« 小樽チャンネルマガジン2023年11月号(Vol.96)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第2回】清水町から梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点まで歩く | トップページ | 色内大通り沿いの三箇株式会社の歴史ある建物は解体され更地になってます »

2023年11月27日 (月)

寿司屋通りから職人坂に入ってすぐ右手の「妙見三番街」の看板のあった建物が解体されてます【情報提供】

Otaru_20231121-160418

寿司屋通りから職人坂に入ってすぐ右で、解体工事が行われているという情報を読者さんからいいただきました。

先日お店を閉めてブログでも取り上げた、鹿島商店の裏にあたります。

写真は2023年11月21日撮影と、1週間近く前なので、作業はさらに進んでいるでしょうね。Otaru_20231121-160424

Otaru_20231121-160456

ここに何があったかというと、「妙見三番街」という看板が掲げられた飲み屋の入る建物だったんですよね。

(こちらは以前の写真です。2020年2月撮影)
Otaru_20200219-150516

私は入ったことはなかったですが(入るには勇気のいる建物でしたが…)、なかなか渋い建物でした。

特に目立った建物でなかったのですが、今回情報をいただき、実は私も以前から、なんとも渋い建物だな〜と見ていたので、記録としても書き留めておくことにしました。

解体前の周辺の写真を掲載しますね(2018年11月撮影)。
Otaru_20181107-152429

Otaru_20181128-144043

Otaru_20181128-144118

これが…
Otaru_20181128-144339

こうなってます(これは今回撮影の写真)。
Otaru_20231121-160404

※情報提供をどうもありがとうございました。

【関連記事】
生ジュースが人気の鹿島商店が現店舗での営業を10月いっぱいで終了してます【情報提供】

スポンサーリンク

|

« 小樽チャンネルマガジン2023年11月号(Vol.96)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第2回】清水町から梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点まで歩く | トップページ | 色内大通り沿いの三箇株式会社の歴史ある建物は解体され更地になってます »

小樽のなくなった建物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは😎札幌に住む幼なじみの叔母さんとこの建物の中にあったスナックに行った事がありました😎幼なじみの叔母さんは小樽に住んでいたので潮まつりの時は泊まり掛けで小樽に来ていたので建物が無くなったのは寂しいです😢9月にその叔母さんの訃報を聞いたばかりでショックでした😢

話は変わりますが市役所通のバス停の近くにあったマンション(今年の始めに火事があったマンションです)も解体されていました😢

古い建物は耐震性やその他の事情で
解体されるのは仕方ないのですが
何か寂しいです😢

投稿: あゆ | 2023年12月11日 (月) 00時34分

補足です
お店に行ったのは札幌の幼なじみが神奈川に住んでいた頃の事なので20年位前の話です

幼なじみと叔母さんと3人(幼なじみの息子さんはまだ幼かったのでお店の中で寝ていた様な記憶が🤔)

その後札幌に引っ越して来たので幼なじみも潮まつりに来ても日帰りで帰るようになったので😎

投稿: あゆ | 2023年12月11日 (月) 00時41分

あゆさん、こんばんは。
この建物の中にあったスナックに行ったことがあるのですね。
そうでしたか、幼なじみの叔母さんとの思い出の場所でもありましたか。
そういった面でも、建物がなくなるのは寂しいですね。
補足、了解です。20年前くらいのお話なんですね。
市役所通のバス停の近くのマンションの解体については知りませんでしたが、古い建物がどんどん解体されていくのは、やむを得ない事情があるのでしょうが、やはりなんだか寂しいですね。

投稿: 小梅太郎 | 2023年12月11日 (月) 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽チャンネルマガジン2023年11月号(Vol.96)〜長橋十字街から手宮公園まで歩く【第2回】清水町から梅ヶ枝町の赤岩方面との交差点まで歩く | トップページ | 色内大通り沿いの三箇株式会社の歴史ある建物は解体され更地になってます »