« 小樽文学館で企画展示「山田正紀『人喰いの時代』-開戦前の小樽」が開催中です(もうすぐ終了。10月29日まで) | トップページ | 「アナタニサマのいる街」〜おたるBook Art Week 2023関連企画 »

2023年10月27日 (金)

洋食台処「なまらや」の「おたるBook Art Week 2023」(10月28日まで)〜6人の作家の作品を展示

Otaru_20231019-131811

今年は13会場で開催された、秋恒例の「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2023」は、イベント公式開催期間を終了しているのですが、会場によってもともと開催期間が異なり、まだ開催しているところもあるんですよね。

花園グリーンロード沿いにある洋食台処「なまらや」も、開催期間が2023年10月10日(火)~10月28日(土)までということで、ギリギリまだ開催中です。営業時間は18:00~22:00です(定休日は日・月曜日)。

Otaru_20231019-131817

なまらやでは、今年は6人の作家さんの作品が、店内のあちこちに展示されているということで、お店の方がしっかりと案内してくださいました。

展示してる作家は(敬称略)、ReguRegu(レグレグ)、すが文彦、シベリア卍固め、yama_me(やまメ)、森麻美、城戸みゆき、の6人です。

まず、お店に入ってカウンターの横の棚です。
Otaru_20231019-132521

城戸みゆきの「この世のすべての松ぼっくりは」。
Otaru_20231019-132600
これ、一片一片が本でできているんだそうです。

森麻美「北の妖精たち」の豆本。
Otaru_20231019-132607

店内の壁にあったのが、やまメ「コトノハモス(kotonohamoss)」。
Otaru_20231019-132431   

奥の小上がり。
Otaru_20231019-132225

すが文彦「更新」と「冥伏」。
Otaru_20231019-132243

Otaru_20231019-132241

ReguRegu「アナタニサマ」。
Otaru_20231019-132310

博信堂書店の目利きで選んだ古本も販売してます。
Otaru_20231019-132221

トイレにはシベリア卍固めの、以前BookArtWeekフライヤーにもなったコウモリが。
Otaru_20231019-132134

先ほどのReguRegu作品の「アナタニサマ」ですが、フライヤーにも記載されている関連企画「アナタニサマのいる街」の展示でもあるんですね。

これは小樽をイメージして書かれた短編小説「アナタニサマ」に登場した、文学の妖精たちの人形の展示なのですが、小説と共にそれを制作しているのが、札幌の美術ユニット・ReguReguさんなんですね。

Otaru_20231019-132249

店内にじっとこっちを見ている、アナタニサマの手ぬぐいも。
Otaru_20231019-132341

関連企画「アナタニサマのいる街」は、なまらやの他、小樽文学館と梁川通りの築100年近い建物を活用した「裏小樽モンパルナス」が会場になっていて、文学館は10月29日までですが、裏小樽モンパルナスでの展示は終了しています。

ということで、洋食台処「なまらや」の「おたるBook Art Week 2023」の様子でした。なまらやの展示は10月28日までです。

Otaru_20231019-131803

【洋食台処なまらや】
展示:ReguRegu、すが文彦、シベリア卍固め、yama_me(やまメ)、森麻美、城戸みゆき
開催期間:10月10日(火)~10月28日(土)
営業時間:18:00~22:00
※定休日:日・月曜
※実はイベント公式期間中に限って、10月11日〜10月21日の水~土曜12:00~14:00は昼も営業していて、私もそこで行ってきました。
なまらや的日々

おたるBookArtWeek
※Facebook:おたるBookArtWeek

【関連記事】
「おたるBook Art Week(ブックアートウィーク)2023」が市内13会場で開催中!!
※昨年のなまらの記事です。
花園グリーンロード沿いの洋食台処「なまらや」の「おたるBook Art Week 2022」〜合言葉は「~つくりもの・ツクリゴト~」

スポンサーリンク

|

« 小樽文学館で企画展示「山田正紀『人喰いの時代』-開戦前の小樽」が開催中です(もうすぐ終了。10月29日まで) | トップページ | 「アナタニサマのいる街」〜おたるBook Art Week 2023関連企画 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小樽文学館で企画展示「山田正紀『人喰いの時代』-開戦前の小樽」が開催中です(もうすぐ終了。10月29日まで) | トップページ | 「アナタニサマのいる街」〜おたるBook Art Week 2023関連企画 »