« 【注意】おたる水族館は冬期営業準備のために2023年11月27日~12月15日まで休館中 | トップページ | 小樽初のカヌレ屋専門店「小樽カヌレ蔵」に初めて行って買ってきました!!場所は長崎屋裏 »

2023年11月29日 (水)

JR小樽駅でガラスアートギャラリーが今年も開催中!!【小樽ゆき物語2023〜2024】

Otaru_20231106-155357

小樽の冬を彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」が、今年も2023年11月1日(水)より始まってます。

小樽ゆき物語といえは、今年も小樽運河では約1万個の青色LEDが幻想的に照らす「青の運河」が開催され、運河プラザ内では「ワイングラスタワー」が設置されています。

そしてJR小樽駅構内では、こちららも小樽ゆき物語関連イベントとしておなじみの「ガラスアートギャラリー」が、2023年11月1日(水)〜2024年1月31日(水)の期間で開催されています。

Otaru_20231106-155047

今年は「新雪」「白雪」など様々な雪の形を工房ごとに表現してもらっているということで、市内6つのガラス工房のアート作品が小樽駅の改札前で展示されています。

Otaru_20231106-155449

Otaru_20231106-155200

アートディレクション担当は「UNIdesign -ウニデザイン」です。

Otaru_20231106-155053

展示している6つの工房と作品は、次の通りです(参照:作品展示工房2023 | snowstory)。

アトリエ・セツ(山田セツさん)
作品テーマ:白雪/東海道五拾三次
アトリエ・セツ - 小樽市長橋 - まいぷれ[小樽市]
Otaru_20231106-155102

イメージ・グラス(木村由紀子さん)
作品テーマ:初雪/「降ってきたね」​
イメージ・グラス gallery&shop
Otaru_20231106-155128

ザ・グラス・スタジオ イン オタル(成中拓さん)
作品テーマ:新雪/凛として雪
ザ・グラス・スタジオ イン オタル
Otaru_20231106-155136

小樽il PONTE(永田琢也さん)
作品テーマ:吹雪/外は吹雪
体験工房小樽イルポンテ | 吹きガラス・革小物・サンドブラスト
Otaru_20231106-155149

創造硝子工房 studio J-45(陳俞沁さん)
作品テーマ:粉雪/うたかた ~瞬~​​
体験 | Studio J-45 創造硝子工房
Otaru_20231106-155021

KIM GLASS DESIGN(木村直樹さん)
作品テーマ:霙/みぞれ
KIM GLASS DESIGN|小樽の吹きガラス工房
Otaru_20231106-155029

小樽はガラスの街という面も持ってますので、小樽の玄関口の小樽駅でのこのガラスアートギャラリーは、小樽らしいイベントですよね。

ということで、小樽ゆき物語関連イベント「ガラスアートギャラリー」が、来年2024年1月31日(水)まで開催中です。

観光客の皆さんはもちろん、市民の方も駅を利用の際に、ちょっと足を止めて作品を見てみてはいかがでしょうか。

※今シーズンもお隣の余市町と連携して「小樽ゆき物語・余市ゆき物語」としての開催で、基本期間は2023年11月1日(水)から来年2024年2月18日(日)までとなっています(ガラスアートギャラリーは、これより早くに終了します)。
※イベント詳細は公式サイトをご覧ください:北海道|冬のプロモーションイベント|小樽ゆき物語・余市ゆき物語[公式サイト]

※Facebook:UNIdesign -ウニデザイン-
ガラスアートギャラリー | snowstory

※参考:JR小樽駅ガラスアートギャラリー 6作品で雪を表現(小樽ジャーナル)

【関連記事】
小樽の冬を彩るロングランイベント「小樽ゆき物語」開催中(2023年11月1日〜2024年2月18日)〜青の運河とワイングラスタワーの様子
※イベント「小樽ゆき物語」関連の記事は、カテゴリー「小樽ゆき物語」にまとめてます。

スポンサーリンク

|

« 【注意】おたる水族館は冬期営業準備のために2023年11月27日~12月15日まで休館中 | トップページ | 小樽初のカヌレ屋専門店「小樽カヌレ蔵」に初めて行って買ってきました!!場所は長崎屋裏 »

小樽ゆき物語」カテゴリの記事

コメント

小梅様。小樽駅構内でのガラスアートギャラリーのお写真と紹介記事、ありがとうございました。さして広くはない構内で、このような透明感のある作品を上手く工夫しての展示、とても興味深いですね。展示の仕方次第で、小樽駅構内の空間が、平常のそれとは異なって、立体的で垂直方向への視覚が拡大できているんですね。

小樽駅構内も趣を一新したかのような容貌を呈していますけど、目を凝らして眺めると、基本的な構造はもとより、アイボリーを基調とした内壁と、所々に施されている濃い焦げ茶色の縁取りは、私たちが子供の頃の佇まいと全く変わっていないのが嬉しく思います。

吹き抜け天井が高くて全体が八角形に近い形をし、天井に近い部分に大きな窓を設けて自然光を上から注がせるとは、現在の駅舎が作られた当時にあって、とても斬新でモダンな意匠なのだな、と訪れるたびに思います。

高い吹き抜け天井で、音が上に抜けるし、それなりの残響もあることでしょうから、一度、コンコースで弦楽四重奏やフルートなどの室内楽を催すと良いかもしれませんよね(それとも既に開催済みなのかな?)。

投稿: 小樽望郷 | 2023年11月30日 (木) 06時13分

小樽望郷さん、こんばんは。
小樽駅構内の限られた空間の中で、とても素敵な展示ですよね。
なんだろうと覗き込んでいる方もたくさんいらっしゃいました。
駅は以前、リニューアルしてますが、この改札前の雰囲気は以前のままで、とても雰囲気があっていいですよね。
あっ、なるほど、コンコースでの室内楽などの演奏会って、いいですね。
あれ?コンコースでの演奏ってどうだろう。以前、何かの演奏はしていたことがあったかもしれませんが(ピアノ演奏はありました)、弦楽四重奏とか素敵ですね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年12月 1日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【注意】おたる水族館は冬期営業準備のために2023年11月27日~12月15日まで休館中 | トップページ | 小樽初のカヌレ屋専門店「小樽カヌレ蔵」に初めて行って買ってきました!!場所は長崎屋裏 »