« 小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催 | トップページ | 小樽チャンネルマガジン2023年12月号(Vol.97)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第3回】梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点から手宮公園まで歩く »

2023年12月28日 (木)

小樽運河100周年を迎えた12月27日、SNS上ではハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう の付いた小樽運河の写真がいっぱい

Otaru_20231227-154151
(100周年の当日、12月27日撮影)

1923年(大正12年)に完成した小樽運河は、今年(2023年)12月27日(水)で誕生して100年となりました。

小樽運河完成日の12月27日(水)には、ハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう が付いた様々な小樽運河の写真が、X(旧Twitter)をはじめとしたSNS上であふれたのですが、これは、小樽情報をX(旧Twitter)を中心に個人で発信する小樽アオバト情報局さん(@otaru_aobato)が企画してくれたものでした。

このブログでも事前に告知記事を書かせていただきましたが(※こちら:小樽運河100周年を迎える12月27日に、みんなでSNSでお祝いしよう!!ハッシュタグは #小樽運河100周年おめでとう)、当日は本当にたくさんの小樽運河にまつわる写真がSNSに投稿されて、私のタイムラインも小樽運河でいっぱいでした。

もちろん、私もブログの運河関連の過去記事から、何回かに渡って写真を主にX(旧Twitter)(@koume_taro)に投稿をして参加しました。

せっかくですので、どんな写真を投稿したのか、投稿時のコメントと共に紹介しますね(コメントは少し加筆しました)。

※とても長い記事になっているので、トップページでは《続きを読む》という形にしてます。

小樽ロングクリスマス「冬の流星」(2012年)

2012年12月に小樽運河で行われた、小樽ゆき物語の前身「小樽ロングクリスマス2012〜Final」における「冬の流星」。小樽運河に光の球約5,000個を浮かべ、水面に幻想的な満天の星空を演出するというイベントでした。

20121223-171552

20121223-171016

小樽運河の「Christmas Story 冬の流星」を見てきました

小樽ゆき物語「冬の流星」(2013年)

2013年12月の「小樽ゆき物語 冬の流星」。小樽運河に光の玉「いのり星」を浮かべ、幻想的な光景を見せてくれるイベントでした。

20131221-182840

20131221-184635

イベント「小樽ゆき物語 冬の流星」で小樽運河に「いのり星」を流してきました

この時の動画もあります(音声は出ません)。

【おまけ】行ってきました「小樽ゆき物語 冬の流星」、流してきました「いのり星」【動画有り】

小樽ゆき物語「小樽運河での花火」(2014年)

2014年12月20日、小樽ゆき物語において、青の運河の小樽運河で花火が実施され、運河にナイアガラ花火が流れ落ちました。イベント名は「音と光のシンフォニア」でした。

20141220-183151

20141220-183209

20141220-183218

Antenna20141220-193349

青く彩られた冬の小樽運河にナイアガラ花火が流れ落ちる〜イベント「音と光のシンフォニア」が開催されました/「小樽ゆき物語」より

この時の動画もあります(音声は出ません)。

小樽運河に流れ落ちたナイアガラ花火【動画】と運河周辺の「小樽ゆき物語」な夜

人のいない運河「北海道胆振東部地震」(2018年)

2018年(平成30年)9月6日未明に発生した北海道胆振東部地震によって、その後数日間は観光客の足がパタっと止まりました。これはその時の人のいなくなった運河の様子です。

20180910-154805

20180910-154420

小樽もだいぶ日常を取り戻してきました。で、お店は?観光客は?〜9月10日(月)に小樽駅と運河方面に行ってきたのでその様子を
※関連記事はカテゴリー「北海道胆振東部地震小樽関連」で。

人のいない運河「コロナ禍」(2020年)

こちらはコロナ禍で観光客の姿が見られなくなった運河です。普段あんなにたくさんの観光客で賑わう運河から、人影がぱったりとなくなったのは、ちょっと怖い光景でもありましたね。写真は2020年3月撮影。

20200306-155910

20200316-151019

いつもは観光客で大変な賑わいを見せる小樽運河や堺町通りから人影がほとんどなくなってます
※関連記事はカテゴリー「新型コロナウイルス関連情報(小樽)」で。

小樽運河クルーズの船上からの風景

人気の小樽運河クルーズの船上からの風景は、また違った魅力ですね(2020年7月撮影)。

20200705-155943

20200705-161951

20200705-162043

20200705-162609

人気の小樽運河クルーズに乗ってきた!!小樽運河の魅力を再発見。船上からの風景は新鮮でした

北運河の端に残っていた最後の艀

2020年8月、北運河の端に残っていた最後の艀が撤去、解体されました。

20200812-160426

20200812-160639

20200812-160854

20200318-145040

小樽運河に残る最後の艀(はしけ)の様子〜8月17日から解体予定

北海製罐小樽工場第3倉庫から

北海製罐小樽工場第3倉庫の4階と2階のぞれぞれのキデッキから見た小樽運河の風景です。2021年3月20日の第3倉庫の見学会時に撮影したものです。

20210320-121852

20210320-121911

20210320-123904

20210320-123946

北海製罐小樽工場第3倉庫の建物内部の様子〜第3倉庫見学会&オープン勉強会に参加してきました(3月20日)

4階デッキから見た動画があります。

北海製罐小樽工場第3倉庫4階デッキからの風景(3月20日)【動画あり】

オタルサマーフェス2022

2022年7月末に開催された「オタルサマーフェス2022」の運河会場・北運河会場の様子です。

20220730-192510

20220730-192744

20220730-193134

20220730-193952

オタルサマーフェス2022〜運河会場(浅草橋〜中央橋〜龍宮橋)の夜のライトアップの様子
オタルサマーフェス2022〜北運河会場の旧北海製罐小樽工場第3倉庫と周辺の夜のライトアップの様子

小樽雪あかりの路「運河会場」(2023年)

やっぱり小樽雪あかりの路の運河会場は素敵ですよね。写真は3年ぶりの通常開催となった今年2023年2月のものです。

20230211-202914

20230211-203442

20230211-203151

20230211-204006

【小樽雪あかりの路25】運河会場A・運河会場B・北運河会場の様子〜今年は浅草橋から旧北海製罐第3倉庫前まで会場を拡大!!

