« 2023年のクリスマスもやっぱりなるとの若鶏半身揚げ(という毎年の話を今年もしますね) | トップページ | 小樽運河100周年を迎えた12月27日、SNS上ではハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう の付いた小樽運河の写真がいっぱい »

2023年12月28日 (木)

小樽運河100周年となる2023年12月27日に運河プラザでメッセージを書いてもらうお祝いイベント開催

Otaru_20231227-154830

1923年(大正12年)12月27日に完成した小樽運河は、今年(2023年)で誕生して100年となったんですよね。

その小樽運河完成の日の12月27日(水)、ハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう が付いた様々な小樽運河の写真が、X(旧Twitter)をはじめとしたSNS上で溢れました。見た方や投稿した方も多かったのでがないでしょうか。

これは、先日ブログでも紹介したのですが、小樽情報をX(旧Twitter)を中心に個人で発信する小樽アオバト情報局さん(@otaru_aobato)が企画してくださったもので、一気に広まったようで、様々なメディアでも事前に取り上げられたんですよね。

※紹介記事:小樽運河100周年を迎える12月27日に、みんなでSNSでお祝いしよう!!ハッシュタグは #小樽運河100周年おめでとう

小樽運河100年記念の公式イベントは、12月23日(土)の小樽運河100年記念「ナイト・カーニバル」で終了していて、平日となった完成日の27日(水)には公式イベントがなく、それを知った小樽アオバト情報局さんが、この企画を立ててくれたんです。

で、実はこの12月27日(水)当日、小樽アオバト情報局さんが運河プラザで10:00〜18:00まで常駐して、来場者にメッセージを書いてもらってボードに貼り付けてもらうという、リアルのお祝いイベントも実施したんですよね。

Otaru_20231227-161032

そこでは、タブレットも置いてSNSの投稿を見れるようにしたり、今回のために作成した運河のポスターや関連資料を展示したりと、いや〜、個人でここまでのイベントを企画・実施してしまうとは、本当にその行動力には感服いたします。

で、私もちょっとだけお邪魔してきました。小樽アオバト情報局さんにもご挨拶できました。

Otaru_20231227-154826

Otaru_20231227-154856

こちらは北海道新聞朝刊小樽・後志欄連載の特集「運河100年」からの記事ですね。

Otaru_20231227-154824

タブレットに運河の資料、協力してくれた方々の一覧などが展示されていました。

Otaru_20231227-154836

今回は様々な方々の協力があったようで、それは小樽アオバト情報局さんの日頃の真摯な活動からくる人望の証なのでしょうね。

こちらが今回作成したパネルで、小樽の著名な写真家の志佐公道さんの写真や小樽市総合博物館所蔵の写真が使用されていました。

Otaru_20231227-154903

土台は艀ですね。
Otaru_20231227-155546

そして、その横にメッセージボードがあり、小樽運河100周年の記念日に寄せられた、手書きのメッセージの数々が貼られてました。そうそう、小樽市長も来られてメッセージを書かれていったとか。

Otaru_20231227-154901

もちろん、私も書いて貼ってきました!!

こうやって、SNSだけではなくて、リアルな声もたくさん届いたんですね。

SNSの方もかなり盛り上がったみたいで、私も結構投稿したのですが、どんな投稿をしたのが、追って別記事で報告しようかなと思っています。

ということで、小樽アオバト情報局さんによる、運河の完成日となる12月27日に実際されたこのイベント。小樽運河100周年をお祝いする最後のイベントとなりましたが、市民に限らず様々な方々ひとりひとりの運河に対する想いが、リアルなメッセージとともに溢れた、とても温かな、そして素敵なイベントだったのではないでしょうか。

こんな素敵な企画を考え、実施してくださった小樽アオバト情報局さん、本当にありがとうございました!!そして、お疲れさまでした。

※X(旧Twitter):小樽アオバト情報局(@otaru_aobato)
※Facebookページ:小樽アオバト情報局
※Instagram:小樽アオバト情報局(@otaru_aobato)

※参考ニュース:2023年12月24日付北海道新聞朝刊小樽・後志欄

【関連記事】
小樽運河100周年を迎える12月27日に、みんなでSNSでお祝いしよう!!ハッシュタグは #小樽運河100周年おめでとう
小樽運河100年記念「ナイト・カーニバル」が12月23日(土)に第3号ふ頭で開催されます〜有料イベントで当日は花火が上がります

スポンサーリンク

|

« 2023年のクリスマスもやっぱりなるとの若鶏半身揚げ(という毎年の話を今年もしますね) | トップページ | 小樽運河100周年を迎えた12月27日、SNS上ではハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう の付いた小樽運河の写真がいっぱい »

イベント」カテゴリの記事

コメント

小梅様。本当に素晴らしい企画ですね。今年が小樽運河の開設100周年の節目の年に当たることは、道内各局でも報道されていましたし、私もNHKの北海道関係のニュースが特集した、「小樽運河100年 故郷の町並みを守る」という記事を拝見しました。

在住時には人通りの少ない北運河界隈をよく散歩しましたが、今では北運河周辺も知られてきているので、昔と違ってそれなりの観光客の方が訪れているのでしょうか。

随分以前、大晦日の夕刻5時過ぎに駅前通りを下がって運河に行ったことがありますけど、人は少なく、雪もちらほらと舞っていたこともあって、今年もいよいよ終わりなんだな、という寂寥感を抱きました。運河は大晦日の夕暮れにも「似合う」場所かもしれませんね!

投稿: 小樽望郷 | 2023年12月28日 (木) 11時50分

小樽望郷さん、こんにちは。
この企画、本当に素晴らしかったです。
今年は小樽運河100周年ということで、メディアでもよく取り上げられていて、小樽望郷さんも目にしてましたか。
北運河界隈をよく散歩していたのですね。あの静かな雰囲気は私も好きです。
まだ、観光客がたくさん訪れるといったスポットにはなっていませんが、イベントなどを北運河を絡めて行うことが増えてきて、人が訪れる機会が増え、だいぶ知られてきていますね。
大晦日の夕暮れの運河、なんだかとっても似合いそうです。
運河は静かな雰囲気も似合いますね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年12月28日 (木) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2023年のクリスマスもやっぱりなるとの若鶏半身揚げ(という毎年の話を今年もしますね) | トップページ | 小樽運河100周年を迎えた12月27日、SNS上ではハッシュタグ #小樽運河100周年おめでとう の付いた小樽運河の写真がいっぱい »