« 3月末で閉鎖する運河プラザを今後も利用したい!!〜署名活動中(2月18日まで)〜主催は小樽アオバト情報局さん【追記あり】 | トップページ | 手宮新市場の建物が2023年12月に解体されてます(←旧手宮市場ではありません)【情報提供】 »

2024年2月 8日 (木)

臨港線沿いの於古発川のすぐ横の大規模な工事は「(仮称)小樽堺町ホテル」の建築工事

Otaru_20240207-165847

臨港線沿いの於古発川(おこばちがわ)のすぐ横で、大規模なホテルの建築工事が行われています。

この建築中のホテルは、以前のニュースによると、通販大手ベルーナの関連会社で「グランベル」ブランドのホテルを運営するフレンドステージによるものです。

Otaru_20240207-170333

小樽運河の観光客で賑わう浅草橋街園からも、その様子がよく見えるのですが、以前はこの場所には「すしざんまい小樽店」(2022年12月4日閉店)があって、その跡地周辺が工事の敷地になっています。

(こちらの写真は1月11日撮影)
Otaru_20240111-143745

Otaru_20240111-143743

ホテル名は「小樽グランベルホテル」と報道されてましたが、看板を見ると「(仮称)小樽堺町ホテル」新築計画となってますね(住所は堺町になります)。

Otaru_20240207-170007

Otaru_20240207-170011r

以前のニュースによると、建設予定地は市の景観条例の対象地区「堺町本通地区」にあたり、建物の高さは25メートル以内、外観にも外壁の素材などの制限を設けているので、どのような建物になるのかも気になりますし、隣接地には美術館を併設する計画もあるとのことなので、色々と楽しみでもありますね。

Otaru_20240207-165930

Otaru_20240207-170110

Otaru_20240207-170119

ホテルは2025年5月開業を、美術館はその約2年後のオープンを目指すそうで、工事看板にも工事期間は令和7年(2025年)5月30日までとなっているので、まだ一年以上先ですが、きっとどんどん建物はできてくるんでしょうね。

また、工事が進んできたら、その様子をブログでもお伝えできればと思っています。

【関連記事】
ニュースより/臨港線沿いに開業予定のベルーナの新しいホテルに美術館併設の計画
ニュースより/通販ベルーナの関連会社が「小樽グランベルホテル」建設予定〜予定地はすしざんまい小樽店跡地周辺

スポンサーリンク

|

« 3月末で閉鎖する運河プラザを今後も利用したい!!〜署名活動中(2月18日まで)〜主催は小樽アオバト情報局さん【追記あり】 | トップページ | 手宮新市場の建物が2023年12月に解体されてます(←旧手宮市場ではありません)【情報提供】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北海ホテルと国際ホテル他位しか覚えてませんが,いくら観光化された小樽とは言え立派なホテルもあり更にまたホテルとはそんなに部屋不足で需要あるんですか?。インバウンド何て水物だし。まっ新規雇用,仕事新受注出来る業者増えるのは間違いないので不安的予測は禁物ですね。

投稿: 夢の彼方へ | 2024年2月11日 (日) 18時04分

夢の彼方へさん、こんにちは。
ここ数年ホテルが少しずつ増えているのですが、それに伴いコロナ禍後には宿泊客も着実に増えていて、宿泊需要自体が増えてきているとのことです。
近年、小樽は滞在型観光に力を入れているので、このまま宿泊客が増えてくれるといいですね。

投稿: 小梅太郎 | 2024年2月13日 (火) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3月末で閉鎖する運河プラザを今後も利用したい!!〜署名活動中(2月18日まで)〜主催は小樽アオバト情報局さん【追記あり】 | トップページ | 手宮新市場の建物が2023年12月に解体されてます(←旧手宮市場ではありません)【情報提供】 »