夫が必要ですね。

それにしても天狗山の雪あかりの路、見とれてしまうほど美しいし、その美しさが小梅さんのお写真の数々を通して十分に伝わって来ます。本当に素晴らしい、という月並みな言葉でしか感謝の念を伝えられない我が身が情けないです。有り難うございます!!

早いもので来週は、もう3月になるんですね。新年度を間近に控えるこの時期は、個人的に辛くなります。あぁ~、また忙しくて辛い一年が始まるのか、ってなります。

投稿: 小樽望郷 | 2024年2月21日 (水) 22時47分

小樽望郷さん、こんばんは。
いや〜、正直、かなりしんどかったです。
そうですね。何か暖を取るための工夫があれば、と思いました。
けど、けど、けど、本当に天狗山山頂からの景色は、とても美しかったんです。
それももう、大満足でした。写真で喜んでもらえてよかったです。
実は、ロープウエイ待ちの行列からも、あまり不満の声は聞こえてこず、なんだか多くの方が笑顔のまま並んでいたのが印象的でした(なのでなおさら、暖をとるための何かあれば、さらに喜んでもらえたのではと思いました)。
そっか、もうすぐ新年度なんですよね。早いですね。

投稿: 小梅太郎 | 2024年2月22日 (木) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【小樽雪あかりの路26】再び手宮線会場へ〜今年は日銀通りから中央通りまでの区間で開催(イベントは終了しています) | トップページ | 1年に1度の小樽猫のコーナーです【2023年3月〜2024年1月】 »