北運河ナイトマーケット〜 Yummy市」(2023年)

2023年9月から10月にかけて、小樽運河誕生100年を祝うイベントとして開催された「北運河ナイトマーケット〜 Yummy市」の様子です。写真は、9月16日〜18日の3日間で開催された「オタルオータムフェス2023」の際に見に行った時のものです。

20230916-181123

20230916-181411

20230916-181614

20230916-174707

小樽運河誕生100年を祝う「オタルオータムフェス2023」が9月16日〜18日の3日間で日銀通りなどを会場に開催

おわりに

この100周年にあたって、秋から「小樽運河100年プロジェクト」と称して、市内で様々なイベントが開催されてきましたが、公式イベントは12月23日(土)の小樽運河100年記念「ナイト・カーニバル」で終了していて、平日となった完成日の27日(水)には公式イベントがなく、それを知った小樽アオバト情報局さんが、この企画を立ててくれたんですよね。

さらにアオバト情報局さんは、12月27日(水)当日に、運河プラザでご本人が10:00〜18:00まで常駐して、来場者に運河にまつわるメッセージを書いてもらいボードに貼り付けてもらうという、リアルのお祝いイベントも実施したんです。

私も行ってメッセージを書いてきましたが、それにしてもアオバト情報局さんの行動力は素晴らしいですね。
※それについてはこちらの記事で:小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催

当日の私の最後のX(旧Twitter)への投稿写真は、2014年撮影のこちらでした。

20140123-150218

20140414-144549

ということで、小樽運河100周年を迎えた2023年12月27日、SNSは #小樽運河100周年おめでとう がついた小樽運河の写真であふれましたね。

小樽運河100周年おめでとうございます。そして、こんな素敵な企画を考えてくださった小樽アオバト情報局さん、本当にありがとうございました!!

※X(旧Twitter):小樽アオバト情報局(@otaru_aobato)
※Facebookページ:小樽アオバト情報局
※Instagram:小樽アオバト情報局(@otaru_aobato)

【関連記事】
小樽運河100周年を迎える12月27日に、みんなでSNSでお祝いしよう!!ハッシュタグは #小樽運河100周年おめでとう
小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催

スポンサーリンク

|

« 小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催 | トップページ | 小樽チャンネルマガジン2023年12月号(Vol.97)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第3回】梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点から手宮公園まで歩く »

イベント」カテゴリの記事

海・港・運河・海岸」カテゴリの記事

コメント

小梅太郎様

おはようございます^^

小樽運河は埋め立て工事前の姿から現在の運河まで、いつでも大好きな場所です。

太郎さんのXを拝見しました。運河愛でいっぱいですね。
いいお写真ばかりで見入ってしまいます。

投稿: know the moon | 2023年12月29日 (金) 08時42分

小梅様、know the moon様。

貴重な小樽運河の四季折々の貌の写真の数々、ありがとうございます。moonさんの御言葉を拝借して「いいお写真ばかりで見入ってしまいます」!

「いのり星」の光景は、有名な富山のホタルイカを髣髴とさせますよね。また北海製罐のデッキからの風景は、普段、見ることのできない高さからの眺めなので、とても新鮮です。運河クルーズ時の、橋の下をくぐり抜ける光景も、橋脚したの暗色と、その先に広がる陽光の空間とのコントラストが鮮やかですね。いずれもこれまで見たことのない景色や光景ばかりで、心底堪能できました。

胆振東部地震とコロナ時の、誰もいない運河。私が幼少時の運河はそんな感じでしたが、日本有数の観光スポットになって日頃から大勢の方が訪れている運河との落差が余りにも大きく、不思議な感覚におそわれました。

この一年、小梅さんのブログの記事とお写真の数々に、ずいぶん救われました。この場をお借りして心からの感謝と御礼を申し上げますm(_ _)m

投稿: 小樽望郷 | 2023年12月29日 (金) 20時41分

know the moonさん、こんにちは。
運河はいいですよね。私も好きで観光客に混じってよく歩いています。
ブログでもやはり運河はよく登場しています。
今回は、過去記事を振り返りながら、運河の写真をピックアップしてみました。
楽しんでもらえたなら嬉しいです。


小樽望郷さん、こんにちは。
小樽運河はブログにもやはり多く登場していて、今回、その中から印象的なイベントなどからピックアップしてみました。
確かに、いのり星の様子はホタルイカのようですね。
北海製罐のデッキからの風景は、私もとても新鮮でした。これが今後、多くの方も普通に見られるようになるといいですね。
運河クルーズの船上からの風景も新鮮ですね。
誰もいない運河というのは、現在ではとても奇妙な光景ですよね。
こちらこそ、いつもありがとうございます。何より、ブログを楽しんでもらえているのなら、それが一番嬉しいです。

投稿: 小梅太郎 | 2023年12月31日 (日) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催 | トップページ | 小樽チャンネルマガジン2023年12月号(Vol.97)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第3回】梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点から手宮公園まで歩く »